電子書籍を読むための専用端末「電子書籍リーダー」。スマホやタブレットと比較して、目に優しかったり、バッテリーが長持ちしたりなどのメリットがあります。しかし、各メーカーからさまざまな製品が展開されており、どれを選ぶべきか悩んでしまいがちです。

そこで、今回はおすすめの電子書籍リーダーをご紹介します。自分に合った製品の選び方についても解説しているため、ぜひ参考にしてみてください。

電子書籍リーダーとは?

By: amazon.co.jp

電子書籍リーダーとは、電子書籍を読むための専用端末です。インターネットに接続して、ストアから電子書籍を購入・閲覧できます。サイズも6インチから10インチ前後まで幅広くラインナップ。ただし、一般的にインターネットブラウザやアプリ、動画再生などは行えず、電子書籍を読むための機能しか搭載されていない点には留意しておきましょう。

電子書籍リーダーのメリット

By: amazon.co.jp

電子書籍リーダーのメリットは、目が疲れにくいことです。ほとんどの電子書籍リーダーは、ディスプレイに、目の疲れや睡眠障害の原因となるバックライトおよびブルーライトを発さない「電子ペーパー」を使用しています。

また、消費電力が少ないのもメリットのひとつ。電子ペーパーは、画面が切り替わるときだけ、電力が消費されます。読書時は、本のページをめくるときしか電力を消費しないため、省電力で長く使用できます。

1台で数千冊の書籍を持ち歩けたり、スマホやタブレットと比較してリーズナブルでコスパが良かったりするのもポイント。通勤・通学や出張などの外出先で本を快適に読みたい場合におすすめです。

電子書籍リーダーの選び方

利用する電子書籍ストアやサイトに対応しているモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

電子書籍リーダーは、製品によって対応する電子書籍ストアやサイトが異なります。なかには、特定の電子書籍ストアやサイトしか使用できない製品も存在。例えば、Amazonが展開する「Kindle」端末や楽天が展開する「Kobo」端末は、それぞれKindleおよび楽天Koboのストアのみに対応しています。

自分が読みたい書籍を取り揃えている電子書籍ストアやサイトに対応する製品を選んでみてください。

本体容量やSDカードの対応有無をチェック

By: amazon.co.jp

電子書籍リーダーは、さまざまな本体容量の製品が展開されています。自分が読みたい書籍のジャンルや保存したい本数などから、適切な容量の製品を選ぶことが大切です。一般的に、漫画や雑誌、写真集などのイラストや画像が含まれた書籍は容量が多くかかります。

例えば、8GBの電子書籍リーダーは、漫画なら80冊、雑誌や写真集なら24冊、小説なら400冊程度保存可能です。主に小説を閲覧する場合は、8GBでも十分ですが、漫画や雑誌、写真集を閲覧する場合は32GB以上の製品を選ぶことを推奨します。

また、電子書籍リーダーのなかには、SDカードに対応している製品も。SDカード対応のモデルは、容量が足りなくなったとしても後から追加することができます。読みたいジャンルや保存したい本数が定まっていない場合は、SDカードに対応している製品がおすすめです。

画面サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

電子書籍リーダーを選ぶ際には、画面サイズの確認も大切です。6インチから10インチを超える製品まで、さまざまなモデルが展開されています。

外出先に持ち運んで読書を楽しみたい場合は、6〜7インチのサイズが小さい製品がおすすめ。一方で、文字を大きくしたり、漫画や雑誌などを見たりしたい場合は、8インチ以上の製品が適しています。自分の使用環境や使用用途から適切な画面サイズを選んでみてください。

解像度で選ぶ

By: amazon.co.jp

電子書籍リーダーは、それぞれのモデルで解像度が異なります。解像度とは、画像の密度を表す規格のことです。dpiと呼ばれる単位を用いて表されます。解像度が高いほど綺麗で鮮明な画像を表示可能です。

主に漫画や雑誌などのイラストや画像が多い書籍を閲覧する場合は、300dpi以上の解像度を有する製品がおすすめ。小説やライトノベルなどの文字がメインの書籍を閲覧するなら、解像度の低いモデルでも快適に読書を行えます。

