スマホやポータブルプレーヤーなどで音楽を聴く際に欠かせないイヤホン。最近は密閉性が高くより臨場感が味わえるカナル型イヤホンが人気を集めていますが、インナーイヤー型イヤホンも根強い人気があります。

そこで今回はインナーイヤー型イヤホンのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。選び方のポイントやメリット・デメリットについても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

インナーイヤー型イヤホンとは?

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型イヤホンとは、もともと耳の中に本体を入れて聴くイヤホン全体のことを指していましたが、現在では本体を耳に軽く挿入し、耳甲介(ear concha)に乗せてフィットさせる「イントラコンカ型イヤホン」のことを示し、イヤーピースを耳栓のように挿入するカナル型イヤホンと区別されています。

インナーイヤー型イヤホンのメリット

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型イヤホンは、カナル型に比べて本体サイズが大きいため、発音振動板も大きなモノを使用。そのため、ワイドレンジでスケール感のあるサウンドが聴けます。

また、耳栓のようなイヤーピースを採用することによって周囲と密閉度を高めるカナル型に対して、インナーイヤー型イヤホンは基本的に開放型と呼ばれ、音のこもりが少ないのがメリットです。

窮屈さで耳に負担がかかるカナル型に対して、インナーイヤー型イヤホンは装着感が軽快なので、長時間の使用にも向いています。

インナーイヤー型イヤホンのデメリット

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型イヤホンのデメリットとしては、カナル型に比べて遮音性が低く、周囲への音漏れが懸念されます。特に電車やバスなど公共交通機関を利用する際は、大きめの音量で聴くと迷惑になる場合があるので注意が必要です。

また、音質面ではカナル型よりも低音再生能力がやや弱い傾向にあります。カナル型よりも緩い装着感の傾向があり、動くとズレやすい点も留意しておきましょう。

インナーイヤー型イヤホンの選び方

By: amazon.co.jp

現在、インナーイヤー型イヤホンはカナル型に比べて圧倒的に少数。製品ジャンルのトピックとしては、アップルのiPhone用純正イヤホン「EarPods」がインナーイヤー型を採用したことぐらいで、シェアとしてはカナル型におされています。

なお、価格帯としてはリーズナブルな製品がほとんどで、1万円以上する機種は数が限られているのが現状。また、音楽を聴く基本機能だけのものが主流で、ノイズキャンセリング機能やスマホ用リモコンマイクが搭載されているモデルも少なめです。

インナーイヤー型イヤホンおすすめ人気ランキング2018

第1位 アップル(Apple) 完全ワイヤレスイヤホン AirPods MMEF2J/A

アップルの「AirPods」はインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホン。耳への脱着を感知するセンサーを内蔵しており、自動でオンオフが切り替えられるのが特徴です。

また、左右どちらかのAirPodsをダブルタップするとAIアシスタントの「Siri」が立ち上がり、音量の上げ下げから通話まで対応できるのもポイント。音声による操作が可能なのも魅力です。

さらに、1回の充電で最大5時間の再生に対応するほか、バッテリー機能を備えた充電ケースも付属。急速充電仕様なので、イヤホンを15分充電するだけで約3時間も連続再生することができます。直感的に扱える手軽さが魅力のおすすめモデルです。

第2位 フィリップス(Philips) Bluetoothイヤホン SHB5250

ハイコスパで高音質なBluetoothワイヤレス対応インナーイヤー型イヤホン。一般的なインナーイヤー型よりも耳にフィットしやすく、奥まで挿入できる独自形状を採用しているのが特徴です。

14.2mm径大口径ドライバーと強磁力マグネットによりサウンドはパワフル。豊かな重低音を楽しめます。マイク付リモコン搭載により音量調節やハンズフリー通話が可能なので、スマホとの相性も良好のおすすめモデルです。

第3位 ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン WI-SP500

耳の穴を塞がない独自の構造を採用したインナーイヤー型のワイヤレスイヤホン。耳にフィットしやすい形状と滑りにくい突起状のイヤピースにより装着感が快適なのが特徴です。IPX4相当の防滴性能を備えているので、多少の雨や汗であれば十分カバーできます。

接続はBluetoothで、低遅延で高音質なAACコーデックにも対応。SiriやGoogleの音声アシスタント機能も使えるほか、ハンズフリー通話ができるのも魅力です。なお、音漏れが大きい点とやや中域中心のサウンドになっていることには注意しましょう。

第4位 ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones

インナーイヤー型で有線接続タイプのノイズキャンセリングイヤホン。イヤホン内外のマイクで外部ノイズを検知、分析、相殺音波の生成という同社が開発したプロセスによって、しっかりと騒音を低減してくれます。

周囲の音を取り込める「Awareモード」に一瞬で切り替えられるので呼びかけにも対応可能。豊かな低音を再生できる独自の「TriPortテクノロジー」や、「アクティブ・イコライゼーション」による自然な音質もポイントです。

なお、端末のOSによって該当製品が異なるので注意が必要。Androidに対応したモデルが「QuietComfort 20 headphones」で、iPhoneなどのApple製品に対応したモデルが「QuietComfort 20i headphones」で、20の後ろに“i”が付くか否かで異なります。購入する際はしっかりと確認しておきましょう。

第5位 ソニー(SONY) オープンイヤー型イヤホン STH32

耳穴に深く装着しない新形状を採用したインナーイヤー型イヤホン。耳に接触する面積を増やすことで、長時間使用時に耳が痛くなることを防いでいます。雨に濡れても使えるIP57相当の防水性も備えるので、屋外使用にも最適です。

リモコン部にボタンとマイクを内蔵し、スマホでのハンズフリー通話が可能。マルチファンクションキーを長押しすることで、SiriやGoogleの音声検索を利用できるのも便利です。

