一般的な平面ディスプレイと異なり、画面の両端が前方に向かって湾曲している「曲面ディスプレイ」。より広い画面で迫力のある映像を楽しめることから、パソコンでの映画鑑賞やゲームを楽しみたい方から支持されています。

そこで今回は、曲面ディスプレイのおすすめモデルをピックアップ。選び方についても解説するので、導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

曲面ディスプレイとは?

By: rakuten.co.jp

従来の平面ディスプレイとは異なり、曲面ディスプレイの画面は両端が緩やかな弧を描いて湾曲しています。製造方法は主に2種類。液晶面をガラスに圧着させた後に画面を曲げる作り方と、あらかじめ曲げたガラスに液晶面を圧着させる作り方です。

どちらの製造方法でも平面ディスプレイと比較して高い技術が必要なので、その分コストがかかってしまうのが難点。しかし、最近の技術進化に加えて大量生産によるコスト削減が進んだことで、現在では3万円を切るような低価格モデルも登場しており、徐々に普及が進んでいます。

曲面ディスプレイのメリット・デメリット

曲面ディスプレイのメリット

By: philips.co.jp

まず、曲面ディスプレイは平面ディスプレイよりも広い面積で映像を視聴できるのが特徴。一般的な液晶ディスプレイの縦横比は16:9ですが、曲面ディスプレイは21:9のモノが主流です。

平面ディスプレイよりも横長なので、その分視界に入る情報量も多くなります。FPSなど、一度により多くの情報を見る必要のあるゲームや、写真や映像の編集など、複数のパレットを同時に表示させるクリエイティブ系のアプリを使用する際におすすめです。

また、より現実に近い臨場感と迫力で映像を楽しめるのも曲面ディスプレイの特徴。平面ディスプレイでは画面の端に近づくほどディスプレイと目との距離は開いてしまいます。

しかし、曲面ディスプレイは液晶画面の両端が視聴者に向かって湾曲していることで、画面の端でもディスプレイと目との距離が保たれるのが魅力。映像への没入感がより向上するため、まるで映像が画面から迫ってくるような臨場感が味わえます。

曲面ディスプレイのデメリット

By: lg.com

曲面ディスプレイは平面ディスプレイと比較して横長であるため、その分サイズが大きくなってしまうのが難点。ディスプレイの面積が広がったことでより多くの情報を得られるようになる一方で、設置のためには平面ディスプレイよりも広いスペースが必要です。

一般的には、曲面ディスプレイの画面サイズは30インチ前後のモノが主流ですが、平均的な横幅は85cmほどになります。近い画面サイズ(31.5インチ)の平面ディスプレイと比べても10〜15%のサイズ差があるため、曲面ディスプレイを設置する場合は、通常よりも十分に余裕を持ってデスクのスペースを確保しておきましょう。

曲面ディスプレイの選び方

端子をチェック

曲面ディスプレイの端子がPCのケーブルと適合するかも重要なポイント。ディスプレイの背面には入力端子が搭載されていますが、PCの出力端子と合っていないと接続できません。

入力端子の種類としてはHDMI・DisplayPort・D-sub(VGA)が一般的です。最近では、MacBook Proなどに搭載される最新規格のUSB Type-Cに対応したモデルも登場していますが、まだ数は多くありません。

ディスプレイとケーブルの端子が異なる場合は、変換アダプタを別途用意することで接続が可能になるケースもあります。しかし、すべての種類の端子を変換できるとは限らないので、検討している曲面ディスプレイの入力端子がPCの出力端子と一致するかをあらかじめ確認しておきましょう。

画面サイズをチェック

By: lg.com

デスクの大きさや用途を考慮したうえでディスプレイの画面サイズを選びましょう。適した画面サイズのディスプレイを使用すれば、視認性を高く保てるので、作業効率も向上。また、視線の過剰な移動を防げるため、目の疲れ軽減する効果が期待できます。

ゲームや映画などを迫力ある映像で楽しみたい場合は、35インチ以上のディスプレイがおすすめ。一方、デスクのスペースを広く確保できない場合や、ビジネスの資料作成や株取引などの作業に使いたい場合は、30インチ前後のモノを選びましょう。

