スマホやポータブルプレーヤーなどで音楽を聴く際に欠かせないイヤホン。最近は、密閉性が高く、より臨場感が味わえるカナル型イヤホンが注目を集めていますが、「インナーイヤー型イヤホン」も根強い人気があります。

そこで今回は、インナーイヤー型イヤホンのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。選び方のポイントやメリット・デメリットについても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

インナーイヤー型イヤホンとは?

By: audio-technica.co.jp

「インナーイヤー型イヤホン」は、もともと耳の中に本体を入れて聴くイヤホン全体のことを指していました。現在では、本体を耳に軽く挿入し、耳甲介に乗せてフィットさせる「イントラコンカ型イヤホン」のことを指すのが一般的。イヤーピースを耳栓のように挿入するカナル型イヤホンと区別されています。

インナーイヤー型イヤホンのメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型イヤホンのメリットのひとつが、着脱のしやすさです。カナル型イヤホンの場合は耳の奥まで差し込む必要がある一方、インナーイヤー型イヤホンは耳穴に浅く被せるように装着します。つけたときに窮屈さが少なく、長時間装着しても快適につけられるのが魅力です。

インナーイヤー型イヤホンは、音が自然に抜ける「開放型」の構造によって、音のこもりが少なく高音の抜けのよいサウンドを楽しめるのが特徴。カナル型イヤホンと比べてシンプルな構造になっており、リーズナブルなモデルが多く販売されているのもメリットです。

デメリット

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型イヤホンは、カナル型イヤホンと異なり耳の奥まで差し込まないため、音漏れしやすいのがデメリットです。とくに、電車やバス内など周囲が気になる環境では音量に注意する必要があります。なかには、技術の進歩で音漏れ具合が改良されているモデルもあるのでチェックしてみてください。

音漏れが気になると同時に、外部の音が入り込みやすい特徴もあります。周囲が騒がしい環境でリスニングに集中したい場合は向いていません。音が自然と抜ける構造によって繊細な音を聞き取りにくい場合があるほか、低音の弱さが気になる場合もあります。

また、カナル型イヤホンより装着感が緩めなので、動きの激しいアクティビティ中はズレる可能性がある点に留意しておきましょう。

カナル型イヤホンについて詳しく知りたい方はこちら

インナーイヤー型イヤホンの選び方

接続方式をチェック

ワイヤレス(Bluetooth)

By: rakuten.co.jp

Bluetooth接続に対応しているモノなら、スマホやオーディオプレーヤーとワイヤレスで接続できます。ワイヤレス最大の魅力はわずらわしいケーブルがないこと。とくに、ランニングやフィットネスなどアクティブなスポーツシーンでの装着に適しています。

ワイヤレスモデルを選択する際は、Bluetoothのバージョンや対応コーデックの確認が重要です。古いバージョンを使用しているモデルは接続が安定しない場合があり、対応コーデックは音質や遅延に関わります。快適なリスニングを楽しみたい場合は、高音質なコーデック「AAC」や「apt-X」に対応しているモデルをチェックしてみてください。

使用頻度によっては、充電時間と連続使用可能時間にも注目。とくに、通勤・通学で毎日使用する場合は、一度の充電で長く使用でき、充電の手間をなるべく減らせるモデルがおすすめです。

有線

By: amazon.co.jp

接続端子をスマホやオーディオプレーヤーに差し込む、ケーブル付きのインナーイヤー型イヤホンが有線タイプです。接続端子は3.5mmステレオミニプラグが一般的。なかにはiPhoneやiPodなど「Lightning端子」採用のデバイスに対応しているモデルも販売されています。使用しているデバイスの端子を確認しておきましょう。

ケーブルのわずらわしさはあるものの、直接デバイスと接続するため音質低下や遅延が少ないほか、充電する必要がないのがメリット。比較的リーズナブルなモデルが多いのも魅力です。ただし、ケーブルが断線してしまうなどトラブルが発生すると使用できません。なかには、ケーブルが取り外し式で交換できるタイプもあるのでチェックしてみてください。

