ケーブルの取り回しを気にすることなく使用できるワイヤレスイヤホン。そのなかでも、Bluetoothのコーデックのひとつである「aptX」に対応したワイヤレスイヤホンはAndroidスマホなどとの接続に適しています。

そこで今回は、aptXに対応しているおすすめのワイヤレスイヤホンをご紹介。コーデックの種類やワイヤレスイヤホンの選び方についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

aptXとは?

By: rakuten.co.jp

Bluetoothで音声を伝送するには、データを圧縮する必要があり、その際に使用される音声の圧縮方式がコーデック。SBCやAACなどのいくつかの種類があり、aptXはそのうちのひとつです。

遅延は70ms程度と短く、圧縮率も低いのでCD音源相当の高音質で再生可能。主にAndroidデバイスで採用されています。

なお、コーデックはワイヤレスイヤホンの遅延と音質に関わる重要な要素で、性能を発揮するには接続先のデバイスとワイヤレスイヤホンの両方が同じコーデックに対応している必要があるため留意しておきましょう。

SBCやAACとの違い

By: amazon.co.jp

SBCは、A2DPというプロファイルに対応したBluetooth製品には必須となるコーデックのこと。基本的にワイヤレスイヤホンを含むほとんどのBluetooth製品がSBCに対応しています。

ただし、aptXなどのほかのコーデックと比べると品質は劣るので要注意。動画視聴の際、映像と音のズレを感じる場合も多く、より低遅延・高音質を求める方には向きません。

AACは、SBCと変わらない圧縮率ではあるものの、より高音質・低遅延を実現しているのが特徴。主にiPhoneやiPadなどのApple製品で採用されています。

aptXコーデックの種類

By: rakuten.co.jp

aptX

aptXは低遅延・高音質が実現されたコーデック。SBCと比べて圧縮率が格段に低く、SBC・AACとは圧縮の方式が異なるのが特徴です。

高音域をカットすることなくデータを圧縮しているので、元の音源に近いままの音質で再生できます。遅延も少ないため、動画の視聴などにもおすすめです。

aptX HD

aptX HDは、ハイレゾ音源の再生も可能な高音質コーデックのこと。ビットレートは576Kbpsで、サンプリング周波数/量子化ビット数は48KHz/24bitに対応しており、ワイヤレスで高音質なハイレゾ音源の再生を楽しみたい方におすすめです。

ただし、高音質化が実現されている分、遅延は130msとaptXより劣ります。音楽ゲームや動画の視聴をメインに楽しみたい方は注意しておきましょう。

aptX LL

aptX LLは、通常のaptXをさらに低遅延化したコーデックのこと。aptXと同等の音質を保ちつつ、40msという低遅延を実現しているのが特徴です。音楽はもちろん、ゲームや動画の視聴にも適しています。映像と音声のズレを気にすることなくワイヤレス接続を楽しみたい方におすすめのコーデックです。

aptX対応ワイヤレスイヤホンの選び方

Bluetoothのバージョンをチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothにはバージョンがあるので、ワイヤレスイヤホンを購入する前に確認しておくのがおすすめ。現在は「Bluetooth5.2」が最新のバージョンです。バージョンは新しくなるほど接続性が安定するため、より快適に使用できます。

また、Bluetooth4.0以降は互換性があるので、対応しているバージョンが異なる場合でも接続可能。なお、バージョンが違う場合は低い方のバージョンに合わせた性能しか発揮できないので留意しておきましょう。

連続再生時間をチェック

By: amazon.co.jp

ワイヤレスイヤホンはBluetoothで接続するためバッテリーが内蔵されており、連続再生が可能な時間は製品によってさまざま。外出先での使用がメインの方や長時間音楽を楽しみたい方は、バッテリー容量が多い製品がおすすめです。

完全ワイヤレスイヤホンのなかには10時間以上再生できるモノもラインナップされています。使う用途などを考慮しながら選んでみてください。

装着性やフィット感をチェック

By: amazon.co.jp

イヤホンのフィット感は、それぞれ人によって異なります。特に長時間のリスニングを楽しみたい方には重要なポイントです。自分の耳にぴったりと合う形状であれば、より快適な装着感と高い遮音性が得られます。

高い密閉性を求める方は、カナル型のイヤホンを要チェック。イヤーピースを付け替えることで装着感を調節できるのでおすすめです。閉塞感が苦手な方は、インナーイヤー型のイヤホンが適しています。

