大人数での電話会議やテレビ会議などで活躍する「スピーカーフォン」。受話器を持たなくても通話ができる便利な製品で、リモートワークの増加に伴い注目されているアイテムのひとつです。

そこで今回は、スピーカーフォンの選び方やおすすめの製品をご紹介。スピーカーフォンを初めて購入する方にも分かりやすく解説するので、ぜひチェックしてみてください。

スピーカーフォンとは?

By: yamaha.com

スピーカーフォンはスピーカーと集音マイクを搭載した、ハンズフリーで通話ができる便利なアイテム。装着した本人しか通話できないヘッドセットと違い、複数人でのリモート会議が1台で実現します。

話者が機器に近づいたり、声を張り上げたりする必要がないため、会議がオープンでリラックスした雰囲気になるのが魅力。音割れなどが軽減されたクリアなサウンドを相手側に届けられます。

スピーカーフォンはビジネスシーンだけでなく日常使いにもおすすめ。スマホに接続すれば、家族などとハンズフリーで通話を楽しめます。

スピーカーフォンの選び方

集音半径をチェック

By: amazon.co.jp

スピーカーフォンを選ぶうえで、集音半径をチェックすることは大事なポイント。会議に参加する人数や会議を行う場所に合わせて、適切な集音半径を選ぶ必要があります。例えば、小さな会議室で数人で行う会議の場合は、半径3~5m程度の集音に対応しているモデルがおすすめです。

人数が10人以上の場合や、広い部屋で行う会議の場合には、集音半径が5mや8m、10mのスピーカーフォンを選びましょう。利用シーンに合わせて、検討するのが重要です。

マイクの指向性をチェック

大人数での会議には「無指向性」

By: amazon.co.jp

「無指向性」や「全指向性」のマイクは、マイクの角度や向きに関わらず、360°全方向の音を等しく集音できます。大人数での会議の場合、中央に無指向性マイクが搭載されたスピーカーフォンを設置すると、参加者全員の声をまんべんなく伝達可能です。

ただし、音声だけではなく、キーボードのタイプ音やエアコンの動作音などの雑音も拾いやすい点がデメリット。無指向性のスピーカーフォンを選ぶ場合は、ノイズキャンセリング機能を搭載しているモデルがおすすめです。

1人用なら「単一指向性」

By: amazon.co.jp

一方向からの感度に優れ、特定の位置からの音声を集音しやすいタイプが「単一指向性」。マイク正面の音に対して最も感度が高く、背面の音に対して最も感度が低くなる「カーディオイド」と呼ばれるタイプが一般的です。

単一指向性のモデルは、周囲の余計な雑音を拾いにくいのが魅力。特定の位置にいる人の音声を主に集音したい場合や、1人で使用する場合におすすめです。

ハウリング対策には「エコーキャンセリング機能」搭載モデルを

By: yamaha.com

スピーカーフォンのスピーカーから出た音をマイクが拾ってしまうと、ハウリングが起きて相手にストレスを与える恐れがあります。会議をスムーズに進めるためには、マイクがスピーカーの音を拾うのを防ぐ「エコーキャンセリング機能」が搭載されたスピーカーフォンを選ぶのがおすすめです。

最近のスピーカーフォンにはエコーキャンセリング機能が実装されたモデルも多く、実用性に優れています。

雑音を軽減する「ノイズキャンセリング機能」もチェック

By: rakuten.co.jp

会議などでのコミュニケーションを円滑にしたい場合には、「ノイズキャンセリング機能」を搭載したモデルがおすすめ。相手にクリアな音を届けられるのが特徴です。

多方向から音を取り込むスピーカーフォンの懸念点は、パソコンのタイピング音やクリック音までを拾って相手にストレスを与えてしまうこと。スピーカーフォンにノイズキャンセリング機能が搭載されていれば、安心して通話を楽しめます。

複数人で使うなら「オートゲインコントロール」が便利

By: yamaha.com

複数人で使用するスピーカーフォンを探している方は、「オートゲインコントロール機能」が備わったモデルを検討してみてください。

発言者の音量レベルをマイクからの距離や声量に合わせて自動で調節し、バランスの整った音を出力できます。ただし、オートコントロール機能が付いたスピーカーフォンは高額なモデルが多い傾向にあるため、必要性をしっかり吟味するのがおすすめです。

