キックスタンドを備えたマイクロソフトの「Surface」シリーズが登場して以降、ラインナップが増えているタブレットPC。既存のノートパソコンと比較してそれぞれメリット・デメリットがあるので、しっかりと違いを把握しておくことが重要です。

そこで今回は、ノートパソコンとタブレットPCの違いを解説したうえで、それぞれおすすめの製品をご紹介。ノートパソコンとタブレットPCを混同している方はぜひチェックしておきましょう。

ノートパソコンとタブレットPCの違い

By: amazon.co.jp

ノートパソコンとタブレットPCはどちらも軽量かつコンパクト。持ち歩きに適しているのが魅力です。しかし、それぞれ仕様が異なるため、求められる用途も変わっています。

ノートパソコンはディスプレイとキーボードが一体となっており、サイズは11〜15インチ程度が主流です。USBやHDMIなどのインターフェースも充実しており、パソコン周辺機器との接続も比較的スムーズに行うことが可能。文書作成はもちろん、画像や映像データを作成するための高性能なソフトも多いので、ビジネス用途はもちろん、クリエイティブなPC作業を行う際には頼りがいがあります。

一方、タブレットPCのサイズは7〜12インチ程度で、取り外し可能なキーボードが付属しているデバイス。製品によっては本体ディスプレイのみで、キーボードはオプションパーツとして販売されているモデルもあります。

なかでもWindows10を搭載したモデルはタブレットPCとして認識されることが多く、Office各種ソフトを使うことが可能。手軽に動画を視聴したり、ネットサーフィンを楽しんだりする既存のタブレットとは分けて考えましょう。

ノートパソコンとタブレットPCのメリット・デメリット

ノートパソコンのメリット

ノートパソコンはメモリやストレージなどのスペックが高く、重いデータ処理もサクサクと対応できます。Officeソフトで文書データを作成したり、各種画像・映像編集ソフトでさまざまなデータを扱ったりと、PC作業を快適にこなせるのが強みです。

また、インターフェースが充実しているのもポイント。USBやHDMI、SDカードスロットなどを利用し、プロジェクターなどのさまざまな周辺機器と接続できます。USBメモリやSDカードなどの記憶装置にも対応できるため、汎用性が高いのもメリットです。

ノートパソコンはキーボードが一体となっているので、文章入力を行う頻度が高い方にもおすすめ。打鍵感のよい高性能なキーボードを搭載した製品も多く、長時間の作業にも向いています。

ノートパソコンのデメリット

ノートパソコンはタブレットPCと比較すると、重量とサイズで携帯性が劣ります。ノートパソコンは軽量モデルであっても1〜2kgの製品が中心です。

製品によっては1kgを下回るモデルもありますが、携帯性を重視し過ぎるとスペックを犠牲することになり兼ねないので注意しておきましょう。

タブレットPCのメリット

By: amazon.co.jp

タブレットPCはサイズが7〜12インチ程度とコンパクトで、300〜800g程度の軽さが特徴。気軽にカバンへ入れて持ち歩けるのが魅力です。ネットサーフィンはもちろん、電子書籍や動画配信サービス、ゲームなどの娯楽系アプリも豊富で、素早く立ち上げて手軽に楽しめます。

携帯性に優れているため、場所や姿勢を選ばず使えるのもメリット。ソファや寝室で寝転びながら使用したり、電車で立ちながら使用したりと幅広いシーンで活用できます。

また、タブレットPCはタッチパネルを採用していることが多く、ペンで直接画像やデータに書き込みやすいのもポイントです。さらに、多くの製品がカメラを搭載しているので、写真の撮影やビデオチャットなどもスムーズにできます。

タブレットPCのデメリット

By: hp.com

タブレットPCはノートパソコンと比較すると、基本的にはスペックは低めで、重いデータを扱う用途ではストレスを感じることがあります。

また、タブレットPCのキーボードは携帯性を重視して設計されているので、製品によってはやや打鍵感が劣るのも懸念点。ただし、Windows OSを搭載したタブレットPCはiOSやAndroid OSを搭載した通常のタブレットと異なり、Windows対応のノートパソコンと遜色なく使えるモデルもあります。

Android搭載のタブレットPCはあるの?

