キッチンになくてはならない存在の電子レンジ。今では、単純に食材を温めるレンジ機能以外にも、食材を焼くオーブン機能、水蒸気で加熱するスチーム機能など、多くの機能を搭載したモデルが販売されています。

しかし、高価格帯になると10万円近くするモノもあるのが現状です。そこで今回は、電子レンジ・オーブンレンジの基礎知識とおすすめランキングをご紹介。理想の1台を見つけ出してください。

電子レンジとオーブンレンジの違い

電子レンジ

By: amazon.co.jp

電子レンジとは、マイクロ波で加熱する電化製品のこと。電磁波の一種であるマイクロ波を物質に当てると、物質の分子が振動します。この特性を活かして、食材に当てると食材の水分子が振動して熱を発生させるのです。

現状、どんなに多機能なモデルであってもレンジ機能は搭載しているのが一般的。しかし、単機能電子レンジとその他のレンジの区別をつけるために、単機能電子レンジのことを電子レンジと呼ぶ場合が多いです。

電子レンジがおすすめの方

電子レンジは、シンプルなあたため機能しか使わない方におすすめ。多機能モデルと比べて操作がシンプル、本体サイズがコンパクト、価格がリーズナブルなところが電子レンジの利点です。

自炊をしない方や、レンジの調理機能を使わずに料理を済ませる方であれば多機能モデルは必要ありません。また、仮にオーブン機能などが必要になっても、頻繁に使わないのであれば「電子レンジ+専用オーブン」の組み合わせにした方が満足度は高まるでしょう。

オーブンレンジ

By: amazon.co.jp

オーブンレンジとは、電子レンジに「オーブン機能」を追加した製品のこと。電子レンジがマイクロ波によって加熱するのに対して、オーブン機能を使うと電気やガスなどの熱源を使って加熱できるのが特徴です。熱源を直接食材に当てるため、「焼き」調理が行えるのがメリット。例えば、パン・ピザ・ケーキなどを作る場合はオーブン機能が必須。

なお、オーブンレンジの中には「スチームオーブンレンジ」と呼ばれる機種が存在します。これは、高温の蒸気を発生させることで、「蒸す」という調理が可能な製品です。

また、蒸すだけではなく、蒸気によって再加熱をしたり、オーブン単体で使用するときより素早く加熱したりできます。さらに、水分を使用するため、食材から水分が飛ぶのを防げるところもポイント。スチーム機能をオフにすれば通常のオーブンとしても使用できるので、より利便性の高いオーブンレンジといえます。

オーブンレンジがおすすめの方

料理のレパートリーを増やしたい方にはオーブンレンジがおすすめ。電子レンジのマイクロ波による加熱に加えて、「焼く」「煮る」などの調理が自動で行えます。

さらに上位機種になると、油を使わずに揚げる「ノンフライ機能」や、蒸気を発生させる「スチーム機能」を搭載したモデルも存在。複数の料理を用意する場合や、時間を短縮したいときにも、オーブンレンジの多機能調理が役に立つでしょう。

電子レンジ・オーブンレンジの種類

単機能電子レンジ

By: amazon.co.jp

電子レンジ機能だけを搭載した製品のこと。購入してきた冷凍食品を温める、飲み物を温める、冷凍していたひき肉を解凍する、などの調理しか行わないなら単機能電子レンジが適しています。操作性がシンプル、本体がコンパクト、価格がリーズナブルなところが特徴です。

購入の際は、出力(W数)調整機能、本体サイズ、製品特有の機能などは、最低限確認しておいてください。

単機能電子レンジについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

電子オーブンレンジ

By: amazon.co.jp

通常の電子レンジに「オーブン機能」を追加したモノが「電子オーブンレンジ」。「焼く」「煮る」などの調理が可能になり、料理のレパートリーを増やせるのが特徴です。さらに、近年では油を使わずに揚げる「ノンフライ機能」や蒸気の力で加熱する「スチームオーブン機能」などを搭載していることもあります。

