スマホやタブレットの普及により、低価格路線とハイスペック仕様の2極化が進んでいる「ノートパソコン」。後者に関しては、かつてノートパソコンには不向きと言われていた動画編集やゲームにも十分対応できるモデルがリリースされています。

そこで今回はおすすめの高性能ノートパソコンをランキング形式でご紹介。お手持ちのノートパソコンに不満を感じている方や買い替えを検討している方はぜひチェックしてみてください。

高性能ノートパソコンとは?

By: amazon.co.jp

高性能ノートパソコンとは、デスクトップパソコンに匹敵するぐらいの高性能なスペックをもつノートパソコンのことです。

以前は動画編集を行ったり、PCゲームをプレイしたりするときはデスクトップパソコンを選ぶのが常識とされていましたが、最近はノートパソコンの高性能化が進み、デスクトップと比べても遜色ないスペックのモデルが登場しています。

高性能ノートパソコンはどういう人におすすめ?

高性能なノートパソコンは、動画編集をする方やゲーマーなどマルチタスクをこなす方におすすめです。基本的に搭載されているパーツのスペックも高いため、快適に作業できます。

例えば、ネットサーフィンのみであればスペックを抑えたノートパソコンでも問題ありません。しかし、動画編集をしながらWordやExcelを開いたり、ゲームをプレイしながらSkypeなどの通話アプリを使用したりなど、複数のコンテンツを同時かつ快適に利用する際はハイスペックのノートパソコンの方がストレスなく作業することができます。

高性能ノートパソコンの選び方

CPUをチェック

CPUとはパソコンの処理性能を決める重要な部品です。人体で言うと頭脳に例えられますが、一般的にクロック周波数(GHz)が高いCPUほど処理性能が高いのがポイント。ただし、CPUの性能は周波数だけではなくコア数やスレッド数も影響します。

コアとはCPUのなかに含まれ、実際に処理を担当する中央処理ユニットのこと。デュアル(2個)・クアッド(4個)・ヘキサ(6個)の順にコア数が増えるほど、処理を分担して行えるので複数の作業を同時に進めた場合でも快適に作業が可能です。また、コアをさらに細分化したものがスレッドですが、スレッド数が多いほどより多くの作業を同時にこなせます。

大半のパソコンにはインテル社のCPUが搭載されていますが、Core m3・Core i5・Core i7・Core i9の順にクラスが上がり処理速度がより向上。高性能ノートパソコンの場合、写真編集やブログ更新、ビジネス用途が主ならCore i5でも十分です。大量の写真編集や本格的な映像制作、3Dデザイン制作を行いたい方はCore i7以上のCPUを搭載したモデルをチェックしておきましょう。

GPUをチェック

GPUはパソコン内の描画に関わる部品。通常パソコンにおけるデータ処理の大半にはメモリが使用されますが、描画に関する処理はデータ容量が膨大なため、メモリとは別に描画専用の処理ユニットであるGPUを設けることで、パソコン全体にかかる負荷を軽減しています。

例えば、ディスプレイにレタッチ効果を適用した写真や動画を出力する際や、ゲームで3Dオブジェクトを多用する場合などでも、ストレスを感じることなく快適に対応できます。

通常のノートパソコンにおけるGPUはCPU内に簡易的なモノが搭載されていることがありますが、高性能ノートパソコンにはそれとは別に独立したGPUが搭載されていることがほとんど。CPUに内蔵されたタイプよりも処理容量が多いため、動画編集やゲームを快適に楽しめます。

独立GPUは米国のNVIDIA社が開発した「GeForce」とAMD社の「Radeon」が一般的。動画編集やゲームが主な用途の場合は、最低4GB以上の容量を備えた独立GPUを搭載した高性能ノートパソコンがおすすめです。

メモリ容量をチェック

メモリは作業領域の広さを決める部品で、作業中に使用しているデータの一時保管場所として使われています。よく作業デスクの広さに例えられますが、メモリの容量が増えるほど作業デスクが広くなるイメージです。

容量の多いメモリでは一度に多くのデータを同時に処理できるのが特徴。例えば、Webで情報を検索しながら資料を作成したり、音楽を聴きながら動画編集をしたりなど、マルチタスクが快適に進められます。

