何百冊もの書籍を手軽に持ち歩けるほか、文章の拡大表示や文字サイズの調節といった利便性が魅力の「電子書籍」。紙の書籍より1冊あたりの価格が安く、本をたくさん読む方は節約になるのもメリットです。

そこで今回は、電子書籍を読むのにおすすめのタブレットをご紹介。人気モデルを中心にピックアップしたので、ぜひ参考にしてタブレットの読書を日々の生活に取り入れてみてください。

電子書籍リーダーとタブレットの違い

電子書籍リーダーとは、電子書籍専用に開発されたデバイスです。多くの製品が電子ペーパーディスプレイによるモノクロ表示で、紙の書籍に似た読み心地で読書を楽しめます。

一方、タブレットはスマホと同様のOSを採用しており、幅広いアプリをインストールできるのが特徴。電子書籍リーダーの場合は利用できる電子書籍販売サイトが1つに限られるのに対し、タブレットは複数の電子書籍アプリを入れられます。書籍のジャンルなどに応じて使いわけることも可能です。

また、カラーディスプレイを採用しているため、カラー漫画や雑誌を快適に楽しめるのもポイント。汎用性の高いデバイスを探している方におすすめです。

電子書籍が読みやすいタブレットの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

電子書籍を読むなら、7〜8インチのタブレットがおすすめです。軽量で持ち運びがしやすく、いつでも気軽に読書を楽しめます。漫画や雑誌の電子書籍を中心に楽しむのであれば、10インチ程度の大画面モデルをチェックしてみるのもおすすめです。

タブレットは横にして両手で持つと漫画や雑誌などの電子書籍が見開きで表示されるため、大画面モデルなら快適に読書を行えます。普段よく読む電子書籍の種類にあわせて検討してみてください。

重量で選ぶ

電子書籍をタブレットで読む際は、手で持って使用することが多いため重量も大切。とくに、通勤電車などちょっとした隙間時間に読書をしたい方は、持ち運びしやすい軽量モデルをチェックしてみてください。

重量はサイズに比例して大きくなるので、軽量性を重視する方は7〜8インチで300〜400g程度のタブレットがおすすめ。荷物にならず素早く取り出せるため、快適に読書を行えます。

容量で選ぶ

タブレットで電子書籍を読むには、専用アプリにデータをダウンロードする方法と、ブラウザ上で閲覧する方法があります。ブラウザ上で小説や漫画などを閲覧する場合は容量を気にする必要はありませんが、タブレット本体にデータをダウンロードする場合はある程度のストレージ容量が必要です。

電子書籍は小説などのテキストデータであればデータ量は小さく済みますが、漫画や雑誌だと画像のデータ量が大きくなります。漫画や雑誌をたくさん読みたい方は、32GB以上のモデルもチェックしてみてください。

ネットの接続方式をチェック

Wi-Fiモデル

By: biccamera.com

Wi-Fi環境が整った場所なら、どこでもタブレットをインターネットに接続できるのがWi-Fiモデル。自宅にWi-Fi環境がある方におすすめです。初期設定をするだけで利用できて、月々の追加料金がかかりません。外出先では無料のWi-Fiスポットなどを利用すればネットに接続可能です。

SIM対応モデル

タブレット本体に「SIMカード」と呼ばれるカードを挿入してネットに接続するのがSIM対応モデルです。自宅でも外出先でもインターネットを利用可能。SIMカードは携帯会社と契約する必要があり、月々の通信料がかかります。どこでもタブレットを使ってネットに接続したい方におすすめです。

解像度をチェック

タブレットの画面サイズが同じでも、解像度が異なれば画面に表示できる情報量が変わります。電子書籍が目的なら解像度が高いモデルがおすすめ。文字がはっきりと見やすく、長時間の読書でも目への負担を和らげます。一般的に解像度が高くなると価格も上昇するので、利用スタイルに合ったモデルを選びましょう。

電子書籍が手軽に読めるタブレットおすすめモデル

アップル(Apple) iPad 10.2インチ 第7世代 Wi-Fiモデル 32GB

10.2インチのRetinaディスプレイを搭載したタブレット。2160×2160ピクセルの解像度に対応しているため、色を多く使う雑誌や細かい描写が多い漫画なども美しい画質で楽しめます。

サイズは174.1×250.6×7.5mm、重量約483gと片手で持っても操作しやすいのが特徴。使用環境によっても異なりますが、Wi-Fiでのインターネット利用時で最大10時間駆動する大容量バッテリーを備えているため、外出先でも気軽に使えます。

