国内外のメーカーが競合し、ラインナップが豊富に揃っている「タブレット」。スマホよりも画面が大きく、より快適にアプリを楽しめるので、子どもから年配の方まで幅広い世代に普及しています。一方で、最近は製品スペックや価格の差も広がっており、必要最低限の用途であれば、格安の「中華タブレット」でも十分活躍してくれます。

そこで今回は中華タブレットのおすすめモデルをご紹介。コスパ良好の端末をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

中華タブレットとは?

By: lenovo.com

「中華タブレット」は中国・台湾メーカーがリリースしているタブレットのこと。日本国内においては聞きなれないメーカーも数多くありますが、大手メーカーとの競争を勝ち抜くべく、高性能かつ低価格なアイテムを続々と展開をしています。

中華タブレットの選び方

画面サイズで選ぶ

10インチ

By: amazon.co.jp

10インチの中華タブレットは、画面が大きく迫力のある映像が楽しめるため、映画やゲームを楽しみたい方におすすめ。また、画面が大きいと小さな文字も見やすくなるため、SNSや電子書籍を快適に楽しみたい方にもおすすめです。

ただし、7~8インチと比べるとサイズや重量がそれなりにあるため、携帯性を重視する方にはあまり向いていません。なお、10インチサイズになると片手での操作が難しくなるので、その点は考慮しておきましょう。

7~8インチ

By: lenovo.com

7~8インチの中華タブレットは、スマホよりも少し大きめのサイズなので、場所を問わずにどこでも気軽に使えます。画面が小さい分、価格もリーズナブルなので、コスパで選びたい方にもおすすめです。

ネットサーフィンや電子書籍を読む場合には文字が小さめですが、拡大して調節することも可能なので、使い勝手は良好。通勤・通学など移動中にタブレットを使用するのに適しているサイズです。

スペックで選ぶ

CPU

CPUは人間の頭脳にあたるパーツ。中華タブレットの処理機能を大きく左右する重要なパーツです。タブレットの使用目的がゲームプレイや高精細な動画の閲覧といった方は、まずCPUをチェックしましょう。

CPUの性能は「コア数」と「クロック周波数(GHz)」を見ることである程度の判断ができます。快適にゲームが楽しみたい方はクアッドコア(4コア)以上、1.8GHz以上がおすすめです。

高いグラフィック性能が必要となるゲームをプレイする場合には、オクタコア(8コア)や2.0GHz以上のクロック周波数のCPUを搭載したモデルを選ぶようにしましょう。

メモリ

メモリとは、同時に処理できるデータ量を左右するパーツで、よく「机の広さ」に例えられます。広い机であれば作業効率は上がりますが、狭い机では作業は滞りがち。複数のアプリを同時に使用する場合や、音楽を流しながら作業を行う場合にはメモリ容量の多い方が有利です。

メモリ容量が少ない場合にはデータ処理に時間がかかったり、画面がフリーズしてしまったりする可能性が高くなるので、ストレスを感じることが多々あります。

高グラフィックのゲームをプレイする場合には4GB以上、通常の使用でも2GB以上のメモリを搭載したモデルを購入の目安としましょう。

ストレージ

ストレージはアプリやゲームなどのプライベートデータからOSなどシステムデータまで、タブレット内のあらゆるデータを保存しておく部分です。ストレージの容量が大きければそれだけたくさんのデータが保存しておけるため、いろいろなコンテンツを楽しみたいならストレージの容量も確認しておきましょう。

目安として、WebサイトやSNSを見たりする程度なら「16GB」、アプリやゲームをそれなりに楽しみたいなら「32GB」、写真や動画、アプリやゲームなどいろいろなコンテンツを楽しみたいなら「64~128GB」を選ぶのがおすすめです。

ただし、ストレージの容量が大きくなるとその分価格も高くなります。コスパを重視しつつ多くのデータを保存したい方は、SDカードに対応した中華タブレットを選ぶのもひとつの方法です。ぜひ検討しておきましょう。

通信方法で選ぶ

Wi-Fiモデル

Wi-FiモデルはSIMカードを挿入せずにWi-Fiに接続することによって通信を行うモデルです。月々の料金が発生しない一方、Wi-Fiが使えない環境下ではインターネットが使用できないというデメリットがあります。

自宅や職場などWi-Fiが通っている場所で使う分には問題はありませんが、外出先でもタブレットを使いたい方は注意が必要です。

ただし、モバイルルーターやスマホのテザリング機能を活用すれば、移動中などでもインターネットを活用することが可能なので、その点は留意しておきましょう。

LTE(SIMフリー)モデル

LTE(SIMフリー)モデルとは、SIMカードを挿入することによってどこでもLTE通信を行えるモデルです。高速のLTE通信は魅力的ですが、月額料金を支払って通信事業者と契約する必要があるため、使用しなくても料金が発生してしまいます。

