テレワーク中の会議や、遠方の就活生とのやりとりをするのに便利なクラウドサービス「Zoom」。アカウントを作成せずだれでも簡単にWeb会議に参加できる手軽さから、さまざまな企業で導入されつつあります。

そこで今回は、Zoom向けのマイクをご紹介。選び方もあわせて解説するので、Zoomの導入を検討している方は参考にしてみてください。

Zoomとは?

By: pexels.com

Zoomは、PCやスマートフォン、タブレットなどのデバイスからWeb会議に参加できるクラウドサービス。Windows OS・Mac OS・iOSをはじめとした主要なOSに対応しているため、誰でも快適に活用できるのが魅力です。

1会議の最大参加人数は1000人で、スクリーン上には最大49の画面表示が可能。複数の参加者が各自のスクリーンを同時に共有し、共同で注釈を入れられるなど、双方向的にWeb会議を行えます。

会議の開催だけでなく、オンラインでの研修やセミナーにも活用できるなど、ビジネスシーンに便利な機能を多数盛り込んでいるのが特徴。テレワークやサテライトオフィスで業務をしている方とも簡単に会議ができるので、さまざまな企業で取り入れられています。

Zoom会議にマイクが必要な理由

By: amazon.co.jp

マイクを内蔵していないデバイスでZoom会議に参加する場合や、会議をスムーズに進めたい場合には、専用のマイクが必要です。

Zoom会議では、スマートフォンやタブレット、ノートPCに内蔵されているマイクでの会話にも対応していますが、マイクの音質が悪いと発言を聞き取ってもらえない場合があります。高音質なマイクを使えばノイズが入りにくく、発言内容を繰り返す必要がなくなり、スムーズに進行できるのでおすすめです。

Zoom Roomsなどを活用し、多人数対個人で会議を行う場合にも専用マイクがあると便利。多人数の音声を拾いきれなくなってしまったり、ハウリングを起こしてしまったりする可能性があります。音声トラブルを減らすためにも、専用のマイクを使うようにしましょう。

また、多人数が集まる会議や板書する必要のあるオンライン研修などの場合には、高画質で画角の広いカメラが必要になる場合があるので、あわせてチェックしてみてください。

Zoom会議におすすめのカメラについてもっと詳しく知りたい方はこちら

Zoom向けマイクの選び方

マイクの形状で選ぶ

ヘッドセット

By: logicool.co.jp

ヘッドセットは、イヤホンもしくはヘッドホンとマイクが一体となった形状が特徴。マイクから発話者の口元までの距離が短いため、雑音を拾いにくく、比較的クリアな音質で発言できるのが魅力です。

また、スピーカーではなく耳元に音を届けるので、周囲への音漏れを気にする必要がなく、スピーカーの音をマイクが拾ってハウリングにつながるリスクも抑えられます。Zoom会議を行う際のマイクとして最も一般的な形状です。

マイク単体

By: amazon.co.jp

イヤホンやヘッドホンのように耳を塞ぐ機器が苦手な方や、スピーカーから音を出したいけれど発話の音質にもこだわりたい方は、マイクを単体で使うのがおすすめ。単一指向性のマイクを用いれば周囲の音を拾いにくく、マイクが向いている方向の音を集音できるため、ハウリングのリスクを軽減しながら使えます。

また、無指向性や指向性切替に対応したモデルを選べば、多人数で同時に使いたいときにも便利です。使用する人数に応じて適切なモデルを選ぶようにしましょう。

スピーカーフォン

By: amazon.co.jp

複数人が同じ部屋に集まり、外部の方を含めてZoom会議をする場合には、スピーカーとマイクが一体になったスピーカーフォンがおすすめ。Zoomに接続する端末の内蔵スピーカーよりも大きな音量で室内に音を届けられるほか、室内でしゃべっている複数人の音声を拾って相手に届けられるため、効率的に会議を進められます。

ただし、互いにスピーカーから音を出して会議をしていると、声が反響し続けてハウリングしてしまう可能性があるので注意が必要。スピーカーフォンを用いる場合は、反響を防ぐ「エコーキャンセラー」機能を搭載したモノを選ぶようにしましょう。

接続方法で選ぶ

有線

By: amazon.co.jp

有線接続はミニジャックとUSBの2タイプ。ヘッドセットの場合、ミニジャックは二股のモノと単体のモノに分かれます。

二股の製品は主にPC用で、それぞれマイク端子とイヤホン端子に接続。単体の製品はスマートフォンなどのイヤホンジャックに接続して使用することが多く、用途によって選べます。単体の製品をPCで使いたい場合には、変換プラグが必要になることもあるので注意が必要です。

