デジタルオーディオプレーヤーやスマホなどで音楽を鑑賞する際に使用するイヤホン。タイプとしては「カナル型」と「インナーイヤー型」の2種類に分類されます。

そこで今回は、カナル型イヤホンとインナーイヤー型イヤホンの違いを解説。おすすめモデルもご紹介するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

カナル型イヤホンとインナーイヤー型イヤホンの違い

カナル型イヤホンの特徴

By: amazon.co.jp

カナル型のイヤホンは、耳栓型のイヤースピースを耳の中に入れるようにして装着します。外れにくく、密閉性が高いので音漏れも少ないほか、低音や細かい音の描写が聴き取りやすいことが特徴です。

なお、耳の中に入れ込む装着方法には慣れが必要な場合があり、長時間使用すると耳が違和感を覚える場合もある点には留意しておきましょう。

カナル型イヤホンはどんな人におすすめ?

By: shure.com

最近のイヤホン市場はカナル型の製品が多くラインナップされています。価格も性能も幅広く、選択肢が多いのが魅力です。そのため、Bluetooth機能やノイズキャンセリング機能、ハイレゾ対応のイヤホンが欲しいなら、幅広いラインナップを揃えているカナル型が適しています。

カナル型イヤホンは空間表現が苦手ですが、音を発するドライバーユニットがバランスド・アーマチュア(BA)型やハイブリッド型のモノはこのデメリットを克服できます。空間表現力の高いカナル型イヤホンを探している方は、ドライバーユニットが特徴的なモデルに絞って探しましょう。

インナーイヤー型イヤホンの特徴

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型イヤホンは、耳の表面の耳介と呼ばれる部分にイヤホンのパーツをひっかけて装着するタイプ。空間表現力が高く、録音現場の広さや空気感を表現できるのがインナーイヤー型イヤホンの強みです。

しかし、接着面が少ないため外れやすいのがデメリット。また、音漏れがしやすい点にも注意が必要です。

インナーイヤー型イヤホンはどんな人におすすめ?

By: urbanista.com

インナーイヤー型イヤホンは、カナル型イヤホン特有の装着感・閉塞感が苦手な方におすすめです。また、アコースティック楽器がもつ特有の雰囲気や録音現場の広さなど、音の響く空間表現を優先的に聴き取りたい方にも適しています。

外部の音が遮断できるカナル型に比べ周辺の音も入ってきやすく、外でも安全に使用できるイヤホンが欲しい方にもおすすめのイヤホンです。

カナル型イヤホンとインナーイヤー型イヤホンの選び方

遮音性で選ぶ

By: sennheiser.com

イヤホンを選ぶ際に重要な遮音性。カナル型は耳の中に入れ込むので、遮音性に優れています。騒がしい場所でも音楽に集中したい方や、屋外や公共の場所で音漏れを気にせず使用したい方はカナル型のモノをチェックしてみてください。対するインナーイヤー型は遮音性が低く、大音量で再生すると音漏れしてしまうため注意が必要です。

音質で選ぶ

By: urbanista.com

イヤホンを選ぶ際、音質も重要なポイントです。カナル型は内耳に近いところで音が響くため低音に強く、繊細な音の描写力に優れています。ダイレクトな音の迫力を求める方にはカナル型イヤホンがおすすめです。

インナーイヤー型は若干低音が弱めですが、臨場感がある音の広がりを楽しめます。録音現場のリアルな空間表現やアコースティックの演奏を楽しみたい方には、自然な音の響きを楽しめるインナーイヤー型がおすすめです。

装着感で選ぶ

By: amazon.co.jp

イヤホンは耳に直接触れるアイテムなので、装着感も大切なポイント。スポーツをしながら使用したい方や、外れにくいイヤホンが欲しい方にはカナル型がおすすめです。しかし、長時間使用すると耳に疲労感を覚えることもあるほか、イヤーピースが耳垢で汚れるため定期的に汚れを拭き取るようにしましょう。

