Windows OSの開発を行うマイクロソフトが展開している「Surfaceシリーズ」。シンプルでスタイリッシュなデザインを採用し、用途に合わせて選択できるように豊富なラインナップが揃っています。

そこで今回は、Surfaceのおすすめモデルと純正アクセサリーをご紹介。Surfaceシリーズの選び方や各モデルの特徴についても解説します。どのモデルを購入するか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Surfaceとは?

By: amazon.co.jp

「Surfaceシリーズ」は、マイクロソフトが展開しているパソコンのブランド。2012年に初代モデルが発売され、現在では学生や社会人はもちろん、イラストレーターなどのクリエイターにも愛用されています。

製品は、2in1タブレット・ノートパソコン・デスクトップパソコンをラインナップ。すべてのモデルがタッチパネルに対応しています。同社の製品である「Microsoft Office」を標準搭載しているのもポイントです。

専用のアクセサリー類が豊富なのでデザインを統一でき、必要に応じて後から追加購入も可能。さらに、学生なら通常よりもお手頃な価格で購入できる「学生優待プログラム」も用意されています。

Surfaceの魅力

用途に合わせた豊富なラインナップ

By: amazon.co.jp

SurfaceにはPro・Laptop・Book・Go・ Studioと、4つのシリーズがあります。

「Pro」は携帯性に優れた2in1モデルで、「Laptop」はオーソドックスなノートパソコンスタイルの製品。「Book」は高性能な2in1モデル、「Studio」はスタイリッシュなデスクトップパソコンです。また、コンパクトかつ手頃な価格を実現した「Go」も販売されています。

シリーズ別に異なる形状や性能を採用しているのが特徴。自宅でネットサーフィンを楽しみたい方や、ビジネスでバリバリ活用したい方、クリエイティブな用途に使用したい方など、幅広いユーザーニーズに対応しています。

ラインナップが豊富で用途に合った機種を見つけやすいのがSurfaceパソコンの魅力。予算に応じて検討することも可能なので、ぜひチェックしてみてください。

おしゃれなデザイン

By: amazon.co.jp

おしゃれなデザインを採用しているのもSurfaceシリーズの魅力。筐体にアルミニウムやマグネシウム素材を使用しており、スリムでスタイリッシュながらしっかりとした剛性も兼ね備えたボディです。

デザイン性と機能性を高い次元で両立させているのが特徴。モニターのヒンジを見えないように設計するなど、細かな部分にもマイクロソフトのデザインに対するこだわりが感じられます。

なかには、高級車の内装によく使われている「アルカンターラ」をパームレストの素材として選択できるモデルも。より上質な質感を求める方におすすめです。

Surfaceの選び方

持ち運んで使いたいならSurface Pro / Surface Pro X シリーズ

By: amazon.co.jp

現行のSurface Proシリーズは、Pro 7とPro Xの2タイプ。どちらも、キーボードを接続すればノートパソコンとして使える2in1モデルです。

Pro 7は12.3インチ液晶を搭載しており、CPUにインテルのCore i3・i5・i7が選択できるなど、ノートパソコン並の性能を備えているのが特徴。携帯性とあわせて高い処理能力を求める方におすすめのモデルです。

一方のPro Xには13インチの高解像度液晶が搭載されています。CPUにクアルコム社と共同開発した「Microsoft SQ」を採用しているのが特徴。スマホやタブレットのCPUとして有名な「Snapdragon」をベースに開発されており、最大15時間のバッテリー駆動を実現しています。

さらに、LTE通信に対応しているので、どこにいるときでもネットに接続して使いたい方におすすめのモデルです。

ビジネスで使用するならSurface Laptop シリーズ

By: amazon.co.jp

Surface Laptopシリーズはクラムシェル構造を採用した、オーソドックスな形状のノートパソコンです。インテルのCore i5もしくはAMDのRyzen 5以上のCPUを採用。メモリ容量も標準で8GBを実装するなど、多くのビジネスアプリがストレスなく動作します。ハードなビジネスシーンにおすすめのシリーズです。