USBタイプはPCとの相性がよく、周囲のノイズが入りにくいのが特徴。ミニジャックタイプに比べて使い方がわかりやすく、接触不良も起こりにくいため、PC用に有線接続のモノを選ぶときにはUSBタイプの製品がおすすめです。

無線(ワイヤレス)

By: amazon.co.jp

無線接続はワイヤレスアダプタとBluetoothの2タイプがあります。配線が不要なので、ヘッドセットならつけたまま席を離れることが可能。マイク単体なら必要なときだけマイクを持って発言すればよいため、呼吸音などを気にする必要がありません。

ワイヤレスアダプタは主にPC用で、USBに接続。Bluetoothに比べて接続が安定しやすいのが特徴です。一方、Bluetoothはさまざまな機器につなげられるのが魅力。接続した機器を登録しておけば再接続の手間もかからず、手軽に使えます。

Zoom向けマイクのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) H800R ヘッドセット

ロジクール(Logicool) H800R ヘッドセット

ノイズキャンセリングマイクを搭載したワイヤレスヘッドセット。自分の背景雑音を減らしながら会話ができるので、クリアな音質で発言を届けられます。また、内蔵のイコライザーとレーザーチューニングされたドライバーにより、音のひずみを最小化しているのも魅力。ノイズの少ない音が届くため、通話に集中できます。

接続方法はBluetoothか小型のUSBレシーバーを用いた無線タイプ。最長12mの範囲に対応しており、離れた位置にある資料を取りに行くときなどでも気にせず動けます。バッテリーは最長で6時間稼働するロングバッテリーなので、会議が長時間にわたっても安心です。

マイクを使わない際は、ヘッドバンド内に収納することも可能。ワイヤレスタイプのヘッドセットが欲しい方におすすめです。

バッファロー(BUFFALO) 両耳ヘッドバンド式ヘッドセット BSHSHCS300BK

バッファロー(BUFFALO)  両耳ヘッドバンド式ヘッドセット BSHSHCS300BK

スマートフォンやタブレットなどでの使用に適した4極ミニプラグを採用したヘッドセット。4極ミニプラグに対応したモデルなら、変換プラグを使わずにPCでも活用できます。

スピーカー部分に40mmの大口径ドライバーを採用しているのが特徴。高音質なサウンドで相手の音声を聞き取りやすく、スムーズな会議の進行に役立ちます。また、電磁波ノイズを低減するEMディフェンスケーブルも採用しているため、不快なノイズを軽減できるのも魅力です。

柔らかいソフトイヤーパッドを装着した半密閉型なので音漏れしにくく、周囲を気にせず使えるのもポイント。さらに、手元でスピーカーの音量調節ができるので、デバイスを操作する必要もありません。コスパの高いヘッドセットが欲しい方はチェックしてみてください。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USBヘッドセット MM-HSU10GM

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USBヘッドセット MM-HSU10GM

周囲の雑音を拾いにくいノイズキャンセルマイクを採用したヘッドセット。マイクのミュートやボリューム調節を手元のスイッチで簡単に行えます。

接続方式はUSBタイプで、Windows、Mac、ChromeのOSに対応。コード長は2mとやや長めなので、ゆったりとした姿勢で会議に臨めるのが魅力です。

大型のソフトイヤーパッドを採用しているのもポイント。また、重量も約190gと軽量なため、長時間使っても疲れにくく設計されています。低価格でも使い勝手のよいヘッドセットが欲しい方におすすめです。

ジャブラ(Jabra) TALK 45

ジャブラ(Jabra) TALK 45

片耳用のBluetoothヘッドセット。周囲の環境に合わせて音量を自動的に調節するHD音声と、通話相手にも聞き取りやすい音声を届けるデュアルマイクテクノロジーを採用しているのが特徴です。

高音質なノイズキャンセリングを搭載しており、風切音なども低減できるため、移動中の会話などにも便利。Web会議以外にも、スマートフォンからのGPSガイドや音楽をワイヤレスでストリーミングできます。

約2時間の充電で、最長6時間の通話が可能なロングバッテリーも魅力。ワイヤレス動作範囲は最大30mと広めなので、デバイスから離れて資料を確認するときなども便利です。

ソニー(SONY) ECM-PCV80U

ソニー(SONY) ECM-PCV80U

PCでの使い勝手がよい、エレクトレットコンデンサー方式を採用したマイク。一般的なマイクよりも感度が高く、高音質を楽しめます。単一指向性で、特定の方向以外からの音を拾いにくいため、ノイズになる周囲の雑音を気にせず使えるのが魅力です。

