デジタルオーディオプレイヤー(DAP)に加え、音楽プレイヤー代わりになるスマホの普及により、今まで以上にイヤホンでの音楽鑑賞スタイルが浸透しています。

イヤホンには装着形態で分けると、2種類あることをご存じですか? それは、カナル型とインナーイヤー型。それぞれ使い勝手や音質面において、特徴や違いがあります。

今回は、2つの違いを解説しつつ、シーンに応じたおすすめタイプをご紹介。自分にぴったりのイヤホンを見つけてください。

カナル型イヤホンとインナーイヤー型イヤホンの違い

カナル型イヤホンとインナーイヤー型イヤホンは、基本的な形状や大きさ、装着法において違いがあります。

カナル型イヤホン

By: amazon.co.jp

カナル型は耳栓型とも呼ばれます。耳栓のようなイヤーピースを、耳穴に押し込むようにして聴くからです。本体は小型なものが多く、高遮音性で音漏れも少ないのが特徴。屋外で使われることも多い、イヤホンの主流です。

音は低音の充実と、細かい音の描写力が魅力。しかし、空間の広さの表現は苦手です。また、装着に慣れが必要な場合や、長時間使用時に疲労感を覚える場合もあります。カナル型イヤホン独特の閉塞感が苦手な方もいるようです。

インナーイヤー型イヤホン

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型は、カナル型と違い、イヤホン本体を耳介に乗せて装着する方式。イントラコンカ型とも言います。一般的なカナル型より、本体はやや大きめです。開放型形式が普通で、遮音性は低く、音漏れも多め。

大音量再生時に、いわゆるシャカシャカ音が発生し、社会問題になったことがあります。そのため、かつては主流でしたが、現在では製品数が激減。しかし、空気感も感じ取れるような臨場感の大きさと、音場空間の広さはインナーイヤー型のメリットです。

しなやかで滑らかな質感表現も得意。アコースティック楽器の再現性の高さも持ち味です。やや低音が弱いのが弱点ですが、カナル型と違い大口径ドライバーを採用できます。スケール感に不足はありません。カナル型よりも密着性が低い分、楽な装着感が魅力。

イヤホン初心者でも、違和感を感じにくいのも違いです。人前であっても、音量に気を付ければ使えますし、自宅用にもおすすめ。改めて見直したいイヤホンと言えます。

カナル型イヤホンはどういう人におすすめ?

By: amazon.co.jp

カナル型イヤホンは現在、イヤホンの主流をなしています。そのため、非常に幅広い価格のものが展開。音質的にも性能的にも機能的にも、バラエティーに富んだ製品があります。安価な機種、あるいは高価な機種を選びたいならカナル型がおすすめです。

機能面では、Bluetoothワイヤレスやノイズキャンセリングを求める場合におすすめできます。また、性能面でハイレゾ対応を求めるならカナル型。スマホでの音楽操作、通話ができるマイク付きリモコン装備タイプもほとんどがカナル型です。

カナル型は基本的に低音が強めで、空間表現力は苦手。ただ、発音ユニットがBA型、ハイブリッド型のものを選べばこの限りではありません。数万円以上の高額機も、音質的弱点は薄れています。

カナル型は、使ったことのない方には装着性に慣れが必要。初めて買う場合は、店で候補機を実際に装着してみることをおすすめします。

インナーイヤー型イヤホンはどんな人におすすめ?

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型イヤホンは、カナル型特有のややきつめの装着感、閉塞感が苦手な方にまずおすすめします。きっと楽になりますよ。

音質面では、低音はやや弱め。アコースティック楽器のそれらしい鳴り方や、録音現場の広さ、空気感を優先的に感じ取りたい方に向いています。遮音性がカナル型に比べ低いので、周囲に迷惑の掛からない環境で使う方にも、おすすめできるイヤホンです。

おすすめのカナル型イヤホン4選

フィリップス(Philips) ハイレゾ対応密閉型カナルイヤホン SHE9730

商品価格 ¥ 4,700

フィリップスのSHE9700シリーズ。カナル型イヤホンの製品数が爆発的に増えるとともに、低価格化の流れを作ったのが同シリーズです。10年ほど前に、当時としては破格の2000円程度で発売。

低価格ながら、卓越したサウンドチューニング力による、バランスのよい高音質で一世を風靡しました。マスコミにも大きく取り上げられ、ハイコスパイヤホンという概念も生み出した同シリーズ。

本機は、そのシリーズの最新機です。シリーズとして、初めてハイレゾに対応。独自のLMCドライバーを新たに採用し、自然なサウンドのワイドレンジ化と、高精細化に成功しています。カナル型では難しい、アコースティック楽器の再現性の高さでもおすすめです。

シュア(SHURE) イヤホン リモート+マイク付き SE215m+ Special Edition

商品価格 ¥ 12,399

カナル型イヤホンの流行を築いたと言われる名機がSE215です。カナル型の弱点である、独特の装着性と、コードのタッチノイズ。それを、コードを耳の後ろに回す、シュア掛けによって解消しました。

カナル型を敬遠していた層も取り込み、一気にカナル型は一般化。今やシュア掛けは、カナル型の標準的な装着法の1つです。本機は、独自のダイナミック型MicroDriverを採用。

