国内外のメーカーが競合し、ラインナップが豊富に揃っている「タブレット」。スマホよりも画面が大きく、より快適にアプリを楽しめるので、子供から年配の方まで幅広い世代に普及しています。一方で、最近は製品スペックや価格の差も広がっており、必要最低限の用途であれば、格安の「中華タブレット」でも十分活躍します。

そこで今回は、中華タブレットのおすすめモデルをご紹介。コスパ良好の端末をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

中華タブレットとは?

By: rakuten.co.jp

中華タブレットとは、中国・台湾などの中華圏の国々に拠点を持つメーカーや、華僑の出身者が創業したメーカーが製造したタブレット端末のこと。代表的なメーカーとしてはレノボやエイスース、CHUWIなどが有名です。

中華タブレットの特徴としてまず挙げられるのは、コストパフォーマンスが高いこと。同程度のスペックを備える日本製タブレットに比べると半分以下の価格で購入できます。そのため、安価なサブ機が欲しい方はもちろん、高性能なタブレットをできるだけ安く入手したい方におすすめです。

また、中華製タブレットにはゲーミングに特化した機種や、2種類のOSを1台のタブレットで使用できるデュアルブートに対応した機種などが展開されています。

中華タブレットの選び方

画面サイズで選ぶ

10インチ

By: rakuten.co.jp

10インチの中華タブレットは、画面が大きく迫力のある映像が楽しめるため、映画やゲームを楽しみたい方におすすめ。また、画面が大きいと小さな文字も見やすくなるので、SNSや電子書籍を快適に楽しみたい方にも最適です。

ただし、7~8インチと比べるとサイズや重量がそれなりにあるため、携帯性を重視する方にはあまり向いていません。なお、10インチサイズになると片手での操作が難しくなるので、その点は考慮しておきましょう。

7~8インチ

By: amazon.co.jp

7~8インチの中華タブレットは、スマホよりも少し大きめのサイズなので、場所を問わずにどこでも気軽に使えます。画面が小さい分、価格もリーズナブルなので、コスパで選びたい方にもおすすめです。

ネットサーフィンや電子書籍を読む場合には文字が小さめですが、拡大して調節することも可能なので、使い勝手は良好。通勤・通学など移動中にタブレットを使用するのに適しているサイズです。

通信方法で選ぶ

Wi-Fiモデル

Wi-FiモデルはSIMカードを挿入せずにWi-Fiに接続することによって通信を行うモデルです。月々の料金が発生しない一方、Wi-Fiが使えない環境下ではインターネットが使用できないというデメリットがあります。自宅や職場などWi-Fiが通っている場所で使う分に問題はありませんが、外出先でもタブレットを使いたい方は注意が必要です。

ただし、モバイルルーターやスマホのテザリング機能を活用すれば、移動中などでもインターネットを活用することが可能なので、その点は留意しておきましょう。

LTE(SIMフリー)モデル

LTE(SIMフリー)モデルとは、SIMカードを挿入することによってどこでもLTE通信を行えるモデルです。高速のLTE通信は魅力的ですが、月額料金を支払って通信事業者と契約する必要があるため、使用しなくても料金が発生してしまいます。

ただし、移動中などWi-Fiが利用できない環境下においても通信を行うことが可能なため、さまざまな場所でタブレットを使用したい方におすすめ。外出先でタブレットを使用する頻度が高い方はチェックしておきましょう。

OSで選ぶ

Android OS

By: android.com

「Android OS」は、Googleが無償提供しているOSであり、さまざまなメーカーが製造するタブレットに搭載されています。そのため、スペックやデザインの選択肢が多く、ニーズや使用用途にあわせて選択できるのがメリット。

リーズナブルなモデルも多いので、初めて購入するタブレットとしてもおすすめです。また、アプリをGooglePlayからダウンロードしたい方や、Androidスマホを使用している方には使いやすいOSです。

Windows OS

By: microsoft.com

Microsoftが提供しており、パソコンに使用されているOSとして馴染みのある「Windows OS」。WordやExcel、PowerPointなど、ビジネスシーンで使用する機会の多いオフィスソフトの利用に適しています。

