ちょっとしたネットの閲覧に便利で持ち運びも容易な「7インチタブレット」。メモリの容量、価格帯などが製品によって異なるため、選ぶ際には注意が必要です。

そこで今回は、7インチタブレットのおすすめモデルをご紹介。選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

7インチタブレットの大きさ

By: amazon.co.jp

一般的に7インチタブレットは、ディスプレイの対角線の長さが7インチの機種を指します。その長さをセンチメートル単位に直すと、およそ17.78cm。そのため、製品によって縦横比のサイズが異なることがあります。

片手で持てる大きさのアイテムが多く、携帯性に優れているのが魅力。自宅での使用から移動中の動画視聴まで、幅広いシーンで活躍します。

7インチタブレットのメリット

By: amazon.co.jp

7インチタブレットの最大のメリットは、気軽に持ち運べるコンパクトなサイズであること。手のひらサイズで軽量なモノが多く、カバンに入れても邪魔になりにくいのが特徴です。

また、1万円代で購入できるリーズナブルなモデルも多くラインナップ。初めてタブレットを買う場合でも、気軽に手に入れられます。

7インチタブレットの選び方

ネットワークの通信方式をチェック

Wi-Fiモデル

By: amazon.co.jp

Wi-Fiモデルは、Wi-Fi環境のある場所でのみ、ネットワークに接続できるモデルです。回線契約は不要で、Wi-Fiの接続設定をするだけでインターネットを楽しめるのが特徴。自宅のWi-Fi環境が整っている方は、Wi-Fiモデルのモノをチェックしてみてください。

LTEモデル(SIMフリーモデル)

外出先でも快適にインターネットを楽しみたい方には、LTEモデルがおすすめ。SIMカードを挿せば、どこでもネットワークに接続できます。

なお、LTEモデルは通信会社も自由に変更が可能。使用するデータ量や料金など、自分に合ったプランを選べます。ただし、機種によってはWi-Fiモデルよりも本体価格が高い場合があるので、その点は注意しておきましょう。

OSをチェック

Fire OS

By: amazon.co.jp

Fire OSはアマゾンが開発したOSで、Fireタブレットに搭載されています。Amazonプライムの動画視聴やKindleを利用した電子書籍の購読用途におすすめです。

また、Fire OSを搭載しているモデルはコスパに優れているのも魅力。ただし、Androidに比べると利用できるアプリが制限されるため、あらかじめ使用用途を確認しておきましょう。

Android OS

By: rakuten.co.jp

Androidは、Googleが開発したモバイル端末向けのOSです。誰でも自由に使えるオープンソースなので、さまざまなメーカーがスマートフォンやタブレットのOSに採用しています。

1万円以下で買えるコストパフォーマンスに優れたモノや、アプリがサクサク楽しめる高性能なモノなど、ほかのOSと比べて製品の種類が充実しているのもポイントです。

Windows

Windowsは、ノートパソコンを中心に採用しているOS。WordやExcelと言った普段パソコンで使っているソフトウェアがそのまま使えるので、プライベートはもちろん、ビジネスシーンでの使用にもおすすめです。

WIndowsタブレットをもっと詳しく知りたい方はこちら

重量をチェック

By: amazon.co.jp

タブレットを外出時に持ち運ぶことが多い方は、重量をチェックしておきましょう。サイズは同じでも製品によって重量は異なります。持ち運びやすさを重視するのであれば、少しでも軽いモノを選ぶのがおすすめです。

多少の違いではあっても、長時間使用するとなると腕の疲れ具合が変わることも考えられます。7インチタブレットの用途としてお出かけの際などに気軽に持ち運びたい方は、軽量のモノを選ぶようにしましょう。

CPUの性能をチェック

By: marshal-no1.jp

CPUとは、主にデータの処理や各種装置の制御を行うパーツです。人間で例えると頭脳にあたる重要な部分。7インチタブレットを選ぶ際には、CPUの性能もしっかりとチェックしておきましょう。CPUの性能をチェックする際は「コアの数」と「クロック周波数」の2点に注意が必要です。

コストパフォーマンスを重視するなら、コアの数は「クアッドコア(4コア)」、クロック周波数は「1.2GHz以上」に対応したモノがおすすめ。なお、用途がネット閲覧程度であれば、CPUの性能があまり高くない格安モデルなどでも十分です。

RAM(メモリ)の性能をチェック

RAMは「Random Access Memory」の略称で、タブレット内のデータを一時的に保存しておくパーツです。RAMの容量が大きいと一度に多くの作業ができるようになるため、しっかりとチェックしておきましょう。コストパフォーマンスを重視する場合、少なくとも2GB以上備えたモデルであれば安心して使用できます。

ROM(ストレージ)の容量をチェック

ROMは、音楽や写真などのプライベートデータから、OSなどのシステムデータまで、タブレット内のあらゆるデータを保存する場所です。基本的には、ROMの容量が大きければたくさんのデータを保存できるので、いろいろなコンテンツを楽しみたい方はしっかりと確認しましょう。

ネットサーフィンがメインなら8GB、動画閲覧もしたいなら16GB、容量の大きなアプリやゲームを楽しみたいなら32〜64GB以上がストレージ容量の目安。タブレットによってはストレージの拡張ができるSDカードスロットを搭載した製品もあるため、容量不足が心配な方はSDカードスロットの有無も合わせてチェックしておきましょう。