高性能ノートパソコンの場合、メモリ容量に関しては最低8GB、可能であれば16GBを選ぶのがおすすめ。Webブラウザでタブを数個開いて維持するだけでも6GB以上のメモリを消費するので、並行して書類作成やクリエイティブ作業を快適に進めたい場合は8GB以上が必須となります。

なお、高性能ノートパソコンを長期に渡って使用したい場合はメモリを後から増設できるかもチェック。パソコンの処理速度が遅くなった場合はメモリ容量を追加することで改善する場合がありますが、Apple社のMacBookのように増設が不可な機種もあるので注意しておきましょう。

ストレージの種類と容量をチェック

ストレージとは画像や動画、ソフトウェアなどありとあらゆるデータを保存する装置のこと。メモリがデータの一時的な取置場所であったのに対し、ストレージはデータの長期に渡る保管場所として使用されます。ストレージは本棚にも例えられますが、容量が多くなるほどより多くのデータを保管できるのがポイント。

高性能ノートパソコンのストレージに使用される記録メディアには主にHDDとSSDの2種類あります。HDDは容量当たりの単価が安いので、大容量でもリーズナブルな価格で購入できますが、処理速度が遅いことや衝撃に弱いのがデメリット。一方、SSDはHDDと比べて処理速度が速く、静音性に優れているのが特徴です。ただし、容量当たりの価格はHDDより高いので、その点は留意しておきましょう。

ストレージの容量は最低でも256GB以上がおすすめ。最近は写真も動画も大容量化が進んでいるので、ある程度容量の大きいモデルの方がすぐにデータがいっぱいになる心配を軽減できます。大量の写真データを管理するのはもちろん、動画編集を頻繁に行う場合は512GBまたは1TBの容量を目安としておくとよいでしょう。

高性能ノートパソコンのおすすめメーカー

レノボ(Lenovo)

By: lenovo.com

1984年に中国で立ち上げられた「レノボ」。著名なメーカーのパソコン部門を傘下に収めたことによって、現在では世界有数のシェアを誇るPCメーカーとなっています。

PCブランドはビジネス向けの「Think」シリーズをはじめ、一般向けの「YOGA」シリーズ、高性能なゲーミングPCの「Legion」シリーズなど、幅広く展開しています。

直販サイトでは、パーツ類を細かくカスタマイズできるので、スペックにこだわりたい方にピッタリです。

また、レノボはスペックに対して価格が安いのもポイント。性能はもちろん、コストパフォーマンスも重視したい方におすすめのPCメーカーです。

エイスース(ASUS)

By: asus.com

エイスースは台湾のPC関連機器メーカー。価格が安いのはもちろん、タブレットとして使用できる2in1タイプや小型で持ち運べる安価なタイプのPCを販売しているのが特徴です。マザーボードなどのPCパーツも多数ラインナップしています。

なかでもゲーミング用途にラインナップされているシリーズ「ROG」は、スペックが高くゲーマーから人気です。コスパ重視で選びたい方はチェックしておきましょう。

エムエスアイ(MSI)

By: msi.com

MSIは台湾に本社を構えるPCおよびPC関連機器メーカー。高度な技術力を活かして、ゲーミング用の高性能ノートパソコンをはじめ、マザーボードやビデオカードなど、さまざまな製品をリリースしています。

デスクトップパソコン並みのスペックを備えた大型モデルから、持ち運びに適した薄型コンパクトモデルまで、ノートパソコンが充実しているのも特徴。スペックやデザインにこだわりたい方におすすめのメーカーです。

デル(Dell)

By: dell.com

デルはアメリカに本社を置く1984年創業のパソコンメーカー。販売方法のひとつとして在庫を持たない注文生産(BTO=Build To Order)を採用していおり、高性能なパソコンをリーズナブルな価格で購入できるのが特徴です。

ノートパソコンのラインナップには、コストパフォーマンスに優れたライトユーザー向けの「Inspiron」、ハイスペックなプレミアムモデルの「XPS」、PCゲームのプレイに特化した「Dell G」、業界屈指の高性能を持つゲーミングモデルの「ALIENWARE」などをラインナップ。初心者向けの製品からハイエンドモデルまで揃っているのが魅力です。

