スマホよりひと回りサイズが大きく、動画視聴などさまざまな用途に使える「タブレット」。搭載OSはAndroid・iOS・Windowsの3種類が主流で、なかでもWindows搭載タブレットはノートPCに近いスペックを備えています。

そこで今回は、Windowsタブレットのおすすめモデルをご紹介。サイズ別にピックアップするので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

Windowsタブレットのメリット

PCと同じ操作感で馴染みやすい

By: microsoft.com

Windowsタブレットの基本操作はPCと同じで、そこにタッチパネル機能が追加されているのが特徴。スタートメニューの配置などは変わらないため、Windows搭載のPCを使っている方であればすぐに使いこなせるのがメリットです。

PCソフトとの互換性を気にしなくてよい

By: vaio.com

WordやExcel、PowerPointなど、専用ソフトを使って編集するファイルの互換性を気にしなくて済むのもWindowsタブレットのメリット。また、ソフト自体もPCと同じモノがインストールできるなど、PCとタブレットでデータの共有や管理が簡単にできます。

AndroidやiOSとの違い

WindowsタブレットとAndroid・iOSタブレットとの違いは、動作するソフトウェアが全く異なること。AndroidやiOSの場合は、それぞれAndroidスマホとiPhoneで使用しているアプリと同様のアプリをインストールして使用します。

両者の違いは簡単に、Android・iOS搭載のタブレットは「スマホの画面を大きくしたモノ」、Windowsタブレットは「ノートPCのキーボードを省略してタッチパネルに対応させたモノ」と理解しておくとスムーズです。

AndroidタブレットやiPadについて詳しく知りたい方はこちら


Windowsタブレットの選び方

画面サイズをチェック

7~8インチ

By: amazon.co.jp

7~8インチモデルは、スマートフォンよりも少し大きいサイズです。軽量設計なほか、片手でも持ち歩きやすいコンパクトサイズなため、通勤や旅行などで持ち出す方におすすめ。ブラウジングや電子書籍の購読に便利なサイズです。

一方、画面サイズが小さいことから、PCで行うような高度な作業には向いていません。また、CPUの性能が低いこともあり、負担のかかるゲームを行うと動きが鈍くなる場合があります。

10インチ

By: dynabook.com

動画やゲームを楽しみたい方は、10インチモデルがおすすめ。7~8インチモデルと比較すると画面サイズが大きいため、動画の見やすさを重視する方におすすめです。また、ハイスペックのCPUや容量の大きいメモリが搭載されていれば、ある程度負担の大きいゲームでも快適に楽しめます。

ただし、7~8インチモデルよりも重く、持ち運びにくいのがデメリット。手で持ちながら長時間操作をすることに向いていないので、購入前に用途を明確にしておきましょう。

12インチ

見やすさを重視するのであれば、12インチがおすすめです。10インチよりも画面サイズが大きく、より色鮮やかに映像を楽しめるモノも豊富にラインナップされています。また、キーボード付きの2in1タイプのモデルであれば、PCと同じように作業を行えるためビジネス用途におすすめです。

基本スペックをチェック

CPU

By: microsoft.com

「CPU」はタブレットの頭脳ともいえるパーツ。高性能なCPUを搭載しているWindowsタブレットは、高い処理能力を備えています。Web閲覧やOfficeソフトの利用、メールの送受信程度であれば高い性能を求める必要はありませんが、ゲームや高画質画像・動画の編集などに使用するのであれば、高性能CPUを搭載したモデルを選択しましょう。

性能を重視する場合には、インテルのCore iシリーズやCore mシリーズが適しています。逆にコストを重視して選択する場合は、インテルのAtomシリーズなどがおすすめです。

メモリ

By: microsoft.com

一時的にデータを記録するパーツである「メモリ」。容量が多ければ多いほど動作が安定し、快適に作業が行えます。特に複数のアプリを同時に使用したり、ブラウザを複数開いたりする場合にはメモリ容量に注意が必要。容量が少ないと、タブレットの動作が遅くなる場合もあります。

ゲームや画像の編集、動画の編集、イラスト制作にWindowsタブレットを使う場合には8GB以上のメモリを搭載したモデルがおすすめ。また、メモリ容量4GB以上のモデルであれば、ネットサーフィンや事務作業も快適に行えます。

ストレージの種類と容量

By: microsoft.com

「ストレージ」とは、OSやアプリ、画像や書類データなどを保存しておくためのパーツ。多くのWindowsタブレットは、ストレージに「eMMC」か「SSD」を使用しています。低価格なeMMC搭載モデルは、コストを重視する方にぴったり。より大容量を求めるのであれば、SSD搭載モデルがおすすめです。

