ちょっとしたネット閲覧に便利で持ち運びも容易な「7インチタブレット」。メモリの容量、価格帯などが製品によって異なるので、選ぶ際には注意が必要です。

そこで今回は、7インチタブレットのおすすめモデルをご紹介。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

タブレットは7インチと8インチのどっちがおすすめ?

7インチと8インチタブレットの違い

By: amazon.co.jp

8インチは7インチと比べて画面が少し大きい分操作がしやすく、画面も見やすいといったメリットがあります。ただし、タブレットのサイズも大きくなるため、片手でタブレットを持つにはストレスになる恐れがあるのが難点。

一方で、7インチはタブレットのサイズが8インチよりも一回り小さいので、片手でしっかりとタブレットを持てます。

携帯性重視の方には7インチタブレットがおすすめ

7インチタブレットは、サイズが小さく携帯性に優れているので、室内はもちろん外出先でタブレットを使用したい方におすすめ。また、ほかサイズの製品と比べて価格が安いのも魅力なため、コストパフォーマンス重視でタブレットを選びたい方にも最適です。

しかし、全体的なスペックはそれほど高くはないので、アプリを複数同時に起動すると場合によっては動作にストレスを感じることもあります。

ゲームや動画を楽しみたい方には8インチタブレットがおすすめ

8インチタブレットは7インチタブレットに比べて画面のサイズが大きく操作がしやすいので、よりアプリやゲームを快適に楽しみたい方におすすめです。

ただし、7インチタブレットよりも価格は少し高め。その分スペックの高いモデルが多いため、より快適にタブレットを使いこなしたい方は8インチタブレットをチェックしておきましょう。

8インチタブレットについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

7インチタブレットの選び方

CPUの性能をチェック

By: qualcomm.co.jp

CPUとは、主にデータの処理や各種装置の制御を行うパーツです。人間で例えると頭脳にあたる重要なパーツなので、7インチタブレットを選ぶ際には最初にCPUの性能をしっかりとチェックしましょう。CPUの性能をチェックする際は「コアの数」と「クロック周波数」の2点を注意です。

アプリやゲームをサクサク快適に楽しみたいなら、コアの数は「ヘキサコア(6コア)」または「オクタコア(8コア)」、クロック周波数は「1.5GHz以上」に対応したCPUがおすすめ。

一方で、コストパフォーマンスを重視するなら、コアの数は「クアッドコア(4コア)」、クロック周波数は「1.2GHz以上」に対応したミドルクラスCPUが最適です。ハイエンド機種と比べると処理能力は少し劣りますが、その分タブレットの価格も安くなります。用途がネット閲覧程度であれば格安モデルでも十分なので、しっかりと確認しておきましょう。

RAM(メモリ)の性能をチェック

RAMは「Random Access Memory」の略称で、タブレット内のデータを一時的に保存しておくパーツです。RAMの容量が大きいと一度に多くの作業ができるようになります。タブレットを選ぶ際には重要な要素なので、しっかりとチェックしておきましょう。

処理の重いゲームや複数のアプリを同時に楽しみたいなら4GB以上のRAMを搭載したモデルがおすすめ。コストパフォーマンスを重視する場合でも、少なくとも2GB備えたモデルであれば安心して使用できます。

ROM(ストレージ)の容量をチェック

ROMは、音楽や写真などのプライベートデータから、OSなどのシステムデータまで、タブレット内のあらゆるデータを保存する場所です。基本的には、ストレージの容量が大きければたくさんのデータを保存できるので、いろいろなコンテンツを楽しみたい方はしっかりと確認しましょう。

ネットサーフィンがメインなら8GB、動画閲覧もしたいなら16GB、容量の大きなアプリやゲームを楽しみたいなら32〜64GB以上がストレージ容量の目安となります。タブレットによっては気軽にストレージの拡張ができるSDカードスロットを搭載した製品もあるので、容量不足が心配な方はSDカードスロットの有無も合わせてチェックしましょう。

解像度をチェック

タブレットの画面は、小さな正方形の点(ドット)がたくさん集まることで映像を表示しています。基本的には、このドットの数が多ければ画像や文字を高精細に表示できるので、タブレットの画質にこだわりたい方は解像度もしっかりとチェックしましょう。

