パソコン選びのなかでも難しいのが、動画編集向けのノートパソコンです。最近では編集アプリの充実によって初心者でも比較的簡単に動画を編集できる環境が整ってきましたが、それを動かすパソコン側には相応の高いスペックが必要となります。

また、ノートパソコンには豊富な種類があり、難しい専門用語も多く見られるので、初心者はどれを選んだらいいのか迷ってしまいがちです。そこで今回は、動画編集に適したノートパソコンを紹介しつつ、選び方も併せて解説します。

さっそくおすすめ商品を見る

動画編集に最適なノートパソコンの選び方

CPUの性能をチェック

By: amazon.co.jp

CPUはパソコンの全体的な処理性能を決める重要な部品です。パソコンの基本システムであるOSや動画編集ソフトなどの各種アプリを動かす役割を持っており、CPUの性能が高くなるほど動画編集などの作業もより快適にできるようになります。

CPUの性能で重要なのはクロック周波数・コア数・スレッド数の3点。クロック周波数はGHzという単位で表記され、その数値が高いほど高速な処理ができます。特に動画編集においてはコア数とスレッド数がより重要です。

コア数が多くなるほど、動画のエンコード(ファイル変換・書き出し)などの高負荷を要求する処理が高速で進められます。また、スレッド数が多くなるほど、音楽を聴きながら動画編集をするなどのマルチタスクが快適にこなせるのがポイントです。

スライドショー(フォトムービー)の作成程度であれば、Core i5のCPUを搭載したミドルクラスの機種でも十分。ただし、DVD・ブルーレイの制作や、YouTubeなど配信サービス向けの動画制作を行いたい場合は、デスクトップ並みの性能を持つCore i7-8750H(6コア/12スレッド)以上のCPUを搭載するハイクラス機種の方が快適に編集作業を進められます。

メモリ容量をチェック

By: amazon.co.jp

メモリはパソコンにおける作業領域を決める部品で、パソコンで処理したデータの一時保管場所としての役割を持っています。GBという単位で表記され、この数値が高くなるほど作業領域が広くなり、より多くのデータをメモリ上に保持しておくことが可能です。動画ファイルなどの大容量データを扱っても処理落ちしづらく、スムーズに作業を進められます。

動画編集用のノートパソコンとしては最低8GB、可能であれば16GB以上の大容量メモリを搭載したモデルがおすすめ。スライドショーの作成では少なめのメモリでも作業は進められますが、大容量のデータを扱う本格的な動画編集となると、16GBほどのモデルでないと快適な環境で作業を進めるのは難しくなる傾向にあります。

また、メモリを後から増設できるか否かも重要。MacBookシリーズなど最近の薄型ノートパソコンはメモリがマザーボード(基盤)に直付けされている場合が多く、購入後にメモリの増設ができないものが多いため注意が必要です。ノートパソコンを長く快適に使用したい場合は、あらかじめ増設に対応しているかを確認しておきましょう。

GPUの性能をチェック

By: rakuten.co.jp

GPUはパソコンにおけるグラフィック処理を専門に担当している部品です。通常のデータ処理では主にメモリを使用しますが、ディスプレイへの映像出力や、写真・動画のレタッチ編集、イラストの描画などの処理はこのGPUが受け持っています。グラフィック周りの動作によってメモリにかかる負荷を軽減できるため、快適な作業環境を実現可能です。

GPUにはCPU内蔵型と、CPUの外部に搭載されている独立型の2種類があります。独立型のGPUはCPU内蔵型よりも容量が大きいため、より安定した動作で高負荷なグラフィック処理もスムーズに進められるのがポイント。そのため、動画編集向けのノートパソコンとしても、独立型のGPUを搭載した機種がおすすめです。

独立型GPUのブランドは、NVIDIA社の「GeForce」とAMD社による「Radeon」の2つが主流。どちらのブランドも高性能なパーツが揃っていますが、多くの動画編集ソフトは動作確認や最適化をNVIDIA製のGPUで行っている場合が多いので注意しましょう。

したがって、動画編集向けのノートパソコンとしては「GeForce」搭載機を選ぶのが無難です。フルHD以下の動画編集ならばスタンダードである「GeForce GTX 1050 Ti」で十分ですが、4K動画の編集を行う場合はハイクラスである「GeForce GTX 1070」以上のGPUを搭載した機種を選びましょう。

ストレージ容量をチェック

By: amazon.co.jp

ストレージはデータを保管するための部品。メモリがデータの一時的な取り置きに使われるのに対し、ストレージはデータの長期的な保存に使用されるのがポイントです。

ストレージに使われる記録メディアの種類としては、HDD(ハードディスクドライブ)とSSD(ソリッドステートドライブ)の2つが主流。HDDは、SSDと比較して処理速度が遅く、衝撃にも弱いですが、容量あたりの単価が安く大容量でも入手しやすいので、コスパを重視する方におすすめです。

