大人数での電話会議やテレビ会議などで活躍する「スピーカーフォン」。受話器を持たなくても通話ができる便利な製品で、リモートワークの増加に伴い注目されているアイテムのひとつです。

そこで今回は、スピーカーフォンの選び方のポイントやおすすめの製品をご紹介。スピーカーフォンを初めて購入する方にも分かりやすく解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

スピーカーフォンとは?

By: yamaha.com

スピーカーフォンはスピーカーと集音マイクを搭載した、ハンズフリーで通話ができるアイテム。装着した本人しか通話できないヘッドセットと違い、複数人でのリモート会議が1台で実現します。

話者が機器に近づく、または声を張り上げる必要がないため、会議がオープンでリラックスした雰囲気になるのが魅力。音割れなどが軽減されたクリアなサウンドを相手側に届けられます。

スピーカーフォンはビジネスシーンだけでなく日常使いにもおすすめ。スマホに接続すれば、家族などとハンズフリーで通話を楽しめます。

スピーカーフォンの選び方

集音半径と指向性は人数に合わせて選ぶ

By: rakuten.co.jp

スピーカーフォンを選ぶ際には、マイクが音を拾える距離を示す集音半径、方向や角度を示す指向性をチェックするのが重要です。1人での使用がメインの場合は集音半径が3m前後のモデルがおすすめ。集音半径が5m程度あれば、ホワイトボードを用いてプレゼンするなど、マイクから離れるシチュエーションにも対応できます。

一方、大人数で通話したい場合は集音半径8~10mのスピーカーフォンがおすすめ。マイクの指向性が360°あれば、参加者の声を余すことなく拾えます。

ハウリング対策には「エコーキャンセリング機能」搭載モデルを

By: yamaha.com

スピーカーフォンのスピーカーから出た音をマイクが拾ってしまうと、ハウリングが起きて相手にストレスを与える恐れがあります。会議をスムーズに進めるためには、マイクがスピーカーの音を拾うのを防ぐエコーキャンセリング機能を搭載したスピーカーフォンを選ぶのがポイントです。

最新のスピーカーフォンはエコーキャンセリング機能を実装しているモデルが多く、実用性に優れています。

雑音を軽減する「ノイズキャンセリング機能」もチェック

By: rakuten.co.jp

会議などでのコミュニケーションを円滑にしたい場合には、ノイズキャンセリング機能を搭載したスピーカーフォンがおすすめ。相手にクリアな音を届けられるのが特徴です。

多方向から音を取り込むスピーカーフォンのデメリットは、パソコンのタイピング音やクリック音までを拾って相手にストレスを与えてしまう点。エコーキャンセリング機能付きのスピーカーフォンであれば、安心して通話を楽しめます。

複数人で使うなら「オートゲインコントロール」が便利

By: yamaha.com

複数人で使用するスピーカーフォンを探している方は、オートゲインコントロール機能を備えたモデルを検討してみてください。

発言者の音量レベルをマイクからの距離や声の大きさに合わせて自動で調節して、バランスの整った音を出力できます。ただし、オートコントロール機能が付いたスピーカーフォンは高額なモデルが多い傾向にあるため、必要かどうかをしっかり吟味するのがおすすめです。

接続方式をチェック

Bluetooth接続

By: rakuten.co.jp

外出先でスピーカーフォンを使用するのを想定している方には、Bluetoothで接続するタイプがおすすめ。バッテリーを内蔵しており、電源が確保できなくても使用可能です。また、ケーブルを必要としないため、スピーカーフォンとデバイスの距離が離れていても手軽に接続できます。

ただし、有線タイプに比べると接続が不安定で、音声が途切れてしまうことがあるため注意が必要。USB接続にも対応しているモデルであれば、より安心です。

USB接続

By: amazon.co.jp

会議室に常設するなど、特定の場所で使用するスピーカーフォンを探している方にはUSB接続タイプがおすすめ。接続が途切れにくく安定した通話を楽しめます。

Bluetoothのペアリングといった設定が必要ないため、操作性がシンプルで使いやすいのがポイント。デバイスから給電できる仕様のモデルであれば、バッテリー切れの心配が不要です。リーズナブルな価格のアイテムが多く展開されており、コスパにも優れています。

