スマホやポータブルプレーヤーなどで音楽を聴く際に欠かせない「イヤホン」。最近は密閉性が高くより臨場感が味わえるカナル型イヤホンが注目を集めていますが、インナーイヤー型イヤホンも根強い人気があります。

そこで今回は、インナーイヤー型イヤホンのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。選び方のポイントやメリット・デメリットについても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

インナーイヤー型イヤホンとは?

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型イヤホンとは、もともと耳の中に本体を入れて聴くイヤホン全体のことを指していましたが、現在では本体を耳に軽く挿入し、耳甲介(ear concha)に乗せてフィットさせる「イントラコンカ型イヤホン」のことを示し、イヤーピースを耳栓のように挿入するカナル型イヤホンと区別されています。

インナーイヤー型イヤホンのメリット

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型イヤホンは、カナル型に比べて本体サイズが大きいため、発音振動板も大きなモノを使用。そのため、ワイドレンジでスケール感のあるサウンドが聴けます。

また、耳栓のようなイヤーピースを採用することによって周囲と密閉度を高めるカナル型に対して、インナーイヤー型イヤホンは基本的に開放型と呼ばれ、音のこもりが少ないのがメリットです。

窮屈さで耳に負担がかかるカナル型に対して、インナーイヤー型イヤホンは装着感が軽快なので、長時間の使用にも向いています。

インナーイヤー型イヤホンのデメリット

インナーイヤー型イヤホンのデメリットとしては、カナル型に比べて遮音性が低く、周囲への音漏れが懸念されます。特に電車やバスなど公共交通機関を利用する際は、大きめの音量で聴くと迷惑になる場合があるので注意が必要です。

また、音質面ではカナル型よりも低音再生能力がやや弱い傾向にあります。カナル型よりも緩い装着感の傾向があり、動くとズレやすい点も留意しておきましょう。

インナーイヤー型イヤホンの選び方

By: amazon.co.jp

現在、インナーイヤー型イヤホンはカナル型に比べて圧倒的に少数ですが、アップルのiPhone用純正イヤホン「EarPods」がインナーイヤー型を採用するなど、各メーカーからさまざまな製品が展開されています。

インナーイヤー型イヤホンは音楽を聴く基本機能だけのものが主流で、ノイズキャンセリング機能やスマホ用リモコンマイクが搭載されているモデルも少なめです。なお、価格帯としてはリーズナブルな製品がほとんど。音質や装着感、価格を考慮して選びましょう。

インナーイヤー型イヤホンおすすめ人気ランキング2019

第1位 アップル(Apple) AirPods with Wireless Charging Case MRXJ2J/A

アップル(Apple) AirPods with Wireless Charging Case MRXJ2J/A

ワイヤレス充電対応ケースが付属したインナーイヤホン。従来のAirPodsにワイヤレス充電機能が追加されているのが特徴です。

Qi対応の充電マットにケースを置くだけで、素早く充電が可能。1度本体をフル充電しておけば約5時間充電の必要がありません。また、バッテリーが切れた際には、ケースで15分ほど充電するだけで、再び約3時間の音楽再生が可能になります。

初期設定で自動耳検出機能をONにしておけば、装着するだけで音楽再生がスタート。再生・一時停止・曲送り戻しなどは、Siriに話しかけるだけで行えます。癖のないクリアな音質なので、幅広いジャンルの音楽を楽しむ方におすすめです。

第2位 ハッピープラグス(Happy Plugs) WIRELESS2 7624

ハッピープラグス(Happy Plugs) WIRELESS2

デザイン性を重視して設計されたスウェーデン発のインナーイヤホン。スウェーデン最大のファッション賞へのノミネートや、パッケージデザインで世界的な賞を受賞するなど、ミニマルなデザインが高く評価されています。音質はこもりが少なく、くっきりとしたサウンド再生が可能です。

バッテリー駆動時間は約6時間以上。連続待機時間は約220時間を誇り、1日中音楽を楽しめます。イヤホン本体は人間工学に基づいた設計。耳に快適にフィットし、ケーブル部分を首に掛けることで落下の心配を防ぎます。

音楽再生・停止・曲送り戻しなどはリモートボタンにより操作可能。SiriやGoogleアシスタントなどの音声アシストによる操作も可能なので、両手がふさがっていても問題ありません。ハンズフリー通話対応なので、スマホと接続して使用したい方におすすめのインナーイヤホンです。

