最近は専用アプリを使えば誰でも手軽に写真編集ができるようになりました。画像の切り抜きや明るさ・コントラスト調節など、簡単な写真編集ならスマートフォンやタブレットでも可能ですが、クオリティの高さを求めるならある程度スペックの高い「ノートパソコン」が必要です。

そこで今回は写真編集に最適なノートパソコンをご紹介。選ぶ際の注意点やポイントなども解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

写真編集向けノートパソコンの選び方

ディスプレイをチェック

画面サイズ

By: amazon.co.jp

ひと口にノートパソコンといっても、コンパクトな13インチから画面の大きな17インチ超まで、さまざまな画面サイズがあります。使う用途やシチュエーションによって適切な画面サイズが異なるので、まずはどのくらいの画面サイズにするのか検討しましょう。

外出先には持ち運ばず決まった場所で使うなら「17インチ」、たまに持ち運んで使うなら「15インチ」、外出先メインで使うなら「13インチ」が選ぶ際の目安になります。携帯性を重視するなら、さらに画面の小さな「11インチ」も選択肢となりますが、画面が見にくく、本格的な写真編集の作業には向かないため注意が必要です。

表面加工処理

ノートパソコンのディスプレイには「グレア(光沢)」または「ノングレア(非光沢)」のどちらかの表面処理が施されています。画質を重視するなら、色が鮮やかに映ってコントラストの高いグレアがおすすめ。しかし、ディスプレイの表面の映り込みが激しいため、長時間の作業だと目が疲れるといったデメリットもあります。

一方でノングレアは、ディスプレイ表面に特殊な加工を施すことで外部からの映り込みを軽減し、グレアよりも目が疲れにくいのが特徴。長時間作業をするならノングレアがおすすめです。ただし、発色が地味でコントラストが低いため、画質を重視する方にはあまり向いていません。

解像度

解像度とは、画像を構成する細かい粒(ドット)が画面にどのくらい並んでいるかを示す数値です。ドットの数が少ないと全体的に粗っぽい映像になり、ドットの数が多いと細部まで鮮明に表示できます。ノートパソコンの画質を大きく左右する重要なポイントなのでしっかりとチェックしましょう。

選び方の目安として、一眼レフカメラや業務用カメラなど、本格的なカメラで撮影した写真を編集するなら「4K(3840×2160ドット)」、スマートフォンやタブレット、コンデジなどで撮影した写真を編集するなら「フルHD(1920×1080)」を目安に選びましょう。

スペックをチェック

CPU

写真編集用のPCには、Intelなら「Core i7」または「Core i5」シリーズのCPUを搭載したモデルを選びましょう。一般的な写真編集ならば「Core i5」がおすすめです。コストパフォーマンスがよく、ミドルクラス以上のノートパソコンで採用されています。

写真を扱う作業で高いCPU性能を要求される場合は、「Core i7」のモデルを選びましょう。特に、RAWデータをJPEGやTIFF形式に変換するRAW現像を行う場合は要チェック。情報量が多く、ファイルが大きくなるので、より高性能なCPUを選ぶと、快適に操作できます。

なお、AMDのCPU「Ryzen 7」はIntelの「Core i7」、「Ryzen 5」は「Core i5」とほぼ同等の性能。用途によってはIntelのCPUよりも快適に操作できる場合があり、リーズナブルなモデルが多いのがメリットです。

メモリ(RAM)

データを一時的に保管するメモリが多いほどパソコンは快適になります。本格的に写真編集を行いたい方にデルは、メモリを16GB以上搭載したノートパソコンがおすすめです。カメラマンに人気の現像ソフト「Adobe Lightroom Classic CC」では、12GB以上のメモリが推奨されています。

ただし、メモリ16GB以上のノートパソコンは、ほとんどがハイエンドクラスで高価です。デジカメやスマホで撮った写真のトリミングなどの軽い写真編集なら、8GBでも作業可能です。

ストレージ(ROM)

写真編集用PCのストレージは、種類と容量をチェックしましょう。HDDは安価で大容量ですが、アクセス速度が遅いのがデメリットです。

写真編集時には頻繁にデータをやりとりするため、基本的にはSSDがおすすめ。アクセス速度に優れており、リサイズなどで大量の写真を一括処理しても、負荷が少ないのがメリットです。

なお、ハイクラスパソコンのSSD容量は256GBが一般的。ただし、外部ストレージに移すなど、こまめにデータ整理する方は値段の抑えられる128GBモデルもおすすめです。また、ハイエンドモデルのなかには大容量512GBのSSDを内蔵したモデルもラインナップされています。予算と用途に応じて選びましょう。

グラフィックボード(GPU)

GPUは、映像の描画に関する計算処理を専門に行うプロセッサーです。写真編集に使うパソコンの場合、GPU性能の高さはあまり重視されません。

ただし、編集ソフトの効果が速く適用されたり、写真が速く表示されたりするので、より効率的に作業を行いたい方は、NVIDIA社や、AMD社のグラフィックボードが搭載されているかをチェックしてみてください。

写真編集のノートパソコンおすすめモデル

デル(Dell) XPS 15 9500

美しいディスプレイが特徴的な写真編集向けのノートパソコンです。フレームがギリギリまで細く設計された「InfinityEdgeディスプレイ」を採用し、解像度は4Kに対応。アスペクト比が16:10と縦に広いので、より多くの情報を表示できます。

CPUには、Core i7を採用。メモリも16GB搭載されているため、高度な編集やRAW現像もストレスなくスムーズにこなせます。ストレージのSSDは512GBと大容量なので、サイズが大きくなりがちなRAWデータも大量に保存可能です。

