タブレットとひと口にいっても、サイズや価格、性能の違うさまざまな製品があります。どのタブレットを選んだらよいのかわからないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、機能性と携帯性のバランスに優れた「8インチタブレット」をご紹介します。コスパに優れたモノから、アプリやゲームがサクサク楽しめる高性能なモノまで、さまざまなモデルをピックアップ。ぜひチェックしてみてください。

8インチタブレットのメリット・デメリット

コンパクトで持ち運びしやすい

By: rakuten.co.jp

8インチタブレットは、カバンに入れて持ち歩いても邪魔にならず気軽に携帯できます。サイズが小さく片手で持ちながら操作できるので、手が小さい方にもおすすめです。

本体の質量が軽いモノも多いため、電車やバスなど移動中にタブレットを楽しみたい方や、長時間アプリやゲームを楽しみたい方にも適しています。

価格が手ごろで購入しやすい

8インチタブレットは、値段が手ごろで購入しやすいというメリットもあります。一部のハイスペック端末を除いた製品の多くは2万円前後で購入できるので、コスパを重視する方にもおすすめです。

ただし、2万円前後で購入できる8インチタブレットはそれほどスペックが高くないのが難点。処理の重いゲームやアプリをサクサク楽しみたい方には不向きです。インターネットや動画、電子書籍を見る程度のシンプルな用途で使いたい場合に重宝します。

8インチタブレットの選び方

OSをチェック

Android

Androidは、Googleが開発したモバイル端末向けのOSです。開発環境が公開されているオープンソースのOSなので、さまざまなメーカーがタブレットのOSに採用しています。

ほかのOSと比べて製品のバリエーションが豊富なのが特徴。タブレットの機能やデザインにこだわりたい方におすすめです。また、リーズナブルな価格で買える製品も多く、コスパ重視で選びたい方にも適しています。

ただし、Androidは製品ごとに設定方法やホーム画面が異なり、細かい設定が苦手な方にはやや不向き。自由度が高く、自分好みに端末をカスタマイズしたい方におすすめです。

iOS

iOSは、Appleが提供するOSです。ほかのOSと比べて操作方法がシンプルで扱いやすく、子供から大人まで幅広いユーザーにおすすめ。また、セキュリティが高く、ウイルス感染のリスクも低いので、大切な個人情報をしっかりと保護したい方にもぴったりです。

一方で、iOSを搭載した製品は価格が高い傾向があります。また、製品のバリエーションも少ないので、タブレットの機能やデザインにこだわりたいなら別のOSを選びましょう。

インターネット接続方式をチェック

Wi-Fi専用モデル

By: rakuten.co.jp

Wi-Fi専用モデルのタブレットは、SIMカードが挿せないためWi-Fi環境下でしか通信ができません。しかし、Wi-Fi専用モデルは、SIMフリー機より安価で購入できるのが特徴です。

外出先であってもフリーWi-Fiを利用すれば、インターネットに接続できます。また、テザリング対応機種であれば、インターネット共有ができるため、Wi-Fi環境ではなくてもインターネットが利用可能。スマートフォンのデータ通信量を大きめに設定している方は、Wi-Fiモデルでも十分に使えます。

LTE対応(SIMフリー)モデル

LTE対応(SIMフリー)モデルは、外出先でも簡単にネットに繋がる点が便利です。SIMカードを挿すことで、場所を問わずインターネットが利用できます。大手キャリアから通信設備を借りているため、利用の際にも安心感があります。

ただし、通信会社との契約が必要。Wi-Fiモデルよりも少々価格が上がりますが、外出先でいつでもタブレットを利用したい方は、LTE対応(SIMフリー)モデルがおすすめです。

メモリをチェック

メモリとは、起動するプログラムを一時的に記憶しておく場所のこと。例えば、何か作業をするとき、狭い机よりも広い机の方が効率よく作業ができるのと同じで、メモリも容量が大きければ一度にたくさんの作業ができます。

メモリ容量の目安は、SNSやWebサイトを見る程度なら2GB、アプリや動画、電子書籍を閲覧することが多い方なら3GBほど。複数アプリの同時起動や、処理の重いゲームをサクサク楽しみたいなら4GB以上を選びましょう。

