気軽に持ち運べるのが魅力の「ノートパソコン」。モバイル用途重視で製品を選びたい方にとっては、なるべく軽量なモデルを選びたいものですが、使い勝手も考慮するとなると機能面の充実度も重要です。

そこで今回は、おすすめの軽量ノートパソコンをご紹介。11インチ・13インチ・15インチとサイズ別に製品をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

軽量ノートパソコンのメリット・デメリット

メリット

軽量ノートパソコンのメリットはモバイル用途に優れていること。1kg以下なら持ち運びの際にもストレスにならず、カバンからの出し入れも容易なので使い勝手が良好です。

また、軽量ノートパソコンは外出先で使用することを想定しているのでバッテリーの駆動時間が長いのも特徴。製品ラインナップのなかには10時間以上使用できるモデルもあるので、バッテリーの駆動時間を重視したい方はしっかりとチェックしておきましょう。

デメリット

By: amazon.co.jp

軽量ノートパソコンはボディを薄くしているため、その分キーストロークが浅くなり、打鍵感や操作性が悪くなることがあります。また、外部インターフェースが少なく、USBポートなどの数が限られるのも懸念点です。

また、軽量化のために機能をある程度省いているのもポイント。多くの機種には光学ドライブが搭載しておらず、DVDやブルーレイデイスクなどのソフトを再生したいという方は別途外付けのドライブを用意する必要があります。その点は留意しておきましょう。

軽量ノートパソコンはスペックが低い?

軽量ノートパソコンは本体内部のスペースが狭く、冷却効果の高いファンの設置が難しいのが特徴です。一般的に高性能なCPUは消費電力が多く、発熱量が大きいので筐体の小さな軽量ノートパソコンには不向きです。そのため、一般的なノートパソコンと比べてスペックの低いCPUを搭載する傾向にありました。

しかし、最近はメーカーの技術革新によって、高性能でありながら発熱量が少ないCPUが開発されています。また、冷却ファンも薄型化が進んでいるので、一概に軽量ノートパソコン=低スペックとは言い切れません。ハイエンドモデルの軽量ノートパソコンを求めている方はしっかりとスペックを確認しておきましょう。

軽量ノートパソコンの選び方

ディスプレイサイズで選ぶ

モバイル用途重視でノートパソコンを選ぶ際にサイズの目安となるのは、11インチ・13インチ・15インチ程度。使い勝手と持ち運びを考慮すると、このなかからチョイスするのがおすすめです。

11インチ程度のモデルはフットワーク重視でノートパソコンを選びたい方におすすめ。タブレット感覚で使えるので、ビジネスシーンではサブ機としても活用できます。

13インチ程度のモデルは持ち運びと作業のしやすさという面でバランスの取れたサイズです。迷ったらこの13インチ前後のディスプレイを搭載したノートパソコンを選ぶことをおすすめします。

15インチ程度のモデルはノートパソコンとしては大型ですが、見やすさ重視であれば購入候補。機能面の高さはもちろん、周辺機器との拡張性も配慮したいのであれば、スペックをしっかり確認しておきましょう。

重さで選ぶ

By: hp.com

「軽量」と謳うノートパソコンの重さの目安は1kg前後。1kg以上でもカバンに入るサイズであれば持ち運べますが、日々の持ち歩きを考慮するとストレスを感じることもあります。いつでも持ち歩くなら本体重量が1kg以下のノートパソコンがおすすめ。カバンの出し入れもラクで、場所を選ばずにスムーズに作業できます。

OSで選ぶ

Windows

Windowsは世界で最も使われているパソコンのOSで、Microsoftが開発しています。同社のOffice製品が付属しているモデルがほとんどなので、ビジネス面で非常に便利。対応しているソフトの種類も豊富なので汎用性の高さも特徴です。

