キーボードを取り外したり、360°回転させたりしてタブレットとしても使える「2in1 PC」。持ち運びも便利なので、外出先で使用する機会が多い方におすすめです。

そこで今回は、2in1 PCの選び方とおすすめモデルをご紹介。通常のノートPCより汎用性が高く、タブレットよりも実用性に富んだアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

2in1 PCとは?

By: microsoft.com

2in1 PCとは、ノートPCとタブレット2つのモードを切り替えられるタイプのPCのこと。長い文章を書くときなどキーボードを使うシーンではノートPC、動画を視聴するときやアプリでゲームをプレイするときなど持ち運んで使用するシーンではタブレットとして使い分けられます。

基本的にほかのノートPCより軽量設計のモデルが多く、液晶本体とキーボードを合わせても1kg前後のモデルがほとんど。手軽に持ち運べるほか、利便性も優れているので、さまざまなシーンで使えるPCを探している方にピッタリです。

2in1 PCのメリット

By: microsoft.com

通常のノートPCに比べて2in1 PCは、目的によって使い分けられる便利さが大きなメリット。ノートPCとタブレットのよい点を兼ね備えているため、ビジネス・プライベート問わずさまざまなシーンに対応できます。

通常のノートPCとタブレットではそれぞれできない作業があるため、従来であれば2つのデバイスを持ち運ぶ必要がありました。2in1 PCであれば持ち運ぶ際も1台ですむため、荷物を減らせるという利点もあります。

2in1 PCの種類

コンバーチブル型

By: hp.com

「コンバーチブル型」は液晶部分とキーボードが分離しない2in1 PCです。ヒンジ部分が360°回転するので、一般的なノートPCのような見開きの形はもちろん、キーボードを折り返すことでタブレットとしても活用できます。

キーボード部分を支えにする「スタンドモード」が利用できる端末であれば、動画視聴も快適。また、狭い場所にも設置できるハの字状の「テントモード」を使用すれば、タッチ操作の際も揺れにくく便利です。なお、タブレットとして使う際にはキーボードの分だけ重くなってしまうというデメリットがあるので、留意しておきましょう。

セパレート型

By: microsoft.com

セパレート型は液晶部分とキーボード部分が分離するため、タブレットとして使用しやすいタイプです。なかには、液晶部分の背面にスタンドを搭載し、キーボードを装着しなくても自立できるモデルもラインナップされています。

デメリットは、キーボードとディスプレイが分離する関係で、PCの頭脳部分である「CPU」を冷却ファンで冷やせない点です。そのため、コンバーチブル型に比べやや性能が劣る場合があるので注意しましょう。

2in1 PCの選び方

サイズと重量をチェック

By: microsoft.com

2in1 PCを購入する際には、用途に応じて画面サイズと重量をチェックしましょう。外出先にも頻繁に持ち出すのであれば、10~11インチがおすすめです。本体サイズが小さく携行性に優れているほか、画面の大きさもあるので動画視聴やブラウジング用のタブレットとしても活用できます。

一方、主にノートパソコンとして使用し、広いスペースでキーボード入力を行いたい方は12~13インチが便利です。画面が大きくなることで写真や資料が見やすく、快適に作業を行えます。

また、コンバーチブル型はディスプレイとキーボードを切り離せないため、持ち歩きやすさを重視するのであれば1.5kg以下のモデルがおすすめです。

スペックをチェック

CPU

CPUはPCの頭脳部ともいえる重要な部品で、各種ソフトウェアを動かす役割を担っています。CPUの性能が高くなるほどPCの処理速度が速くなりスムーズに動くので、作業が効率的に進められるのがポイントです。

CPUはGHzで表記されるクロック周波数の数値が高いモノほど高性能ですが、コア数やスレッド数なども重要。これらの数が多くなるほどCPUで行う処理を分散できるので、マルチタスクも快適です。

また、CPUは例えばIntelのモノであれば「Core i5」や「Core i7」のような記載があり、基本的には数字の高い方が処理速度に優れています。頻繁に写真編集を行う場合はCore i5以上、本格的な動画編集を行う場合はCore i7がおすすめです。

メモリ

By: hp.com

メモリはPCにおける作業領域の広さを決める部品で、PCで処理中の素材やデータを一時的に取り置く場所として使われています。数値が高くなるほど大容量になり、動画など容量の大きな素材を扱う場合や、異なる作業を同時に進めるマルチタスクを行う場合でも快速に作業可能です。

