ソファでゆっくりゲームや映画を楽しんだり、キーボードを付けてノートパソコンのように使ったり、さまざまな使い方ができる便利なタブレット。タブレットは製品の数が多いため、いざ購入するとなると何を選べばよいか迷ってしまいがち。

そこで今回は、通信費用がかからず手軽に使える「Wi-Fiモデルのタブレット」をご紹介します。選ぶ際の注意点やポイントなども併せて解説するので、参考にしてみてください。

Wi-FiモデルとLTEモデルの違い

By: amazon.co.jp

タブレットには大きく分けて「Wi-Fiモデル」「LTEモデル」の2種類があります。Wi-Fiモデルのタブレットは、自宅の無線LANルーターや、無料のWi-Fiスポットなどを利用することで通信料金が一切かからず使えます。少しでもお金をかけずにタブレットを使いたい方におすすめですが、単独で通信ができないため、外出先で頻繁にタブレットを使いたい方には向いていません。

一方で、LTEモデルのタブレットは、スマートフォンと同じようにどこでもインターネットが使用可能。別途SIMカードの契約が必要だったり、タブレット本体の価格が高かったり、コスト面でいくつかのデメリットもあります。それぞれの特徴をしっかりと理解して、自分に合ったタイプのタブレットを選ぶことが大切です。

Wi-Fiモデルタブレットの選び方

OSで選ぶ

Android

By: rakuten.co.jp

AndroidはGoogleが提供するオペレーティングシステムです。無償で使えるオープンソースソフトウェアのひとつで、多くのメーカーがタブレットのOSに採用しています。端末の種類が豊富で自分に合ったモノが選べるため、デザインや機能にこだわりたい方向けのタブレットです。また、ほかのOSと比べて低価格モデルが充実しているのも魅力なので、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめです。

一方で、Androidは端末ごとに操作方法・機能・バックアップの手順などが違うため、機械の苦手な方だと使いにくく感じることがあります。メーカーや製品によっては、最新バージョンのOSが提供されないこともあるので、同じタブレットを長く使い続けたい方は注意が必要です。

iOS

By: biccamera.com

iOSはアップルが提供するオペレーティングシステム。iPhoneやiPadのようにApple社製品にのみ利用することが可能なOSです。シンプルな操作性と、洗練されたユーザーインターフェイスを採用しているので、直感的に操作がしやすく扱いやすいのがポイント。機械が苦手な方でも戸惑うことなく安心して使えます。

ただし、iOSを搭載したタブレットは現状でiPad mini・iPad・iPad Air・iPad Proの4シリーズのみ。価格が比較的高いので、コストパフォーマンスよりも使いやすさを重視する方におすすめです。

Windows

By: amazon.co.jp

Windowsはマイクロソフトが提供するオペレーティングシステム。WordやExcelなどのオフィス系ソフトと互換性があるのはもちろん、普段パソコンで使っているWindows用のソフトウェアを使えるのが最大の特徴です。

タブレットとしてだけでなく、キーボードやマウスを繋げればノートパソコンとして利用できるモデルがあるのも大きなポイント。1台あればプライベートからビジネスシーンまで、さまざまなシチュエーションで使えます。

一方で、WindowsはほかのOSと比べると対応しているアプリやゲームの数が少ないため、さまざまなコンテンツを楽しみたい方には向いていません。また、基本的にスマートフォン向けのアプリやゲームは利用できないため、人気のスマホゲームを楽しみたい方は注意が必要です。

画面のサイズで選ぶ

モバイル性を重視するなら8インチ前後

By: amazon.co.jp

8インチ前後はタブレットのなかでもコンパクトなサイズ。スマートフォンよりも画面が少し大きいくらいなので、大人なら片手でギリギリ持って使えます。サイズが小さく扱いやすいのが特徴で、電車での移動中や外出先などでタブレットを使いたい方におすすめです。

ただし、画面のサイズが小さいと、キーボードでの文字入力がしにくかったり、動画やゲームの映像に迫力がなかったりといくつかの欠点も考えられます。あくまでもモバイル性を重視する方におすすめです。

モバイル性とスペックを両立するなら10インチ前後

By: amazon.co.jp

10インチ前後のタブレットは、携帯性と画面の見やすさのバランスがとれているのが特徴。普段は室内で使って、たまに外出先に持ち運んで使うような方におすすめです。

一方で、タブレットのサイズが大きく重量もそれなりにあるため、頻繁に持ち歩いて使ったり、長時間持って使うのにはあまり向いていません。ソファでゆっくりしながらゲームや映画を楽しみたい方にピッタリのサイズです。

