最近は専用アプリを使えば誰でも手軽に写真編集ができるようになりました。画像の切り抜きや、明るさ・コントラスト調整など、簡単な写真編集ならスマートフォンやタブレットでも十分ですが、よりクオリティの高い写真編集になると、ある程度スペックの高いノートパソコンが必要です。

そこで今回は写真編集に最適な人気のおすすめノートパソコンをピックアップしてご紹介。選ぶ際の注意点やポイントなども分かりやすく解説するので、興味がある方はぜひ最後までチェックしてみてください。

写真編集向けノートパソコンの選び方

ディスプレイをチェック

By: amazon.co.jp

写真編集向けノートパソコンを選ぶにあたってディスプレイは非常に重要なポイントです。ディスプレイの性能によって見やすさ・使いやすさが大きく違ってくるので、必ず自分に合ったディスプレイを選びましょう。ディスプレイの性能をチェックする方法はいくつかありますが、初心者の方は「画面サイズ」「表面加工処理」「解像度」の3点をしっかりと確認することをおすすめします。

画面サイズ

By: amazon.co.jp

一口にノートパソコンと言っても、コンパクトな13インチから画面の大きな17インチ超まで、さまざまな画面サイズがあります。使う用途やシチュエーションによって適切な画面サイズが異なるので、まずはどのくらいの画面サイズにするのか検討しましょう。

目安として、外出先には持ち運ばず決まった場所で使うなら「17インチ」、たまに持ち運んで使うなら「15インチ」、外出先メインで使うなら「13インチ」がおすすめ。携帯性を重視するなら、さらに画面の小さな「11インチ」も選択肢としてありますが、画面が見にくく、本格的な写真編集の作業には向かないため注意が必要です。

表面加工処理

ノートパソコンのディスプレイには「グレア(光沢)」または「ノングレア(非光沢)」のどちらかの表面処理が施されています。画質を重視するなら、色が鮮やかに映ってコントラストの高いグレアがおすすめですが、ディスプレイの表面の映り込みが激しいため、長時間の作業だと目が疲れるといったデメリットがあります。

一方でノングレアは、ディスプレイ表面に特殊な加工を施すことで外部からの映り込みを軽減し、グレアよりも目が疲れにくくなっています。長時間作業をするならノングレアがおすすめですが、発色が地味でコントラストが低いため、画質を重視する方にはあまり向いていません。

解像度

解像度とは、画像を構成する細かい粒(ドット)が画面にどのくらい並んでいるかを示す数値です。ドットの数が少ないと全体的に粗っぽい映像になり、ドットの数が多いと細部まで鮮明に表示されます。ノートパソコンの画質を大きく左右する重要なポイントなのでしっかりとチェックしましょう。

選び方の目安として、一眼レフカメラや業務用カメラなど、本格的なカメラで撮影した写真を編集するなら「4K(3840×2160ドット)」、スマートフォンやタブレット、コンデジなどで撮影した写真を編集するなら「フルHD(1920×1080)」を目安に選びましょう。

CPUをチェック

CPUは「中央演算処理装置」の略称で、プログラムに従ってデータの処理を行う「頭脳」にあたるパーツです。ノートパソコンの性能を大きく左右する重要なパーツなので、使う用途に合ったCPUをしっかりと選ぶ必要があります。写真編集向けノートパソコンを選ぶ際には「コアの数」「クロック周波数」の2点をしっかりと確認しましょう。

コアの数

コアは実際に演算処理を行っているCPUの中核にあたる部分です。元は1つのCPUに1コア(シングルコア)しかありませんでしたが、技術が進化したことで、2コア(デュアルコア)・4コア(クアッドコア)と最近は1つのCPUに複数のコアが搭載されるようになりました。基本的にはコアの数が多いほどパソコンの処理能力が上がるので、写真を快適に編集したいならコアの数が多いCPUを選びましょう。

選び方の目安として、高度な写真編集をする方や大量の写真を書き出す方は「6コア(ヘキサコア)」がおすすめ。ただし、CPUのコア数が多くなるにつれてパソコンの価格も高くなるため、コストパフォーマンスを重視するならワンランク下の「4コア(クアッドコア)」を選ぶのもよいでしょう。