単機能電子レンジと比べると、大型モデルも多数存在しているのがポイント。上下二段に分かれていて、別々の調理を同時に行えるような製品もあります。

また、一般的にオーブンレンジは高機能なモデルも多いため、調理以外の便利機能にも着目してください。例えば、自動調理メニューが備えられているだけではなく、下ごしらえのレシピが液晶画面上に表示されるモデル、音声ガイドで操作方法まで解説してくれるモデルが存在。このようなモデルがあれば、料理が苦手な方でも自炊に挑戦できます。

ガスオーブン

By: amazon.co.jp

ガスオーブンとはその名の通り、ガスの力で焼くオーブンのこと。日本の食卓ではあまり馴染みがありませんが、10万円前後の価格から卓上ガスオーブンが販売されています。

ガスオーブンの特徴は、電気式オーブンと比べて火力が強いところ。ピザやパンを調理するときでも外側がパリッとした仕上がりになります。他にも、熱が庫内にいきわたるのが早く予熱時間が短い、ガスオーブン自体が大きいため一度に大量の食材を調理できる、などの特徴はガスオーブンならではのメリットです。

コンベクションオーブン

By: amazon.co.jp

コンベクションオーブンは、食材を均一に焼き上げるオーブンのこと。コンベクションとは「対流」のことであり、オーブンに搭載されたヒーターで加熱しながら、内部のファンを使用して熱風を庫内で対流させるのが特徴です。これで、食材を包み込むようにして焼き上げられます。

コンベクションオーブンでは、オーブン機能以外にも上側のヒーターで表面を一気に焼き上げる「グリル機能」、下側のヒーターでゆっくり加熱する「スローベーク機能」など、多くの機能が満載。トースターの購入を検討しているなら、より多くの料理に対応できるコンベクションオーブンの検討をおすすめします。

コンベクションオーブンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

電子レンジ・オーブンレンジの選び方

庫内のサイズをチェック

By: amazon.co.jp

一人暮らし

一人暮らしなら、15L~20L前半までのサイズがおすすめ。あまり大きいサイズだと、冷蔵庫の上などに置いても不安定になり、設置スペースを確保できない場合があります。このサイズでは、単機能電子レンジが候補としてあがるでしょう。

二人暮らし

2人暮らしなら、20~20L後半までのサイズがおすすめ。また、このサイズになると多機能モデルも多数存在していて、1~2人用の自動メニューを備えていることもあります。このサイズの電子レンジで購入候補が複数ある場合、このような機能性で選ぶのもよいでしょう。

3〜4人暮らし

3~4人暮らしなら、ファミリー向けの電子レンジを購入するのがおすすめです。具体的には、25~30L前半のサイズがよいでしょう。また、内部が2段調理設計で同時に別々の調理ができる機能や、一度にトーストが4枚焼ける機能を搭載している場合、忙しい時でも便利に使えます。

このサイズになると、容量だけではなく、いかにして複数の料理に活用できるかを考えて購入するのがよいでしょう。

テーブルをチェック

By: amazon.co.jp

ターンテーブル式

ターンテーブル式は、食材を乗せている土台が回転する方式。加熱のためのマイクロ波が一定方向からしか放出されないので、土台を回転させることで均一に温められます。

ターンテーブル式のメリットは価格が安い点。後述するフラットタイプより構造が簡素なので、少しでも安い価格のレンジが欲しいならターンテーブル式のモノがおすすめです。

フラット式

フラット式は、食材を乗せている土台が回転しない方式。庫内がマイクロ波を拡散させる構造で、食材を回転させなくてもムラなく加熱できるのが特徴です。

フラット式のメリットは、ターンテーブル式と比べより多くの食材を乗せられるところ。例えば、コンビニの弁当を温める場合、ターンテーブル式だと運転中に庫内で引っかかってしまう場合もあります。フラット式の場合、このようなことに気を使う必要がありません。

