スマホやタブレットの普及により、低価格路線とハイスペック仕様の2極化が進んでいる「ノートパソコン」。後者に関しては、かつてノートパソコンには不向きといわれていた、動画編集やゲームにも十分対応できるモデルがラインナップされています。

そこで今回は、おすすめの高性能ノートパソコンをランキング形式でご紹介。手持ちのノートパソコンに不満を感じている方や、買い替えを検討している方はぜひチェックしてみてください。

高性能ノートパソコンとは?

By: nec-lavie.jp

高性能ノートパソコンとは、デスクトップパソコンに匹敵するほどの高性能なスペックを有するノートパソコンのことです。

以前は動画編集を行ったり、PCゲームをプレイしたりするときはデスクトップパソコンを選ぶのが常識とされていましたが、最近はノートパソコンの高性能化が進み、デスクトップと比べても遜色ないスペックのモデルが登場しています。

高性能ノートパソコンはどういう人におすすめ?

高性能なノートパソコンは、動画編集をする方やゲーマーなどマルチタスクをこなす方におすすめです。基本的に搭載されているパーツも高スペックなので快適に作業できます。

例えば、ネットサーフィンのみであればスペックを抑えたノートパソコンでも問題ありません。しかし、動画編集をしながらWordやExcelを開いたり、ゲームをプレイしながらSkypeなどの通話アプリを使用したりなど、複数のコンテンツを快適に利用する際はハイスペックのノートパソコンの方がストレスなく作業できます。

高性能ノートパソコンの選び方

CPUをチェック

CPUとはパソコンの処理性能を決める重要な部品です。人体でいうと頭脳に例えられ、一般的にクロック周波数(GHz)が高いCPUほど処理性能が高いのがポイント。ただし、CPUの性能は周波数だけではなくコア数やスレッド数も影響します。

コアとはCPUのなかに含まれ、実際に処理を担当する中央処理ユニットのこと。コア数が増えるほど、処理を分担して行えるので、複数の作業を同時に進めた場合でも快適に作業が可能です。また、コアをさらに細分化したものがスレッドですが、スレッド数が多いほどより多くの作業を同時にこなせます。

大半のパソコンにはインテル社のCPUが搭載されていますが、Core m3・Core i5・Core i7・Core i9の順にクラスが上がり、処理速度がより向上。高性能ノートパソコンの場合、写真編集やブログ更新、ビジネス用途が主ならCore i5でも十分です。大量の写真編集や本格的な映像制作、3Dデザイン制作を行いたい方はCore i7以上のCPUを搭載したモデルをチェックしておきましょう。

GPUをチェック

GPUはパソコン内の描画に関わる部品。通常パソコンにおけるデータ処理の大半にはメモリが使用されますが、描画に関する処理はデータ容量が膨大なため、メモリとは別に描画専用の処理ユニットであるGPUを設けることで、パソコン全体にかかる負荷を軽減しています。

通常のノートパソコンにおけるGPUはCPU内に簡易的なモノが搭載されていることがありますが、高性能ノートパソコンにはそれとは別に独立したGPUが搭載されていることがほとんど。CPUに内蔵されたタイプよりも処理容量が多いため、動画編集やゲームを快適に楽しめます。

独立GPUは米国のNVIDIA社が開発した「GeForce」とAMD社の「Radeon」が一般的。動画編集やゲームが主な用途の場合は、最低4GB以上の容量を備えた独立GPUを搭載した高性能ノートパソコンがおすすめです。

メモリ容量をチェック

メモリは作業領域の広さを決める部品で、作業中に使用しているデータの一時保管場所として使われています。よく作業デスクの広さに例えられ、メモリの容量が増えるほど作業デスクが広くなるイメージです。

容量の多いメモリでは一度に多くのデータを同時に処理できるのが特徴。高性能ノートパソコンの場合、メモリ容量に関しては最低8GB、可能であれば16GBを選ぶのがおすすめ。マルチタスクで書類作成やクリエイティブ作業を快適に進めたい場合は8GB以上が必須となります。

