気軽に持ち運べるのが魅力の「ノートパソコン」。モバイル性を重視するなら軽量なモデルを選びたいところですが、使い勝手も考慮するとなると機能面の充実度も重要です。

そこで今回は、おすすめの軽量ノートパソコンをご紹介。11インチから15インチまでサイズ別に製品をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

軽量ノートパソコンはスペックが低い?

軽量ノートパソコンは本体内部のスペースが狭く、冷却効果の高いファンを設置することが難しいのが特徴です。一般的に高性能なCPUは消費電力が多く、発熱量が大きいので筐体の小さな軽量ノートパソコンには不向きです。そのため、一般的なノートパソコンと比べてスペックの低いCPUを搭載する傾向にありました。

しかし、最近はメーカーの技術革新によって、高性能でありながら発熱量が少ないCPUが開発されています。また、冷却ファンも薄型化が進んでいるので、一概に軽量ノートパソコンが低スペックとは言い切れません。ハイスペックな軽量ノートパソコンを探している方はしっかりとスペックを確認しておきましょう。

軽量ノートパソコンの選び方

ディスプレイサイズで選ぶ

モバイル用途重視でノートパソコンを選ぶ際にサイズの目安となるのは、11インチから15インチ程度。使い勝手と持ち運びを考慮するなら、このなかからチョイスするのがおすすめです。

11インチ程度のモデルはフットワーク重視でノートパソコンを選びたい方におすすめ。タブレット感覚で使えるので、ビジネスシーンではサブ機としても活用できます。

13インチ程度のモデルは持ち運びと作業のしやすさという面でバランスの取れたサイズです。迷ったらこの13インチ前後のディスプレイを搭載したノートパソコンを選ぶことをおすすめします。

15インチ程度のモデルはノートパソコンとしては大型ですが、見やすさを重視するならおすすめ。機能面の高さはもちろん、周辺機器との拡張性も配慮したいのであれば、スペックをしっかり確認しておきましょう。

重さで選ぶ

「軽量」と謳うノートパソコンの重さの目安は1kg前後。1kg以上でもカバンに入るサイズであれば持ち運べますが、日々の持ち歩きを考慮するとストレスを感じることもあります。常に持ち歩くなら本体重量が1kg以下のノートパソコンがおすすめ。カバンからの出し入れもラクで、場所を選ばずにスムーズに作業できます。

OSで選ぶ

Windows

WindowsはMicrosoftが開発している世界で最も使われているパソコンのOS。同社のOfficeソフトが付属しているモデルも多いので、ビジネス面で非常に便利。対応しているソフトの種類も豊富なので汎用性の高さも魅力です。

また、多くのメーカーからさまざまなタイプのノートパソコンが販売されているのもポイント。選択肢が広いので、スペックを抑えた低価格のモノから高機能モデルまで、用途に合わせて選べるのがメリットです。

macOS

macOSはAppleが製造しているOS。とにかくシンプルで、直感的に操作できるのが特徴です。同社製品との親和性が高いので、iPhoneやiPadなどとデータを同期できるのもメリット。また、デザイン性や使い勝手に優位性があり、現在でもクリエイティブな業務においてはMacを使用する方が多くいます。

スペックで選ぶ

CPU

CPUはパソコンの頭脳ともいえる重要なパーツで、CPUの性能によってノートパソコンのスペックも変化します。現在販売されているノートパソコンのほとんどはインテル社製のCPUを搭載しています。

動画編集やゲームなど負荷の高い作業を行う方はCore i5以上がおすすめ。Officeソフトの使用や、画像編集を行いたいのであればCore i3以上が最適です。メールの送受信やインターネットサーフィンのみといったライトユーザーの場合は、Celeronなど低コストモデルでも問題ありません。

使用用途をしっかりと把握し、自分の使い方に合ったスペックのCPUを搭載したノートパソコンを選びましょう。

メモリ

ビジネスシーンでは、ブラウザで調べものをしながら資料作成をするなど、複数のソフトやアプリを同時に起動する機会が多くあります。しかし複数のソフトを使用すればするほどパソコンの動作は遅くなり、最悪の場合作業中のソフトが強制終了したりパソコン自体がフリーズしたりする恐れも。

予期せぬフリーズや強制終了を防ぐためにもメモリ容量はしっかりと確認しておきましょう。Web閲覧やYouTubeでの動画鑑賞程度であれば4GBでも問題ありませんが、動画編集ソフトや複数のソフト・アプリを同時に使用する場合は8GB以上のモデルがおすすめです。

