タブレットとひと口に言っても、サイズや価格、性能の違いによってさまざまな製品があるため、「どのタブレットを選んだらいいのか分からない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、機能性と携帯性のバランスに優れた8インチタブレットを紹介します。1万円以下で買えるコストパフォーマンスに優れたモノから、アプリやゲームがサクサク楽しめる高性能なモノまで、さまざまな8インチタブレットを紹介するので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

8インチタブレットのメリット・デメリット

8インチタブレットのメリット

コンパクトで持ち運びがしやすい

By: amazon.co.jp

8インチタブレットは、カバンに入れて持ち歩いても邪魔にならず気軽に携帯できます。サイズが小さく片手で持ちながら操作もできるので、男性はもちろん手の小さな女性にもおすすめ。

コンパクトなだけでなく本体の重量も軽いモノが多いので、電車やバスなど移動中にタブレットを楽しみたい方や、長時間アプリやゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

価格が手ごろで購入しやすい

8インチタブレットは値段が手ごろで購入しやすいといったメリットもあります。一部のハイスペック端末を除いた製品の多くは2万円以内で購入できるので、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめ。

ただし、2万円前後で購入できる8インチタブレットはそれほどスペックが高くないので、処理の重いゲームやアプリをサクサク楽しみたい方には不向きです。あくまでもインターネットや動画、電子書籍を見る程度といったシンプルな用途を考えている方におすすめします。

8インチタブレットの選び方

OSをチェック

Android

Androidは、Google社が開発したモバイル端末向けのOSです。開発環境が公開されているオープンソースのOSなので、さまざまなメーカーがタブレットのOSに採用しています。

ほかのOSと比べても製品のバリエーションが豊富なので、タブレットの機能やデザインにこだわりたい方におすすめ。また、価格が安く1万円以下で買えるような製品もあるので、コストパフォーマンス重視で選びたい方にもおすすめです。

ただし、Androidは製品ごとに設定方法やホーム画面が大きく違うため、機械の細かな設定が苦手な方にはあまり向いていません。自由度が高く自分好みに端末をカスタマイズできるので、初心者向けというよりは中級者やこだわりのある方におすすめです。

iOS

iOSは、Apple社が開発・提供するOSです。ほかのOSと比べても操作方法がシンプルで扱いやすいため、子供からお年寄りまで幅広いユーザーにおすすめ。セキュリティーが高く、ウイルス感染のリスクも低いので、大切な個人情報をしっかりと保護したい方にもおすすめです。

一方で、iOSを搭載した製品はどれも価格が高いため、コストパフォーマンスを重視する方には向いていません。また、製品のバリエーションも少ないのでタブレットの機能やデザインにこだわりたいなら別のOSを選びましょう。

Windows

Windowsは、Microsoftが開発・提供するOSです。WordやExcelなどパソコンで使っているソフトウェアがそのまま使えるので、プライベートからビジネスシーンまで幅広く使えます。

ただし、WindowsはほかのOSと比べるとアプリの数が少ないため、プライベートでアプリやゲームを楽しむのには向いていません。iOSほどではありませんが製品の種類も少ないため、機能やデザインにこだわりたい方にも不向きです。

CPUをチェック

CPUは人間で例えると頭脳のようなモノで、タブレットの性能を大きく左右する重要なパーツのひとつです。アプリやゲームをサクサク楽しみたいならCPUの性能が高いモデルを選ぶ必要があるので、8インチタブレットを選ぶ際にはしっかりとチェックしてください。

CPUの性能をチェックする方法はいくつかありますが、初心者の方はとりあえず「クロック周波数」「コア数」の2点をしっかりと確認しましょう。

クロック周波数

クロック周波数は、CPUが1秒間に計算できる量を表しており「GHz(ギガヘルツ)」という単位で表記されています。基本的には、クロック周波数の値が高ければ高いほど処理速度は早くなるため、アプリやゲームをサクサク楽しみたいならクロック周波数の高いCPUを選びましょう。

選び方の目安として、アプリやゲームをストレスなく快適に楽しみたいなら1.8GHz以上がおすすめ。ただし、クロック周波数が高いとCPUの価格も高くなるので、コストパフォーマンスを重視する方にはあまり向いていません。コストパフォーマンスをある程度重視するなら、処理能力は若干低くなる分価格の安い1.4GHzがおすすめです。

