ソファでゆっくりゲームや映画を楽しんだり、キーボードを付けてノートパソコンのように使ったり、さまざまな使い方ができる便利なタブレット。タブレットは製品の数が多いため、いざ購入するとなると何を選べばよいか迷ってしまいがち。

そこで今回は、通信費用がかからず手軽に使える「Wi-Fiモデルのタブレット」をご紹介します。選ぶ際の注意点やポイントなども併せて解説するので、参考にしてみてください。

Wi-FiモデルとLTEモデルの違い

By: amazon.co.jp

タブレットには大きく分けて「Wi-Fiモデル」「LTEモデル」の2種類が存在。Wi-Fiモデルのタブレットは、自宅の無線LANルーターや、無料のWi-Fiスポットなどを利用することで通信料金が一切かからず使えます。少しでもお金をかけずにタブレットを使いたい方におすすめですが、単独で通信ができないため、外出先で頻繁にタブレットを使いたい方には向いていません。

一方で、LTEモデルのタブレットは、スマートフォンと同じようにどこでもインターネットが使用可能。別途SIMカードの契約が必要だったり、タブレット本体の価格が高かったりと、コスト面でいくつかのデメリットもあります。それぞれの特徴をしっかりと理解して、自分に合ったタイプのタブレットを選ぶことが大切です。

Wi-Fiモデルタブレットの選び方

OSで選ぶ

Android

By: rakuten.co.jp

AndroidはGoogleが提供するオペレーティングシステムです。無償で使えるオープンソースソフトウェアのひとつで、多くのメーカーがタブレットのOSに採用しています。端末の種類が豊富で自分に合ったモノが選べるため、デザインや機能にこだわりたい方におすすめ。また、ほかのOSと比べて低価格モデルが充実しているのも魅力です。

なお、Androidは端末ごとに操作方法・機能・バックアップの手順などが違うので、機械の苦手な方だと使いにくく感じることがあります。メーカーや製品によっては、最新バージョンのOSが提供されないこともあるため、同じタブレットを長く使い続けたい方は注意が必要です。

iPad OS(iOS)

By: biccamera.com

iPad OSは、Apple社が2019年9月にリリースしたオペーレーティングシステム。iPadに最適化されているのが特徴で、PCのサブディスプレイとして使える「Sidecar」など、利便性に優れています。また、頻繁に利用するアプリをDockと呼ばれる目立つ場所に配置できるほか、複数のアプリを同時に開けるマルチタスク機能を備えているのもポイントです。

ただし、Android OSと比較して、対応しているアプリ数が少ない点には要注意。さらに、App Storeからアプリをダウンロードしても、iPad OS向けに最適化されていない場合もあります。

Windows

By: microsoft.com

Windowsはマイクロソフトが提供するオペレーティングシステム。WordやExcelなどのオフィス系ソフトと互換性があるのはもちろん、普段パソコンで使っているWindows用のソフトウェアを使えるのが最大の特徴です。

タブレットとしてだけでなく、キーボードやマウスを繋げればノートパソコンとして利用できるモデルがあるのも大きなポイント。1台あればプライベートからビジネスシーンまで、さまざまなシチュエーションで使えます。

一方で、WindowsはほかのOSと比べると対応しているアプリやゲームの数が少ないため、さまざまなコンテンツを楽しみたい方には向いていません。また、基本的にスマートフォン向けのアプリやゲームは利用できないので、人気のスマホゲームを楽しみたい方は注意が必要です。

画面のサイズで選ぶ

モバイル性を重視するなら8インチ前後

By: amazon.co.jp

8インチ前後はタブレットのなかでもコンパクトなサイズ。スマートフォンよりも画面が少し大きいほどなので、大人なら片手でギリギリ持って使えます。サイズが小さく扱いやすいのが特徴で、電車での移動中や外出先などでタブレットを使いたい方におすすめです。

ただし、画面のサイズが小さいと、キーボードでの文字入力がしにくかったり、動画やゲームの映像に迫力がなかったりといくつかの欠点も考えられます。あくまでもモバイル性を重視する方におすすめです。

