最近は専用アプリを使えば誰でも手軽に写真編集ができるようになりました。画像の切り抜きや、明るさ・コントラスト調整など、簡単な写真編集ならスマートフォンやタブレットでも可能ですが、よりクオリティの高い写真編集になると、ある程度スペックの高い「ノートパソコン」が必要です。

そこで今回は写真編集に最適なノートパソコンをピックアップしてご紹介。選ぶ際の注意点やポイントなども分かりやすく解説するので、興味がある方はぜひ最後までチェックしてみてください。

写真編集向けノートパソコンの選び方

ディスプレイをチェック

By: amazon.co.jp

写真編集向けノートパソコンを選ぶにあたってディスプレイは非常に重要なポイントです。ディスプレイの性能によって見やすさや使いやすさが大きく違ってくるので、必ず自分に合ったディスプレイを選びましょう。

ディスプレイの性能をチェックする方法はいくつかありますが、初心者の方は「画面サイズ」「表面加工処理」「解像度」の3点をしっかりと確認することをおすすめします。

画面サイズ

By: amazon.co.jp

一口にノートパソコンと言っても、コンパクトな13インチから画面の大きな17インチ超まで、さまざまな画面サイズがあります。使う用途やシチュエーションによって適切な画面サイズが異なるので、まずはどのくらいの画面サイズにするのか検討しましょう。

目安として、外出先には持ち運ばず決まった場所で使うなら「17インチ」、たまに持ち運んで使うなら「15インチ」、外出先メインで使うなら「13インチ」がおすすめ。携帯性を重視するなら、さらに画面の小さな「11インチ」も選択肢としてありますが、画面が見にくく、本格的な写真編集の作業には向かないため注意が必要です。

表面加工処理

ノートパソコンのディスプレイには「グレア(光沢)」または「ノングレア(非光沢)」のどちらかの表面処理が施されています。画質を重視するなら、色が鮮やかに映ってコントラストの高いグレアがおすすめですが、ディスプレイの表面の映り込みが激しいため、長時間の作業だと目が疲れるといったデメリットがあります。

一方でノングレアは、ディスプレイ表面に特殊な加工を施すことで外部からの映り込みを軽減し、グレアよりも目が疲れにくくなっています。長時間作業をするならノングレアがおすすめですが、発色が地味でコントラストが低いため、画質を重視する方にはあまり向いていません。

解像度

解像度とは、画像を構成する細かい粒(ドット)が画面にどのくらい並んでいるかを示す数値です。ドットの数が少ないと全体的に粗っぽい映像になり、ドットの数が多いと細部まで鮮明に表示できます。ノートパソコンの画質を大きく左右する重要なポイントなのでしっかりとチェックしましょう。

選び方の目安として、一眼レフカメラや業務用カメラなど、本格的なカメラで撮影した写真を編集するなら「4K(3840×2160ドット)」、スマートフォンやタブレット、コンデジなどで撮影した写真を編集するなら「フルHD(1920×1080)」を目安に選びましょう。

スペックをチェック

CPU

写真編集用のPCには、Intelなら「Core i7」または「Core i5」シリーズのCPUを搭載したモデルを選びましょう。一般的な写真編集ならば「Core i5」がおすすめです。コスパがよく、ミドルクラス以上のノートパソコンで採用されています。

また、写真を扱う作業で高いCPU性能を要求される場合は、Core i7」のモデルを選びましょう。特に、RAWデータをJPEGやTIFF形式に変換するRAW現像を行う場合は要チェック。情報量が多く、ファイルが大きくなるので、より高性能なCPUを選ぶと、快適に操作できます。

なお、AMDのCPU「Ryzen 7」はIntelの「Core i7」、「Ryzen 5」は「Core i5」とほぼ同等の性能。用途によってはIntel製CPUよりも快適に操作できる場合があり、リーズナブルなモデルが多いのがメリットです。

メモリ(RAM)

