パソコンを利用する際の使い勝手に大きく影響を与えるのがモニターです。だからこそ、モニターはこだわって選びたいもの。最近は画面周りの縁取り部分が細い「スリムベゼルモニター」が人気です。省スペースでデザイン性が高く、モニターを複数使う際も快適に作業できます。

そこで今回は、スリムベゼルモニターの選び方とおすすめのモデルをご紹介。パソコンを快適に使うためにも、ぜひ参考にしてみてください。

スリムベゼルモニターはどんな方におすすめ?

By: rakuten.co.jp

ベゼルとは、モニターや腕時計などの縁部分のことを指します。スリムベゼルモニターとは、画面の周りの縁取りが細いモニターの総称です。ベゼルのことをフレームともいうので、「フレームレスモニター」と表記するメーカーもあります。

スリムベゼルモニターはベゼルが小さいので、省スペースなのがメリット。そのため、パソコン周りやデスクをすっきりさせたい方におすすめです。快適なデスク環境は、作業効率の向上につながります。

また、マルチモニター派の方にもおすすめ。ベゼルがスリムなモニター同士を横並びに置くことで、視線移動がスムーズにできます。パソコン作業しやすいというマルチモニターのメリットを最大限に活かせるのもポイントです。

さらに、ベゼル部分が気にならないので、同じモニターサイズでも画面が相対的に大きく見えるのも魅力のひとつ。映画やゲームなど、大迫力のコンテンツを楽しみたい方にも適しています。

スリムベゼルモニターの選び方

ベゼル幅をチェック

By: amazon.co.jp

スリムベゼルモニターを選ぶ際にチェックしたいのが「ベゼル幅」。スペック欄に記載されている数値が小さければ小さいほどベゼルが狭くなり、画面表示領域が広くなります。最近ではベゼル幅が10mmを切るモニターも増えているため、マルチディスプレイ環境を作りたい方はベゼル幅10mm以下のモニターを選ぶのがおすすめです。

ただし、モニターにはディスプレイ周辺に「非表示領域」があるので注意が必要。非表示領域が大きければ、画面周囲に枠があるのと似たような状態になるため、スペック表に記載がある場合はチェックしておきましょう。

モニターサイズをチェック

最適なモニターのサイズは、デスクの広さやモニターまでの距離など、作業環境によって異なります。24インチ前後や27インチ、30インチ以上のモデルが人気。画質や機能によって価格は異なりますが、それぞれの価格帯は2~5万円が目安です。

モニターの形状と解像度をチェック

モニター画面の横と縦の長さの比率を「アスペクト比」といいます。かつては4:3が主流でしたが、現在では16:9のワイドモデルが一般的です。30インチを超えるモデルには21:9以上の超ワイドモニターも多くラインナップ。左右の端が見やすいように設計された曲面モデルも人気です。

解像度は1920×1080のフルHDが一般的ですが、高画質で映画やミュージックビデオを鑑賞したい方、画像編集ソフトで編集をしたい方は3840×2160の4K対応モデルを選びましょう。

VESA規格をチェック

By: amazon.co.jp

VESA規格とは、モニターやテレビなどの映像機器をディスプレイアームや、壁掛けで固定する際のネジ穴についての国際標準規格のことをいいます。背面のネジの位置が決められており、VESA規格に対応した製品同士であれば、メーカーや種類を問わず取り付けできるので便利です。

具体的な規格の寸法としては、12~24インチサイズでは主に75×75mmと100×100mmの2つの規格が使用されます。24~30.9インチの中型ディスプレイでは主に100×100mmや200×100mmが、31インチサイズ以降の大型ディスプレイでは200×200mmからディスプレイサイズに合わせて、さらに大きな寸法も選択可能です。

VESA規格に対応したディスプレイを購入しておけば、後からディスプレイスタンドやモニターアームへの付け替えが必要となったときでも安心。特に、モニターアームを使用して省スペースなマルチディスプレイ環境を構築したい方におすすめです。