接続方式をチェック

Bluetooth接続

By: rakuten.co.jp

外出先でスピーカーフォンの使用を想定している方には、Bluetoothで接続するタイプがおすすめ。バッテリーが内蔵されており、電源が確保できなくても使用可能です。また、ケーブルを必要としないため、スピーカーフォンとデバイスの距離が離れていても手軽に接続できます。

ただし、有線タイプに比べると接続が不安定で、音声が途切れてしまうこともあるため要注意。USB接続にも対応しているモデルを選べば、より安心です。

USB接続

By: amazon.co.jp

会議室に常設するなど、特定の場所で使用するスピーカーフォンを探している方にはUSB接続タイプがおすすめ。接続が途切れにくく、安定した通話を楽しめます。

Bluetoothのペアリングなどを設定する必要がないため、操作性がシンプルで使いやすいのもポイント。また、デバイスから給電できる仕様のモデルであれば、バッテリー切れの心配は不要です。リーズナブルな価格のアイテムが多く展開されており、コスパにも優れています。

スマホに接続するならNFC対応モデルがおすすめ

By: yamaha.com

NFCとは、「Suica」をはじめとするICカードや「おサイフケータイ」に採用されている近距離無線通信規格のこと。バリエーションは少ないものの、NFCを搭載したスピーカーフォンも展開されています。

NFC対応のデバイス同士を近づけるだけで、簡単に通信できるのが魅力。スマホと接続することをメインに考えている場合は、NFC搭載のスピーカーフォンを検討してみてください。

スピーカーフォンのおすすめモデル

アンカー(ANKER) PowerConf A3301011

大容量バッテリーを搭載したスピーカーフォン。6700mAhのバッテリーを搭載しているため、満充電の状態で最大24時間の連続使用が可能です。Bluetooth接続に対応しているほか、付属のUSBケーブルを用いて有線接続でも使えます。

全指向性マイクを採用し、オートゲインコントロール機能を搭載しているのも魅力。全方向からの声が距離に関係なく最適化されるので、スムーズな会話が可能です。ノイズリダクション機能のほか、残響抑制やエコーキャンセリングにも対応しています。

ドライバーをインストールする必要なく、すぐに使い始められる点もメリット。トラベルポーチが付属するため、出張にも気軽に持っていけます。場所を選ばずに使いやすい、おすすめのスピーカーフォンです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) SP 30 + 508346

持ち運びやすいスピーカーフォン。直径120×高さ37mmとコンパクトなので、気軽に持ち運べるのが特徴です。重量も314gと比較的軽量なうえ、本体の背面には約70cmのUSB-Cケーブルを収納できるスペースも用意されています。

ロングレンジマイクを2基搭載しているのもポイント。集音範囲は約0.8~3mです。エコーキャンセリング機能やノイズキャンセリング機能も備わっているため、クリアかつシームレスな音声通話が可能。iOSやAndroidのボイスアシスタント機能も利用できます。

Bluetooth非対応のPCとワイヤレス接続するためのUSBドングルやUSB-A 変換アダプター、キャリングポーチも付属。外出先でも使いやすいスピーカーフォンです。

アンカー(ANKER) PowerConf S3 A3302011

スマートフォンアプリから操作できるスピーカーフォン。全指向性マイク6つを360°に搭載しているため、全方位からの音声をしっかり集音可能です。オートゲインコントロール機能により、話者の位置に関わらず均一な音声を伝えられます。

専用のスマートフォンアプリが用意されているのも魅力。音量調節やバッテリー残量の確認、モードの切り替えをスマートフォンから行えます。6700mAhの大容量バッテリーを搭載しており、最大で24時間の連続使用が可能です。

エコーキャンセリングやノイズリダクション機能も搭載。クリアかつ自然な音声で通話できます。自宅からのリモートワークやオフィスでのオンライン会議など、さまざまなシーンで活躍できるおすすめのスピーカーフォンです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 少人数向けUSBスピーカーフォン USB-SPPHS1

小規模の会議におすすめのスピーカーフォン。ACアダプターが必要ない、USBバスパワー駆動が特徴です。専用ドライバーも不要で、PCに接続するだけですぐに使い始められます。範囲は360°、距離は半径約3m以内の音声を集音可能です。

本体には、音量調節ボタンを搭載。スピーカーとマイクのミュートもそれぞれボタンから操作できます。オートゲインコントロール機能はもちろん、ノイズリダクション機能やエコーキャンセラー機能も搭載されているので、クリアな音声で通話可能です。

3.5mmのステレオミニジャックも備わっており、イヤホンやヘッドホンの接続にも対応。また、軽量小型のため、簡単に持ち運べます。シンプルで使いやすいスピーカーフォンを探している方は、チェックしてみてください。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 大人数向けUSBスピーカーフォン USB-SPPHL1

