ソファでゆっくりゲームや映画を楽しんだり、キーボードを付けてノートパソコンのように使ったり、さまざまな使い方ができる便利なタブレット。タブレットは製品の数が多いため、いざ購入するとなると何を選べばよいか迷ってしまいがち。

そこで今回は、通信費用がかからず手軽に使える「Wi-Fiモデルのタブレット」をご紹介します。価格の安いコストパフォーマンスに優れたモノから、アプリやゲームがサクサク楽しめるハイスペックなモノまで、さまざまな種類のタブレットを厳選してピックアップ。選ぶ際の注意点やポイントなども合わせて解説するので、こちらも参考にしてみてください。

Wi-FiモデルとLTEモデルの違い

By: amazon.co.jp

タブレットには大きく分けて「Wi-Fiモデル」「LTEモデル」の2種類があります。Wi-Fiモデルのタブレットは、自宅の無線LANルーターや、無料のWi-Fiスポットなどを利用することで通信料金が一切かからず使えます。少しでもお金をかけずにタブレットを使いたい方におすすめですが、単独で通信ができないため、外出先で頻繁にタブレットを使いたい方には向いていません。

一方で、LTEモデルのタブレットは、スマートフォンと同じようにどこでもインターネットが使える利点がありますが、別途SIMカードの契約が必要だったり、タブレット本体の価格が高かったり、コスト面でいくつかのデメリットもあります。それぞれの特徴をしっかりと理解して、自分に合ったタイプのタブレットを選ぶことが大切です。

Wi-Fiモデルタブレットの選び方

OSで選ぶ

Android

By: rakuten.co.jp

AndroidはGoogleが提供するオペレーティングシステムです。無償で使えるオープンソースソフトウェアのひとつで、多くのメーカーがタブレットのOSに採用しています。端末の種類が豊富で自分に合ったモノが選べるため、デザインや機能にこだわりたい方向けのタブレットです。また、ほかのOSと比べて低価格モデルが充実しているのも魅力なので、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめです。

一方で、Androidは端末ごとに操作方法・機能・バックアップの手順などが違うため、機械の苦手な方だと使いづらいと感じることがあります。メーカーや製品によっては、最新バージョンのOSが提供されないこともあるので、同じタブレットを長く使い続けたい方は注意が必要です。

iOS

アップル(Apple) iPad Air 10.5インチ Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル MUUJ2J/A

By: biccamera.com

iOSはアップルが提供するオペレーティングシステム。iPhoneやiPadのようにApple社製品にのみ利用することが可能なOSです。シンプルな操作性と、洗練されたUI(ユーザーインターフェイス)を採用しているので、直感的に操作がしやすく扱いやすいのがポイント。機械が苦手な方でも戸惑うことなく安心して使えます。

ただし、iOSを搭載したタブレットは現状でiPad mini・iPad・iPad Air・iPad Proの4シリーズしかないため、タブレットの機能やデザインにこだわりたい方には向いていません。価格が高いのもデメリットなので、コストパフォーマンスよりも、使いやすさを重視する方におすすめです。

Windows

By: amazon.co.jp

Windowsはマイクロソフトが提供するオペレーティングシステム。WordやExcelなどのオフィス系ソフトと互換性があるのはもちろん、普段パソコンで使っているWindows用のソフトウェアを使えるのが最大の特徴です。タブレットとしてだけでなく、キーボードやマウスを繋げればノートパソコンとして利用できるモデルがあるのも大きなポイント。1台あればプライベートからビジネスシーンまで、さまざまなシチュエーションで使えます。

一方で、WindowsはほかのOSと比べると対応しているアプリやゲームの数が少ないため、さまざまなコンテンツを楽しみたい方には向いていません。また、基本的にスマートフォン向けのアプリやゲームは利用できないため、人気のスマホゲームを楽しみたい方は注意が必要です。

画面のサイズで選ぶ

モバイル性を重視するなら8インチ前後

By: amazon.co.jp

8インチ前後はタブレットのなかでもコンパクトなサイズ。スマートフォンよりも画面が少し大きいくらいなので、大人なら片手でギリギリ持って使えます。サイズが小さく扱いやすいのが特徴なので、電車での移動中や外出先などでタブレットを使いたい方におすすめ。

