一口にタブレットと言っても、使う用途やシチュエーションに合わせてさまざまなタイプの製品があります。ラインナップされている種類も多いので、どれを選べばよいのか分からない方も多いのではないのでしょうか。

そこで今回は、通信費用がかからず手軽に使えるWi-Fiモデルのタブレットをご紹介。コストパフォーマンスに優れたモノから、サクサク動く高性能なモノまで、さまざまな製品をピックアップしているため、Wi-Fiモデルのタブレットに興味がある方や、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

Wi-FiモデルとSIMフリーモデルはどっちがおすすめ?

Wi-FiモデルとSIMフリーモデルの違い

By: amazon.co.jp

タブレットには大きく分けて「Wi-Fiモデル」と「SIMフリーモデル」の2つのタイプがあります。Wi-Fiモデルは、その名前の通りWi-Fi(無線LAN)を使ってインターネットに接続するため、既に自宅やオフィスなどにWi-Fi環境があればいくつかの簡単な設定をするだけで使用できます。ただし、Wi-Fi環境がないとインターネットが使えないため、外出先で頻繁にタブレットを使いたい方には不向きです。

一方で、SIMフリーモデルは、Wi-Fiに接続しなくてもSIMカードを挿入すれば単独でインターネット通信が可能なので、場所を気にせずどこでも気軽にインターネットが楽しめます。外出先で頻繁にタブレットを使うならSIMフリーモデルがおすすめですが、Wi-Fiモデルよりも本体価格が高くなる傾向にあるため、コストパフォーマンスを重視する方は注意が必要です。

自宅での使用がメインの方にはWi-Fiモデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

外出先でタブレットを使うならどこでもインターネットが楽しめる「SIMフリーモデル」がおすすめですが、通信事業者との回線契約が別で必要になり、月々の通信料金もかかるため、外出先でほとんど使わない方がSIMフリーモデルを選んでしまうと金銭面で損をすることがあります。

対して、Wi-Fiモデルはインターネット環境があれば、新たに回線契約をしなくても使えるのがポイント。自宅での使用がメインの方はSIMフリーモデルよりもランニングコストの安いWi-Fiモデルがおすすめです。

Wi-Fiモデルタブレットの選び方

OSで選ぶ

Android

By: amazon.co.jp

AndroidはGoogleが提供するオペレーティングシステムです。無償で使えるオープンソースソフトウェアの一つで、多くのメーカーがタブレットのOSに採用しています。端末の種類が豊富で自分に合ったモノが選べるため、デザインや機能にこだわりたい方向けのタブレットです。また、ほかのOSと比べて低価格モデルが充実しているのも魅力なので、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめです。

一方で、Androidは端末ごとに操作方法・機能・バックアップの手順などが違うため、機械の苦手な方だと使いづらいと感じることがあります。メーカーや製品によっては、最新バージョンのOSが提供されないこともあるので、同じタブレットを長く使い続けたい方は注意が必要です。

iOS

アップル(Apple) iPad Air 10.5インチ Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル MUUJ2J/A

By: biccamera.com

iOSはアップルが提供するオペレーティングシステム。iPhoneやiPadのようにApple社製品にのみ利用することが可能なOSです。シンプルな操作性と、洗練されたUI(ユーザーインターフェイス)を採用しているので、直感的に操作がしやすく扱いやすいのがポイント。機械が苦手な方でも戸惑うことなく安心して使えます。

ただし、iOSを搭載したタブレットは現状でiPad mini・iPad・iPad Air・iPad Proの4シリーズしかないため、タブレットの機能やデザインにこだわりたい方には向いていません。価格が高いのもデメリットなので、コストパフォーマンスよりも、使いやすさを重視する方におすすめです。