クロック周波数

クロック周波数はCPU内の回路が1秒間に振動(クロック)する回数を表しています。例えば、クロック周波数が1.0GHzのCPUだと1秒間に10億回のクロック信号を発生させているということになります。基本的にはクロック周波数が高いほど処理速度が早くなるので、CPUを選ぶ際にはこちらもしっかりとチェックしましょう。

選び方の目安として、高解像度の写真を快適に編集したいならクロック周波数は「3.0GHz以上」、性能と価格のバランスで選ぶなら「2.0GHz以上」がおすすめです。ちなみに、CPUの中にはクロック周波数の動きを一時的に早めて処理速度を向上させる「ターボ・ブースト機能」を搭載したモデルもあるので、より快適に写真編集したいならターボ・ブースト機能の有無も合わせて確認しましょう。

メモリ(RAM)をチェック

メモリ(RAM)は「Random Access Memory」の略称で、作業中のデータを一時的に保存しておくパーツです。動画を見たり、調べモノをしたり、負荷の小さな作業が中心ならあまり気にする必要はありませんが、高負荷が掛かる写真編集の際にはRAMの性能が重要になってきます。

基本的にはRAMの容量が多いほどパソコンの処理能力が上がるため、写真を快適に編集したいなら「8GB」を、予算に余裕があるなら「16GB」を目安に選ぶとよいでしょう。

ちなみに、RAMにもCPUのクロック周波数と同じように「メモリクロック」というモノが決められているので、より快適に写真を編集したいならメモリクロックの性能もしっかりとチェックしましょう。使い方にもよりますがメモリクロックは「2400MHz」以上あると安心です。

ストレージ(ROM)をチェック

ストレージ(ROM)は「Read Only Memory」の略称で、写真や動画、システムデータなど、さまざまなデータを保存しておくパーツです。ROMには大きく分けて「ハードディスクドライブ(HDD)」「ソリッドステートドライブ(SSD)」の2種類があるので、それぞれの違いや特徴をしっかりと理解しておきましょう。

ハードディスクドライブ(HDD)

ハードディスクドライブ(HDD)は、磁気ヘッドを使って情報の読み書きをする従来型のROMです。記憶容量が大きい・価格が安いなどのメリットがあるので、コストパフォーマンスを重視する方におすすめ。

一方でHDDは構造上、耐衝撃・耐熱性に弱いため、耐久性を重視する方にはあまり向いていません。読み取り速度が遅いのも欠点なので、処理に負荷の掛かる画像編集ソフトを使う方や、大量の写真を書き出す方は注意が必要です。

ソリッドステートドライブ(SSD)

ソリッドステートドライブ(SSD)は、フラッシュメモリという半導体メモリに情報の読み書きをする最新型のROMです。HDDよりも可動部が少ないことで、読み取り速度が速いといった利点があります。ソフトウェアの起動時間や、写真の書き出し速度はHDDと比べてもかなり早いので、サクサク快適に写真を編集したい方におすすめ。耐衝撃性・耐熱性に強く壊れにくいのが大きなポイントです。

ただし、SSDは記憶容量が少ないゆえに本体価格が高いので、コストパフォーマンスを重視する方や、たくさん写真を編集したい方にはあまり向いていません。使用時間と書き込み回数が多いと寿命が短くなるといった欠点もあるので、写真編集する機会が多い方は注意が必要です。

グラフィックボード(GPU)をチェック

グラフィックボード(GPU)は「Graphics Processing Unit」の略称で、処理した画像をディスプレイに映し出すためのパーツです。GPUの性能が低いと演算処理に時間が掛かってしまい、写真編集時に動作が遅くなったり、十分な画質を引き出せなかったりします。ノートパソコンのグラフィック性能を大きく左右する重要なポイントなので、用途に合ったGPUをしっかりと選びましょう。

現在ノートパソコンのGPUでは、プロセッサ内蔵の「Intel HD Graphics 」を搭載したモデルが一般的です。ただし、より性能のよいGPUを求めるのであれば、NVIDIA社や、AMD社のグラフィックボードも選択肢に入ります。

写真編集のノートパソコンおすすめモデル

LGエレクトロニクス(LG Electronics) LG gram 17Z990-VA76J

LGエレクトロニクス(LG Electronics) LG gram 17Z990-VA76J

LGエレクトロニクスのハイエンドノートPCです。CPUには「Intel Core i7-8565U」、メモリには「8GB DDR4 2400MHz」、ストレージには「SSD 512GB」を搭載。グレア加工が施された高精細の「WQXGAパネル(2560×1600)」を採用しているので、高解像度の写真も快適に編集できます。

