ケーブルの取り回しを気にすることなく使用できるワイヤレスイヤホン。そのなかでも、Bluetoothのコーデックのひとつである「aptX」に対応したワイヤレスイヤホンは、Androidスマホなどとの接続に適しています。

そこで今回は、aptXに対応しているおすすめのワイヤレスイヤホンをご紹介。コーデックの種類やワイヤレスイヤホンの選び方についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

aptXとは?

By: rakuten.co.jp

Bluetoothで音声を伝送するにはデータを圧縮する必要があり、その際に使用される音声の圧縮方式がコーデック。SBCやAACなどのいくつかの種類があり、aptXはそのうちのひとつです。

aptXの遅延は70ms程度と小さく、圧縮率も低いのでCD音源相当の高音質で再生可能。主にAndroidデバイスで採用されています。

コーデックはワイヤレスイヤホンの遅延と音質に関わる重要な要素です。性能を発揮するには、接続先のデバイスとワイヤレスイヤホンの両方が同じコーデックに対応している必要があります。

SBCやAACとの違い

By: amazon.co.jp

SBCは、A2DPというプロファイルに対応したBluetooth製品には必須となるコーデックのこと。基本的にワイヤレスイヤホンを含むほとんどのBluetooth製品がSBCに対応しています。

AACは、SBCと変わらない圧縮率ではあるものの、より高音質・低遅延を実現しているのが特徴。主にiPhoneやiPadなどのApple製品で採用されています。

どちらも、aptXなどのほかのコーデックと比べると品質は劣るので注意が必要です。動画視聴の際、映像と音のズレを感じる場合もあるため、より低遅延・高音質を求める方は留意しておきましょう。

aptXコーデックの種類

By: amazon.co.jp

aptX

aptXは、低遅延・高音質が実現されたコーデック。高音域をカットすることなくデータを圧縮するので、元の音源に近いままの音質で再生できます。遅延も小さいため、動画の視聴などにおすすめです。

aptX HD

aptX HDは、ハイレゾ音源の再生も可能な高音質コーデックのこと。ビットレートは576Kbpsで、サンプリング周波数/量子化ビット数は48KHz/24bitに対応しており、ワイヤレスで高音質なハイレゾ音源の再生を楽しみたい方におすすめです。

ただし、高音質化が実現されている分、遅延は130msとaptXより劣るため、音楽ゲームや動画の視聴をメインに楽しみたい方は注意しておきましょう。

aptX LL

aptX LLは、通常のaptXをさらに低遅延化したコーデック。aptXと同等の音質を保ちつつ、40msという低遅延を実現しています。音楽はもちろん、ゲームや動画の視聴にも好適。映像と音声のズレを気にすることなくワイヤレス接続を楽しみたい方におすすめです。

aptX Adaptive

aptX Adaptiveは、ビットレートを280~420kbpsの間で可変させながら伝送する「可変ビットレート」方式を採用したコーデック。リスニング時の電波状況やデータ量に応じて自動的に音質と遅延を調節するので、より安定した接続を実現します。

遅延は50~60ms前後。低遅延コーデックのaptX LLには劣るものの、優れた低遅延性能を備えています。音質に特化したaptX HDと、遅延の短さに特化したaptX LLの中間に位置する性能を有しており、音楽リスニングから動画視聴やゲームまで、幅広い用途に対応できるのがメリットです。

aptX対応ワイヤレスイヤホンの選び方

Bluetoothのバージョンをチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothにはバージョンがあるので、ワイヤレスイヤホンを購入する前に確認しておきましょう。バージョンが新しくなるほど接続性は安定し、より快適に使用できます。

また、Bluetooth4.0以降は互換性があるので、対応しているバージョンが異なる場合でも接続可能です。ただし、バージョンが違う場合は低い方のバージョンに合わせた性能しか発揮できないため、留意しておきましょう。

連続再生時間をチェック

By: amazon.co.jp

ワイヤレスイヤホンはBluetoothで接続するため、本体にバッテリーが内蔵されており、連続再生が可能な時間は製品によってさまざま。完全ワイヤレスイヤホンのなかには10時間以上再生できるモノも発売されています。外出先での使用がメインの方や長時間音楽を楽しみたい方は、バッテリー容量が多いタイプなど、使う用途を考慮しながら選んでみてください。

