普段のメールチェックやSNSへの書き込みなどは、スマートフォンがあれば十分。しかし、動画を見たり電子書籍を読んだりする場合は、「タブレット」が便利です。スマートフォンよりも画面が広いので見やすく、バッテリー容量も多いため安心して楽しめます。

そこで今回は、低価格でも使いやすいタブレットをご紹介。選び方もあわせて解説するので、ぜひチェックしてみてください。

1万円前後のタブレットの選び方

画面サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

タブレットの画面サイズは7~10インチが一般的です。「インチ数」とは画面の対角線の長さを表します。同じインチ数でも製品によって縦横比が違うと画面の横幅が異なることに注意しておきましょう。特に横幅の長さは持ちやすさにも影響してくるので、購入前にぜひチェックしてみてください。

液晶の解像度で選ぶ

By: huawei.com

液晶の解像度は「ピクセル」という単位で表します。同じ画面サイズでもタブレットによって解像度が異なり、ピクセルの数値が大きいほど高解像度で表示可能。電子書籍の細かい文字も見やすく便利です。通常は液晶が高解像度になると価格も上がるので、使用用途と予算にあわせて選ぶようにしましょう。

ストレージ容量で選ぶ

By: asus.com

低価格タブレットのストレージ容量は、8~16GBが主流。電子書籍や音楽ファイルを大量に保存したい方は、容量の大きいモデルがおすすめです。予算が限られる場合はストレージ容量が少ないタブレットを購入し、容量が足りなくなったらSDカードを挿して拡張する方法もあります。

メモリ容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

メモリは、データ処理のスピードを左右するパーツです。低価格タブレットの場合は、1~2GBを搭載しているのが一般的。メモリは2GB以上あれば快適に動作します。電子書籍の閲覧などがメインの方は1GBでも問題ありません。

ただし、高グラフィックのゲームなどをプレイする方は、メモリ容量の大きいモデルがおすすめです。メモリ数の大きさは製品の価格差に大きく現れるので注意が必要。用途を考えて選んでみてください。

バッテリーの動作時間で選ぶ

By: amazon.co.jp

せっかく軽くて持ち運びに便利なタブレットでも、バッテリーの容量が少ないと外出中に電池が切れて使えなくなることも考えられます。特に毎日の通勤通学の移動中に読書や動画を楽しみたい方は、バッテリーの動作時間を確認しておきましょう。

カメラの画素数で選ぶ

スマートフォンと同じように、タブレットでも写真や動画を撮れます。ただし、低価格タブレットのなかにはカメラ性能を落とすことで、価格を下げているモデルもあるので要注意。カメラ機能を使いたい方は、「画素数」をあわせてチェックするようにしましょう。500万画素以上あれば比較的キレイな映像を撮れるのでおすすめです。

1万円前後のタブレットおすすめ人気モデル

アマゾン(Amazon) Fire 7 タブレット

アマゾン(Amazon) Fire 7 タブレット

気軽に買える安い価格が魅力のタブレットです。初めて購入するタブレットを検討している方にもおすすめのモデル。見やすい7インチのIPSディスプレイを採用しています。

コンパクトなだけでなく、重量が286gと軽量なのもポイント。片手で持ってソファに寝転びながら、映画を視聴したり漫画を読んだりといった使い方ができるので便利です。1.3GHzで駆動するクアッドコアのプロセッサーを搭載しているため、動画の再生もスムーズに行えます。

ストレージは16GBと32GBから選択可能。なお、最大512GBまで対応しているmicroSDカードスロットを搭載しているので、もし容量が不足するようであればSDカードを利用するのもおすすめです。

アマゾン(Amazon) Fire HD 8 タブレット

アマゾン(Amazon) Fire HD 8 タブレット

8インチHDディスプレイを採用したタブレット。従来モデルからアップグレードが図られており、より使い勝手が向上しているのが特徴です。

CPUは2.0GHzへ、メモリは2GBで、従来モデルと比べて最大約30%の高速化を実現。また、ストレージは32GBと64GBから選択できます。さらに、容量を増幅できるmicroSDカードスロットも1TBまで対応。電子書籍はもちろん、映画やドラマ、音楽までさまざまなコンテンツを十分に楽しめます。

また、画面が明るくなっているほか、バッテリーも最大12時間まで駆動可能。充電はUSB Type-Cに対応しています。カラーも複数用意されているので、初めての購入を検討している方はもちろん、買い替えを考えている方もぜひチェックしてみてください。

アマゾン(Amazon) Fire 7 タブレット キッズモデル

アマゾン(Amazon) Fire 7 タブレット キッズモデル

子供のタブレットデビューにおすすめのモデルです。多少、乱暴に扱っても壊れにくいよう、キッズ用保護カバーを装着しているのが特徴。ブルーとピンクの2色がラインナップされているので、子供の好みにあわせて選ぶことが可能です。

絵本や学習まんが、アプリ、ビデオなど、児童向けのコンテンツが1年間自由に利用できるのもポイント。年齢フィルターを設定すると、子供の年齢に応じたコンテンツが自動で表示されます。

スマホやパソコンからタブレットの利用状況が把握できるのも魅力。子供が興味を示したコンテンツや使用時間がわかるため便利です。指定した時間でロックすることも可能なので、熱中するあまり使い過ぎてしまうこともありません。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T3

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T3

筐体に航空機グレードのアルミ合金素材を採用したタブレットです。メタリックでスタイリッシュな外観が特徴。重量も約250gと軽量なため、さまざまな場所へ気軽に持ち歩きたい方におすすめのモデルです。厚さもわずか8.6mmほどしかないので、カバンやリュックの中でもかさばりません。

