最近は、数え切れないほどさまざまなゲームアプリが登場しています。スマホで遊ぶのもよいですが、より大画面で快適にプレイしたいなら「ゲーミングタブレット」を使用してみてください。

そこで今回は、おすすめゲーミングタブレットをご紹介。リーズナブルなモデルから、処理の重いゲームもサクサク楽しめるハイスペックモデルまでピックアップしています。また、選び方も解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

ゲーミングタブレットとは?

By: huawei.com

ゲーミングタブレットとは、明確な定義はなく、一般的に最新のゲームアプリが快適に遊べるスペックを備えるモデルを指します。特に、FPSやアクションゲームなど処理の重いゲームをプレイしたい場合は、ハイスペックなモデルを使用するのがおすすめです。

スペックが高くなるにつれ価格も高くなる傾向にありますが、動きがカクカクしたり、フリーズしたりするのを軽減できます。画面サイズはスマホよりも大きいため、より操作しやすくなったり、迫力あるゲームの世界を楽しめたりするのも魅力です。

ゲーミングタブレットの選び方

OSをチェック

iPadOS(iOS)

By: biccamera.com

iPadOSはApple社が開発し、提供しているOSです。直感的な操作ができるので、はじめて使う方や電子機器の知識が少ない方でも快適に使用できます。iPadOSを搭載したタブレットはiPadシリーズのみですが、OSと製品パーツを最適化しやすく品質が安定しているのがポイントです。

また、OSのアップデートは頻繁に行われるため、スペックが伴えば最新のゲームアプリに対応できます。そのため、長く使い続けたい方におすすめです。さらに、セキュリティレベルが高いのもメリット。高品質なので価格は高いですが、ストレスなくゲームを楽しめます。

Android

AndroidはGoogle社が開発し、提供しているOSです。どのメーカーでも無料で利用し開発ができるため、国内外のさまざまなメーカーから多くのモデルが登場しています。そのため、選択肢が多いのがポイントです。価格は、iOS搭載のモデルに比べて安い傾向にあります。

また、ホーム画面などの設定変更の自由度が高いので、自分の使いやすいように細かくカスタマイズすることも可能。さらに、micro SDカードを使用できるため、ストレージ容量が足りなくなってきた際に増やせるのも魅力です。ただし、機種やOSのアップデートなどによってゲームアプリの動作に問題が出る場合もあるので、留意しておきましょう。

CPUのスペックをチェック

コアの数

コアとは、CPU内部にある実際に処理作業する回路のこと。基本的に、コアの数が多いほどCPUの性能が上がり、処理作業が早くなります。ゲームをサクサク快適にプレイしたい場合は、できるだけコアの数が多いCPUを選んでみてください。

FPSやアクションゲームなど処理の重いゲームを楽しみたいときは、8コア(オクタコア)以上を搭載したハイエンドCPUがおすすめです。ただし、価格は高い傾向にあります。

一方、そこまで処理が重くないカードゲームやパズルゲームなどをプレイしたいときは、4コア(クアッドコア)や6コア(ヘキサコア)のミドルエンドCPUでも十分です。

クロック周波数

クロック周波数とは、1つのコアが処理を実行する際に発する信号を1秒間にどの位の速さで扱うかを示す数値です。単位は「Hz(ヘルツ)」で表され、数値が高いほど、同じ時間内でより多くの処理をこなせます。つまり、CPUの処理性能に優れているということです。

FPSなどの処理の重いゲームをプレイするときは、2.5GHz(ギガヘルツ)以上、カードゲームなどの比較的軽めの処理を行うゲームを楽しむときは、2.0GHz以上がおすすめ。

ただし、クロック周波数の大きいCPUほど端末の価格が高いのが特徴です。また、バッテリーの消費が早いなどのデメリットもあるので留意しておきましょう。

メモリ容量をチェック

メモリとは「RAM(Random Access Memory)」ともいわれ、作業中のデータを一時的に保存するパーツです。CPUと同じく処理作業をするパーツで、容量が大きいほど一度に大きな処理ができます。そのため、動作が不安定にならずゲームをサクサク楽しみたい場合は、メモリ容量の大きなモデルを選んでみてください。