大人数でのWeb会議におすすめのスピーカーフォン。半径約5m以内で、360°の音を集音できます。ドライバーを必要とせず、PCに接続するだけですぐに使用可能。USBバスパワー駆動に対応するので、PC接続の場合は別途電源を用意する必要がありません。

マイクやスピーカーのミュート、音量調節は本体のボタンで操作可能。ノイズリダクション機能やエコーキャンセラー機能により、雑音やハウリングを低減しながらクリアな音声で会話可能です。話者の声を自動で追尾するマイク自動追尾機能にも対応します。

オートゲインコントロール機能を搭載しているのもポイント。また、ACアダプターを用意して付属のオーディオケーブルを接続すれば、スマートフォンやタブレットでも使用できます。大規模な会議におすすめのスピーカーフォンです。

ヤマハ(YAMAHA) ユニファイドコミュニケーションスピーカーフォン YVC-330

雑音が多い環境でも使いやすいスピーカーフォン。雑音や遠くからの音を検出・抑制しながら、スピーカー音量を適切なボリュームに自動で調節します。発言に合わせて自動でマイクのミュートと解除ができるので、オープンスペースでも快適に使用可能です。

USBケーブルやオーディオケーブルによる有線接続と、Bluetooth接続の両方に対応しているのもポイント。NFCを搭載しているため、対応のスマートフォンやタブレットと素早く接続可能です。USB接続の場合は、バスパワーで作動します。

本体正面にボタンが配置されているので、音量調節やミュート、ワイヤレス接続などは直感的に設定可能。初めての方でも簡単に操作できます。

ヤマハ(YAMAHA) ユニファイドコミュニケーションスピーカーフォン YVC-200

クリアな音声で通話できるスピーカーフォン。360°全方位からの音声を集音できる無指向性のマイクを搭載しています。小型ながらスピーカーは最大で88dBの出力に対応。余裕のある音量により、まるで相手がそばにいるような感覚で通話できます。

雑音と人の声を聞き分ける独自の音声処理技術を搭載しているほか、雑音を低減するノイズリダクション機能にも対応。音切れを抑える適応型エコーキャンセラーやオートゲインコントロール機能も搭載しているので、クリアな音声でストレスなく通話可能です。

接続方法は、USB接続とBluetooth接続に対応。Windows・Mac OS・iOS・Androidなど、OSを問わずに使用できます。専用ポーチも付属するため、頻繁に持ち運びたい方にもおすすめのモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) WEB会議小型スピーカーフォン MM-MC35

コンパクトなスピーカーフォン。本体サイズが幅110×奥行き110×高さ63mmで重量は420gと小型軽量ながら、約5m先の音まで集音できる高性能なマイクを搭載しています。スピーカーユニットが2つ内蔵されているので、音声も高音質で再生可能です。

エコーキャンセル機能が搭載されているため、自然な音声で通話が可能。デジタル信号処理によりノイズも低減されるので、クリアで聞き取りやすい音声を伝えられます。ACアダプターを必要とせず、USBバスパワーだけで動作可能です。

LANケーブルを用いて2台を連結することで、最大15mまでの集音に対応。コンパクトで持ち運びやすく価格も安い、おすすめモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) WEB会議小型スピーカーフォン MM-MC28

スクエア型で使いやすいスピーカーフォン。全指向性の高感度マイクを搭載し、半径約5m以内の音を集音できます。2つのスピーカーユニットを内蔵しているので、通話だけではなくプレゼンや音楽再生にも使用可能です。

エコーキャンセル機能を搭載しているのもポイント。高性能なデジタル信号処理により、雑音を低減できるため、ハウリングやノイズの少ない明瞭な音声で通話できます。USBバスパワーで作動するので、ACアダプターは不要。外出先でも使いやすい仕様です。

本体にはマイクミュートボタンを搭載。ケーブルの長さは約1.5mと余裕があるため、場所を選ばずに設置できます。価格が安くコストパフォーマンスに優れたおすすめモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Bluetooth会議スピーカーフォン MM-BTMSP1

タッチセンサーを搭載したスピーカーフォン。音量調節やミュート、着信への応答、入力切り替えなどは円周上に配置されたタッチセンサーで操作可能です。ボタンのように押し込む必要がないため、操作音やノイズが発生しにくく、通話中でも安心して操作できます。

