ひと口に「SIMフリータブレット」といっても、携帯性に優れたコンパクトなモノから、アプリやゲームがサクサク楽しめる高性能なモノまで、使う用途やシチュエーションごとにさまざまな種類の製品があります。バリエーションが豊富なため、自分に合った製品を見つけ出すのは大変です。

そこで今回は、人気のおすすめSIMフリータブレットを厳選してご紹介。選ぶ際の注意点やポイントなども分かりやすく解説します。この記事を参考に自分にあったSIMフリータブレットを見つけてみてください。

SIMフリータブレットとは?

タブレットは主に「SIMフリーモデル」と「Wi-Fiモデル」の2種類があります。そのうちSIMフリータブレットは、好きなSIMカードを挿してモバイル回線が使えるタブレットのこと。室内はもちろん外出先でも快適にインターネットが楽しめます。

また、大手キャリアのタブレットと違って端末にSIMロックがかかっていないので、格安SIMと合わせて使えば月々の通信料金を安く抑えることも可能です。

SIMフリータブレットの選び方

OSで選ぶ

セキュリティに優れた「iOS」

iOSは、アップルが開発・提供するオペレーティングシステム。直感的に操作できるシンプルなユーザーインターフェースを採用しているので、初めてタブレットを購入する方や、機械が苦手な方におすすめ。

ウイルス感染や情報流出の恐れも少ない、強固なセキュリティも魅力なので、大切なプライベートデータをしっかりと保護したい方にも最適です。

ただし、iOSを採用したタブレットはiPadのみとバリエーションが少ないため、タブレットの機能やデザインにこだわりたい方にはあまり向いていません。端末の価格が高いので、コストパフォーマンスを重視する方はほかのOSがおすすめです。

機種が豊富な「Android」

By: asus.com

Androidは、Googleが開発したモバイルオペレーティングシステムです。誰でも無償で使えるオープンソースソフトウェアなので、さまざまなメーカーがタブレットのOSに採用しています。

ほかのOSと比べて製品のバリエーションが充実しているので、タブレットの機能やデザインにこだわりたい方におすすめ。ホーム画面やキーボードなど、タブレットの設定を自由にカスタマイズできるのも魅力のひとつです。

ただし、AndroidはiOSに比べるとウイルス感染のリスクや操作の複雑さなどのデメリットがあるので、初めてタブレットを購入する方や、機械の操作が苦手な方にはあまり向いていません。

WinPCと同じ感覚で使える「Windows」

Windowsは、マイクロソフトが開発・提供するオペレーティングシステム。普段パソコンで使っているWindows用のソフトウェアがそのまま使えるため、タブレットとしてはもちろん、キーボードやマウスを繋げればノートパソコンとしても使えます。

ただし、ほかのOSと比べるとアプリやゲームの数が少ないので、さまざまなコンテンツを楽しみたい方には向いていません。特にエンタメ系のアプリが少ない傾向にあるので、プライベートで使う方は注意しましょう。WordやExcelなどオフィス系ソフトとの互換性には優れているので、ビジネス目的での使用がメインの方におすすめです。

画面サイズで選ぶ

携帯性重視なら7インチ

By: huawei.com

7インチはSIMフリータブレットのなかで最も小さい画面サイズです。文庫本とほとんど変わらないコンパクトサイズなので、手が小さくても片手でしっかりと持てます。

重量が軽く長時間持っていても手が疲れにくいため、室内はもちろん外出先で頻繁に使う方にもおすすめ。価格が安いのも魅力なのでコストパフォーマンスを重視する方にも最適です。

一方で、7インチは画面が小さく見にくいため、電子書籍を楽しみたい方、動画やゲームを迫力のある映像で楽しみたい方には向いていません。あくまでも機能性より携帯性を重視する方におすすめです。

電子書籍にピッタリの8インチ

8インチは機能性と携帯性のバランスに優れた画面サイズです。7インチよりも画面が大きく操作がしやすいため、アプリやゲームを快適に楽しみたい方におすすめ。小さな文字が見やすいのも魅力なので、ネットサーフィンや電子書籍を楽しみたい方にも最適です。

