首や肩にかけて使用する「ネックスピーカー」。ヘッドホンやイヤホンのように耳を塞がず、臨場感や立体感のあるサウンドを楽しめるのが特徴です。耳への圧迫感が苦手な方や、周囲の音を逃さず、ながら聴きを楽しみたい方に適したアイテムです。

今回は、ネックスピーカーのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。ネックスピーカーの魅力や選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ネックスピーカーとは?

By: amazon.co.jp

ネックスピーカーとは、首に掛けたり、肩に乗せたりして用いる小型スピーカーのこと。据え置き型のスピーカーとは異なり、身に着けるように使用するため、ウェアラブルスピーカーとも呼ばれています。

Bluetoothで接続する製品が多く、スマホやタブレット、PCなどと接続しての使用が可能。Bluetooth送信機と組み合わせれば、Bluetooth非対応のテレビやゲーム機などとも接続できます。

イヤホンやヘッドホンのように耳を圧迫しないため、疲れにくいのが特徴。耳に近い位置で音が鳴るため、音による臨場感を損なわず、長時間でも快適に使用できます。

ネックスピーカーのメリット

By: amazon.co.jp

ネックスピーカーのメリットは、耳を塞がずに使用できること。周囲の音を逃さずに聞き取れるので、家族の呼びかけやインターホンの呼び出しなどにも素早く反応できます。また、装着した際の圧迫感が少ないため、耳が痛くなったり蒸れたりせず、ラフに使用できるのも魅力です。

肩にかけて使うので、独特のサラウンド感を楽しめるのも特徴。自分が移動した場合も音の低位が変わらず、設定した好みの音質をキープできます。スピーカーと耳の位置が近く、据置スピーカーよりも小さな音量で楽しめるのもポイント。周囲に迷惑をかけにくく、遅い時間でも快適に使用できます。

ネックスピーカーの音漏れはどれくらい?

By: amazon.co.jp

ネックスピーカーはイヤホンやヘッドホンのように音を閉じ込める構造ではないため、聞いている音が周囲に漏れてしまいます。バスや電車など、公共の場所での使用には不向きです。

しかし、スピーカー部分を耳の方向へ傾け、自分には音が届きやすいように、周りには音漏れしにくいように作られた製品もあります。自転車での走行中や散歩などの際に耳を塞がずに音楽を楽しむ用途や、自宅内で周囲の音を確認しながら使いたい場合におすすめです。

ネックスピーカーの選び方

用途に合わせて接続方法をチェック

テレビ用なら送信機付きのモデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

テレビを視聴する際にネックスピーカーを使いたい場合には、送信機付きのモデルがおすすめです。多くのテレビは、ネックスピーカーが主な通信方法として採用しているBluetoothでの音声伝送に対応していません。音声を無線通信で聴くためには、専用の送信機が必要です。

送信機には、独自の伝送技術を用いた専用の送信機と、Bluetooth通信に対応したBluetooth送信機の2種類があります。テレビとの接続方法も送信機によって異なるため、送信機付きのネックスピーカーを購入する際には接続方法を確認しておきましょう。

スマホ・PCで使用するならBluetooth接続

By: amazon.co.jp

スマホやPCなどのBluetooth対応機器で使いたい場合には、Bluetooth接続に対応したモデルがおすすめ。ワイヤレスで接続できるため、コードに煩わされずラフな姿勢で使用できて便利です。

Bluetoothで接続する場合にはコーデックを確認しておくことが重要。コーデックとは、音声データを伝送する前にプレーヤー側で圧縮する方式のことで、音質や伝送速度にかかわります。

AndroidスマホならばaptX、iPhoneならばAACなど、接続する機器によっても適切なコーデックが異なるので、確認しておきましょう。特に、リズムゲームをプレイしたい場合には低遅延なaptX LLコーデックを選ぶと比較的快適に遊べます。

ゲーム用なら遅延のない有線接続も

By: amazon.co.jp

ゲーム用にネックスピーカーを使いたい場合には、再生機器と有線接続できるモデルを選ぶのがおすすめ。有線接続では音源を圧縮する必要がないため、安定した接続を期待できます。音の遅延が少なく、FPSゲームやリズムゲームなどの音が重要なゲームもプレイ可能です。

音質が劣化しにくいのも魅力。高音質でゲームサウンドを楽しめます。ただし、ケーブルが邪魔になる場合もあるので、コードの接続場所などを確認するようにしましょう。

連続再生時間をチェック

ネックスピーカーはワイヤレスで使用する製品が多いため、連続再生時間を確認しておくことも重要。連続再生時間が長いほど充電にかかる手間が少ないため便利です。また、長時間使い続ける場合も、バッテリー残量を心配する必要がないため快適に使えます。