使用するアプリの容量や保存しておくデータ量をチェックし、ストレージ容量に余裕のあるモデルを選択しましょう。

通信機能をチェック

LTEモデル

By: microsoft.com

Wi-Fiがない環境でもインターネットの閲覧やSNS、オンラインゲームを楽しみたいのであれば、SIMフリーに対応したタブレットがおすすめです。データ通信が可能なSIMカードを挿入することで、LTEの電波が届く場所であればいつでもインターネットに接続できます。

ただし、SIMフリーの場合、タブレット本体の費用だけでなく、月々のデータ通信費用も考慮しなければなりません。また、Wi-Fiモデルよりも本体価格が高めに設定されているため、費用を抑えたい方は注意が必要です。

Wi-Fiモデル

By: microsoft.com

Wi-Fiモデルのタブレットは、Wi-Fi環境が整備されている場所でのみ使用できます。LTEモデルと異なり、外出時にいつでもインターネットに接続できるわけではないので注意しておきましょう。

Wi-FiモデルはLTEモデルよりも本体価格が安いモノが多く、コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。また、オフラインゲームや電子書籍など、インターネット接続を必要としない用途がメインであれば、Wi-Fiモデルでも快適に使用できます。

重量をチェック

By: lenovo.com

購入前に確認しておきたいのが、Windowsタブレットの重量。画面サイズが大きい製品や多機能なモノは利便性などが優れていますが、その分重くなる傾向にあります。

300~400g程度の軽い製品であれば、持ち運びやすく便利です。電子書籍を読んだりゲームをプレイしたりなど、長時間手持ちしたい方にも適しています。想定している用途や求める機能を考慮し選んでみてください。

入出力端子やその他の便利機能をチェック

By: amazon.co.jp

周辺機器と接続をするための入出力端子も要チェック。プリンターや外付けHDDなどを利用するならUSB端子があると便利です。転送速度が高速なUSB3.0に対応していると快適に使えます。

HDMI端子を備えているモデルなら、液晶テレビやヘッドホンなどを使用して迫力ある映像や音声が楽しめるため、動画再生をする方におすすめです。また、SDカードスロットを備えたモデルなら、別途SDカードリーダーを用意することなく画像や音楽などのデータを取り込めます。

さらに、Windowsタブレットにはペンが付属していたり、キーボードが取り付けられたりするモデルもラインナップ。入力が簡単になるので、仕事などで使用する場合はチェックしてみてください。

防水性能をチェック

By: fmworld.net

防水性能を持つWindowsタブレットは、水をこぼしたり雨に濡れたりした際の故障を防げるので便利です。保護の程度を表す等級は、製品のスペックから確認可能。「IPX○」といった形式で表記され、後ろにつく数値が上がるにつれ防水性も高まります。

キッチンのような水がかかりやすい場所で使用したい場合は、IPX5以上に対応した製品がおすすめ。水がかかった際の影響を受けにくいので、タブレットでレシピを見ながら調理するといった活用ができます。

浴室など、水没の恐れがある場所で使用したい場合は水が侵入しにくいIPX7以上の製品をチェックしましょう。使用するシーンや場所にあわせて選んでみてください。

Officeが搭載されているかをチェック

仕事や勉強で使う資料やレポート作成などの用途でWindowsタブレットを使う場合、Officeソフトが搭載されていると便利です。

モバイル版Officeは無料でインストールできますが、タブレットによっては編集ができないなどの制限があります。あらかじめMicrosoft Officeがプリインストールされているタブレットを選ぶと安心です。

Windowsタブレットのおすすめモデル|7~8インチ

ジャンパー(Jumper) Jumper EZpad Mini5

8インチサイズのコンパクトなWindowsタブレットです。本体重量が約360gと軽いのが特徴。カバンに入れて持ち運びやすいため、電車内での使用はもちろん、カフェでのPC作業など、屋外利用を考えている方にぴったりです。

CPUには、Intel Atom x5-Z8350プロセッサーを搭載。メモリは2GB、ストレージは32GB eMMCを採用しています。また、ディスプレイは広視野角のIPS方式で、解像度1920×1200と小型ながら高画質な映像を楽しめるのも魅力。動画コンテンツを楽しみたい方にもおすすめです。

Windowsタブレットのおすすめモデル|10インチ

マイクロソフト(Microsoft) Surface Go 2 TFZ-00011

マイクロソフトのSurfaceシリーズのなかでも軽量かつコンパクトな1台。ディスプレイサイズは10.5インチで、前モデルよりもベゼルの幅が狭くなり、大画面化が図られています。また、バッテリーは最大約10時間の駆動が可能。一日中バッテリー残量を気にせず使用できます。