AndroidタブレットやiPadに比べると使用できるアプリは少なめですが、スペックの高いモデルが多くラインナップされているのがポイント。また、タブレットとして動画やアプリを楽しむだけでなく、マウスやキーボードを接続して、ノートパソコンとして使う場合にもおすすめです。

デュアルOS

By: amazon.co.jp

1台のタブレットに2種類のOSを搭載しているのが「デュアルOS」です。起動時にOSを選択し、再起動で切り替えながら使用可能。「デュアルOS」搭載タブレットは、「Windows OS」と「Android OS」を採用しているモデルが多数を占め、中華タブレットに多い傾向があります。

使用できるアプリが豊富な「Android OS」と、ビジネスシーン向きの「Windows OS」を、使用用途に応じて切り替えられるのが最大のメリットです。

スペックで選ぶ

CPU・メモリ・ストレージ

中華タブレットを選ぶ際に重要となるスペックはCPU・メモリ・ストレージの3点。CPUは基本システム(OS)や各種アプリを動かすのに必要となるタブレットの心臓部です。クロック周波数(GHz)やコア数が多くなるほど高速な処理が可能となり、マルチタスクも効率的にこなせるようになります。

メモリ(RAM)はタブレットが一度に処理が可能な作業領域の広さを決める部品です。GBの数値が大きくなるほどメモリの容量は多くなり、複数のアプリを開いても処理落ちしにくくストレスなく利用できます。

ストレージ(ROM)はタブレットの記録媒体として使われている部品です。GBの数値が大きくなるほどストレージの容量は多くなり、書類・写真・動画・音楽・アプリなどを大量に保存できるようになります。また、microSDカードに対応している機種ならばストレージの増設が可能なので、あわせてチェックしておきましょう。

用途ごとに必要なスペックの目安

ウェブや動画、電子書籍を軽く楽しむだけというライトな用途であれば、CPUが1.2GHz・4コア以上、メモリが2GB以上、ストレージが32GB以上のモデルがおすすめです。

マルチタスクで快適に作業したい場合は、CPUが1.8GHz・4コア以上、メモリが4GB以上、ストレージが64GB以上の機種を選びましょう。

3Dを多用したグラフィックの高いゲームを快適にプレイしたい場合は、CPUが2.0GHz・8コア以上、メモリが6GB以上、ストレージが128GB以上の機種がおすすめです。

中華タブレットのおすすめメーカー

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

日本ではSIMフリースマホのZenFoneやゲーミングPCのRogなどが人気の「エイスース」。台湾の台北に本社を置くメーカーで、使い勝手のよいスペックのデバイスを手頃な価格で提供しているのが人気の理由です。

タブレットの分野でもコストパフォーマンスの優れた機種が充実。2〜3万円という低価格で入手できる機種が多いにも関わらず、「VisualMaster」や「SonicMaster」などの独自技術を搭載しているので、映画や音楽を上質な環境で楽しめます。

レノボ(Lenovo)

By: amazon.co.jp

高性能かつコスパに優れたパソコンを展開していることで知られている「レノボ」。タブレットにおいても同様で、お手頃価格の製品が多くラインナップされています。

コスパ重視のAndroidタブレットのほか、ハイスペックなWindowsタブレットをリリースしているのもポイント。2005年から日本法人の「レノボ・ジャパン」が設立し、サポート体制も充実しています。

2017年11月から国内のPC市場の一役を担ってきた「富士通」のバソコン事業を傘下としており、さらなるブランド強化を図っています。

CHUWI

By: amazon.co.jp

2004年に設立した「CHUWI」。日本国内ではまだまだ聞き慣れないメーカーですが、低価格ながらスタイリッシュなデザインのノートパソコンや、タブレットなどを世界各国にリリースしています。2013年にマイクロソフトやインテルとパートナー契約を結んだことでも知られており、確かな技術力を備えているのもポイントです。

CHUWIのタブレットは安心して使えるのも特徴。日本向けのタブレットには技適マークを取得した機種が流通されているため、電波法への抵触を心配せず使用できます。また、正規代理店がAmazonに設置されており、日本語でのサポートが受けられるのも魅力です。