モバイル性とスペックを両立するなら10インチ前後

By: amazon.co.jp

10インチ前後のタブレットは、携帯性と画面の見やすさのバランスがとれているのが特徴。普段は室内で使って、たまに外出先に持ち運んで使うような方におすすめです。

一方で、タブレットのサイズが大きく重量もそれなりにあるため、頻繁に持ち歩いて使ったり、長時間持って使ったりするのにはあまり向いていません。ソファでゆっくりしながらゲームや映画を楽しみたい方にピッタリのサイズです。

ノートパソコンのように使いたいなら12インチ以上

By: amazon.co.jp

12インチ以上はタブレットのなかでも大きなサイズ。画面が見やすく映像に迫力があるため、ゲームや動画を快適に楽しみたい方に適しています。キーボードやマウスを繋げれば、タブレットとしてだけでなくノートパソコンとして使えるのもポイントです。

ただし、使える用途やシチュエーションは限られるので、基本的に室内で使うのがおすすめ。たまに持ち運んで使うような方は、画面のサイズがひと回り小さい10インチ前後を選んでおいた方が安心です。

性能で選ぶ

CPUをチェック

By: amazon.co.jp

CPUはタブレットの処理能力を決める重要なパーツです。CPUの性能を見る際は「コア」「クロック周波数」の2点をチェックしましょう。基本的にはコアの数が多いほどCPUの性能が上がり、タブレットがサクサク動くようになります。アプリやゲームを快適に楽しみたいなら、コアの数は「ヘキサコア(6コア)」「オクタコア(8コア)」あたりがおすすめです。

なお、CPUのコア数が全く同じでも、ひとつのコアが秒単位でどのくらい計算できるのかを示す「クロック周波数」によって性能が大きく異なります。アプリやゲームを快適に楽しみたいなら「1.50GHz~」、動画やSNS、Webサイトを見る程度なら「1.00GHz」ほどを目安に選びましょう。

メモリ(RAM)をチェック

By: amazon.co.jp

メモリは、OSや各種アプリなど実行中データを処理したり、一時的に保存したりしておくパーツです。作業机が大きいと一度にたくさんの作業ができるのと同じで、メモリの容量が大きければそれだけ一度に複数の処理ができます。メモリの容量が小さいとアプリの起動が遅くなったり、ゲーム中に動作が不安定になったりするので、使う用途に合ったメモリを選びましょう。

選び方の目安として、WebサイトやSNS、動画を見る程度なら「2GB~」、ストレスなくアプリやゲームを楽しみたいなら「4GB~」、処理の重いアプリケーションをサクサク動かすなら「8GB~」の容量がおすすめです。

ちなみに、メモリは容量が大きくなると消費する電力も多くなり、バッテリーの減りが早くなります。長時間タブレットを使いたい方は、最大駆動時間とメモリのバランスがとれているかも注意して選んでみてください。

ストレージをチェック

By: amazon.co.jp

ストレージは、さまざまなデータを保存しておく記憶装置のひとつです。基本的にはストレージの容量が大きいほど、写真や動画、アプリなどのデータをより多く保存できます。

比較的軽めのアプリやゲームのみをダウンロードするだけなら「32GB~」、写真や動画などのコンテンツを保存して楽しみたいなら「64GB~」が目安です。なお、WebサイトやSNS、動画を観る程度ならストレージの容量はそれほど必要ないため、容量の小さな「16GB」程度でも十分な場合もあります。

タブレットにデータを入れすぎてストレージの容量がギリギリになると、動きが鈍くなったり、フリーズや不具合を発生したりといったトラブルの原因になります。容量不足が心配な方は、microSDカードなどにデータの保存ができる「外部ストレージ」に対応するモデルかどうかも忘れずにチェックしておきましょう。

バッテリー容量をチェック

By: huawei.com

タブレットを選ぶ際には、駆動時間を大きく左右するバッテリー容量も重要なポイントです。バッテリー容量は「mAh」と呼ばれる単位で表記されており、値が大きくなるほどタブレットの駆動時間も長くなります。バッテリー残量を気にせず1日中タブレットを楽しみたいなら、最低でも4000~5000mAh備えているモノをチェックしてみてください。

