ハイスペック化が進んでいる一方、低価格路線の製品も続々と展開している「ノートパソコン」。シンプルな機能のみが搭載されたリーズナブルなモデルから、使い勝手良好かつコスパに優れた機種まで、豊富なラインナップが揃っています。

しかし、購入するとき、どのモデルが自分に合っているのかわからない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめの低価格ノートパソコンをご紹介します。PCが苦手な初心者の方はもちろん、2台目のサブ機を探している方もぜひチェックしてみてください。

ノートパソコンの選び方

OSで選ぶ

Windows OS

By: amazon.co.jp

Windows OSは多くのノートパソコンで採用されており、対応しているソフトウェアが多く使いやすいのが特徴。最新バージョンでも更新のない古いソフトウェアに対応できるなど、従来のパソコンユーザーにも嬉しい仕様が魅力です。

ラインナップされているソフトウェアやパソコンの周辺機器は、Windows OSのみで動作確認を行っている製品も多いため、オールマイティーに使えるノートパソコンが欲しい場合はWindows OSを搭載した製品を選んでみてください。

Chrome OS

By: asus.com

Chrome OSはGoogleが無償で公開しているOS。導入に費用がかからないため、Chrome OSを搭載したノートパソコンは比較的安価に購入できるのが魅力です。

Windows OSに比べて直感的に操作できるのが特徴。スマホやタブレットに近い操作感で使えます。省電力でスリープからの立ち上がりが早いのもポイントですが、使いたいソフトウェアによっては立ち上げに時間がかかったり、動作不良を起こしたりする場合もあるので注意が必要です。

スペックで選ぶ

CPU

CPUとは、パソコンの処理速度に直接影響する重要なパーツ。低価格ノートパソコンには、CPUにインテルの「Celeron」や「Pentium」を採用したモデルが多くラインナップされています。

なお、スムーズな動画再生やビジネスでも快適に使用したい場合は「Core iシリーズ」を搭載したモデルがおすすめ。ネット閲覧やメール程度であればそれほど気にする必要はありませんが、文書や表などの書類作成も行うならCore i3以上は欲しいところです。購入する際は価格とスペックのバランスをチェックして選ぶようにしましょう。

メモリ

メモリは作業領域の広さを決める部分。作業中に使用しているデータの一時保管場所として使われ、メモリの容量が多ければ多いほど一度に多くのデータを同時に処理できます。

ノートパソコンの使用目的がウェブ閲覧や文書作成程度であれば、4GB以上が最低ラインの目安。ある程度マルチタスクをするのであれば、8GB以上を基準に考えておきましょう。

ストレージ

ソフトやデータを格納するストレージには、HDD・SSD・eMMCの3種類があります。HDDは大容量で価格も安いのですが、データ転送速度が遅いところが難点です。

OS・ソフト起動時間の長さが気になる方は、SSD搭載モデルがおすすめ。また、eMMCは転送速度がHDDより速く、SSDよりも遅くなっています。消費電力が低いので、同じバッテリー容量であればより長時間駆動できるのが魅力です。

インチ数と解像度をチェック

By: rakuten.co.jp

画面サイズが小さいほど携帯性は上がりますが、逆に視認性は下がってしまいます。ノートパソコンの場合、画面のインチ数は購入後に変更できないため、携帯性と視認性のバランスを考慮して選ぶことが重要です。

また、画面解像度が高ければ映像を綺麗に映せるだけでなく、同じ画面サイズならより広い範囲を表示することが可能。映画を楽しんだり、表計算ソフトで大きな表を扱ったりするのであれば、できるだけ高解像度のモデルを選択するようにしましょう。

持ち運ぶなら重量をチェック

By: amazon.co.jp

持ち運びに便利なノートパソコンを選ぶ際は本体の重さも重要。なかには1kg以下の超軽量タイプも展開されていますが、インチサイズと価格を考慮すると、1.5kg前後の軽量モデルがおすすめです。

