テレワーク中の会議や、遠方の就活生とのやりとりをするのに便利なクラウドサービス「Zoom」。アカウントを作成せずだれでも簡単にWeb会議に参加できる手軽さから、さまざまな企業で導入されつつあります。

そこで今回は、Zoom向けのマイクをご紹介。選び方もあわせて解説するので、Zoomの導入を検討している方は参考にしてみてください。

Zoomとは?

Zoomは、PCやスマートフォン、タブレットなどのデバイスからWeb会議に参加できるクラウドサービス。Windows OS、Mac OS、iOSをはじめとした主要なOSに対応しているため、誰でも快適に活用できるのが魅力です。

1会議の最大参加人数は1000人で、スクリーン上には最大49の画面表示が可能。複数の参加者が各自のスクリーンを同時に共有し、共同で注釈を入れられるなど、双方向的にWeb会議を行えます。

会議の開催だけでなく、オンラインでの研修やセミナーにも活用でき、ビジネスシーンに便利な機能を多数盛り込んでいるのが特徴。テレワークやサテライトオフィスで業務をしている方とも簡単に会議ができるので、さまざまな企業で取り入れられています。

Zoom会議にマイクが必要な理由

By: amazon.co.jp

マイクを内蔵していないデバイスでZoom会議に参加する場合や、会議をスムーズに進めたい場合には、専用のマイクが必要です。

Zoomは、スマートフォンやタブレット、ノートPCに内蔵されているマイクでの会話にも対応していますが、マイクの音質が悪いと発言を聞き取ってもらえない場合があります。高音質なマイクを使えばノイズが入りにくく、発言内容を繰り返す必要がなくなり、スムーズに進行できるのでおすすめです。

Zoom Roomsなどを活用し、多人数対個人で会議を行う場合にも専用マイクがあると便利。多人数の音声を拾いきれなくなってしまったり、ハウリングを起こしてしまったりするトラブルを軽減できます。音声トラブルを減らすためにも、専用のマイクを使うようにしましょう。

また、多人数が集まる会議や板書する必要のあるオンライン研修などの場合には、高画質で画角の広いカメラが必要になる場合があるので、あわせてチェックしてみてください。

Zoom会議におすすめのカメラについてもっと詳しく知りたい方はこちら

Zoom向けマイクの選び方

マイクの形状で選ぶ

マイク単体

By: amazon.co.jp

イヤホンやヘッドホンのように耳を塞ぐ機器が苦手な方や、発話の音質にこだわりたい方は、マイクを単体で使うのがおすすめ。単一指向性のマイクを用いれば周囲の音を拾いにくく、マイクが向いている方向の音を集音できるため、ハウリングのリスクを軽減しながら使えます。

また、無指向性や指向性切替に対応したモデルを選べば、多人数で同時に使いたいときにも便利です。使用する人数に応じて適切なモデルを選ぶようにしましょう。

ヘッドセット

By: logicool.co.jp

ヘッドセットは、イヤホンもしくはヘッドホンとマイクが一体となった形状が特徴。マイクから発話者の口元までの距離が短いため、雑音を拾いにくく、比較的クリアな音質で発言できるのが魅力です。

また、スピーカーではなく耳元に音を届けるので、周囲への音漏れを気にする必要がなく、スピーカーの音をマイクが拾ってハウリングにつながるリスクも抑えられます。Zoom会議を行う際のマイクとして最も一般的な形状です。

スピーカーフォン

By: rakuten.co.jp

複数人が同じ部屋に集まり、外部の方を含めてZoom会議をする場合には、スピーカーとマイクが一体になったスピーカーフォンがおすすめ。Zoomに接続する端末の内蔵スピーカーよりも大きな音量で室内に音を届けられるほか、室内でしゃべっている複数人の音声を拾って相手に届けられるため、効率的に会議を進められます。

ただし、互いにスピーカーから音を出して会議をしていると、声が反響し続けてハウリングしてしまう可能性があるので注意が必要。スピーカーフォンを用いる場合は、反響を防ぐ「エコーキャンセラー」機能を搭載したモノを選ぶようにしましょう。

スピーカーフォンについて詳しく知りたい方はこちら

接続方法で選ぶ

有線

By: amazon.co.jp

有線接続はミニジャックとUSBの2タイプ。ヘッドセットの場合、ミニジャックは二股のモノと単体のモノに分かれます。

二股の製品は主にPC用で、それぞれマイク端子とイヤホン端子に接続。単体の製品はスマートフォンなどのイヤホンジャックに接続して使用することが多く、用途によって選べます。単体の製品をPCで使いたい場合には、変換プラグが必要になることもあるので注意が必要です。