装着性やフィット感をチェック

By: amazon.co.jp

イヤホンのフィット感は人によって異なります。特に長時間のリスニングを楽しみたい方には重要なポイント。自分の耳にぴったりと合う形状のモノは、より快適な装着感と高い遮音性が得られやすいのが魅力です。

高い密閉性を求める方は、耳を密閉する形の「カナル型イヤホン」を要チェック。イヤーピースを付け替えることで装着感を調節できるのでおすすめです。閉塞感が苦手な方は、耳に浅く装着する「インナーイヤー型イヤホン」が適しています。

ノイズキャンセリング・外音取り込み機能

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリング機能には、周囲の騒音と逆位相の音をぶつけて聞こえてくる騒音を打ち消す「アクティブノイズキャンセリング」と、電気的な回路は使わずイヤホン本体の遮音性を高めた「パッシブノイズキャンセリング」の2種類があります。

ノイズキャンセリング機能を搭載していれば、周りの音を気にすることなく音楽に没頭できるので便利です。比較的高価なハイエンドモデルに搭載されている傾向があるため、予算に余裕のある方は検討してみてください。

外音取り込み機能は、イヤホンを装着したまま外の音を取り込める機能のこと。ボタンひとつで素早く周囲の音を取り込めるので、電車のアナウンスを聞きたいときや突然話しかけられたときなどに役立ちます。

aptX対応ワイヤレスイヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは東京に本社を置く大手電機メーカーです。さまざまな製品を取り扱っていますが、オーディオ機器の開発にも力を入れており、1979年にカセットテーププレーヤーを発売したことでも知られています。

イヤホンに関しては、リーズナブルなモデルから高性能なハイエンドモデルまで幅広く展開。ワイヤレスイヤホンのラインナップも豊富に揃っています。さまざまな独自機能が搭載されているのも魅力です。

アビオット(AVIOT)

By: aviot.jp

アビオットは日本発のオーディオブランド。日本人オーディオエキスパートたちが音質設計に携わり、日本人が聞き取りやすいサウンドにこだわって開発されているのが特徴です。

イヤホンに関しては、完全ワイヤレスイヤホンを中心に取り扱っています。日本人ミュージシャンとのタイアップも頻繁に行っており、さまざまなコラボレーションモデルもラインナップ。各モデル豊富なカラーバリエーションが揃っているのも魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: audio-technica.co.jp

オーディオテクニカは、イヤホンやスピーカーなどのさまざまな音響機器を取り扱う日本のメーカー。「オーテク」の愛称で親しまれ、一般向けの製品からプロ向けの製品まで幅広く取り扱っています。

オーディオテクニカのイヤホンは基本的に「ATH-」という型番から始まり、低音重視のCKSシリーズや、音本来の豊かさを追求したSound Realityシリーズ、プロ向けのEシリーズなど、特徴ごとにシリーズ化されているので、目的に合った製品を見つけやすいのが特徴です。

ワイヤレスイヤホンは、完全ワイヤレスイヤホン・左右一体型イヤホンともに豊富なモデルがラインナップされています。

aptX対応ワイヤレスイヤホンのおすすめ

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-C600N

快適なフィット感を実現するaptX対応イヤホン

シリコン製のフレキシブルネックバンドを採用したaptX対応のワイヤレスイヤホン。フィット感に優れており、快適な長時間リスニングを実現します。ハウジングには、そのまま首回りにまとめておけるマグネットを内蔵。

ドライバーユニットには、独自開発の高感度6mmダイナミックドライバーを搭載しています。加えて、圧縮音源の高音域を補完し、より広がりのあるサウンドで再生できる独自技術「DSEE」に対応。専用のスマホアプリ「Headphones Connect」を使用すれば、好みに合わせてサウンドの調節も可能です。

さらに、周囲の音を分析し、自動で適切なモードに切り替わる「AIノイズキャンセリング」に対応。より効果的に騒音を低減可能です。また、イヤホンを装着したまま周囲の音を取り込める「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」も搭載しています。

アビオット(AVIOT) 完全ワイヤレスイヤホン TE-BD21j

指先で操作できる高性能タッチセンサー搭載

3基のドライバーユニットを搭載したハイブリッドドライバー構成のaptX対応ワイヤレスイヤホン。広い再生周波数帯域と歪みのない低音を実現するダイナミック型ドライバーと、高感度で中高域の再生能力に優れたBA型ドライバーを搭載しています。

