7インチ以下のミニサイズから13インチ程度のノートサイズまで、サイズ別に製品がラインナップされている「タブレット」。なかでも自宅用として人気のサイズは10インチで、携帯するにはやや大きいものの、映像や画像が見やすいのがメリットです。

そこで今回は、10インチタブレットのおすすめ機種をご紹介。コスパ良好の製品から高性能モデルまでピックアップしたので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

10インチタブレットのメリット

By: amazon.co.jp

タブレットを購入する際に選ぶ基準となるのが用途。持ち運び重視や価格優先であれば7〜8インチ、動画視聴やサイト閲覧がメインであれば10インチが候補となります。

10インチタブレットは漫画や雑誌を見開きで読むのにも適した大きさで、使い勝手に優れているのが特徴。家族で使う場合にも便利で、リビングや台所でも活躍する汎用性の高さも魅力です。

タブレットの選び方

OSで選ぶ

Android

開発元はGoogleで、アプリはGoogle Playを通じてダウンロードできます。Androidのアプリは、開発者が比較的自由に開発や公開できるのが特徴です。

また、Androidは搭載デバイスのバリエーションも豊富。自由度が高いOSなので、ユーザーがカスタマイズできる部分が多いのもメリットです。

iOS

開発元はAppleで、アプリは公式ストアであるApp Storeよりダウンロードできます。Androidとは異なり、開発や公開をするためにはAppleの事前審査が必要。タブレットのiPadシリーズはいずれも操作がしやすく、製品間の互換性が高いのが特徴です。

Windows

開発元はMicrosoftで、アプリはWindows Storeからダウンロード可能。Google StoreやApple Storeと比較するとアプリの数は少なく、タブレットのラインナップも豊富ではありませんが、Microsoft製品のOfficeを使えるのがメリットです。

ビジネスで使っているPCがWindowsで、タブレットでもWordやExcelなどを使いたい方はぜひチェックしてみてください。

通信方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

LTEモデル

スマホ用の通信規格「LTE」に対応したモデル。SIMカードを挿入することによって、屋外でもネットワークにつなげられます。場所を気にせずWebサイトを見たり、動画コンテンツを再生したり、ゲームで遊んだりしたい方におすすめです。

しかし、同じ機種でもWi-Fiモデルと比較すると価格がやや高めなのが特徴。自宅などのWi-Fi環境が整っているところでしか使う予定がない場合は、Wi-Fiモデルでも十分です。

Wi-Fiモデル

無線LANに接続して通信を行うのがWi-Fiモデル。自宅にWi-Fi環境が整っている方なら、新たに回線を契約しなくてもタブレットでインターネットが利用できます。

しかし、Wi-Fi環境のない場所ではインターネットに接続できません。外出中にどこでもメール受信やSNSを利用したいという方は注意しておきましょう。

機能で選ぶ

外部インターフェースを確認

By: amazon.co.jp

タブレットは周辺機器を充実させると使い勝手も向上するので、LightningやmicroUSB、USB Type-Cなど端子の種類は確認しておきましょう。なお、10インチタブレットは通常のUSBポートの数も製品によって異なるため、拡充性が気になる方は要チェックです。

メモリ容量とストレージ容量

By: amazon.co.jp

タブレットを選ぶ際は、メモリ容量とストレージ容量をしっかりチェックしておくことも重要。メモリ容量に関しては最低2GB以上、快適に操作するならワンランク上の3〜4GBは視野に入れたいところです。

なお、それ以上の8GBの場合は、Windowsタブレットやゲーミングタブレットなどに搭載される容量。PCゲームや動画編集などの重たい作業をタブレットでカバーしたい方は候補となりますが、それ以外の方はオーバースペックになりかねないため、しっかりと確認しておきましょう。

ストレージ容量に関しては、多くの動画や音楽を保存すると16GBでは足りない場合があります。10インチタブレットは動画をしたり、電子書籍を読んだりするのに快適なサイズなので、より記憶容量が多いモデルの方がおすすめです。また、容量が足りないときは、microSDカードを追加すれば拡張ができます。

10インチタブレットのおすすめモデル

ファーウェイ(HUAWEI) 10.1インチタブレット MediaPad T5

ファーウェイ(HUAWEI) 10.1インチタブレット MediaPad T5

デュアルスピーカーを搭載し、臨場感にあふれる音を再現する10インチタブレット。映画などの動画視聴におすすめです。解像度は1920×1200ドットまで対応しています。

