洗濯機は、大きく分けて洗浄能力の高さが魅力の「縦型洗濯機」と、乾燥機能に優れている「ドラム式洗濯機」があります。特に、縦型のラインナップのなかでは、静音設計などを採用した使い勝手のよいモデルが人気です。

そこで今回は、縦型洗濯機にしぼっておすすめ製品をご紹介。選び方やお手入れ方法などについても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

縦型洗濯機の種類

By: amazon.co.jp

縦型洗濯機には「縦型洗濯乾燥機」と「全自動洗濯機」の2種類があり、乾燥機能が大きく異なります。縦型洗濯乾燥機は、洗濯から乾燥までできるタイプで、ヒーターの温風で衣類をしっかりと乾燥させるのが特徴です。

一方、全自動洗濯機は、風乾燥機能や簡易乾燥機能を搭載しているのがポイント。風乾燥機能は送風で洗濯物を乾かす仕様で、簡易乾燥機能は主に洗濯層の遠心力で水分を飛ばす仕組みを採用しています。

いずれのタイプもヒーターを使った乾燥機能のようにしっかりと乾燥させるのは難しいですが、結果的に洗濯物の干す時間を短縮できます。縦型洗濯機における乾燥機能は、必要性をよく考えてから選ぶようにしましょう。

縦型洗濯機とドラム式洗濯機の違い

洗濯槽の配置が異なるため洗浄方法が違う

By: rakuten.co.jp

縦型洗濯機とドラム式洗濯機の大きな違いは洗濯槽が配置されている位置です。洗浄方法もそれぞれ異なるので、違いを把握しておくと、自分のニーズに合うのはどちらなのかを判断できるのでしっかり確認しましょう。

縦型洗濯機は、縦に配置した洗濯槽に水を溜めてパルセーターと呼ばれる羽根を回転させ、水をかく拌して「もみ洗い」します。洗浄の際に水をたっぷり使うため、泥などのしつこい汚れを落としたり、多めの衣類を一度で洗ったりすることが可能です。

一方、ドラム式洗濯機は、斜めに設置した洗濯槽を回転させ、洗濯物を上から下に落とす「たたき洗い」で衣類を洗濯します。たたき洗いは繊維の奥にまで入り込んだ油汚れなどを落とすのに最適です。

使用する水量が異なる

By: hitachi.co.jp

洗濯機を選ぶ際に気になるのが使用水量。水道代の節約を考えると、できるだけ少ない水で洗濯したいと思うものです。縦型洗濯機とドラム式洗濯機は構造の違いによって使用水量も異なるので、チェックしておきましょう。

例えば、洗濯容量10kgの縦型洗濯機が1回に使用する標準水量は約107L前後。これに対し、同じ10kgのドラム式洗濯機の標準水量は77L前後です。その差は約30Lあるため、毎日洗濯することを考えると水道代に差が出てきます。

具体的に水道代を計算すると、縦型で1回に107Lの水を使った場合は約27円。ドラム式で1回に77Lの水を使うと約20円です。1ヶ月に置き換えると、縦型は「27円×30日=810円」、ドラム式は「20円×30日=600円」となり、210円の差が生じます。

水道代を抑えるならドラム式がベストですが、使用水量だけで判断せず、それぞれの洗濯機における特徴をよく把握して選ぶのがおすすめです。水道代が多少高くても縦型洗濯機の方が使いやすい場合もあります。洗濯機に何を求めるかを明らかにして選びましょう。

乾燥機能の方式の違い

縦型洗濯機とドラム式洗濯機の乾燥機能は方式が異なります。それぞれの方式をよく理解し、自分に合った使い方ができるのはどちらなのかを判断して選びましょう。

縦型洗濯機は、ヒーターで発生させた90℃前後の熱風をドライヤーのように噴き出す「ヒーター乾燥方式」で衣類を乾かします。一方向から熱風を当てて乾かすため、時間がかかるほか電気代も高めです。また、洗濯槽内を冷却に水を使うので水道代もかかります。

ドラム式の乾燥方式は、熱交換器で内部の熱を循環させる「ヒートポンプ方式」。約60℃の温風で衣類をかく拌させて乾燥するため、短時間でしっかり乾き、電気代も抑えられます。洗濯槽が熱くならず冷却水も不要なので、乾燥時の水道代がかからないのもメリットです。

