キッチンになくてはならない存在の電子レンジ。今では、単純に食材を温めるレンジ機能以外にも、食材を焼くオーブン機能、水蒸気で加熱するスチーム機能など、多くの機能を搭載したモデルが販売されています。

しかし、価格帯で見ると1万円以下で購入できるモノから高いモノでは10万円近いモノまでピンキリ。そこで今回は、電子レンジ・オーブンレンジの基礎知識とおすすめランキングをご紹介。理想の1台を見つけ出してください。

電子レンジ・オーブンレンジの種類

単機能電子レンジ

By: amazon.co.jp

電子レンジ機能だけを搭載した製品のこと。購入してきた冷凍食品や飲み物を温めたり、冷凍していたひき肉を解凍したりといった調理しか行わないのであれば、単機能電子レンジが適しています。多機能モデルと比べて操作がシンプルな点に加え、本体がコンパクトであることや、価格がリーズナブルなところも特徴。自炊をしない方やレンジの調理機能を使わずに料理を済ませる方には単機能電子レンジがおすすめです。

なお、購入の際は、出力(W数)調整機能、本体サイズ、製品特有の機能などは、最低限確認しておいてください。

単機能電子レンジについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

電子オーブンレンジ

By: amazon.co.jp

通常の電子レンジに「オーブン機能」を追加したモノが「電子オーブンレンジ」。「焼く」「煮る」などの調理が可能になり、料理のレパートリーを増やせるのが特徴です。さらに、近年では油を使わずに揚げる「ノンフライ機能」や蒸気の力で加熱する「スチームオーブン機能」などを搭載していることもあります。

単機能電子レンジと比べると、大型モデルも多数存在しているのがポイント。上下二段に分かれていて、別々の調理を同時に行えるような製品もあります。

また、一般的にオーブンレンジは高機能なモデルも多いため、調理以外の便利機能も注目したいポイント。例えば、自動調理メニューが備えられているだけではなく、下ごしらえのレシピが液晶画面上に表示されるモデルや音声ガイドで操作方法まで解説してくれるモデルが存在。このようなモデルがあれば、料理が苦手な方でも自炊に挑戦できます。

ガスオーブン

By: amazon.co.jp

ガスオーブンとはその名の通り、ガスの力で焼くオーブンのこと。日本の食卓ではあまり馴染みがありませんが、10万円前後の価格から卓上ガスオーブンが販売されています。

ガスオーブンの特徴は、電気式オーブンと比べて火力が強いところ。ピザやパンを調理するときでも外側がパリッとした仕上がりになります。ほかにも、熱が庫内にいきわたるのが早く予熱時間が短い点やガスオーブン自体が大きいため一度に大量の食材を調理できるといった特徴はガスオーブンならではのメリットです。

コンベクションオーブン

By: amazon.co.jp

コンベクションオーブンは、食材を均一に焼き上げるオーブンのこと。コンベクションとは「対流」のことであり、オーブンに搭載されたヒーターで加熱しながら、内部のファンを使用して熱風を庫内で対流させるのが特徴です。この仕組みによって食材を包み込むようにして焼き上げられます。

コンベクションオーブンは、オーブン機能以外にも上側のヒーターで表面を一気に焼き上げる「グリル機能」、下側のヒーターでゆっくり加熱する「スローベーク機能」など、多くの機能を搭載しています。トースターの購入を検討しているなら、より多くの料理に対応できるコンベクションオーブンがおすすめです。

コンベクションオーブンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

電子レンジ・オーブンレンジの選び方

庫内の容量をチェック

一人暮らしは「20L以下」

By: amazon.co.jp

一人暮らしなら、20L以下のサイズがおすすめ。あまり大きいサイズだと、冷蔵庫の上などに置いても不安定になり、設置スペースを確保できない場合があります。このサイズでは、単機能電子レンジが有力な候補です。

二人暮らしは「25L前後」

By: rakuten.co.jp

二人暮らしなら、25L前後のサイズがおすすめ。このサイズには多機能モデルも多く存在しており、1~2人用の自動メニューを備えていることもあります。このサイズの電子レンジで購入候補が複数ある場合、自動メニューの多さや機能性で選ぶのもよいでしょう。