なお、高性能ノートパソコンを長期にわたって使用したい場合はメモリを後から増設できるかもチェック。パソコンの処理速度が遅くなった場合はメモリ容量を追加することで改善する場合がありますが、AppleのMacBookのように増設が不可な機種もあるので注意しておきましょう。

ストレージの種類と容量をチェック

ストレージとは画像や動画、ソフトウェアなどありとあらゆるデータを保存する装置のこと。メモリがデータの一時的な取置場所であったのに対し、ストレージはデータの長期にわたる保管場所として使用されます。

高性能ノートパソコンのストレージに使用される記録メディアには主にHDDとSSDの2種類あります。HDDは容量当たりの単価が安いので、大容量でもリーズナブルな価格で購入できますが、処理速度が遅いことや衝撃に弱いのがデメリット。

一方、SSDはHDDと比べて処理速度が速く、静音性に優れているのが特徴です。ただし、容量当たりの価格はHDDより高いので、その点は留意しておきましょう。

ストレージの容量は最低でも256GB以上がおすすめ。大量の写真データを管理するのはもちろん、動画編集を頻繁に行う場合は512GBまたは1TBの容量を目安にしましょう。

高性能ノートパソコンのおすすめメーカー

アップル(Apple)

iPhoneで馴染みのあるアメリカの企業です。革新的な技術を搭載したデバイスを毎年発表しており、クリエイターからも評価を得ています。また、独自技術である「AirDrop」を使用することで、書類や画像データの転送を容易に行え、アップル製品間での親和性が高いのもポイントです。

ノートパソコンには、「MacBook Air」と「MacBook Pro」の2種類をラインナップしています。どちらもスタイリッシュなデザインが特徴ですが、動画編集など高度なパフォーマンスを求める方は、高スペックのMacBook Proがおすすめです。

マイクロソフト(Microsoft)

By: microsoft.com

世界中のパソコンで採用されている「Windows OS」を開発したアメリカのソフトウェアメーカーです。マイクロソフトの代表的なソフトである「Word」や「Excel」といったOfficeソフトは、ビジネスシーンに欠かせません。また、家庭用ゲーム機のXboxシリーズは日本でも根強い人気があります。

マイクロソフトのノートパソコンは、「Surfaceシリーズ」としてラインナップしており、持ち運びをしやすい薄型のデザインが魅力。また、第10世代のIntel Core i7や、Wi-Fi6など最新テクノロジーを搭載したモデルが多く、動画編集やライブ配信など幅広い用途の作業に便利です。

エイスース(ASUS)

By: asus.com

1989年に台湾で創業した電子機器メーカーです。世界でもトップのシェアを誇るマザーボードや、独自のテクノロジーを取り入れている「ZenFone」が人気。

ASUSのノートパソコンは、高機能で薄型デザインが魅力の「ZenBook」と、コストパフォーマンスに優れた「VivoBook」をラインナップしています。また、最近では、ゲーミング専用ノートパソコンの「ROGシリーズ」も人気で、高度なパフォーマンス性能を求める方におすすめです。

ヒューレット・パッカード(HP)

By: hp.com

1939年に、ウィリアム・ヒューレットとデビッド・パッカードによって創業されたアメリカのパソコンメーカーです。コストパフォーマンスに優れたモデルを多くラインナップしており、プライベートはもちろん、ビジネスシーンでも人気があります。

ヒューレット・パッカードのノートパソコンは、利便性に優れているのがポイントです。ディスプレイ部分を360°で回転可能な2in1タイプは、タブレットの用途としてもおすすめ。専用のアクティブペンを使用することで、メモやデザインの作業にも便利です。

高性能ノートパソコンのおすすめランキング|モバイルノート

第1位 マイクロソフト(Microsoft) Surface Laptop 3 VEF-00081

タッチパネルに対応のディスプレイを搭載した高性能ノートパソコン。10点マルチタッチで直感的な操作ができ、別売りのSurface Penを使えばイラスト描画やメモ書きも可能です。画面サイズが13.5インチですが、解像度が2256×1504ドットと高精細なのでデスクトップ領域を広く使えて作業がはかどります。

