中国や台湾など、中華圏発祥の「中華タブレット」。コストパフォーマンスに優れたさまざまなモデルが、各メーカーからラインナップされています。また、格安なのも魅力。しかし、画面サイズや機能性など製品によって特徴が異なるため、何を選べばよいか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、中華タブレットのおすすめモデルをご紹介。コスパ良好の端末をピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

中華タブレットとは?

By: lenovo.com

中華タブレットとは、中国・台湾などの中華圏の国々に拠点を持つメーカーや、華僑の出身者が創業したメーカーが製造したタブレット端末のこと。レノボやエイスース、CHUWIなどのメーカーが有名です。

中華タブレットの特徴としてまず挙げられるのは、コストパフォーマンスが高い点。なかには、同程度のスペックを備える日本製タブレットに比べ、半分以下の価格で購入できるモデルもあります。安価なサブ機が欲しい方はもちろん、高性能なタブレットをできるだけ安く入手したい方におすすめです。

また、中華製タブレットにはゲーミングに適した機種や、2種類のOSを1台のタブレットで使用できるデュアルブートに対応した機種なども展開されています。

中華タブレットの選び方

画面サイズで選ぶ

10インチ

By: amazon.co.jp

10インチの中華タブレットは画面が大きいため、映画やゲームなどで迫力のある映像を楽しみたい方におすすめ。また、画面が大きいと小さな文字も見やすくなるので、SNSや電子書籍を快適に閲覧したい方にもぴったりです。

ただし、7~8インチと比べるとサイズや重量があるため、携帯性を重視する方にはあまり向いていません。また、10インチサイズのモノは片手での操作が難しいことも、留意しておきましょう。

7~8インチ

By: lenovo.com

7~8インチの中華タブレットは、スマホよりも少し大きめのサイズなので、場所を問わず気軽に使えるのがメリット。画面が小さい分、価格もリーズナブルなため、コスパのよいモノを選びたい方におすすめです。

ネットサーフィンや電子書籍を読む場合には文字が小さめですが、拡大して調節することも可能なので、使い勝手は良好。通勤・通学など移動中にタブレットを使用するのに適しているサイズです。

通信方法で選ぶ

Wi-Fiモデル

By: huawei.com

Wi-Fiモデルは、SIMカードを挿入せずWi-Fiに接続することによって通信を行うモデルです。月々の料金が発生しない一方、Wi-Fiが使えない環境下では、インターネットが使用できないのがデメリット。自宅や職場などWi-Fiが通っている場所で使う分に問題はありませんが、外出先でもタブレットを使いたい方は注意が必要です。

ただし、モバイルルーターやスマホのテザリング機能を活用すれば、移動中などでもインターネットを活用できます。

LTE(SIMフリー)モデル

By: amazon.co.jp

LTE(SIMフリー)モデルとは、SIMカードを挿入することで場所を問わずLTE通信を行えるタブレットのことです。移動中など、Wi-Fiが利用できない環境下においても通信を行えるのがメリット。さまざまな場所でタブレットを使用したい方におすすめのタイプです。

ただし、高速のLTE通信は魅力的ですが、月額料金を支払って通信事業者と契約する必要があるため、使用しなくても料金が発生してしまいます。外出先でタブレットを使用する頻度が高い方は、LTEモデルをチェックしておきましょう。

OSで選ぶ

Android OS

By: lenovo.com

「Android OS」は、Googleが無償提供しているOSです。さまざまなメーカーが製造するタブレットに搭載されています。そのため、スペックやデザインの選択肢が多く、ニーズや使用用途に合わせて選択できるのがメリットです。

リーズナブルなモデルも多いので、初めて購入するタブレットとしてもおすすめ。また、アプリをGoogle Playからダウンロードしたい方や、Androidスマホを使用している方にとって使いやすいOSでもあります。

Windows OS

By: chuwi.com

マイクロソフトが提供しており、パソコンに使用されているOSとして馴染みのある「Windows OS」。Word・Excel・PowerPointなど、ビジネスシーンで使用する機会の多いオフィスソフトの利用に適しています。

