スマホやタブレット全盛期の現在でも、本格的な作業をするならパソコンは必須。そのなかでも、持ち運びに便利で収納可能な「ノートパソコン」は、学生からビジネスパーソンまで多くの方に活用されています。

そこで今回は、5万円以下のノートパソコンについて詳しくご紹介。実用に耐えうるモデルがリーズナブルな価格で販売されているので、チェックしてみてください。

5万円以下のノートパソコンの選び方

By: amazon.co.jp

5万円以下のノートパソコンには、画面サイズが10〜15インチの製品が数多くラインナップされています。持ち運ぶ機会が多い方は10〜14インチ、据え置きで利用するなら15インチのノートパソコンがおすすめです。

10〜14インチのノートパソコンは、重量が軽く携帯性に優れているのが特徴。また、12〜14インチのノートパソコンであれば据え置き型としても十分に利用できるのも魅力です。しかし、画面サイズが小さいので、細かな作業をしにくくなったり、映像を楽しみにくくなったりするのがデメリットとして挙げられます。

15インチ前後のノートパソコンであれば、大きな画面でグラフィックの編集をしたり、映像を楽しんだりすることが可能。パソコン本体の大きさも比例して大きくなるため、余裕を持って作業できるのが特徴です。その反面、重量が重く、持ち運びしにくい点には注意しておきましょう。

ストレージの種類と容量をチェック

By: amazon.co.jp

SSD

SSDは、「Solid State Drive」の略。3種類のストレージのなかで、データ転送速度がもっとも速いのが特徴です。また、SSDは駆動音がなく静かに使えるのも魅力。半導体メモリを使用するので、パソコンを立ち上げたときのハードディスクの音がしません。発熱や強く落としたときの衝撃に強いため、持ち運ぶ機会が多い方でも安心です。

一方で、記憶できる容量が多くないのがデメリット。5万円以下のノートパソコンであれば、平均のSSD容量は128GB程度です。インターネットの閲覧やメールのチェックをする程度であれば、十分に使えます。

HDD

HDDは「Hard Disc Drive」の略。3種類のストレージのなかで、もっとも記憶できる容量が多いのが特徴です。安価なノートパソコンであれば、平均で500GB程の記憶容量を持つので、写真や動画をたくさん保存したい方に適しています。

ストレージにHDDを搭載しているノートパソコンは安価な製品が多いですが、消費電力が多く、落としたときの衝撃に弱い性質なのがデメリット。また、SSDやeMMCと比べてデータ転送速度が遅いため、データの読み書きに時間がかかる点に注意が必要です。

eMMC

eMMCは「embedded Multi Media Card」の略。「MMC」の規格を応用して作られたモノで、電力消費が少なく、バッテリーの使用時に負担がかからないのが魅力です。

データ転送速度はSSDよりも遅いですが、HDDよりは時間がかからず、パソコンがスムーズに起動します。安価なパソコンに搭載されることが多く、購入しやすいのが嬉しいポイントです。

しかし、eMMCは保存できる記憶容量が少ないのがデメリット。実際に搭載されている容量は平均で32GBと少なく、動画や音楽の保存に向いていません。外付けのストレージやクラウドに保存をする方におすすめです。

メモリ容量をチェック

By: lenovo.com

メモリ(RAM)は、データを一時的に保存する際に利用されます。一般的に容量が多ければ多いほど、パソコンの処理スピードが速く、フリーズしにくいのが特徴。5万円以下のノートパソコンには平均で4〜8GBのメモリが搭載されており、メモリの容量が多いほど価格が高くなります。

4GBのメモリ容量では、ネットサーフィンやエクセル、簡単な動画編集などが可能。普段使いをするのであれば特に問題なく使用できます。

持ち運んで使うなら重量やバッテリー持続時間も重要

リュックやかばんに入れて持ち運ぶ際に重要なのが重量。画面サイズが小さいほど、本体の重量が軽い傾向にあります。1kg程であれば、持ち運びがしやすく長時間の移動でも負担になりません。

しかし、重量が軽いほどバッテリーの持続時間が短くなるので注意が必要。1.5kg程度までのモノであれば、持続時間が長く移動で負担にならないノートパソコンを選べます。