スマホに接続するならNFC対応モデルがおすすめ

By: yamaha.com

NFCとは、「Suica」をはじめとするICカードや「おサイフケータイ」に採用されている近距離無線通信規格のこと。バリエーションは少ないものの、NFCを搭載したスピーカーフォンも展開されています。

NFC対応のデバイス同士を近づけるだけで、簡単に通信できるのが魅力。スマホと接続するのをメインに考えている場合は、NFC搭載のスピーカーフォンを検討してみてください。

スピーカーフォンのおすすめモデル

ヤマハ(YAMAHA) ユニファイドコミュニケーションスピーカーフォン YVC-330

ヤマハ(YAMAHA) ユニファイドコミュニケーションスピーカーフォン YVC-330

音響機器メーカーのヤマハが手掛けるスピーカーフォンです。新しい音声信号処理技術である「SoundCap」テクノロジーを搭載。周囲で雑音が多いオープンスペースでのWeb会議も快適です。

集音範囲制限機能は集音範囲をスピーカーフォンから1m以内に制限するので、気になる周囲の雑音を軽減します。また、マイク自動ミュート機能により会議参加者の発言を判断して、自動的にミュート・ミュート解除が制御できるのもポイントです。

USB接続だけでなく、NFCやBluetooth、Audio IN/OUTなど多彩なインターフェイスを搭載。パソコンやスマートフォンなどさまざまなデバイスで使えるのも嬉しい特徴です。

静かな会議室だけでなく、賑わいのあるオープンスペースで4~6人程度のWeb会議を行う機会が多い方におすすめ。2台を連結できる拡張機能も備えているので、大人数の会議にも対応できます。

ヤマハ(YAMAHA) ユニファイドコミュニケーション マイクスピーカーシステム YVC-1000

ヤマハ(YAMAHA) ユニファイドコミュニケーション マイクスピーカーシステム YVC-1000

ヤマハのマイクとスピーカーを独立させた分離型のスピーカーフォンです。スピーカーをディスプレイ付近に設置できるので、映像と音声の一体感を作れるのがポイント。プレゼンテーションなどにもおすすめです。

ヤマハが音響機器の開発を通して培ってきた高音質技術を数多く採用し、適応型エコーキャンセラーも搭載しています。また、「Human Voice Activity Detection(HVAD)」によって音声とノイズを判別し、ストレスのないコミュニケーションが実現。

拡張性が高いのもポイント。マイク1台の標準構成なら8人程度、オプションでマイクを5台まで拡張可能で、最大40人程度のWeb会議で活用できます。

PCベースの会議ならUSB接続、スマートフォンやタブレットを使う場合はBluetoothと、さまざまな場面で活躍するおすすめの製品です。

ヤマハ(YAMAHA) ユニファイドコミュニケーションスピーカーフォン YVC-200

ヤマハ(YAMAHA) ユニファイドコミュニケーションスピーカーフォン YVC-200

ヤマハのバッテリー搭載型のスピーカーフォンです。コンパクトで丸形のキュートなデザインがポイント。無指向性マイクが1本内蔵されており、集音半径は最大2m以内。1~4名程度のWebでの打ち合わせに適しています。

リチウムイオンバッテリーを内蔵し、AC電源が確保できない場所でも最大10時間まで連続通話が可能。BluetoothまたはNFCにより、簡単にスマートフォンと接続できます。

さらに、小型ながらも適応型エコーキャンセラーやノイズリダクション、オートゲインコントロールなど高性能の音声信号処理技術を搭載し、ストレスのない通話が可能。自宅やコワーキングスペースで仕事をする機会が多いテレワーカーなどにおすすめです。

ゼンハイザー(Sennheise) スピーカーフォン SP 20 ML

ゼンハイザー(Sennheise) スピーカーフォン SP 20 ML

業務用から一般用まで幅広く音響機器を展開しているドイツブランド「ゼンハイザー」のスピーカーフォン。カラーはシルバーが基調で、スタイリッシュなデザインが目を引きます。

接続方式はUSBとステレオミニプラグの2種類。ドライバなどのインストールを必要とせず、接続すればすぐ使用できます。ケーブルは本体側面と底面の溝に収納できるため、スマートに持ち運べるアイテムです。