解像度をチェック

By: amazon.co.jp

ディスプレイは微小なドット(ピクセル)の集まりによって映像が構成されており、粒の数によって解像度が決定。フルHD(1920×1080)・4K(3840×2160)のように表記されますが、一般的に画面サイズが同じであれば、解像度の数値が高くなるほどより鮮明に描写された美しい映像が楽しめます。

曲面ディスプレイの解像度は、フルHDよりもやや横長となる2560×1080のモノが主流です。さらに、より高解像度の3440×1440以上のモノも選択肢に入ります。初めて曲面ディスプレイを使う方や、一般的な作業などで使いたい方には2560×1080のモノがおすすめです。

4K対応の曲面ディスプレイの種類はそれほど多くはありませんが、徐々に普及が進んでいます。4K対応ディスプレイでは画像や文字をより高精細に表示できるため、単に映像が美しくなるだけではなく、一度に多くの情報を表示させる必要のある作業にも効果的です。

光沢をチェック

By: msi.com

ディスプレイの光沢仕様は、表面に光沢のあるグレアタイプと光沢の抑えられたノングレアタイプの2種類が存在します。

グレアタイプはコントラストが高めなので、映像の発色が鮮やかです。また、黒の締まりもよく重厚な色調の映像でも豊かな表現が可能。発色の鮮やかさや映像の美しさを重視するのであれば、グレアタイプがおすすめです。

ただし、グレアタイプは表面の反射率が高く、光の強い場所では画面が見えにくくなったり、長時間の視聴では目が疲れやすくなったりするので注意しましょう。

一方、ノングレアタイプは表面反射が抑えられているため、発色の鮮やかさや華やかさはグレアタイプには劣ります。しかし、画面の反射を気にせず映像の細部まで確認できたり、目の疲れを軽減する効果が期待できたりするのがメリット。細部をチェックする必要のある画像や映像の編集作業、長時間のデスクワークで使う場合はノングレアタイプがおすすめです。

リフレッシュレートをチェック

By: msi.com

映像は瞬間的に何十枚もの画像がコマ送りのように更新されることで表示されていますが、1秒間に画像が更新表示される回数をリフレッシュレートと呼びます。カタログなどにはヘルツ(Hz)という単位で表記されており、この数値が高いほど滑らかな動きの表示が可能です。

リフレッシュレートで選ぶ場合、一般的には60Hzが基準。FPSなどの動きの激しいゲームやスポーツ映像を視聴する場合は、120Hz以上のモノを選ぶのがおすすめです。

応答速度をチェック

By: msi.com

どんなに高性能なディスプレイでも、信号が伝わってから実際に映像が表示されるまで、ミリ秒単位で時間がかかっています。表示が切り替わるまでの時間を応答速度と呼び、ミリセカンド(ms)という単位で表記されるのが一般的です。

映像の視聴やクリエイティブ作業などの一般的な用途では5msのモノで十分。MMORPGやFPSなどの応答速度が重要となるゲームではより応答速度が速いモノがおすすめです。

曲面ディスプレイのおすすめ人気モデル

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 37.5インチモニター ディスプレイ 38WK95C-W

解像度が3840×1600の37.5インチウルトラワイドモニターです。スリムかつスタイリッシュな「エッジアークラインスタンド」は、高級感を演出するとともに、設置スペースの節約にも役立ちます。ディスプレイには、鮮やかな発色と広い視野角を実現するIPSパネルを採用。「HDR 10」に対応しているので、自然に近いより美しい映像が楽しめます。

映像入力端子にはHDMI×2・DisplayPort・USB Type-Cを搭載。接続にUSB Type-Cを使用すれば、映像と音声の出力に加え、デバイスへの充電もケーブル1本で行えるので便利です。USB Type-A端子のないモバイルノートパソコンと接続して使用したい方にも適しています。

そのほか、10W×2のステレオスピーカーを内蔵しており、迫力のあるパワフルなサウンドを楽しめるのが魅力。さらに、スマホや音楽プレーヤーとBluetooth接続すれば、本製品をスピーカーとして使用できます。

エイスース(ASUS) ROG Swift 35インチゲーミングモニター PG35VQ

解像度3440×1440のUWQHD画質のゲーミングモニターです。縦横比は21:9なので、WQHD画質のモニターよりも約35%広い画面スペースを実現。200Hzの高リフレッシュレートと2msの高速な応答速度に対応しているので、動きの速いシーンでもブレのない鮮やかな映像を表示できます。

