7インチ以下のミニサイズから13インチ程度の大きめサイズまで、大きさ別に製品がラインナップされているタブレット。なかでも、自宅用として人気なのは「10インチタブレット」で、携帯するにはやや大きいものの、映像や画像が見やすいのがメリットです。

そこで今回は、10インチタブレットのおすすめモデルをご紹介。コスパのよい製品から高性能モデルまでピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

10インチタブレットのメリット

By: nec-lavie.jp

タブレットのサイズを選ぶ基準となるのは用途です。持ち運びやすさや価格を重視する方には7〜8インチ、主に動画視聴やサイト閲覧をしたい方には10インチタブレットがおすすめです。

また、10インチタブレットは漫画や電子書籍を見開きで読むのにもぴったりの大きさ。リビングで雑誌を読んだり、台所でレシピを確認したりと、家族で使う場合にも便利です。

10インチタブレットの選び方

OSで選ぶ

iOS

By: biccamera.com

開発元はAppleで、アプリは公式ストアの「App Store」からダウンロードできます。また、開発したアプリを公開するためには、Appleによる事前審査を受けなければなりません。

iOSを搭載したタブレットの「iPad」シリーズはいずれも操作がしやすく、製品間の互換性が高いのが特徴です。

Windows

開発元はMicrosoftで、アプリは「Windows Store」からダウンロード可能。AndroidやiOSと比較するとアプリの数が少なく、Windowsが搭載されているタブレットのラインナップも豊富ではありませんが、「Microsoft Office」シリーズを使用できるのがメリットです。

ビジネスで使っているパソコンがWindowsで、タブレットでもWordやExcelなどを使いたい方はぜひチェックしてみてください。

Android

Googleにより開発されたOSです。Androidのアプリは、「Google Play」を通じてダウンロード可能。以前まではユーザーによって比較的自由にアプリの開発・公開がされていましたが、最近ではApple同様に厳しい事前審査が行われ、アプリの質の向上が図られています。

Androidを搭載したデバイスは、バリエーションが豊富。また、自由に設定できる部分が多いOSなので、自分でカスタマイズして楽しみたい方におすすめです。

通信方式で選ぶ

Wi-Fiモデル

Wi-Fiモデルは、無線LANに接続して通信を行うタイプのタブレットです。自宅にWi-Fi環境が整っていれば、新たに回線を契約しなくても、タブレットでインターネットが利用できます。

ただし、Wi-Fi環境のない場所ではインターネットに接続できません。外出中にも、タブレットでメールやSNSを利用したい方は注意が必要です。

LTEモデル

スマホ用の通信規格「LTE」に対応したモデル。SIMカードを挿入することによって、屋外でもネットワークに接続できます。Webサイト・動画コンテンツ・ゲームなどを、場所を選ばず楽しみたい方におすすめです。

ただし、同じ機種でも、Wi-Fiモデルと比較すると価格がやや高めなのが難点。外出先で使う予定がない方に、Wi-Fiモデルでも十分快適に使用できます。

機能で選ぶ

インターフェースを確認

By: amazon.co.jp

タブレットは周辺機器を充実させると使い勝手が向上します。「microUSB」や「USB Type-C」など、タブレットに接続できる端子の種類を確認しておきましょう。

なお、10インチタブレットはUSBポートの数も製品によって異なるため、気になる方は要チェックです。

メモリ容量とストレージ容量

By: amazon.co.jp

タブレットを選ぶ際は、メモリ容量とストレージ容量をチェックしておくことが大切。メモリ容量は最低でも2GB以上、快適に操作するならワンランク上の3〜4GBの製品を検討しておきたいところです。

8GBなどのより大きいメモリ容量があるタブレットは、ゲームや簡易的な動画編集など、重い作業をしたい方におすすめ。重い作業をしない方にはオーバースペックなので、タブレットの用途を事前に確認しておきましょう。

また、ストレージ容量は、動画や音楽を多数保存すると16GBでも足りない場合があります。動画や電子書籍を保存することが多い方は、ストレージ容量の大きいモデルがおすすめです。

なお、microSDカードに対応したモデルも多いため、ストレージ容量を追加したい方はあわせてチェックしてみてください。

10インチタブレットのおすすめモデル

アップル(Apple) iPad 10.2インチ 第9世代 MK2P3J/A

iPhoneを使い慣れている方におすすめの10インチタブレットです。最新のチップであるA13 Bionicチップを搭載。少ない電力で高いCPUパフォーマンスを提供する、電力効率の高さがポイントです。処理速度が速く動画やネットサーフィンも快適に楽しめます。

Apple PencilやSmart Keyboardなど別売のアイテムを使うことで、さまざまな入力方法を使い分けられるのも魅力。キーボードで長文を素早くタイピングしたり、印象的なメモやアート作品などを書いたりと、汎用性の高いタブレットです。

アップル(Apple) iPad Air 第5世代 MM9M3J

処理性能とグラフィック性能が高いiPad Air 第5世代。Apple M1チップはCPUとGPUが8コアに進化しており、処理速度が速いのが特徴。また、2360×1640ピクセルの「Liquid Retinaディスプレイ」は映像や画像を鮮やかに写します。動画編集やゲームなどを楽しみたい方におすすめです。

超広角フロントカメラは12MP。被写体を自動的に画角に収める「センターフレーム」とよばれる機能も搭載されています。外出先で撮影したり、Web会議で使ったりとカメラの出番が多い方に便利な機能です。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Go 3 8V6-00015

