普段のメールチェックやSNSへの書き込みなどは、スマートフォンがあれば十分。しかし、動画を見たり電子書籍を読んだりする場合は、タブレットが便利です。スマートフォンよりも画面が広いので見やすく、バッテリー容量も多いため安心して楽しめます。

そこで今回は、1万円前後で購入できるおすすめのタブレットをご紹介。選び方もあわせて解説するので、ぜひチェックしてみてください。

1万円前後のタブレットの選び方

画面サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

タブレットの画面サイズは7~10インチが一般的です。インチ数は画面の対角線の長さを表します。同じインチ数でも製品によって縦横比が違うと画面の横幅が異なることに注意しておきましょう。特に横幅の長さは持ちやすさにも影響してくるので、購入前にぜひチェックしてみてください。

液晶の解像度で選ぶ

By: amazon.co.jp

液晶の解像度は「ピクセル」と呼ばれる単位で表されます。同じ画面サイズでもタブレットによって解像度が異なり、ピクセルの数値が大きいほど高解像度で表示可能。電子書籍の細かい文字も見やすく便利です。通常は液晶が高解像度になると価格も上がるので、使用用途と予算にあわせて選びましょう。

ストレージ容量で選ぶ

By: rakuten.co.jp

低価格タブレットのストレージ容量は、8~16GBが主流。電子書籍や音楽ファイルを大量に保存したい方は、容量の大きいモデルがおすすめです。予算が限られる場合はストレージ容量が少ないタブレットを購入し、容量が足りなくなったらSDカードを挿して拡張する方法もあります。

メモリ容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

メモリは、データ処理のスピードを左右するパーツです。低価格タブレットの場合は、1~2GBを搭載しているのが一般的。メモリは2GB以上あれば快適に動作します。電子書籍の閲覧などがメインの方は1GBでも問題ありません。

ただし、高グラフィックのゲームなどをプレイする方は、メモリ容量の大きいモデルがおすすめです。メモリ数の大きさは製品の価格差に大きく影響するので注意が必要。用途を考えて選んでみてください。

バッテリーの動作時間で選ぶ

By: amazon.co.jp

せっかく軽くて持ち運びに便利なタブレットでも、バッテリーの容量が少ないと外出中に電池が切れて使えなくなることも考えられます。特に毎日の通勤通学の移動中に読書や動画を楽しみたい方は、バッテリーの動作時間を確認しておきましょう。

カメラの画素数で選ぶ

スマートフォンと同じように、タブレットでも写真や動画を撮れます。ただし、低価格タブレットのなかにはカメラ性能を落とすことで、価格を下げているモデルもあるので要注意。カメラ機能を使いたい方は、「画素数」をあわせてチェックしておきましょう。500万画素以上あれば比較的キレイな映像を撮れるのでおすすめです。

1万円前後のタブレットおすすめ人気モデル

アマゾン(Amazon) Fire HD 8 タブレット

1日中電池残量を気にせず使用できる

2.0GHzで駆動するクアッドコアプロセッサを搭載したモデルです。メモリは2GBを搭載。32GBのストレージを内蔵しているため、多くのコンテンツが保存できます。さらに、microSDカードで保存領域を拡張可能。最大1TBまで対応しているので、マンガや映画、音楽など、大量のコンテンツをダウンロードして楽しみたい方にも適しています。

バッテリー駆動時間が長いのも本モデルの魅力。1日中外出するようなシーンでも電池残量を心配する必要がありません。視認性と携帯性のバランスに優れた8インチ液晶ディスプレイを採用。安い価格ながら快適に操作できるタブレットを求めている方におすすめのモデルです。

アマゾン(Amazon) Fire 7 タブレット キッズモデル

安心して子供に使わせることが出来るタブレット

子供が初めて触れるタブレットにおすすめのキッズモデルです。子供の年齢を設定しておくだけで、数千点のコンテンツのなかから年齢に応じたモノを表示する年齢フィルターを搭載。購入後すぐに使いはじめられます。

専用のキッズカバーが装着されているため、多少ラフに扱ってもタブレットをしっかり保護。さらに、子供のタブレットの利用状況を把握できる「ペアレントダッシュボード」に対応しているのもポイントです。15分単位で利用時間を設定できるので、使い過ぎを防ぎます。