4つのマイクが備わっており、半径5m以内で360°全方位の音を集音可能。エコーアンドノイズキャンセリング機能を搭載しているので、ノイズの少ないクリアな音質で通話できます。Bluetooth・USB・オーディオジャック接続の3種類に対応している点も魅力です。

モード切り替え時や、話者の方向を検知した際にLEDが光る仕様も特徴のひとつ。充電用ケーブルが付属し、満充電にすると連続で約12時間使用できます。タッチセンサーとLEDでスマートに操作できる、おすすめのスピーカーフォンです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) カメラ内蔵USBスピーカーフォン CMS-V47BK

WEBカメラを内蔵したスピーカーフォンです。一台でカメラ・マイク・スピーカーの役割を担えるのが特徴。機材を減らせるのでデスクまわりの配線がスッキリするほか、WEB会議のセッティングをスピーディーに行えるのが魅力です。

360°すべての方向から音を拾える全指向性マイクを搭載。ハウリングを軽減する「エコーキャンセリング機能」、一定レベルのノイズを除去する「ノイズリダクション機能」を備えており、音声をクリアに伝えられます。

また、多くのWEB会議ソフトに対応しているのもポイント。ZOOMをはじめ、SkypeやGoogle Meetなどでも使用することができます。WEB会議をスマートに行えるおすすめの高性能スピーカーフォンです。

ジャブラ(Jabra) スピーカーフォン Speak 410

エントリークラスの会議用スピーカーフォンです。接続方式にはUSB-Aを採用しており、プラグアンドプレイ機能によって接続するだけで簡単に使えるのが魅力。Bluetooth接続には対応していませんが、そのぶん価格が抑えられています。

360°の全角度から集音できる無指向性マイクを内蔵しているのもポイント。エコーや歪みを軽減する「DSPテクノロジー」により、ボリュームを大きくしてもクリアな音声でやり取りできます。

本製品は、4人程度の小規模会議に適したコンパクトサイズ。重さは180.3gと軽いので、持ち運びにも適しています。有線接続のみでの使用を考えている方や、コスパに優れたスピーカーフォンを探している方におすすめです。

ジャブラ(Jabra) Speak 510

円形で持ち運びやすいスピーカーフォン。直径120mmの円形デザインを採用しています。高さは30mmで重量は195gと軽量小型なので、鞄に入れて気軽に持ち運び可能です。USB接続のほか、Bluetooth接続にも対応しています。

円に沿うように操作パネルが搭載されており、タッチ操作が可能です。最大で約15時間通話可能なバッテリーを搭載しているのも魅力。約2時間で満充電にできるほか、自動電源オフ機能を利用すれば、最大200日以上も待ち受けが可能です。

無指向性のマイクを搭載しているのも特徴。多方向から集音し、クリアな音声を伝達します。オフィス内や出張先など、さまざまな場所で使いやすいおすすめのスピーカーフォンです。

ジャブラ(Jabra) 会議用ポータブルスピーカーフォン Speak 710

最大10W出力のスピーカーを搭載した、高音質が特徴のスピーカーフォン。音楽モードと会議モードの2種類のモード切り替えに対応しているのが特徴。音楽モードでは、豊かで臨場感あふれる迫力のサウンドが楽しめます。

無指向性のマイクを搭載しており、さまざまな方向からの音声を集音可能。また、エコーキャンセレーション内蔵モデルなので、自然な音声を伝えられます。USB接続とBluetoothに対応し、PCのほかスマートフォンやタブレットでも使用可能です。

本製品2台をワイヤレスでペアリングできるのも魅力。迫力あるステレオサウンドを楽しめるほか、10人以上の大規模な会議にも対応します。音質のよいスピーカーフォンを探している方は、チェックしてみてください。

エレコム(ELECOM) 会議用有線スピーカーフォン HS-SP01WH

スクエアデザインを採用したコンパクトなスピーカーフォン。使わないときに鞄や引き出しに収納しやすい、スリムな形状です。背面にキックスタンドが搭載されているので、平坦なデスク上でも音をしっかり集めます。

高感度な無指向性のマイクを搭載しているのもポイント。全方位からの音声を集音できるため、複数人で行う会議にも適しています。スピーカーには50mmのドライバーユニットを採用。クリアかつ自然な音声が再生されるので、ストレスなくスムーズに会議を進められます。

