キッチンの必需品ともいえる「電子レンジ」。最近の電子レンジには、食材を温める以外にもこんがり焼き上げるオーブン機能や、水蒸気で蒸したり揚げたりできるスチーム機能などさまざまな機能が備わっています。

しかし、電子レンジの機能やサイズ、価格帯は製品によって大きく異なるため、事前にチェックしておくことが重要です。そこで今回は、電子レンジのおすすめモデルをご紹介します。基礎知識や選び方も合わせて解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

電子レンジの選び方

種類で選ぶ

単機能電子レンジ

By: amazon.co.jp

「単機能電子レンジ」とは、電子レンジの基本機能である「あたため機能」のみを搭載した製品です。食材を温めたり解凍したりできれば十分という方には、単機能電子レンジが適しています。そのほかの種類に比べると、製品の仕様や操作方法がシンプルなので、気軽に使用できるのが特徴。

また、本体サイズは比較的コンパクトなタイプが多いため設置スペースを確保しやすく、価格がリーズナブルなのもポイントです。なお、製品によっては、温めたい食材を指定することで適温に調節してくれる「自動あたため機能」を搭載しているモノもあります。購入時には、出力調整機能などの基本的な機能と合わせて、製品特有の機能が搭載されているかをチェックしてみてください。

電子オーブンレンジ

By: amazon.co.jp

「電子オーブンレンジ」とは、温め機能に「オーブン機能」を追加した製品です。「焼く」「煮る」といった調理が可能になるほか、製品によっては油を使わずに揚げ物ができる「ノンフライ機能」などを搭載しているモノもあるので、料理のレパートリーを広げたい方におすすめ。

また、高機能で実用性に優れた製品が多いのも特徴です。多彩な自動調理メニューを備えているモデルや、上下二段に分けて二品同時調理が楽しめるモノ、下ごしらえのレシピが液晶画面に表示されるモノ、音声ガイド付きのモノなどがあります。

最近のモデルは、じっくり調理する時間がとれない方や料理が苦手な方でも簡単に調理できる機能を搭載しているのが特徴。調理シーンで電子レンジを最大限に活用したい方におすすめです。

スチームオーブンレンジ

By: amazon.co.jp

「スチームオーブンレンジ」とは、スチーム機能を備えた電子オーブンレンジです。「焼く」「煮る」調理に加え、蒸気の力を利用して「蒸す」調理が可能になるほか、蒸気で食材の水分をキープしながら素早く温められるのが特徴。食材がもつ旨味や栄養素を逃さずに加熱できるので、おいしく調理したい方におすすめです。

なお、スチームオーブンレンジは機能性が優れている分やや価格の高いモデルが多いため、予算と相談をしながら購入する必要があります。また、サイズは比較的大型なので、購入の際には事前に設置スぺースをしっかり確保しておきましょう。

過熱水蒸気オーブンレンジ

By: amazon.co.jp

「過熱水蒸気オーブンレンジ」は、スチームオーブンレンジの一種です。スチームオーブンレンジには、庫内の鉄板や角皿に入れた水を使ってスチームを発生させる「角皿式」と、本体に搭載された専用タンクの水を使って300℃以上にも達する「過熱水蒸気」を発生させる「タンク式」の2種類があり、過熱水蒸気オーブンレンジは「タンク式」に分類されます。

過熱水蒸気は、強力な熱エネルギーをもっているため、水蒸気の力で食材を焼いたり焦がしたりできるのに加え、食材に含まれている油だけで揚げ物を作れるのが特徴です。また、上下二段に分けて二品同時調理が楽しめるモノ、下ごしらえのレシピが液晶画面に表示されるモノなど機能性に優れているのも特徴。

なお、過熱水蒸気オーブンレンジもやや高額なモデルが多いため、予算と機能性を見比べたうえで、重視したいポイントに合わせて購入してみてください。

庫内容量で選ぶ

一人暮らしには小型の20Lで十分

By: amazon.co.jp

電子レンジを選ぶ際には、庫内容量のチェックも必須です。一人暮らしの場合には、20L以下の小型サイズがおすすめ。

サイズが大きすぎると設置スペースの確保が難しく、不安定な場所に設置すると、転倒や落下による大きなケガや火災に繋がってしまう恐れもあります。

中型の25Lは二人暮らしにおすすめ

By: amazon.co.jp

25L前後の中型サイズは、二人暮らしにおすすめです。中型サイズにはある程度機能が充実している製品が多く、温める以外の機能を活用できるほか、1~2人用の自動メニューを備えているタイプもあります。

