パソコン選びのなかでも難しいのが、動画編集向けのノートパソコンです。編集アプリの充実によって、初心者でも比較的簡単に動画を編集できる環境が整ってきました。しかし、編集アプリを利用するにはパソコン側に相応のスペックが必要となります。

また、ノートパソコンには豊富な種類があり、初心者はどれを選んだらよいのか迷ってしまいがちです。そこで今回は、動画編集に適したノートパソコンをご紹介。選び方も解説します。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

動画編集に最適なノートパソコンの選び方

CPUの性能をチェック

CPUはパソコンのさまざまな制御をおこなうパーツです。現在ではパソコン向けのCPUは「インテル(Intel)」と「アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)」の2社が有名。パソコンの基本性能に直接関わるので、購入前にしっかりとチェックしておきましょう。

CPUの大まかな性能は、コア数やスレッド数、クロック周波数などで把握が可能。コア数とスレッド数は「4コア8スレッド」などのように表記され、数が増えるほど高性能になります。クロック周波数はCPUの処理速度を示し、単位は「Hz」。コア数・スレッド数と同様に数値が大きいモノほど処理性能が速くなります。

Intelは主に「Core i」シリーズを、AMDは主に「Ryzen」シリーズを展開。動画編集用であれば、Core i5~9およびRyzen 5~9を搭載したモデルがおすすめです。

メモリ容量をチェック

By: msi.com

メモリは、パソコンで処理したデータの一時保管場所としての役割を持っています。GBという単位で表記され、数値が高いほど作業領域が広くなり、より多くのデータをメモリ上に保持しておくことが可能です。動画ファイルなどの大容量データを扱っても処理落ちしにくく、スムーズに作業を進められます。

動画編集用のノートパソコンとしては最低8GB、可能であれば16GB以上の大容量メモリを搭載したモデルがおすすめ。本格的な動画編集の場合、16GBほどのモデルでないと快適な環境で作業を進めるのは難しい傾向があります。

また、メモリを後から増設できるかどうかも重要。最近の薄型ノートパソコンはメモリがマザーボード(基盤)に直付けされている場合が多く、購入後にメモリの増設ができないモノが多いため注意が必要です。ノートパソコンを長く快適に使用したい場合は、あらかじめ増設に対応しているかどうかも確認しておきましょう。

GPUの性能をチェック

GPUは「Graphics Processing Unit」の略称で、パソコンの映像に関する処理をおこなうパーツです。GPUを内蔵したCPUなら、独立したGPUがなくても映像の処理は可能。ただし、CPU内蔵型GPUはあくまでもCPUの機能の一部にすぎないので、性能は限られます。

動画編集で使用するノートパソコンであれば、独立したGPUを搭載したクリエイター向けのモデルやゲーミングノートパソコンがおすすめです。独立型のGPUは、NVIDIAの「GeForce」シリーズとAMDの「Radeon」シリーズが主流。高性能GPUを搭載したノートパソコンであれば、デスクトップパソコンにも劣らない優れた映像処理能力を発揮します。

ストレージ容量をチェック

ストレージはデータを保管するための部品。メモリがデータの一時的な取り置きに使われるのに対し、ストレージはデータの長期的な保存に使用されます。

メディアの種類としては、HDDとSSDの2つが主流。HDDはSSDと比較して処理速度が遅く、衝撃にも強くありません。しかし、容量あたりの単価が安く大容量でも入手しやすいので、コスパを重視する方におすすめです。

一方、SSDはHDDと比べて処理速度が速く、衝撃に強いうえ静音性に優れているのが魅力。しかし、容量あたりの単価がHDDより高いため、コストがかさんでしまうのが難点です。

また、ストレージにHDDとSDDを併用した機種もラインナップされています。OSやアプリなど、頻繁に読み込むモノはSSDで高速処理しつつ、素材や完成コンテンツはHDDへ大量に保存可能。読み込み速度と容量の大きさを両立させたい方におすすめです。

画面サイズと解像度をチェック

By: gigabyte.com

動画編集を快適に進めるには、ディスプレイのサイズにも注目しましょう。動画素材を画面に大きく表示させつつ、各編集項目を快適に操作するためには、15インチ以上の画面サイズがおすすめです。

外付けディスプレイを使用するのもひとつの手ですが、ノートパソコンの小型軽量や手軽さを活かしたいのであれば、単体でも快適な作業ができる画面サイズを選びましょう。

また、ディスプレイの解像度も重要です。現在主流のフルHD動画を編集する場合は、ディスプレイもフルHD解像度のモノで十分。しかし、4K動画を編集する場合は、素材を忠実に再現表示するためにディスプレイも4Kに対応している必要があります。