3〜4人家族は「30L前後」

By: panasonic.jp

3~4人家族なら、30L前後のファミリー向けの電子レンジがおすすめです。また、内部が2段調理設計で同時に別々の調理ができる機能や、一度にトーストが4枚焼ける機能を搭載していると、忙しい時でも便利に使えます。容量だけではなく、いかにして複数の料理に活用できるかを考えて購入するのがよいでしょう。

ターンテーブルの有無をチェック

ムラなく温められる「ターンテーブル式」

By: rakuten.co.jp

ターンテーブル式は、食材を乗せる土台が回転する方式。加熱のためのマイクロ波が一定方向からしか放出されないので、土台を回転させることで均一に温められます。

ターンテーブル式のメリットは価格が安い点。後述するフラットタイプより構造がシンプルなので、少しでも安い価格のレンジが欲しいならターンテーブル式のモノがおすすめです。

大きな食材にも対応できる「フラット式」

By: amazon.co.jp

フラット式は、食材を乗せる土台が回転しない方式。庫内がマイクロ波を拡散させる構造で、食材を回転させなくてもムラなく加熱できるのが特徴です。

フラット式のメリットは、ターンテーブル式と比べより多くの食材を乗せられるところ。例えば、コンビニの弁当を温める場合、ターンテーブル式だと運転中に庫内で引っかかってしまう場合もあります。しかし、フラット式なら運転中にテーブルが回らずうまく温められないといった心配は必要ありません。

スチーム機能をチェック

大量にスチームを出せる「タンク式」

By: kadenfan.hitachi.co.jp

給水タンクの水を使って水蒸気を発生させるのが「タンク式」です。大量のスチームを発生できるとともに、100℃を超える「過熱水蒸気」を発生できるのが特徴。通常の水蒸気は100℃前後ですが、それより高温の過熱水蒸気は「蒸す」だけでなく「揚げる」といった調理がスチームを使ってできます。

お手入れ簡単でリーズナブルな「角皿式」

By: amazon.co.jp

「角皿式」のスチームオーブンレンジは角皿に入れた水を使ってスチームを発生させるタイプ。構造がシンプルなので比較的リーズナブルなモデルで採用されている方式です。メンテナンスが簡単なのもポイント。ただし、過熱水蒸気は発生させないので、スチームを使って蒸し料理をするタイプのレンジです。

最高火力をチェック

By: amazon.co.jp

電子レンジの火力をチェックする時に重要となるのが「最高出力」。現行のラインナップでは、500〜1000Wほどのモデルが中心です。大皿料理の温めや肉魚の解凍をすることが多い方は、高めの出力のモノを選ぶと時間が短縮できて便利。一方、一人暮らしで、電子レンジを主に弁当やお惣菜の温めに使う方は500〜600W程度で充分です。

また、オーブン機能の性能を表しているのが「温度の調節範囲」。とりわけ、「最高温度」が高いオーブンレンジだと幅広い料理に対応できます。調節範囲は100〜250℃のモデルが一般的です。ハイエンドモデルの中には80〜300℃と幅広いオーブンレンジもラインナップされています。

ドアの開閉方式をチェック

狭いところにも置ける「縦開き」

By: toshiba-lifestyle.co.jp

ドアを手前に引いて開けるのが縦開き式です。左右のスペースが必要ないので設置しやすいのがメリット。またドアが台の代わりになるので、お皿を一時的に置けて便利です。しかし、冷蔵庫の上など高い場所に設置すると、ドアが開けづらい、ドアが邪魔となって容器の出し入れがしにくいというデメリットもあります。

高いところに置くなら「横開き」

By: rakuten.co.jp

横開き式レンジはドアが左あるいは右に開きます。そのため高いところに設置した場合、ドアが開けやすく食器の出し入れもしやすいのがポイント。ただし、開く方向にはモノが置けないのがデメリットです。

横開き式の場合は操作ダイヤルやスイッチなどが右側にあるタイプが主流のため、ドアが左側に開くタイプがほとんど。比較的リーズナブルでシンプルな単機能電子レンジなどに多い開閉方式です。