ただし、メモリの容量が大きくなるとタブレットの価格も高くなります。コスパを重視するなら、価格の安い2~3GBのメモリを搭載した8インチタブレットがおすすめです。

ストレージをチェック

ストレージとは、アプリ・ゲーム・写真・音楽など、タブレット内のさまざまなデータを保存しておく場所のことです。ストレージの容量が大きければ、その分たくさんのデータを保存できます。さまざまなコンテンツを楽しみたい方は、ストレージも忘れずにチェックしましょう。

容量の目安は、アプリやゲームをたくさん楽しみたいなら32GBで十分。アプリやゲームに加えて、写真や動画、音楽などさまざまなコンテンツを楽しみたいなら64~128GBがおすすめです。

なお、タブレットによっては、後からストレージの容量を拡張できるSDカードスロットや無料のクラウドストレージが付いた製品もあります。容量不足が心配な方は、これらのオプションもチェックしておきましょう。

CPUをチェック

クロック周波数

クロック周波数は、CPUが1秒間に計算できる量を表しており「GHz(ギガヘルツ)」という単位で表記されています。基本的には、クロック周波数の値が高ければ高いほど処理速度は速くなるため、アプリやゲームをサクサク楽しみたいなら、クロック周波数の高いCPUを選びましょう。

CPUの目安は、アプリやゲームを快適に楽しみたいなら1.8GHz以上がおすすめ。ただし、クロック周波数が高いとCPUの価格も高くなるので、コスパを重視する方にはあまり向いていません。コスパをある程度重視するなら、処理能力が若干低くなりますが、価格の安い1.4GHzがおすすめです。

コア数

コアとは、実際にアプリケーションの処理などを行っているCPUの中心部分にあたる場所のこと。基本的に、コアの数が増えればそれだけ処理速度も速くなるので、アプリやゲームを快適に楽しみたい方はしっかりとチェックしておきましょう。

処理の重いゲームやアプリをサクサク楽しみたいなら「オクタコア(8コア)」、または「ヘキサコア(6コア)」を搭載したハイエンドCPUがおすすめ。ただし、これらのCPUを搭載したタブレットは価格が高くなるため、コスパを重視する方には向いていません。

動画視聴や、処理の軽いゲームなどをする目的であれば、「クアッドコア(4コア)」のミドルレンジCPUを搭載したモデルがおすすめです。

解像度をチェック

WXGA(1280×768/1280×800ドット)

WXGAは、低価格タブレットが採用している解像度です。現行のタブレットと比べると解像度は低めですが、価格が安いのでコスパ重視で選びたい方におすすめ。解像度が低いといっても8インチタブレットの画面はもともと小さく、Webサイトや動画、SNSを見る程度ならWXGAでも十分快適に楽しめます。

ただし、小さな文字や写真を表示すると全体的にぼやけて表示されるのが難点。電子書籍を楽しみたい方や、キレイな画質で写真を楽しみたい方はより高解像度のモデルを選びましょう。

WUXGA(1920×1200ドット)

WUXGAは、ミドルレンジやハイエンドタブレットが採用している解像度です。ドットの数が多く細かな部分までくっきりと表示できるので、写真や動画、ゲームをキレイな映像で楽しみたい方におすすめ。また、解像度が高いと細かな文字もハッキリと表示できます。

WXGAよりも価格は少し高めなのが難点。しかし、なかには2万円程度で購入できる製品もあります。価格と性能のバランスで選びたい方におすすめです。

QXGA(2048×1536ドット)

QXGAは、一部のハイエンドタブレットが採用している解像度です。WUXGAよりもドットの数がさらに多く、画像や動画の描画をより鮮明に表現可能。地図アプリや電子書籍など、情報量の多いコンテンツも快適に楽しめます。

また、WordやExcelなど小さな文字を扱う作業にも便利。プライベートからビジネスユースまで幅広く利用できるのが特徴です。

ただし、QXGAを採用した8インチタブレットは、安いモノでも2万円以上と高価格。あくまでも、コスパより画質にこだわりたい方におすすめのモデルです。

機能をチェック

防水機能

タブレットにおける防水機能は、IPコードで判別可能です。IP以降に記載されている2つの数字で性能が表されており、前者が防塵性能を、後者が防水性能を指しています。

例えば、完全防水のモノを求めるなら、IPX8のタブレットがおすすめ。水中に落としてしまっても故障するリスクが低く、安心して使用できます。

日常生活における簡易的な防水機能を求めるならIPX4~7のモノを選びましょう。IPX4の防水機能があれば、生活するうえで雨に濡れる程度での防水も可能。ただ、水没には対応できないため注意が必要です。