Windows

By: amazon.co.jp

Windowsはマイクロソフトが提供するオペレーティングシステム。WordやExcelなどのオフィス系ソフトと互換性があるのはもちろん、普段パソコンで使っているWindows用のソフトウェアを使えるのが最大の特徴です。タブレットとしてだけでなく、キーボードやマウスを繋げればノートパソコンとして利用できるモデルがあるのも大きなポイント。1台あればプライベートからビジネスシーンまで、さまざまなシチュエーションで使えます。

一方で、WindowsはほかのOSと比べると対応しているアプリやゲームの数が少ないため、さまざまなコンテンツを楽しみたい方には向いていません。また、基本的にスマートフォン向けのアプリやゲームは利用できないため、人気のスマホゲームを楽しみたい方は注意が必要です。

価格で選ぶ

By: amazon.co.jp

タブレットは気軽に買える低価格なモノから、最新機能を搭載した高価なモノまで、幅広い価格帯のモデルがあります。製品によって価格は大きく異なりますが、初めてWi-Fiモデルのタブレットを選ぶなら2〜3万円で買える比較的リーズナブルなモデルがおすすめです。

なかには高スペックなハイエンドモデルも存在しますが、まずはミドルレンジモデルを選んで使い心地を確認してみましょう。そのうえで、機能やスペックに満足できなくなったら、ワンランク上のハイエンドモデルを選ぶことをおすすめします。

画面のサイズで選ぶ

持ち歩きやすい7~8インチ

アップル(Apple) iPad mini

By: biccamera.com

7〜8インチはタブレットのなかでも小さいコンパクトなサイズです。重量も軽く長時間持っていても疲れにくいため、動画やゲームを長時間楽しみたい方におすすめ。また、ギリギリ片手でつかめるような程よいサイズ感なので、電車内やバスでの移動中、外出先での使用に最適です。

一方で、画面が小さいので、タブレットのキーボードで頻繁に文字入力をする方や、大迫力の画面で動画やゲームを楽しみたい方は、より大きな画面サイズのモデルを選びましょう。

携帯性と機能性を両立した10インチ

By: amazon.co.jp

10インチはタブレットのなかでも少し大きめの中型サイズです。画面が大きく操作しやすいので、自宅でゆったりとゲームや動画を楽しむ用途や、電子書籍の閲覧、長時間のネットサーフィンなどにも向いています。

ただし、画面が大きいゆえに重量はそれなりに重く、長時間持っていると腕が疲れるのがデメリット。サイズが大きく荷物にもなりやすいので、頻繁に持ち歩いて使う方は注意が必要です。

ノートパソコンのように使える12インチ以上

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 6 KJW-00017

画面サイズが12インチを超えるとタブレットのなかでもかなり大きなサイズです。大画面を活かして、迫力満点の映像で動画やゲームを楽しめます。マウスやキーボードを繋げれば、タブレットとしてだけでなくノートパソコンのようにして使えるのも大きな特徴です。

ただし、サイズや重量があるため、基本的に持ち運んで使うのには向いていません。あくまでも膝や机の上に置いて使うことになるため、自宅やオフィスで据え置いてタブレットを使いたい方におすすめです。

性能で選ぶ

CPUをチェック

By: biccamera.com

CPUはタブレットの処理能力を決める重要なパーツです。CPUの性能を見る際は「コア」「クロック周波数」の2点をチェックしましょう。基本的にはコアの数が多いほどCPUの性能が上がり、タブレットがサクサク動くようになります。アプリやゲームを快適に楽しみたいなら、コアの数は「ヘキサコア(6コア)」「ヘキサコア(8コア)」あたりがおすすめです。

なお、CPUのコア数が全く同じでも、一つのコアが秒単位でどのくらい計算できるのかを示す「クロック周波数」によって性能が大きく違ってきます。アプリやゲームを快適に楽しみたいなら「1.50GHz~」、動画やSNS、Webサイトを見る程度なら「1.00GHz」ほどを目安に選びましょう。

