一口にSIMフリータブレットと言っても、携帯性に優れたコンパクトなモノから、アプリやゲームがサクサク楽しめる高性能なモノまで、使う用途やシチュエーションごとにさまざまな種類の製品があります。バリエーションが豊富なため、自分に合った製品を見つけ出すのは大変です。

そこで今回は、人気のおすすめSIMフリータブレットを厳選して10点ご紹介。選ぶ際の注意点やポイントなども分かりやすく解説します。購入を検討している方は最後までチェックして、自分にあったSIMフリータブレットを見つけてみてください。

SIMフリータブレットとは?

SIMフリータブレットとは、好きなSIMカードを挿して使えるタブレットのこと。スマートフォンと同じキャリアの回線を利用することが可能なため、室内はもちろん外出先でも快適にインターネットが楽しめます。

また、大手キャリアのタブレットと違って端末にSIMロックがかかっていないので、格安SIMと合わせて使えば月々の通信料金を安く抑えることも可能です。

SIMフリータブレットの選び方

OSで選ぶ

OS(オペレーティングシステム)とは、タブレットを動かすための基本となるソフトウェアのこと。タブレットの特徴を大きく左右する重要なポイントなので、使う用途やシチュエーションに合ったOSをしっかりと選びましょう。

セキュリティに優れた「iOS」

iOSは、アップルが開発・提供するオペレーティングシステム。誰でも直感的に操作できるシンプルなユーザーインターフェースを採用しているので、初めてタブレットを購入する方や、機械が苦手な方におすすめ。

ウィルス感染や情報流出のおそれも少ない、強固なセキュリティも魅力なので、大切なプライベートデータをしっかりと保護したい方にも最適です。

ただし、iOSを採用したタブレットはiPadのみとバリエーションが少ないため、タブレットの機能やデザインにこだわりたい方にはあまり向いていません。端末の価格が高いので、コストパフォーマンスを重視する方は他のOSを選んだ方がよいでしょう。

機種が豊富な「Android」

By: asus.com

Androidは、Googleが開発したモバイルオペレーティングシステムです。誰でも無償で使えるオープンソースソフトウェアなので、さまざまなメーカーがタブレットのOSに採用しています。

他のOSと比べて製品のバリエーションが充実しているので、タブレットの機能やデザインにこだわりたい方におすすめ。ホーム画面やキーボードなど、タブレットの設定を自由にカスタマイズできるのも魅力の一つです。

ただし、AndroidはiOSよりも「ウイルス感染のリスクが高い」「操作性が複雑になりがち」などのデメリットがあるので、初めてタブレットを購入する方や、機械が苦手な方にはあまり向いていません。

WinPCと同じ感覚で使える「Windows」

Windowsは、マイクロソフトが開発・提供するオペレーティングシステム。普段パソコンで使っているWindows用のソフトウェアがそのまま使えるため、タブレットとしてはもちろん、キーボードやマウスを繋げればノートパソコンとしても使えます。

WordやExcelなどオフィス系ソフトとの互換性もあるので、ビジネスユースでの使用にもおすすめです。

ただし、他のOSと比べるとアプリやゲームの数が少ないので、さまざまなコンテンツを楽しみたい方には向いていません。特にエンタメ系のアプリが少ない傾向にあるので、プライベートで使う方は注意が必要です。

画面サイズで選ぶ

SIMフリータブレットと一口に言っても、コンパクトな7インチから、迫力のある映像が楽しめる10インチ超まで、さまざまな画面サイズがあります。操作性や見やすさなども大きく違ってくるので、SIMフリータブレットを選ぶ際には必ず用途に合った画面サイズを選びましょう。

携帯性重視なら7インチ

By: amazon.co.jp

7インチはSIMフリータブレットの中で最も小さな画面サイズです。文庫本とほとんど変わらないコンパクトサイズなので、手の小さな女性でも片手でしっかりと持つことができます。