ただし、電子書籍リーダーはモノクロ表示が主流。雑誌や写真集などをフルカラーで閲覧したい場合は、対応する電子書籍リーダーもしくはタブレットを選ぶようにしましょう。

機能で選ぶ

防水機能

By: amazon.co.jp

電子書籍リーダーには、防水機能が搭載されている製品も。防水性能は「IPコード」と呼ばれる規格によって0~8までの9つの階級で定められています。例えば「IPX8」を搭載する製品なら、継続して水没しても内部に浸水しないほどの防水性能です。

水が近くにある環境下で使用する場合は、防水機能が搭載されている製品を推奨。万が一、水に触れたり、浸かったりしてしまった場合でも故障するリスクを軽減できます。お風呂やプールで読書を楽しみたいならIPX7以上、キッチンでレシピを見ながら料理をしたいならIPX6以上の製品がおすすめです。

PDFファイルの閲覧機能

By: amazon.co.jp

電子書籍リーダーを使用する場合は、PDFファイルの閲覧機能の有無も大切です。会議やプレゼンなどに使用するPDF形式の資料を電子書籍リーダーに取り込んでおけば、電車やタクシーなどの移動中に見直しできたり、端末によっては簡単なメモを残したりできます。

また、書籍を自分で電子化した「自炊作品」を取り込めるのもポイント。手元にある漫画や小説などの素材が紙の書籍をPDFファイルに変換して、電子書籍リーダーで閲覧したい場合にも適しています。

インターネット検索をするなら「検索機能」があるかもチェック

By: amazon.co.jp

電子書籍リーダーは、読書以外の機能を有していない製品が多いのが特徴的です。しかし、なかには、インターネット検索を行える「検索機能」を有しているモデルも存在します。ウィキペディアや辞書の機能を持ったモデルなら意味が分からない言葉が出てきた場合に調べながら閲覧できて便利。主に小説や論文などを読む場合におすすめの機能です。

電子書籍リーダーのおすすめ|Kindle・Kobo専用

アマゾン(Amazon) Kindle

ち運びに便利な容量8GBの電子書籍リーダーです。画面サイズはコンパクトな6インチで、重量は174g。普段の荷物に加えて持ち運んでも負担になりにくい設計です。PDFの閲覧にも対応しており、外出先で会議やプレゼンの資料確認を行えます。

また、バッテリー性能が高いのが特徴。4時間でフル充電でき、一度充電すれば数週間使用できます。通学・通勤などで外出先に持ち運ぶたびに充電を行う必要がありません。

機能性に優れているのもポイント。重要な部分に蛍光ペンで線を引ける「ハイライト」機能や分からない言葉を調べられる「辞書・ウィキペディア」機能および「翻訳」機能を搭載しています。

ただし、解像度が167dpiと、漫画や雑誌などの閲覧には物足りなさを感じる場面も。最初の1台や持ち運びに優れた製品を探している場合におすすめです。

アマゾン(Amazon) Kindle Paperwhite

価格と性能のバランスがよい電子書籍リーダーです。画面サイズは6.8インチで、容量は8GB。300dpiの高い解像度を有しており、漫画や雑誌などのイラストや画像が多い書籍でも快適に閲覧可能です。

また、IPX8に対応。防水性に優れています。同社が行った調査では、水深2メートルまでの真水で最大60分、水深0.25メートルまでの海水で最大3分まで耐えられたと謳われています。万が一、お風呂やキッチン周りで水に触れてしまったとしても故障しにくい設計です。

さらに、色調調節ライトも搭載。自分好みの明るさに調節できるため、ストレスを感じにくく、読書に集中できます。読書を快適に行える機能性を有している製品を探している場合におすすめです。

アマゾン(Amazon) Kindle Paperwhite シグニチャーエディション

高い利便性を兼ね備えている電子書籍リーダーです、画面サイズは6.8インチで、容量は32GB。一般的な書籍なら、数千冊を保存して持ち運べる容量を有しています。解像度も300dpiと優れているため、漫画や雑誌を保存したい場合にもおすすめです。

また、ワイヤレス充電に対応しています。別途で展開されているワイヤレス充電器を使用すれば、わざわざUSB type-Cに接続しなくても、立てかけるだけで充電可能です。充電が必要ない場面でもスタンドとして使用できるため、手で端末を持たずに読書を楽しめます。

