パソコン選びでも難しいのが、動画編集向けのノートパソコンです。編集アプリの充実によって、初心者でも比較的簡単に動画を編集できる環境が整ってきました。しかし、編集アプリを利用するにはパソコン側に相応のスペックが必要となります。

また、ノートパソコンには豊富な種類があり、初心者はどれを選んだらよいのか迷ってしまいがちです。そこで今回は、動画編集に適したノートパソコンをご紹介。選び方も解説します。

さっそくおすすめ商品を見る

動画編集に最適なノートパソコンの選び方

CPUの性能をチェック

CPUは、OSや動画編集などの各種アプリを動かす役割があり、性能が高いほど作業が快適に行えます。CPUの性能で重要なのは、クロック周波数・コア数・スレッド数の3点。クロック周波数はGHzという単位で表記され、数値が高いほど高速な処理ができます。

特に、動画編集においてはコア数とスレッド数が重要です。コア数が多くなるほど、動画のファイル変換や書き出しなどの高負荷を要求する処理が高速で進められます。また、スレッド数が多くなるほど、マルチタスクも快適にこなせるのがポイントです。

スライドショーの作成程度であれば、Core i5のCPUを搭載したミドルクラスの機種でも十分。ただし、DVD・ブルーレイの制作や、YouTubeなど配信サービス向けの動画制作を行いたい場合は、Core i7以上のCPUを搭載するハイクラス機種が快適に編集作業を進められます。

メモリ容量をチェック

By: amazon.co.jp

メモリは、パソコンで処理したデータの一時保管場所としての役割を持っています。GBという単位で表記され、数値が高いほど作業領域が広くなり、より多くのデータをメモリ上に保持しておくことが可能です。動画ファイルなどの大容量データを扱っても処理落ちしにくく、スムーズに作業を進められます。

動画編集用のノートパソコンとしては最低8GB、可能であれば16GB以上の大容量メモリを搭載したモデルがおすすめ。本格的な動画編集の場合、16GBほどのモデルでないと快適な環境で作業を進めるのは難しくなる傾向にあります。

また、メモリを後から増設できるかどうかも重要。最近の薄型ノートパソコンはメモリがマザーボード(基盤)に直付けされている場合が多く、購入後にメモリの増設ができないモノが多いため注意が必要です。ノートパソコンを長く快適に使用したい場合は、あらかじめ増設に対応しているかも確認しておきましょう。

GPUの性能をチェック

GPUはパソコンにおけるグラフィック処理を担当する部品です。映像出力や動画の編集、イラストの描画などの処理を受け持っています。GPUの動作によってメモリにかかる負荷を軽減できるため、快適な作業環境を実現可能です。

GPUには、内蔵型と独立型の2種類がありますが、動画編集には独立型のGPUを搭載した機種がおすすめ。独立型は内蔵型よりも容量が大きく、高負荷なグラフィック処理もスムーズに進められます。

独立型GPUのブランドは、NVIDIA社の「GeForce」とAMD社の「Radeon」の2つが主流。どちらも高性能なパーツが揃っていますが、多くの動画編集ソフトは動作確認や最適化をNVIDIAのGPUで行っている場合が多いので、動画編集用にはGeForce搭載機を選ぶのが無難です。

ストレージ容量をチェック

ストレージはデータを保管するための部品。メモリがデータの一時的な取り置きに使われるのに対し、ストレージはデータの長期的な保存に使用されます。

メディアの種類としては、HDDとSSDの2つが主流。HDDはSSDと比較して処理速度が遅く、衝撃にも強くありません。しかし、容量あたりの単価が安く大容量でも入手しやすいので、コスパを重視する方におすすめです。

一方、SSDはHDDと比べて処理速度が速く、衝撃に強いうえ静音性に優れているのが魅力。しかし、容量あたりの単価がHDDより高いため、コストがかさんでしまうのが難点です。

また、ストレージにHDDとSDDを併用した機種もラインナップされています。OSやアプリなど、頻繁に読み込むモノはSSDで高速処理しつつ、素材や完成コンテンツはHDDへ大量保存が可能。読み込み速度と容量の大きさを両立させたい方におすすめです。

画面サイズと解像度をチェック

By: microsoft.com

動画編集を快適に進めるには、ディスプレイのサイズにも注目しましょう。動画素材を画面に大きく表示させつつ、各編集項目を快適に操作するためには、15インチ以上の画面サイズがおすすめ。

外付けディスプレイを使用するのもひとつの手ですが、ノートパソコンの小型軽量や手軽さを活かしたいのであれば、単体でも快適な作業ができる画面サイズを選びましょう。

また、ディスプレイの解像度も重要です。現在主流のフルHD動画を編集する場合は、ディスプレイもフルHD解像度のモノで十分。しかし、4K動画を編集する場合は、素材を忠実に再現表示するためにディスプレイも4K対応している必要があります。