ただし、本体サイズが7インチよりもひと回り大きいので、人によっては取り回しが悪かったり片手で持ちにくいと感じたりすることがあります。また、価格が少し高いのもデメリットなので、コストパフォーマンスを重視する方や、手が小さい方は7インチを選ぶのがおすすめです。

動画視聴メインなら10インチ以上

10インチはSIMフリータブレットのなかでも大きめの画面サイズ。8インチよりも画面がさらに大きいため、動画やゲームを楽しみたい方におすすめです。キーボードやマウスを繋げればノートパソコンのように使えるので、1台あればプライベートからビジネスユースまで幅広く使えます。

ただし、画面サイズが10インチを超えると結構な大きさになるので、電車やバスなど外出先での使用にはあまり向いていません。重量が400〜600g前後と少し重いモデルも多いので、長時間手で持って使いたい方は注意が必要です。

防水性能をチェック

By: sony.jp

SIMフリータブレットを外出先へ持ち運んで使用していると、雨や飲み物で本体が濡れてしまい、故障の原因になることがあります。SIMフリータブレットが防塵・防水規格の「IPコード」に準拠していれば、IPコードの数値で防塵・防水性能が確認可能です。

IPコードは「IP68」のように表記されるのが特徴。左側の数値が防塵性能、右側の数値が防水性能を表し、防水性能においては、0~8の数値で等級が分かれています。飲み物や雨などからタブレットを守りたい方は「IPX6」以上を、海やお風呂場など水に浸かるシーンで使用したい方は最大等級の「IPX8」を備えたモノがおすすめです。

通話機能の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

通話機能を搭載したSIMフリータブレットであれば、契約した音声通話対応のSIMカードを本体に挿入することで音声通話の利用が可能。普段はタブレットがメインでスマホの通話機能はあまり利用しない場合でも、タブレット1台でスマホの通話機能もまかなえるためおすすめです。

また、070・080・090などスマホの契約プランと同じ電話番号が使えるのもポイント。IP電話では利用できない場合が多かった110・119など緊急通報用の3桁番号や、フリーダイヤル(0120)・ナビダイヤル(0570)などへも発信できるため、スマホの通話プランとほとんど同じように通話機能が利用できます。

SIMフリータブレットのおすすめモデル|7インチ

オールドキューブ(ALLDOCUBE) iPlay 7T

スムーズに操作を行えるSIMフリータブレットです。1.4GHzのクアッドコアCPUと、Mali-450 GPUを搭載しており、アプリの起動や動画の再生をサクサクと行えます。

またAndroid9.0を標準搭載。マルチタスク処理をはじめ、電子書籍の閲覧などを快適に行えます。ストレージは16GB、メモリは2GBと良好。カメラで撮影した写真やダウンロードした音楽などをたくさん保存できます。

4Gによる通話を行うことも可能。基本的な用途としてであれば十分に活用できる、おすすめのSIMフリータブレットです。

SIMフリータブレットのおすすめモデル|8インチ

アップル(Apple) iPad mini 第5世代 Wi-Fi + Cellular

7.9インチのRetinaディスプレイを採用したSIMフリータブレット。搭載する独自の「Tune Tone」は、周りの環境に合わせて光を調節する便利な機能です。

重量は300gほど、厚さは6.1mmと軽量かつコンパクトなのが特徴。バッグやリュックに入れて、気軽に外出先へ持ち運べます。バッテリーは最大で10時間連続して使えるので、長時間の使用に困りません。

さらに別売のApple Pencilを使えば、スケッチをしたりイラストを描いたりできるのがポイント。操作性の高さと洗練されたデザインがおすすめのSIMフリータブレットです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T3

美しい映像を楽しめるSIMフリータブレットです。解像度は1280×800のWXGAを採用し、映画やライブなどの映像を迫力満点で楽しめます。ブルーライトカットモードを搭載。夜に電子書籍を読んだり、友人とメールをしたりするときにも便利です。

OSはAndroidに対応。重量は約350gと軽量なので、小さなバッグへ入れて気軽に持ち運びできるのがポイント。4800mAhの大容量バッテリーにより、外出先でも快適に使えます。きれいな画像や映像を楽しみたい方におすすめのSIMフリータブレットです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 LITE 8