デュアルバンドWi-Fiに対応しているのもポイント。2.4GHzと5GHz両方の電波が利用できるため、どんな環境でも安定してネット接続しやすいのが魅力です。IPS方式を採用した見やすい7インチディスプレイを搭載しており、手軽に動画の視聴が楽しめます。

また、Bluetooth機能を備えているのも特徴のひとつ。イヤホンやキーボードなど、Bluetooth対応のさまざまな機器が利用できるので重宝します。

エイスース(ASUS) MeMO Pad 7 ME171C

エイスース(ASUS) MeMO Pad 7 ME171C

タブレット初心者の方におすすめのモデルです。オリジナルのユーザーインターフェース「Zen UI」を搭載しているのが特徴。タッチ操作に慣れていない方でも簡単に使えるよう設計されています。

最大で約11.5時間も駆動するバッテリーを搭載しているのもポイント。ほぼ1日中電池残量を気にすることなく、快適に使えます。

低価格モデルながら500万画素のカメラを搭載。スナップ写真やメモの記録などデジカメ代わりにも重宝するおすすめのモデルです。

レノボ(Lenovo) Tab E8 ZA3W0042JP

レノボ(Lenovo) Tab E8 ZA3W0042JP

家族全員で便利に使えるタブレットを探している方におすすめのモデルです。マルチユーザーに対応しているのが特徴。個別アカウントの設定ができるため、家族で1つのタブレットを使い回したいときにおすすめです。

8インチのワイドIPSパネルを採用しており、動画や映画も鮮やかな映像で視聴できます。CPUには1.3GHzで駆動するクアッドコアのプロセッサーを採用。また、2GBのメモリを搭載しているので、アプリも動画もサクサク動きます。

vankyo タブレット 10.1インチ Z4AA-JP02

vankyo タブレット 10.1インチ Z4AA-JP02

10.1インチの大きな液晶ディスプレイを採用した製品です。大画面タブレットが欲しい方におすすめのモデル。IPSパネルを採用しており、視野角が広いため家族で一緒に動画を視聴することも可能です。

また、フロントには200万画素、リアパネルに800万画素のカメラを搭載カメラを搭載しているのもポイント。家族や友人とビデオチャットが楽しんだり、デジカメ代わりにも使えたりする便利なモデルです。

ZONKO タブレット 10インチ

ZONKO タブレット 10インチ

2GBのメモリを搭載したタブレットです。処理性能が高く、さまざまなアプリを快適に使用できるタブレットを探している方におすすめ。32GBの大容量ストレージを備えているので、写真や動画、音楽、電子書籍など、さまざまなコンテンツを保存できます。

また、容量が不足した場合は最大128GBまでのmicroSDカードを利用できるため便利です。6000mAhの大容量バッテリーを搭載しているのも本製品の特徴のひとつ。動画の視聴でも6〜8時間程度楽しめる使い勝手のよいモデルです。

Dragon Touch タブレット 10.1インチ K10

Dragon Touch タブレット 10.1インチ K10

1280×800ピクセルの解像度で表示可能な、10.1インチ液晶ディスプレイ搭載モデルです。IPS方式を採用。178°と広視野角のため、どの角度から見ても鮮明な映像を見られるのが特徴。家族や友達と一緒に動画を視聴するシーンなどで活躍します。

ストレージは16GB。容量が不足するようであれば128GBまでのmicroSDカードが使えます。また、5000mAhの大容量バッテリーを備えているのもポイント。長距離の通勤や通学の際でも重宝するおすすめのモデルです。

HAOQIN タブレット 10インチ H10

HAOQIN タブレット 10インチ H10

1.5GHzで動作するクアッドコアプロセッサーを搭載したタブレットです。マルチタスクも可能な高い処理性能が特徴。32GBの大容量ストレージを備えており、写真や動画、音楽など、多くのコンテンツを本体へ保存しておきたい方におすすめのモデルです。

OSには「Android 9.0 Pie」を採用しています。GooglePlayにある豊富なアプリから、自由にダウンロードして楽しめるので便利です。Wi-Fiだけでなく、Bluetooth接続に対応しているのも特徴のひとつ。ワイヤレスイヤホンで音楽を聴いたり、Bluetoothキーボードでメッセージを打ったりと、さまざまなシーンで重宝します。

ジーニー(geanee) JT07-90

ジーニー(geanee) JT07-90

片手で手軽に持てる7インチのタブレット。重さは約275gと軽量に仕上がっているので、子供用のタブレットを探している方におすすめです。

CPUは「MT8167」を採用しており、メモリーは1GB、ストレージは16GB。バッテリー容量は2500mAhで、2.5時間のフル充電で3.5時間程度の連続使用が可能です。

本製品はWi-Fiモデルで、ネット環境が整った室内での使用が前提。リーズナブルな価格帯なので、動画視聴のみなど限られた用途で使用するのに適した1台です。

FFF SMART LIFE CONNECTED IRIE FFF-TAB7

FFF SMART LIFE CONNECTED IRIE FFF-TAB7

FMラジオのチューナーを搭載した7インチのタブレット。本製品はWi-Fiモデルですが、無線LAN環境が整っていない場所でもラジオから情報を聴取できるのが特徴です。

CPUは「MT8163」を採用しており、メモリは2GBで、ストレージは32GB。バッテリー容量は2800mAhで、フル充電に要する時間は2〜3時間です。バッテリーの自動調節を設定すると使用頻度の低いアプリを自動で制御するので、効率的に使えるのも魅力です。

安価ながらインターフェースやフロント・リアのカメラなど、基本的な機能が揃っているのもポイント。普段はタブレットとして、災害時は持ち出し可能なラジオとして使える1台です。