なお、基本的にノートパソコンは画面サイズが大きくなればなるほど重くなるので、11インチ程度の小型モデルと15インチを上回る大型モデルとでは使い勝手に違いがあります。また、ノートパソコンの軽量化はバッテリー容量などとも関係してくることが多いため、その点にも留意しておきましょう。

大学生や社会人にはMicrosoft Office有りがおすすめ

By: amazon.co.jp

ノートパソコンを購入する際には、Officeソフトが付属しているかどうかもポイント。文書作成を行う「Word」や表計算を行う「Excel」などがセットとなっているので、使いたい方は対応しているモデルを選ぶようにしましょう。Officeソフトはタイプとして買い切り型と契約更新型の2種類。さらに、買い切り型には単体版とバンドル版があります。

買い切り型のバンドル版とは、パソコンにOfficeソフトが付属している場合のこと。価格帯としては、単体版よりバンドル版のほうが割安となっています。

一方、契約更新型は月や年単位で更新料がかかりますが、常にアップグレードするため最新のソフトを使えるのがメリット。購入を検討する際は事前にOfficeソフトの利用頻度を考えたうえで判断するようにしましょう。

低価格ノートパソコンのおすすめメーカー

エイスース(ASUS)

By: rakuten.co.jp

ASUSは台湾に本社を構えるパソコンメーカー。価格のわりに高性能な製品が多く、低価格ノートパソコンを選ぶ際には必ずといっていいほど名前が上がります。

薄型・軽量で携帯性の高いノートパソコンを多く製造しており、個性的なデザインのモデルが多いのも魅力。おしゃれなノートパソコンを安価に手に入れたい方におすすめのメーカーです。

エイサー(Acer)

By: rakuten.co.jp

世界的にも有名な台湾のパソコンメーカー。高級モデルから低価格モデルまで、幅広いパソコンを扱っているのが特徴です。

低価格モデルとしてもっとも有名なのがAspireシリーズで、初めてノートパソコンを購入する学生に人気。拡張性も高く、さまざまな用途にパソコンを使いたい方におすすめのメーカーです。

レノボ(Lenovo)

By: amazon.co.jp

レノボは中国発祥のパソコンメーカー。2004年に米国企業IBMのPC部門を買収し、現在では世界160か国以上に製品を供給している大手メーカーです。

ノートパソコンのカスタマイズ性が高く、自分好みに仕上げられるのが魅力。低価格モデルとしてはThinkpadシリーズやIdeapadシリーズが有名で、多くのラインナップを揃えています。自分好みにカスタマイズしたノートパソコンが欲しい方におすすめのメーカーです。

マウスコンピューター(MouseComputer)

By: mouse-jp.co.jp

マウスコンピューターは「高品質、かつリーズナブルなパソコンをすべてのお客様に」という思いのもと、ほとんどの製品を長野県の工場で開発・生産しているパソコンメーカー。低価格なエントリーモデルから高価なハイエンドモデルまで、さまざまなノートパソコンを扱っています。

マウスコンピューター最大の特徴は、すべてのモデルで自分好みのカスタマイズが可能な点。購入後のサポートも手厚いため、初めてノートパソコンを買う方におすすめのメーカーです。

低価格ノートパソコンのおすすめモデル|3万円以下

レノボ(Lenovo) Chromebook S330 81JW000YJE

レノボ(Lenovo) Chromebook S330 81JW000YJE

14型の大画面液晶を搭載した、レノボの低価格ノートパソコン。タイプとしてはChromebookにあたる機種です。解像度1366×768のHD表示が可能。低価格モデルながら、綺麗な映像で動画を楽しめます。

消費電力が少ないLPDDR3メモリを搭載しており、フル充電時最大で約10時間使用できるのも魅力。Googleの「Chrome OS」を搭載しているので、Android端末と高い互換性を持つ点もメリットです。

データの保存はGoogleアカウントを通じてクラウドで行うため、Chromebookが手元にない場合でも、スマホやタブレットからデータが確認できます。パソコンでもスマホでも手軽にデータを確認したい方におすすめの低価格ノートパソコンです。