集音半径は約1.5mで、1人もしくは少人数での使用におすすめ。エコーキャンセリング機能を搭載しており、ストレスのない通話が楽しめます。マイクミュートボタンを長押しすれば、高音質での音楽再生が可能です。

アバイア(AVAYA) スピーカーフォン B109 700514009

アバイア(AVAYA) スピーカーフォン B109 700514009

ネットワーク機器を手掛けるアメリカのメーカー「アバイア」のスピーカーフォン。本体は重量230gのコンパクトサイズで、カバンに入れて持ち運びやすいのが魅力です。1000mAhのバッテリーを搭載しており、バッテリーのみで12時間の通話が楽しめます。

接続方法はUSBに加えて、BluetoothやNFCに対応しているのがポイント。さまざまなデバイスと互換性のあるスピーカーフォンを探している方におすすめです。エコーキャンセリング機能などを駆使した音声最適化技術により、明瞭な音声を届けられます。

Meeteasy スピーカーフォン MVOICE 1000

Meeteasy スピーカーフォン MVOICE 1000

3つの高性能マイクを内蔵しており、360°のどこからでも音を拾えるスピーカーフォンです。エコーキャンセリング機能を搭載。相手側の音声を聞きながら話者側の音声を集音できるため、会議が円滑に進みます。デジタル信号処理の性能が高く、ノイズの少ないクリアなサウンドでの会話が可能です。

集音半径は約3mで、複数人での使用にも対応。付属のUSBケーブルでデバイスと接続すれば、設定なしですぐに使用できます。ACアダプターを必要とせず、持ち運びに便利。本体の上部にボタンを配しており、音量の調節などを直感的に操作できます。

Meeteasy MVOICE 3000-B

Meeteasy MVOICE 3000-B

3つの高性能マイクが内蔵されており、360°どこからでも集音できるスピーカーフォンです。マイクには3基ともにエコーキャンセラーを搭載。さらに、周波数帯域が30Hz〜16kHzと広いため、遠隔会議でも快適なコミュニケーションを実現します。

USBでの有線接続にも、Bluetoothでの無線接続にも対応。使用環境に合わせて接続方法を選べます。直感的に操作できる調節ボタンが本体に付いており、使いやすい仕様。リモート会議中でも、ワンタッチで簡単に接続・切断や音量調節などの操作が可能です。

また、電源はPCなどのUSBポートから給電できるのもポイント。使用途中に電池切れを起こすことなく使えるおすすめのモデルです。

Revolabs USBスピーカーフォン FLX UC 500

Revolabs USBスピーカーフォン FLX UC 500

「Revolabs」が開発した中規模Web会議向けのスピーカーフォンです。Revolabsは2005年にアメリカで設立された業務用音響機器メーカーで、2014年にヤマハグループの子会社になっています。

音響機器メーカーとしてのアドバンテージを活かし、ツィーターとミッドウーファーの2ウェイスピーカーを搭載しているのがポイント。周波数帯域が広いので聞き取りやすく、快適に通話できます。

また、角型ボディのそれぞれのコーナーに4つの高性能マイクが搭載され、360°集音可能です。さらに、エコーキャンセラー機能も搭載しており、相手側と同時に発声してもクリアに会話できます。

スピーカーフォン本体の上部に電話接続・切断ボタンやミュートボタン、音量調節ボタンがユニバーサルデザインで配置されているのも嬉しい特徴。音質に優れたモデルを探している方におすすめです。

eMeet マイクスピーカー ワイヤレス スピーカーフォン OfficeCore M2

eMeet マイクスピーカー ワイヤレススピーカーフォン OfficeCore M

4つのAIマイクが搭載されたスピーカーフォン。本体周囲の360°、半径約8~10mの範囲を集音します。話し手の方向を自動で検知し、集音する「位置検出機能」を搭載。約5~8人の会議に対応するため、ビジネスシーンでの使用におすすめの製品です。

そのほか、反響を抑制する「エコーキャンセリング機能」と、さまざまな騒音を低減する「ノイズキャンセリング機能」が搭載されているのもポイント。人の声を集中的に拾い上げるので、集中力の必要な会議でも活躍します。