コーデックはaptXに加え、AACやaptX Adaptiveにも対応。また、「Qualcomm TrueWireless Mirroring」により、音の途切れやノイズの発生を軽減しているのも魅力のひとつです。

バッテリー駆動時間はイヤホン単体で約9時間。ケースと合わせることで最大約45時間の使用が可能です。指先で直感的に操作できる高性能タッチセンサーを搭載しているので、音量調節などもスムーズに行えます。そのほか、IPX4レベルの防水性能や、周囲の音を取り込めるアンビエントマイク機能など、利便性に優れているのがポイントです。

オーディオテクニカ(audio-technica) Sound Reality ATH-CKR70TW

安定した装着感と防水性能が特徴的なイヤホン

「音本来の豊かさ」にこだわった「Sound Reality」シリーズにラインナップされているaptX対応のワイヤレスイヤホンです。専用に設計された5.8mmドライバーを搭載。振動板にはDLCコーティングを採用しており、クリアな中高域を再生できます。

イヤホン本体はコンパクトかつエルゴノミクスデザインで設計されており、安定した装着感を実現。また、IPX4相当の防水性能を備えているのもポイントです。

さらに、アクティブノイズキャンセリング機能も搭載。騒音を気にすることなく、より音楽に没頭できます。「クイックヒアスルー機能」に対応しているので、イヤホンを装着したままでも周囲の音を確認可能です。

イヤホン単体での連続再生時間は最大約7時間。ケースを併用することで最大約20時間使用できます。そのほか、専用アプリ「Connect」を使用すれば、好みに合わせてサウンドのカスタマイズなどが可能です。

ヌアール(NUARL) 完全ワイヤレスイヤホン N6 Pro2

使い勝手に優れたaptX対応のワイヤレスイヤホン。イヤホン本体には左右共通のインライン型3ボタンを搭載しています。左右どちらからでも音量調節や着信操作などができるので便利。片側のみでの使用にもおすすめです。

コーデックはaptXに加え、aptX Adaptiveにも対応しています。さらに、独自の「ゲーミングモード」を搭載しており、より低遅延なワイヤレス接続が可能です。

バッテリー駆動時間は、イヤホン単体で最大約10時間。15分の充電で約2時間使用できる急速充電に対応し、ケースと組み合わせることで40時間以上使用できます。カラーはトリプルブラックとボルドーの2色がラインナップ。IPX4相当の防水性能も備えています。

ノーブルオーディオ(Noble audio) FALCON PRO NOB-FALCONPRO-B

FALCONシリーズのフラグシップモデルに位置するaptX対応のワイヤレスイヤホンです。ダイナミックドライバー1基とBAドライバー2基を組み合わせたハイブリッド構成を採用しているのが特徴。低音域から高音域までを豊かに鳴らします。

本体のデザインは人間工学に基づいて設計。耳への負担が少なく、快適な装着感を実現しています。イヤホンを装着したままで周囲の音を確認できる「ヒアスルー機能」を搭載しているのもポイントのひとつです。

Bluetoothのバージョンは5.2で、「High Precision Connect Technology2」による優れた接続安定性を備えています。駅の構内など、人が多い場所でも途切れにくいのがメリットです。コーデックはaptX AdaptiveやAACなどに対応しています。

バング&オルフセン(Bang & Olufsen) 完全ワイヤレスイヤホン Beoplay EQ

アクティブノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。遮音性に優れた本体により、パッシブなノイズキャンセリング効果も得られるので、外部の騒音を効果的に遮断できます。

Bluetoothのバージョンは5.2。コーデックは、aptX Adaptive・AAC・SBCに対応しています。IP54の防じん・防滴性能を備えているので、外出先などでも安心して使用可能です。

専用の充電ケースには、アルマイト加工を施したアルミニウムを採用しており、頑丈かつ高級感のあるデザインに仕上がっています。利便性とデザイン性の高さを兼ね備えたおすすめの完全ワイヤレスイヤホンです。