データを一時的に保管するメモリが多いほどパソコンは快適になります。本格的に写真編集を行いたい方は、メモリを16GB以上搭載したノートパソコンがおすすめです。カメラマンに人気の現像ソフト「Adobe Lightroom Classic CC」では、12GB以上のメモリが推奨されています。

ただし、メモリ16GB以上のノートパソコンは、ほとんどがハイエンドクラスで高価です。デジカメやスマホで撮った写真のトリミングなどの軽い写真編集なら、8GBでも作業可能です。

ストレージ(ROM)

写真編集用PCのストレージは、種類と容量をチェックしましょう。HDDは安価で大容量ですが、アクセス速度が遅いのがデメリットです。

写真編集時には頻繁にデータをやりとりする機会があるため、基本的にはSSDがおすすめ。アクセス速度に優れており、リサイズなどで大量の写真を一括処理しても、ストレスが少ないのがメリットです。

なお、ハイクラスパソコンのSSD容量は256GBが一般的。ただし、外部ストレージに移すなど、こまめにデータ整理する方は値段の抑えられる128GBモデルもおすすめです。また、ハイエンドモデルのなかには大容量512GBのSSDを内蔵したモデルもラインナップされています。予算と用途に応じて選びましょう。

グラフィックボード(GPU)

GPUは、映像の描画に関する計算処理を専門に行うプロセッサーです。写真編集に使うパソコンの場合、GPU性能の高さはあまり重視されません。

ただし、編集ソフトの効果が速く適用されたり、写真が速く表示されたりするので、より効率的に作業を行いたい方は、NVIDIA社や、AMD社のグラフィックボードが搭載されているかをチェックしてみてください。

写真編集のノートパソコンおすすめモデル

ヒューレットパッカード(HP) HP Spectre x360 15 df0000

高精細な4K画質15.6インチディスプレイを搭載した、ヒューレットパッカードのハイスペックノートパソコン。タッチ入力に対応しているとともに、付属のSpectreアクティブペン2を使ってペン入力も可能です。

CPUはベース周波数2.2GHzの第8世代「Intel Core i7 8750H」。ターボブースト時には最大4.11Hzの高速動作が可能です。メモリは16GBと写真編集に充分な容量。さらに、ストレージは高速な「NVMe M.2」タイプのSSDを512GB内蔵しており、大量の写真を保存できます。

GPUとして、ゲーミングパソコン用の「NVIDIA Geforce GTX 1050Ti」を搭載しているのも魅力のひとつ。4K映像をコントラスト豊かなHDR(ハイダイナミックレンジ)で表示できます。ノートパソコンながらも、デスクトップ並の高性能を求める方におすすめのモデルです。

ヒューレットパッカード(HP) ENVY x360 15 cp0000

削りだし加工のアルミニウムボディが美しい、ヒューレットパッカードのハイクラスノートブックです。タッチ操作やペン入力が可能な15.6インチディスプレイは解像度1920×1080のフルHDに対応。一般的なソーダガラスの8倍以上の耐久性を有し、ひっかきキズにも強い「Gorilla Glass NBT」を使用しています。

CPUには、メディア編集速度に優れた「AMD Ryzen 5 3500U」を採用。GPUは「AMD RADEON VEGA」を搭載しており、高性能なグラフィックス性能を有しています。

駆動時間は最大約13時間。外出先でも電池切れが起きにくく、1日利用可能です。急速充電「HPファーストチャージ」機能を搭載しているため、45分充電すれば6時間使用できます。急に外出する時などに便利な機能です。

富士通(FUJITSU) LIFEBOOK UH95/D2 FMVU95D2B

本体重量868gと最軽量クラスの13.3型モバイルノートパソコンです。画質は1920×1080のフルHD。CPUはクアッドコアの「Intel Core i7-8565U」を使用しており、メインメモリは8GB内蔵しています。大容量512GBのSSDを備えているため、多くの写真や画像をパソコン本体に保存可能。頻繁にデータ整理する手間を省けます。