第6位 ゼンハイザー(SENNHEISER) インナーイヤー型イヤホン MX 365

高性能ダイナミック型ドライバー採用により、インナーイヤー型では弱くなりがちな低音を強化したモデル。サウンドはソフトかつナチュラルで、全音域でのバランスのよさも備えます。アコースティック楽器の表現力も高く、クラシック音楽にもおすすめです。

付属品の専用イヤーパッドを使うと装着感がアップするのもポイント。リーズナブルな価格帯も魅力です。

第7位 ヤザワコーポレーション(YAZAWA corporation) TS103BK

1000円以下と格安のインナーイヤー型イヤホン。15mm径大型ダイナミック型ユニットを備え、再生周波数帯域 20~20000Hzと価格を感じさせないスペックを備えます。

音質もクセの少ないサウンドで、音楽を十分に堪能することが可能。コードは3mと一般的なイヤホンよりも長めです。インナーイヤー型として標準的な形状、大きさを備えるので、インナーイヤー型イヤホンを改めて試してみたいという方にもおすすめです。

第8位 クリエイティブ(Creative) イヤーフック型イヤホン Aurvana Air EP-AVNAIR

インナーイヤー型イヤホンのロングセラーモデル。強力なネオジウムマグネットドライバーと超薄型の高性能ダイヤフラムを採用し、アコースティックサウンドも高音質で聴けます。「バススロット」による低音域の充実も魅力です。

また、「EaseFitデザイン」と呼ぶイヤーフックの装着感も快適。なお、価格帯としては発売当時よりだいぶ落ち着いてきたので、お得感は高め。コスパ良好のインナーイヤー型イヤホンを求めている方におすすめです。

第9位 JVCケンウッド(JVC) ステレオミニイヤホン HP-F140

国内大手メーカーも製品ながら格安のインナーイヤー型イヤホン。半透明ボディにポップなカラーを採用。バリエーションが豊富なので、おしゃれに使えるのが魅力です。

ゴム素材の本体と小型ボディで装着感は優しめ。本格的な13.5mm径ネオジウムドライバーユニットの採用により、コンパクトボディながら高音質サウンドを再生します。初めてのインナーイヤー型イヤホンの購入を検討している方におすすめです。

第10位 オーディオテクニカ(audio-technica) セミオープン型イヤホン ATH-C200iS

密閉性がありながら周囲の音も聴き取れるセミオープン構造を採用したインナーイヤー型イヤホン。音響孔により低音を増強し、音抜けが良くレンジの広い音を再生します。エルゴノミックデザインのハウジングにはシリコン素材を使用。耳当たりソフトでズレにくく、長時間でも快適に使用できます。

なお、本製品はイヤホンジャックで接続する有線タイプですが、Bluetooth接続に対応したモデルも別途ラインナップしています。ワイヤレスイヤホンを求めている方はぜひ検討してみてください。

第11位 フィリップス(Philips) スポーツ対応Bluetoothイヤホン ActionFit SHQ6500

スポーツ時の使用に適したインナーイヤー型Bluetooth対応イヤホンです。大小2種類の「セキュアフィットフィン」が付属し、運動中等でもズレにくく、装着感は快適な。IPX2の防滴性能も備え、汗や多少の雨にも対応できます。

耐久性のある「ケブラー強化材」をケーブルに使用。運動時に起きやすい不意な引っ張りにも断線しにくいのもポイントです。

強磁力ネオジウムマグネットを採用した大口径13.6mmドライバーにより、音質も良好。アクティブなシーンで使えるインナーイヤー型イヤホンを求めている方におすすめです。

第12位 ワンモア(1MORE) デュアルドライバーハイレゾイヤホン E1008

セラミック振動板ドライバー、ダイナミックドライバーを同軸上に配置した2ウェイ構造を採用したハイレゾ対応インナーイヤー型イヤホン。

再生帯域をワイドレンジ化できるマルチウェイ化はカナル型では一般的ですが、インナーイヤー型では極めて少数派。なお、「ワンモア(1MORE)」は中華系のスマホメーカーにイヤホンを大量に供給しているメーカーとして知られています。

カバーする音域は広く、情報量の豊富なサウンドも魅力。レーシングカーホイールを意識したデザインも個性的です。アルミニウム合金製ボディも高品位。マイク付きリモコンも備わっているので、スマホとの相性も良好です。

第13位 DUNU-TOPSOUND ハイブリッドイヤホン DUNU ALPHA 1

  

高音が得意なバランスド・アーマチュア型と低音が得意なダイナミック型1基ずつ採用した、いわゆるハイブリッド型のイヤホン。異なる発音原理のユニットを採用するハイブリッド型は、インナーイヤーではかなり珍しいタイプです。

音質傾向の異なるイヤーパッドが付属するので、違いも楽しめるのもポイント。長年インナーイヤーを支持していて、買い替えを検討している方はぜひ試してみてください。

第14位 オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤー型イヤホン ATH-CM2000Ti

ハイレゾ対応でインナーイヤー型イヤホンとしては高額なハイエンドモデル。15.4mm径HDドライバーを搭載し、再生周波数帯域が10~45000Hzとインナーイヤー型としては異例のワイドレンジをカバーしています。

精密切削チタニウム製のハウジングを採用。不要共振を排除し、高域は伸びやかでクリアです。ドライバーには高価ながらも音質に有利な高い磁束密度を得られるパーメンジュールを用いた磁気回路と、硬度が高く軽量で反応の良いDLCコーティング振動板を採用。満足度の高いインナーイヤー型イヤホンです。

インナーイヤー型イヤホンの楽天市場ランキングをチェック

インナーイヤー型イヤホンの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。