スマホやポータブルプレーヤーなどで音楽を聴く際に欠かせないイヤホン。最近は、密閉性が高く、より臨場感が味わえるカナル型イヤホンが注目を集めていますが、「インナーイヤー型イヤホン」も根強い人気があります。

そこで今回は、インナーイヤー型イヤホンのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。選び方のポイントやメリット・デメリットについても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

インナーイヤー型イヤホンとは?

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型イヤホンとは、本体を耳に軽く挿入し、耳甲介に乗せてフィットさせる「イントラコンカ型イヤホン」のこと。もともとは耳の中に本体を入れて聴くイヤホン全体のことを指していましたが、現在ではイヤーピースを耳栓のように挿入するカナル型イヤホンと区別されています。

空間表現力が高く、録音現場の広さや空気感を表現できるのが特徴。開放感のある音楽を楽しみたい方に適しています。

インナーイヤー型イヤホンのメリット・デメリット

メリット

By: audio-technica.co.jp

インナーイヤー型イヤホンのメリットのひとつが、着脱のしやすさです。カナル型イヤホンの場合は耳の奥まで差し込む必要がある一方、インナーイヤー型イヤホンは耳穴に浅く被せるように装着します。つけたときに窮屈さが少なく、長時間装着しても快適につけられるのが魅力です。

インナーイヤー型イヤホンは、音が自然に抜ける「開放型」の構造によって、音のこもりが少なく高音の抜けのよいサウンドを楽しめるのが特徴。カナル型イヤホンと比べてシンプルな構造になっており、リーズナブルなモデルが多く販売されているのもメリットです。

デメリット

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型イヤホンは、カナル型イヤホンと異なり耳の奥まで差し込まないため、音漏れしやすいのがデメリットです。とくに、電車やバス内など周囲が気になる環境では音量に注意する必要があります。なかには、技術の進歩で音漏れ具合が改良されているモデルもあるのでチェックしてみてください。

音漏れが気になると同時に、外部の音が入り込みやすい特徴もあります。周囲が騒がしい環境でリスニングに集中したい場合は向いていません。音が自然と抜ける構造によって繊細な音を聞き取りにくい場合があるほか、低音の弱さが気になる場合もあります。

また、カナル型イヤホンより装着感が緩めなので、動きの激しいアクティビティ中はズレる可能性がある点に留意しておきましょう。

カナル型イヤホンについて詳しく知りたい方はこちら

インナーイヤー型イヤホンの選び方

接続方式をチェック

ワイヤレス(Bluetooth)

By: marshall.kanjitsu.com

Bluetooth接続に対応しているモノなら、スマホやオーディオプレーヤーとワイヤレスで接続できます。ワイヤレス最大の魅力はわずらわしいケーブルがないこと。とくに、ランニングやフィットネスなどアクティブなスポーツシーンでの装着に適しています。

ワイヤレスモデルを選択する際は、Bluetoothのバージョンや対応コーデックの確認が重要です。古いバージョンを使用しているモデルは接続が安定しない場合があり、対応コーデックは音質や遅延に関わります。快適なリスニングを楽しみたい場合は、高音質なコーデック「AAC」や「aptX」に対応しているモデルをチェックしてみてください。

使用頻度によっては、充電時間と連続使用可能時間にも注目。とくに、通勤・通学で毎日使用する場合は、一度の充電で長く使用でき、充電の手間をなるべく減らせるモデルがおすすめです。

有線

By: audio-technica.co.jp

接続端子をスマホやオーディオプレーヤーに差し込む、ケーブル付きのインナーイヤー型イヤホンが有線タイプです。接続端子は3.5mmステレオミニプラグが一般的。なかにはiPhoneなど「Lightning端子」採用のデバイスに対応しているモデルも販売されています。使用しているデバイスの端子を確認しておきましょう。

ケーブルのわずらわしさはあるものの、直接デバイスと接続するため音質低下や遅延が少ないほか、充電する必要がないのがメリット。比較的リーズナブルなモデルが多いのも魅力です。ただし、ケーブルが断線してしまうなどトラブルが発生すると使用できません。なかには、ケーブルが取り外し式で交換できるタイプもあるのでチェックしてみてください。

装着感をチェック

By: jvc.com

長時間のリスニング用途であれば、装着感が重要です。イヤーチップの交換である程度大きさを変えられるカナル型と異なり、インナーイヤー型イヤホンはサイズが基本的に固定。装着感を高めるため、耳全体にフィットしやすい形状や、やわらかい素材を使用するなど、それぞれ独自の工夫を施しているのがポイントです。

