普段のメールチェックやSNSへの書き込みなどはスマートフォンがあれば十分です。しかし、動画を見たり、電子書籍を読んだりする場合は、もう少し大きな画面が欲しくなります。そんなときにおすすめなのがタブレット。スマートフォンよりも画面が広いので見やすく、バッテリー容量も多いので安心です。

そこで今回は、低価格でも使いやすいタブレットの選び方のポイントと、おすすめの製品をご紹介します。

1万円前後のタブレットの選び方

画面サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

タブレットで用意されている画面サイズは7~10インチが一般的です。ここでの「インチ数」とは画面の対角線の長さを表します。同じインチ数でも製品によって縦横比が違うと画面の横幅が異なることに注意しましょう。特に横幅の長さは持ちやすさにも影響してくるので、スペックのサイズから定規などで手に合わせてみることをおすすめします。

液晶の解像度で選ぶ

By: consumer.huawei.com

液晶の解像度は「ピクセル」という単位で表します。同じ画面サイズでもタブレットによって解像度が異なり、ピクセルの数値が大きいほど高解像度で美しく表示することが可能です。電子書籍の細かい文字も見やすくなります。通常は液晶が高解像度になると価格も上がるので、使用用途と予算に合わせて選ぶようにしましょう。

ストレージ容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

低価格タブレットのストレージ容量は、8~16GBが主流です。電子書籍や音楽ファイルを大量に保存したい方は余裕を持った容量のモデルがおすすめです。予算が限られる場合はストレージ容量が少ないタブレットを購入し、将来容量が足りなくなったらSDカードを挿して拡張する方法もあります。

メモリ容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

データ処理のスピードを左右する「メモリ」。低価格タブレットの場合は、1~2GBを搭載しているのが一般的です。メモリは2GB以上あれば快適に動作します。動きの激しいゲームでは大きなメモリが望ましいですが、電子書籍の閲覧などでは1GBでも不自由はありません。メモリ数の大きさは製品の価格差に大きく現れるので、用途を考えて選びましょう。

バッテリーの動作時間で選ぶ

By: amazon.co.jp

せっかく軽くて持ち運びに便利なタブレットでも、バッテリーの動作時間が短いと外出中に電池が切れて使えなくなってしまいます。特に毎日の通勤通学の移動中に読書や動画閲覧をしたい方なら、バッテリーの動作時間を確認しておきましょう。

カメラの画素数で選ぶ

スマートフォンと同じように、タブレットでも写真や動画を撮ることができます。ただし、低価格タブレットのなかにはカメラ性能を落とすことで価格を下げているモデルもあるので要注意。カメラ機能を使いたい方は「画素数」をチェックするようにしましょう。500万画素以上あれば綺キレイな映像を撮れます。

1万円以下のタブレットおすすめ人気モデル

Teclast P80H Android タブレット 8.0インチ

スペックがある程度高くて、価格が安いタブレットを手に入れたいという方におすすめ。8000円台で購入できるので、タブレットが初めての方にもお手ごろ感があります。8インチの画面サイズに1280×800ピクセルの解像度と、電子書籍や雑誌が読みやすい大きさです。ベゼル幅が5mmと狭く、本体が約12.1×21cmと手に持ちやすいスリムサイズ。重量も約331gと軽量なので、長時間の読書でも腕が疲れにくくおすすめです。

ストレージ容量は8GBと少なめですが、SDスロットが搭載されているので最大32GBまで増設できます。低価格ですが通常の使用に問題ないスペック。コストパフォーマンスに優れたタブレットとしておすすめです。

ドラゴンタッチ(Dragon Touch) クアッドコアタブレット X80 7.85インチ

低価格でストレージ容量が大きいタブレットなら本製品がおすすめ。ストレージ容量は32GBと余裕があり、SDカードを追加すれば最大で64GBまで増やせます。多くの電子書籍や音楽ファイルを保存したい方にピッタリです。

画面サイズは7.85インチで解像度は1024×768ピクセルの液晶を搭載。IPSパネルを採用しているので角度を付けても見やすいのが魅力です。

本体は約19.8×13.5cmで厚みが0.8cmと薄型設計を採用しています。重量も約331gと軽量で、カバンに入れて持ち運びやすいのもポイント。気軽にネット閲覧やSNSの書き込みをしたい方におすすめのタブレットです。

アマゾン(Amazon) タブレット Fire 7 8GBモデル 7.0インチ

普段からアマゾンのサービスをよく利用する方におすすめの低価格タブレット。アマゾンの動画や音楽サービスを利用しやすく工夫された端末です。

本製品の購入前の注意点は、アマゾン独自の「Fire OS」を採用しているところ。Google Playを利用できず、アマゾンアプリストア内のアプリしかインストールできません。機能が限られているとはいえ、アマゾンの豊富な電子書籍・映画・音楽、ゲームやアプリなど、合計で約3000万のコンテンツを楽しめるのは魅力。もちろん、フェイスブックやツイッターといったSNSも使えます。

