デジタルオーディオプレーヤーやスマホなどで音楽を鑑賞する際に使用するイヤホン。タイプとしては「カナル型」と「インナーイヤー型」の2種類に分類されます。

そこで今回は、カナル型イヤホンとインナーイヤー型イヤホンの違いを解説。おすすめモデルもご紹介します。

カナル型イヤホンとインナーイヤー型イヤホンの違い

カナル型イヤホンの特徴

By: amazon.co.jp

カナル型のイヤホンは、耳栓型のイヤースピースを耳の中に入れるようにして装着します。外れにくく、密閉性が高いので音漏れも少ないほか、低音や細かい音の描写が聴き取りやすいことが特徴です。

耳の中に入れ込む装着方法には慣れが必要な場合があり、長時間使用すると耳が違和感を覚える場合もあります。

カナル型イヤホンはどんな人におすすめ?

By: amazon.co.jp

最近のイヤホン市場はカナル型の製品が多くラインナップされています。価格も性能も幅広く、選択肢が多いのが魅力です。そのため、Bluetooth機能やノイズキャンセリング機能、ハイレゾ対応のイヤホンが欲しいなら、商品展開の幅広いカナル型がおすすめ。

また、電車内でのスマホによる音楽操作や通話ができるマイク付きリモコンを搭載したイヤホンもカナル型が多いため、公共機関でイヤホンを利用したい方にもおすすめです。

カナル型イヤホンは空間表現が苦手ですが、音を発するドライバーユニットがバランスド・アーマチュア(BA)型やハイブリッド型のモノはこのデメリットを克服できます。空間表現力の高いカナル型イヤホンを探している方はドライバーユニットが特徴的なモデルに絞って探しましょう。

インナーイヤー型イヤホンの特徴

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型イヤホンは、耳の表面の耳介と呼ばれる部分にイヤホンのパーツをひっかけて装着するタイプです。接着面が少ないため外れやすく、音の出る部分が耳の外に近いため音漏れもしやすいのがデメリット。

また、サイズが合わないと接着面が耳介を押すような感覚を覚え、耳が痛くなる場合もあります。しかし、音質面では空間表現力が高く、録音現場の広さや空気感が表現できるのがインナーイヤー型イヤホンの強みです。

インナーイヤー型イヤホンはどんな人におすすめ?

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型イヤホンは、カナル型イヤホン特有の装着感、閉塞感が苦手な方におすすめです。また、アコースティック楽器がもつ特有の雰囲気や録音現場の広さなど、音の響く空間表現を優先的に聴き取りたい方にも適しています。

外部の音が遮断できるカナル型に比べ周辺の音も入ってきやすく、外でも安全に使用できるイヤホンが欲しい方にもおすすめのイヤホンです。

カナル型イヤホンとインナーイヤー型イヤホンの選び方

遮音性で選ぶ

By: amazon.co.jp

イヤホンを選ぶ際に重要な遮音性。カナル型は、耳の中に入れ込むので遮音性に優れています。騒がしい場所でも音楽に集中したい方や、屋外や公共の場所で音漏れを気にせず使用したい方におすすめなのはカナル型です。

対するインナーイヤー型は遮音性が低く、大音量で再生すると音漏れしてしまうため注意しましょう。人前では音量に気を付けて使いたいインナーイヤー型ですが、密閉性の高いカナル型に比べて周辺の音が入ってきやすいので、外出先でも安全に使用できるというメリットがあります。

音質で選ぶ

By: amazon.co.jp

イヤホンを選ぶ際、音質も重要なポイントです。カナル型は内耳に近いところで音が響くため低音に強く、繊細な音の描写力に優れています。ダイレクトな音の迫力を求める方にはカナル型イヤホンがおすすめです。

インナーイヤー型は若干低音が弱めですが、臨場感がある音の広がりを楽しめます。録音現場のリアルな空間表現やアコースティックの演奏を楽しみたい方には、自然な音の響きを楽しめるインナーイヤー型がおすすめです。

装着感で選ぶ

By: amazon.co.jp

イヤホンは耳に直接触れるアイテムなので、装着感も大切なポイント。スポーツをしながら使用したい方や、外れにくいイヤホンが欲しい方にはカナル型がおすすめです。

カナル型イヤホンは耳の中に押し込むように入れて使用するため、外れにくく密着感があります。しかし、長時間使用すると耳に疲労感を感じることもあるほか、イヤーピースが耳垢で汚れるので定期的に汚れを拭き取ることが必要です。

また、インナーイヤー型は、カナル型イヤホン特有の密着感が苦手な方におすすめ。カナル型に比べるとイヤーピースのサイズがやや大きいため、耳の形やサイズが合わないと痛くなってしまう点には注意しましょう。

カナル型イヤホンのおすすめモデル

ソニー(SONY) 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

ノイズキャンセリング機能を搭載したカナル型の完全ワイヤレスイヤホンです。「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー」と「デュアルノイズセンサーテクノロジー」によって、小型ながら周囲のノイズを軽減することが可能。屋外でも音楽に集中したい方にピッタリです。