機能をチェック

By: amazon.co.jp

自動メニュー数

料理のレパートリーを増やしたくて電子レンジを購入するなら、自動メニューの数が重要。時短に役立つこともあり、メニュー数が多ければ多いほど利便性は高まります。さらに、音声ガイドや液晶パネルで調理法を示してくれたり、少人数ボタンで1~2人向けの調理ができたりすると、より有効に活用できるでしょう。

レンジの出力調整とオーブンの温度調整

何Wで温められるのかというレンジの出力調整と、オーブンの温度調整の確認は必須。細かく調整できたほうが、より豊富な調理ができます。

気をつけなければならないのは、「レンジの最大出力やオーブンの最大温度が何分間持続するか」というところ。現状販売されている電子レンジの中には、数分後に出力や温度が調整される機種もあります。そのため、「高温で長時間使用したい」と考えているなら、別途専用のオーブンを購入したほうがよい場合もあるので注意しましょう。

電子・オーブンレンジのおすすめメーカー

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープは、液晶で有名な国内大手電機メーカーです。電子・オーブンレンジの世界では、いち早くヘルシーな調理ができる製品を投入したり、過熱水蒸気を世に知らしめたりするなど、挑戦的な試みが多いメーカー。

現在では、冷凍と常温など状態が異なる食材を同時に調理する機能や、音声対話で調理する機能など、家電の操作が苦手な方にもおすすめできる機種を販売しているのが特徴的です。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立は、国内大手の総合電機メーカー。「ヘルシーシェフ」というブランド名で多くのオーブンレンジを販売しています。

日立が販売するレンジの特徴は、食材をはかるセンサー機能。温度を計る赤外線センサーや、重さを計る重量センサーの力で、常に最適な温めを実現しています。完成度にこだわりたい方におすすめのメーカーです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

アイリスオーヤマはリーズナブルな家電を販売していることで有名な国内電機メーカー。電子・オーブンレンジの世界でも、他社と比べてリーズナブルな価格で製品を提供しています。

特に、過熱水蒸気機能を搭載したモデルが2万円程度で購入できるのは、大きなメリットです。操作がシンプルでサイズもコンパクトなモデルが多いため、一人暮らしの方にもおすすめできます。

電子レンジのおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) 単機能レンジ NE-EH229

700W、500W、150Wの3段階で出力を調整できる電子レンジ。高出力から低出力に自動で切り替える「連動調理」機能を搭載していて、食材を絶妙な加減で加熱できます。

蒸気センサーを利用した「自動あたため」機能も装備。ごはんやおかずだけでなく、冷凍ごはんなどを分量に関係なく温められます。さらに、「850Wインバーター」で素早く加熱が可能。なお、この機能は最大1分30秒の短時間高出力機能であり、調理中自動的に500Wに切り替わります。

第2位 ハイアール(Haier) ヘルツフリーフラットレンジ JM-FH18D

庫内にターンテーブル式ではなくフラット式を採用している電子レンジ。庫内の幅は約30cmにで、コンビニの大きな弁当でも余裕を持って温められます。

よく使う出力W数と時間を記憶する「セルフメモリ」機能を搭載。定期的に同じ調理をする機会がある場合、毎回設定する手間が省けます。また、待機電力がかからないので、頻繁に電子レンジを使わない方にもおすすめです。

第3位 ツインバード工業(TWINBIRD) ミラーガラス フラット電子レンジ DR-D269B

ミラーガラスを採用した電子レンジ。調理中だけ庫内が点灯して、普段はミラーガラスが反射します。キッチンのインテリアにこだわりたい方におすすめです。

庫内は幅約32cmのフラットタイプなので、幅ぎりぎりまでの食材を調理可能。また、夜間でも使いやすい「静音モード」も備えていて、昼夜問わず使用できます。さらに、普段よく使う設定を保存しておく「メモリー」機能も装備。操作もシンプルなので、毎日快適に使用できる1台です。