電子・オーブンレンジのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

幅広い家電を提供している大手家電メーカーのパナソニックは調理家電も豊富な製品構成が特徴。主力はスチームオーブンレンジの「ビストロ」とオーブンレンジの「エレック」シリーズです。

パナソニック製品は自動メニューの時短料理が多いのがメリット。2〜3人の煮物を10分で仕上げる「煮物10分」メニューなどが注目の機能です。LED庫内灯のオンオフやセルフクリーニング機能など、細かい点にも配慮した使い勝手のよいモデルがラインナップされています。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝オーブンレンジの特徴は、庫内の上部がドーム型をした「石窯ドーム」。上下2段の熱風オーブンと遠赤外線効果を活かした強い火力で調理できるのがメリットです。オーブンの最高温度がスタンダードモデルでも300℃、上位モデルでは350℃もの高温に達する製品もあります。

また35~95℃の温度で蒸し上げる「低温蒸し」など、自動メニュー数が多いのもポイント。大容量30Lでもコンパクトサイズのモデルが揃っています。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープは、液晶で有名な国内大手電機メーカーです。電子・オーブンレンジの世界では、いち早くヘルシーな調理ができる製品を投入したり、過熱水蒸気を世に知らしめたりするなど、挑戦的な試みが多いメーカー。

現在では、冷凍と常温など状態が異なる食材を同時に調理する機能や、音声対話で調理する機能など、家電の操作が苦手な方にもおすすめできる機種を販売しています。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立は、国内大手の総合電機メーカー。「ヘルシーシェフ」というブランド名で多くのオーブンレンジを販売しています。

日立が販売するレンジの特徴は、食材をはかるセンサー機能。温度を計る赤外線センサーや重さを計る重量センサーの力で、常に最適な温めを実現しています。完成度にこだわりたい方におすすめのメーカーです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

アイリスオーヤマはリーズナブルな家電を販売していることで有名な国内電機メーカー。電子・オーブンレンジの世界でも、他社と比べて安価な価格で製品を提供しています。

特に、過熱水蒸気機能を搭載したモデルが2万円程度で購入できるのは、大きなメリットです。操作がシンプルでサイズもコンパクトなモデルが多いため、一人暮らしの方にもおすすめできます。

電子レンジのおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) 単機能レンジ NE-E22A1

高出力850Wで自動温めができるパナソニックの電子レンジです。手動ではレンジ出力を700Wと500W、解凍用150Wの3段階で切り替えできます。庫内容量22Lと単機能レンジとしては大きめなので、2〜3人家族におすすめのモデルです。

注目のポイントは「連動調理」機能。高出力の700Wや500Wから低出力の150Wに自動で切り替えられます。煮物調理の際に加熱しすぎて風味を損なう心配がありません。さらに「自動温め」は蒸気センサーの働きで食材の温め具合を感知するので、最適の状態に温められる機能も搭載。50Hzの東日本でも60Hzの西日本でも使えるヘルツフリータイプの大型電子レンジです。

第2位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) IMB-F184

加熱室の幅が31.5cmのフラット式電子レンジ。庫内容量は18Lと小さめですが、フラットテーブルなので容器の出し入れがしやすく、大きめのコンビニ弁当も温められるのがメリットです。

出力は強700Wと弱500Wさらに解凍時200Wの三段階で切り替えできます。タイマーに解凍時のグラムが表示されており、温めの目安時間が一目で分かるので便利。機能がシンプルでリーズナブルなので、お弁当や冷凍食品を温めることが多い一人暮らしの方におすすめの電子レンジです。

第3位 シャープ(SHARP) RE-T2-W5

庫内容量20Lで、700Wと大きめの出力がメリットの電子レンジです。出力は700Wの他に、600Wと500W、400W、解凍から選べます。ダイヤルタイプの「光るデカタイマー」を採用しているので操作が簡単なのがポイントです。庫内は直径27cmのターンテーブル式。本モデルは50Hzの東日本専用ですが西日本で使える60Hzモデルもラインナップされています。