接続方法はUSB、BluetoothもしくはAUXに対応。パソコンはもちろん、スマホやタブレットなどのデバイスとの接続が可能です。バッテリーは2500mAhのリチウムイオン電池が内蔵されており、連続で最大12時間使えます。web会議で活躍するおすすめのスピーカーフォンです。

eMeet USB スピーカーフォン OfficeCore M0

eMeet USBスピーカーフォン OfficeCore M0

USB接続に特化したスピーカーフォンです。充電の手間やドライバのインストールなども不要なため、接続するだけですぐに使用できるのが魅力。機能は必要最低限に絞られており、気軽に使えるスピーカーフォンを探している方におすすめです。

AIマイクを備えており、360°どこからの集音も可能。約10人までの会議に対応します。大きさは7.8×7.8×4cmとコンパクトなので、持ち運びにも便利。SkypeやZoomなどのビデオ会議で活躍するおすすめのスピーカーフォンです。

アンカー(ANKER) PowerConf スピーカーフォン

6つの全指向性マイクが360°に配置されたスピーカーフォン。約8人までの会議におすすめです。声のボリュームと本体までの距離に関係なく音量を最適化する「オートゲインコントロール」機能も特徴のひとつ。ストレスフリーなライン会議をサポートします。

残響抑制機能やエコーキャンセリング、ノイズリダクション機能が搭載されているのもポイント。音声処理機能も優れており、クリアな通話を実現します。

接続方法はBluetoothのほか、付属のUSB-C、USB-Aケーブルでの有線接続に対応。モバイルバッテリー機能搭載が搭載されているので、スマホなどの機器に充電が必要な際も活躍するおすすめのスピーカーフォンです。

エレコム(ELECOM) スピーカーフォン 会議 HS-SP01

エレコム(ELECOM) スピーカーフォン 会議  HS-SP0

スリムなスクエアフォルムが特徴のスピーカーフォン。ケーブルは本体背面に収納できるため便利です。パソコンのUSBポートに接続するだけで、4~5人でのWeb会議やテレビ会議で活躍します。

マイクには360°全方位から集音可能な「高感度無指向性マイクユニット」を採用。スピーカー部分には、大口径φ50mmのスピーカードライバユニットが搭載されており、クリアで聴き取りやすい環境を作ります。比較的リーズナブルな価格も魅力。手頃に購入できるスピーカーフォンを探している方におすすめの製品です。

Kaysuda 法人/個人向けワイヤレスマイクロホン スピーカーフォン

Kaysuda 法人/個人向けワイヤレスマイクロホン スピーカーフォン

スタイリッシュな円形デザインが特徴のスピーカーフォン。360°全方位で音を集音し、スムーズなWeb会議をサポートします。エコー除去技術が採用されているため、反響を抑えたクリアな音声を聴くことが可能です。

接続はUSBおよびBlutooth接続の両方に対応し、Google HangoutやZoomなど、さまざまなコミュニケーションツールで使えるおすすめの製品です。

サンコー(THANKO) 会議で使える Skype スピーカーフォン「みんなで話す蔵」USBSKPMT

サンコー(THANKO)  会議で使える Skypeスピーカーフォン 「みんなで話す蔵」 USBSKPMT

パソコンと接続するだけですぐに使えるスピーカーフォンです。約4mまでの音声を集音するマイクが搭載されており、大人数や広いスペースでの使用が可能。USBでの接続に対応し、Blutoothなどのワイヤレス接続には非対応です。

本体のボタンには、音量ボタン・マイク・スピーカーのミュートボタンを採用。ボタンを押すだけで簡単に音声の管理ができます。また、イヤホンジャックが搭載されているのもポイント。音声の漏れが気になる方にもおすすめの製品です。

ジャブラ(Jabra) スピーカーフォン Speak 510

ジャブラ(Jabra) スピーカーフォン Speak 510

ジャブラの最大4人まで対応する、ミッドレンジのスピーカーフォンです。ジャブラはデンマークのオーディオメーカー「GN Audio」のグループのひとつで、コールセンター用ヘッドセットやビデオ会議システムなどを手掛けています。

無指向性マイクであらゆる方向から音声を広い、DSPテクノロジーによりエコーや歪みのないクリアなサウンドで会話が可能。また、内蔵のバッテリーは最大で約15時間通話でき、AC電源がない場所での長時間のWeb会議も安心です。