第4位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電子レンジ ターンテーブル IMB-T2201

最高出力が900Wの電子レンジ。900W・700W・500W・200Wの4パターンから出力を選択できて、低出力時は食材の解凍にも活用できます。

湿度センサーを搭載しているので、加熱中に庫内の湿度を計って温める時間を自動で調節。また、解凍・飲み物ボタンも備えていて、食材に適した出力で温めが可能です。

「あたためスタート」ボタンを押しながら「とりけし」ボタンを押すことで、チャイルドロックが作動するので、小さなお子さんがいる家庭で使用するなら本製品をおすすめします。

第5位 日立(HITACHI) 電子レンジ HMR-FR181

ハイパワーのインバーター制御で最大800Wの加熱ができる電子レンジ。オート調理の「あたため」と「解凍あたため」のときに動作し、最大1分30秒持続します。

オート調理の場合、仕上がり具合も弱・中・強の3段階で調整可能。さらに手動切り替えでは、600W・500W・200W・100Wの4段階に対応しています。特に、100Wの低出力は少しだけ食材を解凍したいときなどに役に立つ機能です。

また、本体右上にLEDタイマーを搭載していて、時間設定が確認しやすいのもポイント。庫内はフラットタイプで、使用後のお手入れもラクラクです。

電子レンジのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

電子レンジのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

オーブンレンジのおすすめランキング

第1位 日立(HITACHI) 過熱水蒸気オーブンレンジ ヘルシーシェフ MRO-SV3000

日立独自の「Wスキャン」を搭載したオーブンレンジ。温度を計るセンター赤外線スキャナーと、重さを計るトリプル重量スキャナーの力で、加熱に必要なエネルギーを適切に算出します。

また、オーブンレンジならではの多彩なメニューが存在。例えば、煮物や焼き魚などを含む124メニューがあるほか、油を使わずにヘルシーな揚げ物が作れるノンフライメニューが51種類もあります。

他にも、グリル皿を発熱して焼きながら、スチームで蒸す「焼き蒸し」に対応。こだわりのある野菜の蒸し焼き料理も、これ1台で対応できます。

第2位 三菱電機 (MITSUBISHI) 三菱レンジグリル ZITANG RG-HS1

レンジからグリルへと自動で移行する「レンジ→グリル」ボタンを搭載したオーブンレンジ。食材の内側を素早く加熱した後、ヒーターで表面を一気に焼き上げられます。

さらに、「レンジ→グリル」ボタンには、再加熱モードも装備。これは、揚げ物や焼き物などのお惣菜を投入すれば、サクッとした状態に再加熱する機能です。

他にも、声で操作をアシストする「音声ナビ」や、押すボタンを光でナビゲートする「らく楽操作パネル」などが存在。最新型オーブンレンジを使いこなすことに不安を感じている方でも、自信を持っておすすめできます。

第3位 シャープ(SHARP) ヘルシオ グリエレンジ AX-HR2

ヘルシオグリエの過熱水蒸気と、レンジ機能が一台で使えるオーブンレンジ。トースターとしても使えるので、キッチンのスペースをすっきりさせられます。

パンの焼き方も簡単で、専用の40mlの水タンクに水を入れれば、ヘルシオならではの過熱水蒸気でパンを焼き上げることが可能。中はふんわり、外はサクサクの焼き加減で、本格的なトースターにも劣らない性能です。

さらに、トーストを焼きながら、同時に目玉焼きやソーセージなどの付け合せを焼くことも可能。フライパンを使わず多くの食材を焼けるため、忙しい朝の朝食問題を解決したい方にもおすすめです。

第4位 バルミューダ(BALMUDA) The Range K04A

シンプルで直感的な操作を可能にしたオーブンレンジ。本体前面左下のつまみでモードを簡単に切り替えられるほか、スタートボタンなどの操作音もユーモラスな楽器音で構成されているスタイリッシュな1台です。

選択できるモードは、「自動あたため」「手動あたため」「飲み物」「冷凍ご飯」「鮮度そのまま解凍」「オーブンモード」の全6種類。手動あたためモードでは、出力を100W・500W・600W・800Wから選べます。

