パソコン選びのなかでも難しいのが、動画編集向けのノートパソコンです。最近では編集アプリの充実によって初心者でも比較的簡単に動画を編集できる環境が整ってきましたが、それを動かすパソコン側には相応の高いスペックが必要となります。

また、ノートパソコンには豊富な種類があり、難しい専門用語も多く見られるので、初心者はどれを選んだらいいのか迷ってしまいがちです。そこで今回は、動画編集に適したノートパソコンを紹介しつつ、選び方も併せて解説します。

さっそくおすすめ商品を見る

動画編集に最適なノートパソコンの選び方

CPUの性能をチェック

By: amazon.co.jp

CPUはパソコンの全体的な処理性能を決める重要な部品です。パソコンの基本システムであるOSや動画編集ソフトなどの各種アプリを動かす役割を持っており、CPUの性能が高くなるほど動画編集などの作業もより快適にできるようになります。

CPUの性能で重要なのはクロック周波数・コア数・スレッド数の3点。クロック周波数はGHzという単位で表記され、その数値が高いほど高速な処理ができます。特に動画編集においてはコア数とスレッド数がより重要です。

コア数が多くなるほど、動画のエンコード(ファイル変換・書き出し)などの高負荷を要求する処理が高速で進められます。また、スレッド数が多くなるほど、音楽を聴きながら動画編集をするなどのマルチタスクが快適にこなせるのがポイントです。

スライドショー(フォトムービー)の作成程度であれば、Core i5のCPUを搭載したミドルクラスの機種でも十分。ただし、DVD・ブルーレイの制作や、YouTubeなど配信サービス向けの動画制作を行いたい場合は、デスクトップ並みの性能を持つCore i7-8750H(6コア/12スレッド)以上のCPUを搭載するハイクラス機種の方が快適に編集作業を進められます。

メモリ容量をチェック

By: amazon.co.jp

メモリはパソコンにおける作業領域を決める部品で、パソコンで処理したデータの一時保管場所としての役割を持っています。GBという単位で表記され、この数値が高くなるほど作業領域が広くなり、より多くのデータをメモリ上に保持しておくことが可能です。動画ファイルなどの大容量データを扱っても処理落ちしにくく、スムーズに作業を進められます。

動画編集用のノートパソコンとしては最低8GB、可能であれば16GB以上の大容量メモリを搭載したモデルがおすすめ。スライドショーの作成では少なめのメモリでも作業は進められますが、大容量のデータを扱う本格的な動画編集となると、16GBほどのモデルでないと快適な環境で作業を進めるのは難しくなる傾向にあります。

また、メモリを後から増設できるかどうかも重要。MacBookシリーズなど最近の薄型ノートパソコンはメモリがマザーボード(基盤)に直付けされている場合が多く、購入後にメモリの増設ができないモノが多いため注意が必要です。ノートパソコンを長く快適に使用したい場合は、あらかじめ増設に対応しているかを確認しておきましょう。

GPUの性能をチェック

GPUはパソコンにおけるグラフィック処理を専門に担当している部品です。通常のデータ処理では主にメモリを使用しますが、ディスプレイへの映像出力や、写真・動画のレタッチ編集、イラストの描画などの処理はこのGPUが受け持っています。グラフィック周りの動作によってメモリにかかる負荷を軽減できるため、快適な作業環境を実現可能です。

GPUにはCPU内蔵型と、CPUの外部に搭載されている独立型の2種類があります。独立型のGPUはCPU内蔵型よりも容量が大きいため、より安定した動作で高負荷なグラフィック処理もスムーズに進められるのがポイント。そのため、動画編集向けのノートパソコンとしても、独立型のGPUを搭載した機種がおすすめです。

独立型GPUのブランドは、NVIDIA社の「GeForce」とAMD社による「Radeon」の2つが主流。どちらのブランドも高性能なパーツが揃っていますが、多くの動画編集ソフトは動作確認や最適化をNVIDIA製のGPUで行っている場合が多いので注意しましょう。

したがって、動画編集向けのノートパソコンとしては「GeForce」搭載機を選ぶのが無難です。フルHD以下の動画編集ならばスタンダードである「GeForce GTX 1050 Ti」で十分ですが、4K動画の編集を行う場合はハイクラスである「GeForce GTX 1070」以上のGPUを搭載した機種を選びましょう。

ストレージ容量をチェック

By: amazon.co.jp

ストレージはデータを保管するための部品。メモリがデータの一時的な取り置きに使われるのに対し、ストレージはデータの長期的な保存に使用されるのがポイントです。

ストレージに使われる記録メディアの種類としては、HDD(ハードディスクドライブ)とSSD(ソリッドステートドライブ)の2つが主流。HDDは、SSDと比較して処理速度が遅く、衝撃にも弱いですが、容量あたりの単価が安く大容量でも入手しやすいので、コスパを重視する方におすすめです。