インナーイヤー型は、カナル型イヤホン特有の密着感が苦手な方におすすめ。カナル型に比べるとイヤーピースのサイズがやや大きいので、耳の形やサイズが合わないと痛くなってしまう点には注意しておきましょう。

カナル型イヤホンのおすすめモデル

アップル(Apple) AirPods Pro MWP22J/A

アクティブノイズキャンセリングを搭載したApple純正の完全ワイヤレスイヤホンです。ノイズキャンセリングと外音取り込みモードをiPhoneやiPad、感圧センサーの長押しで手軽に切り替えられるので、さまざまなシーンに対応できます。

また、Apple製品と相性がよい「H1チップ」を搭載しているのも魅力のひとつ。高偏位で歪みの少ない専用ドライバーにより、低音から中高音にいたるまでバランスに優れた高音質サウンドも兼ね備えています。

単体で約4.5時間、バッテリーケースと合わせれば合計24時間以上の再生が可能。高性能かつ高音質を実現したイヤホンを探している方におすすめです。

アンカー(ANKER) Soundcore Liberty Air 2 Pro

周囲の環境に応じてノイズキャンセリングモードを選べる完全ワイヤレスイヤホン。専用アプリ上で交通機関モード・屋内モード・屋外モードを切り替えれば、環境ごとのノイズを低減します。より音楽への没入感を高めたい方におすすめのモデルです。

また、イコライザー機能「HearID 2.0」を搭載しているのも魅力。アプリ上で音の聴き取りやすさを測定し、自分だけの「Hearing Profile」を自動作成できます。加えて、ヒップホップやロックなどの音楽ジャンルを掛け合わせられるため、自分好みのサウンドに調節可能です。

ノイズキャンセリングモードを利用した場合はイヤホンのみで最大6時間、充電ケースと併用して最大21時間使用できます。そのほか、短時間充電に対応しているのも嬉しいポイント。15分間充電すれば、約3時間の音楽再生が可能です。

▼【イヤホンをASMRで視聴】ノイキャン装備のANKER Liberty Air2 Proが高コスパすぎる!! / ワイヤレスイヤホンレビュー

ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM True Wireless 2 M3IETW2

クアルコム社の最新チップと独自開発の7mmドライバーを搭載した完全ワイヤレスイヤホン。原音を忠実に再現し、全音域のバランスがとれたクオリティの高いサウンドを実現しています。

イヤホン本体で遮音する「パッシブノイズキャンセリング」と、電気的にノイズを打ち消す「アクティブノイズキャンセリング」を融合した独自のノイズキャンセリング機能を搭載。静寂と高音質が両立されており、違和感のない自然な遮音効果が得られます。

バッテリー駆動時間は本体のみで約7時間。ケースと合わせれば、最大約28時間の使用が可能です。

ボーズ(Bose) 完全ワイヤレスイヤホン Sport Earbuds

ランニングやフィットネスをしながら快適に使用できるスポーツ向けの完全ワイヤレスイヤホンです。特許技術を投入した音響ポートと高効率ドライバーにより、コンパクトなボディながらも迫力のあるサウンドを実現しています。

ボーズ独自のアクティブイコライザーが搭載されているのもポイント。音量に合わせてサウンドを最適化し、自動的に低音と高音を調節します。音楽・ビデオ・人の声を常にバランスのとれた状態で楽しめるのも魅力です。

イヤーピースには、外れにくく快適にフィットする「StayHearMaxチップ」を採用。また、左右の本体背面にはタッチセンサーが搭載されています。運動中でも指先で素早く音楽の再生/停止・着信への応答ができるので便利です。

シュア(SHURE) AONIC 215 SE215SPE-B-TW1-A

人気モデル「SE215」をベースに開発されたシュア初の完全ワイヤレスイヤホン。一般的な完全ワイヤレスイヤホンとは異なり、バッテリーやアンテナ、基盤などの電源部とイヤホン本体が分離されているのが特徴です。