製品特有の機能に注目しながら、備わっている自動メニューの数やチャレンジしたい調理方法に合わせて、ぴったりの一台を選びましょう。

大型の30Lはファミリー向け

By: amazon.co.jp

30L前後の大型サイズは、3人以上の世帯におすすめ。大型サイズは、比較的高さがあるので十分な設置スペースが必要です。しかし、製品によっては左右や後ろにスペースをとらなくても安全に使用できるモノもあります。

また、機能性に優れたモデルが多いのもポイント。中には電子レンジ内部を二段設計にすることで、同時に2種類の調理を楽しめたり、一度に多くのパンを焼けたりするモノもあります。なるべく時間をかけず効率的に調理したい方にもおすすめです。

庫内の構造で選ぶ

ムラなく温められる「ターンテーブル式」

By: amazon.co.jp

「ターンテーブル式」とは、食材を乗せるための丸い土台が回転するタイプです。加熱に必要な「マイクロ波」が一定方向からしか放出されませんが、土台を回転させることでマイクロ波を全体に当てて、均一に食材を温められます。

ターンテーブル式は、構造がシンプルでリーズナブルな価格帯のモデルが多いので、気軽に購入できるのがメリット。しかし、大きな食材を温める場合、ターンテーブルが回転する際に庫内で引っかかってしまい、加熱にムラが出てしまうケースがあるので注意が必要です。

大きな食材にも対応できる「フラットテーブル式」

By: amazon.co.jp

「フラットテーブル式」は、マイクロ波を庫内に拡散させる仕組みを整えているため、ターンテーブル無しでもムラなく食材を加熱できるタイプです。庫内の下面に直接食材を置いて容量いっぱいにスペースを使えるため、一度に多くの食材を温められるほか、大きなモノが庫内で引っかかってしまう心配もありません。

また、庫内を掃除する際もわざわざターンテーブルを取り外す必要がないので、手入れが簡単なのも特徴。しかし、高性能ゆえに、フラットテーブル式の価格は、ターンテーブル式に比べるとやや高額です。予算と相談をしながら、購入を検討してみてください。

扉の開閉方向で選ぶ

狭いところにも置ける「縦開き」

By: amazon.co.jp

電子レンジのドアを縦に引いて開けるタイプが「縦開き」です。縦開きタイプは、左右にスペースを設ける必要がないため設置しやすいのに加え、開いたドアは台の代わりとして使えるので、温め過ぎた食材やお皿を一時的に置いておけるのがメリット。

しかし、高い場所に設置するとドアが開けにくかったり、ドアが邪魔になって庫内への出し入れがしにくかったりというデメリットがあります。低い位置からの出し入れが多い場合は、注意が必要です。

設置場所の高さに関係なく置ける「横開き」

By: amazon.co.jp

「横開き」は、電子レンジのドアが左右どちらかに開くタイプです。横開きタイプは、比較的リーズナブルな単機能レンジなどで使われています。上下に空間ができるので低い位置からでもドアを開けやすく、庫内への出し入れも簡単にできるのがメリットです。

しかし、左右のスペースをしっかり確保していないと十分にドアが開かないのがデメリット。なお、横開きタイプは本体右側に操作パネルやスイッチが付いているモデルが多いので、ドアが左側に開くモノが主流です。設置したい場所を踏まえたうえで、適したモノを選びましょう。

最高出力・最高温度をチェック

電子レンジの最高出力は製品によって異なり、500~1,000Wまで幅があります。出力が高いほど加熱時間を短縮できるので、素早く温めたい方は最大出力の高いモデルがおすすめ。なお、温めたい食材によっても適したW数は異なるので注意が必要です。

コンビニ弁当やお惣菜など調理済みのモノを温める場合は、熱を加えすぎると味が落ちてしまうので、高いW数を選んで短時間で加熱するのがおすすめ。一方で、弱火で長時間熱を加えたい煮込み料理や、均一に熱を通したい冷凍した肉魚などは、低いW数でじっくり温めるとしっかり加熱できます。

また、オーブン機能の性能をチェックできるのが温度の調節範囲です。一般的には100〜250℃のモデルが主流で、中には最高温度300℃と高温の調理が可能なハイエンドモデルも販売されています。カリっと焼き上げた本格的なピザなどおいしさにこだわりたい方は、要チェックです。

