ノートパソコンとタブレットPCは似て非なるモノ。それぞれ得意としている分野が異なるので、閲覧メインなのか作業メインなのか、使用目的に応じて選ぶのが大切です。そこで今回は、ノートパソコンとタブレットPCの違いを解説したのち、それぞれのおすすめ製品をご紹介します。

ノートパソコンとタブレットPCの違い

ノートパソコンとタブレットPCは、「作業メイン」で使うのか「閲覧メイン」で使うのかを考えてチョイスするのがおすすめ。ノートパソコンは、ドキュメントファイルの作成からプレゼン資料の作成までを広くこなすことができ、作業メインで使用する方に向いています。

一方のタブレットPCも各種ファイルの作成が可能ですが、どちらかというとネットサーフィンや動画の再生など、閲覧に適しているアイテムです。また、電車の中や外出先でも気軽に利用できるので、移動中でも気軽にコンテンツを楽しめます。

ノートパソコンのメリット

文章作成や資料作成などの作業を中心に使うのであれば断然ノートパソコンがおすすめ。タブレットPCと比べて画面サイズが大きいので見やすいです。CPUの性能も高いため、快適に作業できます。2in1タイプのタブレットPCと比べても、キーボードの大きさをしっかり確保できるので、スムーズなタイピングが可能です。

フルサイズのUSB端子や、HDMI端子を備えているモデルが多いのも特長。プロジェクターをはじめとする各種機器を活用する場合は、ノートパソコンを選びましょう。

タブレットPCのメリット

ノートパソコンと比べて、比較的短い時間で起動できるタブレットPC。読み込みを待つ必要がないため、ゲームアプリを楽しんだり、すぐに調べ物をしたりしたいときに最適です。また、電子書籍を読みたいときもタブレットPCがおすすめ。文字のサイズを拡大できるので、自分の読みやすい大きさで書籍を楽しめます。

バッテリーの駆動時間が比較的長い点も魅力のひとつ。キーボードが付いている2in1タイプであれば、ノートパソコンに劣らないスピードで文字入力が可能。ちょっとした文章作成ならサクッとこなせます。

スペックを比較する

ノートパソコンとタブレットPCのスペックを比較すると、ノートパソコンは画面サイズが11.6〜15インチ程度の機種が多く、無理なく持ち運べるサイズでありながら、作業スペースをしっかりと確保できます。ハードディスクの容量もタブレットPCと比べると大きいモノが多いため、ネットサーフィンや動画の閲覧をはじめ、文章や資料の作成を比較的スムーズに行えるのが魅力です。

一方のタブレットPCは、画面サイズが7〜10インチ程度のコンパクトな機種が多いため、持ち運びに適しています。移動中に資料を確認したい場合や、ちょっとした合間にニュースをチェックしたい場合などに便利です。ハードディスクの容量は、ノートパソコンと比べると物足りないかもしれませんが、閲覧がメインであれば十分。ノートパソコンとタブレットPC双方のスペックをしっかり比較して、自分の用途に合う機種を選びましょう。

ノートパソコンのおすすめ6選

デル(Dell) ノートパソコン Inspiron 15 3567

商品価格 ¥ 72,980

バランスのよさが魅力のノートパソコン。CPUに「Core i5 7200U」を採用しており、ブラウジングや動画の視聴、データ作成などの一般的な用途であればスムーズに動作してくれます。

15.6インチのフルHD液晶を搭載していて、高精細かつ迫力のある映像を楽しむことが可能です。光学ドライブが付いていませんが、その代わり重量が約2.1kgと比較的軽量なので、軽いノートパソコンを探している方におすすめです。

ヒューレット・パッカード(HP) HP 15-ba000

商品価格 ¥ 43,400

白と黒のコントラストがスタイリッシュな「ヒューレット・パッカード」のノートパソコンです。15.6インチのフルHD液晶を採用。プロセッサーに「AMD APU」を用いることでリーズナブルな価格となっています。

また、DVDスーパーマルチドライブを装備しているため、さまざまな規格のDVDに対応。映画をよく見る方やDVDディスクによるデータのやり取りをよくする方におすすめのモデルです。

レノボ(Lenovo) ノートパソコン ideapad 310S SSD128GB搭載モデル

商品価格 ¥ 43,800

高速ストレージ「SSD」を採用しているノートパソコン。スムーズで快適な作業ができるおすすめの機種です。画面サイズは11.6インチで持ち運びに適しています。マイクロソフトが開発した音声アシスタント機能「Cortana」を搭載しているので、話しかければリマインダーを表示してくれたりメッセージの送受信ができたりと便利です。

