ひと昔前までは、簡単な事務作業しかできなかったノートパソコン。最近では、コンパクトかつデスクトップ並みのスペックを備えているタイプも多く販売されていますね。場所を問わずに、どこでも快適に作業ができるようになりました。

今回は、動画編集におすすめのノートパソコンをいくつかピックアップしてお届けします。選び方やポイントも踏まえてご紹介しますので、動画編集用のパソコンを検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

動画編集におすすめのパソコンとは

GPUについても考慮しよう!

51i4trasogl

By: amazon.co.jp

パソコンのスペックというと、まずはじめに思いつくのはCPUの処理速度と、メモリの容量でしょうか。さらに、SSDを搭載していて、読み込み・書き込み速度が速いほど使いやすいといったイメージで選ばれる方も少なくないはず。

でも、動画編集用のパソコンを選ぶときには、ちょっと違った観点で選ぶことをおすすめします。CPUのよさと、メモリ容量の大きさに加えて、GPU(Graphics Processing Unit)の性能を重視するとよいですよ。Adobe社のAfter Effectsや、Premire Pro、 AppleのFinal Cutのようなプロ仕様のソフトを使う場合の動画圧縮作業を、GPUに頼って行えるためです。

CPUにグラフィックが内蔵されているCore iシリーズのCPUを搭載パソコンもありますが、よりハイスペックで利用しやすい動画編集用のパソコンを求めるのであれば、RadeonやNVIDIAのGPUを搭載したモデルを選ぶとよいですね。

やっぱSSDでしょ! の落とし穴

data-storage-319844_1280

最近流行りのSSDですが、動画編集を考えたときには、注意が必要です。SSD搭載モデルでは、容量不足に陥ってしまいがちなこともあるのです。HDD容量といえば、最近のノートパソコンでは1TBから2TB程度が主流。デスクトップパソコンともなれば、3TBのものや、最大6TBといった容量のものまであります。

これに対してSSDの容量は256GBのものが多いというのが現状です。ノートパソコンは、基本的に2.5インチドライブを1台分搭載するスペースがまでしかないことが多いです。つまり、AppleのFusionDriveのようなSSDとHDDが一体型になったものはさておき、SSDかHDDのどちらか1つを選ぶ必要があることになります。

高画質の動画素材がたくさん必要な動画編集。最近は、4Kディスプレイのようなメディアの高画質化が進んでいますから、10分の動画で1GBを超えるようなファイルも珍しくはありません。素材をいくつか撮り、編集が完了したデータも保存しておくと考えたとき、現在主流のSSDの容量では足りないことも。

OSの起動速度や読み書きの速度は遅くなってしまいますが、動画編集を考えるのであれば、保存容量だけは確保しておくことをおすすめします。少なくとも1TB、できれば2TB以上の容量をもったモデルを選択するとよいでしょう。

動画編集におすすめのノートパソコン

エムエスアイ(MSI) モバイルワークステーション WS60-6QJ-030JP

41Tv3Pw00SL

商品価格 ¥ 376,940

CPUに「Xeon」を搭載したノートパソコン。このパソコンのCPUには、ハイエンドユーザー向けの「Xeon」を搭載しているので、動画編集はもちろん、CADやグラフィックスデザイン、事務処理など、さまざまな使い方が可能です。

他にも、16GBのメモリやフルHD15インチディスプレイなど、高性能なスペックを持ちつつ、1.9kgという本体重量を実現しています。

エイサー(Acer) Predator 15 G9-592-H73H/L

41plOEVhKkL

商品価格 ¥ 373,752

大容量ストレージを搭載したノートパソコン。一般的なノートパソコンのストレージはSSDかHDDのどちらか1つが基本。このノートパソコンには、SSD(128GB)2個&HDD(1TB)1個が付いているので、動画編集などの処理の重い作業も快適に行えます。

また、光学ドライブを取り外して冷却ファンモジュールを装着することができるので、本体の温度を常に保てるのもポイントです。

ギガバイト(GIGABYTE) AORUS X7 Pro-SYNC

41O+mEzYgBL

商品価格 ¥ 356,399

グラフィックスチップを2基搭載したノートパソコン。非常に強力なグラフィックスチップ「NVIDIA GTX 970M」を2つ搭載しているので、他のパソコンと比べても桁違いの処理能力を備えています。また、高性能かつ省電力な「Intel Broadwell Core i7」を採用している魅力的ですね。

