スマホやポータブルプレーヤーなどで音楽を聴く際に欠かせないイヤホン。最近は、密閉性が高く、より臨場感が味わえるカナル型イヤホンが注目を集めていますが、「インナーイヤー型イヤホン」も根強い人気があります。

そこで今回は、インナーイヤー型イヤホンのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。選び方のポイントやメリット・デメリットについても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

インナーイヤー型イヤホンとは?

By: amazon.co.jp

「インナーイヤー型イヤホン」は、もともと耳の中に本体を入れて聴くイヤホン全体のことを指していました。現在では、本体を耳に軽く挿入し、耳甲介に乗せてフィットさせる「イントラコンカ型イヤホン」のことを指すのが一般的。イヤーピースを耳栓のように挿入するカナル型イヤホンと区別されています。

インナーイヤー型イヤホンのメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型イヤホンのメリットのひとつが、着脱のしやすさです。カナル型イヤホンの場合は耳の奥まで差し込む必要がある一方、インナーイヤー型イヤホンは耳穴に浅く被せるように装着します。つけたときに窮屈さが少なく、長時間装着しても快適につけられるのが魅力です。

インナーイヤー型イヤホンは、音が自然に抜ける「開放型」の構造によって、音のこもりが少なく高音の抜けのよいサウンドを楽しめるのが特徴。カナル型イヤホンと比べてシンプルな構造になっており、リーズナブルなモデルが多く販売されているのもメリットです。

デメリット

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型イヤホンは、カナル型イヤホンと異なり耳の奥まで差し込まないため、音漏れしやすいのがデメリットです。とくに、電車やバス内など周囲が気になる環境では音量に注意する必要があります。なかには、技術の進歩で音漏れ具合が改良されているモデルもあるのでチェックしてみてください。

音漏れが気になると同時に、外部の音が入り込みやすい特徴もあります。周囲が騒がしい環境でリスニングに集中したい場合は向いていません。音が自然と抜ける構造によって繊細な音を聞き取りにくい場合があるほか、低音の弱さが気になる場合もあります。

また、カナル型イヤホンより装着感が緩めなので、動きの激しいアクティビティ中はズレる可能性がある点に留意しておきましょう。

カナル型イヤホンについて詳しく知りたい方はこちら

インナーイヤー型イヤホンの選び方

接続方式をチェック

ワイヤレス(Bluetooth)

By: amazon.co.jp

Bluetooth接続に対応しているモノなら、スマホやオーディオプレーヤーとワイヤレスで接続できます。ワイヤレス最大の魅力はわずらわしいケーブルがないこと。とくに、ランニングやフィットネスなどアクティブなスポーツシーンでの装着に適しています。

ワイヤレスモデルを選択する際は、Bluetoothのバージョンや対応コーデックの確認が重要です。古いバージョンを使用しているモデルは接続が安定しない場合があり、対応コーデックは音質や遅延に関わります。快適なリスニングを楽しみたい場合は、高音質なコーデック「AAC」や「aptX」に対応しているモデルをチェックしてみてください。

使用頻度によっては、充電時間と連続使用可能時間にも注目。とくに、通勤・通学で毎日使用する場合は、一度の充電で長く使用でき、充電の手間をなるべく減らせるモデルがおすすめです。

有線

By: amazon.co.jp

接続端子をスマホやオーディオプレーヤーに差し込む、ケーブル付きのインナーイヤー型イヤホンが有線タイプです。接続端子は3.5mmステレオミニプラグが一般的。なかにはiPhoneやiPodなど「Lightning端子」採用のデバイスに対応しているモデルも販売されています。使用しているデバイスの端子を確認しておきましょう。

ケーブルのわずらわしさはあるものの、直接デバイスと接続するため音質低下や遅延が少ないほか、充電する必要がないのがメリット。比較的リーズナブルなモデルが多いのも魅力です。ただし、ケーブルが断線してしまうなどトラブルが発生すると使用できません。なかには、ケーブルが取り外し式で交換できるタイプもあるのでチェックしてみてください。