メモリ(RAM)をチェック

By: amazon.co.jp

メモリは、OSや各種アプリなど実行中データを処理したり、一時的に保存したりしておくパーツです。作業机が大きいと一度にたくさんの作業ができるのと同じで、メモリの容量が大きければそれだけ一度に複数の処理ができるようになります。逆にメモリの容量が小さいと、アプリの起動が遅くなったり、ゲーム中に動作が不安定になったりするので、必ず使う用途に合ったメモリを選びましょう。

選び方の目安として、WebサイトやSNS、動画を見る程度なら「2GB~」、ストレスなくアプリやゲームを楽しみたいなら「4GB~」、処理の重いアプリケーションをサクサク動かすなら「8GB~」の容量がおすすめです。ちなみに、メモリは容量が大きくなると消費する電力も多くなり、バッテリーの減りが早くなります。長時間タブレットを使いたい方は、最大駆動時間とメモリのバランスが取れているかも注意して選びましょう。

ストレージをチェック

By: amazon.co.jp

ストレージは、さまざまなデータを保存しておく記憶装置の一つです。基本的にはストレージの容量が大きいほど、写真・動画・アプリなどのデータをより多く保存することができます。

比較的軽めのアプリやゲームのみをダウンロードするだけなら「32GB~」、写真や動画などのコンテンツを保存して楽しみたいなら「64GB~」が目安です。なお、WebサイトやSNS、動画を観る程度ならストレージの容量はそれほど必要ないため、容量の小さな「16GB」程度でも十分な場合もあります。

ちなみに、タブレットにデータを入れすぎてストレージの容量がギリギリになると、動きが鈍くなったり、フリーズや不具合を発生したりといったトラブルの原因になることがあります。容量不足が心配な方は、microSDカードなどにデータの保存ができる「外部ストレージ」に対応するモデルかどうかも忘れずにチェックしておきましょう。

バッテリー容量をチェック

By: amazon.co.jp

タブレットを選ぶ際には、駆動時間を大きく左右するバッテリー容量も重要なポイントです。バッテリー容量は「mAh(ミリアンペアアワー)」と呼ばれる単位で表記されており、基本的にはこの値が大きくなるほどタブレットの駆動時間も長くなります。

選び方の目安として、バッテリー残量を気にせず一日中タブレットを楽しみたいなら、最低でも「4000~5000mAh」は欲しいところ。予算に余裕があるならより大容量の「6000~8000mAh」を選べば外出先でも安心してタブレットが楽しめます。

ただし、どんなにバッテリー容量が大きくても、CPUやメモリの性能が高すぎたり、画面サイズが大きすぎたりすると、消費電力が増えてあっという間にバッテリーがなくなってしまうので注意が必要です。

防水性能で選ぶ

By: amazon.jp

バスルームやキッチンなどでタブレットを楽しみたい方は、水に濡れても壊れない「防水機能」を搭載したモデルがおすすめです。タブレットの防水性能は、電気製品の防水性能を表す「IP規格」で分かりやすく表記されており、基本的には「IPX」の後に続く数字が大きいほど防水性能が高くなります。キッチンのような水しぶきがかかる場所なら「IPX4」、バスルームのように水没する危険性のある場所なら「IPX7」以上のモデルを選びましょう。

使用用途で選ぶ

By: amazon.co.jp

処理の重いアプリやゲームを楽しみたいのか、WebサイトやSNS、動画を楽しみたいのかなど、使用用途によってチェックするタブレットは大きく違ってきます。アプリやゲームをサクサク楽しみたいなら、CPUやメモリの性能が重要です。種類にもよりますが、ほとんどのアプリやゲームは、CPUは「ヘキサコア」、メモリは「4GB」以上であれば快適に楽しめます。

一方で、Webサイト・SNS・動画などを楽しみたい場合は、ディスプレイやスピーカーの性能が重要です。視野角が広い「IPSパネル」や、迫力のあるサウンドが楽しめる「クアッドスピーカー」を搭載したモデルがおすすめ。画面サイズは最低でも10インチ以上あるとより快適にコンテンツを楽しめます。

