装着感がよく、快適に音楽を楽しめる「ネックスピーカー」。ヘッドホンとスピーカーのいいとこ取りをしたようなネックスピーカーは、立体感と臨場感のある音が特徴です。最近は各メーカーからラインナップされており、モデルによって音質や着け心地はさまざま。

そこで今回は、ネックスピーカーの選び方やおすすめのモデルをご紹介します。最新のオーディオデバイスに興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

ネックスピーカー(ウェアラブルスピーカー)とは?

By: amazon.co.jp

ネックスピーカーとは、肩に掛けて使用するウェアラブルスピーカー。耳に装着するヘッドホンとは違い耳に負担がかからないため、長時間の使用にもおすすめです。

据え置きタイプのスピーカーとの違いは、肩掛けなので聴く位置に関わらず最適な音質を楽しめる点。さらに、ヘッドホンのように髪が乱れる心配がないため、気軽に装着可能です。

また、装着した際の圧迫感が非常に少なく、スピーカーユニットと耳の位置が近いため、小さい音量でも十分にサウンドを楽しめます。加えて、耳を塞がないので、周囲の環境音をしっかり聴けるのが特徴。音楽を聴きながら周囲の声や音などにしっかりと対応できます。

ネックスピーカーの選び方

使用目的に合わせて選ぶ

テレビ

By: amazon.co.jp

テレビ番組や映画の視聴にネックスピーカーを利用する場合には、音の遅延が少ないモデルが適しています。

テレビを視聴するのであれば、Bluetoothのコーデックが「FastStream」や「aptX LL」に対応した製品がおすすめです。「SBC」コーデックのみに対応しているモデルでは、音が遅れて聴こえる可能性があるので注意しましょう。

スマホ・オーディオプレーヤー

By: amazon.co.jp

スマホやオーディオプレイヤーと接続してネックスピーカーを使う場合には、音質を重視したモデルがおすすめです。「ソニー」「ボーズ」「JBL」「JVC」など、音響機器を手がけている大手メーカーのモデルであれば、高音質が期待できます。

特にロックやヒップホップ、クラブミュージックなどを好む方は、低音増強用の振動板である「パッシブラジエーター」を搭載したソニー・JVCのネックスピーカーがおすすめ。

Bluetoothのコーデックは、音声をワイヤレス伝送する際に使用する圧縮方式のことで音質を左右する重要な要素です。iOSデバイスの場合は「AAC」を、Androidの場合は「aptX」「aptX HD」が高音質再生に対応しています。事前に使用するデバイスを確認した上で選びましょう。

パソコン

By: amazon.co.jp

パソコンにネックスピーカーを接続する場合には、インターネット動画の視聴やパソコンゲームでの利用がメインになります。基本的に無線接続を利用するネックスピーカーでは、映像とサウンドにずれが生じることもあるので、より遅延の少ないモデルがおすすめです。

特にFPSや格闘ゲームなど、音のずれが直接勝敗につながるようなゲームをプレイする用途を考えている方は、低遅延コーデックである「aptX LL」を選びましょう。

重さで選ぶ

By: amazon.co.jp

首から鎖骨のあたりに装着するネックスピーカーは、本体の重さが重要です。重すぎると肩が凝ってしまうこともあります。通常200~400gのモノが主流ですが、100g以下の軽いモノもあるので、自身に合う重さと機能を考えて、最適なネックスピーカーを選びましょう。

また、メーカーによってフィット感はさまざまです。首に掛けて使用するモノなので、重さがあると長時間の使用に影響します。そのため、自分の体型に合ったモデルを選ぶのがおすすめです。

通信方式・通信距離も確認しよう

By: amazon.co.jp

ネックスピーカーは、基本的にBluetoothで通信します。近い距離で接続することを想定しているため、遠距離での通信には向いていません。

Bluetooth接続のネックスピーカーの場合、コーデックはもちろん、Bluetooth規格のバージョンも要チェック。音ずれに配慮したい方は、通信規格のBluetooth 4.0以上のモデルを選びましょう。

ネックスピーカーのおすすめメーカー

ボーズ(Bose)

ボーズ(Bose) SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER

By: amazon.co.jp

スピーカーやノイズキャンセリングイヤホン、ヘッドホンで有名な「ボーズ」は、アメリカに本社を置く音響機器メーカー。クリアながら迫力のある独自の音質が人気です。

マサチューセッツ工科大学の教授であったアマー・G・ボーズが、自身の研究を製品化するために設立したのが始まりで、業務用から個人向けまで幅広い音響機器を扱っています。

ボーズのネックスピーカーは音質だけでなく、着け心地にもこだわった設計。長時間音楽や動画を鑑賞したい方におすすめです。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

1946年に創立された日本の電機メーカー。イヤホンやヘッドホンをはじめ、数多くの音響機器を取り扱っています。高音質なハイレゾ音源に対応した製品や、ノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドホン、イヤホンが人気。

高品質なネックスピーカーも販売しており、迫力のあるサウンドが特徴。映画や動画の視聴におすすめです。

ジェイビーエル(JBL)

By: amazon.co.jp

アメリカのカリフォルニア州に本拠地を置く「ジェイビーエル」。コンパクトなワイヤレススピーカーやヘッドホン、イヤホンが人気ですが、放送用やスタジオ向けの業務用音響機器も製造しています。

