ちょっとしたネットの閲覧に便利で持ち運びも容易な「7インチタブレット」。メモリの容量、価格帯などが製品によって異なるため、選ぶ際には注意が必要です。

そこで今回は、7インチタブレットのおすすめモデルをご紹介。選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

7インチタブレットの大きさ

By: amazon.co.jp

7インチタブレットは、ディスプレイの対角線の長さが7インチの機種を指します。その長さをセンチメートル単位に直すと、およそ17.78cm。製品によっては縦横比のサイズが異なることがあります。

片手で持てる大きさのアイテムが多く、携帯性に優れているのが魅力。自宅での使用から移動中の動画視聴まで、幅広いシーンで活躍します。

7インチタブレットのメリット

By: amazon.co.jp

7インチタブレットの最大のメリットは、気軽に持ち運べるコンパクトなサイズであること。手のひらサイズで軽量なモノが多く、カバンに入れても邪魔になりにくいのが特徴です。

また、1万円代で購入できるリーズナブルなモデルも多くラインナップ。初めてタブレットを買う場合でも、気軽に手に入れられます。

7インチタブレットの選び方

ネットワークの通信方式をチェック

Wi-Fiモデル

By: amazon.co.jp

Wi-Fiモデルは、Wi-Fi環境のある場所でのみ、ネットワークに接続できるモデルです。回線契約は不要で、Wi-Fiの接続設定をするだけでインターネットを楽しめるのが特徴。自宅のWi-Fi環境が整っている方は、Wi-Fiモデルのモノをチェックしてみてください。

LTEモデル(SIMフリーモデル)

LTEモデルは、SIMカードを挿すことで、携帯電話用の通信回線を使ってどこでもネットワークに接続できるのが特徴。通信会社も自由に変更が可能です。使用するデータ量や料金など、自分に合ったプランを選べます。

ただし、7インチサイズのタブレットは現在Wi-Fiモデルが主流で、LTEモデルはほとんど販売されていません。屋外でもインターネットに接続したい方は、インチの大きなタブレットをチェックしてみてください。

LTEモデルのタブレットをもっと詳しく知りたい方はこちら

OSをチェック

Fire OS

Fire OSはアマゾンが開発したOSで、Fireタブレットに搭載されています。Amazonプライムの動画視聴やKindleを利用した電子書籍の購読用途におすすめです。

また、Fire OSを搭載しているモデルはコスパに優れているのも魅力。ただし、Androidに比べると利用できるアプリが制限されるため、あらかじめ使用用途を確認しておきましょう。

Android OS

By: amazon.co.jp

Androidは、Googleが開発したモバイル端末向けのOSです。誰でも自由に使えるオープンソースなので、さまざまなメーカーがスマートフォンやタブレットのOSに採用しています。

1万円以下で買えるコストパフォーマンスに優れたモノや、アプリがサクサク楽しめる高性能なモノなど、ほかのOSと比べて製品の種類が充実しているのもポイントです。

Windows

Windowsは、ノートパソコンを中心に採用しているOS。WordやExcelといった普段パソコンで使っているソフトウェアがそのまま使えるので、プライベートはもちろん、ビジネスシーンでの使用にもおすすめです。

WIndowsタブレットをもっと詳しく知りたい方はこちら

重量をチェック

By: amazon.co.jp

タブレットを外出時に持ち運ぶことが多い方は、重量をチェックしておきましょう。サイズは同じでも製品によって重量は異なります。持ち運びやすさを重視するのであれば、少しでも軽いモノを選ぶのがおすすめです。

多少の違いではあっても、長時間使用するとなると使い勝手が変わることも考えられます。お出かけの際などに気軽に持ち運びたい方は、重さも比較してみてください。

CPUの性能をチェック

By: marshal-no1.jp

CPUとは、主にデータの処理や各種装置の制御を行うパーツです。人間で例えると頭脳にあたる重要な部分。7インチタブレットを選ぶ際には、CPUの性能もしっかりとチェックしておきましょう。CPUの性能をチェックする際は「コアの数」と「クロック周波数」の2点に注意が必要です。

