スマホよりも画面が大きく、より快適にアプリを楽しみたい方におすすめなのが「タブレット」。とはいえ、さまざまな機種がリリースされているため、どれを選べばよいのかわからない方も多いはず。特にAndroid端末は豊富なラインナップが取り揃っているので、しっかりとスペックを比較することが重要です。

そこで今回はおすすめのAndroidタブレットをご紹介。サイズ別に製品をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

Androidタブレットとは?

By: lenovo.com

Androidタブレットとは、Googleが提供するモバイルOS「Android」を搭載したタブレットのこと。他のOSに比べて、よりユーザーのニーズに合った製品を見つけやすいのが特徴です。

画面サイズが大きくなるにつれて画像や動画の迫力は増すのは他のOSでも同じですが、Androidタブレットは製品ラインナップが豊富に取り揃っているのが特徴。アプリ利用やネット閲覧などのちょっとした用途であれば格安の中華系タブレットでも十分活躍してくれます。

また、付加機能が充実しているのもポイント。特に防水機能は多くのモデルに搭載されており、バスルームやキッチンなどでも使いたい方はAndroidタブレットがおすすめです。

Android OSとWindows OSの違い

By: sonymobile.co.jp

タブレットにおいて混同しがちなのが、「Android OS」と「Windows OS」の違い。GoogleのAndroid OSはスマートフォンをベースに開発されており、MicrosoftのWindows OSはパソコンで培ってきたOSがベースとなっています。

Android OSの特徴

「Android OS」はGoogleが開発したOSで、主にスマートフォンやタブレットなどに搭載されています。ガジェットを開発しているメーカーとしては無償で使用可能なOSなので製品ラインナップが多く、防水機能付きモデルやテレビ視聴が可能なモデルもリリースされています。

機種によってはSDカードにも対応しており、そうした機種はデジカメやビデオカメラなどの写真や動画を、タブレットの画面で見たいときなどにも便利です。

また、スマートフォンと同じようにGoogle Playからアプリをインストールできます。アプリの種類も豊富で、ホーム画面や日本語入力のソフトなどを自由にカスタマイズすることも可能です。

Windows OSの特徴

「Windows OS」は多くのパソコンにインストールされていて、世界的に見てもトップシェアを占めるOS。そのため、パソコンに近い操作感があるのが特徴です。

Windowsのタブレットについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

Android OSとWindows OSのどっちがおすすめ?

より手軽にタブレットを活用したい方は、価格帯やサイズの選択肢が幅広いAndroidタブレットがおすすめ。特にAndroid端末のスマートフォンを使っている方はタブレットとアカウントを統一できるので、大半のアプリを共有することが可能です。

一方、Windowsパソコンとの親和性を望むのであれば、Windowsタブレットが便利。例えば、パソコンで作成したExcelなどの資料をタブレットで確認したい場合などはよりスムーズで、データの修正や追加も容易。作成したファイルをクラウド上で管理すれば、パソコンとのデータの移行もストレスなくできて、作業の効率化が図れます。

なお、最近はひとつの端末にAndroid OSとWindows OSが組み込まれた「デュアルOS」という規格もあります。言わばOSの「二刀流」で、AndroidのアプリとWindowsのソフトが1台のマシンでカバーできるのが特徴です。

なお、両方のOSを同時に立ち上げることはできず、OSの切り替えには再起動が必要なので、その点は留意しておきましょう。

Androidタブレットのサイズはどれがおすすめ?

7~8インチ|普段使いにおすすめ

By: amazon.co.jp

7~8インチのAndroidタブレットは、スマホよりも少し大きめのサイズなので、場所を問わずにどこでも気軽に使えます。画面が小さい分価格もリーズナブルなので、コスパで選びたい方にもおすすめです。

なお、7インチか8インチかの違いは片手で持ちやすいか否か。据え置きではなく、立った状態でタブレットを活用したいのであれば、よりコンパクトサイズの方が使い勝手は良好です。

