AmazonのKindleは、読書する機能に特化した使いやすさが魅力の電子書籍リーダー。一方AppleのiPadは、電子書籍の閲覧はもちろん、アプリをダウンロードすることで、プライベートからビジネスまでさまざまなシーンで活躍する人気のタブレット端末です。

そこで今回は、KindleとiPadを比較しながらそれぞれのおすすめポイントを解説します。人気のモデルもご紹介するので、併せてチェックしてみてください。

Kindleの特徴

軽量コンパクトで持ち運びに便利

Kindleシリーズは、片手で持てるコンパクトサイズと、一番重いモデルでも200g程度の軽さが魅力です。カバンに入れてどこにでも気軽に持ち運べるので便利。本体メモリには、一般的な書籍であれば数千冊分のデータが保存できます。

また、データ容量の大きなマンガ本でも、約130〜650冊を収納可能。単行本1冊程度の重量ながら、紙の媒体では考えられない量の書籍を詰め込んで出かけられるのがKindleの魅力です。

バッテリーが長持ちする

By: amazon.co.jp

iPadと比較すると、バッテリーの持ちがよく、頻繁に充電しなくてよいのがKindleの魅力です。ウェブサイトを閲覧したり動画再生をしたりと、さまざまな処理を行う必要がないため、大きな電力を消費する強力なプロセッサは搭載していません。

また、通常の液晶パネルに代わり、同じ画面を表示している間は電力を消費しない「E-Ink」ディスプレイを採用するなど、徹底した省電力設計が特徴です。一度充電すると、最大で数週間使用することが可能。バッテリー残量を気にせず、紙の書籍感覚で読書に集中できます。

一部モデルでは無料で4G回線が利用可能

By: amazon.co.jp

Kindleシリーズの上位機種である「Kindle Paperwhite」と「Kindle Oasis」では、Wi-Fiに加え無料の4Gモデルを選択することが可能です。自宅などWi-Fi環境がある場所だけでなく、旅行先や出張先でも書籍をダウンロードできるため非常に便利。

4G回線の利用料金はAmazonが負担してくれるので、面倒な回線の契約手続きや追加料金の支払いが必要ありません。購入価格はWi-Fiモデルより若干高くなりますが、自宅にWi-Fi環境のない方や、外出先で読書する機会が多い方におすすめです。

通常のタブレットと比べて価格が安い

読書する機能に特化したKindleシリーズは、価格の安さも魅力です。iPadシリーズのように強力なプロセッサや大容量メモリなどの高性能部品が必要ないため、モデルにもよりますが価格帯は1〜4万円程度。

iPadシリーズの価格帯は4〜13万円程度なので、比較すると非常に購入しやすい価格であることがわかります。シンプルな機能で、できるだけ安く購入できる製品を探している方にもおすすめです。

文字が見やすく目に優しい

By: amazon.co.jp

Kindleシリーズは「E-Ink(電子インク)」と呼ばれる、特殊なディスプレイを採用しています。光を反射しにくく、屋外など強い日差しの下でも見やすいのが特徴。また、300ppiと高解像度なので、小さな文字でもはっきり読むことが可能です。

iPadのようなバックライトは搭載せず、フロントライトを採用しているのもポイント。光がディスプレイの表面を照らすため、眼に優しいのが魅力です。長時間の読書でも眼に負担が掛かりにくく、紙の本を見ているような感覚で書籍を楽しめます。

iPadの特徴

Kindle以外のコンテンツも利用できる

App Storeからアプリをダウンロードすることで、さまざまな電子書籍リーダーのコンテンツを利用できるのがiPadの魅力です。iOSには標準で「Apple Books」という電子書籍アプリがインストールされており、購入してすぐに利用可能。

ほかにも、「楽天Kobo」や「LINEマンガ」といった、多くの電子書籍アプリをダウンロードできます。もちろん「Kindle」アプリもラインナップされているため、700万冊以上ある豊富な書籍のなかから、好みの本を探して読むことが可能です。

カラー表示も可能

文字だけで構成されている、いわゆる一般的な書籍を読む用途であればカラー表示は必ずしも必要ではありません。ただし、ファッション雑誌など多くの写真が記載されている書籍を読みたい場合は、カラー表示が可能なモデルを選択しましょう。

最近はコミックでも、フルカラー版やカラーページ増量版といったモノが多数販売されています。同じ内容のコンテンツでも全く違った印象を受けることも。今までモノクロで読んでいたマンガファンの方は、一度カラー表示で試してみてください。

