家庭向けの製品が市場を牽引している「タブレット」。人気のiPadシリーズや豊富なラインナップが揃うAndroid端末が普及したことで、顕著な伸びが続いています。一方、ビジネス市場向けのモデルはマイナス成長。今後はその分野に強みのあるWindowsタブレットの躍進が期待されています。

そこで今回は、Windowsタブレットのおすすめモデルをご紹介。サイズを2パターンに分けてご紹介するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

Windowsタブレットのメリット

PCと同じ操作感で馴染みやすい

By: microsoftstore.com

日本でのWindowsパソコンのシェア率は9割ほどだと言われています。タブレットのシェアにおいてはそこまでではありませんが、普段からWindows搭載のPCを使っている方にとっては馴染みやすいことでしょう。

Windowsタブレットの基本操作はPCと同じで、そこにタッチパネル機能が追加されています。とはいえ、スタートメニューの配置などは変わらないため、Windows搭載のPCをお使いの方であればすぐに使いこなせるのがメリットです。

PCソフトとの互換性を気にしなくてよい

By: products.office.com

Word・Excel・PowerPointなど専用ソフトを使って編集するファイルの互換性を気にしなくて済むのもWindowsタブレットのメリット。また、ソフト自体もパソコンと同じものがインストールできるなど、パソコンとタブレットでデータの共有や管理が簡単にできます。

AndroidやiOSとの違い

WindowsタブレットとAndroid・iOSタブレットとの違いは、動作するソフトウェアが全く異なるということ。Android・iOSの場合は、それぞれAndroidスマホとiPhoneで使用しているアプリと同様のアプリをインストールして使用することになります。

両者の違いを簡単に言うと、Android・iOS搭載のタブレットはスマホの画面を大きくしたモノ、Windowsタブレットはノートパソコンのキーボードを省略してタッチパネルに対応させたモノだと理解しておくとスムーズです。

Windowsタブレットの選び方

Officeが搭載されているかをチェック

AndroidタブレットでなくWindowsタブレットの購入を検討している方は、仕事や勉強の資料レポート作成という用途に使おうと考えている場合が多いのではないでしょうか。その際、オフィスソフトは不可欠といえます。

モバイル版Officeは無料でインストールできますが、タブレットによっては編集ができないなどの制限があります。あらかじめMicrosoft Officeがプリインストールされているタブレットを選ぶと安心です。

タブレットで使えるMicrosoft Officeには、高機能な順から「Office Premium Home & Business」「Office 365」「Microsoft Office Mobile」の3タイプがあります。用途に応じて選んでみてください。

SIMフリーかどうかをチェック

By: lenovo.com

SIMフリータイプ

Wi-Fiがないところでもインターネットを利用したい方はLTE通信に対応しているモデルが多いSIMフリータイプがおすすめ。格安SIMが利用できるため大手キャリアに比べて月額利用料金を抑えられるのがメリットです。Wi-Fiが設置されていない場所での使用が多い方や、ファミレスなどの無料Wi-Fiスポットではセキュリティが心配という方に適しています。

Wi-Fiタイプ

職場や自宅などWi-Fi環境が整った場所でタブレットを使用するという方はWi-Fiタイプがベスト。SIMの回線使用料が必要ないためリーズナブルに使えます。通信速度を重視する方は最新規格「IEEE802.11ac」対応のタブレットがおすすめです。

ただし、Wi-Fiが設置されていない場所ではインターネットを使えないのが不便なところ。また、無料Wi-Fiスポットなどではセキュリティ上のリスクもあるので、対策をキチンとおこなうことが必要です。

画面サイズをチェック

By: keian.co.jp

8インチ

8インチタブレットは重量300g台のモデルが多く持ち運びやすいのが特徴です。また、通勤中の電車内などで取り出して使用しやすいといメリットもあります。

ただし、CPU・メモリ・ストレージ容量などのスペックは低いモノが多いので、資料作成などの作業を迅速におこなうといった用途には不向き。また、画面が小さいのでキーボードを接続しての入力もあまり使い勝手がよいとはいえません。メール・WEB閲覧・動画鑑賞などの用途を中心としたライトユーザーの方におすすめです。

10インチ

Windowsタブレットは10インチが主流のサイズ。基本スペックがメモリ4GB・ストレージ64GB、そしてバッテリー駆動時間も10時間以上で8インチタブレットと比較して性能を高めたモデルが数多くラインナップされています。

キーボード入力やペン入力がしやすいのもメリット。バランスの取れているモデルを揃えているのが10インチタブレットの魅力です。

12インチ

仕事用のツールとしてノートパソコンと同じようにタブレットを使いたい方は12インチ以上のモデルがおすすめ。Officeソフトを使った作業を快適におこなえるのがメリットです。また、画像編集などの細かい作業もしやすくなります。

ただし、小型のノートパソコンとほぼ同じサイズになり重量も重くなるので、携行性が劣ってしまうのがデメリット。また、商品ラインナップが少なくて価格も高額です。

パソコンとしての基本スペックをチェック

WindowsタブレットのCPUはインテルのAtomやCoreシリーズが主流。エントリークラスからミドルクラスはAtom、ハイエンドモデルにはCore i5あるいはi7といった高性能CPUが装備されています。

メモリ容量は2〜8GBが一般的ですが、2GBでは複数の作業をした時に動作が遅くなりがちなので、仕事用としてWindowsタブレットを使うのであれば4GB以上のメモリを搭載したモノがおすすめです。

ストレージ容量は32〜256GBと幅広いモデルがラインナップしています。インターネットに接続してクラウドサービスを利用する場合は32GB程度でも充分ですが、64GB以上のメモリがあるとより安心。使用方法に応じて選びましょう。