設置場所に収まるかどうかを確認

電子レンジはサイズが大きく重量もあるため、設置スペースの確認が重要です。不安定な場所に設置して落下してしまうのを防ぐためには、どの程度のサイズであれば安全に設置できるか、また、設置場所は水平であるかどうかを事前に把握しておく必要があります。

さらに、電子レンジは稼働中に熱をもつので、熱を逃がすための「放熱スペース」をしっかりと確保することが必須。このスペースが十分に確保されていなかった場合、製品や壁が過熱して発火してしまったり、壁が変色してしまったりする恐れもあります。熱に弱い壁材や家具の近くへの設置を避け、できるだけ余裕をもってスペースを確保しましょう。

機能をチェック

センサー

By: amazon.co.jp

製品によっては、食材の重さを計る「重量センサー」や、食品から発生する蒸気を感知できる「蒸気センサー」、湿度を感知できる「湿度センサー」、赤外線で食材表面の温度を感知できる「赤外線センサー」などの機能が搭載されています。

これらの機能を備えたモデルは最適な加熱時間を自動でチェックしてくれるので、手間を掛けずにおいしく仕上がるのが魅力。より簡単に調理を楽しみたい方におすすめです。

二段調理

By: amazon.co.jp

「二段調理」は、オーブンレンジに搭載されている機能のひとつで、クッキーなどのお菓子やパンを同時にたくさん焼き上げられるのが特徴です。それぞれの段で異なる調理もできるので、時短効果にも期待できます。

また、熱効率が高く加熱時にムラが出にくいため、短時間でおいしく仕上がるのも魅力です。複数調理や大量の料理を作りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

自動メニュー数

By: amazon.co.jp

「自動メニュー」とは、決められた分量の食材を入れてボタンを押すだけで、自動で温度や湿度をコントロールしながら調理できる便利機能です。製品によっては、200を超える自動メニューを搭載しているモノもあります。

手間を掛けずにさまざまなメニューをおいしく調理できるので、料理のレパートリーを広げたい方にぴったり。初心者の方でも簡単においしい料理を作れるのが魅力の機能です。

電子レンジのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

大手家電メーカー「パナソニック」の調理家電は、豊富なラインナップが特徴です。中でも人気を集めているのは、スチームオーブンレンジ「ビストロ」とオーブンレンジ「エレック」シリーズ。

同ブランドのモデルは自動メニューに登録されている時短料理が多く、忙しい時もおいしい料理をすぐ作れるのが魅力です。そのほかにも、狭い場所でも設置できるコンパクトタイプの製品や、面倒な手入れの手間が省ける「セルフクリーニング機能」を備えたモノなど、使い勝手のよいモデルをラインナップしています。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

白物家電の日本におけるパイオニアとして知られる大手家電メーカー「東芝」。同メーカーの電子オーブンレンジは、庫内上部がドーム型になっている「石窯ドーム」が特徴です。最高温度が350℃に達するハイエンドモデルもリリースされており、遠赤外線効果を活かした強い火力でしっかりと焼き上げます。

また、自動メニューも多く搭載されており、石窯ドームならではのおいしさが楽しめる多彩な調理に挑戦できるのもポイント。30Lの大容量でありながら薄型コンパクト設計のモデルがラインナップされています。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

独自のイオン「プラズマクラスター」技術で知られている大手メーカー「シャープ」。電子レンジ・オーブンレンジの分野では、いち早く過熱水蒸気を導入したことでも知られています。

また、同ブランドの中には冷凍状態から一気に調理できる機能や、「さっくりあたため」「しっとりあたため」「スポットスチームあたため」など温め方を選べる機能が搭載されていたり、「ビタミン保存メニュー」「カロリーダウンメニュー」などのヘルシーなメニューが多数登録されていたりするなど、便利機能が充実。初心者でも快適に調理が楽しめるモデルが揃っています。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

国内の大手電気機器メーカー「日立」。同メーカーの販売している電子レンジは、食品の重さと温度を測って火加減をコントロールする「Wスキャン調理」機能を備えていたり、丸洗いできるセラミック製のテーブルプレートを採用していたりするなど、実用性に優れているのが特徴です。

また、同ブランドの中には高温の熱風オーブンで「練り」から「焼き」まで自動で食パンを作れる機能や、「練り&混ぜ」機能でピザの生地やパスタ、うどんなどを簡単に作れる機能も備えています。自動メニューを活用して、手軽にさまざまなメニューにチャレンジしたい方におすすめです。

バルミューダ(BALMUDA)