AndroidタブレットやiPadに比べると使用できるアプリは少なめですが、スペックの高いモデルが多くラインナップされているのがポイント。また、タブレットとして動画やアプリを楽しむだけでなく、マウスやキーボードを接続し、ノートパソコンとして使う場合にもおすすめです。

デュアルOS

1台のタブレットに2種類のOSを搭載しているのが「デュアルOS」です。起動時にOSを選択し、再起動で切り替えながら使用可能。「デュアルOS」搭載タブレットは、Windows OSとAndroid OSを採用しているモデルが多数を占め、特に中華タブレットに多い傾向があります。

使用できるアプリが豊富なAndroid OSと、ビジネスシーン向きのWindows OSを、使用用途に応じて切り替えられるのが大きなメリットです。

スペックで選ぶ

CPU・メモリ・ストレージ

中華タブレットを選ぶ際に重要なスペックは、CPU・メモリ・ストレージの3点。CPUは基本システム(OS)や各種アプリを動かすのに必要なタブレットの頭脳です。クロック周波数(GHz)やコア数が多いモノほど高速な処理が可能となり、マルチタスクも効率的にこなせます。

メモリ(RAM)は、タブレットが一度に処理が可能な作業領域の広さを決めるパーツです。GBの数値が大きいモノほどメモリの容量が多いため、複数のアプリを開いても処理落ちしにくく、快適に使用できます。

ストレージ(ROM)は、タブレットの記録媒体として使われているパーツです。GBの数値が大きいモノほどストレージの容量は多く、書類・写真・動画・音楽などを大量に保存できます。また、microSDカードに対応している機種ならストレージの増設が可能なので、あわせてチェックしておきましょう。

用途ごとに必要なスペックの目安

ウェブや動画、電子書籍を軽く楽しむだけとライトな用途であれば、CPUが1.2GHz・4コア以上、メモリが2GB以上、ストレージが32GB以上のモデルがおすすめです。

マルチタスクで快適に作業したい場合は、CPUが1.8GHz・4コア以上、メモリが4GB以上、ストレージが64GB以上の機種を選びましょう。

3Dを多用したグラフィックの高いゲームを快適にプレイしたい場合は、CPUが2.0GHz・8コア以上、メモリが6GB以上、ストレージが128GB以上の機種がおすすめです。

中華タブレットのおすすめメーカー

ファーウェイ(HUAWEI)

By: huawei.com

中国の深圳に本社を置く大手電子通信機器メーカー「ファーウェイ」。高スペックなタイプでも低価格のモデルが多く、コスパのよい製品を多数揃えているのが特徴です。

2005年に日本進出を果たし、日本人向けのコールセンターやLINEチャットサービスなどサポート体制も整っているため、安心して使用できます。ただし、Google関連サービスの利用ができないモデルが多いため、Googleサービスを使いたい方は注意が必要です。

レノボ(Lenovo)

By: amazon.co.jp

高性能かつコスパに優れたパソコンを展開していることで知られている「レノボ」。タブレットにおいても同様で、お手頃価格の製品が多くラインナップされています。

コスパ重視のAndroidタブレットのほか、ハイスペックなWindowsタブレットをラインナップしているのもポイント。2005年から日本法人の「レノボ・ジャパン」が設立し、サポート体制が充実しているのも魅力です。

2017年11月から国内のPC市場の一役を担ってきた「富士通」のバソコン事業を傘下としており、さらなるブランド強化を図っています。

CHUWI

By: chuwi.com

2004年に設立した「CHUWI」。低価格ながらスタイリッシュなデザインのノートパソコンや、タブレットなどを世界各国に発売しています。2013年にマイクロソフトやインテルとパートナー契約を結んだことでも知られており、確かな技術力を備えているのがポイントです。

CHUWIのタブレットは安心して使いやすいのも特徴。日本向けのタブレットには技適マークを取得した機種が流通されているため、電波法への抵触を心配せず使用できます。また、正規代理店がAmazonに設置されており、日本語でのサポートが受けられるのも魅力です。

