ちょっとしたネット閲覧に便利で持ち運びも容易な「7インチタブレット」。メモリの容量、価格帯などが製品によって異なるので、選ぶ際には注意が必要です。

そこで今回は7インチタブレットのおすすめモデルをご紹介。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

タブレットは7インチと8インチのどっちがおすすめ?

7インチと8インチタブレットの違い

By: amazon.co.jp

7インチと8インチではタブレットのサイズが違うため次のようなことが生じます。例えば、8インチは画面が少し大きい分操作がしやすく画面も見やすいといったメリットがありますが、タブレットのサイズも大きくなるため、片手でタブレットを持つにはストレスを感じる場合もあります。

一方で、7インチはタブレットのサイズが8インチよりも一回り小さいので、片手でしっかりとタブレットを持つことができます。

携帯性重視の方には7インチタブレットがおすすめ

7インチタブレットは、サイズが小さく携帯性に優れているので、室内はもちろん外出先でタブレットを使用したい方におすすめ。また、ほかサイズの製品と比べて価格が安いのも魅力なため、コストパフォーマンス重視でタブレットを選びたい方にも最適です。

しかし、全体的なスペックはそれほど高くはないので、アプリを複数同時に起動すると場合によっては動作にストレスを感じることもあります。

ゲームや動画を楽しみたい方には8インチタブレットがおすすめ

8インチタブレットは7インチタブレットに比べて画面のサイズが大きく操作がしやすいので、よりアプリやゲームを快適に楽しみたい方におすすめです。

ただし、7インチタブレットよりも価格は少し高め。本体のサイズが大きい分、片手で持ちづらかったり、取り回しが悪かったりと感じることもあるので、タブレットの使用が外出先メインである方は、よりコンパクトな7インチを選ぶほうが無難です。

8インチタブレットについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

7インチタブレットの選び方

CPUの性能をチェック

By: qualcomm.co.jp

CPUとは、主にデータの処理や各種装置の制御を行うパーツです。人間で例えると頭脳にあたる重要なパーツなので、7インチタブレットを選ぶ際には最初にCPUの性能をしっかりとチェックしましょう。CPUの性能をチェックする際は「コアの数」と「クロック周波数」の2点を注意です。

アプリやゲームをサクサク快適に楽しみたいなら、コアの数は「ヘキサコア(6コア)」または「オクタコア(8コア)」、クロック周波数は「1.5GHz以上」に対応したCPUがおすすめ。

一方で、コストパフォーマンスを重視するなら、コアの数は「クアッドコア(4コア)」、クロック周波数は「1.2GHz以上」に対応したミドルクラスCPUが最適です。ハイエンド機種と比べると処理能力は少し劣りますが、その分タブレットの価格も安くなります。用途がネット閲覧程度であれば格安モデルでも十分なので、しっかりと確認しておきましょう。

メモリ(RAM)の性能をチェック

メモリ(RAM)は「ランダムアクセスメモリ」略称で、タブレット内のデータを一時的に保存しておくパーツです。メモリの容量が大きいと一度に多くの作業ができるようになります。タブレットを選ぶ際には重要な要素なので、しっかりとチェックしておきましょう。

処理の重いゲームや複数のアプリを同時に楽しみたいならメモリの容量は4GB以上がおすすめ。コストパフォーマンスを重視する場合でも、少なくとも2GBは欲しいところです。

ストレージ(ROM)の容量をチェック

ストレージ(ROM)は、音楽や写真などのプライベートデータから、OSなどのシステムデータまで、タブレット内のあらゆるデータを保存する場所です。基本的には、ストレージの容量が大きければたくさんのデータを保存できるので、いろいろなコンテンツを楽しみたい方はしっかりと確認しましょう。

ネットサーフィンがメインなら8GB、動画閲覧もしたいなら16GB、容量の大きなアプリやゲームを楽しみたいなら32〜64GB以上がストレージ容量の目安となります。タブレットによっては気軽にストレージの拡張ができるSDカードスロットを搭載した製品もあるので、容量不足が心配な方はSDカードスロットの有無も合わせてチェックしましょう。