ファーウェイ(HUAWEI)

By: amazon.co.jp

中国が誇る大企業「ファーウェイ」。サムスンやアップルとスマホの集荷台数を競いあっていることで有名ですが、タブレットのラインナップも豊富です。世界的に名の知られたメーカーらしく、品質の高いタブレットが多いので、安心して購入できるメリットがあります。

低価格なエントリーモデルから、ハイスペックなモデルまで、用途にあわせて選択可能。専用アクセサリ類が充実しているのもポイントです。

中華タブレットのおすすめモデル|10インチ以上

エイスース(ASUS) ZenPad 10 Z300CNL

エイスース(ASUS) ZenPad 10 Z300CNL

10.1インチディスプレイを搭載したLTE通信対応のAndroid中華タブレット。独自の映像テクノロジー「ASUS VisualMaster」により、表示する映像のピクセルを分析し、画像に適したコントラストに自動調節。精細でリアルな映像を体験できます。

音響面では、タブレット前面に配したデュアルスピーカーから、臨場感あふれるサウンドを再生可能。「DTS Headphone:X」にも対応しており、ヘッドホンやイヤホンを使用すれば、7.1chのバーチャルサラウンドが楽しめます。

4コアのCPUは、最大動作周波数1.83GHz。メモリは2GBなので、Webや動画の閲覧用タブレットとしておすすめです。ストレージは16GBですが、「ASUS WebStorageサービス(5GB)」が無料で使えます。また、Googleドライブ(100GB)が、2年間無料で使用できるのもメリットです。

レノボ(Lenovo) Tab4 10 Plus ZA2M0085JP

レノボ(Lenovo) Tab4 10 Plus ZA2M0085JP

家族で使える10.1インチのAndroid中華タブレット。スリムなボディの前背面にはガラス素材を採用しています。重量約475gと軽量なので、頻繁に携帯する方におすすめです。

広視野角IPSディスプレイは、1920×1200の高解像度仕様。スピーカーはドルビーアトモスに対応しており、臨場感あふれるサウンド再生が可能です。8コアの高性能CPUは動作周波数2.0GHz、メモリは3GB搭載。内蔵ストレージは16GBですが、microSDカードに対応しています。

本製品には複数のアカウントを登録できるので、家族で共有するタブレットとしてもおすすめ。Webサイトやアプリの使用を制限する「キッズモード」を搭載しているため、子供用にも安心して使えます。

レノボ(Lenovo) IdeaPad Miix 320 80XF00L5JP

レノボ(Lenovo) IdeaPad Miix 320 80XF00L5JP

OSにWindows10を採用した10.1インチの中華タブレットです。脱着可能なキーボードが付属している2in1タイプ。タブレットとしてだけでなく、ノートパソコンのように使えるのがメリットです。

4コアのインテル製CPUは最大動作周波数1.92GHz。メモリは2GB、内蔵ストレージは64GB搭載しています。最大11時間のバッテリー駆動が可能なので、1日中携帯するタブレットとしてもおすすめです。

CHUWI UBook 2in1 タブレット

CHUWI UBook 2in1 タブレット

キーボードが付属した2in1タイプの中華タブレット。ボディ背面に0~145°で角度調節できるキックスタンドを搭載。付属キーボードを利用して、ノートパソコンのように使用できます。

CPUには、4コアのCeleron N4100を採用。最大動作周波数は2.4GHzと高性能です。メモリは8GB搭載。内蔵ストレージは256GBと基本性能が高いので、3Dグラフィックを多用したゲームをプレイするのにもおすすめです。

また、11.6インチのディスプレイはフルHD解像度対応。筆圧感知1024レベルの高性能スタイラスペンに対応しているので、お絵描きタブレットとして使えます。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T5 AGS-W09

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T5 AGS-W09

立体感あるサウンドが楽しめるAndroid中華タブレット。ファーウェイ独自の音響技術「Histen」により、360°の臨場感あふれるサウンド体験が可能。8コアのCPUは、最大動作周波数2.36Hzと高性能。3GBのメモリを搭載しているので、快適にWeb閲覧や動画鑑賞が可能です。