重量が軽く長時間持っていても手が疲れにくいため、室内はもちろん外出先で頻繁に使う方にもおすすめ。価格が安いのも魅力なのでコストパフォーマンスを重視する方にも最適です。

一方で、7インチは画面が小さく見にくいため、電子書籍を楽しみたい方、動画やゲームを迫力のある映像で楽しみたい方には向いていません。あくまでも機能性より携帯性を重視する方におすすめです。

電子書籍にピッタリの8インチ

By: amazon.co.jp

8インチは機能性と携帯性のバランスに優れた画面サイズです。7インチよりも画面が大きく操作がしやすいため、アプリやゲームを快適に楽しみたい方におすすめ。小さな文字が見やすいのも魅力なので、ネットサーフィンや電子書籍を楽しみたい方にも最適です。

ただし、本体サイズが7インチよりもひと回り大きいので、人によっては「取り回しが悪い」「片手で持ちづらい」と感じることがあります。また、価格が少し高いのもデメリットなので、コストパフォーマンスを重視する方や、手の小さな方は7インチを選んだ方がよいでしょう。

動画視聴メインなら10インチ以上

10インチはSIMフリータブレットの中でも大きめの画面サイズ。8インチよりも画面がさらに大きいため、動画やゲームを楽しみたい方におすすめです。キーボードやマウスを繋げればノートパソコンのように使えるので、1台あればプライベートからビジネスユースまで幅広く使えます。

ただし、画面サイズが10インチを超えると結構な大きさになるので、電車やバスなど外出先での使用にはあまり向いていません。重量が400~600g前後少し重いモデルも多いので、長時間手で持って使いたい方は注意が必要です。

SIMフリータブレットのおすすめモデル|7インチ

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T1 7.0

機能性と携帯性のバランスが取れたコンパクトサイズのSIMフリータブレットです。

重さ278g・厚さ8.5mmの軽量ボディにも関わらず、処理能力の高いミドルレンジCPU「Spreadtrum SC9830」や、美しく透明感のある「IPSパネル」、最長2日間持つ「大容量バッテリー(4100mAh)」を採用。

また、高速かつ安定した通信が可能な「LTE Category4」に対応しているので、外出先でもストレスなく快適にインターネットが楽しめます。「メタルユニボディデザイン」を採用したスタイリッシュなデザインで、カラーは、ゴールド・シルバーの2色から選べます。

エイスース(ASUS) ZenPad 7.0 Z370KL

機能性とデザイン性に優れたSIMフリータブレット。色鮮やかな映像が楽しめる独自技術「VisualMaster」や、迫力のある5.1chサラウンドが楽しめる「DTS-HD Premium Sound」を搭載。タブレットの映像や音質にこだわりたい方におすすめです。

使いやすい「ZenUI」、プロクオリティの撮影が楽しめる「PixelMaster」、太陽の光の下でも画面が見やすい「ASUS Tru2Life テクノロジー」など、便利機能も充実。エントリーモデルの価格ながら、上品なデザインなので、おしゃれなタブレットが欲しい方にもおすすめです。

SIMフリータブレットのおすすめモデル|8インチ

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 SHT-AL09

ファーウェイのハイスペックSIMフリータブレットです。高性能なオクタコアCPU「Huawei Kirin 960」や、大容量の「4GB RAM」を採用することで、重いアプリやゲームもサクサク快適に楽しめます。オーディオはハイレゾに対応しているため、高音質サウンドが楽しめるのも特徴です。

他にも、約11時間の動画再生が可能な「スマート省電力アルゴリズム」、短い時間でフル充電ができる「急速充電」、指先一つでロックの解除ができる「高感度指紋認証センサー」を搭載。タブレットの機能性を重視する方にもおすすめです。