第4位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) IMB-T2201

庫内容量22Lなので二人暮らしの方におすすめの電子レンジです。出力は900Wと700W、500W、200Wの4段階で設定可能。900Wで温めれば仕上がりが早いのがメリットです。

湿度センサーを搭載しているので、ワンタッチで食べごろに温められるのもポイントのひとつ。東日本でも西日本でも使えるヘルツフリータイプの電子レンジです。

第5位 日立(HITACHI) HMR-TR221-Z5

容量22Lの大型単機能レンジ。庫内の幅が31.4cmと広く、大きめのコンビニ弁当も回りやすいターンテーブル式です。レンジ出力は600Wと500Wの温め、200Wと100Wの解凍から選べます。解凍を2つのワット数から選べるのがポイントです。また、タイマー表示は残り時間が確認しやすいLEDを採用しています。

第6位 パナソニック(Panasonic) PROシリーズ NE-1802

1800Wと高出力な業務用電子レンジです。家庭用ベーシックモデルの約3倍という高出力。上下からマイクロウェーブを発生させるので、ムラができにくく調理時間が短いのがポイントです。しかも出力は1800Wや1700Wなどの高出力から解凍用の250Wや150Wまで10段階と細かく設定できるので、さまざまな料理に対応できます。

ボディは熱や水に強いオールステンレス製。ドア開閉30万回のテストもクリアしているので、耐久性が高いのがメリットです。

容量18Lの庫内はメンテナンスしやすいフラットタイプ。天板も取り外して丸洗いできます。ヘルツフリーなので東日本と西日本で利用可能。単機能電子レンジとしては10万円超えと比較的高価ですが、調理時間が短く耐久性に優れているので電子レンジを使うことの多い方におすすめのモデルです。

電子レンジのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

電子レンジのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

オーブンレンジのおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) エレック NE-MS235

自動メニューが充実したオーブンレンジです。容量23Lなので2〜3人家族におすすめ。庫内は食材を多めに入れられるフラット式を採用しています。

比較的リーズナブルな価格ながら自動メニュー数は42パターンと豊富です。パナソニックのオーブンレンジで人気の機能「煮物10分」も搭載。肉じゃがやかぼちゃの煮物などが手軽に作れます。照り焼きやグラタンなどの「焼き物」、唐揚げといった「揚げ物」、さらには角皿式スチームを使った茶碗蒸しやプリンなどの「蒸し料理」とさまざまなメニューがラインナップしているのもポイントです。

電子レンジ出力は1000Wとパワフル。オーブンレンジ出力は1360Wで温度調節範囲が100〜250℃なので幅広い料理に対応できます。料理好きの方におすすめのコンパクトなオーブンレンジです。

第2位 シャープ(SHARP) 過熱水蒸気オーブンレンジ RE-SS10C

油を使わずに「揚げ物」「焼き物」ができるヘルシー志向の過熱水蒸気オーブンレンジです。庫内は31Lと大容量。フラット式なので、大きめの食材も出し入れしやすくメンテナンスも簡単です。

短時間で手軽に調理できる自動メニューが充実しているのがポイント。「5分おかず」メニューを使えば4人分のおかずがスピーディに作れます。また1人分の丼ものも3分で調理可能です。

さらに、絶対湿度・赤外線・温度のトリプルセンサーを搭載しているので、温めや解凍メニューも高機能。「冷凍食品」機能は、時間やワット数を設定することなく温めてくれます。失敗しがちな冷凍食品の温めも簡単。解凍は「サックリ解凍」と「全解凍」の2つのモードを搭載しています。サックリ解凍を使えば、包丁で切れる状態まで解凍。使う分だけ切り取って残りは再び冷凍できます。2万円台という安さも魅力のオーブンレンジです。

第3位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) オーブンレンジ MO-T1601

1万円前後と格安ながらレンジ・グリル・オーブン機能を搭載したアイリスオーヤマのオーブンレンジです。庫内容量が16Lと小さいので一人暮らしの方におすすめ。電子レンジ出力は650Wと500W、200Wから選択できます。重量センサーと温度センサーを備えており、スタートボタンを押せば温度や時間は自動設定されるので操作も簡単です。