アップル(Apple)

By: apple.com

アップルはアメリカに本拠を構える1976年創業のパソコンおよびモバイル機器メーカー。同社はiPodやiPhoneなど人々の暮らしを大きく変えた機器を開発してきたことでも知られています。

パソコンにおいては使いやすさと連携機能の高さが特徴。多くのWindowsパソコンと違ってハード(パソコン本体)とOS(基本ソフト)の両方を自社で開発しており、操作系も洗練されているので、パソコン初心者でも直感的に使いこなせます。また、同社製品のiPhoneやiPadとのデータ同期がスムーズにできるのもポイントです。

同社の高性能ノートパソコンであるMacBookシリーズは主に3種類。携帯性を最重視したコンパクトな「MacBook」、高性能と携帯性のバランスが取れたライトユーザー向けの「MacBook Air」、高負荷なクリエイティブ作業にも対応できるハイスペックな「MacBook Pro」をラインナップしています。

メーカーのおすすめモデル

レノボ(Lenovo) ThinkPad X1 Carbon

レノボ(Lenovo) ThinkPad X1 Carbon

スリムボディに14型の大画面ディスプレイを搭載した高性能ノートパソコン。液晶パネルは3840×2160ドットの4K仕様で、視野角の広いIPS液晶を搭載しています。本体の重さは1.09kg、折りたたみ時は約14.95mmと持ち運ぶのに便利なサイズ感です。

CPUは第8世代のインテル Core iシリーズ。メモリは大容量の16GBを搭載しています。ストレージには、読み書き速度が早いSSDを採用しており、OSやアプリケーションを素早く立ち上げることが可能。ストレスなく、PC操作に専念できます。

また、LTE通信に対応しているのもポイント。専用スロットにnanoSIMカードを挿入することで、Wi-Fiが使えない環境でもインターネットに繋げられます。普段使い用の高性能ノートパソコンを探している方はもちろん、社内外で快適に作業したいビジネスパーソンにもおすすめです。

下記のSAKIDORI専用リンクを経由すれば、公式の直販ページよりも安く購入することが可能。スペックを抑えたパフォーマンスモデルやLTE非搭載モデルの割引率も高くなっているので、あわせてチェックしてみてください。

高性能ノートパソコンのおすすめランキング|モバイルノート

第1位 アップル(Apple) MacBook Pro 15インチ

アップル(Apple) MacBook Pro 15インチ
15インチRetinaディスプレイを搭載した、アップルの高性能ノートパソコン。MacBook Proシリーズのハイエンドモデルです。インテルCore i9プロセッサと16GBのメインメモリを搭載しており、負荷のかかる作業も高速で処理できます。

動画編集や高解像度画像のレタッチといった作業を、頻繁に行うプロ向けにおすすめのモデルです。標準で512GBのSSDが搭載されていますが、アップルストアでの購入時に最大4TBのSSDを選択可能。同社のパソコンは、購入後にストレージの増設ができないため、予算が許す限り大きい容量を選んでおきましょう。

「Touch Bar」を採用しているのもポイントです。「Touch Bar」は行なっている作業に合わせて、割り当てる機能を自動で切り替えてくれる、便利な多機能パネルのこと。明るさや色合いなどの調節を指先で行えるため、クリエイティブな作業におすすめです。

第2位 パナソニック(Panasonic) Let’snote SV8 CF-SV8LDUQR

第2位 パナソニック(Panasonic) Let'snote SV8 CF-SV8LDUQR

耐久性が高く、ビシネスパーソンからの評価が高い「レッツノート」。なかでもSVシリーズは小型かつ高性能なモデルで、オフィス内はもちろん、移動中や出張先でも快適に仕事をしたい方におすすめのモデルです。

サイズは、持ち運びに適した12.1型。従来モデルよりも処理速度が向上したクアッドコアCPU「インテル Core i7-8565Uプロセッサー」を搭載しています。メモリも8GBあるため、マルチタスクが軽快に行えるほか、負荷がかかりがちな動画編集にも対応できます。