コア数

コアとは、実際にアプリケーションの処理などを行っているCPUの中心部分にあたる場所のこと。基本的には、コアの数が増えればそれだけ処理速度も早くなるので、アプリやゲームを快適に楽しみたい方はしっかりとチェックしておきましょう。

選び方の目安として、処理の重いゲームやアプリをサクサク楽しみたいなら「オクタコア(8コア)」または「ヘキサコア(6コア)」を搭載したハイエンドCPUがおすすめ。ただし、これらのCPUを搭載したタブレットは製品の価格が高くなるため、コストパフォーマンスを重視する方には向いていません。

動画視聴や、処理の軽いゲームなどをする目的であれば、性能と価格のバランスがとれた「クアッドコア(4コア)」を搭載したミドルレンジCPUを搭載したモデルがおすすめです。

メモリをチェック

メモリとは、起動するプログラムを一時的に記憶しておくパーツのことで、例えば、何か作業をするとき狭い机よりも広い机の方が効率よく作業ができるのと同じで、メモリも容量が大きければそれだけ一度にたくさんの作業ができるようになります。タブレットを選ぶ際にはCPUの次に重要なパーツなのでしっかりとチェックしましょう。

選び方の目安として、SNSやWebサイトを見る程度なら2GB、アプリや動画、電子書籍をサクサク楽しみたいなら3GB、複数アプリの同時起動や、処理の重いゲームをサクサク楽しみたいなら4GB以上がおすすめです。

ただし、メモリは容量が大きくなるとタブレットの価格も高くなるので、コストパフォーマンスを重視するなら価格の安い「2~3GB」のメモリを搭載した8インチタブレットを選びましょう。

ストレージをチェック

ストレージとは、アプリ・ゲーム・写真・音楽など、タブレット内のさまざまなデータを保存しておくパーツです。ストレージの容量が大きければその分たくさんのデータを保存できるので、いろいろなコンテンツを楽しみたい方はストレージも忘れずにチェックしましょう。

選び方の目安として、アプリやゲームをたくさん楽しみたいなら32GB、アプリやゲームだけでなく、写真や動画、音楽などいろいろなコンテンツを楽しみたいなら64~128GBがおすすめです。

ちなみに、タブレットによっては後からストレージの容量を拡張できる「SDカードスロット」や「無料のクラウドストレージ」が付いた製品もあるので、容量不足が心配な方はこれらのオプションも合わせてチェックしましょう。

解像度をチェック

タブレットの画面は、小さな正方形の点「ドット(画素)」がたくさん集まることで画像・映像が構成しています。基本的にはドットの数が多いほど細かな部分まできれいに表示でき、逆にドットの数が少ないと写真や文字がぼやけてしまうので、8インチタブレットを選ぶ上では解像度も重要なポイントのひとつ。こちらもしっかりとチェックしましょう。

WXGA(1280×720/1280×800ドット)

WXGAは、低価格タブレットが採用している解像度です。現行のタブレットと比べると解像度は低めですが、その分製品の価格が安いのでコストパフォーマンス重視で選びたい方におすすめ。解像度が低いといっても8インチタブレットの画面がもともと小さいので、Webサイトや動画、SNSを見る程度ならWXGAでも十分快適に楽しめます。

ただし、小さな文字や写真を表示すると全体的にぼやけて表示されるため、電子書籍を楽しみたい方や、きれいな画質で写真を楽しみたい方はより高解像度のモデルを選びましょう。

WUXGA(1920×1200ドット)

WUXGAは、ミドルレンジやハイエンドタブレットが採用している解像度です。ドットの数が多く細かな部分までクッキリと表示できるので、写真や動画、ゲームをきれいな映像で楽しみたい方におすすめ。また、解像度が高いと細かな文字もハッキリと表示できるので、電子書籍を快適に楽しみたい方にも適しています。

解像度が高いためにWXGAよりもタブレットの価格は少し高めですが、2万円程度で購入できる製品もあるので、価格と性能のバランスで選びたい方におすすめです。

QXGA(2048×1536ドット)

QXGAは、一部のハイエンドタブレットが採用している解像度です。WUXGAよりもドットの数がさらに多いので画像や動画の描画をより鮮明に表現可能。これだけ解像度が高いと画面に表示できる情報量も多くなるため、地図アプリや電子書籍など情報量の多いコンテンツもストレスなく快適に楽しめます。WordやExcelなど小さな文字を扱う作業にも適しているので、プライベートからビジネスユースまで幅広い利用が可能。