電子書籍以外のアプリも使える

電子書籍以外のアプリを自由にダウンロードして使えるのがiPad最大の特徴です。ネットサーフィンや動画の視聴といったプライベートでの使用はもちろん、報告書やプレゼン資料の作成などビジネスシーンでも活躍。

さらに、写真やビデオの撮影・加工から手書きによるスケッチといった、クリエイティブな用途にも使用することが可能です。読書だけでなく幅広いシーンでマルチに使いこなしたい方には、iPadをおすすめします。

MacBookなどのApple製品との親和性が高い

MacBookやiPhoneといったほかのApple製品と、「iCloud」を通じてデータや情報を簡単に共用できるのもiPadの魅力です。「iCloud」とは、Appleが提供しているクラウドサービスのこと。無料登録できるApple IDを使いサインインしておくだけで、書籍・音楽・連絡先・カレンダーなど、さまざまなデータを自動で同期できます。

iPadの「Apple Books」で購入した書籍は、同じIDでサインインしているほかのAppleデバイスに自動で反映。外出先ではiPadで本を読み、帰宅後はMacBookで読書の続きを行う、といった使い方もできて便利です。

Kindleのおすすめモデル

アマゾン(Amazon) Kindle 8GB

2019年に発売された第10世代のモデルです。Kindleシリーズのなかでは最も安い価格で購入が可能なベーシックモデル。初めて電子書籍リーダーを使ってみようと考えている、初心者の方にもおすすめです。

解像度167ppiの6インチディスプレイを搭載しています。従来モデルと比較してフロントライトを採用したのが大きな変更点。明るいリビングはもちろん、照明を落とした寝室でも読書が楽しめるようになりました。

8GBのメモリを搭載しているため、一般的な書籍であれば数千冊分が保存できます。重さは約174gとシリーズ中最軽量なので携帯性も良好です。気軽に購入できて持ち運びのしやすい機種を求める方も、ぜひ検討してみてください。

アマゾン(Amazon) Kindle Paperwhite 32GB

本製品は「Wi-Fi+4G」モデルです。Wi-Fi環境のない場所でも電子書籍のダウンロードができるので便利。通勤・通学途中の電車内や公園など、気の向いた場所で好きな本を読むことが可能です。重さは約191gとiPhone 11とほぼ同じ。カバンやリュックに入れて気軽に持ち運べます。

Kindleと同じ6インチディスプレイながら、300ppiの高解像度E-Inkスクリーンを採用しているのが特徴。細かな文字が鮮明に見られるので快適に読書が楽しめます。もちろん、フォントの大きさも好みのサイズに調節することが可能です。

IPX8等級の防水機能を備えているのも特徴のひとつ。電子機器の持ち込みをためらってしまうようなお風呂やプールサイドでも使用できます。真水なら水深2mで最大60分耐えられると謳われているため、誤ってプールに落としてしまっても安心です。

アマゾン(Amazon) Kindle Oasis 32GB

Kindleシリーズのハイエンドモデルになります。解像度300ppiの7インチディスプレイを採用しているのが特徴。小さな文字だけでなくマンガの見開きページも大きな画面で堪能できます。読書好きはもとよりマンガ好きの方にもおすすめのモデルです。

32GBのメモリを搭載しているため一般の書籍なら数千冊、マンガでも約650冊の保存が可能。通勤・通学・出張・旅行とどこへでも好きな本を持ち歩けます。IPX8等級の防水機能を備えているので水辺での利用も可能です。

スクリーンの色調調節ができるのも本モデルの特徴。ホワイトからアンバーまで変化させられるため、自分が心地よい色合いに設定できます。さらに、片手での読書に便利なページ送りボタンも搭載するなど、読書を快適に楽しむための機能が充実したモデルです。

アマゾン(Amazon) Kindle キッズモデル

スタンダードのKindleをベースにした子供向けのモデルです。ぴったりとフィットするキッズカバーが装着されており、傷や衝撃から本体をしっかりと保護。また、カバー込みでも288g程と軽量なため、子供でも簡単に持ち運ぶことが可能です。

目に優しい6インチのE-Inkディスプレイを採用しています。辞書や単語帳など紙の本にはない機能を搭載しているのも特徴。読書をしながらわからない言葉が調べられるので、子供の学習にも役立ちます。電子書籍専用端末のため、不適切なアプリのダウンロードやウェブサイト閲覧を心配する必要もありません。

