何百冊もの書籍を手軽に持ち歩けるほか、文章の拡大表示や文字サイズの調節といった利便性が魅力の「電子書籍」。紙の書籍より1冊あたりの価格が安く、本をたくさん読む方は節約になるのもメリットです。

そこで今回は、電子書籍を読むのにおすすめのタブレットをご紹介。人気モデルを中心にピックアップしたので、ぜひ参考にしてタブレットでの読書を日々の生活に取り入れてみてください。

電子書籍リーダーとタブレットの違い

電子書籍リーダーとは、電子書籍専用に開発されたデバイスです。多くの製品が電子ペーパーディスプレイによるモノクロ表示で、紙の書籍に似た読み心地で読書を楽しめます。

一方、タブレットはスマホと同様のOSを採用しており、幅広いアプリをインストールできるのが特徴。電子書籍リーダーの場合は利用できる電子書籍販売サイトが1つに限られるのに対し、タブレットは複数の電子書籍アプリを入れられます。書籍のジャンルなどに応じて使いわけることも可能です。

また、カラーディスプレイを採用しているため、カラー漫画や雑誌を快適に楽しめるのもポイント。汎用性の高いデバイスを探している方におすすめです。

電子書籍が読みやすいタブレットの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

電子書籍を読むなら、7〜8インチのタブレットがおすすめです。軽量で持ち運びがしやすく、いつでも気軽に読書を楽しめます。漫画や雑誌の電子書籍を中心に楽しむのであれば、10インチ程度の大画面モデルをチェックをチェックしてみてください。

タブレットは横にして両手で持つと、漫画や雑誌などの電子書籍が見開きで表示されるため、大画面モデルなら快適に読書を行えます。普段よく読む電子書籍の種類にあわせて検討してみてください。

重量で選ぶ

電子書籍をタブレットで読む際は、手で持って使用することが多いため重量も大切。とくに、通勤電車などちょっとした隙間時間に読書をしたい方は、持ち運びしやすい軽量モデルをチェックしてみてください。

重量はサイズに比例して大きくなるので、軽量性を重視する方は7〜8インチで300〜400g程度のタブレットがおすすめ。荷物にならず素早く取り出せるので、快適に読書を行えます。

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

タブレットで電子書籍を読むには、専用アプリにデータをダウンロードする方法と、ブラウザ上で閲覧する方法があります。ブラウザ上で小説や漫画などを閲覧する場合は容量を気にする必要はありませんが、タブレット本体にデータをダウンロードする場合はある程度のストレージ容量が必要です。

電子書籍は小説などのテキストデータであれば容量が小さく済みますが、漫画や雑誌だと画像の容量が大きくなります。漫画や雑誌をたくさん読みたい方や、タブレット内に動画なども入れたい方は、32GB以上のモデルをチェックしてみてください。

ネットの接続方式をチェック

Wi-Fiモデル

By: amazon.co.jp

Wi-Fiモデルは、Wi-Fi環境が整った場所なら、どこでもタブレットをインターネットに接続できます。自宅にWi-Fi環境がある方におすすめです。初期設定をするだけで利用でき、月々の追加料金がかかりません。外出先では無料のWi-Fiスポットなどを利用すればネットに接続可能です。

SIM対応モデル

タブレット本体に「SIMカード」と呼ばれるカードを挿入してネットに接続するのがSIM対応モデルです。自宅でも外出先でもインターネットを利用可能。どこでもタブレットを使ってネットに接続したい方におすすめです。なお、SIMカードは携帯会社と契約する必要があり、月々の通信料がかかるので留意しておきましょう。

解像度をチェック

By: amazon.co.jp

タブレットの画面サイズが同じでも、解像度が異なれば画面に表示できる情報量が変わります。雑誌やカラー漫画などを快適に楽しみたい方は、解像度の高いモデルがおすすめ。文字や絵がはっきりと見やすく、長時間の閲覧にも適しています。なお、一般的に解像度が高くなると価格も上昇するので、利用スタイルに合ったモデルを選ぶようにしましょう。

価格をチェック

電子書籍向けのタブレットを購入する際には、価格も要チェック。ストレージやバッテリー容量、ディスプレイの解像度といったスペックに応じて価格が異なり、求める機能性に即して慎重に選ぶ必要があります。

また、タブレットのランニングコストを下げたい方は、Wi-Fiモデルがおすすめです。本体価格が安いだけでなく、毎月発生するSIMカードの通信費用を節約できます。予算内でどのスペックを優先するかを検討して、適したタブレットを選ぶようにしましょう。

電子書籍が手軽に読めるタブレットおすすめモデル|7〜8インチ

アマゾン(Amazon) Fire 7 タブレット 32GB

保存領域の拡張に対応したタブレットです。MicroSDカードを差し込むことによって、Kindleストアで購入した電子書籍データを最大512GBまで保存できます。また、192×115×9.6mmのコンパクトサイズに加え、重さも286gと軽量で携帯性にも優れています。

バッテリーの持ちも魅力のひとつ。最大7時間の駆動に対応しており、電池残量を気にせずに読書に集中できます。さらに、本製品のほか、ストレージ容量16GBのモデルもラインナップ。リーズナブルで使い勝手に優れたモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アマゾン(Amazon) Fire HD 8 Plus タブレット 32GB

ワイヤレス充電に対応したタブレット。別売りのスタンドを使用することで、タブレットを充電しながら電子書籍での読書や動画視聴をハンズフリーで行えるので便利です。

また、付属のACアダプターは高速での充電に対応しており、4時間以内でフル充電が可能なのもポイント。さらに、最大12時間使用できるバッテリーを備えているのも魅力です。

