最近では、テレワークの拡大などにより「ノートパソコン」が必要となるケースが増えています。しかし、ノートパソコンを仕事でしか使わなかったり、用途が限られていたりと、なるべく予算を抑えたい方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの安いノートパソコンをご紹介。価格帯やOSの違いごとに人気モデルをピックアップしました。おすすめのメーカーや選ぶ際のポイントについても解説します。

安いノートパソコンの価格はどれくらい?

パソコンは搭載されるパーツスペックの違いなどにより、数万円から数十万円まで幅広い価格帯の製品が販売されています。ノートパソコンの場合、安いといえる価格は5万円以下がひとつの目安。CPUのグレードを下げたりメモリやストレージの容量を少なくしたりするなどして、コストを抑えているのが特徴です。

ウェブサイトの閲覧や文書作成といった負荷の軽い使い方であれば、十分に使えるモデルが多くラインナップされています。また、安いノートパソコンのなかにはAMDのRyzenプロセッサを搭載した比較的性能の高い製品もあるので、ビジネス用途での購入を検討している方も要チェックです。

低価格モデルは「Windows」か「Chromebook」が人気

Windows

「Windows」は、マイクロソフトが提供するOS(オペレーティングシステム)です。OSとはパソコンを動作させるために必要なソフトウェアのこと。いくつかの種類が存在しますが、なかでも、Windowsが広く普及しています。

Windows OSを搭載したノートパソコンであれば、価格帯やメーカーを問わず、豊富なラインナップのなかから用途や好みに合わせて自由に選択可能。パソコンにあまり詳しくない方や、初めて購入する方にもおすすめです。

現在提供されている最新のバージョンは「Windows 10」。幅広い種類のソフトに対応しており、古いソフトでも動作可能なことが多いのもメリットです。また、多くの周辺機器メーカーがWindowsで動作確認を行っているので、マウスやキーボードなどの周辺機器も安心して使用できます。

Chromebook

「Chromebook」は、Googleが提供するOS「ChromeOS」を搭載したノートパソコンの総称です。シンプルなユーザーインターフェースで、Androidスマホやタブレットに近い、直感的な操作感で扱えるのが魅力。パソコンの操作に慣れていない初心者にもおすすめです。

Googleが提供するOSということもあり、同社が提供するサービスとの相性も良好。「Google Play ストア」でのアプリのダウンロードにも対応しています。加えて、自身が使用しているAndroidスマホと同じGoogleアカウントでログインすれば、データの共有や同期も可能です。

また、GoogleがChromeOSを無償で提供しているということもあり、Chromebookは比較的リーズナブルな価格で購入できます。消費電力が少なく、起動やスリープからの復帰も速いので、快適に使用できるのもメリットです。

Chromebookについて詳しく知りたい方はこちら

失敗しない安いノートパソコンの選び方

快適に作業したいなら「CPU」と「メモリ」をチェックしよう

CPUのモデルに注目

「CPU(Cetral Processing Unit)」は、人間の「脳」に例えられることが多い、パソコン全体の性能を左右する重要なパーツです。ノートパソコンに採用されるCPUは、主にIntelとAMDの2社が開発。Chromebookの場合は、MediaTekが開発するCPUを搭載したモデルもあります。

安いノートパソコンの場合、IntelであればCeleronシリーズやPentiumシリーズ、AMDであればAシリーズやAthlonシリーズなどのCPUを採用しているモデルが豊富。性能は限られていますが、Webの閲覧や文章の作成、普段使いには問題なく使用できます。

また、同じシリーズのCPUであっても、発売時期によって世代が異なるので要チェック。旧世代のCPUを搭載したノートパソコンは価格が下がっている場合もありますが、最新世代のモデルよりも性能面では劣るため、留意しておきましょう。

メモリは「4GB」以上のモデルを

By: amazon.co.jp

容量の大きいメモリを搭載したモデルなら、同時にこなせる作業が多くなります。複数のアプリを同時に使用したり、Webブラウザのタブを多数開いたりできるのがメリットです。

安いノートパソコンの場合、搭載メモリが少ないモデルも多くありますが、最低でも4GB以上を目安に検討してみてください。4GBあれば最低限の作業はできますが、使い方によっては動作が重くなる場合もあります。