USBケーブルを接続するだけで使用可能なうえ、3.5mmステレオミニジャックも搭載されているため、パーソナルな会話も可能。スピーカーフォンとしては価格も安いおすすめモデルです。

eMeet スピーカーフォン OfficeCore M0

ポケットサイズのスピーカーフォン。幅約88×奥行き80×高さ42mmのコンパクトサイズが特徴です。重量も約208gと非常に軽量なので、鞄やポケットに入れて簡単に持ち運べます。社内会議はもちろん、出張が多い営業職の方にもおすすめです。

4つの角には、それぞれマイクを搭載。エコーキャンセリング機能とノイズキャンセリング機能により、快適に通話可能です。話者の方向を検知して集音する「位置検出機能」が備わっているのもポイント。検出した方向をLEDで示すため、集音している方向が一目でわかります。

ドライバー不要の「プラグアンドプレイ」にも対応。音量調節やマイクとスピーカーのミュート、電話の終了などは本体のボタンから操作できます。コンパクトで取り回しやすさに優れた、おすすめのスピーカーフォンです。

eMeet スピーカーフォン Luna

高性能マイクを3つ内蔵したスピーカーフォン。独自の音声処理技術「Voice IA」を搭載しているのが特徴です。キーボードのタイプ音やエアコンの動作音、椅子を引く音など会議室にありがちな雑音を抑制し、話者の音声を逃さずクリアな会話が実現します。

接続方法は、USB・Bluetooth・AUXの3つに対応。オートゲインコントロール機能も搭載し、さまざまな位置からの音声をバランスよく自動補正可能です。2台の連結にも対応するので、大人数で会議や打ち合わせにも利用できます。

Voice IA機能やミュートのオン・オフは、本体に搭載されているボタンで操作可能。本体裏側には、USBドングルを収納するスペースも用意されています。最大15時間のバッテリー駆動も可能な、おすすめのスピーカーフォンです。

eMeet スピーカーフォン OfficeCore M2

5~8人で行う中規模の会議に適したスピーカーフォン。エコーアンドノイズキャンセリング機能により、クリアな音声を実現しているのが魅力。自然な聞き取りやすい音声で、スムーズな通話が行えます。全指向性マイクが4つ搭載されており、集音範囲は8~10mです。

また、Bluetooth非対応のデバイスともワイヤレス接続できるUSBドングルが付属。スマートフォンと接続した場合は、本体のボタンから音声アシスタントも起動できます。聞き取りやすく安定した通話が可能なおすすめモデルです。

Kaysuda USBスピーカーフォン SP200U

スタイリッシュなデザインのスピーカーフォンです。内蔵された全指向性マイクが、360°全方位からの音声を集音可能。USBでPCに接続するだけで使えるので、複雑な設定をすることなく必要なときに素早く通話できます。

集音範囲は最大半径3m。ノイズキャンセリング機能とエコー除去機能が搭載されているため、雑音を低減しながら自然な通話が可能です。本体の素材には、耐久性の高いポリエチレン材料を採用しているので、安心して持ち運べます。自宅でも職場でも使いやすい、おすすめのスピーカーフォンです。

NTTテクノクロス(NTT-TX) 会議用マイク・スピーカー R-Talk 900

安定した通話を実現するスピーカーフォン。複数の音声が重なる状態でも音声が途切れたり不安定になったりしにくく、自然な通話を維持する「ダブルトークロバストエコーキャンセラ技術」を搭載しています。目の前で話しているような、違和感の少ない会話が可能です。

本体には2基の集音マイクを搭載。スピーカーから出力される音声や話者の声、周囲のノイズなどを判別するインテリジェントマイク技術により、エコーの少ないクリアな通話を実現します。

USBケーブルでパソコンと接続すれば、すぐに使用可能。ミュートや音量調節のボタンは目立つ位置に搭載されているので、簡単に操作できます。自然で安定した通話ができる、おすすめモデルです。

NTTテクノクロス(NTT-TX) 会議用マイク・スピーカー R-Talk 1500

大規模会議にも対応できるスピーカーフォン。話者を追従し自動的に集音範囲が設定される「話者自動追従モード」と、4分割した集音エリアを自由にオン・オフできる「集音方向指定モード」といった2種類のマイクモードを搭載しています。シーンに合わせて切り替え可能です。

エコーキャンセラー機能を搭載し、強度の調節も可能。また、USBでPCと接続できるほか、Bluetoothでもスマートフォンやタブレットとワイヤレス接続できます。固定電話のハンドセットコードも接続できるので、さまざまな使い方が可能です。

最大6台までの連結にも対応。大人数の会議におすすめのスピーカーフォンです。