国内外のメーカーが競合し、ラインナップが豊富に揃っている「タブレット」。スマホよりも画面が大きく、より快適にアプリを楽しめるので、子どもから年配の方まで幅広い世代に普及しています。一方で、最近は製品スペックや価格の差も広がっており、必要最低限の用途であれば、格安の「中華タブレット」でも十分活躍してくれます。

そこで今回は、中華タブレットのおすすめモデルをご紹介。コスパ良好の端末をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

中華タブレットとは?

By: lenovo.com

中華タブレットとは、中国・台湾などの中華圏の国々に拠点を持つメーカーや、華僑の出身者が創業したメーカーが製造したタブレット端末のこと。代表的なメーカーとしてはレノボやエイスース、CHUWIなどが有名です。

中華タブレットの特徴としてまず挙げられるのは、コストパフォーマンスが高いこと。同程度のスペックを備える日本製タブレットに比べると半分以下の価格で購入できます。そのため、安価なサブ機が欲しい方はもちろん、高性能なタブレットをできるだけ安く入手したい方におすすめです。

また、中華製タブレットにはゲーミングに特化した機種や、2種類のOSを1台のタブレットで使用できるデュアルブートに対応した機種などが展開されています。

中華タブレットの選び方

画面サイズで選ぶ

10インチ

By: rakuten.co.jp

10インチの中華タブレットは、画面が大きく迫力のある映像が楽しめるため、映画やゲームを楽しみたい方におすすめ。また、画面が大きいと小さな文字も見やすくなるので、SNSや電子書籍を快適に楽しみたい方にもおすすめです。

ただし、7~8インチと比べるとサイズや重量がそれなりにあるため、携帯性を重視する方にはあまり向いていません。なお、10インチサイズになると片手での操作が難しくなるので、その点は考慮しておきましょう。

7~8インチ

By: lenovo.com

7~8インチの中華タブレットは、スマホよりも少し大きめのサイズなので、場所を問わずにどこでも気軽に使えます。画面が小さい分、価格もリーズナブルなので、コスパで選びたい方にもおすすめです。

ネットサーフィンや電子書籍を読む場合には文字が小さめですが、拡大して調節することも可能なので、使い勝手は良好。通勤・通学など移動中にタブレットを使用するのに適しているサイズです。

通信方法で選ぶ

Wi-Fiモデル

Wi-FiモデルはSIMカードを挿入せずにWi-Fiに接続することによって通信を行うモデルです。月々の料金が発生しない一方、Wi-Fiが使えない環境下ではインターネットが使用できないというデメリットがあります。

自宅や職場などWi-Fiが通っている場所で使う分には問題はありませんが、外出先でもタブレットを使いたい方は注意が必要です。

ただし、モバイルルーターやスマホのテザリング機能を活用すれば、移動中などでもインターネットを活用することが可能なので、その点は留意しておきましょう。

LTE(SIMフリー)モデル

LTE(SIMフリー)モデルとは、SIMカードを挿入することによってどこでもLTE通信を行えるモデルです。高速のLTE通信は魅力的ですが、月額料金を支払って通信事業者と契約する必要があるため、使用しなくても料金が発生してしまいます。

移動中などWi-Fiが利用できない環境下においても通信を行うことが可能なため、Wi-Fiモデルより利便性が高い点。ただし、タブレットの本体価格もLTE(SIMフリー)モデルの方がやや高くなります。

スペックで選ぶ

CPU・メモリ・ストレージ

中華タブレットを選ぶ際に重要となるスペックはCPU・メモリ・ストレージの3点。CPUは基本システム(OS)や各種アプリを動かすのに必要となるタブレットの心臓部です。クロック周波数(GHz)やコア数が多くなるほど高速な処理が可能となり、マルチタスクも効率的にこなせるようになります。

メモリ(RAM)はタブレットが一度に処理が可能な作業領域の広さを決める部品です。GBの数値が大きくなるほどメモリの容量は多くなり、複数のアプリを開いても処理落ちしにくくストレスなく利用できます。

ストレージ(ROM)はタブレットの記録媒体として使われている部品です。GBの数値が大きくなるほどストレージの容量は多くなり、書類・写真・動画・音楽・アプリなどを大量に保存できるようになります。また、microSDカードに対応している機種ならばストレージの増設が可能なので、あわせてチェックしておきましょう。

用途ごとに必要なスペックの目安

ウェブや動画・電子書籍を軽く楽しむだけというライトな用途であれば、CPUが1.2GHz・4コア以上、メモリが2GB以上、ストレージが32GB以上の機種がおすすめです。

マルチタスクで快適に作業したい場合は、CPUが1.8GHz・4コア以上、メモリが4GB以上、ストレージが64GB以上の機種を選びましょう。

そして、3Dを多用したグラフィックの高いゲームを快適にプレイしたい場合は、CPUが2.0GHz・8コア以上、メモリが6GB以上、ストレージが128GB以上の機種がおすすめです。

中華タブレットのおすすめメーカー

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

日本ではSIMフリースマホのZenFoneやゲーミングPCのRogなどが人気の「エイスース」。台湾の台北に本社を置くメーカーで、使い勝手のよいスペックのデバイスを手頃な価格で提供しているのが人気の理由です。