10インチ|動画やゲームを楽しみたい方におすすめ

By: amazon.co.jp

10インチのAndroidタブレットは、画面が大きく迫力のある映像が楽しめるため、映画やゲームを楽しみたい方におすすめ。また、画面が大きいと小さな文字が見やすくなるため、SNSや電子書籍を快適に楽しみたい方にもおすすめです。

ただし、7~8インチのAndroidタブレットと比べるとサイズや重量がそれなりにあるため、携帯性を重視する方にはあまり向いていません。なお、10インチサイズになると片手での操作が難しくなるので、その点は留意しておきましょう。

10インチ以上|ノートパソコンとしても使いたい方におすすめ

By: amazon.co.jp

10インチ以上のAndroidタブレットになると、画面が大きく全体的にスペックが高めなので、動画やゲームも快適に楽しめます。また、別途キーボードやマウスを用意すればパソコンのような使い方もできるため、1台あればタブレットとノートパソコンの2通りの使い方が楽しめます。

ただし、10インチを超えると重量やサイズがかなり大きくなるので、他のサイズよりも使えるシチュエーションが限られてきます。特に長時間持ったまま操作しているとすぐに手や腕が疲れてしまうので、注意しましょう。

SIMフリー(LTE)モデルとWi-Fiモデルはどっちがおすすめ?

屋外でも快適に使いたいなら「SIMフリー(LTE)モデル」がおすすめ

SIMフリーに対応したAndroidタブレットは、Wi-Fiの電波が飛んでいない場所でも快適にインターネットが楽しめます。普段使っているスマホと同じような感覚でどこでもインターネットが楽しめるため、外出先で頻繁にタブレットを使うような方におすすめです。

ただし、SIMフリーに対応したタブレットは、Wi-Fiモデルよりも価格が高くなるのでコスパを重視する方には向いていません。また、Wi-Fiエリア外でインターネットを利用する際には、別途SIMカードが必要になり、端末代とは別に月々の利用料金が発生するので、選ぶ際にはこの点も必ず把握しておきましょう。

コスパ重視の方は「Wi-Fiモデル」がおすすめ

Wi-FiモデルのAndroidタブレットは、基本的にWi-Fi環境があるところでしかインターネットに接続できません。自宅や職場などWi-Fiが通っている場所で使う分には問題ないですが、それ以外の場所ではインターネットが使えなくなるため、外出先でもタブレットを使う方は注意が必要です。

ただし、テザリング機能付きのスマホやモバイルルーターを普段から持ち歩いている方は、Wi-Fiモデルでも特に問題ないでしょう。

なお、Wi-Fiモデルは、SIMフリータブレットと比べて汎用性は劣りますが、その分価格が安く、同じモデルでも価格で5000~1万円ほどリーズナブルに購入できます。コスパ重視でAndroidタブレットを選びたい方にはWi-Fiモデルがおすすめです。

Androidタブレットの選び方

CPUの性能をチェック

CPUは人間で例えると「頭脳」にあたる重要なパーツです。どんなCPUを選ぶのかによってその端末の性能が大きく異なってくるため、Androidタブレットを選ぶ際には最初にCPUの性能をチェックしましょう。

基本的にCPUは「コアの数」「クロック周波数」の2つをチェックすれば、性能を確かめられます。目安としては、ゲームやアプリをサクサク快適に楽しみたいなら、コアの数は「4~8個」、クロック周波数は「1.8~2.3GHz」あたりがおすすめ。

ただし、コアの数やクロック周波数が上がるとタブレットの価格も高くなるので、その点は考慮しておきましょう。

メモリの性能をチェック

メモリはタブレット内のデータを一時的に保存しておくパーツのこと。例えば、仕事や勉強をする際には狭い机よりも広い机の方が効率よく作業ができます。

それと同じように、メモリも容量が大きくなれば1度にたくさんの処理ができるため、タブレットを快適に使いたいならメモリの性能もしっかりとチェックしてください。

選び方の目安として、SNSやWebサイトを見る程度なら「1GB」、ストレスなくアプリやゲームを楽しみたいなら「2GB」、複数のアプリやゲームを快適に楽しみたいなら「4GB」がおすすめです。