MacBookの「Retinaディスプレイ」や4K対応ディスプレイなど、高精細表示のディスプレイは、画像・動画の輪郭や文字がくっきり表示されるのも特徴。目にかかる負荷が少なく、長時間の使用でも疲れにくいのでおすすめです。

メーカーのおすすめモデル

エムエスアイ(MSI) Summit E16 Flip A11U

GPUにRTX 3050、CPUに第11世代インテルCoreプロセッサーが採用されているハイスペックノートパソコン。メモリは最大32GB、M.2 SSDは最大1TBと十分な容量を備えています。

薄型ながら3D CADなど、パフォーマンスが求められるクリエイティブな作業を快適に行えるのが魅力です。また、生体認証機能やデータ暗号化が可能な「BitLocker」といった複数のセキュリティ機能も搭載。さまざまな情報を扱うビジネスシーンでも安心して使用できます。

解像度はフルHDよりも高いWQXGAなので作業領域が広く、ツールやウィンドウを複数並べて表示したい方にぴったり。360°回転できる画面はタッチ操作に対応しているため、電車内などの狭いスペースでも折りたたんでタブレットのように使えます。

連続駆動時間は最大11時間と長め。外出先でもバッテリー残量を気にせず使いたい方におすすめです。

動画編集におすすめのノートパソコン

アップル(Apple) ノートパソコン MacBook Pro 16インチ MVVM2J/A

大容量ファイルの読み書きも高速で実行することが可能

インテルのCore i9プロセッサを採用したMacBook Proのハイエンドモデル。16GBの大容量メモリとAMDのGPU「Radeon Pro 5500M」を搭載する、プロのクリエイターにおすすめのノートパソコンです。

16インチRetinaディスプレイを採用しているのが特徴。細かな箇所の確認がしやすいため、動画編集作業がスムーズに進められます。ストレージには容量1TBのSSDを実装。多くの画像や映像データの保存が可能です。

最大40Gbpsでデータ転送がおこなえる「Thunderbolt 3」対応のUSB-Cポートを備えているのもポイント。大容量ファイルの読み書きも高速で実行できます。同ポートは4基搭載されており、充電やDisplay Portなど幅広い用途に利用可能です。

アップル(Apple) MacBook Pro 13インチ MWP72J/A

動画編集用途にも対応可能なノートパソコン

13インチのRetinaディスプレイを採用した、MacBook Proのなかでは比較的手頃な価格で購入できるモデル。第10世代のCore i5プロセッサと16GBのメモリを搭載するなど、動画編集用途にも対応可能なノートパソコンです。

グラフィックにはCPU内蔵型ながら従来モデルより強化された「Intel Iris Plus Graphics」を採用しています。コスパ重視でMacBook Proの購入を検討しているクリエイターの方におすすめのモデルです。高性能ながら軽量なのも本モデルの特徴。重さが約1.4kgと軽いため容易に持ち運べます。

また、16インチモデルと同じく4つのUSB-Cポートを搭載するなど、インターフェイスが充実しているのも魅力です。

アップル(Apple) MacBook Air M1 Chip 13インチ MGN73J/A

優れたグラフィックス性能を備えている

Mac用に設計されたチップ「M1」を搭載したノートパソコン。消費電力を抑えた高効率なコアを4つ、Final Cut ProやAdobe Lightroomのような動画・画像編集アプリケーションでの作業が高速で行える高性能コアを4つ、あわせて8個のコアを有しているのが特徴です。

また、優れたグラフィックス性能を備えているのもポイント。GPUのコア数は8で、4K動画の編集や再生に対応しています。

放熱板によって動作熱を拡散できるため、冷却用のファンは非搭載。高負荷な処理を行っているときでも動作音が静かな製品を探している方はチェックしてみてください。

エイサー(Acer) Nitro 5 AN515-55-A76Y6T

CPUに第10世代の「インテル Core i7-10750H」を、GPUに「NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti」を搭載したノートパソコン。ゲームや複数アプリの同時起動から動画編集などのクリエイティブワークまで、幅広い用途で使用できる充実したスペックを有しています。

2基のファンで本体を冷却し、4つの排気口から熱を排出できる優れた冷却システムを備えているのも特徴です。また、ファンの回転速度をアップし、よりパフォーマンスを高められる「Acer CoolBoost」機能も搭載。CPUとGPUの性能を最大限発揮できます。

ディスプレイサイズは15.6インチで、解像度は1920×1080のフルHD画質。16GBのメモリを搭載し、ストレージには512GBのSSDを採用しています。バッテリー駆動時間は最大約10時間。「N」のロゴを配した「NitroSense専用キー」を使用すれば、設定のカスタマイズやCPU・GPUのモニタリングなどが行えるシステム設定に素早くアクセスできます。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Laptop 4 5AI-00039