液晶モニターは13.5インチと15インチの2サイズを展開。携帯性を重視する方は13インチ、視認性を求める方なら15インチと、使い方に合わせて選べるので便利です。

以前から販売されているLaptop 3に加え、2021年4月にはLaptop 4が新たにラインナップされました。インテルのプロセッサが第11世代に変更されたり、バッテリーの駆動時間が長くなったりと、さらにパワーアップしているのでチェックしてみてください。

高性能な2in1が欲しいならSurface Book シリーズ

By: amazon.co.jp

Surface Bookシリーズは、脱着式の13.5もしくは15インチの液晶を搭載した2in1タイプのノートパソコンです。15インチモデルはCore i7プロセッサとNVIDIAのGPU「GeForce GTX 1660」を標準搭載。

また、13.5インチモデルでも同じスペック構成が選べるなど、高性能な2in1を探している方におすすめのシリーズです。パフォーマンス重視なら15インチモデル、携帯性を求めるなら13.5インチを選べばまず間違いありません。

一般的なビジネスユースはもちろん、ゲームや動画編集など負荷のかかる処理も高速でこなします。両モデルともタッチ操作とSurfaceペン入力に対応しており、クリエイティブな用途でも活躍。標準サイズのSDカードリーダーを搭載しているため、デジカメやスマホで撮影した写真やビデオをダイレクトに読み取ることが可能です。

手軽にSurfaceを購入したいならSurface Go シリーズ

By: amazon.co.jp

気軽に購入できる手頃な価格のSurfaceが欲しい方におすすめなのが、Surface Goシリーズです。

CPUはインテルのPentiumもしくはCore m3を採用。また、ストレージにはeMMCタイプをラインナップに加えるなど、価格を抑えるためのスペック構成がされています。ウェブサイトの閲覧や動画の視聴といった普段使いにぴったりです。

SSDモデルの設定もあるため、より快適な操作感を求める方は選んでみてください。上位モデルのProやPro Xと同様、別売のキーボードを接続すればノートパソコンとしても利用することが可能。ネットでの調べものやレポートの作成など、大学生の方にも役立ちます。

クリエイティブに適したデスクトップならSurface Studio シリーズ

By: rakuten.co.jp

Surface Studioは、マイクロソフトが販売する唯一のデスクトップモデルです。

CPUから独立したグラフィックチップや大容量のメモリを搭載する、クリエイティブな用途におすすめのシリーズ。自在に可動する超高解像度の大型モニターを備えており、レタッチや加工など細かな作業にもしっかりと対応できます。

大容量のSSDを実装しているため、撮影した写真やビデオ、ダウンロードした素材データなど、多くのファイルを余裕を持って保存することが可能です。高性能ながら本体が非常にコンパクトなのもポイント。オフィススペースの限られたSOHOの方にもぴったりのシリーズです。

Surfaceのおすすめモデル

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 7

バッテリー駆動時間が長く、外出先でも活躍する2in1型

12.3インチのタッチスクリーンを採用した、2in1型のSurfaceです。バッテリー駆動時間が最長10.5時間と長いのがおすすめポイント。高速充電機能が備わっているので、外出まで時間がないときでも安心です。

また、USB-AポートやUSB-Cポートを搭載。マウスやプリンター、スマホなど、さまざまな機器を接続して楽しめるのが特徴です。Netflixなどの動画配信サービスを視聴するための用途としても活躍します。

解像度は、2736×1824と精細。10点マルチタッチ機能を搭載しているため、複数の指やタッチペンを使って自由に操作できます。通勤や旅行などで気軽に持ち運べるSurfaceです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro X

複雑で高度な処理をスムーズにこなせる十分なスペック

LTE通信を採用したSurfaceです。キーボードを取り付ければノートパソコンとして、取り外せばタブレットとして使える2in1型。厚さ約7.3mmと薄いので、バッグの中にスッキリと収められます。

「Microsoft SQ 2」のプロセッサを搭載。Windows10のOSと組み合わせることで、複雑で高度な処理をスムーズにこなします。ストレージ容量は128GB・256・512GB、メモリ容量は8GB・16GBと十分なスペックです。