イヤホンと電源部は、リケーブルが可能なイヤホンに多く採用されている「MMCX規格」で接続されています。同規格に対応したイヤホンを電源部と接続すれば、メーカーやモデルを問わずワイヤレス化することが可能です。

イヤホン本体は、インイヤーモニターと同様の設計で作られているので、耳にしっかりとフィットし、高い遮音性が実現されています。また、周囲の音を取り込める外音取り込みモードも搭載されているおすすめのモデルです。

ヤマハ(YAMAHA) 完全ワイヤレスイヤホン TW-E3A

総合楽器メーカーであるヤマハが手がける初の完全ワイヤレスイヤホンです。音量に合わせて音のバランスを最適化する独自の機能「リスニングケア」を搭載。音量の大小を問わず自然で聴きやすいサウンドを再現し、過度な音量アップによる耳への負担を軽減します。

左右を独立して接続する「TWS Plus」に対応しており、音切れしにくい安定した接続性を実現。また、楽器をモチーフにしたシンプルなデザインと全4色の豊富なカラーバリエーションを揃えています。

IPX5の防水性能を備えているのも魅力です。さらに、バッテリー駆動時間は本体のみで約6時間。ケースと合わせれば、最長約24時間の音楽再生が可能です。

ソニー(SONY) 左右一体型ワイヤレスイヤホン WI-C310

最大約15時間の連続再生が可能な、ロングバッテリーを搭載した左右一体型ワイヤレスイヤホン。10分の充電で約1時間再生できる急速充電に対応しています。

9mm径のダイナミック型ドライバーユニットに高磁力ネオジウムマグネットを採用することで、クリアな中音域と重厚でパワフルな低音を再生可能。また、空気の通気量を調節する孔を小さくした筐体構造で、音漏れにも配慮されています。

カラーは、ブラック・ブルー・ホワイト・ゴールドの4色がラインナップ。ハウジングに内蔵されたマグネットと、絡まりにくいフラットケーブルにより、きれいにまとめられるので携帯時に便利です。

JVCケンウッド(KENWOOD) WOODシリーズ カナル型イヤホン HA-FW7

木の風合いを活かしたスタイリッシュデザインが特徴の有線イヤホン。「軽量8.5mmウッドドーム振動版」が搭載されており、ハイレゾ音源の繊細なニュアンスまで正確に再現します。

人間工学に基づいて設計された「エルゴノミックフィットフォルム」を採用しているのも魅力のひとつ。快適な着け心地を実現し、高いフィット感が得られます。

また、絡みにくいグルーブケーブルやL字型プラグを採用しているほか、ケーブルキーパーとポーチも付属。機能性に優れたおすすめのモデルです。

ファーウェイ(HUAWEI) FreeBuds Pro

基本性能が充実したカナル型イヤホンです。最大40dBの騒音を低減できる業界最高クラスの「アクティブノイズキャンセリング」を搭載。機内や電車内など周囲が騒がしいシチュエーションでも、お気に入りの音楽がストレスなく快適に楽しめます。

ノイズキャンセリングのレベルは用途やシチュエーションに応じて、ウルトラモード・標準モード・くつろぎモードの3種類から選択が可能。外部音取り込みモードを使えば、イヤホンを外さず周囲の音を確認できるのも大きなポイントです。

独自の「11mmウルトラマグネティックドライバー」と、自動イコライザー調節を組み合わせることで、パワフルかつダイナミックなサウンドを実現。音質にこだわりたい方にもおすすめのモデルです。

タオトロニクス(TaoTronics) SoundLiberty FREE TT-BH1001

価格と性能のバランスに優れたカナル型イヤホンです。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、充電ケースとの併用で最大40時間使える長時間駆動を実現。外出先でもバッテリー残量を気にせず好きなだけ音楽が楽しめます。

