スマホよりも画面が大きく、より快適にアプリを楽しみたい方におすすめなのが「タブレット」。とはいえ、さまざまな機種がリリースされているため、どれを選べばよいのかわからない方も多いはず。特にAndroid端末は豊富なラインナップが取り揃っているので、しっかりとスペックを比較することが重要です。

そこで今回はおすすめのAndroidタブレットをご紹介。サイズ別に製品をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

Androidタブレットとは?

By: lenovo.com

Androidタブレットとは、Googleが提供するモバイルOS「Android」を搭載したタブレットのこと。他のOSに比べて、よりユーザーのニーズに合った製品を見つけやすいのが特徴です。

画面サイズが大きくなるにつれて画像や動画の迫力は増すのは他のOSでも同じですが、Androidタブレットは製品ラインナップが豊富に取り揃っているのが特徴。アプリ利用やネット閲覧などのちょっとした用途であれば格安の中華系タブレットでも十分活躍してくれます。

また、付加機能が充実しているのもポイント。特に防水機能は多くのモデルに搭載されており、バスルームやキッチンなどでも使いたい方はAndroidタブレットがおすすめです。

Android OSとWindows OSの違い

By: sonymobile.co.jp

タブレットにおいて混同しがちなのが、「Android OS」と「Windows OS」の違い。GoogleのAndroid OSはスマートフォンをベースに開発されており、MicrosoftのWindows OSはパソコンで培ってきたOSがベースとなっています。

Android OSの特徴

「Android OS」はGoogleが開発したOSで、主にスマートフォンやタブレットなどに搭載されています。ガジェットを開発しているメーカーとしては無償で使用可能なOSなので製品ラインナップが多く、防水機能付きモデルやテレビ視聴が可能なモデルもリリースされています。

機種によってはSDカードにも対応しており、そうした機種はデジカメやビデオカメラなどの写真や動画を、タブレットの画面で見たいときなどにも便利です。

また、スマートフォンと同じようにGoogle Playからアプリをインストールできます。アプリの種類も豊富で、ホーム画面や日本語入力のソフトなどを自由にカスタマイズすることも可能です。

Windows OSの特徴

「Windows OS」は多くのパソコンにインストールされていて、世界的に見てもトップシェアを占めるOS。そのため、パソコンに近い操作感があるのが特徴です。

Windowsのタブレットについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

どっちがおすすめ?

より手軽にタブレットを活用したい方は、価格帯やサイズの選択肢が幅広いAndroidタブレットがおすすめ。特にAndroid端末のスマートフォンを使っている方はタブレットとアカウントを統一できるので、大半のアプリを共有することが可能です。

一方、Windowsパソコンとの親和性を望むのであれば、Windowsタブレットが便利。例えば、パソコンで作成したExcelなどの資料をタブレットで確認したい場合などはよりスムーズで、データの修正や追加も容易。作成したファイルをクラウド上で管理すれば、パソコンとのデータの移行もストレスなくできて、作業の効率化が図れます。

なお、最近はひとつの端末にAndroid OSとWindows OSが組み込まれた「デュアルOS」という規格もあります。言わばOSの「二刀流」で、AndroidのアプリとWindowsのソフトが1台のマシンでカバーできるのが特徴です。

なお、両方のOSを同時に立ち上げることはできず、OSの切り替えには再起動が必要な点は留意しておきましょう。

Androidタブレットのサイズはどれがおすすめ?

