タブレットとひと口にいっても、サイズや価格、性能の違いによってさまざまな製品があるため、どのタブレットを選んだらよいのか分からないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、機能性と携帯性のバランスに優れた「8インチタブレット」をご紹介します。コストパフォーマンスに優れたモノから、アプリやゲームがサクサク楽しめる高性能なモノまで、さまざまなモデルをラインナップしたので、ぜひチェックしてみてください。

8インチタブレットのメリット・デメリット

コンパクトで持ち運びしやすい

By: amazon.co.jp

8インチタブレットは、カバンに入れて持ち歩いても邪魔にならず気軽に携帯できます。サイズが小さく片手で持ちながら操作できるので、手が小さな方にもおすすめ。

コンパクトなだけでなく本体の重量が軽いモノも多いため、電車やバスなど移動中にタブレットを楽しみたい方や、長時間アプリやゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

価格が手ごろで購入しやすい

8インチタブレットは値段が手ごろで購入しやすいというメリットもあります。一部のハイスペック端末を除いた製品の多くは2万円以内で購入できるので、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめ。

ただし、2万円前後で購入できる8インチタブレットはそれほどスペックが高くないため、処理の重いゲームやアプリをサクサク楽しみたい方には不向き。あくまでもインターネットや動画、電子書籍を見る程度のシンプルな用途で使いたい方におすすめです。

8インチタブレットの選び方

OSをチェック

Android

Androidは、Google社が開発したモバイル端末向けのOSです。開発環境が公開されているオープンソースのOSなので、さまざまなメーカーがタブレットのOSに採用しています。

ほかのOSと比べても製品のバリエーションが豊富なため、タブレットの機能やデザインにこだわりたい方におすすめ。また、リーズナブルな価格で買える製品もあるので、コストパフォーマンス重視で選びたい方にも適しています。

ただし、Androidは製品ごとに設定方法やホーム画面が大きく違うため、細かい設定が苦手な方にはあまり向いていません。自由度が高く自分好みに端末をカスタマイズできるので、初心者向けというよりは中級者やこだわりのある方におすすめです。

iOS

iOSは、Apple社が開発・提供するOSです。ほかのOSと比べても操作方法がシンプルで扱いやすいため、子供からお年寄りまで幅広いユーザーにおすすめ。セキュリティが高く、ウイルス感染のリスクも低いので、大切な個人情報をしっかりと保護したい方にもおすすめです。

一方で、iOSを搭載した製品は価格が高くなる傾向にあるため、コストパフォーマンスを重視する方には向いていません。また、製品のバリエーションも少ないので、タブレットの機能やデザインにこだわりたいなら別のOSを選びましょう。

インターネット接続方式をチェック

Wi-Fi専用モデル

By: amazon.co.jp

Wi-Fi専用モデルのタブレットはSIMカードが挿せないため電話回線が利用できず、Wi-Fi環境下でしか通信ができません。ただしWi-Fi専用モデルは、SIMフリー機より安いことが最大の特徴です。

外出先であってもフリーWi-Fiを利用すれば、インターネットに接続できます。また、スマートフォンのテザリング機能でも、インターネットが利用できるようになります。テザリング対応機種であれば、インターネットを共有できるため、Wi-Fi環境がなくてもインターネットに繋ぐことが可能です。

LTE対応(SIMフリー)モデル

LTE対応(SIMフリー)モデルは、外出先でも簡単にネットに繋がる点が便利です。SIMカードを挿すことで場所を問わずにインターネットが利用でき、大手キャリアからも販売されているため安心感があります。

ただし、SIMカードを利用した電話回線を使うため、通信会社との契約が必要。Wi-Fiモデルよりも少々価格が上がりますが、外出先でいつでもスマートフォンのようにタブレットを利用したい方は、LTE対応(SIMフリー)モデルがおすすめです。

メモリをチェック

メモリとは、起動するプログラムを一時的に記憶しておくパーツのこと。例えば、何か作業をするとき狭い机よりも広い机の方が効率よく作業ができるのと同じで、メモリも容量が大きければそれだけ一度にたくさんの作業ができるようになります。タブレットを選ぶ際にはCPUの次に重要なパーツなので、しっかりとチェックしておきましょう。

