スマホよりも画面が大きく、より快適にアプリを楽しみたい方におすすめなのが「タブレット」。最近では多くの機種が発売されており、特にAndroid端末はさまざまなメーカーでラインナップされているので、しっかりとスペックを比較することが重要です。

そこで今回は、おすすめのAndroidタブレットをご紹介します。サイズ別に製品をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

Androidタブレットとは?

Androidタブレットとは、Googleが提供するモバイルOS「Android」を搭載したタブレットのこと。ほかのOSのモデルに比べて、よりユーザーのニーズに合った製品を見つけやすいのが特徴です。

Androidタブレットは製品ラインナップが豊富。SNS・動画アプリの利用やネット閲覧などのちょっとした用途であれば、格安の中華系タブレットでも十分活躍します。

また、付加機能が充実しているのもポイント。特に防水機能は、バスルームやキッチンなどで使いたい方に適した機能です。

タブレットの種類と特徴

Androidタブレット

By: amazon.co.jp

Googleが提供するOSを搭載している「Androidタブレット」。Google以外のほかの企業でも無償で使用できるオープンソースのOSなので、数多くのタブレットに搭載されているのが特徴です。

Androidタブレットは国内外の多くのメーカーが販売しているので、機能やデザイン、スペックの選択肢が豊富。自分の用途に合ったモデルを見つけやすいのがメリットです。また、リーズナブルな価格で購入できるモデルも多いので、予算を抑えたい方にもおすすめ。

基本的にAndroidタブレットは、普段からAndroidスマホを使用している方であれば操作に困ることなくすぐに使い始められます。好みのウィジェットやテーマを追加して、ホーム画面のカスタマイズなどができる自由度の高さも魅力です。

iPad

「iPad」は、Appleが開発・販売しているタブレット端末です。OSには、2019年9月に登場した「iPadOS」を採用しており、それ以前に発売されたモデルはiPhoneと同じ「iOS」というOSを採用しています。

iPadは、シンプルで操作性に優れたユーザーインターフェースが特徴。2つのアプリを同時に起動できる「Split View」や、macOS搭載パソコンのサブディスプレイとして使用できる「Sidecar」など、独自の便利機能も複数搭載しています。

iPadはAndroidタブレットよりも製品ラインナップが少なく、価格も高価ですが、動作・品質・サポートともに安定しているのがポイントです。本体デザインはスタイリッシュかつおしゃれ。豊富なアクセサリー類が揃っているのも魅力です。

iPadについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

Windowsタブレット

「Windows」はMicrosoftが提供するOSです。キーボードやマウスを接続してパソコンと同じような感覚で使用できるのがメリット。Windowsタブレットは、WordやExcelなどのOfficeソフトを使用したい方におすすめです。

ラインナップはAndroidタブレットほど多くなく、多機能なWindowsを動作させるためにはそれなりのスペックが要求されるので、比較的高価なモデルが多い傾向にあります。

Windowsのタブレットについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

Androidタブレットのサイズはどれがおすすめ?

7~8インチ|普段使いにおすすめ

7~8インチのAndroidタブレットは、スマホよりも少し大きめのサイズで、場所を問わずにどこでも気軽に使えます。画面が小さい分、価格もリーズナブルなので、コスパで選びたい方にもおすすめです。

なお、7インチか8インチか迷った際は、片手で持ちやすいかどうかで選びましょう。据え置きではなく、外出時にタブレットを活用したいのであれば、よりコンパクトなサイズの方が使い勝手は良好です。

9〜10インチ|動画やゲームを楽しみたい方におすすめ

10インチのAndroidタブレットは、画面が大きく迫力のある映像を映せるため、映画やゲームを楽しみたい方に適しています。また、画面が大きいと小さな文字が見やすくなるので、SNSや電子書籍を快適に楽しみたい方にもおすすめです。

ただし、7~8インチのAndroidタブレットと比べるとサイズや重量がそれなりにあるため、携帯性を重視する方にはあまり向いていません。10インチサイズになると片手での操作が難しくなるので、その点も留意しておきましょう。

10インチ以上|ノートパソコンとしても使いたい方におすすめ

By: lenovo.com

10インチ以上のAndroidタブレットになると、画面が大きく、全体的にスペックが高い傾向にあるので、動画やゲームを楽しむ用途にもおすすめです。また、別途キーボードやマウスを用意すればパソコンのような使い方もできるため、1台でタブレットとノートパソコンの2通りの使い方が楽しめます。

ただし、10インチを超えると重量やサイズが大きくなるので、ほかのサイズよりも使えるシチュエーションが限られます。特に、長時間持ったまま操作しているとすぐに手や腕が疲れてしまうため、使用シーンも考慮しつつ選んでみてください。

SIMフリー(LTE)モデルとWi-Fiモデルはどっちがおすすめ?