また、写真や動画編集などのクリエイティブ作業に使う場合は、16GB以上の大容量メモリや独立型のGPUを搭載した機種がおすすめ。2in1 PCは基本的に後からメモリの増設ができないので、用途に合わせたメモリ容量を最初から選びましょう。

ストレージ

By: asus.com

2in1 PCのデータ保存を担うストレージには、スピードが早く消費電力の少ない「SSD」が多く採用されています。

快適な作業環境を実現するためには、最低でも128GBはほしいところ。写真や楽曲を多めに保存したい場合は256GB以上、動画編集などをする方は512GB以上の大容量ストレージを選びましょう。

付属品をチェック

Microsoft Office

2in1 PCをビジネスや学業に使いたい場合は、Microsoftの「Office Home & Business 2019」がプリインストールされた機種がおすすめ。購入後すぐにWord・Excel・PowerPointが使えるので、レポートや資料の作成などに重宝します。

Office 2019は永久ライセンスのため、一度購入したら以降は追加料金を払うことなく永続的にOfficeが使えるのもポイント。OfficeプリインストールモデルはOffice非搭載モデルと比べてやや割高ですが、後でOfficeを別途購入したり、毎月の利用料金が必要な「Office 365」を契約したりするよりもお得に運用できるのが魅力です。

スタイラスペン(タッチペン)

By: microsoft.com

2in1 PCをノートやスケッチブックのように使いたい場合はスタイラスペンに対応した機種がおすすめ。周辺アクセサリーとして別売されていることが多いですが、タッチパネル上に文字やイラストを描けるのが魅力です。

筆圧検知に対応したスタイラスペンであれば書く力に応じて線の太さやタッチを変えられるので、プロユースのイラストや漫画の制作にも対応可能。また、「Adobe Photoshop」でレタッチの適用範囲を決めるマスクの作成などもスムーズにできます。

2in1 PCのおすすめメーカー

マイクロソフト(Microsoft)

By: microsoft.com

マイクロソフトはWindows PCの総本山とも呼べるPCメーカーです。Windows OSとOfficeの開発元でもあり、ハードとソフトの両方を自社で生産していることが最大の強み。価格帯は全体的にやや高めですが、品質は折り紙付きなのでOSの機能を最大限に引き出せる高性能なPCを探している方におすすめです。

2in1 PCとしては、タブレットにキーボードカバーを組み合わせた「Surface Go」および「Surface Pro」と、クリエイター向けに開発されたセパレート型の「Surface Book」の3機種をラインナップ。周辺アクセサリに筆圧と傾きの検知に対応する高性能なスタイラス「Surfaceペン」が用意されているのも魅力です。

エイスース(ASUS)

By: asus.com

エイスースはPC以外にスマホなども製造している台湾のメーカーです。エイスースのPCはコストパフォーマンスの高さが最大の魅力。10万円未満の予算で使い勝手のよい機種が入手できます。

2in1 PCとしては2種類のシリーズをラインナップ。どちらもライトユーザー向けのシリーズですが、ウェブブラウジングや書類の作成、簡単な写真編集が主な用途の方におすすめです。

ヒューレット・パッカード(HP)

By: hp.com

HPは世界トップクラスのPCメーカーです。洗練された優美なデザインと手頃な価格が特徴。また、エントリーモデルの「HP」からハイエンドモデルの「Spectre」まで4種類のグレードがあり、豊富な選択肢のなかから自分の目的や予算に合った機種を選べるのも魅力です。

2in1 PCとしては、4つすべてのグレードでコンバーチブル型の機種をラインナップ。上位の機種になると上質で堅牢なアルミニウムを素材に採用したPCがあるので、質感にこだわりたい方におすすめです。

2in1 PCのおすすめモデル|コンバーチブル型

ヒューレット・パッカード(HP) ENVY x360 15 6RD23PA-ADKO

プライベートからビジネスまで幅広い用途で活用できる2in1 PC。本体は高級感あるアルミニウムを使用しており、置いておくだけで映える美しいデザインを実現しています。快適な操作性を実現するAMDのプラットフォーム「Picasso」を搭載。マルチコアによる強力な並列処理により、ストレスなく作業ができます。

また、瞬時にログインできる指紋認証「Windows Hello」に対応。パスワードよりも安全かつ手間がかからないのもうれしいポイントです。ストレージには512GB SSDを採用しています。