ただし、画面のサイズが小さいと、キーボードでの文字入力がしずらかったり、動画やゲームの映像に迫力がなかったり、いくつかの欠点もあるため、あくまでもモバイル性を重視する方におすすめです。

モバイル性とスペックを両立しるなら10インチ前後

By: amazon.co.jp

10インチ前後のタブレットは、携帯性と画面の見やすさのバランスがとれているのが特徴。普段は室内で使って、たまに外出先に持ち運んで使うような方におすすめです。

一方で、タブレットのサイズが大きく重量もそれなりにあるため、頻繁に持ち歩いて使ったり、長時間持って使うのにはあまり向いていません。ソファでゆっくりしながらゲームや映画を楽しみたい方にピッタリの画面サイズです。

ノートパソコンのように使いたいなら12インチ以上

By: amazon.co.jp

12インチ以上はタブレットのなかでも大きなサイズ。画面が見やすく映像に迫力があるため、ゲームや動画を快適に楽しみたい方におすすめです。キーボードやマウスを繋げれば、タブレットとしてだけでなくノートパソコンとして使えるのも大きな特徴。

ただし、その大きさゆえに、使える用途やシチュエーションは大きく限られるため、基本的には室内で使うのがベスト。たまに持ち運んで使うような方は、画面のサイズがひと回り小さな10インチ前後を選んでおいた方が安心です。

性能で選ぶ

CPUをチェック

By: biccamera.com

CPUはタブレットの処理能力を決める重要なパーツです。CPUの性能を見る際は「コア」「クロック周波数」の2点をチェックしましょう。基本的にはコアの数が多いほどCPUの性能が上がり、タブレットがサクサク動くようになります。アプリやゲームを快適に楽しみたいなら、コアの数は「ヘキサコア(6コア)」「ヘキサコア(8コア)」あたりがおすすめです。

なお、CPUのコア数が全く同じでも、ひとつのコアが秒単位でどのくらい計算できるのかを示す「クロック周波数」によって性能が大きく違ってきます。アプリやゲームを快適に楽しみたいなら「1.50GHz~」、動画やSNS、Webサイトを見る程度なら「1.00GHz」ほどを目安に選びましょう。

メモリ(RAM)をチェック

By: amazon.co.jp

メモリは、OSや各種アプリなど実行中データを処理したり、一時的に保存したりしておくパーツです。作業机が大きいと一度にたくさんの作業ができるのと同じで、メモリの容量が大きければそれだけ一度に複数の処理ができるようになります。逆にメモリの容量が小さいと、アプリの起動が遅くなったり、ゲーム中に動作が不安定になったりするので、必ず使う用途に合ったメモリを選びましょう。

選び方の目安として、WebサイトやSNS、動画を見る程度なら「2GB~」、ストレスなくアプリやゲームを楽しみたいなら「4GB~」、処理の重いアプリケーションをサクサク動かすなら「8GB~」の容量がおすすめです。ちなみに、メモリは容量が大きくなると消費する電力も多くなり、バッテリーの減りが早くなります。長時間タブレットを使いたい方は、最大駆動時間とメモリのバランスがとれているかも注意して選びましょう。

ストレージをチェック

By: amazon.co.jp

ストレージは、さまざまなデータを保存しておく記憶装置のひとつです。基本的にはストレージの容量が大きいほど、写真・動画・アプリなどのデータをより多く保存することができます。

比較的軽めのアプリやゲームのみをダウンロードするだけなら「32GB~」、写真や動画などのコンテンツを保存して楽しみたいなら「64GB~」が目安です。なお、WebサイトやSNS、動画を観る程度ならストレージの容量はそれほど必要ないため、容量の小さな「16GB」程度でも十分な場合もあります。

ちなみに、タブレットにデータを入れすぎてストレージの容量がギリギリになると、動きが鈍くなったり、フリーズや不具合を発生したりといったトラブルの原因になることがあります。容量不足が心配な方は、microSDカードなどにデータの保存ができる「外部ストレージ」に対応するモデルかどうかも忘れずにチェックしておきましょう。