画面内に照準などを表示できる「GamePlus」機能やゲームに合わせて最適な表示モードを選択できる「GAMEVISUAL」機能など、ゲームを快適にプレイするための機能を数多く搭載しているのもポイント。目への疲れを軽減する効果が期待できる「フリッカーフリー」や「ブルーライト軽減機能」なども搭載されているので、長時間のゲームプレイにも最適です。

また、96kHz/24bitのロスレス再生が可能なヘッドホンアンプが内蔵されているので、高音質で迫力のあるサウンドが楽しめます。

JAPANNEXT 34インチ液晶ディスプレイ JN-VC34102UWQHDR

VA方式を採用した、34インチの曲面ディスプレイモニター。高いコントラスト比と黒の表現に優れているのが魅力です。映画やアニメなどの視聴に向いており、曲面ディスプレイなのでより高い没入感や臨場感を感じながら映像を楽しめます。

解像度は3440×1440のUWQHD画質。100Hzのリフレッシュレートに対応しているので、FPSなどの動きの激しいゲームも十分快適に楽しめます。映像入力端子にはDisplayPortと、汎用性が高く多くの機器に採用されているHDMIを3つ搭載。PS4などのゲーム機との接続にも最適です。

複数の機器からの映像を同時に表示できる「マルチウィンドウ機能」にも対応しています。画面内に小窓表示する「Picture in Picture」と画面を左右に分割して表示する「Picture by Picture」が可能。映画鑑賞からゲームまで、幅広い用途で快適に使用できるおすすめのアイテムです。

プリンストン(PRINCETON) ULTRA PLUS 31.5インチゲーミングモニター PTFGHB-32C

映像関連の業界標準化団体である「VESA」が策定した「DisplayHDR 400」に対応したモデル。自然に近い色彩で鮮明な映像を表示します。144Hzのリフレッシュレートに対応しているので、動きの激しいシーンやFPSなどのゲームもストレスなく快適に楽しむことが可能。

液晶パネルには、コントラスト比が高く視野角も十分広い「VA方式」が採用されています。ブルーライトを軽減する「ブルーリデューサー機能」や画面のちらつきを抑える「フリッカー削減機能」が搭載されているので、長時間の使用にも最適です。

また、最大出力5W×2のステレオスピーカーも内蔵。購入後すぐに本製品のみでも音声が楽しめます。映像入力端子には、HDMI×2・DisplayPort×2・VGAを搭載。豊富に備えられているので、さまざまなデバイスからの映像入力が可能です。

AOC 27インチゲーミングモニター AG273QCX/11

美しい映像を表示可能な「DisplayHDR 400」に対応した27インチの曲面ディスプレイ。解像度は2560×1440のQHD画質です。VAパネルを採用しているので、黒い部分をきれいにくっきりと表示します。

ベゼルがスリムなことと曲面ディスプレイということもあり、マルチモニター環境を構築したい方にもおすすめ。ゲーム向けの機能としては、プレイしているゲームのジャンルに合わせて画質を調節できる「ゲームモード」が搭載されています。「FPS」「RTS」「Racing」のプリセットモードとカスタマイズ設定を保存できる「Gamer1」「Gamer2」「Gamer3」の合計6種類のモードを用意。

ゲームに合わせて瞬時に設定を呼び出せます。暗くて見えにくい部分を明るくくっきりと表示する「シャドウコントロール」機能も搭載。また、5W×2のステレオスピーカーを内蔵しており、より深みのあるサウンドを再現可能な「DTS sound」に対応しています。

ギガバイト(GIGABYTE) 27インチ湾曲モニター AORUS CV27F

VAパネルを採用した27インチの曲面ディスプレイです。表面はノングレア仕様で、解像度は1920×1080のフルHD画質。165Hzの高リフレッシュレートと1msの高速な応答速度に対応しているので、どんなジャンルのゲームも快適に楽しめるだけの性能を備えています。

VESA策定の「DisplayHDR」にも対応。目の疲れを軽減する効果が期待できる「ブルーライト低減機能」や画面のちらつきを抑える「フリッカーフリー技術」に対応しているので、長時間のゲームプレイにも最適です。

