普段のメールチェックやSNSへの書き込みなどは、スマートフォンがあれば十分。しかし、動画を見たり電子書籍を読んだりする場合は、タブレットが便利です。スマートフォンよりも画面が広いので見やすく、バッテリー容量も多いため安心して楽しめます。

そこで今回は、1万円前後で購入できるおすすめのタブレットをご紹介。選び方もあわせて解説するので、ぜひチェックしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

1万円前後のタブレットの選び方

画面サイズで選ぶ

タブレットの画面サイズは7~10インチが一般的です。インチ数は画面の対角線の長さを表します。同じインチ数でも、縦横比が違うと画面の横幅が異なるため、注意しておきましょう。特に、横幅の長さは持ちやすさにも影響してくるので、購入前にぜひチェックしてみてください。

液晶の解像度で選ぶ

液晶の解像度は「ピクセル」と呼ばれる単位で表されます。同じ画面サイズでもタブレットによって解像度が異なり、ピクセルの数値が大きいほど高解像度で表示可能。電子書籍の細かい文字も見やすく便利です。通常、液晶が高解像度になると価格も上がるので、使用用途と予算を考慮して選びましょう。

ストレージ容量で選ぶ

低価格タブレットのストレージ容量は、8~16GBが主流。電子書籍や音楽ファイルを大量に保存したい方は、容量の大きいモデルがおすすめです。予算が限られる場合はストレージ容量が少ないタブレットを購入し、容量が足りなくなったら別途SDカードを用意して拡張する方法もあります。

メモリ容量で選ぶ

メモリは、データ処理のスピードを左右するパーツです。作業の効率につながるため、購入前にしっかりと確認しましょう。低価格タブレットの場合は、1~2GBを搭載しているのが一般的。メモリは2GB以上あればほぼ快適に動作します。電子書籍の閲覧などがメインの方は1GBでも問題ありません。

ただし、高グラフィックのゲームなどをプレイする方は、メモリ容量の大きいモデルがおすすめです。メモリ数の大きさは製品の価格差に大きく影響するので注意が必要。用途を考えて選んでみてください。

バッテリーの動作時間で選ぶ

せっかく軽くて持ち運びに便利なタブレットでも、バッテリーの容量が少ないと外出中に電池が切れて使えなくなることも考えられます。特に毎日の通勤通学の移動中に読書や動画を楽しみたい方は、あらかじめバッテリーの動作時間を確認しておきましょう。

カメラの画素数で選ぶ

スマートフォンと同じように、タブレットでも写真や動画を撮れます。ただし、低価格タブレットのなかにはカメラ性能を落とすことで、価格を下げているモデルもあるので要注意。カメラ機能を使いたい方は、「画素数」をあわせてチェックしておきましょう。500万画素以上あれば比較的キレイな映像を撮れるのでおすすめです。

1万円前後のタブレットおすすめモデル

アマゾン(Amazon) Fire HD 8 タブレット

コスパがよい人気のタブレットです。画面サイズは8インチあり、HDディスプレイを搭載しています。Prime VideoやNetflix、U-NEXTなどのオンデマンドサービスに対応しており、映画やアニメ、ドラマなどを楽しむことが可能。CPUは6コアプロセッサー、メモリには2GBを備えているため、快適にアプリを使用できます。

バッテリーのパフォーマンスに優れているのも特徴。最大約13時間の連続駆動時間を実現しており、バッテリー切れを心配せずにタブレットを使えます。また、強化アルミノシリケートグラス製のスクリーンを採用しており、タブレットを地面に落とした際に破損しにくいのも魅力です。

別売りのmicroSDを使えば、最大1TBまでストレージを増量できます。映画やアニメをダウンロードすることが可能です。

TECLAST タブレット 8インチ P80T

価格が安いおすすめのタブレットです。画面サイズが8インチで、重量が約328gとコンパクトな設計。片手でも操作しやすく、外へ気軽に持ち運べます。ディスプレイにはIPSパネルを搭載しており、画面の見る角度が変わっても綺麗な画面を表示可能。解像度は1280×800あるので、電子書籍や動画の閲覧なども高画質で楽しめます。

ストレージには32GBを搭載。別途、MicroSDを用いれば最大1TBまで容量を拡張できます。たくさん画像や動画、アプリをダウンロードしたい方も安心です。GoogleのGMS認証を受けているのもポイント。Google Playストアから馴染みのあるアプリをインストールできます。

TECLAST タブレット10インチ P25T

画面サイズが10.1インチと大きく、1万円前後で購入できる安いおすすめのタブレット。IPSパネルを搭載しており、斜めの角度から画面を見ても綺麗な映像を表示できます。子供と一緒に映画や動画鑑賞をする際にもおすすめのモデルです。Wi-Fi6に対応しているのもポイント。従来のWi-Fiよりもネット通信が高速に行えるので、快適に使えます。

インカメラは200万画素、アウトカメラは500万画素あるのも特徴。綺麗な写真や動画を撮影できます。LEDフラッシュライトも備わっているので、暗い環境でも鮮明に撮ることが可能です。

目を保護するダークモードが搭載されており、目の負担を抑えてタブレットを使用できるのも魅力。家族で共有して使える安いタブレットを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