ストレージ容量

ノートパソコンに内蔵されているストレージは大きく分けて2種類。電磁的にデータの書き込み・読み出しを行うHDD(ハードディスクドライブ)とフラッシュメモリを利用したSSD(ソリッドステートドライブ)です。

HDDはSSDに比べ価格がリーズナブルなので大容量のストレージを確保したい方におすすめ。ただしHDDは発熱量が高い・物理的衝撃に弱いなど、デメリットもあるので注意が必要です。

SSDはHDDに比べると高価ですが、衝撃に強く発熱もほとんどありません。また、SSDには高速データ転送が可能なメリットもあります。OSやアプリ・ソフトの起動時間がHDDよりも格段に速いので、スムーズに作業を進めたい方におすすめです。

軽量ノートパソコンのおすすめモデル|11インチモデル

レノボ(Lenovo) Yoga Book C930 ZA3S0090JP

レノボ(Lenovo) Yoga Book C930 ZA3S0090JP

デュアルディスプレイを備えた革新的な軽量ノートパソコン。通常はキーボードが搭載されている部分もディスプレイとなっており、スケッチやメモ書き用として使用できます。キーボードを使いたい場合はE-inkディスプレイに表示可能です。

CPUはインテル Core m3-7Y30を採用。通常のクロック周波数は1.00GHzですが、ターボブースト時には2.60GHzになります。メモリ容量は4GB。ストレージは256GBのSSDが採用されています。10.8型のディスプレイは2560×1600の高解像度仕様。10点のマルチタッチに対応しています。

付属品としてLenovo Precision Penが同梱。4096段階の筆圧感知や傾き検知が可能な高性能なスタイラスペンで、快適なペン入力が可能です。ペン内部にはマグネットを搭載しており、本体の天板部に張りつけておけばいつでもすぐに使用できます。本体重量は約775g。1kgに満たない軽量ボディで携帯性も抜群です。

液晶部分は360°回転が可能。タブレットとして使用できるほか、用途に合わせてディスプレイ角度が調整できるので、イラスト作成・動画鑑賞・Web閲覧などさまざまな用途で使用する方におすすめの軽量ノートパソコンです。

バイオ(VAIO) S11 VJS11291211S

バイオ(VAIO) S11 VJS11291211S

VAIO独自のCPUのパフォーマンスを高く保つ「VAIO TruePerformance」技術を採用したノートパソコン。これによりパソコンの処理速度を向上させています。CPUには4コア8スレッドのインテルCore i5-8250Uを採用。8GBのメモリを搭載しており、負荷の高い作業であってもサクサク動作します。

11.6型のディスプレイは1920×1080のフルHD。チルトアップ構造のヒンジ部分が、画面を開いた際にキーボードに角度をつけてくれます。プロジェクター使用時の暗い部屋や消灯後の飛行機内で便利なキーボードライトも搭載。快適なタイピングを行いたい方に適した設計です。

バッテリーの最大駆動時間は約14.5時間なので、長時間のバッテリー駆動でも安心して使用できます。急速充電にも対応しており、わずか1時間ほどの充電で約11時間の駆動が可能。本体サイズは約283.4×195.5×15mm、重量約855gで、鞄に入れて快適に持ち運べます。

さらに本モデルにはOffice Home and Business 2016が付属。高い性能を備えたコンパクトな軽量ノートパソコンを探している方におすすめのモデルです。

軽量ノートパソコンのおすすめモデル|12インチモデル

エイスース(ASUS) ZenBook 3 UX390UA UX390UA-512GP

エイスース(ASUS) ZenBook 3 UX390UA UX390UA-512GP

コンパクトながらパワフルな処理性能を備える軽量ノートパソコン。CPUにはインテルのCore i7-7500Uを採用。第7世代のインテルプロセッサーにより、パワフルな性能を発揮します。メモリ容量は16GB。複数のアプリ・ソフトを同時使用する方に最適なスペックです。

ストレージは512GBの容量を備えているので、アプリやソフトを多数インストールする方におすすめ。インターフェイスにUSB Type-Cを備えているので外部ストレージやディスプレイへの接続に対応しています。

