最近のノートPCのラインナップには、キーボードを取り外したり、360°回転させたりして、タブレットとしても使える「2in1」タイプが増えました。

そこで今回は、「2in1PC」の選び方とおすすめ機種をご紹介。通常のノートPCより汎用性が高く、タブレットよりも実用性に富んだアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

2in1PCとは

wdp-121-2g32g-ct-kb_img_04_p

By: geanee.jp

「2in1PC」とは、長い文章を入力するときなどはノートPCとして、外出先ではタブレットとしても利用可能なPCのこと。ノートPCとタブレットの利便性を兼ね備えているのが特徴です。

ボディは薄型軽量で、液晶本体とキーボードの質量を合わせても、1kg前後のモデルがほとんど。かさばることもないので、収納が容易なのもポイントです。

2in1PCの種類

コンバーチブル型

By: amazon.co.jp

「コンバーチブル型」は液晶部分とキーボードが分離しない2in1PCです。ヒンジ部分が360°回転するので、通常のノートPCのような見開きではもちろん、キーボードを折り返せばタブレットとしても活用できます。

キーボード部分を支えにする「スタンドモード」であれば動画視聴の際も快適。また、狭い場所にも設置できるハの字状の「テントモード」であれば、タッチ操作の際も揺れにくく便利です。なお、タブレットとして使う際にはキーボードの分だけ重くなってしまうというデメリットがあるので、留意しておきましょう。

セパレート型

By: amazon.co.jp

セパレート型は、液晶部分とキーボード部分が分離するので、タブレットとしての使用がしやすいタイプです。また、液晶部分の背面にスタンドを搭載し、キーボードを装着しなくても自立できるモデルも増えています。

デメリットとして挙げられるのは、PCの頭脳部分である「CPU」を冷却ファンのない液晶側に搭載するしかない点。そのため、コンバーチブル型に比べ、性能が劣る場合があります。

2in1PCの選び方

2in1PCを選ぶ際には、さまざまな情報を処理する「CPU」やデータを一時的に記憶する「メインメモリ」、そしてデータを保存する「ストレージ」のスペックをしっかり確認しましょう。

次に、液晶画面の大きさや表示解像度も確認。持ち歩いて使うシーンが多いという方は、本体の重さとバッテリーの駆動時間も重要です。

CPUの種類と能力で選ぶ

iduu

By: intel.com

PCの処理性能を決めるパーツが「CPU」です。2in1PCで使われているCPUは、現状「Core i」「Core Y/m」「Atom」の3タイプが主流。自動車で例えるならば、Core iはスポーツカー、Core Y/mは乗用車、Atomは軽自動車と言った具合です。CPUの名前の後につく数字が大きいほど、高性能ということを表しています。

メインメモリの容量で選ぶ

91vakljocil-_sl1500_

By: amazon.co.jp

2in1PCの場合、メインメモリを2GBしか搭載していない機種は複数のタスク処理を行うと、動作が一気に重くなる傾向があるので注意が必要です。

また、普通のノートPCとは異なり、2in1PCは大半の機種がメモリ増設に対応できません。そのため、初めからメインメモリを多く搭載した4GB以上のモデルを選ぶのがおすすめです。

ストレージの容量で選ぶ

9144b4ituxl-_sl1500_

By: amazon.co.jp

普通のノートPCであれば、データ保存を担うストレージは、大容量でたくさんのデータが保存できる「HDD」が一般的。一方、2in1PCやタブレットの場合は、軽量コンパクトなためサイズが小さい「eMMC」や、スピードが早く消費電力の少ない「SSD」が多く採用されています。

メインストレージもメインメモリ同様、後からの増設が不可能です。最低でも32GB以上のストレージが搭載されている機種を選ぶことをおすすめします。

画面のサイズと解像度で選ぶ

section01_img01

By: microsoft.com

ディスプレイの大きさも機種によってさまざま。当然、大きい方が見やすいですが、その分、本体も大きく重くなってしまいます。2in1PCの場合は、携帯性重視なら10.1インチや11.6インチがおすすめ。動画視聴をするならば、12インチや12.5インチがおすすめです。

また、ディスプレイの大きさと合わせてチェックしたいのが解像度。解像度とは、画面上の情報量(ドット数)のことで、この数値が高くなるほど、1度に表示できる情報量が増えます。

サイズ・重さ・バッテリーの駆動時間のトータルバランスで選ぶ

hw23_huawei-japan-device-updata-2

By: huawei.com

2in1PCやタブレットの場合、持ち歩いて使う場面が多いもの。携帯性を重視するなら、サイズはコンパクトで軽く、バッテリーの駆動時間はできるだけ長いモデルの方が使い勝手は良好です。仕事やちょっとした出先で、長時間給電なしで使う場合はサイズ・重さ・バッテリーの駆動時間のトータルバランスを考えましょう。

