キーボードを取り外したり、360°回転させたりしてタブレットとしても使える「2in1 PC」。持ち運びも便利なので、外出先で使用する機会が多い方におすすめです。

そこで今回は、2in1 PCの選び方とおすすめモデルをご紹介。通常のノートPCより汎用性が高く、タブレットよりも実用性に富んだアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

2in1 PCとは?

By: asus.com

2in1 PCとは、ノートPCとタブレットの2モードを切り替えられるPCのこと。長い文章を書くときなどキーボードを使うシーンではノートPC、動画を視聴するときやアプリでゲームをプレイするときなどはタブレットとして使えます。

基本的にほかのノートPCより軽量設計のモデルが多く、液晶本体とキーボードを合わせても1kg前後のモデルがほとんど。手軽に持ち運べるほか、利便性も優れているので、さまざまなシーンで使えるPCを探している方にピッタリです。

2in1 PCのメリット

By: microsoft.com

2in1 PCは、目的によって使い分けられる便利さが大きなメリット。ノートPCとタブレットのよい点を兼ね備えているため、ビジネス・プライベート問わずさまざまなシーンに対応できます。

ノートPCもしくはタブレットだけではできない作業があるので、これまでは2つのデバイスを持ち運ぶ必要がありました。2in1 PCであれば持ち運ぶ際も1台で済み、荷物を減らせる利点があります。

2in1 PCのデメリット

By: microsoft.com

2in1 PCはキーボードを搭載している分、タブレットとして使用する際は重く感じる場合があるのがデメリットです。

また、通常のノートPCと比べると2in1 PCはスペックが低いことが多いのも注意点。動画編集やゲームなど、処理能力が必要なソフトを使用する場合は、期待していたパフォーマンスが出ないこともあります。

2in1 PCの種類

コンバーチブル型

By: hp.com

「コンバーチブル型」は液晶部分とキーボードが分離しない2in1 PCです。ヒンジ部分が360°回転するので、一般的なノートPCのような見開きの形はもちろん、キーボードを折り返すことでタブレットとしても活用できます。

キーボード部分を支えにする「スタンドモード」が利用できる端末であれば、動画視聴も快適。また、狭い場所にも設置できるハの字状の「テントモード」を使用すれば、タッチ操作の際も揺れにくく便利です。なお、タブレットとして使う際にはキーボードの分だけ重くなってしまうデメリットがあるので、留意しておきましょう。

セパレート型

By: microsoft.com

セパレート型は液晶部分とキーボード部分が分離するため、タブレットとして使用しやすいタイプです。なかには、液晶部分の背面にスタンドを搭載し、キーボードを装着しなくても自立できるモデルもラインナップされています。

デメリットは、キーボードとディスプレイが分離する関係で、PCの頭脳部分である「CPU」を冷却ファンで冷やせない点です。コンバーチブル型に比べやや性能が劣る場合があるので注意しましょう。

2in1 PCの選び方

搭載OSをチェック

Windows

By: microsoft.com

Windowsは、Microsoftによって開発・提供されているOS。個人向けのパソコンはもちろん、学校や会社など幅広い環境に導入されている点が特徴です。Microsoft以外にも、さまざまなメーカーの2in1 PCに採用されています。

ラインナップが豊富で、低価格なエントリーモデルからハイパフォーマンスなゲーミングモデルまで選択肢が多い点が魅力。予算や用途に応じて適したモデルを選択できます。

Chrome OS

By: amazon.co.jp

Chrome OSとは、ウェブブラウザのGoogle ChromeをベースにGoogleが開発したOSです。Chromeで動作するウェブアプリをサポートしており、データの大半をクラウド上に保存する点が特徴です。

Google製のスプレッドシートやドキュメントなど、オフィス向けのアプリも用意されているので、ビジネスにも使用可能。また、Google Playで配信されている一部のAndroidアプリを使える点も魅力です。