中華タブレットのおすすめモデル

ファーウェイ(HUAWEI) 8インチ MediaPad M5 lite 8

タブレット業界で根強い人気を有している、ファーウェイのWi-Fiモデル。細部まで表現できる1920×1200の高解像度と、283PPIの高精細IPSディスプレイにより、映像を鮮明に再現するのが特徴です。

また、音のプロフェッショナルであるHarman Kardonが施したチューニングと、デュアルスピーカー・デュアルパワーアンプ・HUAWEI Histen5.0オーディオテクノロジーを組み合わせ、高品質なサウンドを実現。美しい映像と共に、臨場感のあるオーディオを楽しめます。

大容量5100mAhのバッテリーと省電力技術により、約10.6時間の連続使用が可能。ベゼルが狭いデザインのため、8.4インチのコンパクトなサイズながら、没入感を得やすいのもメリット。エレガントなメタルボディは、スタイリッシュで持ち運びにも便利です。

映像や音質などにこだわったタブレットが欲しい方に適しています。

ファーウェイ(HUAWEI) 9.7インチ MatePad T10

9.7インチのHD解像度ディスプレイを搭載した中華タブレットです。「HUAWEI Histen 6.1サウンドテクノロジー」を採用し、迫力があるクリアなサウンドを体験できます。

「HUAWEIアプリマルチプライヤー」 により、横画面にすれば2つのウィンドウ を同時に表示することも可能。ウインドウのサイズは3つのオプションから指定できるため、カスタマイズして作業の効率化を図れます。

また、子供も使いやすいキッズモードを搭載。アイ・コンフォートモードや適切なコンテンツやアプリだけを制限できる機能で、子供でも比較的安全にタブレットを扱えます。

さらに、画面のコントラストをできるだけ下げ、ソフトなディスプレイ環境を実現するダークモードを搭載し、夜間の使用にも配慮。大人から子供まで楽しめる、一家に1台欲しいタブレットです。

レノボ(Lenovo) 7インチ Tab M7

重さわずか237gの薄型軽量モデル。OSにはAndroid 11 Goを搭載し、スムーズな動作を実現できるのが魅力です。メモリ2GB、フラッシュメモリ32GBで、ネット検索や動画視聴などのライト使用に適しています。

7インチとコンパクトサイズながら、広角視野のIPSディスプレイによりさまざまな角度からでも見やすく、映画やインターネットを楽しめるのがメリット。価格も手頃なエントリーモデルのため、初めてのタブレットとしておすすめです。

レノボ(Lenovo) 11.5インチ Tab P11 Pro ZA7C0050JP

11.5インチのOLEDパネルを採用した中華タブレット。ドルビーアトモスでチューニングされた4つのJBLスピーカーを備えており、臨場感のあるサウンドを体験できます。

CPUには、8コアのSnapdragon 730Gプロセッサーを搭載。重いアプリでも比較的スムーズに操作でき、シームレスなゲーミング体験も可能です。最大約15時間連続で使用できるバッテリーを備えているのも魅力。フロントカメラでの顔認証に対応しており、すばやく作業を開始できます。

ビジネスだけでなく勉強や趣味など幅広いシーンに使いたい方におすすめのモデルです。

CHUWI 13インチ UBook XPro

マイクロソフトとパートナー契約を結んでいるメーカー「CHUWI」から発売されている、2in1の中華タブレット。キーボードを接続するとノートパソコンのようにして使えます。OSに、Windows 10を採用しているのが特徴です。

メモリは8GBで、動画編集やマルチタスクの切り替えなどもスムーズに動作します。高速で途切れにくいデュアルWi-Fiに対応しているほか、Bluetooth 4.2でワイヤレス機器ともスムーズに接続可能。仕事を効率化できます。

また、13インチの2K IPSディスプレイは、2160×1440の高解像度でリアルな映像を映し出すことが可能。迫力がある体験ができるため、映画鑑賞やゲームでの用途にも向いています。Android機でPCライクな作業をしたいビジネスユーザーや、仕事とプライベートどちらにも使用したい方におすすめのモデルです。