32GBのストレージを備えているのもポイント。お気入りの書籍を端末内にたっぷりと保存しておけます。また、Appleが提供するクラウドサービス「iCloud」も利用可能です。

電子書籍を読むだけでなく、さまざまなアプリをダウンロードできるのも魅力のひとつ。イラストを描いたり、映画鑑賞をしたりと用途を選ばず使えるタブレットが欲しい方におすすめです。

アップル(Apple) iPad mini 7.9インチ Wi-Fiモデル 256GB

アップル(Apple) iPad mini 7.9インチ Wi-Fiモデル 256GB

ストレージ容量が256GBのタブレット。サイズの大きな動画や音楽ファイルを大量に保存して持ち運べます。さらに、Appleのクラウドサービス「iCloud」も利用できるので、容量不足に悩むことなくお気に入りのコンテンツを十分に楽しめます。

本体サイズは幅13.48×高さ20.32×厚さ0.61cm、重量は約300.5gとコンパクト。持ち運びやすく、最大約10時間駆動する大容量バッテリーを搭載し、通勤や通学中に電子書籍で読書が気軽にできます。

採用された7.9インチのRetinaディスプレイは、解像度が2048×1536ピクセルと高精細。文字をストレスなく読めて、マンガや雑誌の写真をきれいに表示します。

別売のApple Pencilを使えば豊かな表現でイラストを作成可能。電子書籍だけでなく、動画やコンテンツ作成などのエンターテインメントに幅広く活躍できるおすすめのタブレットです。

アマゾン(Amazon) Fire HD 8 16GB

アマゾン(Amazon) Fire HD 8 16GB

8インチのHDディスプレイを搭載したタブレットです。偏光フィルターとIPSパネルを採用しているのが特徴。反射が少なく広視野角なので、快適に美しい画像を楽しめます。電子書籍の小説はもちろん、漫画や雑誌の読書にもおすすめです。

本体の容量は16GBで、別売りのmicroSDカードを利用すれば400GBまで増設できます。重さは約370gで、携行性も良好です。また、バッテリー駆動時間が最大10時間と長いため、長時間の読書にも使えます。

さらに、Dolbyオーディオによるステレオスピーカーを搭載しており、音楽や動画も高音質で楽しむことが可能。コストパフォーマンスのよいタブレットを探している方におすすめの製品です。

アマゾン(Amazon) Fire 7 16GB

アマゾン(Amazon) Fire 7 16GB

コンパクトでおすすめのタブレットです。本体サイズが幅11.5×高さ19.2×厚さ0.96cm。B6サイズと同じくらいの大きさなので持ち運びやすく、移動中などの隙間時間に手軽に電子書籍を楽しめます。

画面サイズは7インチで解像度が1024×600ドット。IPSディスプレイは反射防止技術を採用し、長時間の読書で目の負担を軽減します。本製品はAmazon独自OSを採用。一般的なAndroidのGooglePlayは使えませんが、Twitterなどの人気アプリは利用できます。ストレージ容量は16GBで、別売のmicroSDカードを使えば最大512GBまで拡張可能です。

バッテリーは最大で7時間使用できます。電子書籍に適したAmazonのFireシリーズの最小モデルで、旅行に行く際の携帯におすすめのタブレットです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T5 AGS2-W09

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T5 AGS2-W09

10.1インチの大画面ながらリーズナブルな人気のタブレットです。1920×1200のフルHDディスプレイを採用しており、高解像度で鮮やかに漫画や雑誌を楽しめます。厚さはわずか7.8mmで、持ち運びしやすいのもポイントです。

ブルーライトカットモードを搭載しているのもメリット。容量は16GBで、音響にデュアルスピーカーを採用しています。独自の音響技術「Histen」により臨場感あふれるサウンド再生が行えるので、音楽鑑賞などにもおすすめです。大画面で読書を楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

レノボ(Lenovo) Tab4 8 ZA2B0045JP

レノボ(Lenovo) Tab4 8 ZA2B0045JP

家族みんなで使えるおすすめのタブレットです。複数のアカウント登録を行える「マルチユーザー機能」を搭載しているのが特徴。アカウントを簡単に切り替えられるため、気兼ねなく利用できます。

また、Webの閲覧やアプリを制限する「キッズモード」を搭載しているのもポイント。利用可能な時間や休憩時間の設定も行えるので、子供が使うタブレットとしても最適です。