したがって、洗濯機の乾燥機能を毎日のように使いたい方には機能面でもコスト面でもドラム式がおすすめ。ただし、天気の悪い日や急いで乾かしたい衣類がある時だけ乾燥機を使いたい方は、縦型洗濯機の乾燥機能でも十分使いこなせます。

ドラム式洗濯機についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

縦型洗濯機の選び方

サイズで選ぶ

縦型洗濯機を選ぶ際は、サイズをチェックしておきましょう。縦横の長さはもちろん、高さも重要です。 縦型洗濯機は衣類を上から出し入れするため、縦型洗濯機の上部にも余裕のあるスペースが必要になります。ラックなどを設置する際は、フタを開けた際に干渉しないかどうかを特に注意しましょう。

また、購入する前には搬入経路を確認するのも重要です。置き場所は確保したものの、家の中に運び込めなかったというトラブルを防ぐためにも、ドアや廊下はもちろん、エレベーターや階段などの幅も測っておきましょう。

機能で選ぶ

最近の縦型洗濯機は機能も充実。乾燥やつけ置きといった基本的な機能を備えたモデルをはじめ、衣服へのダメージを減らす高度な洗い方に対応したモデルや、スマホ連動機能がついたモデルなど、個性的な機能を備えた縦型洗濯機もリリースされています。

ただし、機能が多いほど比例して価格も高くなりがちなので、自分が必要とする機能をしっかりと把握したうえで購入するようにしましょう。

洗濯容量で選ぶ

縦型洗濯機を選ぶ際は、洗濯容量も重要です。一人暮らしにも関わらず大容量サイズのモデルを購入してしまうとオーバースペックになるので注意しましょう。一方、ファミリーで小型サイズを購入してしまうと洗濯物が洗いきれずに、何度も洗濯機を回すことになります。

1日の洗濯物は、一般的に「1人あたり1.5kg程度」とされており、2人ならば3kg、4人ならば6kg程度が1日の洗濯物の目安となります。衣類だけではなく、バスタオルやシーツなどを洗うことも考えると、+1kg程度の余裕をもっておくとより安心です。

乾燥機能で選ぶ

縦型洗濯機のなかには、乾燥機能が搭載されたモデルもあり、一般的には「洗濯乾燥機」と「簡易乾燥機能付き洗濯機」の2種類があります。

洗濯乾燥機は、ヒーターによる温風を衣類に当ててしっかり乾かすことができるタイプ。ドラム式洗濯機ほどではないものの、乾燥機能も重視したい方にはおすすめです。ただし、ヒーターを使う分、電気代はやや高くなってしまいます。

一方、簡易乾燥機能付き洗濯機は、洗濯槽を回して遠心力で水分を飛ばすタイプ。ただし、あくまでも”簡易”的な機能なので、洗濯機内で十分に乾燥させることは難しいのが現状です。干す前の下準備として使用する程度と考えておきましょう。

縦型洗濯機のおすすめメーカー

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立の縦型洗濯機は「ビートウォッシュシリーズ」が人気。節水しつつ大流量の水を使い、効率よく汚れを落とす「ナイアガラビート洗浄」機能を搭載しているのが特徴です。

洗浄性能の高さもちろん、デザインにもこだわりがある方には日立の縦型洗濯機がおすすめ。乾燥機能の有無も選べるなど、豊富なラインナップが揃っているのも魅力です。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックの縦型洗濯機は「泡洗浄」機能で効率的な洗濯ができるのが特徴です。循環ポンプによって洗剤液を泡立てることで、頑固な汚れもしっかりと洗い落とします。

また、センサーを駆使して節電・節水を行う「エコナビ」機能を搭載したモデルもラインナップ。月々の出費を少しでも抑えたいという方におすすめです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝の縦型洗濯機は、多彩な洗浄方式を搭載している機種があるのが特徴です。繊維の隙間より小さな泡によって、衣類の奥までしっかりと洗う「ウルトラファインバブル洗浄」、パワフルなシャワーで衣類に洗剤を浸透させる「浸透ザブーン洗浄」など、メーカー独自の洗浄技術を搭載しているモデルが人気です。