一方、SSDはHDDと比べて処理速度が速く、衝撃に強いうえ、静音性に優れているのが魅力。しかし、容量当たりの単価がHDDのおよそ2倍以上するため、大容量にするとコストがかさんでしまうのが難点です。

最近は、ストレージにHDDとSDDを併用した機種もラインナップされています。全体的な処理速度ではSSD単体のストレージには若干劣りますが、OSやアプリなど、頻繁に読み込むモノはSSDで高速処理しつつ、素材や完成コンテンツはHDDへ大量に保存が可能。読み込み速度と容量の大きさを両立させたい方におすすめです。

画面サイズと解像度をチェック

By: biccamera.com

快適な作業環境で動画編集を進めるには、ディスプレイの画面サイズにも注目しましょう。動画編集ソフト上で動画素材を画面に大きく表示させつつ、各編集項目を快適に操作するためには、最低でも15インチ以上の画面サイズが必要です。外付けディスプレイを使用するのもおすすめですが、ノートパソコンの小型軽量や手軽さを生かしつつ動画編集がしたいのであれば、単体でも快適な作業ができる画面サイズを選びましょう。

また、ノートパソコンのディスプレイで選ぶ際は解像度も重要です。現在の主流であるフルHD解像度(1920×1080)の動画を普通に編集する場合は、ディスプレイもフルHD解像度のモノで十分。しかし、フルHDの4倍高精細な4K動画(3840×2160)を編集する場合は、素材を忠実に再現表示するためにディスプレイも併せて4K対応している必要があります。

ちなみに、MacBookの「Retinaディスプレイ」や4K対応ディスプレイなど高精細表示に対応したディスプレイでは、単に画質がきれいなだけではなく、画像・動画の輪郭や文字がくっきり表示されるのも特徴。目にかかる負荷が少なく、長時間の編集作業でも疲れにくいのでおすすめです。

動画編集におすすめのノートパソコン

デル(Dell) G3 15 3590

デル(Dell) G3 15 3590

CPUに第9世代のインテルCore i7プロセッサーを搭載した高性能ノートパソコンです。NVIDIAのGPU「GeForce GTX 1650」と16GBのメモリを実装しており、負荷のかかる動画編集も快適。作業の合間にはゲームマシンとしても活躍します。

フルHD表示が可能な15.6インチ液晶はノングレアタイプを採用しているため、ライトの映り込みが気になることはありません。ストレージには256GBのSSDに加え1TBのHDDを搭載しています。頻繁に使用するソフトや作業中のデータは高速でアクセスできるSSDに、それ以外のファイルは大容量のHDDに保存しておくといった使い分けができるので便利です。

インターフェースが充実しているのも本モデルの魅力。USB Type-A/Type-CポートをはじめHDMI、SDカードスロットルなどを搭載しているため、必要に応じて多くの周辺機器を利用できます。

マウスコンピューター(mouse) ノートPC DAIV BC-DAIVN15G

マウスコンピューター (mouse) ノートPC DAIV BC-DAIVN15G

本製品は、クリエイターのために開発された高性能ノートパソコンです。フルHD表示可能な15.6インチ液晶には狭額ベセルを採用しており、画面に集中して作業することが可能。Core i7プロセッサーと「GeForce GTX 1650」の高性能パーツを実装しています。

さらに、16GBと余裕のあるメモリを搭載しており動画編集もストレスなくおこなえます。ストレージには容量512GBのSSDを採用。また、1TBのHDDも内蔵しているので、大容量の動画ファイルが多くても安心して保存しておくことが可能です。

マウスコンピューター(mouse) G-Tune NG-N-7S78SHZH

マウスコンピューター (mouse) G-Tune NG-N-7S78SHZH

動画編集にもおすすめの、マウスコンピューターが販売するゲーミングノートパソコンです。Core i7プロセッサーと8GBのメモリを搭載しています。NVIDIA製GPUのなかでもトップクラスの性能を誇る「GeForce RTX 2070」を採用しており、高度な編集作業も高速で処理が可能です。

高額モデルですが、効率的に時間を使いたいプロのクリエイターに最適。SSDの容量は256GBと標準的なため、外部ストレージを積極的に活用しましょう。

アップル(Apple) 16インチMacBook Pro Core i9

アップル(Apple) 16インチMacBook Pro Core i9

本製品は、Macノートシリーズのフラッグシップモデルです。CPUにインテルのCore i9プロセッサーを採用したハイスペックノートパソコン。また、GPUには7mmプロセスで生産されたAMD「Radeon Pro 5500M」を搭載しています。

