何百冊もの書籍を手軽に持ち歩けるほか、文章の拡大表示や文字サイズの調節といった利便性が魅力の「電子書籍」。紙の書籍より1冊あたりの価格が安く、本をたくさん読む方は節約になるのもメリットです。

そこで今回は、電子書籍を読むのにおすすめのタブレットをご紹介。人気モデルを中心にピックアップしたので、ぜひ参考にしてタブレットでの読書を日々の生活に取り入れてみてください。

電子書籍リーダーとタブレットの違い

電子書籍リーダーとは、電子書籍専用に開発されたデバイスです。多くの製品が電子ペーパーディスプレイによるモノクロ表示で、紙の書籍に似た読み心地で読書を楽しめます。

一方、タブレットはスマホと同様のOSを採用しており、幅広いアプリをインストールできるのが特徴。電子書籍リーダーの場合は利用できる電子書籍販売サイトが1つに限られるのに対し、タブレットは複数の電子書籍アプリを入れられます。書籍のジャンルなどに応じて使いわけることも可能です。

また、カラーディスプレイを採用しているため、カラー漫画や雑誌を快適に楽しめるのもポイント。汎用性の高いデバイスを探している方におすすめです。

電子書籍が読みやすいタブレットの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

電子書籍を読むなら、7〜8インチのタブレットがおすすめです。軽量で持ち運びがしやすく、いつでも気軽に読書を楽しめます。漫画や雑誌の電子書籍を中心に楽しむのであれば、10インチ程度の大画面モデルをチェックしてみるのもおすすめです。

タブレットは横にして両手で持つと漫画や雑誌などの電子書籍が見開きで表示されるため、大画面モデルなら快適に読書を行えます。普段よく読む電子書籍の種類にあわせて検討してみてください。

重量で選ぶ

電子書籍をタブレットで読む際は、手で持って使用することが多いため重量も大切。とくに、通勤電車などちょっとした隙間時間に読書をしたい方は、持ち運びしやすい軽量モデルをチェックしてみてください。

重量はサイズに比例して大きくなるので、軽量性を重視する方は7〜8インチで300〜400g程度のタブレットがおすすめ。荷物にならず素早く取り出せるため、快適に読書を行えます。

容量で選ぶ

タブレットで電子書籍を読むには、専用アプリにデータをダウンロードする方法と、ブラウザ上で閲覧する方法があります。ブラウザ上で小説や漫画などを閲覧する場合は容量を気にする必要はありませんが、タブレット本体にデータをダウンロードする場合はある程度のストレージ容量が必要です。

電子書籍は小説などのテキストデータであれば容量が小さく済みますが、漫画や雑誌だと画像の容量が大きくなります。漫画や雑誌をたくさん読みたい方は、32GB以上のモデルもチェックしてみてください。

ネットの接続方式をチェック

Wi-Fiモデル

By: biccamera.com

Wi-Fiモデルは、Wi-Fi環境が整った場所なら、どこでもタブレットをインターネットに接続できます。自宅にWi-Fi環境がある方におすすめです。初期設定をするだけで利用でき、月々の追加料金がかかりません。外出先では無料のWi-Fiスポットなどを利用すればネットに接続可能です。

SIM対応モデル

タブレット本体に「SIMカード」と呼ばれるカードを挿入してネットに接続するのがSIM対応モデルです。自宅でも外出先でもインターネットを利用可能。SIMカードは携帯会社と契約する必要があり、月々の通信料がかかります。どこでもタブレットを使ってネットに接続したい方におすすめです。

解像度をチェック

タブレットの画面サイズが同じでも、解像度が異なれば画面に表示できる情報量が変わります。電子書籍が目的なら、解像度が高いモデルがおすすめ。文字がはっきりと見やすく、長時間の読書にも適しています。一般的に解像度が高くなると価格も上昇するので、利用スタイルに合ったモデルを選びましょう。

