パソコンのOSのシェアトップをひた走るWindows。その本家本元であるMicrosoftがリリースしているのが「Surface」シリーズで、デスクトップやノートパソコンはもちろん、タブレットPCも高性能なモデルを揃えているのが特徴です。

そこで今回はSurfaceシリーズのノートパソコンにフォーカス。おすすめのモデルをご紹介するので、買い替えを検討している方はぜひチャックしてみてください。

Surfaceとは?

By: microsoft.com

「Surface」シリーズはWindowsパソコンの根幹であるマイクロソフトが発売しているPCラインナップ。初代SurfaceはノートPC兼タブレットの2in1デバイスとして日本では2013年に登場し、その後さまざまなモデルが続々とリリースされています。

製品のなかにはキーボードを着脱できるモデルもあり、ノートパソコンとタブレットとの使い分けが可能。普段はノートPCとして活用し、持ち運ぶ際にはタブレットとして活用できるので、便利な仕様となっています。

また、別途購入することになりますが、アクセサリーのSurface Penも優秀。アイデアをイラスト化するのに便利なBluetooth対応のペンなので、ぜひ「Surface」シリーズの購入を検討する際はチェックしておきましょう。

Surfaceの選び方

用途で選ぶ

By: amazon.co.jp

Surfaceシリーズはさまざまな用途に合わせた製品が揃っていますが、相対的に高スペックで特にハイエンドモデルが充実しているのが特徴です。

現状のラインナップは「Surface Pro」、「Surface Laptop」、「Surface Book 2」となっており、とにかく軽量で持ち運びを優先するのであれば、「Surface Pro」、オールマイティーなノートパソコンを求めるのであれば「Surface Laptop」、デスクトップ並のハイスペックをノートパソコンにも求めたい場合は「Surface Book 2」を選ぶのがおすすめです。

スペックで選ぶ

By: microsoft.com

CPU編

CPUは、Central Processing Unit(セントラル・プロセッシング・ユニット)の略で、人間で例えるならば頭脳の役割を果たします。性能が高いほどあらゆる処理速度が向上するので、よりストレスなくPC作業を行うことができますが、その分価格は高価。SurfaceはIntel Coreシリーズのモバイル用CPUを搭載しており、現行機種は第7世代と第8世代がメインです。

メモリ編

メモリの容量が大きいほど同時に起動できるソフトが増え、多くの作業を快適に行うことが可能です。選ぶ際は基本的に8GBをベースに、ネット閲覧や動画視聴、SNSなどより軽度のPC作業のみの対応であれば4GB、動画編集や3Dゲームなど重いデータを処理するのであれば、16GBも選択肢に入ってきます。

ストレージ編

ストレージとは、画像や動画、ソフトなどさまざまなファイルを保存する場所のこと。主にHDDとSSDがありますが、Surfaceは全機種読み書きが高速なSSDを搭載しているので、あとは製品によって容量が異なります。逆に出先での使用を想定するなら、256GB以上あると安心。なお、最大としては1TBまで選ぶことができます。

重さで選ぶ

By: microsoft.com

携帯しての使用を想定するなら、重さを考慮に入れる必要があります。現状のラインナップとしては12インチの「Surface Pro」が約768〜782g(キーボード別)、13インチの「Surface Laptop」が約1250〜1280g、13〜15インチの「Surface Book 2」が、約1530〜1905g。なお、比較対象となりやすいMacBookシリーズと比べると12インチの「Macbook」が約920g、13インチの「MacBook Air」が約1350g、13〜15インチの「MacBook Pro」が1370〜1830gとなっています。

Surfaceシリーズの特徴

Surface Pro

By: amazon.co.jp

Surface Proは従来のSurfaceに企業向けのOS「Windows Pro」を搭載したモデルです。13.5インチのディスプレイは薄型で軽量。優れた携帯性に加え、マイクロソフトオフィスが付属するなど、ビジネスマン向けのソフトや機能が充実しています。

2017年にリリースされた新Surface ProはSurface Pro 4の後継機で、シリーズとしては5代目。ナンバリングを廃した新モデルは、Surfaceのなかでも標準的なモデルです。

同機種のエントリーモデルは普段使いに十分なスペックを備えながらもリーズナブル。上位モデルは動画編集や3Dゲームなどデータ容量の思い作業を除けば、快適に作業することができます。

Surface Book

By: amazon.co.jp

Surface Bookはシリーズのフラッグシップモデルで、マイクロソフトがこれまで培ってきた技術とノウハウが詰め込まれたタブレットPC。ノートパソコンとしてはもちろん、キーボードを切り離せばタブレットとして活用することができます。

OSはWindows 10 Proを搭載しているほか、使用しているパーツは軒並み高性能で、ディスプレイは標準的な13.5インチと大型の15インチをラインナップ。ディスプレイは高精細なPixel Senseディスプレイを採用し、画面タッチでスムーズに操作できるほか、アクセサリーの「Surface ペン」を活用すれば画面に直接書き込むことも可能です。

現行機は2017年に発売され、OSがWindows 10 Proに統一されている「Surface Book 2」。なお、2016年に発売された「Surface Book」は型落ちモデルになります。

Surface Laptop

By: amazon.co.jp

Surface Laptopは、2017年に新たに登場したモバイルノート型のモデル。2in1ではないものの軽量で携帯性に優れ、価格とスペックのバランスが良好なモデルです。

ディスプレイには、高精細かつタッチパネルが搭載された13.5インチのPixel Senseディスプレイを採用し、OSはWindows 10 Sを搭載。カラーはバーガンディ・プラチナ・コバルトブルー・ゴールドの4色をラインナップしており、スタイリッシュなノートパソコンを求めている方におすすめです。

