AmazonのKindleは、読書する機能に特化した使いやすさが魅力の電子書籍リーダー。一方AppleのiPadは、電子書籍の閲覧はもちろん、アプリをダウンロードすることで、プライベートからビジネスまでさまざまなシーンで活躍する人気のタブレット端末です。

そこで今回は、KindleとiPadを比較しながらそれぞれのおすすめポイントを解説します。人気のモデルもご紹介しますので、併せてチェックしてみてください。

kindleの特徴

軽量コンパクトで持ち運びに便利

Kindleシリーズは、片手で持てるコンパクトサイズと、一番重いモデルでも200g程度の軽さが魅力です。カバンに入れて何処にでも気軽に持ち運べるので便利。本体メモリには、一般的な書籍であれば数千冊分のデータが保存できます。

また、データ容量の大きなマンガ本でも、約130〜650冊を収納可能。単行本1冊程度の重量ながら、紙の媒体では考えられない量の書籍を詰め込んで出かけられるのがKindleの魅力です。

バッテリーが長持ちする

By: amazon.co.jp

iPadと比較すると、バッテリーの持ちがよく、頻繁に充電しなくていいのがKindleの魅力です。ウェブサイトを閲覧したり動画再生をしたりと、さまざまな処理を行う必要がないため、大きな電力を消費する強力なプロセッサは搭載していません。

また、通常の液晶パネルに代わり、同じ画面を表示している間は電力を消費しない「E-Ink」ディスプレイを採用するなど、徹底した省電力設計が特徴です。一度充電すると、最大で数週間使用することが可能。バッテリー残量を気にせず、紙の書籍感覚で読書に集中できます。

一部モデルでは無料で4G回線が利用可能

By: amazon.co.jp

Kindleシリーズの上位機種である「Kindle Paperwhite」と「Kindle Oasis」では、Wi-Fiに加え無料の4Gモデルを選択することが可能です。自宅などWi-Fi環境がある場所だけでなく、旅行先や出張先でも書籍をダウンロードできるため非常に便利。

4G回線の利用料金はAmazonが負担してくれるので、面倒な回線の契約手続きや追加料金の支払いが必要ありません。購入価格はWi-Fiモデルより若干高くなりますが、自宅にWi-Fi環境のない方や、外出先で読書する機会が多い方におすすめです。

通常のタブレットと比べて価格が安い

読書する機能に特化したKindleシリーズは、価格の安さも魅力です。iPadシリーズのように強力なプロセッサや大容量メモリなどの高性能部品が必要ないため、モデルにもよりますが価格帯は1〜4万円程度。

iPadシリーズの価格帯は4〜13万円程度なので、比較すると非常に購入しやすい価格であることがわかります。シンプルな機能で、できるだけ安く購入できる製品を探している方にもおすすめです。

文字が見やすく目に優しい

By: amazon.co.jp

Kindleシリーズは「E-Ink(電子インク)」と呼ばれる、特殊なディスプレイを採用しています。光を反射しにくく、屋外など強い日差しの下でも見やすいのが特徴。また、300ppiと高解像度なので、小さな文字でもはっきり読むことが可能です。

iPadのようなバックライトは搭載せず、フロントライトを採用しているのもポイント。光がディスプレイの表面を照らすため、眼に優しいのが魅力です。長時間の読書でも眼に負担が掛かりにくく、紙の本を見ているような感覚で書籍を楽しめます。

iPadの特徴

kindle以外のコンテンツも利用できる

App Storeからアプリをダウンロードすることで、さまざまな電子書籍リーダーのコンテンツを利用できるのがiPadの魅力です。iOSには標準で「Apple Books」という電子書籍アプリがインストールされており、購入した状態でも利用可能。

ほかにも、「楽天kobo」や「LINEマンガ」といった、多くの電子書籍アプリをダウンロードできます。もちろん「Kindle」アプリもラインナップされているため、700万冊以上ある豊富な書籍のなかから、好みの本を探して読むことが可能です。

MacBookなど、ほかのApple製品との親和性が高い

MacBookやiPhoneといったほかのApple製品と、「iCloud」を通じてデータや情報を簡単に共用できるのもiPadの魅力です。「iCloud」とは、Appleが提供しているクラウドサービスのこと。無料登録できるApple IDを使いサインインしておくだけで、書籍・音楽・連絡先・カレンダーなど、さまざまなデータを自動で同期できます。

iPadの「Apple Books」で購入した書籍は、同じIDでサインインしているほかのAppleデバイスに自動で反映。外出先ではiPadで本を読み、帰宅後はMacBookで読書の続きを行う、といった使い方もできて便利です。

kindleのおすすめモデル

アマゾン(Amazon) Kindle

アマゾン(Amazon) Kindle

Kindleシリーズのなかで最も価格の安いモデルです。広告の有無が選べる2種類がラインナップされており、操作性を重視する方は広告なし、安さを求める方はさらにリーズナブルな価格で購入できる広告ありがすすめです。

光の反射を抑えた6インチの「E-Ink」ディスプレイを採用しており、屋外でも快適に読書を楽しめます。最新モデルより、従来上位機種にしか装備されていなかったフロントライトを搭載。直接眼に光が当たらないため、長時間見ていても疲れにくいのが魅力です。

