スマホで音楽を聴くのが当たり前の時代になり、多種多様なイヤホンが販売されています。デジタル機器の進化とともに増えてきたのが「USB Type-Cイヤホン」。ワイヤレスイヤホンより音質のよいモデルが多く、今後ますます注目されるアイテムです。

そこで今回は、おすすめのUSB Type-Cイヤホンをピックアップしてご紹介します。あわせて選び方も解説するので参考にしてみてください。

USB Type-C接続のイヤホンが人気

By: amazon.co.jp

最新のスマホにはイヤホンジャックを搭載しておらず、USB Type-C端子を備えたモデルもあります。3.5mmミニプラグ端子、いわゆる「イヤホンジャック」を採用したイヤホンやヘッドホンの場合、デバイスによっては音楽を聴けないため注意が必要です。

最近はBluetooth接続のワイヤレスイヤホンが普及しているものの、音質を重視するなら有線イヤホンがおすすめ。将来的には多くのスマホがUSB Type-Cに移行する可能性もあり、音質を重視したい方は要チェックのアイテムです。

USB Type-Cイヤホンのメリット

イヤホンジャック非搭載スマホで使える

By: audio-technica.co.jp

Androidスマホのハイエンドモデルを中心に、イヤホンジャックを搭載していないモデルが増えています。USB Type-Cイヤホンを用意しておけば、イヤホンジャックがなくても対応可能です。

ハイレゾ対応の高音質モデルが多い

USB Type-Cイヤホンには、ハイレゾ対応の高音質モデルが多いのが特徴です。ハイレゾとは原音をデジタル化し、CDには記録できない音の情報量を収録する技術。通常のCDでは聴こえない音域や音圧、表現力に富んだ原音に忠実な高音質サウンドを再現します。

ワイヤレスで音楽を楽しめるBluetooth接続イヤホンも便利なものの、音質にこだわりたいのならハイレゾ対応のUSB Type-Cイヤホンがおすすめ。さらに、有線イヤホンはワイヤレスと異なり遅延しないため、テレビやゲームの音声にズレが生じにくいのも魅力です。

高音質を求めるなら、DACを内蔵しているかにも注目。DACとはデジタル信号をアナログに変換するコンバーターで、パソコンやスマホと接続した場合に高音質を保ちやすくなります。

USB Type-Cイヤホンのデメリット

充電しながら使用できない

USB Type-C端子搭載のスマホは、通常USB Type-C端子をひとつのみ設けています。充電する際には充電コードをUSB Type-C端子に接続する必要があり、充電しながら音楽を楽しめません。

なお、USB Type-C端子を2つに分けるアダプターを使用する方法はあります。充電しながらUSB Type-Cイヤホンを使いたい方は、アダプターの購入を検討してみてください。

使用できる機器が少ない

By: audio-technica.co.jp

Androidスマホのハイエンドモデルを中心にUSB Type-C端子搭載モデルが増えているものの、種類が限られてしまうのもデメリット。ミドルクラス以下のスマホには、イヤホンジャックを搭載しているモデルが多いのが現状です。

USB Type-Cイヤホンの選び方

ハイレゾ対応の有無をチェック

USB Type-Cイヤホンを選ぶ際は、ハイレゾに対応しているかチェックしてみてください。CDの音質を大きく上回るハイレゾ音源ならではの高音質サウンドを楽しめます。ハイレゾ未対応モデルより価格が高めになる傾向があるものの、音質を重視したい方は要チェックです。

スマホや携帯プレーヤーなど、デバイス側の仕様も確認しましょう。すべてのデバイスがハイレゾ対応とは限らないため、ハイレゾ音源を楽しみたい場合にはデバイス側がハイレゾに対応しているかの確認も重要です。

マイク付きなら通話も可能

By: owltech.co.jp

USB Type-Cイヤホンのなかには、コード部にマイクを内蔵しているモデルがあります。音楽を聴いているときに着信応答でき、そのまま通話できるため便利です。

マイク付きのイヤホンの場合、多くのモデルで音量調節や再生・停止などを操作できるリモコンを備えているのもポイント。ワンタッチで着信応答・通話終了操作などもできます。

ノイズキャンセリング機能を搭載しているか

USB Type-Cイヤホンのなかには、ノイズキャンセリング機能を搭載したモデルがあります。ノイズキャンセリング機能とは、周囲の雑音を軽減させて、リスニングに集中しやすくする機能。とくに、通学・通勤時に電車内のガタガタ音が気になる場合や周囲が騒がしいシーンで役立つのでチェックしてみてください。