タッチセンサーに触れている間、一時的にボリュームを落として周囲の音を聞き取りやすくする「クイックアテンションモード」を搭載。また、音楽を聴きながら外の音も取り込む「アンビエントサウンドモード」も搭載しているため、電車やバスなどのアナウンスを聞きたいときに便利です。

音源をハイレゾ級にアップスケーリングする高音質技術「DSEE HX」によって、圧縮音源を高音質で楽しめるのもポイント。CD音源やMP3はもちろん、動画・音楽配信サービスの音も高音質化されます。音質にこだわりたい方におすすめのカナル型イヤホンです。

ヤマハ(YAMAHA) 完全ワイヤレスイヤホン TW-E3A

ヤマハ独自の「リスニングケア」機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。音が小さいと低音と高音が聞こえにくくなるヒトの特性に合わせて、音量に応じて音域のバランスを自動調節。小さなボリュームでも音楽がクリアに聴こえるのが魅力です。

イヤホン本体にボタンを内蔵しているのもポイント。指先ひとつで曲の再生・一時停止はもちろん、スキップ、ボリューム調節ができます。スマホやデジタルオーディオプレーヤーをいちいちポケットから取り出す必要がないので、満員電車などで便利です。

1回の充電で6時間使用できます。充電ケースは3回分充電できるので、最大で24時間の音楽再生に対応。また、生活防水に対応しており、汗や水しぶき程度なら防ぐことができます。通勤・通学はもちろん、スポーツシーンにもおすすめのカナル型イヤホンです。

アップル(Apple) AirPods Pro MWP22J/A

AirPodsシリーズの最新モデル。先代のAirPodsはインナーイヤー型でしたが、AirPods Proはカナル型を採用しています。また、新たにノイズキャンセリング機能を搭載しているのもポイント。周囲の音を軽減して、音楽に集中することができます。

逆に周囲の音を聞き取りやすくする「外部音取り込みモード」が搭載されているのもポイント。軸部分のセンサーを長押しするだけで、簡単に切り替えられます。車や自転車などの交通量が多い場所など、周囲の音も聞きたいときに便利です。

また、「Hey Siri」と話しかけるだけで、パーソナルアシスタントのSiriを起動することが可能。音楽を聴くだけではなく、電話をかけたり、タイマーをかけたりと、ハンズフリーでさまざまな操作ができます。Apple製デバイスを使用している方におすすめのイヤホンです。

ボーズ(Bose) QuietComfort 20

ボーズは元々航空会社向けに飛行機の機内用のヘッドホンを作っていたブランドで、ノイズキャンセリングの性能に定評があります。本製品はすべての機能をボタンでコントロールできるのが特徴。ノイズキャンセリング機能もボタンひとつで制限でき、周囲の音を聞くこともできます。電話応答のコントロールや、音量調節、音楽再生などの操作が可能です。

「イヤーチップテクノロジー」を採用。柔らかくフィットする円錐形のデザインは、耳に押し込む必要がなく、優しく耳を密閉して高い遮音効果を発揮します。ケースもセットになっているため、コンパクトに収納できて持ち運びも簡単です。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31

イヤホンの主力メーカー、ソニーのカナル型イヤホン。Bluetooth対応でノイズキャンセリング機能も付いています。ハイブリットイヤーピースを採用しており、ぴったりとフィットする快適な装着感が特徴です。

Bluetooth接続にも特徴があり、NFC搭載のスマートフォンやおサイフケータイ対応Android搭載スマートフォンなどをイヤホンに近づけると、自動で電源がオンになります。高品質通話機能も搭載されており、スマホでの使用にもおすすめのカナル型イヤホンです。

PALOVUE Lightning イヤホン Earflow Plus

Lightningケーブル対応のカナル型イヤホンです。10mm径のダイナミックドライバーを搭載しており、高音から低音までバランスの取れた音質が特徴。音漏れしにくく、臨場感あふれる高音質を楽しめます。

マイクが内蔵されているので、スマートフォンを操作することなくハンズフリーでの通話が可能です。電話の応答や音楽再生などもボタンで簡単に操作できます。サイズの違うイヤーピースが付属しているほか、イヤホンを収納できるケースやコードを留めるクリップも同梱。さまざまな用途に対応できるおすすめのiPhone用カナル型イヤホンです。

JVCケンウッド(KENWOOD) カナル型イヤホン JVC HA-FX46

アルミボディを採用したオシャレなデザインのカナル型イヤホンです。6種類のカラーが用意されており、見た目にもこだわっています。

低音域の質を高めるバスポートが搭載され、キレのあるクリアな重低音が特徴。ベースやドラムなどの音をしっかりと楽しみたい方におすすめのカナル型イヤホンです。なお、接続端子は3.5mmプラグなので、イヤホンジャックがないスマホを利用している方は、別途変換コードを用いる必要があります。