7インチタブレットのおすすめ人気モデル

アマゾン(Amazon) Fire 7 タブレット

薄くて軽い持ち運びしやすい7インチタブレット。最大7時間使用可能なバッテリー搭載しており、外出先で電子書籍や映画などを存分に楽しむことが可能です。デュアルバンドWi-Fiを利用すれば、スムーズに通信できてサクサク使えます。

メモリは1GBを搭載。ストレージは16GBと32GBから選べるうえ、別売りのmicro SDカードを使って最大512GBまで容量を増やせるのも魅力です。さらに、広視野角のIPSディスプレイを採用しているため、さまざまな角度からコンテンツを楽しめます。

CPUには、1.3GHzの高速クアッドコアプロセッサを搭載。コンテンツの起動が速く、ビデオやゲームなどの再生もスムーズに行えます。Alexa搭載で簡単に操作できるのもポイント。コスパに優れたおすすめの製品です。

ハチオン(HAOQIN) タブレット7インチWiFiモデル H7 Pro

重さ約250g、薄さ96mmの軽量かつコンパクトな7インチタブレットです。OSにはAndroid 9.0を採用。Google Playがプリインストールされているので、さまざまなアプリをダウンロードできます。

また、CPUには1.5GHzのクアッドコアを採用しており快適に作業が可能。ストレージは32GBで、micro SDカードを別途用意すれば最大64GBまで容量を追加できます。

さらに、IPSパネルを採用しているため、さまざまな角度からコンテンツを楽しめるのもポイント。スリムな見た目で、使いやすさに優れた製品です。

ドラゴンタッチ(Dragon Touch) タブレット 7インチ M7

2GBのメモリと、16GBのストレージを搭載した7インチタブレットです。microSDカードを使えば、最大128GBまでストレージを拡張できます。

OSにはAndroid 9.0を採用。また、ディスプレイには1024×600のIPS液晶パネルを採用しているので、さまざまな角度からも快適に楽しむことが可能です。

バッテリーは2500mAhと大容量で、長時間でも安心して使用可能。重さは約250g、薄さ9.2mmのコンパクトサイズで持ち運びやすく、子供でも使いやすいおすすめのモデルです。

ウィノボ(Winnovo) タブレット7インチ Winnovo TS7

最新のAndroid10.0 OSを搭載した7インチタブレットです。Google Play Storeがプリインストールされているので、さまざまなアプリをダウロード可能。GPSモジュール内蔵でナビとしても使えるため、旅行やドライブ、キャンプなどでも活躍します。

また、32GBのストレージを搭載しており、microSDカードで最大64GBまで拡張可能。映画や写真、動画、音楽など十分に保存できます。さらに、重さは約250gと軽量で、持ち運びしやすいのも魅力です。

日本電気(NEC) LAVIE Tab E TE507/KAS

重さ約236gと軽量な7インチタブレットです。1024×600の解像度を有するIPSディスプレイの搭載により、さまざまな角度からコンテンツを楽しめます。

OSはAndroid 9.0を採用。また、自動調整バッテリー機能付きなので、使用頻度の低いアプリを認識し、電池の使用を自動で制限できます。人工知能により、電池の使用状況を把握してバッテリーの効率化を図ることも可能。充実した機能で快適に操作できるおすすめの製品です。

バンキョー(VANKYO) S7 VANKYO-S7

長時間楽しめるバッテリー搭載の7インチタブレット。2900mAh大容量バッテリーにより、Web閲覧や動画再生など、最大8時間の連続使用が可能です。OSにはAndroid9.0を採用。また、CPUは最大1.3GHzのクアッドコアを採用しており、さまざまなアプリを快適に楽しめます。

ストレージは32GBを搭載。microSDカードを使うことで、最大128GBまで容量を拡張できます。さらに、重さ260gと軽量で薄いデザインなので持ち運びにも便利です。

画面のアスペクト比は16:9で、電子書籍やウェブ閲覧に適したディスプレイを搭載。VANKYOの独自機能「Eye health」を設定することで、夜間でも快適に読書などを楽しめます。さまざまな機能を搭載した使い勝手のよいおすすめモデルです。

キューブ(CUBE) ALLDOCUBE IPlay 7T T701

メモリ容量は2GB、解像度1280×720のIPS液晶パネル採用したタブレットです。視野角が広く、さまざまな角度からも鮮やかな映像を映し出せるのが特徴。また、LTE対応のSIMフリーモデルで、高速通信が可能なのも魅力です。

OSにはAndroid 9.0、CPUには最大1.4GHzクアッドコアを搭載。電子書籍やネットサーフィンなどを楽しみたい方に適したおすすめのモデルです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T3 7 BG02-W09A

色鮮やかなディスプレイを楽しめる7インチタブレットです。ベゼル幅6.1mmと狭額縁を採用しているので、よりダイナミックに美しい映像を映し出せます。本体にはアルミニウム合金を採用しており、軽量で頑丈な設計なのもポイントです。

また、16GBのストレージを搭載しており、動画や写真などのデータを多く保存可能。CPUは1.3GHzのクアッドコアを採用し、2.4・5GHzのデュアルバンドWi-Fiをサポートしているため快適に通信できます。

さらに、マルチタスク画面機能により2つのアプリを同時に使用可能。キッズモードも搭載しており、使用時間やアプリへのアクセス制限などを行えます。コスパのよさやデザイン性を重視する方におすすめのモデルです。

7インチタブレットの楽天市場ランキングをチェック

7インチタブレットの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。