By: lenovo.com

タブレットのOSは、主に「iOS」「Android OS」「Windows OS」の3種類です。GoogleによるAndroid OSを搭載したタブレットは、ほか2つのOSと比較してラインナップが豊富。幅広い価格帯のなかから、用途に適した製品を選べます。

また、Officeなどのソフトが使える場合もありますが、一部機能が制限されPC版と仕様が異なるモノもあるので注意が必要。Android OS搭載のタブレットは、PC作業よりもスマホに近い用途で使用するのがおすすめです。

Android/iOSタブレットについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ノートパソコンのおすすめモデル

アップル(Apple) MacBookPro 16インチ

アップル(Apple) MacBookPro 16インチ

Retinaディスプレイ16インチを採用したMacBook Pro。従来モデルの15.4インチからサイズ大きくしているほか、随所でパフォーマンスが向上されているのが特徴です。

また、キーボードが一新されているのもポイント。本製品の「Magic Keyboard」はシザー構造を採用しており、キーストロークが0.55mmから1mmへと少しだけ長くなり、打鍵感が変更されています。

機種ラインナップとしては2種類。ひとつはCPUに第9世代 Core i9を搭載し、メモリは16GB、ストレージはSSDの1TB。もうひとつは同世代のCore i7で、メモリは16GB、ストレージはSSDの512GBを備えています。カラーはシルバーとスペースグレーの2色。買い替えを検討している方はぜひチェックしておきましょう。

日本電気(NEC) LAVIE Pro Mobile PC-PM550

日本電気(NEC) LAVIE Pro Mobile PC-PM550

13.3型のワイド液晶ながら重さ約837gと軽量なノートパソコン。天面にカーボン素材を採用することによって耐久性にも配慮しており、気兼ねなく持ち運べるのも特徴です。

CPUには第8世代インテルCore i5-8265Uプロセッサーを採用。ストレージは256GBのSSDと8GBのメモリを搭載しています。

周辺機器と接続できるインターフェースはUSB 3.1を2基、USB 3.0を1基搭載しているほか、HDMI端子も備えているので、周辺機器との連携もスムーズ。また、連続使用可能時間は約20時間とバッテリー容量も十分です。モバイル性重視でノートパソコンを選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

バイオ(VAIO) ノートパソコン VAIO SX14 VJS14290111B

バイオ(VAIO) ノートパソコン VAIO SX14 VJS14290111B

4K解像度の14型ワイドディスプレイを搭載しながらも重さ約1043gと、同スペックとしては軽量なノートパソコン。CPUは第10世代のインテルCore i7-10710U、ストレージはSSDの512GB、メモリは8GBを搭載しています。

本製品は6コア最大12スレッドによる処理が可能な第10世代Core i7に、メーカー独自のチューニングを施しているのが特徴。高速でのデータ処理を可能としているのが魅力です。

使い勝手としてはPCを開くとキーボードの奥が持ち上がる仕様となっており、タイピングしやすいように配慮されているのもポイント。ハイエンドクラスのノートパソコンを求めている方におすすめのモデルです。

エイスース(ASUS) VivoBook S15 S531FA-BQ258T

エイスース(ASUS) VivoBook S15 S531FA-BQ258T

同社「VivoBook」シリーズにおける第10世代Coreプロセッサーを採用したモデル。CPUはインテルCore i7-10510で、ストレージはHDDの1TBとSSDの512GB、メモリは16GBを搭載しており、スペックが充実しているのが特徴です。

また、無線LAN規格においてはIEEE802.11axまでカバーしているのもポイント。使い勝手としては、本体を開くと天板の下部が突き出す仕様となっており、角度をつけた状態でタイピングができるほか、冷却性に配慮できるのも魅力です。

カラーは5色をラインナップしており、いずれもスタイリッシュ。スマートなノートパソコンを探している方におすすめのモデルです。

エイスース(ASUS) E203MA

エイスース(ASUS) E203MA

リーズナブルなノートパソコンを探している方におすすめの製品。11.6インチのコンパクトなディスプレイを搭載しており、重量は約1kg、バッテリー駆動時間は最大14.6時間と、モバイル用のPCとして使いやすいモデルです。

CPUはCeleron N4000で、4GBのメモリと64GBのeMMCを内蔵。ストレージは少なめですが、ネットサーフィンやちょっとしたPC作業は快適に行えます。インターフェースはUSB3.0ポート2つとUSB Type-C、HDMI、microSDカードスロットを搭載しており、汎用性の高さもポイントです。

お手頃価格ながらWebカメラ・ステレオスピーカー・デジタルアレイマイクも内蔵。コスパに優れたおすすめのモデルです。

ノートパソコンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ノートパソコンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