本体サイズは約296×191.2×11.9mm。鞄にすっぽりと収まるコンパクトで薄型な設計です。重量は約910gと1kgを切る軽さで、携帯時の負担を軽減します。本体素材には航空機グレードのアルミニウム合金を使用。軽量でありながらも高い堅牢性能を備えています。

12.5型のディスプレイは1920×1080のフルHD。スピーカーはオーディオメーカーである「Harman Kardon」との共同開発で、深みのあるサウンド再生を実現しています。高い性能と携帯性を併せ持っているので、ビジネスマンから学生までユーザーを選ばない軽量ノートパソコンです。

パナソニック(Panasonic) Let’s note CF-SV7 CF-SV7RDAVS

パナソニック(Panasonic) Let's note CF-SV7 CF-SV7RDAVS

本体サイズ約283.5×203.8×24.5mm、重量約999gとコンパクトで軽量ながら、光学ドライブを内蔵したノートパソコン。12.1型のディスプレイは1920×1080のフルHDで、DVDでの映画鑑賞に最適です。

CPUはインテルのCore i5-8350U。メモリは8GB搭載しており、負荷の高い作業であってもスピーディに処理できます。バッテリー駆動時間は約14時間。別売りのバッテリーパック(L)に交換すれば、より長時間の駆動が可能になります。

本モデルは落下試験や加圧振動試験を実施。通勤ラッシュ時の圧迫や机からの落下を想定したテストをクリアしているので、安心して携帯できます。打鍵によるキーボードの劣化やケーブルの抜き差しによるUSBポートの劣化を防ぐ設計も採用され高い耐久性を誇るので、長期間使用したい方におすすめの軽量ノートパソコンです。

アップル(Apple) MacBook 12インチ

アップル(Apple) MacBook 12インチ

スタイリッシュなデザインが人気のノートパソコン。本体サイズは約280.5×196.5×13.1mm、重量約920gと非常にスリムで軽量なボディが特徴です。CPUにはクロック周波数1.3GHzのインテル Core i5プロセッサーを採用。メモリは8GBで高い処理性能を備えます。

ストレージには大量の動画や画像を保存するのに最適な512GBのSSDを採用。12インチのRetinaディスプレイは2304×1440の高解像度で178°の広い視野角を持ち、斜めから見ても美しい画面を堪能できます。

ファンレス構造で駆動時の音も静か。わずか5Wの電力で駆動するプロセッサーにより熱の発生を抑えています。性能だけでなく、デザインや静音性にもこだわる方におすすめの軽量ノートパソコンです。

軽量ノートパソコンのおすすめモデル|13インチモデル

富士通(FUJITSU) LIFEBOOK WU2/C3 AZ_WU3C3_Z001

富士通(FUJITSU) LIFEBOOK WU2/C3 AZ_WU3C3_Z001

世界最軽量を謳う13.3インチの軽量ノートパソコン。本体サイズは約309×212×15.5mm、重量約747gと13インチモデルながらスリムで軽量な設計です。鞄に入れてしまえばそれほど負荷を感じないので、毎日の通勤・通学に最適。頻繁にノートパソコンを持ち歩く方におすすめです。

トラブルを想定した厳しい強度試験をクリアしているので、満員電車での圧迫やデスクからの落下など、日常での負荷や衝撃にも耐える高耐久を実現しています。

キースストロークは約1.5mmでフルサイズのキーボードに匹敵する打ちやすさを備え、快適なタイピングが可能。インターフェイスにはUSB3.0×2・HDMIポート・USB Type-C×2・SDカードスロット・イヤホンジャックを搭載しているので、さまざまな外部機器と接続できます。

CPUにはクロック周波数2.10GHzのインテル Core i3-8145U、メモリ容量は4GBでWebや動画の閲覧、資料作成に最適。ストレージに128GBのSSDを採用しているので、OSやアプリを高速起動したい方におすすめです。

日本電気(NEC) LAVIE Hybrid ZERO HZ500/LA

日本電気(NEC) LAVIE Hybrid ZERO HZ500/LA

第8世代のインテルプロセッサーを搭載した高性能軽量ノートパソコン。CPUにCore i5-8250Uを採用し、4GBのメモリを搭載しています。ストレージには128GBのSSDを採用。高速データ転送が可能でストレスを感じさせません。

本体サイズは約305×205×16.9mm、重量約769gと軽量でディスプレイ部分は360°回転可能。ノートパソコンとしてだけでなくタブレットとしても使用できます。もちろんタッチパネルに対応しているのでタイピングが苦手な方に最適です。