機能面では、長時間の安定した再生を実現する「McSync」、汗や雨に濡れても壊れにくい「IPX6」に対応。これ1台あれば、普段の通勤・通学からスポーツシーンまで幅広いシチュエーションで使えます。

中低域にメリハリのあるチューニングを施すことで、ダンスミュージックなどが気持ちよくリスニングできるのも特徴のモデルです。

アンカー(ANKER) Soundcore Liberty Air 2

高音質かつ低遅延なコーデック「apt X」に対応しているカナル型イヤホン。apt X対応のデバイスと繋げれば、高品質なサウンドで音楽を楽しめます。

専用アプリを使えば、イコライザー設定やタッチ操作のカスタマイズなども可能。また、音の聴き取りやすさをアプリ上で測定するHearID機能が搭載されており、自分の聴こえ方に合わせてサウンドを最適化できます。

通話時にマイクのノイズを低減するcVc8.0ノイズキャンセリング機能が搭載されているのもポイント。通話相手にクリアな音声を届けられるため、イヤホンを使って通話する機会が多い方におすすめです。

▼【Amazon売れ筋ランキング1位】コスパ最強レベルの完全ワイヤレスイヤホンが凄すぎた件について//Anker Soundcore Liberty Air 2

インナーイヤー型イヤホンのおすすめモデル

アップル(Apple) AirPods MV7N2J/A

本製品は2019年に発売された第2世代モデルです。「H1チップ」を搭載しており、デバイスとの接続や切り替えがスムーズにできるのが特徴。ワイヤレス接続の安定性も強化されています。

また、音声で「Siri」を呼び出すことが可能。ポケットやカバンからiPhoneを取り出す手間が省けるので便利です。

フル充電状態で、最大約5時間の再生と最大約3時間の連続通話が可能。ケースと組み合わせることで、24時間以上の再生と最大約18時間の連続通話ができます。

アーバニスタ(urbanista) 完全ワイヤレスイヤホン Stockholm Plus 40407

個性的な5色のカラーバリエーションがラインナップされている完全ワイヤレスイヤホンです。本体背面にはタッチコントロールが採用されており、音楽の再生や曲送り・曲戻し、通話への応答などのさまざまな操作が行えます。

内蔵マイクで、「Siri」などの音声アシスタントを使用することも可能。IPX4の防滴仕様なので、ちょっとした雨の日などでも安心して使用できます。

持ち運びに便利なコンパクトな充電ケースを備えているのも魅力のひとつです。イヤホン本体のバッテリー駆動時間は約3.5時間。充電ケースに収納すれば約5回の充電ができ、合計約20時間使用できます。デザイン性に優れたインナーイヤー型のイヤホンを探している方はチェックしてみてください。

サウンドピーツ(SoundPEATS) TrueAir2+

高音質なaptX Adaptiveコーデックに対応したインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホン。電波状況やデータ量に応じて転送ビットレートを変えるため、安定した接続と遅延の少ないサウンドを楽しめるのが特徴です。12.4mmの大口径ドライバーを採用しており、透明感のあるクリアな音質を実現しています。

片耳あたり約3.3gの軽さが魅力。装着感に優れており、耳への圧迫感や閉塞感を抑えた構造を採用しています。高音の抜けがよく、解放感のあるサウンドを楽しめるため、音質にこだわりたい方も安心です。

左右のイヤホンに高性能マイクを2基ずつ備えているのもポイント。ノイズキャンセリング技術も搭載しており、クリアな音声で通話ができます。IPX4相当の防滴仕様のため外でも使いやすいおすすめのモデルです。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WI-SP500

周囲の環境音も聞き取りやすい開放型のインナーイヤー型ワイヤレスイヤホン。ランニング時や通勤・通学時など、周囲の様子を確認しながら音楽を楽しみたい場合などに便利です。耳の形に合わせたイヤーチップを採用しており、激しい運動でも外れにくいため、トレーニング中にも使えます。

