食材のあたためや解凍から本格的な料理までこなせる、調理に必須のアイテム「電子レンジ」。一人暮らし向けの単機能レンジから、スチームを使った高性能なモノまで幅広いラインナップがあり、どれを選ぶべきか迷ってしまう方も多いはずです。

そこで、今回は電子レンジのおすすめ製品を種類別にご紹介。選び方についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

電子レンジの種類

単機能レンジ

By: jp.sharp

単機能レンジとは、食材をあたためるだけのシンプルな機能を搭載した電子レンジのこと。小型のモノが多く省スペースに設置できるので、一人暮らしでキッチンのスペースが狭い方にもおすすめです。

単機能レンジには、出力ワット数と時間をダイヤルで設定できる「ダイヤル式」とマイコンでワンタッチで操作できる「ボタン式」の2種類が存在。細かく設定して使いたい方はダイヤル式、設定するのが面倒でボタン1つで簡単に使用したい方はボタン式がおすすめです。

また、低価格帯の単機能レンジのなかには、周波数帯が異なるモデルもあるので注意が必要。西日本と東日本では対応している周波数帯が異なるため、購入する前に自分の住んでいる地域の周波数帯を確認しましょう。特に引っ越しが多い方は、両方の周波数帯に対応できるヘルツフリーのモデルがおすすめです。

オーブンレンジ

By: jp.sharp

オーブンレンジは、食材をあたためるレンジとしての機能に加えて、本格的な調理ができるオーブン・グリル機能が搭載された電子レンジのこと。現在最も主流のタイプであり、一人暮らしでちょっとした料理も楽しみたい方におすすめです。

単機能レンジに比べて多機能なため、ボタン式を採用しているモデルがほとんど。サイズもやや大きめなので、購入する際は設置できるか事前にサイズを調べておきましょう。

オーブン調理やグリル調理がおこなえるため、ケーキなどのお菓子作り、肉を焼いたりなどさまざまな調理が可能。ただ、オーブン機能を使ったトーストは両面焼くのに不向きなので、しっかりトーストしたい方はオーブントースターを併用するか、トーストの両面焼きに対応したモデルを選んでみてください。

スチームオーブンレンジ

By: rakuten.co.jp

スチームオーブンレンジは、オーブンレンジに水蒸気を使った調理機能を加えた電子レンジのこと。サイズ的にはオーブンレンジとさほど違いはありませんが、調理できる料理数も多く、高額なモデルが多いのが特徴です。

スチームの方式は主に水をはった耐熱皿を庫内へ入れてスチームを発生させる「角皿式」と、タンクの中で水を沸騰させて発生させたスチームを庫内へ送る「水タンク式」の2種類が存在。茶碗蒸しなど手軽なスチーム料理をメインで扱う方は、リーズナブルな角皿式で十分ですが、ヘルシーメニューなどスチームの効率を重視する方は水タンク式がおすすめです。

過熱水蒸気搭載オーブンレンジ

By: panasonic.jp

加熱水蒸気搭載オーブンレンジは、その名の通り過熱水蒸気を利用してヘルシーな調理がおこなえる電子レンジ。過熱水蒸気とは、沸点を超えて発生した水蒸気をさらに加熱した水蒸気のことで、通常の水蒸気のように蒸すだけでなく、焼く調理もできるのが特徴です。

過熱水蒸気を使って焼くため、余計な油や塩分を落とすことが可能。外側はカリッとさせつつ内側の水分を保てるので、熱風だけで焼いたモノとは違う食感を楽しめます。

調理できるメニュー数の多さなど、多機能な分ほかのタイプに比べてやや高価なので、予算を考慮したうえで選んでみてください。

電子レンジの選び方

設置場所に合わせてサイズをチェック

By: jp.sharp

電子レンジを選ぶうえで設置場所に合ったサイズを選ぶのは重要なポイント。基本的に電子レンジは本体の天面・背面・側面に放熱スペースを確保する必要があります。

モデルによって吸気口や排気口の位置が異なるので、塞がないように考慮して設置しましょう。特にスチーム式のモノは置き場所に制限があることが多いので注意が必要です。

庫内の容量をチェック

By: jp.sharp

電子レンジを選ぶ際、あたためるモノのサイズや利用人数に対応した庫内の容量を選ぶことも重要。特に一人暮らしでそこまで料理をしない方であれば、20L以下のコンパクトタイプで十分使えます。