画面サイズと重量をチェック

By: hp.com

2in1 PCを購入する際は、用途に応じて画面サイズをチェックしましょう。外出先にも頻繁に持ち出すのであれば、10~11インチがおすすめです。本体サイズが小さく携行性に優れています。

一方、主にノートPCとして使用し、広いスペースでキーボード入力を行いたい方は12~13インチが便利です。画面が大きくなることで写真や資料が見やすく、快適に作業を行えます。

重量も忘れずにチェック。特にコンバーチブル型だとディスプレイとキーボードを切り離せないため、持ち歩きやすさを重視するのであれば1.5kg以下のモデルがおすすめです。

スペックをチェック

CPU

「CPU」はPCの頭脳部ともいえる重要な部品。CPUの性能が高くなるほどPCの処理速度が速くなりスムーズに動くので、作業を効率的に進められるのがポイントです。

CPUは「GHz」で表記されるクロック周波数の数値が高いモノほど高性能ですが、コア数やスレッド数なども重要。これらの数が多くなるほどCPUで行う処理を分散できるので、マルチタスク作業におすすめです。

また、CPUは例えばIntelのモノであれば「Core i5」や「Core i7」のような記載があり、基本的には数字の高い方が処理速度に優れています。頻繁に写真編集を行う場合はCore i5以上、本格的な動画編集を行う場合はCore i7がおすすめです。

メモリ

メモリはPCにおける作業領域の広さを決める部品で、PCで処理中の素材やデータを一時的に取り置く場所として使われています。数値が高くなるほど大容量になり、動画など容量の大きな素材を扱う場合や、異なる作業を同時に進めるマルチタスクを行う場合でも快適に作業可能です。

写真や動画編集などのクリエイティブ作業に使う場合は、16GB以上の大容量メモリや独立型のGPUを搭載した機種がおすすめ。2in1 PCは基本的に後からメモリの増設ができないので、用途に合わせたメモリ容量を最初から選びましょう。

ストレージ

2in1 PCのデータ保存を担うストレージには、スピードが早く消費電力の少ない「SSD」が多く採用されています。

快適な作業環境を実現するためには、最低でも128GBはほしいところ。写真や楽曲を多めに保存したい場合は256GB以上、動画編集などをする方は512GB以上の大容量ストレージを選びましょう。

付属品などをチェック

ビジネス用途に適したMicrosoft Office付きのモデル

2in1 PCをビジネスや学業に使いたい場合は、Microsoft Officeがプリインストールされた機種がおすすめ。購入後すぐにWord・Excel・PowerPointが使えるので、レポートや資料の作成などに重宝します。

OfficeプリインストールモデルはOffice非搭載モデルと比べてやや割高ですが、後でOfficeを別途購入したり、毎月の利用料金が必要な「Office 365」を契約したりするよりもお得に使えるのが魅力です。

イラストを描くならスタイラスペン(タッチペン)付きのモデルを

2in1 PCをノートやスケッチブックのように使いたい場合は、スタイラスペンに対応した機種がおすすめ。タッチパネル上に文字やイラストを描けるのが魅力です。

筆圧検知に対応したスタイラスペンであれば、書く力に応じて線の太さやタッチを変えられるので、プロユースのイラストや漫画の制作にも対応可能。また、「Adobe Photoshop」でレタッチの適用範囲を決めるマスクの作成などもスムーズにできます。

2in1 PCのおすすめメーカー

マイクロソフト(Microsoft)

By: amazon.co.jp

マイクロソフトはアメリカに本社を置いているPCメーカーです。Windows OSとOfficeの開発元でもあり、ハードとソフトの両方を自社で生産していることが最大の強み。価格帯は全体的にやや高めですが、高性能なのでOSの機能を最大限に引き出せるモノを探している方におすすめです。

2in1 PCは、タブレットにキーボードカバーを組み合わせた「Surface Go」や「Surface Pro」などをラインナップしています。

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

エイスースは、PC以外にスマホや液晶モニターなどの幅広い製品を扱っている台湾のメーカーです。エイスースのモデルはコスパの高いモノを多く揃えているのが最大の魅力。10万円未満の予算で、使い勝手のよい機種が入手できます。