バッテリー容量をチェック

By: amazon.co.jp

タブレットを選ぶ際には、駆動時間を大きく左右するバッテリー容量も重要なポイントです。バッテリー容量は「mAh(ミリアンペアアワー)」と呼ばれる単位で表記されており、基本的にはこの値が大きくなるほどタブレットの駆動時間も長くなります。

選び方の目安として、バッテリー残量を気にせず一日中タブレットを楽しみたいなら、最低でも「4000~5000mAh」は欲しいところ。予算に余裕があるならより大容量の「6000~8000mAh」を選べば外出先でも安心してタブレットが楽しめます。

ただし、どんなにバッテリー容量が大きくても、CPUやメモリの性能が高すぎたり、画面サイズが大きすぎたりすると、消費電力が増えてあっという間にバッテリーがなくなってしまうので注意が必要です。

防水性能で選ぶ

バスルームやキッチンなどでタブレットを楽しみたい方は、水に濡れても壊れない「防水機能」を搭載したモデルがおすすめです。タブレットの防水性能は、電気製品の防水性能を表す「IP規格」で分かりやすく表記されており、基本的には「IPX」の後に続く数字が大きいほど防水性能が高くなります。

キッチンのような水しぶきがかかる場所なら「IPX4」、バスルームのように水没する危険性のある場所なら「IPX7」以上のモデルを選びましょう。

Wi-Fiモデルのタブレットおすすめ端末|Android

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 lite 8

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 lite 8

ファーウェイの人気モデルです。デュアルスピーカーとデュアルパワーアンプ、独自の「HUAWEI Histen5.0オーディオテクノロジー」を組み合わせることで、コンサートホールにいるかのような臨場感を実現。ディスプレイには、明るく鮮やかな「高精細IPSパネル」を搭載しているので、タブレットの音質や画質にこだわりたい方におすすめです。

アプリやゲームがサクサク動く「HUAWEI Kirin 710」や、一日中使える「大容量バッテリー(5100mAh)」など、全体的なスペックが高いのも魅力。美しく湾曲した「メタルユニボディ」を採用することで、スタイリッシュなデザインに仕上がっているのも大きなポイントです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T5

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T5

モバイル性とスペックを両立したWi-Fiモデルのタブレットです。約465gの軽量ボディを実現しているにも関わらず、細部まで鮮やかに表現する高解像度の「10.1インチディスプレイ」や、臨場感あふれるサウンドが楽しめる「デュアルスピーカー」、独自の音響技術「Histen」を搭載。動画やゲームを思いっきり楽しみたい方におすすめです。

16:10のアスペクト比を採用することで、動画の視聴やウェブサイトの閲覧が快適に行えるのも魅力。CPUには「HUAWEI Kirin 659」、メモリには「3GB RAM」を搭載しているので、マルチタスクや処理の重いアプリ・ゲームもサクサク動きます。

レノボ(Lenovo) Lenovo TAB M8

レノボ(Lenovo) Lenovo TAB M8

機能性と携帯性のバランスに優れたWi-Fiモデルのタブレット。本体サイズは約幅199×奥行き8.1×高さ200mmと小さく扱いやすいため、室内はもちろん外出先でも快適に使えます。画面占有率83%の「8.0型ワイドIPSパネル」を採用することで、コンパクトながら迫力ある映像が楽しめるのも大きな特徴です。

そのほか、使えるアプリや使用時間の制限などが設定できる「キッズモード」、長時間の視聴でも目が疲れにくい「ブルーライト低減機能」を搭載。内蔵ストレージは16GBと少なめですが、最大128GBまでの「microSDスロット」に対応しているので、アプリやゲームなどたくさんのコンテンツを楽しみたい方にもおすすめです。

チュウイ(CHUWI) Hi10 Pro

チュウイ(CHUWI) Hi10 Pro

デュアルOSに対応した多機能タブレット。プライベートではアプリやゲームが充実している「Android」、ビジネスではパソコン用のソフトウェアがそのまま動く「windows」のように、用途やシチュエーションに応じてOSを自由に使い分けることが可能です。動画やゲームをテレビの大画面で楽しめる「Micro HDMI」に対応しているのも嬉しいポイント。