ノイズキャンセリング・外音取り込み機能

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリング機能には、周囲の騒音と逆位相の音をぶつけて聞こえてくる騒音を打ち消す「アクティブノイズキャンセリング」と、電気的な回路は使わずイヤホン本体の遮音性を高めた「パッシブノイズキャンセリング」の2種類があります。

ノイズキャンセリング機能を搭載していれば、周りの音を気にすることなく音楽に没頭できるので便利です。比較的高価なハイエンドモデルに搭載されている傾向にあるため、予算に余裕のある方は検討してみてください。

外音取り込み機能は、イヤホンを装着したまま外の音を取り込める機能のこと。ボタンひとつで素早く周囲の音を取り込めるので、電車のアナウンスを聞きたいときや突然話しかけられたときなどに役立ちます。

aptX対応ワイヤレスイヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは東京に本社を置く大手電機メーカーです。さまざまな製品を取り扱っていますが、オーディオ機器の販売にも力を入れており、1979年にカセットテーププレーヤーを発売したことでも知られています。

イヤホンに関しては、リーズナブルなモデルから高性能なハイエンドモデルまで幅広く展開。ワイヤレスイヤホンのラインナップも豊富に揃っています。さまざまな独自機能が搭載されているのも魅力のひとつです。

アビオット(AVIOT)

By: aviot.jp

アビオットは日本発のオーディオブランド。日本人オーディオエキスパートたちが音質設計に携わり、日本人が聞き取りやすいようなサウンドにこだわって開発されているのが特徴です。

イヤホンに関しては、完全ワイヤレスイヤホンを中心に取り扱っています。日本人ミュージシャンとのタイアップも頻繁に行っており、さまざまなコラボレーションモデルをラインナップ。各モデル豊富なカラーバリエーションが揃っているのも魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: audio-technica.co.jp

オーディオテクニカは、イヤホンやスピーカーなどのさまざまな音響機器を取り扱う日本のメーカーです。「オーテク」の愛称で親しまれ、一般向けの製品からプロ向けの製品まで幅広く取り扱っています。

基本的に同社のイヤホンは「ATH-」という型番から始まり、低音重視のCKSシリーズや、音本来の豊かさを追求したSound Realityシリーズ、プロ向けのEシリーズなどシリーズごとに分けられているので、目的に合った製品を見つけやすいのが特徴です。

ワイヤレスイヤホンは、完全ワイヤレスイヤホン・左右一体型イヤホンともに豊富なモデルをラインナップしています。

aptX対応ワイヤレスイヤホンのおすすめ

アビオット(AVIOT) 完全ワイヤレスイヤホン TE-D01d

チャージングケースとの併用で合計100時間以上の再生時間を実現した完全ワイヤレスイヤホンです。ケースはコンパクトながらも約1800mAhの大容量バッテリーを搭載。本体は省電力設計により、最大約9時間の連続再生を実現しています。

エルゴノミックなデザインを採用しており、耳に快適にフィットしやすいのもポイント。また、付属のイヤーウィングを使用することで、スポーツなどの激しい動きにも対応できます。

さらに、IPX4レベルの防滴性能を有しているため、小雨などを気にすることなく使用可能。長時間電源がとれない環境や外出先での使用がメインの方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) Sound Reality ATH-CKR70TW

高音質設計の5.8mmドライバーを搭載した完全ワイヤレスイヤホン。小型かつエルゴノミックに設計されたボディにより、安定した装着性と高い密閉性を実現しています。

「アクティブノイズキャンセリング機能」を搭載しているので、周囲の騒音を気にせず音楽に没頭することが可能。通話時は、マイクを通して自分の声や周囲の音を取り込める「サイドトーン機能」により、イヤホンを装着したままでも普段に近い感覚で通話ができます。

また、イヤホンを外すことなく周囲の音を取り込める「クイックヒアスルー機能」を搭載しているのもポイント。さらに、イヤホン本体には装着検出機能が搭載されており、耳から外すと自動的に音楽を一時停止できるため便利です。

ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM True Wireless 2 M3IETW2

2018年に発売され、高い人気を得ていた「MOMENTUM True Wireless」の後継モデルです。ドイツの本社で開発された7.0mmドライバーを搭載し、どんなジャンルの音楽でも美しく忠実に再現できるサウンドクオリティを実現しています。

パッシブとアクティブを融合させた独自のノイズキャンセリング機能を採用しているのもポイントです。長時間のリスニングでも聴き疲れしにくく、静寂性と高音質が両立されています。