本体は約174gと非常に軽量なので、カバンに入れて気軽に持ち運びが可能です。普段はカバンに入れておいて、気が向いた時にさっと取り出して読むといった使い方ができて便利です。

ストレージ容量は4GBですが、一般の書籍であれば数千冊分が保存可能。ラインナップはWi-Fiモデルのみとなるため、自宅にWi-Fi環境がない方は注意が必要です。

アマゾン(Amazon) Kindle Paperwhite

アマゾン(Amazon) Kindle Paperwhite

本モデルはストレージ容量を8GB・32GBの2タイプから選択できます。32GBであれば、マンガのように容量の大きな本でも約650冊分が保存できるので、マンガ好きの方にもおすすめです。

IPX8等級の防水機能を備えているのも「Kindle Paperwhite」の特徴。お風呂に浸かりながらゆっくり読書を楽しむ、と言った使い方ができて便利です。高解像度300ppiの6インチ「E-Ink」ディスプレイと、眼に優しいフロントライトを搭載。文字サイズも8段階で調節できるため、自分のスタイルに合わせて長時間読書に没頭できます。

Wi-Fi接続に加え、無料4G付きのモデルを選べるのもポイント。面倒な契約手続きも不要なので、自宅にWi-Fi環境のない方や、外出先でも書籍のダウンロードをしたい方に最適です。また、4G回線利用料金はAmazonが負担してくれるため、追加の支払いは必要ありません。

アマゾン(Amazon) Kindle Oasis

アマゾン(Amazon) Kindle Oasis

Kindleシリーズの最上位機種です。シリーズ最大7インチの「E-Ink」ディスプレイを採用しているのが特徴。迫力あるマンガの見開きシーンを、大画面で楽しむことが可能です。また、色調調節ライトを搭載しているため、スクリーンの色をホワイトからアンバーまで好みの色に調節できます。自分の好みに合わせ、読みやすいようにカスタマイズできるので便利です。

IPX8等級の防水機能を搭載。プールやお風呂場といった、紙の本ではためらってしまうような場所でも気軽に読書ができます。水深2mの真水に最大60分沈めても本体に影響がないことが確認されているため、誤ってプールなどに落としてしまっても安心です。

「快速ページターン」や「連続ページターン」といった、ページ送り機能を搭載。紙の本に近い感覚でページ送りができるので、自分のペースで快適に読み進められます。辞書やウィキペディアなど検索機能も充実。わからない言葉が出てきても、その場で調べられるので重宝します。

iPadのおすすめモデル

アップル(Apple) iPad

アップル(Apple) iPad

9.7インチのRetinaディスプレイを搭載したモデルです。ストレージ容量は、32GBと128GBの2タイプがラインナップされており、32GBを選ぶとよりリーズナブルな価格で購入可能。初めてiPadシリーズの購入を検討している方にも、おすすめのモデルです。

Wi-Fi接続だけでなく、外出先でも書籍のダウンロードやメッセージの送受信をしたい方に最適なWi-Fi + Cellularモデルも選べます。「Apple Pencil」に対応しているのもポイント。手書きのメモを取ったりコメントを書き込んだりと、直感的な操作が行えるので便利です。

アップル(Apple) iPad mini

アップル(Apple) iPad mini

7.9インチと小型のRetinaディスプレイを搭載したモデルです。コンパクトなうえに、重量は約300gとシリーズ最軽量。画面の大きさを重視せず、持ち運びのしやすさで選びたい方におすすめのモデルです。

プロセッサーには、強力なA12 Bionicチップを採用しており「Adobe Photoshop」のような、プロが使用するアプリも楽々動作します。「Apple Pencil」に対応しているため、クリエイティブな作業にも活用できて便利。Wi-Fi + Cellularモデルもあるので、出張先や旅行先でもアクティブに使いたい方に最適です。

アップル(Apple) iPad Air

アップル(Apple) iPad Air

10.5インチのRetinaディスプレイ搭載モデルです。「True Tone」テクノロジーを採用しているのが特徴。「True Tone」とは、周囲の光に合わせてディスプレイの色と明度を自動調節し、より自然に画像を表示させる技術です。明るい屋外や薄暗い室内など、どんな環境下でも眼に優しいので、読書シーンにも最適。

複数のアプリを同時に使えるマルチタスクに対応しています。ウェブサイトを閲覧しながら文書を作成する、といった使い方ができて便利です。また、搭載しているA12 Bionicチップには、クアッドコアのグラフィックエンジンが内蔵されているため、迫力ある画像の3Dゲームを思う存分楽しめます。

アップル(Apple) iPad Pro

アップル(Apple) iPad Pro

11インチと12.9インチのRetinaディスプレイが搭載された、2つのモデルをラインナップした、iPadシリーズの最上位機種です。ホームボタンもない、前面がほぼ液晶画面になった「オールスクリーンデザイン」が特徴です。眼に優しい「True Tone」テクノロジーを採用しており、長時間の読書や作業でも快適に使用できます。

iPadシリーズ最強の、A12X Bionicチップを搭載。高性能ノートパソコンのように、高度な処理を高速でこなします。しかも、タッチやジェスチャーなど、直感的に操作を行えるのが魅力です。また、「Face ID」を搭載しているのもポイント。ロック画面の解除やアプリへのログイン、お金の支払いなど、さまざまな処理が行えるので便利です。