レノボ(Lenovo) Lenovo TAB4 8 ZA2D0085JP

このSIMフリータブレットには、複数のアカウントを登録できる「マルチユーザー機能」、Webサイトやアプリの利用を制限する「キッズモード」を搭載。1つのタブレットを家族でみんなでシェアして使うことができます。クアッドコアCPU「Qualcomm MSM8917」や、2GBのメインメモリを採用することで、アプリやゲームがストレスなく快適に楽しめるのもポイント。

鮮やかで広視野角の「IPSディスプレイ」、臨場感あふれるサウンドが楽しめる「ドルビーアトモス」を採用しているので、タブレットの画質や音質にこだわりたい方にもおすすめです。これだけ機能が充実しているにも関わらず、重さ320g・薄さ8.3mmと軽量コンパクトなので、どこへでも気軽に持ち運ぶことができます。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M3 Lite CPN-L09

価格と性能のバランスで選ぶなら本製品がおすすめ。アプリやゲームを楽しめる、コストパフォーマンスに優れたチップセット「Qualcomm MSM8940」や、大容量の「3GB RAM」を採用。ストレージ容量は32GBですが、容量を気軽に拡張できる「MicroSDカードスロット(最大128GB)」を搭載しているので、さまざまなコンテンツを楽しみたい方にもおすすめです。

ディスプレイの解像度は「2K(1920×1200)」、色鮮やかなIPSパネルを採用しているので、画質にこだわりたい方にもおすすめ。繊細なカーブを描いたボディデザインは持ちやすいだけでなく、見た目にも優れているので、男女問わずおすすめの一台です。価格は2万円台とコストパフォーマンスに優れているのも大きな特徴です。

CHUWI HI9

Android 8.0を採用したSIMフリータブレット。CPUには10コアを搭載した「Helio X20 MT6797」、メインメモリには大容量の「4GB RAM」を採用。数あるSIMフリータブレットの中でもスペックが高いので、プライベートからビジネスユースまで幅広く使えます。

2つのSIMを同時に運用できる「デュアルスタンバイ(DSDS)」や、1回の充電で最大14時間使える「大容量バッテリー」、きれいな写真・動画が撮影できる「バックカメラ(13MP)」など、オプションが充実しているのも魅力です。

全地球測位システム「GPS」に加えて、補助システム「A-GPS」やロシアの人工衛星「GLONASS」に対応。位置情報の精度が高いので、マップアプリをダウンロードすればカーナビとしても使えます。

SIMフリータブレットのおすすめモデル|10インチ以上

レノボ(Lenovo) YOGA Tab 3 10 ZA0J0034JP

レノボの多機能SIMフリータブレット。片手でしっかりと持てる「ホールドモード」、フックに引っかける「ハングモード」、スタンドを開いて自立する「スタンドモード」、ゲームやタイピングに最適な「チルトモード」など、4つのモードに対応。利用シーンに応じたスタイルが選べます。

CPUには「MSM8909」、メインメモリには「2GB RAM」を採用。最新モデルと比べると性能は劣りますが、動作の軽いアプリやゲームを楽しむ程度なら十分なスペックです。

1回の充電で最大18時間使える「ロングバッテリー」や、高精細な「IPSディスプレイ」を採用しているので、外出先での動画視聴にも向いています。

どんな角度からでも写真・動画の撮影が可能な「180度カメラ」、鉛筆やボールペンをそのままスタイラスペンとして利用できる「AnyPenテクノロジー」など、少し変わったユニークな機能も魅力です。

アップル(Apple) iPad MRM02J/A

このSIMフリータブレットには、アップルの高性能CPU「A10 Fusionチップ」を搭載。4Kビデオの編集や最新の3Dゲームも快適に楽しめます。複数のアプリケーションを同時に起動してもサクサク動くため、動画を見ながら調べものをしたり、通話をしながら資料をまとめたりと、多様な使い方ができます。

