スマホやタブレットのように直感的な操作が可能なタッチパネル対応ノートパソコン。指先で気軽に操作できるので、動画視聴やWeb閲覧も快適に楽しめます。スタイラスペンが付属したモデルや、キーボード部分を取り外してタブレットとして使用できるモデルも人気です。

しかし、各メーカーから多数の製品が発売されているため、どのモデルを購入すべきか悩む方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめのタッチパネル対応ノートパソコンをご紹介します。

タッチパネル対応ノートパソコンの選び方

画面サイズをチェック

By: hp.com

一口にタッチパネル対応ノートパソコンといっても、画面サイズは各モデルによってさまざまです。携帯性を重視する場合には11インチ程度のモデルがおすすめ。作業範囲が狭く感じる場合には、13〜14インチ程度の軽量モデルも使い勝手が良好です。

また、頻繁に持ち運ばない方や自宅やオフィスで据え置き用として使う場合は、14インチ以上のモデルもおすすめ。作業範囲が広く、ビジネス資料や動画編集にも適しています。タッチパネル対応ノートパソコンの画面サイズは、使用用途にあわせて選びましょう。

タブレットモードに対応しているかチェック

By: acerjapan.com

タブレットとしても使用できる2in1タイプのノートパソコンには、大きく分けて2つの種類が存在します。キーボード部分の取り外しが可能なモデルは、ディスプレイだけで使用できるのが特徴。重量が軽くなるので、手で持って利用することが多い方におすすめです。

液晶画面が360°回転するモデルは、キーボード部分をスタンドとして利用できるのがメリット。ノートパソコンやタブレットとしての使用はもちろん、スタンドモードにして映画鑑賞やWebカメラを利用したオンラインチャットにもおすすめです。

OSをチェック

Windows

By: amazon.co.jp

マイクロソフトが開発している「Windows」は、ビジネスシーンをはじめ世界中で広く使われているOSです。フリーソフトが充実しているのも魅力のひとつ。DELLやレノボ、HPなど数多くの有名メーカーがWindowsノートパソコンを製造しているので、ラインナップが豊富です。

コスパに優れたモデルから高性能なハイエンドモデルまで、数多くの製品のなかから自分好みのモデルを選択できます。

Chrome OS

By: hp.com

2009年にGoogleから発表されたのが「Chrome OS」。オンラインサービスの利用を前提として設計されているので、スペックを抑えた製品が多く低価格で購入できます。Windowsに比べると機能面で制約は多いですが、パソコンの起動が早く、セキュリティ面で優れているのがメリットです。

リーズナブルな価格で購入できるモデルが多いので、サブノートパソコンを探している方にも適しています。

その他スペックをチェック

CPU

「CPU」はパソコンの頭脳にあたるパーツ。処理性能を大きく左右する部分なので、快適な動作を求める方はチェックしておきたいスペックです。CPUには、インテルが製造する「Core iシリーズ」「Atom」「Celeron」とAMDが製造する「Ryzenシリーズ」の2種類が存在しています。

Core iシリーズにはi3・i5・i7などがあり、数字が大きいほど性能が高く高価です。動画編集やゲームなどを快適に楽しみたい場合には、i5以上がおすすめ。AtomやCeleronは、Core iシリーズよりも性能は劣りますが、低価格で購入できるメリットがあります。

Ryzenシリーズは、インテルのCPUに比べてコスパに優れているのが強み。比較的リーズナブルな価格で購入できるにもかかわらず、高い処理性能を有しています。

ストレージ

By: amazon.co.jp

インストールしたアプリや画像、動画を保存しておくのが「ストレージ」。データの読み出しが高速で衝撃に強い「SSD」や、低容量なもののコスパに優れた「eMMC」、低価格大容量の「HDD」の3種類が存在しています。

パソコンやアプリの起動時間を早くしたい場合には、SSDやeMMCがおすすめ。動画や高画質な画像を大量に保存しておきたい場合には、HDDが便利です。

メモリ

By: amazon.co.jp

「メモリ」容量が増えれば増えるほど、パソコンの動作は快適になります。使用用途や目的によって推奨容量は異なりますが、ストレスを感じず作業に集中したい場合には8GB以上のモデルがおすすめです。

負荷のかかる3Dグラフィックゲームや動画編集のほか、複数のアプリを同時使用する場合には16GB以上のモデルを選択しましょう。また、Web閲覧や動画視聴、Officeソフトの利用がメインで、コストを重視する場合には、8GB以下のモデルをチェックしてみてください。

タッチパネル対応ノートパソコンのおすすめモデル

ヒューレット・パッカード(HP) ノートパソコン Spectre x360 14 2U7B3PA-AAAB

ビジネスシーンで使えるノートパソコンを求める方におすすめのモデルです。第11世代のCore i7プロセッサと16GBメモリを組み合わせた高性能マシン。さまざまなビジネスアプリが軽快に動作するのはもちろん、マルチタスクも余裕でこなします。

Officeソフトが同梱されており、購入後すぐに活用できるのもポイント。ストレージには512GBのSSDを採用しているため、一般的なビジネス用途であれば容量不足に陥ることはほとんどありません。

