洗濯機の製品ジャンルは大きく分けて乾燥機能が優れているドラム式と洗浄能力の高さがポイントの縦型があります。前者は温水を採用した機種が好評で、後者は静音設計などを採用した使い勝手のよいモデルが人気です。

そこで、今回は縦型洗濯機にしぼっておすすめ製品をご紹介。選び方やお手入れ方法などについても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

縦型洗濯機の種類

By: amazon.co.jp

縦型洗濯機には「縦型洗濯乾燥機」と「全自動洗濯機」の2種類があり、乾燥機能が大きく異なります。縦型洗濯乾燥機は、洗濯から乾燥までできるタイプで、ヒーターの温風で衣類をしっかりと乾燥させるのが特徴です。

一方、全自動洗濯機は、風乾燥機能や簡易乾燥機能を搭載しているのがポイント。風乾燥機能は送風で洗濯物を乾かす仕様で、簡易乾燥機能は主に洗濯層の遠心力で水分を飛ばす仕組みを採用しています。

いずれのタイプも通常の乾燥機能のように乾燥させるのは難しいですが、結果的に洗濯物の干す時間を短縮できます。縦型洗濯機における乾燥機能は、必要性をよく考えてから選ぶようにしましょう。

縦型洗濯機のメリット・デメリット

メリット

縦型洗濯機のメリットは、汚れを落とす性能が高く、キレイに洗えるという点が挙げられます。また、価格もドラム式洗濯機に比べると比較的安いモデルが多いのも魅力です。

さらに、縦型洗濯機はフタが上部についているため、スペースが狭い場所に設置しやすいのもポイント。ドラム式洗濯機ではフタが前面あるため、開閉するスペースを考慮する必要があります。

デメリット

縦型洗濯機は水を多く使うため、ランニングコストがやや高め。また、縦型洗濯機は衣類同士をこすり合わせて汚れを落とすので、生地を傷つけやすいという点もデメリットです。

なお、ドラム式洗濯機は前面にフタがついているため、上部にモノを置いたり収納棚を組み立てたりできますが、縦型洗濯機はフタが上部にあるので、モノを置く際にはゆとりあるスペースを確保する必要があります。

ドラム式洗濯機についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

縦型洗濯機の選び方

サイズで選ぶ

縦型洗濯機を選ぶ際は、サイズをチェックしておきましょう。縦横の長さはもちろん、高さも重要です。 縦型洗濯機は衣類を上から出し入れするため、縦型洗濯機の上部にもスペースの余裕が必要。ラックなどを設置する際は注意しておきましょう。

また、購入する前に搬入経路を確認するのも重要。置き場所は確保したものの、結果的に家の中に運び込めない場合も考えられるので、ドアや廊下はもちろん、エレベーターや階段などの幅も測っておきましょう。

機能で選ぶ

最近の縦型洗濯機は機能も充実。乾燥やつけ置きといった基本的な機能を備えたモデルをはじめ、衣服へのダメージを減らす高度な洗い方に対応したモデル、スマホ連動機能がついたモデルなど、個性的な機能を備えた縦型洗濯機もリリースされています。

ただし、機能が多いほど比例して価格も高くなりがちなので、自分が必要または不必要とする機能をしっかりと把握した上で購入するようにしましょう。

洗濯容量で選ぶ

縦型洗濯機を選ぶ際は、洗濯容量も重要。一人暮らしにも関わらず大容量サイズのモデルを購入してしまうとオーバースペックになるので注意しましょう。一方、ファミリーで小型サイズを購入してしまうと洗濯物が洗いきれずに、何度も洗濯機を回すことになります。

1日の洗濯物の量は、一般的に「1人あたり1.5kg程度」とされおり、2人ならば3kg、4人ならば6kg程度が1日の洗濯物の目安となります。洗い物は衣類だけではなく、バスタオルやシーツなどもあるので、+1kg程度の余裕をもっておくとより安心です。

乾燥機能で選ぶ

縦型洗濯機のなかには、乾燥機能が搭載されたモデルもあり、一般的には「洗濯乾燥機」と「簡易乾燥機能付き洗濯機」の2種類があります。

洗濯乾燥機は、ヒーターによる温風を衣類に当ててしっかり乾かすことができるタイプ。ドラム式洗濯機ほどではないものの、乾燥機能も重視したい方にはおすすめです。ただし、ヒーターを使う分電気代はやや高くなってしまいます。