そのため、ことさらレンジ感を強調せず、バランスのよいナチュラルサウンドを聴かせますよ。幅広い音楽ジャンルにマッチする、巧みな音作りが光ります。また、iOS対応のマイク付きリモコンを装備。SE215と違い、現代的な便利さが加わっています。

カナル型の良さを体感したい方にまずおすすめです。

ソニー(SONY) ハイレゾ対応イヤホン h.ear in MDR-EX750

商品価格 ¥ 7,640

ソニーと言えばウォークマン。そしてウォークマン付属イヤホンは、2000年代初頭までインナーイヤー型でした。そんな一世を風靡したソニーにも時代の流れが訪れ、カナル型が主流になったのです。言わばソニーが築いた世界の一大転換でした。

ソニーはすぐに、インナーイヤー型との違いに対応。カナル型でも高性能、高音質のイヤホンを連発しました。今やカナル型イヤホンにおいても、業界トップクラスの存在です。

本機は手頃な価格ながら、ハイレゾ対応の高性能。9mm径の小型ドライバーの新開発により、筐体も小型化しています。高音質と小型化の両立も、ソニーならでは。アルミ製ボディの高品位感と、シンプルなデザインも見事です。

幅広いユーザーにアピールできる、おすすめのイヤホンですよ。ソニーの技術力の結晶を、どうぞ試してみてください。

エティモティック・リサーチ(Etymotic Research) ER4SR

商品価格 ¥ 35,780

シュアと並ぶ、カナル型イヤホンの元祖的存在がエティモティック・リサーチ。遮音性の高さによるカナル型の高音質に、早くから着目していました。補聴器開発の技術も生かし、世界で初めてバランスド・アーマチュア型ドライバーを採用したのも同社です。

本機は、BA型イヤホンの基準機とされてきた、ER-4Sの後継機。大型ヘッドホンのようなスケール感と豊富な情報量が特徴の名機を、さらに向上させています。少し高価ですが、目前で演奏されているようなリアル感は圧倒的。

ほかのイヤホンと違い、多少装着性が難しいです。そこを許容でき、予算もあるなら、カナル型イヤホンの名機として持っておきたい1台と言えます。

カナル型イヤホンの楽天市場ランキングをチェック

カナル型イヤホンの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

おすすめのインナーイヤー型イヤホン4選

ゼンハイザー(SENNHEISER) イヤホン MX375

商品価格 ¥ 2,218

ロングセラーの定番インナーイヤー型イヤホンです。ゼンハイザーはヘッドホンもイヤホンも、開放型が得意。完成度の高さから、長年モデルチェンジをしない機種も多いんです。

本機は、独自の高効率ダイナミック型ドライバーにより、低音域の再生が充実。インナーイヤー型の弱点を補っています。また、アコースティック楽器の質感をリアルに感じ取れる音作りも見事。本機と同じ価格帯のカナル型では、困難な領域にあります。

考え抜かれた形状による装着性のよさは、インナーイヤー型初心者にもおすすめです。

ボーズ(Bose) SoundTrue Ultra in-ear headphones

商品価格 ¥ 15,462

従来のインナーイヤー型の長所を生かしながら、欠点を克服したイヤホンです。ウィング状シリコン製パーツを耳上部の窪みに装着する、独自のStayHearチップを採用。密着度を高め、音漏れを防ぎます。音量の上げすぎも防止。

加えて、低音再生能力も高まる相乗効果も獲得しました。インナーイヤー型ならではの広い空間性を維持しながら、ワイドレンジで、細かい音の再現性も見事。閉塞感の少ない装着感は、カナル型が苦手な方にもおすすめできます。

両方式の違いを埋める方向性に注目です。

MUCHER イヤホン インナーイヤー MS-303

商品価格 ¥ 1,908

iOS/Android両対応の、マイク付きリモコンの装備が特徴。カナル型イヤホンに多い、スマホ用リモコン・マイク付きタイプです。インナーイヤー型では、このようなタイプは少ないですよ。元々そういった製品が少ない上、発売から時間の経っているロングセラー機が中心だからです。

また、本機は、最新設計による高音質もポイント。大口径14mm径6µmの複合膜振動版により、ハイレゾ音源の情報量も、余裕を持って再現します。

バランスのよさを重視した音作りも秀逸。手頃な価格も大きな魅力です。かつてインナーイヤー型を愛用していた方にも大いにおすすめできる、完成度の高い機種。

クリエイティブ(Creative) イヤーフック型イヤホン Aurvana Air EP-AVNAIR

商品価格 ¥ 6,980

希少なハイクラスインナーイヤー型イヤホンです。製品数が少ない上、カナル型に比べて高級機も少ないのが現在のインナーイヤー型。本機は元々1万円以上の高級クラスで、上質な作りと爽快な高音質が自慢です。

強力ネオジウムドライバーと超薄型ダイヤフラムにより、繊細さと力感を両立。臨場感に優れたサウンドが魅力です。スピーカーで聴くのに近い印象を持つのは、インナーイヤー型ならではの世界。

EaseFitデザインという、イヤーフックによる快適な装着感も見逃せません。違いの分かる音質を追求するならおすすめのイヤホンです。

インナーイヤー型イヤホンの楽天市場ランキングをチェック

インナーイヤー型イヤホンの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。