また、多くのメーカーからさまざまなタイプのノートパソコンが販売されているのもポイント。選択肢が広いので、スペックを抑えた低価格のモノから高機能モデルまで、用途に合わせて選べるのがメリットです。

macOS

macOSはAppleが製造しているOS。とにかくシンプルで、直感的に操作できるのが特徴です。同社製品との親和性が高いので、iPhoneやiPadなどのデータを同期できるのもメリット。また、美しさにおけるクオリティや使い勝手に優位性があり、現在でもクリエイティブな業務においてはMacを使用することが多いのが現状です。

Chrome OS

By: hp.com

Chrome OSはGoogleが開発しているOS。ウェブブラウザのChrome上で動作するアプリしか使用できないというデメリットはありますが、ネットサーフィンや文書作成程度であれば十分対応できます。

なお、同OSが搭載されたノートパソコンは「Chromebook」と呼ばれ、国内ではエイスースとエイサーの台湾メーカーが販売。数は多くないものの、複数製品がラインナップされています。

CPUで選ぶ

CPUとは、Central Processing Unit(セントラル・プロセッシング・ユニット)の略でパソコンの頭脳に例えられ、性能が高いほど、あらゆる処理速度が向上します。CPUを製造しているメーカーは、主にIntelとAMDの2社です。なお、ほとんどのノートパソコンにはIntelのCPUが搭載されています。

CPUの表記は「メーカー+ブランド+型番」で構成されており、例えばIntel Core i7 7500Uであれば、メーカー名はIntel、ブランドはCore i7、型番は7500Uを示しています。

ちなみに、Coreとはシリーズ名のことで、末尾の数字の大きさは性能に比例。「i5」と「i7」であれば後者のほうが優秀です。しかし、その分価格が高くなるのがネック。文書作成やウェブ閲覧程度であれば、「i3」などでも十分でしょう。また、Core iシリーズよりもランクは下がりますが、価格の安さで選ぶならCore MやPentium、Celeronも候補。予算と用途との兼ね合いを考慮して選ぶようにしましょう。

メモリで選ぶ

最近のノートパソコンのメモリは2GBから64GBまでと幅広いですが、基本的には8GBあれば十分です。なお、動画編集やデザイン作成、ゲーミングなどをしたい方は16GB以上のモデルがおすすめ。

ちなみにメモリが2〜4GBのノートパソコンはサクサク動くとは言えず、特に負荷のかかる重い作業にはストレスを感じます。とはいえ、ノートパソコンの用途がウェブ閲覧や文書作成程度であれば問題ないので、その点は考慮しておきましょう。ノートパソコンの価格はメモリ容量に比例する部分でもあるので、用途を考えて選ぶのがおすすめです。

ストレージの容量で選ぶ

以前はノートパソコンのストレージといえばHDDが一般的でしたが、最近ではSSDが主流です。SSDを搭載したノートパソコンの魅力はデータアクセスの速さ。フラッシュメモリを利用したストレージなので、パソコンの起動時間の短縮やデータへの高速な読み込みができます。

また、消費電力が少なく、外からの衝撃にも強いため、持ち運んで使用することを想定した軽量ノートパソコンに適したストレージです。ただし、容量当たりの価格がHDDと比べて高いのがデメリット。技術的にも大容量モデルのラインアップがまだ少ないのも現状です。

また、eMMCもフラッシュメモリを利用しており、データへのアクセス速度はHDDよりも速いですが、SSDには劣ります。SSDと比べて価格は安いものの、容量も少ないのが懸念点です。サイズはSSDより小さく基盤に組み込めるため、低価格の軽量ノートパソコンやタブレットに適したストレージです。

軽量ノートパソコンのおすすめモデル|~11インチクラス

バイオ(VAIO) VAIO S11

高性能な人気の軽量ノートパソコンです。CPUをリーズナブルなCeleronから処理性能の高いCore i7まで選択でき、メモリを4GB、8GB、16GBの3種類から選べます。ストレージは128GBから最大1TBのSSDまで搭載可能です。

最軽量モデルの場合、重さは約840gなのでモバイル用途におすすめ。ハイスペックにカスタマイズしても、重さが1kg以下となるのも魅力です。OSはWindows 10で、ディスプレイサイズは11.6インチ。