4K対応ディスプレイなど、高精細表示のディスプレイは、画像・動画の輪郭や文字がくっきり表示されるのも特徴。目にかかる負荷が少なく、長時間の使用でも疲れにくいのでおすすめです。

動画編集におすすめのノートパソコン|注目のモデル

ギガバイト(GIGABYTE) AORUS 17H BXF-74JP554SH

デスクトップパソコン並みに高性能で、動画編集にもおすすめのゲーミングノートパソコンです。CPUは第13世代のCorei 7、メモリは16GB。GPUには「GeForce RTX 4080 Laptop」を採用しています。

マルチタスクでも高速に動作し、快適に作業を行うことが可能。また、リフレッシュレートは360Hzも高く、なめらかで臨場感あふれる映像を楽しめます。

15インチノートパソコンのボディサイズに、17.3インチのスクリーンを搭載。超狭小ベゼルで画面占有率が高く、ハイスペックながらコンパクトサイズを実現しているのもポイントです。さらに、99Whrと大容量バッテリーを搭載しており、持ち運んで作業するのにも適しています。

独自の冷却技術「WINDFORCE」により、負荷の高いソフトを使用する際に安定して動作するのも魅力。ゲーマー・クリエイターともに満足できるスペックのモデルです。

動画編集におすすめのノートパソコン|コスパ重視

アップル(Apple) 13インチ MacBook Air MGND3JA

アップル(Apple) 13インチ MacBook Air MGND3JA

MacBookシリーズのなかでは、安い価格で購入できるモデル。8コアCPUと7コアGPUのM1チップを採用しているため、処理性能・グラフィック性能ともに良好です。

また、ストレージ容量は512GBとフルHD解像度程度の動画編集作業であればストレスなくこなせます。これから動画編集をはじめる、初心者におすすめのノートパソコンです。

13.3インチのRetinaディスプレイを搭載。2560×1600ピクセルの高精細表示が可能なため、細かな部分を確認しながら作業が進められます。さらに、携帯性に優れているのもポイントです。厚さ1.61cmと薄型。重さは1.29kgと軽量なので、カバンやリュックの中でかさばらず容易に持ち運びできます。

エムエスアイ(MSI) ビジネスノートPC Summit-E16Flip-A12UCT-1817JP

360°回転するヒンジを備えた、2in1タイプのノートパソコンです。利用シーンに応じてモードを切り替えたい方におすすめのモデル。動画編集時はラップトップ、イラストなどを画面に直接描き込む際はタブレットなど、使いやすいモードが選べます。

Core i5ながら第12世代のプロセッサと「GeForce RTX 3050」を実装しているため、処理性能・グラフィック性能ともに良好です。2560×1600解像度の16インチ液晶を搭載。16:10のアスペクト比を採用しているので、大きな画面と広い表示領域により作業が快適に進められます。

エイスース(ASUS) ASUS TUF Gaming F17 FX707ZC4-I7R3050

フルHD表示が可能な17.3インチ液晶を搭載した、動画編集におすすめのノートパソコンです。大画面で動画編集作業をしたい方にぴったりのモデル。第12世代のCore i7と16GBメモリを搭載しているほか、NVIDIAのGPU「GeForce RTX 3050」を実装しています。

84枚のブレードを備えたオリジナルファン「Arc Flow Fans」を搭載しているのもポイント。4箇所の大型通気孔や4本のヒートパイプにより、内部で発生した熱を素早く冷却します。長時間使用するシーンでも、パフォーマンスの低下を最小限に抑えることが可能です。

デル(Dell) Dell G15 5520 ゲーミング ノートパソコン NG9F5A-CHLDG

デル(Dell) Dell G15 5520 ゲーミング ノートパソコン NG9F5A-CHLDG

第12世代のCore i7プロセッサと16GBのメモリを搭載したノートパソコンです。動画編集が快適におこなえる、コスパに優れたノートパソコンを求める方におすすめ。2か所の吸気口や4つの通気口、超薄型ファンブレードなど、優れた冷却システムを備えているため、低温の環境を維持しやすい設計です。

HDMI・USB Type-C・USB Type-Aポートを搭載。大型の外部モニターや外付けHDDなど、さまざまな周辺機器が利用できます。有線LANポートを備えており、大容量の動画ファイルを短時間で送受信しやすいのも便利です。