USBタイプはPCとの相性がよく、周囲のノイズが入りにくいのが特徴。ミニジャックタイプに比べて使い方がわかりやすく、接触不良も起こりにくいため、PC用に有線接続のモノを選ぶときにはUSBタイプの製品がおすすめです。

無線(ワイヤレス)

By: amazon.co.jp

無線接続は配線が不要で、デスク周りをスッキリさせられるのが魅力。接続方法は「ワイヤレスアダプタ方式」と「Bluetooth方式」の2タイプがあります。

ワイヤレスアダプタ方式は、送受信機をUSBポートに接続するタイプ。Bluetoothに比べて接続が安定しやすいのが特徴です。一方、Bluetooth方式は送受信機を必要とせずに、対応端末と直接接続できるのが特徴。設定を登録しておけば再接続の手間もかからず、手軽に使えます。

Zoom向けマイクのおすすめモデル

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) MM-MCU03BK

周囲の雑音を拾いにくい単一指向性のUSBマイクです。マイク入力を一時停止できるミュートボタンを備えており、パソコンを操作せずワンタッチで操作できるのが魅力です。ミュート時は赤、ミュート解除時は青に光るLEDライトを備えているため、動作状況が一目で確認できます。

自分好みの角度に設定できるフレキシブルアームを備えているのも特徴。滑り止めのついたおもり入りのスタンドなので、しっかり安定して自立します。サイズは幅6×奥行6.5×高さ14cmとコンパクトなので、設置場所を取らず広々とデスクを使えて便利です。

WindowsとMacの両方で使えるのもポイント。公式サイトでZoom使用時の接続方法が解説されているため、不慣れな方でも安心して使用できます。安価で手軽に使えるZoom用マイクが欲しい方におすすめです。

ファイファイン(FIFINE) USBコンデンサーマイク K052

角度を調節できるマイクです。2段式のフレキシブルアームを採用しており、話しやすい姿勢を維持したまま通話を行えます。また、約259gと重量感があるだけでなく、底面に滑り止め加工が施されているため、安定性に優れているのがポイントです。

バックグラウンドノイズとホワイトノイズを抑える単一指向性タイプで、本体正面に発する声をクリアに拾うことが可能。さらに、ミュートボタンを搭載しており、周りで雑音が発生している状況でも、通話を一時的に停止できます。

レイザー(Razer) Seiren Mini RZ19-03450100-R3M1

コンパクトながらもクリアなサウンドを相手に届けられるUSBマイク。マイク本体に14mmのコンデンサーカプセルとフラットな周波数特性を備えているのが特徴です。高精度な声の再現が可能で、シャープな高音と豊かな重低音により、明瞭な音声を実現しています。

内蔵式のショックマウントを備えているのも魅力。何かにぶつかったり、マイクを倒してしまったりした場合でも振動を吸収して、聞き手に伝わるノイズを軽減します。単一指向性のマイクなので周辺音も拾いにくく、音質にこだわりたい方も安心です。

頑丈なチルトスタンドを採用しているのもポイント。自分の使い方に合わせてマイクの位置を調節できます。また、別売りのブームアームやマイクスタンドへの取り付けも可能。USBポートに接続するだけですぐに使えるので、さまざまなシーンに使えるZoom用マイクを探している方におすすめです。

ZENLO コンデンサーマイク ZENLO-MAIKU0503

周囲のノイズを抑えられるマイクです。正面からの音を拾いやすい単一指向性のモデルで、Zoom会議での使用はもちろん、レコーディングやゲーム実況用途にもおすすめ。Windows OSやMac OS、PS3、PS4など幅広い機器に対応しています。

三脚スタンドを搭載しているため、安定性に優れているのがポイント。シルバーカラーの高級感あふれるデザインは、プライベートだけでなくビジネスシーンにもぴったり。専用ドライバのインストールが不要で、USBポートに差し込むだけですぐに使用できます。

マランツ(Marantz) MPM-2000U

USB接続が可能な本格仕様のマイク。スタジオ品質の周波数特性があるほか、16bit/48kHzのADコンバーターを内蔵しており、クリアな音声で通話できるのが特徴です。

もともとはボーカルや楽器サウンドを録音する際に使われていた製品ですが、使い勝手のよさからZoomなどでの使用感も良好。満足度の高いおすすめのアイテムです。

バッファロー(BUFFALO) クリップ式マイク BSHSM03BK

胸元や襟元につけられるクリップ式のPCマイク。広範囲の音を拾える無指向性タイプのため、マイクの位置や向きを気にせず、通話に集中できます。本体は18gと最軽量クラス。長時間装着しても衣服が型くずれしにくいのが魅力です。