また、以前はシンプルなデザインの洗濯機が多くを占めていましたが、最近はおしゃれなデザインのモデルも増えてきています。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープの縦型洗濯機は、洗濯槽に穴がない「穴なし槽」を採用しているのが特徴。洗濯槽の外側に黒カビなどの発生を抑制する効果が期待できるだけでなく、少ない水で効率よく洗濯することができます。

また、メーカーのお家芸とも言える「プラズマクラスター」を搭載しているのも注目ポイント。機能を重視するなら、シャープの縦型洗濯機がおすすめです。

縦型洗濯機のおすすめモデル|乾燥機能あり

日立(HITACHI) 洗濯乾燥機 ビートウォッシュ 12.0kg BW-DX120C

日立(HITACHI) 洗濯乾燥機 ビートウォッシュ 12.0kg BW-DX120C

本製品は洗い方や時間を自動で判断してくれる「AIお洗濯」を搭載した縦型洗濯機。洗濯物の汚れ具合や洗剤の種類を見分け、自動で設定して洗濯するため、細かい設定操作をしなくても衣類をきれいに洗濯できるのが魅力です。

回転羽根の「ビートウィングX」と大流量の「ナイアガラシャワー」による高い洗浄力で、衣類をすみずみまできれいに洗います。しつこい衣類の黄ばみや嫌な臭いには、洗剤の酵素パワーを引き出して洗う「温水ナイアガラビート洗浄」がおすすめです。

洗剤と柔軟剤をそれぞれのタンクにあらかじめ入れておけるため、洗濯の度に投入する必要がなく便利。乾燥機能には「ダニ対策コース」や「消臭・除菌コース」があるため、さまざまな衣類を清潔に保てます。

シャープ(SHARP) タテ型洗濯乾燥機 10.0kg ES-PU10C

シャープ(SHARP) タテ型洗濯乾燥機 10.0kg ES-PU10C

毎秒約3万8000回の超音波振動でエリや袖などの部分洗いができる「超音波ウォッシャー」が付属した縦型洗濯機。目につく衣類の汚れをしっかり落とせるため、毎日の身だしなみに気を配っている方におすすめです。

シャープが特許を取得している「穴なし槽」を搭載しているのもポイント。洗濯槽の外側や底裏の黒カビや汚れが槽内に侵入しないので、いつも清潔に洗濯できます。穴なし槽が竜巻状の水流を起こしてしっかりもみ洗いするため、洗浄力が高いのも魅力です。

洗濯槽に穴がないため、洗濯槽と外槽の間にムダ水が溜まらず節水が可能。縦型でも水量が少なめなのがポイントです。プラズマクラスターを搭載しているので、乾燥しながら衣類を除菌・消臭する効果も期待できます。きれいな水で気持ちよく洗える洗濯機です。

アクア(AQUA) 洗濯乾燥機 10.0kg AQW-GTW100G

アクア(AQUA) 洗濯乾燥機 10.0kg AQW-GTW100G

低水位からパルセーターを回転させ、高濃度の洗浄液を衣類に浸透させる「高濃度クリーン浸透」が特徴の洗濯機。濃い洗浄液が素早く汚れを包み込んで浮かすので、油汚れや泥汚れもすっきりきれいに落ちます。

洗濯槽とパルセーターを反対方向に回す「W反転水流」により洗いムラを抑えることが可能。さらに「スパイラルシャワー」を繊維の奥まで通過させて、きれいに洗い上げます。「やさしくコース」「つけおきコース」「毛布コース」など、洗い方のコースを多彩に搭載。大風量のプロアファンによる「ツインパルクイック乾燥」により、縦型でも素早く衣類乾燥ができます。10万円以下の安い価格も魅力の洗濯機です。

東芝(TOSHIBA) 縦型洗濯乾燥機 10.0kg AW-10SV7

東芝(TOSHIBA) 縦型洗濯乾燥機 10.0kg AW-10SV7

本製品は繊維の隙間よりも小さなナノサイズの泡を衣類に浸透させて洗う「ウルトラファインバブル」が特徴です。微細な泡が汚れをしっかり浮かし、洗浄成分が汚れをはがし取るので、気になる黄ばみや黒ずみもしっかりきれいに落とせます。