7~8インチタブレットがおすすめな人

By: amazon.co.jp

7~8インチのAndroidタブレットは、スマホよりも少し大きめのサイズなので、場所を問わずにどこでも気軽に使えます。画面が小さい分価格もリーズナブルなので、コスパで選びたい方にもおすすめです。

なお、7インチか8インチかの違いは片手で持ちやすいか否か。据え置きではなく、立った状態でタブレットを活用したいのであれば、よりコンパクトサイズの方が使い勝手は良好です。

10インチタブレットがおすすめな人

By: amazon.co.jp

10インチのAndroidタブレットは、画面が大きく迫力のある映像が楽しめるため、映画やゲームを楽しみたい方におすすめ。また、画面が大きいと小さな文字が見やすくなるため、SNSや電子書籍を快適に楽しみたい方にもおすすめです。

ただし、7~8インチのAndroidタブレットと比べるとサイズや重量がそれなりにあるため、携帯性を重視する方にはあまり向いていません。なお、10インチサイズになると片手での操作が難しくなるので、その点は留意しておきましょう。

10インチ以上タブレットがおすすめな人

By: amazon.co.jp

10インチ以上のAndroidタブレットになると、画面が大きく全体的にスペックが高めなので、動画やゲームも快適に楽しめます。また、別途キーボードやマウスを用意すればパソコンのような使い方もできるため、1台あればタブレットとノートパソコンの2通りの使い方が楽しめます。

ただし、10インチを超えると重量やサイズがかなり大きくなるので、他のサイズよりも使えるシチュエーションが限られてきます。特に長時間持ったまま操作しているとすぐに手や腕が疲れてしまうので、注意しましょう。

SIMフリー(LTE)モデルとWi-Fiモデルはどっちがおすすめ?

SIMフリー(LTE)モデルがおすすめな人

SIMフリーに対応したAndroidタブレットは、Wi-Fiの電波が飛んでいない場所でも快適にインターネットが楽しめます。普段使っているスマホと同じような感覚でどこでもインターネットが楽しめるため、外出先で頻繁にタブレットを使うような方におすすめです。

ただし、SIMフリーに対応したタブレットは、Wi-Fiモデルよりも価格が高くなるのでコスパを重視する方には向いていません。また、Wi-Fiエリア外でインターネットを利用する際には、別途SIMカードが必要になり、端末代とは別に月々の利用料金が発生するので、選ぶ際にはこの点も必ず把握しておきましょう。

Wi-Fiモデルがおすすめな人

Wi-FiモデルのAndroidタブレットは、基本的にWi-Fi環境があるところでしかインターネットに接続できません。自宅や職場などWi-Fiが通っている場所で使う分には問題ないのですが、それ以外の場所ではインターネットが使えなくなるため、外出先でもタブレットを使う方は注意が必要です。

ただし、テザリング機能付きのスマホやモバイルルーターを普段から持ち歩いている方は、Wi-Fiモデルでも特に問題ないでしょう。

なお、Wi-Fiモデルは、SIMフリータブレットと比べて汎用性は劣りますが、その分価格が安く、同じモデルでも価格で5000~1万円ほどリーズナブルに購入できます。コスパ重視でAndroidタブレットを選びたい方にはWi-Fiモデルがおすすめです。

Androidタブレットの選び方

CPUの性能で選ぶ

CPUは人間で例えると「頭脳」にあたる重要なパーツです。どんなCPUを選ぶのかによってその端末の性能が大きく異なってくるため、Androidタブレットを選ぶ際には最初にCPUの性能をチェックしましょう。

基本的にCPUは「コアの数」「クロック周波数」の2つをチェックすれば、性能を確かめられます。目安としては、ゲームやアプリをサクサク快適に楽しみたいなら、コアの数は「4~8個」、クロック周波数は「1.8~2.3GHz」あたりがおすすめ。

ただし、コアの数やクロック周波数が上がるとタブレットの価格も高くなるので、その点は考慮しておきましょう。

RAM(メモリ)の性能で選ぶ

RAMはタブレット内のデータを一時的に保存しておくパーツのこと。例えば、仕事や勉強をする際には狭い机で作業をするよりも広い机で作業をした方が効率よく作業ができます。