角度調節が可能なマイクホルダーと、テーブルスタンドが付属しているのもポイント。自分でマイクを支える必要がなく、手ぶらでWeb会議に参加できます。

PCノイズの影響を受けにくいUSBデジタル伝送に対応しているのも魅力。YouTubeなどの動画投稿用音声を収録するマイクとしても人気が高いので、クリアな音質でWeb会議に参加したい方におすすめです。

シュア(SHURE) MOTIV MV88A-A

シュア(SHURE) MOTIV MV88A-A

Lightningコネクターを備えたiOS端末用のマイク。マイク正面からの音と側面からの音を集音してクリアなステレオサウンドを実現する「ミッドサイド方式」を採用しており、高音質な音声を相手に届けられるのが魅力です。

コンパクトサイズながらも、90°の角度調節に対応。柔軟にマイクの位置を調節し、自分の声をしっかりと届けられるのが特徴です。また、ウインドスクリーンが付属しているため、エアコンや扇風機などの風によるにノイズも低減できます。

キャリングケースやヘッドホン用延長ケーブルも付属しており、さまざまな使用シーンに対応。Lightningコネクター搭載のiOS端末でZoom会議に参加したい方におすすめです。

マランツ(Marantz) MPM-1000U

マランツ(Marantz) MPM-1000U

USB出力に対応したコンデンサーマイク。USBバスパワー駆動のため、電源を気にせず使えます。PCやiPhoneなどさまざまなデバイスに対応し、高音質でWeb会議を行えるのが魅力です。

20Hz~17kHzまでの幅広い周波数特性と、低ノイズ設計が特徴。単一指向性で正面以外からの音を拾いにくく、通話相手へのノイズを軽減できます。USBケーブルと専用のマイクホルダーが付属しているのもポイント。手軽に使える単体のマイクを探している方におすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) YVC-1000

ヤマハ(YAMAHA) YVC-1000

8~40人規模の中大会議に適したスピーカーフォン。マイクとスピーカーを独立させた分離型を採用しており、スピーカー1台につき5台までマイクを増設できます。ストレスのない双方向会話をサポートする「適応型エコーキャンセラー」をはじめとした、多数の音声処理技術を搭載しており、快適にZoom会議を行えるのが特徴です。

USB・Bluetooth・オーディオ入出力端子の3つのインターフェースを搭載し、さまざまなデバイスからZoom会議に参加可能。また、ハンドマイクと接続すれば配信先だけでなく、本体のスピーカーからも音を出せるので、オンラインとオフラインで同時にセミナーを行うこともできます。

室内の環境に合わせて音声を自動で最適化する「自動音響調整機能」も魅力。大人数でも会話しやすく、疲れにくい音声コミュニケーションができるスピーカーフォンを探している方におすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) YVC-200

ヤマハ(YAMAHA) YVC-200

あらゆる場所で活用できるスピーカーフォン。1~4名程度の打ち合わせに適したコンパクトサイズながらも、ヤマハ独自の音声信号処理技術を採用しているため、快適でクリアな音質の通話を行えます。

音切れしにくい「適応型エコーキャンセラー」や、人の声と周囲の雑音を聞き分ける「Human Voice Activity Detection(HVAD)」、雑音源がある部屋でも話者の音声を高い明瞭度に整える「ノイズリダクション」など、ノイズが入りにくいのが魅力。360°全方位から音声を集音しますが、参加者の声をきちんと拾って聞きやすい音声として通話先に届けます。

USB接続とBluetooth接続に対応しており、USBバスパワーと内蔵バッテリーから給電。Bluetooth接続でも、最大10時間の連続通話ができます。デバイス・OSも幅広く対応しているので、汎用性の高いスピーカーフォンを探している方におすすめです。

ジャブラ(Jabra) SPEAK 510

ジャブラ(Jabra) SPEAK 510

120×33×120mmのコンパクトサイズで195gと軽量な、持ち運びに適したスピーカーフォン。最大音量でもエコーや歪みの生じにくいDSPテクノロジーを採用しているため、クリアなサウンドでZoom会議を行えるのが魅力です。

あらゆる角度からのサウンドを拾う360°対応マイクを搭載。数人で本体を囲みながらの会議にも対応できます。

接続方式はUSBとBluetoothの2通り。1度の満充電で最高15時間の通話が可能なので、長時間会議を行った場合でも電池切れを心配する必要がありません。オフィス内や自宅だけでなく、さまざまな場所でZoom会議に参加する必要がある方におすすめです。