ただし、バッテリー容量が大きくてもCPUやメモリの性能が高すぎたり、画面サイズが大きすぎたりすると、消費電力が増えてバッテリーの減りが早くなる点には注意が必要です。

防水性能で選ぶ

バスルームやキッチンなどでタブレットを楽しみたい方は、「防水機能」を搭載したモデルがおすすめです。タブレットの防水性能は、電気製品の防水性能を表す「IP規格」で表記されており、基本的には「IPX」の後に続く数字が大きいほど防水性能が高くなります。

キッチンのような水しぶきがかかる場所なら「IPX4」、バスルームのように水没する危険性のある場所なら「IPX7」以上のモデルを目安にしてみてください。

Wi-Fiモデルのタブレットおすすめ端末|7~8インチ

アップル(Apple) iPad mini 7.9インチ

優れた性能で動画やゲームの時間を快適に過ごす

高いパフォーマンスを発揮できるタブレットです。メーカー独自の「A12 Bionicチップ」をCPUに採用しており、高画質動画の再生やゲームアプリをストレスなく楽しめるのがポイント。また、2048×1536の高解像度に対応した「Retinaディスプレイ」を搭載し、鮮明な色彩を再現します。

さらに、オートフォーカスや自動手ぶれ補正機能を備えており、イメージした通りに画像を撮影できるのもポイント。重さが約300g、サイズが134.8×203.2×6.1mmと軽量コンパクトで、持ち運びしやすいおすすめのモデルです。

アマゾン(Amazon) Fire HD 8 タブレット

最大12時間持続するバッテリーで外出先でも活躍

カラーバリエーションが豊富なタブレットです。ブラック・ホワイト・ブルーの3色をラインナップし、好みに合わせて選べるのが特徴。また、最大12時間のロングバッテリーを搭載しているのも魅力です。

OSには、Amazon独自のFire OSを採用。さらに、ストレージ拡張に対応しているのも便利なポイントです。本体容量を32GB・64GBの2種類から選べるほか、microSDカードを差し込むことで最大1TBまでお気に入りのコンテンツを保存できます。

2.0GHzクアッドコアプロセッサを内蔵しているのも魅力。Webブラウジングや動画再生を快適に楽しめるモデルです。

アマゾン(Amazon) Fire 7 タブレット キッズモデル

子供が楽しく学べるコンテンツが1年間無料

子供が初めて使うタブレットにおすすめのモデルです。「Amazon Kids+」サービスをセット販売しているのが特徴。絵本・児童書・学習まんがといった子供向けのコンテンツが、1年間無料で利用できます。「年齢フィルター機能」を設定すれば、子供の年齢にあったコンテンツを自動で表示させることも可能です。

落下などの衝撃から本体をしっかりとガードするキッズカバーが付属。うっかりと落としてしまっても、しっかり保護するので安心です。

また、1日の利用時間や学習のゴールなどを設定することが可能。タブレットの利用状況もスマホやパソコンを使い離れた場所から確認できます。子供の学習用途に適したWi-Fiタブレットを検討している方も、ぜひチェックしてみてください。

レノボ(Lenovo) Tab E8 ZA3W0042JP

8インチのワイド液晶ディスプレイを搭載した、Wi-Fi対応のタブレットです。視野角の広いIPSパネルを採用。どの角度からでも鮮やかな映像が見られます。また、ドルビーアトモスを搭載しているため、動画や映画を迫力あるサウンドで楽しむことが可能です。

マルチユーザーに対応しているのも本モデルの特徴。個別のアカウントでログインすれば、壁紙をはじめ各種設定が好みに合わせておこなえます。SNSも自分のアカウントで投稿したりチェックしたりできるので便利です。

さらに、キッズモードを搭載しているため、子供にも安心して持たせることが可能。家族で共有するのにおすすめのモデルです。

日本電気(NEC) LAVIE Tab E PC-TE507KAS

幅広い用途で使用したい方におすすめのタブレットです。幅広い角度で快適に動画視聴を楽しめるIPSパネルを採用しているのが特徴。また、CPUには最大1.3GHzクアッドコアを内蔵し、ゲームアプリもスムーズにプレイできます。