音質や音の傾向をチェック

By: audio-technica.co.jp

インナーイヤー型イヤホンは、カナル型に比べて音の広がりを感じやすいのが魅力。空間表現力や、レコーディング現場の空気感表現に長けているのが強みです。

また、外部の音が入ってきやすい構造のため、外など周囲の音をシャットアウトしたくないシーンでも安心して使用できます。

遮音性をチェック

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型イヤホンは開放的な構造で、一般的に遮音性が低いのが特徴。ただし、モデルによって遮音性は異なるため、利用シーンを考慮して選択するのがおすすめです。周囲の音を聞きたいシーンや通勤・通学で友人と会話しながら聞く場合には、あまり遮音性を気にする必要はありません。

なかには、完全に耳をふさがずに音漏れを軽減できる「音導管設計」を採用しているモデルがあります。音導管によって鼓膜方向にダイレクトに音を届けられるのが特徴。快適な装着感と音漏れを低減できる遮音性を両立しています。

ノイズキャンセリング機能の有無をチェック

By: rakuten.co.jp

ノイズキャンセル機能は街中や電車内など、ボリュームを上げないと音楽が聴こえにくいときに活躍する機能です。とくに、インナーイヤー型イヤホンは外部の音が入り込みやすいため、周囲の音が気になる場合にはチェックしてみてください。

騒音を打ち消す「逆位相」の音波を発生させる仕組みで、周囲が騒がしいなかでもリスニングに集中できます。周囲の音を聞きたくないときの耳栓替わりとしても便利。ただし、ノイズキャンセル機能は電力を必要とするため、充電式のモデルに限られてしまう点には留意しておきましょう。

インナーイヤー型イヤホンのおすすめランキング|ワイヤレス

第1位 アップル(Apple) AirPods with Charging Case MV7N2J/A

インナーイヤー型イヤホンの定番モデルとして人気の「AirPods」の第2世代モデルです。充電ケースが付属した完全ワイヤレスタイプで、本体を取り出すだけで自動的に電源が入りデバイスに接続される仕様。光学センサーとモーション加速度センサーによって耳との脱着を感知するなど、快適な使用感で音楽を楽しめるおすすめモデルです。

2組のAirPodsで曲を共有できるのも便利。Siriによる音声操作にも対応しており、スマホに届いたメッセージなどを読み上げます。「Apple H1ヘッドチップ」の搭載により、安定したワイヤレス接続を実現。本体だけなら最大5時間、充電ケースと併用すれば最大24時間以上の再生が可能です。

第2位 ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセットWI-SP500

ビハインドネックタイプのインナーイヤー型イヤホン。Bluetooth接続のワイヤレスタイプです。IPX4相当の防滴対応により、汗や水しぶきに強いのが特徴。突起状の滑りにくいイヤーチップを採用しており、音楽を聴きながら運動したい場合におすすめのモデルです。

スマホと接続すれば、ハンズフリー通話も可能。エコーキャンセレーションとノイズサプレッションによって、高音質な通話を実現しています。かざすだけでペアリングできる「NFC」に対応している点にも注目。対応スマホとワンタッチでBluetooth接続できます。

高音質コーデック「AAC」に対応しており、遅延の少ない安定したワイヤレス接続ができる点も魅力。また、最大約8時間の連続再生が可能で、毎日の通勤・通学時の使用で充電の手間を減らしたい場合に重宝します。

第3位 ハッピープラグス(HAPPY PLUGS) AIR 1 PLUS EARBUD

多彩なカラーとデザインが人気の「ハッピープラグス」のインナーイヤー型イヤホンです。Bluetooth接続による完全ワイヤレスタイプで本体約6.5時間、ケース併用で最大40時間の連続再生が可能。使用頻度が多い方など、なるべく充電の手間を減らしたい方におすすめのモデルです。

高音質コーデック「apt-X」に対応し、遅延の少ないワイヤレス接続を実現。クリアな音質でのハンズフリー通話も可能です。10分の充電で約90分再生できるクイックチャージ機能は、充電し忘れた際に役立ちます。

第4位 JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスイヤホン HA-F15BT

レトロな雰囲気のツートンカラーが印象的なインナーイヤー型イヤホン。ファッションのアクセントにもなるカラーで、デザイン性にこだわりたい方におすすめのモデルです。イヤーチップ部は耳に負担をかけないシンプルな形状で長時間の装着でも快適。周囲の音を聞き取りやすく、安全性を重視したい方にも適しています。

Bluetooth接続によるワイヤレスタイプで、内蔵バッテリーにより最大連続6.5時間の使用が可能。スマホの音声アシスタント起動に対応したマイク付きリモコンを搭載しており、使い勝手がよいのも魅力です。IPX2相当の防滴仕様により、汗や水しぶきを気にせずに使えます。

