タブレットとひと口に言っても、サイズや価格、性能の違いによってさまざまな製品があります。これだけいろいろな種類があると「どのタブレットを選んだらいいのか分からない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、機能性と携帯性のバランスに優れた8インチタブレットを特集します。

1万円以下で買えるコストパフォーマンスに優れたモノから、アプリやゲームがサクサク楽しめる高性能なモノまで、いろいろな8インチタブレットを紹介するので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

8インチタブレットのメリット・デメリット

8インチタブレットのメリット

コンパクトで持ち運びがしやすい

By: huawei.com

8インチタブレットは、カバンに入れて持ち歩いても邪魔にならず気軽に携帯できます。サイズが小さく片手で持ちながら操作もできるので、男性はもちろん手の小さな女性にもおすすめ。

コンパクトなだけでなく本体の重量も軽いモノが多いので、電車やバスなど移動中にタブレットを楽しみたい方や、長時間アプリやゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

価格が手ごろで購入しやすい

8インチタブレットは値段が手ごろで購入しやすいといったメリットもあります。一部のハイスペック端末を除いた多くの製品は2万円以内で購入できるので、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめ。

ただし、2万円前後で購入できる8インチタブレットはそれほどスペックが高くないので、処理の重いゲームやアプリをサクサク楽しみたい方にはあまり向いていません。あくまでもインターネットや動画、電子書籍を見る程度といった用途がシンプルな方におすすめです。

8インチタブレットのデメリット

動画鑑賞にはやや画面が小さい

8インチタブレットは、スマートフォンと比べれば画面が大きく見やすいのは確かですが、タブレットやパソコンの中で比較するとやや小さめのサイズなので、映画やドラマを大画面で楽しみたいという方にはあまり向いていません。

8インチタブレットはどんな方におすすめ?

8インチタブレットは、サイズが小さくとても軽いのでコンパクトなタブレットが欲しい方や、通勤・通学でタブレットを楽しみたい方におすすめ。価格が安くコストパフォーマンスにも優れているので、なるべく安くタブレットを購入したい方にもおすすめです。

また、8インチタブレットはスマートフォンよりも搭載しているバッテリー容量が大きく、1回の充電で長時間使えるので、時間を気にせずアプリやゲームを楽しみたい方にもおすすめ。別途用意したキーボードやマウスを繋げば、タブレットとしてだけでなくノートパソコンのようにも使えるので、プライベートはもちろんビジネスシーンでの利用にもおすすめです。

8インチタブレットの選び方

①CPUをチェック

CPUは人間で例えると頭脳のようなモノで、タブレットの性能を大きく左右する重要なパーツのひとつです。アプリやゲームをサクサク楽しみたいならCPUの性能がポイントなので、8インチタブレットを選ぶ際にはしっかりとチェックしてください。

CPUの性能をチェックする方法はいくつかありますが、初心者の方はとりあえず「クロック周波数」「コア数」の2点をしっかりと確認しましょう。

クロック周波数

クロック周波数は、CPUが1秒間に計算できる量を表しており「GHz(ギガヘルツ)」という単位で表記されています。基本的には、クロック周波数の値が高ければ高いほど処理速度は早くなるため、アプリやゲームをサクサク楽しみたいならクロック周波数の高いCPUを選ぶとよいでしょう。

選び方の目安として、アプリやゲームをストレスなく快適に楽しみたいなら1.8GHz以上がおすすめ。ただし、クロック周波数が高いとCPUの価格も高くなるので、コストパフォーマンスを重視する方にはあまり向いていません。コストパフォーマンスをある程度重視するなら、処理能力は若干低くなりますがその分価格の安い1.4GHzがおすすめです。

コア数

コアとは、実際にアプリケーションの処理などを行っているCPUの中心部分にあたる場所のこと。基本的には、コアの数が増えればそれだけ処理速度も早くなるので、アプリやゲームを快適に楽しみたい方はこちらもしっかりとチェックしましょう。

選び方の目安として、処理の重いゲームやアプリをサクサク楽しみたいなら「オクタコア(8コア)」または「ヘキサコア(6コア)」を搭載したハイエンドCPUがおすすめ。ただし、これらのCPUを搭載したタブレットは製品の価格が高くなるため、コストパフォーマンスを重視する方には向いていません。

コストパフォーマンスもある程度重視するなら、性能と価格のバランスがとれた「クアッドコア(4コア)」を搭載したミドルレンジCPUを搭載したモデルがおすすめです。

②メモリ(RAM)をチェック

メモリ(RAM)とは、起動するプログラムを一時的に記憶しておくパーツのことで、例えば、何か作業をするとき狭い机よりも広い机の方が効率よく作業ができるのと同じで、メモリも容量が大きければそれだけ一度にたくさんの作業ができるようになります。タブレットを選ぶ際にはCPUの次に重要なパーツなのでこちらもしっかりとチェックしましょう。