明るさ自動調節機能を搭載しているのもポイント。周囲の状況から、適切な明るさを自動で判断して表示します。IPX8の優れた防水性で、お風呂やキッチン周りでの使用も安心。主に漫画や雑誌を読んだり、ケーブルで充電するのが面倒だったりする場合におすすめです。

楽天(Rakuten) Kobo Clara HD

コンパクトで高い解像度を有している、容量8GBの電子書籍リーダーです。画面サイズは6インチで、重量は166g。解像度は300dpiと高く、ふりがなのような小さな文字はもちろん、漫画や雑誌などのイラストや画像が多い書籍でも快適に閲覧できます。

また、独自のフロントライト技術「ComfortLight PRO」を搭載。明るい屋外での使用から就寝前の暗い室内での使用まで、常に読書に適した明るさで書籍を閲覧できます。

PDFの閲覧にも対応しているため、外出先で会議やプレゼンの資料を確認したい場合にも使用可能。持ち運びやすく、解像度に優れた製品を探している場合におすすめです。

楽天(Rakuten) Kobo Libra 2

大容量・高解像度に加えて、高い機能性を兼ね備えている電子書籍リーダーです。画面サイズは7インチで、容量は32GB。小説なら約28,000冊分、漫画なら約700冊を保存できます。解像度は300dpiに対応しており、小説だけでなく、漫画や雑誌も快適に閲覧可能です。

タップ・スワイプ機能だけでなく、ページめくりボタンも搭載。また、ディスプレイの向きに合わせて画面が自動的に切り替わるのもポイント。布団に横になって使用したり、通勤ラッシュの狭い場所で使用したりする場面でも快適に読書を楽しめます。

ほかにも、IPX8の優れた防水性や読書に適した明るさに調節できるフロントライト技術「ComfortLight PRO」などを搭載。Koboシリーズのコスパに優れたモデルを探している場合におすすめです。

楽天(Rakuten) Kobo Elipsa

大きな画面サイズと高い機能性が特徴の電子書籍リーダーです。画面サイズは10.3インチで、容量は32GB。電子書籍リーダーのなかでも大型のモデルで、漫画を見開きにしても快適に閲覧できます。

また、ノート機能を搭載。書籍で気になったページにメモを入れたり、会議や授業のノートを取ったりなど、普段使いからビジネスシーンまで幅広く活用できます。

さらに、本製品専用のスタイラスペンとカバーが付属。スタイラスペンは、マーカーボタンと消去ボタンの2つを搭載しており、書いたり消したりと利便性に優れているのが特徴です。専用カバーによって、本製品を自立させられるため、手で持たずにテーブルに置いて読書を楽しめます。

電子書籍リーダーのおすすめ|汎用モデル

SKTSELECT BOOX NovaAir Color

カラー表示に対応している電子書籍リーダーです。画面サイズは7.8インチで、容量は32GB。漫画や雑誌をカラーで閲覧できます。ただし、モノクロ表示時の解像度は300dpiと高いものの、カラー表示時の解像度は100dpiまで下がってしまうのがデメリットです。

また、比較的新しい規格のカラー電子ペーパー「KaleidoPlus On-Cell ePaper」を採用。前モデルより、色のコントラストおよび彩度が大幅に改善されています。綺麗な色合いでカラー表示の書籍を閲覧することが可能です。

さらに、PDFやPPTに対応。会議やプレゼンで使用する資料を確認したり、付属のペンを使用して赤や青などの色付きでメモを付けたりできます。

SKTSELECT BOOX Note Air

大画面ながら厚さが5.8mmと薄いのが特徴の電子書籍リーダーです。画面サイズは10.3インチで、容量は32GB。画面が大きくても、端末を片手で掴みやすい設計です。左右非対称のエルゴノミクスデザインを採用しています。

また、重力センサーが内蔵されています。漫画や新書を見開きで閲覧する場合に便利。ただし、解像度が227dpiと低いため、300dpiで表示できる製品と比較すると見劣りするのがデメリットです。

Bluetooth対応キーボードと接続すれば、テキストエディタやGoogleドキュメントを使用できます。ほかにも、OSにAndroid10を搭載していたり、タッチペンが付属していたりなど、機能性および利便性が高いのも特徴です。