CPUにはクアッドコアの「Atom x5-Z8350」、メモリには大容量の「4GB RAM」、ストレージには「64GB ROM」を搭載。最新のアプリやゲームもサクサク快適に楽しめます。デザイン性と耐久性のバランスに優れた「オールメタルボディデザイン」を採用しているのも大きな特徴です。

アマゾン(Amazon) Fire 7

アマゾン(Amazon) Fire 7

コストパフォーマンスに優れたアマゾンの人気タブレットです。気軽に購入できるリーズナブルな価格ながら、アプリや軽めのゲームが楽しめる「高速クアッドコアCPU」や、たくさんのデータが保存できる「microSDカードスロット」を搭載。

天気予報をチェックしたり、お気に入りの音楽を再生したり、さまざまなアクションを声で操作できる「Alexaハンズフリーモード」に対応しているのも嬉しいポイントです。フロントとリアには高性能の「200万画素カメラ」を搭載しているので、写真や動画をきれいな映像で楽しめます。

アマゾン(Amazon) Fire HD 8

アマゾン(Amazon) Fire HD 8

価格と性能のバランスに優れたWi-Fiモデルのタブレットです。CPUには「MediaTek MT8163(1.3GHz~)」、メモリには「1.5GB RAM」を搭載。鮮やかなカラーを実現する明るく見やすい「8インチHDディスプレイ」を採用しているので、軽めのゲームや動画がきれいな映像で楽しめます。

コストパフォーマンスに優れていながら、1回の充電で最大10時間使える「大容量バッテリー」や、容量を気にせずさまざまなコンテンツが楽しめる「microSDカード(400GBまで)」、撮影した写真を容量無制限で保存できる「無料のクラウドストレージサービス」など、機能が充実しているのもポイントです。

アマゾン(Amazon) Fire HD 10

アマゾン(Amazon) Fire HD 10

アマゾンの人気シリーズ「Fire」の高性能モデル。10.1インチの「高解像度フルHDディスプレイ」や、Dolbyオーディオステレオスピーカーを搭載。迫力ある映像・サウンドで動画やゲームが楽しめます。大容量バッテリーを採用することで、1回の充電で最大12時間使えるのも大きなポイントです。

機能面では、ブラウザの制御・利用時間の制限ができる「Amazon FreeTime」、音声でさまざまな操作ができる「Alexa」に対応。最大2.0GHzで駆動するクアッドコアCPUと、大容量の2GB RAMを搭載しているので、最新のゲームや処理の重いアプリも楽しめます。

Wi-Fiモデルのタブレットおすすめ端末|iOS

アップル(Apple) iPad Pro

アップル(Apple) iPad Pro

12.9インチの「Liquid Retinaディスプレイ」を搭載したタブレットです。色温度を自動調節する「True Tone」や、フレアやゴーストを軽減する「反射防止コーティング」を採用。室内はもちろん屋外でも自然かつ美しい映像が楽しめます。

タブレットの処理能力を大きく左右するCPUには、最新の「A12X Bionicチップ」を搭載。高解像度のゲームや動画編集などもノンストレスで快適に動きます。たくさんのコンテンツが保存できる「1TBのストレージ」や、最大10時間駆動する「大容量バッテリー」なども魅力。

別売りのオプション「Smart Keyboard Folio」や「Apple Pencil」を使えば、タブレットとしてだけでなく、ノートパソコンやペンタブレットとして使えるのも嬉しいポイントです。

アップル(Apple) iPad

アップル(Apple) iPad

基本性能が充実したアップルのスタンダードモデルです。購入しやすいリーズナブルな価格ながら、色鮮やかな映像が楽しめる「Retinaディスプレイ」や、ワンタッチでロック解除ができる「Touch ID」、アプリやゲームがサクサク動く「A10 Fusion」を搭載。コストパフォーマンスを重視する方におすすめの1台です。