また、カスタマイズ次第で指紋認証機能やLTEを搭載することも可能です。指紋認証を利用すると毎度のログインを容易に行え、LTE機能があればWi-Fi環境がない場合もネットに接続できるので便利。インターフェースも充実しており、USB3.0ポート3つとVGAポート、HDMIポート、LANポート、SDカードスロットを搭載しています。

さらに、バッテリー駆動時間が長く、最大約16時間使えるのもメリット。軽量ノートパソコンで16GBのメモリや1TBのSSDを搭載できるモデルは多くないため、高性能な製品を探している方におすすめです。

エイスース(ASUS) E203MA

リーズナブルながら駆動時間の長い、11.6インチの軽量ノートパソコンです。重さは約1kg、厚みが16.9mmと薄いので持ち運びに便利。軽量かつスリムな設計でありながら、バッテリー駆動で最大14.6時間使用できるのが魅力です。

外出先でも長時間使えるので持ち運びの多い用途におすすめ。OSはWindows 10、CPUはIntelのCeleronを採用しています。メモリは4GBで、ストレージは64GBのeMMCです。

あまりスペックは高くありませんが、ネットサーフィンや文書作成には十分な性能を持つため、家庭用やビジネスのサブ機としておすすめ。また、薄型タイプながらインターフェースを多数搭載しているのもメリットです。USB3.0ポート2つとUSB3.1 Type-Cポート、HDMIポート、microSDカードスロットを備えており、多様なデバイスと簡単に接続できます。

特に、Type-Cポートは今後ますます普及すると考えられるので、チェックしてもらいたいポイントです。モバイル用途に特化した、安い軽量ノートパソコンを探している方はぜひ候補に入れてみてください。

エイスース(ASUS) Chromebook Flip C101PA-OP1

ChromeOSを搭載した、リーズナブルな人気製品です。ディスプレイサイズはコンパクトな10.1インチ。重量は約0.9kgで、1kg以下の軽量ノートパソコンを探している方におすすめです。

CPUにはヘキサコアの「OP1」を採用しており、メモリは4GBでストレージは16GBのeMMC。ストレージ容量は少ないですが、ChromeOSは基本的に「Google Drive」などのクラウド上にデータを保存することを想定して作られているため、文書作成やネットサーフィンは問題なく行えます。

バッテリー駆動時間は約9時間なので長時間連続使用できるのもメリット。インターフェースはUSB3.1 Type-Cポート2つとUSB2.0ポート、microSDカードスロットを搭載しています。初めてのChromebookにもおすすめの、評判のよい製品です。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Go

Microsoftのモバイル性に優れた人気製品です。愛用者の多いSurfaceシリーズの中で最もリーズナブルな製品であり、タブレット型の本体にオプションパーツのタイプカバーを合わせると、便利な軽量ノートパソコンとして使えます。

最軽量モデルはタイプカバー抜きだとわずか522gの軽さを実現。搭載しているOSは同社のWindows 10で、Officeを標準搭載しているのもポイントです。ディスプレイサイズは10インチ、CPUにはIntel Pentium Goldプロセッサーを採用しています。

メモリとストレージは、4GBのメモリと64GBのeMMC、もしくは8GBのメモリと128GBのSSDの2種類から選択可能。後者の方が安心して幅広い用途に使える上、コストに対してバランスがよいためおすすめです。

バッテリー駆動時間は約9時間と外出先でも長時間連続で作業を行えます。オプションパーツのタイプカバーやSurfaceペンを購入するとより便利に使えるのもメリット。マイクロソフトのソフトやクラウドサービスとの互換性が高く、ビジネスシーンや大学のレポート作成などにおすすめの製品です。