パズルゲームなど処理の軽いゲームでも、3GB以上がおすすめ。一方、FPSなどの処理の重いゲームは6GB以上のメモリ容量を搭載するモデルが適しています。

ストレージ容量をチェック

ストレージとは画像・動画・音楽のデータや、インストールしたソフトウェア、OSなどを保存するパーツです。ストレージ容量が大きいほど、多くのゲームを保存できます。

例えば、アクションゲームやレースゲームなどの3Dグラフィックスを利用したゲームアプリは1~2GB、2DグラフィックスのパズルゲームやRPGゲームアプリなどは250MB~1GBほどのストレージ容量が必要です。

遊びたいゲームが限られている場合は、16~32GBでも十分足ります。たくさんのゲームをプレイしたいなら、32~64GBのモデルがおすすめ。また、ゲーム以外の用途にも利用する場合は、さらに余裕を持ってストレージ容量を選んでみてください。

画面サイズで選ぶ

By: lenovo.com

7~8インチ

7〜8インチのゲーミングタブレットは、ギリギリ片手で持てるコンパクトなサイズです。電車での移動中や外出先でもゲームを楽しみたい方におすすめ。また、縦持ち画面のゲームアプリと好相性なのもポイントです。ただし、画面サイズがそこまで大きくないため、細かい操作が必要なゲームはプレイしにくい場合もあります。

10インチ

10インチのゲーミングタブレットは画面が見やすく、操作性にも優れています。本体サイズが大きいため、移動途中や外出先でゲームを楽しむのにはあまり向いていませんが、自宅でじっくりゲームをプレイしたい方におすすめです。また、横向き画面のゲームと相性がよいので、FPSやアクションゲームなどで快適に遊べます。

12インチ以上

12インチ以上のゲーミングタブレットはかなり大きなサイズなので、迫力のあるゲームの世界を楽しめます。また、画面が大きい分、細かな操作もしやすく快適にゲームをプレイ可能です。

ただし、重さがあるため、本体を持ってゲームをするのには向いていません。マウスやキーボード、コントローラーなどを繋いで、据え置きゲームのようにプレイするのがおすすめです。

バッテリーの持続時間で選ぶ

ゲームをストレスなく遊ぶうえで、バッテリーの持続時間も重要です。バッテリーの容量は、「mAh(ミリアンペアアワー)」という単位で表記されています。数値が大きいほどバッテリーの持続時間も長いので、ゲームをより長くプレイ可能です。

バッテリー残量を気にせず長時間ゲームを楽しみたいときは、少なくとも5000mAh以上のモデルがおすすめ。8000mAh以上のバッテリー容量であれば、外出先でも安心してゲームを楽しめます。ただし、同じバッテリー容量でも、機種やプレイするゲームによってバッテリーの持続時間が変わるので、留意しておきましょう。

ゲーミングタブレットのおすすめメーカー

アップル(Apple)

By: biccamera.com

AppleはiPhoneやMacBook、AirPods、Apple Watchなどのデジタル製品や、諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している世界的企業です。日本でも高いシェアを占めています。

ゲーミングタブレットとしては、iPadシリーズのなかでもiPad ProやiPad Air、iPadがおすすめ。各種スペックやセキリュティ面などで優れているため価格は高い傾向にありますが、ゲームをサクサク快適に楽しめます。

日本電気(NEC)

By: rakuten.co.jp

日本電気はパソコンや電気通信機器などの製造・販売や、インターネット事業を担う電気メーカーです。ゲーミングタブレットとしては、LAVIE(ラヴィ)シリーズが展開されています。

8インチほどのコンパクトなサイズがラインナップされており、持ち運んで外出先でもゲームを楽しめます。また、価格は比較的リーズナブルなので、はじめてゲーミングタブレットを購入する方にもおすすめです。

