最近は、数え切れないほどさまざまなゲームアプリが登場しています。スマホで遊ぶのもよいですが、より大画面で快適にプレイしたいなら「ゲーミングタブレット」を使用してみてください。

そこで今回は、おすすめゲーミングタブレットをご紹介。リーズナブルなモデルから、処理の重いゲームもサクサク楽しめるハイスペックモデルまでピックアップしています。また、選び方も解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

ゲーミングタブレットとは?

By: amazon.co.jp

ゲーミングタブレットに明確な定義はなく、一般的に最新のゲームアプリが快適に遊べるスペックを備えるモデルを指します。特に、FPSやアクションゲームなど処理の重いゲームをプレイしたい場合は、ハイスペックなモデルを使用するのがおすすめです。

スペックが優れているモノは価格も高い傾向にありますが、動きがカクカクしたり、フリーズしたりするのを軽減できます。画面サイズはスマホよりも大きいため、より操作しやすかったり、迫力あるゲームの世界を楽しめたりするのも魅力です。

ゲーミングタブレットの選び方

OSをチェック

iPadOS(iOS)

iPadOSはAppleが開発し、提供しているOSです。直感的な操作ができるので、はじめて使う方や電子機器の知識が少ない方でも快適に使用できます。iPadOSを搭載したタブレットはiPadシリーズのみですが、OSと製品パーツを最適化しやすく品質が安定しているのがポイントです。

また、OSのアップデートは頻繁に行われるので、スペックが伴えば最新のゲームアプリに対応できます。そのため、長く使い続けたい方におすすめです。さらに、セキュリティレベルが高いのもメリット。高品質なぶん高価ですが、快適にゲームを楽しめます。

Android

AndroidはGoogleが開発し、提供しているOSです。どのメーカーでも無料で利用し開発ができるため、国内外からさまざまなモデルが登場しています。そのため、選択肢が多いのがポイントです。価格は、iOS搭載のモデルに比べて安い傾向にあります。

また、ホーム画面などの設定変更の自由度が高いので、自分の使いやすいように細かくカスタマイズすることも可能。さらに、micro SDカードを使用できるため、ストレージ容量が足りなくなってきた際に増やせるのも魅力です。

ただし、機種やOSのアップデートなどによってゲームアプリの動作に問題が出る場合もあるので、留意しておきましょう。

CPUのスペックをチェック

コアの数

コアとは、CPU内部にある実際に処理作業する回路のこと。基本的に、コアの数が多いほどCPUの性能が上がり、処理作業が速くなります。ゲームをサクサク快適にプレイしたい場合は、できるだけコアの数が多いCPUを選んでみてください。

FPSやアクションゲームなど処理の重いゲームを楽しみたいときは、8コア(オクタコア)以上を搭載したハイエンドCPUがおすすめです。ただし、価格は高い傾向にあります。

一方、そこまで処理が重くないカードゲームやパズルゲームなどをプレイしたいときは、4コア(クアッドコア)や6コア(ヘキサコア)のミドルエンドCPUでも十分です。

クロック周波数

クロック周波数とは、1つのコアが処理を実行する際に発する信号を1秒間にどの位の速さで扱うかを示す数値です。単位は「Hz(ヘルツ)」で表され、数値が高いほど、同じ時間内でより多くの処理をこなせます。つまり、CPUの処理性能に優れているということです。

FPSなどの処理の重いゲームをプレイするときは、2.5GHz(ギガヘルツ)以上、カードゲームなどの比較的軽めの処理をおこなうゲームを楽しむときは、2.0GHz以上が適しています。

ただし、クロック周波数の大きいCPUほど端末の価格が高いのが特徴です。また、バッテリーの消費が早いなどのデメリットもあるので留意しておきましょう。

メモリ容量をチェック

メモリとは「RAM(Random Access Memory)」ともいわれ、作業中のデータを一時的に保存するパーツです。CPUと同じく処理作業をするパーツで、容量が大きいほど一度に大きな処理ができます。そのため、動作が不安定にならずゲームをサクサク楽しみたい場合は、メモリ容量の大きなモデルを選んでみてください。

