パソコンを利用する際の使い勝手に大きく影響を与えるのがモニターです。だからこそ、モニターはこだわって選びたいもの。最近は画面周りの縁取り部分が細い「スリムベゼルモニター」が人気です。省スペースでデザイン性が高く、モニターを複数使う際も快適に作業できます。

そこで今回は、スリムベゼルモニターの選び方とおすすめのモデルをご紹介。パソコンを快適に使うためにも、ぜひ参考にしてみてください。

スリムベゼルモニターはどんな方におすすめ?

By: philips.co.jp

ベゼルとは、モニターの縁部分のことを指します。スリムベゼルモニターとは、画面の周りの縁取りが細いモニターの総称です。ベゼルのことをフレームともいうため、「フレームレスモニター」と表記するメーカーもあります。

スリムベゼルモニターはベゼルが細いので、省スペースで置きやすいのがメリット。そのため、パソコン周りやデスクをすっきりさせたい方におすすめです。快適なデスク環境は、作業効率の向上につながります。

また、マルチモニター派の方にもおすすめ。ベゼルがスリムなモニター同士を横並びに置くことで、視線移動がスムーズにできます。パソコン作業がしやすいマルチモニターのメリットを最大限に活かせるのもポイントです。

さらに、ベゼル部分が気にならないので、同じモニターサイズでも画面が相対的に大きく見えるのも魅力のひとつ。映画やゲームなど、大迫力のコンテンツを楽しみたい方にも適しています。

スリムベゼルモニターの選び方

ベゼル幅をチェック

By: eizo.co.jp

スリムベゼルモニターを選ぶ際にチェックしたいのが「ベゼル幅」。スペック欄に記載されている数値が小さければ小さいほどベゼルが狭くなり、画面表示領域が広くなります。最近ではベゼル幅が10mmを切るモニターも増えているため、マルチディスプレイ環境を作りたい方はベゼル幅10mm以下のモニターを選ぶのがおすすめです。

ただし、モニターにはディスプレイ周辺に「非表示領域」があるので注意が必要。非表示領域が大きければ、画面周囲に枠があるのと似たような状態になるため、スペック表に記載がある場合はチェックしておきましょう。

モニターサイズをチェック

By: lg.com

モニターサイズも、スリムベゼルモニターを選ぶ際に見ておきたいポイント。インチまたは型で記載され、どちらも画面部分の「対角線の長さ」を表します。1インチは約2.54cmのため「インチ数×2.54」と計算すれば、おおよその製品サイズを測ることが可能です。

一般的なモニターサイズは24インチ。デスクに置きやすいサイズ感で、Web閲覧はもちろん、文書作成や表計算といった基本的な作業に適しています。大型に分類されるのが27インチ以上のサイズ。迫力ある映像を楽しみたい方や、ウィンドウを複数並べて作業したい方におすすめです。

なお、購入の際は画面の横幅・縦幅の比率を表す「アスペクト比」も確認しましょう。インチ数が近いスリムベゼルモニターでも、比率が16:9の「ワイド」と21:9の「ウルトラワイド」とでは縦幅や横幅に差があります。サイズ感が異なるため、インチや型の数とあわせてチェックしてみてください。

解像度をチェック

普段使いやビジネスには「フルHD」

By: lg.com

ネットサーフィンや事務作業など、通常画質で十分な場合はフルHDの製品がおすすめです。4K・8Kといった高解像度のモノと比べてラインナップが豊富で、リーズナブルな価格で手に入れられます。

また、PCゲームをプレイしたい方にもフルHDはぴったり。マシンの要求スペックが低く、高解像度の状態でプレイするよりも高いフレームレートで遊べます。FPSなど、対人ゲームをメインにプレイする方はチェックしてみてください。

動画編集や映画鑑賞用なら「4K」もおすすめ

By: benq.com

動画編集などを行うクリエイターや、映画鑑賞を楽しみたい方におすすめなのが4K対応のスリムベゼルモニター。フルHDと比べて解像度が高く、映像の細かい部分も鮮明に映し出せます。