アップル(Apple) 7.9インチタブレット iPad mini Wi-Fiモデル MUQX2J/A

幅広い用途に適したタブレットです。ハイパフォーマンスを可能としたアップル社独自の「A12 Bionicチップ」を搭載しており、読書から動画視聴まで幅広い用途にぴったり。また、サイズは134.8×203.2×6.1mmとコンパクト、かつ約300gの軽量設計で、アウトドアや旅行などさまざまな場面で活躍します。

Apple独自の「Retinaディスプレイ」を搭載しており、鮮やかな色彩の表現が可能。さらに、7.9インチの小型ディスプレイながら、2048×1536の高解像度を有しているのも魅力です。

レノボ(Lenovo) Tab E8 WiFiモデル ZA3W0042JP

画面の見やすさを重視する方におすすめのタブレットです。視野角の広いIPSパネルを搭載しており、斜めから画面をのぞき込んでも見やすいのが特徴。また、1280×800のWXGA解像度に対応し、電子書籍から動画視聴まで快適に楽しめます。

携帯性に優れているのも本製品のポイントです。約209×123×8.9mmの薄型設計であるのに加え、320gと軽いので外出先への持ち出しにも適しています。さらに、4850mAhの大容量リチウムイオンバッテリーを内蔵しており、最大10時間の連続使用に対応したモデルです。

バンキョー(Vankyo) S7 7インチ VANKYO-S7

コンパクトサイズが魅力のタブレットです。サイズは189×109×9.2mmは片手でも持ちやすいのに加え、本体重量は260gと軽量なのが特徴。また、小型タイプながら2900mAhのバッテリーを備えており、外出先でも安心して読書に専念できます。

鮮やかな色彩表現を可能とするIPSパネルや目に優しい「Eye Health機能」を搭載しているのもポイント。Webブラウジングや動画視聴の用途でも快適に使用可能です。さらに、保存データ量が本体ストレージの32GBで足りない場合、MicroSDを差し込むことで最大128GBまでの拡張にも対応しています。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 lite 8 LTEモデル

長時間にわたって使用する方におすすめのタブレットです。約5100mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、電子書籍の読書だけでなく、Webブラウジングや動画視聴なども同時に楽しめるのが特徴。また、204.2×122.2×8.2mmのコンパクトサイズに加え、約310gと軽量なので気軽に持ち運べます。

高解像度のディスプレイも魅力のひとつ。1920×1200のWUXGA解像度に対応しており、文字やコンテンツ内の画像を見やすいのがポイントです。さらに、SIMフリータイプのほかWi-Fiタイプもラインナップされているため、使用環境に応じて適したモデルを選択できます。

電子書籍が手軽に読めるタブレットおすすめモデル|10インチ以上

アマゾン(Amazon) Fire HD 10 タブレット 32GB

デザイン性を重視する方におすすめのタブレットです。ブラック・ブルー・ホワイトの3カラーをラインナップしており、好みに応じて選択できます。また、最大12時間駆動の大容量バッテリーを内蔵しているため、電子書籍の読書からWebブラウジング、動画視聴まで幅広い用途に最適です。

2.4・5GHzのデュアルバンドに対応しているのも本製品の魅力。インターネットに安定して接続できるので、アプリのダウンロードやストリーミング動画の再生などに便利です。さらに、MicroSDカードを使用することで、最大512GBまでの拡張にも対応しています。

アップル(Apple) iPad Air 10.9インチ Wi-Fiモデル MYFY2J/A

2020年に発売された第4世代のiPad Airです。サイズは10.9インチ。2360×1640ピクセルの高画質Liquid Retinaディスプレイを搭載しており、雑誌はもちろん、写真集や画集など、カラーページを色鮮やかに再現できます。

パワフルなA14 Bionicチップを搭載しているのもポイント。ページ送りがスムーズに行えるので、速読派の方にもぴったりです。また、ストレージは256GBと大容量のため、たくさんの電子書籍データを保存できるのも魅力。読書を快適に楽しめるおすすめのタブレットです。

日本電気(NEC) LAVIE Tab E TE710/KAW PC-TE710KAW

防塵・防水に対応したタブレットです。IP53に準拠しており、水気のある場所や屋外での読書に便利。また、IPSパネルを採用しているため、さまざまな角度からでもコンテンツを楽しめます。

機能性に優れているのも魅力。8コアプロセッサをCPUに搭載しているのに加え、4GBのメモリを搭載しており、高画質の動画視聴などにも適しています。さらに、13時間の連続駆動が可能な大容量バッテリーを内蔵しているので、電源が用意されていない場所でも安心して使用できます。

バンキョー(Vankyo) S30 10インチ VANKYO-S30-new

夜間でも快適に読書を楽しめるタブレットです。目の保護モードと読書モードを兼ね備えているほか、使用環境に応じてバックライトの光量を自動的に調節できるのがポイント。また、1920×1200のWUXGA解像度に対応しており、漫画などの細かい文字もはっきりと見やすく、長時間の読書に適しています。

機能性に優れているのも魅力のひとつ。2.4・5GHzのデュアルバンドを搭載しており、安定したインターネット環境を維持できます。さらに、顔認証システムによるログインにも対応しており、利便性に優れたモデルを探している方におすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T5 10 Wi-Fiモデル

1920×1200のWUXGA解像度に対応しているタブレット。細部まで鮮やかな色彩の表現を可能としており、電子書籍などの細かい文字を読む際に便利です。OSには、Andorid 8.0を採用しています。

本製品のストレージ容量は32GB。また、10.1インチの大型ディスプレイながら、重さは約465gと軽く、アウトドアや旅行先へ持ち運ぶ方に適しています。