ただし、8インチタブレットには防水性能が高い製品は多くありません。10インチであれば防水機能を備えているモノもあります。水回りでの使用を考えている方は、大きいサイズで防水機能を搭載したモノも検討してみてください。

USBホスト機能

By: rakuten.co.jp

タブレットには、USBメモリを使用できるUSBホスト機能を採用している機種があります。Android OSのバージョン3.1以上が搭載されたモデルには標準搭載されており、変換ケーブルを使うことで、タブレットとUSBメモリの接続が可能です。

ただし、メーカーによっては搭載していない機種もあります。USBホスト機能を搭載したタブレットを希望する場合は、事前に確認しておきましょう。

8インチタブレットのおすすめモデル|Wi-Fi専用

アマゾン(Amazon) Fire HD 8 タブレット

映画やドラマ、音楽、電子書籍、アプリといったさまざまなコンテンツを楽しめる8インチタブレットです。最大13時間の連続使用が可能な大容量バッテリーを搭載。長時間、コンテンツを楽しみたい方におすすめです。

解像度は1280×800で、HD画質に対応。2.0GHzのクアッドコアプロセッサと2GBのメモリにより、高速な処理が可能です。また、micro SDカードを挿入することで最大1TBまで容量を拡張できます。写真や動画データなどもたっぷりと保存できるのが魅力です。

Amazon Alexaによる音声操作に対応しているのもポイント。アプリやブラウジングだけでなく、Alexa対応家電なども操作できて便利です。さらに、プライム会員なら、対象の映画やドラマ、漫画なども追加料金なしで楽しめます。

アマゾン(Amazon) Fire HD 8 Plus

快適なAlexaの機能と、高いスペックを備えた8インチタブレットです。CPUは2.0GHzクアッドコアプロセッサ、メモリは3GBを搭載し、スムーズな操作を実現。microSDカードにも対応し、最大1TBまでストレージを拡張できる点も魅力です。

最大の特徴は、Alexaに話しかけて、ハンズフリーでタイマー機能をセットしたり、音楽再生機能などを楽しんだりできること。音声でさまざまな機能を実行できるので、毎日の生活を便利にしたい方におすすめです。ディスプレイは1280×800の解像度かつ、IPS技術を搭載し、滑らかな映像が楽しめます。

バッテリーは最大13時間使用可能。付属のUSB Type-Cケーブルを使えば、約4時間でフル充電できます。

日本電気(NEC) LAVIE Tab E PC-TE708KAS

コンパクトかつ高い機能性を備えた8インチタブレット。CPUは2.3GHzのオクタコア、メモリは4GBを搭載しており、ゲームやアプリをサクサク楽しみたい方におすすめです。ストレージは約64GBと大容量。microSDメモリーカードスロット付きで、写真や動画などのデータを多く保存できます。

ディスプレイは1920×1200と高解像度で、高視野角に対応したIPSパネルを採用。画面が滑らかで、タブレットを見る角度を変えても画面がキレイに写ります。また、本体重量は約305gと軽量で、出先に持ち運ぶ際に負担が少ないのも特徴です。

バッテリーは、Web閲覧時で約13時間持続。インターネットの閲覧や動画視聴を長く楽しめるのもポイントです。そのほか、USBホスト機能を搭載し、データのバックアップやデータの移行も可能。保存容量を気にせず使えます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) タブレット LUCA TE081N1-B

厚みが8.75mmで、携帯性に優れた8インチタブレット。広視野角の液晶を採用しており、見る角度によって色味が変わりにくいのが特徴です。画面がモノトーン調になる「読書モード」や、光量を抑えて目の負担を軽減する「ダークモード」を搭載しています。

CPUはクアッドコアタイプを採用しており、安定したグラフィック処理能力がポイント。ストレージは32GB、microSDカードを挿し込めば容量を拡張できます。また、両面に500万画素のカメラが付いているため、手軽に写真を撮影可能です。

PRITOM 8インチ タブレットAndroid 10.0 4コアCPU

micro SDカードスロットを搭載しており、ストレージを最大128GBまで拡張できる8インチタブレット。OSはAndroid 10.0を搭載しており、Google Playを使ってさまざまなアプリをインストールできます。