また、低解像度の製品よりも広い領域が映せるのもポイント。Webサイトを見ながら画像を加工するなど、複数のウィンドウを開いて作業したい方にもおすすめです。

VESA規格をチェック

By: dell.com

VESA規格とは、モニターやテレビなどの映像機器をディスプレイアームや、壁掛けで固定する際のネジ穴についての国際標準規格のことをいいます。背面のネジの位置が決められており、VESA規格に対応した製品同士であれば、メーカーや種類を問わず取り付け可能です。

具体的な規格の寸法としては、12~24インチサイズでは主に75×75mmと100×100mmの2つの規格が使用されます。24~30.9インチの中型ディスプレイでは主に100×100mmや200×100mmが、31インチサイズ以降の大型ディスプレイでは200×200mmからディスプレイサイズに合わせて、さらに大きな寸法も選択可能です。

VESA規格に対応したディスプレイを購入しておけば、後からディスプレイスタンドやモニターアームへの付け替えが必要な場合も安心。特に、省スペースなマルチディスプレイ環境を構築したい方におすすめです。

液晶パネルをチェック

By: lg.com

液晶パネルは駆動方式によって、「IPS」「TN」「VA」などのパネルがあります。現在では発色が良好で、視野角が広いIPSパネルが主流。応答速度やコントラスト比などにおいてもバランスがよいのも魅力です。

また、表面に光沢がある「グレア」と光沢のない「ノングレア」画面の違いもチェックしておきましょう。グレア画面は発色が鮮やかなのが魅力。ただし、光が差し込む窓際などでは周りの様子が画面に映り込んでしまって、目が疲れやすくなる場合もあります。モニター設置場所を確認して選ぶのがおすすめです。

入出力端子をチェック

By: amazon.co.jp

パソコンだけでなく、Blu-rayプレーヤーなどのAV機器と接続できれば、スリムベゼルモニターの利用シーンが広がります。入力端子として、パソコンやBlu-rayプレーヤーに搭載されているHDMI端子を備えているモデルが主流です。一部のモニターには、より高精細なDisplayPortを搭載したモデルもあります。

また、さまざまな周辺機器と接続できるUSB端子は、USB3.0以上の規格に対応したモノを選ぶと転送速度も高速でストレスが少ないのでおすすめです。特に、最近のデバイスに搭載されていることの多いUSB-C端子に対応したモデルであれば、画面表示だけでなく機器の充電なども可能な場合があるので、チェックしてみてください。

スリムベゼルモニターのおすすめモデル

ベンキュー(BenQ) アイケアモニター GW2280

低価格ながら実用的な、おすすめのスリムベゼルモニター。触り心地がよく傷の付きにくい加工が表面に施されています。スッキリとした上品なデザインも特徴。スタンド背面にケーブルを収納できるので、スマートな配線が可能です。

独自の「ブライトネスインテリジェンステクノロジー」を搭載しているのも魅力。シーンに合わせて自動で輝度が調節されます。また、ブルーライト軽減モードを搭載しているのも特徴です。

解像度はフルHDで、画面サイズは21.5インチ。コントラスト比に優れており、暗いシーンも鮮やかに描写可能です。また、VAパネルの搭載による、視野角の広さもポイント。上下左右178°まで対応しています。

ベンキュー(BenQ) スタイリッシュアイケアモニター BL2785TC

オフィスや自宅でのテレワークに適した、おすすめのスリムベゼルモニター。画面の高さを調節できるのはもちろん、チルトやピボット、スイーベルなどにも対応しているので、設置場所に合わせて柔軟に使用できます。

USB-Cポートを搭載しているのもポイント。最大60Wの出力でノートパソコンに給電しながら画面を表示可能です。また、デイジーチェーンにも対応しているため、マルチモニター環境も簡単に構築できます。

コントラストや彩度を高めた、コーディングモードにも対応。ノイズキャンセリングマイクも搭載されているので、快適にビデオ会議が可能です。

ベンキュー(BenQ) エンターテインメントモニター EW2880U

動画視聴におすすめのスリムベゼルモニター。高精細な4K解像度に対応しており、鮮やかでリアルな映像を視聴可能です。HDRiモードが3種類搭載されているので、視聴するコンテンツに合わせて適切な設定を適用できます。