屋外でも快適に使いたいなら「SIMフリー(LTE)モデル」がおすすめ

SIMフリーに対応したAndroidタブレットは、端末にSIMカードを挿入することでWi-Fiの電波が飛んでいない場所でも快適にインターネットが楽しめます。普段使っているスマホと同じような感覚でどこでもインターネットが楽しめるため、外出先で頻繁にタブレットを使う方におすすめです。

ただし、SIMフリーに対応したタブレットは、Wi-Fiモデルよりも価格が高くなるのでコスパを重視する方には向いていません。端末代とは別に月々の利用料金が発生するので、選ぶ際にはランニングコストがどれくらいかかるのかも必ず把握しておきましょう。

コスパ重視の方は「Wi-Fiモデル」がおすすめ

Wi-FiモデルのAndroidタブレットの場合、インターネットを使用するにはWi-Fiに接続する必要があります。自宅や職場などWi-Fiが通っている場所で使う分には問題ありませんが、それ以外の場所ではインターネットが使えなくなるため、外出先でもタブレットを使う方は注意が必要です。

Wi-FiモデルはSIMフリーモデルと比べて汎用性は劣りますが、その分価格が安く、同じモデルでも5,000~1万円ほどリーズナブルに購入できます。コスパ重視でAndroidタブレットを選びたい方にはWi-Fiモデルがおすすめです。

Androidタブレットの選び方

CPUの性能をチェック

CPUは人間で例えると「頭脳」にあたる重要なパーツです。どんなCPUを選ぶのかによってその端末の性能が大きく異なってくるため、Androidタブレットを選ぶ際には必ずCPUの性能をチェックしましょう。

基本的にCPUは「コアの数」「クロック周波数」の2つをチェックすれば、性能を判断できます。目安としては、ゲームやアプリをサクサク快適に楽しみたいなら、コアの数は「4~8個」、クロック周波数は「1.8~2.3GHz」あたりがおすすめです。

ただし、コアの数やクロック周波数が上がるとタブレットの価格も高くなるので、その点は考慮しておきましょう。

メモリの性能をチェック

メモリはタブレット内のデータを一時的に保存しておくパーツのこと。例えば、仕事や勉強をする際には、狭い机よりも広い机の方が効率よく作業ができます。

メモリも同様に、容量が大きくなれば一度にたくさんの処理ができるため、タブレットを快適に使いたいならメモリの性能もしっかりとチェックしてみてください。

選び方の目安として、SNSやWebサイト、アプリをストレスなく使用したいなら「2GB」、さらに複数のアプリやゲームを快適に楽しみたいなら「4GB」がおすすめです。

ストレージの性能をチェック

ストレージは、アプリやゲームなどのプライベートデータからOSなどシステムデータまで、タブレット内のあらゆるデータを保存しておくパーツです。ストレージの容量が大きければそれだけたくさんのデータを保存しておけるため、さまざまなコンテンツを楽しみたいならストレージの性能もしっかりとチェックしてみてください。

目安として、WebサイトやSNSを見る程度であれば「16~32GB」、アプリやゲームをそれなりに楽しみたいなら「32GB」、写真・動画・アプリ・ゲームなどいろいろなコンテンツを楽しみたいなら「64~128GB」を選びましょう。

ただし、ストレージの容量が大きくなるとその分価格も高くなります。コスパを重視しつつ多くのデータを保存したい方は、SDカードに対応したAndroidタブレットを選ぶのもひとつの方法です。

ディスプレイの解像度をチェック

By: consumer.huawei.com

Androidタブレットを選ぶ際、意外と見落としがちなのがディスプレイの解像度です。解像度とは画面のなかにある「ドット(点)」の数のことで、基本的には数値が多いほど色鮮やかできれいな映像が楽しめます。

現在、Androidタブレットで主流となっている解像度は「WXGA(1280×800)」「フルHD(1920×1080)」「WUXGA(1920×1200)」の3種類です。WXGAは解像度が低い分、リーズナブルな価格が特徴。電子書籍などの細かな文字を見るのにはあまり向いていませんが、ゲームやアプリを楽しむ分にはあまり気にならないので、あくまでも画質よりコスパを重視する方におすすめです。

一方、フルHDやWUXGAは解像度が比較的高いため、アプリやゲームをきれいな映像で楽しめます。また、小さな文字も読みやすいので、電子書籍を快適に楽しみたい方にもおすすめです。