Wi-Fiモデルのタブレットおすすめ端末|7~8インチ

アップル(Apple) iPad mini

アップル(Apple) iPad mini

機能性と携行性のバランスに優れたWi-FiモデルのiOSタブレットです。パフォーマンス・グラフィックス性能が大幅に向上したアップルの高性能CPU「A12 Bionicチップ」を搭載。最新の3Dゲームや処理の重いアプリも快適に楽しめます。ディスプレイには、広域色をサポートした7.9インチ「Retinaディスプレイ」採用。状況に応じて最適な色合いへと調整する「True Toneテクノロジー」も搭載されているため、タブレットの画質や色再現度にこだわりたい方にもおすすめです。

一回の充電で最長10時間使える「ロングバッテリー」や、紙に書くような感覚でメモ・スケッチができる「Apple Pencil」、指先一つでロックの解除ができる「Touch ID」など、便利な機能が充実しているのも魅力。高機能なタブレットにも関わらず、重量わずか300.5gのコンパクトボディを実現しているおすすめモデルです。

日本電気(NEC) PC-TE507JAW

日本電気(NEC) PC-TE507JAW

コンパクトボディを採用したWi-Fiモデルのタブレット。本体サイズは横幅98.7mm・厚さ8.4mm、重量はわずか260gしかないので、女性や子どもでも片手で気軽に扱えます。画面サイズは7インチと小さめですが、広視野角の「IPS液晶」や、迫力のあるサウンドが体験できる「Dolby Atmos」を採用しているので、映画・ゲームを楽しむのにもおすすめの1台です。

CPUにはクアッドコアの「MediaTek MT8161」を搭載し、メモリは2GB、ストレージは16GBを採用しているため、軽量なアプリ・ゲームなどを快適に操作できるのもポイント。そのほか、文書の修正やメール作成などが可能な「Microsoft Office Mobile」も標準搭載しているので、プライベートからビジネスシーンまで幅広く使えます。

アマゾン(Amazon) Fire HD 8

アマゾン(Amazon) Fire HD 8

Amazonが販売する「Fire」シリーズのエントリーモデル。わずか1万円以下で購入できるタブレットにも関わらず、アプリやゲームがサクサク楽しめる「高速クアッドコアCPU」や、一回の充電で最大10時間使える「大容量バッテリー」、鮮やかなカラーを実現する「HDディスプレイ」を採用しています。Wi-Fiモデルのタブレットは欲しいけれど価格が高くて手が出せないという方におすすめの製品です。

低価格ながら、撮影した写真を容量無制限で保存できる「無料の専用クラウドストレージ」がついているので、ストレージの容量を気にせずたくさん写真を楽しみたい方にもおすすめ。機能面では、ユーザーの好みに合わせて最適なコンテンツを提案してくれる「For You」を搭載しています。初めてタブレットを購入する初心者の方にもベストな一台です。

なお、Fireシリーズは、Fire OSと呼ばれるAndroid OSをカスタマイズしたOSを搭載しているので、アプリの品揃えが限られてしまう傾向にあります。そのため、日常的にAmazonのコンテンツを利用しているという方や、Web閲覧やSNSなどでの利用がメインという方におすすめのモデルです。

Wi-Fiモデルのタブレットおすすめ端末|10インチ

恵安(KEIAN) KI-R10

恵安(KEIAN) KI-R10

1万円台で購入できる安価なAndroidタブレット。メモリは2GB、ストレージは8GBと必要最低限のスペックは揃っているので、サブ用のタブレットを探している方はもちろん、年配の方や子ども用のタブレットを探している方にもおすすめです。

液晶サイズは10.1インチ。背面・前面ともにカメラが搭載されており、SNSに写真をアップする際もスムーズに対応できます。リーズナブルなタブレットを探している方はぜひ候補として検討してみてください。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Go MHN-00017