ゲーミングタブレットのおすすめモデル|iOS

アップル(Apple) iPad Pro 11インチ Wi-Fiモデル MXDC2J/A

iPad Proの2020年モデルです。サイズは11インチと大きめなので、ゲームの世界を大迫力の映像で楽しめます。ストレージ容量は256GBと大容量で、多くのゲームアプリをインストールして遊びたい方にもおすすめ。CPUには高性能な「A12Z Bionic」を搭載しており、3Dグラフィックスを利用したゲームも快適にプレイできます。

バッテリーの持続時間は最大10時間です。本製品は「Liquid Retinaディスプレイ」を採用しているので、素早いレスポンスかつ色鮮やかな画面を映し出します。また、画面をタップしてからの反応に遅延が少ないため、音ゲーなどもサクサク楽しめるのが魅力。

Wi-Fi機能も搭載しているので、カフェなどの公衆Wi-Fiを利用してゲームをプレイ可能です。本体の重量は471gと比較的軽めなので、持ち運びやすいのもポイント。さらに、Face IDを備えているため、セキュリティ面でも安心です。高機能なモデルを探している方はチェックしてみてください。

アップル(Apple) iPad Pro 12.9インチ Wi-Fiモデル MXAT2J/A

高性能なCPU「A12Z Bionic」を搭載した人気のタブレットです。FPSなどの処理の重いゲームも快適に楽しめます。サイズは12.9インチとかなり大きいため、手に持って使用するよりは、コントローラーなどを繋いで据え置きゲーム感覚で遊ぶのがおすすめ。また、大画面でプレイできるので、よりゲームの世界に没入できます。

バッテリーの持続時間は最大10時間で、長時間のゲームプレイが可能です。ストレージ容量は256GBなので、多くのゲームアプリをインストールできます。リフレッシュレートは120Hzに対応しているため、カクカクしないなめらかな映像を楽しめるのもポイント。

本製品には4スピーカーオーディオシステムを搭載しているので、ゲームのBGMなども存分に楽しめます。価格は高いですが、ゲームをサクサク楽しめるハイスペックモデルが欲しい方はチェックしてみてください。

アップル(Apple) iPad Air 10.5インチ Wi-Fiモデル MUUQ2J/A

256GBの大容量ストレージで、さまざまなゲームアプリを楽しめるタブレットです。サイズは10.5インチとやや大きめで、画面が見やすく操作もしやすいのがポイント。重さは456g、薄さは6.1mmなため、持ち運びも比較的ラクです。

CPUは、4つのコアを持つグラフィックエンジンを搭載した「A12 Bionic」を採用しています。3Dグラフィックスのゲームや、ARゲームなどが高パフォーマンスでプレイできるのが魅力です。ディスプレイは細部まで鮮やかに映し出す「Retinaディスプレイ」を採用しており、リアリティ溢れるゲームの世界を楽しめます。

さらに、周囲の光に合わせて色温度を自動で調節する「True Tone」を備えているため、使用している場所に関わらず画面が見やすいのが特徴です。バッテリーの持続時間は最大10時間なので、バッテリー残量を気にせずにゲームをプレイできます。

アップル(Apple) iPad 10.2インチ Wi-Fiモデル MW782J/A

10.2インチの「Retinaディスプレイ」を採用したタブレットです。映像や画像を細部まで色鮮やかに映し出すので、ゲームの世界観を存分に楽しめます。CPUは「A10 Fusion」を搭載しており、3Dグラフィックスを駆使したゲームをはじめ、ARゲームをプレイしたり、4Kビデオの編集をしたりできるのがポイント。

本製品には、Bluetooth接続に対応する「Xboxワイヤレスコントローラ」や「PlayStation DualShock 4コントローラ」などをペアリングできます。ポータブルゲーム機としても遊べるのが魅力です。ストレージ容量は128GBと大きいので、多くのゲームアプリを楽しみたい方にもおすすめ。