一方、簡易乾燥機能付き洗濯機は、洗濯層を回して遠心力で水分を飛ばすタイプ。ただし、あくまでも”簡易”なので、洗濯機内で十分に乾燥させることは難しいのが現状です。外に干す前の下準備として使用する程度と考えておきましょう。

縦型洗濯機のおすすめメーカー

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立の縦型洗濯機は「ビートウォッシュシリーズ」が人気。節水しつつ大流量の水を使い、効率よく汚れを落とす「ナイアガラビート洗浄」機能を搭載しているのが特徴です。

洗浄性能の高さもちろん、デザインにもこだわりがある方には日立の縦型洗濯機がおすすめ。乾燥機能の有無も選べるなど、豊富なラインナップが揃っているのも魅力です。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックの縦型洗濯機は「泡洗浄」機能で効率的な洗濯ができるのが特徴です。循環ポンプによって洗剤液を泡立てることで、頑固な汚れもしっかりと洗い落とします。

また、センサーを駆使して節電・節水を行う「エコナビ」機能を搭載したモデルもラインナップ。月々の出費を少しでも抑えたいという方におすすめです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝の縦型洗濯機は、多彩な洗浄方式を搭載している機種があるのが特徴です。繊維の隙間より小さな泡によって、衣類の奥までしっかりと洗う「ウルトラファインバブル洗浄」、パワフルなシャワーで衣類に洗剤を浸透させる「浸透ザブーン洗浄」など、メーカー独自の洗浄技術を搭載しているモデルが人気です。

また、以前はシンプルなデザインの洗濯機が多くを占めていましたが、最近はおしゃれなデザインのモデルも増えてきています。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープの縦型洗濯機は、洗濯槽に穴がない「穴なし槽」を採用しているのが特徴。洗濯槽の外側に黒カビなどが発生するのを抑制するだけでなく、少ない水で効率よく洗濯することができます。

また、メーカーのお家芸とも言える「プラズマクラスター」を搭載しているかどうかも注目すべきポイント。機能を重視するなら、シャープの縦型洗濯機がおすすめです。

縦型洗濯機のおすすめモデル|乾燥機能あり

日立(HITACHI) ビートウォッシュ BW-DV80C

日立(HITACHI) ビートウォッシュ BW-DV80C

同社ビートウォッシュシリーズのなかでも洗濯容量8㎏とコンパクトなモデル。一人暮らしの方や共働きのカップルの方におすすめです。少量の水で高濃度洗浄液を作るもみ洗いとたたき洗いを繰り返す「ナイアガラビート洗浄」で、予洗いなしでもしっかりと汚れを落とします。

また、液体や粉末など洗剤の種類を自動で検知して、洗剤に合わせた溶かし方や洗い方をし、食べ物の油汚れも落とせる高い洗浄力を発揮。温水を使用すれば、さらに黄ばみやニオイも抑えられます。

忙しい方に便利な「おいそぎコース」も搭載し、その日のうちにどうしても必要な洗濯物を素早く洗って乾かすことが可能。最大2kg、約120分で洗濯物を乾燥させます。投入口は直径約38cmと大口径で、シーツや毛布などの大物を取り出しやすいのも魅力です。

日立(HITACHI) ビートウォッシュ BW-DX120C

日立(HITACHI) ビートウォッシュ BW-DX120C

ビートウォッシュシリーズのハイエンドモデル。洗剤の種類のほか、衣類の汚れ具合や繊維の特徴、水質までもAIが自動で判断し最適な洗い方や運転時間などをコントロールします。

液体洗剤や柔軟剤用のタンクを内蔵し、タンク内の液体洗剤や柔軟剤の量も計測し適量を自動投入。洗剤を無駄なく使える上に、洗濯が不慣れな方にも簡単に洗濯ができます。

従来の機種同様、予洗いの手間がいらない「ナイアガラビート洗浄」や、素早く洗濯物を乾燥して仕上げられる「おいそぎコース」も搭載しており、忙しい方におすすめです。

洗濯・脱水時の最大容量は12kg、乾燥容量は6kgまで対応と大容量。洗濯物が多い家庭におすすめのモデルです。

東芝(TOSHIBA) ZABOON AW-8V7

東芝(TOSHIBA) ZABOON AW-8V7

洗浄力の高い洗濯機。濃い洗浄液を衣類の隅々まで浸透させるパワフルさが特徴で、もみ洗い・押し洗い・ほぐし洗いをしっかりと行い、衣類の汚れを芯から落とします。

さらに、温風で水と衣類を温めて繊維の奥の皮脂汚れまでしっかり洗浄する「あったか洗いコース」も搭載し、衣類の黄ばみも防止。低振動・低騒音設計で運転音が静かなので、夜中や早朝も時間を気にすることなくいつでも洗濯できます。