SKTSELECT BOOX Leaf

コンパクトかつ軽量な電子書籍リーダーです。画面サイズは7インチで、容量は32GB。厚さはわずか5.9mmと薄く、重量も170gと持ち運びしやすい設計です。2000mAhの大容量バッテリーを内蔵しているため、外出先でも長時間使用できます。

また、機能性に優れているのも特徴のひとつ。本体の傾きに合わせて画面を回転させたり、辞書機能で言葉を調べたりできます。フロントライトの調節も行えるため、屋内・屋外問わず、快適な読書を行うことが可能です。

さらに、別売りのマグネティックケースを組み合わせると、KindleやKobo、Honto、DMMなどの電子書籍ストアで物理ボタンによるページ操作を行えます。ただし、音声ボタンによるページめくり機能を有している電子書籍アプリのみに対応。外出先に持ち運びたい場合におすすめです。

Boyue Likebook P78 Pro

大容量ながらSDカードにも対応している電子書籍リーダーです。画面サイズは7.8インチで、容量は32GB。300dpiと解像度も高いのが特徴です。最大256GBまでのSDカードを使用可能で、空き容量をほとんど気にせずに書籍を保存できます。漫画や雑誌、写真集などの容量が大きな書籍を保存する場合でも安心です。

また、OSにAndroid11を搭載しています。Google Playを使用してアプリをインストールできるため、Kindleはもちろん、さまざまな電子書籍ストアから本を購入可能です。

2色のフロントライトを内蔵しているのもポイント。明るい屋外や就寝前の室内でも適切な明るさを維持しながら読書を楽しめます。SDカードに対応しており、容量を気にせず、書籍を保存できる製品を探している場合におすすめです。

番外編:電子書籍リーダーとしてもおすすめのタブレット

アマゾン(Amazon) Fire HD 7

コスパに優れ、持ち運びしやすいタブレットです。画面サイズは7インチで、容量は16GB。SDカードに対応しており、最大1TBまで容量を拡張できます。カラー表示に対応しているものの、解像度が171dpiと低いため、漫画や雑誌などを閲覧するには不向きです。

また、バッテリー性能が優れています。約4時間でフル充電を行え、一度充電すれば最大10時間使用可能です。定期的に充電しておけば、通勤・通学中などの外出先で使用する場合にバッテリー切れを起こす心配を軽減できます。

Amazonアプリストアからアプリをインストールできるのもポイント。Kindleはもちろん、dマガジンやHulu、Amazonプライムなど、さまざまなエンタメを楽しめます。PDFの閲覧アプリをインストールすれば、PDFファイルを閲覧することも可能です。

アップル(Apple) iPad mini

大容量・高解像度に加えて、機能性に優れたタブレットです。画面サイズは8.3インチで、容量は64GB。解像度も326dpiと高い設計です。ライトノベルはもちろん、カラー表示にも対応しているため、漫画や雑誌などの書籍の保存にも適しています。

また、タブレットの心臓ともいえるSoCに、比較的新しい「A15 Bionicチップ」を採用。ゲームプレイからクリエイティブな作業まで、快適な動作を行えます。バッテリーの性能も高く、フル充電すれば1日中使用可能です。

さらに、bluetoothキーボードに対応しています。書籍の閲覧から動画視聴、ビジネスシーンでの使用など、さまざまな用途に用いることが可能。幅広く活躍できるタブレットを探している場合におすすめです。

オーキテル(OUKITEL) RT1タブレット

防水性および処理速度に優れたタブレットです。画面サイズは10.1インチで、容量は64GB。IP68の防塵・防水性を有しており、1.5mの水中で30分間、最大1.5メートルの落下に対応できると謳われています。

また、解像度は224dpi。300dpi以上の解像度に対応する製品と比較すると、画質に劣ってしまうものの、カラーで漫画や雑誌を閲覧できます。

OSにAndroid11を搭載しているのもポイント。全バージョンのAndroid10よりも20%速くアプリを起動できます。お風呂やキッチンなど、水に触れる可能性がある場所で使用する場合におすすめです。

電子書籍リーダーの売れ筋ランキングをチェック

電子書籍リーダーのランキングをチェックしたい方はこちら。