移動中などWi-Fiが利用できない環境下においても通信を行うことが可能なため、Wi-Fiモデルより利便性が高い点。ただし、タブレットの本体価格もLTE(SIMフリー)モデルの方がやや高くなります。

中華タブレットのおすすめメーカー

レノボ(Lenovo)

By: amazon.co.jp

高性能かつコスパ良好のパソコンを展開していることで知られている「レノボ」。タブレットにおいても同様で、お手頃価格の製品が揃っています。

コスパ重視のAndroidタブレットのほか、ハイスペックなWindowsタブレットをリリースしているのもポイント。2005年から日本法人の「レノボ・ジャパン」が設立し、サポート体制も充実しています。

2017年11月から国内のPC市場の一役を担ってきた「富士通」のバソコン事業を傘下としており、さらなるブランド強化を図っています。

チウェイ(CHUWI)

By: amazon.co.jp

2004年に設立した「チウェイ」。日本国内ではまだまだ聞き慣れないメーカーですが、低価格でありながらスタイリッシュなデザインのノートパソコンやタブレットなどを世界各国にリリースしています。

中華タブレットのおすすめモデル|10インチ

レノボ(Lenovo) TAB P10 LTEモデル ZA450140JP

ガラス表面に「Anti-Fingerprintコーティング」を施した指紋のつきにくい中華タブレット。ボディ側面はダイヤモンドカットの縁取りがされたアルミニウム製で、高級感ある美しいデザインに仕上がっています。

4つのフロントスピーカーと高解像度ディスプレイは映画やライブ映像の鑑賞に最適。鮮明な映像と臨場感ある音声でコンテンツを十分に楽しめるのもポイントです。

タブレットの使用時間をコントロールできる「キッズモード」や利用状況を分析する「ペアレンタルコントロール」といった機能を搭載しているのも魅力。また、「キッズモード」では画面の明るさやブルーライトが抑えられているので、子どもに買い与えるタブレットを探している方におすすめです。

レノボ(Lenovo) Ideapad Miix 320 80XF0007JP

付属のキーボードとドッキングすることでノートパソコンとしても使える中華タブレット。タブレットとノートパソコンは簡単に切り替えられるので、状況に応じてスムーズに使い分けることができます。

CPUはインテルの「Atom x5-Z8350」を採用。4コアでクロック周波数は1.44GHzとミドルクラスに分類されるスペックを有しています。OSはWindow 10なので、自宅やオフィスでWindowsパソコンを使用している方は違和感なく対応することができます。

本体重量はキーボードを含んでも約1.02kgと軽量。最大で11時間のバッテリー駆動が可能で、1日中持ち歩いても安心です。ビジネスシーンでも使い勝手良好な2in1タイプなので、サブ機を探している方にもおすすめです。

ALLDOCUBE Power M3 LTEモデル T1001

8000mAhという大容量バッテリーを搭載した急速充電機能対応の中華タブレット。音楽の再生で最大13時間、動画再生で最大5時間のバッテリー駆動に対応します。

デュアルSIM仕様でLTE通信に対応した回線を2つ利用することが可能。Wi-Fi通信機能にも対応しているので、状況に応じて使い分けるようにしましょう。

CPUは8コアのパワフルプロセッサーを搭載し、最大クロック周波数は1.5Hz。ディスプレイの解像度はフルHD対応なので、Web閲覧やちょっとした動画の視聴であれば十分カバーできます。リーズナブルな価格も魅力的で、「とりあえず格安のタブレットがほしい」という方におすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T5 Wi-Fiモデル AGS2-W09

10.1インチの高精細ディスプレイを搭載した中華タブレット。1920×1200の高解像度ディスプレイを採用しており、細部まで鮮やかに画像や動画を映し出します。アスペクト比は16:10で、動画鑑賞やWebサイトの閲覧に最適です。

CPUは最大クロック周波数2.36GHzで、HUAWEI Kirin 659 オクタコアを搭載。動画やWebサイトの閲覧のほか、SNSやLINE、アプリゲームなどへの使用であれば快適に動きます。なお、内蔵ストレージは16GBですが、microSDカードを活用すれば、最大256GBまで容量追加が可能です。

スピーカーは臨場感あふれるサウンド再生が可能なデュアルスピーカーを搭載。満足度の高い中華タブレットを求めている方は候補として検討しておきましょう。

中華タブレットのおすすめモデル|7~8インチ

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T3 7 Wi-Fiモデル

7インチのコンパクトなディスプレイを搭載した中華タブレット。ディスプレイ解像度は1024×600と低めですが、CPUやメモリ、ストレージはミドルクラスのスペックを搭載しており、映像処理機能は低くありません。