マイクロソフト(Microsoft) Surface Go MHN-00017

Windows 10に対応する10インチのタブレットPC。Office Home & Business 2019がインストールされたモデルで、外出先でもビジネス環境を整えやすいのが特徴です。

本体サイズは幅175×縦245×厚さ8.3mmで、重さは約522gとスリムかつ軽量なのもポイント。メモリは4GB、ストレージは64GBです。別売りのキーボードを接続すればノートパソコンのように作業することもできます。

アップル(Apple) iPad 9.7インチ Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル MR7F2J/A

アップル(Apple) iPad 9.7インチ Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル MR7F2J/A

Retinaディスプレイ対応の9.7インチタブレット。解像度は2048×1536ピクセルと高精細で、背面カメラには800万画素、前面カメラには120万画素を採用しています。

連続使用時間は1回のフル充電で最大で約10時間。本体サイズは幅17.0×縦24.0×厚さ0.75cmで重さが約469gと、ストレスなく持ち運べます。なお、本製品は第6世代と呼ばれる2018年発売のモデルで、メモリは4GB、ストレージは64GB。十分なスペックを要しながら、比較的安価な価格なので、コスパ重視でタブレットを選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

アップル(Apple) iPad Air 10.5インチ Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル MUUJ2J/A

アップル(Apple) iPad Air 10.5インチ Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル MUUJ2J/A

2019年にリリースされた10.5インチRetinaディスプレイ対応の「 iPad Air」。いわゆる第3世代と呼ばれるモデルで、画像や音声の処理に優れた人工知能「Neural Engine(ニューラルエンジン)」を搭載したA12 Bionicチップを採用しているのが特徴です。

また、スリムかつ軽量なのもポイント。厚さは現行ラインナップの7.9インチの「iPad mini」と同じ厚さの6.1mm。重さは第6世代の「iPad」や「iPad Pro 11」も軽い456gと、iPadシリーズのなかでも画面サイズと持ち運びやすさのバランスが取れた1台です。

手書きができる「Apple Pencil」や外付けキーボードの「Smart Keyboard」に対応しているのも魅力。汎用性の高いタブレットを探している方におすすめのモデルです。

Wi-Fiモデルのタブレットおすすめ端末|12インチ以上

アップル(Apple) iPad Pro

アップル(Apple) iPad Pro

Appleの最新技術が詰まったiOSタブレットの最上位モデルです。毎秒5兆の演算処理を行うアップルのオクタコアCPU「A12X Bionic」を採用。デスクトップパソコンに匹敵する高い処理能力によって、最新のゲームやアプリがストレスなく快適に楽しめます。スマートHDRに対応した高性能な「デュアルカメラ」を搭載しているので、初心者の方でも気軽にクオリティの高い写真や動画の撮影が楽しめるのも魅力です。

見つめるだけでロックの解除ができる「Face ID」や、大容量のデータを素早く転送可能な「USB-Cコネクタ」、最大10時間駆動する「大容量バッテリー」などの機能が搭載されているのもポイント。別売りの「Apple Pencil」を使えばペンタブレットとして、iPad用のキーボードである「Smart Keyboard Folio」を装着すればノートパソコンの代わりとして使えるのも特徴です。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 6 KJW-00017

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 6 KJW-00017

マイクロソフトが手がけている「Surface Pro」の2019年モデルです。高性能なCPU「Intel Core i7 8650U」に加えて、大容量の16GBメモリと1TB SSDを採用しているため、PhotoShopやIllustratorのように高い負荷がかかるアプリケーションも快適に動かせます。機能面では、用途に合わせて瞬時に切り替えできる「キックスタンド」、音声アシスタント機能「Cortana」を搭載するなど、便利な機能が揃っているのもポイント。

一回の充電で最大13.5時間使える駆動時間の長さも魅力なので、外出先に持ち歩いて作業する方にもおすすめ。上質なスエード人工革であるアルカンターラ素材を使用した「タイプカバー」や、自然な書き心地を実現する「Surface ペン」など、専用のオプションが充実しているのも魅力です。