スマホで音楽を聴くのが当たり前の時代になり、多種多様なイヤホンが販売されています。デジタル機器の進化とともに増えてきたのが「USB Type-Cイヤホン」。ワイヤレスイヤホンより音質のよいモデルが多く、今後ますます注目されるアイテムです。

そこで今回は、おすすめのUSB Type-Cイヤホンをピックアップしてご紹介します。あわせて、選び方を解説するので参考にしてみてください。

USB Type-C接続のイヤホンが人気

By: amazon.co.jp

最新のスマホにはイヤホンジャックを搭載しておらず、USB Type-C端子を備えたモデルもあります。3.5mmミニプラグ端子、いわゆる「イヤホンジャック」を採用したイヤホンやヘッドホンの場合、デバイスによっては音楽を聴けないため注意が必要です。

最近はBluetooth接続のワイヤレスイヤホンが普及しているものの、音質を重視するなら有線イヤホンがおすすめ。将来的には多くのスマホがUSB Type-Cに移行する可能性もあり、音質を重視したい方は要チェックのアイテムです。

USB Type-Cイヤホンのメリット

イヤホンジャック非搭載スマホで使える

By: amazon.co.jp

Androidスマホのハイエンドモデルを中心に、イヤホンジャックを搭載していないモデルが増えています。USB Type-Cイヤホンを用意しておけば、イヤホンジャックがなくても対応可能です。

ハイレゾ対応の高音質モデルが多い

By: amazon.co.jp

USB Type-Cイヤホンには、ハイレゾ対応の高音質モデルが多いのが特徴です。ハイレゾとは原音をデジタル化し、CDには記録できない音の情報量を収録する技術。通常のCDでは聴こえない音域や音圧、表現力に富んだ原音に忠実な高音質サウンドを再現します。

ワイヤレスで音楽を楽しめるBluetooth接続イヤホンも便利なものの、音質にこだわりたいのならハイレゾ対応のUSB Type-Cイヤホンがおすすめ。さらに、有線イヤホンはワイヤレスと異なり遅延しないため、テレビやゲームの音声にズレが生じにくいのも魅力です。

高音質を求めるなら、DACを内蔵しているかにも注目。DACとはデジタル信号をアナログに変換するコンバーターで、パソコンやスマホと接続した場合に高音質を保ちやすくなります。

USB Type-Cイヤホンのデメリット

充電しながら使用できない

By: amazon.co.jp

USB Type-C端子搭載のスマホは、通常USB Type-C端子をひとつのみ設けています。充電する際には充電コードをUSB Type-C端子に接続する必要があり、充電しながら音楽を楽しめません。

なお、USB Type-C端子を2つに分けるアダプターを使用する方法はあります。充電しながらUSB Type-Cイヤホンを使いたい方は、アダプターの購入を検討してみてください。

使用できる機器が少ない

Androidスマホのハイエンドモデルを中心にUSB Type-C端子搭載モデルが増えているものの、種類が限られてしまうのもデメリット。ミドルクラス以下のスマホには、イヤホンジャックを搭載しているモデルが多いのが現状です。

USB Type-Cイヤホンの選び方

ハイレゾ対応の有無をチェック

By: rakuten.co.jp

USB Type-Cイヤホンを選ぶ際は、ハイレゾに対応しているかチェックしてみてください。CDの音質を大きく上回るハイレゾ音源ならではの高音質サウンドを楽しめます。ハイレゾ未対応モデルより価格が高めになる傾向があるものの、音質を重視したい方は要チェックです。

スマホや携帯プレーヤーなど、デバイス側の仕様も確認しましょう。すべてのデバイスがハイレゾ対応とは限らないため、ハイレゾ音源を楽しみたい場合にはデバイス側がハイレゾに対応しているかの確認も重要です。

マイク付きなら通話も可能

By: amazon.co.jp

USB Type-Cイヤホンのなかには、コード部にマイクを内蔵しているモデルがあります。音楽を聴いているときに着信応答でき、そのまま通話できるため便利です。

マイク付きのイヤホンの場合、多くのモデルで音量調節や再生・停止などを操作できるリモコンを備えているのもポイント。ワンタッチで着信応答・通話終了操作などもできます。

