スマホやポータブルプレーヤーなどで音楽を聴く際に欠かせない「イヤホン」。最近は密閉性が高くより臨場感が味わえるカナル型イヤホンが注目を集めていますが、インナーイヤー型イヤホンも根強い人気があります。

そこで今回は、インナーイヤー型イヤホンのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。選び方のポイントやメリット・デメリットについても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

インナーイヤー型イヤホンとは?

By: audio-technica.co.jp

インナーイヤー型イヤホンは、もともと耳の中に本体を入れて聴くイヤホン全体のことを指していましたが、現在では本体を耳に軽く挿入し、耳甲介(ear concha)に乗せてフィットさせる「イントラコンカ型イヤホン」のことを示し、イヤーピースを耳栓のように挿入するカナル型イヤホンと区別されています。

インナーイヤー型イヤホンのメリット

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型イヤホンは、カナル型に比べて本体サイズが大きいため、発音振動板も大きなモノを使用。そのため、ワイドレンジでスケール感のあるサウンドが聴けます。

また、耳栓のようなイヤーピースを採用することによって周囲と密閉度を高めるカナル型に対して、インナーイヤー型イヤホンは基本的に開放型と呼ばれ、音のこもりが少ないのがメリットです。

窮屈さで耳に負担がかかるカナル型に対して、インナーイヤー型イヤホンは装着感が軽快なので、長時間の使用にも向いています。

インナーイヤー型イヤホンのデメリット

インナーイヤー型イヤホンのデメリットとしては、カナル型に比べて遮音性が低く、周囲への音漏れが懸念される点があります。特に電車やバスなど公共交通機関を利用する際は、大きめの音量で聴くと迷惑になる場合があるので注意が必要です。

また、音質面ではカナル型よりも低音再生能力がやや弱い傾向にあります。カナル型よりも緩い装着感の傾向があり、動くとズレやすい点も留意しておきましょう。

インナーイヤー型イヤホンの選び方

接続方式をチェック

有線

有線タイプのインナーイヤー型イヤホンは、その名が示す通りケーブルを使用して接続します。端子は、3.5mmステレオミニプラグを利用したモノが一般的。Lightning端子に対応しているモデルも存在します。

Bluetoothで接続するタイプに比べると周囲の電波干渉を受けにくいので、音が途切れたり遅延したりなどのトラブルは少なめ。比較的リーズナブルなモノが多いため、初めてインナーイヤー型イヤホンを購入する方にもおすすめです。

Bluetooth

By: amazon.co.jp

Bluetoothに対応している完全ワイヤレスタイプのインナーイヤー型イヤホンは、ケーブルを煩わしく感じる方におすすめ。ワイヤレスで接続できるので、スポーツなどのアクティブなシーンにも重宝します。

しかし、購入する際はBlueoothのバージョンやコーデックに注意が必要。Bluetoothのバージョンが古いモノを選んでしまうと、接続の安定性に欠ける可能性があります。また、コーデックの種類によっても音質や音の遅延具合が異なるため、音質にこだわりたい方は注意して選びましょう。

音質や音の傾向をチェック

By: audio-technica.co.jp

インナーイヤー型イヤホンは、カナル型に比べて音の広がりが感じやすいのが魅力。空間表現力やレコーディング現場の空気感表現に長けているのが強みです。

また、外部の音が入ってきやすい構造のため、外など周囲の音をシャットアウトしたくないシーンでも安心して使用できます。

インナーイヤー型イヤホンのおすすめランキング

第1位 アップル(Apple) AirPods with Wireless Charging Case 第2世代

ワイヤレス充電に対応したケースが付属する人気の製品です。ケースから取り出すだけで自動で電源がONになり、1度接続しておいた機器と自動で接続可能。耳への装着も感知するので、外した際は自動で音楽を一時停止します。

また、音声アシスタントの「Siri」にも対応しており、音声で簡単にコントロール可能。Bluetooth接続用チップに「Apple H1ヘッドフォンチップ」が採用されているので、Appleが製造するデバイスで音楽を楽しみたい方におすすめです。

本製品は、音声を検知する加速度センサーも搭載。ユーザーの声をクリアに送信できるので、ハンズフリー通話もスムーズです。付属の「Wireless Charging Case」は、Qi規格のワイヤレス充電マットに置くだけで充電可能。iPhoneやiPadを使用している方は、ぜひチェックしてみてください。