Blackview Tab5 タブレット 8インチ

OSにAndroid12を採用している1万円前後で購入できるタブレット。画面にグレースケールモードと文字拡大機能を搭載しているのが特徴。文字の視認性が良好で、快適に電子書籍を読めます。5580mAhのバッテリーを内蔵しており、23時間の音楽再生が可能。外でタブレットを使うときはバッテリー切れを気にせず使用できます。

インカメラとアウトカメラの画素数はそれぞれ200万画素あり、写真撮影はもちろん、綺麗な画面でビデオ会議を行えます。また、GoogleのGMS認証を受けており、NetflixやAmazon Prime video、YouTubeなどのアプリもダウンロード可能です。

インターフェースにUSB Type-Cポートが備わっているのもポイント。ノートパソコンと接続して給電を行えます。

HiGrace タブレット10インチ

解像度は1280×800で、メモリに6GBを搭載している価格が安いタブレット。OSにAndroid13を採用しています。画面分割機能も備わっており、2つの画面を同時に表示可能です。ネット検索をしながら文章作成をしたり、動画を見ながらSNSを操作したりもできます。

ストレージには128GBを内蔵。MicroSDカードを用いれば最大1TBまで容量を拡張できます。音楽や写真、アプリなどをたくさんダウンロード可能。バッテリーは5000mAhを備えています。連続駆動時間は最大約8時間で、長時間の外出にも気軽に持ち運べるのもポイントです。

ビーマックス(BMAX) I9Plus タブレット10インチ

性能が良好かつ、1万円前後で購入できるおすすめのタブレット。プロセッサーは4コアのRockchip RK3566、メモリに8GBを採用しています。処理能力に優れており、ゲームや映画鑑賞などが行えるスペックです。

画面サイズは10.1インチあり、解像度は1280×800。ディスプレイにIPSパネルも搭載しているので、視野角が広く発色が綺麗なのが特徴です。横からの角度でも映像のコントラストに変化が生じにくく、クリアな画面を表示できます。

デュアルスピーカーが備わっており、臨場感溢れるサウンドを楽しめるのもポイント。映画や音楽などを快適に鑑賞できます。

UMIDIGI G3 Tab タブレット

1万円前後で購入でき、外でも安心して使えるおすすめのタブレット。microSIMスロットが搭載されており、4GLTEをサポートしています。SIMカードを挿せばWi-Fiのない環境でもネット接続が可能。旅行や出張などにタブレットを持ち運びたい方にもおすすめのモデルです。

解像度は1280×800あり、画面にはTFTディスプレイを採用。輝度360nitで、動画や文字、画像を見やすく表示できます。また、6000mAhのバッテリーを内蔵しているのも特徴です。ビデオ再生が約7時間、音楽再生で約20時間駆動できます。

CHUWI Hi10 XPro

CPUにUnisoc T606を搭載している1万円前後で購入可能なタブレット。メモリは8GBあり、処理能力に優れています。ウェブサイトの閲覧や動画視聴、ゲームアプリなども楽しめるスペックです。Wi-Fiだけでなく、LTEに対応しているのもポイント。SIMカードを挿して外でもネット通信を行えます。

Widevine L1認証を受けているのも特徴。映像の遅延を抑えられ、高解像の映像をしっかり表示できます。映画や動画鑑賞を快適に楽しむことが可能です。800万画素のリアカメラと500万画素のフロントカメラを内蔵しているのも魅力。鮮明な画面でビデオ通話を行えます。

タブレット購入から12ヶ月の保証が備わっているので、万が一のときにもしっかりサポートを受けることが可能。性能に優れた安いタブレットを求めている方はぜひ、チェックしてみてください。

UAUU タブレット8インチ T30

綺麗な映像を表示できる価格が安いおすすめのタブレット。解像度は1920×1200に対応しており、画面にはIPSパネルを搭載しています。広視野角でかつ、鮮やかな映像を表示可能。映像や動画鑑賞を楽しむのにぴったりのモデルです。また、4GLTE接続ができるので、Wi-Fiのない場所でもネットサーフィンを行えます。

GPS機能が備わっており、ナビとしても使うことが可能。ドライブの際に役立ちます。指紋認証が搭載されているのもポイントです。画面のロックをすばやく解除できるほか、第三者に不正ログインされるのを防げます。

タッチサンプリングレートが120Hzあるのも魅力。タッチやスクロールのレスポンスに優れ、なめらかな操作を実現しています。

Headwolf FPad2 タブレット 8インチ

薄型で軽量の安いタブレット。CPUはパフォーマンスが良好な4コア、メモリに4GBを採用しています。処理速度がはやく、快適な操作性を実現しています。4GLTE通信とWi-Fi接続の両方に対応しているのも特徴。SIMカードを挿入すれば、Wi-Fiのない環境でも気軽にネット通信を行えるうえに、通話も可能です。

ストレージには64GBを備えています。別途、MicroSDカードを用いれば最大512GBまで容量を拡張可能。たくさんアプリや動画をダウンロードしたいときにもしっかり対応できます。GMS認証を取得しており、Google MapsやGmailなどのサービスを使用できるのも魅力です。