選び方の目安として、複数アプリの同時起動や、処理の重いゲームをサクサク楽しみたいなら4GB、アプリや動画、電子書籍をサクサク楽しみたいなら3GB、SNSやWebサイトを見たりする程度なら2GBがおすすめ。

ただし、メモリは容量が大きくなるとタブレットの価格も高くなるので、コストパフォーマンスを重視するなら価格の安い「2~3GB」のメモリを搭載した8インチタブレットがおすすめです。

③ストレージ(ROM)をチェック

ストレージ(ROM)とは、アプリやゲーム、写真や音楽など、タブレット内のさまざまなデータを保存しておくパーツです。ストレージの容量が大きければその分たくさんのデータを保存できるので、いろいろなコンテンツを楽しみたい方はストレージも忘れずにチェックしましょう。

選び方の目安として、Webサイトや動画を見たりする程度なら8GB、アプリやゲームをたくさん楽しみたいなら32GB、アプリやゲームだけでなく、写真や動画、音楽などいろいろなコンテンツを楽しみたいなら64~128GBがおすすめです。

ちなみに、タブレットによっては後からストレージの容量を拡張できる「SDカードスロット」や「無料のクラウドストレージ」が付いた製品もあるので、容量不足が心配な方はこれらのオプションも合わせてチェックしましょう。

④解像度をチェック

タブレットの画面は、小さな正方形の点「ドット(画素)」がたくさん集まることで画像・映像が構成しています。基本的には、このドットの数が多いと細かな部分まできれいに表示でき、逆にドットの数が少ないと写真や文字がぼやけてしまうので、8インチタブレットを選ぶ上では解像度も重要なポイントのひとつ。こちらもしっかりとチェックしましょう。

WXGA (1280×720/1280×800ドット)

WXGAは、低価格タブレットが採用している解像度です。現行のタブレットと比べると解像度は低めですが、その分製品の価格が安いのでコストパフォーマンス重視で選びたい方におすすめ。解像度が低いといっても8インチタブレットの画面がもともと小さいので、Webサイトや動画、SNSを見る程度ならWXGAでも十分快適に楽しめます。

ただし、小さな文字や写真を表示すると全体的にぼやけて表示されるため、電子書籍を楽しみたい方や、きれいな画質で写真を楽しみたい方にはあまり向いていません。

WUXGA (1920×1200ドット)

WUXGAは、ミドルレンジやハイエンドタブレットが採用している解像度です。ドットの数が多く細かな部分までクッキリと表示できるので、写真や動画、ゲームをきれいな映像で楽しみたい方におすすめ。また、解像度が高いと細かな文字もハッキリと表示できるので、電子書籍を快適に楽しみたい方にも適しています。

解像度が高いためにWXGAよりもタブレットの価格は少し高めですが、それでもほとんどの製品は2万円以内で購入できるので価格と性能のバランスで選びたい方におすすめです。

QXGA (2048×1536ドット)

QXGAは、一部のハイエンドタブレットが採用している解像度です。WUXGAよりもドットの数がさらに多いので画像や動画の描画をより鮮明に表現可能。これだけ解像度が高いと画面に表示できる情報量も多くなるため、地図アプリや電子書籍など情報量の多いコンテンツもストレスなく快適に楽しめます。WordやExcelなど小さな文字を扱う作業にも適しているので、プライベートからビジネスユースまで幅広く使えます。

ただし、QXGAを採用した8インチタブレットは安いモノでも2万円以上と価格が高めなので、あくまでもコストパフォーマンスより画質にこだわりたい方におすすめです。

⑤OSをチェック

OS(オペレーティングシステム)とは、タブレットを動かすための基本となるソフトウェアのこと。現在タブレットで使われているOSには、「Android」「iOS」「Windows」の3種類があり、選ぶOSの種類によってタブレットの特徴も大きく異なります。他の項目と同じようにこちらも重要なポイントなので、選ぶ際にはしっかりとチェックしましょう。

Android

Androidは、Google社が開発したモバイル端末向けのOSです。開発環境が公開されているオープンソースなので、いろいろなメーカーがタブレットのOSに採用しています。

他のOSと比べても製品のバリエーションが豊富なので、タブレットの機能やデザインにこだわりたい方におすすめ。また、価格が安く1万円以下で買えるような製品もあるので、コストパフォーマンス重視で選びたい方にもおすすめです。