7インチの液晶画面に本体が約19.2×11.5cmとコンパクト。重量も約295gと軽量化を実現しています。1回のフル充電で最大約8時間の使用が可能なので、持ち運びながら外出中の利用に便利です。ストレージ容量は8GBですが、最大で256GBまで拡張可能。エンタメ好きの方におすすめのタブレットです。

1万円以上2万円未満のタブレットおすすめ人気モデル

ファーウェイ(HUAWEI) タブレット MediaPad T3 8 8.0インチ

スマートフォンの世界シェアが3位のファーウェイが販売するタブレットです。2万円を切る価格で購入可能。アルミ合金のボディは、堅牢性とデザイン性を兼ね備えています。8インチの液晶ディスプレイは視認性良好。左右のベゼルが約7.8mmと狭いため、本体サイズの幅が約12.5cmと持ちやすいのも魅力です。重さも約350gと軽いので、手に持っての操作も苦になりません。バッテリーは4800mAhの大容量を搭載。長時間の連続動作が可能です。

ストレージ容量は16GB。外部ストレージとしてmicroSDカードを挿入すれば最大128GBまで増設できます。メモリは2GBで、ゲームや動画などのアプリを使用しても快適に動作します。搭載されたカメラも500万画素と高め。低価格でも高性能なおすすめのタブレットです。

ファーウェイ(HUAWEI) タブレット MediaPad T3 7 7.0インチ

本製品は「MediaPad T3 8」のスペックを少し落として購入しやすくしたモデルです。7インチ液晶ディスプレイを搭載し、本体サイズは約10.4×17.9cmとコンパクト。重さも250gで、8インチモデルよりも100g軽くなっています。ボディにはアルミ合金を使用しているので高級感は変わりません。

ストレージ容量は16GBあり、microSDカードで最大128GBまで増設可能。メモリは2GBで、1万円強のタブレットとしてコストパフォーマンスに優れています。画像解像度は1024×600ピクセルとやや低めですが、角度をつけても画面が見やすいIPS液晶を搭載しているので、電子書籍を自由な姿勢で読めます。低価格でありながら高性能なタブレットとしておすすめです。

ドラゴンタッチ(Dragon Touch) V10 10.1 インチタブレット 16GB

低価格で大きな画面のAndroidタブレットなら本製品がおすすめ。10.1インチで解像度が1280×800ピクセルのIPS液晶を搭載しており、広い画面で電子書籍やネットの閲覧が可能です。本体サイズは約26.5×16.5cm、重量が587gでフル充電で最大約6時間の動画鑑賞ができます。

ストレージ容量は16GBあるのでアプリを多くインストールでき、容量が不足したらmicroSDカードを挿入して最大で32GBを増設できます。OSはAndroid7.0に対応するので最新アプリも利用可能。広い画面で最新ゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

TYD MTK6580 10.1インチタブレット

低価格で高解像度のタブレットです。10.1インチで解像度1920×1080のフルHDを採用。視野角が175°あるので複数の人と同時に動画を楽しめます。

ストレージ容量は32GBと余裕があり、さらにmicroSDカードで最大128GBまで拡張可能。メモリは2GB搭載しているのでアプリの動作も快適です。ゲームのプレイでもストレスを感じません。バッテリーは6500mAhと大容量。大画面で動画や電子書籍などのコンテンツを楽しみたい方におすすめの低価格タブレットです。

Auntwhale HD 10タブレット

大容量メモリのタブレットなら本製品がおすすめです。低価格でありながら、ハイスペックモデル並みの4GBメモリを搭載。プロセッサはクアッドコアMTK6592なので動きの速いゲームもスムーズに動かせます。ストレージも64GBの大容量。アプリや動画といったデータをたくさんダウンロードできるのが魅力です。

10.1インチの広いディスプレイに1920×1200ピクセルの高解像度を採用。本体カラーはゴールド、シルバーに加えておしゃれなローズゴールドも選択できます。映画や電子書籍を大画面で楽しみたい方におすすめの低価格タブレットです。

アマゾン(Amazon) Fire HD 10 タブレット(10インチHDディスプレイ) 32GB

映画が好きな方におすすめの大画面10.1インチタブレット。1920×1200ピクセルのフルHDを採用しているため、映像コンテンツを高画質で描きます。液晶にはIPS技術と偏光フィルターを採用。画面の反射が少なく角度を付けても見やすいので、横になりながらタブレットを使いたい方にピッタリです。

ストレージ容量は32GBで、microSDカードで最大256GBまで拡張可能。1回のフル充電で、最大約10時間使えます。アマゾン独自OSの「Fire OS」を搭載しており、アマゾンストアの映画、電子書籍、コミックなどを快適に利用できるのがメリット。大画面で豊富なコンテンツを楽しみたい方におすすめのタブレットです。