また、完全ワイヤレスのインナーイヤー型イヤホンであれば、イヤホン本体の重量も装着感に影響します。購入前にチェックしておきましょう。

通話に使うなら「マイク・リモコン」の有無をチェック

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型イヤホンを使うシーンのひとつがスマホでのリスニングです。通話で使用するのなら、マイクとリモコンの有無をチェックしておきましょう。特に、有線のタイプだと、マイク・リモコンが付いていない製品も多いので注意が必要です。

なお、高性能マイクを搭載し、通話品質を高めている製品も多数存在します。リモート会議などでの使用を考えている方は、マイク・リモコンの有無と共に、通話品質もチェックしてみてください。

その他の機能もチェック

ノイズキャンセリング

By: nokia.com

音楽に集中したい方にはノイズキャンセリング機能付きのインナーイヤー型イヤホンがおすすめです。

一般的に、インナーイヤー型イヤホンは耳に密着しにくい分、外部のノイズが入りやすい特徴があります。電車のアナウンスを聞き逃しにくいことなどはメリットですが、音楽に集中したいときにはデメリットです。

アクティブノイズキャンセリング機能付きモデルであれば、電車や飛行機など、外部のノイズが気になるシーンでも音楽や動画に没頭できます。

なお、インナーイヤー型イヤホンはカナル型と比較すると、構造上ノイズキャンセリング機能を搭載しにくいことが特徴。ノイズキャンセリング機能付きのモデルは数がそれほど多くないことは留意しましょう。

外音取り込み

By: amazon.co.jp

通勤・通学やジムでのワークアウト中など、イヤホン使用中誰かに話しかけられる可能性があるのなら、外音取り込み機能もあると便利。外音を取り込めるモデルであれば、イヤホンを装着したまま会話ができるのでおすすめです。

ノイズキャンセリング機能付きのイヤホンでは、一時的に機能をオフにして外音を取り込む機能を持っている製品もあります。快適さを求める方は外音取り込み機能の有無をチェックしてみてください。

防水・防塵性能

By: nokia.com

ジョギングなどでの使用を考えている方は防水・防塵性能をチェックしてみてください。防水機能はIPXで表されるのが一般的。防塵機能はIP6Xといったコードで表されます。たとえば、IPX4以上であれば、多少の雨や汗がかかる環境下でも問題なく使用できるため、天候を気にせずジョギング中に音楽を楽しめます。

インナーイヤー型イヤホンのおすすめランキング|完全ワイヤレス

第1位 マーシャル(Marshall) Minor3

パワフルなサウンドが魅力の完全ワイヤレスインナーイヤー型イヤホンです。直径12mmの大型ドライバーを搭載。カスタムチューニングが施されており、低音から高音までバランスのよいサウンドが楽しめます。

マーシャルはもともとロックミュージシャンに人気の高いギターアンプメーカー。イヤホンもロックな雰囲気で、本体や充電ケースはマットなブラックで統一されています。マーシャルの特徴的なロゴもワンポイントです。

連続再生可能時間は約5時間。充電ケースを併用すれば最大25時間の再生が可能です。また、IPX4相当の防水性能を備えているなど、日常的な使いやすさも考慮されています。

第2位 ノキア(Nokia) Pro True Wireless Earphones P3802A

リーズナブルな価格帯ながらアクティブノイズキャンセリング機能を搭載した、コストパフォーマンスに優れたインナーイヤー型イヤホンです。電車の中など、周囲の音が気になる環境でも音楽や動画に集中できます。

通話品質の高さもポイント。ノイズキャンセリング機能が環境ノイズを抑えるため、騒がしい場所でも相手の声が聞き取りやすいほか、左右合計6つのマイクが声をクリアに捉えます。通話への切り替えはスムーズに行えるため、リモートワーク中に音楽を聴きたい方にもおすすめです。

北欧の会社らしいシンプルな見た目も魅力。マットなブラックと、落ち着いたブルーの2色がラインナップされています。

第3位 アップル(Apple) AirPods 第3世代

iPhoneとの接続がメインの方におすすめの完全ワイヤレスインナーイヤー型イヤホンです。Siriや「探す」アプリとの連携など、Apple純正品ならではの使いやすさを感じられます。