それと同じように、RAMも容量が大きくなれば1度にたくさんの処理ができるため、タブレットを快適に使いたいならRAMの性能もしっかりとチェックしてください。

選び方の目安として、SNSやWebサイトを見る程度なら「1GB」、ストレスなくアプリやゲームを楽しみたいなら「2GB」、複数のアプリやゲームを快適に楽しみたいなら「4GB」がおすすめです。

ROM(ストレージ)の性能で選ぶ

ROMはアプリやゲームなどのプライベートデータからOSなどシステムデータまで、タブレット内のあらゆるデータを保存しておくパーツです。ROMの容量が大きければそれだけたくさんのデータが保存しておけるため、いろいろなコンテンツを楽しみたいならROMの性能もしっかりとチェックしてください。

目安として、WebサイトやSNSを見たりする程度なら「8~16GB」、アプリやゲームをそれなりに楽しみたいなら「32GB」、写真や動画、アプリやゲームなどいろいろなコンテンツを楽しみたいなら「64~128GB」を選ぶとよいでしょう。

ただし、ROMの容量が大きくなるとその分価格も高くなります。コスパを重視しつつ多くのデータを保存したい方は、SDカードに対応したAndroidタブレットを選ぶのもひとつの方法です。

ディスプレイの解像度で選ぶ

By: huawei.com

Androidタブレットを選ぶ際、意外と見落としがちなのがディスプレイの解像度です。解像度とは簡単に説明すると、画面の中にある「ドット(点)」のことで、基本的にはこの数値が多いほど、色鮮やかできれいな映像が楽しめます。

現在、Androidタブレットで主流となっている解像度は「HD(1280×720)」「フルHD(1920×1080)」「2K(2560×1440)」の3種類。それぞれの特徴として、HDは解像度が低い分リーズナブルな価格です。

ただし、小さな文字を表示すると若干ぼやけて表示されるので、電子書籍などの細かな文字を見るのにはあまり向いていません。ゲームやアプリを楽しむ分にはあまり気にならないので、あくまでも画質よりコスパを重視する方におすすめです。

一方、フルHDや2Kは解像度が高くアプリやゲームをきれいな映像で楽しめます。また、小さな文字も読みやすいため、電子書籍を快適に楽しみたい方にもおすすめです。

Androidタブレットのおすすめモデル|7〜8インチ

エイスース(ASUS) ZenPad7.0 Z370KL

コンパクトサイズの7インチAndroidタブレット。本製品は268gと軽量で、カバンなどに入れて気軽に持ち運びできます。ディスプレイは7型でIPS方式の液晶を採用し、視野角が広く斜め横から見てもキレイに見えるのが魅力です。

また、GPSや加速度センサーを内蔵しているので、ナビとしても活用できます。マイクロSDカードにも対応しているので、デジカメなどで撮影した写真や動画のデータの再生も可能です。

CPUはアメリカのクアルコム社製のSnapdragon210を搭載。ローエンドモデルのCPUですが、サイト検索や動画再生、電子書籍などであればストレスフリーで使用できます。初めてAndroidタブレットを購入する方にもおすすめです。

レノボ(Lenovo) YOGA Tab 3 8 ZA090066JP

持ちやすい8インチのAndroidタブレットです。タブレット単体で自立できるスタンドが本体に付いています。視聴スタイルとしてはスタンドモード、チルトモードの2パターンに対応でき、画面の角度が違うのが特徴です。スタンドの角度を180度にすれば、市販のフックなどを使って壁にかけるハングモードにも対応しています。

スタンドを収納すれば、片手でも持ちやすいデザインになっていて便利です。スタンドモードでメールをチェックしたり、チルトモードで子供と絵を描いたりなど、タブレットの使用シーンに応じて使い分けできます。

また、最大20時間の使用が可能な大容量のバッテリーを搭載。ディスプレイは広い視野角で美しく見えるIPS方式の液晶を使用しています。動画や電子書籍などを長時間見たい方にもおすすめのAndroidタブレットです。