背面には好みの角度に調節できるキックスタンドが搭載されているので、別途タブレットスタンドなどを用意しなくても自立させることが可能。CPUには第8世代のインテル Core m3を採用しています。メモリは8GBで、ストレージには128GBのSSDを搭載。microSDカードスロットも備えています。

また、本製品はLTE対応モデルなので、SIMカードを挿入すればWi-Fiの使えない環境でもデータ通信が可能。別売りの「タイプカバーキーボード」や「Surface ペン」を購入すれば、さらに用途が広がります。

レノボ(Lenovo) IdeaPad D330 82H0000BJP

携帯性に優れた軽量コンパクトな2in1モデル。比較的リーズナブルな価格で購入できるのが魅力です。「Microsoft Office Home & Business 2019」も付属するので、子供の学習用PCにも適しています。

CPUにはデュアルコアのインテル Celeron N4020を採用。メモリは4GBでストレージには128GBのeMMCを搭載しています。映像の視聴やWeb検索、文章の作成程度の用途なら快適にこなすことが可能。バッテリー駆動時間は最大約17時間と長いので、一日中外出していても充電を気にせず使用できます。

解像度は1280×800で、液晶パネルには広視野角なIPS方式を採用。角度の付いた位置からでも見やすいので、複数人での映像視聴などにもおすすめです。OSには、暗号化やリモートログインなどビジネスに必要な機能を搭載した「Windows 10 Home」を採用しています。

レノボ(Lenovo) Tablet 10 20L4S08V00

大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載したWindowsタブレット。1回の充電で約13.2時間駆動するため、外出先でもバッテリー残量を気にせず長時間使えます。専用のキーボードドックを装着すれば、ノートPCとして使えるのも魅力です。

スペック面では、最大2.40GHzで駆動するIntel Celeron N4100、大容量の8GB LPDDR4と128GB eMMCを搭載。ディスプレイには、LEDバックライト付きのWUXGA IPS液晶を採用しているので、お気に入りの動画やゲームもきれいな映像で楽しめます。

そのほか、4096段階の筆圧感度に対応した「Lenovo Tablet 10 Active Pen」や、外出先でも高速インターネットが楽しめるSIMカードスロットなど、機能面も充実。プライベートからビジネスユースまで幅広く使えるマルチな1台です。

富士通(FUJITSU) arrows Tab EH FAREHT1

教育現場からの意見を活かした学習におすすめの2in1モデルです。防滴・防塵性能を有しているので、屋外でも安心して使用可能。スピーカーは鉛筆などの尖ったモノで突いても壊れにくい構造になっています。ほかにも、本体の四隅には滑りにくいラバー素材を採用しているなど、子供が使うのを想定したタフな設計が魅力です。

液晶画面を取り囲む太いフレームと強化ガラスによるディスプレイを採用し、落下・振動・圧迫に対する厳しい試験もクリア済み。ワンタッチで簡単に着脱できるキーボードと専用のスタイラスペンが付属するので、さまざまな用途で使用できるのもメリットです。

CPUにはインテル Celeron N4000を採用。メモリは4GBで、ストレージには128GBのeMMCを搭載しています。「Microsoft Office Home & Business 2019」も付属。使いやすさと壊れにくさが追及されているので、PCやタブレットを使い慣れていない子供にも安心して持たせられる1台です。

ダイナブック(dynabook) K1 P1K1PPTG

子供のプログラミング学習やビジネス用途のサブマシーンなどに適した2in1タイプのWindowsタブレット。OSには「Windows 10 Pro」を採用し、「Microsoft Office Home & Business 2019」が付属します。

解像度は1280×800で、液晶パネルには広い視野角と鮮やかな色合いを実現するIPS方式を採用。ディスプレイ表面はノングレア仕様なので、光の映り込みを気にせず使用できます。専用のワイヤレスマウスが付属するのも嬉しいポイントです。

フル充電状態で約16時間使用でき、30分で約40%まで充電できる「お急ぎ30分チャージ」に対応。CPUにはインテルのCeleron N4020を採用しています。メモリは4GBで、ストレージは128GB。ヒンジ開閉試験や振動試験、落下試験などをクリアしているので、堅牢性にも優れています。

恵安(KEIAN) 2in1タブレット KIC104PRO

Windows 10 Proを搭載した2in1タイプのタブレット。ディスプレイには、視野角による色の変化が少ないIPS液晶パネルを採用しています。角度を気にせず置けるのがメリットです。

