スマホやタブレット端末の登場によって利用するユーザーが増えている電子書籍市場。本を持ち歩かなくてよいという利便性はもちろん、誌面の汚れなどの劣化を気にすることがないので、きれいな状態で読み続けることができるのがメリットです。

そこで今回は、電子書籍が手軽に読めるおすすめのタブレットをご紹介。ぜひ製品を比較して、ベストバイアイテムを見つけてください。

電子書籍リーダーとタブレットの違い

By: amazon.co.jp

電子書籍リーダーとは、電子書籍を読むことを前提にした端末です。紙の書籍を読むような快適さを考えて設計されているモノも多く、長時間使用しても目が疲れない特殊な液晶画面や長時間駆動を前提としています。

一方、タブレットは電子書籍を読む以外のさまざまな用途を想定した端末です。AndroidやiOSなどスマホと同様のOSが搭載されているため、スマホで利用している多くのアプリが大画面で使用できると考えればわかりやすいでしょう。液晶もカラー表示が可能なので、書籍だけでなくカラーの漫画や雑誌などを読む方におすすめです。

電子書籍が読みやすいタブレットの選び方

By: amazon.co.jp

サイズで選ぶ

電子書籍リーダーはの画面サイズは6インチが主流ですが、タブレットの多くは7・8・10インチ程度のいずれかです。電子書籍を読むのにおすすめのタブレットのサイズは、7~8インチ程度。10インチ以上でも大きな問題はありませんが、読書は手にもって行うのが普通なので、画面が大きいと重量もあるためその分腕が疲れやすくなります。

また、7インチのタブレットは書籍を読むのには適していますが、漫画や雑誌を読む場合はやや小さく感じるケースもあります。8インチ程度であれば、コミックを見開きで2ページ分表示することも可能なので、読み心地も良好です。ただし、手が小さい方の場合8インチだと片手では安定しないこともあるので注意しましょう。

重量で選ぶ

電子書籍を読むことを想定したタブレットの場合は、重量も大事なポイントです。電車などの移動中に電子書籍を読みたい場合、片手で持てる方が自由度が高くストレスを感じにくいでしょう。ただし、片手で持てるサイズであっても、重量があればそれだけ腕が疲労するのでなるべく軽量なモデルを選びたいところです。

7~8インチのモデルであれば、300g以下が軽量の部類に入ります。長時間使用する場合はなるべく軽量なモノを選ぶのがおすすめです。

ストレージの容量で選ぶ

タブレットで電子書籍を読む場合、専用のリーダーアプリでデータをダウンロードするか、もしくはブラウザ上で書籍データを読み込むかのどちらかの方法を取ります。多くはリーダーアプリの方式を取っており、データのダウンロードが必要となります。

そのデータの保存先として、タブレット本体のストレージ容量が選び方のポイント。SDカード対応モデルであれば容量の追加も可能ではありますが、本体容量が大きいに越したことはありません。最低限欲しいのは16GB程度。できれば32GB以上のモデルが好ましいでしょう。ただし、ストレージの容量が大きいモデルほど高価になるので、予算と相談してSDカードで対応することも視野に入れる必要があります。

電子書籍が手軽に読めるタブレットおすすめ

ブルードット(BLUEDOT) BNT-791W

実績価格1万円を切る格安の7.9インチのAndroidタブレット。幅の広い4:3液晶を搭載しているので、漫画や雑誌などの電子書籍を余裕を持って表示できます。

薄さ9.1mm・重さ337gなので、持ち運びにも最適。Bluetoothを搭載しているので、ヘッドホンやキーボードなどとも接続できます。

HDMI micro端子を搭載しているので、自宅では大画面で映像コンテンツを視聴することが可能。microUSB端子を搭載しているので、有線でUSBメモリやキーボードを接続することもできるおすすめの1台です。

レノボ(Lenovo) YOGA Tab 3 8 ZA090115JP

最大20時間駆動するバッテリーを搭載したAndroidタブレット。ホールド・チルト・スタンド・ハングの4つのモードに切り替えることができるので、電子書籍をみるときから、キッチンで料理をするのに壁掛けをするときまで、多くのシチュエーションに対応します。

8インチのIPS液晶は解像度が1280x800。さらに、液晶は鉛筆や金属製のボールペンでもスタイラスとして利用できるAnyPenテクノロジーを採用しており、専用のペンを持ち歩かなくても代用ペンでタッチ操作が可能です。