CHUWI HiPad Plus

11インチの中華タブレット。厚みはわずか6.95mmと薄く、重さは約505gと軽量で、持ち運びに便利なのが特徴です。ディスプレイは解像度2176×1600のIPSで高画質。アスペクト比は4:3で、スクロールして見るメールやウェブ閲覧にも配慮されています。

プロセッサーはA73を4コア、A53を4コア搭載したMT8183で、最大周波数は2.0GHz。12nmプロセスの加工やMediaTek APUも相まって処理スピードが早く、ゲーミング用途にも対応します。

また、GPUはArmのMali G72、 アーキテクチャは同社のBifrostで、動画視聴にもおすすめ。メモリはLPDDR4の8GBで、複数アプリの同時起動に対応できるほか、ストレージはEMMCの128Gで、立ち上がりもスムーズです。

ネット・ゲーミング・動画視聴などを通じて、さまざまなエンタメコンテンツを楽しみたい方はぜひチェックしておきましょう。

VANKYO 7インチ Matrixpad S7

中国の深圳市に本社を置く家電メーカー「VANKYO」から発売されている、低価格かつコンパクトな7インチの中華タブレット。CPUに周波数最大1.3GHzの高性能な4コアを搭載し、アプリケーションをすばやく起動できます。負担がかかりやすい作業もスムーズに動き、快適に操作しやすいモデルです。

2900mAhの大容量バッテリーを採用し、フル充電で最大8時間の連続使用が可能。移動中の映画鑑賞や読書にもぴったりです。また、高画質IPSディスプレイを採用しているため、比較的美しい映像を楽しめます。

そのほか、重量がわずか260gと軽量なのも魅力。子供用や長距離移動時用のモデルを探している方におすすめです。

VASTKING 10.1インチ KingPad K10

価格・性能・デザインのバランスに優れた中華タブレットです。CPUは8コアで、最大1.8GHzの周波数に対応。また、3GBのメモリを備えており、処理能力が速く作業をスムーズにこなせます。

10.1インチのディスプレイはフルHDに対応し、美しい映像を楽しめるのが魅力。また、顔認証機能により、パスワード入力などの手間を軽減し、プライバシーの保護が可能なのも便利です。

6000mAhの大容量バッテリーは、最大12時間連続の使用が可能。USB Type-Cの急速充電ポートを搭載しており、約4時間でフル充電できるのもメリットです。コスパのよい製品のため、低価格で試してみたいタブレット初心者にもおすすめです。

TECLAST 10.1インチ M40Pro

Android 11を搭載したSIMフリーモデルの中華タブレットです。プロセッサーに8コアの高性能なUnisoc T618を搭載しているのが特徴。最大周波数2.0Ghzに対応しています。

待ち時間が少なく、アプリケーションの起動が速いのがメリット。高い処理能力が求められる作業にも適しています。また、デュアルSIMカードにより、場所を選ばず使用可能。4GとLTEの2つに対応しています。加えて、5GHz帯のWi-Fi接続も可能で、安定性の高い通信環境を維持しやすいのも魅力です。

10.1インチのIPSディスプレイは1920×1200のフルHDに対応し、広い視野と高画質で鮮やかな視聴が可能。4つのステレオスピーカーを搭載しており、没入感のある体験ができます。SIMフリータイプのため、Wi-Fiがない環境でもタブレットを利用できるため、外出先での使用が多い方におすすめです。

シャオミ(Xiaomi) 11インチ Xiaomi Pad 5

シャオミのハイエンドなAndroid中華タブレットです。1600×2560の高解像度により10億色以上に対応しているため、写真や動画の再現性が高いのが特徴。加えてDolbyVisionにも対応し、自然なカラーで没入感のある視聴を楽しめます。

120Hzのリフレッシュレートにより、滑らかな操作性を実現。作用中のスクロールやスワイプなどがスムーズに行えるのもメリットです。ブルーライトを軽減した目に優しいディスプレイには、アンビエントライトセンサーも搭載。さまざまな照明環境に適応します。

また、8720mAhの大容量バッテリーを備え、最大約16時間の動画視聴が可能。バッテリーの残量の心配が少ないため、仕事だけでなく映画の視聴や勉強などにも適しています。高機能なAndroidタブレットが欲しい方におすすめです。