ヒューレット・パッカード(HP) HP Chromebook 11 G3 Notebook PC

ヒューレット・パッカード(HP) HP Chromebook 11 G3 Notebook PC

薄型軽量ボディにChrome OSを搭載した低価格ノートパソコンです。ディスプレイは11.6型。省電力プロセッサを搭載することで8時間のバッテリー駆動を実現しています。重さは約1.28kgと軽量クラスのため、持ち運びに便利です。

CPUはインテル Celeron N2830、メモリは4GBを搭載。ストレージは16GBのeMMCと少なめですが、Chrome OSは基本的にクラウド上にデータを保存するため、大容量データも取り扱うことができます。

また、キーピッチが19×19mmのフルサイズキーボードを搭載しているのもポイント。デスクトップ用キーボードとほぼ同じの余裕があるサイズ感のため、スムーズにタイピングすることができます。オフィスはもちろん、外出先でも快適に作業できるおすすめの低価格ノートパソコンです。

低価格ノートパソコンのおすすめモデル|5万円以下

エイスース(ASUS) E203MA-4000W2

エイスース(ASUS) E203MA-4000W2

セキュリティとパフォーマンスに特化したOS「Windows 10 Home Sモード」を搭載した低価格ノートパソコンです。ディスプレイは11.6型ワイド液晶。重量は約1kgと軽量のため、カバンに入れて気軽に持ち運べるのが魅力です。

CPUにはインテル Celeron N4000を搭載。メモリ容量は4GB、ストレージには64GBのeMMCを採用しています。HDMIやUSB、カードリーダーなどのインターフェースに対応しており、周辺機器と接続しやすいのもポイントです。

バッテリーの駆動時間は、最大15.1時間。外回りが多いビジネスパーソンも安心して使えます。また、MS Officeの互換ソフトで有名なWPS Officeがプリインストールされているので、購入してすぐにエクセルやワードで資料作成ができるのもポイント。コスパに優れたおすすめの低価格ノートパソコンです。

エイスース(ASUS) Chromebook Flip C101PA-OP1

エイスース(ASUS) Chromebook Flip C101PA-OP1

Chrome OSを採用した低価格ノートパソコン。液晶パネルが360°回転することで、スタンドスタイル・タブレットスタイルなどに変形可能なモデルです。

また、Androidアプリを使用できるのが特徴。Android OSを搭載したスマホやタブレット端末を普段から使い慣れている方にもおすすめのモデルです。

さらに、電源オンから数秒で立ち上がる起動の速さもChromeBookの魅力。Windowsソフトにこだわらない方であれば、快適に使用できます。ストレージ容量は16GBと多くはありませんが、消費電力の小さいeMMCを搭載。約9時間も充電せずに使えるなど、バッテリー残量を気にせず持ち歩けるのもメリットです。

エイサー(Acer) 11.6型 ノートパソコン Aspire 1 A111-31-A14P

エイサー(Acer) 11.6型 ノートパソコン A111-31-A14P

11.6型液晶を搭載した、コンパクトな低価格ノートパソコンです。持ち運びも可能なサブマシンとしておすすめのモデル。USB 2.0・USB 3.0・HDMI・SDカードリーダーなど、入出力ポートが充実しているため、必要に応じて多様な周辺機器と接続できるのが魅力です。

ディスプレイは180°まで倒し、フラットにすることが可能。向かいの人と同じ画面を見ながら打ち合わせをしたり、寝転がってタブレットのように眺めたりと、さまざまな使い方ができます。

エイサー(Acer) ノートパソコン Aspire 3 A315-53-N34G/K

エイサー(Acer) ノートパソコン A315-53-N34G/K

低価格ながら、充実したインターフェースが魅力のノートパソコンです。LAN端子やUSB 2.0×2基、USB 3.0、HDMIポートなどを搭載。外部ディスプレイにつないでプレゼンをしたり、スマホやタブレットの充電をしたりと、シーンに応じてさまざまな機器とつなぐことが可能。ビジネスにもおすすめのモデルです。