映像や音楽を気軽に楽しめるSIMフリータブレットです。サウンドを得意とするHarman Kardonによってチューニングが施され、より低音に強い音響を実現しています。さらに「HUAWEI Histen5.0オーディオテクノロジー」によって、ダイナミックなサウンドで楽しめるのが魅力です。

解像度は1920×1200と高く、狭いベゼルデザインを採用し迫力ある映像を実現。バッテリー容量は5100mAhと大きいので、外で気兼ねなくゲームやSNSを楽しめるのがメリットです。

小さい子供がいる方は「キッズモード」を設定してアクセス制限をかけられるのもポイント。映像やサウンドにこだわりたい方におすすめのSIMフリータブレットです。

SIMフリータブレットのおすすめモデル|10インチ以上

アップル(Apple) iPad Pro 第4世代 Wi-Fi + Cellular

12.9インチの大型サイズを採用したSIMフリータブレットです。きれいな画像を楽しめる「Liquid Retinaディスプレイ」を搭載しているのが特徴。画面の明るさを自動調節する「True Tone」機能や、画面の切り替えなどをスムーズに行える「ProMotion」機能を搭載しています。

また、スタジオ品質のマイクをはじめ、4つの高品質なスピーカーが、優れた音響体験を提供。さらに「LiDARスキャナ」機能を利用すれば、光の反射を利用して、対象物との距離を測定できます。

高性能なSIMフリータブレットを探している方におすすめの製品です。

アップル(Apple) iPad 第7世代 Wi-Fi+Cellular

あらゆる用途で活用できるSIMフリータブレット。マルチタスクを行えるのがポイントのモデルです。インターネットで調べものをしながら文章を作成したり、映画を見ながらメッセージを送ったりできて便利。

また、別売のSmart Keyboardを取り付ければ、本体をパソコンのようにして使用できます。さらに、Apple Pencilを使えば、アイディアをメモにしたり好きな絵を描いたりできるのがポイントです。

さらに、高性能なA10 Fusionチップを搭載。XboxワイヤレスコントローラやPlayStation DualShock 4コントローラなどとBluetoothで接続すれば、ゲームを本格的に楽しめます。

レノボ(Lenovo) Lenovo Yoga Smart Tab ZA530049JP

キックスタンドを搭載したSIMフリータブレットです。本体背面にあるキックスタンドを開くことで自立するため、動画を見るときはもちろん、レシピサイトを見ながら料理をするときなど、タブレットを持たなくてもよいのが便利。フック用の穴が空いているので吊り下げることも可能です。

広視野角の10.1型IPSディスプレイを採用。また、JBLのHi-Fiスピーカーを搭載しているため、本体だけでも臨場感のあるサウンドを楽しめます。屋内外でエンタメコンテンツを楽しみたい方におすすめのタブレットです。

レノボ(Lenovo) Tab P10 LTEモデル ZA450140JP

ホワイトのデザインが美しいSIMフリータブレットです。パネルにはIPSを採用。画面の視野角が広いので、家族や友人など複数人で映画やドラマを視聴できるのが魅力です。さらに、フロントには4つの高性能スピーカーを搭載。「Dolby Atmos」に対応し、臨場感あふれるサウンドで音楽を聴けます。

本体表面にはAFコーティングが施されているため、たくさん操作しても指紋が残りにくいのもポイント。ビジネス用としても家庭用としても使いやすいおすすめのSIMフリータブレットです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Go2 Windowsタブレット TFZ-00011

タブレットとノートPCに切り替えられる2in1タイプのWindowsタブレットです。10.5インチサイズの大型タッチスクリーンを搭載。CPUは第8世代のIntel Core m3プロセッサ、メモリは8GBと大容量のため、複数のアプリを立ち上げても軽快に操作できます。

バッテリーは、最大10時間のロングスタミナ仕様。また、「マイクロソフトOffice」を標準搭載しているので、ビジネスシーンでも使えます。ハイスペックなタブレットを探している方におすすめです。