これまでのスピーカーやイヤホン、ヘッドホンのいずれとも異なる特徴と魅力を備えた「ネックスピーカー」。テレビ番組で紹介されたことがきっかけとなり、一時は入手困難になるほどのアイテムとして広く注目されました。

そこで、新たなオーディオデバイスとして人気を集めている「ネックスピーカー」の選び方とおすすめモデルをご紹介します。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

ネックスピーカーの魅力

By: amazon.co.jp

ネックスピーカーはその名の通り、肩にかけて使用するウェアラブルスピーカーです。耳に装着する従来のヘッドホンとは違い、本体は軽量で圧迫感が少なく心地よい装着感が魅力。ヘッドホンやイヤホンよりも耳への負担が少ないため、長時間の使用にもおすすめです。さらに、使用中でも周囲の音が聴こえるので安全性にも優れています。

また、ネックスピーカー本体はコードレスで、装着時には両手がふさがらないため、動きながらや作業しながらでも使えるのがポイント。音量などの簡単な操作は本体で操作可能です。マイクを搭載したモデルであれば、ボタンひとつでハンズフリー通話もできます。

ソファに腰かけながら映画を観たり、家事をしながら音楽を聴いたり、電話をかけたりと幅広いシーンで活用できるのもネックスピーカーの魅力です。

ネックスピーカーの選び方

着け心地にも関わる重さをチェック

By: amazon.co.jp

首から鎖骨のあたりにかけて装着するネックスピーカーは、本体の重さと装着感が重要です。多くのネックスピーカーの重さはおよそ200〜400g。なかには100g未満の軽量モデルもあります。

軽いほど着け心地はよくなりますが、重さがあるほど音質やバッテリー持ちがよくなる傾向にあります。重さと性能や音質を検討して、適したネックスピーカーを見つけましょう。

用途に合わせて接続方式をチェック

テレビと接続するなら送信機付きのモデルを選ぼう

By: amazon.co.jp

ネックスピーカーをテレビと接続して使う場合は、多くのネックスピーカーが受信に対応しているBluetoothによるワイヤレス送信に対応していないテレビが多いため、送信機付きのモデルがおすすめです。

送信機の音声入力はアナログと光デジタルの2種類。音質面では劣化の少ない光デジタルも搭載しているモノがおすすめです。送信機とスピーカーの間の接続可能な最大距離もポイント。大画面テレビを離れて観る場合は10m以上の接続距離のモノがおすすめです。

また、送信機付きのネックスピーカーは、送信機とスピーカー間のワイヤレス接続に低遅延の規格を採用しているモノもあります。これにより、テレビのような映像機器とワイヤレスで音声接続する際に起こりがちな、映像と音声のズレを防ぐことが可能です。

スマホと接続するならBluetooth対応モデルを

By: amazon.co.jp

スマホとネックスピーカーを接続するならBluetooth対応モデルがおすすめです。ワイヤレスで快適なリスニングが実現できます。また、送信機もAC電源も不要なので、屋外で楽しめるのもメリットです。

Bluetoothの音質を左右するのがコーデック。標準コーデックのSBCよりもAACやaptXが音質面では優れています。なお、コーデックは送信側も対応している必要があるため、自分のスマホが対応しているコーデックを搭載したスピーカーを選ぶようにしましょう。

有線接続に対応したモデルも

By: amazon.co.jp

ネックスピーカーは基本的にコードレスのスピーカーなので、スピーカー本体に有線接続できるモノは少数です。ただし、送信機とセットになっているモノなら、送信機にアナログかデジタルによる有線接続用端子を搭載しています。送信機を利用することで、ネックスピーカーを有線接続に対応させることが可能です。

また、Bluetooth送信に対応したスマホやタブレットなどとも、有線接続すればBluetoothのデメリットである遅延を減らせる場合もあるため、遅延が気になりやすい動画やゲームでの使用時にも役立ちます。

操作性をチェック

By: amazon.co.jp

ネックスピーカーには本体のボリュームや音質の調節、電源のオンオフなどを操作するボタンが搭載されています。頻繁に操作する場合は、ボタンの種類や位置を確認しましょう。使いやすい場所にボタンが配置されていることが重要。ボタンが押しやすいかや、操作したときに耳障りな音がしないかも要チェックポイントです。