迫力のあるサウンドを楽しめるのもポイント。独自開発のダイナミックドライバーとカスタムアンプを搭載しているため、低音から高音までをバランスよく再生します。また、内向きに装着されたマイクが実際に聴いている音を検知。アダプティブイコライゼーションにより、耳の形など個人に合わせて音を調節します。さらに、「空間オーディオ」にも対応。Apple MusicやApple TVを楽しむ際、立体的な音の広がりを楽しめます。

なお、AirPodsはAndroidなどでの使用も可能。機能は制限されますが、高音質で音楽を楽しめます。

第4位 JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-A8T

バランスのよいサウンドが楽しめる完全ワイヤレスインナーイヤー型イヤホンです。直径10mmの小型ドライバーには、高磁力ネオジウムマグネットを搭載しており、クリアな音を楽しめるのがポイント。また、低音を強調するバスポートが配置されており、開放型ながらも迫力のサウンドを楽しめます。

充電ケースへの出し入れで電源のオン・オフを制御するなど、日常的な使いやすさも魅力。一度ペアリングをした機器とは電源オン時に自動接続します。

Bluetoothの規格は5.0でPower Class1に対応。アンテナ位置が最適化されており、通信が安定していることも特徴です。

第5位 アンカー(ANKER) Soundcore Life Note 3S

パワフルな低音が楽しめる完全ワイヤレスインナーイヤー型イヤホンです。直径13mmの大型ドライバーを採用しているのがポイント。独自の「BassUpテクノロジー」を搭載しており、迫力の低音が楽しめます。また、専用の「Soundcoreアプリ」を利用すれば、好みにあわせたイコライジングが可能。22種類のプリセットも用意されています。

バッテリーの持ちがよいことも特徴です。イヤホン単体での音楽再生時間は最大5時間。充電ケースとの併用で、最大35時間の連続再生が可能です。また、急速充電に対応しており、10分間の充電で約1時間音楽を楽しめます。ワイヤレス充電に対応していることも魅力です。

映像と音声のズレを低減する「ゲームモード」を搭載。オンラインゲームなどを楽しみたい方にもおすすめです。また、ゲームモードではアクションや足音などが強調されるため、迫力のあるゲーム体験を楽しめます。

第6位 サウンドピーツ(SoundPEATS) TrueAir2

出費をできるだけ抑えたい方におすすめの完全ワイヤレスインナーイヤー型イヤホンです。コストパフォーマンスの高さが評価され、VGP2021の「Bluetooth完全ワイヤレスイヤホン(5千円未満)」で金賞を獲得しています。

イヤホン片側の重さが約3.5gと軽量なこともポイント。耳にフィットしやすいデザインなので、長時間のリスニングでも耳が疲れにくく、快適に音楽を楽しめます。

イヤホン本体のバッテリーは片側60mAhで、約6時間の再生が可能。充電ケースとの併用で、約20時間の音楽再生に対応します。イヤホン本体の充電時間は1~2時間です。

第7位 ファーウェイ(HUAWEI) FreeBuds 4

集中して音楽を楽しみたい方におすすめの完全ワイヤレスインナーイヤー型イヤホンです。

「開放型ハイブリッドノイズキャンセリング」機能が、快適な装着感を維持しつつ、環境ノイズを低減。音楽や動画に没頭できます。また、耳の形やイヤホン装着方法のクセを検出する「アダプティブ・イヤーマッチング・テクノロジー」を搭載。個人にあわせたモードで低周波音を低減することもポイントです。

解像度が高く音質がクリアなことも魅力。音が消え入る瞬間の細かなニュアンスも再現します。さらに、パワーエンジンによりしっかりとした低音を再生。迫力のあるサウンドを楽しみたい方にもおすすめです。

人間工学に基づいた独自の形状も特徴。耳にフィットしずれにくく、長時間のリスニングも快適に過ごせます。

第8位 ノキア(Nokia) Essential True Wireless Earphones E3103

シンプルな見た目の完全ワイヤレスインナーイヤー型イヤホン。カラーバリエーションはマットなブラックや落ち着いたブルー、ピンク、ホワイトの4色展開です。

機能性の高さもポイント。イヤホンは人間工学に基づいた形で耳にしっかりとフィットします。また、重さはそれぞれ約3.3gと軽量。長時間の使用でも耳が疲れにくく、快適に音楽を楽しめます。

通話性能も優れており、ENCノイズキャンセリング機能が通話中の環境ノイズを低減。声をしっかりと捉え、相手へ伝えます。リモート会議用のイヤホンとしてもおすすめです。