3Dコンテンツの制作や動画編集など、高度な処理を高速でこなす必要があるシーンで活躍するモデルです。

ヒューレット・パッカード(HP) Pavilion Gaming 15-dk0000 G1モデル 7LG73PA-AAAA

ヒューレット・パッカード(HP) Pavilion Gaming 15-dk0000 G1モデル 7LG73PA-AAAA

動画編集にも対応できる高性能ゲーミングノートパソコンです。CPUはインテルの第9世代Core i7プロセッサーを搭載。グラフィックスには、パフォーマンスを若干抑えつつ、電力効率や静音性を高めたMax-Qデザインの「GeForce GTX 1660 Ti」を採用しています。

ディスプレイは作業スペースが広めの15.6インチで、画面は縁が狭い「ナローベゼル」仕様と、没入感が高いのもポイント。画像編集に集中したい方はもちろん、マルチディスプレイ環境で作業したい方にもおすすめです。

ストレージには、OSやアプリケーションの立ち上げが早い256GBのSSDを搭載。さらに、1TBの大容量HDDを積んだ「デュアルストレージ」となっています。従来モデルと比べて冷却性能が強化されており、長時間の作業に対応できるのも魅力。価格と性能のバランスに優れたおすすめのノートパソコンです。

ヒューレット・パッカード(HP) Spectre x360 15-df0009TX-OHB

ヒューレット・パッカード(HP) Spectre x360 15-df0009TX-OHB

スタイリッシュな見た目で人気のスペクトルシリーズ。パワフルな性能で動画編集はもちろん、4Kコンテンツの鑑賞なども可能です。メモリは16GB、GPUには「GeForce GTX 1050Ti」が採用されています。

カフェなどでの作業に便利な13時間の長時間バッテリーも魅力。急速充電にも対応し、30分で50%の約7時間分の充電が可能です。モニタは15.6型、本体サイズは幅359×高さ249×奥行19.0(最薄部)21.0(最厚部)mmです。

ビジネスはもちろん、プライベートでも質の高いデジタルコンテンツを作りたいクリエイターにおすすめのノートパソコンです。

エムエスアイ(MSI) クリエイターノート PS63-8RDS-095JP

エムエスアイ(MSI) クリエイターノート PS63-8RDS-095JP

ゲーミングパソコンでも人気のMSIが販売する、ハイスペックノートパソコンです。CPUにインテルのCore i7、GPUにはNVIDIAの「GeForce GTX 1050」を採用しています。ビジネス用途はもちろんクリエイティブな作業でも、ストレスを感じることはありません。

高性能モデルにもかかわらず携帯性に優れているのが特徴。厚さはわずか15.9mm、重量も1.6kgと薄型・軽量なため、カバンの中でかさばることもなく持ち運びも簡単です。出張が多いなど頻繁に移動して作業をする方に適しています。

ゲーミングマシンで培った強力な冷却システムを採用しているのもポイント。冷却性の高いヒートパイプの配置やCPU・GPUのそれぞれに専用ファンを搭載するなど、高性能パーツが発生させる熱を効率的に冷やす工夫が施されています。長時間におよぶ負荷のかかる作業でも安心して使用することが可能です。

エイスース(ASUS) ZenBook Pro Duo UX581GV-9750

エイスース(ASUS) ZenBook Pro Duo UX581GV-9750

ディスプレイを2基搭載したユニークなノートパソコンです。Core i7プロセッサーと「GeForce RTX 2060」を採用しています。キーボードの奥にセカンドディスプレイを搭載しているのが特徴。セカンドディスプレイには別アプリのウインドウを開いたり、ショートカットを設定したりすることが可能です。

また、タッチ機能を搭載しており、スタイラスペンを使用してイラストを描くといった直感的な操作もおこなえます。動画編集アプリのツールバーを表示しておくことも可能など、あらゆるクリエイティブな作業の生産性を高めてくれるモデルです。

エイサー(Acer) Predetor PH315-51-A76H

エイサー(Acer) Predetor PH315-51-A76H

エイサーが販売するゲーミングブランドのノートパソコンです。NVIDIAのGPU「GeForce GTX 1060」を搭載するなど、動画編集にも活躍するおすすめのモデル。CPUにはインテルのCore i7プロセッサーを採用しています。

リフレッシュレート144Hzの液晶パネルを搭載しているのが特徴。動きの速い動画でも滑らかに表示できるため、作品の仕上がり状態を正確に確認しながら編集作業が進められます。デザイン性にもこだわって作られているので、見た目重視の方にもおすすめです。