また、「IEEE802.11ac/a/b/g/n」を内蔵しているため高速ワイヤレス接続が可能。ストレスフリーなパソコンライフを求めている方におすすめです。

富士通(Fujitsu) FMV LIFEBOOK AH30/B1

商品価格 ¥ 56,000

「Microsoft Office Personal Premium」を搭載していながら、実勢価格5万円台で購入できるノートパソコン。画面サイズは15.6インチなので、持ち運んで使うよりも据え置き用PCとして利用するのが便利です。メモリ容量は4GB、HDD容量は500GBと充実。リーズナブルな価格帯もポイントのおすすめモデルです。

アップル(Apple) MacBook Air

商品価格 ¥ 98,700

Appleがリリースするノートパソコン「MacBook Air」。第5世代のインテル「Core i5」と「i7プロセッサ」を搭載しており、サクサクとスムーズに作業ができます。USB3.0やSDXCカードスロット、3.5mmのヘッドフォンジャックなどインターフェイスが充実している点も魅力です。また、バッテリーは最長で約12時間。家でも外出先でも活躍してくれる便利なノートパソコンです。

デル(Dell) ゲーミングノートパソコン ALIENWARE 17 GTX1080

商品価格 ¥ 389,980

オンラインゲームにも使える高性能なノートパソコンを探している方におすすめのモデル。インテル「Core i7-7820HK」を搭載しているため、重いデータ作業も快適にこなしてくれます。

内蔵メモリは32GBでマルチタスクもラクラク。4K解像度に対応したディスプレイを採用しており、高品質な映像を楽しめます。予算にこだわらずとにかくハイスペックなノートパソコンが欲しい方におすすめです。

タブレットPCのおすすめ6選

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M3 lite 10

スマホ市場で存在感を見せているメーカー「ファーウェイ」の10.1インチタブレットPC。リーズナブル価格帯でありながら、処理能力の高いCPUの「Qualcomm MSM8940 オクタコア」を搭載している機種です。また、1920×1200ドットのIPS液晶を採用しており、高画質な写真や動画が楽しめます。

高感度な指紋認証センサーにより、スピーディーにロックが解除できる点がポイント。重量約460gと持ち運びも容易なので、高性能かつ軽量のおすすめ機種です。

マウスコンピューター(mouse computer) ベーシック2in1ノートブック WN892V2

タブレットPCとして使えるのはもちろんのこと、付属のキーボードを装着すればノートパソコンのようにも使える"2in1タイプ"のタブレットPC。画面サイズが8.9インチとコンパクトで、外出先での資料作成やブログ執筆の際に重宝します。重量はタブレットPC単体で約383g、キーボードとカバーを含んだ状態で約661gです。

ワードとエクセル、パワーポイントが使用できる「Office Mobile」を搭載しているほか、「Office 365サービス」を1年間無償で利用可能。汎用性の高いタブレットPCです。

アップル(Apple) iPad Pro

AppleがリリースするタブレットPC。画面サイズは10.5インチと12.9インチの2種類があります。「A10X Fusion」と呼ばれるチップを搭載することによって処理速度がスムーズなので、さまざなな作業にも対応できるモデルです。

また、「ProMotionテクノロジー」を採用することで画面タップの感度が向上し、スムーズなページスクロールができます。最大10時間駆動するバッテリーのスタミナも魅力。満足度の高いタブレットPCを求めている方におすすめです。

アマゾン(Amazon) Fire 7 タブレット

Amazon独自の「Fire OS」を搭載しているタブレットPC。Kindleストアで購入した電子書籍をはじめ、動画や音楽などのさまざまなコンテンツを楽しめます。動画サービス「Netflix」「YouTube」の視聴や、「Facebook」「Twitter」などのSNSを楽しむことも可能。エンタメ系のコンテンツを多く利用する方におすすめの機種です。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro FJT-00014

マイクロソフトがリリースしているタブレットPC「Surface」の人気モデル。第7世代Coreプロセッサを搭載しており、パフォーマンスに優れています。ディスプレイが最大165度まで広く開くので、水平に倒せばスタイラスペンを使ってのデザイン作業にも対応できます。最長13.5時間稼働するバッテリー性能や、静音性の高さも特長。高性能なタブレットPCを探している方におすすめです。

ドラゴンタッチ(Dragon Touch) タブレットPC S8

実勢価格1万円台とリーズナブルな価格帯の8インチタブレットPC。OSはAndroidで、64ビットクアッドコアのCPUを搭載しています。

解像度1280×800で、178度の広視野角IPSディスプレイを採用。綺麗な画質で動画などをコンテンツを視聴することが可能です。10点タッチパネルにより操作もスムーズ。タブレットPCを初めて買う方にもおすすめです。