マルチタスクをより快適にこなしたいのであれば、8GB以上のメモリを搭載したモデルがおすすめ。また、なかにはメモリの換装・増設ができるモデルもあります。購入後に、メモリが足りないと感じても追加できるのがメリットです。

ストレージの種類と容量をチェック

容量が大きく動作も軽快な「SSD」

By: amazon.co.jp

ストレージとは、ノートパソコンのデータを保存するスペースのことです。「SSD」は、高速な読み書き速度が魅力。SSD搭載モデルであれば、ノートパソコンやアプリを高速で起動できるので、快適に使用できます。

ただし、HDDやeMMCよりも、容量あたりの単価が高いのはデメリット。予算を抑えたい場合、大容量SSDを搭載したモデルは選択肢から外れます。

ストレージ容量は、3万円台のノートパソコンで32GB以上、5万円台なら64GB以上あると安心です。書類や写真などの保存しておきたいデータが多く、今後も増える可能性がある方には、128GB以上のSSDを搭載したモデルがおすすめ。また、クラウドサービスなどを活用すれば、パソコン内部のストレージを節約できます。

低容量だが価格が抑えられる「eMMC」

「eMMC」はHDDとSSDの中間的な立ち位置にあり、読み書き速度はSSDほど速くないものの、HDDより高速です。パソコンやアプリの起動も十分速いので、快適に使用できます。コンパクトで消費電力が少ないため、ノートパソコンだけでなく、スマホやタブレットなどにも採用されているのが特徴です。

また、SSDを搭載したノートパソコンより価格が抑えられるのもメリット。ただし、容量は少なく、32GBや64GBモデルが主流です。容量が少なくても問題なければ、なるべく予算を抑えたい方にはeMMC搭載モデルがおすすめです。

用途に合った画面サイズと解像度を選ぼう

ノートパソコンは購入した後にモニターを交換できないため、選ぶ際は画面のサイズも確認しておきましょう。画面サイズは製品によってさまざまですが、据え置き・持ち運びを問わず、幅広い用途で使える13~14インチ前後のモデルはラインナップが豊富です。

画面の見やすさよりも持ち運びの便利さを重視するのであれば、コンパクトな10~12インチ前後のモデルがおすすめ。外には持ち運ばず、据え置きでの使用がメインの方には、15インチ以上の画面サイズを備えたモデルがぴったりです。

また、価格が安いノートパソコンの解像度は、1366×768や1920×1080(フルHD)が主流。1920×1080のフルHD画質であれば十分きれいに表示でき、1366×768でも画面が見にくいことは特にないとされています。

持ち運びには薄型・軽量なモデルを

ノートパソコンを外へ持ち出して利用する予定がある方には、薄型で軽量なモデルがおすすめ。本体が薄いとカバンやリュックの中でかさばりにくく、スッキリと収納することが可能です。

また、より楽に携帯したい場合は、本体の重量もポイント。安いノートパソコンのなかには、およそ1kgの軽量なモデルも販売されています。通勤・通学などで毎日持ち運ぶ方におすすめです。

バッテリー連続駆動時間にも注目

ノートパソコンを選ぶ際には、バッテリーの連続駆動時間も重要なポイント。電源が確保できない場所で作業をするなら、最低でもフル充電で8時間以上使えるモデルを選びましょう。10時間以上使えるモデルを選べば、外出先でもバッテリー切れの心配なく作業ができます。

バッテリーの連続駆動時間は「JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver.2.0)」という基準で計測されており、実際の使い方によっては表記のバッテリー駆動時間と異なる場合があります。

動画を見たり、資料を作成したりする軽い作業であればほとんど問題ありませんが、ゲームや動画編集など処理の重い作業だと、表記の駆動時間より短くなることも。バッテリー駆動時間は余裕を持って選ぶことが大切です。

Officeソフトが付属したモデルは大学生におすすめ

ノートパソコンには、WordやExcelなどのソフトがセットになったマイクロソフトの「Office」が付属するモデルもあります。Officeソフトは、レポートやプレゼン資料を作成する際に役立つので、学生や社会人の方に便利です。

Officeソフトにはいくつかのエディションが存在し、それぞれ内容が異なります。Word・Excel・Outlook・PowerPointなどを使用したい方は、「Microsoft Office Home & Business」が付属したノートパソコンを選んでみてください。