ただし、QXGAを採用した8インチタブレットは安いモノでも2万円以上と価格が高めなので、あくまでもコストパフォーマンスより画質にこだわりたい方におすすめです。

インターネット接続方式をチェック

Wi-Fi専用モデル

By: amazon.co.jp

Wi-Fi専用モデルのタブレットはSIMカードが挿せないため電話回線が利用できず、Wi-Fi環境下でしか通信ができません。ただしWi-Fi専用モデルは、SIMフリー機より安いことが最大の特徴です。

外出先であってもフリーWi-Fiを利用すれば通信費はかからず、月額0円での運用ができます。フリーWi-Fiのない場所でも使用したい場合には、携帯用ルーターを携帯することで、どこでもインターネットの利用が可能です。

また、スマートフォンのテザリング機能を使うことでも、インターネットの利用ができるようになります。テザリング対応機種であれば、インターネットを共有することができるため、Wi-Fi環境がなくてもインターネットにつなぐことが可能です。

LTE対応(SIMフリー)モデル

LTE対応(SIMフリー)モデルは、外出先でも簡単にネットに繋がる点が便利です。SIMカードを挿すことで場所を問わずにインターネットが利用でき、大手キャリアからも販売されているため安心感があります。

ただし、SIMカードを利用した電話回線を使うため、通信会社との契約が必要です。Wi-Fiモデルよりも少々価格が上がりますが、外出先でいつでもスマートフォンのようにタブレットを利用したい方は、LTE対応(SIMフリー)モデルを選ぶことをおすすめします。

機能をチェック

音声通話機能

日本で音声通話可能なタブレットを販売しているメーカーは少なく、すべてのタブレットが音声通話機能を備えているわけではないため、音声通話機能付きのタブレットを希望する際は端末選びに注意しましょう。

タブレットは、スマホと同じように電話番号付きのSIMカードを差すことで電話機能が使えるようになります。電話を利用する場合は、通話用のSIMカードを契約する必要があるので、タブレットの電話利用を検討している方は注意が必要です。

防水機能

By: sony.jp

タブレットにおける防水機能はIPコードで判別可能です。IP以降に記載されている数字で性能が表されており、前者が防塵性能を、後者が防水性能を指しています。

例えば、完全防水のものを求めるなら、IPX8のタブレットがおすすめ。完全防水に対応しているため、水の中に落としてしまっても故障するリスクが低いので安心して使用できます。

また、完全防水までは必要とせずとも、日常生活における簡易的な防水機能を求めるならIPX4から7のものを選びましょう。IPX4の防水機能があれば生活する上で雨に濡れる程度での防水はできますが、水没には対応できないので注意が必要です。

そのほか、IPX7の防水機能があれば、汚れた際などの水洗いが可能です。お風呂など湿気を含んだ場所で使用する際にはIPX5以上のモデルを選びましょう。

USBホスト機能

By: amazon.co.jp

タブレットには、USBメモリを使用できるUSBホスト機能を採用している機種があります。AndroidOSのバージョン3.1以上が搭載されたモデルには基本装備されており、変換ケーブルを使うことでタブレットとUSBメモリの接続を可能にする機能です。

メーカーによっては搭載していない機種もあるので、USBホスト機能を搭載したタブレットを希望する場合は事前に確認が必要になります。

8インチタブレットのおすすめモデル|Wi-Fi専用

日本電気(NEC) LAVIE Tab E TE508/HAW PC-TE508HAW

日本電気(NEC) LAVIE Tab E TE508/HAW PC-TE508HAW

充実したサポートが受けられるAndroid8インチタブレット。タブレット本体には「かんたん!セットアップシート」が付属しており、初期設定を簡単に行えます。使い方が分からない場合やトラブルが発生した場合には、電話やチャットでの無料相談サービスが便利。初めてタブレット購入する方におすすめです。

CPUは1.40GHzのクアッドコアを採用。2GBのメモリと16GBのストレージを搭載しています。8インチディスプレイの解像度は1280×800。広視野角IPSパネル採用で角度を変えても美しいグラフィックを鑑賞できます。