「温か洗いコース」は、衣類とウルトラファインバブルの洗剤液を温めてから洗うため、汚れをより落としやすくする効果が期待できるのがポイント。通常の洗濯ではなかなか落ちない汚れをきれいに落としたい方におすすめです。

「自動お掃除モード」は脱水の遠心力で強力な水流を起こして洗濯槽の内側と外側を洗うため、きれいな槽内を保てます。低振動・低騒音設計で夜間でも安心して洗濯できる洗濯機です。

パナソニック(Panasonic) 洗濯乾燥機 9kg NA-FW90K7

パナソニック(Panasonic) 洗濯乾燥機 9kg NA-FW90K7

パナソニックのドラム式洗濯機に採用されている「液体洗剤・柔軟剤自動投入」機能を搭載した人気の縦型洗濯機。洗剤と柔軟剤をタンクに入れておけば洗濯の度に適量を計量して自動投入するため、面倒な手間が省けます。

約3秒で泡立てた洗剤液を注入して衣類に満遍なく浸透させる「ジェットバルブシステム」を搭載。大きな3枚羽根のパルセーターが「パワフル立体水流」を起こし、洗剤液が浸透した衣類を上下内外に動かして洗うためムラなくきれいに仕上がります。

大水量でしっかり洗う「パワフル滝洗いコース」や、油や皮脂の汚れに効果的な「温風つけおきコース」を搭載し、さまざまな汚れに対応。「おうちクリーニングコース」や「毛布コース」もあり、便利に使える洗濯機です。

縦型洗濯機のおすすめモデル|乾燥機能なし

日立(HITACHI) 全自動洗濯機 ビートウォッシュ 9.0kg BW-V90E

日立(HITACHI)  全自動洗濯機 ビートウォッシュ 9.0kg BW-V90E

本製品は、押し洗い、たたき洗い、もみ洗い、が可能な回転羽根の「ビートウィングX」を搭載したモデル。高濃度洗剤液を衣類に浸透させてたっぷりの水で洗う「ナイアガラシャワー」とのダブル効果で、エリや袖などの落ちにくい汚れを落とします。

「洗剤セレクト」ボタンを搭載し粉末か液体かを選べるため、それぞれの洗剤に合った洗い方が可能なのもポイント。すすぎ回数も手動で選択できるので、節水したい方におすすめです。

「ナイアガラすすぎ」では、水を追加して大流量の循環シャワーと高速回転で繊維の奥まできれいにすすぐため、肌の弱い赤ちゃんや幼児がいる家庭におすすめ。3~4名のファミリーにぴったりな洗浄力の高い洗濯機です。

パナソニック(Panasonic) 全自動洗濯機 8.0kg NA-FA80H7

パナソニック(Panasonic) 全自動洗濯機 8.0kg NA-FA80H7

「ビッグサークル投入口」を採用し、衣類の出し入れが楽にできる洗濯機。大物の毛布やカーテンも楽に取り出せるので快適に使えます。濃密な泡とパワフル立体水流で繊維の奥に入り込んだ汚れも落とす「泡洗浄」の高い洗浄力もポイントです。

大きな3枚羽根のパルセーターで立体的な水流を起こす「パワフル立体水流」により、衣類をしっかり攪拌して洗うことが可能。槽内には高低2段の吐出口があり、衣類の量に合わせて高さを変えてシャワーを出すので洗剤液がしっかり浸透します。

「エコナビ」がその日の水温を検知し、水温が高ければ洗濯時間を短縮するので節電ができるのもポイント。洗濯のたびに「自動槽洗浄」を行うため、洗濯槽に黒カビが発生するのを抑制して清潔に使えます。2~3人暮らしに最適な充実機能が魅力の製品です。

シャープ(SHARP) 全自動洗濯機 7.0kg ES-GV7D

シャープ(SHARP) 全自動洗濯機 7.0kg ES-GV7D

洗浄力の高い「ダイヤカット穴なし槽」を搭載し、衣類の汚れやしつこい黒ずみもしっかり落とせる洗濯機。穴なし槽は黒カビや汚れが侵入するリスクを抑え、清潔な水で洗濯できるだけでなく、洗濯槽と外槽の間に溜まる水がなく節水もできるので人気があります。