タブレットの分野でもコストパフォーマンスの優れた機種が充実。2〜3万円という低価格で入手できる機種が多いにも関わらず、「VisualMaster」や「SonicMaster」などの独自技術を搭載しているので、映画や音楽を上質な環境で楽しめます。

レノボ(Lenovo)

By: amazon.co.jp

高性能かつコスパに優れたパソコンを展開していることで知られている「レノボ」。タブレットにおいても同様で、お手頃価格の製品が揃っています。

コスパ重視のAndroidタブレットのほか、ハイスペックなWindowsタブレットをリリースしているのもポイント。2005年から日本法人の「レノボ・ジャパン」が設立し、サポート体制も充実しています。

2017年11月から国内のPC市場の一役を担ってきた「富士通」のバソコン事業を傘下としており、さらなるブランド強化を図っています。

CHUWI

By: amazon.co.jp

2004年に設立した「CHUWI」。日本国内ではまだまだ聞き慣れないメーカーですが、低価格でありながらスタイリッシュなデザインのノートパソコンやタブレットなどを世界各国にリリースしています。2013年にマイクロソフトやインテルとパートナー契約を結んだことでも知られており、確かな技術力を備えているのもポイントです。

CHUWIのタブレットは安心して使えるのも特徴。日本向けのタブレットには技適マークを取得した機種が流通されているため、電波法への抵触を心配せず使用できます。また、正規代理店がアマゾンに設置されており、日本語でのサポートが受けられるのも魅力です。

中華タブレットのおすすめモデル|10インチ以上

エイスース(ASUS) 9.7型Androidタブレット ZenPad 3S 10 Z500M

エイスース(ASUS) 9.7型Androidタブレット ZenPad 3S 10 Z500M

コストパフォーマンスに優れた高機能な中華タブレットです。9.7型ディスプレイの解像度はフルHDを上回るQXGA(2048×1536)。また、周囲の明るさに応じて映像のコントラストを自動調整する「Tru2Life」機能が搭載しているので、明るい屋外でもクリアに表示します。

音響性能も高く、CDの約4倍の音質となるハイレゾ音源の再生や立体音響が楽しめる7.1chバーチャルサラウンドにも対応。なお、CPUは6コア、メモリは4GB、ストレージは32GBを搭載しており、マルチタスクやオンラインゲームも楽々こなせます。

レノボ(Lenovo) 10.1型Androidタブレット Tab P10 LTEモデル ZA450140JP

レノボ(Lenovo) 10.1型Androidタブレット Tab P10 LTEモデル ZA450140JP

家族で端末を共有しつつ映画や音楽を存分に満喫したい方におすすめの中華タブレットです。パワフルな8コアのCPU、4GBのメモリ、64GBのストレージを搭載しているので、あらゆるコンテンツを快適に楽しめます。

10.1型フルHDディスプレイは防汚コーティングと広視野のIPSパネルを搭載。指紋による汚れが付きにくく、横から覗いても一定画質の映像が楽しめます。また、フロントスピーカーを4基備えているので、臨場感の溢れるサウンドが堪能できるのも特徴です。

マルチユーザーに対応しているのもポイント。アカウントごとに個別の設定・壁紙・SNS利用が可能で、ログインやユーザー切り替えも指紋認証で簡単にできます。また、契約したSIMカードを挿入すればLTE通信が利用できるのも特徴です。

CHUWI 10.1型Androidタブレット Hi9 Air

CHUWI 10.1型Androidタブレット Hi9 Air

ハイスペックな端末をできるだけ安く入手したい方におすすめの中華タブレット。10コアのCPUやシャープ製の2Kディスプレイ(2560×1600)を搭載しているにも関わらず、2万円前後で購入できるのが魅力です。

CPUにHelio X20を搭載しているのがポイント。内部構成が10コアであることに加えて、高性能なGPUのT880を内蔵しているので、Minecraftや荒野行動など3Dを多用する高画質なゲームもストレスなく快適に遊べます。

OSには比較的新しいAndroid 8.0を搭載。ピクチャー・イン・ピクチャー機能が使用できるので、ネットサーフィンを楽しみながら小窓でYouTubeを再生するなどの用途にも使えます。

SIMカードによるLTE通信も可能。2枚のSIMカードを同時に待ち受けるDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)機能にも対応しており、SIMカードの使い分けが可能なので旅行や出張の多い方にもおすすめです。

CHUWI 10.1型Windows 2in1タブレットPC Hi10 Air

CHUWI 10.1型Windows 2in1タブレットPC Hi10 Air

ビジネスシーンで活躍する、Windows 10を搭載した2in1仕様の中華タブレットです。同梱のキーボードを装着すればノートPCとしても使用できるのが特徴。ほかにもプレゼンに適したスタンドモードやタッチ操作のしやすいテントモードなど、シーンに応じて全部で4種類の形態が使い分けられます。