また、マイクロソフトのOfficeと互換性があり、比較的安価な「WPS Office」などが付属するモデルもあります。そのほか、機能は限られますが、無料で使えるマイクロソフトの「Office Online」や互換性のあるフリーソフトなどもあるので、必要な場合はチェックしておきましょう。

タブレットとして使える2in1モデルも

2in1モデルは、ディスプレイを取り外したりキーボード部分を360°回転させたりして、タブレットとしても使用できるのが特徴。シーンに合わせ、ラップトップモードとタブレットモードを切り替えられるのがメリットです。

また、2in1モデルは基本的にタッチパネルを搭載しており、指やスタイラスペンでの操作にも対応しています。スマホのように指で直感的に操作したい方やペンで直接メモを取りたい方、イラストを制作したい方などにもおすすめです。

安くても中古品や無名メーカーモデルは避けるのが無難

パソコン初心者は、価格が少し高くても大手メーカーが展開する製品を選ぶのがおすすめ。品質が高くメーカーサポートも充実しているので、購入後も長く安心して使えます。

ノートパソコンを安く購入したいなら、中古品や無名メーカーモデルも選択肢のひとつですが、低スペックで動作が遅い、メーカー保証・サポートが受けられないなどのデメリットがあります。

トラブルが発生しても自分で解決できる方ならほとんど問題ありませんが、パソコンにあまり詳しくない方は避けるのが無難です。

安いノートパソコンのおすすめメーカー

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

「エイスース」は、台湾に本社を置く大手パソコンメーカーです。ノートパソコン以外では、スマホやパソコンパーツ、周辺機器なども取り扱っています。

同社のノートパソコンは、高性能なハイエンドモデルやゲーミングノートパソコンから、リーズナブルなエントリーモデルまで幅広くラインナップ。比較的コスパがよく、各モデルとも、スリムでスタイリッシュなデザインなのが特徴です。

3~5万円前後のエントリーモデルだけでも種類が豊富で、Chromebookやタッチパネルを備えたモデルも展開しています。

レノボ(Lenovo)

「レノボ」は、中国の大手パソコンメーカーです。パソコンに加え、周辺機器なども取り扱っており、ビジネス向けの製品も豊富。レノボのパソコンを導入している企業や法人も多くあります。

ノートパソコンにおいては、ThinkPad・Lenovo・Legion・YOGA・IdeaPadの5つのシリーズを展開。なかでもビジネス向けのThinkPadシリーズは、高い評価を得ている人気モデルです。

コスパに優れており、3~5万円前後で購入できる製品のラインナップも豊富。2in1モデルやChromebookの取り扱いもあります。ノートパソコンを初めて購入する初心者や学生の方にもおすすめのメーカーです。

エイサー(Acer)

By: amazon.co.jp

「エイサー」は台湾に本社を置くパソコンメーカーで、パソコン本体やモニター、周辺機器などを販売しています。ノートパソコンとデスクトップパソコンの両方を取り扱っており、ラインナップも豊富。スペックに対し、リーズナブルな価格で購入できるコスパのよさが魅力です。

ノートパソコンにおいては、高性能なハイエンドモデルも取り扱っていますが、3~5万円前後で購入できるリーズナブルなモデルも数多くラインナップされています。

Windows搭載モデルだけでなく、Chromebookの選択肢が豊富なのも嬉しいポイント。初心者はもちろん、気軽に使用できるサブ機を探している方にもおすすめです。

安いノートパソコンのおすすめモデル|Windows

エイスース(ASUS) ノートパソコン M413DA-EB502RA

大学生の方にもぴったりのモデル

ビジネスシーンでも活躍する、安いノートパソコンを探している方におすすめのモデルです。低価格モデルながら、CPUにAMDのRyzen3プロセッサを採用しているのが特徴。また、WPS Officeが付属しているため、購入後すぐに書類やプレゼン資料の作成を行うことが可能です。

128GBのSSDや、Radeonグラフィックスを搭載しているのも本モデルの魅力。バッテリーの連続駆動時間は最長約10.1時間で、外出先での使用にも向いています。レポートの作成や実験データの分析など、大学生の方にもぴったりなので一度チェックしてみてください。

エイスース(ASUS) ノートパソコン B1100FKA-BP0402RA

さまざまな使い方ができる多機能ノートパソコン。ディスプレイが360°回転する特殊なヒンジを採用しており、用途やシチュエーションに合わせて、スタンド・テント・タブレット・ノートパソコンの4通りの使い方が可能です。