Office付きのおすすめ2in1PC

デル(Dell) 2in1PC Inspiron 13 5378 Core i5 Officeモデル

ワード、エクセルなどが使えるOffice付きの2in1PC。ビジネスや学校向けにピッタリの1台です。キーボードが一体化した「コンバーチブル型」で、ヒンジは2万回の開閉テストを通過しているため品質には信頼が置けます。ストレージは衝撃に強く、高速かつ静音な「SSD」を搭載。

フルHDを採用した13.3インチのディスプレイを有し、重量は約1.62kgです。バッテリーの最大駆動時間は約9時間。スリムなボディに仕上がっているので、PCをよく持ち歩くという方におすすめします。

東芝(TOSHIBA) 2in1PC dynabook V62/F

世界最強モバイルを目指すダイナブックの「V」シリーズ。2018年春モデルの「V62/F」は、画面とキーボードが一体となったコンバーチブルタイプの2in1PCです。12.5型のワイドディスプレイを搭載。広視野角の「IPS方式」なので、見る角度を変えても鮮やかな映像が楽しめます。

OSはWindows 10 Home 64bit。CPUはインテル Core i3-7130U、メモリは4GBを搭載しています。メインストレージには、256GBのSSDを採用。HDDと比べて衝撃に強いので、持ち運びがメインの方におすすめです。

Officeソフトは「Office Home & Business」をプリインストールしています。プライベートでの利用はもちろん、ビジネス用としてもおすすめの2in1PCです。

レノボ(Lenovo) 2in1PC YOGA BOOK(ヨガブック) ZA150087JP

フラットなパッド部分に、必要な時だけキーボードがライトアップして表示される「ハロキーボード」を搭載した2in1PC。

付属の「BOOK PAD」に装着した紙に、「リアルペン」を使って文字などを書き込むと、ディスプレイ上にそのまま表示され画像ファイルやPDFとして保存できるのが特徴です。リアルペンは筆圧2048レベル対応で、小さな強弱も読み取り、快適に文字や絵を書くことが可能。

薄さ約9.6mm、重量約690gのスリムな形状で、最大駆動時間が13時間なので外への持ち出しやすさにも優れています。モバイル端末向けに最適化された「Office Mobile」搭載モデルです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro(サーフェスプロ) FJT-00014

「マイクロソフト」が手がける2in1PC。12.3インチのディスプレイには、4096段階の筆圧検知ができる別売りの「サーフェスペン」で文字を書くこともできます。本体には165°まで寝かせられるスタンドが付いているので、ペンを使っての入力も快適です。冷却ファンのない「ファンレス式」の冷却方法のため、音も気になりません。

バッテリーの最大駆動時間は約13.5時間。ロングバッテリーのため、外出先で使用する際も安心できます。また、ワードやエクセルが使える「Office Home & Business Premium」も搭載。ビジネスや学校などで使いたい方に最適です。

ハイスペックのおすすめ2in1PC

富士通(FUJITSU) arrows Tab(アローズタブ) RH77/B1 FARR77B1

液晶とキーボードが分離できるセパレート型で、約14.7mmの薄型設計の2in1PC。12.5インチのワイドなディスプレイで、約30%のブルーライトをカットできる機能が備わっています。ノートPC並の性能を発揮するCore i5プロセッサーと、256GBのSSDを内蔵したハイスペックな仕様です。

専用の「スタイラスペン」を使用すると、WEBページ上にメモ書きするようにペン入力ができます。キーボードはデスクトップPCに近い約19mm間隔で、押した時の沈み込みは1.5mmあり、タイピングも快適。日本語入力に優れた「ATOKシステム」が付属しているので、セットアップしておくと予測変換が楽になります。

ファーウェイ(HUAWEI) MateBook E BW19BHI58S25NGR

タブレットの右側面に「指紋認証システム」を搭載し、セキュリティを強化した2in1PC。スリープ状態で指紋認証をタッチした際、約1.7秒で起動できるのが特徴です。

12インチのディスプレイは2K解像度の高精細、高輝度を実現。また、画質を最適化する「ClariVu」機能で、太陽光の下でも画面が見やすく、ブルーライトカットにも対応しています。

キーボードは防滴仕様で、うっかり飲み物などの水滴が落ちてしまった時でも安心です。幅約278.8mmとカバンに収まりやすいサイズ感で、外回りの多い営業をされる方にもおすすめします。