ドラゴンタッチ(Dragon Touch) S8

斜め横から見てもキレイに見えるIPS方式をディスプレイ採用したAndroidタブレットです。microSDカードスロット付きなので、画像データなどをパソコンと共有できます。

また、10点マルチタッチに対応。指を10本同時に画面に触れても反応するので、ピアノやギターのアプリなどを楽しめるのも魅力です。CPUにはインテル製クアッドコアでAtomを採用し、内蔵メモリは1Gを搭載しています。

初期搭載のアプリやウィジェットが少ないため、メモリやストレージが圧迫されることなく快適に使用することが可能。ネット検索や動画再生、SNSを楽しみたい方にはコスパのいいAndroidタブレットです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 8.4

8.4型のコンパクトなAndroidタブレットで、重量は約320gと軽量、厚さも約7.3mmと片手でも持ちやすいのが特徴です。バッテリー容量も大きく、電車や飛行機など長時間の移動や外出先での使用にも耐えられます。

2560×1600と高解像度なディスプレイを搭載。さらに、HUAWEI独自の画像調整アルゴリズムであるClariVuによって、映像をきれいに見やすく調整します。

また、ハイレゾオーディオ対応の高音質スピーカーも内蔵しているので、迫力のあるサウンドを楽しめるのもポイント。深みのあるしっかりとした低音で、臨場感あふれる映像を体験できます。映画やゲームを楽しみたい方にもおすすめのAndroidタブレットです。

Androidタブレットのおすすめモデル|10インチ

恵安(KEIAN) KPD10B

エントリーモデルのAndroidタブレットです。クアッドコア1.3GHzのCPUや1GBのメインメモリを内蔵。ディスプレイの解像度は1280×800でIPS方式のパネルを採用しています。

スペックとしてはローエンドですが、ネット検索やSNSの閲覧、投稿ならストレスなく使用可能です。また、microSDに対応しているので、写真や動画をパソコンと共有するのもスムーズに対応できます。

また、Android6.0を搭載し、5点のマルチタッチに対応したパネルも採用。リーズナブルながら、コスパに優れた点も魅力です。

マイクやスピーカーも内蔵しているので、Skypeでテレビ電話やオンライン英会話などもできます。シンプルでリーズナブルなAndroidタブレットの購入を検討している方におすすめです。

ソニー(SONY) Xperia Z4 Tablet SGP712

ハイエンドモデルのAndroidタブレット。高性能なCPUを搭載し、3Gのメモリも内蔵しているので処理能力が高く、ゲームもサクサク操作できるのが特徴です。

さらに、高解像度ディスプレイを搭載しているのもポイント。ディスプレイには、ソニーのテレビシリーズ「ブラビア」にも使われている、超解像エンジンを採用しており、鮮やかな色彩で動画を楽しめます。

また、防水・防塵にも対応しているので、キッチンやお風呂での使用はもちろん、レジャーでも気軽に使えるのも魅力です。別売りの専用キーボードを使えば、ノートパソコンのように作業もできます。

本体の重さは389gで、厚みも6.1mmと、10.1型タブレットとして軽量かつ薄型。持ち運びにも便利です。長時間の作業も可能なロングバッテリーも内蔵しています。ビジネスやプライベートなどシーンを問わず使いたい方にもおすすめのAndroidタブレットです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M3 Lite 10 wp

画面サイズが10.1インチのタブレット。本製品はIP67等級の充実した防水・防塵性能が備わっている特徴で、台所に設置して動画やレシピを見ながら調理するなどといった使い方も可能な1台です。

地デジチューナーを内蔵し、ワンセグにも対応。Androidタブレットとしてはもちろん、ポータブルテレビとしても使えます。高音質のステレオスピーカーを4基内蔵しているので、臨場感のある音響を楽しめるのも魅力です。

また、IPS方式のパネルを採用し、フルHDを超える高解像度ディスプレイも搭載しています。動画や音楽をメインで楽しみたい方にもおすすめです。

使用時間の管理や、アプリの制限ができるキッズモード機能に対応し、高性能の指紋認証センサーも採用しています。子供と一緒に使うAndroidタブレットの購入を検討されている方は、こちらもチェックしてみてください。