オーブン・グリルのヒーターは上下2段式。上ヒーター出力が750W、下が450Wで合計1200Wと充分な性能です。オーブンの温度調節範囲は100〜200℃と控えめですが、手動で40℃の発酵温度も選べるので、パンやケーキ作りも楽しめます。

ヘルツフリーなので東日本でも西日本でも使用可能です。「インバーター式」を採用しており、他タイプのヘルツフリーモデルより高出力なのがポイント。一人暮らしでも本格的料理をしたい方におすすめのリーズナブルなオーブンレンジです。

第4位 東芝(TOSHIBA) 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム 30L ER-SD7000

オーブン温度100〜350℃という高い火力が魅力の東芝石窯ドームシリーズモデル。容量30Lの庫内天井部がドーム構造をしており遠赤外線効果で食材を強力に加熱できるのがメリットです。

電子レンジ出力は高出力の1000Wをはじめ600W・500Wと食材に合わせて選べます。解凍時の出力は200Wと100Wが選択可能。解凍は「お急ぎ解凍」「スチーム全解凍」の2モード、いずれも少量50gから解凍できるので便利です。素早く蒸せる約100℃の「お手軽蒸し」のほか、じっくり蒸せる35~95℃の低温蒸し機能を搭載しているので多彩な蒸し料理に対応できます。

自動メニュー数470とメニュー数も充実しているので、手軽に幅広い料理が楽しめるのも大きなメリットです。鉄板ホーロー製の深皿と遠赤包み焼き角皿も付属しています。

第5位 日立(HITACHI) スチームオーブンレンジ ヘルシーシェフ 30L MRO-VW1-R

オーブン出力1360Wで温度調整範囲が100~300℃と広範囲なのが魅力のスチームオーブンレンジです。発酵温度も30〜45℃の間で5度ごとに4段階設定できます。

電子レンジは短時間高出力機能搭載。オート料理の際に、1000Wの高出力で最大3分間温めできます。マニュアル設定は温め料理が800Wと600Wさらに500W、解凍も200Wと100Wから選べるのが特徴です。

ヘルシーメニュー43種類とノンフライメニュー24種類、そしてスピードメニュー50種類と自動メニューも充実。フラットな庫内や外して丸洗いできるテーブルプレートなどを採用しているので、メンテナンスしやすいスチームオーブンレンです。

第6位 パナソニック(Panasonic) スチームオーブンレンジ ビストロ NE-BS1500

高機能で定評があるパナソニックのスチームオーブンレンジ「ビストロ」シリーズのハイエンドモデルです。庫内30Lの大容量モデルながら、高さ45cmのスペースに設置できるのがメリット。業界最小クラスのコンパクトさです。

新たに「チタンコートグリル皿」を採用しており、前モデルよりグリル性能を向上させているのが特徴。反射率の高いチタンが、熱を反射して上部ヒーターの温度上昇を促進し、前モデルに比べて33メニューの調理時間が短縮されています。オーブン出力は1380Wで、温度調節範囲が80〜300℃と幅広いのもメリットです。

「自動お手入れコース」を利用すればメンテナンスも簡単。庫内の脱臭や洗浄さらにはクエン酸洗浄が行えます。大火力と自動メニューの充実ぶり、そしてメンテナンス性がハイクオリティで、時短調理可能なスチームオーブンレンジです。

第7位 シャープ(SHARP) 過熱水蒸気オーブンレンジ RE-V90B

タンク式スチーム機能を採用しており、たっぷりの過熱水蒸気で調理できるオーブンレンジです。過熱水蒸気とヒーターで加熱するので、ヘルシーなノンフライ調理からしっとり温めまでさまざまな料理に対応しています。

温め機能が充実しているのがポイント。市販の冷凍食品などが自動で温められるのでワット数や時間を入力する必要がありません。また「スチーム温め」も便利な機能。ラップを使わなくても食品をパサつかせることなく、しっとり仕上げられます。さらに「自動トースト」機能も搭載しているので、外はカリッと中はしっとりとしたトーストが作れます。