本体背面にはゲーミングデバイスらしいRGBイルミネーションを搭載。専用ソフト「RGB Fusion」を使用すれば、好みに合わせて発光パターンなどをカスタマイズできます。また、比較的安い価格で購入できるコスパに優れた製品なので、予算を抑えたい方にもおすすめです。

エムエスアイ(MSI) 23.6インチゲーミングモニター Optix G24C4

23.6インチと比較的小さめの曲面ディスプレイです。解像度は1920×1080のフルHD画質で、ノングレアタイプのVAパネルを搭載。比較的広い視野角を有し、光や照明の反射を気にすることなく使用できます。

比較的安いリーズナブルな価格で購入できるのも魅力のひとつです。ゲーミングモニターということもあり、144Hzの高リフレッシュレートと1msの高速な応答速度にも対応。動きの激しいシーンも滑らかに表示するので、どんなジャンルのPCゲームでもストレスなく楽しめます。

画面の縁の幅が狭い3辺スリムベゼル仕様なので、モニターを2台並べたときに繋ぎ目が気になりにくいのもメリット。デュアルモニター用途での導入にも最適です。映像入力端子にはHDMI×2とDisplayPortを搭載。設置スペースが限られている方や快適な環境で本格的にゲームをプレイしたい方におすすめの曲面ディスプレイです。

エイサー(Acer) 49インチゲーミング液晶ディスプレイ EI491CRPbmiiipx

縦横比32:9のウルトラワイドサイズかつ曲面ディスプレイ。包み込まれるような臨場感と高い没入感を感じながら映像を楽しめます。画面サイズは49インチで、解像度は3840×1080のダブルフルHD画質。高精細な映像表示が可能で、広大な作業領域を確保できます。

一度に多くのウィンドウを開いたり、同時に複数のソフトを表示したりできるので、プライベートな用途だけでなく仕事やクリエイティブな作業にも役立つ1台です。また、メイン画面にサブ画面を表示できる「ピクチャー・イン・ピクチャー」や、画面を2分割して表示できる「ピクチャー・バイ・ピクチャー」など便利な機能も搭載されています。

144Hzのリフレッシュレートに対応しているので、動きの激しいシーンが多いゲームも快適に楽しむことが可能。サイズが大きいので広い設置スペースが必要になりますが、幅広い用途で使用できるおすすめの曲面ディスプレイです。

フィリップス(Philips) 49インチディスプレイ 499P9H1/11

5120×1440の解像度を備えるデュアルQHD画質の曲面ディスプレイです。サイズは49インチで、縦横比は32:9。27インチで縦横比が16:9のQHDモニターを2枚並べた場合と同様の画面サイズです。1台のモニターでデュアルモニター並みのワイドな画面表示が可能。

液晶パネルにはVA方式を採用し、表面加工は光の映り込みが少ないノングレアタイプです。映像入力端子には、HDMI×2・DisplayPort・USB Type-Cを搭載。USB Type-Cで接続すれば、映像と音声の出力をしながらデバイスへの給電ができるので、モバイルノートパソコンとの接続に最適です。

本体上部には「Windows Hello」の顔認証に対応したポップアップカメラを搭載し、使用しないときは背後に収納されます。一組のマウスやキーボードで2台のパソコンを操作できる「KVMスイッチ」も搭載。操作したい機器と素早く切り替えられるので便利です。

JAPANNEXT 65インチ液晶モニター JN-VC655UHD

高画質な4K画質に対応した曲面ディスプレイです。65インチの大型モニターなので、迫力のある映像が楽しめます。アルミフレームを採用した高級感のあるスタイリッシュな外観も魅力のひとつ。液晶パネルには、高いコントラスト比と黒の表現に優れた「VA方式」が採用されています。

表面は光沢のあるグレアタイプなので、発色のよい鮮やかな映像を表示可能。その他、画質の低い画像をきれいに表示する「超解像技術」や複数のデバイスからの映像を同時に表示できる「マルチウィンドウ機能」、プレイするゲームに合わせて画質を調節できる「ゲームモード」なども搭載しています。

映像入力端子には、HDMI×2・DisplayPort・VGAを搭載。6W×2のステレオスピーカーが内蔵されているので、別途スピーカーやコンポなどを接続することなく、迫力のあるサウンドが楽しめます。離れた位置からでも操作できるようにリモコンが付属するのも嬉しいポイントです。