サイズ308×223×14.5 mm、重量約1.3kgの薄型軽量なノートパソコン。持ち運びやすい製品を探している方におすすめです。

CPUには第11世代「インテル Core i5- i5-1135G7」を、ストレージには512GBのSSDを採用しています。クリエイター向けアプリでの作業だけでなく、カジュアルなゲームも楽しめるのが魅力です。

タッチスクリーンに対応しているほか、顔認証などの機能も搭載。携帯性や機能性に優れた製品を探している方はチェックしてみてください。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Book 3 SMV-00018

液晶とキーボードが分離できる、デタッチャブル構造を採用したノートパソコンです。「GeForce GTX 1660 Ti」を搭載しているのが特徴。高いグラフィック性能を備えた、2in1モデルを求める方におすすめの製品です。Core i 7プロセッサと32GBの大容量メモリを実装しているため、本格的な動画編集作業にもしっかりと対応できます。

ペン入力に対応したタッチスクリーンを採用しているのも本モデルの特徴。思いついたアイデアを文字やイラストで直接描き込むことが可能です。タブレットモードにすればソファやベッドの上など、好みの場所でクリエイティブな作業がおこなえます。

エムエスアイ(MSI) Prestige 15 A11 Prestige-15-A11SCS-005JP

ビジネス・クリエイター向けの製品が揃うPrestigeシリーズにラインナップされているノートパソコン。GPUに「NVIDIA GeForce GTX 1650 Ti Max-Q」を搭載しており、動画編集などの映像を取り扱うコンテンツの制作にぴったりです。

ディスプレイサイズは15.6インチで、本体は手触りのよい艶消し加工とダイヤモンドカットによる縁取りを施したエレガントなデザインに仕上がっています。本体重量は1.69kgと比較的軽量なので、持ち運びたい方や、頻繁に場所を移動したい方におすすめ。

キーボードにはバックライトを搭載しており、滑らかな手触りで快適に操作できる「Silky Smooth タッチパッド」を搭載しているのもポイントのひとつです。ゲーミングノートパソコンの開発で培ったノウハウを活かした強力な冷却システム「Cooler Boost 3」を採用しているため、高負荷な作業も安定した動作でスムーズにこなせます。

エムエスアイ(MSI) Bravo 15 Bravo-15-A4DCR-058JP

コスパに優れた15.6インチサイズのゲーミングノートパソコン。はじめて動画編集を行う方や予算を抑えたい方などに適しています。本モデルは「AMD Ryzen 5 4600H」プロセッサと、「AMD Radeon RX 5300M」を搭載しており、CPUとGPUをAMDで統一しているのが特徴です。

ベゼルレスデザインを採用することで、本体サイズは14インチクラスに収まっており、重量は約1.96kgと比較的軽量。ディスプレイの解像度は1920×1080のフルHD画質で、光の映り込みが少ないノングレアパネルを採用しています。

メモリは16GBで、ストレージには512GBのSSDを搭載。メモリやストレージは、増設・換装が可能です。

エイスース(ASUS) ROG Flow X13 GV301QH-R9G1650H120

13.4インチディスプレイを搭載した、軽量コンパクトなゲーミングノートパソコン。カバンなどに入れて気軽に持ち運びができるほか、シンプルなデザインなので、普段使いやビジネス用途にもおすすめです。本モデルは1920×1200の解像度と120Hzのリフレッシュレートに対応しています。

ディスプレイはタッチ操作に対応し、360°回転できるので、タブレットモードやスタンドモードなどの多彩なスタイルで使用可能。熱伝導率の高い液体金属グリスや内部に入り込んだホコリを排出するアンチダスト機能を採用しているため、冷却性能にも優れています。

CPUには「AMD Ryzen 9 5900HS」、GPUには「NVIDIA GeForce GTX 1650」を採用。また、グラフィック性能を引き上げられる外付けGPU「ROG XG Mobile」の接続にも対応しています。別売りのアイテムなので、気になる方は合わせてチェックしてみてください。

エイスース(ASUS) TUF Gaming F17 FX706HM FX706HE-I7R3050TBEC

フルHD表示が可能な、17.3インチ液晶を搭載したノートパソコンです。大画面で効率的に動画編集などをしたい方におすすめのモデル。16GBのメモリを内蔵しているため、負荷のかかる処理を高速で実行可能です。さらに、NVIDIAの高性能GPU「GeForce RTX 3050 Ti」を採用するなど、高いグラフィック性能を有しています。