選び方の目安として、SNSやWebサイトを見る程度なら2GB、アプリや動画、電子書籍をサクサク楽しみたいなら3GB、複数アプリの同時起動や、処理の重いゲームをサクサク楽しみたいなら4GB以上がおすすめです。

ただし、メモリは容量が大きくなるとタブレットの価格も高くなるので、コストパフォーマンスを重視するなら価格の安い「2~3GB」のメモリを搭載した8インチタブレットを選びましょう。

ストレージをチェック

ストレージとは、アプリ・ゲーム・写真・音楽など、タブレット内のさまざまなデータを保存しておくパーツです。ストレージの容量が大きければその分たくさんのデータを保存できるので、いろいろなコンテンツを楽しみたい方はストレージも忘れずにチェックしましょう。

選び方の目安として、アプリやゲームをたくさん楽しみたいなら32GB、アプリやゲームだけでなく、写真や動画、音楽などいろいろなコンテンツを楽しみたいなら64~128GBがおすすめです。

ちなみに、タブレットによっては後からストレージの容量を拡張できるSDカードスロットや無料のクラウドストレージが付いた製品もあるので、容量不足が心配な方はこれらのオプションもチェックしておきましょう。

CPUをチェック

クロック周波数

クロック周波数は、CPUが1秒間に計算できる量を表しており「GHz(ギガヘルツ)」という単位で表記されています。基本的には、クロック周波数の値が高ければ高いほど処理速度は速くなるため、アプリやゲームをサクサク楽しみたいならクロック周波数の高いCPUを選びましょう。

選び方の目安として、アプリやゲームをストレスなく快適に楽しみたいなら1.8GHz以上がおすすめ。ただし、クロック周波数が高いとCPUの価格も高くなるので、コストパフォーマンスを重視する方にはあまり向いていません。コストパフォーマンスをある程度重視するなら、処理能力は若干低くなる分価格の安い1.4GHzがおすすめです。

コア数

コアとは、実際にアプリケーションの処理などを行っているCPUの中心部分にあたる場所のこと。基本的には、コアの数が増えればそれだけ処理速度も速くなるので、アプリやゲームを快適に楽しみたい方はしっかりとチェックしておきましょう。

選び方の目安として、処理の重いゲームやアプリをサクサク楽しみたいなら「オクタコア(8コア)」または「ヘキサコア(6コア)」を搭載したハイエンドCPUがおすすめ。ただし、これらのCPUを搭載したタブレットは製品の価格が高くなるため、コストパフォーマンスを重視する方には向いていません。

動画視聴や、処理の軽いゲームなどをする目的であれば、性能と価格のバランスがとれた「クアッドコア(4コア)」を搭載したミドルレンジCPUを搭載したモデルがおすすめです。

解像度をチェック

WXGA(1280×720/1280×800ドット)

WXGAは、低価格タブレットが採用している解像度です。現行のタブレットと比べると解像度は低めですが、その分製品の価格が安いのでコストパフォーマンス重視で選びたい方におすすめ。解像度が低いといっても8インチタブレットの画面がもともと小さいため、Webサイトや動画、SNSを見る程度ならWXGAでも十分快適に楽しめます。

ただし、小さな文字や写真を表示すると全体的にぼやけて表示されるため、電子書籍を楽しみたい方や、きれいな画質で写真を楽しみたい方はより高解像度のモデルを選びましょう。

WUXGA(1920×1200ドット)

WUXGAは、ミドルレンジやハイエンドタブレットが採用している解像度です。ドットの数が多く細かな部分までクッキリと表示できるので、写真や動画、ゲームをきれいな映像で楽しみたい方におすすめ。また、解像度が高いと細かな文字もハッキリと表示できるため、電子書籍を快適に楽しみたい方にも適しています。