さらに、外出先で使用することが多い場合はバッテリーの駆動時間も要チェック。10時間以上使えるモデルなら、外出先でも安心して使えるためおすすめです。

入出力端子やその他の便利機能をチェック

By: lenovo.com

周辺機器と接続をするための入出力端子も要チェック。プリンターや外付けHDDなどを利用するならUSB端子があると便利です。転送速度が高速なUSB3.0に対応していると快適に使えます。

Bluetoothに対応しているモデルなら、キーボードやスマホとラクに連携できるのがポイント。HDMIやヘッドホン出力端子を備えているモデルなら、液晶テレビやヘッドホンなどを使用して迫力ある映像や音声が楽しめるため動画再生をする方におすすめです。また、SDカードスロットを装備したモデルはSDカードの画像や音楽を再生できます。

また、Windowsタブレットにはキーボードやペンが付属しているモデルもあります。入力が簡単になるので、仕事などで使用する場合はキーボードやペンが付属しているモノを選ぶとよいでしょう。

Windowsタブレットのおすすめモデル|7~8インチ程度

オンキヨー(ONKYO) 8インチタブレット 無線LAN対応 TW08A-87Z8

CPUにクアッドコアのインテルAtomを装備した8インチタブレット。メモリは2GB・ストレージ容量は32GBです。ディスプレイは解像度1280×800ピクセルで、5点マルチタッチに対応しています。micro HDMI端子で外部ディスプレイに接続すれば3840×2160の高解像度で出力可能です。

無線LANはIEEE802.11ac規格に対応。2.4GHzと5GHzのデュアルバンドが利用できます。Bluetooth4.1も利用できる通信性能の高さがメリット。バッテリー駆動時間が約6.7時間で8インチタブレットとしては長いため、外出先でも安心して使えるおすすめのモデルです。

恵安(KEIAN) 8インチタブレット WiZシリーズ KI8-BK

解像度1280×800ピクセルの8インチ画面を装備したリーズナブルなWindowsタブレット。通信は無線LANおよびBluetooth4.0に対応しています。CPUは周波数1.44GHzのクアッドコアAtomを搭載。メモリは2GB・HDD容量は32GBです。増設ができないのでたくさんの容量を使う方は注意してください。

OSはWindows10 HOME 64bitでオフィスソフトはMicrosoft Office Mobileが利用できます。micro HDMI、microUSB2.0などの入出力端子とmicroSDカードスロットを装備。WEB閲覧・メール・ゲーム・動画再生・音楽再生といった用途が中心の方におすすめです。

Windowsタブレットのおすすめモデル|10~12インチ程度

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 12.3インチWindowsタブレット LTE Advanced Office付き GWM-00009

Windowsのマイクロソフト製ハイスペックタブレットです。12.3インチディスプレイを搭載しており、2736×1824の高解像度で10点マルチタッチに対応。CPUは高性能インテルCorei5、8GBメモリにストレージは高速なSSDを256GB装備しています。OSは高機能のWindows10Proで、Office Home and Business 2016がプリインストールされているのもポイントです。

通信はSIMフリーのLTEが利用可能。最大12.5時間使用できるため、バッテリー性能の高いWindowsタブレットを探している方はぜひチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) レッツノート 12.0インチタッチ対応タブレット Office付き CF-XZ6LFKQR

耐衝撃・耐圧迫性能が高いタフなノートパソコンとして定評があるレッツノートの12.0型タブレット。「76cm落下試験」「キーボード打鍵試験」「ヒンジ耐久試験」など各種耐久テストをクリアした堅牢性の高さがメリットです。軽量かつ頑丈なマグネシウム合金をボディに採用しているほか、キーボード装着時1224g・タブレット使用時は665gという軽量化も実現しています。

CPUに動作周波数2.50GHzのインテルCorei5を採用しており、負荷がかかるときは最大3.10GHzで動作可能。8GBのメモリと大容量かつ高速な256GBのSSDを装備しています。SIMフリーのLTE通信が可能で、IEEE802.11acとBluetooth4.1に対応した通信性能の高さもポイント。最大駆動時間約18.5時間というハイスペックなタブレットです。

レノボ(Lenovo) YOGA BOOK with Windows 10.1インチタブレット LTE対応 SIMフリー ZA160036JP

SIMフリーでLTEに対応している10.1インチタブレット。携帯電話回線が使えるため、Wi-Fi設備のない場所でもインターネットを利用できるのがメリットです。また、1920×1200ピクセルと解像度が高いので精細な画像が楽しめます。

OSはWindows10 Homeで、Microsoft Office Mobileをプリインストール済み。CPUは動作周波数1.44GHzのクアッドコアAtomを搭載しています。負荷が大きい場合、最大2.40GHzまでクロックアップして処理速度を高速化させることが可能です。メモリは4GBで、ストレージは高速な64GBフラッシュメモリを採用しています。

キーボードと手書き入力できるペンが付属しているのもポイント。バッテリー駆動時間は約13時間で、外出先で1日使っても余裕があるおすすめのタブレットです。

エイスース(ASUS) TransBook 10.1インチタブレット T101HA

CPUに4つのコアを持つクアッドコアAtomを搭載した10.1インチタブレット。本体とキーボードを取りはずせる2-in-1タイプです。

メモリは2GBで、ストレージは64GBのHDD。2.4GHz帯と5GHz帯が使える最新規格IEEE802.11acに対応した無線LANタイプで、Bluetooth機能も備えています。

ボディには堅牢なアルミニウムを採用。本体重量580gと軽量で持ち運びやすいのが特徴です。本体にはMicrosoft Office Mobileがプリインストールされています。

USB・micro HDMI・micro SDメモリーカードスロットなど端子が充実しているため周辺機器との連携も容易。最大13.6時間とバッテリー駆動時間が長いのもメリットです。