スマホよりひと回りサイズが大きく、動画視聴などさまざまな用途に使える「タブレット」。搭載OSはAndroid・iOS・Windowsの3種類が主流で、なかでもWindows搭載タブレットはノートパソコンに近いスペックを備えています。

そこで今回は、Windowsタブレットのおすすめモデルをご紹介。サイズを7~8インチと10~12インチの2つに分けてご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

Windowsタブレットのメリット

PCと同じ操作感で馴染みやすい

By: microsoftstore.com

日本でのWindowsパソコンのシェア率は9割ほどだと言われています。タブレットのシェアにおいてはそこまでではありませんが、普段からWindows搭載のPCを使っている方にとっては馴染みやすいことでしょう。

Windowsタブレットの基本操作はPCと同じで、そこにタッチパネル機能が追加されています。とはいえ、スタートメニューの配置などは変わらないため、Windows搭載のPCをお使いの方であればすぐに使いこなせるのがメリットです。

PCソフトとの互換性を気にしなくてよい

By: products.office.com

Word・Excel・PowerPointなど専用ソフトを使って編集するファイルの互換性を気にしなくて済むのもWindowsタブレットのメリット。また、ソフト自体もパソコンと同じものがインストールできるなど、パソコンとタブレットでデータの共有や管理が簡単にできます。

AndroidやiOSとの違い

WindowsタブレットとAndroid・iOSタブレットとの違いは、動作するソフトウェアが全く異なるということ。Android・iOSの場合は、それぞれAndroidスマホとiPhoneで使用しているアプリと同様のアプリをインストールして使用することになります。

両者の違いを簡単に言うと、Android・iOS搭載のタブレットは「スマホの画面を大きくしたモノ」、Windowsタブレットは「ノートパソコンのキーボードを省略してタッチパネルに対応させたモノ」と理解しておくとスムーズです。

Windowsタブレットの選び方

Officeが搭載されているかをチェック

Windowsタブレットの購入を検討している方は、仕事や勉強で使う資料・レポート作成などの用途に使うことが想定されます。その際、Officeソフトは必要不可欠です。

モバイル版Officeは無料でインストールできますが、タブレットによっては編集ができないなどの制限があります。あらかじめMicrosoft Officeがプリインストールされているタブレットを選ぶと安心です。

タブレットで使えるMicrosoft Officeには、高機能な順から「Office Premium Home & Business」「Office 365」「Microsoft Office Mobile」の3タイプがあります。用途に応じて選んでみてください。

SIMフリーかどうかをチェック

SIMフリータイプ

By: amazon.co.jp

Wi-Fiがないところでもインターネットを利用したい方は、モバイル通信に対応しているSIMフリータイプがおすすめ。格安SIMカードなどを差し込んでインターネットを利用できるため、大手キャリアに比べて月額利用料金を抑えられるのがメリットです。Wi-Fiが設置されていない場所での使用が多い方や、ファミレスなどの無料Wi-Fiスポットではセキュリティが心配という方に適しています。

Wi-Fiタイプ

By: amazon.co.jp

職場や自宅などWi-Fi環境が整った場所でタブレットを使用するという方は、Wi-Fiタイプがベスト。SIMの回線使用料が必要ないため、ランニングコストがかからずリーズナブルに使えます。通信速度を重視する方は最新規格「IEEE802.11ac」対応のタブレットがおすすめです。

ただし、Wi-Fiが設置されていない場所ではインターネットを使えないのが不便なところ。また、無料Wi-Fiスポットなどではセキュリティ上のリスクもあるので、対策をキチンとおこなうことが必要です。

画面サイズをチェック

7~8インチ

By: rakuten.co.jp

7~8インチタブレットは重量300g台のモデルが多く、持ち運びしやすいのが特徴です。また、通勤中の電車内などで取り出して使用しやすいというメリットもあります。

ただし、CPU・メモリ・ストレージ容量などのスペックは低いモノが多いので、資料作成などの作業を迅速におこなうといった用途には不向き。また、画面が小さいのでキーボードを接続しての入力もあまり使い勝手がよいとはいえません。メール・WEB閲覧・動画鑑賞などの用途を中心としたライトユーザーの方におすすめです。

10インチ

By: amazon.co.jp

Windowsタブレットは10インチが主流のサイズ。基本スペックがメモリ4GB・ストレージ64GB、そしてバッテリー駆動時間も10時間以上で8インチタブレットと比較して性能を高めたモデルが数多くラインナップされています。