パズルゲームなど処理の軽いゲームの場合は、3GB以上がおすすめ。一方、FPSなどの処理の重いゲームは6GB以上のメモリ容量を搭載するモデルが適しています。

ストレージ容量をチェック

ストレージとは、画像・動画・音楽のデータやインストールしたソフトウェア、OSなどを保存するパーツです。ストレージ容量が大きいほど、多くのゲームを保存できます。

例えば、アクションゲームやレースゲームなどの3Dグラフィックスを利用したゲームアプリは1~2GB、2DグラフィックスのパズルゲームやRPGゲームアプリなどは250MB~1GBほどのストレージ容量が必要です。

遊びたいゲームが限られている場合は、16~32GBでも十分足ります。たくさんのゲームをプレイしたいなら、32~64GBのモデルがおすすめ。また、ゲーム以外の用途にも利用する場合は、さらに余裕を持ってストレージ容量を選んでみてください。

画面サイズで選ぶ

7~8インチ

By: amazon.co.jp

7〜8インチのゲーミングタブレットは、ギリギリ片手で持てるコンパクトなサイズです。電車での移動中や外出先でもゲームを楽しみたい方におすすめ。また、縦持ち画面のゲームアプリと好相性なのもポイントです。ただし、画面サイズがそこまで大きくないため、細かい操作が必要なゲームはプレイしにくい場合もあります。

10インチ

By: amazon.co.jp

10インチのゲーミングタブレットは画面が見やすく、操作性にも優れています。本体サイズが大きいため、移動途中や外出先でゲームを楽しむのにはあまり向いていませんが、自宅でじっくりゲームをプレイしたい方におすすめです。また、横向き画面のゲームと相性がよいので、FPSやアクションゲームなどで快適に遊べます。

12インチ以上

By: amazon.co.jp

12インチ以上のゲーミングタブレットは非常に大きなサイズなので、迫力のあるゲームの世界を楽しめます。また、画面が大きい分、細かな操作もしやすく快適にゲームをプレイ可能です。

ただし、重さがあるため、本体を持ってゲームをするのには向いていません。マウスやキーボード、コントローラーなどを繋いで、据え置きゲームのようにプレイするのがおすすめです。

バッテリーの持続時間で選ぶ

ゲームを快適に遊ぶうえで、バッテリーの持続時間も重要です。バッテリーの容量は、「mAh(ミリアンペアアワー)」という単位で表記されています。数値が大きいほどバッテリーの持続時間も長いので、ゲームをより長くプレイ可能です。

バッテリー残量を気にせず長時間ゲームを楽しみたいときは、少なくとも5000mAh以上のモデルがおすすめ。8000mAh以上のバッテリー容量であれば、外出先でも安心してゲームを楽しめます。

ただし、同じバッテリー容量でも、機種やプレイするゲームによってバッテリーの持続時間が変わるため、留意しておきましょう。

ゲーミングタブレットのおすすめメーカー

アップル(Apple)

「Apple」はiPhoneやMacBook、AirPods、Apple Watchなどのデジタル製品や、諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している世界的企業です。日本でも高いシェアを占めています。

ゲーミングタブレットとしては、iPadシリーズのなかでもiPad ProやiPad Air、iPadがおすすめ。各種スペックやセキリュティ面などで優れているため価格は高い傾向にありますが、ゲームをサクサク快適に楽しめます。

日本電気(NEC)

By: amazon.co.jp

「日本電気」は、パソコンや電気通信機器などの製造・販売や、インターネット事業を担う電気メーカーです。ゲーミングタブレットとしては、LAVIE(ラヴィ)シリーズが展開されています。

8インチほどのコンパクトなサイズがラインナップされており、持ち運んで外出先でもゲームを楽しめるのが魅力。また、価格は比較的リーズナブルなので、はじめてゲーミングタブレットを購入する方にもおすすめです。