第2位 ソニー(SONY) ワイヤレスヘッドセット WI-SP500

IPX4相当の防水性能を搭載したワイヤレスタイプのインナーイヤー型イヤホンです。耳にあわせた突起状のデザインと滑りにくいイヤーチップにより、しっかりと装着可能。フィット感に優れているので、激しい運動でも外れにくいのが魅力です。

連続再生可能時間は最大8時間。ハンズフリー通話にも対応しており、エコーキャンセレーションとノイズサプレッションによって高品質な通話が可能です。

音楽の再生や停止、音量調節は、本体に搭載されたボタンでスムーズに操作できます。また、「Siri」や「Googleアシスタント」などの音声アシスタント機能にも対応。SBCに加えてAACコーデックに対応しているのもポイントです。

第3位 ハッピープラグス(HAPPY PLUGS) AIR 1 GO

ファッション性と機能性を兼ね備えた、完全ワイヤレスタイプのインナーイヤー型イヤホンです。本体のバッテリー駆動時間は約3時間ですが、充電ケースを併用すれば最大11時間の音楽再生が可能。通勤や通学用のイヤホンとしてもおすすめです。

14種類のタッチコントロールを備えており、音量の調節や通話応答、曲送りや曲戻しもスムーズ。汗に強い防滴仕様なので、スポーツ時の使用にもぴったりです。

なお、Bluetoothのバージョンは5.0に対応。コーデックはSBCのみの対応ですが、リーズナブルな価格で購入できるのが魅力です。ピンクのほかにもミントやヌードなどおしゃれなカラーが揃っています。

第4位 ファーウェイ(HUAWEI) HUAWEI FreeBuds 3

ノイズキャンセリング機能を搭載したインナーイヤー型イヤホンです。ドルフィンバイオニックと呼ばれる人間工学に基づいたデザインにより、快適に装着可能。Bluetooth接続用のチップには「HUAWEI Kirin A1 チップセット」を採用しており、ワイヤレスながら遅延の少ない安定した接続を実現しています。動画鑑賞やゲーム時の使用にもぴったり。

また、周囲のノイズを低減する「アクティブノイズキャンセリング」機能が搭載されているのもポイントです。Android専用アプリである「HUAWEI AI Lifeアプリ」を利用することで、アクティブノイズキャンセリング機能の調節も可能。耳の形や着用習慣にあわせて、個別に設定できるのがメリットです。

さらに、通話中のバックグラウンドノイズを低減し、音声を強化して伝える「インテリジェントチップセット」を採用。本体に内蔵されている骨伝導センサーにより、声を相手にしっかりと届けられます。本製品には14mmのダイナミックドライバーが搭載されており、力強い重低音が楽しめるのも魅力です。

第5位 JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-F15BT

レトロなカラーリングを採用したインナーイヤー型イヤホンです。ファッションのアクセントにもなるおしゃれなデザインが人気の理由。軽い装着感で気軽に長時間のワイヤレスリスニングが楽しめます。

首の後ろに回すケーブルには3ボタン式のリモコンを搭載。ボリュームの調節や曲の再生、ストップのほか、Bluetoothのペアリングもコントロールできます。また、マイクも内蔵されているので、スマホと接続してハンズフリー通話を利用したい場合にもおすすめです。

バッテリーの駆動時間は約6.5時間。溝形状の「グルーヴケーブル」を採用しているため、絡みにくいのもポイントです。デザインにこだわりたい方は、本製品をチェックしてみてください。

第6位 オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-C200BT

直径12mmのドライバーを搭載したワイヤレスタイプのインナーイヤー型イヤホンです。高性能なダイナミック型ドライバーを採用しているため、レンジが広く抜けのよいサウンド再生が可能。低音の音抜けを向上するベント(音響孔)により、豊かな低域が楽しめるのもポイントです。

本製品は快適に装着できるエルゴノミックデザインを採用。ハウジング部にはシリコン素材を使用しており、耳あたりがソフトでずれにくいのも魅力です。

マルチペアリングは、最大8台の機器を登録可能。連続再生時間は約9時間なので、長時間のリスニングにもおすすめです。ブルーやベージュ、レッドなど落ち着いたカラーが展開されています。

第7位 ハッピープラグス(HAPPY PLUGS) AIR 1 Plus EARBUD

おしゃれなデザインが魅力のインナーイヤー型イヤホンです。本体のみでの連続再生可能時間は約6時間。充電ケースを併用すれば最大40時間の音楽再生が可能なので、旅行や出張に携帯するイヤホンとしてもぴったりです。

さらに、バッテリー切れの際も10分ほどの充電で約90分使用可能になる「クイックチャージ機能」も便利。コーデックはaptXに対応しており、高音質な音楽を楽しめます。

