普段のメールチェックやSNSへの書き込みなどは、スマートフォンがあれば十分。しかし、動画を見たり電子書籍を読んだりする場合は、タブレットが便利です。スマートフォンよりも画面が広いので見やすく、バッテリー容量も多いため安心して楽しめます。

そこで今回は、1万円前後で購入できるおすすめのタブレットをご紹介。選び方もあわせて解説するので、ぜひチェックしてみてください。

1万円前後のタブレットの選び方

画面サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

タブレットの画面サイズは7~10インチが一般的です。インチ数は画面の対角線の長さを表します。同じインチ数でも製品によって縦横比が違うと画面の横幅が異なることに注意しておきましょう。特に横幅の長さは持ちやすさにも影響してくるので、購入前にぜひチェックしてみてください。

液晶の解像度で選ぶ

By: amazon.co.jp

液晶の解像度は「ピクセル」と呼ばれる単位で表されます。同じ画面サイズでもタブレットによって解像度が異なり、ピクセルの数値が大きいほど高解像度で表示可能。電子書籍の細かい文字も見やすく便利です。通常は液晶が高解像度になると価格も上がるので、使用用途と予算にあわせて選びましょう。

ストレージ容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

低価格タブレットのストレージ容量は、8~16GBが主流。電子書籍や音楽ファイルを大量に保存したい方は、容量の大きいモデルがおすすめです。予算が限られる場合はストレージ容量が少ないタブレットを購入し、容量が足りなくなったらSDカードを挿して拡張する方法もあります。

メモリ容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

メモリは、データ処理のスピードを左右するパーツです。低価格タブレットの場合は、1~2GBを搭載しているのが一般的。メモリは2GB以上あれば快適に動作します。電子書籍の閲覧などがメインの方は1GBでも問題ありません。

ただし、高グラフィックのゲームなどをプレイする方は、メモリ容量の大きいモデルがおすすめです。メモリ数の大きさは製品の価格差に大きく影響するので注意が必要。用途を考えて選んでみてください。

バッテリーの動作時間で選ぶ

By: amazon.co.jp

せっかく軽くて持ち運びに便利なタブレットでも、バッテリーの容量が少ないと外出中に電池が切れて使えなくなることも考えられます。特に毎日の通勤通学の移動中に読書や動画を楽しみたい方は、バッテリーの動作時間を確認しておきましょう。

カメラの画素数で選ぶ

スマートフォンと同じように、タブレットでも写真や動画を撮れます。ただし、低価格タブレットのなかにはカメラ性能を落とすことで、価格を下げているモデルもあるので要注意。カメラ機能を使いたい方は、「画素数」をあわせてチェックしておきましょう。500万画素以上あれば比較的キレイな映像を撮れるのでおすすめです。

1万円前後のタブレットおすすめ人気モデル

アマゾン(Amazon) Fire HD 8 タブレット

2.0GHzで駆動するクアッドコアプロセッサを搭載したモデルです。メモリは2GBを搭載。32GBのストレージを内蔵しているため、多くのコンテンツが保存できます。さらに、microSDカードで保存領域を拡張可能。最大1TBまで対応しているので、マンガや映画、音楽など、大量のコンテンツをダウンロードして楽しみたい方にも適しています。

バッテリー駆動時間が長いのも本モデルの魅力。1日中外出するようなシーンでも電池残量を心配する必要がありません。視認性と携帯性のバランスに優れた8インチ液晶ディスプレイを採用。安い価格ながら快適に操作できるタブレットを求めている方におすすめのモデルです。

アマゾン(Amazon) Fire 7 タブレット キッズモデル

子供が初めて触れるタブレットにおすすめのキッズモデルです。子供の年齢を設定しておくだけで、数千点のコンテンツのなかから年齢に応じたモノを表示する年齢フィルターを搭載。購入後すぐに使いはじめられます。

専用のキッズカバーが装着されているため、多少ラフに扱ってもタブレットをしっかり保護。さらに、子供のタブレットの利用状況を把握できる「ペアレントダッシュボード」に対応しているのもポイントです。15分単位で利用時間を設定できるので、使い過ぎを防ぎます。

安心して子供に渡せるタブレットを探している方は、本モデルをチェックしてみてください。

日本電気(NEC) LAVIE Tab E PC-TE507KAS

コンパクトな7型ワイドサイズのAndroidタブレットです。広視野角で角度を変えても色彩が変わりにくいIPS液晶を採用しています。ストレージは32GB、メモリは2GBとスペックを抑えて、コストダウンを図っているのが特徴。動画視聴やネット検索、電子書籍といった用途におすすめです。

バッテリー容量は3500mAh。WEB閲覧時の駆動時間は約9.7時間です。本体が約236gと軽いので、長時間使用しても腕に負担がかかりにくいのが魅力。自宅用はもちろん、通勤通学用のタブレットとしてもおすすめです。

レノボ(Lenovo) Lenovo Tab M8 ZA5G0084JP

8.0型ワイドIPSパネルを搭載したタブレットです。厚さ約8mmのスリムデザインで、高級感のあるメタルボディを採用しています。ストレージは16GB、メモリは2GB。ゲームをするには控えめなスペックですが、WEB閲覧や動画鑑賞といった用途なら十分です。