電子書籍が手軽に読めるタブレットおすすめモデル

アップル(Apple) 10.5インチタブレット iPad Air

iOSを採用した10.5インチの大画面タブレット。ストレージが64GBなので、多くの電子書籍を保存できます。Retinaディスプレイを採用しており、コンテンツを美しく再現できるのもポイント。2224×1668ドットの高解像度がマンガを見開きで見やすく表示します。

本体サイズは幅174.1×縦250.6×厚さ6.1mmで重量が約456g。バッテリー駆動が最大10時間と長く、外出先で電子書籍を広い画面で楽しみたい方におすすめのタブレットです。

アップル(Apple) 7.9インチタブレット iPad mini

iOSを採用した、薄型軽量でコンパクトなWi-Fiモデルのタブレット。本体サイズは幅134.8×縦203.2×厚さ6.1mm、重量が300.5gと毎日カバンにいれて持ち運んで電子書籍を楽しめる大きさです。

液晶は7.9インチで、2048×1536ドットの高解像度は画面に多くの情報を表示可能。Retinaディスプレイを採用しているため、電子書籍だけでなく動画もきれいに再生できます。

ストレージは64GBで、お気に入りのマンガや小説を大量に保存可能。軽量で持ち運びやすく、旅行先での読書におすすめのタブレットです。

ファーウェイ(HUAWEI) 10.1インチタブレット MediaPad T5

10.1インチのディスプレイを採用したWi-Fi対応タブレットです。1920×1200ドットの解像度によって画像を鮮明に表示するので、マンガや雑誌が読みやすいのがポイント。ブルーライトカットモードを搭載しているため、長時間の視聴でも疲れにくい点もおすすめです。

また、デュアルスピーカーを搭載し、サウンドにこだわりたい方にも適しています。臨場感にあふれる音を再現するので、電子書籍だけでなく、映画鑑賞などさまざまなコンテンツを楽しむことが可能です。ストレージは16GBで、別売のmicroSDを使えば最大256GBまで拡張可能。本体サイズは幅243.0×縦164.0×厚さ7.8mm、重量が約465gでメタルボディの質感がスタイリッシュなおすすめのタブレットです。

ファーウェイ(HUAWEI) 8インチタブレット MediaPad M5 lite

デュアルスピーカーを搭載し、臨場感にあふれるサウンドで動画も楽しめるSIMフリー対応モデルのタブレットです。ストレージは64GBで、ファイルサイズの大きな動画も保存可能。液晶は8インチで高解像度1920×1200ドットIPSディスプレイを採用し、漫画や雑誌なども細かく表示できます。

5100mAhの大容量バッテリーを搭載しており、電子書籍の閲覧なら、最大約10時間楽しめます。本体サイズは幅122.2×縦204.2×厚さ8.2mm、重量が約310gと持ち運びやすいのも魅力のひとつ。ブルーライトカットモードがあるので、長時間の読書にも適したおすすめのタブレットです。

ドラゴンタッチ(DragonTouch) 10.1インチタブレット K10

大きな画面で低価格なおすすめのWi-Fi対応タブレットです。10.1インチのIPSディスプレイを採用し、解像度は1280×800ドット。さらに、microHDMI端子を搭載しているので、別売のケーブルでテレビにつなげて大きな画面でYouTubeなどの動画を再生できます。

ストレージ容量は16GBあり、最大128GBまでのMicroSDカードを追加することが可能。5000mAhの大容量バッテリーを内蔵し、最大約6時間の動画再生ができます。手軽に大きな画面で電子書籍を楽しめるおすすめのタブレットです。

ドラゴンタッチ(DragonTouch) 8インチタブレット Y80

できるだけ安く購入したい方におすすめのWi-Fiモデルタブレットです。安価ながらも、解像度が800×1280ドットのIPSディスプレイを搭載し、5点マルチタッチに対応しています。