映像だけではなく、音質にこだわっている点も特徴。3Wのステレオスピーカーを内蔵しているほか、コンテンツに合わせた5つのサウンドモードを切り替え可能です。独自の「treVolo技術」により、低音から高音までバランスよく再生できます。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) フルHDモニター 27BP450Y

27インチのスリムベゼルモニター。HDMIのほかDisplayPortやD-Sub端子も搭載されているので、さまざまな方法で映像入力が可能です。また、チルトやスイーベル、ピボット機能にも対応しており、柔軟な使い方ができます。

表示領域をWindows上から制御できる「OnScreen Control」もサポート。画面の分割はもちろん、ソフトウェアごとにモードを変更したり明るさやコントラストを設定したりと、さまざまな操作を行えます。

チラつきを抑えるフリッカーセーフに対応しているほか、ブルーライト低減モードが搭載されているのもポイントです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) エルゴノミクススタンドモニター 27QN880

自由な角度で使用しやすい、おすすめのスリムベゼルモニター。人間工学に基づいて設計されたスタンドを採用しています。角度や高さを柔軟に調節できるほか、最小限のスペースに設置できる点も魅力です。

豊富な端子も特徴のひとつ。HDMIのほか、USB-CポートやDisplayPortも搭載されています。USB-Aポートも用意されているので、ノートパソコンと接続する際にはUSBハブとしても活用できます。

画質の高さもポイント。解像度が2560×1440で高精細な表示が可能です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) UltraWide QHD IPSモニター 34WN750

ウルトラワイド画面を搭載した、おすすめのスリムベゼルモニター。エルゴノミックスタンドを採用しており、110mmの高さ調節や-5~15°のチルト調節に対応しています。姿勢や使用場所に合わせて、適したポジションで使用可能です。

解像度3440×1440のウルトラワイド画面が特徴。複数のウィンドウを並べても手狭になりにくく、効率的に作業可能です。明るさや画面分割などのモニター設定をWindows上で行える、「OnScreen Control」にも対応しています。

FreeSyncテクノロジーを採用しているほか、「DAS」モードも搭載しており遅延を抑えやすいのもポイント。暗いシーンの視認性を向上させる機能にも対応しているので、ゲームにも活用できるモニターです。

エイスース(ASUS) フレームレスモニター VZ249HR

スリムで圧迫感の少ない、おすすめのスリムベゼルモニター。最薄部が7mmと非常にスリムに設計されている点が特徴です。178°の広い視野角を実現する、IPSパネルを採用。画面サイズは23.8インチで、解像度はフルHDです。

独自の「ASUS Eye Care技術」に対応しているのもポイント。フリッカーフリー技術の採用によりチラつきが最小限に抑えられているほか、ブルーライト軽減機能も搭載されているので、長時間の作業による目への負担を軽減できます。

ポートには、HDMIのほかD-Subも搭載。また、スピーカーも内蔵されているため、1台で音声も再生できます。価格も安くコストパフォーマンスにも優れた、おすすめのスリムベゼルモニターです。

エイスース(ASUS) ゲーミングモニター VG249Q1A-J

ゲーム向けに設計されたスリムベゼルモニター。最大165Hzの高速リフレッシュレートに対応しているので、動きの激しいシーンも滑らかに描写可能です。応答時間も1msと優れており、直感的なゲームプレイを実現しています。

ゲーム向けの機能が充実している点も魅力のひとつ。「Shadow Boost」を利用すると、暗い箇所を明るく表示しながら明るい部分は過度に露出せず、全体を見やすく調節可能です。各種設定を行えるソフトも用意されています。

エイスース(ASUS) ゲーミングモニター VG278QR

ゲームを快適に楽しみたい方におすすめのスリムベゼルモニターです。画面サイズは27インチで、解像度はフルHD。TNパネルを採用しているほか、表面仕様はノングレアなので、日光や照明が当たりやすい場所でも快適に使用できます。

165Hzの高速なリフレッシュレートも特徴。独自の「Extreme Low Motion Blur」にも対応しているため、カクつきやチラつきの少ない滑らかな画面でゲームをプレイできます。