タブレットPCのおすすめモデル

マイクロソフト(Microsoft) Surface Go MHN-00014

マイクロソフト(Microsoft) Surface Go MCZ-00014

タブレットPCの人気シリーズである「Surface」。本機は同シリーズにおけるリーズナブルなエントリーモデルです。OSに同社のWindows 10 Homeを採用しているため、通常のPCと同様にOfficeなどのソフトウェアを使えます。

4GBのメモリと64GBのSSDを搭載しており、ディスプレイサイズは10インチです。重量は本体のみで約522gと軽く、容易に持ち歩けます。バッテリー駆動時間が約9時間と長いので、外出先で長時間作業を行う際も安心です。

ディスプレイにタッチパネルを搭載しているため、本体単体ではタブレットとして使用でき、オプションの専用キーボードを組み合わせるとPCのように使えます。

インターフェースはUSB Type-C、microSDXCカードスロットを搭載。Windows Helloの顔認証にも対応しており、セキュリティ面にも配慮しています。タブレットPCを購入したい方は、ぜひ検討してみてください。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 6 FJX-00031

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 6 FJX-00031

12.3インチのハイスペックなタブレットPC。Surfaceシリーズのなかでも人気の高いモデルです。CPUにCore i5を採用し、8GBのメモリと256のSSDを内蔵。PCと同程度の処理性能を持つため、ビジネスシーンでもストレスなく使えます。

本体重量は770gで、バッテリー駆動時間は最大13.5時間と長く携帯性も良好。オプションのキーボードを取り付ければ文字入力も容易です。また、OSには同社のWindows 10を採用しており、用途に応じてラップトップモードやタブレットモード、スタジオモードへと切り替えられます。

オプションのペンを利用すれば、画像に書き込んだり、資料を添削したりと、直感的に使えるのもメリット。さらに、カメラを搭載しているので、手軽に写真を撮影し、すぐに画面でチェックできます。

Windows Helloによる顔認証にも対応しており、サインインもスムーズ。インターフェースにはUSB3.0、Mini DisplayPort、microSDXCカードスロットを搭載しています。満足度の高いハイスペック仕様のタブレットPCを探している方は、ぜひチェックしておきましょう。

エイスース(ASUS) TransBook Mini T103HAF

エイスース(ASUS) TransBook Mini T103HAF

キーボードカバーとASUS Penが付属している、コンパクトなタブレットPCです。キーボードはスリムなフォルムに1.5mmのキーストロークを確保しており、文字入力は快適。付属のペンは1024段階の筆圧検知に対応し、自然な書き味でペン入力が可能なほか、持ち運びの際は本体に収納できるので便利です。

OSはWindows 10 Homeで、4GBのメモリと64GBのeMMCストレージを搭載。ネットサーフィンや動画鑑賞、簡単なPC作業などにおすすめです。

ディスプレイサイズは10.1インチで、キーボード取り付け時の重量はわずか870g。バッテリー駆動時間は最大14.6時間で、長時間使用できるため気軽に持ち歩けます。また、192万画素のWebカメラを内蔵しているのもメリットです。

インターフェースはUSB3.0とmicroUSB、microSDカードスロットを搭載しています。低コストながら、スペックや機能、付属品が充実しているおすすめのタブレットPCです。

ヒューレットパッカード(HP) Spectre x2

ヒューレットパッカード(HP) Spectre x2

ハイエンドクラスのタブレットPC。高級感のあるスタイリッシュなフォルムに、シックなアッシュブラックのボディ、ゴールドのクロムメッキを差し色として用いたおしゃれなカラーリングなど、洗練されたデザインに仕上がっているのが特徴です。

本製品はスタンダードモデルで、CPUはCore i5を採用。8GBのメモリと512GBのSSDを搭載しています。OSはWindows 10 Pro。ディスプレイサイズは12.3インチで、高画質映像が楽しめる広視野角のIPSパネルを搭載しています。

重量はタブレット単体で約775gで、キーボードを取り付けると約1.14kgです。バッテリー駆動時間は約8時間と長く、携帯性にも優れています。急速充電にも対応しており、30分で約4時間分の充電が可能です。

500万画素のフロントカメラと1300万画素のリアカメラを搭載しているのもメリット。Windows Helloに対応しているので、手軽な顔認証によるサインインも可能です。インターフェースはUSB Type-Cポート2つとmicroSDカードスロットを搭載。おしゃれでハイスペックなタブレットPCを探している方におすすめです。

タブレットのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

タブレットのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。