携帯性にも優れており、重さが236g、サイズが高さ102×幅176×厚さ8.3mmと軽量コンパクトなのもポイント。さらに、最大約9.7時間のWebブラウジングを可能としたバッテリーを搭載しているのも魅力です。

VANKYO S7 7インチ VANKYO-S7

By: amazon.co.jp

電子書籍の閲覧や動画視聴におすすめのタブレットです。OSにはAndroid9.0を採用。1.3GHzクアッドコアにより、さまざまなアプリを快適に使えます。

ストレージ拡張に対応しているのもポイント。microSDを差し込むことで最大128GBまで増やせます。さらに、FMラジオチューナーを搭載しており、クリアな音質でラジオを楽しめるのも魅力です。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 lite 8

1920×1200の高解像度ディスプレイを搭載したタブレットです。さまざまな方向からでも見やすいIPSパネルを採用しているのが特徴。また、メーカー独自のKirin 710オクタコアを搭載し、動画再生からゲームアプリまで幅広い用途に適しています。

5100mAhの大容量バッテリーを搭載しており、10.6時間のビデオ再生、62時間の音楽再生が可能なのも魅力。さらに、204.2×122.2×8.2mmのコンパクトサイズに加え、約310gと軽量のため、外出先への持ち運びも便利です。

Wi-Fiモデルのタブレットおすすめ端末|10~11インチ

アップル(Apple) iPad Pro 11インチ 第3世代 MHQT3J/A

Apple独自のチップ「M1」を搭載したWi-Fiモデルのタブレットです。グラフィックス性能に優れた8コアGPUを備えているのが特徴。動画編集やARモデル構築のような作業だけでなく、高画質でのゲームプレイといった用途でも活躍します。

製品上部に搭載された「超広角カメラ」も魅力。センターフレーム機能によって自動でパンを調節できるため、ビデオ通話中に動いても画面から外れにくく便利です。

スピーカーは全部で4つ。ドルビーアトモス再生が可能なので、映画などの迫力あるサウンドを楽しめます。別途スピーカーを用意しなくてもよいため、費用や持ち運ぶ手間をかけたくない方にもぴったりです。機能性に優れた製品を探している方はチェックしてみてください。

アップル(Apple) iPad Air

デザイン性を重視する方におすすめのタブレットです。カラーバリエーションが豊富で、好みに応じて選べるのが魅力。また、指紋認証システム「Touch ID」を、本体上部の電源ボタン部分に搭載しているのもポイントです。

「A14 Bionic」チップをCPUに採用しており、画像・動画編集、音楽制作など幅広い用途に適しているのも特徴のひとつ。さらに、安定性に優れたWi-Fi6に対応しており、オンラインでのゲームプレイやストリーミング動画の再生も安定して楽しめます。

アップル(Apple) iPad

2020年9月に発売された第8世代iPadのWi-Fiモデルです。iPadシリーズのなかでは価格が安く、コスパに優れたiPadを探している方におすすめです。32.4Whのバッテリーを内蔵しており、ネットサーフィンや動画の視聴といった用途なら最大10時間も使用できます。

iPad Proなど上位機種と同じ「iPadOS 14」を搭載しているのもポイント。マルチタスクでの作業はもちろん、使いやすく再設計されたウィジェット機能などが利用できます。Apple Pencilに対応しているため、メモを取ったりスケッチを描いたりすることが可能です。

さらに、「Smart Keyboard」にも対応しているなど拡張性は良好。負荷のかかる作業でなければ、ビジネス・プライベート問わず便利に使えるモデルです。

アマゾン(Amazon) Fire HD 10 タブレット

ロングバッテリーが魅力のタブレットです。フル充電の状態から最大12時間の連続駆動に対応しており、電池残量を気にせずに使用できます。また、microSDカードを差し込むことで最大512GBまで拡張可能。お気に入りのコンテンツを保存して、通勤中や旅行の移動中にも楽しめるので便利です。

