高い防水性能を備えたタブレットは、キッチンやバスルームなどで使用する際に便利。分厚い防水ケースに収納せずに、積極的に活用できるのが特徴です。

そこで今回は、「防水タブレット」のおすすめモデルをご紹介。水回りでタブレットが使えると活用の幅がさらに広がるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

防水タブレットの選び方

防水等級をチェック

By: amazon.co.jp

タブレットの仕様書には「防水等級」が記載されており、これをチェックすればどの程度の防水性能を備えているのかがわかります。防水等級にはいくつかのランクがあり、それぞれレベルを数字で表しているため、購入する前に確認しておきましょう。

防水等級は「IP68」といったアルファベットと数字で表されます。この数字の意味は、「6が防塵性能」「8が防水性能」です。防塵性能がなく防水性能だけを備える場合は防塵性能をXで表すため、「IPX8」となります。防塵性能だけを備える場合は「IP5X」と最後がXになるので、間違えないようにしましょう。

防塵性能も防水性能も数字が高くなるほど性能が高くなるため、自分の用途をよく考えてどの程度の性能が必要かを見極めることが重要。また、防水性能が高いモノほど価格も比例して上がる傾向にあるので、その点も留意しておきましょう。

IPX8

「IPX8」は最高レベルの防水等級。ある程度、継続的に水没していても内部に浸水しないほど、高い防水性能を有しています。お風呂はもちろん、海やプールのような水没リスクの高い場所で使用したい方におすすめです。

IPX7

「IPX7」は多くのタブレットに採用されている防水等級で、一時的に水没しても内部に浸水することがない程度の防水性能を有しています。長時間の浸水を避ければ、バスルームでも使用可能です。

IPX6/IPX5

「IPX6」は、激しい水しぶきを受けても内部に水が入らない程度の防水等級。浸水させなければお風呂でも使用できます。「IPX5」は、IPX6よりやや防水性能が落ちるレベル。多少水がかかっても問題がないため、水没させないように注意して使用すれば大丈夫です。

なお、「IPX4」以下は「生活防水」となるため、水がかかってしまうと本体内に浸水して故障する可能性があります。使う場所やシチュエーションを考えて、適切な防水等級のモノを選びましょう。

搭載しているOSをチェック

防水タブレットのOSには主に「Android OS」と「Windows OS」が存在します。Android OSはGoogle社によるOSで、豊富なアプリを利用できるのが魅力。スマホのような感覚でさまざまな用途に使用でき、価格が比較的リーズナブルなのもメリットです。

Windows OSはMicrosoft社によるOSで、プライベートはもちろんビジネス用途にもおすすめ。OfficeソフトをはじめとするパソコンのWindows用ソフトと互換性があり、書類仕事に使いやすいのが魅力です。また、キーボードを装着することで2in1タイプのノートパソコンとして使えるモデルもラインナップされています。

ディスプレイの大きさをチェック

By: rakuten.co.jp

防水タブレットを手で持ちながら使いたい方は、7〜8インチ程度のディスプレイを搭載したモデルがおすすめ。片手でも操作しやすく、外出時も気軽に持ち運べます。

反対に、机や台などの上に設置して使いたい方は10インチ程度のモデルがぴったり。大きな画面で動画を視聴したり、料理中にレシピを確認したりと便利に活用できます。また、雑誌や漫画などの電子書籍を読む場合も、ディスプレイサイズが大きいと快適に読めるのでおすすめです。

防水タブレットのおすすめモデル

富士通(FUJITSU) arrows Tab QHシリーズ WQ2/E2 AZ_WQ2E2_Z459

処理能力の高いハイスペックな防水タブレットです。OSにWindows 10 Proを採用しており、8GBのメモリと約128GBのストレージを搭載。書類作成などの作業をサクサクとこなせるため、ビジネス用途にも対応できます。

IPX5以上の防水性能を備えており、ディスプレイサイズが10.1インチと大きいので、キッチンやベランダで動画を視聴したい方にもおすすめ。重量はわずか610gで、バッテリー駆動時間が約13時間と長いため、気軽に持ち歩けるのも魅力です。

さらに、専用のスタイラスペンが付属しており、ペン入力を行えるのもポイント。4096階調の電磁誘導方式デジタイザを内蔵しているので、鉛筆の様な書き心地でスケッチなどを楽しめます。