レノボ(Lenovo) IdeaPad Gaming 370 82SC0009JP

レノボ(Lenovo) IdeaPad Gaming 370 82SC0009JP

16インチの大画面液晶を搭載したノートパソコンです。広い作業スペースで、快適に動画編集がおこなえます。広視野角のIPSパネルを採用しているため、斜めからでも色変化の少ないキレイな映像が確認可能。表面にノングレア処理が施されており、外光の反射が抑えられるのも嬉しいポイントです。

CPUはRyzen 7 6800H、メモリは16GB、ストレージは512GBを備えています。また、HDMI・USB Type-C・USB Type-A・有線LANポートを搭載するなど、インターフェースは充実。USB Type-CポートはUSB 3.2 Gen2規格に対応しているので、最大10Gbpsの高速なデータ転送がおこなえます。

大容量の動画ファイルのバックアップも、スムーズに実行することが可能です。

ヒューレット・パッカード(HP) ゲーミングノートパソコン Victus 16 807C1PA-AAAA

ヒューレット・パッカード(HP) ゲーミングノートパソコン Victus 16 807C1PA-AAAA

NVIDIAの「GeForce RTX 4060」を実装した、ゲーミングノートパソコン。グラフィック性能を重視する方におすすめのモデルです。編集中のプレビュー画面がカクつきにくかったり、レンダリング処理が短時間で完了できたりと、動画編集作業が快適におこなえます。

豊富なインターフェースが特徴。USB Type-A・USB Type-C・HDMI・有線LANポートを備えているため、多様な周辺機器が接続できます。SDカードスロットを搭載しており、デジカメで撮影した映像データをダイレクトで読み込めるのも便利なポイントです。

ドスパラ(Dospara) raytrek R5-RL6

ドスパラ(Dospara) raytrek R5-RL6

コスパ重視で動画編集用のノートパソコンを選びたい方にぴったりの1台。幅広い作業に対応できるスペックを備えながらも、価格帯としては控えめなので、初めて本格的なモデルを揃えたいという方におすすめです。

本製品は同シリーズにおけるベースモデルで、CPUは第13世代のCore i7-13700HX。メモリは16GB、ストレージは1TBのSSDを備えています。

画面サイズは15.6インチで、液晶は目の疲れに配慮したノングレア仕様。ディプレイは、高解像度のコンテンツ制作に適したWQHDを採用しているのも魅力です。

動画編集におすすめのノートパソコン|スペック重視

アップル(Apple) MacBook Pro 14インチ M3 Proチップ MRX63J/A

アップル(Apple) MacBook Pro 14インチ M3 Proチップ MRX63J/A

11コアのCPUと14コアGPUの「M3 Proチップ」を搭載した、14.2インチのMacBook Pro。パワフルさと持ち運びやすさ両方を重視する方におすすめのモデルです。

ハイスペックながら厚さ1.55cmの薄型設計なので、カバンやリュックにスッキリと収納できます。重量も1.55kgに抑えられており、比較的持ち運びに向いている1台です。

最大18時間駆動するバッテリー持ちのよさも魅力。外出中の動画編集など、1日中利用するシーンでも電池切れの心配がほとんどありません。

ほかにも、ピーク輝度が1600ニトと高い「Liquid Retina XDRディスプレイ」を搭載しているのもポイント。シャドウを細部まで捉え、現実の見た目に近い鮮やかな色で画面を表示できるため、動画編集に向いています。

アップル(Apple) MacBook Pro 16インチ M3 Maxチップ MRW33J/A

アップル(Apple) MacBook Pro 16インチ M3 Maxチップ MRW33J/A

「M3ファミリー」のなかで最も高性能な「M3 Maxチップ」を採用している、16.2インチのMacBook Pro。グラフィック性能に長けているため、画像や動画を精細に映し出すことができ、動画編集にぴったりのモデルです。

本製品は、14コアのCPUと30コアのGPUを搭載しています。M1 Maxを搭載した16インチMacBook Proよりも最大2.5倍高速と謳われているのがポイント。複数のクリエイター向けアプリを使ってマルチタスクを行った際も、しっかり動作します。

1TBのSSDを内蔵しているので、編集中の動画データをはじめ、多くのファイルが本体内に保存できます。さらに、SDカードスロットを搭載し、デジカメなどで撮影した写真やビデオが直接読み込めるので便利です。