ビジネスシーンではほぼ必須の「Microsoft Office2019」を搭載。また、DVD・CDに対応した光学式ドライブも搭載されているため、大切なデータのバックアップも簡単に行えます。ビジネスシーンはもちろん、プライベート利用にもおすすめの高性能ノートパソコンです。

第3位 日本電気(NEC) LAVIE Pro Mobile PM750/NA

第3位 日本電気(NEC) LAVIE Pro Mobile PM750/NA

軽量性に優れているNECのノートパソコン。なかでも「LAVIE Pro Mobile」シリーズは軽量性を維持しつつ、堅牢ボディと長時間バッテリーを採用したモデルとなっています。

ディスプレイは13.3型ワイド。重さは837gと軽量クラスのため、バッグに入れて持ち運びやすいのがポイントです。バッテリーも最大20時間のロングスタミナ仕様で、屋外でも安心して作業できます。

CPUは、高性能な第8世代のCore i7-8565U。ほかにも512GBの大容量SSD、メモリは8GBを搭載するなど、メインパソコンとしても十分使えるスペックとなっています。外出先や移動中でもスムーズに作業したい方におすすめの高性能ノートパソコンです。

第4位 マイクロソフト(Microsoft) Surface Laptop 2

マイクロソフト(Microsoft) Surface Laptop 2

高い質感のアルミニウム素材の筐体を採用した、マイクロソフトの高性能ノートパソコンです。厚さ14.48mm、重量1252gと薄型で軽量なボディーのため、カバンの中でもかさばらず、どこへでも持って出かけられます。

最大で14.5時間稼働するバッテリーを搭載。電源の取れない外出先や移動中でも、丸一日安心して使用できるので、外回りの多いビジネスマンにもおすすめです。13.5インチの10ポイント・マルチタッチ機能が搭載されたディスプレイを採用しているのもポイント。

タブレットのようにスクリーン上への直接描画ができるため、直感的で素早い操作が可能です。アイデアが浮かんだら、その場で書き込めるので重宝します。セキュリティー面では、Windows Helloに対応した顔認証用カメラを搭載。仕事上の重要なデータも、しっかり守ってくれるので安心です。

第5位 レノボ(Lenovo) ノートパソコン IdeaPad 330

レノボ(Lenovo) ノートパソコン IdeaPad 330

ハイスペックな機能を搭載しながらも、購入しやすい価格が魅力の高性能ノートパソコン。インテルCore i7プロセッサと、8GBのメインメモリを備えており、動画や画像編集をされる方におすすめのモデルです。また、ストレージには一般的な使い方であれば十分な、256GBのSSDを搭載しています。

最近のノートパソコンでは珍しく、光学ドライブを搭載しているのが特徴。本体側面にDVDスーパーマルチドライブを内蔵しており、外付け機器を購入したり持ち歩いたりする必要がありません。DVD媒体を利用した読み込みや、書き込みを頻繁に行う方には最適です。

HDMI端子・USB3.0・USB3.0 Type-Cポート・メディアカードスロットルなど、インターフェイスも充実。フルHD表示が可能な大型の15.6型ノングレア液晶を搭載した、デスクトップマシンの代わりとしても使用可能なモデルです。

高性能ノートパソコンのおすすめランキング|ゲーミングノート

第1位 デル(Dell) ゲーミングノートパソコン ALIENWARE

デル(Dell) ゲーミングノートパソコン ALIENWARE

ゲーミングデスクトップに匹敵する性能を備えた、高性能ノートパソコンです。インテルCore i9と、NVIDIA RTX 2080を搭載。あらゆる種類のゲームを快適に楽しめます。

256GBのSSDに加え、1TBのSSHDを搭載しているのも特徴。SSHDとはSSDの高速性、HDDの大容量・低コストと言った両方のメリットを兼ね備えた補助記憶装置です。頻繁に使用するゲームはSSDへ保存し高速で起動。それ以外の動画や画像などはSSHDに保存する、というように外付けドライブを使用せず効率的な使い方ができます。