ただ、一人暮らしでも頻繁に料理をする方や、作り置きをしたい方は20〜25L程度は欲しいところ。家族の人数が3人以上と多い方は、30L以上の大容量タイプを選ぶと安心です。

扉の開き方をチェック

By: toshiba-lifestyle.co.jp

キッチンの広さや設置場所によって、扉の空き方も重要なポイントです。特に横開きの場合、右開きか左開きかは要チェック。利き手によって開けやすさに違いがでますが、設置場所の高さに左右されにくく、一人暮らしで冷蔵庫の上に設置する場合でも使いやすいのがポイントです。

一方、縦開きの場合利き手に左右されず、複数人で利用しても汎用的に開けやすいのが特徴。極端に高い場所に設置すると開けにくくなりますが、基本的に設置場所を選ばないので、利便性を重視するのであれば縦開きがおすすめです。

料理メニューの種類をチェック

By: jp.sharp

電子レンジで料理をする機会が多い方は、調理メニューの種類も考慮して選んでみてください。マイコンが搭載されているモデルのなかには、さまざまなオートメニュー機能が搭載されているモノも存在。オートメニュー機能は食材を入れてボタンを押すだけで簡単に調理ができるので、料理が苦手な方にもおすすめの機能です。

お菓子作りやパンづくりなど調理できるモノは複数ありますが、高性能になるほどメニューの種類は多くなります。スチーム調理ができるタイプであれば、50種類以上のメニューがあるモノもあるのでチェックしてみてください。

各種センサー類をチェック

By: jp.sharp

高性能な電子レンジにはあたためや調理がしやすくなるセンサーが搭載されているモデルもあります。電子レンジに搭載されているセンサーは主に赤外線センサーや温度センサー、湿度・蒸気センサー・重量センサーの4種類。利便性を重視したい方はセンサーの有無やどんな種類のセンサーが搭載されているのかチェックしましょう。

赤外線センサーは食材の表面の温度を測ってあたためる温度を調節するセンサーのこと。主にお菓子作りやパン作りなどで重宝します。食材ではなく庫内の温度を測れる温度センサーは、オーブンやグリル調理をする際に便利なセンサーです。

湿度・蒸気センサーは食材から発生する水分量を測って加熱温度を調節するセンサーで、お弁当やおかずのあたためなどをする方に人気。食材の重さを測ってあたため温度を調節する重量センサーは、大きめの食材をあたためる機会が多い方におすすめです。

自炊が少ない一人暮らしなら単機能がおすすめ

By: twinbird.jp

自炊の頻度が低く、お弁当やおかずのあたためがメインの一人暮らしの方は単機能レンジがおすすめです。

特にこれから新生活を始める方はほかの家具・家電を揃えなければいけないため、電子レンジもできるだけ安く購入したいはず。単機能レンジであればあたためなど必要最低限の機能を備えつつ、リーズナブルに購入できます。また、そこまで料理をしないのであれば、20L前後の容量があれば十分です。

調理頻度が多いなら高性能なモデルを

By: jp.sharp

電子レンジを使ってお菓子作りやパン作りなど、本格的な調理を頻繁にする方は、メニュー数が多い多機能なモデルがおすすめ。特にお菓子やパン作りをしたい方は上下2段で同時に調理できる「2段調理機能」を搭載したモデルが便利です。

家族の人数が多い方は庫内の容量も余裕を持って30L以上は欲しいところ。高性能な電子レンジを使いこなすことで、時短できたり、凝った料理も作れるようになったりするので、料理が好きな方はぜひ検討してみてください。

電子レンジのおすすめメーカー

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

ヘルシーな調理が魅力の人気シリーズ「ヘルシオ」をラインナップするシャープ。過熱水蒸気搭載オーブンレンジが人気で、健康に気をつけた調理がしたい方におすすめです。

また、オーブン加熱を使わず、過熱水蒸気だけで焼く調理ができる「ウォーターヒート技術」を搭載したモデルも人気。食材本来の旨味を残しつつ、ヘルシーに調理したい方はぜひチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

電子レンジ・オーブンレンジで人気の「エレック」シリーズやスチームオーブンレンジで人気の「ビストロ」シリーズを展開しているパナソニック。リーズナブルなモデルから高性能なハイエンドモデルまで豊富なラインナップがあるのが特徴です。