一方、SSDはHDDと比べて処理速度が速く、衝撃に強い上、動作音も静か。しかし、容量当たりの単価がHDDのおよそ2倍以上するため、大容量にするとコストが嵩んでしまうのが難点です。

最近は、ストレージにHDDとSDDを併用した機種も登場しています。全体的な処理速度ではSSD単体のストレージには若干劣りますが、OSやアプリなど、頻繁に読み込むものはSSDで高速処理しつつ、素材や完成コンテンツはHDDへ大量に保存できるので、読み込み速度と容量の大きさを両立させたい方におすすめです。

画面サイズと解像度をチェック

By: biccamera.com

快適な作業環境で動画編集を進めるには、ディスプレイの画面サイズにも注目しましょう。動画編集ソフト上で動画素材を画面に大きく表示させつつ、各編集項目を快適に操作するためには、最低でも15インチ以上の画面サイズが必要です。外付けディスプレイを使用するのもおすすめですが、ノートパソコンの小型軽量や手軽さを生かしつつ動画編集がしたいのであれば、単体でも快適な作業ができる画面サイズを選びましょう。

また、ノートパソコンのディスプレイで選ぶ際は解像度も重要です。現在の主流であるフルHD解像度(1920×1080)の動画を普通に編集する場合は、ディスプレイもフルHD解像度のもので十分。しかし、フルHDの4倍高精細な4K動画(3840×2160)を編集する場合は、素材を忠実に再現表示するためにディスプレイも併せて4K対応している必要があります。

ちなみに、MacBookの「Retinaディスプレイ」や4K対応ディスプレイなど高精細表示に対応したディスプレイでは、単に画質がきれいなだけではなく、画像・動画の輪郭や文字がくっきり表示されるのも特徴。目にかかる負荷が少なく、長時間の編集作業でも疲れにくい効果が期待できるのでおすすめです。

動画編集におすすめのノートパソコン

マウスコンピューター(MouseComputer) BC-DAIVN15G165-192

マウスコンピューター(mouse) BC-DAIVN15G165-192

軽量かつコンパクトで、外出先でも動画編集ができるクリエイター向けのノートパソコン。バッテリー駆動時間は7.4時間あり、電池切れの心配なく作業に集中できます。

搭載されているメモリは16GB。大容量の動画編集でも快適に進められます。また、メモリは最大32GBまで増設可能。編集する動画の容量に応じてグレードアップできる点も魅力のひとつです。

CPUにはIntel Core i7-9750Hを採用。GPUはGeForce GTX 1650を採用しているので高グラフィックのファイルをサクサク編集できます。モニター解像度は1920×1080で、15.6型のモニターを採用していて、フルHDの動画を外付けディスプレイなしで扱えるのもポイントです。

ストレージは1TBのHDDと512GBのSSDの2つを搭載。動画や素材を大量に保管しておけるほか、処理スピードが速いのもメリット。本格的な動画を作成してみたいという方におすすめのモデルです。

マウスコンピューター(MouseComputer) MB-U771SIPZH

マウスコンピューター(mouse) MB-U771SIPZH

素材にマグネシウム合金を採用した、堅牢性に優れたノートパソコン。バッテリー駆動時間が最大14.5時間あるので、外出先で長時間作業したいときに活躍します。ディスプレイにはフルHDノングレア液晶を採用しているため、撮影した動画の美しさをそのままに作業可能です。

メモリの容量は16GB。大容量のデータを扱う本格的な動画の編集もスムーズに行なえます。CPUはCore i7-8565Uが備わっており、クロック周波数は最大4.60GHzを誇るので、高速な処理が可能。コア数は4コアで、エンコードなどの高負荷な処理やマルチタスクなどが快適におこなえます。

ストレージは512GBのSSDを採用。処理速度が速く動作音が静かであることが魅力のひとつです。顔認証システムが備わっているのでセキュリティ面にも優れます。動画編集用のノートパソコンとしては価格がリーズナブルなので、コスパ重視の方におすすめのモデルです。

ヒューレット・パッカード(HP) Pavilion 15-cu1000

ヒューレット・パッカード(HP) Pavilion 15-cu1000

15.6インチの液晶ディスプレイを搭載しているノートパソコン。1920×1080のフルHDディスプレイを採用しており、きれいな画面で動画を編集できます。また、鮮やかなIPSパネルを採用しており、どの角度からでも見えやすくなっているのも魅力です。

ストレージには128GBのSSDと1TBのHDDを採用。編集ソフトなど、頻繁に使用するモノはSSDで読み込み、素材や完成した動画はHDDに保存しておけます。

CPUには第8世代インテルCore i7-8565Uを採用。クロック周波数は1.80GHz-4.60GHzを誇り、高速な処理が可能です。また、CPUに内蔵された「Radeon 530」という専用のGPUが高グラフィックのファイルも安定して処理してくれます。