インナーイヤー型イヤホンのおすすめランキング|ワイヤレス

第1位 ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WI-SP500

ジョギングやランニングなど、運動中のリスニングにおすすめのワイヤレスインナーイヤー型イヤホン。装着感のよさがポイントです。凹凸があるイヤーチップは滑りにくく、耳にしっかりとフィット。運動中でも快適に音楽を楽しめます。インナーイヤー型なので、外音も適度に取り込まれるのも魅力。ジョギング中の安全性を高めます。

IPX4相当の防滴性能を有しているので、運動中の小雨や汗も気にせずに使用できるのも魅力。また、ハンズフリー通話に対応しており、ジョギング中に電話することも可能です。

カラーバリエーションはブラック・ホワイト・イエロー・ピンクの4色。ジョギングウェアなどとのコーディネートを楽しむのもおすすめです。

第2位 JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-F15BT

レトロな雰囲気のツートーンカラーが目を惹くワイヤレスインナーイヤー型イヤホンです。カラーバリエーションが豊富で、ファッションとのコーディネートを楽しめます。

3ボタンのシンプルなリモコン・マイクを搭載していることがポイントのひとつ。ボリュームの調節や曲の再生・停止など、直感的な操作が可能です。また、Siriなどの音声アシスタント機能にも対応しています。

ケーブルには溝状の加工が施されており、絡みにくいのが特徴。カバンやポケットに入れて持ち歩きたい方にもおすすめです。

第3位 オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-C200BT

音質のよさに優れたワイヤレスインナーイヤー型イヤホンです。直径12mmと大きめのドライバーはレンジが広く、ヌケのよいサウンドを実現。また、低音を強調する専用の音響孔を搭載しており、インナーイヤー型ながら迫力のサウンドが楽しめます。

イヤホン表面はシリコン素材。耳にフィットしやすいエルゴノミクスデザインで、装着感がよくズレにくいこともポイントです。長時間のリスニングでも耳が疲れにくく、快適に音楽や動画を楽しめます。大容量バッテリーで、連続再生可能時間は最大約9時間。充電時間は約3時間です。

第4位 エレコム(ELECOM) LBT-F10I

シンプルなワイヤレスインナーイヤー型イヤホンです。ボタンは1つだけなので、操作は簡単。電源を入れるとペアリングモードになるので、スマホなど、接続機器側の設定だけですぐに接続できます。また、2回目以降は自動接続です。説明書に記載されたQRコードを読み込めば、「簡単接続ガイド」が確認できます。

マイクが付属しており、通話も可能。着信への応答・終話はリモコン付属のボタンで簡単に操作できます。

ドライバーユニットの前後にはダクトが設けられており、ヌケ感のある自然な音を再生。さらに、外音を取り込みやすく、社内アナウンスなどを聞き逃しにくいこともポイントです。

第5位 Nroae ネックバンド型イヤホン

バッテリーの要領が大きく電池切れの心配が少ないワイヤレスインナーイヤー型イヤホンです。最長約15時間の連続再生が可能。急速充電にも対応しており、5分の充電で約1時間音楽を楽しめます。待機時間は約220時間です。

防水性能の高さも魅力。IPX7相当で、水に濡れても簡単に故障することはありません。汗や急な雨でも安心して使用できるため、ジョギング用としてもおすすめ。耳にフィットしやすい形状で運動中にズレにくいこともポイントです。

第6位 Briskyjp ワイヤレスイヤホン

軽量で長時間の使用でも耳が疲れにくいワイヤレスインナーイヤー型イヤホンです。重さは約19gで、耳にフィットしやすい形状。IPX6相当の防水性能を備えているため、スポーツ用のイヤホンとしてもおすすめです。

イヤホンにはマグネットが搭載されており、首に掛けやすいこともポイント。また、絡まりにくいフラットケーブルなので、カバンやポケットに入れて持ち運びたい方にもおすすめです。

連続再生可能時間は約18時間。長時間の移動でもバッテリーの残量を気にせずに音楽や動画を楽しめます。フル充電までの時間は約1.5時間です。

インナーイヤー型イヤホンのおすすめランキング|有線

第1位 ノキア(Nokia) Essential Earphones E2101A

シンプルな見た目の有線インナーイヤー型イヤホン。白と黒のカラーバリエーションで、スーツからカジュアルまで服装を選ばずに合わせやすいのがポイントです。

人間工学に基づいたデザインで、使い勝手がよいのも魅力。イヤホンはしっかりと耳にフィットし、長時間のリスニングも快適に過ごせます。

リモコンはボタンひとつのシンプルな設計。音楽の再生・停止、早送り・巻き戻し、通話の開始・終了の操作を直感的に行えます。

第2位 オーディオテクニカ(audio-technica) スマートフォン用インナーイヤーヘッドホン ATH-C505iS

音楽再生に加え、通話や動画再生などに便利な、スマートフォンでの使用に特化した有線インナーイヤー型イヤホンです。コンデンサーマイクを耳元の下に搭載しており、クリアな通話が可能。また、リモコンのボタンで音楽や動画の再生・停止、着信への応答・終話などの操作ができます。