アルミの削り出しにアルマイト加工を施した、耐久性の高い筐体も魅力です。パームレスト部分にはカーボンファイバーが用いられており、おしゃれなデザインと軽量化を両立しています。

マウスコンピューター(Mouse Computer) DAIV D5N201101

写真編集におすすめのハイスペックなノートパソコン。15.6インチの大型ディスプレイを搭載しているので、広々とした作業スペースで写真編集が可能です。ノングレアの液晶パネルを採用しているため、長時間使用しても目への負担を最小限に抑えられます。

最大2.4Gbpsでの通信が可能なWi-Fi 6に対応。RAWデータのような重たいファイルもスムーズに転送できます。CPUにはCorei7を採用し、メモリは32GBを搭載。ハイスペックを活かした、高度な写真編集も可能です。

4K出力が可能なHDMIポートも搭載。手軽にマルチモニター環境を構築できます。ハイスペックながら持ち運べるサイズのため、デジタルカメラで撮影した写真をその場で取り込むような使い方も可能です。

バイオ(VAIO) VAIO SX14 VJS14390311B

持ち運びやすさと大画面を両立したノートパソコン。14インチのノングレア液晶ディスプレイを搭載しています。左右のベゼルをスリム化し13インチのノートパソコンと同等のサイズを実現しているので、一回り大きい画面を気軽に持ち運び可能です。

剛性の高いボディによる、静音キーボードが特徴のひとつ。キートップには独自の塗装が施されており、長期間の使用による汚れやテカりを防止できます。バックライトも内蔵されているため、薄暗い場所で写真を撮影しながらでも快適に使用可能です。

CPUにはCore i5を採用し、8GBのメモリと256GBのSSDを搭載しています。また、豊富なインターフェースも魅力のひとつです。SDカードも挿入できるので、デジタルカメラのデータをその場で読み込んで写真編集できます

ヒューレット・パッカード(HP) ENVY x360 28P29PA-AAAA

コンパクトで持ち運びやすいノートパソコン。13.3インチのディスプレイを360°回転させ、タブレットのように使用できる点が特徴です。タッチ操作にも対応しているので、写真編集や動画視聴などシーンに合わせた使い方ができます。

CPUにはCorei5を採用し、8GBのメモリを内蔵。バッテリーは最大で11.5時間持続するので、電源のない場所でも安心して使用可能です。

スリープ状態から1秒未満で復帰できる、スピーディーな動作も魅力のひとつ。指紋認証に対応するほか、カメラやマイクをワンタッチでオン・オフできるため、セキュリティ面も安心です。

富士通(Fujitsu) LIFEBOOK WA1/E2

写真を鮮やかに表示できるノートパソコン。狭額縁液晶を採用しており、スッキリとしたデザインでコンテンツへの高い没入感を体験できます。画面を開くとキーボードに傾斜がつく構造なので、快適なタイピングが可能です。

軽いタッチでもしっかりと反応する、レスポンスのよいキーボードを採用。キーの位置に合わせて重さが調節されているため、小指で打つ機会が多いキーもスムーズに入力できます。キートップが窪んだ形状を採用しているので、指にフィットしやすい点も魅力です。

CPUにはCore i7を搭載しているため、重たい写真編集も可能。高速かつ安定した通信ができる、Wi-Fi 6にも対応します。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Laptop 4

スタイリッシュなデザインのノートパソコン。13.5インチの「PixelSenseタッチスクリーン」は、直感的な操作が可能です。上部のカメラは顔認証に対応しているため、画面を開くだけでスムーズにロックを解除できます。

第11世代のCore i5と8GBのメモリを搭載。スマートフォンで撮った写真を素早く編集・加工し、SNSに投稿できます。ストレージのSSDは512GBと大容量なので、RAWデータや高解像度の写真などを大量に保存可能です。

キーボード周辺には手触りのよいAlcantara素材を使用。おしゃれかつ高性能なおすすめのノートパソコンです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) gram 16Z90P-KA75J

パワフルながら軽量なノートパソコンです。16インチの大型ディスプレイを搭載していながら、重量は1190gと非常に軽量。デジタルカメラと一緒にカバンに入れてもストレスを感じにくく、いつでも気軽に持ち出せる点が魅力です。

豊富なインターフェースを搭載。microSDカードスロットも搭載しているため、スマートフォンやデジタルカメラで撮影した写真データをその場で取り込み、編集できます。最大30時間連続で使用できる、バッテリー持ちのよさも特徴です。

第11世代のCore i7と16GBのメモリを搭載したハイスペックなノートパソコンなので、RAW現像もスムーズに行えます。大画面を持ち歩きたい方におすすめのノートパソコンです。

エイスース(ASUS) ZenBook 15 UX534FAC-A9067T

小型のサブディスプレイを搭載したノートパソコンです。15.6インチのディスプレイに加え、タッチパッド部分に「ScreenPad 2.0」と呼ばれるサブディスプレイを搭載。専用アプリが用意されているほか、2枚目の画面としても使用可能です。

画面を開くと自動でキーボードに角度がつく構造を採用。タイピング中の腕への負担を軽減できるのはもちろん、底面に空間ができるので、効率的に本体を冷却したり、スピーカーの音を響かせたりといった効果も期待できます。

8GBのメモリを搭載し、CPUにはCore i5を採用。本体重量が約1.7kgと比較的軽量でSDカードスロットも搭載しているため、持ち歩きたい方にもおすすめです。