ゲーム用に特化した「GamePlus」機能も搭載。画面上に照準やタイマーなどを表示できるので、さまざまなゲームをより有利に楽しめます。

デル(Dell) ビデオ会議モニター S2422HZ

テレワーク用途におすすめのスリムベゼルモニター。USB-Cポートを搭載しています。5Wのスピーカーも内蔵されており、1台で映像だけではなく音声も再生できます。

IRポップアップカメラを搭載しているのも特徴。別途カメラを用意しなくてもビデオ通話ができるので、オンライン会議などに適しています。また、Windows Helloの顔認識もサポートしているため、スムーズなサインインも可能です。

視野角の広いIPSパネルもポイント。VESAマウントに対応しているので、壁掛けも可能です。また、リフレッシュレートも最大75Hzと優れており、ゲーム用途にも活用できます。

デル(Dell) 27インチワイドモニター S2721D

画面サイズ27インチのスリムベゼルモニター。解像度が2560×1440と高く、高精細な表示が可能です。視野角の広いIPSパネルを採用しているため、さまざまな角度から画面を見る方に適しています。

FreeSyncテクノロジーにも対応。リフレッシュレートも最大75Hzと高く、動きの速いシーンも滑らかに描写可能です。また、3Wのスピーカーを内蔵しているので、別途スピーカーを用意しなくても迫力のあるサウンドを楽しめます。

フィリップス(Philips) モニターディスプレイ 241E1D/11

24インチのスリムベゼルモニター。背面にケーブルをまとめられる機構が搭載されているので、デスク周りをスッキリとさせながら設置可能です。IPSパネルを採用しているため視野角が広く、正確な色を再現できます。

ゲームをプレイする際に便利な「SmartImageゲームモード」を搭載しているのも特徴。暗い部分をハッキリと表示したり、応答時間を最適化したりできるので、さまざまなジャンルのゲームを快適に楽しめます。

エイサー(Acer) スタンダードモニター KA270HAbmidx

シンプルで使いやすい、おすすめのスリムベゼルモニター。27インチの高精細なフルHDパネルを搭載しており、美しい表示を実現しています。コントラスト比にも優れているため、明暗がくっきりとした鮮やかな映像を体験可能です。

映り込みや光の反射を軽減できる、非光沢パネルを採用。「Acer BluelightShield」の搭載によりブルーライトの透過率を4段階で調節できるので、好みの設定で使用できます。

豊富な入力端子もポイント。HDMIのほかミニD-SubやDVI-Dも搭載されているため、さまざまな機器と接続して映像を表示可能です。また、ステレオスピーカーも搭載されているほか、3.5mmのステレオミニジャックも備えています。

ファーウェイ(HUAWEI) MateView HSN-CBA

スタイリッシュかつ高画質な、おすすめのスリムベゼルモニター。フレームやスタンド部分にアルミニウム合金が採用されており、高級感のあるデザインを実現しています。高さや角度の調節にも対応しているため、指先で軽く押すだけでスムーズに調節可能です。

画面サイズは28.2インチで、解像度は3840×2560。4K+ウルトラHDディスプレイで、一般的な4Kと比較すると縦方向の表示領域が広く設計されているため、より効率的に画面を使用可能です。上部と左右のベゼルの幅も6mmと狭く、複数枚並べても違和感を最小限に抑えられます。

独自の「スマートバー」の搭載も特徴のひとつ。画面下部をタップするだけでメニューが起動し、タッチで選択したりスワイプでボリューム調節をしたりできます。直感的に使いやすい設計です。

エイゾー(EIZO) FlexScan EV3285

広い作業領域で効率的に仕事ができる、おすすめのスリムベゼルモニター。31.5インチで4K解像度に対応しているので、多くのウィンドウを自由に配置できます。また、ノングレアタイプのパネルを採用しているため、反射や映り込みも防止可能です。

USB-Cポートの搭載もポイント。ノートパソコンと接続する場合は、ケーブル1本だけで映像の表示や音声の再生、給電などをまとめて行えます。USB-Aポートも搭載されているので、モニター経由でマウスやキーボードを接続可能です。

文章作成や動画視聴、写真の加工など、用途に応じた表示モードも搭載。アプリと表示モードを関連付け、アプリの起動に合わせて表示モードを自動的に適用する機能も搭載されています。