ディスプレイはノングレアタイプを採用。外の明かりや照明が写り込みにくく、作業に集中できます。画面解像度は1920×1080のフルHDに対応。広視野角IPSパネルを採用しており、見る角度が変わっても美しい映像を楽しめます。

バッテリーでの最大駆動時間は約7時間。1時間ほどで約80%までの急速充電ができます。また、パソコンの電源を切っていても接続したスマホの充電が可能。スマホの充電器を持ち運ぶ手間がなくおすすめです。

東芝(TOSHIBA) dynabook G5 P1G5JP

東芝(TOSHIBA) dynabook G5 P1G5JP

軽さと堅牢さを両立した軽量ノートパソコン。本体サイズ約308.8×211.6×17.9mm、重量約779gの軽さを誇ります。ボディには剛性の高いマグネシウム合金を採用し、76cmの落下テストにも耐える高い堅牢性を備えています。

バッテリーの最大駆動時間は約9.5時間。長時間使用できるバッテリー容量を備えており、30分ほどの充電で約4時間駆動できる急速充電にも対応しています。CPUには第8世代のインテルプロセッサー Core i3-8130Uを採用。4GBのメモリと128GBのSSDを搭載しており、Web閲覧やメールの送受信など一般的な用途にも最適です。

また、赤外線による顔認証機能にも対応。赤外線センサーと可視光センサーをまとめた顔認証機能により、パスワード入力なしで素早くサインインできます。ディスプレイにはシャープのIGZO液晶を採用し、豊かな色彩で画像や映像を楽しめるのが魅力です。

音響面ではオーディオ機器メーカーであるオンキヨーと共同開発したステレオスピーカーを搭載し、立体的サウンドで臨場感あふれる体験ができます。液晶がきれいで音響性能に優れたモデルなので、映画やアニメなどを楽しみたい方におすすめです。

軽量ノートパソコンのおすすめモデル|15インチモデル

エイサー(Acer) Swift5 SF-515-51T-H58Y/BF

エイサー(Acer) Swift5 SF-515-51T-H58Y/BF

15インチモデルながら重量1kgを切る軽量ノートパソコン。マグネシウム・リチウム合金とマグネシウム・アルミニウム合金を組み合わせることで軽量かつ頑丈なボディを実現しています。シンプルなデザインでビジネスシーンでの使用におすすめです。

本体サイズは約358×230×15.9mm。ベゼル幅約5.87mmの極狭ベゼルを採用したことで、15.6インチディスプレイ搭載モデルとは思えないほどコンパクトです。

CPUにはインテルのCore i5-8265Uを採用。メモリは8GBで優れた処理性能を発揮します。ストレージには512GBのSSDを備えており、各種データやアプリ・ソフトの保存に便利です。バッテリー持続時間は最大10時間。高性能ながら長時間使用できるバッテリー容量を備えます。

ディスプレイの解像度は1920×1080のフルHD。独自のスピーカーデザインである「TrueHarmony」によって、重低音と大音量を実現しており臨場感あふれるサウンドを楽しめます。携帯用としてだけでなく、メイン機としても使用できるモデルです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) gram 15Z-990-VA76

LGエレクトロニクス(LG Electronics) gram 15Z-990-VA76

デスクトップパソコン並みの性能を備える軽量ノートパソコン。CPUにはインテルのCore i7 8565Uを採用し、メモリ容量は8GBですが、最大で16GBまでカスタマイズ可能です。ストレージはSSD 512GB。大容量ながら高速なデータ転送ができるハイスペックモデルです。

本体サイズは約357.6×228.4×16.8mm、重量は約1099g。12~13インチのノートパソコン並みに軽量です。カーボンマグネシウムを使用したボディは7項目のMIL規格テストにおいて高スコアを記録。耐衝撃・耐圧性能のほか、高低温・砂塵・振動などにも強い設計です。

最大24時間使用できる大容量バッテリー搭載。1日4時間ほどの使用であれば、月曜日から週末まで充電の必要がありません。ディスプレイ解像度1920×1080。色彩表現が自然で実際の色を忠実に表示します。

インターフェイスにはThunderbolt3を採用。HDMIポートと併用すれば、4Kの外部ディスプレイを2台同時に接続できます。SSDやメモリのスロットに空きがあるので、アップグレードを想定している方におすすめの軽量ノートパソコンです。