最大4096段階の筆圧に対応した「ASUS Pen」を使えば、イラストを描いたり、手書きのメモを取ったりできるのも大きなポイント。また、米国軍用規格のMIL規格をクリアしているので、耐久性が気になる方にも適しています。

クリアな音声・ビデオ通話が楽しめるノイズ軽減機能や、細菌増殖を抑える「ASUS BacGuard」、シームレスな接続を可能にする「Wi-Fi5」など、基本性能が充実しているのも特徴です。

エイスース(ASUS) ノートパソコン L410MA L410MA-EK489XA

重量約1.37kgと軽量で持ち運びやすく、普段使いにぴったりな14インチのノートパソコン。バッテリーの連続駆動期間が約11.8時間と長時間利用できるのが魅力です。

ディスプレイの開閉角度が180°なのも特徴。好みの角度に調節が可能です。OSはWindows 11を採用しています。USBポートを3つ搭載。外付けSSDからモニターまで、同時に複数の周辺機器を接続できます。

エイスース(ASUS) ノートパソコン L410MA-EK489RA

14インチのフルHD狭額ディスプレイを搭載したモデルです。ディズプレイは180°開くため、タブレットのように使えます。画面占有率は約78%を実現しており、本体がコンパクトなのが特徴。また、重量は1.37kgと軽量で、持ち運びにも便利です。

本製品は、タッチパッドがワンタッチでテンキーになる「NumberPad」を搭載しているのもポイント。快適に数字入力が行えます。SSDはPCI Express 3.0 x2接続の256GBを搭載しているので、本体やアプリを高速で起動できます。

また、アルミニウム合金製の天板と独特の色味による、落ち着いたシックなデザインも魅力。持ち運びに便利な、安いノートパソコンを求める方におすすめです。

エイスース(ASUS) ノートパソコン11.6インチ E210MA E210MA-GJ003W

画面が光に反射しにくいノングレアタイプのノートパソコン。オーディオ機能が充実しており、2Wのステレオスピーカーを2つ内蔵しています。マイクロホンやヘッドホンが使えるポートも搭載されているので、音楽を聞くことも可能です。

画面サイズは、コンパクトで持ち運びに便利な11.6インチ。重量約1.08kgと軽量なので、カフェや学校へ持ち運んで利用するのにぴったりです。Number Pad機能により、タッチパッドをテンキーのように利用できるのも特徴。バッテリーの連続駆動時間は約12.7時間なので、充電なしで長時間利用できます。

CHUWI LarkBook X

基本性能が充実したノートパソコン。4コア4スレッドのIntel Celeron N5100と、大容量のLPDDR4 8GB、転送速度に優れたSSD 256GBを組み合わせることで、処理の重いソフトやマルチタスクがサクサク動く高いスペックを実現しています。

本体サイズは横幅310×高さ20.6×奥行き229.5mmで、重量は約1.4kgと携帯性も良好。マグネシウム合金を使用したフルメタルボディで、スタイリッシュなデザインに仕上がっているのも大きな特徴です。

また、4K解像度の14インチIPSディスプレイを搭載しており、お気に入りの写真や動画が美しい映像で楽しめます。38Whの大容量バッテリーで、電池切れの心配なく使えるのも嬉しいポイントです。

ヒューレット・パッカード(HP) ノートパソコン HP 14s-fq0000 14インチ 3Y6C0PA

OSのバージョンにWindows11 Homeを採用しているノートパソコン。指紋認証機能が搭載されているため、パスワードを入力する手間を省いて利用できます。また、第三者による不正利用のリスクを軽減するのも魅力です。

ディスプレイの解像素は高画質なフルHDを採用。視野角が広くて角度による色の変化が少ないIPSパネルを使用しているので、見る角度に関係なく綺麗な映像を楽しめます。

画面サイズは、大きすぎず小さすぎない14インチ。メモリは4GBを備えており、ネットサーフィンやちょっとしたオフィス作業など簡易的な操作をスムーズに実行できます。

バッテリーの連続駆動時間は、最大8時間30分と長時間利用できるのも特徴。HPファストチャージという急速充電機能により45分の充電で約50%給電できるため、出先での作業にもぴったりです。