OSのバージョンをチェック

タブレットは製品によってOSのバージョンが異なります。OSのバージョンが古いと、「最新のアプリがインストールできない」「新機能が使えない」「悪質なソフト(マルウェア)に感染するリスクが高くなる」などのトラブルを引き起こすことがあるので、タブレットを選ぶ際には注意してみてください。

例えば、人気フリマアプリ「メルカリ」は対応バージョンがAndroid 5.0、「LINE」は推奨バージョンがAndroid 6.0以上です。現在リリースされているアプリやゲームはAndroid 4.4以下だと支障をきたすことが多いので、多くのアプリやゲームを楽しみたい方は、OSのバージョンは最低でも「Android 5.0~5.1.1」以上を選びましょう。

機能をチェック

防塵・防水機能

スポーツやアウトドアシーン、水まわりでの使用時にもAndroidタブレットを使用したい場合は、防塵・防水に対応したモデルがおすすめ。表記としては、例えば「IP58」などで示され、前の数字が防塵、後ろの数字が防水のレベルを表しています。

特にタブレットをキッチンやバスルームのような水まわりで楽しみたい方は、防水レベルをチェック。水の飛沫に対して保護されている程度の「IPX4」から、一定の条件で水に浸しても影響がないように保護されている程度の「IPX7」までが目安となるので、参考にしてみてください。

キッズモード

Androidタブレットのなかには、利用できるアプリや使用時間を制限する「キッズモード」を搭載した製品があります。

同機能が搭載されているモデルは有害サイトへのアクセスをブロックしたり、有料アプリの購入を制限したり、アプリのインストールや削除を防止したりとさまざまなトラブルを未然に防げるので便利。子供とタブレットをシェアして使いたい方は、対応の有無を確認しておきましょう。

ブルーライトカットモード

タブレットが画面から発する「ブルーライト」が気になる方は、「ブルーライトカットモード」があると便利。同機能が付いていれば、画面から発せられるブルーライトの量を軽減する効果が期待できるので、目の負担を抑えたい方におすすめです。

特に長時間にわたってタブレットで動画やゲームを楽しみたい方は、しっかりとチェックしておきましょう。

Androidタブレットのおすすめメーカー

レノボ(Lenovo)

レノボは、香港に本社を置く大手パソコンメーカーです。1984年に前身となる会社を設立し、1997年には中国国内でのパソコン販売台数が1位に。2004年に社名を「Lenovo」に変更後、世界中にシェアを拡大しています。

同社の製品は、耐久性が高く、操作性に優れているのが特徴です。さらに、リーズナブルな価格で購入できるコスパのよさも魅力のひとつ。なかでも、IBMから引き継いだビジネス向けノートパソコン「ThinkPad」シリーズは、世界中で高い評価を得ている人気モデルです。レノボの製品を導入している企業や法人も数多くあります。

Androidタブレットに関しては、Pシリーズ・Mシリーズ・Eシリーズなどのいくつかのシリーズをラインナップ。上位モデルのPシリーズは、スタイリッシュなデザインでパワフルな性能を備えています。

日本電気(NEC)

By: nec-lavie.jp

NECは、東京に本社を置く大手電機メーカーです。1899年の設立当時からパソコンの開発に取り組み、1982年に発売を開始した「PC-9801」シリーズは約13年にわたって販売された大ヒットモデル。現在でも同社のノートパソコンは、充実したサポート体制や品質の高さから日本国内で高いシェアを有しています。

Androidタブレットに関しては、ゲームや映画の鑑賞に適した大画面かつハイスペックなモデルや、気軽に持ち運べる軽量・コンパクトなモデルなどをラインナップ。用途に合わせてぴったりのモデルを選択できます。

Androidタブレットのおすすめモデル|7〜8インチ

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T3 7 Wi-Fiモデル 7/BG02-W09A

デザイン性・耐久性・接続性に優れるタブレット

スタイリッシュなデザインが魅力のAndroidタブレットです。約103×179×8.6mmのコンパクトサイズで、気軽に持ち運べるのが便利。また、タブレット背面に航空機グレードのアルミニウム合金素材を採用しており、耐久性に優れています。

安定したインターネット接続を楽しめるのもポイントです。2.4GHzと5GHzのデュアルバンドWi-Fiに対応しており、ストリーミング動画の視聴や大容量データのダウンロードに適しています。小型モデルながら、ベゼル幅6.1mmの狭額縁スクリーンを搭載しているため、画面の見やすさを重視する方にもおすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 lite 8 JDN2-W09