軽量ノートパソコンのおすすめモデル|~13インチクラス

日本電気(NEC) LAVIE Note Mobile PC-NM550KA

高性能な1kg以下の軽量ノートパソコンです。ディスプレイは12.5インチのフルHD液晶で、画面ギリギリまで液晶を搭載した「スリムベゼル」により、コンパクトなサイズ感を実現しています。重さを約925gに抑えているため、モバイル性が高く、日々の持ち歩き用PCとしてもおすすめです。

バッテリー駆動時間は約11.6時間で、充電のできない外出先でも長時間作業を行えます。OSはWindows 10、CPUにはIntel Core i5を採用。メモリは8GBでストレージは256GBのSSDです。文書作成を容易にこなせる処理性能を持ち、ビジネスや大学のメインPCにもおすすめします。

また、150kgfの面加圧試験をクリアしており、コンパクトでスリムな設計でありながら頑丈な作りなのもポイント。指紋認証機能を搭載しているため、パスワード入力よりも手軽にセキュリティの高い本人認証を行え、ログインも手軽です。

さらに、インターフェースはUSB3.0ポート2つとHDMIポート、SDカードスロットを搭載しています。一般的な文書作成やデータ転送などに必要なスペックと機能が充実しており、1kg以下で使い勝手のよい軽量ノートパソコンを探している方におすすめです。

日本電気(NEC) LAVIE Hybrid ZERO PC-HZ750LA

世界トップクラスの軽量性を持つノートパソコンです。13.3インチのディスプレイを採用していながら、本モデルは約831gの軽さを実現。スペックを抑えた最軽量モデルの場合は約769gなので13インチクラスで1kg以下のPCを探している方におすすめです。

ディスプレイには解像度の高いフルHD液晶を採用。光沢のないノングレア仕様なので太陽光や照明の下でも視認性に優れている上、目に優しく長時間作業を行う方にもおすすめです。また、液晶はタッチ操作に対応しており、360°回転させて折りたためばタブレットとしても使用可能。

OSはWindows 10で、CPUはIntel Core i7を搭載しています。メモリは8GB、ストレージは512GBのSSDを内蔵。文書作成や大容量のデータ転送にも対応できるため、幅広いビジネスシーンで活躍する製品です。

さらに、薄く軽量でありながら150kgfの面加圧試験をクリアしており、耐久性も十分。バッテリー駆動時間は約10.8時間なので外出先での作業も安心して行えます。Office製品を標準搭載しているのもポイントです。

インターフェースはUSB3.0ポート2つとHDMIポート、SDカードスロットを搭載。13インチの軽量ノートパソコンで、タブレットとしても使える2in1タイプの製品を探している方におすすめの製品です。

ヒューレットパッカード(HP) Spectre 13 13-af000

デザイン性に優れた高性能な軽量ノートパソコンです。CNCアルミニウム削り出しボディを採用し、底面部には剛性の高いカーボンファイバーを使用。高級感のあるスタイリッシュなデザインが魅力です。最も薄い部分は約10.4mm、重さがわずか1.11kgなので、モバイル性にも優れています。

ディスプレイサイズは13.3インチで、解像度の高いフルHDを採用。タッチ操作にも対応しているため、より直感的に操作できて便利です。キーボードはバックライトを搭載しており、薄暗い場所でも視認性に優れ、快適に作業を行えます。

本製品の「スタンダードモデル」では、OSがWindows 10 Pro、CPUはIntel Core i5を搭載。メモリは8GBで、ストレージは256GBのSSDを内蔵しています。処理性能が高く文書作成などの幅広い作業を軽くこなせる上、OSがProなのでビジネスシーンにもおすすめの構成です。

また、バッテリー駆動時間も長く、約11時間の連続使用が可能。急速充電に対応しており、30分で50%の充電が完了するのもメリットです。ログインは顔認証機能を搭載しており、パスワード入力の手間なく手軽に本人認証を行えます。

インターフェースはUSB3.1 Type-Cを3ポート搭載。さまざまなデータの入出力を高速で行えるため、便利です。また、Type-Cを従来のType-Aへ変換するアダプターも付属しているのでType-Cに対応するデバイスを持っていない方も安心して使えます。デザイン性の高いおしゃれな軽量ノートパソコンとしておすすめの製品です。