ヒューレット・パッカード(HP) ENVY x360 13 Wood Edition 8VZ55PA-AAAB

インテリアに馴染むおしゃれな2in1 PC。パームレストに100%天然のウォールナットを使用し、つなぎ目のない設計でタッチパッドの精度と感度の高さを両立しているのが特徴です。AMDのRyzenプロセッサによりマルチコア環境で優れた性能を発揮。同時に複数の作業をこなせるので、クリエイターにもおすすめです。

コンバーチブル型を採用し、360°回転するタッチディスプレイを搭載。タッチペンを使った作業もこなせます。1日中使い続けられる最大14時間の大容量バッテリーを内蔵。屋外で作業をする機会が多い方にもおすすめです。

ヒューレット・パッカード(HP) HP Elite Dragonfly 7WK10AV-AKJQ

最大24.5時間の連続使用が可能な大容量バッテリーを内蔵した2in1 PC。重量約999gと軽量ながら長時間使用できるので、持ち運んで使用する機会が多い方におすすめです。

削り出しのマグネシウムボディにより上質さを実現。独自テストに加えてMIL規格試験もクリアしており、振動や落下の衝撃はもちろん、温度変化によるダメージにも最小限に抑えます。

HPマルチファクターにより、PCへの不正アクセス対策も充実。指紋認証や顔認証、Bluetooth機器を含む最大3つの要素で認証ができます。Officeの有無やストレージ容量などを細かく選べるのもポイント。用途や予算に合わせて選びたい方におすすめです。

ヒューレット・パッカード(HP) Spectre x360 13 1A938PA-AAAB

By: hp.com

高速通信が可能なハイスペックな2in1 PC。有機ELディスプレイを採用しており、高画質かつ高精細な映像表現が可能です。本体はアルミニウムボディを採用。高い耐久性を備えながら高級感あるデザインを実現しています。最大22時間連続使用できる大容量バッテリーを内蔵しているのも魅力のひとつ。屋外へ持ち運ぶ機会が多い方にもおすすめです。

Wi-Fi6に対応し、高速通信が可能。4K動画など大容量データのダウンロードもストレスフリーで行えます。なかには4G LTE通信に対応したモデルも存在。場所を選ばずWi-Fiがない環境でも高速通信が可能なので、屋外で通信環境を気にする必要もありません。

デル(Dell) Inspiron 11 3195 20Q31

スマートフォンとシームレスに接続できる多機能な2in1 PCです。まるで手のひらにスマートフォンを持っているかのようにPC上で簡単に操作できる「Dell モバイルコネクト」を搭載。通話やショートメッセージ、アプリ操作などさまざまな作業をPCで行えます。

ディスプレイサイズは11インチとコンパクト設計。バッグにもすっきり収まるので、持ち運ぶ機会が多い方でも安心です。コンバーチブル型のためディスプレイが360°回転し、4つのモードでさまざまな作業にも対応。HDMI端子やmicroSDカードスロットなど豊富な接続端子も搭載しているので、効率的な作業が可能です。

BMAX 2in1ノートPC Y13

タブレットとしても活用できる13.3インチのディスプレイを搭載した2in1 PC。最大10時間の連続使用が可能な大容量バッテリーを内蔵しているのが特徴です。ディスプレイには高視野角・高輝度を実現したIPS液晶パネルを採用。低反射IPS LCDディスプレイを備えており、屋外でも映像や文字が見やすい点もメリットです。

クアッドコアCPU「第8世代Intel Gemini Lakeプロセッサ N4100」を搭載。高速かつ大容量のSSDストレージを内蔵し、さまざまなコンテンツをしっかり保存できます。コンバーチブル型のため、360°の折りたたみや回転が可能。利便性に優れたモデルを探している方におすすめです。

2in1 PCのおすすめモデル|セパレート型

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro X MJX-00011

薄型・軽量設計ながら多機能なセパレート型の2in1 PC。洗練されたデザインと優れた機動性が魅力です。本体の薄さは7.3mmでバッグにもすっきり収納可能。最大13時間連続使用できる大容量バッテリーを内蔵しているので、長時間屋外で作業したい方にもおすすめです。

QualcommのモバイルDNAを利用したカスタムプロセッサにより、超薄型フォームファクターでPCクラスのパワーとパフォーマンスを実現。移動中でも生産性の高い作業ができます。豊富なアクセサリもラインナップしており、さまざまなシーンに対応できるのも魅力のひとつ。

4G LTE通信にも対応しているので、通信環境を気にせず使えるのもうれしいポイントです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 7 VDV-00014