解像度をチェック

タブレットの画面は、小さな正方形の点(ドット)がたくさん集まることで映像を表示しています。基本的には、このドットの数が多ければ画像や文字を高精細に表示することができるので、タブレットの画質にこだわりたい方は解像度もしっかりとチェックしましょう。

WXGA(1280×800)

WXGAはWUXGAに比べると、少し解像度が低めですが、その分タブレットの価格が安いのでコストパフォーマンス重視で選びたい方におすすめ。解像度が低いといっても7インチぐらいの小さな画面ではそれほど気にならないので、WebサイトやSNSを見る程度ならWXGAでも十分です。

ただし、高画質の写真や小さな文字を表示すると場合によってはボヤけて表示されるため、電子書籍を楽しみたい方やきれいな画質で写真を楽しみたい方はストレスを感じることもあります。

WUXGA(1920×1200)

WUXGAは、ハイエンドクラスのタブレットが採用している解像度。ドットの数が多く細かな部分まで高精細に表示できるので、ゲームや動画をきれいな映像で楽しみたい方におすすめ。これだけ解像度が高いと一度に表示できる情報量も多くなるので、電子書籍や情報量の多いアプリなども快適に楽しめます。

ただし、WUXGAを採用した7インチタブレットは製品のラインナップが少ないので、選択肢の幅が狭いという点には注意しましょう。

OSをチェック

タブレットは「OS(オペレーティングシステム)」と呼ばれるソフトウェアを元に動いています。現在タブレット向けのOSは「Android」と「iOS」、そして「Windows」の3種類。メーカーや製品によって採用しているOSが違ってきます。OSはタブレットの使いやすさを大きく左右する重要なポイントなので、ほかの項目と同じようにこちらもしっかりとチェックしてみてください。

Android

Androidは、Googleが開発したモバイル端末向けのOSです。誰でも自由に使えるオープンソースなので、さまざまなメーカーがスマートフォンやタブレットのOSに採用しています。1万円以下で買えるコストパフォーマンスに優れたモノやアプリがサクサク楽しめる高性能なモノなど、ほかのOSと比べて製品の種類が充実しているのも特徴です。

iOS

iOSは、Appleが販売する人気のスマートフォン「iPhone」や、タブレット端末「iPad」などに搭載されているOS。ほかのOSと比べても操作方法がシンプルで扱いやすいため、機械が苦手な方でも使いやすいのが魅力です。ただし、7インチクラスでiOSを搭載しているタブレットはありません。iOSを搭載した小さなタブレットを探している方は約8インチの「iPad mini」がおすすめです。

Windows

Windowsは、ノートパソコンを中心に採用しているOSです。WordやExcelと言った普段パソコンで使っているソフトウェアがそのまま使えるので、プライベートはもちろんビジネスシーンでの使用にもおすすめです。

ネットワークの通信方式をチェック

Wi-Fiモデル

Wi-Fiモデルは、自宅やオフィスなどWi-Fi環境のある場所でのみ、ネットワークに接続できるモデルです。回線契約は不要で、Wi-Fiの接続設定をするだけでネットを楽しめます。Wi-Fi環境下での使用を考えている方におすすめです。

LTEモデル

外出先でも自宅にいる時と同じようにアプリを楽しみたい方にはLTEモデルがおすすめ。SIMカードを挿せば、どこでもインターネットに接続することができます。

なお、LTEモデルは通信会社も自由に変更することが可能。使用するデータ量や料金など、自分に合ったプランを選べます。ただし、機種によってはWi-Fiモデルよりも本体価格が高い場合があるので、その点は注意しておきましょう。

7インチタブレットのおすすめ人気モデル

レノボ(Lenovo) Lenovo TAB 7 ZA380127JP

レノボ(Lenovo)  Lenovo TAB 7 ZA380127JP
本製品は薄さが約8.4mm、重さが約260gのコンパクトなレノボの人気製品。カバンに入れて携帯しても負担にならないので、毎日タブレットを持ち歩いて外出先でも動画などを楽しみたい方におすすめです。

液晶画面には高視野角の「IPSディスプレイ」を採用。解像度が1280×720と高画質なので、ゲームや動画などの映像を臨場感たっぷりに楽しめます。コントラストも高いので、電子書籍を読むのに最適です。