洗濯最大容量8kg、乾燥容量4.5kgと1人~2人で使用するのにちょうどよいサイズ。洗濯槽を除菌し、黒カビの発生を抑えてくれる自動お掃除モードを搭載しており、お手入れも簡単です。最終すすぎ時に使用した水でため脱水し、強力な水流で洗濯層の外側、外層の内側、層の底を自動で掃除します。

東芝(TOSHIBA) ZABOON AW-10SV7

東芝(TOSHIBA) ZABOON AW-10SV7

繊維のスキマよりも小さいナノサイズの泡を作る「ウルトラファインバブル洗浄」がウリの洗濯機。泡が繊維の奥まで浸透してしっかりと汚れを落すのが特徴です。

さらに衣類とウルトラファインバブル洗浄液を温めて洗うコースを活用すれば、ガンコな汚れまでさらにすっきり洗い上げます。

静かさを追求したメーカー独自のDDモーターによる「低振動・低騒音設計」を採用しているのもポイント。早朝や夜中など時間を気にしないで洗濯したい方におすすめです。

おしゃれ着を傷めずにきれいに洗い上げるおしゃれ着トレーも付属しており、ふり洗いだけでなく、しっかり押し洗いも可能。さらに自動お掃除モードを搭載しており、洗濯槽の除菌や黒カビの発生を抑えます。

シャープ(SHARP) タテ型洗濯乾燥機 ES-TX5B

シャープ(SHARP) タテ型洗濯乾燥機 ES-TX5B

穴のない洗濯槽が特徴の縦型洗濯乾燥機です。洗濯層の外側や底裏についた黒カビや汚れを侵入させず、槽内を清潔に保ちます。無駄な水を使わないので使用する水の量も抑えられ節水も可能です。

また「シワ抑えコース」では洗濯時に衣類同士のからみを抑えて洗浄。やさしく脱水することで、アイロン掛けの手間も軽減できます。乾燥もスピーディーで、1kg以下の洗濯物なら洗濯から乾燥まで、わずか90分程度しかかからないのも魅力です。

脱水の最後にゆっくりと運転することで、洗濯物の絡みを抑えた「ほぐし運転機能」も搭載。洗濯物の取り出しやすさも配慮しています。

縦型洗濯乾燥機のなかではかなり安価なところも魅力。一人暮らしにおすすめのサイズで、洗濯時の最大容量は5.5kg、乾燥時は3.5kgまで対応しています。

シャープ(SHARP) タテ型洗濯乾燥機 ES-PU11C

シャープ(SHARP) タテ型洗濯乾燥機 ES-PU11C

時短ときれいな洗い上がりを両立させた「超音波ウォッシャー」搭載の洗濯機。ワイシャツの襟や袖のしつこい汚れや油じみを、毎秒38000回の超音波振動で弾き飛ばすのが特徴です。

穴なし洗濯槽を採用しているのもポイント。洗濯槽外側にある黒カビなどの侵入を防いで清潔な水で洗浄するため、衣類に黒カビや洗剤カスが付着を防ぎます。また、竜巻状に巻きあがった勢いのある水流によるもみ洗いと、内壁のダイヤカットでこすり洗いをすることで高い洗浄力を実感できます。

さらにメーカー独自のプラズマクラスター技術も搭載。洗濯物の消臭や除菌にも効果が期待できます。水洗いできないコートやスーツのお手入れも可能。洗濯容量は11kg、乾燥容量は6kgと比較的余裕があるモデルで、4〜5人家族におすすめです。

パナソニック(Panasonic) 洗濯乾燥機 NA-FW120V1

パナソニック(Panasonic) 洗濯乾燥機 NA-FW120V1

縦型洗濯機で初めて温水専用ヒーターを搭載したモデル。洗剤の酵素が活性する温度に洗剤液を温めて泡にして浸透させ、繊維の奥の黄ばみや臭いの元となる菌をしっかり洗い流します。

