7インチ以下のミニサイズから13インチ程度の大きめサイズまで、大きさ別に製品がラインナップされているタブレット。なかでも、自宅用として人気なのは「10インチタブレット」で、携帯にはやや大きいものの、映像や画像が見やすいのがメリットです。

そこで今回は、10インチタブレットのおすすめモデルをご紹介。コスパのよい製品から高性能モデルまでピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

10インチタブレットのメリット

By: amazon.co.jp

タブレットのサイズを選ぶ基準となるのは用途です。持ち運びやすさや価格を重視する方には7〜8インチ、主に動画視聴やサイト閲覧をしたい方には、10インチタブレットが適しています。

また、10インチタブレットは漫画や電子書籍を見開きで読むのにもぴったりの大きさ。リビングで雑誌を読んだり、台所でレシピを確認したりと、家族で使う場合にも便利です。

タブレットの選び方

OSで選ぶ

Android

Googleにより開発されたOS。Androidのアプリは「Google Play」を通じてダウンロードでき、ユーザーによって比較的自由に開発・公開されているのが特徴です。

また、Androidを搭載したデバイスはバリエーションが豊富。さらに、自由に設定できる部分が多いOSなので、自分でカスタマイズして楽しみたい方におすすめです。

iOS

By: biccamera.com

開発元はAppleで、アプリは公式ストアの「App Store」からダウンロードできます。Androidとは異なり、開発や公開をするためには、Appleの事前審査が必要。

また、iOSを搭載したタブレットの「iPad」シリーズはいずれも操作がしやすく、製品間の互換性が高いのが特徴です。

Windows

開発元はMicrosoftで、アプリは「Windows Store」からダウンロード可能。AndroidやiOSと比較するとアプリの数は少なく、搭載されているタブレットのラインナップも豊富ではありませんが、Microsoft製品のOfficeシリーズを使用できるのがメリットです。

ビジネスで使っているPCがWindowsで、タブレットでもWordやExcelなどを使いたい方はぜひチェックしてみてください。

通信方式で選ぶ

Wi-Fiモデル

Wi-Fiモデルは、無線LANに接続して通信を行うタイプのタブレットです。自宅にWi-Fi環境が整っていれば、新たに回線を契約しなくても、タブレットでインターネットが利用できます。

ただし、Wi-Fi環境のない場所ではインターネットに接続できません。外出中にも、タブレットでメールやSNSを利用したい方は注意が必要です。

LTEモデル

スマホ用の通信規格「LTE」に対応したモデル。SIMカードを挿入することによって、屋外でもネットワークにつなげられます。場所を気にせずWebサイトや動画コンテンツを見たり、ゲームで遊んだりしたい方におすすめです。

ただし、同じ機種でも、Wi-Fiモデルと比較すると価格がやや高めなのが難点。外出先で使う予定がない方には、Wi-Fiモデルでも十分快適に使用できます。

機能で選ぶ

インターフェースを確認

By: amazon.co.jp

タブレットは周辺機器を充実させると使い勝手が向上します。microUSBやUSB Type-Cなど、タブレットに接続できる端子の種類を確認しておきましょう。

なお、10インチタブレットはUSBポートの数も製品によって異なるため、気になる方は要チェックです。

メモリ容量とストレージ容量

By: apple.com

タブレットを選ぶ際は、メモリ容量とストレージ容量をチェックしておくことが大切。メモリ容量は最低でも2GB以上、快適に操作するならワンランク上の3〜4GBを検討しておきたいところです。

より大きい8GBなどのメモリ容量があるタブレットは、ゲームや簡単な動画編集などの重たい作業をしたい方におすすめ。重たい作業をしない方にはオーバースペックなので、タブレットの用途を事前に確認しておきましょう。

ストレージ容量は、動画や音楽を多数保存すると16GBでは足りない場合があります。動画や電子書籍を保存することが多い方は、ストレージ容量の大きいモデルがおすすめです。

なお、microSDカードに対応したモデルも多いので、ストレージ容量を追加したい方はあわせてチェックしてみてください。

10インチタブレットのおすすめモデル

アップル(Apple) iPad 10.2インチ 第8世代 MYLF2J/A

高画質な10.2インチRetinaディスプレイを搭載した第8世代のiPadです。CPUパフォーマンスの高いA12 Bionicチップを採用しており、ブラウジングはもちろん、動画やゲームもスムーズに動きます。ストレージも128GBと大容量。多くのアプリをインストールしたい方にピッタリです。

また、オプションが充実しているのもポイント。フルサイズのSmart Keyboardと接続すれば、ノートPCのようにタイピングできます。Apple Pencilを使えば文字を書いたり、イラストを描いたりすることも可能。無限の可能性を秘めたおすすめのタブレットです。

アマゾン(Amazon) Fire HD 10 タブレット

Amazonが販売する「Fire HD」シリーズの人気モデルです。フルHDの液晶ディスプレイを搭載した10インチタブレットで、同シリーズのほかのモデルより、画面が大きくきれいなのが特徴。電子書籍を読むのはもちろん、ウェブサイトの閲覧や動画の視聴をする際も快適です。

また、最大12時間の連続使用が可能なバッテリーを搭載しているため、1回の充電で長時間楽しめます。さらに、Amazon独自の「Fire OS」を搭載しているのもポイント。Fire OSはAndroidをベースにしたOSですが、使用できるアプリに若干の違いがある点には注意が必要です。