ロックの解除やネット決済を指先一つでできる「Touch ID」や、シンプルで直感的な「ユーザーインターフェイス」など、使いやすさにもこだわって作られているので、初めてタブレットを購入する方や、家電の操作が苦手な方にもおすすめです。

1080pのHDビデオが撮影できる「8MPフロントカメラ」を採用し、きれいな動画や写真が楽しめるのもポイント。Apple Pencil対応モデルなので、ペンタブレットやメモ帳としても使えます。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M3 Lite 10 53018776

ファーウェイの最新技術を詰め込んだSIMフリータブレットです。臨場感あふれるサウンドが楽しめる「クアッドスピーカー」や、音への没入感を高める「クアッドスマートPA」、独自のサラウンドシステム「SWS 3.0」を採用。他のタブレットとは一味違った深みのある音が楽しめます。

CPUにはオクタコアの「MSM8940」、メインメモリには大容量の「3GB RAM」を採用。処理の重いアプリやゲームもストレスフリーで快適に楽しめます。6660mAhの大容量バッテリーに加えて、オフィスアプリ「Microsoft Office Mobile」を搭載。プライベートからビジネスユースまで幅広く使える1台です。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro LTE Advanced GWM-00009

Windows 10 Proを搭載したSIMフリータブレットです。インテルの高性能CPU「Intel Core i5」や、大容量の「8GB RAM」を採用。最新の3Dゲームから、高解像度の写真・動画編集まで、さまざまなシチュエーションで使えます。ストレージには「256GB SSD」を採用しているので、アプリやゲームをたくさん楽しみたい方にもおすすめ。12.3インチの「PixelSenseディスプレイ」を採用することで、臨場感あふれる迫力ある映像が楽しめるのも大きなポイントです。

他にも、カメラに顔を映すだけでロックの解除ができる「顔認証」、1回の充電で約13時間使える「大容量バッテリー」、シーンに応じて165度まで調整できる「キックスタンド」など、オプションが充実しているのも特徴。別売りの「surface pen」や「Surface Dial」と併用すれば、本格的なペンタブレットとして使えるのも魅力です。

ヒューレットパッカード(HP) ENVY x2 12-g000TU

By: jp.ext.hp.com

プライベートからビジネスシーンまで幅広く使えるハイエンドモデルです。瞬時にディスプレイがONになる「コネクテッド・モダンスタンバイ」や、きれいな写真が撮影できる「約1300万画素のリアカメラ」、携帯性に優れた「軽量ボディ」を採用。スマートフォンのような感覚でいつでもどこでも気軽に使えます。

CPUには、第7世代インテルプロセッサー「Core i5-7Y54」、メインメモリには「8GB LPDDR3 SDRAM」を採用。高負荷が掛かるアプリやゲームもストレスなく快適に楽しめます。ノートパソコンのよううな感覚で使える「キーボードドック」や、イラスト作成で役立つ「Spectre アクティブペン」など、付属品が充実しているのも大きなポイント。ディスプレイには、衝撃や引っかき傷に強い「CORNING GORILLA GLASS」を採用しているので、タブレットの耐久性を重視する方にもおすすめです。

日本電気(NEC) LAVIE Hybrid ZERO PC-HZ330FAS

大画面でも携帯性を重視するなら本製品がおすすめ。11.6インチのディスプレイを搭載しているにも関わらず、本体はA4版よりも小さい「292×192.5mm」なので、カバンに入れて持ち歩いても邪魔になりません。

コンパクトながら、面耐圧150kgfの高耐久性を実現しているのも大きな特徴。大容量バッテリーを搭載した「モバイルパワーキーボード」がセットになっているので、外出先で長時間作業をしたい方にもおすすめです。

ディスプレイには、細かい文字までくっきり表示する「IGZO液晶」を採用しているため、WordやExcelなどを用いるビジネスユースでの使用にも最適。処理能力の高い「Intel Core m3-6Y30」や、読み込みが速い「128GB SSD」など、全体的なスペックが高いのも魅力です。