エムエスアイ(MSI) Dominator Pro GT72S-6QE-888JP

415N7cLuvGL

商品価格 ¥ 353,219

Matrix Displayに対応したノートパソコン。動画編集の際に、1つのモニターでは足りないと言う方には、この最大3画面出力に対応したノートパソコンがおすすめです。独自の「MATRIX DISPLAY」を搭載しているので、手軽にマルチモニター環境が構成可能です。

「Matrix Display」は、4K出力に対応しているので、最大3840x2160ドットの高画質で楽しめるのもポイントです。

デル(Dell) ALIENWARE 17 17Q12E

41HaXxmDEHL

商品価格 ¥ 324,980

4Kディスプレイを搭載したノートパソコン。ディスプレイには高精細が特徴的な「4K IGZO非光沢パネル」を採用しているので、きれいな映像で動画編集を行いたい方には、こちらがおすすめです。

また、ディスプレイが高解像度となると一画面の中でたくさんの作業が可能です。本体の素材には「カーボンファイバ」を採用。スタイリッシュかつ耐久性にも優れた作りになっています。

バイオ(VAIO) VAIO Z VJZ13B90111B

411mXh9qwwL

商品価格 ¥ 310,432

タッチパネルを搭載したノートパソコン。このノートパソコンには、独自の「マルチフリップ機構」を採用しているので、用途や環境に合わせてさまざまなスタイルで使えます。

重さわずか1.3kgとハイスペックノートパソコンにしては軽量なので、外出先での使用がメインの方にもおすすめです。

デル(Dell) XPS 13 16Q36

51kybiRh+aL

商品価格 ¥ 189,980

ディスプレイにはベゼル幅5.2mmの「フレームレスディスプレイ」を採用。従来の13インチノートパソコンよりも、画面サイズはそのままに11インチパソコンのようなコンパクトな作りになっています。

オプションの電源コンパニオンと合わせて使えば、最大で25時間使用可能。長時間の動画編集でも快適に使えますよ。外出中の作業が多いという方におすすめです。

富士通(FUJITSU) arrows Tab RHシリーズ WR1/X FARWXR1N_Z537

51XzbRrJkWL

商品価格 ¥ 167,100

キーボードには脱着式タイプを採用。好みでタブレットとノートパソコンの2通りの使い分けが可能です。薄くて軽いコンパクトボディーながら、CPUには、「Intel Core i5-6200U 2.80GHz」、ストレージには「SSD 256GB」を搭載しており、動画編集も快適に行えます。

マイクロソフト(Microsoft) Surface book CR7-00006

51hClYSmvPL

商品価格 ¥ 335,000

マイクロソフトが販売するこのノートパソコンは、スペック&携帯性に優れています。そのため、場所を問わずにどこでも快適に作業が行えます。また、オプションの「Surface ドック」と合わせて使えば、手軽に「USB」や「Mini DisplayPort」などを拡張でき、デスクトップパソコンとしても使用可能です。

アップル(Apple) MacBook Pro ME294J/A

51ZQGx+AsRL

商品価格 ¥ 256,040

アップルが販売するこのノートパソコンには、独自の「Retina Display」を採用しているので、高い色彩とクオリティを保ちながら、光の映り込みを抑えています。そのため、外出先でもきれいな映像が楽しめます。

また、Macの直感的な操作感は動画編集をする際に大いに役立ちますよ。見た目はMac特有のスタイリッシュなデザインなので、おしゃれに使うこともできます。

動画編集に最適なノートパソコンの選び方

CPU

71v53vtivhl-_sl1500_

By: amazon.co.jp

Intel Core i5以上のスペックをもったCPUを選ぶのがおすすめです。とはいえ、5年前のCorei7と、現在のCore i3を比較したときには、現在のCore i3の方がスペックが高いということがありますので、CPUの製造年代にも注意しなくてなりません。