第5位 サウンドピーツ(SoundPEATS) TrueAir2+

aptX Adaptiveの高音質コーデックに対応した、おすすめのインナーイヤー型イヤホンです。そのときどきのデータ量や電波の状況に合わせて、転送方法を自動で変更。接続が安定しているうえ、遅延が少ないのが特徴です。

重量は片耳約3.5g、充電ケースと合わせても約40gと軽量です。小さなポーチへはもちろん、ポケットの中へ入れても持ち運べます。USB-Type Cケーブルとワイヤレス充電に対応しているのもポイントです。

さらに、「TrueWireless Mirroring」に対応。片側のイヤホンを外したときに、音をもう片方のイヤホンへ切り替えることが可能。周りの音を取り入れながらリスニングしたいときに活躍します。加えて、cVcノイズキャンセリング技術が採用されたマイクを搭載。騒がしい場所でもクリアな通話が楽しめます。

第6位 ソニー(SONY) 完全ワイヤレスイヤホン Xperia Ear Duo XEA20JP

完全分離型のワイヤレスインナーイヤー型イヤホンです。人間工学に基づいて設計された下掛けスタイルで耳にフィットしやすいのが特徴。耳をふさがない独自設計「デュアルリスニング」により、周囲の音と音楽の両方を聴きたい場合におすすめです。作業中やスポーツを楽しむときなど、さまざまなシーンで活躍します。

音声アシスタント機能「Assistant for Xperia」を搭載しており、天気・ニュース・スケジュールなどを読み上げる機能が便利。受信したLINEメッセージの読み上げや音声でのメッセージ入力・送信にも対応しています。

充電機能搭載の専用ケースを併用すれば、最大約16時間の再生が可能。7分の充電で約1時間使用できる急速充電に対応しており、突然の充電が切れたときや充電をし忘れたときに役立ちます。

第7位 オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-C200BT

肌ざわりの優しいシリコン素材を採用しているインナーイヤー型イヤホンです。耳あたりがソフトでズレにくい装着感を実現。エルゴノミックデザインにより長時間の装着でも疲れにくく、快適なリスニングを可能にしています。

Bluetooth接続によるワイヤレスタイプで、最大8台までの機器を登録できるマルチペアリングに対応。スマホやワイヤレスオーディオプレーヤーなど、さまざまなデバイスで使用したい場合におすすめのモデルです。セミオープン構造によって、密閉性を確保しながらも周囲の音を聞き取りやすくなっています。

12mm高性能ドライバーを搭載したクリアなサウンドも魅力。低音の音抜けを向上させる音響孔を設けており、開放型ながら豊かな低音サウンドを楽しめます。約3時間の充電で9時間の連続使用が可能です。

第8位 JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-A8T

耳にフィットする形状のインナーイヤー型イヤホン。圧迫感が少ない開放型の完全ワイヤレスタイプで、長時間でも快適に使用できるのが特徴です。左右本体それぞれのワンボタンによる簡単操作で、曲の再生や一時停止、曲送り、曲戻し、音量調節が行えます。

口径10mmの高音質ドライバーを採用しているのが魅力。高磁力ネオジウムマグネットで音が外耳道に導かれるように設計されています。低域から高域まで、パワフルながらもクリアでバランスのよいサウンドを楽しめるため、音質にこだわりたい方も安心です。

長時間再生に対応したロングバッテリーもポイント。本体のみで約6時間、充電ケースを合わせれば最大15時間連続で再生できます。IPX4相当の生活防水仕様で日常的に使いやすいおすすめのモデルです。

第9位 ソニー(SONY) ワイヤレスオープンイヤーステレオイヤホン SBH82D

1日中快適に装着できる、Bluetooth対応インナーイヤー型イヤホンです。本体重量25.5gの軽量モデルで、ネックバンドには柔らかい素材を採用。さまざまな耳の形にフィットしやすい下掛けスタイルを採用しているなど、装着感を重視したい方におすすめのモデルです。

未使用時はコンパクトに折りたためて持ち運びも簡単。音導管を通して鼓膜にダイレクトに音を届ける独自音響設計により、音楽と周囲の音がバランスよくブレンドされたリスニングを実現しています。