上位モデルには食材の温度を瞬時に測れる「高精細・64眼スピードセンサー」を搭載したモデルや、タッチパネルで直感的に操作できるモデルも存在。高級感あるデザイン性も魅力で、インテリアに馴染みやすいおしゃれな電子レンジを探している方にもおすすめです。

日立(HITACHI)

By: rakuten.co.jp

お手入れしやすいフラットタイプの電子レンジを多くラインナップする日立。なかでも、「ヘルシーシェフ」は人気で、他メーカーより比較的リーズナブルに購入できるのが特徴です。

ノンフライや過熱水蒸気調理ができるスタンダードモデルもラインナップ。上位モデルはプレートを取り外せるので、庫内を清潔に保てます。ベーカリー機能を搭載したモデルもあるので、本格的なパンを手軽に作れるのも魅力です。

電子レンジのおすすめモデル|単機能

シャープ(SHARP) 電子レンジ RE-TF17S

機能がシンプルで利便性に優れた単機能の電子レンジ。500Wの出力に対応しており、加熱時間もダイヤル式で簡単に設定できるのが特徴です。また、加熱時間を設定せずに自動であたためられる「絶対湿度・温度センサー」を搭載しているのも魅力のひとつ。市販の冷凍パスタやお弁当も、細かい設定をせずにちょうどよい温度にあたためられます。

庫内はお手入れがしやすいフラットタイプを採用しているのもポイント。大きめのお弁当や食材も楽に出し入れできます。さらに、全国関係なく使用できるヘルツフリーに対応。庫内の容量も17Lとコンパクトなので、一人暮らしの方におすすめの電子レンジです。

パナソニック(Panasonic) エレック 単機能レンジ NE-E22A3

22Lとやや多めの庫内容量を備えた単機能の電子レンジです。出力は150・500・700Wの3段階で切り替えが可能。高出力から低出力へ自動で切り替える「連動出力」を搭載しており、ごはんや煮物などの調理をできるのが特徴です。

さらに、850Wのインバーターと「蒸気センサー」を搭載しているのも魅力のひとつ。ボタンを押すだけで、ごはんやおかずから牛乳などの飲み物まで自動であたためられます。

食材の重量を設定するだけで自動で解凍できるのもうれしいポイント。一人暮らしで少し自炊をする機会がある方におすすめの電子レンジです。

日立(HITACHI) 電子レンジ HMR-FT183

800Wのインバーター制御により、パワフルなあたためが可能な単機能の電子レンジです。間口は29.5cmとワイドな設計になっており、大きめのお弁当や食材を手軽に出し入れできるのが特徴。さらに、庫内にはフラットタイプを採用しているので、汚れが簡単に拭き取れて、長く清潔に保てます。

ワンタッチで手軽に操作できるのも魅力のひとつ。3つのオート調理を搭載しており、仕上がりも弱・中・強の3段階で調節できます。あたためだけでなく、解凍に対応しているのもうれしいポイント。ヘルツフリーなので、引っ越しが多い方にもおすすめです。

東芝(TOSHIBA) 単機能レンジ ER-SS17A

ワンタッチで手軽に操作できる単機能の電子レンジ。最大900Wと大出力に対応しており、スピーディーに食品をあたためられるのが特徴です。間口29.3cmと広めなため、大きめのお弁当やお皿も入ります。

食品のあたためには「あたため」「冷凍ご飯・冷凍おかず」「のみもの」「お弁当」の4つのコースを搭載。メニューもシンプルなので、機械の操作が苦手な方でも簡単に使用できます。利き手に左右されない縦開きを採用しているのも魅力のひとつ。設置場所に困っている方にもおすすめです。

庫内はお手入れしやすいフラットタイプを採用。ヘルツフリーなので、引っ越しが多い方もぜひ検討してみてください。

ツインバード(Twinbird) 電子レンジ DR-D419W5

リーズナブルながら利便性に優れた単機能の電子レンジです。表記されている文字のサイズを大きくすることで、視認性を向上。小さい子供から高齢者の方まで、幅広い層で使いやすいのが特徴です。出力は700Wとパワフルなあたために対応。食品の解凍や料理など、さまざまなシーンで便利に使えます。