また、Windows Hello対応の指紋センサーも搭載。安全かつスムーズにサインインできて便利です。幅広い用途で使える高性能な防水タブレットを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

恵安(KEIAN) 防水10インチタブレット KWP10R

10インチのIPS液晶パネルを搭載した防水タブレットです。大画面で高精細な映像を楽しめるうえ、マルチタッチ対応の静電容量タッチパネルを採用しているのでスムーズな画面操作が可能。防水性能はIPX5で、水しぶきがかかる場所でも安心して使えます。

OSにはAndroid OSを採用。さまざまなアプリを気軽に使用できるため、普段使いの防水タブレットにぴったりです。また、音楽や画像などを保存できる8GBのストレージを内蔵しているほか、よりサクサクと快適に動作する「Quad Core CPU」を搭載しているので、処理性能にも優れています。

さらに、MicroSDカードスロットを搭載しているのもポイント。内蔵ストレージだけでなく市販のMicroSDカードにも画像や音楽、アプリのバックアップなど各データを保存可能です。手軽に使える大画面のAndroid防水タブレットを求めている方におすすめのモデルです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) Qua tab PX LGT31

8インチのディスプレイを搭載したAndroid防水タブレットです。手で持ちやすいサイズなので、持ち歩き用の防水タブレットとしてもおすすめ。ブルーライトカット機能が付いており、目に負担をかけにくいのもメリット。また、IPX5以上の防水性能に加えてIP6Xの防塵性能も搭載しているので、幅広い場所で活用できます。

さらに、16GBのストレージを内蔵しているうえ、MicroSDカードスロットも搭載。本体だけでなくMicroSDカードにも画像や音楽などのデータを保存できるため便利です。携帯しやすい防水タブレットを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) Qua tab PZ LGT32

フルセグに対応している防水タブレットです。専用のケーブルを用意すると、10インチの大画面でテレビを楽しめるのが魅力。IPX5以上の防水性能とIP6X相当の防塵性能を備えているため、アウトドアでもテレビを視聴でき便利です。

16GBのストレージに加え、最大256GBのMicroSDカードを挿入できるのもポイント。容量不足を解消できるうえ、データをほかのデバイスへ容易に移動させることも可能です。

また、ブルーライト軽減機能を搭載しており、目にやさしいのもメリット。さらに、「Info Clock」機能によって、スワイプするだけで天気やニュースなど好みのモードに切り替えられます。テレビが視聴できるAndroidの防水タブレットを探している方におすすめのモデルです。

防滴タブレットのおすすめモデル

日本電気(NEC) LaVie Tab S TS508/FAM

ハイスペックな8インチの防滴タブレットです。IPX2相当の防滴性能とIP5X相当の防塵性能を備えており、水滴がかかるキッチンや洗面所などでも使えるのが魅力。ディスプレイにはフルHDのIPS液晶パネルを採用しているので、高精細な映像を楽しめます。

高性能な「Qualcomm APQ8053プロセッサ」を搭載しているのもポイント。優れた処理性能でサクサクと動作するため快適に使えます。また、「Dolby Atmos」と呼ばれるサウンドシステムに対応しており、ステレオ音源をドルビーサラウンドのように変換して再生できるのもメリットです。

バッテリー駆動時間はウェブサイト閲覧時で約8時間。重量もわずか321gと軽いので、気軽に持ち歩けます。片手でも持ちやすい防滴タブレットを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

レノボ(Lenovo) Yoga Smart Tab 64GBモデル ZA3V0052JP

幅広い用途で活躍する防滴タブレットです。立てて設置できるスタンドモードや読書に適した片手持ちのホールドモード、壁に掛けるハングモード、キー入力を行いやすいチルトモードの4つを使い分けられます。

また、「Google アシスタント」を搭載しており、声で手軽に操作できるのもポイント。音楽のコントロールや対応しているスマート家電の操作などを簡単に行えるので便利です。

ディスプレイは10.1インチで、フルHDのIPS液晶パネルを採用しているため、広視野角かつ高画質な映像を楽しめるのもメリット。さらに、バッテリー駆動時間が約11時間と長いので、安心して持ち運べます。IPX2相当の防滴性を備えたおすすめの多機能モデルです。