「マルチユーザ機能」により1台のタブレットに複数のアカウントを登録できるため、家族がそれぞれのプライバシーを守りながらタブレットを楽しめます。OSはAndroid 7.0でメモリは2GBあり、micro USBポートを2つ備えた扱いやすい製品です。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T3 7

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T3 7
解像度1024×600の「IPSパネル」を搭載している7インチタブレット。「狭額縁スクリーン」を採用しているため、画面が際立つ美しい映像で動画などのコンテンツを楽しめます。重さは250gと軽く、携帯にも優れている人気製品です。

本体背面は頑丈な航空機グレードの「アルミニウム合金」で覆われており、手によく馴染んで持ちやすいのがポイント。メタリックなデザインで落下などの衝撃にも強く、見た目もおしゃれなのが魅力です。

OSはAndroid 6.0を採用。メモリは2GBありBluetoothに加えて、2.4GHzと5GHzの「デュアルバンドWi-Fi」を採用しているため、大容量の動画を好きな場所で視聴できます。また、価格が安く購入しやすいのもポイントです。

Dragon Touch Y88X PLUS 8.1-FCN

Dragon Touch Y88X PLUS 8.1-FCN
「Allwinner A33クアッドコアCPU」を搭載した、7インチタブレット。データ処理能力が優れており、1GB RAMを備えているので、ウェブ検索がスムーズで動画再生も問題なく楽しめます。

16GBのROMは最大64GBまで拡張できるので、音楽やアプリをダウンロードして楽しむのもおすすめ。もちろん、写真や動画もたっぷり保存できます。液晶には視野角が178°の「IPSマルチタッチ画面」を採用しており画質もきれいで操作もスムーズです。

本体の前後にカメラを搭載し、マイクやスピーカー機能もあるのでさまざまな使い方ができます。OSはAndroid 8.1でmicro USBポートやmicro SDカードスロットに加え、3.5mmヘッドフォンジャックも搭載。安い価格も魅力的で、おすすめです。

恵安(KEIAN) KI-R7

恵安(KEIAN) KI-R7
本製品は「Android 8.1(Go Edition)」を搭載し、メモリの使用量を抑えながら使用できるのがポイント。

8GBのストレージを搭載し、動画や音楽ファイルをたっぷり保存できるのも魅力。最大で64GBまでのmicroSDカードを増設できるので、容量が足りずに困る問題を解消できます。ディスプレイは10点マルチタッチに対応しており、スムーズな操作が可能です。

カメラは前後に搭載されており、マイクとスピーカーもあるので便利。3.5mmのステレオミニジャックとmicro USBポートも1つずつ付いているので、音楽を聴く際やデータを保存する際に活用できます。十分な機能が揃っているにも関わらず、リーズナブルな価格なのも魅力です。

geanee WDP-073-1G16G-10BT

geanee WDP-073-1G16G-10BT
OSにWindows10を搭載したタブレット。PCと同じ感覚で使えるので、スムーズに扱えます。重さは272gと軽く、携帯性にも優れているのがポイントです。

CPUに「Intel Atom」を搭載し、高速でサクサク操作できるのが魅力。メモリは1GBと少なめですが、ネット検索や電子書籍の閲覧などには影響なくスムーズに操作できます。バッテリーは約10時間の連続使用が可能。

IPSパネルを搭載し、画面が見やすいので魅力です。micro USBポートと3.5mmのステレオミニジャックも1つずつ搭載しています。Windows10を搭載した7インチタブレットを探している方におすすめです。

エイサー(Acer) Iconia One 7

エイサー(Acer) Iconia One 7
本製品は本体に皮革のような仕上げが施されており、汚れが付きにくく滑りにくいのが特徴。スタイリッシュなデザインで大きさもコンパクトなため、携帯するのにもおすすめです。

バッテリーの持続時間が最長で7時間と長いので、外出先でも充電切れを気にせず使えます。OSはAndroid 6.0でシステムメモリは1GBとやや少なめですが、ネットの閲覧やSNSの使用などには十分です。

microSDカードを挿入すれば、ストレージ容量を128GBまで増設することが可能。音楽や動画などをたっぷり保存して持ち歩きたい方に適しています。