本体には大型のダイヤルを2つ配置。タイマーに関しては使用頻度の多い5分まで広い間隔で表示されているので、あたため具合を細かく調節できます。ただ、東日本に対応した50Hzの周波数帯でしか使用できない点に注意が必要。一人暮らしで、コスパよく電子レンジを購入したい方におすすめです。

電子レンジのおすすめモデル|オーブンレンジ

シャープ(SHARP) オーブンレンジ RE-WF18A

幅45.5×高さ33×奥行37.5cmとコンパクトながら食品の出し入れがしやすいワイドな間口を採用した18Lのオーブンレンジ。「絶対湿度・温度センサー」を搭載しており、冷凍パスタなどを細かい設定なしで自動であたためられるのが特徴です。

シンプルな操作なので、使いやすいのも魅力のひとつ。ヒーターの加熱により、ノンフライ調理やトーストもこなせます。ディスプレイにはバックライト液晶を採用。室内が暗くてもくっきり見やすいのもポイントです。おしゃれなデザインの電子レンジを探している方もぜひ検討してみてください。

シャープ(SHARP) オーブンレンジ RE-F18A

ボタン操作を減らすことで、直感的な操作を可能にした18Lのオーブンレンジ。「絶対湿度・温度センサー」を搭載しているので、冷凍パスタなどを出力ワット数や加熱時間を設定しなくても自動であたためられるのが特徴です。

オーブンのヒーターを使った調理として、油を使わないノンフライ調理やトーストなども可能。中はしっとり表面はカリッとした仕上がりを実現します。自動で調理できるメニューが35種類あるのも魅力のひとつ。一人暮らしで料理が好きな方におすすめです。

高級感がありインテリアに馴染みやすいデザインもポイント。サイズもコンパクトなので、省スペースに設置したい方にもおすすめです。

日立(HITACHI) オーブンレンジ MRO-RT5

庫内容量18Lと一人暮らしにピッタリのコンパクトなオーブンレンジ。使用頻度の多い「飲み物・牛乳」「コンビニ弁当」「トースト」「冷凍ごはん」の4種類のダイレクトキーを搭載し、手軽に操作できるのが特徴です。最大出力950Wとパワフルなあたために対応。「10分蒸し物」「10分煮物」など、短時間で調理できるスピードメニューを搭載しているのもポイントです。

庫内は食材の出し入れや手入れが簡単なフラットタイプを採用。お弁当を入れても、回らないので角がぶつからずにあたためられるのもうれしいポイントです。ノンフライ調理機能により、健康に気を使ったヘルシーな調理ができるのも魅力のひとつ。一人暮らしで料理を頻繁にする方におすすめの電子レンジです。

バルミューダ(BALMUDA) The Range K04A

高級感あるデザインを備えながらシンプル操作を実現した18Lのオーブンレンジ。直感的に操作できる利便性のよさが特徴です。「自動あたため」モードではごはんやおかず、お弁当のあたためが可能。ワット数や時間などを細かく設定できる「手動あたため」モードも備えているので安心です。

コーヒーやミルクなどをあたためられる飲み物モードや、解凍モードも搭載。メニューを選んでボタンを押すだけで使用できます。次の操作などをわかりやすく表示するディスプレイを搭載しているのも魅力のひとつ。操作音に楽器の音を採用しているのもポイントです。

東芝(TOSHIBA) オーブンレンジ ER-S18

間口29.6cmとワイドで大きめの食材やお弁当も出し入れしやすい18Lのオーブンレンジ。リーズナブルながら、さまざまな調理がおこなえるコスパのよさが特徴です。庫内はフラットタイプを採用。大きいモノを出し入れしやすく、お手入れが簡単なのもうれしいポイントです。

オーブンの温度は100〜250℃まで設定でき、ノンフライ調理やグリル調理などが可能。自動調理メニューも26種類搭載しているので、さまざまな料理にチャレンジしたい方にもおすすめです。

電子レンジのおすすめモデル|スチームオーブンレンジ

パナソニック(Panasonic) エレック オーブンレンジ NE-MS266

まとめて料理を作り置きできる15メニューの「つくりおき」を搭載した26Lのスチームオーブンレンジ。1台であたため・解凍・グリルの3種類の調理をシーンに合わせて選べるのが特徴です。