外部ディスプレイは最大4台まで接続可能。プロ現場でも活躍する、とにかくハイスペックなモデルを求める方におすすめです。

エイスース(ASUS) ProArt Studiobook 16 OLED H7604JI-MY092XS

エイスース(ASUS) ProArt Studiobook 16 OLED H7604JI-MY092XS

クリエイティブな作業をおこなう、プロフェッショナルユースにおすすめのモデルです。第13世代のCore i9プロセッサを採用するなど、非常に高性能なWindowsノートパソコン。16インチの有機ELディスプレイを搭載しているため、クッキリとした映像を確認しながら動画編集作業が進められます。DCI-P3色域100%を実現しており色の再現性も良好です。

物理コントローラー「ASUS Dial」を採用。フォントやブラシサイズの変更が直感的かつ素早くおこなえるので、イメージ通りの作品づくりがおこなえます。

エイスース(ASUS) ROG Strix G18 G814JI-I9R4070

エイスース(ASUS) ROG Strix G18 G814JI-I9R4070

18インチの大画面液晶を採用したゲーミングノートパソコン。広い作業領域を求めるクリエイターにおすすめのモデルです。Core i9プロセッサとNVIDIAのハイエンドGPU「GeForce RTX 4070」をセットアップしているため、高解像度の動画編集作業がストレスなくおこなえます。

本製品は「Tri-Fan」テクノロジーを採用。CPUとGPU用の2つのファンに加えて、GPU熱移動用のファンを搭載することで、高性能パーツから発生する熱を冷却します。長時間に及ぶレンダリングでも、パフォーマンスの低下が抑えられるので安心です。

エムエスアイ(MSI) Katana GF66 12U Katana-GF66-12UGS-043JP

エムエスアイ(MSI) Katana GF66 12U Katana-GF66-12UGS-043JP

フルHDタイプの15.6インチ液晶を搭載したゲーミングノートパソコン。購入コストが抑えられる、動画編集用のハイスペックマシンが欲しい方におすすめです。

CPUは第12世代のCore i7を採用しています。さらに、「GeForce RTX 3070 Ti Laptop GPU」を実装しており、グラフィック性能が高いため、動画編集だけでなくゲームにも適しています。

強力な冷却システム「Cooler Boost 5」を搭載しているのもポイントです。1日中動画編集作業をするシーンでも、高いパフォーマンスが維持できるので快適に使用できます。

デル(Dell) ゲーミングノートパソコン ALIENWARE X15 R2 NAX9K5A-CHLW

デル(Dell) ゲーミングノートパソコン ALIENWARE X15 R2 NAX9K5A-CHLW

デルが展開するゲーミングラインの高性能ノートパソコンです。第12世代Core i9プロセッサに32GBの大容量メモリを組み合わせており、処理性能は良好。ゲームはもちろん、動画編集も快適にこなせるおすすめのモデルです。

USB 3.2 Gen2対応のUSB Type-Cに加えて、Thunderbolt 4対応のUSB Type-Cポートも備えているため、外付けストレージと高速なデータ転送もおこなえます。大容量の動画ファイルが短時間で移行できて便利です。

ギガバイト(GIGABYTE) AERO 16 OLED BSF-A3JP964

ギガバイト(GIGABYTE) AERO 16 OLED BSF-A3JP964

4K映像の動画編集をする方におすすめのノートパソコンです。4K UHD+解像度を備えた、16インチ有機ELディスプレイを搭載。映像の出来栄えを画面でチェックしながら編集作業が進められます。DCI-P3色域カバー率100%を実現しており、色確認がしやすいのも便利なポイントです。

筐体素材には航空宇宙グレードのアルミを採用。CNCフライス加工を施したシンプルかつスタイリッシュなデザインも魅力です。ボディ表面にナノ皮膜コーティングがされているため、手入れも簡単におこなえます。

マウスコンピューター(MouseComputer) クリエイター ノートパソコン DAIV S4 S4I7G60CB3SJHW1PAZ

14インチの液晶を搭載したモデルです。ハイスペックながら重さ約1.78kgと比較的軽量なため、容易に持ち運びできます。携帯性を重視するクリエイターの方におすすめのノートパソコン。第13世代のCore i7と32GBの大容量メモリを搭載しているので、負荷のかかる処理がスムーズにおこなえます。

「GeForce RTX 4060」を実装するなど、グラフィック性能も優れているのが特徴です。ロングライフバッテリーを内蔵しているのもポイント。フル充電で約13.5時間連続駆動するため、1日中外出するシーンでも電池切れの心配が少なく済みます。