また、Bluetooth接続対応モデルの場合、接続元の機器の再生操作や通話の着信・終話、音声アシスタントの起動といった多くの機能に対応が可能。機能性を重視する方は、ボタンが多くても対応できる操作が多いモノがおすすめです。

本体の柔軟性をチェック

By: amazon.co.jp

本体を左右に開いたり、ねじったりできる柔軟性があると装着しやすく、取り外しもラクです。メーカーやモノによっては、本体に全く柔軟性がなく、固定されているのでチェックしておきましょう。

また、本体に柔軟性があれば、体のラインに沿った装着が行いやすく、長時間使用時の違和感や疲労感の軽減にもつながります。

ネックスピーカーのおすすめメーカー

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープはテレビや生活家電など幅広い製品をラインナップする総合家電メーカー。テレビの人気シリーズ「AQUOS」を手掛けており、ネックスピーカーに力を入れていることでも有名です。

なかでも人気の製品が「AQUOSサウンドパートナー」シリーズ。100g以下の軽量設計のモノもあり、着けているのを忘れるほど快適な装着感を備えています。音質よりも着け心地を重視したい方にもおすすめのメーカーです。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーはウォークマンやイヤホン、ヘッドホンにいたるまで幅広いオーディオ機器を手掛ける世界でも人気のメーカー。ソニーのネックスピーカーは、音に連動した振動により映像への没入感を高められるのが特徴です。

とくにライブ映像やゲーム、映画において、まるでその場にいるかのような臨場感を味わえます。快適な装着性を備えたモデルが多いのも魅力のひとつ。価格はやや高めですが、音も装着感も妥協したくない方におすすめのメーカーです。

ネックスピーカーのおすすめモデル

シャープ(SHARP) AQUOSサウンドパートナー AN-SS2

本体重量わずか約88gの軽量設計を実現したネックスピーカー。軽量で快適な着け心地を実現しており、長時間の使用にも適しています。また、IPX4相当の防水性能も備えているのもポイントです。

同梱されたBluetooth送信機をテレビと接続すれば、ワイヤレスでテレビの音声を聞けるのも魅力のひとつ。映像と音のズレが少ないコーデック「aptX Low Latency」に対応し、ワイヤレスでも遅延を感じず自然に楽しめます。

耳に効率よく音を届ける「リフレクター構造」を採用しているのもポイント。クリアボイス機能を使えば、ニュースやドラマなどで人の声をはっきりと聞き取れます。

シャープ(SHARP) AQUOSサウンドパートナー AN-SX7A

優れた音質を実現したネックスピーカーです。重低音サウンドに連動した振動により臨場感を味わえる独自の「ACOUSTIC VIBRATION SYSTEM」を搭載。低音域から中高音域までバランスのよいサウンドを実現しており、テレビや音楽などを高音質で楽しめます。

また、映像と音のズレを低減するコーデック「aptX Low Latency」に対応しているのも魅力のひとつ。ストレスなくテレビや動画の視聴ができます。長時間着用しても疲れにくい柔軟性のあるエラストマー素材を首周りに採用することで、優れた装着感を備えているのもうれしいポイントです。

さらに、約13.5時間の連続再生が可能な大容量バッテリーを内蔵。装着感だけでなく、音質にもこだわりたい方におすすめです。

ソニー(SONY) ウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1

臨場感あふれるサウンド体験ができるネックスピーカーです。スピーカーから耳を包み込むような音が広がり、まるで映画やゲームの中にいるような没入感を味わえるのが特徴。Bluetoothには対応していませんが、スマホや携帯ゲーム機などとの有線接続が可能です。

また、背中から肩、鎖骨のラインに沿った人間工学に基づいたアーチ形状を採用。快適な装着感を備えているので、ストレスなく長時間使用できます。2台までの同時接続に対応しており、カップルや友人同士で楽しめるのも魅力です。