By: amazon.co.jp

2003年に設立された国内メーカー「バルミューダ」。家電を通して感動体験を提供することを目指している同ブランドの製品は、国内外のデザイン賞を多数受賞しています。中でも電子レンジは、シンプルで使いやすい仕様なので、さまざまな調理を簡単に楽しめるのが特徴です。

また、操作音が楽器の音で構成されているユニークな機能を備えているほか、表面には指紋の付きにくいコートを施しているため汚れが目立ちにくいのも魅力。シックな佇まいでおしゃれにキッチンを彩ってくれる、おすすめのブランドです。

電子レンジのおすすめモデル|単機能電子レンジ

パナソニック(Panasonic) 単機能レンジ NE-E22A1

本製品は、出力を700、500、150Wの3段階に手動で切り替えられるほか、高出力から低出力へ自動で切り替わる「連動調理」を搭載しているのが特徴。連動調理機能を使えば、煮物などを温める際に熱を加えすぎてしまうのを防げるのに加え、米を入れたボウルにラップをして温めるだけでおいしいご飯が炊けます。

また、「蒸気センサー」の働きで温め具合を感知して、ご飯やおかず、冷凍した食品を適温に温めてくれる「自動あたため機能」が備わっているのもポイントです。なお、本体は約9.4kgの軽量設計でありながら庫内容量は22Lと比較的大きいので、2~3人の家族にぴったり。ヘルツフリータイプで地域を選ばずに使用できる、おすすめの電子レンジです。

シャープ(SHARP) 単機能 電子レンジRE-TS3-W5

本製品は、「絶対湿度センサー」機能によりワンタッチで適温に温められるのが特徴です。自動で温めてくれるので、電子レンジを使い慣れていない子どもやお年寄りでも簡単に使用できます。また、加熱終了後にドアが開いていない場合はお知らせ音が鳴る「取り出し忘れ防止機能」が付いているのもポイント。

なお、200、500、600、700Wの4段階から出力を選べるため、用途に合わせて使い分けもできます。庫内は20Lなので、コンビニ弁当などの大きめのモノをゆったり入れられるのも魅力。液晶画面の数字は大型で見やすく、使いやすい電子レンジです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電子レンジ IMB-F184-5

リーズナブルな家電を多く販売している「アイリスオーヤマ」。本製品は、フラットテーブルを採用しているので大きめのお弁当などもムラなく均一に温められるのが特徴です。また、拭くだけで簡単に手入れができるのも魅力。

出力は、200、500、700Wの3段階で切り替えられます。タイマーには、解凍する際に食材の重さにあわせた加熱時間の目安が記載されているのもポイント。庫内容量は18Lと小型サイズであり価格もリーズナブルなので、温め機能や解凍機能が使えればよいという方におすすめです。

電子レンジのおすすめモデル|電子オーブンレンジ

バルミューダ(BALMUDA) BALMUDA The Range

直観的に使えるシンプルな機能とおしゃれなデザインが特徴の電子レンジです。100、500、600、800Wの4段階から選べる「手動あたためモード」に加え、高め、低めの出力調整をしたうえで適温に温めてくれる「自動あたためモード」も備わっています。

また、「飲み物モード」やご飯の杯数を選べる「冷凍ごはんモード」、50g単位で重量を設定できる「解凍モード」などがあり、シーンに合わせて使い分けられるのもポイント。さらに、「オーブンモード」では100〜250℃を10℃単位で設定し、発酵や予熱もできます。キッチンに置いているだけでスタイリッシュな空間を演出してくれる、デザイン性の高いおすすめモデルです。

日立(HITACHI) オーブンレンジ MRO-RT5

本製品は、使いやすいシンプルなモデルでありながら、最大出力950Wと素早く加熱ができるのが特徴です。「コンビニ弁当」「冷凍ごはん」「飲み物・牛乳」「トースト」などのよく使うコースがダイレクトキーとして備わっているので、手軽に使用できます。

また、出力は100、200、500、600Wの4段階から手動で設定できるほか、温度は最高250℃に設定できるので、調理の幅が広がるのもポイント。自動メニューには、10分間で作れる蒸し物や煮物などの時短メニューがあります。脱臭機能も搭載しており快適に使用できる、おすすめの電子レンジです。

電子レンジのおすすめモデル|スチームオーブンレンジ

パナソニック(Panasonic)オーブンレンジ NE-MS264

自動メニューで煮物やパスタが約10分で作れる人気の電子レンジです。また、揚げずにヘルシーに楽しめる「ノンフライメニュー」で調理できるのもポイント。自動メニュー使用時には1~4人までの人数設定ができるため、シーンに合わせて使用できます。