CPUには8コア16スレッドのCore i 7プロセッサを搭載。動画編集以外にも、マルチタスクを多用するビジネスやゲームなど幅広いシーンで活躍します。

レノボ(Lenovo) Legion 560 Pro 82JQ005PJP

縦横比16:10の縦長ディスプレイを採用したゲーミングノートパソコン。縦の表示スペースが広いため、Excelなどの閲覧にも適しており、ゲーミング用途だけでなく、ビジネス用途などでも活躍する1台です。解像度は2060×1600のWQXGA画質で、画面のサイズは16インチ。スタイリッシュなスリムベゼルを採用しているのもポイントです。

CPUには「AMD Ryzen7 5800H」を、GPUには「NVIDIA GeForce RTX 3070」を採用。CPU・GPUともに高いスペックを備えているので、高画質動画の編集など、負荷がかかる作業もよりスムーズにこなせます。

また、インテリジェント吸気システムや4チャンネル排気システムなどを搭載しているのも魅力です。高パフォーマンス時でも安定した動作を維持する、優れた冷却性能を実現しています。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) gram 17U790-PA76J

17インチの大画面ディスプレイとWQXGA画質の高解像度に対応したノートパソコン。スリムベゼルを採用することで、本体サイズは15.6インチクラスまでコンパクト化されています。また、1.95kgの軽量さを実現しながら、最大約19.5時間の長時間バッテリーを搭載しているので、外出先での使用にもぴったりです。

CPUには「インテル Core i7-8565U」を、GPUには「NVIDIA GTX1650」を採用。2つのクーラーを搭載することで高い冷却性能を実現し、高負荷時でも高いパフォーマンスを維持します。メモリは16GBで、ストレージには512GBのSSDを搭載。SSDの空きスロットを備えているため、万が一データの保存容量が不足しても増設できます。

バックライトキーボードを搭載しているので、暗い場所でも作業を進めることが可能。大きな画面で快適に動画編集ができるおすすめのノートパソコンです。

デル(Dell) Dell G5 15 SE 5505 NG595A-ANLS

CPUにAMDのRyzen 7プロセッサを採用した製品です。手ごろな価格で購入できる、高性能なノートパソコンを探している方におすすめのモデル。16GBのメモリとRadeon RX5600Mグラフィックを実装しており、本格的な動画編集にも対応できます。また、512GBの大容量SSDを内蔵しているため、素材写真や完成動画など多くのデータを保存可能です。

デュアル冷却ファンシステムを搭載しているのが特徴。本体内部の温度上昇が抑えられるため、過熱によるパフォーマンスの低下が防げます。長時間に及ぶ負荷のかかる編集作業を安定して行いたい方にもおすすめです。

デル(Dell) Dell G3 15 3500 NG35G5A-AWLW

インテルのCore i5プロセッサと、8GBのメモリを組み合わせたエントリーモデルです。コスパに優れたノートパソコンを求める方におすすめの製品。動画編集用途としては最小限のスペック構成ながら、NVIDIAのGPU「GeForce GTX 1650」を搭載するなどグラフィック性能は良好です。15.6インチのフルHD液晶を備えているため、きれいな画面で作業がおこなえます。

また、デュアルストレージを採用しているのが特徴。SSDの容量は256GBと控えめなものの1TBのHDDを搭載しているので、容量も良好です。はじめて購入する動画編集向けのノートパソコンを探している方も、チェックしてみてください。

デル(Dell) Inspiron 15 7501 NI775A-AWL

豊富なインターフェイスが特徴のノートパソコンです。USB Type-AをはじめType-CやHDMIポートなどを搭載しています。Type-CポートはThunderbolt 3規格に対応しており、映像出力や充電ができるなど使い勝手は良好。さらに、microSDカードスロットも備えているため、デジカメで撮影した写真やビデオがダイレクトに読み取れます。

512GBのSSDを搭載しているので、大容量データの保存にも対応可能です。また、GPUにはNVIDIAの「GeForce GTX 1650 Ti」を採用。メモリは8GBと少ないものの第10世代のCore i 7プロセッサを搭載しているので、多くのアプリが軽快に動作します。気軽に動画編集を楽しみたい方にもおすすめのモデルです。

ギガバイト(GIGABYTE) AERO 15 KD-72JP623SP

15.6インチの4K有機ELパネルを採用したノートパソコンです。素材の細部まで、しっかりと確認しながら動画編集を進めたい方におすすめのモデル。高性能GPU「GeForce RTX 3060」を搭載しているため、高精細な映像がスムーズに描画できます。また、狭額ベゼルを採用しているので、画面に集中しやすいのも嬉しいポイントです。

さらに、Thunderbolt 4規格に対応したUSB Type-Cポートを備えているのも特徴。最大40Gbpsでの高速データ転送に対応しているため、大容量ファイルのバックアップや移行が快適に実行できます。