音質のよさもポイント。直径15mmの大口径ドライバーが深みと奥行きのあるサウンドを再生します。「ベースディメンションエキサイター」を搭載しており、しっかりとした低音が楽しめることも魅力です。

コード巻き取り用のホルダーが付属。バッグやポケットの中で絡みにくく、持ち運びのしやすさにも考慮されています。

第3位 オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-CM707

音質のよさに優れた有線インナーイヤー型イヤホンです。直径15.4mmのドライバーが高解像度で厚みのあるサウンドを再生。また、低音を強化するため「レゾナンスダクト構造」を搭載しており、迫力のサウンドを楽しめます。

装着感のよさもポイント。イヤホン本体は精密切削されたアルミ合金を使い軽量化を実現しています。さらに、ブッシュ部分は耳にフィットしやすい高弾性エラストマー素材を使い、フィット感を高めていることも特徴です。リスニング時にズレにくいため、音楽に没頭できます。

コードは短めの60cmで、スマホをポケットに入れて音楽を聴く際など、邪魔になりにくいことも魅力です。専用のポーチが付属しており、持ち運びのしやすさも考慮されています。

第4位 オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-CM2000Ti

ハイレゾ音源対応のハイエンド有線インナーイヤー型イヤホンです。開放型イヤホンの特性を活かし、音のこもりが少なくヌケのよいサウンドを実現。精密切削フルチタニウムのハウジングは余計な共振を抑え、クリアなサウンドを再生します。

イヤホンケーブルは着脱可能。4.4mmのバランス接続用ケーブルと3.5mmステレオミニプラグケーブル2本が付属しており、スマホやDAPなど接続機器に応じて使い分けできます。ケーブルは別途購入できるため、万が一の断線時にも安心です。また、ワイヤレス接続用のケーブルも販売されています。

シープスキン製の高級感ある専用セミハードケースが付属。持ち運びや保管がしやすいことも魅力です。

第5位 JVCケンウッド(KENWOOD) インナーイヤーヘッドホン HP-F240

エアクッションを搭載した有線インナーイヤー型イヤホンです。イヤーパッドは柔らかく、耳にしっかりとフィットするため、長時間のリスニングでも快適に過ごせます。

小型ネオジウムドライバーユニットはシャープでクリアな音が特徴。再生周波数帯域は20~20000Hzと幅広く、低音から高音までバランスよく再生します。

カラーバリエーションが豊富なこともポイント。落ち着いたブラックから、明るいミントブルーまで8色展開で、ファッションにあわせてコーディネートできます。また、リーズナブルな価格も魅力です。

第6位 ゼンハイザー(SENNHEISER) MX375

幅広い再生音域が特徴の有線インナーイヤー型イヤホンです。周波数特性は18~22000Hzで、しっかりとした低音から、クリアな高音までをバランスよく再生します。

重さは14gと軽量なこともポイント。耳にフィットしやすい形状で、長時間のリスニングでも耳が疲れにくく、快適に音楽や動画を楽しめます。また、フィット感を高めるイヤーパッド付きです。

専用の小型ポーチが付属しており、持ち運びしやすいことも魅力。ケーブル長さは120cmです。

第7位 エレコム(ELECOM) ステレオヘッドホン インナーイヤータイプ EHP-I3510

音のバランスに優れた有線インナーイヤー型イヤホンです。ポイントのひとつが直径14.8mmの大口径ドライバーを搭載していること。厚みのあるサウンドを楽しめます。周波数特性は20~20000Hzです。

ケーブルは取り回しがしやすいフラットタイプ。スライダーも付属しており、イヤホン同士がからまるのを防ぎます。カバンやポケットに入れて持ち運ぶ方にもおすすめです。

プラグはコンパクトなL字型。金メッキが施されており、電気伝導性を高めています。装着感を高めるイヤーパッド付きです。

インナーイヤー型イヤホンの売れ筋ランキングをチェック

インナーイヤー型イヤホンのランキングをチェックしたい方はこちら。