8MPのバックカメラに加えて、1.2MPのFaceTime HDフロントカメラを搭載しているので、写真や動画をきれいに楽しむことも可能。シルバー・ゴールド・スペースグレイの3色から選べる豊富なカラーバリエーションも魅力です。

アップル(Apple) iPad Air

アップル(Apple) iPad Air

アップルの人気シリーズ「iPad Air」の2019年モデル。重量約460g・厚さ6.1mmと軽量で薄く扱いやすいのが最大の特徴です。従来モデルに比べてパフォーマンスが70%高速化した「A12 Bionicチップ」を採用することで、マルチタスクや処理の重いアプリもサクサク快適に動きます。

ディスプレイには、True Toneテクノロジーを採用した「10.5型のRetinaディスプレイ」を搭載。画面を長時間見ても疲れにくくなっているので、アプリやゲームが思う存分楽しめます。Touch IDや7MPのFaceTime HDフロントカメラなど、便利な機能が充実しているのも魅力です。

アップル(Apple) iPad mini

アップル(Apple) iPad mini

携帯性に優れたアップルの人気タブレットです。7.9インチのコンパクトなモデルながら、True Tone・広色域に対応した「Retinaディスプレイ」、アプリやゲームがサクサク動く「A12 Bionicチップ」を搭載。1回の充電で最大10時間使える「大容量バッテリー」を採用しているので、外出先でもバッテリー残量を気にせず安心して使えます。

カメラは「7MP FaceTime HDカメラ」と「8MPバックカメラ」を搭載しており、ストレージ容量は256GB・64GBの2種類から選択が可能。最新の「iPadOS」に対応しているので、キーボードやマウスを繋げてノートパソコンのような使い方もできます。

Wi-Fiモデルのタブレットおすすめ端末|Windows

マイクロソフト(Microsoft) Surface Go

マイクロソフト(Microsoft) Surface Go

プライベートからビジネスユースまで幅広く使えるマイクロソフトの人気モデルです。CPUには第7世代「Intel PentiumGold 4415Y」、メモリには「8GB RAM」、ストレージには「128GB SSD」を搭載。アプリやゲームがノンストレスで楽しめる高いスペックを備えていながら、重さ約522g・薄さ8.3mmのコンパクトな軽量ボディを実現しているのも大きな特徴です。

機能面では、用途やシチュエーションに合わせて調節できる「キックスタンド」、カメラを見つめるだけでロック解除できる「Windows Hello」、高速データ転送が可能な「USB-C」に対応。別売りの「タイプカバー」を装着すれば、高性能なノートパソコンとしても使えます。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 7

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 7

メインPCとしても使えるマイクロソフトのハイエンドモデルです。A4サイズのバックにもすっぽり収まるモバイル性を実現していながら、CPUには高い処理能力を備えた「第10世代 Intel Core i3-1005G1」を搭載。高負荷のかかるゲームや、複数のソフトウェアを同時に動かすマルチタスクもノンストレスで快適に楽しめます。

高解像度の12.3インチの「Full HD タッチスクリーン」や、Dolby Audio Premium搭載の「1.6Wステレオ スピーカー」など、画質・音質に優れているのも大きなポイント。WordやExcelなどが入った「Office Home & Business 2019」が標準でインストールされているので、プライベートはもちろんビジネスユースでの使用にもおすすめです。

ジャンパー(Jumper) EZpad mini5

ジャンパー(Jumper) EZpad mini5

片手で持てるコンパクトなWindowsタブレット。重量360g・厚さ9.8mmと扱いやすいサイズなので、外出先や移動中でも気軽に取り出して使えます。コストパフォーマンスに優れていながら、CPUにはクアッドコアの「Intel Cherry Trail Z8350」、メモリには「2GB DDR3L」、ストレージには「32GB eMMC」を搭載。

そのほか、気軽にストレージ容量が増やせる「microSDスロット」や、テレビ・モニターに繋いで大画面で楽しめる「HDMI出力」にも対応。4500mAhの大容量バッテリーを採用することで、バッテリー残量を気にせず1日中使えるのもポイントです。