マイク搭載のリモコンによってハンズフリー通話が可能なほか、スマホの操作ができる点にも注目。SiriやGoogleアシスタントの音声検索にも対応しています。1回の充電で7.5時間連続再生できる充電の持ちのよさも魅力。NFC対応で簡単に対応デバイスとペアリングできるのも便利です。

第10位 マーシャル(Marshall) MINOR II BLUETOOTH

エレキギターアンプなどで知られている「マーシャル」のインナーイヤー型イヤホンです。マーシャルのアンプを彷彿とさせる重厚なサウンドが特徴。Bluetooth接続に対応したワイヤレスタイプで、高音質コーデックapt-Xによる遅延のないストレスレスなサウンドを楽しめるおすすめモデルです。

調整式イヤーループの搭載により、耳の形状や大きさに合わせてフィット感を調節できるのも便利。マイクとコントロールノブを搭載したリモコン部に「Marshall」のロゴが刻印されているデザインも魅力的です。

第11位 ファーウェイ(HUAWEI) FREEBUDS3 55031990

アクティブノイズキャンセリング機能を搭載しているインナーイヤー型イヤホンです。周囲の雑音を低減させてリアルタイムに最適化。混雑して騒がしい環境下など、リスニングに集中したいときにおすすめのモデルです。Android対応の専用アプリを活用すれば、ノイズキャンセリングレベルを自分好みに調節できます。

マイクを内蔵しているため通話も可能で、内蔵の骨伝導センサーと空気動力マイク設計によってクリアな通話を実現。付属のケースを使ったUSB充電に対応しているほか、ワイヤレス充電マットで充電できるのも便利です。イヤホン本体で約4時間、ケース使用で約20時間の連続再生を可能にしています。

インナーイヤー型イヤホンのおすすめランキング|有線

第1位 オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤー型イヤホン ATH-CM2000Ti

高輝度チタニウム採用の高級感ある外観が魅力的なインナーイヤー型イヤホンです。音のこもりが少なく、スケール感のある広い音場を実現。ハウジングには世界に1台の証であるシリアルナンバーが記されています。

ケーブルは着脱式を採用。左右の分離感を高めるバランスケーブルと3.5mmステレオミニプラグが付属し、用途に合わせて使い分けできるのも便利です。15.4mmHDドライバーの搭載によって全帯域で高解像度再生を実現。高音質にこだわる方に適しています。

シープスキン採用の専用セミハードケースが付属しているのもおすすめポイント。持ち運びや保管に役立つほか、手触りがよく味わい深い質感を楽しめます。

第2位 ラディウス(radius) Wood Earphone HP-WHF11Mx

木製の個性的なデザインがおしゃれなインナーイヤー型イヤホンです。素材には、メイプルウッドを使用。落ち着きのある深い低音で聴けるのが魅力です。

また、非常に軽量なため、耳への負担が少ないのもうれしい点。通勤・通学のときや、自宅でゆっくりしているときなど、さまざまな場面で活用できます。

さらに、スポンジのイヤーパッドを2つ付属。長時間の使用により耳の痛みが気になる場合でも安心です。音質はもちろん、デザイン性を重視したい方に適しています。

第3位 アップル(Apple) EarPods with Lightning Connector MMTN2J/A

耳の形状に基づいて設計されているインナーイヤー型イヤホンです。さまざまな耳の形に対応し、快適な装着感を実現しています。Lightningコネクタを備えており、iPhoneやiPod、iPod touchに接続して使用したい方におすすめ。ステレオミニプラグ使用のデバイスには接続できないので注意しましょう。

リモートコントロール機能を内蔵し、コードをつまむようにして操作できる点に注目。音量調節や音楽・ビデオ再生、電話への応答・通話終了に対応しています。内部スピーカーは音の劣化を最小限に抑えるよう設計。価格はリーズナブルなので、高品質ながらコスパがよいのも魅力です。

第4位 アストロテック(Astrotec) Lyra Nature イントラコンカ型イヤホン

豊富なオプションパーツが付属しており、最適な装着感に調節しやすいインナーイヤー型イヤホンです。従来モデルにさまざまな改良をくわえ、快適なフィット感を実現しています。

