最初のiPadが発売されてから10年以上が経ち、今や日常生活のなかで馴染みの深いデバイスとなっている「タブレット」。しかし、スマホやノートパソコンとの違いがよく分からず、購入すべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、タブレットとはどんなデバイスで、どういった方に適しているのかを解説します。おすすめのモデルもご紹介するので、気になっている方はぜひチェックしてみてください。

タブレットとは?

By: amazon.co.jp

タブレットとはスマホと同様、モバイルデバイスの一種です。スマホと同じようにタッチやスワイプなど指先で操作します。ほとんどのタブレットは7〜12インチくらいのディスプレイサイズを採用。キーボードのない小型ノートパソコンのように使えるのが特徴です。

搭載しているOSの種類はAppleのiOSをはじめ、AndroidやWindowsなどさまざまです。また、Amazonは自社デバイスにAndroidをベースにしたFire OSを使用しています。

スマホとノートパソコンの中間的な存在のため一見すると中途半端なようにも感じますが、長所と短所をよく理解したうえで利用すると非常に便利なアイテム。多くのメーカーからたくさんの製品が販売されているので、使い勝手のよいモデルを見つけてみてください。

タブレットを使うメリット・デメリット

メリット

By: huawei.com

タブレットは携帯性と視認性のバランスに優れているのが大きな特徴です。スリムでコンパクトなボディは、カバンやリュックの中でかさばらず簡単に持ち運ぶことが可能。さらに、スマホと比べて画面が大きいため、見やすくタッチ操作がしやすいのもメリットです。外出先や移動中に、動画を視聴したりウェブサイトを閲覧したりするシーンで活躍します。

なお、ペン入力に対応したモデルなら手書き入力ができて便利。立ったまま片手で持ってメモをとるといった使い方が可能です。スケッチブック代わりにも使え、クリエイティブな作業をする時などでも重宝します。

デメリット

By: lenovo.com

多くのタブレットはパソコン用のアプリが利用できません。そのため、WindowsやMacなどパソコンのアプリでおこなっている作業を、タブレットへ置き換えようと考えている方は注意が必要です。

また、搭載しているパーツのスペックが低いため、動画編集といった負荷のかかる作業も苦手。使用するアプリや作業の内容をよく考慮したうえで選んでみてください。

スマホ・ノートパソコンとの違い

タブレットとスマホの違い

By: lenovo.com

タブレットとスマホの大きな違いは電話機能の有無です。スマホとはいわば多機能型の携帯電話なので、電話のためのアプリが必ず付いています。

一方、タブレットはネットを利用した通話やビデオチャットはできるものの、ほとんどのモデルが電話アプリ非搭載。基本的には、大きな見やすい画面で情報を確認したり、映画などのコンテンツを楽しんだりするデバイスと考えておきましょう。

タブレットとノートパソコンの違い

By: amazon.co.jp

タブレットはノートパソコンには付いているキーボードを搭載していません。文字入力の際には画面上に表示されるソフトウエアキーボードを利用します。長文の文書を作成したり、大量のデータを打ち込んだりする作業には不向きなので覚えておきましょう。

また、タブレットが画面をタッチして操作するのに対し、ノートパソコンでは主にマウス・キーボード・タッチパッドなどを使うのも異なるポイントです。

タブレットはこんな人におすすめ

By: lenovo.com

タブレットはスマホで利用しているアプリを大きな画面で使いたい方におすすめ。映画をはじめ電子書籍・マンガ・ゲームといったコンテンツを見やすい画面で楽しむことが可能です。

薄型で軽量なため、歩きながら操作したり、ベッドに寝転びながらの視聴も可能。汎用性が高く、通話機能やパソコン用のアプリにこだわらないのであれば、さまざまなシーンでネットを利用できます。

タブレットのおすすめモデル

アップル(Apple) iPad Pro 12.9インチ MXAT2J/A

12.9インチのLiquid Retinaディスプレイを搭載した、iPadシリーズのハイエンドモデルです。アップルが独自開発した「A12Z Bionic」チップを実装する高性能タブレット。本製品は256GBとノートパソコン並のストレージ容量を備えているため、書類・写真・ビデオなどたくさんのデータが保存できます。