WUXGA(1920×1280ピクセル)の解像度を備えた13.5インチ液晶を搭載。アスペクト比を3:2にすることで縦方向の表示領域が広がっており、ウェブサイトやスプレッドシートの一覧性が向上しているおすすめのモデルです。

エイスース(ASUS) ノートパソコン VivoBook Flip 14 TM420IA-EC147TS/A

360°回転するヒンジを備えた、タブレットにもなる2in1タイプのノートパソコンです。CPUにAMDのRyzen 7プロセッサを採用しており、プライベートはもちろんハードなビジネス用途にもしっかりと対応可能。付属のOfficeソフトをはじめ多くのビジネスアプリがストレスなく使用できます。

豊富なインターフェースを備えているのも本モデルの特徴。HDMI・USB Type-C・Type-A・microSDカードスロットといったポート類を搭載しているので、さまざまな周辺機器を利用できます。

エイスース(ASUS) ゲーミングノートパソコン ROG Flow X13 GV301QH-R7G1650S120

携帯性に優れたゲーミングノートパソコンを探している方におすすめのモデルです。厚さ15.8mmの薄型ボディを採用しているのが特徴。重さも約1.35kgと軽量なため、カバンの中で邪魔にならず容易に持ち運ぶことが可能です。AMDのRyzen 7プロセッサとNVIDIAのGPU「GeForce GTX 1650」を実装しており、最新のゲームタイトルを快適にプレイできます。

13.4インチの液晶には、120Hzの高リフレッシュレートパネルを採用。高速で動く映像が滑らかに表示できるので、FPSゲームを好む方にもピッタリです。

マイクロソフト(Microsoft) ノートパソコン Surface Laptop Go 1ZO-00020

大学生の方におすすめのノートパソコンです。購入しやすい手頃な価格が特徴。メモリ容量は4GBながら第10世代のCore i5プロセッサを搭載しているため、一般的な用途であれば快適に使用できます。ウェブサイトでの調べ物やレポートの作成といった使い方にピッタリのスペックです。

ストレージには64GBのeMMCを採用。また、HDカメラをはじめデュアルマイクやスピーカーを内蔵しているのも魅力です。

タッチパネル対応Chromebookのおすすめモデル

エイスース(ASUS) Chromebook Flip C434TA-AI0115

ビジネスシーンで快適に使えるChromebookが欲しい方におすすめのモデルです。CPUにインテルのCore i5プロセッサを搭載。8GBのメモリを実装しており、さまざまなアプリをストレスなく使用することが可能です。また、ストレージは64GBのeMMCと、Chromebookとしては十分な容量を確保しています。

フル充電で約10時間駆動するバッテリーを内蔵。さらに、グレア処理が施された14インチのフルHD液晶を搭載しており、視認性は良好です。

レノボ(Lenovo) IdeaPad Duet Chromebook ZA6F003AMZ

セパレート式のキーボードを備えた2in1タイプのChromebookです。10.1インチの小型液晶を搭載しており、重さは約0.92kgと軽量。携帯性を重視する方におすすめのモデルです。新幹線の車内や飛行機の機内など、移動中でもさっと取り出してスマートに使えます。

ストレージには128GBのeMMCを採用。書類や写真といった多くのファイルが本体内に保存できます。ネットに繋がらない環境でも、レポートの作成や写真の閲覧ができるので便利です。

レノボ(Lenovo) ThinkPad C13 Yoga Chromebook 20UX0006JP

ビジネス用途におすすめのChromebookです。AMDのRyzen 5と8GBのメモリを搭載しており、多くのビジネスアプリがサクサク動作します。指紋センサーを備えているため、スマートにログイン画面の解除がおこなえるほか、大切な書類を保存して外回りに持ち出す際も安心です。

「ThinkShutter」を搭載しているのも本モデルの特徴。フロントカメラを物理的に覆うことが可能なので、自宅からWeb会議に参加するようなシーンでもプライバシーをしっかりと保護できます。

エイサー(Acer) Chromebook Spin 311 CP311-3H-A14P

By: acerjapan.com

11.6インチの液晶を搭載したコンパクトな製品です。持ち運びのしやすいChromebookを求める方におすすめのモデル。重さが約1.05kgと非常に軽量なため子供でも容易に扱えます。

CPUには台湾の半導体メーカー「Media Tek」のプロセッサを採用。気軽に購入できる手頃な価格も本モデルの魅力です。液晶パネルが360°回転するので、タブレットモードでネットサーフィンを楽しんだり、スタンドモードで動画を視聴したりとシーンに応じて使い分けられます。

ヒューレット・パッカード(HP) Chromebook 14a

インテルのCeleronプロセッサと4GBのメモリを搭載したChromebookです。フルHD表示が可能な14インチ液晶を搭載。綺麗な画面で動画の視聴やウェブサイトの閲覧がおこなえます。また、視野角の広いIPSパネルを採用しているので、家族や友人と一緒に見るようなシーンで便利です。

ピンチやスワイプといった操作ができるのもポイント。普段使い慣れたスマホに近い感覚で扱えるため、パソコンに不慣れな方などにもピッタリです。