コストパフォーマンスを重視するなら、コアの数は「クアッドコア(4コア)」、クロック周波数は「1.2GHz以上」に対応したモノがおすすめ。なお、用途がネット閲覧程度であれば、CPUの性能があまり高くない格安モデルなどでも十分です。

RAM(メモリ)の性能をチェック

RAMは「Random Access Memory」の略称で、タブレット内のデータを一時的に保存しておくパーツです。RAMの容量が大きいと一度に多くの作業ができるようになるため、しっかりとチェックしておきましょう。コストパフォーマンスを重視する場合、少なくとも2GB以上備えたモデルであれば安心して使用できます。

ROM(ストレージ)の容量をチェック

ROMは、音楽や写真などのプライベートデータから、OSなどのシステムデータまで、タブレット内のあらゆるデータを保存する場所です。基本的には、ROMの容量が大きければたくさんのデータを保存できるので、いろいろなコンテンツを楽しみたい方はしっかりと確認しましょう。

ネットサーフィンや動画閲覧がメインなら16GB、容量の大きなアプリやゲームを楽しみたいなら32〜64GB以上がストレージ容量の目安。タブレットによってはストレージの拡張ができるSDカードスロットを搭載した製品もあるため、容量不足が心配な方はSDカードスロットの有無も併せてチェックしておきましょう。

7インチタブレットのおすすめ人気モデル

アマゾン(Amazon) Fire 7 タブレット

快適に動画コンテンツやインターネットを楽しめる

幅広い用途に便利な7インチタブレットです。ディスプレイにはIPSパネルを搭載しており、さまざまな角度から動画や電子書籍のコンテンツを楽しめるのがポイント。また、2MPのメインカメラを採用し、外出先での撮影にもおすすめです。

快適にインターネットを楽しめるのも本製品の魅力。2.4GHzと5GHzのデュアルバンドを内蔵しているため、ウェブブラウジングはもちろん、ストリーミング動画の再生にもぴったりです。さらに、小型サイズながら、最大7時間の連続駆動を可能としたバッテリーによって、電源がない場所でも長時間使用できます。

日本電気(NEC) LAVIE Tab E TE507/KAS

軽量ながら約9.7時間のウェブブラウジングが可能

外出先への持ち出しに便利な7インチタブレットです。高さ102.9×幅176.3×厚さ8.3mmのコンパクトサイズに加え、236gと軽量に設計されており、片手でも持ちやすいのがポイント。また、ウェブブラウジングが最大約9.7時間可能なロングバッテリーを搭載しているため、電源が用意されていない場所でも安心して使用できます。

解像度1024×600のディスプレイも本製品の特徴です。上下左右幅広い角度からでも画面を見やすいIPSパネルを採用し、動画視聴にも適しています。さらに、CPUには最大1.3GHzクアッドコアを内蔵し、アプリでのゲームプレイを楽しみたい方におすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T3 7 タブレット T3 7/BG02-W09

高級感ある外観でデザインを重視する方におすすめ

デザインを重視する方におすすめの7インチタブレットです。本体にはアルミニウム合金を採用しており、高級感のある外観が特徴。また、片手でも持ちやすいように、滑らかな曲線を描いた形状に設計されています。

さらに、長時間の使用にもおすすめです。3100mAhの大容量バッテリーに加え、メーカー独自の省電力技術によって消費電力を抑えられます。ディスプレイの輝度を自動で調節する視力保護機能も搭載するなど、動画視聴や電子書籍の読書におすすめのモデルです。

VANKYO タブレット 7インチ S7-Pink

ナビゲーションの用途としてもおすすめのモデル

電子書籍の閲覧におすすめの7インチタブレットです。見やすさを意識した16:9のアスペクト比に加え、「Eye health機能」を搭載しており夜間でも快適に読書を楽しめます。また、MicroSDによる最大128GBまでの拡張が可能です。