WXGA(1280×800)

WXGAはWUXGAに比べると、少し解像度が低めですが、その分タブレットの価格が安いのでコストパフォーマンス重視で選びたい方におすすめ。解像度が低いといっても7インチぐらいの小さな画面ではそれほど気にならないので、WebサイトやSNSを見る程度ならWXGAでも十分です。

ただし、高画質の写真や小さな文字を表示すると場合によってはボヤけて表示されるため、電子書籍を楽しみたい方やきれいな画質で写真を楽しみたい方はストレスを感じることもあります。

WUXGA(1920×1200)

WUXGAは、ハイエンドクラスのタブレットが採用している解像度。ドットの数が多く細かな部分まで高精細に表示できるので、ゲームや動画をきれいな映像で楽しみたい方におすすめ。これだけ解像度が高いと一度に表示できる情報量も多くなるので、電子書籍や情報量の多いアプリなども快適に楽しめます。

ただし、WUXGAを採用した7インチタブレットは製品のラインナップが少ないので、選択肢の幅が狭いという点には注意しましょう。

OSをチェック

Android

Androidは、Googleが開発したモバイル端末向けのOSです。誰でも自由に使えるオープンソースなので、さまざまなメーカーがスマートフォンやタブレットのOSに採用しています。

1万円以下で買えるコストパフォーマンスに優れたモノやアプリがサクサク楽しめる高性能なモノなど、ほかのOSと比べて製品の種類が充実しているのも特徴です。

iOS

iOSは、Appleが販売する人気のスマートフォン「iPhone」や、タブレット端末「iPad」などに搭載されているOS。ほかのOSと比べても操作方法がシンプルで扱いやすいため、機械が苦手な方でも使いやすいのが魅力です。

ただし、7インチクラスでiOSを搭載しているタブレットはありません。iOSを搭載した小さなタブレットを探している方は約8インチの「iPad mini」がおすすめです。

Windows

Windowsは、ノートパソコンを中心に採用しているOSです。WordやExcelと言った普段パソコンで使っているソフトウェアがそのまま使えるので、プライベートはもちろんビジネスシーンでの使用にもおすすめです。

ネットワークの通信方式をチェック

Wi-Fiモデル

Wi-Fiモデルは、自宅やオフィスなどWi-Fi環境のある場所でのみ、ネットワークに接続できるモデルです。回線契約は不要で、Wi-Fiの接続設定をするだけでネットを楽しめます。Wi-Fi環境下での使用を考えている方におすすめです。

LTEモデル

外出先でも自宅にいる時と同じようにアプリを楽しみたい方にはLTEモデルがおすすめ。SIMカードを挿せば、どこでもインターネットに接続できます。

なお、LTEモデルは通信会社も自由に変更することが可能。使用するデータ量や料金など、自分に合ったプランを選べます。ただし、機種によってはWi-Fiモデルよりも本体価格が高い場合があるので、その点は注意しておきましょう。

7インチタブレットのおすすめ人気モデル

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T3 7

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T3 7

リーズナブルなWi-Fiモデルの7インチタブレット。本体背面は頑丈なアルミニウム合金で覆われており、重量も250gと軽いため、手によく馴染んで持ちやすいのが特徴です。

Androidのバージョンは6.0。メモリは2GBと標準的ですが、SNSやネット閲覧には十分なスペックを有しています。2.4Gと5GのデュアルバンドのWi-F接続をサポートしているため、常に安定した接続が可能なこともポイントです。

液晶画面には広視野角の「IPSディスプレイ」を採用。また、解像度は1280×600あるので、動画やゲームといった映像コンテンツを臨場感たっぷりに楽しめます。

落下などの衝撃にも強く、見た目もおしゃれ。コスパに優れているので、初めてAndroidタブレットを購入しようと考えている方におすすめの1台です。

日本電気(NEC) LAVIE Tab E PC-TE507JAW

日本電気(NEC) LAVIE Tab E PC-TE507JAW

横幅98.7mm、厚さ8.4mmのコンパクトボディに重さ約260gと、片手でも持ちやすい大きさの7インチタブレット。最大128GBのmicroSDカードによるストレージの増設に対応しているので、大容量の動画なども楽しめます。画面解像度は1280×720で広視野角のIPS液晶を採用しており、斜めの角度からでも見やすいのもポイントです。