リーズナブルで入手しやすい2in1 PCを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ヒューレット・パッカード(HP)

By: hp.com

ヒューレット・パッカードは世界トップクラスのPCメーカーです。洗練された優美なデザインと手頃な価格が特徴。また、エントリーモデルの「HP」からハイエンドモデルの「Spectre」まで4種類のグレードがあり、豊富な選択肢のなかから自分の目的や予算に合った機種を選べるのも魅力です。

2in1 PCは、4つすべてのグレードでコンバーチブル型の機種をラインナップしています。

デル(Dell)

By: dell.com

デルは、コスパのよい製品を多数販売している人気のPCメーカー。2in1 PCに関しても比較的リーズナブルなモデルを揃えているほか、ハイスペックなモデルもラインナップしているので、予算や要求するスペックに合った製品を選べます。

ビジネスシーンで使える高性能な2in1 PCを探している方にもおすすめです。

2in1 PCのおすすめモデル|コンバーチブル型

エイスース(ASUS) VivoBook Flip 14 TP470EA-EC492WS

コストパフォーマンスに優れた、おすすめの2in1 PC。14インチかつフルHDの液晶画面を搭載しています。プロセッサーは、第11世代のCore i3。4GBのメモリと128GBのSSDを搭載しています。

OSには、セキュリティ面に優れたWindows 11のSモードを搭載。Sモードを解除して通常のWinodws 11として使うことも可能です。

86キーの日本語キーボードを搭載。エンターキーの周囲のみ黄色く縁取られたデザインが特徴です。インターフェースも充実しており、Thunderbolt 4やmicroSDカードリーダー、HDMIなどが揃っています。

ヒューレット・パッカード(HP) Spectre x360 14 2U7B4PA-AAAA

高級感のあるデザインが魅力的な、おすすめの2in1 PC。13.5インチの高解像度ディスプレイを搭載しています。縦方向の表示領域がやや広い3:2のアスペクト比を採用しているため、より多くの情報を表示でき、作業の効率化を図れます。

パフォーマンスの高さもポイント。CPUには第11世代のCore i7を採用し、16GBのメモリも搭載しています。SSDも512GBと大容量なので、写真や動画も大量に保存可能。タッチパッドも広く設計されており、スムーズに操作できます。

スタイラスペンが付属するのも魅力のひとつ。4096段階の筆圧を検知できるため、直感的な手書き入力が可能です。イラスト制作はもちろん、PDFやスクリーンショットへの書き込みなど、さまざまな使い方ができます。

デル(Dell) Inspiron 14 2-in-1 NI554CA-BWL

さまざまなスタイルで使用できる、おすすめの2in1 PC。テントモードやスタンドモードなど、合計4つのスタイルをシーンに合わせて使い分け可能です。ディスプレイサイズは約14インチと大きく、広々とした画面で作業できます。

CPUには、第11世代のインテルCore i5を採用。8GBのメモリと256GBのSSDを搭載しています。また、画面を開くだけでキーボードに角度が付く「ラバーリフトヒンジ」が採用されているので、より快適にタイピング可能です。

充実のセキュリティ機能も魅力のひとつ。電源ボタンにはWindows Helloに対応した指紋センサーが搭載されているため、パスワードを入力せずにロックを解除可能です。Webカメラには、シャッターも搭載されています。

豊富なインターフェースもポイント。さまざまなアクセサリーを接続して使用できます。

レノボ(Lenovo) IdeaPad Flex 550 82HU00QQJP

セキュリティ面にも優れた、おすすめの2in1 PC。14型のディスプレイは4辺に細いベゼルが採用されており、スッキリとしたデザインを実現しています。解像度もフルHDと高精細なので、写真や動画も美しく表示可能です。

プロセッサーには、Ryzen 5を採用。メモリも8GB内蔵されているため、ビジネスやレポート作成など、さまざまな用途に使用可能です。また、スタイラスペンも付属するので、手描きで書き込みも行えます。