連続再生時間は音楽再生や通話など、使い方によっても変動するため注意が必要。自分の使用用途に応じた時間をチェックしておくと安心です。なかには最大50時間以上の再生に対応したロングバッテリーモデルもあるため、こまめな充電が難しい方や、長時間使用が多い方はチェックしてみてください。

着け心地はサイズや重量にも注目

By: amazon.co.jp

ネックスピーカーは肩にかけて使用するモノなので、装着感が重要。自分の首回りにフィットするサイズ感のモノを選ぶと、圧迫感が少なく快適に使えます。

また、重量をチェックしておくことも大切。軽いモノを選ぶことにより、長時間使用した場合の肩にかかる負担を軽減できます。ただし、重いモノでも肩からのズレを軽減できるメリットがあるので、使い方に合わせて適切な装着感のモデルを選ぶようにしましょう。

音量はW数をチェック

By: amazon.co.jp

本体の音量目安は、W数から確認可能。W数とはスピーカーの出力を表す数値で、数字が大きければ大きいほど迫力のある大音量で再生できます。映画や動画などを臨場感のあるサウンドで楽しみたい場合には、W数の大きなモデルを選びましょう。

ネックスピーカーは左右にスピーカーユニットが搭載されています。出力は「3W+3W」のように左右のスピーカーユニットを分けて表記されることが大半です。総合出力もあわせて記載されている製品が多いので、求める音量が出せるモデルを探してみてください。

重低音を重視するなら「パッシブラジエーター」搭載モデル

By: amazon.co.jp

重低音にこだわりたい場合には「パッシブラジエーター」を搭載したモデルがおすすめです。パッシブラジエーターとは、スピーカー筐体内の空気振動を利用して動作させる振動板のこと。一定の周波数で共振し、低音域を増幅・補強するのが特徴です。

小型のスピーカーでも迫力のある重低音を表現可能。低音が響く高音質なネックスピーカーを探している場合には、パッシブラジエーターの有無も確認しておきましょう。

ネックスピーカーのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

ソニーは日本の大手電気機器メーカー。オーディオ機器やテレビ、ディスプレイ、スマホ、カメラなどさまざまな機器の製造・販売を行っているのが特徴です。1946年の創業以来、独自の技術で多彩な製品を開発しており、世界的にも人気を集めています。

ネックスピーカーにおいては、独自の立体音響技術による臨場感あふれるサウンドが魅力。高音質かつ高機能で、使い勝手に優れています。価格はやや高めですが、音にこだわりたい方におすすめです。

シャープ(SHARP)

シャープは電気通信機器や電子機器を扱う日本の大手メーカー。冷蔵庫や洗濯機などの白物家電、テレビやオーディオ機器などの黒物家電、携帯電話やPCなど、多岐にわたる機器の製造・販売を行っています。

ネックスピーカーにおいては、低遅延コーデックに対応したBluetooth通信モデルをラインナップ。Bluetooth送信機も同梱されており、テレビの音声も快適に視聴できます。IPX4相当の防水にも対応。使い勝手に優れたモデルを探している方におすすめのメーカーです。

パナソニック(Panasonic)

パナソニックは日本の大手電機メーカー。生活家電や美容家電、AV機器、情報通信機器などざまざまな製品の製造・販売を行っているのが特徴です。ハイレゾ対応のオーディオ機器や手元スピーカーなど、オーディオ周りの製品も充実しています。

ネックスピーカーにおいては、テレビ視聴に適したモデルやゲームに適したモデルをラインナップ。音が聞き取りやすく、マイクも搭載しているため通話にも対応します。自分の求める用途に適したモデルを探している方におすすめです。

ネックスピーカーのおすすめランキング

第1位 JVCケンウッド(KENWOOD) ウェアラブルワイヤレススピーカー NAGARAKU SP-A7WT

テレビのながら見や音楽のながら聴きをしながら会話や通話を楽しめるネックスピーカー。テレビ用のBluetooth送信機が同梱されているのが特徴です。テレビ映像と再生音のズレが少ない低遅延コーデック「Qualcomm aptX Low Latency」に対応。違和感のない映像視聴を楽しめます。