強力な巻き上げ水流を起こす「穴なしサイクロン洗浄」により、落ちにくいしつこい汚れもしっかり落とすことが可能。少量の衣類を10分間で洗い上げる「10分洗濯コース」はすすぎ1回で節水ができ、家事の時短も実現できます。

重量センサーと水位センサーを搭載し、衣類の量や布質を見分けて最適な水位と時間で洗濯することが可能。定期的に「槽クリーンコース」を使えば、洗濯槽内部やパルセーターきれいに保てます。手頃な価格と使いやすさから人気を集めている縦型洗濯機です。

東芝(TOSHIBA) 全自動洗濯機 5kg AW-5G6

東芝(TOSHIBA) 全自動洗濯機 5kg AW-5G6

一人暮らしに最適なコンパクトモデルを探している方におすすめの縦型洗濯機。幅・奥行きが60cm以下なので、ワンルームの狭い防水パンにもすっきり置けます。価格が3万円台と安いのも魅力です。

少ない水で高濃度の洗剤液を作り、繊維の奥まで浸透させてパワフルな水流でしっかり洗う「浸透パワフル洗浄」で衣類の汚れをしっかり落とします。「温度センサー」が室温と水温を予測し、洗濯時間をコントロールするので節電も可能です。

「部屋干しモード」は洗濯終了後に送風で水分をしっかり飛ばすので、外に洗濯が干せない方におすすめ。最低水位は12Lですすぎ1回も設定できるため、節水しながら洗濯できます。電気代・水道代を節約できるコンパクトな洗濯機です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 全自動洗濯機 5kg IAW-T501

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 全自動洗濯機 5kg IAW-T501

新生活をスタートさせる方におすすめの低価格な縦型洗濯機です。サイズは、幅約55.5×奥行約52.5×高さ約92cmなので、洗濯機置き場がなく玄関脇に設置する場合でも場所を取りません。

「えりそでクリップボード」を洗濯槽口に装着してシャツなどを挟んで留められるので、洗剤の部分塗り付けに便利。「つけおきコース」「ドライコース」「お急ぎコース」など、多彩なコースを搭載しているので、衣類に合わせて便利に使えます。

洗濯終了後に衣類の水分を吹き飛ばす「部屋干しモード」は、毎日部屋干しする方におすすめ。「槽洗浄」や「槽乾燥」もあり、清潔に使用できます。便利な機能を豊富に搭載したコスパのよい製品です。

縦型洗濯機のお手入れ方法

ゴミ取りネットの洗浄

ゴミ取りネットは最も頻繁にお手入れをする場所です。洗濯で出たゴミがネットに溜まってくるので、こまめに清掃しましょう。また、ゴミ取りネットの網目は細かいので、しばらく使っていると目詰まりする場合もあります。目詰まりしてきたら流水で洗いながら掃除してください。

なお、洗いたてのはずなのに洗濯物のニオイが気になる場合は、ゴミ取りネットに雑菌やカビが繁殖している恐れがあります。定期的に交換するようにしましょう。

洗剤投入口の掃除

洗剤投入口にこびりついた洗剤も定期的に掃除することが大切。特に固形洗剤が固まってくっついてしまうことがあります。ゴミ取りネットと同じく、イヤなニオイの原因になるので注意が必要です。ぬるま湯につけながら歯ブラシなどでこするとキレイになります。

洗剤を入れるところなので菌が繁殖しにくいと思われがちですが、放置していると雑菌やカビが溜まっていきます。定期的に洗浄して清潔に保つようにしましょう。

洗濯槽の洗浄

By: amazon.co.jp

洗濯槽の洗浄も重要です。目に見える部分はキレイでも、裏側にビッシリと汚れが溜まっていたり、雑菌が繁殖していたりします。60℃くらいのお湯に洗濯槽クリーナーを溶かして、数分間空回ししたのち、3時間程度置いておきましょう。洗浄頻度の目安は1~2ヶ月に一度です。