ノイズキャンセリング機能を搭載しているか

By: rakuten.co.jp

USB Type-Cイヤホンのなかには、ノイズキャンセリング機能を搭載したモデルがあります。ノイズキャンセリング機能とは、周囲の雑音を軽減させて、リスニングに集中しやすくする機能。とくに、通学・通勤時に電車内のガタガタ音が気になる場合や周囲が騒がしいシーンで役立つのでチェックしてみてください。

USB Type-Cイヤホンのおすすめモデル

オーディオテクニカ(audio-technica) USB Type-C用イヤホン ATH-CKD3C

オーディオ品質が魅力のモデル

通話や音楽でオーディオ品質を楽しめるUSB Type-Cイヤホン。高性能な9.8mmドライバーや、真ちゅうのスタビライザーを採用しており、解像度の高いクリアなサウンドを実現しています。

また、マイクは高品質のモノを採用しているので、テレビ会議や通話などを高音質でできるのも魅力。リモコンで簡単に着信応答・終話ができるほか、音楽や動画の再生、音量調節なども簡単です。

イヤホンは耳栓型で音漏れしにくいため、屋外でも安心して使えます。ほかにも、付属しているシリコン製のイヤーピース4サイズから、自分にぴったりのサイズに調節可能。音楽視聴・通話・ゲームプレイなどさまざまな用途におすすめのモデルです。

ベルキン(belkin) ROCKSTAR G3H0002bt

断線しにくいフラットケーブルと耐水性が魅力

シンプルで扱いやすいベルキンのUSB Type-Cイヤホン。高耐久のフラットケーブルを採用しており、断線したりや絡まったりしにくいのが特徴です。

汗・水しぶきがかかっても壊れにくい耐水性も魅力。音量調節・曲の再生・一時停止ができるマルチコントロールボタン、クリアな音声通話が楽しめる内蔵マイクなど、便利な機能が充実しているのも魅力です。

レイザー(Razer) Hammerhead USB-C ANC RZ12-02780100-R3M1

デュアルドライバー技術と高い遮音性能で音楽や映画に没入できる

独自のデュアルドライバー技術を採用したUSB Type-Cイヤホンです。深い低音を響かせるダイナミックドライバーと、中音域・高音域において最適な品質を実現するバランスドアーマチュアドライバーを搭載。お気に入りの音楽や映画を没入感あふれるサウンドで楽しめます。

高度な遮音性能と快適なフィット感を実現した「Complyフォームイヤホンチップ」が付属しているのも嬉しいポイント。周囲のノイズを軽減させるANC機能を使えば、電車や飛行機のような環境音の激しい場所でも快適なリスニングが楽しめます。

アルミ製フレームと編組被覆ケーブルを採用することで、ハードな使用にも耐える頑丈な作りを実現。イヤホンの耐久性が気になる方でも安心して使えます。

ソニー(SONY) USB Type-C ステレオヘッドセット STH50C

疲れにくく高音質なハイレゾ音源で楽しみたい方におすすめ

高音質D/Aコンバーターを内蔵したUSB Type-Cイヤホン。192kHz/24bitのUSBオーディオ再生に対応しており、お気に入りの音楽が高音質なハイレゾ音源で楽しめます。

リモコン部に搭載している操作ボタンを使えば、音楽の再生・停止、通話の受話・終話、音量調節などができるのも嬉しいポイントです。イヤホンの音質を左右するドライバーには、高感度の9.7mmヘッドホンドライバーユニットを搭載しているので、小型ながら色鮮やかなサウンドが再生できます。

長時間のリスニングでも疲れにくい、独自の「ハイブリッドイヤーピース」を採用しているのも魅力のひとつです。

マクセル(maxell) USB Type-Cイヤホン MXH-C110C

ロングポート採用で迫力ある重厚なサウンドを楽しめる

耳の奥まで届くロングポートを採用したUSB Type-Cイヤホンです。迫力ある重厚なサウンドをダイレクトに伝えられるのが特徴。再生周波数帯域は20~22000Hzです。

耳に沿ったなめらかなカーブで装着しやすいハウジング形状を採用することで、快適なフィット感を実現しているのも魅力です。なお、イヤーピースはサイズの異なるS・M・Lが付属。

