ノートパソコンで人気の「Macbook pro」や「Macbook air」を大画面で表示したい場合は外部モニターを活用するのが無難ですが、その際にはMacのポテンシャルを引き出せるモノを選ぶことが重要です。

そこで、今回はMac用モニターとしておすすめしたい製品をご紹介。モニターが付いていない「Mac mini」を使っている方やこれから購入を検討している方にも参考となるので、ぜひご一読ください。

Macユーザーがモニターを選ぶ際に気をつけたいこと

Macの映像関連外部出力端子をおさらい

By: amazon.co.jp

Mac miniやMacbook airなどMac全般に採用されている外部出力端子はThunderboltやThunderbolt 2(Mini DisplayPort)で、一部はHDMI出力に対応しています。上記の機種を外部モニターと接続する場合、Mini DisplayPortまたはHDMI接続が可能。Mini DisplayPort – VGA/DVIアダプタを使用すれば、VGA/DVI接続することもできます。

また、最新のMacbook ProやiMacなどはThunderbolt 3(USB Type-C) が採用されています。この場合はUSB Type-CをHDMIあるいはDisplayPortに変換するケーブルを使うことによって、モニターのHDMIまたはDisplayPortに接続可能です。ただし、Thunderbolt 3 (USB-C) – Thunderbolt 2 アダプタはMini DisplayPort ディスプレイへの出力に対応していないので注意しましょう。

4K・5K・Ultra HD TVに対応しているMacは?

By: amazon.co.jp

Apple社が公式にアナウンスしている4K・5K・Ultra HD TV対応のMacは以下のとおりです。

MacBookシリーズについては、MacBook Pro (Retina, Late 2013) 以降。さらにMacBook Air (Early 2015) 以降、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015) 以降となっています。

デスクトップタイプのMacで4K対応しているモデルはMac mini (Late 2014)。さらにはMac Pro (Late 2013)、iMac (27-inch, Late 2013) 以降のモデルが対応しています。

Macユーザーにおすすめのモニター

イイヤマ(iiyama) ProLiteモニター X3291HS

リーズナブルな価格で大画面モニターをお求めの方におすすめの31.5型 AH-IPS液晶パネルモニター。AH-IPSパネルは従来のIPSパネルと比べて色再現性がアップしているだけでなく、消費電力も抑えられています。

解像度は最大1920×1080(フルHD1080P)。ブルーレイディスクの再生、スプレッドシート・文書作成などの作業でもストレスなく利用できます。画面はグレア(光沢タイプ)とノングレア(非光沢タイプ)の中間に位置するハーフグレアタイプ。グレアよりも映り込みが少ないので目が疲れにくく、ノングレア比べて画像がクリアに映るのが魅力です。

また、暗い画面で役立つ明暗を10段階で調整できるBlackTuner機能も便利。暗いシーンの多いゲームなどでも明瞭に表示できます。チラツキのないフリッカーフリー画面も搭載。さらに、ブルーライト軽減機能を採用しているのもポイント。3段階で調整可能で、ブルーライトを最大47%軽減できます。

映像のアスペクト比が異なっても、画面縦横比を保ったまま拡大・等倍表示できるアスペクト比固定拡大モードを搭載しています。入力端子はHDMI端子、DVI-D端子、D-SUBの3系統。それぞれのケーブルが同梱されているので、届いてすぐに使えます。プライベートシーンはもちろん、ビジネス用としてもおすすめのモニターです。

ベンキュー(BenQ) 27型 デザイナーズ モニター PD2700Q

Macを使ってWEBデザインやグラフィックデザインをすることの多い方におすすめのモニターです。27型のIPSパネルは水平・垂直面ともに178度の広視野角を実現。どの面から見ても鮮明な画像で作業がはかどります。

解像度は2560×1440のWQHD(=2K)。表示色はフルカラー約10億7000万色に対応しています‎‎。解像度・カラー性能ともに、クリエイティブな仕事に最適なモニターです。

注目したいのが、デザインジャンルにあわせて3つのディスプレイモードを備えているところ。「暗室モード」では画像の明るさとコントラストが調整されるので、ディテールを鮮明に表示することができます。「デザイン(アニメーション)モード」は暗い影の部分を強調することでデザインの微妙な調整作業がしやすくなります。そして、「CAD/CAMモード」では、テクニカルイラストレーションの線や影をはっきりと表示。細かい作業の多いCAD/CAMデザイナーの負担を軽減してくれます。DualView(デュアルビュー)機能を利用すれば2つのモードを同時に表示することが可能です。

画面は上下左右に調整できるほか、高さも最大130mm調整可能。90°回転させれば縦長画面にもなります。もちろんチラつきのないフリッカーフリー機能、そしてブルーライト軽減機能を搭載。入出力端子‎はHDMI×1、DisplayPort×1、miniDisplayPort×1‎。クリエイティブ作業の効率を上げたい方におすすめのモデルです。

エイサー(Acer) 27型 ゲーミングモニター KG271Abmidpx

動きが速いゲームやサッカーなどのスポーツ観戦をされる方におすすめのモニター。高速描写のTNパネル27型ノングレアモニターです。応答速度は液晶モニター最速の1ms。リフレッシュレートも144Hzなので残像が少なく、速い動きのゲーム快適に楽しめます。

ゲームジャンルに最適化された3つのモードで映像表示が可能。アクション・レーシング・スポーツモードの3つのモードを選択するだけで、面倒な設定は必要ありません。

また、Black Boost機能を利用すれば、黒い部分を10段階で調節できて、暗がりも見やすくなります。液晶周りのフレームを極限まで薄くしたシームレスデザインを採用しているので画面が広くスッキリしているのもメリット。

バックライトを制御してちらつきを抑えるフリッカーレス・テクノロジーや、ブルーライトを軽減する機能など、目に優しい機能を搭載しているのも魅力です。入力端子はHDMI、DisplayPort、DVI-DLに対応しています。

番外編:Macユーザーがデュアルモニターにする際におすすめのモニター

デル(Dell) 27インチ ディスプレイ モニター U2718Q

デュアルモニター・マルチモニターを検討されている方におすすめのモニターです。縁の薄いフレームレスディスプレイを採用。モニターを並べて使用しても継ぎ目が気にならず、自然に視線移動ができます。

IPSパネル採用の27インチモニター。解像度は3840×2160です。表示色数は10億7,000万色のため、陰影はもちろん、細部まで鮮やかに表示できます。Dell独自のHDR機能「Dell HDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)」を搭載しているのもポイント。深い色調とハイコントラストな陰影レンジによって、リアルな色彩を表現できます。

最大の魅力は、画面を分割して複数のアプリケーションを立ち上げ、分割した区画に最大サイズで表示する「Easy Arrange」。この機能によって、さらに作業効率を上げることができます。

ちらつきを抑えるComfortView機能やブルーライトを抑える機能など、目に優しいモニターであることも魅力です。入出力端子もHDMI、DisplayPort、miniDisplayPort、USB 3.0ポートと充実しています。