年齢フィルターを設定することで子供の年齢に合った本を表示できます。年齢や学力レベルに応じて適した本が選びやすいのもキッズモデルの魅力のひとつです。子供に安心して渡せる電子書籍リーダーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

iPadのおすすめモデル

アップル(Apple) iPad Pro 11インチ MY232J/A

11インチ製品の第2世代にあたる現行モデルです。最上位機種の12インチモデルにも搭載されている、最新の「A12Z Bionic」チップを採用した高性能タブレット。11インチのRetinaディスプレイには「True Tone」テクノロジーが使われており、周囲の光に関係なく自然な色合いの画像が見られます。

カラー版のKindleコミックを読むのにもおすすめのモデルです。画面サイズが大きい割に軽いのもメリット。本体重量は約471gと、10.2インチiPadの約483gと比較しても軽量に設計されています。長時間片手で持って読書をするようなシーンでも、負担になりにくいので便利です。

生体認証システムには「Face ID」を採用。画面のロック解除はもちろん、アプリのダウンロードやネットショッピングの決済などでも面倒なパスコード入力は不要です。

アップル(Apple) iPad Pro 12.9インチ

iPadシリーズのハイエンドモデルです。12.9インチのRetinaディスプレイと強力な「A12Z Bionicチップ」を搭載。高性能ノートパソコンにも匹敵する性能を備えた大型タブレットです。大容量バッテリーを内蔵しているため、ネットサーフィン程度の使い方であれば最大10時間も動作します。

「Wi-Fi 6」に対応しているのも本モデルの特徴。対応するルーターを設置していれば、最大9600Mbpsでの高速通信が可能になります。高解像度動画のストリーミング再生やネットワーク対戦型3Dゲームのプレイも快適です。

さらに、オプションの「Magic Keyboard」を併用すればノートパソコンに近い感覚での利用が可能。インターフェースにはMacBookと同様USB-C端子を採用しています。

従来のLightning端子が付いたアクセサリー類は使用できないので、購入を検討している方は留意しておきましょう。

アップル(Apple) iPad Air

ネーミングが示すように薄くて軽いタブレットです。厚さは約6.1mmと第7世代のiPadより1mm以上も薄型化。約456gしかない本体重量はminiに次ぐ軽さを実現しています。長時間手で持っていても疲れにくいため、電子書籍リーダーとしてもおすすめのモデルです。

「Touch ID」センサーを内蔵したホームボタンを採用。ネット決済やアプリのダウンロードもボタンに触れるだけと簡単です。また、マスクをしていてもロック画面の解除がしやすいので、外出先で使う際に重宝します。

「FaceTime HDカメラ」を搭載しているのもポイント。ノートパソコンがなくてもテレワークに対応できます。書類作成が必要な場合は「Smart Keyboard」など、外付けキーボードを検討してみてください。「Smart Connector」対応機種であれば面倒なペアリングや充電作業も必要ありません。

アップル(Apple) iPad

iPadシリーズのなかでは最も安い価格で販売されているモデルです。気軽に購入できるので、初めてのiPadを検討している方にもおすすめ。また、学生の方が勉強やプライペートで利用するタブレットとしても適しています。

10.2インチのRetinaディスプレイを搭載しており視認性も良好です。第7世代の現行モデルから「Smart Connector」を採用したのが特徴。同コネクターを搭載したキーボードであれば、接続するだけでペアリングできるためすぐに使いはじめられます。

レポート作成用途への活用を考えている方にも便利です。子供の学習用タブレットにと検討している方も、ぜひチェックしてみてください。

アップル(Apple) iPad mini

iPadシリーズ中最も小型で軽量なモデルです。本体サイズは約203.2×134.8mm、重さも300.5g程しかないため持ち運びも簡単。通勤や通学途中に電子書籍を読みたい方にもおすすめのモデルです。

混み合う車内でほかの人の邪魔になりにくいだけでなく、薄型でスリムなデザインはカバンやリュックの中でもかさばりません。ジャケットのポケットへ入れておくことも可能です。7.9インチのRetinaディスプレイを採用。2048×1536と高解像度のため鮮明な画像が見られます。

コンパクトながらApple Pencilに対応しているのも本モデルの特徴です。アイデアが浮かんだときにさっと取り出してメモを取ることが可能。なによりも、携帯性を重視する方に適したモデルです。