スマホよりひと回りサイズが大きく、動画視聴などさまざまな用途に使える「タブレット」。搭載OSはAndroid・iOS・Windowsの3種類が主流で、なかでもWindows搭載タブレットはノートパソコンに近いスペックを備えています。

そこで今回は、Windowsタブレットのおすすめモデルをご紹介。サイズ別に分けてピックアップするので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

Windowsタブレットのメリット

PCと同じ操作感で馴染みやすい

By: microsoftstore.com

Windowsタブレットの基本操作はPCと同じで、そこにタッチパネル機能が追加されているのが特徴。とはいえ、スタートメニューの配置などは変わらないため、Windows搭載のPCを使っている方であればすぐに使いこなせるのがメリットです。

PCソフトとの互換性を気にしなくてよい

By: office.com

WordやExcel、PowerPointなど、専用ソフトを使って編集するファイルの互換性を気にしなくて済むのもWindowsタブレットのメリット。また、ソフト自体もパソコンと同じモノがインストールできるなど、パソコンとタブレットでデータの共有や管理が簡単にできます。

AndroidやiOSとの違い

WindowsタブレットとAndroid・iOSタブレットとの違いは、動作するソフトウェアが全く異なること。Android・iOSの場合は、それぞれAndroidスマホとiPhoneで使用しているアプリと同様のアプリをインストールして使用することになります。

両者の違いを簡単にいうと、Android・iOS搭載のタブレットは「スマホの画面を大きくしたモノ」、Windowsタブレットは「ノートパソコンのキーボードを省略してタッチパネルに対応させたモノ」と理解しておくとスムーズです。

Windowsタブレットの選び方

画面サイズをチェック

7~8インチ

By: keian.co.jp

7~8インチモデルは、スマートフォンよりも少し大きいサイズです。軽量設計なほか、片手でも持ち歩きやすいコンパクトサイズであるため、通勤や旅行などで持ち出しする方におすすめ。ブラウジングや電子書籍の購読に便利なサイズです。

一方、画面サイズが小さいことから、パソコンで行うような高度な作業には向いていません。また、CPUの性能が低いこともあり、負担のかかるゲームを行うと動きが鈍くなる場合があります。

10インチ

By: amazon.co.jp

動画やゲームを楽しみたい方は、10インチモデルがおすすめ。7~8インチモデルと比較すると画面サイズが大きいため、動画の見やすさを重視する方におすすめです。また、ハイスペックのCPUや容量の大きいメモリが搭載されていれば、ある程度負担の大きいゲームでも快適に楽しめます。

ただし、7~8インチモデルよりも重く、持ち運びにくいのがデメリット。手で持ちながら長時間操作をすることに向いていないので、購入前に用途を明確にしておきましょう。

12インチ

By: amazon.co.jp

見やすさを重視するのであれば、12インチがおすすめです。10インチよりも画面サイズが大きく、より色鮮やかに映像を楽しめるモノも豊富にラインナップされています。また、キーボード付きの2in1タイプのモデルであれば、パソコンと同じように作業を行えるためビジネス用途におすすめです。

基本スペックをチェック

CPU

By: amazon.co.jp

「CPU」はタブレットの頭脳ともいえるパーツ。高性能なCPUを搭載しているWindowsタブレットは、処理能力も高くなります。Web閲覧やOfficeソフトの利用、メールの送受信程度であれば高い性能を求める必要はありませんが、ゲームや高画質画像・動画の編集などに使用するのであれば、高性能CPUを搭載したモデルを選択しましょう。

性能を重視する場合には、インテルのCore iシリーズやCore mシリーズが適しています。逆にコストを重視して選択する場合は、インテルのAtomシリーズなどがおすすめです。

メモリ

By: amazon.co.jp

一時的にデータを記録するパーツである「メモリ」。容量が多ければ多いほど動作が安定し、快適に作業が行えます。特に複数のアプリを同時に使用したり、ブラウザを複数開いたりする場合にはメモリ容量に注意が必要。容量が少ないと、タブレットの動作が遅くなる場合もあります。

ゲームや画像の編集、動画の編集、イラスト制作にWindowsタブレットを使う場合には8GB以上のメモリを搭載したモデルがおすすめ。また、メモリ容量4GB以上のモデルであれば、ネットサーフィンや事務作業も快適に行えます。

ストレージの種類と容量

By: microsoft.com

「ストレージ」とは、OSやアプリ、画像や書類データなどを保存しておくためのパーツ。多くのWindowsタブレットは、ストレージに「eMMC」か「SSD」を使用しています。低価格なeMMC搭載モデルは、コストを重視する方に最適。より大容量を求めるのであれば、SSD搭載モデルがおすすめです。

使用するアプリの容量や保存しておくデータ量をチェックし、ストレージ容量に余裕のあるモデルを選択しましょう。

通信機能をチェック

LTEモデル

By: amazon.co.jp

Wi-Fiがない環境でもインターネットの閲覧やSNS、オンラインゲームを楽しみたいのであれば、SIMフリーに対応したタブレットがおすすめです。データ通信が可能なSIMカードを挿入することで、LTEの電波が届く場所であればいつでもインターネットに接続できます。