バッテリーの持続時間は最大10時間のため、じっくりゲームをプレイできます。本製品はWi-Fiモデルなので、ネット環境が整っていれば、ユーザー同士の対戦や複数人でのプレイが可能です。iPadシリーズのなかではリーズナブルな価格帯なので、性能と価格のバランスを考慮したい方はチェックしてみてください。

アップル(Apple) iPad mini 7.9インチ Wi-Fiモデル MUU62J/A

コンパクトで高性能なタブレット「iPad mini」。7.9インチの「Retinaディスプレイ」を搭載しており、片手でも持ちやすいのが魅力です。Wi-Fi環境があれば、通勤や通学の際など、移動中でもゲームを気軽にプレイできます。

ストレージは256GBと大容量。さまざまなゲームアプリをインストールできるのはもちろん、電子書籍や動画もたくさん保存できます。最大10時間駆動のバッテリーを搭載しているので、長時間のゲームプレイにも対応可能。携帯性に優れたおすすめの高性能タブレットです。

ゲーミングタブレットのおすすめモデル|Android

日本電気(NEC) LAVIE Tab E TE708/KAS

Android 9.0のOSを搭載したタブレット。サイズは8インチ、重さは約305gと軽量コンパクトなので、持ち運びしやすいのはもちろん、移動中にサッと取り出してゲームをプレイできます。ディスプレイには広視野角のIPS液晶を採用しているため、見る角度を変えても画面が見やすいのが特徴です。

CPUは「MediaTek Helio P22T」を搭載しています。コア数は8コア、クロック周波数は2.3GHzと高性能です。メモリ容量は4GBで、軽めの処理のゲームであれば快適に楽しめます。ストレージ容量は約64GBのため、さまざまなゲームアプリをインストール可能です。

バッテリー容量は5000mAhで、約13時間駆動します。また、使用頻度の少ないアプリは自動で電池使用を制限されるため、効率的にバッテリーを使用可能。自宅だけでなく、外出先でもゲームを遊びたい方におすすめのモデルです。

レノボ(Lenovo) Lenovo Tab M10 FHD Plus ZA5T0292JP

広い視野角のIPS液晶を採用した10.3インチのタブレットです。鮮やかな映像を映し出せるので、ゲームの世界を楽しめます。CPUは「MediaTek Helio P22T Tab」を搭載しており、2.3GHzの4コアと1.8GHzの4コアの計8コアです。FPSなどの処理の重いゲームも快適にプレイできます。

メモリ容量は4GB。ストレージ容量は64GBと十分な容量を備えています。バッテリー容量は5000mAhで、約9時間の使用が可能です。本製品には、立体的な音場を体感できる「ドルビーアトモス」対応のスピーカーが2つ内蔵されているのもポイント。臨場感のあるサウンドを楽しめるので、よりゲームの世界に没入できます。

さらに、キッズモードを利用すると使用状況を分析し、学習と遊びのバランスをコントロール可能です。家族でシェアして使用したい方にもおすすめ。そのほか、顔認識に対応しているため、簡単に素早く画面ロックを解除可能です。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T5 T510AGS2W09BK32

1920×1200の高解像度ディスプレイを搭載したタブレットです。ゲーム映像を細部まで鮮やかに表現します。アスペクト比は16:10なので、映画やウェブサイトの閲覧も快適。CPUは「HUAWEI Kirin 659」を搭載しており、2.36GHzの4コアと1.7GHzの4コアの計8コアです。

メモリ容量は3GBと、カードゲームなどの軽めの処理のゲームを楽しめます。バッテリー容量は5100mAhなので、長時間ゲームをプレイできるのもポイント。本製品には、メーカー独自の音響技術「Histen」を採用したデュアルスピーカーを内蔵しています。ゲームのBGMなどを臨場感溢れるサウンドで聴けるのが魅力です。

そのほか、microSDカードを使用した場合は、ストレージ容量を最大256GBまで拡張できます。リーズナブルな価格なので、はじめてゲーミングタブレットを使う方におすすめです。