内蔵ストレージは32GBですが、最大256GBまでのmicroSDカードが使用可能。写真や動画を保存しておきたい方におすすめです。

アプリやタブレットの使用時間を管理できる「キッズモード」や、目に優しい「ブルーライトカットモード」など便利な機能が搭載されているのもポイント。リーズナブルな価格で購入できるので、エントリーモデルとしても最適です。

ALLDOCUBE iWork10

ALLDOCUBE iWork10

2種類のOSを搭載したコスパに優れた中華タブレットです。OSにはWindows10に加えて、Android5.1を採用。脱着可能なキーボードが付属しているので、ビジネス資料の作成におすすめです。

4コアのCPUは、動作周波数1.92GHz。4GBのメモリと64GBのストレージを搭載しており、高い基本性能を誇ります。10.1インチのディスプレイは1920×1200の高解像度仕様なので、動画や電子書籍の閲覧にもおすすめ。インターフェイスにUSB Type-Cを備えているのもポイントです。

中華タブレットのおすすめモデル|8インチ以下

レノボ(Lenovo) Tab E8 ZA3W0042JP

レノボ(Lenovo) Tab E8 ZA3W0042JP

軽量で持ち運びしやすい8インチのAndroid中華タブレット。重量約320gと軽量で、ボディ厚は約8.9mmとスリムなので、扱いやすいのが魅力です。搭載されているスピーカーはドルビーアトモスに対応しており、臨場感あふれるサウンド再生が可能。

ディスプレイは、広視野角IPSパネルを採用しており、1280×800の解像度を備えています。4コアのCPUは動作周波数1.3GHz。メモリは2GB搭載。16GBの内蔵ストレージで足りない場合には、最大128GBまでのmicroSDカードを利用して容量を追加できます。

また、複数のアカウントを登録できる「マルチユーザー」にも対応。「キッズモード」で、お子さんのタブレット使用時間やアプリ利用時間をコントロールできる点もおすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 Lite 8 M5 LITE 8/WIFI/GR/A

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 Lite 8 M5 LITE 8/WIFI/GR/A

高品質なデュアルスピーカーを搭載したAndroid中華タブレット。音響機器メーカーである「ハーマン・カードン(Harman Kardon)」がチューニングしたスピーカーは、臨場感あふれるサウンド再生が可能。パワフルながら、歪みの少ない音質が特徴です。

8インチの広視野角IPSディスプレイは、1920×1200の高解像度。細部まで鮮やかな映像を表示できます。8コアのCPUは、最大動作周波数2.2GHz。3GBのメモリを搭載しているので、快適にインターネットサーフィンが楽しめます。また、約5100mAhの大容量バッテリーを搭載しており、最大10.6時間動画を再生できるのも魅力のひとつです。

Dragon Touch M7

Dragon Touch M7

リーズナブルな価格で購入できる7インチサイズの中華タブレット。OSにはAndroid9.0を採用。最大動作周波数1.6GHzの4コアCPUに、2GBのメモリと、基本スペックを抑えたコスパ重視モデルです。

本体サイズは約189.5×109×9.2mmとコンパクト。重量は約250gと軽く、持ち運びに便利です。低価格ながら金属製のボディを採用しており、高級感が漂うデザイン。内蔵ストレージは16GBですが、64GBまでのmicroSDカードに対応しているため購入後に拡張できます。

Teclast M89 Pro

Teclast M89 Pro

高精細ディスプレイを備えたAndroid中華タブレットです。7.9インチディスプレイの解像度は2048×1536。衝撃に強く、傷がつきにくい強化ガラスを採用しているのがポイントです。2.6GHzの動作周波数を誇るCPUは、10コアのHelio X27を搭載。メモリ容量は3GB、ストレージ容量は32GB搭載しています。

ボディの厚みは約7.4mmなので、片手でも持ちやすいのがメリット。2.4GHzと5GHzのデュアルバンドWi-Fiに対応しているほか、インターフェイスにはUSB Type-Cを備えています。低価格ながら多彩な機能を備えたコスパに優れた中華タブレットです。