「ダニバスターコース」では洗濯前に高温の温風でプレ乾燥させ、通常の洗濯では落としにくいダニを繊維から引きはがすことが可能。アレル物質対策への効果も期待できます。

メーカー独自のナノイー技術を採用しているのもポイント。水洗いできない衣類の除菌・消臭を約40分間で完了し、水や熱を使わずに低コストで洗濯できます。大量の衣類や毛布などの大物も楽に取り出せる437mmの大きな円形投入口も特徴です。

縦型洗濯機のおすすめモデル|乾燥機能なし

日立(HITACHI) ビートウォッシュ BW-V80C

日立(HITACHI) ビートウォッシュ BW-V80C

「ナイアガラビート洗浄」がウリの洗濯機。洗濯層内に内蔵された回転羽根(ビートウィング)と大流量のナイアガラシャワーで高い洗浄力を発揮するのが特徴です。つけおき洗浄機能を使えば、黄ばみもすっきりと落とすことができます。

また、大水量を循環してすすぐ「ナイアガラすすぎ」で汚れや繊維の奥にある洗剤まで残さず徹底的にすすぐことが可能。すすぎの後に、洗濯層の裏側など見えない部分をきれいな水道水で洗い流す「自動おそうじ」モードでは、洗濯層の裏側などについた皮脂汚れや洗剤・菌・黒カビの胞子などもケアできます。

日立(HITACHI) ビートウォッシュ BW-V100C

日立(HITACHI) ビートウォッシュ BW-V100C

人気が高い日立のビートウォッシュシリーズ。本製品は全自動洗濯機でもっとも洗濯容量の大きいモデルです。4〜5人家族におすすめの洗濯・脱水容量10kgですが、洗濯機本体の幅は57cmとスリムでコンパクトに収まります。

高濃度洗剤液をしっかり衣類に浸透させ、「押し洗い」「たたき洗い」「もみ洗い」の3つの効果がある回転羽根と大流量の「ナイアガラ ビート洗浄」により洗浄力は高め。食べ物の油汚れやしつこいエリ・袖の汚れ、泥汚れもしっかりきれいに洗い上げます。

フタはガラストップデザインで傷つきにくく、汚れてもすぐにふき取れるのでお手入れも簡単です。自動おそうじモードを1度設定すれば、洗濯するたびに洗濯槽の見えない部分の汚れや菌まできれいな水道水でしっかり洗い流し、清潔さを長くキープできます。

東芝(TOSHIBA) 全自動洗濯機 AW-45M7

東芝(TOSHIBA) 全自動洗濯機 AW-45M7

基本的な洗濯機能を網羅している洗濯機。一人暮らし向けで安い価格の全自動洗濯機を探している方におすすめです。3万円以内のリーズナブルな価格でありながら、3つのシャワーで洗浄液を衣類全体にしっかり浸透させるほか、ムラなくきれいに洗い上げるパワフルな洗浄に対応しているのも特徴です。

また、ガンコな汚れもすっきり洗い上げる「つけおきコース」も便利。少量の衣類でもわずかな水量で洗うことも可能なので、洗濯物をこまめに洗いたい方にもぴったりです。

洗濯槽には丈夫で清潔なステンレス層を採用。予約機能付きなので1時間から24時間まで洗濯運転の予約ができるのも魅力です。

毛布コース(2kg)、おしゃれ着コース(1.5kg)に加えて、槽洗浄コースも搭載しているのもポイント。汎用性の高いおすすめモデルです。

パナソニック(Panasonic) インバーター全自動洗濯機 NA-FA80H6

パナソニック(Panasonic) インバーター全自動洗濯機 NA-FA80H6

2つの大水流シャワーでしっかり洗う「パワフル滝洗いコース」と洗剤を素早く泡立てて衣類に浸透させる「ジェットバブルシステム」を搭載した洗濯機。ガンコな汚れものすっきり洗い上げられるのが特徴です。

洗濯・脱水容量8kgまで対応の縦型全自動洗濯機で、3〜4人家族におすすめのサイズ。また、開口部が広く、毛布などの大きめの洗濯物の出し入れもスムーズにできます。

「自動槽洗浄」機能を搭載しており、洗濯槽内部も清潔に保てるのも魅力。デリケートな衣類に対応する「おうちクリーニングコース」ややっかいな泥汚れもすっきり洗い上げる「泥汚れつけ置きコース」など洗濯コースが充実しているのもポイントです。