スリムベゼルを採用した、17インチ4K液晶を搭載しており、ゲーム画面への没入感を高めているのもポイント。90枚以上のブレードを持つファンや、熱伝導性に優れた銅素材のヒートパイプを採用するなど、長時間のプレイでもピーク性能を維持するための工夫が施されています。

第2位 エムエスアイ(MSI) ゲーミングノート GS65-9SE-475JP

エムエスアイ(MSI) ゲーミングノート GS65-9SE-475JP

本製品は、非常に強力な冷却システム「Cooler Boost Trinity+」を搭載した、高性能ノートパソコンです。3基の高性能ファンと6つのヒートパイプで、CPUとGPUを効率的に冷却することが可能。高性能プロセッサの性能を安定して引き出してくれるため、3Dゲームも長時間快適に楽しめます。

HDMI端子とMini Displayポートを備えており、複数の外部モニターを接続し映像を映すことが可能です。ゲームをプレイしながら動画配信ソフトを確認すると言った使い方もできます。ゲーム配信者やマルチタスク作業をする方にもおすすめのモデルです。

GPUにNVIDIA GeForce RTX 2060を採用。インテルのCore i7プロセッサと16GBのメインメモリを搭載するなど、ゲーミングノートとしてはもちろん、動画編集などの重い処理も軽快にこなせるハイスペックな製品です。

第3位 エイスース(ASUS) ゲーミングノートパソコン ROG

エイスース(ASUS) ゲーミングノートパソコン ROG
GPUにNVIDIA GeForce GTX 1070を採用した、あらゆるゲームが快適に楽しめる高性能ノートパソコンです。15.6型ワイドの大型TFTカラー液晶を搭載。外光の反射を抑えるノングレアタイプのため、見やすくゲーム画面に没入できるのが特徴です。

インテルCore i7プロセッサと16GBのメインメモリを搭載しており、ゲームやマルチタスクなど負荷のかかる処理を軽快にこなします。高性能なパーツを組み込んでいるにも関わらず、厚みが20mmを切る薄いボディーサイズも魅力。

バッグの中でもかさばらないので、ハイスペックマシンを気軽に持ち運ぶことが可能です。ストレージは256GBのSSDと、1TBのSSHDを搭載。用途に分けて保存できるので便利です。

第4位 マウスコンピューター(mouse) G-Tune ゲーミングノートパソコン NG-N-6S71SHZH

マウスコンピューター(mouse) G-Tune ゲーミングノートパソコン NG-N-6S71SHZH
ナローベゼルを採用した、スタイリッシュなデザインが特徴の高性能ノートパソコンです。ベゼルが細いため17.3型液晶を搭載していながら、同メーカーの15.6型モデルよりコンパクトなボディーに仕上がっています。

液晶パネルはリフレッシュレートが144Hzの高速駆動型を採用。チラツキが少なく滑らかな映像が見られるため、動きの激しいゲームが好みの方にもおすすめです。

CPUの能力を向上させる「ゲームモード」機能を搭載しているのもポイント。CPUのターボブースト時消費電力を、通常の45Wから70Wへ切り替えることが可能で、演算処理と3Dレンダリング処理能力がアップします。ゲーム中の人や物の動きを、より滑らかに表現することが可能なゲーマーにおすすめの機能です。

第5位 ギガバイト(GIGABYTE) ゲーミングノートパソコン Azure AI

ギガバイト(GIGABYTE) ゲーミングノートパソコン Azure AI

本製品は台湾に本社を構える、ギガバイト社の高性能ノートパソコンです。インテルCore i7プロセッサに、NVIDIAのGeForce GTX 1660、16GBメモリとハイスペックのパーツを搭載しながらも、他ブランドモデルより安めの価格設定が魅力。購入しやすい価格のゲーミングノートを探している方にもおすすめのモデルです。

ナローベゼルの15.6型フルHD液晶を搭載。ベゼルを意識することなく、ゲーム画面に没入できます。2基のファンと6本のヒートパイプ、9箇所の吸排気口を備えているのもポイント。ゲーム中に発生する熱を効率的に冷やすことができるため、プロセッサの性能が落ちることなく、長時間快適に楽しめます。