また、ウィンドウスクリーンを搭載しているのもポイント。マイク部分に息がかかることで発生する「ウィンドウノイズ」を低減できます。国産メーカーながら価格が安いので、コスパ重視の方におすすめです。

MAONO ミニクリップマイク AU-100

クリップ付きのマイクです。服やポケットに挟んで装着できるため、デスクのスペースを取らずに音声通話を行えます。また、ポケットやカバンにも入れやすいコンパクトサイズで、携帯性に優れているのが本製品のポイント。

マイクカバーを付属しているのも魅力です。声を発する際の呼吸や周囲の雑音が入りにくく、クリアな音声を届けられます。3.5mmジャックを採用しており、パソコンやスマートフォン、タブレットなど幅広い機器で使用可能なモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ポータブルUSBマイク MM-MCU09BK

スタンド部分がクリップ仕様になっているマイク。デスク据え置きで使うのはもちろん、ノートパソコンであればモニターに挟んでセットでき、省スペース化できるのが特徴です。

スタンド部分とマイク本体は回転するので角度調節も容易。なお、本製品は無(全)指向性タイプですが、同シリーズには単一指向性タイプの「MM-MCU10SV」もラインナップしています。購入を検討する際は併せてチェックしておきましょう。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) フラット型PCマイク MM-MC23

テーブルに設置しやすいフラット型のPCマイクです。手のひらに収まるコンパクトサイズ。マイクは幅広く音を拾える無指向性なので、個人での使用はもちろん、Zoomを使った複数人でのWEB会議にもピッタリです。

裏面には滑り止めラバーを搭載。平面的なデザインも相まって、マウスが当たったり、ケーブルに引っかかったりしてマイクが倒れる心配がありません。価格も安く、高性能。最初の一台としておすすめです。

Ankuka USBマイク YM-200S

持ち運びに便利なフラットタイプのUSBマイクです。直径が7×厚み1.5cmとコンパクトサイズなため、自宅や会社で往復する際にも負担になりにくいのがポイント。また、専用ドライバが不要で、USBケーブルを差し込むだけで使用できます。

360°全方位で集音可能な全指向特性を採用。バックグラウンドで発生している雑音を防ぎ、快適に会議を行えるのも魅力です。さらに、ミュートボタンを搭載しているため、一時的に相手への音声伝達を遮断できます。

Zoom向けマイクのおすすめ|ヘッドセット

ロジクール(Logicool) ステレオヘッドセット H111R

快適に通話を行えるヘッドセットです。重さが74gと軽量設計されているのに加え、バンド部分を調節できるため、フィット感を得られるのが特徴。さらに、柔らかいフォームイヤークッションを採用しており、長時間使用していても疲れにくいモデルです。

ノイズキャンセリング機能をマイクに搭載しており、雑音を軽減しクリアな音声を伝達できます。また、マイクブームは180°回転するため、左右どちらでも取り付け可能です。3.5mmジャックを採用しており、パソコン・スマートフォン・タブレットに接続できます。

エレコム(ELECOM) USBヘッドセット HS-HP27UBK

両耳オーバーヘッドタイプの小型USBヘッドセットです。Zoomのほか、SkypeやGoogle meetなど、さまざまなWEB会議ツールに対応。ドライバ不要でパソコンに接続するだけで使える手軽さが魅力です。

マイクには、息による雑音を低減する「ウィンドスクリーン」を搭載。また、耐久性に優れた「ファブリックコード」を採用しているほか、手元でボリューム調節やマイクミュートができる「インラインコントローラ」が付属するなど、低価格ながら多機能。コスパ重視の方におすすめです。

KYOKA PC用ヘッドセット P4

遮音性に優れたヘッドセットです。耳全体を覆える設計によって、周囲で発生している生活音を抑えられるため、通話や会議に集中できます。また、イヤーパッドに低反発素材を採用しており、頭部への圧迫感を軽減できるモデルです。

雑音が入りにくいマイクも魅力のポイント。マイクカバーやノイズキャンセリング機能を搭載し、相手にクリアな音声を届けられます。また、マイク部分は330°回転するため、口元に合わせて通話が可能です。

YAMAY ヘッドセット M98

Bluetooth接続に対応したヘッドセットです。最大2台までペアリング可能なほか、いつでも切り替えられるのがポイント。パソコンやスマートフォンなど複数デバイスを使い分けている方におすすめです。

最大17時間の連続通話を行えるバッテリーも魅力。専用の充電スタンドとケーブルを付属しており、わずか2時間でフル充電できます。また、本体はわずか49.5gと軽量に設計されており、1日中装着していても疲れにくいモデルです。