音質や音の傾向をチェック

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型イヤホンは、カナル型に比べて音の広がりを感じやすいのが魅力。空間表現力や、レコーディング現場の空気感表現に長けているのが強みです。

また、外部の音が入ってきやすい構造のため、外など周囲の音をシャットアウトしたくないシーンでも安心して使用できます。

遮音性をチェック

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型イヤホンは開放的な構造で、一般的に遮音性が低いのが特徴。ただし、モデルによって遮音性は異なるため、利用シーンを考慮して選択するのがおすすめです。周囲の音を聞きたいシーンや通勤・通学で友人と会話しながら聞く場合には、あまり遮音性を気にする必要はありません。

なかには、完全に耳をふさがずに音漏れを軽減できる「音導管設計」を採用しているモデルがあります。音導管によって鼓膜方向にダイレクトに音を届けられるのが特徴。快適な装着感と音漏れを低減できる遮音性を両立しています。

ノイズキャンセリング機能の有無をチェック

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセル機能は街中や電車内など、ボリュームを上げないと音楽が聴こえにくいときに活躍する機能です。とくに、インナーイヤー型イヤホンは外部の音が入り込みやすいため、周囲の音が気になる場合にはチェックしてみてください。

騒音を打ち消す「逆位相」の音波を発生させる仕組みで、周囲が騒がしいなかでもリスニングに集中できます。周囲の音を聞きたくないときの耳栓替わりとしても便利。ただし、ノイズキャンセル機能は電力を必要とするため、充電式のモデルに限られてしまう点には留意しておきましょう。

インナーイヤー型イヤホンのおすすめランキング|ワイヤレス

第1位 アップル(Apple) インナーイヤホン AirPods

全方向から音が飛んでくるような3D体験が可能なワイヤレスインナーイヤホンです。まるでコンサートホールや映画館にいるようなサウンドに包まれるのが特徴。独自設計のダイナミックドライバーやパワフルなカスタムアンプを搭載しており、高音質で音楽を楽しみたい方におすすめです。

左右のイヤーパッドに内蔵したマイクによって音声通話も可能。アコースティックメッシュで覆った構造で風切り音を軽減でき、快適な通話を実現します。耳にフィットしやすい装着感と洗練されたデザインも魅力です。

感圧センサーを搭載し、曲の再生、一時停止や通話の応答、終了などを直感的に操作できるのもポイント。本体と充電ケースともにIPX4等級の耐汗耐水性を備えており、突然の雨や汗をかくトレーニングで濡れても安心です。1回の充電でケースを使用して最大30時間再生できます。

第2位 ハッピープラグス(HAPPY PLUGS) インナーイヤー型 完全ワイヤレスイヤホン HOPE

ファッション性の高いイヤホンを展開している「ハッピープラグス」のインナーイヤホンです。ジュエリーのような印象の外観で、高級感あふれるデザインのモノを求めている方におすすめ。豊富なカラーバリエーションがラインナップされています。

1回の充電で約6時間使用できるほか、充電ケースを併用すれば最大30時間もの連続再生が可能。抗菌保護テクノロジーの採用により、有害な雑菌の増加を99%抑制する効果があると謳われているのもポイントです。

第3位 ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WI-SP500

周囲の環境音を聞き取りやすいワイヤレスインナーイヤホンです。音楽を聴きながら、電車内のアナウンスやランニング時の環境音を取り込めます。毎日の通勤・通学用としてもぴったり。IPX4の防滴性能を備えており、突然の雨でも安心して使えます。

耳に合わせた形状で高い装着感を実現。滑りにくく工夫した突起状のイヤーチップを採用しています。激しい運動時でも外れにくく、トレーニングしながら音楽を聞きたい方にもおすすめ。ハンズフリー通話に対応しており、エコーキャンセレーションとノイズ低減技術によって快適な通話が可能です。