ドライバーユニットを刷新しているほか、「マイクロ多孔質フィルター」の搭載で音の散乱を抑制。クリアでナチュラルな高音質にくわえて、ハイレゾ音源の再生にも対応しています。着脱式ケーブルを採用しており、必要に応じて交換できるのが便利。ケーブルの断線が心配な方でも安心して使えるおすすめモデルです。

第5位 オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤー型 ATH-CM707

低音の音抜けを補完する独自設計「レゾナンスダクト」構造採用のインナーイヤー型イヤホン。開放型にありがちな低音域の弱さを改善した、迫力のあるサウンドを楽しめます。15.4mmドライバーの搭載により、高解像度再生を実現。低音域から高音域までしっかりと再生できるおすすめモデルです。

ハウジングに削り出しアルミ合金を採用して軽量化に成功。ブッシュ部には高弾性エラストマー素材を使用しており、リスニングポイントのズレを解消した装着感を実現しています。仕切り入りのレザー調ポーチが付属し、コードが絡まらずに収納できるのもおすすめポイントです。

第6位 アンビー(ambie) ambie sound earcuffs AM-01

おしゃれなカラーをラインナップしているインナーイヤー型イヤホンです。装着部には、シリコン素材を使用。やわらかいつけ心地なので、長時間音楽を聴き続けても疲れにくいのがうれしい点です。

また、独自の音導管設計を採用。電車や飛行機などの移動中でも、音漏れを軽減しながら使用できます。さらに、ソニーの音響技術を活用したドライバーユニットを搭載。臨場感あふれる高音質でサウンドを楽しめます。

重量は約5.2gと軽量。毎日の通学や通勤でも気軽に持ち運べます。お手頃なインナーイヤー型イヤホンを探している方におすすめの製品です。

第7位 パナソニック(Panasonic) ステレオインサイドホン RP-HV154

By: panasonic.jp

高磁力ネオジュームマグネット採用のドライバーユニットを搭載しているインナーイヤー型イヤホン。入手しやすい低価格ながら、高音質を実現。テレビ用やラジオ用として使えるほか、ポータブルオーディオ機器との接続に適しているY字型1.2mコードも備えています。

3.5mmステレオミニプラグ端子を搭載し、さまざまな機器と接続可能。接続時に邪魔になりにくいL型プラグを採用しています。コードを除いた重さ約6gの軽量モデルで、軽快なつけ心地も魅力です。

第8位 DUNU-TOPSOUND インナーイヤー型イヤホン DUNU ALPHA 1

ダイナミック型とバランスド・アーマーチュア型の2つのドライバーユニットを採用した、ハイブリッド構造のインナーイヤー型イヤホンです。パワフルさと解像度の高さを両立しているのが特徴。再生周波数帯域10~3万Hzと、幅広い音域を再生できるおすすめモデルです。

独特のフィンを設けたデザインを採用し、装着した際の安定性のよさも特徴。カナル型の着け心地が苦手な方にも適しています。

第9位 Pai audio 3.14 FLAT PAI-FLAT

カナル型とは異なる広がりのあるサウンドが楽しめるインナーイヤー型イヤホン。比較的リーズナブルながらも、高音質でクオリティの高い1台です。インナーイヤー型イヤホンを初めて購入する方にもおすすめ。

ドライバーユニットには16mm径のダイナミック型ドライバーを搭載しています。引き締まった低音と、インナーイヤー型ならではの抜けのよい音質を実現。再生周波数帯域20~20000Hzに対応しています。

赤色のケーブルとスケルトンのボディを採用した特徴的なデザインも魅力のひとつです。ケーブルの長さは125cmで、プラグは3.5mmのストレートタイプ。コードクリップとイヤーパットが付属しています。

第10位 ワンモア(1MORE) インナーイヤー型イヤホン EO320-GD

クラシックなカラーでレトロなデザインのインナーイヤー型イヤホン。独自開発の13.6mmドライバーを採用しており、キレイな中音域と迫力のある低音域を再生できます。

人間工学に基づいた設計と軽量なアルミ合金によるハウジングで、快適な着け心地を実現。付属のシリコンパッドを使用すれば、より装着性が向上します。また、絡みづらく耐久性の高いケブラーケーブルを採用。タッチノイズの軽減にも役立っています。iPhone・iPad・Androidなどに対応したリモコンを搭載しているのも嬉しいポイントです。

インナーイヤー型イヤホンの楽天市場ランキングをチェック

インナーイヤー型イヤホンの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。