解像度は1280×800ドットのWXGAを採用。バックライトを最適化する目に優しいアイヘルス機能を搭載しており、タブレット操作による目への負担を軽減できます。

3900mAhの大容量バッテリーと低電力CPUにより、最大8時間の読書と約5時間のビデオ再生が可能。コンパクトなサイズ感で持ち運びやすいので、出先で長時間利用できるのがおすすめポイントです。

アップル(Apple) iPad mini MK7R3J/A

8.3インチと小型のiPadです。画面は高画質のLiquid Retinaディスプレイ、デザインはオールスクリーンを採用しているのがポイント。ベゼルの幅を狭めているため、画面が大きく感じられます。

また、カメラ機能が充実しているのも魅力。背面の広角カメラは1200万画素で、暗い場所での撮影も快適な「トゥルートーンフラッシュ」も搭載しています。レンズの画角は122°と広角なほか、ビデオ通話で便利な「センターフレーム」にも対応しているのも魅力。幅広く使いやすい、おすすめのモデルです。

レノボ(Lenovo) TAB4 8 ZA2B0045JP

マルチユーザー機能を搭載した8インチタブレット。複数のアカウントが登録でき、素早く切り替えて利用できます。家族みんなで共有するのにおすすめのモデルです。SNSなどのプライベート情報が保護できるため、家族に気兼ねなく楽しめます。

キッズモードも搭載。子供向けの学習コンテンツが無料で利用できるほか、使用時間や休憩時間の設定ができるので使い勝手は良好です。子供が初めて持つタブレットに適しています。

厚さ8.3mmの薄型ボディに、クアッドコアのプロセッサと2GBメモリを搭載。ウェブサイトの閲覧や動画の視聴といった用途におすすめです。さらに、320gと軽量なので、リビング・キッチン・子供部屋など、好きな場所へ気軽に持ち運んで使用できます。

日本電気(NEC) LAVIE T8 PC-T0855CAS

Android 11を搭載した8インチタブレットです。厚さが8.15mmと薄型のうえ、重さも約305gと軽量なので携帯性は良好。持ち運びに便利な製品を求める方におすすめのモデルです。顔認証機能を搭載しているため、スマートにサインインできます。

5100mAhの大容量バッテリーを内蔵。ウェブサイトの閲覧程度であればフル充電で約13時間駆動するので、コンセントのない場所で1日中使用するシーンでも電池切れの心配が少なく済みます。

ストレージ容量は約32GBと少なめですが、microSDカードを利用すれば最大128GBまで拡張可能。写真・音楽・ビデオなど多くのデータが保存できます。ほかにも、Dolby Atmos対応のスピーカーを内蔵しており、迫力あるサウンドが楽しめるのもポイントです。

ソニー(SONY) Xperia Z3 Tablet Compact SGP611

水回りで使用する機会がある方におすすめの8インチタブレット。IPX5/8相当の防水性能を備えているのが特徴です。キッチンでレシピ動画をチェックしたりバスルームで映画を鑑賞したりと、幅広いシーンで活躍します。

WUXGA対応の高解像度ディスプレイを採用しているため、キレイな映像を見ることが可能です。さらに、ハイレゾ音源に対応しているので、対応ヘッドホンを繋げれば音楽が高音質で楽しめます。

2.5GHzで駆動するクアッドコアのプロセッサを実装。3GBのメモリが組み合わされており、アプリが軽快に動作します。フル充電で約15時間動作するので、電池残量を気にせずに1日中利用することが可能です。

VANKYO Matrixpad S8Ts

価格の手頃な8インチタブレットです。気軽に購入できる製品を探している方におすすめのモデル。高精細のIPSディスプレイを採用しているため、視認性は良好です。ネットサーフィンや動画の視聴用途に適しています。

64GBのストレージを搭載。さらに、microSDカードで最大128GBまで拡張できるので、容量不足に悩む心配を軽減します。また、4000mAhのバッテリーを内蔵しており、最大10時間連続で使用可能です。

GPS機能を備えているのもポイント。ナビゲーション機能が利用できるため、旅行や出張先など初めての場所へ出かける際に重宝します。約315gと軽量で持ち運びがしやすいのも便利です。

JENESIS 8インチタブレット JT08-X1

Android 11 Go editionを採用した8インチタブレットです。Android 11の軽量版ですがインストール済みのアプリはもちろん、Google Playストアで提供されているアプリも利用できます。