角皿によるスチーム調理を使えば、通常作るのに手間がかかる茶碗蒸しなども手軽に調理可能。プリンやガトーショコラ、チーズケーキなどお菓子作りをしたい方にもおすすめです。

冷凍された肉を下ごしらえしやすい状況にできる「全解凍」を搭載しているのも魅力のひとつ。マイクロ波をらせん状に放射することで、解凍のムラを減らせます。背面部分を壁にピッタリ設置できるのもうれしいポイント。省スペースにすっきり設置したい方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) 角皿式スチームオーブンレンジ ER-TD70

庫内がワイドかつフラットタイプで利便性に優れた26Lのスチームオーブンレンジ。加熱速度が速く、旨味を閉じ込めた調理ができる「石窯ドーム」を採用しているのが特徴です。油を使わずに調理できる「ノンフライ調理」に対応しているのも魅力のひとつ。ヘルシーに仕上げられるので、健康に気をつけたい方にもおすすめです。

赤外線センサーを採用しており、好みの温度であたためが可能。ボタンひとつでお弁当や食材を手軽にあたためられます。自動メニューを87種類搭載しているのもうれしいポイント。料理が苦手な方でも料理のレパートリーを増やせます。

本体サイズは幅48×高さ35×奥行39cmと庫内容量に対してコンパクト設計。キッチンのスペースが確保しにくい1〜2人暮らしの方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) スチームオーブンレンジ ER-S60

高火力と熱対流により食材の旨味や水分を閉じ込めて調理ができる「石窯ドーム」を採用した23Lのスチームオーブンレンジ。こねるなどの面倒な作業をせずに、約1時間程度で手軽に手作りパンが作れるのが特徴です。

本体サイズは幅48×高さ32.5×奥行39cmと庫内容量に対してコンパクト設計。パネルやボタンを下部に配置することで、大容量ながら省スペースにスッキリ設置できます。

角皿式のスチーム機能を搭載しており、油で揚げないヘルシー調理も可能。余分な油や塩分をカットしつつ調理できます。73種類の自動メニューを搭載しているのもポイント。普段使いはもちろん、本格的な手作りパンを楽しみたい方にもおすすめの電子レンジです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スチームオーブンレンジ MO-FS2403

手軽にスチーム料理が作れるコスパの優れた24Lのスチームオーブンレンジです。スチーム用のカップに水を入れて食材と共に庫内へ入れるだけで簡単にスチーム調理が可能。ピザやトースト、ハンバーグなどもふっくら仕上げられるのが特徴です。

スチーム調理をおこなうことで食材をヘルシーに仕上げられるのもポイント。余分な油や塩分をカットし、旨味を残しつつ健康に気をつけた料理が作れます。

また、11種類の自動調理メニューを搭載しているのも魅力のひとつ。メニューに合わせて加熱モードと調理時間を自動で調節するので、細かい設定をせずにさまざまな調理ができます。庫内はフラットテーブルを採用しているため、お手入れも簡単。費用を抑えつつ本格的な料理も楽しみたい方におすすめの電子レンジです。

山善(YAMAZEN) YRK-F251SV

料理初心者から上級者まで幅広く使える利便性に優れた約25Lのスチームオーブンレンジ。リーズナブルながらあたための速度が速く、出力200・500・600・1000Wから選んで調理できるのが特徴です。

ピザやケーキなどを調理できる19種類の自動メニューを備えているのも魅力のひとつ。加熱モードや時間なども細かく設定せずに調理できるので、誰でも簡単に美味しい料理が作れます。

スチーム機能により、余分な油や塩分をカットしつつふっくら仕上げられるのもポイント。比較的安価なので、初めてスチームオーブンレンジを買う方にもおすすめです。

電子レンジのおすすめモデル|過熱水蒸気搭載オーブンレンジ

シャープ(SHARP) ヘルシオ ウォーターオーブン AX-XA10

AIを搭載し、より高い性能と利便性を備えた30Lの過熱水蒸気搭載オーブンレンジ。AI技術「COCORO KITCHEN」により、家庭の使用スタイルに応じた季節や時間帯ごとのメニューを提案できるのが特徴です。AI技術により、操作に迷ったときや献立に悩んだときも音声でスマートに解決。料理初心者の方や機会が苦手な方でも簡単に扱えます。