ストレージの性能をチェック

ストレージはアプリやゲームなどのプライベートデータからOSなどシステムデータまで、タブレット内のあらゆるデータを保存しておくパーツです。ストレージの容量が大きければそれだけたくさんのデータが保存しておけるため、いろいろなコンテンツを楽しみたいならストレージの性能もしっかりとチェックしてください。

目安として、WebサイトやSNSを見たりする程度なら「8~16GB」、アプリやゲームをそれなりに楽しみたいなら「32GB」、写真や動画、アプリやゲームなどいろいろなコンテンツを楽しみたいなら「64~128GB」を選ぶとよいでしょう。

ただし、ストレージの容量が大きくなるとその分価格も高くなります。コスパを重視しつつ多くのデータを保存したい方は、SDカードに対応したAndroidタブレットを選ぶのもひとつの方法です。

ディスプレイの解像度をチェック

By: huawei.com

Androidタブレットを選ぶ際、意外と見落としがちなのがディスプレイの解像度です。解像度とは簡単に説明すると、画面の中にある「ドット(点)」のことで、基本的にはこの数値が多いほど、色鮮やかできれいな映像が楽しめます。

現在、Androidタブレットで主流となっている解像度は「HD(1280×720)」「フルHD(1920×1080)」「2K(2560×1440)」の3種類。それぞれの特徴として、HDは解像度が低い分リーズナブルな価格です。

ただし、小さな文字を表示すると若干ぼやけて表示されるので、電子書籍などの細かな文字を見るのにはあまり向いていません。ゲームやアプリを楽しむ分にはあまり気にならないので、あくまでも画質よりコスパを重視する方におすすめです。

一方、フルHDや2Kは解像度が高くアプリやゲームをきれいな映像で楽しめます。また、小さな文字も読みやすいため、電子書籍を快適に楽しみたい方にもおすすめです。

OSのバージョンをチェック

タブレットは製品によってOSのバージョンが異なります。OSのバージョンが古いと、「最新のアプリがインストールできない」「新機能が使えない」「悪質なソフト(マルウェア)に感染するリスクが高くなる」などのトラブルを引き起こすことがあるので、タブレットを選ぶ際に注意が必要です。

例えば、人気フリマアプリ「メルカリ」は対応バージョンがAndroid 5.0(ロリポップ)、LINEやポケモンGOは対応バージョンがAndroid 4.4(キットカット)以上でなければ、作動しません。現在リリースされているアプリやゲームはAndroid 4.4以下だと支障をきたすことが多いので、多くのアプリやゲームを楽しみたい方は、OSのバージョンは最低でも「Android 5.0~5.1.1(ロリポップ)」以上を選びましょう。

機能をチェック

防塵・防水機能

By: sony.jp

スポーツやアウトドアシーンなどでもAndroidタブレットを使用したい場合は防塵・防水に対応したモデルがおすすめ。表記としては、例えば「IP58」などで示され、前の数字が防塵、後ろの数字が防水のレベルを表しています。

特にタブレットをキッチンやバスルームのような水まわりで楽しみたい方は防水レベルをチェック。水の飛沫に対して保護されている程度の「IPレベル4」から、一定の条件で水に浸しても影響がないように保護されている程度の「IPレベル7」が目安となります。ぜひ覚えておきましょう。

キッズモード

Androidタブレットのなかには、利用できるアプリや使用時間を制限する「キッズモード」を搭載した製品があります。

同機能が搭載されているモデルは、有害サイトへのアクセスをブロックしたり、有料アプリの購入を制限したり、アプリのインストール・削除を防止したりと、さまざまなトラブルを未然に防ぐことができるので便利。子どもとタブレットをシェアして使いたい方は対応の有無を確認しておきましょう。

ブルーライトカットモード

タブレットは画面から「ブルーライト」と呼ばれる波長380〜500nmの青色光が発せられおり、眼に負担がかかると言われています。長時間使用し続けると眼精疲労や頭痛、肩こりなどの症状を引き起こす原因にもなり得るので、注意しましょう。

なお、気になる方はブルーライトをケアできる「ブルーライトカットモード」があると便利。同機能が付いていれば画面から発せられるブルーライトの量を軽減することができるので、眼や身体への負担に配慮することができます。特にタブレットで動画やゲームを楽しみたい方はしっかりとチェックしておきましょう。

