ネットの閲覧、文章の作成などにスマホやパソコンを使う方がほとんどだと思いますが、スマホでは画面が小さすぎて見づらく、パソコンだと大きすぎて持ち運びづらいのが現実…

そこでおすすめしたいのがスマホのモバイル性とパソコンの性能をかけあわせた、高性能で小さい、7インチサイズのタブレット。今回は、数あるタブレットの中からAndroidタブレットの良機種を選りすぐってご紹介します。

おすすめの7インチAndroidタブレット

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T2 7.0 Pro

商品価格 ¥ 23,100

指認証機能搭載の7インチタブレット。SIMフリーモデルなので、さまざまなキャリアに対応しています。内蔵メモリは2GB。複数のアプリを同時に起動しても、サクサク動きますよ。使用中は、周りの明るさに合わせてコントラストが自動で調整される設計で便利。

また、解像度の高いディスプレイで、鮮明な映像や画像を楽しめます。今、巷で大人気のAndroid7インチタブレット。タブレットが初めての方にもおすすめですよ。

エイスース(ASUS) Nexus7 ME571

商品価格 ¥ 33,998

長時間の使用が可能な7インチタブレット。フル充電でおよそ10時間、朝から夜までたっぷり使えるのでおすすめですよ。液晶ディスプレイに7インチながらも、1,920×1,200ドットで高解像度の表示が可能。本体前面と背面両方にカメラがそれぞれ付いています。

高速なデータ通信にも対応しているので、ネット接続も思いのまま。薄型であるだけでなく、軽量設計され、持ち運びにも便利なおすすめの7インチタブレットです。

日本電気(NEC) LaVie Tab E PC-TE507FA

商品価格 ¥ 17,617

コンパクトでスリムなNECの7インチタブレット。本体の厚さは8.9mm、横幅は97.7mmとコンパクトなので、片手で操作できますよ。IPS方式を採用しており、さまざまな角度から見ても、ディスプレイが見やすいように設計に工夫が施されています。

いつでもどこでも気軽に使えるようなタブレットをお探しの方にもおすすめの、NECの7インチタブレットです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T1 7.0

商品価格 ¥ 10,980

持ちやすさとスタイリッシュさを兼ね備えたおすすめのタブレット。4,100mAhの大容量バッテリーが搭載されているため、約28時間の連続通話が可能ですよ。ディスプレイには、IPSパネルが採用。動画などのコンテンツも、繊細な映像美で楽しめますよ。

エイスース(ASUS) ZenPad7.0 Z370KL

商品価格 ¥ 18,800

高級感のある外観で、ビジネスでもプライベートでも大活躍の7インチタブレット。携帯性に優れており、どこででも気軽に使えるのでおすすめですよ。液晶にはVisualMasterを搭載。まるでライブで見ているような、鮮明な映像をリアルに楽しめます。

SIMフリーモデルなので、ネットワーク通信だけでなく、通話にも使用でき、携帯電話と一体化することも可能。パフォーマンスに優れた、おすすめのタブレットです。

アマゾン(Amazon) Kindle Fire

Fire タブレット 8GB、ブラック

商品価格 ¥ 8,980

アマゾンのAndroidタブレットです。本体保存領域は8GBで128GBまでのmicroSDに対応しているので、容量を気にすることなくお使いいただけます。最大駆動は7時間と、常時使う方でなければ、外での使用にも充分なバッテリー容量です。

また、IPS液晶ディスプレイの鮮明さとスムーズな動作で、さまざまなアプリケーションを楽しめますよ。どんな角度から見ても美しく見える偏光フィルターを搭載しているため、寝っ転がってタブレットをいじっていようが、立っていようが、美しく表示してくれます。

Kindleはアマゾンのコンテンツとの相性が非常によいので、アマゾンをよく使っている方には特におすすめします。

エイスース(ASUS) MeMOPad7 ME572CL

81v8Z631hwL._SL1500_

商品価格 ¥ 31,200

このAndroidタブレットはタブレットとは思えないスペックを持っています。パソコンにはIntelが搭載されていますよね。実は、こちらのタブレットにもIntelが入っているんです。少々値が張るタブレットですが、値段以上の性能を発揮してくれる機種です。

メモリは2GB、内蔵ストレージは16GBで、カラーはシャンパンゴールドとジェントルブラックの2色展開。Wi-Fiのほかに、LTE通信も可能なおすすめモデルです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediapadX1 7D-504L

