装着感がよく、快適に音楽を楽しめる「ネックスピーカー」。ヘッドホンとスピーカーのよいとこ取りをしたようなネックスピーカーは、立体感と臨場感のある音が特徴です。最近は各メーカーからラインナップされており、モデルによって音質や着け心地はさまざま。

そこで今回は、ネックスピーカーの選び方やおすすめのモデルをご紹介します。最新のオーディオデバイスに興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

ネックスピーカー(ウェアラブルスピーカー)とは?

By: amazon.co.jp

ネックスピーカーとは、肩に掛けて使用するウェアラブルスピーカー。耳に装着するヘッドホンとは違い耳に負担がかからないため、長時間の使用にもおすすめです。

据え置きタイプのスピーカーとの違いは、肩掛けなので聴く位置に関わらず最適な音質を楽しめるという点。さらに、ヘッドホンのように髪が乱れる心配がないため、気軽に装着が可能です。

また、装着した際の圧迫感が非常に少なく、スピーカーユニットと耳の位置が近いため、小さい音量でも十分にサウンドを楽しめます。加えて、耳を塞がないので、周囲の環境音をしっかり聴けるのも特徴。周囲の声や音などにしっかりと対応できるため、家事や読書をしながら音楽を聴くことも可能です。

ネックスピーカーの選び方

使用目的に合わせて選ぶ

テレビ

By: amazon.co.jp

テレビ番組や映画の視聴にネックスピーカーを利用する場合には、音の遅延が少ないモデルが適しています。

テレビを視聴するのであれば、Bluetoothのコーデックが「FastStream」や「aptX LL」に対応した製品がおすすめです。「SBC」コーデックのみに対応しているモデルでは、音が遅れて聴こえる可能性があるので注意しましょう。

スマホ・オーディオプレーヤー

By: amazon.co.jp

スマホやオーディオプレイヤーと接続してネックスピーカーを使う場合には、音質を重視したモデルがおすすめです。「ソニー」「ボーズ」「JBL」「JVC」など、音響機器を手がけている大手メーカーのモデルであれば、高音質が期待できます。

特にロックやヒップホップ、クラブミュージックなどを好む方は、低音増強用の振動板である「パッシブラジエーター」を搭載したソニー・JVCのネックスピーカーがおすすめです。

Bluetoothのコーデックは、「Apple」デバイスで利用されている「AAC」や「aptX」が高音質サウンドの転送に対応しています。また、高音質を求める方は「aptX HD」コーデック対応モデルであればハイレゾ音源での視聴が可能になります。さらに、外出時の利用を想定している方は、最大再生時間が長いモデルが便利です。

パソコン

By: amazon.co.jp

パソコンにネックスピーカーを接続する場合には、インターネット動画の視聴やパソコンゲームでの利用がメインになります。基本的に無線接続を利用するネックスピーカーでは、映像とサウンドにずれが生じることもあるので、より遅延の少ないモデルがおすすめです。

特にFPSや格闘ゲームなど、音のずれが直接勝敗につながるようなゲームをプレイする用途を考えている方は、低遅延コーデックである「aptX LL」を選びましょう。

重さで選ぶ

By: amazon.co.jp

首から鎖骨のあたりに装着するネックスピーカーは、本体の重さが重要です。重すぎると肩が凝ってしまうこともあります。通常200~400gのものが主流ですが、100g以下の軽いものもあるので、自身に合う重さと機能を考えて、最適なネックスピーカーを選びましょう。

また、メーカーによってフィット感はさまざまです。首に掛けて使用するものなので、重さがあると長時間の使用に影響します。そのため、自分の体型に合ったモデルを選ぶのがおすすめです。

通信方式・通信距離も確認しよう

By: amazon.co.jp

ネックスピーカーは、基本的にBluetoothで通信します。近い距離で接続することを想定しているため、遠距離での通信には向いていません。

Bluetooth接続のネックスピーカーの場合、コーデックはもちろん、Bluetooth規格のバージョンも要チェック。音ずれに配慮したいという方は、通信規格のBluetooth 4.0以上のモデルを選びましょう。

ネックスピーカーのおすすめモデル

ボーズ(Bose) SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER

ボーズ(Bose) SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER

快適な装着感が得られる高音質設計のネックスピーカーです。首や肩の形状にあわせて自由に曲げられる「ウェーブガイドテクノロジー」と呼ばれる機能を搭載しているのがポイント。ボディ部には、形状固定ワイヤーが内蔵されているため、首周りにしっかりとしたフィット感をもたらします。