ゲーミングタブレットのおすすめモデル|iPad

アップル(Apple) 8.3インチ iPad mini MK7M3J/A

第6世代のおすすめiPad miniです。iPadシリーズのなかでも小さな8.3インチのディスプレイを搭載しているのが特徴。6コアのCPUと5コアのGPUを備えた「A15 Bionicチップ」を採用しており、さまざまなアプリがスムーズに動作します。重さが約293gと軽量なため、気軽に持ち歩くことが可能です。

容量19.3Whのバッテリーを内蔵しています。インターネット利用やビデオ再生といった使い方であれば最大10時間駆動するので、外出時にも使用可能です。

アップル(Apple) 10.2インチ iPad MK2L3J/A

第9世代のiPadです。比較的安い価格で購入できるのが特徴。iPadとしては低価格なモデルながら「A13 Bionicチップ」を搭載しているため、多くのアプリが軽快に動作します。

本製品には、10.2インチのRetinaディスプレイを搭載。高精細なゲーム映像でプレイが楽しめるため、PUBGなどにも向いています。また、ゲーミングタブレットとしてはもちろん、映画や音楽を視聴するといった用途にもピッタリ。コスパ重視でiPadを選ぶ方におすすめのモデルです。

アップル(Apple) 10.9インチ iPad Air MYFY2J/A

10.9インチのLiquid Retinaディスプレイを搭載したiPadです。ホームボタンを廃したオールスクリーンデザインを採用しているのが特徴。画面に集中しやすいのはもちろん、映画やゲーム映像への高い没入感が得られやすいのも嬉しいポイントです。

重さが約458gと軽量なうえ、厚さも6.1mmと薄型設計のため、カバンやリュックの中でかさばりにくいのも魅力。携帯性と視認性のバランスに優れたiPadを求める方におすすめのモデルです。

心臓部には強力な「A14 Bionicチップ」を搭載。ゲーム・イラスト作成・動画編集など、幅広い用途で活躍します。256GBのストレージを実装しているので、多くのアプリやデータを保存することが可能です。

アップル(Apple) 12.9インチ iPad Pro MHNH3J/A

iPadシリーズのフラッグシップモデルです。MacBookなどにも採用されている、「M1チップ」を搭載しているのが特徴。さらに、8コアCPUと8コアGPUを備えるなど、高度な処理能力を有しています。ノートパソコン並みの処理性能を求める方におすすめのモデルです。

センターフレーム機能を備えたインカメラを搭載しているのも、本モデルの魅力。自分が移動した場合に、フレームの中心から外れないよう自動で調節する便利な機能です。

例えば、取引先とテレビ会議をする際に、横にある大きなサンプルやホワイトボードを見せながら説明するようなシーンで活躍します。ゲーミング用途以外でも使いたい方はチェックしてみてください。

ゲーミングタブレットのおすすめモデル|Android

日本電気(NEC) 8インチ LAVIE T8 PC-T0875CAS

8インチサイズのディスプレイを採用した、コンパクトな製品。重さが約305gと非常に軽量で、携帯性に優れたゲーミングタブレットが欲しい方におすすめのモデルです。

2.3GHzと1.8GHzで駆動する合計8コアのCPUを搭載しています。さらに、メモリも6GBを実装しているため、FPSなどの負荷がかかるゲームを気軽に楽しむことが可能です。

顔認証システムを搭載しているのも特徴。外出先で安全かつスマートにロック解除ができるので重宝します。また、約13時間連続動作するロングライフバッテリーを内蔵しているため、電池の残量を心配せずに使用することが可能です。

日本電気(NEC) 10.1インチ Tab E PC-TE710KA

手頃な価格で購入できる、視認性に優れたゲーミングタブレットです。ディスプレイに視野角の広いIPSパネルを採用しているのが特徴。家族や友人と画面を共用しながら、ゲームを楽しむのにおすすめのモデルです。

IP53等級の防塵・防水性能を備えているのも本モデルの特徴。キッチンや洗面所といった水回りでも使用が可能です。

ただし、搭載しているメモリ容量が4GBと多くないため、カードやパズルといった負荷のかからないタイトルに適しています。

日本電気(NEC) LAVIE T11 プレミアムタブレット T1195/BAS

有機ELディスプレイを搭載したタブレットです。液晶ディスプレイと比べ、引き締まった黒色を再現できるのが特徴。「HDR10」規格にも対応しているため、明暗差のあるシーンも鮮やかに描かれます。