2900mAhの大容量バッテリーも魅力のひとつ。ウェブブラウジングからビデオ再生など最大8時間の連続使用に対応しています。さらに、GPS機能を内蔵しているため、地図アプリを利用したナビゲーション用途にもおすすめのモデルです。

qunyiCO Y7 タブレットPC qunyiCO-Y7

ゲームアプリや動画視聴を快適に楽しめる

快適性を求める方におすすめの7インチタブレットです。1.6GHzのクアッドコアをCPUに採用しており、ゲームアプリや動画視聴をスムーズに楽しめます。また、小型タイプながら3000mAhの大容量バッテリーを内蔵し、最大8時間の連続使用が可能です。

さらに、解像度1024×600のIPSパネルを搭載し、広い視野角に対応。画面の明るさを制御する「ナイトモード」によって、夜間でも快適に使用できるおすすめのモデルです。

FFF SMART LIFE CONNECTEDタブレット Android Wi-Fiモデル FFF-TAB7

FMラジオのチューナーを搭載した7インチタブレット。平時は通常のタブレットとして使いつつ、災害時などでWi-Fiに繋げなくなってしまってもFMラジオとして使えるため、もしものときでも情報収集をすることが可能です。

本体ストレージは32GB。MicroSDカードポートを搭載しており、最大128GBまで容量を拡張できます。電子書籍や動画などのデータをダウンロードして、屋外でもコンテンツを楽しみたい方にぴったり。コンパクトで使い勝手のよいタブレットを探している方におすすめです。

VUCATIMES タブレット7インチ Android Wi- Fiモデル N7-JP

OSにAndroid 10 Goエディションを搭載した7インチタブレット。低スペックなデバイスでも軽快に動作するように設計されたエントリーモデルのAndroid OSで、インストールできるアプリに制限はありますが、本体価格が安いのが魅力です。

メモリは1GB、ストレージも16GBと少ないのでゲーム用としては不向き。しかし、Webサイトや電子書籍の閲覧、動画鑑賞といったライトな用途なら対応できます。サブのタブレットとしてはもちろん、子供へのプレゼントとしてもおすすめです。

Dragon Touch タブレット 7インチ Android Wi- Fiモデル Y88X PRO

コスパに優れた7インチタブレットです。安価ながらOSにはAndroid 9.0を搭載。プリインストールされたGoogle Playからアプリを自由にインストールできるので、WebブラウジングやSNS、動画鑑賞、軽めのゲームなど、さまざまな用途に対応できます。

本体は約300gと片手で持ちやすい重さ。また、2800mAhのバッテリーを搭載しており、音楽なら最大5時間、動画なら最大3時間駆動します。通勤や通学など、移動時用のタブレットとしてもおすすめです。

アマゾン(Amazon) Fire 7 タブレット キッズモデル

子供が安心して使用できる7インチタブレットです。15分単位の使用時間設定や「ペアレントダッシュボード」で利用状況の把握ができます。「年齢フィルター」を適用すれば子供の成長に合わせたコンテンツを表示することが可能です。

大人用のアカウントに切り替えることでPrime Video・Kindleといったコンテンツも楽しめます。また、2MPのメインカメラを搭載しており、外出先での撮影にもおすすめです。

qunyiCO キッズ タブレット 7インチ Y7-kids

子供が初めて使うタブレットとしておすすめ。小型サイズながら3000mAhのバッテリーを内蔵し、フル充電の状態から最大8時間の連続使用が可能です。

電子書籍・動画・音楽・ゲームといった教育向けのコンテンツがプリインストールされているのがポイント。さらに、親アカウントから子供がアクセスするウェブサイトの制限や、1日の利用可能時間を設定できるため、安全面にも優れています。

VANKYO MatrixPad 子供用タブレット7インチ Android Wi-Fiモデル Z1-NEW

子供用に開発された7インチタブレットです。親アカウントからアクセス制限をかけられるのが特徴で、時間を決めて使いすぎを防いだり、不適切なコンテンツを遮断したりと、安心して子供に渡すことができます。

また、本体を衝撃や落下などのダメージから守る「保護ケース」を搭載しているのもポイントです。ケースの背面にはスタンドを内蔵しており、タブレットを自立させることが可能。学習時や動画鑑賞時に役立ちます。コスパに優れたおすすめの子供用タブレットです。

7インチタブレットの楽天市場ランキングをチェック

7インチタブレットの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。