クリアながら深みのある豊かなサウンドが感じられるため、音楽鑑賞におすすめ。スピーカーが上向きに配置されているので、音が直接耳に届きます。また、「Bose Connect」というアプリを利用すれば、スマホから本体の操作や設定のカスタマイズが可能。ハンズフリー通話やSiriにも対応しています。

ソニー(SONY) ウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1

ソニー(SONY) ウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1

臨場感あふれるサウンド体験ができるネックスピーカー。スピーカー開口部から音が放射状に広がる設計を採用しており、包まれるようなサウンドを実現しています。前後方向に広がりを持たせた立体的な音場が特徴的で、映画やゲームの世界へ没入できるサウンドです。

また、本体内には低音増強用の振動版「パッシブラジエーター」を内蔵。低音部分にあわせて振動するるので、高い臨場感が得られます。ワイヤレス接続にはソニー独自の技術が採用されており、安定した音の伝送が可能です。送信機から約30m離れても通信できます。

充電は付属している専用充電器に置くだけなので、ケーブルやコンセントを抜き差しする煩わしさがありません。人間工学に基づいたアーチ状のデザインとインナークッションにより快適な装着感が得られるため、長時間の使用を考えている方におすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) NAGARAKU ウェアラブルワイヤレススピーカー SP-A10BT

JVCケンウッド(KENWOOD) NAGARAKU ウェアラブルワイヤレススピーカー SP-A10BT

最大20時間のバッテリー駆動が可能なネックスピーカーです。ロングバッテリーかつ、本体重量はわずか88gほどと軽量なので、長時間でも違和感なく使用し続けられます。BluetoothコーデックはaptXに対応しており、高音質なサウンド再生が可能なのも魅力です。

また、やや内側向き配置されたスピーカーに加えて、低音増強用の「パッシブラジエーター」により迫力のある低音域を実現。輪郭のはっきりしたクリアなサウンドが楽しめます。比較的価格がリーズナブルなので、初めてネックスピーカーを購入する方にもおすすめのモデルです。

ジェイビーエル(JBL) ウェアラブルワイヤレスサウンド SOUNDGEAR BTA

ジェイビーエル(JBL)  SOUNDGEAR BTA ウェアラブルワイヤレスサウンド JBLSOUNDGEARBA

音の遅延を抑えられるaptX LLコーデックに対応したネックスピーカー。映像と音のずれが生じにくいので、映画や動画の視聴はもちろん、ゲームに利用したい方にもおすすめです。付属のBluetooth送信機には光デジタル端子・AUX端子を備えており、Bluetooth非対応機器とも接続できます。

また、首周りのラインにフィットするデザインは人間工学に基づいた設計なので、長時間リスニングする際でも負担が少なく済みます。音質面では、首元に31mm径のスピーカー4基を搭載。「バスブーストユニット」を採用しているので、迫力のある低音域再生が可能です。

シャープ(SHARP) ウェアラブルネックスピーカー AQUOS サウンドパートナー AN-SS1

シャープ(SHARP) ウェアラブルネックスピーカー AQUOS サウンドパートナー AN-SS1

低遅延な「FastStream」に対応したネックスピーカーです。Bluetoothのバージョンは4.1で、ノイズの少ないクリアなサウンド再生が特徴。音の遅延を抑えたモデルなので、テレビ番組・映画・ゲームなどでの使用におすすめです。

送信機からの接続可能距離は約10m。リビングのテレビをソファでリラックスしながら楽しむのに適しています。1台のBluetooth送信機で2台同時に接続できるため、家族で番組を視聴する際に便利です。

また、本体重量はわずか88gほどの軽量設計となっており、装着時の首・方への負担を抑える設計。2.5時間ほどでフル充電でき、最大14時間の連続再生が可能なのも魅力です。スマホのハンズフリー通話にも対応しているので、家事をしながら電話したい場合にも活躍適します。

MEOW MARKET Bluetooth 肩掛けスピーカー m-1000

MEOW MARKET Bluetooth 肩掛けスピーカー m-1000

リーズナブルな価格で購入できるネックスピーカーです。大手メーカーのネックスピーカーに比べて、低価格で購入できる点がメリット。4基のスピーカーを搭載しており、立体的なサウンドを楽しめます。

また、スマホやオーディオプレイヤーとのBluetooth接続による利用のほか、microSDカードでの音楽再生に対応しています。外出時に音楽再生用の端末を携帯する必要がないので便利です。

約3.5時間のフル充電で、6時間ほど再生できるので、映画や動画の視聴、ウォーキングにも適しています。そのほか、Bluetooth接続時はハンズフリー通話にも対応しているため、長時間の電話会議にも使用できるのも魅力。形状は首周りにフィットする人間工学に基づいたデザインで、肩や首が疲れにくいのもポイントです。