メンテナンスが簡単なのもポイントのひとつ。高温のスチームで洗浄する「庫内クリーンモード」を備えているので、気になるニオイやしつこい油汚れも落とせます。庫内26Lと大きめの容量ながら、高さ34.5cmと低いので設置しやすいのもメリットです。

第8位 東芝(TOSHIBA) 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム ER-SD3000

天井部分がドーム形状をした東芝石窯ドームシリーズのスタンダードモデルです。大容量30Lの庫内は汚れが付きにくく、お手入れも簡単なセラミックコーティングが施されています。

オーブン出力は上下2段の熱風ヒーターを採用しており、100〜300℃と広範囲なのがポイント。幅広い料理に対応可能なオーブンレンジです。50gという少量の肉や魚を解凍できるほか、低温での蒸し料理もできます。「ホワイトバックライト大型液晶」を装備しているので、各種表示も見やすいモデルです。

第9位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スチームオーブンレンジ MS-2401

電子レンジとオーブン、グリルさらにスチーム機能を有しながら、価格1万円台というコスパの高さが魅力のスチームオーブンレンジ。しかもスチーム機能は本格的なタンク式過熱水蒸気タイプです。庫内容量は24Lなので2〜3人家族におすすめ。開閉は縦開き式、庫内はフラット式で食材の出し入れがしやすいのがポイントです。

リーズナブルなモデルですがメニュー数は43種類と充実しています。そのうち12種類はスチームを使用する自動メニュー。赤外線センサーが料理の表面温度を感知して調理時間やスチーム量などを自動調整してくれます。

グリルやオーブンは上下にそれぞれ680Wのヒーターを装備。上部ヒーターは平面タイプを採用して焼きムラを軽減してくれます。温度調節範囲は100〜250℃。お手頃価格のスチームオーブンレンジを探している方に、チェックして欲しいモデルです。

第10位 日立(HITACHI) ベーカリーレンジ ヘルシーシェフ MRO-SBK1

ベーカリー機能が充実した日立のスチームオーブンレンジです。食パン1斤をねりから焼き上がりまで、わずか90分で仕上げられるのがメリット。過熱水蒸気を用いた熱風で焼き上げるので、中はしっとり、外はカリッと香ばしいパンができます。ねり・混ぜ機能を使用すればパンの他にもケーキやパスタなども自家製できるのが特徴です。

スチームとオーブンそして電子レンジ機能を組み合わせた「焼き蒸し」は食材を裏返すことなくしっかり加熱できます。油を使わずに調理できるほか、食材の余分な脂肪分や塩分を落とせるのがメリットです。

オーブン出力は1340Wの高出力で、温度調整範囲も100〜300℃と幅広い料理に対応できます。和食131、ヘルシー料理143、ノンフライ料理51などメニュー数も豊富。庫内容量が33Lと他モデルよりひと回り大きいのもメリットです。

第11位 東芝(TOSHIBA) オーブンレンジ 16L ER-R16-W

高さ29.3cmで庫内容量16Lとコンパクトなターンテーブル式のオーブンレンジです。オーブンは上下2段のガラス管ヒーターを装備しており最高温度は200℃。オートトースト機能を利用すれば6枚切り食パン2枚が約7分でトーストできます。

ベーシックモデルでも電子レンジは850Wの高出力なので冷たい料理も短時間で温められるのがメリット。重量センサーを搭載しているので、細かい設定をすることなく自動でスタートします。薄暗いキッチンでも見やすいオレンジバックライト液晶を採用。文字や操作キーも大きいので幅広い年代の方が使いやすいオーブンレンジです。

第12位 ツインバード工業(TWINBIRD) センサー付フラットオーブンレンジ DR-E852W

シンプルで簡単操作が魅力のオーブンレンジです。センサーを搭載しているので、料理や食材の量ごとに加熱時間を設定する必要がありません。使用頻度が多いメニューは専用ボタンを装備。ワンタッチで加熱スタートできるのがポイントです。

容量18Lの庫内は食材を多めに入れられるフラット式で、ドアは左右にモノがあっても設置できる縦開き式。機能はシンプルですが、1万円台とリーズナブルなので価格を抑えたい方におすすめのオーブンレンジです。

オーブンレンジのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

オーブンレンジのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。