CPUには高性能の第10世代Intel Core i7を採用。動画編集の作業時間を短縮でき、YouTubeなどに動画を公開している方におすすめです。

本体サイズは幅30.8×奥行き22.3×厚さ1.45cmと薄型で、ボディカラーはプラチナ・サンドストーン・コバルトブルー・ブラックの4種類。ビジネスのイメージが強いマイクロソフトですが、おしゃれなカラーも選べるおすすめの高性能ノートパソコンです。

第2位 アップル(Apple) MacBookPro 13インチ MWP42J/A

高性能なグラフィックス機能を求める方におすすめのノートパソコン。「Iris Plus Graphics」を搭載したCPUが処理能力を向上させ、マシンに負荷のかかる動画編集や3Dゲームを快適にプレイできます。

キーボードの上部にはアップルが開発した指紋認証のセンサー「Touch ID」を搭載。パスワードの入力なしで素早くマシンを起動できるだけでなく、ネットショッピングの際に決済で利用できて便利です。内蔵ストレージは512GBのSSDを採用。大容量かつスピーディーなデータアクセスが作業効率を高めます。

本体サイズは幅30.41×奥行き21.24×厚さ1.56cmで、重量が約1.4kgとカバンにも入れやすくコンパクト。スマホはiPhoneを使用している方なら、画像などのデータ連携がラクに行えるおすすめの高性能ノートパソコンです。

第3位 エイスース(ASUS) VivoBook S15 M533IA M533IA-EC0

大画面ディスプレイを搭載した高性能ノートパソコンです。15.6インチサイズでありながら、スリムでコンパクトな薄型設計を採用。設置場所を取らないので、リモートワーク用のパソコンを探している方におすすめです。

CPUは、AMDの「Ryzen 7 4700Uモバイルプロセッサー」を搭載。メモリ容量も8GBあり、通常のPC作業ならば快適に行えます。内蔵GPUの「Radeonグラフィックス」によって、軽めの3Dゲームならプレイ可能です。

また、インターフェースが充実しているのもポイント。外部出力用のHDMIポートをはじめ、USB Type-CやUSB3.0、microSDカードリーダーなど、さまざまな周辺機器と接続できます。仕事に趣味にと大活躍するおすすめの高性能ノートパソコンです。

第4位 デル(Dell) Inspiron 14 5401 MI584A-ANLC

コストを抑えつつ、高パフォーマンスを実現したノートパソコンです。14インチサイズのフルHDディスプレイで、モバイル性と視認性の高さを両立。パネル部分には光の反射が少ない非光沢処理が施されており、長時間の作業にも対応できます。

CPUには第10世代Intel Core i7を採用。SSD容量は512GBと余裕があるため、多くのデータを保存したい方にピッタリです。また、GPUのNVIDIA GeForce MX330を搭載しているのもポイント。画像編集をしたり、軽~中量級のPCゲームで遊んだりするには十分なスペックです。

PC画面上でスマホを操作できる「Dell モバイルコネクト」も便利。スマホに掛かってきた電話をPCで取ったり、ショートメッセージをキーボードで打てたりと、PC画面に集中することができます。仕事からプライベートまで、マルチに活躍するおすすめの高性能ノートパソコンです。

第5位 ヒューレット・パッカード(HP) Spectre x360 13 1A941PA-AAAA

タブレットのようにも使用できる高性能ノートパソコンです。タッチパネルに対応した13インチのディスプレイが360°回転し、タブレットのようにも使用可能。アクティブペンが附属しているので、イラスト描画が趣味の方にもおすすめです。

CPUは第10世代Intel Core i7を搭載。ストレージはアクセス速度に優れたSSDを採用し、容量は1TBあるので動画や画像など大量のデータを保存できます。メモリも16GBと大容量なので作業がスムーズに行えて快適です。

本体サイズは幅30.7×奥行き19.45×厚さ1.6cmで重量が約1.2kgと軽量コンパクト。バッテリー駆動が最大約22時間と長く、外出先で使用する機会が多い方でも電源の心配がいらないおすすめの高性能ノートパソコンです。