前面には、AI付きのWebカメラを採用。Web会議やミーティング中に、画面を見つめていても自然なアイコンタクトを取れるようになっているので、相手に好印象を与えやすいのが魅力です。なお、バッテリー駆動時間は最長15時間。一度充電すれば外出先でも快適に使えます。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Laptop 3

資料作成などを軽快に行えるノートパソコン

スタイリッシュなデザインがかっこいい、Surfaceのノートパソコンです。13.5インチと15インチの2種類のサイズをラインナップ。13.5インチモデルでは、サンドストーン・ブラック・コバルトブルー・プラチナの4種類からカラーを選択できます。

バッテリー駆動時間が最大11.5時間と長いのが魅力。さらに、スタンバイモードを搭載するなど、外出先で長時間の作業を行うことを考慮して設計されています。また、キーボードやガラス製のトラックパッドを使って、サクサクと操作できるのがうれしいポイントです。

また、従来モデルよりも強化された「遠距離用デュアルマイク」を搭載。Web会議や音声ファイルを再生したときに、よりはっきりと聞き取れます。資料作成やファイル共有などを軽快に行えるSurfaceです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Laptop 4

2021年4月に発表された「Surface Laptop」シリーズの最新モデルです。AMDのRyzen 5プロセッサと16GBの大容量メモリを搭載しているのが特徴。さまざまなアプリがサクサク動作します。マルチタスクを多用するハードなビジネス用途におすすめのモデルです。

最大19時間駆動するロングライフバッテリーを内蔵しているのも特徴。コンセントのない環境でも、1日中電池残量を気にせずに作業を行うことが可能です。また、Windows Hello対応の顔認証システムを搭載しているので、外出先での情報漏洩リスクを軽減。外回りの機会が多い方にピッタリのモデルです。

USBポートにType-AとType-Cを採用しているのもポイント。最新のデバイスを含めた、幅広い周辺機器を利用することが可能です。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Laptop Go

軽さが特徴のSurfaceノートパソコンです。本体重量は、わずか約1.11kg。バッテリー駆動時間は最長13時間なので、コンセントのない外出先で使いたい方におすすめです。

第10世代のIntel Core i5のプロセッサを搭載。ネットサーフィンはもちろん、映画視聴や資料作成などをスムーズに行えます。Bluetooth接続で、お気に入りの音楽をスピーカーで再生することも可能です。

また、720pのHDカメラを内蔵。Webミーティングや遠距離の友人との通話で、自分の顔をきれいに映し出せます。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Book 3

動画編集や負荷のかかるゲームをサクサクと行えるSurfaceです。第10世代のIntel Coreプロセッサを搭載。従来モデルよりも約50%速い速度で処理を行えます。

GPUには、NVIDIAのGeforceを採用。SSDストレージは、256GB・512GB・1TBの3種類から選択できます。また、16GB・32GBから選べるメモリを用意しており、クリエイティブ用途にもおすすめです。

バッテリー駆動時間は17.5時間と長いので、外出先でも利用しやすいのがポイント。さらに、省電力で待機駆動をする「スタンバイ」機能を搭載しています。バッテリー容量を無駄にすることなく、すぐ仕事を再開できるのが魅力です。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Go 2

10.5インチの小型画面を採用した、お手頃価格のSurfaceです。調べごとをしたり、気になったアイデアを書きとめたりするのに便利。スクリーン時間の制限や有料アプリ制限、コンテンツのフィルタリングなどを行えるので、子供にも安心して持たせられます。

ストレージはeMMC 64GB、SSD 128GBの2種類。MicroSDカードリーダーを使用して、最大1TBまで容量を拡張できるのがメリットです。「OneDrive Personal Vault」を利用すれば、重要なビデオや書類を2段階認証で保護できます。

さらに、音響技術の「Dolby Audio」を内蔵。ストリーミングによる映画視聴や、高音質な音楽ファイルの再生を快適に行えます。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Studio 2

プロ仕様の性能や機能を備えている、Surfaceの上位モデルです。Intel Core i7のCPUを搭載。メモリは16GB・32GBの2種類から選べます。NVIDIAの高性能GPUを搭載しているため、マルチタスクや負荷のかかる処理も快適です。

