普段のメールチェックやSNSへの書き込みなどはスマートフォンがあれば十分です。しかし、動画を見たり、電子書籍を読んだりする場合は、もう少し大きな画面のモデルだと便利です。そんなときにおすすめなのがタブレット。スマートフォンよりも画面が広いので見やすく、バッテリー容量も多いので安心です。

そこで今回は、低価格でも使いやすいタブレットの選び方のポイントとおすすめの製品をご紹介します。

1万円前後のタブレットの選び方

画面サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

タブレットで用意されている画面サイズは7~10インチが一般的です。ここでの「インチ数」とは画面の対角線の長さを表します。同じインチ数でも製品によって縦横比が違うと画面の横幅が異なることに注意しましょう。特に横幅の長さは持ちやすさにも影響してくるので、事前に手のサイズを測っておくと安心です。

液晶の解像度で選ぶ

By: huawei.com

液晶の解像度は「ピクセル」という単位で表します。同じ画面サイズでもタブレットによって解像度が異なり、ピクセルの数値が大きいほど高解像度で表示できるので電子書籍の細かい文字も見やすく便利です。通常は液晶が高解像度になると価格も上がるので、使用用途と予算に合わせて選ぶようにしましょう。

ストレージ容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

低価格タブレットのストレージ容量は、8~16GBが主流です。電子書籍や音楽ファイルを大量に保存したい方は容量の大きいモデルがおすすめです。予算が限られる場合はストレージ容量が少ないタブレットを購入し、容量が足りなくなったらSDカードを挿して拡張する方法もあります。

メモリ容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

メモリは、データ処理のスピードを左右するパーツです。低価格タブレットの場合は、1~2GBを搭載しているのが一般的。メモリは2GB以上あれば快適に動作します。電子書籍の閲覧などがメインの方は1GBでも問題ありません。ただし、高グラフィックのゲームなどをプレイする方はメモリ容量の大きいモデルがおすすめです。メモリ数の大きさは、製品の価格差に大きく現れるので、用途を考えて選びましょう。

バッテリーの動作時間で選ぶ

By: amazon.co.jp

せっかく軽くて持ち運びに便利なタブレットでも、バッテリーの容量が少ないと外出中に電池が切れて使えなくなってしまいます。特に毎日の通勤通学の移動中に読書や動画を見たい方なら、バッテリーの動作時間を確認しておきましょう。

カメラの画素数で選ぶ

スマートフォンと同じように、タブレットでも写真や動画を撮ることができます。ただし、低価格タブレットのなかにはカメラ性能を落とすことで価格を下げているモデルもあるので要注意。カメラ機能を使いたい方は「画素数」をチェックするようにしましょう。500万画素以上あればキレイな映像を撮れます。

1万円前後のタブレットおすすめ人気モデル

アマゾン(Amazon) Fire HD 7

アマゾン(Amazon)  Fire HD 7

7インチという持ち運びしやすいサイズの格安タブレット。720pの高画質カメラに1024×600と高解像度のディスプレイを備えているほか、microSDカードによる最大256GBのストレージ拡張など魅力的な機能が搭載されています。

また、落下テストによる耐久性のチェックも行われているため、不意に落としてしまっても衝撃を軽減。基本ストレージが8GBと16GBから選べるのに加え、どちらも1万円以内とリーズナブル。リーズナブルで機能性に優れたモデルを探している方におすすめです。

アマゾン(Amazon) Fire HD 8

アマゾン(Amazon)  Fire HD 8

本製品は7インチモデルよりも、さらに機能性に優れているのが特徴。8インチのため、7インチよりサイズは大きいですが、1280×800の解像度や約10時間使えるバッテリー、400GBまでストレージが拡張できるなど機能がパワーアップしています。

他には、720pの高機能カメラがリアとフロント両方についているため、ビデオ通話をする際にもきれいな映像のまま話すことが可能。また、高音質なサラウンドスピーカーDolby Atmosといった機能も搭載されています。

ファーウェイ(Huawei) MediaPad T3 7

ファーウェイ(Huawei)  MediaPad T3 7

長時間使いたい方におすすめの7インチタブレットです。長時間使えるバッテリーやハイクオリティなゲームでもプレイできる2GBのメモリを搭載。それだけでなく、ファーウェイ独自の省電力化機能も搭載されているため、バッテリーも長持ちします。

また、マルチタスク機能もついており、1つの画面で2つのアプリが同時に使えるのも便利。本製品は子供向けのタブレットとしても使うことができ、使用制限や子どもに見て欲しくないサイトの規制など設定可能です。