第6位 富士通(Fujitsu) FMV LIFEBOOK NH90/E2

大画面でおすすめの高性能ノートパソコンです。解像度が1920×1080ドットの17.3インチディスプレイを搭載し、動画鑑賞では迫力ある映像を楽しめます。Blu-ray Discドライブを内蔵しているので、映画ファンにもおすすめです。

本製品のキーボードにはテンキーがあり、数字を頻繁に入力する方は作業が捗ります。また、Microsoft Office Home & Business 2019がバンドルされているので、ビジネスシーンでも活用可能。CPUの第10世代Intel Core i7プロセッサーは、マシンに負荷のかかるソフトもスムーズに処理できるスペックです。

本体サイズは幅39.88×奥行き26.5×厚さ2.69cmで重量が約2.9kg。持ち運んでの使用は困難ですが、省スペース型のデスクトップマシンとしておすすめの高性能ノートパソコンです。

第7位 エイサー(Acer) Aspire 5 A515-54-H78U/KA

低価格でおすすめの高性能ノートパソコンです。CPUには第10世代Intel Core i7プロセッサを搭載。ストレージには256GBのSSDを採用しているため、マシンの起動時間が素早く行えて快適です。キーボードにはテンキーが備わっているので、数字を入力する機会が多い方におすすめです。

本体サイズは幅36.34×奥行き25.05×厚さ1.795cmで重量が約1.8kg。持ち運びには適していませんが、バッテリー駆動時間が約9.5時間なので室内での移動は可能な高性能ノートパソコンです。

第8位 マイクロソフト(Microsoft) Surface Book 3 SKW-00018

ディスプレイとキーボード部分を分離できる2 in 1タイプの高性能ノートパソコンです。10点マルチタッチに対応した、13.5インチディスプレイを取り外せばタブレットとしても使用可能。シーンに応じて幅広く使い分けられておすすめです。

CPUにはIntel Core i7を採用し、ストレージは256GBのSSDを搭載。GPUには「GeForce GTX 1650 Max-Q Design」を採用し、動画編集もスムーズに行えて快適です。ビジネスシーンに欠かせないMicrosoft Office Home & Business 2019がインストール済みなので、面倒な設定が必要なくすぐに仕事で使用できます。

本体サイズは幅31.2×奥行き23.2厚さ2.3cmで、キーボードを含んだ重量は約1.5kg。高性能ノートパソコンだけでなくタブレットとしても使えるので、1台2役で活躍できておすすめです。

第9位 エイスース(ASUS) ZenBook Duo UX481FL-HJ122T/A

2つのディスプレイを搭載した、おすすめの高性能ノートパソコンです。解像度が1920×1080ドットの14インチディスプレイに加えて、キーボードの上部に解像度が1920×515ドットのサブディスプレイを搭載。どちらもタッチパネルに対応しているので、直感的に操作できて作業効率を向上させます。

デュアルディスプレイのメリットを引き出すためのプロセッサは、高性能なインテル第10世代Intel Core i7を採用。ストレージのSSDは1TBと大容量で十分なデータを保存できます。

本体サイズは幅32.3×奥行き22.3×厚さ2.04cmで重量が約1.6kg。狭いベゼルで高級感のあるデザインで、一般的な高性能ノートパソコンとは異なる操作性により、創造性を高められておすすめです。

第10位 LGエレクトロニクス・ジャパン(LG) ノートパソコン gram 17Z90N-VA74J

大画面と軽量を兼ね備えたおすすめの高性能ノートパソコンです。解像度が2560×1600ドットの17インチディスプレイを採用し、重量は約1.3kgと軽量化を実現。バッテリー駆動が最大約19.5時間と長時間なので、外出先でも大画面で作業をしたいという方におすすめです。

本体サイズは幅38.06×奥行き26.26×厚さ1.74cm。インテル第10世代Intel Core i7を搭載し、広い画面で動画編集がスムーズに行えるおすすめの高性能ノートパソコンです。

高性能ノートパソコンのおすすめランキング|ゲーミングノート

第1位 デル(Dell) ALIENWARE 15 m15

スタイリッシュなデザインの高性能ノートパソコンです。厚さが2.05cmとゲーミングノートとしては薄く、重量が約2.1kgなので室内での移動は可能。ボディにマグネシウム合金素材を採用しているので、強度と軽量化を実現しています。