64GBのストレージを内蔵しているほか、最大128GBまでのmicroSDメモリーカードを挿入できるのもポイント。画像や音楽などのファイルを大量に保存したい方に適しています。

Wi-Fi規格は高速通信が可能な「IEEE 802.11ac」に対応。動画視聴やネットサーフィンなどを快適に楽しみたい方はチェックしてみてください。

Windowsタブレットのおすすめモデル|12インチ以上

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 7 VAT-00027

軽量コンパクトながらも高い性能を有したWindowsタブレット。解像度2736×1824の12.3型ディスプレイを搭載し、スタイリッシュなデザインが採用されています。好みの角度に調節でき、自立させられるキックスタンドを搭載しているのが特徴。

CPUには第10世代のインテル Core i7 1065G7を採用。メモリは16GBで、ストレージには512GBのSSDを搭載しています。動画編集や軽めのゲームなど、負荷のかかる作業も快適にこなすことが可能。また、メモリ数も多いので、余裕をもって複数のアプリを同時起動できます。

バッテリー駆動時間は最大約10.5時間。本製品以外にも、さまざまなCPU・メモリ・ストレージの組み合わせがあるので、予算や用途に合ったモデルの選択が可能。また、マグネットで簡単に着脱できる「タイプカバーキーボード」やイラスト制作にも使用できる「Surface ペン」など、豊富なアクセサリー類が揃っているのも魅力です。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro X QFM-00011

クアルコムと共同開発したARMベースのSoC「Microsoft SQ1」を搭載したWindowsタブレット。起動速度の高速化や省電力化が図られており、LTEの常時接続も可能です。よりモバイル用途に特化しているのが特徴。

解像度は2880×1920で、ベゼル幅を薄くすることでコンパクトながらも13インチのディスプレイサイズが実現されています。メモリは16GBで、ストレージには256GBのSSDを搭載。SIMサイズはnanoSIMとeSIMに対応しています。

背面には、ほかのSurfaceシリーズのタブレットと同様にキックスタンドを搭載。別売りの「Surface Pro X キーボード」と組み合わせれば、ノートPCのような使い方も可能です。インターフェイスには、USB Type-C×2と充電用のSurface Connectを備えています。

バイオ(VAIO) A12 VJA12190121B

タブレットとキーボードユニットが分離するデタッチャブル構造を採用したWindowsタブレット。分離させた状態では独立したタブレットとして、合体させた状態では一般的なノートPCとして使用できます。

タブレット部分を逆向きにしてキーボードと接続することも可能。また、キーボードはBluetooth接続に対応しているので、タブレットと切り離した状態でも使用でき便利です。

12.5インチのディスプレイを備え、解像度は1920×1080のフルHD画質に対応しています。CPUにはインテルのCore i5 8200Yを採用。メモリは8GB、ストレージには256GBのSSDを搭載しています。Webサイトの閲覧や文章の作成はもちろん、簡単な画像・動画編集などもこなせるスペックを有したおすすめの製品です。

パナソニック(Panasonic) Let’s note XZ6 CF-XZ6KFKQR

独自開発のドッキング構造を採用したWindowsタブレット。キーボードベース部の専用レバーを引くだけで、ノートPCからタブレットへ簡単にスタイルチェンジができます。

タッチパネルに強化ガラス、リアキャビネットとフロントシャーシに剛性の高いマグネシウム合金を採用することで、高さ76cmからの落下にも耐える頑丈性能を実現。耐久性に優れたWindowsタブレットが欲しい方にもおすすめの1台です。

カメラを見るだけでサインインできる顔認証をはじめ、高速データ通信が可能なLTE対応、マウスがなくても操作しやすいホイールパッドなど、使い勝手も良好。CPUには第7世代のIntel Core i5 7200Uを採用しているので、処理の重いソフトウェアもサクサク動きます。

ダイナブック(dynabook) D7 P1D7MPGL

基本性能が充実したWindowsタブレットです。CPUには最大3.40GHzで駆動するIntel Core i5 8250U、RAMには大容量の8GB LPDDR3、ROMには転送速度の速い256GB SSDを搭載。処理の重いソフトウェアやマルチタスクもサクサク動くスペックの高さが魅力です。

約799gの軽量ボディを実現しているのも魅力。短い時間で素早く充電できる「お急ぎ30分チャージ」や、画面を見るだけでロック解除できる赤外線顔認証、好きな角度に調節できるキックスタンドなど、使い勝手も良好です。

快適なタイピングを実現するフルサイズのキーボードを装着すれば、タブレットとしてだけでなくメインPCとしても使えます。