フルHD表示が可能な15.6型のディスプレイは、180°倒してフルフラットにできるのもポイント。向かい合った相手と、同じ画面を見ながら打ち合わせをしたいシーンなどで重宝します。

低価格ノートパソコンのおすすめモデル|7万円以下

エイサー(Acer) ノートパソコン Swift 3 SF314-54-N24U/S

エイサー(Acer) ノートパソコン Swift 3 SF314-54-N24U/S

14型の大画面液晶パネルを搭載した、低価格ノートパソコンです。解像度1920×1080のフルHD表示が可能。綺麗な映像と大きな画面で、動画コンテンツを楽しみたい方にもおすすめのモデル。厚さ約18.7mm、重さ約1.45kgと薄型かつ軽量です。

低価格モデルながら256GBのSSDを搭載しているので、写真や動画など保存して持ち歩けます。Windows Helloの指紋認証機能に対応しているため、素早いログインだけでなく、セキュリティ面でも安心なおすすめのモデルです。

レノボ(Lenovo) ideapad 330S 81F8003GJP

レノボ(Lenovo) ideapad 330S 81F8003GJP

スリムでスタイリッシュなデザインが特徴の、低価格ノートパソコンです。14型の大型液晶を搭載しているにも関わらず、厚さは約19mmと非常に薄型。また、CPUはAMDのA4-9125 APU、メインメモリは4GBを搭載しているため、ホームページの閲覧や資料作成などの作業であれば快適にこなせます。

インターフェースが充実しているのもポイント。USB 3.0×2基やHDMI、4-in-1メディアカードリーダーに加え、USB 3.0規格に対応したType-Cポートも備えています。また、Officeソフトの「Microsoft Office Home & Business 2016」がインストールされているのも魅力です。

レノボ(Lenovo) ideapad C340 81N4005BJP

レノボ(Lenovo) ideapad C340 81N4005BJP

ストレージに128GBのSSDを搭載した、低価格ノートパソコンです。高速なデータ転送が可能なため、OSの起動やソフトを立ち上げる時間が短いのが魅力。CPUにはインテルのCore i3プロセッサーを搭載しており、ビジネス用途におすすめのモデルです。

14型の液晶ディスプレイはマルチタッチに対応しているほか、360°開いてタブレット端末のように使用することも可能。文書を作成するときにはラップトップモードで、直感的な使い方をする際にはタブレットモードで使用するなど、シーンに応じて使いわけができるので便利です。

マウスコンピューター(MouseComputer) ノートパソコンmouseノートパソコン MB-BNC8SHABZH

マウスコンピューター(MouseComputer) ノートパソコン MB-BNC8SHZH

フルHD表示可能な15.6型のグレア液晶を搭載した、低価格ノートパソコンです。映画やネット動画などを、綺麗な映像で楽しむのにおすすめのモデル。ベゼル上部にはカメラとマイクを搭載しているため、大きな画面でビデオチャットをすることも可能です。

CUPにはインテルのCeleronプロセッサーを搭載し、8GBのメインメモリを実装。メールやドキュメント作成などの作業がメインであれば、ビジネスユースでも活躍します。また、低価格モデルながらデータ転送速度の速い256GBのSSDを搭載しているのも魅力です。

デル(Dell) ノートパソコン Inspiron 20Q11PW

デル(Dell) ノートパソコン Inspiron 20Q11PW

1920×1080のフルHD表示が可能な15.6型液晶搭載の低価格ノートパソコンです。DVDドライブを搭載しているのが特徴。映画などのコンテンツを大画面で楽しみたい方にもおすすめです。

OSにWindows 10 Proを採用し、インテルのCore i3プロセッサーを搭載。また、4GBのメインメモリを実装しているなど、ビジネスユースにも対応可能なスペックを備えています。ストレージには1TBのHDDを搭載。データ転送速度はSSDと比べて劣りますが、高画質の写真や動画ファイルも余裕で保存できる大容量モデルです。