VOPTECH テレワーク用ヘッドセット UC308

ミュートスイッチを搭載したヘッドセットです。急に雑音が発生した場合や休憩などで離席をする際に、一時的に音声伝達を遮断できます。また、ノイズキャンセリング機能を採用しているため、クリアな声を届けられるのがポイント。

人間工学に基づき設計されているのも特徴です。ヘッドバンド部分が伸縮するほか、重さ55gと軽量設計であるため、装着時にフィット感を得られます。さらに、330°回転するマイクアームを備えており、口元に合わせやすいのがポイントです。

ジャブラ(Jabra) JABRA EVOLVE 65T UC 6598-832-209

完全ワイヤレスイヤホン「Jabra Elite 65t」をビジネス用に改良したヘッドセットです。マイク性能の向上によって、クリアに音声を拾うことが可能。PCと接続するためのBluetoothアダプターが付属しているため、ZoomをはじめとするさまざまなWEB会議ツールで使用できます。

1回の充電で5時間、ポケットサイズの充電ケースを利用すれば合計15時間の駆動が可能です。PCだけではなく、スマートフォンとも接続できるため、音楽鑑賞用の完全ワイヤレスイヤホンとして使えるのもポイント。仕事も音楽も楽しみたい方におすすめです。

Zoom向けマイクのおすすめ|スピーカーフォン

アンカー(ANKER) PowerConf AK-A3301011

電源ケーブル不要のスピーカーフォンです。6700mAhの大容量バッテリーを内蔵し、最大24時間の連続使用が可能。また、モバイルバッテリー機能を有しており、会議をしながらスマートフォンを充電できます。

声の大きさや本体までの距離に関係なく、音量を最適化する「オートゲインコントロール」が魅力。相手側に均一な音量を届けられるため、ストレスのないオンライン会議を行えます。さらに、約340gと軽量で、外出先への持ち運びにも便利なモデルです。

ヤマハ(YAMAHA) ユニファイドコミュニケーションマイクスピーカーシステム YVC-330

収音範囲制限機能・マイク自動ミュート・スピーカー音量自動調節の3機能を備えた「SoundCap」モードが搭載されているスピーカーフォン。オープンスペースなど、周りの雑音が少し気になる環境でも安心して通話ができます。

本体正面のボタンで、ボリューム調節などの操作が簡単に行えるのもポイント。また、連結機能に対応しており、YVC-330を2台用意して別売のケーブルで繋げれば、広いスペースでのオンライン会議でも活躍します。

Kaysuda スピーカーフォン SP200

4つの全指向性マイクが内蔵されたスピーカーフォンです。鮮やかに音声を再現することによって、通話相手との快適な会話が可能。また、ノイズキャンセリング機能を搭載しており、通話時の雑音を抑えられます。

重さは約200gと軽めに設計されているため、持ち運びに便利。専用ドライバをインストールする必要がないので、自宅で複数パソコンを使用している方や職場でのシェアにも便利です。さらに、USBに加え、Bluetoothによるワイヤレス接続にも対応しており、デスク周りをすっきりできます。

eMeet ワイヤレススピーカーフォン M2

複数人での会議に便利なスピーカーフォンです。4つのAI全指向性マイクを搭載し、本体の周囲360°と半径約8~10mの範囲で声を拾えます。また、発言者の方向を自動的に検知することで、効率的に集音できる「位置検出機能」が本製品の魅力です。

バッテリー内蔵タイプで、最大で12時間の連続使用が可能。さらに、Bluetooth接続に加え、付属のUSBレシーバーをパソコンに差し込み、ワイヤレスで通話を行えるのがポイント。ZoomやSkype、Google Meetなど幅広い音声通話サービスに対応しています。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) WEB会議小型スピーカーフォン MM-MC28

省スペースで設置できるスピーカーフォンです。幅11×奥行11×高さ6.3cmのスタイリッシュなデザインで、デスクに置いても邪魔になりにくいのがポイント。小型モデルながら、約5mの範囲で集音できるため、複数人での会議にも便利です。

デジタル信号処理とエコーキャンセリング機能により、クリアな音声を届けられます。また、スピーカーを2つ搭載しており、音楽再生やプレゼンの補助にもおすすめ。USBによる電源供給を行えるため、電源がない場所でも使用できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) カメラ内蔵USBスピーカーフォン CMS-V47

カメラを内蔵したスピーカーフォン。画角105°のフルHD画質に対応しており、相手に鮮明な映像を届けられます。6.2×6.2×23.5cmとコンパクト設計のため、狭いスペースでも置くことが可能です。

「エコーキャンセリング機能」によって、相手の声をマイクが拾ってしまうことで発生するハウリングを抑えられるのも魅力。さらに、音声データを分析し、恒常的に発生する雑音のみを軽減する「ノイズリダクション機能」も便利です。