本製品には有機ELディスプレイを採用。解像度が1920×1080ドットの15.6インチディスプレイは、ゲームのキャラクターを忠実で鮮明に再現し、プレイに没頭できます。薄型かつ軽量にも関わらずGPUに「GeForce RTX 2070 SUPER」を搭載しているのもポイント。快適にゲームをプレイしたい方はチェックしてみてください。

第2位 レイザー(Razer) Razer Blade Stealth 13 GTX

小型コンパクトでゲームにおすすめの高性能ノートパソコンです。本体サイズが幅30.46×奥行き21.0×厚さ1.53cmで、重量が約1.4kgと持ち運んでゲームを楽しめます。本製品には4つのスピーカーを内蔵。ゲームの戦闘シーンでは迫力あるサウンドを再現します。

13.3インチのディスプレイはタッチスクリーンに対応。解像度は3840×2160ドットと高精細で、ゲームのシーンを細部まで表現できます。携帯性を兼ね備えたおすすめの高性能ノートパソコンです。

第3位 エイスース(ASUS) ROG Strix G15 G512LV

冷却機能に優れたおすすめの高性能ノートパソコンです。厚さ0.1のフィンを189枚使用した冷却システムが熱による暴走を予防。高性能なインテル第10世代Intel Core i7プロセッサーの能力を十分に発揮します。

解像度が1920×1080ドットの15.6インチディスプレイは144Hzのリフレッシュレートに対応。動きの速いゲームでも快適にプレイできます。本体サイズは幅36.0×奥行き27.5×厚さ2.58cmで重量が約2.3kg。安定した動作で、安心してゲームに集中できるおすすめの高性能ノートパソコンです。

第4位 レノボ(Lenovo) Legion 550Pi

ゲームのために設計された「Legion TrueStrike」キーボードを搭載した高性能ノートパソコンです。誤入力を防ぐアンチゴースト機能を備え、キーストロークが約1.5mmで素早い応答時間を実現。キーボードの操作が勝敗を左右するゲームにおすすめです。

本体サイズは幅36.31×奥行き25.96×厚さ2.36cmで重量が約2.3kg。Microsoft Office Home & Business 2019がバンドルされているので、ゲームだけでなく仕事にも使えるおすすめの高性能ノートパソコンです。

第5位 LGエレクトロニクス(LG) ノートパソコン 17U790-PA76J

広い画面でゲームを楽しみたい方におすすめの高性能ノートパソコンです。グレアタイプで解像度が2560×1600ドットの17インチディスプレイを採用。画面サイズは大きいですが、本体は幅381×奥行き274×厚さ1.99cmとカバンにも入れられます。

CPUにはインテル第8世代Intel Core i7プロセッサー、GPUは「NVIDIA GeForce GTX 1650」を搭載。動作が激しいゲームにも対応できます。バッテリー駆動は最大で約19時間と長め。場所を選ばずに大画面でゲームを楽しめるおすすめの高性能ノートパソコンです。

第6位 ギガバイト(GIGABYTE) AORUS 5 SB-7JP1130SH

ゲーミング用途にマッチした高性能ノートパソコン。CPUは第10世代のIntel Core i7-10750H、GPUはNVIDIAのGeForce GTX 1600 Tiとハイスペック仕様で、ノートパソコンながらデスクトップパソコン並の満足度を得られるのが特徴です。

また、CPUとGPUの冷却には2基の大型ファンと4本のヒートパイプを用いた「WINDFORCE」を採用。3箇所の通気口と相まって熱暴走をしっかりとケアできるのが魅力です。

ディスプレイは15.6型。IPSパネルのノングレアを採用しています。また、解像度は1920×1080のフルHDで、リフレッシュレートは144Hz、応答速度は5msに対応。メモリは8×2の16GB、ストレージはM.2 SSDの512GBとなっています。

安心感が高い1台なので、これから本格的なゲーミングノートパソコンの導入を検討している方はもちろん、買い替えを考えている方もぜひチェックしておきましょう。