SiriやGoogleアプリなど、スマホの音声アシスタント機能に対応しているのもポイント。そのほか、スマホとイヤホンを近づけてペアリングできるワンタッチ接続機能や、8台までの機器をペアリングできるマルチペアリングにも対応しています。

第4位 サウンドピーツ(SoundPEATS) インナーイヤホン TrueAir2

クアルコムチップセットとBluetooth5.2を採用したワイヤレスインナーイヤホンです。スマホや携帯音楽プレーヤーと安定したペアリングを実現。AACにくわえてaptXコーデックに対応しており、音が途切れにくく快適に音楽を楽しみたい方におすすめです。IPX4の防水規格に対応しています。

マイク内蔵で音声通話にも対応。ノイズキャンセリング機能を搭載し、ノイズを低減したクリアな音声通話が可能です。デュアルバランスドアーマチュアドライバー搭載で高音質なのも魅力。約1~2時間充電してイヤホンのみで約6時間、充電ケース併用で約20時間の連続再生が可能です。

第5位 JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスイヤホン HA-F15BT

レトロな色合いのツートンデザインを採用したワイヤレスインナーイヤホンです。カジュアルかつ上品な雰囲気でファッションのアクセントにぴったり。プレゼントにもおすすめです。

圧迫感が少ない形状により、快適に装着できるのが特徴。開放型で周囲の音を聞き取りやすく、安心して使えるのもポイントです。マイクを搭載しているため、ハンズフリー通話も可能。スマホの音声アシスタント機能にも対応しています。

IPX2相当の防滴仕様を備えているので、トレーニングしながら音楽を聞きたいときに便利。また、ケーブルの被膜部分に微細な溝を入れた「グルーヴケーブル」を採用しており、絡みにくいのも魅力です。

第6位 オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-C200BT

高性能な口径12mmドライバーを搭載したワイヤレスインナーイヤホンです。再生周波数帯域20~20,000Hzとレンジが広いのが特徴。低音の音抜けを向上させるベントを設けており、豊かな低音域を再生します。

セミオープン構造で密閉性を確保しながら、周囲の音を聞き取りやすいのもポイント。通勤・通学時などでの重要なアナウンスを聞き逃したくないシーンで活躍します。マイクを内蔵しておりハンズフリー通話ができるほか、マルチペアリング対応で最大8台の機器を登録可能です。

シリコン素材のハウジングによる、やさしい装着感も魅力。エルゴノミックデザインを採用しており、長時間のリスニングでも快適なつけ心地を実現しています。

第7位 マーシャル(Marshall) 完全ワイヤレスイヤホン MinorⅢ

ギターアンプの老舗人気メーカーとして知られている「マーシャル」のワイヤレスインナーイヤホンです。カスタムチューニングされた12mmドライバーを搭載。パワフルな低音域とクリアな高音域、スムースな中音域の高音質サウンドで音楽を楽しめるおすすめモデルです。

高級感あふれるデザインも魅力。充電ケースはコンパクトで、ポケットに入れて気軽に持ち運べます。1回の充電で約5時間の音楽再生が可能。充電ケースを併用すれば、最大約25時間再生できます。タッチセンサー搭載で、直感的に操作しやすいのもポイントです。

第8位 JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-A8T

同社初の開放型完全ワイヤレスインナーイヤホンです。圧迫感が少なく、角度をつけた形状のハウジング採用で耳にフィットしやすいのが特徴。長時間使用する方や毎日の通勤・通学で使う方など、快適に装着しやすいモデルを求めている方におすすめです。

口径10mm高磁力ネオジウムマグネット搭載のドライバーユニットを採用。音を効率的に外耳道へ導くように設計されており、低音域から高音域までバランスに優れたパワフルでクリアなサウンドを楽しめます。