サウンドにこだわった、Wi-FiモデルのAndroidタブレットです。オーディオ機器ブランドの「Harman Kardon」が施したチューニングによって、低音で歪みの少ないサウンド再生が可能。また、デュアルスピーカーとデュアルパワーアンプ、独自のサラウンド技術「HUAWEI Histen5.0オーディオテクノロジー」を組み合わせることで、臨場感を楽しめます。

本製品は、機能性に優れているのもポイントです。独自の「HUAWEI Kirin 710」オクタコアCPUに加え、Android 9+EMUI9.0を採用しているため、ウェブブラウジングからゲームアプリまでスムーズに使用できます。さらに、顔認識技術を搭載しているので、パスワードを入力する手間を省けるのも魅力です。

日本電気(NEC) LAVIE T8 PC-T0875CAS

片手でも持ちやすいスリムボディのAndroidタブレット。重量約305gと軽めなので、子供でも使いやすいのが特徴です。コンパクトなので片手で持って手軽に操作できます。

パワフルな8コアのプロセッサーと6GBメモリを搭載。動画やゲームも快適に楽しめます。さらに、約128GBのストレージを採用。写真や動画、アプリもたっぷりと保存できます。

高音質のサウンドシステム「Dolby Atmos」を採用。迫力あるサウンドを楽しめます。最大約13時間の駆動が可能な大容量バッテリーも搭載。使い勝手のよいおすすめモデルです。

レノボ(Lenovo) Tab M8

8.0型ワイドIPSパネルが採用されたAndroidタブレット。角度による色の変化が少ないため、Twitter・InstagramなどのSNSを横になって見たり友人と並んで映画を観たりする際に便利です。

迫力あるサウンドの再生が可能な「ドルビーオーディオ」に対応しているのもポイント。映像だけでなく、音にもこだわりたい方に適しています。Bluetoothに対応したイヤホン・ヘッドホンと接続すれば、ケーブルの距離に左右されず自由な姿勢でサウンドを楽しむことも可能です。

利用状況の分析やコントロールが行える「キッズモード」を搭載しているので、子供用のタブレットがほしい方にもおすすめ。スリムで持ちやすい製品を探している場合はチェックしてみてください。

Androidタブレットのおすすめモデル|9〜10インチ

日本電気(NEC) LAVIE Tab E TE710/KAW

キッチンなど水気のある場所でも使えるAndroidタブレットです。防塵がIP5X、防水がIPX3に準拠しており、生活防水に対応。また、フロントカメラに顔を向けることで画面ロックが解除できる「フェイスアンロック」を搭載し、作業中や手が濡れているときなどでも素早く起動できます。

1920×1200のWUXGA解像度に対応しているのも本製品のポイントです。表示可能な範囲が広く、ウェブブラウジングだけでなく、高画質の動画視聴にもおすすめ。さらに、フルセグチューナを本体に内蔵しており、タブレットで地上デジタル放送を鑑賞できます。

VANKYO MatrixPad S30

比較的控えめな価格帯ながら十分なスペックを備えた10.1インチのタブレットです。CPUはCortex-A55、コア数はオクタコアの8コア。パネルはIPS、画面解像度は1920×1200のフルHDを採用しています。

メモリは3GB。ストレージは32GBとやや低めですが、microSDカードで最大128GBまでカバーできます。バッテリーはリチウムイオンの6000mAhで、駆動時間は最大15時間です。

Wi-Fiの規格は11acまで対応しており、端子はUSB Type-Cを採用。普段使いのウェブブラウジングであれば快適に使えるおすすめの製品です。

慶洋エンジニアリング(KEIYO) NewBridge Tab NBTB101

10.1インチでフルHDのIPSパネルを採用したAndroidタブレット。高精細かつ高視野角なのが特徴です。OSはAndroid 11が標準インストールされています。

8コアプロセッサーが搭載されており、快適に操作可能。メモリは3GBとアプリもスムーズに動作するほか、内蔵ストレージは64GBあるので、さまざまなアプリをインストールできます。バッテリーは6000mAhと大容量で、Webサイトなら最大12時間の閲覧が可能です。

本製品はメタル素材を採用した高級感のあるデザインも魅力。機能・デザイン・価格のバランスが取れたおすすめのモデルです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T5 10

高いパフォーマンス性能を有するAndroidタブレットです。独自開発の「HUAWEI Kirin 659」オクタコアをCPUに内蔵し、消費電力を抑えながらアプリや動画視聴を楽しめます。また、360°サラウンドサウンドに対応しており、臨場感あふれる立体的な音響再生が可能です。