IPX4相当の生活防水に対応。キッチンでの水しぶきや、外出期の雨などによる水濡れを気にせず使えるのが魅力です。また、約15時間の連続再生が可能なロングバッテリーを搭載。長時間充電できない環境で使いたい場合にも適しています。

ハンズフリー通話や音声アシスタント機能の起動に対応したマイクも搭載。メインスピーカーだけでなく、低音増強振動板ユニット「パッシブラジエーター」も搭載されており、クリアで豊かな高音質を楽しめます。重さ約83gの軽量設計で、日常的に使いやすいおすすめの製品です。

第2位 オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスネックスピーカー AT-NSP300BT

子供の学びや遊びに適したワイヤレスネックスピーカー。最大音量が85dB以下になるよう設計されており、耳への負担を抑えられるのが特徴です。子供が大きな音量で聞いていないかをいつでも確認でき、汗や蒸れによる耳への影響も不要なので、安心して使えます。

小さな音量でもクリアに聞こえる設計も魅力。左右のスピーカーユニットが耳の方向へ向くように作られています。また、2つのパッシブラジエーターによる豊かな音場を再現可能。口元に近い位置に内蔵されたマイクにより、通話も快適に行えて便利です。

約75gの軽量設計で、コンパクトながら首や肩にフィットしやすいデザインもポイント。長時間でも快適に使えます。さらに、microSDスロットを搭載。PCやスマホなどがなくてもリスニング学習を行えます。IPX2相当の防滴仕様で、最大13時間の連続再生も可能な、使い勝手に優れたおすすめ製品です。

第3位 ソニー(SONY) ウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1

独自のボディ構造とデジタル音声処理により、包み込まれるような音場を生成するネックスピーカー。専用に開発された30mm口径のフルレンジスピーカーユニットを左右に搭載し、高音質と迫力のあるサウンドを実現しています。まるでその場にいるかのような臨場感を楽しめるのが特徴です。

人間工学に基づく心地よい装着感も魅力。背中から肩、鎖骨にかけてのラインに沿ったアーチ形状とインナークッションにより、快適で安定した装着感を実現します。シンプルデザインでさまざまなシーンや服装にマッチするため、おしゃれなモデルを探している方にもおすすめです。

低遅延なワイヤレス伝送技術を採用しているのもポイント。妨害や干渉にも強く、スピーカーを装着したまま動いても使えるので、動きや姿勢を気にせず気軽に楽しめます。また、スマホや携帯ゲーム機などとも有線での接続が可能。さまざまな機器と繋いで使える便利なモデルです。

第4位 シャープ(SHARP) AQUOSサウンドパートナー AN-SX7A

臨場感のあるサウンドが楽しめるネックスピーカー。迫力のある重低音を実現する「ACOUSTIC VIBRATIONSYSTEM」を採用しているのが特徴です。低音を増幅して放出するバスレフ型構造と、重低音を振動として発生させるパッシブラジエーター型構造を組み合わせています。

スピーカー位置が耳よりもやや前に配置されているのが魅力。常に前方から音がきこえるため、テレビの映像と一体感のある自然なサウンドを楽しめます。くつろいだ姿勢でも快適に使える装着感と高音質を両立しているため、ゆったりと映画や音楽を楽しみたい場合にも便利です。

Bluetooth送信機が同梱されているのもポイント。テレビに接続すれば、低ノイズのクリアな音声がワイヤレスで楽しめます。3種類のサウンドモードに対応しており、視聴したいコンテンツに合わせた音質を実現できるおすすめの製品です。

第5位 パナソニック(Panasonic) ネックスピーカーシステム SC-GN01

人気ゲーム「ファイナルファンタジーXIV」のサウンドチームと共同開発されたゲーミングネックスピーカー。4つのスピーカーを搭載しており、立体的で奥行きのあるサラウンド環境を再現できるのが特徴です。頭の周囲で音が広がるので、現実世界で鳴っているような音の広がりを体感できます。

ゲームジャンルに合わせた3つのサウンドモードを搭載。RPGモード・FPSモード・ボイス強調モードから選択して、適切な音響効果で楽しめます。また、迫力あるCinemaモードや広がり感のあるMusicモードも搭載。映画や音楽鑑賞にも適しています。

長時間でも快適に使える独自デザインも魅力。高性能なエコーキャンセルマイクも搭載しており、ゲームサウンドに干渉されずボイスチャットで会話もできます。有線接続で遅延も少なく、快適なゲームプレイに使えるネックスピーカーを探している方におすすめです。