また、ヘルシオ特有の過熱水蒸気のみで調理できる機能も魅力のひとつ。スチームで調理することで、食品に大量の熱が伝わり、美味しくヘルシーに仕上げられます。

庫内の上下2段で主菜と副菜を同時に調理する「まかせて調理」などさまざまな便利機能を搭載。高性能な分、高価なので、本格的な料理に挑戦したい方や長く使える便利な電子レンジが欲しい方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) ビストロ スチームオーブンレンジ NE-BS906

食材を両面しっかり焼けるビストログリル皿を付属した高性能な30Lの過熱水蒸気搭載のオーブンレンジ。沸騰判定を2段階おこない、火力をコントロールする「高精細・64眼スピードセンサー」を搭載しているのが特徴です。

マイクロ波を吸収して発熱するグリル皿を使えば、フライパンで調理したかのような仕上がりに。約3分で500℃近くまで加熱するので、スピーディーに調理できます。

とろみや肉・魚の温度をしっかり測定できる「とろみセンシング」を搭載しているのも魅力のひとつ。自動メニューも168種類と豊富に用意されているので、さまざまな料理にチャレンジできます。

グリル皿で庫内を仕切ることで、集中的にスチームを噴射できる「スピードスチーム機構」を搭載しているのもポイント。餃子や茶碗蒸しなどを蒸し器同等の仕上がりにできます。家族が多い方で本格的な料理を電子レンジでこなしたい方におすすめです。

日立(HITACHI) ヘルシーシェフ 過熱水蒸気オーブンレンジ MRO-W1Y

食品の分量に合わせて加熱をコントロールできる「Wスキャン」を搭載した30Lの過熱水蒸気搭載オーブンレンジです。食品の重さと表面温度を測って加熱モードや時間を調節。ムラなく解凍やあたためなどを自動でこなせるのが特徴です。

人気レシピサービス「クックパッド」の殿堂入りしたレシピや、食品メーカーとコラボしたオートメニューを搭載。手軽に10分程度で作れるスピードメニューも備えているので、料理が苦手な方にもおすすめです。

高火力で素早く調理できる「300℃熱風2段オーブン」を備えているのも魅力のひとつ。242の自動メニューを搭載しているので、さまざまな料理にチャレンジできるのもうれしいポイントです。セラミック製の白いテーブルプレートを採用しているのも利点。汚れても簡単に拭き取れるので、お手入れがしやすい大容量の電子レンジを探している方にもピッタリです。

日立(HITACHI) ヘルシーシェフ 過熱水蒸気オーブンレンジ MRO-S8Y

食品の分量に応じて自動で調理できる高性能な重量センサーを搭載した31Lの過熱水蒸気搭載オーブンレンジ。重量センサーに加えて、蒸気の発生と温度を測る蒸気・温度センサーも備えているので、ちょうどよい温度で自動で調理できるのが特徴です。クックパッドの殿堂入りレシピから厳選された5レシピを収録。本格的な料理を自宅で手軽に作れます。

分量が同じ2品をまとめて加熱できる「2品同時あたため」機能や過熱水蒸気を使ったノンフライ調理など便利な機能を多数搭載しているのもポイント。取り外しができるセラミック製のテーブルプレートを採用しているので、汚れが落としやすくお手入れも簡単にできます。大容量で健康に気を使ったヘルシーメニューを作りたい方におすすめの電子レンジです。

東芝(TOSHIBA) 過熱水蒸気オーブンレンジ ER-VD3000

300℃の高火力でスピーディーに美味しく調理できる30Lの過熱水蒸気搭載スチームオーブンレンジ。熱風2段オーブンで食材の旨味や水分をギュッと閉じ込める「石窯ドーム」を採用しているのが特徴です。食材の中までしっかり加熱できる「庫内まるごと遠赤」を採用しているのも魅力のひとつ。中まで火が通りにくいハンバーグなども、しっかり火が通りジューシーに仕上げます。

食材やお弁当をムラなくあたためられる「大型アンテナ」を搭載しているのもポイント。食品の位置と分量を見極めてごはんやパンなどさまざまな食材を効率的にあたためられます。庫内の壁面や角皿が微細な粒子でコーティングされており、汚れが付きにくいのも利点。付いた汚れもサッと拭き取れるので、お手入れが面倒な方にもおすすめです。