機能面では、ワンタッチで起動やロック画面の解除ができる「指紋認証」や、最大40Gbpsのデータ速度を実現した高速インターフェイス「Thunderbolt 3」、フル充電で最大22時間使える「72Whバッテリー」を搭載。コンパクトさを際立たせる「スリムベゼル」を採用することで、17インチの大画面ディスプレイを搭載していながら15.6インチモデル並みのコンパクトさを実現しているのも大きなポイントです。

エイスース(ASUS) X570UD X570UD-8550

エイスース(ASUS) X570UD X570UD-8550

4K UHDディスプレイを採用した15.6型ノートパソコンです。色域はNTSC 72%とsRGB 100%に対応しているので、高い色再現度を生かしてプロのような本格的な写真編集が行えます。CPUには「Core i7 8550U(最大4.00GHz)」、メモリには「16GB DDR4 2400MHz」、ストレージには「HDD 1TB」と「SSD 256GB」を採用。高性能な写真編集向けノートパソコンが欲しい方におすすめの一台です。

また、わずか49分でバッテリーを60%まで充電できる「急速充電」や、コンテンツに応じて4つのモードで画質を最適化する「Splendidテクノロジー」、パームレストの温度を36℃以下にキープする「IceCoolテクノロジー」など、便利なオプションが充実しているのもポイント。臨場感あふれるサウンドが楽しめる「Sonic Master テクノロジー」を搭載しているので、ゲームや映画などエンターテイメントを楽しむのにも最適です。

アップル(Apple) MacBook Pro MR942J/A

アップル(Apple) MacBook Pro MR942J/A

アップルの高性能ノートパソコン「MacBook Pro」の2018年モデルです。6個のコアを搭載した第8世代CPU「Intel Core i7(最大4.10GHz)」や、大容量メモリ「16GB DDR4 2400MHz」、高速ストレージ「SSD 256GB」を搭載しているため、負荷のかかる高度な画像編集でも快適に行えます。これだけスペックが高いにも関わらず、重量はわずか1830gと軽量なのもポイント。

GPUには高性能な「Radeon Pro 555X」、ディスプレイには高解像度の「Retinaディスプレイ(2880×1800)」を搭載しているので、写真編集だけでなく動画編集にも向いています。指先ひとつでロックを解除する「Touch ID」や、さまざまな機能のショートカットキーを割り当てられる「Touch Bar」、音声アシスタント機能「Siri」など、ハイエンドモデルならではの便利な機能も魅力です。

レノボ(Lenovo) YOGA BOOK with Windows ZA160037JP

レノボ(Lenovo) YOGA BOOK with Windows ZA160037JP

さまざまな使い方ができる10.1インチのノートパソコン。ボディサイズは幅256.6x奥行き170.8x厚さ9.6mで、重量はわずか690gと軽量なので、コンパクトな写真編集向けノートパソコンが欲しい方におすすめです。高速インターネット接続が可能な「SIMフリー」対応モデルなので、場所を気にせずどこでも気軽に写真編集ができます。

CPUには「Atom x5-Z8550(最大2.40GHz)」、メモリには「4GB DDR3」、ストレージには「フラッシュメモリ 64GB」を採用。テレビやモニターに繋いで写真編集ができる「Micro HDMI」を搭載しているので、より高精細なディスプレイに接続して本格的な写真編集をしたい方にもおすすめです。

機能面では、筆圧2048レベル対応の「ペンタブレット機能」や、利用シーンに合わせて360°開くヒンジを備えています。タブレットPCやペンタブレットとして使えるのも大きな特徴です。

エイサー(Acer) ASPIRE E5-576-N34G/K

エイサー(Acer) ASPIRE E5-576-N34G/K

写真編集向けノートパソコンは欲しいけど価格が高くて手が出せないという方におすすめの製品です。わずか5万円弱で買える製品にも関わらず、CPUには「Intel Core i3 7020U(最大2.30GHz)」、メモリには「4GB DDR3」、ストレージには「HDD 1TB」を採用。ディスプレイの解像度は「フルHD(1920×1080)」に対応しているので、高解像度の写真も快適に編集できます。