日本電気(NEC) LAVIE Tab E TE510/HAW

Android7.1を搭載し、マルチウインドウに対応したAndroidタブレットです。高性能CPUや3GBのメモリを内蔵しているので、ゲームアプリも快適に操作できます。

ディスプレイはIPS方式のパネルを使用し、1920×1200と高解像で動画や映画もキレイに見えるのも魅力です。また、マイクロソフトオフィスモバイルもインストールしているので、メールや文書の作成などビジネスシーンでも活躍します。

約7.2mmで約485gと軽量で、耐久性に優れたゴリラガラス4を採用。鞄に入れての持ち運びも気軽にできます。指紋認証センサーも搭載しているので、素早くログインできるのはもちろん、セキュリティー面も安心です。

スペックに対してのコスパもよく、国内メーカーならではのサポートも充実しています。初めてタブレットを購入する方にもおすすめのAndroidタブレットです。

レノボ(Lenovo) Tab4 10 ZA2J0039JP

クアッドコアのCPUや2GBのメインメモリを内蔵し、Android7.1が初期搭載されています。マルチウインドウにも対応しているので、メールチェックや検索なども快適に操作可能です。

ドルビーアトモス対応のステレオスピーカーを搭載し、臨場感あふれるサウンドで動画も楽しめます。約10時間の使用可能なバッテリーも内蔵。長時間移動中の動画視聴や、外出先のルート検索にも安心して使えます。プライベートやビジネスなどシーンを問わず使いたい方にもおすすめです。

また、複数のアカウントを登録できる「マルチユーザー機能」や、サイトの閲覧管理や利用時間の設定ができる「キッズモード」も搭載。キッズモードに切り替えると、子供が操作しやすい画面になります。

子供向けの動画や、学習コンテンツが無料で利用できるのも魅力です。家族での利用や、子供へのプレゼントとして購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

Androidタブレットのおすすめモデル|10インチ以上

ドラゴンタッチ(Dragon Touch) X10 advanced

10.6型のAndroidタブレットです。オクタコアで2.0GHzのCPUや1GBのメインメモリを内蔵しています。ネット検索や動画の再生であれば、ストレスなく使用可能です。

初期搭載アプリが少ないので、メモリやストレージを圧迫されることなく快適に使えます。ディスプレイにはIPS方式を採用。非光沢のスクリーンなので、屋外で使用する際でも光の反射が少なく、きれいに見えるのも特徴です。

また、microSDカードスロットやmicroUSBなど外部インターフェイスも充実。USB TypeAポートを使ってキーボードを接続し、ノートパソコンのようにメールを作成するなど、ビジネスに使えて便利です。

MiniHDMIでテレビと接続すれば、さらに大画面で動画の視聴も楽しめます。プライベートでもビジネスでも使い勝手のいいAndroidタブレットです。 

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 pro

10.8型のAndroidタブレット。大きな特徴としては、手書き入力ができる専用のペンが付属していることです。4096段階の筆圧に対応し、ペンの傾きをも感知します。絵や文字の質感を細部まで再現するので、タブレットを使って絵を描きたい方にもおすすめです。

ディスプレイには高解像度の2Kを採用。メーカー独自の画像調整アルゴリズムによって、映画などもよりきれいな映像で楽しめます。ハイレゾに対応した4つのスピーカーを内蔵し、本体は音響を考慮したデザインで設計しているのも魅力です。

低音がしっかりと響くので、音楽なども高音質で再生できます。Android8.0を搭載し、マルチウインドウに対応しているのも特徴です。

検索しながらメールを作成するなど、仕事にも役立ちます。大容量のバッテリーを内蔵しながら、急速充電も可能なので、使い勝手のよいAndroidタブレットを探している方におすすめのモデルです。