また、「キッズモード」を搭載しているのもポイント。豊富なキッズコンテンツが利用できるほか、ペアレンタルコントロールのよる利用制限にも対応しています。ファミリー用のタブレットとしてもおすすめです。

Dragon Touch タブレット 8インチ Dragon Touch Notepad Y80

クアッドコアプロセッサと2GBのメモリを搭載したモデルです。リアに800万画素、フロントに200万画素のデュアルカメラを備えているのが特徴。旅先での記念写真がキレイに撮れるほか、LINEやSkypeでのビデオ通話もスムーズに楽しめます。

32GBのストレージを内蔵しており、不足するようなら外部メモリを利用可能。128GBまでのSDカードが挿入できるため、さらに多くのデータやアプリが保存できます。

1280×800ピクセルの8インチ液晶を搭載。解像度はそれほど高くありませんがIPSパネルを採用しているので、斜め方向からでも鮮明な映像が見られます。

Dragon Touch タブレット 10.1インチ Dragon Touch NotePad K10

1080pのフルHD動画が楽しめる、10.1インチのタブレットです。リーズナブルな価格ながら、映画や動画を高解像度で視聴できるのが魅力。HDMI端子を搭載しているため、外部モニターに接続可能。大きな画面でコンテンツを視聴したい方にも適しています。

さらに、デュアルバンドWi-Fi接続に対応しているのも本モデルの特徴。ルータとの距離が近いときには高速な5GHz帯、離れている場合には障害物に強い2.4GHz帯を利用するなど、環境に応じて使い分けられます。安定したネット接続ができるモデルを求めている方は、チェックしてみてください。

ファーウェイ(HUAWEI) 8インチ タブレット MediaPad T3

高性能なスマホで人気のファーウェイが販売する7インチタブレットです。CPUにはQualcommの「Snapdragon 425」を採用。2GBのメモリを搭載しており、アプリも軽快に動作します。

さらに、薄型でスタイリッシュなデザインも本モデルの魅力。厚さが7.95mmとスリムなうえ、重さもわずか350gと軽量なので携帯性も良好です。4800mAhの大容量バッテリーを搭載しているため、外出先でも長時間使用できます。

コンテンツやアプリを管理する機能を備えているのもポイント。不適切なアプリの利用を防げるので、子供の学習用としてもおすすめです。

ZONKO 10インチ タブレット

WXGA(1280×800ピクセル)表示が可能な10インチ液晶を搭載した製品です。デュアルSIMカードに対応しているのが特徴。3G接続ながらWi-Fi環境のない場所でも、通話やメールの送受信ができるので重宝します。自宅はもちろん、外出先からでもネットに接続したい方におすすめのモデルです。

デュアルカメラを採用しているのもポイント。500万画素のリアカメラは日常の何気ない風景を写すスナップ写真にぴったり。ビデオチャットに適した200万画素のフロントカメラも搭載しています。

6000mAhの大容量バッテリーを搭載。約10時間動作するため、長編映画や連続ドラマもじっくりと鑑賞できます。さらに、32GBのストレージを内蔵。容量が不足するようなら最大128GBのmicroSDカードで補えます。

HAOQIN 7インチ タブレット

とにかく安さを重視する方におすすめのタブレットです。安価な製品ながら32GBのストレージを内蔵。さらに、最大64GBまでのmicroSDカードをサポートしているため、保存容量を拡張可能です。たくさんのアプリやコンテンツをダウンロードして楽しみたい方にも適しています。

7インチのボディはコンパクト。重さも約240gと非常に軽量なため、バッグやリュックに入れて気軽に持ち運べます。気軽に購入できるので、安さを求める方はチェックしてみてください。

ALLDOCUBE 10.1インチ タブレット iPlay10 Pro

1万円前後で購入できるコスパのよいモデルです。フルHDを超えるWUXGA(1920×1200)表示が可能な10.1インチ液晶を搭載。美しい画面で映画の視聴やネットサーフィンを楽しみたい方におすすめのタブレットです。

6600mAhの大容量バッテリーを内蔵。メモリは3GBと、このクラスでは大きめの容量を搭載しています。2.4GHz帯と5GHz帯のデュアルバンドWi-Fiに対応しているのもポイント。利用環境に関わらず安定した通信ができるので便利です。

ALLDOCUBE 7インチ タブレット iPlay 7T

OSにAndroid 9.0を搭載したタブレットです。1.4GHzで駆動するクアッドコアプロセッサと2GBのメモリを採用しており、快適に使用可能。

ストレージ容量は16GBですが、最大256GBまでmicroSDカードが利用できるので便利です。映画、音楽、ゲームなど、外出先でも多くのコンテンツを楽しみたい方におすすめ。

SIMカードが挿入でき、4G/LTE通信をサポートしているのも本モデルの特徴。図書館やカフェで電子書籍をダウンロードして読書する、といったスマートな使い方もできます。カバンやリュックの中でも邪魔になりにくい携帯性に優れたモデルです。