Androidタブレットのおすすめモデル|7〜8インチ

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 SHT-W09

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 SHT-W09

高性能なAndroidタブレット。GPU性能が強化されたクアッドコアCPU「HUAWEI Kirin 960」のほか、メモリは4GBを備えているので、処理の重いアプリやゲームもストレスフリーで快適に楽しめます。

メーカー独自の「スマート節電機能」やスタミナ十分の5100mAhバッテリーを採用することで、長時間タブレットが楽しめるのもポイント。細部まで鮮やかに映し出す「WQXGA液晶(2560×1600ドット)」や、画像を見やすく最適化する画像調整アルゴリズム「ClariVu」を採用しており、キレイな映像で動画やゲームが楽しめるのも魅力です。

ゲーム中のパフォーマンスを向上させる「Game Suite」、周囲の環境に応じて色温度を自動調整する「ブルーライトカットモード」など、便利なオプション機能が充実しているのも特徴。価格帯は控えめなので、コスパ重視の方はぜひチェックしておきましょう。

テクラスト(Teclast) P80 Pro

テクラスト(Teclast) P80 Pro

価格と性能のバランスに優れたエントリーモデルのAndroidタブレット。価格は1万円台とリーズナブルですが、クアッドコアCPU「MediaTek MT8163」を採用しているほか、3GBメモリを備えており、アプリやゲームをサクサク快適に楽しめます。

ディスプレイにはキメの細かな映像が楽しめる「フルHDパネル(1920×1200ドット)」を採用しているので、きれいな映像で動画やゲームを楽しみたい方にも最適です。

機能面では、手にしっかりとフィットする人間工学に基づいたデザイン設計、1回の充電で長時間使える5300mAhバッテリーや、電波干渉を避けて安定した通信が可能な両帯域対応のデュアルバンドWi-Fiを搭載しているのもポイント。「とりあえず安いタブレットがほしい」という方は候補となる1台です。

レノボ(Lenovo) TAB4 8 Plus ZA2E0135JP

レノボ(Lenovo) TAB4 8 Plus ZA2E0135JP

機能性とデザイン性のバランスに優れたAndroidタブレット。前面・背面に透明感のある「ガラス素材」を採用することで、スタイリッシュに仕上がっているのが特徴です。

キズや汚れに強い強化ガラスを採用しているので、耐久性も良好。CPUには「Qualcomm APQ8053」、メモリ4GB・ストレージ64GBを備えており、アプリやゲームが快適に楽しめるのも魅力です。

1台のタブレットに複数のアカウントを登録できる「マルチユーザー機能」や指先でロック解除できる「指紋認証」など、使いやすさにこだわって作られているのもポイント。これだけ高性能なAndroidタブレットにも関わらず、薄さ7mm・軽さ300gの薄型軽量ボディにまとめっているので、持ち運びにも便利な1台です。

ギーク(Gecoo) A1

ギーク(Gecoo) A1

アンダー1万円以下と格安のAndroidタブレット。クアッドコアCPU「Cortex-A53」に加えて2GBメモリを採用しているので、「最低限のスペックがあれば問題ない」というユーザーにおすすめの1台です。

本体ストレージの容量は8GBと少なめですが、microSDカードでカバーできるのもポイント。ディスプレイをキズや汚れから保護する「液晶保護フィルム」、USBメモリやキーボードが使える「OTGアタブタ」などは便利です。サブ機としてはもちろん、年配の方や子ども用のタブレットを探している方はぜひチェックしておきましょう。

Androidタブレットのおすすめモデル|10インチ

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 lite BAH2-W19

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 lite BAH2-W19

同メーカーの人気シリーズ「MediaPad M5」。8個のコアを搭載した高性能CPU「HUAWEI Kirin 659」や、大容量の4GBメモリを採用することで、高負荷のかかるゲームもストレスなく快適に楽しめます。

64GBの大容量ストレージに加えて、最大256GBのmicroSDカードにも対応。ストレージ容量を気にせずアプリやゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