画面の大きさは28インチ、解像度は4500×3000。背面スタンドを傾けて、タッチパネルとしても使えるのが魅力です。思いついたデザインアイデアをSurfaceペンで書きとめたり、色彩の調節を指で行ったりと、活用の幅を広げられます。

さらに、SolidWorks・Adove Criative Cloud・Autodeskといったソフトウェアに対応。3DグラフィックやVR、ARなど、さまざまなクリエイティブワークで活躍します。

番外編|Surfaceのおすすめ純正アクセサリー

マイクロソフト(Microsoft) スリムペン付き Surface Pro X Signature キーボード

Surface Pro X専用のキーボード。高級感があり、手触りのよい「アルカンターラ素材」を採用しています。専用のスリムペンが付属し、キーボードに収納して充電可能。ペンを持ち運ぶ際、紛失の心配が少ないので安心です。

本体とはマグネットによって接続するため、いつでも気軽に着脱が可能。本体の画面を保護するカバーの役割も果たします。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro Signatureタイプカバー FFP-00139

Surface Pro 7の発売に合わせて、新色のポピーレッドとアイスブルーが追加されたキーボード付きカバー。歴代のSurface Proシリーズと互換性があるので使い回しが可能です。

アルカンターラ素材を採用しているので、手触りがよく汚れや水にも強いのが特徴。バックライトを搭載しているため、暗い場所でも快適にタイピングが可能です。

また、裏側に回すとキーを押しても反応しなくなるので、タブレットとして使用したいときにもわざわざ外す必要がないため便利です。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Go Signatureタイプカバー KCS-00039

Surface Go専用のタイプカバーです。カラーはプラチナ・コバルトブルー・バーカンディ・ブラックの4色をラインナップ。ブラック以外はアルカンターラ素材を採用しており、別素材を使用しているブラックは価格が安くなっています。

重量は245gと軽量なので、Surface Go本体と合わせても1kg以下。キーボードから音量や画面の明るさなどの操作ができる専用のボタンが配置されています。

暗い場所でもタイピングができるようにバックライトを搭載。コンパクトながらSurface Proシリーズのタイプカバーと同様の性能を有しているため、快適に使用できます。

マイクロソフト(Microsoft) Surfaceペン EYU-00055

Surfaceシリーズでの操作をより快適にするSurfaceペン。一部のモデルには対応していませんが、ペン先の傾きや4096段階の筆圧検知にも対応しているので、繊細な描画が可能です。閲覧中のWebサイトや資料に直接書き込めるため、校正作業やちょっとしたメモを取りたいときなどにも重宝します。

Surface ProやGoに磁石でくっつけられるのも純正品ならではの便利なポイント。ペン上部のヘッドボタンは、シングルクリック・ダブルクリック・長押しの3パターンでショートカットの割り振りが可能です。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Headphones GUW-00007

マイクロソフトによる初の本格的なワイヤレスヘッドホン。左右のハウジング部分にダイヤルを搭載し、ノイズキャンセリング機能の強弱と音量の調節が可能です。

タッチ操作にも対応しており、曲の再生や停止、スキップが行えます。ヘッドホンを外すと音楽が停止し、装着すると再び再生できるので便利。3.5mmステレオミニプラグを備えているため、有線での使用にも対応しています。

また、複数のデバイスとの同時接続を可能にする「マルチポイント機能」を搭載。バッテリー駆動時間は最大約15時間なので、外出先でも充電切れを気にせず使用できます。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Arc Mouse CZV-00071

特徴的なアーク型を採用したワイヤレスマウス。使用しないときは平らな状態にできるので、携帯性に優れています。本体は薄く軽量でかさばりにくいため、カバンなどに入れての持ち運びにぴったりです。

Mac OSやSurfaceシリーズ以外のパソコンでも問題なく使用可能。バッテリーには単4電池を2本使用しています。専用ソフトの「マウス キーボードセンター」を使用すれば、ボタン割り当てなどのカスタマイズが可能です。