ただし、SIMフリーの場合、タブレット本体の費用だけでなく、月々のデータ通信費用も考慮しなければなりません。また、Wi-Fiモデルよりも本体価格が高めに設定されているため、費用を抑えたい方は注意が必要です。

Wi-Fiモデル

By: amazon.co.jp

Wi-Fiモデルのタブレットは、Wi-Fi環境が整備されている場所でのみ使用できます。LTEモデルと異なり、外出時にいつでもインターネットに接続できるわけではないので注意しておきましょう。

Wi-FiモデルはLTEモデルよりも本体価格が安いモノが多く、コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。また、オフラインゲームや電子書籍などインターネット接続を必要としない用途がメインであれば、Wi-Fiモデルでも快適に使用できます。

入出力端子やその他の便利機能をチェック

By: amazon.co.jp

周辺機器と接続をするための入出力端子も要チェック。プリンターや外付けHDDなどを利用するならUSB端子があると便利です。転送速度が高速なUSB3.0に対応していると快適に使えます。

HDMI端子を備えているモデルなら、液晶テレビやヘッドホンなどを使用して迫力ある映像や音声が楽しめるため、動画再生をする方におすすめです。また、SDカードスロットを備えたモデルなら、別途SDカードリーダーを用意することなく画像や音楽などのデータを取り込めます。

さらに、Windowsタブレットにはペンが付属していたり、キーボードが取り付けられたりするモデルもラインナップ。入力が簡単になるので、仕事などで使用する場合はチェックしてみてください。

Officeが搭載されているかをチェック

Windowsタブレットの購入を検討している方は、仕事や勉強で使う資料やレポート作成などの用途に使うことが想定されます。その際、Officeソフトは必要不可欠です。

モバイル版Officeは無料でインストールできますが、タブレットによっては編集ができないなどの制限があります。あらかじめMicrosoft Officeがプリインストールされているタブレットを選ぶと安心です。

Windowsタブレットのおすすめモデル|7~8インチ

Jumper EZpad mini8

手頃な価格で購入できるコスパに優れたWindowsタブレットです。CPUにはインテルのCherry Trail Z8350を採用。メモリ容量も2GBに抑え、リーズナブルな価格を実現しています。ストレージには64GBのeMMCを採用。microSDカードを利用して最大128GBまでストレージ容量を追加できるのもポイントです。

8インチディスプレイの解像度は、1920×1200のフルHD相当。高精細なIPSパネルを採用しています。インターネットへの接続はWi-Fiを利用。Bluetooth4.0にも対応しているので、ワイヤレス接続に対応したイヤホンやヘッドホン、マウス、キーボードなどを使用する場合にも便利です。

本体重量が360gほどと軽いので、頻繁に持ち歩く場合にもおすすめ。薄さ約9.8mmで、片手でもしっかりとグリップしやすい仕様です。

Teclast X80 Pro

WindowsとAndroid、両方のOSを搭載したタブレットです。Android OS用のアプリを使用したい場合にもおすすめ。2種類のOSを簡単に切り替えて使用できるのが特徴です。CPUにはCherry Trail X5 Z8300を採用。メモリ容量は2GBですが、その分リーズナブルな価格を実現しています。

ストレージ容量は32GB。最大で128GBまでmicroSDカードを利用して追加できます。8インチのIPSパネル採用ディスプレイは、1920×1200のフルHD解像度対応。精細な映像を表示できるスペックです。

本製品は200万画素のフロントカメラとリアカメラも搭載。Webカメラとして使用し、オンラインチャットが行える点もおすすめです。

恵安(KEIAN) KI8-BK

手頃な大きさの使いやすいWindowsタブレットです。8インチのIPSディスプレイを採用しており、本体のサイズは約207.2×121.9×9.86mm。重量は338gほどなので、長時間手で持って使用する場合にもおすすめです。

CPUにはインテルのAtom x5 Z8350を採用。メモリは2GB、ストレージは32GBのeMMCを搭載しています。また、最大64GBのmicroSDカードが使えるSDカードスロットが付いているのもポイントです。

ディスプレイの解像度は1280×800。10点のマルチタッチにも対応し、スムーズに操作が行えます。

Windowsタブレットのおすすめモデル|10インチ

マイクロソフト(Microsoft) Surface Go 2 TFZ-00011

Surfaceシリーズのなかでも比較的低価格で購入できるモデルです。液晶画面には10.5インチの「PixelSenseディスプレイ」を採用。1920×1280解像度を誇り、精細な映像が表示できます。また、傷が付きにくく割れにくい「Corning Gorilla Glass 3」が使われているのもポイントです。

CPUにはインテルのCore m3を採用。メモリは8GB、ストレージは128GBのSSDを搭載しているので、快適に作業が進められます。本製品はWi-Fiに対応しているだけでなく、LTEにも対応。場所を選ばず、インターネット通信したい場合に便利です。