ノートパソコンのように使いたいなら12インチ以上

By: amazon.co.jp

12インチ以上はタブレットのなかでも大きなサイズ。画面が見やすく映像に迫力があるため、ゲームや動画を快適に楽しみたい方におすすめです。キーボードやマウスを繋げれば、タブレットとしてだけでなくノートパソコンとして使えるのも大きな特徴。

ただし、使える用途やシチュエーションは限られるため、基本的に室内で使うのがおすすめ。たまに持ち運んで使うような方は、画面のサイズがひと回り小さい10インチ前後を選んでおいた方が安心です。

性能で選ぶ

CPUをチェック

By: amazon.co.jp

CPUはタブレットの処理能力を決める重要なパーツです。CPUの性能を見る際は「コア」「クロック周波数」の2点をチェックしましょう。基本的にはコアの数が多いほどCPUの性能が上がり、タブレットがサクサク動くようになります。アプリやゲームを快適に楽しみたいなら、コアの数は「ヘキサコア(6コア)」「ヘキサコア(8コア)」あたりがおすすめです。

なお、CPUのコア数が全く同じでも、ひとつのコアが秒単位でどのくらい計算できるのかを示す「クロック周波数」によって性能が大きく違ってきます。アプリやゲームを快適に楽しみたいなら「1.50GHz~」、動画やSNS、Webサイトを見る程度なら「1.00GHz」ほどを目安に選びましょう。

メモリ(RAM)をチェック

By: amazon.co.jp

メモリは、OSや各種アプリなど実行中データを処理したり、一時的に保存したりしておくパーツです。作業机が大きいと一度にたくさんの作業ができるのと同じで、メモリの容量が大きければそれだけ一度に複数の処理ができるようになります。逆にメモリの容量が小さいと、アプリの起動が遅くなったり、ゲーム中に動作が不安定になったりするので、必ず使う用途に合ったメモリを選びましょう。

選び方の目安として、WebサイトやSNS、動画を見る程度なら「2GB~」、ストレスなくアプリやゲームを楽しみたいなら「4GB~」、処理の重いアプリケーションをサクサク動かすなら「8GB~」の容量がおすすめです。

ちなみに、メモリは容量が大きくなると消費する電力も多くなり、バッテリーの減りが早くなります。長時間タブレットを使いたい方は、最大駆動時間とメモリのバランスがとれているかも注意して選びましょう。

ストレージをチェック

By: amazon.co.jp

ストレージは、さまざまなデータを保存しておく記憶装置のひとつです。基本的にはストレージの容量が大きいほど、写真や動画、アプリなどのデータをより多く保存できます。

比較的軽めのアプリやゲームのみをダウンロードするだけなら「32GB~」、写真や動画などのコンテンツを保存して楽しみたいなら「64GB~」が目安です。なお、WebサイトやSNS、動画を観る程度ならストレージの容量はそれほど必要ないため、容量の小さな「16GB」程度でも十分な場合もあります。

タブレットにデータを入れすぎてストレージの容量がギリギリになると、動きが鈍くなったり、フリーズや不具合を発生したりといったトラブルの原因になります。容量不足が心配な方は、microSDカードなどにデータの保存ができる「外部ストレージ」に対応するモデルかどうかも忘れずにチェックしておきましょう。

バッテリー容量をチェック

By: huawei.com

タブレットを選ぶ際には、駆動時間を大きく左右するバッテリー容量も重要なポイントです。バッテリー容量は「mAh(ミリアンペアアワー)」と呼ばれる単位で表記されており、基本的にはこの値が大きくなるほどタブレットの駆動時間も長くなります。

選び方の目安として、バッテリー残量を気にせず1日中タブレットを楽しみたいなら、最低でも「4000~5000mAh」は必要。予算に余裕があるなら、より大容量の「6000~8000mAh」を選べば外出先でも安心してタブレットが楽しめます。

ただし、バッテリー容量が大きくてもCPUやメモリの性能が高すぎたり、画面サイズが大きすぎたりすると、消費電力が増えてバッテリーの減りが早くなる点には注意が必要です。

防水性能で選ぶ

バスルームやキッチンなどでタブレットを楽しみたい方は、「防水機能」を搭載したモデルがおすすめです。タブレットの防水性能は、電気製品の防水性能を表す「IP規格」で表記されており、基本的には「IPX」の後に続く数字が大きいほど防水性能が高くなります。