ディスプレイには8インチのIPS液晶を採用しており、電子書籍をクリアな画質で楽しめます。さらに、重さは約320gと軽く、気軽に持ち運べるのもメリットです。

容量は16GBで、バッテリー駆動時間は最大10時間。外出先でも存分に電子書籍による読書を行えます。オーディオには立体音響方式のひとつであるDolby Atmosを採用しているため、音楽や動画も高音質で再生可能です。

日本電気(NEC) LAVIE Tab E TE507/JAW

日本電気(NEC) LAVIE Tab E TE507/JAW

ビジネスにも使える人気のタブレットです。7インチのIPSディスプレイを採用しており、厚みは約8.4mmで重さは約260g。薄型かつ軽量なため、持ち運びしやすいタブレットを探している方におすすめです。

本体の容量は16GBで、十分な量の電子書籍をダウンロードできます。また、別売りのmicroSDカードを利用して容量を拡張することも可能。バッテリー駆動時間は約8時間と長く、外出時でも安心して読書できます。

オーディオにはDolby Atmosを採用しており、クリアで臨場感のある音響を楽しめるのもポイント。軽量かつ高性能のおすすめアイテムです。

エイサー(Acer) Iconia One 7 B1-790/K

エイサー(Acer) Iconia One 7 B1-790/K

リーズナブルなタブレットです。7インチのIPSパネルを採用しており、キレイな画質で電子書籍を楽しめます。重さは約250gでバッテリー駆動時間は約7時間。気軽に持ち運んで外出先で読書をしたい方にも最適です。

本体の容量は16GBですが、microSDカードに対応しているので128GBまで容量を増設できるのもポイント。リーズナブルながらGPS機能も搭載しているため、地図アプリなども便利に使えます。

また、使用環境を設定できる「ペアレンタルコントロール機能」を搭載しているのも魅力。アプリの追加や有害サイトへのアクセスを制限できるので、子供用のタブレットとしてもおすすめです。

エイスース(ASUS) ZenPad 8.0 Z380M

エイスース(ASUS) ZenPad 8.0 Z380M

Android 6.0を搭載した8インチタブレット。IPS液晶を備えているため広視野角で、どこから眺めても美しい色合いの画面を楽しめます。解像度は1280×800で電子書籍のノイズも少ないのが魅力です。

メインメモリは2GB。16GBのストレージと5GBのASUS WebStrageサービス、2年間無料版のGoogleドライブ100GBを備え、たっぷりとデータを保存できます。マイクロSDカードやマイクロUSBにも対応しているので、外部ストレージへの保存も可能です。

サイズは123×209×8.5mmで、重量は約350g。片手で持って操作しやすく、便利に使えます。4000mAhの大容量バッテリーで長時間使えるのもポイント。コスパのよいモデルを探している方におすすめです。

ドラゴンタッチ(Dragon Touch) タブレット 10.1インチ K10

ドラゴンタッチ(Dragon Touch) タブレット 10.1インチ K10

10インチのIPSディスプレイを採用したリーズナブルなタブレット。178°の広視野角により、さまざまな姿勢で使えるのが特徴です。

メインメモリは2GB、ストレージは16GBを備えています。また、マイクロSDカードを挿入することで128GBまでの増設が可能。お気に入りの電子書籍を保存しておきたい方でも安心です。

5000mAhの大容量バッテリーを搭載しているのもポイント。使用環境によっても変わりますが、動画なら最大5時間、読書なら最大7時間駆動します。厚み約9.3mmで手に持ちやすく、外出時に使いたい方におすすめのモデルです。

ドラゴンタッチ(Dragon Touch) タブレット 7インチ Y88X PRO

ドラゴンタッチ(Dragon Touch) タブレット 7インチ Y88X PRO

軽量でおすすめのタブレット。本体重量が約250gで、毎日持ち歩いても苦にならない重さです。本体サイズは幅12.0×高さ18.1×厚さ1.06cmとコンパクトなのでカバンに入れても邪魔になりません。2800mAhの大容量バッテリーを搭載し、音楽は約5時間、動画は約3時間再生できるので電子書籍以外のコンテンツも長時間楽しめておすすめです。

ストレージ容量は16GBで、書籍や動画ファイルが増えて容量不足になったら別売のmicroSDカードで最大128GBを拡張可能。データを削除することなく多くのファイルを保存できます。

採用されたディスプレイは7インチで、解像度は1024×600ドット。低価格なので電子書籍専用にも使えるおすすめのタブレットです。