メモリ2GBに処理速度の速いクアッドコアのCPUを搭載しており、快適にタブレットを楽しめます。さらに、複数のアプリを同時に表示できる「マルチウィンドウ」を採用しているので作業もラクです。「Microsoft Office Mobile」の搭載により、文書の修正やメール作成なども可能。モバイル用途からビジネス、家庭内の据え置きまで幅広く活躍できるおすすめのタブレットです。

レノボ(Lenovo) Lenovo TAB 7 Essential ZA300099JP

レノボ(Lenovo) Lenovo TAB 7 Essential ZA300099JP

大手メーカー品ながらリーズナブルな7インチタブレット。OSはAndroid 7.0と比較的新しいため、多くのアプリを利用できます。斜めからでも見やすいIPS液晶パネルを搭載しているのも魅力です。

CPUは処理性能に優れるクアッドコア構成ながら、メモリが1GBと抑えめのため、インターネットや電子書籍リーダー、SNS用といった軽めの動作に向いています。本体の厚さは約8.8mm、重量が約254gと軽いほか、約6時間駆動できるバッテリーを搭載しているので、外出先で使用する場合にも最適です。

複数のユーザーで、設定・アプリ・アカウントなど、個別に利用が可能なのも特徴。家族や会社で1台のタブレットを共有して使いたい用途にもおすすめのモデルです。

Dragon Touch 7インチタブレット Wi-Fiモデル Y88X PRO

Dragon Touch 7インチタブレット Wi-Fiモデル Y88X PRO

コスパに優れた、7インチタブレットです。リーズナブルな価格ながら、Androidタブレットとしては新しいバージョン9.0のOSを搭載していることが特徴。最新のアプリをほぼ制約なく使える点や、OSのバージョンアップによる使い勝手の向上といったメリットがあります。

高性能なクアッドコアCPU・Rockchip RK3326 1.5 GHzと2GBのメモリを内蔵。WebブラウジングやYouTubeなどの動画視聴、軽めのゲームまでを快適にこなせます。また、16GBのストレージは最大128GBまでmicroSDカードで拡張できるので、音楽やアプリなどもたくさんダウンロード可能です。

不適当なコンテンツをフィルタリングしてくれる「KIDOZ」機能もポイント。お子さん用のタブレットとしてもおすすめです。

恵安(KEIAN) 7インチタブレット Android8.1 Oreo KI-R7

恵安(KEIAN) 7インチタブレット Android8.1 Oreo KI-R7

リーズナブルながら内容の充実した、7インチタブレットです。Google Mobile Services(GMS)認証を取得しており、Google PlayやGoogle マップなどがあらかじプリインストールされています。

また、Androidの軽量版であるGo Edition版Android 8.1を搭載。スペックを抑えたハードウェアでも軽快に動作するOSなので、快適に使用できます。10点マルチタッチ対応のパネルで操作がしやすいのも魅力のひとつ。

そのほか、Bluetooth 4.0・microSDカードスロット・音声出力などインターフェースも豊富です。さらに、30万画素の前面・200万画素の背面カメラも搭載しています。液晶画面の解像度1024×600は標準的なスペック。動画観賞時の画質にはそれほどこだわらない方におすすめです。

恵安(KEIAN) 7インチ Windowsタブレット KVI-70B

恵安(KEIAN) 7インチ Windowsタブレット  KVI-70B

OSにWindows10を採用している7インチタブレット。付属のOTGケーブルを接続すれば、PC用に使っているマウスやキーボードがそのまま使えます。また、Windows10用のソフトが使えるので、PCと同じような作業が可能。1台あればタブレットとノートPCの2通りの使い方が可能です。

ストレージ容量は16GBとWindows機としてはやや少なめですが、ストレージの拡張ができるmicoroSDカードスロットを搭載しているので、アプリやゲームをたくさん楽しみたい方にもおすすめ。Mini HDMIポートを搭載しているので、テレビや外部モニターに本機からの映像を簡単に写せるのもポイントです。