キーボード入力やペン入力がしやすいのもメリット。バランスの取れているモデルを揃えているのが10インチタブレットの魅力です。

12インチ

By: amazon.co.jp

仕事用のツールとしてノートパソコンと同じようにタブレットを使いたい方は12インチ以上のモデルがおすすめ。Officeソフトを使った作業を快適におこなえるのがメリットです。また、画像編集などの細かい作業もしやすくなります。

ただし、小型のノートパソコンとほぼ同じサイズになり重量も重くなるので、携行性が劣ってしまうのがデメリット。また、製品ラインナップが少なく、価格も比較的高くなります。

パソコンとしての基本スペックをチェック

WindowsタブレットのCPUはインテルのAtomやCoreシリーズが主流。エントリークラスからミドルクラスはAtom、ハイエンドモデルにはCore i5あるいはi7といった高性能CPUが搭載されています。

メモリ容量は2〜8GBが一般的ですが、2GBでは複数の作業をした時に動作が遅くなりがちなので、仕事用としてWindowsタブレットを使うのであれば4GB以上のメモリを搭載したモノがおすすめです。

ストレージ容量は32〜256GBと幅広いモデルがラインナップしています。インターネットに接続してクラウドサービスを利用する場合は32GB程度でも充分ですが、64GB以上のメモリがあるとより安心。使用方法に応じて選びましょう。

なお、Windowsタブレットに搭載されているストレージの種類は、ノートパソコンと同じくHDDとSSDが主流。また、小容量ながらHDDよりも読み書きのスピードが速いeMMCを搭載したモデルもラインナップされています。

入出力端子やその他の便利機能をチェック

By: lenovo.com

周辺機器と接続をするための入出力端子も要チェック。プリンターや外付けHDDなどを利用するならUSB端子があると便利です。転送速度が高速なUSB3.0に対応していると快適に使えます。

Bluetoothに対応しているモデルなら、キーボードやスマホとラクに連携できるのがポイント。さらに、HDMIやヘッドホン出力端子を備えているモデルなら、液晶テレビやヘッドホンなどを使用して迫力ある映像や音声が楽しめるため、動画再生をする方におすすめです。また、SDカードスロットを装備したモデルは、別途SDカードリーダーを用意することなく画像や音楽などのデータを取り込めます。

また、Windowsタブレットにはキーボードやペンが付属しているモデルもあります。入力が簡単になるので、仕事などで使用する場合はキーボードやペンが付属しているモノを選ぶとよいでしょう。

Windowsタブレットのおすすめモデル|7~8インチ

パナソニック(Panasonic) タフパッド FZ-M1GAAAJVJ LTE対応モデル

7型ディスプレイを搭載したタフパッドのスタンダードモデルです。パナソニックのタフパッドシリーズは、150cmからの落下試験、および振動テストをクリアした耐久性の高さが魅力。本モデルは防塵・防滴性も備えており、使用環境を選ばないのがメリットです。

CPUはベース周波数1.10GHz、最大2.40GHzのCeleronを搭載。メモリは4GB、ストレージは高速な128GBのSSDを内蔵しています。

通信関連機能が充実しているのもポイント。LTE対応のSIMフリーモデルであるほか、11ac規格のWi-Fi機能を搭載しています。しかも、最新規格のBluetooth5.0に対応。また、GPSや衛星グロナスから、位置情報を取得する機能を備えているのも特徴です。入出力端子は、USB 3.0のType-Aポートのほか、マイク入力・オーディオ出力などを搭載しています。

マウスコンピューター(MouseComputer) WN803

約315gと軽量な8型タブレットです。ディスプレイは10点マルチタッチに対応。OSはWindows 10 Home 32bitを採用しています。

CPUはベース周波数1.44GHzのクアッドコアAtomを搭載。最大1.92GHzまで動作可能です。メモリは2GB、ストレージには32GBのeMMCを内蔵しています。ただし、ストレージは交換できないので、その点は考慮しておきましょう。

通信はWi-FiおよびBluetooth4.0に対応しています。入出力端子は、micro HDMIのディスプレイ端子および、USB 2.0端子を各1系統、そしてヘッドホン出力とマイク入力のミニジャック端子を1つずつ搭載。内蔵のリチウムイオンは最大約6.1時間駆動できます。全体的にスペックは控えめですが、HDDよりも読み書きが速いeMMCをストレージとして使用しているのがメリットです。