5万円以下のノートパソコンであれば、バッテリーの持続時間は5~10時間程。外出先の移動距離や使用用途にあわせて、適したノートパソコンを選択しましょう。

5万円以下ノートパソコンおすすめメーカー

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

低価格帯のノートパソコンを多く扱うエイスース。一般向けのノートパソコンとゲーミングモデルが中心で、コストパフォーマンスに優れた製品が多いのが特徴です。スペックが幅広く用意されており、豊富な選択肢からノートパソコンを選べます。

また、薄型軽量でバッテリーの持続時間が長いノートパソコンが多いのも魅力。デザインは、余分なモノを極力省き、シンプルで高級感ある見た目に仕上げています。持ち運びのしやすさやバッテリー持続時間を重視する方であれば、エイスースのノートパソコンがおすすめです。

ヒューレット・パッカード(HP)

By: amazon.co.jp

低価格なノートパソコンを多く扱うヒューレットパッカード。性能が高いモデルは少ないですが、シンプルな機能で使いやすいのが特徴です。Officeソフトや動画閲覧など、基本的な作業を行いたい方に適しています。

ヒューレットパッカードのノートパソコンは、ラインナップが充実しているのもポイント。基本機能を標準搭載した「HPシリーズ」は、低価格ながら高精細なフルHDで映像を楽しめるのが特徴です。

レノボ(Lenovo)

By: amazon.co.jp

レノボは1984年に創業された中国のパソコンメーカーです。ノートパソコンは、法人用に開発された製品が多くを占めますが、個人でも十分に使える安価な製品も充実。

レノボのノートパソコンは、耐久性とキーボードのタッチに定評があります。持ち運びの際に多少の衝撃があっても安心して利用できるのがポイント。パソコンをある程度使い慣れた、中級者や上級者の方におすすめです。

また、レノボの「ideapad」シリーズは、薄型で携帯性に優れた製品が多く、機能が充実しています。スタイリッシュなデザインで、持ち運びがしやすくビジネス利用に適したノートパソコンです。

5万円以下ノートパソコンのおすすめ

エイスース(ASUS) ASUS E203MA E203MA-4000G2

本体がスリムかつ軽量なので持ち運びやすい、おすすめノートパソコンです。ディスプレイは11.6インチを採用しています。薄さが16.9mm、重量は約1kg。持ち運び時にバッグへ入れても、スペースや重さの面で負担になりません。

本体は180°まで開けるのが特徴です。仕事で立ちながら作業をしたり、タブレット端末のようにして画面を見たりしたいときに活躍します。搭載するヒンジは20000回以上のテストに合格しているため、劣化を気にせずに気兼ねなく開閉可能。普段使いで活躍する、おすすめのノートパソコンです。

エイスース(ASUS) ASUS R417YA R417YA-GA044T

パソコン初心者にとって使いやすい、エイスースのおすすめエントリーモデル。ストレージは64GBのeMMCを採用しています。標準で「WPS Office」がついてくるので、追加のコストをかけずに表計算やプレゼンテーションの資料作成などを行えるのが魅力です。

解像度は1366×768と十分。YouTubeやVODサービスなどの動画を快適に楽しめます。外部インターフェースにはUSBポート・SDカードリーダー・オーディオポートと多彩に用意されているのがポイント。

搭載する30万画素のWebカメラを使って友人とビデオチャットをしたり、取引先と会議をしたりできます。基本的な性能が充実した、おすすめのノートパソコンです。

ヒューレット・パッカード(HP) HP 15-db0000 7JN54PA#ABJ(4GB)

Officeもセットでついてくる、おすすめのノートパソコンです。Microsoft Officeと互換性のある「Thinkfree office NEO」をインストールできます。プレゼンテーション用の資料作成や、取引先への文書作成などを気軽に行えるのが魅力です。

ストレージには、256GBのSSDを採用。外出先で急いで作業を始めたいときでも、待ち時間が少なくスムーズに立ち上げられます。また、ビデオチャットやテレビ会議を行える、Webカメラを標準搭載。初心者用のマニュアル「速効!HPパソコンナビ特別版」を付属しているので、子供や高齢の方でも安心して操作できます。

ヒューレット・パッカード(HP) ノートパソコン 15-db G1モデル 6MY38PA-AAAA

カジュアルに使えるエントリーモデルのノートパソコンです。大きめサイズの15.6インチディスプレイを搭載。画面には光が反射しにくい非光沢加工が施されているので、長時間のPC作業も快適に行えます。