パナソニック(Panasonic) 全自動洗濯機 NA-F50B12

パナソニック(Panasonic) 全自動洗濯機 NA-F50B12

一人暮らしにおすすめの洗濯・脱水容量5kgの全自動洗濯機。パワフルな立体水流で少ない水量でもしっかりもみ洗いできるビッグウェーブ洗浄がウリです。

ガンコな汚れに効果的な「つけおきコース」や柔軟剤の香りをしっかり衣類に香りづけられる「香りしっかりコース」も便利。また、「カビクリーンタンク」「槽カビ予防コース」「槽洗浄コース」と3つの槽洗浄機能を搭載しており、清潔に使い続けることができるのも魅力です。

シャープ(SHARP) 全自動洗濯機 ES-GV8C

シャープ(SHARP) 全自動洗濯機 ES-GV8C

静音性に配慮した洗濯機。夜中でも時間を気にしないで洗濯をできる静かな運転音のインバーターを搭載しているのが特徴です。

モーターの回転数をインバーターで制御した効率的な運転により消費電力の抑制にも寄与。さらに穴なし洗濯槽の採用で水流を強化し衣類の汚れをすっきり洗浄します。

また、簡単なボタン操作で洗濯コースを選択できる「洗い技コース」には、衣類の種類や汚れ具合に合わせた洗濯コースも豊富です。シワの少ない洗い上がりを叶える「シワ抑えコース」や、泥汚れなどに最適な「ガンコ汚れコース」、デリケートな素材を繊細に洗い上げる「おしゃれ着コース」からセレクトできます。

穴なし洗濯槽だから少ない水でしっかり洗浄できるうえに、お風呂の残り湯を使ってさらに節水できる「ふろ水ポンプ」も搭載。節水に配慮したい方におすすめのモデルです。

ハイアール(Haier) 全自動洗濯機 JW-C45A

ハイアール(Haier) 全自動洗濯機 JW-C45A

洗濯容量は4.5kgと一人暮らしの方におすすめの洗濯機。汚れが少ない洗濯物は10分で洗濯できる「お急ぎコース」を搭載しており、ちょっとした用途にも対応できます。

シャツの洗い上がりが気になる方にも最適。シワが気になるブラウスやシャツに最適な「シワケア」を採用し、干した時にシワが付きにくくなり、アイロンがけが楽にできます。

さらに風乾燥モード搭載で洗濯物を干す時間の短縮も可能。また、ステンレス洗濯槽を採用し、黒カビの発生も抑制します。価格は2万円台とかなりリーズナブルなので、「とりあえず小型の洗濯機がほしい」という方はぜひ候補として検討してみてください。

縦型洗濯機のお手入れ方法

ゴミ取りネットの洗浄

ゴミ取りネットは最も頻繁にお手入れをする場所です。洗濯で出たゴミがネットに溜まってくるので、こまめに清掃しましょう。また、ゴミ取りネットの網目は細かいので、しばらく使っていると目詰まりする場合もあります。目詰まりしてきたら流水で洗いながら掃除してください。

なお、洗いたてのはずなのに洗濯物のニオイが気になる場合は、ゴミ取りネットに雑菌やカビが繁殖している恐れがあります。定期的に交換するようにしましょう。

洗剤投入口の掃除

洗剤投入口にこびりついた洗剤も定期的に掃除することが大切。特に固形洗剤が固まってくっついてしまうことがあります。ゴミ取りネットと同じく、イヤなニオイの元になるので注意が必要です。ぬるま湯につけながら歯ブラシなどでこするとキレイになります。

洗剤を入れるところなので菌が繁殖しにくいと思われがちですが、放置していると雑菌やカビが溜まっていきます。定期的に洗浄して清潔に保つようにしましょう。

洗濯槽の洗浄

By: amazon.co.jp

洗濯槽の洗浄も重要です。目に見える部分はキレイでも、裏側にビッシリと汚れが溜まっていたり、雑菌が繁殖していたりします。60℃くらいのお湯に洗濯槽クリーナーを溶かして、数分間空回ししたのち、3時間程度置いておきましょう。洗浄頻度の目安は1~2ヶ月に1度です。