ヒューレットパッカード(HP) HP Spectre x360 13-ap0000 G1モデル

ヒューレットパッカードのハイグレードな軽量ノートパソコンです。ディスプレイが360°開く2in1コンバーチブルタイプなので、5つのモードから使用シーンに適したベストなモードを選べます。タブレットとしても使える、スタイリッシュな軽量ノートパソコンを探している方におすすめです。

ベーシックモデルである本機のOSはWindows 10で、CPUはIntel Core i5を採用。メモリは8GBで、ストレージは256GBのSSDです。文書作成やネットサーフィンなどを容易にこなせるスペックを持つため、家庭用としてはもちろん、ビジネスシーンでも活躍します。

ディスプレイサイズは13.3インチで、フルHDの液晶を採用しており、タッチ操作にも対応。付属の「Spectreアクティブペン」を用いれば、ペンによるタッチ操作や描画も行えます。バッテリー駆動時間が最大22.5時間と長いので外出先でも充電残量を心配せず使用可能です。

また、急速充電にも対応しており、30分の充電で10時間以上も駆動できます。ログインが顔認証と指紋認証の両方に対応しているのもポイント。2in1コンバーチブルタイプの軽量ノートパソコンを探している方におすすめの高性能でデザイン性に優れた製品です。

富士通(FUJITSU) LIFEBOOK UH75/C3

富士通の2018年に発売した軽量ノートパソコンです。13.3インチのディスプレイを搭載していながら、約758gの軽量化を実現。さらに、軽量でありながら堅牢性を高めた設計で、約200kgfの全面加圧試験や高さ約76cmからの落下試験をクリアしています。満員電車など日々の持ち歩きにも耐えうる、軽く頑丈なモバイル用PCを探している方におすすめ。

OSはWindows 10で、CPUはIntel Core i5です。4GBのメモリと256GBのSSDを搭載しており、文書作成やさまざまなファイルのデータ転送をスムーズに行えます。

ディスプレイはフルHDの広視野角液晶を採用。ノングレア仕様なので目に優しく、長時間使っても目が疲れにくいのもメリットです。また、バッテリー駆動時間は約11.5時間と長く、外出先でも安心して作業できます。顔認証で手軽にログインできる「Windows Hello」に対応しているのもポイントです。

インターフェースにはUSB3.0ポート2つとSDカードスロット、HDMIポート、LANポートを搭載。さらに、新規格のUSB3.1 Type-Cポートも2つ搭載しています。なお、Officeを標準搭載しているので、ビジネスにもおすすめ。軽量性に優れ、十分なスペックと豊富な機能を搭載した製品です。

レノボ(Lenovo) Yoga 720 81B5005TJP

モバイル性の高い軽量ノートパソコンです。ディスプレイは12.5インチのフルHD液晶を採用しており、タッチ操作にも対応しています。付属のアクティブペンによるタッチ操作や描画も可能。画面を360°回転させて折りたためばタブレットとしても使えます。

重さは約1.18kgに抑えられている上、厚みが約15.8mmと薄いため、持ち運びが容易です。OSはWindows 10 、CPUにはIntel Core i5を採用。メモリとストレージはそれぞれ8GBと256GBのSSDを搭載しており、文書作成を快適に行える処理性能があります。Officeが付属しているので簡単にさまざまな文書ファイルを作成できるのもメリットです。

また、キーボードに指紋センサーを搭載しており、指紋認証によるスムーズなログインも可能。インターフェースにはUSB3.0 Type-Cポートと従来のUSB3.0ポートを搭載しています。バッテリー駆動時間は約8.4時間。コストを抑えた2in1タイプの軽量ノートパソコンを探している方はぜひチェックしてみてください。