天板にスタイリッシュでメタリックな「テキスタイルパターン」を採用することで、低価格モデルながら高級感のあるデザインに仕上がっているのもポイント。目に有害なブルーライトを最大54%カットする「Acer BluelightShield」搭載モデルなので、長時間作業をする方にもおすすめです。

ヒューレットパッカード(HP) ENVY 13-ah0011TU 4JA37PA-AAAA

ヒューレットパッカード(HP) ENVY 13-ah0011TU 4JA37PA-AAAA

HPの人気シリーズ「ENVY」の2019年モデルです。CPUには「Intel Core i5 8250U(最大3.40GHz)」、メモリには「8GB DDR3 2133MHz」、ストレージには「SSD 256GB」を採用。高解像度の写真編集もサクサク動く十分なスペックを備えています。左右のベゼルを極限まで削ぎ落とした「ナローベゼル」を採用することで、13.3インチのコンパクトサイズながら画面がすっきり見やすいのもポイント。

どこから見ても美しい気品あふれる洗練された「アルミニウムボディ」や、高級な包丁やナイフにも使われる「ダマスカス鋼」のような風合いを採用することで、スタイリッシュなデザインに仕上がっているのも魅力です。インターフェイスには、USB2.0よりも最大10倍の速度でデータ転送が可能な「USB Type-C 3.1(Gen1)」を搭載しているので、容量の大きな写真もスムーズに転送・コピーできます。

日本電気(NEC) LAVIE Note Mobile NM550/MA

日本電気(NEC) LAVIE Note Mobile NM550/MA

コンパクトボディを採用した軽量ノートパソコン。重量わずか910gにも関わらず、CPUには「Intel Core i5 8200Y(最大3.90GHz)」、メモリには「8GB LPDDR3」、ストレージには「SSD 256GB」を採用。一回の充電で約11.5時間使える「大容量バッテリー」を搭載しているので、室内はもちろん外出先で頻繁に写真編集をする方にもおすすめです。

機能面では、指でタッチするだけでロックの解除ができる「指紋認証」や、スマートフォンの充電ができる「パワーオフUSB充電機能」、音質調整と音響効果で臨場感あふれる音を再現する「AudioEngine」を搭載。写真編集だけでなくプライベートでも使える便利な一台です。パールブラック・パールホワイト・メタリックピンクの3色から選べる豊富なカラーバリエーションも魅力です。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Book 2 HMW-00034

マイクロソフト(Microsoft) Surface Book 2 HMW-00034

マイクロソフトの最先端技術が詰まった高性能モデルです。ディスプレイとキーボードが分離できる「特殊なヒンジ構造」を採用しているので、用途やシチュエーションに応じて、ラップトップモード・タブレットモード・スタジオモード・ビューモードを自由に使い分けることができます。専用オプションの「Surface ドック」や「Surface ペン」を使えば、デスクトップPCやペンタブレットとして使えるのも魅力です。

CPUには「Intel Core i5 7300U(最大3.50GHz)」、メモリには「8GB DDR3 1866MHz」、ストレージには「SSD 256GB」を採用。処理の重い写真編集ソフトもサクサク快適に動きます。最大解像度3000×2000の13.5インチ「PixelSense ディスプレイ」を採用しているのも大きなポイント。ワンランク上の写真編集向けノートパソコンが欲しい方にピッタリの一台です。

マウスコンピューター(MouseComputer) m-Book B507H

マウスコンピューター(MouseComputer) m-Book B507H

価格と性能のバランスに優れたノートパソコンです。4個のコアを搭載した高性能CPU「Intel Core i7 8550U(最大4.00GHz)」や、大容量メモリ「8GB DDR4 2400MHz」など、高性能なパーツを採用しているにも関わらず、価格は10万円以下とコストパフォーマンスに優れています。ストレージには大容量の「SSD 512GB」を採用しているので、たくさんの写真を編集・保存したい方にもおすすめです。

薄さ約23mmのスリムなボディにも関わらず、4K出力が可能な「HDMI端子」、アナログ入力形式の映像機器が接続できる「D-Sub出力端子」、Type-AとType-C形状の両方を備えた「USB3.0端子」など、インターフェイスが充実しているのもポイント。画面の映り込みをおさえた「ノングレア液晶」を採用しているので、長時間の写真編集にもおすすめです。