シュア(SHURE) AONIC 215 TRUE WIRELESS SE215SPE-B-TW1-A

人気メーカー「SHURE」のaptX対応完全ワイヤレスイヤホンです。ミュージシャンが使用するインイヤーモニターと同じ設計で、耳にしっかりとフィットするのがポイント。遮音性が高く、音楽に集中できます。外音取り込みモードを使用すれば、イヤホンを装着したまま周囲の音を取り込むことも可能です。

バッテリー駆動時間は最大約8時間。付属のキャリングケースで3回充電でき、最大約32時間使用できます。専用アプリ「ShurePlus PLAY」も用意されており、外音取り込みモードのレベル設定などが可能です。

クリプシュ(Klipsch) 完全ワイヤレスイヤホン T5 ll TRUE WIRELESS SPORT

スポーツやアウトドア向けのaptX対応完全ワイヤレスイヤホンです。イヤホン本体・ケースともにIP67準拠の高い防じん・防水性能を備えているのが特徴。ケース内部には、イヤホンの湿気を取り除くために乾燥剤が敷き詰められています。乾燥剤は電子レンジで再活性化でき、交換用乾燥剤も別途購入可能です。

ドライバーユニットには、ダイナミック型ドライバーを搭載。明瞭度が高く、繊細さとダイナミックさを兼ね備えたサウンドが楽しめます。ワンタッチでオン・オフを切り替えられる外音取り込み機能も搭載。

イヤホン本体は1回の充電で最大約8時間の連続再生が可能です。シグナルブーストアンテナを備えており、全方位から電波をキャッチして、より安定した接続を実現しているのも魅力のひとつ。付属品には、6サイズのオーバルイヤーチップや3サイズのイヤーフィンなどがあります。

エージー(ag) 完全ワイヤレスイヤホン AG-TWS04K

モバイルバッテリーとしても使用できる、ロングバッテリー仕様の充電ケースを採用したaptX対応ワイヤレスイヤホン。充電を気にすることなく1日中余裕をもって音楽の再生を楽しめます。サウンドは、日本のオーディオブランド「final」が監修。透明感のあるボーカルと低音を両立しています。

IPX7準拠の高い防水性能を備えているのもポイントのひとつ。水回りやスポーツシーンなどでの使用にもおすすめです。

イヤーピースには、finalが設計した「TYPE E 完全ワイヤレス専用仕様」を採用。耳穴の入り口へソフトに装着でき、快適な装着感を実現しています。高音質ながら、価格が抑えられているのも魅力のひとつです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM True Wireless 2 M3IETW2

高音質かつ多機能なaptX対応ワイヤレスイヤホン。ドイツ本社で開発した7mmドライバーを搭載しており、全音域でバランスのとれた原音に忠実なサウンドを実現しています。さまざまなジャンルの音楽でもしっかりと鳴らせるクオリティの高いサウンドが魅力です。

アクティブノイズキャンセリング機能と、本体の形状によるパッシブノイズキャンセリングを組み合わせた、優れたノイズキャンセリング効果を備えているのもポイント。さらに、外音取り込み機能も搭載しているので、イヤホンを装着したまま周囲の音を取り込めます。

イヤホンの筐体はコンパクト化されており、フィットしやすいのがメリット。デザインにもこだわって作られているので、おしゃれなイヤホンを探している方にもおすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) 左右一体型イヤホン CX 350BT

1.5時間の充電で、10時間の連続再生が可能なaptX対応の左右一体型イヤホン。長時間の音楽再生にも対応できます。ワイヤレスながら、伝統のゼンハイザーサウンドが楽しめるのもポイントのひとつ。コーデックはaptX・aptX LL・AAC・SBCと、幅広く対応しています。

マルチポイント接続対応なので、複数のデバイスの音声待受も可能です。専用アプリ「Smart Control」を活用すれば、サウンドのカスタマイズやファームウェアのアップデートなどが行えます。

JVCケンウッド(KENWOOD) XXシリーズ HA-XC91T

堅牢性に優れたタフなボディと、迫力のある重低音サウンドが魅力のaptX対応完全ワイヤレスイヤホン。IP55相当の防じん・防水性能を備えているので、アウトドアなどのアクティブなシーンでの使用にもおすすめです。

大口径の12mmドライバーなどにより、重低音再生を実現しているのもポイント。さらに、アクティブノイズキャンセリング機能にも対応しているので、周りが騒がしいときも音楽に集中できます。