第6位 シャープ(SHARP) AQUOSサウンドパートナー AN-SS2-B

リフレクター構造のスピーカーを搭載したネックスピーカー。耳に向かって音が効率よく流れるように設計されているのが特徴です。また、会話音声帯域を増幅する「クリアボイスボタン」を搭載。ニュースやドラマなどで流れている人の声をくっきりと聴き取れます。

Bluetooth送信機を同梱しているのも魅力。テレビと接続すれば、ノイズの少ないクリアな音声をワイヤレスで楽しめます。加えて、映像と音声のズレが少ないaptX LLにも対応。テレビの音をはっきりと聞き取れるため、深夜でも気軽にテレビを視聴できます。

連続約16時間の長時間再生に対応。さらに、IPX4相当の生活防水機能を備えているため、家事やウォーキングなどの際にも快適に楽しめます。内蔵マイクでハンズフリー通話などもできるおすすめの製品です。

第7位 ソニー(SONY) ワイヤレスネックバンドスピーカー SRS-NS7

臨場感のあるサウンドを楽しめるネックスピーカー。コンパクトサイズながらも、メーカー独自の非対称形フルレンジスピーカーユニット「X-Balanced Speaker Unit」を搭載しているのが特徴です。低音域を増強するパッシブラジエーターも備え、大音圧で歪みの少ないクリアな音を実現できます。

マイクを搭載しており、スマホでの通話やオンライン会議でも使用可能。ハウリングやエコーを抑えた快適な通話を実現できます。また、マイクミュートボタンを本体に搭載。2台の機器を接続して使い分けられるマルチポイントにも対応しており、さまざまな使い方で活用できます。

人間工学に基づいた心地よい装着感も魅力。最大12時間の連続使用が可能で、長時間でも快適に使用できます。同メーカーのテレビ「BRAVIA XR」と接続すれば、立体音響で映画視聴や音楽鑑賞も可能な、音質にこだわりたい方におすすめのモデルです。

第8位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ウェアラブルスピーカー MKH-150

小さな音量でも迫力のサウンドを楽しめるネックスピーカー。内向きに4つのスピーカーが配置されており、耳を包み込むように音が届くのが特徴です。低音の再生に合わせて振動が伝わる「サウンドバイブレーション」機能も備えています。

Bluetooth5.0を搭載しており、さまざまな機器との通信が可能。aptX LLに対応しており、映像と音声とのズレを抑えた動画再生を行えます。また、専用の送信機も付属。Bluetooth非対応機器でも使えます。

最大13時間の音楽再生が可能なロングバッテリーを搭載。IPX4相当の生活防水にも対応しており、屋外の散歩や家事中に音楽をながら聴きしたい場合にも適しています。マイク付きでハンズフリー通話も可能。本体先端に付いたリモコンでさまざまな操作もできる、使い勝手に優れたおすすめモデルです。

第9位 JVCケンウッド(KENWOOD) ウェアラブルネックスピーカー NAGARAKU SP-A10BT

連続約20時間の音楽再生に対応したロングバッテリーのネックスピーカー。長時間のスマホ視聴や音楽再生を行えるのが特徴です。安定した装着感に加え、本体重量も約88gと軽いため、さまざまなシーンで快適に活用できます。

メインスピーカーに加え、低音増強振動板ユニット「パッシブラジエーター」を搭載。コンパクトサイズながら、迫力ある低音やクリアな高音を楽しめます。高音質なサウンドにこだわりたい方におすすめです。

音声アシスタントの起動や、ハンズ・イヤーフリー通話に対応しているのも魅力。音量の調節や音楽再生、一時停止、曲送り、曲戻しなども快適に行えます。スマホやタブレットと接続しやすい便利なモデルです。

第10位 オーディオテクニカ(audio-technica) SOUND ASSIST AT-NSP700TV

日常的に使用しやすいネックスピーカー。耳へ音を届けやすいようにスピーカーの位置を調整されているのが特徴です。しなやかなバンドとフィットしやすいシリコン素材を採用した軽量ボディで、長時間でも快適に使用できます。

専用の送信機が付属しているのも魅力。送信機を光デジタル出力端子と接続すればテレビとスピーカーから、ヘッドホン端子と接続すればスピーカーのみから音声が出ます。家族と同時にテレビを見ながらひとりだけスピーカーを使えるので、音が聞き取りにくい方も安心です。

IPX2相当の防水性能もポイント。家事をしながらでも気軽に使用できます。また、電源のオンオフや音量調節ができるノブを搭載。慣れない方でも簡単に操作できる、おすすめのモデルです。