そのほか、人工知能「Alexa」を搭載しており、話しかけるだけで天気予報やニュースが確認できます。映画や音楽など、さまざまなコンテンツを手軽に楽しみたい方におすすめです。

レノボ(Lenovo) Tab E10 ZA470073JP

家族で便利に使える10インチタブレットです。マルチユーザーに対応しており、複数のアカウントを登録可能。アカウントを切り替えて、壁紙やSNSへのログイン設定を個別に管理できます。

また、10.1インチのワイド液晶ディスプレイを搭載しているので、映画や動画を快適に視聴可能です。さらに、キッズモードを搭載しているのもポイント。子供の利用時間や使用アプリを簡単に管理できます。

レノボ(Lenovo) Yoga Smart Tab ZA3V0052JP

動画や音楽などのエンタメ機能が充実している10インチタブレットです。AIのGoogle アシスタントを搭載しているほか、スピーカーにはJBLのHi-Fiスピーカー、さらには立体的な音の広がりを体感できるサラウンド規格「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」に対応。モバイルディスプレイとしても十分なスペックを備えているのが特徴です。

画面は10.1インチのフルHDで、CPUは「Snapdragon 439」を採用。メモリは4GB、ストレージは64GBとなっています。バッテリー容量は7000mAhで、連続使用時間は11時間程度。背面にキックスタンドが用意されており、さまざまなスタイルで視聴できるのも魅力です。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Go 2 STQ-00012

ノートPCとしても使える2in1タイプのWindowsタブレットです。ストレージは128GBのSSD、メモリは8GBと大容量。10.5インチの高画質PixelSenseディスプレイによって、ブラウジングや動画鑑賞も快適に楽しめます。

「マイクロソフトOffice」を標準搭載しており、WordやExcel、PowerPointといったアプリケーションをすぐに利用できるのもポイント。最大10時間のバッテリーを備えているので、屋外でも快適に作業できます。ビジネス用途に対応した高性能なタブレットを探している方におすすめです。

Vankyo タブレット10インチ Z10

「Android 9.0」を搭載した、中国製の10インチタブレット。HDMI端子を搭載しており、自宅のテレビやプロジェクターに接続可能です。映画や動画などのコンテンツを大画面で楽しめます。また、目が疲れにくいようバックライトの光を自動で調節する「Eye health」モードを搭載。夜間の読書などにもおすすめです。

さらに、1300万画素のリアカメラに加え、500万画素のフロントカメラを搭載しているのもポイント。綺麗な写真が手軽に撮れるうえ、ビデオチャットも楽しめます。多様なシーンで便利に使えるモデルです。

ALLDOCUBE iPlay10 Pro 10.1インチタブレット

OSに「Android 9 Pie」を搭載した10インチタブレットです。フルHD表示が可能な10.1インチIPS液晶ディスプレイを搭載しているのが特徴。映画や動画などのコンテンツをきれいな画面で楽しめます。

また、HDMIポートを備えているため、自宅のテレビに映像を映すことも可能。さらに、ホームプロジェクターに接続すれば、迫力の大画面で映画を視聴できます。家族みんなで動画や映画を楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T5 Wi-Fiモデル 32GB

高機能なスマホが人気のメーカー、「ファーウェイ」の10.1インチタブレットです。フルHD表示が可能な、高精細ディスプレイを搭載。16:10のアスペクト比を採用した液晶画面で、映画や動画の視聴が快適に行えます。

また、CPUにはファーウェイ独自の「Kirin 659」を採用。ストレージ容量は32GBと標準的ですが、別売りのmicroSDカードを利用すれば、最大256GBまで拡張可能です。

さらに、「キッズモード」を搭載しているのもポイント。使用するアプリや利用時間の管理が簡単にでき、小さな子供がいる家庭にもおすすめのモデルです。

ファーウェイ(HUAWEI) MatePad Wi-Fiモデル BAH3-W09

手持ちのほか、据え置きでも使いやすい10インチタブレット。映像はもちろん、電子書籍などのコンテンツも含めてさまざまなコンテンツを楽しめるのが特徴です。

画面サイズは10.4インチで、CPUは「Kirin 810」を採用。メモリは3GB、ストレージは32GBです。バッテリー容量は7250mAhで、フル充電に要する時間は3.8時間。連続使用時間は動画再生で12時間程度となっており、スタミナも十分です。

本製品のWi-Fiモデルのほか、SIMフリー対応のLTEモデルもラインナップしているので、チェックしてみてください。

ファーウェイ(HUAWEI) MatePad Pro Wi-Fiモデル MRX-W09

ハイエンドモデルの10インチタブレット。画面解像度は2560×1600の「WQXGA」、ディスプレイの色域は「DCI-P3」となっており、高精細で鮮やかに映るのが特徴です。画面サイズは10.8インチで、CPUは「Kirin 990」を採用。メモリは6GB、ストレージは128GBとなっています。

また、本製品は同社のタブレットとして初めてワイヤレス充電に対応しているのもポイント。付属の充電器を利用すれば急速充電が可能で、30分で約3時間分の充電が完了します。フル充電であれば、約12時間と長時間の稼働が可能です。

なお、別途「スマートワイヤレスキーボード」とスタイラスペン「M-Pencil」を用意すれば、ビジネス用途もカバー。タイピングと手書きがスムーズにできるため、より汎用性が広がります。コスパに優れているのも魅力なので、満足度の高い1台を求めている方はぜひチェックしておきましょう。