液晶パネルをチェック

By: amazon.co.jp

液晶パネルは駆動方式によって、「IPS」「TN」「VA」などのパネルがあります。現在では発色が良好で、視野角が広いIPSパネルが主流。応答速度やコントラスト比などにおいてもバランスがよいのも魅力です。

また、表面に光沢がある「グレア」と光沢のない「ノングレア」画面の違いもチェックしておきましょう。グレア画面は発色が鮮やかなのが魅力。ただし、光が差し込む窓際などでは周りの様子が画面に映り込んでしまって、目が疲れやすくなる場合もあります。モニター設置場所を確認して選ぶのがおすすめです。

入出力端子をチェック

パソコンだけでなく、Blu-rayプレーヤーなどのAV機器と接続できれば、スリムベゼルモニターの利用シーンが広がります。入力端子として、パソコンやBlu-rayプレーヤーに搭載されているHDMI端子を備えているモデルが主流です。一部のモニターには、より高精細なDisplayPortを搭載したモデルもあります。

また、さまざまな周辺機器と接続できるUSB端子は、USB3.0以上の規格に対応したモノを選ぶと転送速度も高速でストレスがないのでおすすめです。特に、最近のデバイスに搭載されていることの多いUSB-C端子に対応したモデルであれば、画面表示だけでなく機器の充電なども可能な場合があるので、チェックしてみてください。

スリムベゼルモニターのおすすめモデル

ベンキュー(BenQ) 23.8インチ アイケアディスプレイ GW2480

スタンド背面にケーブル収納を備えたスリムベゼルモニターです。ディスプレイ側からケーブルが見えないように整理できるので、デスク上をすっきりと見せたい方におすすめ。ウルトラスリムベゼルデザインの「Edge-to-Edge」パネルと上品な側面のデザインにより、インテリアにもマッチしやすい外観を有しています。

水平、垂直方向に178°の視野角をもつIPSパネルを採用しているのも魅力のひとつ。ちらつきを防ぐ「フリッカー技術」や「ブルーライト軽減機能」も搭載されています。また、輝度や色温度を部屋の環境光にあわせて自動で調節する「ブライトネスインテリジェンステクノロジー」を備えているのもポイントです。

解像度は、1920×1080のフルHD相当。100×100のVESA規格に対応しているので、モニターアームを利用したい方にもおすすめです。

ベンキュー(BenQ) 27インチ ゲーミングモニター EX2780Q

周囲の明るさとコンテンツを検出して、画面の明るさを自動で調節する「インテリジェントコントロール」機能を備えたスリムベゼルモニター。ベンキュー独自のHDRテクノロジー「HDRi」やDisplayHDR 400、2560×1440のWQHD解像度などに対応しているので、美しい高精細な映像が楽しめます。

144Hzのリフレッシュレートと5msの応答速度に対応しているのも魅力のひとつ。FPSやRacingなどの動きの激しいゲームにもおすすめです。そのほか、暗いシーンの視認性を向上する「Black eQualizer」や色の鮮やかさを調節して敵を見やすくする「Color Vibrance」など、ゲーム向けの機能も多数搭載しています。

独自にカスタマイズした2.1チャンネルの高品質なスピーカーを内蔵しているのもポイント。別途外付けのスピーカーなどを用意しなくても、迫力のあるサウンドが楽しめます。幅広い用途で快適に使用できる多機能な1台です。

ヒューレット・パッカード(HP) 4K ディスプレイ 27f 5ZP65AA#ABJ

4K解像度に対応したスリムベゼルモニターです。3840×2160の高精細IPSパネルを搭載。アンチグレアタイプなので、映り込みや光の反射を軽減できます。「AMD Radeon Free Sync」にも対応。AMDのグラフィックカードと組みあわせて使用すれば、高負荷ゲームプレイ時であっても、カクつきやチラつきを対策できます。

薄型のパネルとスリムなアルミニウムスタンドを採用しており、現代的なデザイン。左右のベゼル幅を約10mm以下に抑えた「マイクロエッジディスプレイ」が採用されています。圧迫感が少ないので、デュアルディスプレイ環境にもおすすめです。