解像度が高いためにWXGAよりもタブレットの価格は少し高めですが、2万円程度で購入できる製品もあるので、価格と性能のバランスで選びたい方におすすめです。

QXGA(2048×1536ドット)

QXGAは、一部のハイエンドタブレットが採用している解像度です。WUXGAよりもドットの数がさらに多いので画像や動画の描画をより鮮明に表現可能。地図アプリや電子書籍など情報量の多いコンテンツもストレスなく快適に楽しめます。WordやExcelなど小さな文字を扱う作業にも適しているので、プライベートからビジネスユースまで幅広い利用が可能。

ただし、QXGAを採用した8インチタブレットは安いモノでも2万円以上と価格が高めなので、あくまでもコストパフォーマンスより画質にこだわりたい方におすすめです。

機能をチェック

防水機能

By: sony.jp

タブレットにおける防水機能はIPコードで判別可能です。IP以降に記載されている数字で性能が表されており、前者が防塵性能を、後者が防水性能を指しています。

例えば、完全防水のモノを求めるなら、IPX8のタブレットがおすすめ。完全防水に対応しているため、水の中に落としてしまっても故障するリスクが低いので安心して使用できます。

また、完全防水までは必要とせずとも、日常生活における簡易的な防水機能を求めるならIPX4~7のモノを選びましょう。IPX4の防水機能があれば生活するうえで雨に濡れる程度での防水はできますが、水没には対応できないため注意が必要です。

そのほか、IPX7の防水機能があれば、汚れた際などの水洗いが可能です。お風呂など湿気を含んだ場所で使用する際にはIPX5以上のモデルを選びましょう。

USBホスト機能

By: amazon.co.jp

タブレットには、USBメモリを使用できるUSBホスト機能を採用している機種があります。AndroidOSのバージョン3.1以上が搭載されたモデルには標準搭載されており、変換ケーブルを使うことでタブレットとUSBメモリの接続を可能にする機能です。

メーカーによっては搭載していない機種もあるので、USBホスト機能を搭載したタブレットを希望する場合は事前に確認が必要になります。

8インチタブレットのおすすめモデル|Wi-Fi専用

アマゾン(Amazon) Fire HD 8 タブレット B07WJSJ28X

映画やドラマ、音楽、電子書籍、アプリといったさまざまなコンテンツを楽しめる8インチタブレット。最大12時間の連続使用が可能な大容量バッテリーを備えているため、長時間でもコンテンツを楽しめます。

解像度は1280×800でHD画質に対応。2.0GHzのクアッドコアプロセッサと2GBのメモリにより、高速な処理が可能です。micro SDカードを挿入することで最大1TBまで容量を拡張できるため、写真や動画データなどもたっぷり保存できます。

Amazon Alexaによる音声操作に対応しているのもポイント。アプリやブラウジングだけでなく、Alexa対応家電なども簡単に操作できます。さらに、プライム会員ならば対象の映画やドラマ、漫画なども追加料金なしで楽しめるため、 おすすめです。

アップル(Apple) iPad mini 第5世代 A2133

シンプルながら機能性に優れた、おすすめの8インチタブレットです。7.9インチのRetinaディスプレイが採用され、文字や画像をくっきり確認できるのが特徴です。表面には反射防止コーティングが施されているので、屋内だけでなく屋外でも快適に使えます。

また、別売のApple Pencilを使用すれば、思い立ったときにすぐ手書きのメモにして残せるのもメリット。A12 Bionicチップによって機械学習がされ、パターン認識や予測などを行えるため、ARアプリの使用にも向いています。

さらに、重量は300gほどと軽量、厚さは6.1mmのスリム型なので、気軽に持ち運びできるのが嬉しいポイント。バッテリーは最大10時間持続し、ゲームや音楽を存分に楽しめます。

オールドキューブ(ALLDOCUBE) iPlay8 Pro T806M

使いやすさに優れたおすすめの8インチタブレット。解像度は1280×800と良好なので、YouTubeや映画などを快適に楽しめます。パネルにはIPSが搭載され、どの角度からでも画像や映像を確認できるのが魅力です。