一度ペアリングさせた端末で使用する際には、充電ケースからイヤホンを取り出すだけで自動的に接続されるのも便利。使用後に充電ケースに戻せば、自動的に電源がオフになります。イヤホン本体は、IPX4相当の生活防水仕様備えているのも魅力。フル充電で本体のみ約6時間、充電ケースとの併用で合計約15時間の連続再生が可能です。

第9位 ファーウェイ(HUAWEI) ワイヤレスイヤホン FREEBUDS3

アクティブノイズキャンセリング機能を搭載した、Androidユーザー向けのワイヤレスインナーイヤホンです。内蔵したマイクが取り込んだノイズに、逆位相の音波を生成してノイズを低減させます。語学学習など、リスニングに集中したいシーンにもおすすめのモデルです。

1回の充電で約4時間の連続再生が可能。付属の充電ケースと併用すれば、最長約20時間もの長時間再生が可能です。同社のスマホユーザーなら、タップコントロールで操作できるほか、充電ケースのフタを開けるだけで簡単にペアリングできるのも便利です。

第10位 ソニー(SONY) ワイヤレスオープンイヤーステレオイヤホン SBH82D

耳をふさがない音導管設計のワイヤレスインナーイヤホンです。オープンイヤースタイルながら音もれしにくく、音楽を聞きながら会話を楽しみたい方におすすめ。ハンズフリー通話に対応しているほか、リモコンでボリュームの調節などの操作ができるのも便利です。

25.5gと軽いうえ、柔らかいネックバンド型なので、長時間装着しやすいのも魅力。耳にフィットしやすいデザインで蒸れにくく、快適なつけ心地をキープします。周波数帯域20~20,000Hzとレンジが広いのも魅力。フル充電で最大約7.5時間の連続再生が可能です。

インナーイヤー型イヤホンのおすすめランキング|有線

第1位 アップル(Apple) EarPods with Lightning Connector

Lightning端子を搭載しているインナーイヤホンです。iPhoneやiPodなどApple製品を使用している方におすすめ。iOS10以降に対応しているデバイスと接続可能です。耳の形状にフィットしやすく設計されており、快適なつけ心地を実現しています。

リモコンを内蔵しているため、音楽の再生や電話の応答などの操作も簡単。音の劣化を最小に抑えるように設計したスピーカーにより、高音質なサウンドで音楽を楽しめます。

第2位 オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤー型イヤホン ATH-C505

大口径15mmドライバーを搭載したインナーイヤホンです。大型ドライバーを搭載しており、奥行のあるサウンドを楽しめるのが特徴。ダクト部にステンレス製メッシュを採用した独自設計の「ベースディメンションエキサイター」により、豊かな低音域を再生できます。高音質なサウンドを求めている方におすすめモデルです。

巻き取りホルダーが付属しているので、コードの長さを自由に調節できるのもポイント。買い求めやすいリーズナブルな価格も魅力です。

第3位 アストロテック(Astrotec) インナーイヤー型イヤホン LYRANATURE

背面にマイクロ多孔質フィルターを搭載したインナーイヤホンです。ドライバー背面に放出される音に対して、拡散性のあるディフューザーのように機能するのが特徴。音の散乱を抑制し、クリアな高音質サウンドを実現します。

ハイレゾ音源に対応しているのも魅力。原音に忠実なサウンドにこだわりたい方にもぴったりです。MMCX着脱式ケーブルを採用しているのもポイント。ケーブルの交換が可能で、断線した場合や好みのケーブルへカスタマイズしたい場合に重宝します。

第4位 オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤー型イヤホン ATH-CM2000Ti

精密切削技術でひとつずつ削り出した高輝度チタニウムを採用しているインナーイヤホンです。大口径15.4mmドライバーも搭載しているため、優れた音響特性を実現。不要な共振を抑制し、こもりの少ない高音質サウンドを楽しめます。