なお、専用に設計されたスタイラスペン「HUAWEI M-Pen lite」を使えば、手書きのメモやイラスト描画など、さまざまな用途で使えるのもポイント。スリムで持ちやすい「メタルユニボディデザイン」や、目に配慮した「アイコンフォートモード」、1回の充電で長時間使える7500mAhバッテリーなども魅力です。使い勝手のよいAndroidタブレットを探している方はぜひチェックしておきましょう。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M3 Lite 10 wp

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M3 Lite 10 wp

機能性重視でAndroidタブレットを選びたい方におすすめの1台。水に濡れても壊れないIP67等級の防塵・防水性能や、場所を気にせずテレビ番組が楽しめる「地デジチューナー」、指先一つでさまざまな操作が可能な「指紋認証センサー」など、便利な機能を多数搭載しているのが特徴です。

CPUには「HUAWEI Kirin659」、さらに3GBメモリを搭載。1回の充電で長時間使える6660mAhの大容量バッテリーや、メーカー独自の省電力技術を採用しているので、存分にアプリやゲームを楽しめるのもポイントです。

利用できるアプリや使用時間を制限する「キッズモード」搭載モデルなので、家族でシェアして使うのにも最適。万能なおすすめ端末を探している方はぜひチェックしておきましょう。

日本電気(NEC) LAVIE Tab E TE410

日本電気(NEC) LAVIE Tab E TE410

ガジェットに不慣れな方でも扱いやすいAndroidタブレット。Googleアカウントの登録方法から、インターネットやメールのはじめ方などを分かりやすく解説する「かんたん!LAVIE Tab for Android」を搭載。初めてタブレットに触れる方でも操作に戸惑うことなく安心して使えます。

ワンタッチでログインできる「指紋認証」、複数のパスワードを管理できる「パスワードマネージャー」など、便利なセキュリティ機能が充実しているのも魅力です。

処理能力の高いオクタコアCPU「Snapdragon 450」や、斜めから見ても美しい「広視野角のIPSパネル」、クリアなサウンドが楽しめる「Dolby Atmos」「前面ステレオスピーカー」を採用することで、動画やゲームが快適に楽しめるのもポイント。ブルーライトをカットする「目の保護モード」が付いているので、長時間タブレットを楽しみたい方にもおすすめです。

Androidタブレットのおすすめモデル|10インチ以上

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 Pro

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 Pro

ワンランク上のAndroidタブレットが欲しい方におすすめの1台。色鮮やかでクリアな映像が楽しめる「2Kディスプレイ(2560×1600)」とハイレゾオーディオ再生に対応した4基の高出力スピーカーを搭載しており、迫力ある映像とサウンドでエンタメコンテンツを堪能できるのが特徴です。

処理能力の高いオクタコアCPU「HUAWEI Kirin 960」や、大容量の4GBメモリを採用しているので、処理の重いアプリやゲームを快適に楽しみたい方にもおすすめ。使い勝手は良好です。

機能面では4096段階で筆圧を感知する高性能タッチペン「HUAWEI M-Pen」、眼に有害とされるブルーライトを軽減する「ブルーライトカットモード」を搭載しているほか、高級感のある「2.5D曲面ガラス」や絶妙なカーブで構成された「メタルボディ」を採用しているのもポイント。満足度の高いタブレットを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

サムスン(Samsung) Galaxy View SM-T670NZKAXJP

サムスン(SAMSUNG) Galaxy View SM-T670NZKAXJP

18.4インチの大画面ディスプレイを採用しているAndroidタブレット。お気に入りの動画やゲームを大迫力の映像で楽しめるのが特徴です。

CPUはミドルクラスの「Exynos 7580」、メモリ2GB、ストレージ32GBを搭載。現行のモデルと比べるとスペックはそれほど高くはありませんが、普通に動画やゲームを楽しむ程度なら十分快適に使えます。

用途やシチュエーションに合わせて使い分けが可能な「2WAYスタンド」、ちょっとした持ち運びに最適な「背面のハンドル」、一回の充電で約8時間の連続動画再生を可能にする大容量バッテリーなど、実用性に配慮して作られているのもポイントです。