「Office Home&Business 2019」も搭載されているので、ビジネスでの使用にもぴったり。別途「Surface スリム ペン」を購入すれば、イラスト制作にも使用できます。また、USB Type-Cや3.5mmヘッドホンジャック、SDカードリーダーなどインターフェイスが充実している点もおすすめです。

富士通(FUJITSU) arrows Tab QHシリーズ WQ2/E2

防水防塵性能を搭載したWindowsタブレットです。水濡れやホコリに強いので、屋外での使用はもちろん、キッチンで使用するタブレットとしてもおすすめ。本体内に収納しておけるスタイラスペンも防滴仕様です。

本体は滑りにくく持ちやすいデザイン。サイドにフレームが設けられており、落下時の衝撃にも強い設計です。鉛筆のような書き心地のスタイラスペンが標準で付属しているので、ビジネス資料へメモ書きをしたい場合にも最適。4096段階の筆圧感知が可能なWacomの電磁誘導方式デジタイザを採用しているので、イラスト制作にも使えます。

10.1インチのディスプレイはノングレアタイプ。光の反射や映り込みを抑制でき、映像に集中しやすい点もおすすめです。

レノボ(Lenovo) ThinkPad Tablet 2 for DOCOMO Xi

NTTドコモのLTE通信に対応したWindowsタブレットです。CPUにはインテルのAtom Z2760を採用。メモリは2GB、ストレージは64GB搭載されています。10.1インチのディスプレイは解像度1366×768。VGAで外部モニターに接続した場合は2048×1536、HDMIを利用した場合にはフルHD解像度で映像を出力できます。

インターフェイスにはUSBポートのほか、Mini-HDMIポートやヘッドホンとマイクのコンボジャックも搭載。充電にはmicroUSBポートを利用します。NTTドコモのSIMカードを利用すれば、Wi-Fi環境が整っていない場所でもインターネット接続が可能。

外出先で利用するWindowsタブレットを探している方におすすめです。

恵安(KEIAN) WiZ 2in1タブレット KIC104PRO

専用のキーボードが標準で付属しているWindowsタブレットです。タブレットとしてだけでなく、ノートパソコンとしても利用可能。入力作業の多い場合に便利です。CPUはインテルのCherry Trail Z8350を採用。メモリは4GB、ストレージは64GB搭載しています。

10.1インチのディスプレイは解像度1280×800。広視野角のIPSパネルを採用しているのもポイントです。また、「Office Home&Business 2019」との互換性が高い「KUNGSOFT WPS Office Standard」も搭載。ビジネスシーンでの利用もおすすめです。

Windowsタブレットのおすすめモデル|12インチ以上

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 7 PUV-00027

高い処理能力を誇るWinsdowsタブレットです。本製品はCPUにインテルのCore i5-1035G4を採用しています。メモリは8GB搭載。ストレージには256GBのSSDを採用しています。

メモリ、ストレージ共に容量の多いモデルや低価格なモデルが用意されているので、予算や使用目的にあわせて選択できるのもポイントです。本体側面にはUSB Type-Aポートに加えて、USB Type-Cポートも搭載。周辺機器の接続に幅広く対応できる仕様も魅力です。

ディスプレイサイズは12.3インチと大型ながらも、本体の重量は775gほど。携帯性を重視する方にもおすすめです。専用のタイプカバーを追加購入すれば、ノートパソコンとしても利用可能。入力作業を効率よく進めたい場合に適しています。

「Office Home&Business 2019」が付属しているので、ビジネスシーンにもおすすめ。優れた筆圧感度の「Surface スリム ペン」にも対応しています。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro X MJX-00011

ビジネス向けに設計された高性能なWindowsタブレットです。本体サイズは約287×208×7.3mm。13インチの大型ディスプレイを搭載しているのも関わらず、スリムで比較的コンパクトなボディを実現しています。

ディスプレイの解像度は2880×1920と、精細で美しい映像が楽しむことが可能。本製品はLTE通信に対応しており、約15時間のバッテリー駆動が可能なので、頻繁に屋外で使用する場合にも適しています。

CPUにはMicrosoft SQ1を採用。メモリは8GB、ストレージは128GBのSSDが搭載されています。標準で「Office Home&Business 2019」が付属している点もおすすめです。

CHUWI UBook Pro UBook Pro8100Y

充実したインターフェイスが魅力のWindowsタブレットです。2つのUSB3.0ポートに加えて、USB Type-Cポートや3.5mmイヤホンジャックも搭載。Micro-HDMIポートも搭載されているので、外部モニターへの映像出力も簡単に行えます。

12.3インチのディスプレイは、1920×1280のフルHD解像度対応。光透過率が高く、豊かな色彩が楽しめます。CPUにはインテルのCore m3-8100Yを採用。消費電力は抑えつつ、高い処理能力を誇るのが魅力です。

搭載メモリの容量は8GB。ストレージには256GBのSSDを採用しています。別売りの専用のキーボードをドッキングしてノートパソコンのように使用できる点もおすすめです。