ゴールドやピンクゴールド、ホワイトマーブルなど、カラーやデザインのバリエーションが豊富なのもポイントです。

第8位 アクセス(AXES) B-FREE TWS-1226

東京都に本社を置く国内メーカー「アクセス」のインナーイヤー型イヤホン。完全ワイヤレス型ながら、リーズナブルに購入できるのが魅力です。

音楽の再生や停止、音量調節、着信応答などは、本体へのタッチでコントロール可能。コーデックはSBCに対応しており、本体のみでの連続再生可能時間は約4時間です。安くて使いやすいアイテムを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

第9位 マーシャル(MARSHAL) MINOR II BLUETOOTH

軽快な装着感とヘビーなサウンドが特徴のインナーイヤー型イヤホンです。ギターメーカーとして有名な「マーシャル」が製造。aptXコーデックに対応しているので、ワイヤレスでも高音質なサウンドが楽しめます。

バッテリーでの駆動時間は約12時間。本体に調節可能なループが搭載されており、耳の形や大きさにあわせてフィット感を最適化できるのもポイントです。また、14.2mmのダイナミックドライバーが採用されているので、迫力のあるサウンドも再生できます。

リッチな高域とクリアな中域、バランスの取れた低域など、臨場感あふれるサウンドを体感したい方におすすめのモデルです。

第10位 アップル(Apple) EarPods with Lightning Connector

Lightning端子での接続が可能なApple純正のインナーイヤー型イヤホンです。耳の形状を考慮してデザインされており、快適な装着が可能。音の劣化を最小に抑える設計なので、低価格ながら高音質で音楽が楽しめます。

また、ケーブル部にはリモートコントロールが搭載されているので、音楽再生機器を取り出さずに対応可能。着信への応答や通話終了もリモコンで操作できます。iPhoneに標準で付属しているイヤホンと同タイプなので、使い慣れている方におすすめ。

純正品ながら、比較的リーズナブルな価格で購入できる点も魅力です。

第11位 オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-CM707

迫力ある低域再生が可能なインナーイヤー型イヤホンです。低音の音抜けを補完する「レゾナンスダクト構造」を採用。大口径の15.4mmドライバーを搭載し、解像度に優れた中高域再生を実現しています。

筐体にはアルミ削り出しの合金を採用。ブッシュ部には弾性の高いエラストマー素材を使用しているので、リスニングポイントのずれが少なく安定した装着感が得られます。

イヤホン本体に付属している0.6mのケーブルに加えて、同じく0.6mの延長用コードが同梱。使用するシーンにあわせて、ケーブルの長さが調節できるのもポイントです。

第12位 サウンドピーツ(SoundPEATS) SOUNDPEATS TRUEBUDS

手頃な価格で購入できる完全ワイヤレス型のインナーイヤー型イヤホンです。バイオセルロース素材を使用した直径14.4mmのダイナミックドライバーを搭載。パワフルな低音域に加えて、繊細な中音域やクリアな高音域など、各帯域の音をバランスよく再生できます。

軽量かつ小型な充電ケースを併用すれば、最大70時間の音楽再生が可能。ケース本体をモバイルバッテリーとして使用できるのもおすすめポイントです。

第13位 パナソニック(Panasonic) ステレオインサイドホン RP-HV154

テレビやラジオ用におすすめのインナーイヤー型イヤホンです。非常にリーズナブルな価格なので、気軽に購入できるのが魅力。ポータブルオーディオ機器との接続に適した、Y字型1.2mコードを採用しています。

低価格ながら高性能ドライバーユニットを搭載しており、高音質なサウンドを楽しめます。接続端子は3.5mmステレオミニプラグを搭載。接続時に邪魔になりにくいL型を採用しているのもポイントです。

第14位 ラスタバナナ RTWS01

片側だけでも使用できる、完全ワイヤレスタイプのインナーイヤー型イヤホンです。左右のイヤホンを使うことでステレオサウンド、片方だけを利用することでハンズフリー通話に対応。左右あわせても約7.2gほどなので、長時間使用時の負担が軽い点もメリットです。

リーズナブルな価格ながら、Bluetoothのバージョンは5.0に対応。本体の機能ボタンにはタッチセンサーが搭載されているため、触れるだけで簡単に音楽の再生、停止、音量調節などが行えます。かわいらしいパステルカラーがラインナップされているので、好みにあわせて選んでみてください。

インナーイヤー型イヤホンの楽天市場ランキングをチェック

インナーイヤー型イヤホンの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。