イヤホン本体には、ノイズキャンセリングをオンにした状態でも、約11時間の連続再生ができる大容量バッテリーを搭載。「Qualcomm TrueWireless Mirroring」により、安定したワイヤレス接続を実現しているのもメリットです。

ラディウス(radius) VOLT series True Wireless Earphones HP-V700BTN

ハイブリッド構造を採用したaptX対応の完全ワイヤレスイヤホンです。ダイナミック型ドライバーには「カーボンファイバードーム振動版」を採用。豊かな低音域と繊細な中高域を楽しめます。加えて、小型のBAドライバーを搭載することで、中高音域の再現性をより高めているのもポイントです。

Bluetooth 5.2に準拠しており、コーデックはaptXに加え、aptX AdaptiveやAACなどに対応。左右同時接続技術「Qualcomm TrueWireless Mirroring」により、音切れや通信遅延も低減されています。イヤホン本体は最大約11時間の連続再生が可能。ケースを使用すれば、最長約50時間使用できます。

イヤホンをしたままでも人の声を聞こえやすくする「アンビエントサウンドモード」を搭載しているのもメリット。駅のアナウンスなども聞き逃しにくくする便利な機能です。そのほか、IPX4相当の防滴性能を備えており、急な雨にも落ち着いて対応できます。

ラディウス(radius) 左右一体型ワイヤレスイヤホン HP-R100BT

6種類のコーデックに対応した左右一体型のイヤホン。aptXに加え、ハイレゾ相当の音質でワイヤレス再生が可能なLDACやaptX HD、低遅延なaptX LLなどに対応しています。音質を重視したいときや、リズムゲームをプレイしたいときなど、幅広いニーズに応えられるのが魅力です。

40kHzまでのハイレゾ再生が可能なドライバーを搭載しているのもポイント。アルミニウムを採用することで、伸びのある高音域と力強い低音域を両立しています。

Bluetoothのバージョンは5.0で、最大5台までのデバイスとペアリングできるマルチペアリングと、2台のデバイスの着信待受ができるマルチポイントに対応。「ディープマウントイヤーピース」はより耳の奥でフィットするので、装着感に優れており、低音もしっかり再生できます。

Master & Dynamic 完全ワイヤレスイヤホン MW08

高級感のある美しいデザインのaptX対応完全ワイヤレスイヤホン。素材には軽量で傷が付きにくいセラミックを採用しており、カラーはブラック・ブルー・ホワイト・ブラウンの4色から選択できます。

ドライバーユニットには、豊かで広がりのあるサウンドを楽しめる、11mmベリリウムドライバーを搭載。アクティブノイズキャンセリング機能も備えています。設定のカスタマイズなどを行えるアプリ「M&D Connect」もダウンロード可能です。

ケースは高級感のあるステンレス製で、ポケットに入れやすいコンパクトサイズ。デザイン性にもこだわりたい方におすすめです。

ベルキン(belkin) SOUNDFORM Freedom AUC002qe

さまざまなシーンで活用できる汎用性の高いaptX対応完全ワイヤレスイヤホンです。二重構造のカスタムドライバーを採用しており、パワフルな低音と透明感のある中高音を実現しています。

イヤホン単体では約8時間の連続再生ができ、ケースを併用することで最大約36時間の使用が可能。ケースはQi規格のワイヤレス充電にも対応しています。IPX5の防水性能を備えているので、汗をかくスポーツ時などに使用できるのもメリットです。

片側のみで使用する場合は、モノラル出力が可能。比較的リーズナブルな価格で購入できるのもうれしいポイントです。

フィリップス(Philips) 完全ワイヤレスイヤホン TAT3265

軽いフィット感が特徴的なインナーイヤー型のaptX対応イヤホン。口径13mmのドライバーを採用しており、深い低音を実現しています。

IPX4の防水性能を備えているので、ランニングなどスポーツシーンでの使用にもぴったり。ミラーリング技術による安定した接続性も魅力です。コーデックはaptXに加え、AACとSBCにも対応しています。

連続再生時間は、最大約6時間。ケースと組み合わせることで最大約24時間の使用が可能です。タッチコントロールを採用しているので、音楽再生や電話への応答などの操作を指先で素早く直感的に行えます。