充実したセキュリティ機能も魅力のひとつ。キーボードの下に指紋センサーが搭載されているため、スムーズにログイン可能です。また、Webカメラには簡単に開閉できるシャッターも搭載されています。

パナソニック(Panasonic) レッツノートQV CFQV1LDMCR

ビジネスシーンにおすすめの2in1 PC。ボディの素材には、マグネシウム合金が使用されています。満員電車での圧迫やデスクからの落下などのダメージを最小限に抑えられる、シリーズ共通の「ボンネット構造」の採用もポイントです。

キーピッチとキーストロークをしっかりと確保した、打ちやすいキーボードも特徴。キーの対角に丸みを付けた「リーフ型」デザインは、誤入力の軽減に役立ちます。また、縁をなぞるだけでスクロールできる円形のホイールパッドを搭載しているのも魅力です。

有線LANポートやミニD-subなど、インターフェースも豊富に備えています。また、着脱式バッテリーの採用もポイント。より長く使い続けられます。

2in1 PCのおすすめモデル|セパレート型

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 8 8PQ-00026

デザインと使い勝手に優れた、おすすめの2in1 PC。背面にはキックスタンドが搭載されており、ほぼ180°まで角度調節が可能です。13インチのディスプレイは、最大120Hzのリフレッシュレートもサポートしています。

CPUには、第11世代のインテルCore i5プロセッサーを採用。OSには、Windows 11を搭載しています。また、側面にはThunderbolt 4ポートが2基搭載されているので、さまざまなアクセサリーを接続可能です。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Go 3 8V6-00015

コンパクトで扱いやすい、おすすめの2in1 PC。10.5インチのタッチスクリーンを搭載。アスペクト比が3:2なので、画面を広々と使える点が魅力です。

OSには、Windows 11を搭載。Office Home & Business 2021がプリインストールされているため、WordやExcelをすぐに使い始められます。ビジネスで使いたい場合にもおすすめです。

バッテリーの持ちのよさもポイント。最大約11時間の連続使用が可能です。

エイスース(ASUS) ROG Flow Z13 GZ301ZE-I9R3050TE

高性能なおすすめの2in1 PC。サイズが13.4インチ、解像度は1920×1200のディスプレイを搭載しています。タッチ操作ができるのはもちろん、最大120Hzのリフレッシュレートに対応している点も特徴です。

コンパクトかつ軽量ながら、CPUにインテルのCore i9を採用。GPUにGeForce RTX 3050 Tiを搭載しており、2in1 PCながらゲームもプレイ可能です。

パワフルなパフォーマンスを支える、優れた冷却性能も魅力のひとつ。ベイパーチャンバーの搭載により効率的に排熱できるほか、ホコリの蓄積を防ぐアンチダストトンネルも用意されています。

エイスース(ASUS) Vivobook 13 Slate OLED T3300KA-LQ049W

美しい画面が魅力的な、おすすめの2in1 PC。有機ELパネル採用の13.3インチのディスプレイを搭載しています。コントラストの高い鮮やかな表示が可能です。解像度もフルHDと高いので、動画を楽しみたい方にも適しています。

さまざまなスタイルで使用できるのも魅力。キーボードを取り付ければノートパソコンとしても使えるため、勉強やビジネスにも活用できます。スタンドを使用すると、横向きだけではなく縦向きに置けるのも特徴です。

491画素のインカメラと、1258画素のアウトカメラを搭載。AIを活用したノイズキャンセリング機能にも対応しているので、快適にビデオ通話が可能です。また、高速な通信規格であるWi-Fi 6もサポートしています。

ファーウェイ(HUAWEI) MateBook E DRC-W58

綺麗な画面を表示する、おすすめの2in1 PCです。12.6インチのディスプレイは解像度が2560×1600と、非常に高精細。有機ELパネルを採用しており、鮮やかな表示が可能です。また、ベゼルも細く90%の画面占有率を実現しています。