バッテリーは4000mAhの大容量タイプを搭載し、最大4時間まで動作可能。重量は約320gと軽量なので持ち運びにも適しています。手軽に電子書籍の読書を始めてみたい方におすすめの低価格タブレットです。

レノボ(Lenovo) 10.1インチタブレット Tab E10 ZA470073JP

家族で電子書籍を楽しめるWi-Fiモデルのタブレットです。マルチユーザーに対応し、1台の端末で家族別々のアカウントを設定可能。さらに、キッズモードを搭載しているので、使用時間を制限できます。子供のタブレットの使い過ぎを防げておすすめです。

ディスプレイには1280×800ドットの10.1インチIPS液晶を採用。10点マルチタッチに対応し、直感的な操作が可能です。ストレージ容量は16GB。microSDスロットを搭載しているので、最大128GBまで拡張できます。

本体サイズは幅171.0×縦247.0×厚さ8.9mmで、重量は約530gと持ち運びにも便利です。約3.5時間のフル充電で最大約7時間の使用可能。大画面タイプで手軽に使えるおすすめのタブレットです。

日本電気(NEC) LaVie Tab E PC-TE510KAS

10.3型の大画面で電子書籍を楽しめるタブレットです。高解像度な1920×1200ドットディスプレイを採用。視野角の広いIPS液晶パネルのため、斜めからでも鮮やかに見えます。ストレージは約32GBで、雑誌や漫画などをたくさん読みたい方におすすめ。別売のmicroSDカードを使えばストレージの拡張も可能です。

本体サイズは幅153.3×縦244.2×厚さ8.2mm、本体質量は約460gと軽量かつコンパクト。Web閲覧時のバッテリ駆動は約11時間で、外出先でも長時間使えます。

Android9.0を搭載しているため、さまざまなアプリをダウンロードして使える汎用性の高さもポイント。プライベートでもビジネスシーンでも便利に使えるタブレットを探している方におすすめのモデルです。

バンキョー(Vankyo) 10インチタブレット S30

読書モードを搭載し、電子書籍の閲覧におすすめのWi-Fi対応タブレット。自動的にバックライトを調節する機能がついており、長時間の読書にも便利です。

ストレージは32GBと大容量で、microSDスロットが備わっているため、最大128GBまで増設可能。搭載されたカメラは、リアが1300万画素でフロントが800万画素と高解像度なので、オンライン会議などで鮮明な映像を撮影できるのもおすすめです。

バンキョー(Vankyo) 8インチタブレット S8

解像度が1280×800ドットの8インチディスプレイを搭載したWi-Fiモデルのタブレット。4000mAhバッテリーを内蔵し、最大10時間も使用できます。液晶のバックライトを自動で調節して目の負担を和らげる保護モードにより、長時間の読書におすすめです。

ストレージ容量は32GBで、別売のmicroSDカードにより最大128GBまで拡張できるので、多くのマンガや小説を保存できます。本体サイズは幅124.5×縦208.5×厚さ8.0mm、重量が約300gとコンパクト。Android 9.0を採用した手頃な価格で購入できるおすすめのタブレットです。

アマゾン(Amazon) Fire 7 16GB

本体サイズが幅11.5×高さ19.2×厚さ0.96cmとコンパクトなタブレットです。B6サイズと同じくらいの大きさなので持ち運びやすく、移動中などの隙間時間に手軽に電子書籍を楽しめます。

画面サイズは7インチで解像度が1024×600ドット。IPSディスプレイは反射防止技術を採用し、長時間の読書での目の負担を軽減します。Amazon独自OSを採用しているため、一般的なAndroidのGooglePlayは使えませんが、Twitterなどの人気アプリは利用できます。ストレージ容量は16GBで、別売のmicroSDカードを使えば最大512GBまで拡張可能です。

また、バッテリーは最大で7時間使用できます。電子書籍に適したAmazonのFireシリーズの最小モデルで、携帯におすすめのタブレットです。