本体の厚さは約8.4mmのスリム設計。持ちやすく片手で扱いやすいので、スマホより少し大きめの画面で動画鑑賞したい方にもおすすめのタブレットです。

アップル(Apple) iPad mini

アップル(Apple) iPad mini

パワフルな性能とコンパクトなサイズ感が魅力的なiOSの8インチタブレット。7.9インチのRetinaディスプレイは2048×1536の高解像度で、光の反射を防止するコーティングが施されています。

本体サイズは約203.2×134.8×6.1mm。重量は約300.5gと軽量な上に超スリムなボディで、片手での作業に最適です。CPUにはA12 Bionicチップを採用。合計で6つのコアを持つプロセッサーによって、高い処理性能と省電力を両立させています。

8メガピクセルのフロントカメラと7メガピクセルバックカメラを搭載。高画質での写真撮影だけでなく、フルHD相当の高解像度でビデオ撮影が行えます。Touch IDセンサーによる指紋認証機能搭載。セキュリティ性能を高めるとともに、ログイン時に手間のかかるパスワード入力を省略できます。

また、タブレット本体のカバーやApple Pencilなど、別売りのアクセサリ類が充実しているのもポイント。タブレットだけでなく、専用アクセサリにこだわりたい方にもおすすめのタブレットです。

マウスコンピューター(MouseComputer) WN803

マウスコンピューター(MouseComputer) WN803

片手で操れるWindows OS採用8インチタブレット。本体重量はわずか315gほどなので、長時間片手で操作しても負荷が軽く済みます。8インチディスプレイの解像度は1280×800。10点のマルチタッチ対応で、画面上でのキーボード入力もスムーズに行えます。

CPUには4コア4スレッドのAtom x5-Z8350を採用。最大1.92GHzのクロック周波数を備えており、パワフルな処理能力が期待できます。インターフェイスには、外部ディスプレイへの出力に便利なmicro HDMIポートを搭載。オフィスや自宅で大型ディスプレイを使用する方におすすめです。

内蔵ストレージは32GBですが、microSDカードスロットが搭載されており、ストレージの増加が可能。OSがWindows 10 Homeなので、普段からWindows PCを使用している方におすすめです。

BLUEDOT BNT-801

BLUEDOT BNT-801

リーズナブルな価格で購入できるコスパ重視の方におすすめのAndroid8インチタブレット。CPUは1.3GHzのクアッドコア、メモリ2GBとWebサイトやSNSを閲覧するのに充分なスペックを有しています。本体サイズは約208.5×124.5×9.2mm、重量約320gとコンパクトで軽量な設計。Bluetooth4.1に対応しており、ワイヤレスイヤホンを使用して屋外で音楽を楽しむ方に最適です。

インターフェイスにUSB Type-Cポートを搭載。充電・データ転送・外部ディスプレイとの接続など、マルチに使用できます。内蔵ストレージは16GBですが、microSDカードスロットを備えており、400GBまで増設可能です。

BLUEDOTは大手メーカーに比べると知名度が高くありませんが、本社を千葉県に構える日本国内のメーカー。コストパフォーマンスの高い日本製のタブレットを探している方におすすめです。

恵安(KEIAN) WIZ KI8-BK

恵安(KEIAN) WIZ KI8-BK

OSにWindows 10 Homeを採用した8インチタブレット。Androidタブレットより高価なイメージのあるWindowsタブレットですが、本製品は、1万円台半ばのリーズナブルな価格で購入できます。

CPUにはインテルのクアッドコアであるCherri Trail Z8350を採用。最大クロック周波数は1.92GHzを有しています。8インチIPSディスプレイの解像度は1280×800。10点のマルチタッチ対応で作業の効率化が図れます。

2GBのメモリと32GBのストレージを内蔵。写真や動画を保存する方は最大64GBまでのmicroSDカードが使用可能です。

本体にはビジネス総合アプリである「Microsoft Office Mbile」を搭載。WordやExcel、PowerPointを使用してビジネス資料を作成する方におすすめです。

TECLAST Master T8

TECLAST Master T8
2万円台と安価ながら、2560×1600の高解像度IPSディスプレイを搭載している8インチタブレット。動画鑑賞やゲームグラフィックを楽しみたい方に向いています。