なお、加熱ムラを軽減させる「スイングサーチ赤外線センサー」やキッチンタイマーが備わっているので、快適に調理が楽しめるのも魅力。さらに、自動お手入れ機能も搭載されています。時短で作れる自動メニューを使いこなして、多彩な調理を楽しみたい方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) スチームオーブンレンジ 石窯ドーム ER-SD70

本製品は赤外線センサーを搭載することで、アイスや生チョコなどの微妙な温度調整が必要な食品も、好みに合わせて温められるのが特徴。また、唐揚げやエビフライなどのヘルシーなノンフライ調理もできます。

さらに、独自の石窯ドーム構造を採用することにより、庫内全面から放出される遠赤外線効果と「角皿スリット」による熱対流の効果で高火力を実現し、おいしさを閉じ込めて一気に焼き上げるのもポイント。出力は100、200、500、600、1000Wと幅広く切り替えられます。コンパクト設計でありながら庫内の横幅は39cmと広いので、出し入れしやすいのも魅力。実用性の高いモデルを探している方におすすめです。

電子レンジのおすすめモデル|過熱水蒸気オーブンレンジ

シャープ(SHARP) 過熱水蒸気オーブンレンジ RE-SS10B

庫内全体にまんべんなく循環する熱風により、スピーディーに二段調理が楽しめる電子レンジです。過熱水蒸気の力で揚げ物や焼き物を楽しめるほか、二段調理を活かしたさまざまな自動メニューが搭載されているので、ふっくらおいしいパンやお菓子をたくさん作りたい方におすすめ。

また、赤外線センサーで温度を感知しながら包丁で切れる状態まで解凍する「サックリ解凍」機能を搭載しているため、使う分だけ食材を切って残りは再度冷凍できるのもポイントです。さらに、エネルギーを効率よく使える「1,000Wインバーター」を採用しているので素早く加熱できるほか、温める際は仕上がり温度を5℃刻みで調節できます。機能性に優れたモデルを探している方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) ビストロ スチームオーブンレンジ NE-BS1500

熱を反射する「チタンコートグリル皿」とグリル皿裏面の温度を上げる「新・高温フェライト」を導入したオーブンレンジ。マイクロ波を制御することで高火力での時短調理を実現させているのが特徴です。

また、食品の分量などをチェックしてムダな加熱を防ぐ省エネ機能や、ムラを抑えて芯までほぐせる解凍機能、温度の異なる二品を同時に適温まで温められる機能などが搭載されています。さらに、オーブン調理中に好みのタイミングでスチームを入れることも可能。茹で卵から本格オーブン料理まで多彩な自動メニューを搭載した、おすすめの電子レンジです。

シャープ(SHARP) ヘルシオ AX-AW500

シャープ独自のサービス「COCORO KITCHEN」を搭載した電子レンジです。対話をすることで必要な操作画面の呼び出しや、おすすめメニューの提案をしてくれるのが特徴。話しかけるだけで設定ができるので、簡単に調理が楽しめます。

また、過熱水蒸気と赤外線ムーブセンサー、温度センサーの働きにより程よく均一に焼き上げられます。冷凍や冷蔵、常温の食材を一緒に並べて「炒める」「蒸す」などの調理方法を選ぶだけで、最適に調理してくれるのもポイントです。さらに、庫内クリーン機能や庫内乾燥機能なども付いているので手入れも簡単。料理が苦手な方でも手間なくおいしく調理できる、機能性の高いモデルです。

日立(HITACHI) ヘルシーシェフ MRO-SV3000

本製品は、食品の重量を計る「トリプル重量スキャナー」と温度を計る「センター赤外線スキャナー」を組み合わせた日立独自のWスキャンにより、ムラなくしっかり温められるのが特徴。また、マイクロ波で発熱させたグリル皿と表面を焼き上げる平面グリルヒーター、最高300℃にも達する高火力によって、カリっとおいしいグリル料理が作れます。

さらに、過熱水蒸気によるヘルシーメニューを含む全124種類の自動メニューを揃えているため、調理の幅が広がるのもポイントです。調理中の庫内はLEDライトによって明るく照らされるほか、庫内幅は40cmとワイドなので出し入れも簡単。庫内容量は33Lと大容量なのに加え、二段調理にも対応しているので、大人数のファミリーにおすすめの電子レンジです。