タッチペンによる手書き入力をできるのもポイント。Apple Pencilに対応しておりメモやスケッチなどが直接書き込めます。必要なときにサッと取り出して素早くメモが取れるので便利です。

ビデオ再生やネットサーフィンなら最大10時間動作するなど、バッテリー駆動時間の長さも魅力。4つのスピーカーを内蔵しているので、映画や音楽が迫力のサウンドで楽しめます。

オプションのMagic Keyboardを利用すれば長文のテキスト入力も快適。小型かつ軽量のノートパソコン代わりに使いたい方におすすめのモデルです。

アップル(Apple) iPad Air MYH62JA

2020年10月に発売されたiPad Air。本製品はWi-Fi接続に加え、LTE通信に対応しているのが特徴です。移動中の電車内や公園などさまざまな場所でネットに接続が可能。外出先でメールの送受信をしたい方や、自宅にWi-Fi環境がない方にもおすすめのタブレットです。460gと軽量なためカバンやリュックに入れて気軽に持ち運べます。

本体トップに指紋認証システム「Touch ID」を搭載しているのがポイント。マスクをしていても画面のロック解除などが素早くおこなえるので重宝します。アプリのダウンロードやネットショッピングの決済もワンタッチ。カラーバリエーションも豊富なので、機能性だけでなく見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI) 8インチ タブレット MediaPad M5 lite 8 JDN2-W09

1920×1200ピクセルの綺麗な画像が表示できる、8インチ液晶を搭載したコンパクトなタブレットです。重さも約310gと非常に軽量なため容易に持ち運ぶことが可能。携帯性に優れた製品を求める方におすすめのモデルです。OSにはAndroid 9を採用しています。

本製品はファーウェイが独自開発したCPU「Kirin710」と3GBのメモリを実装。ネットサーフィンや音楽、動画などさまざまなシーンで快適に使用できます。ストレージ容量は32GBとやや少ないものの、最大512GBまでのmicroSDカードが使えるため容量不足を補うことが可能です。

約5100mAhの大容量バッテリーを搭載しているのもポイント。ビデオ再生が約10時間、音楽再生なら約62時間も動作するので、電池残量を気にせず1日中使えます。価格が安いため、初めて購入するタブレットを検討している方にもビッタリです。

アマゾン(Amazon) Fire HD 10 タブレット

フルHD表示が可能な10.1インチ液晶を搭載した製品です。映画・ビデオ・マンガといったコンテンツを利用するのにおすすめのタブレット。Dolbyオーディオステレオスピーカーを搭載しており、迫力あるサウンドで視聴できます。

本製品は64GBの内蔵ストレージに加え、512GBまでのmicroSDカードを利用できるのがポイントです。たくさんのコンテンツをダウンロードして持ち歩くことが可能。通勤や通学時はもちろん、出張や旅行先などでも思う存分楽しめます。

ペアレンタルコントロール機能を搭載しているのも本モデルの特徴です。子供の年齢を登録しておくだけで、1日の使用時間が制限できたり適したコンテンツだけを表示したりする便利な機能。家族のみんなが安心して使えるタブレットを探していた方にもピッタリです。

レノボ(Lenovo) 10インチ タブレット Tab P10 ZA450140JP

LTE通信に対応したSIMフリーモデルです。どこでもネット接続して使いたい方におすすめのタブレット。格安SIMサービスを利用すれば月々の通信費を抑えつつ、動画の視聴やネットサーフィンなどが満喫できます。Dolby Atmosに対応した4つのピーカーを搭載しているため、音質にも優れているのも魅力です。

本製品は「Snapdragon 450」プロセッサと4GBのメモリを実装。多くのアプリがサクサク動作するので快適に使用できます。マルチユーザーに対応しているのもポイント。複数のアカウントが登録できるため、SNSや壁紙などを個別に設定することが可能。家族みんなで共有するタブレットが欲しい方にもピッタリです。

前面と背面にはAFコーティングが施されており、指紋や汚れが付きにくくなっているのもポイント。ビジネスからプライペートまで幅広いシーンで使えるモデルを探している方におすすめです。