本体に操作ボタンを搭載しているのが特徴。耳元でスマホなどのプレーヤーを操作したり、ハンズフリー通話をしたりできます。また、スマホの音声アシスタント機能にも対応。スマホをポケットにしまったまま操作できます。

汗や水しぶきなどから本体を守るIPX4相当の防滴性能を備えているのも魅力。突然雨に降られた際も壊れにくく、安心して使えます。高音質なAACコーデックに対応したおすすめの製品です。

バング&オルフセン(Bang & Olufsen) ワイヤレス耳掛けイヤホン Earset

都会的なデザインとイヤーフックが特徴的な左右一体型ワイヤレスイヤホンです。独自設計の14.2mmダイナミックドライバーを搭載。疲労感のないオールラウンドなサウンドが楽しめるのが特徴です。

イヤーフックの角度や高さを細かく調節できるのもポイント。インナーイヤー型ながらも、優れたフィット感を得られるおすすめのモデルです。

ワンモア(1MORE) インナーイヤー型イヤホン EO320

大口径13.6mmドライバーを採用したインナーイヤー型の有線イヤホン。迫力のある低音域と綺麗な中音域を再現できるのが特徴です。開放型のイヤホンなので、広々とした音を表現できます。

ケーブルにケブラーファイバーを採用しているのが魅力。長寿命で絡みにくいため、同じ製品を長く使い続けられます。また、ケーブルの表面には2種類の素材を使用。摩擦を軽減するTPW素材も使われているため、強度が高く、毎日使用できます。

ケーブルにリモコンを搭載しているのもポイント。スマホを取り出さずに音量調節や曲選びなどを行えます。マイクも備えているため、ハンズフリーでの通話が可能。手ごろな価格で購入できる、コスパに優れた製品です。

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤー型イヤホン ATH-CM707

比較的リーズナブルながらも高音質な有線イヤホン。15.4mm径の大口径ドライバーを搭載することで、解像度に優れた中高域の再生を可能にしています。

さらに、低音の音抜けを補完するために「レゾナンスダクト構造」が採用されているのもポイント。精密切削アルミ合金のボディと高弾性エラストマー素材のクランクプッシュを採用することで、快適な装着感も実現されています。

本体のケーブルの長さは0.6mで、0.6mの延長コードが付属。利用シーンに合わせてコードの長さを調節して使用できます。

アーバンイヤーズ(URBANEARS) Luma 1005553

スタイリッシュなデザインが魅力のインナーイヤー型イヤホン。カラーバリエーションは、ウルトラバイオレット・ダスティホワイト・チャコールブラック・ティールグリーンの全4色から選択可能で、ファッション感覚で自分好みの色が選べます。

雨の日やトレーニング中も安心して使えるIPX4の防水性能や、さまざまな操作がワンタッチで行えるタッチコントロール、置くだけで充電できるワイヤレス充電など、基本性能も充実。

低音域から高音域までバランスよく再生できる「大口径13mmドライバー」を採用しているのも魅力のひとつです。

フーグイノベーションズ(FUGU INNOVATIONS) CARD20

重量わずか3.5gのインナーイヤー型イヤホン。両耳で装着しても重量は約7gと軽いため、長時間のリスニングでも疲れにくくなっています。付属の充電ケースは薄さ13.4mmとコンパクトで、 財布や名刺入れなどに収納が可能。どこにでも気軽に持ち運んで使えます。

ほかにも、周囲の騒音を軽減するノイズキャンセリング、高音質・低遅延で音楽が楽しめる「apt X」、ケースから取り出すだけで使える自動ペアリングなど、便利な機能を多数搭載。

イヤホン本体は、IPX5の防水性能を備えているので、汗や雨を気にせずにさまざまなシチュエーションで使えます。