イヤホン本体がコンパクトで耳から落ちにくく、安定感のある着け心地を楽しめるのがポイントです。音楽の再生/停止や音量の調節は、タッチ操作で直感的にコントロール可能。さらに、イコライザーの設定やファームウェアの更新ができる専用アプリ「Smart Control」も使えます。

バング&オルフセン(Bang & Olufsen) Beoplay E8 3rd Generation BEOPLAYE83RD

おしゃれなデザインを採用した完全ワイヤレスイヤホン。音質や性能だけでなく、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

イヤホン本体は人間工学に基づいて設計されているので、耳の大小を問わず快適にフィットします。ケース込みでの最大再生時間は約35時間。イヤホン本体は約7時間の連続再生が可能です。

ドライバーユニットには、同社のエンジニアがチューニングを施した5.7mmダイナミックドライバーを搭載。聴き疲れしにくいオールラウンドなサウンドを実現しています。

ゼロオーディオ(ZERO AUDIO) True Wireless Zero TWZ-1000

数字のゼロをモチーフにしたLEDインジケーターが特徴的な完全ワイヤレスイヤホン。より安定した接続性を実現するBluetooth5.0に対応しているのが特徴です。

ドライバーユニットはダイナミック型で、内部パーツのひとつである振動版には、ダイヤモンドよりも高硬度なグラフェンコーティング振動版を採用。クリアで引き締まった高音域の再生を可能にしています。

本体はエルゴノミクスデザインを採用。付属する4種類のシリコンカバーを使用すれば、より快適な装着感を得ることが可能です。なお、イヤホン単体での連続再生時間は最大約7時間。ケースと併用することで最大約28時間使用できます。

ヌアール(NUARL) 完全ワイヤレスイヤホン N6Pro

ボディから基盤まで自社開発のパーツを採用し、音質にこだわって作られた完全ワイヤレスイヤホンです。ドライバーユニットには、独自の6.0mmダイナミック型フルレンジドライバー「NUARL DRIVER」を搭載。小口径ながらも応答性に優れた豊かなサウンドを実現しています。

また、歪みを抑え、高い臨場感が得られる特許技術「HDSS」を採用。厚みと立体感のある自然な音の広がりを再現しています。イヤホン本体には、左右共通のインライン型3ボタンを搭載。音楽の再生・停止や音量調節などの操作を、左右どちら側からでも行えるので便利です。

さらに、位置調節可能なイヤーループが搭載されているため、好みに合わせて装着感の調節が可能。イヤホン単体での連続再生時間は最大約11時間で、ケースと併用することで最大約55時間使用できます。

ヤマハ(YAMAHA) 完全ワイヤレスイヤホン TW-E3A

楽器をモチーフにしたシンプルなデザインが特徴の完全ワイヤレスイヤホンです。音量に合わせて音のバランスを最適化する同社独自の「リスニングケア」を搭載。過度な音量アップによる耳への負担を軽減できます。

IPX5相当の生活防水に対応しているので、突然の雨や汗などを気にせず使用可能。また、SiriやGoogle Assistantなどのボイスアシスタントの起動にも対応しています。さらに、イヤホン本体のボタン操作でハンズフリー通話も可能です。

エージー(ag) 完全ワイヤレスイヤホン TWS04K

ケースと合わせると最大約180時間の音楽再生が可能な完全ワイヤレスイヤホンです。新開発の防水機構により、IPX7レベルの高い防水性能を有していながらも、音質が損なわれていないのが特徴。透明感のあるクリアなボーカルと、十分な低音を両立したバランスのよいサウンドを再生できます。

イヤーピースは5サイズ同梱。耳穴を圧迫することなく、快適な装着感が得られるおすすめのモデルです。

ノーブルオーディオ(Noble Audio) FALCON2 NOB-FALCON2

ベストセラーモデル「FALCON」の後継機として発売された完全ワイヤレスイヤホン。ドライバーの性能が向上しており、低域は20Hzから高域は24kHzまで再生可能。イヤホンを装着したままでも周囲の音を聴きとれる「ヒアスルー機能」も搭載されています。

イヤホン本体はエルゴノミクスデザインを採用しているので、耳への負担が少なく、快適な装着感を得られるのがポイントです。また、バッテリー残量の多い方を自動的にマスターイヤホンに切り替える「マスタースワップ機能」が搭載されているのも魅力のひとつ。バッテリーが片方だけ減るのを防ぎ、より長時間の再生を可能にしています。