プロセッサには、第11世代のインテルCore i5を採用。メモリは8GB、SSDは256GBです。厚さ7.99mmと薄型ながら、内部には8層の放熱構造を搭載。効率的に冷却できるので、長時間パフォーマンスを維持できます。

本体側面の電源ボタンには、指紋センサーを内蔵。パスコードを入力しなくても、スムーズにロック解除が可能です。

2in1 PCのおすすめ|Chromebook

エイスース(ASUS) Chromebook Flip CX3400FMA-E10014

さまざまな用途に活用できる、おすすめの2in1 PC。14インチの液晶ディスプレイは360°回転できるため、テントモードでも使用可能です。解像度はフルHDと高精細なので、写真や動画も美しく表示できます。

プロセッサーには第11世代のCore i5、メモリは8GBを搭載。128GBのSSDも備えているため、資料やレポートの作成におすすめです。

4096段階の筆圧検知に対応しているスタイラスペンが付属しているのもポイント。資料やスクリーンショットに書き込めるのはもちろん、イラスト制作にも活用できます。ペンは本体に収納できるため、紛失しにくい点も魅力です。

エイスース(ASUS) Chromebook Detachable CM3000DVA-HT0019

Chrome OSを搭載した、セパレートタイプのおすすめ2in1 PC。本体を縦置きできる「フレックスアングル・スタンドカバー」と呼ばれるカバーを付属しており、縦向き・横向き両方のタブレットモードで使用できます。

付属のキーボードは、独自の「エルゴリフトヒンジ」に対応。約6°の傾斜を付けて装着できます。カバーを付けた本体も0~90°の範囲で角度を調節できるため、快適にタイピング可能です。

専用のスタイラスペンが付属するのも魅力のひとつ。急速充電に対応しており、15秒間充電するだけで最大45分間使用可能です。ペンは本体内部に収納できるので、持ち運んで使う場合でも紛失や落下を防げます。

ヒューレット・パッカード(HP) Chromebook x360 14b 48J49PA-AAAA

Chrome OSを搭載した、コンバーチブルタイプのおすすめ2in1 PC。画面を折り返して、タブレットのようにも使用可能です。14インチのフルHDディスプレイを搭載しており、大画面でウェブサイトを閲覧したり動画を視聴したりできます。

搭載されているプロセッサは、インテルのPentium Silver N6000。メモリは8GB、ストレージには128GBのeMMCが内蔵されているので、事務的な作業であればスムーズに行えます。

バッテリーの持ちのよさもポイント。最大で約11時間使用できるため、電源がない環境でも作業が可能です。自宅だけではなく、外出先でもChromebookを使いたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ヒューレット・パッカード(HP) Chromebook x2 11-da0013QU

外出先でも使用しやすい、セパレート型の2in1 PC。11インチのディスプレイを採用しており、重量約560gと軽量なので気軽に持ち運び可能です。背面には、最大170°まで調節できるキックスタンドも搭載されています。

プロセッサーに、Snapdragon 7cが採用されているのも特徴のひとつ。パフォーマンスが優れているのはもちろん、4G LTE接続にも対応しているため、SIMカードをセットすればWi-Fiがない環境でもネットに接続できます。

約800万画素のアウトカメラを搭載しているのもポイント。綺麗な風景を写真に残したりメモ代わりに活用したりなど、さまざまな使い方ができます。

レノボ(Lenovo) Ideapad Duet ZA6F0024JP

コンパクトで使いやすい、セパレート型の2in1 PC。薄型かつ軽量に設計されているので、気軽に持ち運び可能です。背面はおしゃれなツートンカラーを採用。付属のカバーにはファブリック素材が採用されているため、デザインにこだわる方にもおすすめです。

ディスプレイサイズは、10.1インチ。解像度は1920×1200です。明るく視認性に優れたIPSパネルを採用しているので、ウェブサイトはもちろん動画も快適に視聴できます。

プロセッサーには、MediaTekのHelio P60Tを採用。メモリは4GB、ストレージは64GBのeMMCを搭載しています。資料作成などの軽作業におすすめです。