ドラゴンタッチ(Dragon Touch) Y88X PLUS

ドラゴンタッチ(Dragon Touch)  Y88X PLUS

コスパに優れているのが特徴の7インチタブレットです。ディスプレイは1024×600と高解像で約200万画素のリアカメラ、Google Playなどの機能が備わっています。

また、子ども向けタブレットとして使うことも可能。有害サイトを閲覧できないようにするフィルタリング機能や子どもにも直感的に使いやすいインターフェイスが搭載されているため、気軽に使用できます。子ども向けに安いタブレットを探している方にぴったりな製品です。

ブルードット(BLUEDOT) BNT-801

ブルードット(BLUEDOT)  BNT-801W

日本で検品・検証行っている信頼性の高いメーカーです。OSはAndroid 8.1を採用。ディスプレイサイズは8インチで、1280×800の高解像度です。

メモリは2GBあるため、ゲームなども快適に楽しめます。安心して使用できるタブレットを探している方におすすめです。

テックラスト(Teclast) P80H

1080pの高画質なディスプレイとHDMI接続に対応したタブレットです。画面だけではなく、クアッドコアCPUが搭載されているため快適でストレスなく使用できるほか、Bluetoothにも対応しています。

また、microSDカードのスロットを搭載しているため、ストレージを拡張できるのが魅力。元々のストレージが8GBと少ないため、製品と一緒にmicroSDカードを買っておくのがおすすめです。HDMI出力もできるため、タブレットの画面をテレビやプロジェクターに写せます。

エイサー(Acer) Iconia B1-790/K

エイサー(Acer) Iconia B1-790/K

本製品は、パソコン業界で有名なエイサーによる7インチタブレットです。7時間という長時間稼働するバッテリー容量や128GBまで拡張可能なストレージが、魅力的なポイント。画面の解像度も1280×720のHD画質のため、美しい映像を楽しめます。

ウェブサイト・アプリの利用制限や子供向けのコンテンツが楽しめる「キッズセンター」を備えているのも魅力。子供向けのタブレットに適しています。

そして、EZ Utilitiesが導入されており、文字サイズの拡大やタブレット内の容量整理、個別にデータを守れる機能など使用可能です。もちろん、カメラも搭載されており、約30万画素のリアカメラと約300万画素のフロントカメラが付いているのも嬉しいポイント。ブランドだけではなく、機能にもこだわりたい方におすすめのタブレットです。

CHUWI Hi8 SE

チウェイ(CHUWI) Hi8 SE

最新OSのAndroid 8.1が搭載されている8インチタブレットです。注目すべきポイントはバッテリー容量が大きく長時間使える点。容量4000mAhのバッテリーに省電力機能が施されたCPUを内蔵することで、約8時間使用できます。

また、解像度は1920×1200のフルHD画質であり、高画質で楽しめるのも魅力。価格は1万円前後で、機能性に優れているおすすめのタブレットです。

レノボ(Lenovo) TAB 7 Essential ZA300099JP

レノボ(Lenovo) TAB 7 Essential ZA300099JP

パソコンで有名なレノボもタブレットをリリースしています。7インチでスタイリッシュなデザインに加え、約6時間稼働するバッテリーを搭載。CPUはクアッドコアを使用しているため、快適に使えるのが魅力です。

また、フロントとリアそれぞれに200万画素カメラを搭載しており、ビデオ通話もストレスなく行えます。ストレージは、16GBですがmicroSDカードが挿入できるため、足りない場合は拡張できるおすすめのモデルです。

エヌアンドディー(N&D) MTK

エヌアンドディー(N&D)  MTK

10.1インチの少し大きめのタブレットです。6時間ほど稼働可能な5500mAhのバッテリーに1280×800と高解像度のディスプレイを備えているのが特徴。

サイズは大きいですが、重量は839gしかなく、サイズも薄いため気軽に持ち運べます。充実した機能のタブレットを探している方にもおすすめです。

Yuntab K107

ユンタブ(YUNTAB)  K107

海外への旅行や出張での使用におすすめの10.1インチタブレット。2つのSIMスロットがついているため、電話専用とインターネット専用をそれぞれ分けて使うことが可能。GPSにも対応しているため、海外で地図を見たい時に活躍します。

ストレージは16GBですが、microSDカードを挿入することで最大32GBまで拡張できるのがポイントです。バッテリーは5000mAhで、5~6時間ほど稼働。1GBのメモリとクアッドコアのCPUが搭載されているため、ビジネスでもプライベートでも快適に使えます。