安心して子供に渡せるタブレットを探している方は、本モデルをチェックしてみてください。

レノボ(Lenovo) Lenovo Tab M8 ZA5G0084JP

子供用のタブレットを探している方におすすめ

8.0型ワイドIPSパネルを搭載したタブレットです。厚さ約8mmのスリムデザインで、高級感のあるメタルボディを採用しています。ストレージは16GB、メモリは2GB。ゲームをするには控えめなスペックですが、WEB閲覧や動画鑑賞といった用途なら十分です。

また、「キッズモード」を搭載しているのもポイント。豊富なキッズコンテンツが利用できるほか、ペアレンタルコントロールのよる利用制限にも対応しています。ファミリー用のタブレットとしてもおすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI) 8インチ タブレット MediaPad T3

高性能なスマートフォンで人気のファーウェイが販売する7インチタブレットです。CPUにはQualcommの「Snapdragon 425」を採用。2GBのメモリを搭載しており、アプリも軽快に動作します。

さらに、薄型でスタイリッシュなデザインも本モデルの魅力。厚さが7.95mmとスリムなうえ、重さもわずか350gと軽量なので携帯性も良好です。4800mAhの大容量バッテリーを搭載しているため、外出先でも長時間使用できます。

コンテンツやアプリを管理する機能を備えているのもポイント。不適切なアプリの利用を防げるので、子供の学習用としてもおすすめです。

FFF SMART LIFE CONNECTED 7インチタブレット FFF-TAB7

優れた電力効率が特徴の「Cortex-A53」プロセッサーを採用した7インチタブレット。FMチューナーを搭載しているため、Wi-Fiが使用できない状態でもFMラジオで情報収集できます。災害時にも役立つのがメリットです。

有線イヤホンやヘッドホンだけでなく、Bluetooth 4.0に対応したワイヤレスのオーディオデバイスも接続可能。有線・無線を問わず、映画などを楽しみたい方におすすめです。

Dragon Touch タブレット 10.1インチ Dragon Touch NotePad K10

1080pのフルHD動画が楽しめる、10.1インチのタブレットです。リーズナブルな価格ながら、映画や動画を高解像度で視聴できるのが魅力。HDMI端子を搭載しているため、外部モニターに接続可能。大きな画面でコンテンツを視聴したい方にも適しています。

さらに、デュアルバンドWi-Fi接続に対応しているのも本モデルの特徴。ルータとの距離が近いときには高速な5GHz帯、離れている場合には障害物に強い2.4GHz帯を利用するなど、環境に応じて使い分けられます。安定したネット接続ができるモデルを求めている方は、チェックしてみてください。

Dragon Touch タブレット 7インチ Y88X PRO

重量250g、サイズ181×120×16mmの軽量コンパクトなタブレットです。かばんに入れてもかさばりにくいため、持ち運びやすい製品を探している方に適しています。片手でも持ちやすいのが特徴。ソファなどでくつろぎながら動画を観たり、電車のような狭いスペースで電子書籍を読んだりする際に便利です。

IPSパネルを採用しているのもポイント。角度によって色が変化しにくいので、複数人で画面を見るときに活躍します。ビデオ通話などで使えるよう、リアカメラだけでなくフロントカメラを搭載。幅広い活用方法がある製品を探している方はチェックしてみてください。

恵安(KEIAN) Androidタブレット KI-R10S

Android OSを搭載した10.1インチサイズの格安タブレットです。従来機と比べてストレージ容量が16GBへと増量。本体にはmicroSDメモリーカードスロットを搭載しており、最大64GBまで外部ストレージを拡張できます。

ディスプレイはIPS液晶を採用しているので、角度を変えても色味が変わりにくいのがポイントです。メモリは2GBと少なめですが、WEBサイトや電子書籍の閲覧がメインなら十分なスペック。サブタブレットとしてもおすすめです。

COOPERS Android 10.0対応タブレット CP80

フルHDモニターを搭載した8インチモデルのタブレットです。4000mAhと大容量のバッテリーを備えているのが特徴。最大12時間連続使用が可能なため、充電の手間を減らしたい方にぴったりです。

4コアCPUに加え、2GBのメモリと32GBのストレージを搭載しているのも魅力。ネットサーフィンを快適に行いやすく便利です。色の再現度が高い傾向があるIPSパネルを採用しているので、映画などを楽しみたい方にも適しています。

比較的リーズナブルな価格で手に入れられるため、初めてタブレットを購入する方でも手に取りやすい製品がほしい場合はチェックしてみてください。