超軽量かつ多機能なスペックを備えた汎用性の高い2in1 PC。ディスプレイサイズは12.3インチとコンパクト設計で、スマートに使用できるのが特徴です。本体重量はわずか約776gと軽量設計。超薄型のため、持ち運んで使用する機会が多い方にもおすすめです。

第10世代のIntel Core-i5プロセッサを採用し、高速なマルチタスク処理できます。最大10.5時間持続する大容量バッテリーも内蔵しているので、屋外で1日中作業する方にもぴったり。デスクトップPCと変わらないほどのハイスペックな拡張性を実現するおすすめのモデルです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Go 2 STV-00012

コンパクトながら時間や場所に縛られず、好きな場所で作業できるセパレート型の2in1 PCです。ディスプレイサイズは10.5インチでPCやタブレットとしても使いやすいのが特徴。別売のSurfaceペンとも互換性があり、デザインやイラストなどクリエイティブな作業にも対応できます。

最大10時間使用できる大容量のバッテリーを内蔵しているのもうれしいポイント。CPUはIntelのPentium Goldを搭載しておりマルチタスク処理も高速なので、複数の作業をこなすビジネスシーンでも活躍します。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Book 3 SKW-00018

1台でタフな作業もこなせる高性能なセパレート型の2in1 PC。クアッドコア第10世代のIntel Core-i7プロセッサに対応しており、ヘビーな作業もスムーズにこなせます。1日中作業ができる最大15.5時間のバッテリーを内蔵しているのも魅力のひとつ。数日間でも対応できるスタンバイ機能も備えており、タスクへの復帰もスピーディです。

強化された遠距離用「デュアルスタジオマイク」を搭載しているのもポイント。テレビ通話やオンライン会議などもはっきりと聞きやすいため、在宅ワークにもおすすめです。

別売のさまざまなアクセサリに対応しており、拡張性の高さも大きな利点。自分の利用シーンに合わせてカスタマイズできる2in1 PCを探している方は、ぜひ検討してみてください。

エイスース(ASUS) TransBook Mini T103

約620gの軽量設計を実現したセパレート型の2in1 PC。優れた機能性と自由な使い勝手を実現し、1台でさまざまな作業に対応できるのが特徴です。10.1インチの液晶ディスプレイを採用しており、明るく美しい映像表現が可能。視野角170°の広視野角にも対応しているため、どの方向からでも本来の鮮明な映像を楽しめます。

クアッドコアのCPUと4GBのLPDDR3メモリを搭載しているのも魅力のひとつ。クアッドコアのマルチタスク性能により、さまざまなアプリケーションを快適に動作可能で、作業をスピーディにこなせます。

デュアルバンドおよびIEEE802.11ac規格に対応する無線LAN機能を備えているのもポイント。ほかの電波干渉を受けにくく、安定した高速なネットワーク接続が可能なので、屋外で作業する機会が多い方にもおすすめです。

レノボ(Lenovo) IdeaPad D330 81H300JRJP

軽量ながらパワフルな性能を備えたセパレート型の2in1 PC。マルチタスクからビデオチャット、ストリーミングまでさまざまなシーンで使いやすいのが特徴です。鮮やかなマルチタッチ対応の10.1インチHD IPS液晶を採用しているのも魅力のひとつ。美しい映像表現が可能なため、動画視聴などプライベートでも快適に使えます。

最大約14.3時間使用できる長時間バッテリーを内蔵しているのもポイント。バッテリー残量を気にせず使えるので、屋外で使用する機会が多い方にもおすすめです。デバイスの充電や最大10Gbpsのデータ転送が可能なUSB 3.1 Type-C、microSDメディアカードリーダーなど豊富な接続端子に対応しているのも利点。比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視したい方にもピッタリです。

CHUWI タブレットPC UBook Pro キーボード別売

リーズナブルながらパワフルな性能を備えたセパレート型の2in1 PC。第8世代のIntel Gemini Lake N4100を搭載し、超低消費電力だけでなく、スムーズにアプリケーションを動作できるのが特徴です。

12.3インチのフルハイビジョンIPSハードディスプレイを使用し、鮮明な映像を映し出せるのも魅力のひとつ。通常のネットサーフィンはもちろん、画像や動画なども色彩豊かに表現します。

8GBのRAMを搭載し、マルチタスクをスムーズにこなせるのもポイント。高速かつ大容量な256GBのSSDに組み合わせることで、動画編集などクリエイティブな作業をする方にもピッタリです。ただ、専用のキーボードとペンは別売になっている店に注意が必要。ノートPCとして作業したい方はキーボードも同時に購入することをおすすめします。