東芝(TOSHIBA) dynabook UZ63/F PUZ63FL-NND

幅広い用途におすすめのコストパフォーマンスに優れた軽量ノートパソコンです。OSはWindows 10、CPUにIntel Core i5を採用。メモリは8GBで、ストレージは256GBのSSDを内蔵しています。ネットサーフィンや書類作成などを快適に行えるスペックなので家庭用としてはもちろんビジネスにもおすすめです。

重さは約1.09kgに抑えられており、軽量性に優れているのもポイント。バッテリー駆動時間は約16.5時間と長く、外出先でも長時間作業を行えます。ディスプレイには13.3インチのフルHD液晶を採用。目に優しいノングレア仕様なので作業時間の長い方にもおすすめです。

また、便利な指紋認証によるログインにも対応しています。インターフェースも充実しており、USB Type-Cポート2つとUSB3.0ポート、HDMIポート、microSDカードスロットを搭載。国内メーカーによるお手頃価格の軽量ノートパソコンを探している方におすすめです。

デル(Dell) New XPS 13

ハイスペックで使い勝手のよい、人気の軽量ノートパソコンです。ディスプレイは13.3インチのフルHD液晶を採用しており、ベゼル幅約4mmのフレームレス仕様なのでより広がりのある画面を楽しめます。重さは約1.21kgと軽く、日々の持ち歩きも容易です。

OSはWindows 10、CPUにはIntel Core i7を搭載しています。メモリとストレージにはそれぞれ8GBと256GBのSSDを採用。処理性能の高いCPUを採用している上、メモリとストレージのスペックが良好なため、やや大きな書類ファイルも快適に扱えます。また、バッテリー駆動時間が長く、最大約19時間使用できるのもメリットです。

さらに、指紋認証に対応しており、手軽にログインや本人認証を行えるのもポイント。インターフェースにはUSB3.1 Type-CポートとmicroSDカードスロット、Thunderbolt 3ポートを2つ備えています。ビジネス向けの機能を多く搭載した、高性能な軽量ノートパソコンです。

アップル(Apple) MacBook MNYH2J/A

アップルのノートパソコンの中で、最も軽量のシリーズ「MacBook」。本製品はMid 2017モデルです。同社のmacOSを採用しており、シンプルで直感的に操作できる点が特徴。iPhoneやiPadなど他のApple製品と連携して便利に使えるのも魅力です。

CPUにIntel Core m3を採用しており、8GBのメモリと256GBのSSDを搭載。ネットサーフィンや書類仕事をサクサクとこなせます。ディスプレイサイズは12インチで、重量はわずか0.92kgと軽量。モバイル性に優れたPCとしておすすめです。

バッテリー駆動時間は、ワイヤレスインターネット閲覧で最大10時間。外出先で長時間使用する場合も安心です。ただし、インターフェースがUSB Type-Cポート1つのみである点には注意しましょう。おしゃれで高性能な1kg以下の軽量ノートパソコンです。

軽量ノートパソコンのおすすめモデル|~15インチクラス

LGエレクトロニクス(LG Electronics) gram 15.6インチモデル 15Z980-GA55J

15.6インチのディスプレイを搭載していながら、重さがわずか1.1kgの軽量ノートパソコンです。バッテリー駆動時間も長く、約23時間の使用が可能。持ち運びが容易な上、外出先でも長時間使えるため、モバイル用PCとして人気の高いおすすめ製品です。

また、米国国防総省による7項目の耐久テストで高スコアを記録しており、軽量でありながら高い耐久性を実現しているのもポイント。ビジネスや学校などで日々持ち歩く際も安心です。OSはWindows 10、CPUにはIntel Core i5を搭載。メモリは8GBで、ストレージは256GBのSSDを採用しており、文書作成やネットサーフィンをサクサク行えます。

さらに、キーボードはバックライト付きのため、薄暗い場所でも快適にキー入力が可能です。インターフェースも充実しており、USB Type-CポートとUSB3.0ポート3つ、HDMIポート、microSDカードスロットを搭載。さまざまなデバイスと簡単に接続できて便利です。大画面で持ち歩きやすい軽量ノートパソコンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。