重量も466gと軽量モデルなので、持ちながら長時間電子書籍を読むのにも適しています。これだけ機能が充実して、実勢価格は2万円以内とリーズナブル。電子書籍だけでなく、さまざまな用途に使えるおすすめのタブレットです。

ファーウェイ(Huawei) MediaPad M3 Lite 8

Android7.0を搭載したタブレット。8インチで解像度は1920×1200なので、高精細な画面で電子書籍が楽しめます。大容量の4800mAhバッテリーを搭載。スタンバイ時で約9時間駆動し、外出先でも1日中電子書籍を楽しめます。

指紋認証機能を搭載し、セキュリティと利便性を両立。視力保護モードや画面輝度調整を使って快適な形で電子書籍を読むことができるおすすめのタブレットです。

日本電気(NEC) LAVIE Tab E PC-TE508HAW

Android7.1を搭載したタブレット。マルチウィンドウ・マルチタスク機能に対応しているので、電子書籍を読みながらチャットアプリを起動して友達とつながるといった使い方も難なく行えます。

4コアCPUで2GBメモリを搭載しているので、ページ数の多い電子書籍でも快適に閲覧可能。横幅124.2mmのコンパクトサイズで重量も約340gなので、持ち運びも簡単です。

バッテリーの駆動時間は8時間。マイクロソフトのOfficeファイルを閲覧・修正できるMicrosoft Office Mobileもプリインストールされているので、参考資料を読みながらビジネスの資料を編集するのにもおすすめのタブレットです。

エイサー(Acer) Predator GT-810

重量350gの超軽量Androidタブレット。元々はゲーム用につくられたタブレットですが、軽量かつ性能が高いため、電子書籍を読む際にもおすすめです。

液晶には、多数のタッチセンサーを内蔵する“Predator Precision Plus”技術を採用し、細かい画面タッチが可能としているので、ストレスを感じにくい使用感です。さらに、専用のペンでなくてもペン先2mmの鉛筆などでも操作できるので、メモにも使えます。

コンテンツに合わせて、スタンダード・アルバム・映画・ゲームから最適なものを設定し、4連スピーカーから音を出すことができるので、電子書籍のみならず映像コンテンツにも最適です。

イーバランス(E-BALANCE) ROOMMATE EB-TB60K

実勢価格9000円程度のAndroidタブレット。7インチサイズの小さくて安いタブレットが欲しい人におすすめです。画面解像度は1024×600とやや控えめですが、文字ベースの電子書籍を読む分には問題ありません。

ROMは8GBとやや少ないですが、microSDカードスロットを備えており最大32GBまで対応します。格安タブレットながら、画面の縦横は自由自在なので、電子書籍を読むのにピッタリの1台です。

アマゾン(Amazon) Fire 7

電子書籍ストアとして最大手のAmazonが販売しているタブレット。Amazonの電子書籍・映像コンテンツ・音楽などを最大限楽しむためにつくられた1台です。

片手で持てる7インチのコンパクトボディ・1024×600の画面解像度・最大8時間持続するバッテリー。一度購入したコンテンツや本製品で撮影した写真は、無料で容量無制限でクラウド上に保存可能なので、急な故障の際も安心です。

販売価格は容量16GBモデル1万円程度とリーズナブル。容量8GBのモデルなら1万円を切る価格で購入できるので、普段からAmazonで電子書籍を購入しているならば迷わず買いの1台です。ただし、Androidタブレットとは違い“Fire OS”を搭載しているため、インストールできるアプリの数が少ない点には注意してください。

アマゾン(Amazon) Fire HD 8

Amazonが販売している「Fire 7」よりもひとまわり大きいタブレット。解像度も1280x800のHDディスプレイになっており、バッテリー駆動時間も12時間と長くなっています。

記憶容量も、16GB・32GBから選べるので、より多くのコンテンツを楽しみたい人には最適です。最大256GBのmicroSDカードに対応しているので、圧倒的な量のコンテンツを保存できます。ただし、Fire 7と同様にFire OS搭載機のため、iPadやAndroidタブレットと比較すると対応アプリの数はやや少なめです。

アップル(Apple) iPad mini4 128GB MK9P2J/A

7.9インチのRetinaディスプレイを搭載したiPad miniシリーズモデル。コンパクトながら、画面解像度はiPadと同じ2048×1536と十分です。

重さ299g・薄さ6.1mmで、電子書籍リーダーをひと回り大きくしたサイズなので、日常的な持ち歩きにも最適。液晶には反射防止コーティングが施されているので、外出先でも快適に利用できるおすすめの1台です。