USB Type-Cイヤホンのおすすめモデル

オーディオテクニカ(audio-technica) USB Type-C用イヤホン ATH-CKD3C

不要な振動を低減できる「真鍮スタビライザー」を搭載したUSB Type-Cイヤホンです。高性能な直径9.8mmドライバーを備えており、解像度の高いサウンドを実現しているのが特徴。有線イヤホンのため遅延や音の途切れがなく、動画視聴やゲームなども快適に楽しめます。

また、耳栓のような形状のカナル型を採用し、音漏れしにくいのも魅力のひとつ。「D/Aコンバーター」を内蔵しているので、幅広い機種のスマホで使用できます。

XS・S・M・Lの4サイズのシリコン製イヤピースを同梱しているため、自分好みのフィット感にカスタマイズできるのもポイント。高品質なマイクも備えているので、クリアでスムーズなハンズフリー通話が可能です。

エレコム(ELECOM) USB Type-C用ヘッドホンマイク(アナログ式) EHP-CACS100MX

快適に音楽や通話が楽しめるUSB Type-Cイヤホンです。直径9.2mmのダイナミックドライバーを搭載し、豊かな低域から明瞭な高域まで再生できるのが特徴。軽量なCCAWボイスコイルを採用することで、ワイドレンジでクリアなサウンドを楽しめます。

耳にしっかりフィットする耳栓タイプを採用し、優れた遮音性を実現。音漏れも低減できるため、周囲を気にせず使用できます。4サイズのイヤーキャップを付属し、フィット感を調節できるのも魅力。コンパクトに接続できる「L型プラグ」を採用している点もメリットです。

着信応答・通話終了スイッチを備えたマイクを搭載しているので、快適なハンズフリー通話もこなせます。

オーム電機(OHM) AudioComm ステレオイヤホン SMT-HT12

比較的リーズナブルに購入できるコスパの優れたUSB Type-Cイヤホンです。耳の入り口に引っ掛けるように装着するインナーイヤー型を採用。耳が痛くなりにくく、長時間でも快適に使用できます。

また、ボリュームコントロール機能を備えたリモコンを搭載し、スマホを取り出さずに音量調節できるのも魅力。ケーブル長は約1.2mで、スマホをポケットなどに入れていてもピンと張ることなく接続できます。初めてUSB Type-Cイヤホンを購入する方にもおすすめです。

PGA Premium Style USB Type-Cコネクタ ステレオイヤホン PG-SHE7

Android端末などで高音質サウンドを楽しめるUSB Type-Cイヤホンです。大口径直径14.2mmダイナミックドライバーを搭載し、低音から高音までバランスの取れたサウンドを実現。アダプターの内部に音質劣化を少なくするDACを搭載しており、高音質のままリスニングできます。

簡単に着脱できるインナーイヤー型を採用しているのも魅力。耳への圧迫感を覚えにくく、長時間でも快適に音楽をリスニングできます。多機能リモコンを搭載し、ハンズフリー通話や手元操作などをこなせる点もメリットです。

比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方もチェックしてみてください。

ラスタバナナ スマホ用 Type-C ステレオイヤホンマイク RESMSC01

機能がシンプルで扱いやすいUSB Type-Cイヤホンです。着信応答やボリューム調節などができるスイッチを搭載。マイクを内蔵しているので、快適なハンズフリー通話も可能です。

3サイズのイヤーキャップを同梱しており、自分好みのフィット感にカスタマイズできるのも魅力のひとつ。耳栓のようなカナル型を採用しているため、遮音性も良好です。

とくにこだわりがなく、シンプルなモデルを求めている方は検討してみてください。

多摩電子工業 Type-Cステレオハンズフリー TSH57CK

音楽再生や通話などをこなせるUSB Type-Cイヤホンです。カナル型を採用し、優れた遮音性を実現しているのも特徴。音漏れもしにくいので、屋外でも気兼ねなく使用できます。

周囲の音を取り込みやすいイヤーパッドと標準イヤーパッドの2種類をそれぞれ4サイズ同梱。フィット感を調節できるだけでなく、幅広いシーンで快適に音楽を楽しめます。

高感度マイクを搭載したリモコンを採用しているのも魅力。絡みにくいフラットケーブルを採用しているので、ラフにまとめて手軽に持ち運べます。

アルペックス(ALPEX) Type-C端子イヤホン EP-T2500

制振性の優れた「アルミハウジング」を採用したUSB Type-Cイヤホンです。直径8mm高磁力マグネットを搭載し、高音質サウンドを再生できるのが特徴。重量約15gと軽量設計のため、長時間着用しても疲れにくい仕様です。