ジェイビーエルのネックスピーカーは、高音質で低遅延。豊かな低音域再生が可能な点もおすすめです。

ネックスピーカーのおすすめモデル

ボーズ(Bose) SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER

ボーズ(Bose) SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER

首や肩にぴったりフィットするネックスピーカーです。ネックバンドは曲げ伸ばし可能な形状固定ワイヤー。表面のシリコン素材がねじれを適度に調節できるので、快適な装着感が得られます。

着脱可能な付属カバーは、静電気を防ぎ、ほこりや髪の毛が付着しにくい仕様。標準で付属しているブラックのほか、ミッドナイトブルーやダークプラムなどのカラーも販売されています。

「Bose Connectアプリ」を利用すれば、スマホからの操作や設定のカスタマイズが可能。本体には3つのコントロール用ボタンが配されており、音声アシスタントを利用した操作にも対応しています。

最大9mの範囲でBluetoothによるワイヤレス接続が可能。同時に2台のモバイルデバイスと接続できます。1回の充電で約12時間使える、おすすめのネックスピーカーです。

ソニー(SONY) ウェアラブルネックスピーカー SRS-WA1

ソニー(SONY) ウェアラブルネックスピーカー SRS-WA1

包み込まれるようなサウンド体験ができるネックスピーカーです。スピーカー開口部から放射状に広がる音が特徴。独自のボディ構造とデジタル音声処理によって、立体的なサウンドを実現しています。

左右それぞれのスピーカーに「パッシブラジエーター」を搭載。低音にあわせて振動するので、映画やライブ映像などの臨場感を存分に楽しめます。本製品専用に開発された30mm径のフルレンジスピーカーユニットは、小型ながら迫力のあるサウンド再生が可能です。

本体は人間工学に基づいたアーチ状のデザイン。インナークッションを搭載しており、長時間使用時も安定した装着感が得られます。接続はステレオミニジャックや光デジタル端子を備えた送信機を利用。約30mの距離でも接続できるおすすめの製品です。

ジェイビーエル(JBL) SOUNDGEAR BTA ウェアラブルワイヤレスサウンド

ジェイビーエル(JBL) SOUNDGEAR BTA ウェアラブルワイヤレスサウンド

上質でリアルなサウンドが特徴のネックスピーカーです。入力された音声信号を空間に放射するための変換装置である「トランスデューサー」を搭載。クリアでパワフルな低音再生が可能です。

エコーやノイズを軽減するデュアルマイクによって、快適な音声通話が可能。microUSB経由で2時間充電すれば、6時間連続使用できます。付属のワイヤレスオーディオトランスミッター(送信機)は、低遅延で高音質なBluetoothコーデック「aptX Low Latency」に対応。光入力端子やAUX端子を使用して、簡単に送信機とテレビを接続できる、おすすめのネックスピーカーです。

シャープ(SHARP) AQUOS サウンドパートナー AN-SX7A

低音再生能力に優れたネックスピーカーです。重低音を振動として発生させる「パッシブラジエーター」型の構造と、低音を増幅して再生できる「バスレフ」型構造を両立。各帯域のバランスにも優れており、臨場感あふれるサウンド体験が可能です。

本体には柔軟性のあるエラストマー素材を採用。Bluetoothコーデックは低遅延な「aptX Low Latency」に対応。送信機をテレビやモニターに接続して、映画やゲームを楽しみたい方におすすめです。

ドラマやバラエティに最適な「標準モード」に加え、映画やゲームの迫力をアップする「ダイナミックモード」、人の声が聴き取りやすい「ボイスモード」などを切り替えて使用可能。用途に応じて最適なサウンドが選択できる点が魅力です。

JVCケンウッド(KENWOOD) NAGARAKU ウェアラブルワイヤレススピーカー SP-A7WT-B

JVCケンウッド(KENWOOD) NAGARAKU ウェアラブルワイヤレススピーカー SP-A7WT-B

軽量で使用時の負担が軽いネックスピーカーです。本体重量は83g。長時間使用時に首や肩にかかる負荷が軽減されるのがメリットです。接続には付属のBluetooth送信機を使用。USB端子一体型ですが、テレビのイヤホン端子を利用した有線接続にも対応しています。

Bluetoothコーデックは「aptX Low Latency」に対応。映像と音声のずれを抑え、違和感なく映画やゲームが楽しめます。

本体は生活防水仕様なので、キッチンや屋外でも安心して使用可能。コンパクトで軽量ながら、低音増強振動板ユニット「パッシブラジエーター」を搭載しているので、豊かで高音質なサウンドが楽します。

スマホと接続しておけば、本体から音声アシスタント機能の起動が可能。音量調節や再生、停止などの操作が簡単に行えるおすすめの製品です。

サンワダイレクト(SANWA DIRECT) ウェアラブルスピーカー 400-SP085

サンワダイレクト(SANWA DIRECT) ウェアラブルスピーカー 400-SP085

リーズナブルな価格が魅力的なネックスピーカーです。低価格ながら、Bluetooth5.0に対応しており、安定したワイヤレス接続が可能。スピーカー開口部が内向きに設計されており、音声が耳を包み込むように再生されます。

また、本体にmicroSDカードスロットを備えているので、保存しておいた音楽の鑑賞も簡単。IPX5相当の防水機能を搭載しているので、汗をかいたり、屋外で急な雨に降られたりした場合でも安心です。3時間充電すれば、約10時間の連続再生が可能。マイクを内蔵しており、ハンズフリー通話にも対応しています。

多彩な機能を搭載しているにも関わらず低価格で購入できるので、初めてネックスピーカーを購入する方にもおすすめです。