入出力端子としては、USB3.0Type-Aに加え、給電可能なUSB3.1Type-Cポートを各2基搭載。加えて、HDMI出力ポートや有線LANポートをそれぞれ1基備えています。そのほか、「Microsoft Office Home & Business 2019」がインストールされているので、仕事用の資料作成にも対応できるモデルです。

マウスコンピューター(MouseComputer) DAIV-NG5300S2-S2

写真編集・RAW現像を快適に行うために設計された、高性能ノートパソコン。CPUはデスクトップ用の最新第9世代「Intel Core i5 9400」を採用しています。NVIDIAのグラフィックボード「GeForceMX250」を内蔵しているので、描画性能も優秀です。

また、16GBのメモリを搭載しているため、大量の写真を一括処理しても快適。ストレージも高速な「M.2 SSD」の256GBを採用しており、充分な容量を有しています。さらにBluetooth5.0にも対応しており、デジタル一眼カメラやスマホなどとのデータ転送も簡単です。

ディスプレイには、目が疲れにくいノングレアの15.6型フルHDを搭載しているのも魅力のひとつ。高性能CPUとグラフィックボード、および大容量メモリとストレージを搭載したコスパ良好のおすすめモデルです。

デル(DELL) Latitude 5300 13.3インチ 2-in-1 プレミアムモデル

13.3インチの小型画面で解像度1920×1080のフルHDに対応した、デルの2in1ノートパソコン。ノートパソコンモードのほか、テントやスタンドモードなどさまざまなスタイルで利用できるため、カフェや電車、飛行機内で使いやすいのがメリットです。

CPUは第8世代「Intel Core i5-8365U」。周波数1.6GHzのクアッドコアプロセッサー。メモリは8GB、そしてPCIe接続の「NVMe M.2 SSD」を256GB内蔵しています。従来のSATA接続SSDに比べて、大幅に高速なのがポイントです。

そのほか、急速充電「ExpressCharge」機能を搭載しており、1時間で約80%の充電が可能。さらに「Dell Power Manager」で、4つのモードから適切なモードを選択することにより、パフォーマンスと駆動時間の最適なバランスを取れます。外出先でパソコンを使用することが多い方におすすめのモデルです。

デル(DELL) Latitude 3500 15インチモデル

お手軽価格がメリットの、デル15インチノートパソコンです。ディスプレイは解像度1366×768のHDノングレア画面。1.6GHzの「Intel Core i5 8265U」プロセッサーは最大3.9Gzで動作可能です。メモリは8GB、ストレージは500GBのHDDを内蔵しています。

入出力端子は、電源供給およびDisplayPort対応の「USB Type C3.1 Gen1」「USB 3.1 Gen1」「HDMI」などをはじめ、豊富に搭載しています。

高さ1.8cmとスリムで、約2kgと軽量なこともメリット。ファイル容量の小さなJPEG形式の写真など、比較的軽い写真編集を行う方におすすめのリーズナブルなノートパソコンです。

レノボ(Lenovo) ThinkPad X1 Extremeo 20MF0004JP

1920×1080のIPSパネルを使用した、15.6型フルHDノートパソコンです。デスクトップ用の高性能CPU「Intel Core i5 8300H」を採用。メモリは標準8GB内蔵で、最大64GBまで搭載可能。動画編集やエンコードなど高負荷作業をする場合も、メモリを増設することで柔軟に対応できます。

ストレージは容量256GBの「NVMeM.2」タイプ高速SSDを採用。また、DDR5メモリ4GBを内蔵したNVIDIAのミドルクラスグラフィックボード「GeForceGTX1050Ti」を搭載しており、鮮明な画像を高速で描画できます。。

インターフェースはUSB3.0、USB3.1Type-Cをそれぞれ2ポート、HDMIを1ポート備えており、拡張性も充実。外部ディスプレイには、4096×2160という圧倒的な高解像度で出力できます。写真編集上級者におすすめのハイスペックノートパソコンです。