クアルコムのミドルレンジ向けチップセット「Snapdragon 730G」を搭載。ゲーミング用途に最適化されており、Snapdragon 730と比べてグラフィックの処理性能が向上しています。メモリは6GBと大容量のため、最新アプリゲームも快適に動作可能です。

本製品は、アルミニウム合金を削り出した「ユニボディデザイン」を採用しているのもポイント。厚さ5.8mmと薄型ボディながら、軽くて強度に優れています。性能と見た目の両方にこだわりたい方におすすめのゲーミングタブレットです。

レノボ(Lenovo) 11.5インチ Tab P11 Pro

映像の美しさを重視する方におすすめのゲーミングタブレットです。11.5インチのOLED(有機EL)ディスプレイを搭載しているのが特徴。コントラストが高く黒の表現力にも優れています。

暗闇に潜む敵が発見しやすいなど、FPSゲームにピッタリ。また、最大約15時間バッテリーが連続動作するので、電池残量を気にせずに遊べます。

2.2GHzで駆動する8コアのプロセッサを搭載。6GBのメモリを実装しており多くのアプリが軽快に動作します。また、ドルビーアトモスでチューニングされたJBLのスピーカーを4基搭載しているため、迫力あるサウンドでゲームを楽しむことが可能です。

シャオミ(Xiaomi) Xiaomi Pad 5

大型の11インチディスプレイを搭載したゲーミングタブレットです。1600×2560のWQHD+解像度を採用。リフレッシュレートは120Hzと高く、ゲームや映画の映像を滑らかに表示できます。ブラウジングで高速スクロールした際も残像感が少ないので快適です。

本製品はハイエンドSoC「Qualcomm Snapdragon 860」を搭載。メモリは6GBあり、マルチタスクも快適に行えます。ストレージも128GBと余裕があるため、容量の大きなゲームアプリをたくさんインストールしたい方におすすめです。

バッテリーは8720mAhと大容量。ゲームなら10時間以上、動画再生なら16時間以上と、バッテリーを気にせずに使えます。コスパに優れたゲーミングタブレットを探している方はチェックしてみてください。

ファーウェイ(HUAWEI) MatePad 11

大画面の約10.95インチディスプレイを搭載したタブレットです。クアルコムのハイエンドチップセット「Snapdragon 865」を搭載。RAMは6GB、内部ストレージも128GBと余裕があり、負荷が大きい3Dゲームも快適に遊べます。

また、リフレッシュレートが120Hzと高いのもポイント。1秒間に映像が120回切り替わるため、FPSやアクションゲーム、音ゲーといった動きの早いアプリゲームも滑らかに表示できます。本格的にゲームを遊びたい方にぴったりです。

大手メーカー・Harman Kardonによってチューニングされたスピーカーを、4つ内蔵しているのも魅力。ゲームはもちろん、映画やネット動画も大迫力のサウンドで楽しめます。コスパに優れたおすすめのゲーミングタブレットです。

ファーウェイ(HUAWEI) MatePad New

スリムベゼルを採用した約10.4インチのゲーミングタブレット。スクリーンを広々と使いたい方におすすめです。Wi-Fi 6に対応しているため、高速で安定した接続を実現しています。また、最大2400Mbpsの転送速度により、大容量ファイルのダウンロードもスムーズなのがメリットです。

CPUには8コアを搭載した「HUAWEI Kirin 820 」を採用しています。集中的な負荷がかかった場合にも、しっかりとパフォーマンスを発揮するのが魅力。メモリ容量は4GB、ストレージ容量は64GBです。

バッテリーは7250mAhと大容量なので、フル充電すれば最大連続12.5時間もビデオを視聴可能。 さらに、急速充電に対応しており、約2.5時間でフル充電できます。そのほか、独立した4つのスピーカーを備えているため、迫力のオーディオサウンドを楽しめるのもポイント。ゲームの没入感を高めます。