デバイスとの接続にはUSBまたはBluetoothを選択可能。Bluetoothでは最大30mまで動作範囲に入り、iPhoneやiPodとも接続できます。

あらゆる主要UCプラットフォームに対応し、接続すれば瞬時にセットアップが完了するのも魅力のひとつ。スモールビジネスやサテライトオフィスでの使用におすすめの製品です。

ジャブラ(Jabra) スピーカーフォン Speak 810

ジャブラ(Jabra) スピーカーフォン Speak 810

ジャブラの業務用据え置き型会議室スピーカーフォンです。最大15名までのWeb会議に対応し、人間の声にフォーカスする「ZoomTalk」マイクがスムーズな会議をサポートします。

また、Skype for BusinessやIBM Sametime、Ciscoといった主要なUCプラットフォームとシームレスに統合しているので、スムーズにセットアップできるのも魅力です。

接続方式はBluetoothまたはUSBに対応。加えて、3.5mmピンジャックでも接続できます。さらに、USB充電出力ポートも備え、会議中にスマートフォンやタブレットを充電できるのもポイント。固定の会議室で大人数のWeb会議を開催する機会が多いビジネスシーンにおすすめの1台です。

パイオニア(Pioneer) スピーカーフォン RAYZ Rally XW-LTS5

パイオニア(Pioneer) スピーカーフォン RAYZ Rally XW-LTS5

小型で軽量なパイオニアのスピーカーフォンです。デバイスとの接続にAppleのLightningコネクタ方式を採用しているのが特徴。デバイス側から供給される電源で動作するので、本体はバッテリー不要になっています。

全指向性のマイクと口径30mmの高音質スピーカーを内蔵し、2mほど離れた場所からでも通話可能です。iPhoneやiPad、Macはもちろん、Windowsにも対応。LINEやSkypeでのグループ通話といったホームユースや、テレワークでの利用におすすめの製品です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) スピーカーフォン MM-MC28

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) スピーカーフォン MM-MC28

リーズナブルな価格で人気が高い、サンワサプライの小型スピーカーフォンです。110×110×63mmと小型で410gと軽量ながら、全指向性のマイクで集音半径が約5mまでと広めなのがポイント。多人数の会議にも対応できます。

エコーキャンセル機能と優れたデジタル信号処理技術により、クリアな音質で自然な会話が実現。2Wのスピーカーユニットを内蔵しており、プレゼンテーションや音楽再生にも最適です。

デバイスとの接続はUSBケーブル方式で、USBバスパワーによりデバイス側から給電されるのでケーブル1本で済み、デスク周りがすっきりするのも魅力。手頃な価格で導入しやすいおすすめの製品です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) カメラ内蔵USBスピーカーフォン CMS-V47BK

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) カメラ内蔵USBスピーカーフォン CMS-V47BK

サンワサプライのカメラを内蔵したオールインワンタイプのスピーカーフォンです。Web会議のセットアップはデバイスとUSBケーブル1本で繋ぐだけで完了します。

大人数に対応できる全方向性のマイクにはエコーキャンセル機能とノイズリダクション機能を備え、音声をくっきりと伝えられるのがポイント。カメラは広い範囲で参加者を写せる広角レンズを搭載し、角度調節も可能です。

さらに、SkypeやMicrosoft Teams、Webexといった主要なWeb会議ソフトに対応。できるだけ簡単な準備でWeb会議を始めたい方におすすめです。

プラントロニクス(PLANTRONICS) スピーカーフォン Calisto 620

プラントロニクス(PLANTRONICS) スピーカーフォン Calisto 620

ポータブル型のワイヤレススピーカーフォン。プラントロニクスはアメリカの音響機器メーカーで、ヘッドセットの世界的トップメーカーです。小型軽量で高品質、トラベルケースが付属するので持ち運びが簡単。

360°全二重方式の双方向性マイクを備え、発言者の音声がクリアに届きます。PCワイドバンドオーディオとデジタル信号処理によりドロップアウトとエコーを低減。背景音のアクティブノイズキャンセルで、大切な会議に最適な環境を提供します。

デバイスとはBluetoothでスムーズに接続。付属のBluetoothミニUSBアダプターを使えば、Bluetoothを内蔵していないデバイスとも接続可能です。また、UC用に最適化されているので、スマートフォンやパソコンからの通話をシームレスに統合します。内蔵バッテリーの連続通話時間は最大7時間。移動の多いビジネスパーソンにおすすめの1台です。