ビジネスにおすすめの2in1PC

マウスコンピューター(MouseComputer) MT-WN1003-Pro

液晶部分とキーボードが分離できる「セパレート型」の2in1PCです。本体カバーとスタンドを兼ねるマグネット着脱式のキーボードが特徴的。10.1インチのタブレットは、約593gと軽量です。指先だけで拡大・縮小などの操作ができる「マルチタッチパネル」を採用しているため、プレゼンの際も資料をスムーズに表示できます。

セキュリティ面では、データを暗号化して盗難を防ぐ「BitLocker」と情報の漏えいを防ぐ「BitLocker To Go」を標準装備。インターフェースも充実しており、フルサイズのUSB3.0ポートとmicroUSBポートを搭載している他、「mini HDMI」ポートを使って、別のPCと画面共有することも可能です。

ヒューレットパッカード(HP) Elite x2 1012 G1

米軍調達基準テストにクリアした、耐久性に優れている2in1PCです。ディスプレイサイズは12インチ、重量約820g、薄さ約8.05mmと薄型でコンパクトな仕様。着脱式のキーボードはユーザーテストに基づいた絶妙な反発力を設定しているので、心地よいタイピングが味わえます。長時間のオフィスワークもバッチリです。

北欧のオーディオメーカー「バング&オルフセン」が監修したステレオスピーカーは、クリアなサウンドが特徴。周囲の騒音を軽減する「ノイズキャンセリング」機能を搭載しているので、外出先での音声コミュニケーションも快適に行えます。

また、傾けた状態でもペン先がズレない「Wacom AESペン」が付属。紙のような書き心地を追求しているので、電子サインや手書きのデータ入力が快適に行えます。

軽量モデルのおすすめ2in1PC

ゲートウェイ(Gateway) 2in1PC GW1シリーズ GW1-011-F12P

マグネットで簡単に分離・接続ができるセパレートタイプの2in1PCです。バッテリーは最大約10時間駆動し、タブレットとして使用する際は約680gと軽量。ディスプレイサイズは10.1インチとコンパクトで、気軽に外へ持ち出せる、サブ機としての2in1PCをお探しの方におすすめのモデルです。

リーズナブルな価格設定ながら、さまざまな角度から綺麗な画質で画面を見ることができる「IPS方式」のパネルを採用。また、処理スピードに優れた「クアッドコア」搭載で動作も快適です。

日本電気(NEC) LAVIE Direct HZ Web限定モデル

13.3インチの大型ディスプレイを搭載したコンバーチブル型であるにも関わらず、約769gという軽さを実現した2in1PCです。ストレージは衝撃に強い「SSD」を採用しているので、持ち運んでの利用を考えている方におすすめ。

光の映り込みを軽減する「ノングレアディスプレイ」を採用しており、屋外での使用にも適しています。また、指紋がつきにくいので画面タッチも快適。Windows 10のインターフェースがノートPCとタブレットのモードに合わせて自動で切り替わるという、便利な機能も搭載しています。

1時間で約80%充電できる「急速充電」に対応しているものの、標準バッテリー仕様の場合は最大駆動時間が6.5時間なので、ロングバッテリーモデルには劣る点に注意が必要です。

エイスース(ASUS) TransBook R105HA

画面とキーボードを切り離せるセパレートタイプの2in1PCです。タブレット状態だと薄さ9mm、重量約580gと持ち運びやすいところが魅力。ディスプレイは10.1型で、光沢のある「グレアタイプ」を採用しています。

OSはWindows 10 Home 64bit。CPUはAtom x5-Z8350、メモリは4GBです。メインストレージには、衝撃や振動に強い「eMMC」を採用しています。容量は64GBとやや少なめで、ネット閲覧がメインの方にピッタリです。

また、Officeソフトとして「Microsoft Office Mobile」を搭載。一部機能は制限されていますが、Office 365サービスに加入すればフルで使うことが可能です。基本的な機能を取り揃えていながら、価格はとてもリーズナブル。ビジネスシーンでも活躍するおすすめの2in1PCです。

パナソニック(Panasonic) Let’s NOTE CF-XZ6LFKQR

ビジネスパーソンから根強い人気を誇る「レッツノート」のXZシリーズ。世界最軽量を謳っており、タブレットスタイルでは約665g、ノートPCスタイルでも1,224gと軽いのが特徴です。自宅やオフィス、学校、外出先など、場所を選ばすに使えます。

スペックは2in1PCのなかでも比較的高め。CPUは高性能なインテルのCore i5-7200U、メモリは8GB搭載しています。文書作成やブラウジングといった利用はもちろん、動画・写真編集のような負荷がかかる作業も快適に行えるのが魅力です。

また、LTEに対応しているのもポイント。Wi-Fiなどのインターネット環境がない場所でも通信できます。スマートフォンのような感覚で気軽に使える、おすすめの2in1PCです。