丈夫で太い2mm径のコードは厚手のシース素材で絡みにくいのが特徴。イヤーピース部分に搭載されたフィットサポートは、安定した装着感で快適な使用が可能です。耳穴に合わせて交換できる4サイズのイヤーピースと、コードの長さを調節できるコードキーパーが付属しています。

ARKARTECH カナル型イヤホン マイク付き T6-1

ハイレゾ対応のカナル型イヤホンです。対応プレーヤーと一緒に使用すれば、クオリティの高い臨場感のあるサウンドを楽しめます。

高音域用と低音域用のドライバーを備えているため、イヤホンの高音から低音にかけてのバランスに優れているのが特徴です。力のある低音が楽しめるとともに、高音域の細部もしっかりと表現します。

通話ノイズキャンセリング機能が搭載されており、高感度でノイズの少ないクリアな音での通話が可能です。さらに、インラインコントローラーで音量調節と電話の着信応答が可能。

また、耳に入れる部分には傾斜型デザインを採用しており、イヤーフックはギザギザのある独自のデザインで耳の構造にフィットし、装着感も快適。通勤やジョギング、登山など、さまざまな屋外での活動におすすめのカナル型イヤホンです。

シュア(SHURE) イヤホン SEシリーズSE215 SE215-CL-J

高音質で人気のカナル型イヤホンのエントリーモデルです。遮音性デザインにより周囲のノイズを90%以上低減でき、シングルダイナミックドライバーながら、低音域と空間表現が強化されています。着脱式のKelver素材で強化されたケーブルは、曲がり具合を保持するワイヤーが付いており、簡単に交換が可能です。

運動中でも音楽に集中でき、同時にオーディオレベルを下げることもできます。同ブランドのなかでも低音よりの音域を得意としており、値段と音質のコスパが高いおすすめのカナル型イヤホンです。

インナーイヤー型イヤホンのおすすめモデル

ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン WI-SP500 BQ

非常に特徴的な形のインナーイヤー型イヤホン。スポーツをする方をターゲットに設計されたワイヤレスイヤホンで、バッテリーは約8時間持続します。NFC機能を搭載し、同機能を搭載したスマートフォンなどとワンタッチで接続が可能です。

高音質フォーマットAACに対応しており、音楽を聴きながら周囲の音も聞きやすい開放型タイプ。独特な形のイヤーピースは、激しい運動でも外れにくい仕様です。

さらに、防滴加工が施されており、汗をかくシーンや突然の雨でも安心。4種類のカラー展開に加えて、コンパクトに持ち運べるキャリングホルダーと2サイズのイヤーチップが付属しています。

ファーウェイ(HUAWEI) HUAWEI FreeBuds 3

インナーイヤー型を採用した完全ワイヤレスイヤホンです。大口径14mmのダイナミックドライバーを搭載。「ベースチューブ構造」によって低音を強化しているのが特徴で、迫力あるサウンドを楽しめます。EDMやロックをよく聴く方におすすめです。

ノイズキャンセリング機能を搭載しているのもポイント。環境ノイズが低減されるので、繁華街や地下鉄といったところでも音楽に集中できます。Android専用の「HUAWEI AI Life」アプリを導入すれば、ノイズキャンセリング効果を調節することも可能です。

再生時間は1回のフル充電で4時間とやや短めですが、付属の充電ケースを使えば、約20時間の再生に対応。ノイズキャンセリング機能付きの完全ワイヤレスイヤホンとしては価格が安いので、コスパ重視の方にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-C200BT

大型の12mmダイナミックドライバーを搭載した左右一体型ワイヤレスイヤホンです。ベントと呼ばれる空気穴を設けることで、広がりのある音を再現。ダイナミックな低音再生と、クリアなサウンドが楽しめます。

インナーイヤー型ながら、適度な密閉性を確保した「セミオープン構造」を採用。耳の圧迫感を抑えているので、長時間のリスニングにも対応できます。インナーイヤー型とカナル型のよいところを併せ持ったおすすめのイヤホンです。

JVCケンウッド(KENWOOD) グミホン ステレオミニイヤホン HP-F140-G

名前の通り、グミのようなビビッドでかわいいデザインが人気のインナーイヤー型イヤホン。低価格ですが、音質も装着感も十分な性能を備えています。8色の豊富なカラー展開は、デジタルオーディオプレーヤーやファッションとのトータルコーディネートが楽しめます。

イヤーチップは耳にやさしいゴム系素材のエラストマーを採用。コードも1.2mあるので、プレーヤーとの接続にも余裕があります。ボディの小型化により、耳へのフィット感も高いイヤホンです。

Bang&Olufsen Earset ワイヤレスイヤホン 1646005

高級オーディオブランドのBluetoothに対応したインナーイヤー型イヤホン。14.2mmダイナミックドライバーを搭載しているほか、AACコーデックにも対応した高音質モデルです。

角度や軸の高さ、イヤーフックの向きを調節可能で、3方向への曲げ伸ばしが自在にできるため、高いフィット感が特徴です。スピーカーのハウジング部分は、耳を密閉せずに快適に収まるため閉塞感なく、周囲の音も聞くことができます。