OSはAndroid9.0を採用。CPUのコア数はクアッドコアを、クロック周波数は最大1.3GHzを採用するなど、画面をスムーズに動かすための性能を有しています。ストレージの容量は32GBですが、micro SDカードを使用すれば、最大128GBまで拡張可能。バッテリーは5500mAhと大容量です。ネットサーフィンなどを気軽に楽しみたい方におすすめの8インチタブレットです。

レノボ(Lenovo) Lenovo TAB M8 ZA5G0084JP

OSにAndroid9.0を採用した8インチタブレット。CPUは2.0GHzのクアッドコアを採用しており、ゲームアプリなどもスムーズに動作するのが特徴です。ディスプレイにはマルチタッチ対応のIPSパネルを採用しており、鮮やかな色表現を楽しめます。

Dolby Audio対応のオーディオ機能を搭載しているのもポイント。臨場感のあるサウンドで、視聴している動画やゲームの世界に没入できます。最大約12時間の長時間駆動に対応した大容量バッテリーを備えているため、電池切れを気にせず使えるのも魅力です。

厚さは約8mm、重さは約305gと軽量スリムで持ちやすいデザインを採用。目が疲れにくいブルーライト低減技術も搭載しているため、長時間ストレスなく使用したい方におすすめです。

日本電気(NEC) LAVIE Tab E TE508/HAW

シンプルなホワイトカラーが美しい、おすすめの8インチタブレット。本製品はAndroid7.1に対応し、アプリや通信をサクサク行えます。マルチウィンドウ、マルチタスク機能を搭載しているので、映画を見ながら料理のレシピを確認するといった使い方も可能。

メモリは2GB、ストレージは約16GBと、普段のネットサーフィンや動画視聴程度であれば十分に足ります。コア数は4コア、クロック周波数は1.40GHzと良好なため、処理が極端に遅くなることはありません。

また、前面には高性能なステレオスピーカーとDolby Atmosを採用し、大迫力の音響を楽しめます。子供が安全にタブレット使える「まもるゾウ2 for NEC」やOffice文書を閲覧・加工できる「Microsoft Office Mobile」が標準搭載されており、購入直後から使いやすいのも特徴です。

8インチタブレットのおすすめモデル|LTE対応(SIMフリー)

ファーウェイ(HUAWEI) HUAWEI MediaPad M5 lite 8 M5 LITE 8/LTE/GR/A

音質や画質にこだわった、おすすめの8インチタブレット。デュアルスピーカーとデュアルパワーアンプ、HUAWEI Histen5.0オーディオテクノロジーを採用することによって、臨場感のあるサウンドを楽しめます。解像度は1920×1200と良好です。

CPUにはHUAWEI Kirin 710オクタコアを採用。Android 9.0やEMUI 9.0といった高性能なシステムを同時に搭載しているため、サクサクと操作できるのが魅力です。

また、子供が安心して利用できる「キッズモード」を搭載。アクセス制限やブルーライトカットといった機能が利用できるので、子供に安心してタブレットを渡せます。

バッテリーは5100mAhと大容量。動画再生であれば10.6時間、音楽再生であれば62時間の連続使用ができます。AIショッピング機能を利用することで、カメラで映し出した製品をインターネット上で購入することも可能です。

ファーウェイ(HUAWEI) HUAWEI MediaPad T3 MediaPad T3 8/LTE/16GB/Gray

スタイリッシュなデザインが美しい、おすすめの8インチタブレット。本体には頑丈なアルミニウム合金を採用し、傷が付きにくいのが特徴です。手になじみやすいデザインなので、持ちながら違和感なく操作を行えます。

また、ブルーライトカットモードや低輝度ディスプレイモードを搭載。長時間画面を見続けたときの目の疲れを軽減します。画面にはIPS液晶を搭載し、どのような角度からも画面を見られるのが魅力です。

さらに、アプリ管理機能やコンテンツコントロール機能を使って、アクセスを自由に制限可能。家族共用のタブレットとして安心して使えます。厚さは7.95mm、重量は約350gと軽量で携帯性に優れています。