2.1GHZのヘキサコアプロセッサに加えてGPUを内蔵。メモリ容量は4GBと、パワフルな処理性能が期待できます。内蔵ストレージ容量は64GB。最大128microSDカードを使用できるので、ゲームやアプリを保存したい方におすすめです。

バッテリーは5400mAhの大容量モデルを採用。5時間の連続ゲームや6時間の連続動画視聴が可能で、USB Type-Cポートによる急速充電に対応しています。

8インチタブレットのおすすめモデル|LTE対応(SIMフリー)

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 8.4 SHT-AL09

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 8.4 SHT-AL09

高画質で高音質なAndroid8.4インチタブレット。2K相当の2560×1600高解像度ディスプレイを搭載しており、精細な映像表示が可能です。また、ファーウェイ独自の画像調整アルゴリズム「ClariVu」により、表示される映像を自動で見やすく最適化します。

音質面ではCD以上の情報量を誇るハイレゾ音源に対応。歪みの少ない原音に忠実なサウンド再生を実現しています。デュアル設計のスピーカーと独立したパワーアンプを搭載。豊かで深みのある音を楽しめます。

バッテリー駆動による連続動画再生時間は約11時間。急速充電に対応したバッテリーを採用しており、約1.9時間でフル充電が可能です。

CPUにはHUAWEI Kirin 960オクタコアを採用。1.8GHzのクロック周波数で、高い処理能力を誇ります。4GBのメモリと32GBのストレージを内蔵しており、複数のアプリを使用する方におすすめのスペックを備えています。

場所を選ばずインターネット接続ができるLTE通信対応。音声通話も可能なので、屋外での使用頻度が高い方におすすめです。

レノボ(Lenovo) Tab4 8 Plus ZA2F0157JP

レノボ(Lenovo) Tab4 8 Plus ZA2F0157JP

パワフルな処理性能を有するAndroid8インチタブレット。CPUに2GHzのクロック周波数を誇るQualcomm MSM8953 オクタコアを採用し、4GBのメモリと64GBのストレージを内蔵しています。WebやSNSの閲覧以外に、動画鑑賞や複数のアプリを使用する方におすすめです。

本体の厚さはわずか7mmほどで、重量約300gの軽量設計。頻繁に持ち運ぶ方はもちろん、長時間手にもって作業する方にも最適です。ボディ前面と背面には透明感ある強化ガラス素材を採用。傷や衝撃からタブレットを守ります。

8.0インチのディスプレイは広視野角IPSパネルを採用。解像度はフルHD相当の1920×1200なので、電子書籍やゲーム、動画を美しいグラフィックで楽しめます。

インターネット接続はLTE通信のほか、ワイヤレスLANの802.11ac/a/b/g/nに対応。ヘッドホンやイヤホンと無線接続したい場合は、Bluetoothでの接続が可能です。

CHUWI Hi9 Pro

CHUWI Hi9 Pro

高性能プロセッサーを搭載したAndroid8インチタブレット。CPUに2.3GHzのクロック周波数を誇るデカコアHelio X23を搭載しています。また、グラフィック処理性能を向上させるGPUにMali-T880を搭載しているので、高画質動画の視聴やゲームプレイにおすすめです。

SIMカードスロットはデュアル仕様。日本国内と海外滞在時で、2つのSIMカードを使い分けられます。8.4インチのディスプレイは、2560×1600の高解像度。文字表示はもちろん、ゲーム画面や写真、動画などのグラフィックを高精細表示できます。

3GBのメモリと32GBのストレージを内蔵。microSDカードは128GBまで対応しています。画面を2分割する「マルチタスク画面」機能搭載。2つのアプリを同時に使用する場合におすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T3 8

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T3 8

LTE通信対応ながらリーズナブルな価格で販売されているAndroid8インチタブレット。LTE対応モデルは、Wi-Fi通信モデルよりも価格の上がる傾向にありますが、本製品は1万円台で購入可能です。

CPUは、1.4GHzのQualcomm MSM8917 クアッドコアを採用。2GBのメモリと16GBのストレージを搭載しています。WebやSNSの閲覧、メールの送受信であれば、サクサクとこなせるスペックです。

ボディには航空機グレードのアルミニウム合金を使用。洗練されたスタイリッシュなデザイン性と堅牢性を両立しています。アプリ管理機能やコンテンツコントロール機能を搭載。家族で共有して使用するタブレットとしておすすめです。