「フリッカーフリー」にも対応しているので、ちらつきが少なく目にも優しい仕様。入力端子は、HDMI×2とDisplayPort×1を備えているので、最大3台の機器と接続できます。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 27型ゲーミングモニター EX-LDH271DB

超解像技術と広視野角なADSパネルを採用したスリムベゼルモニターです。27インチの液晶画面は178°の視野角を誇るので、見る位置や角度を変えても美しいグラフィックが楽しめます。解像度は1920×1080のフルHD相当。低解像度映像を表示する際には、「超解像技術」によって鮮明に映像を再現できます。

本体背面にスピーカーを搭載しているので、別途外部スピーカーを購入する必要がないのもポイント。入力端子は、HDMIに加えてアナログRGBを搭載しており、音声入力端子も備えています。本製品は、PS4やニンテンドースイッチ、Xbox Oneなどの家庭用ゲームコンソール機で動作確認済み。4msの応答速度を誇るので、ゲーミングモニターとしてもおすすめです。

左右のベゼル幅は約10mm。上下は約13.2mmと4辺全てがスリム仕様なので、スタンド前面にはスマホを立てておけるスタンドも搭載しています。また、WEB・あざやか・オフィス・標準・ゲームなどの画面モードが用意されている点もおすすめです。

エイゾー(EIZO) FlexScan 22.5型カラー液晶モニター EV2360

1920×1200解像度対応の22.5インチIPSパネルを採用したスリムベゼルモニターです。横幅約499mmの省スペース設計なので、コンパクトな昇降デスクにも最適。設置スペースに余裕がない場合におすすめです。

フルHDに比べて、縦に11%広い解像度のため、縦長の資料が読みやすいのもポイント。前面のセンサーで周囲の明るさを測定し、画面の輝度を自動で調節する「Auto EcoView機能」が搭載されている点もおすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 34インチ UltraWide ゲーミングモニター 34GL750-B

21:9のワイドな液晶パネルを採用したスリムベゼルモニター。34インチのIPSパネルを採用した液晶は緩やかな曲面型で、ゲームグラフィックへの没入感を高める設計です。

「NVIDIA G-SYNC Compatible」や「AMD RADEON FreeSync」にも対応しており、NDIVIAやAMDのグラフィックボードと組みあわせて使用すれば、チラつきやカクつきを予防できます。また、映像の高画質化を実現するHDR技術にも対応。リアルに再現されるグラフィックを楽しみたい方におすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 34インチ ウルトラワイドモニター 34WN780-B

アームスタンドを標準採用したスリムベゼルモニター。スイベル左右各280°、チルト角上下-25~25°、高さ調節130mmに対応しているので、姿勢や環境に合わせた位置に設置できます。ケーブル類はスタンド内に格納できるので、デスク周りをすっきりさせることが可能です。

デスクへの設置は、天板を挟み込む「クランプ式」と天板の穴にボルトを通して挟み込む「グロメット式」に対応しています。解像度は3440×1440で、アスペクト比は21:9。画面が横に長いウルトラワイド仕様なので、高精細かつ広く快適な作業空間を実現します。液晶パネルには、広視野角なIPS方式を採用。

入力端子にはHDMI×2とDisplayPortを備えています。マウスやキーボードなどの接続に役立つUSB 3.0ポートも搭載。そのほか、HDR10に対応し、ブルーライト低減モードやBlack Stabilizer、Game Modeなどの機能を搭載しています。

エイサー(Acer) スリムベゼルモニター KA270HAbmidx

高精細なフルHDパネルを搭載したスリムベゼルモニターです。コントラスト比を向上させる「ACM(Adaptive Contrast Management)機能」を搭載しており、明暗をくっきりと映し出せます。ブルーライトを軽減する「Acer BluelightShield」も搭載。透過率が50~80%の間で調節できるのもポイントです。