Surfaceのおすすめモデル

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro FJX-00031

使い勝手のよい「Surface Pro」。汎用性の高い同シリーズのなかでも、本機種はスペックと価格のバランスが優れているモデルです。

CPUは上位モデルのSurface Bookでも採用されている第7世代のCore i5。メモリも8GBが搭載されているので、普段使いで軽快に動作します。ストレージはデータへのアクセスが高速な256GBのSSD。容量も十分なのでデータの保存先に困ることもなく、出先での使用も快適です。

ディスプレイは12.3インチのPixelSenseディスプレイで、重さは約770gと軽量。自宅ではタブレット、外ではノートパソコンとして活用することができます。なお、カバーは別売りです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro LTE Advanced GWM-00009

LTEに対応したタイプで、Surface Proのなかでもとくに携帯性に優れた機種です。挿入するSIMのサイズはNano SIMとeSIMに対応。格安SIMを活用すれば、よりお得にモバイル環境を整えることができます。

Wi-FiとLTEとは、タスクバーからワンタッチで切り替えられるのでスムーズ。スペックはSurface Proの中位機種に相当し、CPUは第7世代Core i5で、メモリは8GB、ストレージには256GBのSSDを搭載しています。なお、ノートパソコンとして使うのに必要なカバーは別売りです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Book 2 15インチ HNR-00010

Surfaceシリーズにおけるハイエンドモデル「Surface Book2」。汎用性の高い13.5インチとより大画面で見やすい15インチが選べるのが特徴です。

HNR-00010は15インチの大画面ディスプレイを採用した機種で、CPUはモバイル用CPUの中で最新の第8世代Core i7。キーボード側に高性能なNVIDIA GeForce GPUが搭載されています。

プロフェッショナル向けの高度なソフトウェアや3Dゲームも快適に動作し、デスクトップパソコン並みのハイスペック仕様。なお、よりSSDの容量が欲しい方は、1TBを搭載した「FVH-00010」も選択肢として検討してみましょう。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Laptop D9P-00039

ノーパソコンのSurface Laptop。OSは教育機関向けに開発されたWindows 10 Sが搭載されていますが、ビジネス向けのWindows 10 Proへの切り替えも簡単なので、用途に合わせて使いこなせるのもポイントです。

本製品のCPUは第7世代のCore i5で、メモリは4GB。ストレージは128GBのSSDを搭載しています。一般的な使い方ならば快適に動作し、かつオーバースペックにならない構成で、Surfaceの中ではリーズナブルな価格設定も魅力です。

重さは1252gとノートパソコンにおいては軽量で、バッテリーの駆動時間は最大14.5時間とスタミナも十分。カラーはバーガンディ・プラチナ・コバルトブルー・ゴールドの4色をラインナップしているので、スタイリッシュでモバイル性の高いノートパソコンを求めている方におすすめです。

番外編:Surfaceのおすすめアクセサリー

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro タイプカバー FFP-00039

Surface Proユーザーには必須のタイプカバー。簡単なマグネットで本体と接続することで、ノートパソコンのような使い方ができるのが特徴です。マイクロソフトの純正品で、素材には高級素材として知られるアルカンターラを使用しています。

マイクロソフト(Microsoft) Surfaceペン EYU-00015

Surface Pro向けの機能を搭載した同社純正のペン。アイデアをイラスト化するのに便利なBluetooth対応モデルで、本体の先端には消しゴムの役割を果たすパーツが付属しているのが特徴です。

サイズは約W9×H146×D9mm、重量は20gで一般的な3色ボールペンより少し重い程です、電源は単6電池1本を使用。カラーはバーガンディ、ブラック、プラチナ、コバルトブルーをラインナップしています。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Arc Mouse CZV-00007

独特なデザインが目を引く、Bluetooth対応のSurface向けワイヤレスマウス。使用する際は、本体を折り曲げて使用するスナップ型のマウスです。

カバンのポケットなどに入れるには厚みが中途半端な従来のマウスに比べ、薄型で携帯性に優れています。また、Bluetoothレシーバーを必要としないのもポイントです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Dial

ショートカットなどがスムーズに行えるダイヤル型ツール。各アプリによってカスタマイズすることが可能で、ブラウザならスクロール、イラストを描く際は文字の太さの調節などに対応できます。電源は単4電池を2本使用。サイズは約W59×H30×D59mm、質量は電池を含めて約145gです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface ドック

ノートパソコンを拡張する際に便利なアイテム。端子は「USB 3.0 ポート」が4つ、外部ディスプレイやプロジェクタに接続する「Mini DisplayPort」が2つ、さらに高速通信対応の「ギガビットイーサネットポート」や音声出力ポートもそれぞれ搭載。サイズは約W130×H30×D60mm、重量は550gです。

アイ・オー・データ (I-O-DATA) ポータブルブルーレイドライブ BRP-UT6CK

SurfaceシリーズはDVDやブルーレイを再生する光学ドライブが搭載されていませんので、再生・書き込みの際には、外付け光学ドライブを使用する必要があります。本製品はその点をカバーするブルーレイ・DVD・CDに対応した外付けドライブです。

接続ゲーブルはUSBとType-Cの2種類を同梱。サイズは136×14.6×146mm、重さは240gです。なお、Windows対応のソフトウェアが充実しているのもポイント。ブルーレイやDVDビデオが再生できるソフト「WinDVD」や操作が容易なライティングソフト「B’s Recorder14」、高音質のハイレゾに対応するプレーヤー「CurioSound for I-O DATA」も無償でダウンロードできるので、ぜひ活用しましょう。