映画やドラマなどの動画コンテンツを楽しめる「DVDドライブ」を内蔵。また、ディスプレイ上部には「WEBカメラ」や「デジタルステレオマイク」が搭載されているので、すぐにテレワークやオンライン授業に対応できるのも魅力です。

レノボ(Lenovo) Lenovo Ideapad 330 81D600MCJP

スタイリッシュなデザインを採用した、5万円以下のノートパソコン。厚さは22.9mmと薄いので、薄いバッグへもすっぽりと収めやすいのがポイントです。

CPUには、高性能な「AMD A6-9225 APU」を搭載。メモリは4GBを採用しているため、ネットサーフィンや動画閲覧など快適に使用できます。

そのほか、128GBのSSDストレージを採用しているので、パソコンの起動も高速。バッテリーは最大4.8時間連続で使用できるため、外で作業したい場合も活躍します。安い価格でよい性能のモノを手に入れられる、おすすめのノートパソコンです。

レノボ(Lenovo) Lenovo IdeaPad D330 81H300JRJP

ノートパソコンとしてもタブレットとしても使えるモデルです。画面部分とキーボード部分を切り離せば、マルチタッチに対応した10.1インチタブレットとして、直観的に操作できます。

接続部分には、Type-C USB3.1ポートやmicro SDカードリーダーなど数多く搭載。外部の保存媒体やオーディオ機器をつなげて、幅広い用途で活用できます。

バッテリーは最大で14.3時間連続で使用できるのが特徴です。出張や旅行などで1日中外出しても、バッテリー切れを心配することなく使い続けられます。携帯性を重視したい方におすすめのモデルです。

ジーエルエム(GLM) GLM-14-J3160-240-2019

安い価格ながら高いパフォーマンスを発揮する、ノートパソコンです。ストレージには、256GBのSSDを搭載。パソコンの起動が早いだけでなく、音楽などのデータもたくさん保存できます。

重量は1.3kgと軽量。本体にはWebカメラがついているので、在宅勤務での会議などをラクラクとこなせます。CPUには、高品質な「Intel Celeron Quad Core N3450」を内蔵。

解像度は1920×1080のフルHD画質で、迫力ある映像を楽しめます。学生から社会人まで幅広く使えるおすすめのノートパソコンです。

BMAX 2-in-1 ノートパソコン Y13

256GBのSSDを内蔵したノートパソコンです。CPUには、「Intel Gemini Lake N4120」を採用。最大2.6GHzの4コアとパソコンでのデータ保存やマルチタスクを快適にします。

また、画面方向を背面にして折りたためば、タッチパネルとしても使えるのが特徴。外出先でタブレット端末として利用し、資料作成を直感的に行えるのが魅力です。

重量は1.27kgと軽量なので、自宅用としてだけでなく、仕事や学校などの外出先でも使いやすいのが嬉しいポイント。外部との接続は、Wi-Fi・Bluetooth4.2・SDカード・USB Type-Cなど、幅広く対応しています。持ち運びと機能性に優れたノートパソコンを探している方におすすめです。

ジャンパー(Jumper) ノートパソコン CJPc-03

スタイリッシュなグレーカラーが特徴のノートパソコンです。画面サイズには13.3インチを採用しています。IPSパネルが使われているので、どの角度からもはっきりと画面を確認できるのが魅力。

本製品は、Windows10を標準搭載。CPUには「Intel Celeron Apollo Lake N3350」を採用しています。最大2.4GHzの周波数で、高速にデータの処理を行えるのが特徴です。

本体をフル充電すれば、外出先で約6時間連続して使用し続けることが可能。新幹線や長距離バスの移動中に、サクサクと作業を行えます。機能性だけでなく、見た目にもこだわりたい方におすすめのモデルです。

CHUWI HeroBook Pro Pro

8GBのメモリ容量と256GBのSSDストレージを搭載した、ノートパソコンです。CPUには「Gemini Lake N4000 2コアプロセッサ」を、GPUには「UHD Graphics 600」を搭載。コンパクトながら高い処理能力を発揮し、快適な作業を実現します。

本製品は、急速充電に対応しているのが特徴。仕事や学校へ急いで行かなければならないときでも、すぐに使用できます。プライベート用と仕事用のどちらでも使いやすいノートパソコンです。