キッチンのような水しぶきがかかる場所なら「IPX4」、バスルームのように水没する危険性のある場所なら「IPX7」以上のモデルを選びましょう。

Wi-Fiモデルのタブレットおすすめ端末|7~8インチ

アップル(Apple) iPad mini

携帯性に優れたタブレットです。203.2×134.8×6.1mmのコンパクトサイズに加え、重さは300.5gと軽量設計されており、カバンやリュックに入れてもスペースを取らずに持ち運べるのがポイント。また、広域色に対応したRetinaディスプレイによって、迫力のある動画やゲームを楽しめます。

シンプルなデザインも本製品の特徴です。シルバー・グレー・ゴールドの3カラーをラインナップしており、プライベートはもちろん、ビジネスシーンにも最適。さらに、別売りのApple Pencilを使用することで、外出先で思い付いたアイデアのメモや、ちょっとしたイラスト作業も行えるモデルです。

VANKYO MatrixPad S8

IPS液晶ディスプレイを搭載したタブレットです。HD画質に対応しており、画像や動画の色彩を細部まで楽しめます。また、輝度やコントラストを自動で調節するため、暗い場所での視聴による目の疲れを抑えられるのがポイント。

そのほか、microSDカードスロットを搭載しています。本体に内蔵された32GBのストレージに加え、最大128GBまでの拡張が可能。208.5×124.5×8mmのコンパクトサイズに設計されており、外出先でのウェブブラウジングやゲーム用途にもおすすめのモデルです。

HAOQIN タブレット7インチ WiFiモデル H7 pro

コストパフォーマンスに優れたタブレットです。低価格モデルながら、解像度1024×600のIPSパネルを搭載し、さまざまな角度から見ても
視認性に優れているのが魅力。また、30万画素と200万画素に対応したデュアルカメラを採用しており、風景や人物を美しく撮影できます。

32GBの本体内蔵ストレージに加え、MicroSDカードによって最大64GBまで拡張できるのもポイント。要領が足りなくなっても安心です。3.5mmヘッドフォンジャックも取り付けられているため、お気に入りのイヤホンを使用して音楽や映画を楽しめます。

Dragon Touch タブレット 8インチ Y80

長時間使用したい方におすすめのタブレットです。4000mAhの大容量バッテリーを内蔵し、1日の充電回数を減らせます。また、わずか320gと軽量に設計されており、片手で持ち歩いていても腕に疲れが残りにくいのが魅力です。

左右178°の視野角を有するIPSパネルもポイント。さまざまな角度からでも画面内のコンテンツを楽しめるため、複数人での動画視聴にも便利です。CPUには、パフォーマンス性能に優れたクアッドコアプロセッサを採用しており、ゲームや動画再生もスムーズに動作します。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 lite

スタイリッシュなデザインが特徴のタブレットです。湾曲したエレガントなデザインで重さは約310gと軽量。片手でも持ちやすく、旅行や電子書籍の読書にもおすすめです。

5100mAhの大容量バッテリーも本製品の特徴。10.6時間のビデオ再生と62時間の音楽再生ができるので、電池残量を気にせずに使用できます。高スペックの「Kirin 710 オクタコアCPU」を搭載しており、負担がかかりやすいゲームアプリなども楽しめるおすすめのモデルです。

Wi-Fiモデルのタブレットおすすめ端末|10インチ

アップル(Apple) iPad Air

マルチタスクに便利なタブレットです。パフォーマンス性能に優れたA12 Bionicチップを内蔵しており、複数のアプリを開いていてもスムーズな動作が可能。4つのコアを有するグラフィックエンジンによって、3Dゲームも滑らかに映し出されます。

10.5インチ「Retinaディスプレイ」も本製品の魅力。True Toneによって周囲の光量を認識し、自動でホワイトバランスの調節を行えます。さらに、最大10時間の連続使用に対応したバッテリーを搭載していながらも重さは456gと抑えられており、持ち運びにも便利なモデルです。

レノボ(Lenovo) Tab E10 ZA470073JP

IPSパネルを採用したタブレットです。広い視野角を有しているため、上下左右さまざまな角度から映像を視聴できます。「Dolby Atmos」によって、ヘッドフォンでもスピーカーでも迫力のある音を楽しめるのも魅力。

子供向けのタブレットとしてもおすすめです。キッズモード搭載をしており、使用時間やアプリの利用を制限できます。さらに、個別の設定を可能としたマルチユーザーに対応し、家族とのシェアにも最適なモデルです。

アマゾン(Amazon) Fire HD 10 タブレット

さまざまなコンテンツを1台で楽しめるタブレットです。Amazonプライムビデオはもちろん、Netflix・DAZN・Abema TVといったアプリにも対応し、会員登録するだけで自由にストリーミング動画の再生が可能。また、32GBと64GBのストレージをラインナップしているため、画像や動画などを保存する容量に合わせて選べます。