By: amazon.co.jp

商品価格 ¥ 38,010

ファーウェイのハイスペックタブレット。メモリが2GB、内蔵ストレージは16GB、クアッドコアのCPUを積んでいます。このタブレットの液晶の解像度は1920×1200と高解像度。パソコンを超えるような高精細のディスプレイが搭載されています。綺麗な動画を楽しみたい方などにはおすすめのAndroidタブレットです。

5000mAhの大容量バッテリーを積んでいるため、外にいる時間が多い方でも安心して使えますね。

7インチタブレットのメリット

起動が早い

man-coffee-cup-pen

FacebookやLINEなどのSNSをちょっと確認したい、気になる情報を調べたい場合、わざわざパソコンを起動させるのは面倒ですよね? スマホでももちろん確認できますが、画面が小さいのがやや難。そんな時、タブレットを使うととても便利です。中でも7インチサイズが丁度いい大きさですよ。

持ち運びに便利

By: asus.com

重量は300g程度、スマホのようにポケットに入れて持ち運ぶのはちょっと難しいですが、大きすぎず小さすぎず、ちょうどよい大きさでタブレットのスタンダードサイズになっています。また、かばんの中に入れてもタブレットがかばんを占領してしまうということもなく、外出先や旅行に持ち運びしやすいですよ。

使い方が自由

pexels-photo-306534

スマホと比較して画面サイズが大きく操作しやすいので、リビングで寝転びながら漫画を読んだり、ネットサーフィンをしたり、台所で料理本の代わりにタブレットにレシピを出力したりと多様な使い方ができます。スマホよりスペックも充実していて便利ですよ。

さまざまなシチュエーションにマッチし、片手でも楽に使うことができる、ちょうどよいサイズが7インチタブレットなのです。

7インチタブレットの選び方
OSで選ぶ

By: asus.com

タブレットに搭載されているOSはGoogle社のAndroid OS、Apple社のiOS、Microsoft社のWindowsがあります。どのOSを選択するかによって、できることが異なってくるので注意が必要です。

アプリケーションによっては特定のOSのみでしか使えないものもあるので、使いたいアプリケーションが動作可能なOSを選ぶといいでしょう。各OSの特徴を紹介していきます。

Android

tablet-1442900_640

Android OSはGoogle社が無償提供していて、各端末メーカーが自由にカスタマイズして搭載できるというのが最大のおすすめポイント。その結果、OSとしての普及率は非常に高くなっています。また、対応しているアプリケーションの数は非常に多いので、目的に合ったアプリケーションを見つけやすいというのもメリットの1つです。

その他の特徴としては、ソフトウェアの種類と周辺機器の種類の豊富であること、携帯電話通信網を利用したインターネット接続が可能な端末が多いことです。低価格のものから高価格なものまであり、選択できる幅が広いですよ。

IoT社会を見据えてのIoTプラットフォームである「Android Things」の展開もあり、今後ますますの発展が見込まれるOSです。

iOS

代表的な端末はiPad Air。iOSはiPhoneにも使用されているので、iPhoneユーザーにとっては違和感なく操作できます。

iOS搭載タブレットの特徴は、主に3つ挙げられます。

1つ目がOSの陳腐化が遅いこと。次に、2つ目が携帯電話通信網を利用したインターネット接続が可能な端末が多いこと。最後に、3つ目がApple社製のタブレットのみなので選択できる幅が狭いといったところ、が挙げられます。

Windows

By: microsoft.com

代表的な端末は「Surface」。Windows OSは、広くパソコンのOSとして使用されているので、Windows PCを使っているユーザーとの互換性はバッチリです。

Windowsの特徴としては、Windows PCと共通のソフトウェアが使用できること、キーボード付属品が多いこと、パソコンのOSとしての経験から高性能タブレットに強いことが挙げられます。

7インチタブレットの選び方
機能で選ぶ

By: huawei.com

動画や音楽データをたくさん記録させたい場合は、記憶容量の多いもの。ゲームやアプリケーションを快適に楽しみたい場合は、CPUスペックの大きいものを選ぶのがおすすめですよ。外部機器との接続を重視したい場合は、USBやHDMI、SDカードスロットなどインターフェースが揃っているタブレットを選ぶのがおすすめ。

自分が主に使う用途を考えて、それに見合った機能がついているタブレットを選ぶのがいいですね。