オーブンモードでは100~250℃の間から10℃単位で選択可能。さらに、40℃の発酵にも対応しています。ただし、オーブンモードの210℃以上の運転時間は約3分で、その後は自動的に200℃に切り替わることには注意してください。

第5位 パナソニック(Panasonic) スチームオーブンレンジ ビストロ NE-BS1400

高精細な64眼スピードセンサーを搭載したオーブンレンジ。食品の温度を測定するスピードが0.5秒と従来製品の約半分になったところがポイントです。さらに、沸騰判定を2段階で行い、火力を適切にコントロールします。

レンジ機能以外にも、蒸気で加熱する「スチーム機能」業界最大級の大火力「グリル機能」80~300℃の範囲で調整できる「オーブン機能」など、便利な機能が満載。天井は「オートクリーン加工」が施されていて常に清潔である上、汚れが気になったら自動メニューのお手入れから「天井・脱臭」で清掃できます。

操作ボタンも大きな文字とタッチ操作で簡単設計。ボタン配置を自分好みにカスタマイズできるところもおすすめです。

第6位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) オーブンレンジ フラットテーブル MO-F1801

出力を4段階で切り替えられるオーソドックスなオーブンレンジ。900W(最大2分間)・600W・500W・200Wの4パターンの出力で、タイマー機能は、200Wなら10秒~60分、それ以外なら10秒~20分です。

回転しないフラットテーブルを採用。これなら、大きめの弁当でも安心して温められます。自動メニューは18種類が存在。庫内容量が18Lということもあり、一人暮らしから少人数で使用したい方におすすめです。

第7位 日立(HITACHI) 過熱水蒸気オーブンレンジ ヘルシーシェフ MRO-TS7-R

手動レンジ600W・500Wが使える「簡単レンジボタン」や、1~2人分をオートで調理できるオーブンレンジ。気軽に使える1台がほしい方におすすめです。

スタンダードモデルながら、日立が販売する他モデルのオーブンレンジと同じように、過熱水蒸気に対応。複数の加熱方法を組み合わせて、ヘルシーなメニューが作れます。さらに、庫内はヒーターが露出していないタイプでお手入れもラクラク。「清掃・脱臭コース」を搭載していて、長く使い続けたい方にも最適です。

第8位 東芝(TOSHIBA) 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム ER-RD8

石窯ドーム構造を採用したオーブンレンジ。食材のうまみや水分を高火力で閉じ込める構造で、オーブン機能にこだわりたい方におすすめです。

過熱水蒸気・スチーム調理、油を使わないノンフライ調理など、多くの調理法に対応。総レシピ数は166種類、自動メニュー数は84種類なので、料理のレパートリーを増やせます。

ほかにも、「お急ぎ解凍」「スチーム全解凍」「さしみ・半解凍」の3つの解凍を用意。特に、薄切り肉をきれいに剥がしたり、ひき肉をラクにほぐしたりしたいときに重宝する機能です。

第9位 シャープ(SHARP) ウォーターオーブン ヘルシオ AX-XW400

冷凍から常温まで食材の量を気にせず、すべて一緒の角皿に並べて調理できる画期的なオーブンレンジ。材料を乗せた後は調理方法を選択するだけで、過熱水蒸気と「赤外線ムーブセンサー」「温度センサー」の力で均一に仕上げます。

さらに、「あぶり焼き機能」を搭載。この機能により、高出力の過熱水蒸気を直接噴射することで、美味しさを追求しています。また、あぶり焼き機能を活かした肉・魚・スイーツのあぶりメニューを備えていて、簡単に利用できるのもポイントです。

音声対話と無線LAN機能も存在。本機をインターネットに接続するだけで、操作方法を教えてもらえるほか、メニューを提案してもらうことも可能です。使用履歴やメニューの採点などでデータを蓄積するので、使えば使うほど自分好みのオーブンレンジに進化するところもおすすめ。

第10位 日立(HITACHI) 過熱水蒸気オーブンレンジ ヘルシーシェフ MRO-SS7

茶碗蒸しから簡単なパンまで60種類のオートメニューを備えたオーブンレンジ。60種類のうち44種類は、少人数ボタンを押すことで少量の調理が可能なので、一人暮らしの方にもおすすめです。