音量調節などボタンがシンプルで操作しやすいのもポイント。ライブ映像や映画など臨場感を味わいたい方におすすめです。

ジェービーエル(JBL) ウェアラブルネックスピーカー SOUNDGEAR BTA

高性能なネックスピーカーです。JBLならではの臨場感あふれるサウンドを実現。TV用Bluetooth送信機「TV Bluetoothワイヤレストランスミッター」が同梱しており、Bluetoothに対応していないテレビでも手軽にワイヤレス接続できるのがポイントです。

人間工学に基づいたデザインにより、首周りのラインにフィットしやすいのも魅力のひとつ。HFP・HSPに対応しているので、リラックスしながら快適にハンズフリー通話が楽しめます。

また、高性能ノイズキャンセリング機能と音声をクリアに抽出する機能を備えているのも魅力。Webミーティングなど重要な通話などにも適しています。日常シーンからビジネスシーンまで幅広く使えるモデルを探している方は、チェックしてみてください。

JVCケンウッド(KENWOOD) ウェアラブルネックスピーカー CAX-NS1BT

Androidのスマホと相性のよい高音質コーデックaptXに対応したネックスピーカー。高音質とともに低遅延も実現しているので、動画視聴や映画鑑賞にもおすすめです。

手軽にハンズフリー通話が楽しめるのも魅力のひとつ。また、「Siri」などの音声認識機能の起動にも対応しているため、手がふさがっている状況でも手軽に操作可能です。さらに、内側に向いたスピーカーと低域を増強するパッシブラジエーターを内蔵することで、音に包まれるようなサウンド体験を実現します。

本体重量は約88gと軽量なのもポイント。約20時間の連続再生が可能で、日常シーンからアウトドアシーンまで幅広く使えるおすすめアイテムです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ウェアラブルネックスピーカー NAGARAKU SP-A7WT

汗や雨などでも安心なIPX4相当の防水性能を備えたネックスピーカーです。テレビ音声用のBluetooth送信機を付属し、Bluetooth非対応のテレビでもワイヤレス接続が可能。重量わずか約83gの軽量設計のため、長時間の着用にも適しています。

HFP・HSPに対応しており、快適なハンズフリー通話ができるのも魅力のひとつ。ほかの作業をしながら音楽や通話、テレビの視聴が可能です。

映像と音のズレを低減できるコーデック「aptX Low Latency」に対応しているのもポイント。違和感なくテレビ視聴や動画を楽しめるネックスピーカーを探している方にもおすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ウェアラブルネックスピーカー NAGARAKU SP-A10BT

本体重量わずか約88gと軽量設計のネックスピーカー。長時間の着用でも快適に使えるのが特徴です。

連続約20時間のワイヤレス再生ができる大容量バッテリーを内蔵しているのもポイント。また、スマホと接続して手軽にハンズフリー通話も可能です。長時間使える利便性に優れたネックスピーカーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

パイオニア(Pioneer) C9wireless neck speaker SE-C9NS

音響メーカーとして有名なパイオニアが販売するネックスピーカーです。iPhoneなどiOS端末に最適な高音質コーデックAACに対応。また、Bluetooth 5.0に対応しているので、音切れしにくい安定したサウンドを楽しめます。

水しぶきや汗に強いIPX4相当の防水性能を備えているのもポイント。さらに、重量もわずか約100gと軽量設計のため、長時間の着用もおすすめです。

本体には傷がつきにくい「UVコーティング」が施されているのも魅力。連続最大24時間再生できる大容量バッテリーを搭載しているので、1日中バッテリーを気にせず使えます。

カシムラ(KASHIMURA) ワイヤレス ネックスピーカー BL-92

連続約60時間再生できるロングバッテリーを内蔵したネックスピーカーです。1日中バッテリー残量を気にせず使えるのが特徴。aptX・aptX Low Latency・AACと幅広いコーデックに対応しており、さまざまなデバイスで高音質・低遅延を楽しめるのも魅力です。

また、Bluetooth 5.0に対応しており、音切れしにくく安定したワイヤレス接続ができるのもポイント。ノイズ・エコーキャンセラーを搭載しているので、ノイズの少ない高品質なハンズフリー通話も可能です。長時間使える多機能なネックスピーカーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。