安定したインターネット接続を行えるのも魅力。2.4GHz・5GHzのデュアルバンドを採用し、Webブラウジングからストリーミング動画の再生まで幅広い用途に適しています。

さらに、最大2.0GHzのオクタコアプロセッサを内蔵。負担がかかりやすいゲームや動画視聴も快適にできるおすすめのモデルです。

日本電気(NEC) LAVIE Tab E PC-TE710KAW

フルセグチューナーを内蔵したタブレットです。地上デジタル放送の受信に対応しているため、自宅だけでなく、外出先でもお気に入りの番組を視聴できます。また、IP53に準拠した防水防塵タイプで、多少の水気がある場所でも安心です。

IPSパネルを採用したワイドディスプレイも本製品の魅力。1920×1200のWUXGA解像度に対応しており、鮮明な色彩表現が可能です。さらに、CPUにはSnapdragon450を採用し、Webブラウジングから動画視聴まで快適に楽しめます。

レノボ(Lenovo) Yoga Smart Tab ZA3V0052JP

Googleアシスタントに対応したWi-Fiモデルのタブレットです。音声だけでタブレット本体やスマート家電の操作ができるのが魅力。360°音声認識が可能なので、マイクの方向を意識せずに音声入力が行えます。

複数のスタイルで楽しめる「キックスタンド」を搭載しているのもポイント。タップ入力や動画視聴などに適した方法で設置できます。操作のしやすさや画面の見やすさに優れた製品を探している方におすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T5 10

パフォーマンス性能を求める方におすすめのタブレットです。最大2.36GHzのオクタコアプロセッサをCPUに内蔵しており、高画質の動画視聴も快適に楽しめます。また、メーカー独自の音響技術「Histen」によって、臨場感のある立体的なサウンドの再生が可能です。

メタルボディを採用した高級感のあるデザインもポイント。さらに、ブルーライトカットモードを搭載しているため、電子書籍やゲームアプリの使用などによる目の疲れにも配慮されたモデルです。

Wi-Fiモデルのタブレットおすすめ端末|12インチ以上

アップル(Apple) iPad Pro 12.9インチ

カメラ機能を重視する方におすすめのWi-Fiモデルのタブレットです。12MPの広角カメラと10MPの超広角カメラを搭載しており、シーンに合わせて使い分けできるのが特徴。また、4K動画の撮影に対応しているのもポイントです。

ノートパソコン並のスペックを有した「A12Z Bionic」を内蔵し、ゲームや簡単な動画編集を行えます。さらに、最大10時間のロングバッテリーを採用しており、電源が用意されていない場所での使用も安心です。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 7 VDX-00014

クリエイティブな作業もこなせる高性能タブレット。CPUにノートPCクラスのIntel Core i7-1065G7を搭載しているのが特徴です。16GBのメモリと1TBのストレージを備えているため、マルチタスクや動画編集などもスムーズにこなせます。

画面サイズは12.3インチと大きく、解像度が2736×1824と高いため、美しく迫力のある映像を楽しめるのが魅力。背面カメラは800万画素、前面カメラは500万画素で、フルHD画質の動画も撮影できます。旅行などへ持っていけば、しっかりと記録を残せて便利です。

重さは約790gと軽量で、持ち運びやすいのもポイント。ロングバッテリーを搭載しているため、長時間充電せずに使い続けられます。サブPCのようにも使えるタブレットを探している方におすすめです。

CHUWI UBook X タブレット CHUWI-UBook X

ノートパソコンとしても使用できるタブレットです。別売りの専用キーボードを購入することで、文字入力も簡単に行えます。また、最大2.4GHzのCeleron N4100プロセッサーと8GBのメモリを内蔵しており、マルチタスクでの作業にもおすすめです。

2160×1440の高解像ディスプレイも魅力のひとつ。画面上での反射が少なく、細かい部分まで鮮やかな映像を楽しめます。さらに、12インチの大型サイズながら、重さ780gと比較的軽量なのもポイント。OSにはWindows 10を搭載しており、ビジネスシーンにもおすすめのモデルです。

タブレットのAmazonランキングをチェック

タブレットのAmazon売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。