もちろん、Core i7を搭載したCPUはスペックが高く、それだけ評判がよいのも事実。動画編集はCPUだけでスペックが決まるわけではありません。パソコンに組み込まれている部品は、おおむね他のパーツとの連携がとれたものが採用されています。

動画編集では、ゲーミングと違い、CPUの処理速度だけで快適性が決まるわけではないことを覚えておくとよいですよ。

メモリ

71o1mashhkl-_sl1500_

By: amazon.co.jp

最低でも8GB、できれば16GBのメモリ容量があると望ましいでしょう。メモリは、いわば作業机のようなものなので、少なくなければ大きな問題にはなりません。大きすぎても、処理速度に大きな違いはないですよ。16GBもあれば、動画編集には十分な容量です。

PCモニターを使う場合は

61trbmq92sl-_sl1000_

By: amazon.co.jp

HDMI端子やD端子、DisplayPort端子、Thunderbolt端子がパソコン本体についていれば、パソコンの映像をPCモニターに出力して、デュアルディスプレイで使うことができます。1枚のPCモニターを使用することだけを考えるのであれば、ほとんどのマシンがこれに対応できます。

上記以外の端子を搭載していなくても、外部アダプタをUSBで接続することで外部出力できる場合があるので、チェックしてみてください。

PCモニターをもう1つ、つまりトリプルディスプレイの接続は、映像出力端子が複数搭載されていても、多くのノートパソコンではできないということには注意が必要です。

Macintosh? Windows? どちらを選ぼう?

結論から言うならば、「どちらを選んでもよい」ということになります。ただしこれは、それぞれにそれぞれのよさがあるという意味で、どちらを選んでも変わりがないという意味ではありません。使用するOSがMacかWindowsか、それぞれのポイントについて解説していきます。

Macintoshを選ぶポイントとは?

pexels-photo-196660

Macintosh、つまりMac OSX, macOS Sierraなどを選ぶ上でのポイントは、ハードウェアのメーカーとソフトウェアのメーカーが同じであるということです。これは、ものすごく重要なポイントなのです。

そもそもOSをはじめとしたソフトウェアは、それを動作させるハードウェアにあわせて設計されている必要があります。MacはOSもハードウェアもAppleが開発していますから、ハードウェアに完璧にマッチしたOSを使用することができるのです。

対するWindowsマシンは、OSを開発しているのはMicrosoftであり、ハードウェアを開発しているのは各パソコンメーカーとなっています。そのため、OSとハードウェアを繋ぐためのドライバを用意してインストールしておかなければなりません。(もちろんこれらのドライバは、プリインストールされた状態で出荷されます。)このドライバは、日々のOSのアップデートによって、不具合を引き起こす可能性があるのです。

その他、メーカーがプリインストールした機能は出荷時は完全に動作しますが、日々のOSアップデートには対応できていないのが現状です。Macは、OSの開発元が自社のデバイスを知り尽くしており、このような不具合が起きる可能性が非常に低いのです。

また、Final Cutなど、Appleがリリースしているプロ向けのソフトウェアは、Macのみの動作を想定。Windows向けのソフトウェアは作られていません。これらAppleのソフトウェアを使いたいという方にとっては、Macは唯一の選択肢になることでしょう。

Windowsマシンを選ぶポイント

pexels-photo-109371

Windowsは、スペックの自由度が高いことが最も魅力的なポイントです。CPUやメモリ、GPUの性能はもちろん、プリインストールソフトや、インターフェースといったパソコンとしての性能を、さまざまな機種から選べます。

これは、Macにはない、Windowsマシンを選ぶならではの特権ともいえるでしょう。また、拡張性や、自分でマシンをカスタマイズすることを考えても、Windowsマシンのほうが扱いやすいというのも事実です。

WindowsとMacintosh、どちらを選んでも非常によい戦力となることは間違いありません。ただし、それぞれが違う顔をもっていることも事実。どちらを選んでも、クリエイティブな作品をつくることが可能なのです。あなたにとって、どちらのマシンが使いやすいのか、使う側にとって大きく異なります。

購入する前に、しっかりと見極めることが大切ですよ!