機能性に優れているのも本製品の魅力です。フルHD解像度に対応したディスプレイに加え、「Dolbyオーディオステレオスピーカー」を搭載しており、映画視聴の用途にもおすすめ。さらに、1回の充電で最大12時間の連続駆動に対応し、電池残量を気にせずに使用できるモデルです。

VANKYO MatrixPad S20

電子書籍の読書におすすめのタブレットです。目に有害とされるブルーライトをカットする「目の保護モード」と「読書モード」を搭載しています。また、1280×800解像度のIPSパネルを採用しており、上下左右さまざまな角度からの視聴可能です。

6000mAhの大容量バッテリーを搭載しているのも魅力のひとつ。1回の充電で最大10時間の連続駆動に対応し、電源のない場所でも安心して使用できます。さらに、顔認証システムによって、パスワードを入力する手間を省けるモデルです。

ALLDOCUBE iPlay10 Pro U1006

コストパフォーマンスの高さを求める方に最適なタブレットです。低消費電力性能を備えたクアッドコアCPUとARM Mali-T720GPUを採用し、スムーズにアプリが起動するほか、動画再生もストレスレスで楽しめます。また、2.4GHzと5GHzのデュアルバンドに対応しており、安定したインターネットの接続が可能です。

ブルーライトをカットする護眼モードもポイント。長時間の動画視聴や読書などによる目の疲れを抑えられます。さらに、32GBの内蔵ストレージに加え、最大128GBまでのMicroSDカードによる拡張に対応し、お気に入りのコンテンツを余裕を持って保存できるモデルです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T5 10

音質を重視する方におすすめのタブレットです。360°に広がるデュアルスピーカーを搭載しており、コンサートホールにいるかのような立体的なサウンドを楽しめます。また、最大動作周波数が2.36GHzのオクタコアプロセッサを内蔵し、パフォーマンス性能に優れているのがポイントです。

Android 8.0 をベースにしたEMUI 8.0を採用しており、アプリのスムーズな起動が可能。さらに、洗練されたシックなメタルボディのデザインも魅力で、ビジネスシーンにも違和感なく使用できます。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 lite 10

4つのスピーカーを搭載したタブレットです。世界的に人気のあるオーディオブランド「Harman Kardon」が手掛けており、コンサートホールにいるかのような臨場感のあるサウンドを楽しめます。また、7500mAhの大容量バッテリーを内蔵し、最大13時間の動画再生に対応しているのが魅力。

長時間による目の疲れを軽減できる「ブルーライトカットモード」を搭載しています。さらに、画面と顔の距離が近すぎる場合に、メッセージによって注意を促す「アイコンフォート機能」もポイント。メタルユニボディの高級感のあるデザインはプライベートはもちろん、ビジネスシーンにもおすすめです。

Wi-Fiモデルのタブレットおすすめ端末|12インチ以上

アップル(Apple) iPad Pro 12.9インチ

パフォーマンス性能に優れたタブレットです。ノートパソコン並のスペックを有した「A12Z Bionic」を内蔵し、ゲームや簡単な動画編集を行えます。12.9インチのLiquid Retinaディスプレイは狭ベゼルに設計されており、視認性に優れているのが魅力。

カメラの性能を重視する方にもおすすめです。10MPの超広角カメラと12MPの広角カメラの2種類を採用しており、撮影シーンに応じて使い分けられます。スペック重視でタブレットを探している方におすすめのモデルです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 7

ビジネス用途におすすめのタブレットです。第10世代のIntel Core i3プロセッサーを搭載しているほか、4GBのメモリを備えており、同時に複数の作業を行う方に最適。また、Windows Helloの顔認証システムを採用し、セキュリティ面でも安心なモデルです。

12.3インチの大型ディスプレイも魅力的なポイント。周囲の環境によって画面の光量が自動的に調節されるため、目の疲れを軽減できます。さらに、別売りのタイプカバーを取り付けることで、ノートパソコンとしても使用可能です。

CHUWI UBook Pro 8100Y

2-in-1スタイルのタブレットです。別売りの専用キーボードを取り付けることで、ノートパソコンとしても使用できます。UHD Graphics 600統合グラフィックスを搭載し、画像編集や4K解像度の動画再生にもおすすめです。

充実したインターフェイスも本製品の特徴。USB Type-C・USB Type-AMicro HDMIといったポートが取り付けられており、外部メモリや外付けディスプレイへの映像出力を行えます。約785gと軽量設計されているため、外出先への持ち運びにも便利なモデルです。

タブレットのAmazonランキングをチェック

タブレットのAmazon売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。