CPUは1.92GHzの4コア、メモリは4GB、ストレージは64GB。フルHDディスプレイにはIPSパネルとOGSラミネート技術が採用されており、どの角度からも高精細な表示で画面が見られるので、複人数で行う打ち合わせにも重宝します。

HDMIポートを搭載しているので外部モニターやプロジェクターへの画面出力が可能。また、USB-Cポートを使えば、3Aの急速充電技術により約3時間で満充電ができます。

オールドゥキューブ(ALLDOCUBE) 10.1型デュアルOS 2in1タブレットPC iwork10 Pro

オールドゥキューブ(ALLDOCUBE) 10.1型デュアルOS 2in1タブレットPC iwork10 Pro

OSデュアルブートに対応した2in1仕様の中華タブレットです。1台の端末でAndroid 5.1とWindows 10、2つのOSを併用できるのが特徴。プライベートでの動画視聴やゲームプレイはAndroidで、ビジネスでの資料作成やプレゼンにはWindowsというような使い分けができます。

通知センサーまたはデスクトップ上のアイコンをタップすれば、OSの切り替えも簡単に可能です。CPUは1.92GHzのクアッドコア、メモリは4GB、ストレージは64GB。最大128GBまでにmicroSDカードによる拡張にも対応します。

付属のキーボードを装着すればノートPCとして使用できるほか、USB-Cを採用しているので急速充電も可能。汎用性に優れたタブレットを探している方におすすめのモデルです。

中華タブレットのおすすめモデル|8インチ以下

エイスース(ASUS) 8.0型Androidタブレット ZenPad 8.0 Z380M-WH16

エイスース(ASUS) 8.0型Androidタブレット ZenPad 8.0 Z380M-WH16

贅沢な映像美とプレミアムサウンドが楽しめる中華タブレットです。元映像よりも美しく魅せる解像技術の「Tru2Life」と、より鮮明な表示と繊細なタッチ操作を実現する「TruVivid」を搭載。場所を選ばずどこでも美しい画質で動画などを楽しめます。

「DTS Headphone:X」に対応しているのもポイント。350gの小型軽量ボディにも関わらず、イヤホンやヘッドホン使用時は7.1chのバーチャルサラウンドで迫力のある立体音響が堪能できます。

CPUは1.3GHzの4コア、メモリは2GB、ストレージは16GBでmicroSDカードが使用可能。日本語入力システム「ATOK」を標準搭載しているので、メールやSNSへの文章入力がストレスフリーにできるのもポイントです。

レノボ(Lenovo) 8.0型Androidタブレット Tab4 8 Plus LTEモデル ZA2F0157JP

レノボ(Lenovo) 8.0型Androidタブレット Tab4 8 Plus LTEモデル ZA2F0157JP

家族で楽しめる小型軽量な端末を探している方におすすめの中華タブレットです。薄さ7mm、重さ300gの薄型軽量ボディなので、片手でも快適に楽しめるのが特徴。また、ガラス表面には防汚コーティングが施されているのでメンテナンス性にも優れています。

マルチユーザーに対応しているため、それぞれのユーザーが個別の設定でタブレットを使用可能。ログインやユーザーの切り替えも指紋認証で簡単に行えます。

また、ペアレンタルロック機能を搭載しており、有害なサイトやアプリのブロック、利用時間の管理などが可能なので、子ども用のタブレットとしてもおすすめです。

SIMフリー端末なのでLTE通信にも対応。契約したSIMカードを挿入すれば、Wi-Fiが設置されていない場所でもタブレット単体でインターネットの利用ができます。

CHUWI 8.0型Androidタブレット Hi8 SE

CHUWI 8.0型Androidタブレット Hi8 SE

ビデオオンデマンドでの映画鑑賞を存分に楽しみたい方におすすめの中華タブレットです。1万円前後とリーズナブルなのにも関わらず、IPSパネルを採用したフルHD解像度のディスプレイを搭載。どの視聴角度からも一定の色合いなので楽な姿勢で映画が楽しめます。また、文字が読みやすいので電子書籍の閲覧も快適です。

CPUは1.1GHzの4コア、メモリは2GBですが、グラフィック性能を向上させるGPUのMali T720を搭載しているので、滑らかに動画を再生できます。ストレージは32GBですが、mciroSDカードで最大128GBまでの容量を追加することが可能。ウェブ閲覧や動画の視聴用におすすめのモデルです。

テックラスト(Teclast) 8.0型Androidタブレット P80H

テックラスト(Teclast) 8.0型Androidタブレット P80H

1万円以下という安い価格で入手できるエントリークラスの中華タブレットです。CPUは1.3GHzの4コア、メモリは1GBですが、ウェブブラウジングや動画視聴、電子書籍などの軽いソフトであれば十分に使用できます。

ストレージも8GBと少ないですが、microSDカードで容量を32GBまで追加可能。また、廉価モデルにも関わらずWi-Fiが2.4GHzと5GHzの両方に対応しているので、使用シーンに応じて接続回線の変更ができます。

さらに、microHDMIコネクタを備えているので外部モニターやプロジェクターへの映像出力も可能。メインとは別にサブ機が欲しい方におすすめのモデルです。