第11位 パナソニック(Panasonic) ワイヤレスネックスピーカーシステム SC-WN10

人の声を強調する「快聴音」機能を搭載したネックスピーカー。ドラマやニュースなどを視聴する際も音声を聞き取りやすいのが特徴です。約108gと軽量ながらも、11×34mmの専用スピーカーを搭載。低音域も量感豊かに再現でき、耳元ではっきりとした音を楽しめます。

マイクを口元近くに配置しているのも魅力。通話やオンライン会議でも自然に会話ができます。また、ボタンを押すだけで接続する機器を選べる「無線切り替え」機能に対応。複数の機器にBluetooth接続をしておいて、切り替えながら使いたい場合に便利です。

IPX4相当の防水仕様もポイント。水回りでも安心して使えます。アルコール除菌シートなどでの簡単手入れにも対応。シンプルデザインで使いやすいモデルを探している方におすすめです。

第12位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ウェアラブルスピーカー 400-BTSH015

スピーカーとイヤホンをシーンに応じて使い分けられるネックスピーカー。3W+3Wのスピーカーと、簡単に出し入れできるイヤホンを内蔵しているのが特徴です。スピーカーとイヤホンの切り替えはボタンひとつで簡単に行えるため、操作に不慣れな方も安心して使えます。

スピーカーユニットと耳の位置が近く、小さくても迫力あるサウンドを楽しめるのが魅力。自分に向けて音が鳴るため、最小限の音漏れで快適に使えます。周りの生活音や呼びかけなどに反応する必要があったり、テレビを長時間見たりする場合に便利です。

テレビとの音ズレが少ない低遅延高音質コーデックに対応。本体の先端にはマイクを搭載しているため、通話も可能です。スピーカー時は約6時間、イヤホン時は約45時間のロングバッテリーを搭載。ソフトな素材で首にフィットしやすく、扱いやすいおすすめのモデルです。

第13位 多摩電子工業 Bluetoothスピーカー ネックバンド型 TBS59K

マイクを内蔵しており、ハンズフリー通話にも対応したネックスピーカー。直径33mmのフルレンジスピーカーを2つ備えているのが特徴です。密閉型パッシブラジエーターも搭載しており、耳元に迫力と臨場感のあるサウンドを届けられます。

IPX4準拠の防水性能も魅力。ちょっとした運動や、キッチンで家事をしながらの使用にも適しています。Bluetooth接続だけでなく、microSDカード内に保存されたMP3音源の再生にも対応。通信不良などを心配せずに使えて便利です。

充電時間2.5時間で使えるロングバッテリーもポイント。通話なら最大約17時間、音楽再生なら最大約26時間使用できるため、こまめな充電が難しい場合も使えます。重量約265gで安定感もある、おすすめの高コスパモデルです。

第14位 ジェイビーエル(JBL) SoundGear BTA

AptX LLコーデックの低遅延接続に対応したネックスピーカー。低音に強い「Quadトランスデューサー」を搭載しているのが特徴です。ワイヤレスながら、上質でリアリティーのあるサウンドを楽しめます。

エコーキャンセル機能を搭載したデュアルマイクを採用。ハンズ・イヤーフリーでクリアな音質の通話ができます。また、複数のBluetoothデバイス間での切り替えに対応。タブレットで動画を視聴している途中にスマホに通話がかかってきてもシームレスに切り替えられます。

人間工学に基づいた形状と肌触りのよい素材も魅力。首元にフィットして快適に使えます。直感的にコントロールできるのもポイント。Bluetooth送信機も同梱された、扱いやすいおすすめのモデルです。

第15位 カシムラ(kashimura) ワイヤレスネックスピーカー BL-92

耳元で迫力のサウンドを再生できるネックスピーカーです。出力3Wのスピーカーを2つ、パッシブラジエーターを2つ搭載しているのが特徴。Bluetooth5.0に対応しており、スマホなどのBluetooth対応機器と接続して使用できます。

低遅延コーデックaptX LLに対応。さらに、aptX、AAC、SBCコーデックにも対応しており、さまざまな機器と接続して使えます。連続音楽再生時間が約60時間のロングバッテリー仕様で、自動電源オフ機能も搭載しているため、長く使えて便利です。

マイク付きで通話やSiriに対応。ノイズ・エコーキャンセラーも搭載しているため、クリアな音声で通話ができます。また、本体にはリモコンも搭載。比較的安い価格で購入できる、使い勝手に優れたおすすめのモデルです。