ただし、Androidは製品ごとに設定方法やホーム画面が大きく違うため、機械が苦手な方にはあまり向いていません。自由度が高く自分好みに端末をカスタマイズできるので、初心者向けというよりは中級者やギークユーザーの方におすすめです。

iOS

iOSは、Apple社が開発・提供するOSです。他のOSと比べても操作方法がシンプルで扱いやすため、子供からお年寄りまで幅広いユーザーにおすすめ。セキュリティーが高く、ウイルス感染のリスクも低いので、大切な個人情報をしっかりと保護したい方にもおすすめです。

一方で、iOSを搭載した製品はどれも価格が高いため、コストパフォーマンスを重視する方には向いていません。また、製品のバリエーションも少ないのでタブレットの機能やデザインにこだわりたいなら別のOSを選んだ方がよいでしょう。

Windows

Windowsは、Microsoftが開発・提供するOSです。WordやExcelなどパソコンで使っているソフトウェアがそのまま使えるので、プライベートからビジネスシーンまで幅広く使えます。

ただし、Windowsは他のOSと比べるとアプリの数が少ないため、プライベートでアプリやゲームを楽しむのには向いていません。iOSほどではありませんが製品の種類も少ないため、機能やデザインにこだわりたい方にも不向きです。

8インチタブレットのおすすめモデル

エイスース(ASUS) ZenPad 8.0 Z380M

コストパフォーマンスを重視するなら、本製品がおすすめです。わずか1万円弱で買える低価格タブレットにも関わらず、迫力のあるバーチャルサラウンドが楽しめる「DTS Headphone:X」や、解像感を高めて写真や映像をより美しく表現する「VisualMaster」など、便利な機能が充実。日本語入力システム「ATOK」を標準搭載しているので、メールやSNS、長文作成をストレスフリーで楽しめます。

カラーバリエーションを、ホワイト・ブラック・ローズゴールドの3色から選べるのも魅力。本体には、ファッション性の高いスタイリッシュなデザインを採用しているので、おしゃれな8インチタブレットが欲しい方にもおすすめです。

アップル(Apple) iPad mini 4 MK9Q2JA

Appleが販売する高性能8インチタブレット。薄さ6.1mm、重量298.8gのコンパクトサイズにも関わらず、CPUに処理能力の高い「A8チップ」を採用することで、最新のアプリや高グラフィックのゲームもストレスなく快適に楽しめます。画面には解像度2048×1536の「Retinaディスプレイ」を採用しているので、きれいな映像でゲームや動画を楽しみたい方にもおすすめ。

指先ひとつでロックを解除できる「Touch ID」や、プロクオリティーの撮影が楽しめる「FaceTime HDカメラ」、たくさんのデータを保存できる「128GBストレージ」や、高速インターネットが楽しめる「MIMO」など、オプションが充実しているのも魅力のひとつ。

CHUWI Hi8 Air CWI53

本製品は、Android・WindowsのデュアルOSを搭載しており、用途やシチュエーションに合わせて2種類のOSを使い分けられます。CPUにはクアッドコアの「Intel Atom X5-Z8350」を採用しているので、アプリやゲームをサクサク快適に楽しみたい方にもおすすめです。

外部インタフェースには「Micro HDMIポート」を搭載しているので、テレビに繋いで映画やゲームも大画面で楽しめます。これだけ多機能にも関わらず、わずか1万円弱で買えるためコストパフォーマンスの高さも魅力です。

SIMフリーの8インチタブレットのおすすめモデル

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M3 Lite CPN-L09

比較的リーズナブルな価格でありながら、機能性にも優れた8インチタブレットです。CPUにはミドルクラスの「MSM8940」、メモリには大容量の「3GB RAM」を採用しているので、複数のアプリを同時に起動してもストレスなく快適に楽しめます。視力保護モードや画面輝度調整、マルチウィンドウやジェスチャーコントロールなど、便利な機能が充実しているのも大きなポイント。

Webサイトや指定したアプリへのアクセスを制限できる「キッズモード」を搭載しているので、子供向けのタブレットにもおすすめ。1回の充電で1日中使える4800mAhの大容量バッテリーを採用しているので、時間を気にせずアプリやゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

エイスース(ASUS) ZenPad 3 8.0 Z581KL-BK32S4

高性能な8インチタブレットが欲しいなら、本製品がおすすめ。処理能力の高いヘキサコアCPU「Snapdragon 650」や、大容量の「4GB RAM」を採用しているので、高負荷なオンラインゲームやマルチタスクもストレスフリーで快適に楽しめます。被写体のブレを抑えた鮮明な映像が楽しめる「Tru2Life+」を搭載しているので、動きの激しいゲームや動画を楽しみたい方にもおすすめ。

本体に「レザー調背面カバー」を採用することで、高級のあるデザインに仕上がっているのもポイント。ちなみに、本製品は便利な「通話機能」を搭載しているので、これ1台あればスマートフォン・タブレットの2通りの使い方が楽しめます。