10.5インチのタッチスクリーンを有する、2-in-1タイプのタブレットです。メモリが4GBなので普段使いに適しています。USB-Cポートが搭載されており、さまざまなアクセサリがカスタマイズできるため、幅広い使い方が可能です。

Windows 11を搭載しており、最先端のセキュリティが標準装備されているのも嬉しいポイント。Microsoft Edgeのキッズモードを使えば、子供が安全にオンライン利用できるような環境を簡単に用意できます。また、重量は約544gと軽量なので、持ち運びにも向いているモデルです。

レノボ(Lenovo) Lenovo Yoga Smart Tab ZA3V0052JP

ブルーライトを軽減する10.1インチのスクリーンを搭載しています。フルHD IPSディスプレイは画質がよく、操作性も高いスクリーンを実現。また、デュアルJBL Hi-Fiスピーカーは重量感のあるサウンドから繊細な高音まで臨場感のある音質を保ちます。

Googleアシスタント機能を使えば、タッチすることなく操作できるので、部屋のどこにいても簡単に操作できるのも魅力。USB-CポートやmicroSDメディアカードリーダーがついているので、さまざまなアクセサリにも対応しています。容量不足が心配な方にもおすすめです。ディスプレイ・サウンド・音声操作が魅力の充実したタブレットです。

レノボ(Lenovo) Tab M10 FHD Plus ZA5T0292JP

顔認証が搭載された、10.3インチの大画面タブレットです。メタリックなボディがスタイリッシュ。本体は約460gと携行性に優れているため、家族で出かける際に持ち運びやすいサイズ感も魅力です。また、ドルビーアトモス対応のふたつのスピーカーは臨場感たっぷりで、ゲームや映画に没頭できます。

256GBまで対応可能なmicroSDメディアカードリーダーが付いており、連続使用時間は約9時間。機能性が高いのにも関わらず、リーズナブルな値段も嬉しいポイントです。コストパフォーマンスの高いタブレットを探している方は検討してみてください。

ファーウェイ(HUAWEI) MatePad 11 DBY-W09

クリエイティブな使い方ができる、ファーウェイのタブレット。同一画面で最大4つのアプリを開け、同時に作業が行えます。別売のM-pencilを使うことで、タブレット内に直接メモしたり、絵を書いたり、クリエイティブな使い方が可能です。

120Hzのリフレッシュレートを搭載しており、プロ仕様の映像美が体感できます。通信方式はWi-Fi仕様です。Wi-Fi通信環境が整っている場所で使うことが多い方や、デザインなどのクリエイティブな活動を行っている方に向いているタブレットです。

アマゾン(Amazon) Fire HD 10

機能面に優れたタブレットを探している方におすすめのタブレットです。1080pフルHDで224ppi解像度の鮮やかなディスプレイを搭載しています。動画視聴やゲームにもぴったり。3GB RAMオクタコアプロセッサ搭載で、アプリの操作やスクロールなどもスムーズです。

2画面表示機能がついているので、同時に操作したい項目がある場合に重宝。アレクサを使って音声操作すれば、カレンダーやニュースのチェックなど忙しい時に役立ちます。電子書籍や動画の視聴など、スクリーンを快適に使いたい方に向いているタブレットです。

日本電気(NEC) LAVIE Tab E TE710/KAW

機能面が充実しており、価格が安いタブレットを選ぶのであれば、NECのモノがおすすめです。テレビの地上デジタル放送を1920×1200ドットIPS液晶で見られます。8コアプロセッサを採用しているため、高画質写真やハイビジョン動画を快適に見られるのもポイントです。

手に水滴が付いていても気にせず触れる生活防水となっているので、キッチンで手を動かしながらレシピを見るのにも適しています。顔認証機能も搭載しているのも便利なポイント。自動調整バッテリー機能がついており、使用頻度の低いアプリの電池使用を自動でセーブするので、長く快適にタブレットを操作できます。

ドラゴンタッチ(Dragon Touch) Notepad K10

コストパフォーマンスに優れているドラゴンタッチのタブレットです。Android10.0を搭載し、ストレージも64GBと日常的に使うのにぴったり。2.4Ghz+5Ghzデュアル周波数Wi-Fiモデルで、安定して接続できます。

microHDMI端子で他の機器と接続することで、タブレットの画面を液晶ディスプレイなどに写せるのも嬉しいポイントです。大画面でゲームをプレイしたり、会議の資料を大画面に写したりするときに活躍します。デュアルカメラはリア800万画素、フロント200万画素に対応しており、撮りたい瞬間を美しく残すことができます。

TECLAST タブレット T40 Plus タブレット

TECLASTのTシリーズは最上位シリーズとされ、RAM容量やディスプレイ解像度などのスペックが高いのが特徴です。ストレージは128GB、10.4インチのスクリーンは2000×1200pxの高解像度。Mali G52-3EE-2coreグラフィックプロセッサを導入しているので、アプリなどのモバイルゲームも滑らかな映像で楽しめまます。

高性能Unisoc T618 8コアプロセッサを搭載し、最新バーションのAndroid11オペレーティングシステムが適用されているのもポイントです。SIMを使えるので、Wi-Fiに繋げない場所でも仕事や学習を行うことができて便利。機能不足をほとんど感じることのない、バランスのとれたタブレットです。