解像度1280×800のディスプレイを搭載。視野角の広いIPSパネルを採用しているため、斜め方向からでも色変化の少ないキレイな画像が見られます。家族や友人と写真や動画を楽しむのにおすすめです。

また、オートフォーカスと自動露出機能付きの背面カメラを備えているので、簡単に美しい写真が撮影できます。ただし、バッテリー駆動時間は最大約4時間と短めのため、外出先で長時間利用する使い方には向きません。購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

8インチタブレットのおすすめモデル|LTE対応(SIMフリー)

ファーウェイ(HUAWEI) HUAWEI MediaPad M5 lite 8

音質や画質にこだわった、おすすめの8インチタブレット。デュアルスピーカーとデュアルパワーアンプ、HUAWEI Histen5.0オーディオテクノロジーを採用することによって、臨場感のあるサウンドを楽しめます。解像度は1920×1200と、映像鑑賞にもぴったりです。

CPUには、HUAWEI Kirin 710オクタコアを採用。Android 9.0やEMUI 9.0といった高性能なシステムを同時に搭載しているため、サクサクと操作できるのが魅力です。

また、子供が安心して利用できる「キッズモード」を搭載。アクセス制限やブルーライトカットといった機能が利用できるので、子供に安心してタブレットを渡せます。

バッテリーは5100mAhと大容量。動画再生であれば10.6時間、音楽再生であれば62時間の連続使用ができます。カメラで映し出した製品をインターネット上で購入できるAIショッピング機能が搭載されているのも魅力です。

ALLDOCUBE タブレット Smile 1

左右のベゼル幅が狭く、片手でも持ちやすいスリムタイプの8インチタブレット。LTEに対応しているため、SIMカードを挿せば場所を選ばずにインターネットを利用できます。

広視野角で色の再現力にも優れた高性能ディスプレイを搭載。高音域から低音域までをしっかりと再現できるスピーカー付きで、音にこだわりたい方にもおすすめです。イヤホンジャックが付いているため、有線のイヤホンやヘッドホンでも音楽を楽しめます。

ファーウェイ(HUAWEI) MatePad T 8 KOB2K-L09

5100mAhの大容量バッテリーを搭載した8インチタブレットです。フル充電で約12時間のビデオ再生やWebブラウジングがおこなえます。外出先で利用する頻度が高い方におすすめ。極細ベゼルを採用したスリムなボディは、エッジ部にカーブ加工が施されており、片手で楽にホールドできます。重さも約310gと軽量なため携帯性は良好です。

eBookモードを搭載しているのが特徴。コントラストや明るさを自動で調節するので、長時間画面を見るシーンで目の疲労が軽減できます。電子書籍での読書にもおすすめのモデルです。旅行や出張の際に、紙の本を何冊も持ち運ぶ煩わしさから開放されます。

レノボ(Lenovo) Tab M8 ZA5H0155JP

WXGA表示タイプのディスプレイを搭載した、価格の手頃な8インチタブレットです。気軽に購入できるSIMフリーモデルを求める方におすすめ。解像度は低めなもののIPSパネルを採用しているため、斜めからでもキレイな映像が見られます。

クアッドコアのプロセッサと2GBメモリを実装しており、外出先でのウェブサイト閲覧やメールチェックなどの用途にピッタリです。ただし、搭載しているストレージ容量が16GBと少ない点には留意しておきましょう。たくさんのアプリやファイルを保存する場合は、microSDカードによる容量拡張が可能です。

5000mAhのバッテリーを内蔵。最大で約12時間駆動するので、1日中出かけるシーンでも電池切れの心配が少なく済みます。

Blackview Tab6

Android 11を搭載した、LTE対応の8インチタブレットです。デュアルSIMスロットを採用しているのが特徴。通話とデータで格安SIMを使い分ければ、月々の通信費が節約が期待できます。通信コストを抑えつつ、外出先で電話やネットを利用したい方におすすめのモデルです。

32GBのストレージを内蔵しているほか、最大128GBのSDカードによる容量拡張にも対応しています。また、3GBのメモリを実装しており、アプリが軽快に動作するのも嬉しいポイントです。

8インチタブレットの売れ筋ランキングをチェック

8インチタブレットのランキングをチェックしたい方はこちら。