27インチのVAパネルは非光沢なので、映り込みや光の反射を軽減可能。VESA規格にも対応しているため、モニターアームの使用を考えている方にもおすすめです。

フィリップス(Philips) Ultra Wide-Color 搭載液晶モニター 246E9QDSB/11J

「Ultra Wide Color」の広色域で鮮明な画面表示が可能なスリムベゼルモニターです。23.8インチのIPSディスプレイは、178°の広視野角仕様。解像度は1920×1080のフルHD相当なので、精細なグラフィックが映し出せます。

視界の邪魔をするフレームをスリム化し、モニター画面に集中できる設計。マルチディスプレイ環境で作業する方にも最適です。「ちらつき防止テクノロジー」や短波長ブルーライトを軽減する「ローブルーモード」も搭載。シンプルながらデザイン性の高いスタンドを採用している点もおすすめです。

エムエスアイ(MSI) 24 SERIES OPTIX スリムベゼルモニター MAG241CV

湾曲パネルを採用した24インチのスリムベゼルモニターです。1920×1080のフルHD解像度に対応。144Hzのリフレッシュレートや1msの応答速度を誇るので、ゲーミングモニターとしても適しています。「ゲーミング OSD App」を利用すれば、パソコン上からモニターのプロファイルを設定可能です。

フレームにはヘッドセットハンガーが内蔵されており、ゲームプレイ後にはヘッドセットを掛けておけます。画面のちらつきを抑える「アンチフリッカー機能」も搭載されているので、長時間のゲームプレイにも最適。「AMD Radeon FreeSync」に対応しており、カクつきやチラつきを予防できる点もおすすめです。

AOC スリムベゼルモニター 24B1XH/11

フルHD解像度の23.8インチIPSパネルを搭載したスリムベゼルモニターです。モニターの最薄部は約11.5mm。4辺のベゼル幅は約1.5mmとスタイリッシュなデザインを有しています。ベゼル幅が狭く、178°の広視野角を誇るので、マルチディスプレイ環境で作業する場合にも最適です。

目の疲れを軽減する「フリッカーフリー機能」や、4段階で調節可能な「ローブルーモード」も搭載されています。付属しているソフト「i-Menu」を利用すれば、画面設定も簡単。比較的リーズナブルな価格で購入できる点もおすすめです。

ギガバイト(GIGABYTE) AORUS Gaming Monitor FI27Q

LEDライティングシステムを搭載したスリムベゼルモニターです。本体背面のLEDライトは、「RGB Fusionアプリ」によって、カスタマイズ可能。ゲーミングモニターらしいライティングで、ゲームへの没入感を高められます。

27インチのIPSパネルは、2560×1440の2K解像度に対応しており精細なグラフィック表示が可能。165Hzのリフレッシュレートや1msの応答速度など、高い性能を誇ります。

FPSゲームの発砲時もはっきりとした視覚が確保できる「エイムスタビライザー」や暗いシーンの視認性を高める「ブラックイコライザー」など、ゲームプレイ時に便利な機能が搭載されている点もおすすめです。

デル(Dell) ALIENWARE ゲーミングモニター AW2521HF

最大240Hzのリフレッシュレートと高速な1msの応答速度に対応したスリムベゼルモニター。ゴーストやぼかしのない、よりクリアな映像を表示できるので、FPSゲームなどを本格的にプレイしたい方におすすめです。

サイズは24.5インチで、解像度は1920×1080のフルHD画質。高リフレッシュレートを実現しながらも、鮮やかな色合いと広い視野角のIPSパネルを採用しているのも魅力のひとつです。付属のスタンドは大きめで安定感が高く、高さ調節や上下左右の角度調節、90°の回転に対応しています。

モニター背面のロゴとスタンドの裏側には、専用ソフト「Alienware Command Center」でカスタマイズできるLEDイルミネーションを内蔵。HDMIやDisplayportなどの映像入力端子に加え、ヘッドホン端子・音声ライン出力・USB 3.0ポートなども搭載しています。