第3位 JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-F15BT

JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-F15BT

リーズナブルな価格で購入できるワイヤレスタイプのインナーイヤホン。Bluetooth 5.0に対応しており、安定した接続が期待できます。最大通信距離は約10mなので、装着中に動き回る場合も便利です。

サウンドは、音の広がりが感じられるのが特徴。各音域がバランスよく出力され、耳触りのよいサウンドが楽しめます。3ボタン式リモコンをケーブルに搭載。音量調整や曲の再生・停止操作だけでなく、Bluetoothのペアリングやハンズフリー通話も簡単操作で行えます。

バッテリーの最大駆動時間は約6.5時間。汗や雨に強い防滴仕様なので、季節を問わず、通勤・通学時にも使用できます。3000円台の低価格で購入できるため、学生や初めてワイヤレスイヤホンを購入する方におすすめです。

第4位 マーシャル(Marshall) MINOR Ⅱ BLUETOOTH ZMH-04092259

マーシャル(Marshall) MINOR Ⅱ BLUETOOTH ZMH-04092259

ギター用アンプメーカーとして有名な「マーシャル」のインナーイヤホン。14.2mmのカスタムチューニングされたドライバーによって、マーシャルらしい重低音を再生できます。

各音域のバランスがとれたサウンド設計も特徴。豊かな高音域・クリアな中音域・迫力のある低音域がぶつかり合うことなく自然に耳へ届き、音場の広がりを感じさせます。

バッテリー駆動時間は最大12時間。充電を忘れた場合でも、わずか20分ほどの充電で、約2時間の再生が可能になるため便利です。接続はaptXコーデック対応のBluetooth 5.0。ワイヤレスながら音質を損なうことなく再生できます。

外観もマーシャルらしいデザインが魅力。迫力ある重低音と重厚感漂う面持ちは、マーシャルファンだけでなく全てのロックファンにおすすめのインナーイヤホンです。

第5位 ソニー(SONY) ステレオイヤーレシーバー STH32

ソニー(SONY) ステレオイヤーレシーバー STH32

高い防水性能を誇る有線タイプのインナーイヤホン。JIS防水保護等級IPX7相当の防水性能で、キッチンでの使用や雨の日にもおすすめです。

ケーブル部分にはマイク付きリモコンを搭載。ハンズフリー通話や音量調整、再生・停止などの操作が行えます。また、マルチファンクションキーを長押しすれば、GoogleアシスタントやSiriの起動が可能。音声検索を簡単に行えます。

接続端子部分はL字型を採用。I字型に比べて接続時に出っぱりにくいので、インナーイヤホンと接続したスマホをポケットに入れて気軽に携帯できます。本製品は解像度が高く、低音の立ち上がりがよいのも魅力のひとつ。こもりの少ないしっかりとした低音が楽しみたい方におすすめです。

第6位 オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-CM2000Ti ATH-CM2000TI

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-CM2000Ti ATH-CM2000TI

広い音場と開放感のあるサウンド再生が可能なインナーイヤホン。精密に削られたフルチタニウム製のボディにより、切れのある音質と高級感あるデザインを両立しています。

本製品は15.4mmのHDドライバーを装備。パーメンジュールと呼ばれる合金仕様の磁気回路とDLC(ダイヤモンドライクカーボン)コーディング振動版を使い、解像度の高いサウンド再生を実現しています。

交換可能なケーブルは、高音質対応のA2DCコネクタを採用。好みに合わせてリケーブルすることで、音質の変化を楽しめます。ハイエンドモデルにふさわしく、レザー調のセミハードケースが付属。鞄に入れて持ち運ぶ場合でも安心です。

CD以上の情報量を誇るハイレゾ音源に対応しており、コストがかかっても解像度の高いサウンドを求めている方におすすめです。

第7位 クリエイティブ・メディア(Creative) Aurvana Air EP-AVNAIR

クリエイティブ・メディア(Creative) Aurvana Air EP-AVNAIR

イヤーフックでしっかりとしたフィット感が得られるインナーイヤホン。EaseFitと呼ばれる特徴的なデザインのイヤーフックは、ニッケルとチタンの合金素材で作られており、堅牢性と柔軟性を併せ持っています。

繊細なチューニングにより上質なサウンドを実現。ナチュラルな中低音域サウンドは、ボーカルやドラムの存在感をしっかりと感じさせます。高音域はノイズを抑えたクリアな音質。輪郭がはっきりとしており、聞き取りやすく心地よいサウンドです。

熱可塑性エラストラマーコーティングが施されたケーブルは、もつれにくい上にタッチノイズを軽減。カナル型イヤホンの圧迫感が苦手な方や、インナーイヤホンの耳から外れやすいデメリットが気になる方におすすめのモデルです。