JVCケンウッド(KENWOOD) 完全ワイヤレスイヤホン XXシリーズ HA-XC90T

耐久性の高いタフボディと、迫力のある重低音が魅力の完全ワイヤレスイヤホン。IP55レベルの防水・防塵性能を備えているので、汗や水、砂ぼこりを気にせず使用できます。

イヤホン単体で約15時間の連続再生が可能な大容量バッテリーを搭載しているのも魅力のひとつ。ケースと合わせれば最大約45時間の音楽再生が可能です。また、本体にはフィードバック音付きのタッチコントロールを採用。軽いタッチで素早く音量調節などの操作が行えます。

そのほか、イヤホンを装着したままでも快適に会話ができる「タッチ&トーク機能」を搭載しているのもポイント。アウトドアなどのアクティブなシーンで快適に使用できるワイヤレスイヤホンを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-C600N

アクティブノイズキャンセリング機能を搭載した左右一体型のワイヤレスイヤホンです。周囲の音を分析し、3つのモードから適切なモードに自動で切り替わる「AIノイズキャンセリング」を採用。環境に合わせて効率的に騒音を低減可能です。

イヤホンを装着したままでも周囲の音を聴きとれる外音取り込みモードも搭載しています。また、ドライバーユニットには独自開発の高感度6.0mmダイナミックドライバーを搭載し、専用のスマホアプリ「Headphones Connect」を使用すればサウンドのカスタマイズが可能です。

伝送時に圧縮された音源の高音域を補完して、よりクリアに再現する同社独自開発技術「DSEE」が搭載されているのもポイントです。連続再生時間は、ノイズキャンセリング機能をオンにした状態で約6.5時間。15分の充電で約60分再生できる急速充電にも対応しています。

シュア(SHURE) ワイヤレスイヤホン BT2シリーズ SE215SPE-B+BT2-A

シングルダイナミックドライバーを搭載した左右一体型のワイヤレスイヤホン。迫力のある低音と高解像度なサウンドで音楽が楽しめます。イヤホン本体は耳にしっかりとフィットするデザインで、優れた遮音性を実現しています。

Bluetoothのバージョンは5.0で、コーデックはaptXに加え、aptX HDやaptX LLにも対応。ケーブルはMMCXコネクターによる着脱式です。同コネクターに対応したケーブルを用意すれば、有線イヤホンとしても使用できます。

サウンドピーツ(SoundPEATS) スポーツイヤホン Q35HD

スポーツをしながらの使用に適した左右一体型のワイヤレスイヤホンです。継続して水没しても内部に水が浸入しないIPX8レベルの防水性能を有しているのが特徴。汗や雨を気にすることなく使用可能です。

本体にはスポーツ式の滑り止めイヤーフックが搭載されており、安定したフィット感を得られるのがポイント。長時間装着していても疲れにくく、装着しながら激しい運動なども可能です。

ドライバーユニットには、大口径10.0mmダイナミック型ドライバーを搭載。低音から高音まで迫力のあるサウンドが楽しめるおすすめのモデルです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) 左右一体型Bluetoothイヤホン CX 350BT

最長約10時間の連続再生時間を実現した左右一体型のワイヤレスイヤホン。Bluetoothのバージョンは5.0です。コーデックはaptXに加えて、低遅延なaptX LLにも対応しています。

同時待ち受けに対応したマルチポイント機能を搭載しているのも特徴。複数のデバイスと接続をしたいときに便利です。また、専用アプリ「Smart control」を使用すれば、イコライザーの調節やファームウェアのアップデートなどが可能。そのほか、好みに合わせてさまざまなカスタマイズが行えます。

マーシャル(Marshall) MINOR II BLUETOOTH MINOR2BT

左右一体型のワイヤレスイヤホンです。独自開発の14.2mmダイナミックドライバーが搭載されており、マーシャルらしいヘビーなサウンドが楽しめます。人間工学に基づいて設計されたインナーイヤー型のイヤホンで、より安定したフィット感が得られるように調節可能なイヤーフックが搭載されているのもポイントです。

連続再生時間は最大約12時間。20分の充電で、約2時間使用できる急速充電にも対応しています。左右を繋ぐケーブルには、多機能コントロールノブを搭載。音楽再生や通話に関する操作を首元で素早く行えるおすすめのモデルです。