便利なマイク付きリモコンを使えば、ハンズフリー通話を気軽に楽しめるのも嬉しいポイントです。

ハクライ(Hacray) USB Type-C Stereo Earphone HR13085

CDを上回る高解像度で音楽を楽しめる

おしゃれなデザインが魅力のUSB Type-Cイヤホン。ハウジング部分にヘアライン加工を施したアルミ素材を採用することで、高級感のあるスタイリッシュな見た目に仕上がっています。

再生周波数帯域は5~70000Hzで、インピーダンスは16Ωに対応。お気に入りの音楽がCD音源を上回る高解像度で楽しめるのも魅力です。

ケーブルについた1ボタンリモコンマイクを使えば、音楽の再生・停止、音量調節などをワンタッチで操作したり、クリアな音声通話を楽しんだりも可能。耳の大きさに合わせて付け替えられる、3種類のイヤーピースが付属しているのも嬉しいポイントです。

エレコム(ELECOM) USB Type-C用ステレオヘッドホン EHP-UC100M

十分な性能を持ち合わせコスパも良好

PCMが最大48kHz/24bitに対応しており、ハイレゾの定義に準拠している高音質なUSB Type-Cイヤホンです。9.2mmのダイナミックドライバーを採用しているため、明瞭な高域や透明度の高い中域、豊かな低域を実現。さまざまな音域で高音質を楽しめるのが特徴です。

また、高磁力のネジオムマグネットを使用しているので、低音はダイナミックでキレがよいのも魅力。ほかにも、振動のレスポンスを向上させる6.0ミクロンPETフィルムや、軽量なCCAWボイスコイルなどを採用しています。レスポンスがよくクリアな音質を実現しているのもポイントです。

プラグはコンパクトに接続しやすいL型を採用。さらに、コードは絡みにくく耐性に優れているエラストマー素材で、持ち運び時も安心です。高性能ながら価格も安く、コスパに優れたアイテムを探している方はチェックしてみてください。

PALOVUE SoundFlow USB C イヤホン

操作感に優れたおすすめモデル

10mmダイナミックドライバーを採用しており、クリアで深い低音が特徴のUSB Type-Cイヤホン。インイヤーデザインで周囲の雑音を抑えられるため、快適に音楽視聴や通話などができます。また、3サイズのイヤーチップが付属しているので、自分にフィットするサイズに調節可能です。

リモコン部分にはマイクを内蔵。音楽の再生・一時停止・スキップのほか、電話の応答・切断・拒否もできるので、ハンズフリー通話も可能です。カラーはブラックとホワイトの2種類を展開。シンプルで操作しやすいおすすめのモデルです。

PGA Premium Style PG-SHE7

豊富な色展開で、自分のお気に入りを選べる

大口径の14.2mmダイナミックドライバーを採用したUSB Type-Cイヤホン。低域から高域までバランスのとれたサウンドを再生でき、音の空間と臨場感を得られるのが特徴です。音声信号をデジタルからアナログに変換するDACを搭載しており、お気に入りの音楽が高音質で楽しめるのも魅力。

イヤホン部はインナーイヤー型を採用しているので、カナル型特有の閉塞感・装着感が苦手な方でも快適に使えます。

カラーバリエーションの豊富さも魅力。ファッション感覚で自分好みの色を気軽に選べるのも嬉しいポイントです。

番外編:イヤホンジャックをType-Cで使うための変換ケーブル

エレコム(ELECOM) USB Type-C変換ケーブル AD-C35SD

高音質で楽しみたい方におすすめ

高性能なDACを搭載したUSB Type-C変換ケーブル。USB Type-C端子搭載のデバイスに接続すれば、普段使っている3.5mmステレオミニ端子のイヤホンやヘッドホンがそのまま使えます。マイク付きイヤホンにも対応しているので、リスニングはもちろん音声通話も可能です。

ケーブルの外皮にはナイロンメッシュ、プッシュ部には屈曲による衝撃を和らげるエンボスプッシュを採用。耐久性が気になる方でも安心して使えます。デジタル信号をアナログ信号に変換することで、さまざまなデバイスに繋げて使えるのもポイント。

本製品は日本オーディオ協会のハイレゾ定義に準拠した高音質モデルなので、お気に入りの音楽を高音質で楽しみたい方にもおすすめです。