第8位 ゼンハイザー(SENNHEISER) MX375

ゼンハイザー(SENNHEISER) MX375

低価格帯のインナーイヤホンのなかでも根強い人気を誇る定番モデル。ゼンハイザーが製造する「MXシリーズ」のエントリーモデルにあたり、高音質ながら2000円台で購入できるコスパの高さが好評です。

高効率ダイナミックドラーバーを採用し、充実した低音域再生を実現。曲のジャンルに関わらず、上質なサウンドを鳴らせるオールマイティなモデルです。

コンパクトで軽量なイヤホン部分は耳への負担を軽減しているのがポイント。イヤーパッドが付属しているので、フィット感の調整が可能です。低価格ながら、フラットで忠実な音の再現性を持つインナーイヤホンを探している方におすすめです。

第9位 ラディウス(radius) Wood Earphone HP-WHF11Mx

ラディウス(radius) Wood Earphone HP-WHF11Mx

温かみのある音が特徴的な木製インナーイヤホン。ギターやバイオリンなどの楽器に使用されるメイプルウッドを筐体に採用し、美しいハウジングを実現しています。

低音域は深く落ち着いたサウンド。振動板の素材に採用された特殊な紙が、低音を際立たせる効果を発揮しています。上質なサウンドは、オーケストラなど生楽器のサウンド再現に最適です。

自然素材であるメイプルウッドの木目は、同じものが存在しないオリジナルなのもポイント。優しい印象を与える外観なので、人とは違うイヤホンを探している方におすすめです。

第10位 リブラトーン(LIBRATONE) Q ADAPT LIGHTNING IN-EAR LI0030000AS6006

リブラトーン(LIBRATONE) Q ADAPT LIGHTNING IN-EAR LI0030000AS6006

Lightningコネクタを備えた、北欧デザインのインナーイヤホン。おしゃれで個性的な外観は、落ち着いた気品を感じさせます。Appleデバイスと簡単に接続できるLightningによる接続方式を採用しており、iPhoneとの相性は抜群です。

「Apple App Store」や「Google Play」から専用アプリのダウンロードができ、簡単な操作で音質が切り替えられます。周囲の音を遮断するノイズキャンセリング機能を搭載しているのも特徴。外部からの音の侵入レベルを4段階に切替えできるので、周囲の状況に合わせて音楽を楽しめます。

また、耳のサイズに合わせてイヤーピースの変更が可能。4種類のイヤーピースが同梱されているので、フィット感の調整が行えます。ケーブルは絡みにくく断線しにくいファブリックタイプを採用。音質や機能性だけでなくデザインにもこだわったおすすめのインナーイヤホンです。

第11位 アストロテック(Astrotec) LYRA CLASSIC

アストロテック(Astrotec) LYRA CLASSIC

ハイレゾ音源に対応した高音質なインナーイヤホン。15~40,000Hzの高解像度性能が魅力です。ハウジング部分には「LYRA」シリーズ特有の「マイクロ多孔質フィルター」を採用。音抜けを向上させ、ヘッドホンのような広い音場と透明感のあるサウンドを実現しています。

スリムなデザインなので、耳の小さい方でも安心。日本正規代理店品にのみ付属する特製のウイングチップを使えば、より完璧なフィット感が得られます。

ケーブルには「PU Silver Wire」を採用することで、繊細ながらダイナミックで迫力のあるサウンド表現が可能。大手オーディオメーカーのドライバーを長年に渡り製造してきた、アストロテックの技術を味わいたい方におすすめのインナーイヤホンです。

第12位 1MORE Piston Pod Earphones EO320

1MORE Piston Pod Earphones EO320

人間工学設計に基づいたデザインのインナーイヤホン。耳の形状や性質を徹底的に研究し、アジア人の耳にフィットするように設計されています。

ボディ素材は高級感を感じさせるアルミニウムを採用。音の振動を効率的に伝え、音質のアップに役立っています。振動板には航空機用のチタンを導入。PET素材で挟んだ3層構造により、中低音域の豊かな表現を実現しています。

劣化しやすいケーブルには耐久性の高いケブラーファイバーを採用。頑丈で絡みにくい上に、タッチノイズを軽減させます。創業者による「優れたヘッドホンやイヤホンを驚くほど手頃な価格でお客様に届ける」という理念の通り、抜群のコスパを誇るインナーイヤホンです。

インナーイヤー型イヤホンの楽天市場ランキングをチェック

インナーイヤー型イヤホンの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。