安いノートパソコンのおすすめモデル|Chromebook

エイスース(ASUS) Chromebook Detachable CM3 CM3000DVA-HT0019

キーボードユニットが分離できる、2in1のノートパソコンです。液晶ユニットだけなら約506gと軽量なのが特徴。タブレットとしての使用頻度が高い方におすすめのモデルです。WUXGA(1920×1200)表示が可能な10.5インチ液晶を搭載しているため、ウェブサイトや動画をきれいな画面で見られます。

ストレージには128GBのeMMCを採用。フル充電で約12時間連続で動作するため、電池残量を気にせず長時間使えます。さまざまなスタイルで使えるChromebookを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

エイスース(ASUS) Chromebook CX1 CX1100CNA-GJ0040

USB Type-C・USB Type-A・microSD・オーディオジャックと、幅広いインターフェイスと接続できるノートパソコン。CPUはIntel Celeron N3350を採用しています。

サイズは11.6インチ、重量は約1.2kgとコンパクトで軽量なのが特徴。カバン入れて持ち運びやすいので、カフェでのちょっとした作業や大学の授業で使用するのにもおすすめです。

メモリは4GBを備えており、ネットサーフィンやYouTubeの動画視聴、簡単な事務作業など普段使いにぴったり。連続駆動時間は最大約12.5時間と長時間利用できます。

レノボ(Lenovo) Chromebook IdeaPad Slim350i 82BA000LJP

リーズナブルながら、基本機能がしっかり備わったノートパソコンです。Intel Celeronプロセッサを搭載しており、メモリは4GB。インターフェースはUSB Type-C・USB Type-A・microSDカードなどに対応しています。マウスを接続したりUSBメモリを挿入したりと、多様な周辺機器が利用可能です。

本体重量は約1.12kgと軽量。持ち運びがしやすいのも本モデルの魅力のひとつです。ストレージは32GBと控えめなので、クラウドサービスなどを使用して文書や画像を保管する予定の方に適しています。

レノボ(Lenovo) IdeaPad Flex550i Chromebook

10点マルチタッチに対応しているノートパソコン。画面の表面に光沢のあるグレアタイプのフルHD液晶を採用しており、綺麗な映像を楽しめます。画面サイズは13.3インチ。連続約10時間使えるロングバッテリーを備えており、持ち運んで使用する際に活躍します。

メモリは4GB、ストレージは32GBのSSDを搭載。ソフトウェアの起動や処理の速さを活かし、ネットサーフィンや簡単な文章を作成するのに向いています。

エイサー(Acer) Chromebook 315 CB315-3HT-NF14P

フルHD表示が可能な、15.6インチ液晶を搭載したChromebookです。価格の安い大画面のノートパソコンが欲しい方におすすめのモデル。HD解像度のWebカメラを内蔵しているため、テレビ会議やリモート授業など幅広いシーンで活躍します。

Intel Celeronプロセッサと4GBのメモリを実装。ブラウジングや簡単な資料作成におすすめです。また、テンキー付きのキーボードを備えているのも特徴。数字を入力する機会が多い方にもぴったりです。

ヒューレット・パッカード(HP) Chromebook x360

CPUにPentium Silverプロセッサを採用した、価格の安いノートパソコンです。ディスプレイが360°回転するため、タブレットとしても使用できるのが特徴。また、タッチパネルを搭載しており、パソコンの操作に不慣れな方でも気軽に扱えます。

USB Type-Aに加え、USB Type-Cポートを搭載しているのも本モデルのポイントです。さまざまな周辺機器を接続することが可能。Bluetoothマウスなどと簡単に接続できるのも魅力です。

富士通(FUJITSU) FMV Chromebook WM1/F3 FCBWF3M111

スタイリッシュで使いやすいChromebookです。キーボード手前側に傾斜を持たせた「ステップ型キートップ」と、指にしっかりフィットする「球面シリンドリカルキートップ」を組み合わせることで、快適なタイピングを実現しています。

キーストロークは余裕のある約1.7mmを採用しているので、長時間入力操作もストレスを感じにくいのが特徴。本体サイズは横幅323.8×高さ19.9×奥行き216mmで、重量は約1.29kgと携帯性も良好です。

ディスプレイには1920×1080ドットのスーパーファイン液晶を採用しているので、写真や動画も快適に楽しめます。