ストレージ容量は16GBでメモリ容量は2GBを搭載。microSDカードスロットが備わっているので、最大で256GBまで拡張できるのもポイントです。

また、「キッズモード」機能を搭載しており、アプリの制限や端末の使用時間を管理できるのも魅力。家族で使用できるおすすめの10インチタブレットです。

アップル(Apple) 10.5インチタブレット iPad Air

アップル(Apple) 10.5インチタブレット iPad Air

iOSを採用した10インチタブレット。iPhoneを使用している方なら、データの連携がスムーズにできるためおすすめです。

周囲の明るさに合わせてホワイトバランスを自動で調整する機能を搭載。屋外でも、映像をきれいに再現します。また、別売りのApple Pencilを用いれば、表現豊かにイラストの作成が可能です。

本体サイズは約幅174×奥行き250×厚さ6mmで、重量が約456g。バッテリー駆動が約10時間と長く、フル充電すれば外出時に電源を気にせず使用できます。使用しているパソコンがMacなら、同じApple IDで管理してアプリなどを同期できるのもポイント。アップルユーザーにおすすめの10インチタブレットです。

マイクロソフト(Microsoft) 10インチタブレット Surface Go MCZ-00032

マイクロソフト(Microsoft) 10インチタブレット Surface Go MCZ-00032

マイクロソフトが展開している、高機能な10インチタブレット。OSにWindows 10を採用し、別売りのキーボードを接続すればノートパソコンとしても使用できる2-in-1タイプです。また、Office Home and Business 2019を備えているため、ExcelやWordが使えるのもポイント。本体の重量は約522gと軽量なので持ち運びしやすく、外回りのビジネスシーンでも重宝します。

メモリは8GBで、ストレージには容量が128GBのSSDを搭載。USB Type-Cポートを備えているため、外付けハードディスクなどの周辺機器への接続もできます。さらに、microSDXCカードリーダーで大容量データの保存が可能です。

ディスプレイは解像度が1800×1200ドットで、10ポイントマルチタッチに対応。Windowsパソコンの操作性を保ちながら、1台2役で活躍シーンが広がるおすすめの10インチタブレットです。

アマゾン(Amazon) 10.1インチタブレット Fire HD 10

アマゾン(Amazon) 10.1インチタブレット Fire HD 10

ネット通販のアマゾンが独自に制作したOS「Fire OS」を導入したモデル。独自OSのタブレットですが、AndroidやiOSで人気のInstagramやTwitterといった主要アプリをインストールできるのが特徴です。

本製品にはアマゾンが開発したAIアシスタントの「アレクサ(Alexa)」を搭載し、本体に話しかけるだけで操作可能。天気やニュースなどの情報収集や音楽再生が、画面に触れずに行えるので便利です。

ストレージ容量は32GB。microSDカードスロットで拡張すれば、より多くのコンテンツを保存できます。ディスプレイの解像度は1920×1200ドットで、高精細な映像を楽しめるのもポイント。電子書籍や動画が見やすいおすすめの10インチタブレットです。

BENEVE 10.1インチタブレット

BENEVE 10.1インチタブレット

なるべく安く10インチタブレットを手に入れたいという方におすすめです。低価格ですがAndroid 7.0を搭載し、最新アプリをインストール可能。InstagramなどのSNSをはじめとした、Androidアプリのゲームや音楽を楽しめます。

ストレージ容量は32GBで搭載メモリは2GB。microSDカードスロットが備わっており、最大で64GBまで拡張できます。スマホよりも広い画面で動画やゲームを楽しめる、リーズナブルな10インチタブレットです。

日本電気(NEC) LAVIE Tab E PC-TE510JAW

日本電気(NEC) LAVIE Tab E PC-TE510JAW

NECのAndroidタブレットとして有名な「LAVIE Tab」シリーズのハイエンドモデルです。CPUは8コアのQualcomm Snapdragon450プロセッサー、メモリは4GBを搭載。動画コンテンツはもちろん、3Dゲームもサクサク動きます。

ディスプレイは10.1型ワイドのIPS液晶。1920×1200ドットの高解像度仕様で、映像をシャープに映します。また、前面に4つのスピーカーを配置しているほか、Dolby Atmos対応のサウンドシステムを採用しているのもポイント。大画面でエンターテイメント作品を楽しみたい方におすすめです。