画面には、上下左右どこから見てもクリアな映像が楽しめる、広視野角「IPSパネル」を採用しているので、室内だけでなく外出先でも使い勝手は良好。プライベートからビジネスユースまで幅広く使えるおすすめのタブレットです。

ALLDOCUBE タブレットPC デュアルSIM 4G LTE iPlay 7T

ALLDOCUBE タブレットPC デュアルSIM 4G LTE iPlay 7T

SIMフリー対応の7インチタブレット。Micoro SIMスロットを2つ搭載し、3Gおよび4G LTEでの通信に対応します。もちろん、Wi-Fiでのネット使用も可能です。また、テザリング機能も搭載するので、屋外でさまざまなデバイスを使ってのインターネット接続にも活用できます。

リーズナブルながらハイパフォーマンスなのも魅力です。クアッドコアのCPU、2GBメモリ、最大256GBまで対応のmicroSDカードスロットを搭載。OSはAndroid 9.0と新しく、最新アプリもほぼ制約なく使えます。AI機能を内蔵したプロセッサーにより、ストリーミング動画も高画質で視聴可能です。

さらに、USB Type-Cポートを採用しているため、最新の周辺機器を変換コネクタなしで使えるのも利点。ベゼル幅が狭く、シンプルなデザインのため、少し大きめのスマホといったイメージで使えるタブレットとしてもおすすめです。

Yuntab 7インチタブレット Q88

Yuntab 7インチタブレット Q88

価格重視の方におすすめの7インチタブレット。OSはAndroid 4.4.2と旧式で、1.5GHz クアッドコアCPUに1GBメモリ、ストレージは8GBとスペックは控えめです。

無線通信はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LANを内蔵し、Wi-Fi接続時は安定したネット環境を保てます。また、Bluetooth出力にも対応し、各種周辺機器をワイヤレスで使用可能。さらに、Google Playにも対応し、動画サービス「YouTube」の視聴や、「Facebook」「Twitter」などのSNSも楽しめます。

目的やアプリを絞り込むことで実用的に使えるタブレットです。メインとは別にサブ機として使用したい方にもおすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) TOUGHPAD FZ-M1JAAAJVJ SIMフリー

パナソニック(Panasonic) TOUGHPAD FZ-M1JAAAJVJ SIMフリー

7インチタブレットでWindows OSとSIMフリーの両方を満たしているモデル。高性能なノートPCなみの第7世代インテルCore i5をCPUに採用し、4GBのメモリも相まって、モバイル機器とは思えないほどの快適な使用感が魅力です。ストレージは128GB、画面の解像度は1024×800、内蔵バッテリーで10時間駆動と、いずれもハイスペックです。

また、150cm落下試験の実施や、IP65準拠の防塵・防滴性能を備えたタフネス仕様も特徴。水滴がついても、手袋をしたままでもタッチ操作可能なのもポイントです。本体サイズは202.7x18x132mmと片手で持てるコンパクトさで、屋内外で活躍できます。

クレードルや回転式ハンドストラップ、車載用品など、多彩なオプションも用意。価格は高額ですが、アウトドアやビジネス用にハイパフォーマンスなタブレットが必要な方におすすめです。

アマゾン(Amazon) Fire 7 タブレット 16GB モデル

アマゾン(Amazon) Fire 7 タブレット 16GB モデル

アマゾンから発売されている7インチタブレット。 高画質なIPSディスプレイを搭載し、動画や音楽プレーヤー、電子書籍リーダーとしての使いやすさを重視しているのが特徴です。

独自のFire OSを搭載しているため、インストールできるアプリに制約があります。一方、クアッドコアCPUを採用しており、リーズナブルでも快適に動作するのがポイント。うまく使いこなすことで、価格以上の満足感が得られるハイコスパモデルです。

また、アマゾンが開発した音声アシスタント機能のAlexaを搭載。タブレットに話しかけるだけで情報の検索や、Alexa対応家電などが簡単に操作できるのも魅力です。

一般的なタブレットに比較して入出力や機能は少ないものの、microSDカードは512GBまで対応しているため、大容量データも扱えます。WebブラウジングやSNS、メッセージのやり取りなども可能なので、サブ機にもおすすめです。