世界に1台であることを証明するシリアルナンバーをハウジングにマーキングしており、高級感があるのも魅力です。着脱式ケーブルを採用しているのもポイント。直径3.5mmステレオケーブルにくわえて、直径4.4mmバランス接続に対応したバランスケーブルが付属しています。

第5位 エレコム(ELECOM) ステレオイヤホン EHP-IS3510M

マイク内蔵で通話も可能なインナーイヤホンです。リモコンも搭載しており、着信応答や終了の操作が手元で可能。取り回りやすいフラットケーブルを採用しているので、絡みにくいのもポイントです。収納時にヘッドホンのぶらつきや絡まりを防ぐ、スライダーが付属しています。

14.8mmの大口径ドライバーを搭載し、高音域から低音域までバランスのとれたサウンドを実現しているのも魅力。また、交換用のイヤーパッドが2個付属しています。安価ながら使い勝手に優れたおすすめモデルです。

第6位 ラディウス(radius) インナーイヤホン Wood Earphone HP-WHF11Mx

ハウジングにメイプルウッドを採用しているインナーイヤホンです。ギターやバイオリンなどの木製楽器に使用されている木材で、音楽との相性のよさが特徴。木製ならではの手触りと、あたたかみのあるサウンドを楽しめるおすすめモデルです。

木製の本体に合うように丁寧なチューニングを施しており、落ち着きのある深い低音を再生。周波数帯域20~20,000Hzと、高音域から低音域まで幅広いレンジの高音質サウンドを実現します。

第7位 オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤー型イヤホン ATH-CM707

レゾナンスダクト構造を採用しているインナーイヤホンです。音の厚みを補完し、パワフルな低音域を再生できるのが特徴。最大級クラスの15.4mm大口径ドライバーを搭載しているので、解像度の高い中高音域も楽しめます。

ブッシュ部分に高弾性エラストマーを採用し、耳珠に当たらないようにクランク処理を施しているため、装着しやすいのもポイント。本体の0.6mケーブルに0.6mの延長コードを接続できる構造で、ヘッドアンプの使用時などシーンに合わせてコードの長さを調節できます。コードが絡まずに収納できる、専用のレザー調ポーチが付属。持ち運びや保管時に本体が傷つくのを防げます。

第8位 Pai audio 3.14 FLAT PAI-FLAT

音の広がりと低音域の力強さが特徴のインナーイヤホンです。大口径16mmダイナミックドライバーユニットを搭載し、迫力のあるサウンドを楽しめます。買い求めやすいリーズナブルな価格も魅力で、カナル型からの買い替えや、はじめてインナーイヤー型を購入する方におすすめのモデルです。

耳をふさがない構造なので、圧迫感が気になる方にもぴったり。再生周波数帯域20~20,000Hzと、レンジが広いのもポイントです。

第9位 ソニー(SONY) ステレオイヤーレシーバー MDR-AS210

運動中でも外れにくいループハンガー機構を採用したインナーイヤホンです。安定したつけ心地で、音楽を聞きながらトレーニングしたい方におすすめ。汗や水しぶきに強い防滴仕様を備えており、屋外でスポーツを楽しみたいときにもぴったりです。

セレーションケーブル搭載でコードが絡みにくいのもポイント。コードをウェアなどに固定できるクリップが付属しているのも便利です。ブラックやピンクなどのカラーをラインナップしています。

第10位 水月雨(MOONDROP) インナーイヤー型 イヤホン CHACONNE

金属をあしらった高級感のあるデザインが印象的なインナーイヤホンです。航空機用チタン合金や金メッキ黄銅プレートを使った外観が特徴。振動板部分には、人工衛星やジェットエンジンに使用されている液晶ポリマーを採用しています。

オーディオスピーカーに採用されている素材を取り入れた、高音質設計も魅力。コストを惜しまず開発した独自ケーブルを使っているなど、音質にこだわりのある方にもぴったりです。

インナーイヤー型イヤホンの楽天市場ランキングをチェック

インナーイヤー型イヤホンの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。