ボディ背面には航空機にも使用されているアルミニウム合金を使用。コンパクトでスリムながら頑丈な設計になっています。厚さは約8.6mmで、重量は約250gなので片手で持って利用するタブレットとして最適です。

Webサイトや指定したアプリへのサクセス制限が可能なのもポイント。ユーザー別に使い分けることができるので、家族共有用のタブレットを探している方はぜひチェックしておきましょう。

レノボ(Lenovo) TAB4 8 Plus LTEモデル ZA2F0157JP

ボディ両面を強化ガラスで覆った傷のつきにくい中華タブレット。薄さ約7mm、重量約300gと携帯性に優れており、負担を感じることなく持ち運びできます。CPUは8コアプロセッサー、メモリは4GB搭載。パワフルな処理機能でWebの閲覧はもちろん、動画の視聴も快適に行えます。

本モデルは1920×1200の高解像度IPSディスプレイを採用。広い視野角を有した8.0インチ画面は、電子書籍や動画閲覧におすすめです。音響性能は映画やライブ映像を自然な音声で再生してくれる「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」対応で、ステレオスピーカーながら臨場感あふれるサウンドが楽しめます。

1台のタブレットに簡単切り替え可能なマルチユーザー機能を搭載。指紋認証で素早く切替えできるので、セキュリティ面も良好です。

チウェイ(CHUWI) Hi8 SE Wi-Fiモデル

CPUに4コアプロセッサー、メモリ2GBを搭載したミドルクラスの中華タブレット。ストレージは32GBながら、microSDカードを使用して最大で128GBまでの拡張に対応しています。

8インチディスプレイの解像度は1920×1200。高解像度で小さな文字も読みやすく、映画やアニメも鮮明な映像で楽しめます。ボディの厚みは約7.8mmで、重量は約340gと軽量。片手で持っていてもストレスは少ないほか、背面の合金は手触りがよく、しっかりとしたホールド感が得られます。

なお、本製品の価格は1万円台と格安。ミドルクラスのスペックに高精細ディスプレイを備えているので、コスパ良好の中華タブレットを探している方におすすめです。

Teclast T8 Wi-Fiモデル

2560×1600の高解像度ディスプレイを搭載した中華タブレット。高精細な8.4インチIPSディスプレイは中華タブレットとしてはなかなかのスペックで、指紋付着防止のコーティングが施されているのも特徴です。

CPU6コアプロセッサー、メモリ4GB、ストレージ64GBといった基本性能も動画やWebの閲覧に充分なスペックで、カメラもイン・アウト双方に対応。アウト側のカメラにいっては13MP(1300万画素)の解像度を備えています。

ディスプレイ側のボタンには指紋認証機能を搭載。ワンタッチでログインできるので、タブレットを片手で持っている際にも便利です。インストールしたアプリにも個々にロックを設定し、指紋認証機能を採用させることが可能。価格帯としてもお手頃なので、エントリーモデルのタブレットを探している方にもおすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 LTEモデル SHT-AL09

高音質ハイレゾ音源再生に対応した8.4インチ中華タブレット。アメリカのオーディオメーカー「HARMAN(ハーマン)」が音響チューニングを担当しており、歪みのない迫力ある低音サウンドを体感できるのが特徴です。

ディスプレイは独自技術である画像調整アルゴリズム「Clarivu」搭載。2K(2560×1600)対応の高解像度画像を見やすく最適化してくれます。

CPUはHUAWEI Kirin 960オクタコアを搭載。パワフルな処理性能を持つ8コアプロセッサーと4GBのメモリで、使い勝手は良好。アプリゲームなども快適にプレイできます。画面のべゼルを詰めたデザインを採用しており、コンパクトにまとまっているのもポイント。コスパ重視であれば十分候補となる中華タブレットです。

中華タブレットのおすすめモデル|11インチ以上

ファーウェイ(HUAWEI) MateBook E BW19BHI58S25OGO

12インチの高精細ディスプレイを搭載した2in1タイプの中華タブレット。2160×1440の高解像度を誇るディスプレイや第7世代のインテルCorei5、8GBメモリ、256GBのSSDを搭載するなど、ノートパソコン並みのスペックを備えているのが特徴です。

搭載しているスピーカーには専用のアンプチップ内蔵。迫力あるクリアなサウンドを発するので、映画やスポーツの鑑賞を楽しみたい方おすすめです。

付属している薄型のキーボードはタブレットのカバーやスタンドも兼用。タブレット本体の厚みは約6.9mmで、付属のキーボード兼タブレットカバーを装着しても、カバンの中でかさばらず、スマートに持ち運ぶことができます。

パワフルな処理能力を有しているにも関わらず、バッテリーのみでの最大駆動時間は9時間。自宅では映画や動画を楽しみ、仕事では外回りや出張時などにサクサクと作業が行えます。ハイスペックな2in1中華タブレットの購入を検討している方におすすめです。