フルHD対応のディスプレイも魅力のひとつ。10.1インチの大型画面に加え、16:10のアスペクト比は動画やウェブブラウジングにぴったりです。洗練されたメタルボディはプライベートだけでなく、ビジネスシーンにも違和感なく馴染みます。

Androidタブレットのおすすめモデル|10インチ以上

レノボ(Lenovo) Tab B10 ZA4G0160JP

Wi-FiモデルのAndroidタブレットです。10.1インチのワイドIPSパネルを採用。見る角度による色や輝度の変化が少なく、画面が見やすいのが特徴です。

Wi-Fi規格は802.11a/b/g/n/acに対応しているので、高速な通信が可能。CPUは「Qualcomm Snapdragon 429」クアッドコアプロセッサーにより、快適に動作します。

また、子供でも使える「キッズモード」を採用しているのもポイント。子供のタブレットの利用状況を確認できるほか、明るさとブルーライト低減機能により、子供の目の疲れを軽減可能と謳われています。

ほかにも、本製品には前面にスピーカー2つと、Dolby Audio機能を搭載。臨場感のあるサウンドを楽しめます。子供に渡して使わせたり、家族で動画などを楽しんだりしたい方におすすめです。

レノボ(Lenovo) Yoga Tab 11 ZA8W0057JP

Dolby Vision対応のIPSパネルを採用したAndroidタブレット。輝度やコントラストが高く、鮮やかな色調なので、映画館のような映像を再現すると謳われています。また、Dolby Atmosに対応したJBLスピーカーを4つ搭載しているため、臨場感あふれる音を楽しめるのもポイント。映画を視聴したり、音楽を鑑賞したりしたい方にもおすすめです。

ホーム画面から右スワイプすると、新たなコンテンツを発見できる「Entertainment Space」を備えているのも魅力。お気に入りの映画やゲーム、書籍に素早くアクセスできるので、使い勝手が良好です。

そのほか、キックスタンドが内蔵されており、タブレット・スタンド・チルト・ハングのモードを使い分けられます。机に立て掛けたり、フックに引っ掛けたりして、自分が快適なスタイルで利用可能です。

日本電気(NEC) LAVIE T11 T1195/BAS PC-T1195BAS

ディスプレイに有機ELパネルを採用した11.5型ワイドのAndroidタブレットです。4基のスピーカーを内蔵し、コンテンツに合わせてサウンドを調節できる「Dolby Atmos」にも対応。大画面・高画質・高音質を揃えているのが特徴です。

OSはAndroid 10で、CPUは8コアのQualcomm Snapdragon 730G。メモリは6GB、ストレージは128GBとスペックが充実しているのもポイントです。

なお、別途ペアリング可能なキーボードやデジタルペンを使用すればノートパソコンとしても活躍。同社製品には、スタンドカバー付きキーボードや4096段階の筆圧感知に対応したデジタルペンもラインナップされており、別途購入すれば外出先やリモートワークでもよりクリエイティブな作業ができます。気になる方は合わせてチェックしておきましょう。

ティーシーエル(TCL) TAB 10 8194-2ALCJP1

9.96mmとスリムなベゼルを採用したAndroidタブレット。フチが気になりにくく、映像に集中しやすいのがメリットです。フロントカメラを搭載しているので、ビデオ通話用に使うこともできます。

ステレオサウンドに対応した「デュアルスピーカー」だけでなく、3.5mmイヤホンジャックも搭載。キッチンで洗い物をするなど、動きのある作業をしているときはスピーカー、夜間のような音が出てしまうのを控えたいシーンではイヤホン・ヘッドホンを装着するといった使い分けが可能です。幅広いシーンに対応しています。

価格は比較的リーズナブルで、初めてタブレットを購入する方でも手に取りやすいのがポイント。予算を抑えたい方におすすめです。

ALLDOCUBE iPlay40H

10.4インチのIPSパネルを採用したAndroidタブレット。OSはAndroid 11で、UIもAndroid 11ベースの使いやすいデザインです。各社SIMカードで4G-LTE通信ができるほか、2.4GHzと5GHzのデュアルバンドWi-Fiにも対応しています。

CPUには8コアCortex-A75で構成されたUnisoc Tiger T618を採用。また、メモリは8GBなので、ゲームやアプリなどもサクサク動作します。ストレージ容量は256GBと大容量のうえ、最大2TBのmicroSDカードで拡張可能です。

バッテリーは6200mAhと大容量で、ローカルビデオ再生なら最大10時間使用できます。高性能ながら価格も安く、コスパに優れたおすすめモデルです。

AndroidタブレットのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

AndroidタブレットのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。