通話や音楽のボリューム調節ができるボタンを搭載しているのも魅力のひとつ。マイクも備えているので、ハンズフリー通話も可能です。3サイズのシリコンイヤーピースを付属しているため、自分の耳に合ったフィット感にカスタマイズできます。

オウルテック(Owltech) USB Type-Cコネクタから音楽を聴けるイヤホン OWL-EPC01

迫力あるサウンドを楽しめるUSB Type-Cイヤホンです。EDMやロックなどダイナミックな低音が重要な音楽に最適化されたチューニングが施されているのが特徴。低音寄りのサウンドが好みの方におすすめです。

S・M・Lの3サイズのイヤーピースを同梱しており、耳のサイズに合わせてフィット感を調節できるのも魅力。音漏れも低減できるので、周囲を気にせず音楽を楽しめます。

音楽操作やハンズフリー通話などが可能なマイクとリモコンを備えている点もメリット。重量約14gと軽量設計のため、長時間でも快適にリスニングできます。

マクセル(maxell) Type-Cコネクター対応カナル型ヘッドホン MXH-C110C

優れたフィット感を実現するUSB Type-Cイヤホンです。耳の奥までしっかり届く「ロングポート」を採用しているのが特徴。迫力のあるサウンドをダイレクトに感じられます。

また、デジタル出力により、信号伝送ロスを予防して音質劣化の少ない高音質を実現しているのも魅力のひとつ。耳にぴったりフィットする仕様で、音漏れしにくい点もポイントです。

マイク付きリモコンを付属しているため、快適なハンズフリー通話ができるのもメリット。非常にシンプルなデザインなので、普段使いからビジネスシーンまで、幅広いシーンで使いやすいモデルです。

シャオミ(Xiaomi) ノイズキャンセリングイヤホン Type-C ハイレゾ対応

ハイレゾ再生が可能な高音質のUSB Type-Cイヤホンです。ハイブリッドデュアルダイナミックドライバーとバランスドアーマチュアドライバーを採用しており、高精細なサウンドを再生可能。没入感のあるリスニング体験を実現できます。

また、周囲のノイズを低減できるノイズキャンセリングを搭載しているのも魅力のひとつ。周囲が騒がしい環境でも音楽に集中できます。人間工学に基づいたデザインで、優れたフィット感を実現。長時間でも快適に音楽をリスニングできます。

高音質・高機能なUSB Type-Cイヤホンを探している方におすすめです。

番外編:イヤホンジャックをType-Cで使うための変換ケーブル

アンカー(ANKER) USB-C & 3.5 mm オーディオアダプタ

USB Type-C対応端末で3.5mm端子のイヤホンが使用できる変換アダプターです。ハイレゾ音源の再生に対応した音質劣化の少ないDACチップを搭載。イヤホン本来のクリアで繊細なサウンドを再生できるのが特徴です。

また、マイク付きリモコンを備えたイヤホンの、そのままの機能を使用できるのも魅力。スマホを取り出さずに音量調節や通話などを楽しみたい方にもおすすめです。

MacBookやiPad ProなどUSB Type-Cポートを備えた幅広い機器に対応している点もメリット。15000回以上の折り曲げに耐えると謳っている優れた耐久性も実現しています。約11cmと非常にコンパクトな設計なので、持ち運びしやすいのもおすすめポイントです。

エレコム(ELECOM) Type-C変換アダプタ USB PD対応 MPA-C35PDBK

イヤホンを接続しつつUSB PDでの急速充電が可能な変換アダプターです。スマホやパソコン、タブレットなど幅広いUSB Type-C対応機器に対応。音質劣化の少ない高音質を実現できるDACを搭載しているのも特徴です。

マイク付きイヤホンを接続すれば、音楽鑑賞だけでなく、ハンズフリー通話も可能。一方、USB Type-C端子からの音声出力に対応していない機器で使用できない点は留意しておきましょう。

軽量かつコンパクトな設計なので、手軽に持ち運べるのもおすすめポイントです。

Lavodio イヤホン変換アダプター

音楽を聴きながら充電できる2in1タイプの変換アダプターです。3.5mm端子のイヤホンを接続しながら最大60WのPD急速充電に対応。音質劣化の少ない音楽出力が可能なため、イヤホン本来の高音質サウンドを再生できるのも特徴です。

汎用性が高く、USB Type-C対応のスマホはもちろん、MacBookなど幅広い機器で使用可能。マイク付きリモコンを備えたイヤホンを接続すれば、そのまま音楽操作やハンズフリー通話などもこなせます。

比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方もチェックしてみてください。