Windowsタブレットのおすすめモデル|10~12インチ

マイクロソフト(Microsoft) Surface Go KAZ-00032 LTE Advanced

重さ約530g、サイズ横245×縦175×厚さ83mmと軽量コンパクトな10インチタブレットです。CPUにデュアルコアのPentium Goldを採用しており、1.60GHzで動作可能。メモリは8GB、ストレージには128GBのSSDを内蔵しています。

USBの高速な新規格Type-C端子を備えているので、周辺機器との連携も快適です。さらに、microSDXCカードスロットを搭載。また、別売のSurfaceペンタッチを利用すれば、ペンによるタッチ入力もできます。

通信はSIMフリーのLTEに対応。Wi-Fiが使えない場所でもインターネットを利用可能です。さらに、11n規格のWi-Fi機能も搭載しています。ファンレス設計による静音性の高さもメリットです。動画再生は最大約8.5時間可能と、バッテリー性能も良好。充分な性能を備えた、持ち運びしやすいモバイル2in1タブレットです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Go MHN-00014

Office Home & Businessを搭載しながら、6万円前後とリーズナブルな10インチタブレットです。OSはWindows 10 Homeを採用しています。CPUは、ベース動作周波数1.60GHzのデュアルコアPentium Goldを搭載。メモリは4GB、ストレージは64GBのeMMCを内蔵しています。

マルチアングルのキックスタンドは、最大165°まで角度調整可能。用途に応じて形状を変えられます。動画視聴や、別売のペンによるタッチ入力も楽な姿勢で行えるのがメリット。Windows Helloによる顔認証やType-Cにも対応しています。

通信機能では、11nや11acのWi-Fi規格に加え、Bluetooth4.1に対応しています。動画再生は最大約9時間と、強力なバッテリーもポイント。十分な性能を備えつつも、520gと軽量な10インチタブレットです。

エイスース(ASUS) TransBook Mini T103HAF SIMフリー

次世代SIM規格のeSIMを搭載した、LTE対応の10.1インチタブレット。eSIMのメリットは、nano SIMなど従来のSIMと違い、ユーザーがキャリア情報を書き替えられる点です。海外旅行などの際に、簡単に現地キャリアへ切り替え可能。ただし、eSIMに対応しているキャリアに限られるので、その点は考慮しておきましょう。

CPUはクアッドコアAtomを搭載。メモリ4GB、ストレージは128GBのeMMCを内蔵しています。入出力端子が豊富なのもポイント。汎用性の高いUSB 3.0ポート、microUSBポート、そして外部ディスプレイに出力できるmicroHDMI端子を各1系統搭載しています。さらに、microSDメモリーカードスロットも装備しており、周辺機器との接続性も良好です。

OSはWindows10 Home 64bitを採用。Microsoft Office Mobileもプリインストールされています。

マウスコンピューター(MouseComputer) 2in1タブレット MT-WN1201S

高解像度2160×1440画素の12型ディスプレイを搭載した、マウスの2in1タイプのタブレットです。CPUは最大周波数2.20GHzのクアッドコアCeleronを搭載。メモリ8GB、ストレージには128GBのeMMCを備えています。

通信面では、11ac規格のWi-Fi、そしてBluetooth4.2に対応。入出力端子はUSB 3.0のType-Cポートを搭載しています。充電用に加えて、DisplayPort Alternate Modeに対応しているので、ディスプレイに画像の出力が可能です。そのほかに、microSDカードスロットやステレオスピーカー、そしてデュアルマイクを搭載。また、指紋認証センサーにも対応しています

厚さ8mmの薄型で、約728gと12型タブレットとしては軽量。価格は6万円台と、12型タブレットとしては比較的リーズナブルなのもポイントです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 6 KJU-00023

解像度2736×1824の12.3型ディスプレイを搭載した、Surface Pro 6の上位機種です。CPUは周波数1.9GHzのクアッドコアCore i7を搭載し、メモリは8GB。そしてストレージは大容量256GBのSSDストレージを内蔵しています。

通信は11acの高速なWi-Fi、また、Bluetooth4.1に対応。画素数は前面カメラが5メガピクセル、背面カメラが8メガピクセルで、フルハイビジョンの動画撮影もできます。およそ13.5時間のビデオ再生ができる強力な内蔵バッテリーも魅力です。

OSはWindows 10 Homeを採用。さらに、Office Home and Businessを備えているので仕事用としてもおすすめのハイスペックなモデルです。