メモリは8GBあり、動画編集に必要な最低スペックを満たしています。バッテリー駆動時間は最大9時間あり、軽量性に優れているため持ち運んで作業することが多い方におすすめのモデルです。

バイオ(VAIO) S15

バイオ(VAIO) S15

4K動画もサクサク扱えるハイスペックなノートパソコン。デスクトップ並みのパワフルな使用感が魅力の製品です。解像度は3840×2160を採用しているため、フルHDの動画はもちろん、4Kの動画もきれいな映像をそのままに作業できます。

CPUは高性能な第8世代インテル Core i7プロセッサー(6コア/12スレッド)を搭載。デスクトップを凌ぐほどの処理能力を誇り、エンコードなどの高負荷な作業をそつなくこなしてくれます。

ストレージには128GBのSSDと1TBのHDDを採用。メモリは最大で32GBまで増設可能。本格的な動画を作成したいという方におすすめのモデルです。

デル(Dell) XPS 15 9570

デル(Dell) XPS 15  9570

素材に削り出したアルミとカーボンファイバーを採用したモデル。ディスプレイに5.7mmほどの薄いベゼルを採用しているため、動画編集作業に集中できるのがポイント。本体もコンパクトなので、持ち運びも快適です。

解像度は3840×2160で、4Kの動画編集も可能。フルHDの4倍に相当する画素数を誇り、コンパクトながらも高画質な映像が楽しめます。また、動画編集時に拡大させることなく細かい箇所まで確認できるのも魅力です。

CPUは第8世代のIntel Core i7-8750Hを搭載。GPUはGeForce GTX 1050 Tiを採用しており、高グラフィックの素材を快適にエンコードできます。

ストレージは512GBのSSD。動作音が静かで、衝撃に強いのがポイントです。高スペックで携帯性にも優れるアイテムを探しているという方は、ぜひチェックしてみてください。

エイスース(ASUS) X570UD-8550

エイスース(ASUS) X570UD-8550

映像の美しさが際立つノートパソコン。解像度は3840×2160で、15.6型の大型UHDディスプレイが大迫力の4K動画を映し出します。CPUはインテル Core i7-8550Uを、GPUはGeForce GTX 1050を採用しているので4K動画の編集も快適です。

ストレージは256GBのSSDと1TBのHDDの両方を備えているのもうれしいポイント。編集作業とコンテンツの保存の役割がSSDとHDDで分けられます。

48Whの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載しており、長時間の稼働が可能。約49分で60%まで充電できる高速充電にも対応しています。スペックに対して価格が安いのでコスパ重視の方におすすめのモデルです。

アップル(Apple) MacBook Pro 15インチ

アップル(Apple) MacBook Pro 15インチ

2019年に発売されたMacBook Pro 15インチの最新モデル。プロの映像クリエイターやYouTuberからも支持を集めているハイスペックなノートパソコンです。メモリは最大32GB。複数のアプリケーションを快適に動かせます。

True Toneテクノロジーを持ったRetinaディスプレイを搭載。フルHD動画はもちろん、4K動画もサクサク編集できます。画像や動画が細部までハッキリ映り、目への負担が少ないことも特徴です。

CPUにはインテル Core i9プロセッサーを採用。クロック周波数は最大で5.0GHzにまで到達し、エフェクトの追加や複数トラックのレイヤー化、エンコードといった高い負荷の処理を高速でできます。

ファンクションキーがある箇所にはTouch Barを搭載しており、スライドさせるだけで編集位置を移動させることが可能です。また、ディスプレイはタッチパネル対応になっており感覚的な操作も可能。効率よくプロ並みの動画を作成したいという方におすすめです。

レノボ(Lenovo) Ideapad 330S 81F500K2JP

レノボ(Lenovo) Ideapad 330S 81F500K2JP

軽量性とコストパフォーマンスに優れたノートパソコン。15.6型のフルHD解像度ディスプレイを搭載しているにもかかわらず1.75kgという軽さを実現しており、好きな場所で高画質の動画が編集できます。視野角も広く、あらゆる角度からでもきれいに見えるのも魅力のひとつです。

バッテリー駆動時間は最大6.4時間。1時間で80%の充電が可能な急速充電に対応しているので、給電できるアイテムや環境を整えることで外出先でもバッテリー残量を気にせず作業ができます。

CPUは第8世代のIntel Core i5-8250Uを採用。コア数は4コアあり、クロック周波数も最大3.4GHzと高めなので、高い負荷のかかるエンコードやマルチタスクによる作業がスムーズに行なえます。

メモリには8GB、ストレージには256GBのSSDを搭載。複数の画像を組み合わせてスライドショーを作成したり、簡単な動画編集をおこなったりするのにおすすめのアイテムです。