手動でトーストが焼ける仕様で、別途トースターを購入しなくてもよいため、キッチンのスペースに不安がある方でも安心して購入できます。過熱水蒸気、スチーム調理・ノンフライなど、上位機種に搭載されている機能と同様のモノが使用できるのもポイントです。

第11位 パナソニック(Panasonic) スチームオーブンレンジ ビストロ NE-JBS654

カラー液晶を搭載したオーブンレンジ。液晶画面に材料やレシピが表示される「おすすめ表示」機能が「和食50選」の全メニューに対応していて、気軽に和食を作りたい方におすすめです。

上段グリルと下段レンジで同時に調理する「合わせ技セット」を搭載。例えば、上段で焼き物、下段で煮物のように別々の料理を同時に調理できます。また、本製品のドア部分にはソフトダンパー採用。ドアが閉まる手前で手を離しても、やさしくスムーズに閉まる親切設計です。

第12位 シャープ(SHARP) 過熱水蒸気オーブンレンジ RE-SS10B

市販の冷凍食品を適切に解凍する「冷凍食品(市販品)」キーを備えたオーブンレンジ。「絶対湿度センサー」を搭載しており、食品から出る蒸気を検知して、どのような冷凍食品でも食べごろに温めます。

多くの食材を調理できる「2段調理」機能を搭載。ピザやパンなどを大量に焼けるほか、2段調理を活かした「お菓子・パン」メニューが充実しています。スチームを活かしてスポンジケーキなどをしっとりと仕上げることも可能です。

さらに、仕上がりの温度を調整できる「好みの温度あたため」機能が存在。アイスクリームに適した-10℃を備えるほか、20~90℃まで5℃単位で調節可能です。

第13位 パナソニック(Panasonic) スチームオーブンレンジ ビストロ NE-BS604

トースト両面焼きが1枚約4分55秒で完成するオーブンレンジ。食パンを途中で裏返す必要がなく、一度に4枚まで焼けるので、ファミリーで使用する方にもおすすめです。

また、サイクロンウェーブ加熱を採用しており、食品の中央部分からおだやかに解凍する熱で、何度も解凍し直す手間がかからないのもポイントです。

手動レンジでは、800・600・500・300・150Wと出力を幅広く選択可能。自動お手入れコースが、庫内、脱臭、洗浄・水抜き、クエン酸洗浄と複数用意されていて、使用後のお手入れもラクラクです。

第14位 東芝(TOSHIBA) スチーム(角皿式)オーブンレンジ ER-RD7

ワイドな角皿を採用したオーブンレンジで、38.8×30cmの角皿により、多くの食材を調理可能。急ぎで料理を済ませたい方のためのスピードメニューを搭載しており、3分・5分・8分でそれぞれメニューが用意されています。なお、この時間に下ごしらえの時間は含まれていないことには注意してください。

簡単に外して掃除できる「ワイド水受け」も装備。使用後も、ワンタッチでオーブンレンジをクリーンにできます。

第15位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スチームオーブンレンジ MS-2402

リーズナブルな価格で過熱水蒸気機能を搭載したオーブンレンジが欲しいなら本製品がおすすめ。赤外線センサーの力で食品の表面温度をチェックして、常に加熱時間を最適に調節します。レンジの下に給水タンクがついていて、給水からお手入れまで簡単にできるのもポイントです。

スチーム以外にも、レンジ・オーブン・グリル機能を備えていて、さまざまな調理が可能。自動メニューは43種類あり、ダイヤルボタンでメニューを選択してスタートボタンを押すだけで操作が完了する優れものです。

庫内をスチーム加熱の力で洗浄する「清掃」機能と、ボイラー内部を洗浄する「ボイラー洗浄」機能の2種類の洗浄が存在。長く愛用したい方でも清潔に使用できます。

オーブンレンジのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

オーブンレンジのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。