白物家電のなかでも大型に分類される洗濯機。種類としては大きく分けて洗浄能力の高さが魅力の「縦型洗濯機」と乾燥機能に優れている「ドラム式洗濯機」があり、縦型に関しては静音などに配慮した使い勝手のよいモデルが人気です。

そこで今回は、縦型洗濯機にしぼっておすすめ製品をご紹介。選び方やお手入れ方法などについても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

縦型洗濯機の種類

By: amazon.co.jp

縦型洗濯機には「縦型洗濯乾燥機」と「全自動洗濯機」の2種類があり、乾燥機能が大きく異なります。縦型洗濯乾燥機は、洗濯から乾燥までできるタイプで、ヒーターの温風で衣類をしっかりと乾燥させるのが特徴です。

一方、全自動洗濯機は、風乾燥機能や簡易乾燥機能を搭載しているのがポイント。風乾燥機能は送風で洗濯物を乾かす仕様で、簡易乾燥機能は主に洗濯層の遠心力で水分を飛ばす仕組みを採用しています。

ヒーターを使った乾燥機能のようにしっかりと乾燥させるのは難しいですが、いずれのタイプも結果的に洗濯物の干す時間を短縮できます。縦型洗濯機における乾燥機能は、必要性をよく考えてから選ぶようにしましょう。

縦型洗濯機とドラム式洗濯機の違い

洗濯槽の配置が異なるため洗浄方法が違う

By: rakuten.co.jp

縦型洗濯機とドラム式洗濯機の大きな違いは洗濯槽が配置されている位置です。洗浄方法もそれぞれ異なるので、違いを把握しておくと、自分のニーズに合うのはどちらなのかを判断できるのでしっかり確認しましょう。

縦型洗濯機は、縦に配置した洗濯槽に水を溜めてパルセーターと呼ばれる羽根を回転させ、水をかく拌して「もみ洗い」します。洗浄の際に水をたっぷり使うため、泥などのしつこい汚れを落としたり、多めの衣類を一度で洗ったりすることが可能です。

一方、ドラム式洗濯機は、斜めに設置した洗濯槽を回転させ、洗濯物を上から下に落とす「たたき洗い」で衣類を洗濯します。たたき洗いは繊維の奥にまで入り込んだ油汚れなどを落とすのに最適です。

使用する水量が異なる

By: hitachi.co.jp

洗濯機を選ぶ際に気になるのが使用水量。水道代の節約を考えると、できるだけ少ない水で洗濯したいものです。縦型洗濯機とドラム式洗濯機は構造の違いによって使用水量も異なるので、チェックしておきましょう。

例えば、洗濯容量10kgの縦型洗濯機が1回に使用する標準水量は約107L前後。これに対し、同じ10kgのドラム式洗濯機の標準水量は77L前後です。その差は約30Lあるため、毎日洗濯することを考えると水道代に差が出てきます。

具体的に水道代を計算すると、縦型で1回に107Lの水を使った場合は約27円。ドラム式で1回に77Lの水を使うと約20円です。1ヶ月で換算すると、縦型は「27円×30日=810円」、ドラム式は「20円×30日=600円」となり、210円の差が生じます。

水道代を抑えるならドラム式がベストですが、使用水量だけで判断せず、それぞれの洗濯機における特徴をよく把握して選ぶのがおすすめです。水道代が多少高くても縦型洗濯機の方が使いやすい場合もあります。洗濯機に何を求めるかを明らかにして選びましょう。

乾燥機能の方式の違い

縦型洗濯機とドラム式洗濯機の乾燥機能は方式が異なります。それぞれの方式をよく理解し、自分に合った使い方ができるのはどちらなのかを判断して選びましょう。

縦型洗濯機は、ヒーターで発生させた90℃前後の熱風をドライヤーのように噴き出す「ヒーター乾燥方式」で衣類を乾かします。一方向から熱風を当てて乾かすため、時間がかかるほか電気代も高めです。また、洗濯槽内を冷却に水を使うので水道代もかかります。

ドラム式の乾燥方式は、熱交換器で内部の熱を循環させる「ヒートポンプ方式」。約60℃の温風で衣類をかく拌させて乾燥するため、短時間でしっかり乾き、電気代も抑えられます。洗濯槽が熱くならず冷却水も不要なので、乾燥時の水道代がかからないのもメリットです。

したがって、洗濯機の乾燥機能を毎日のように使いたい方には機能面でもコスト面でもドラム式がおすすめ。ただし、天気の悪い日や急いで乾かしたい衣類があるときだけ乾燥機を使いたい方は、縦型洗濯機の乾燥機能でも十分使いこなせます。

ドラム式洗濯機についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

縦型洗濯機の選び方

サイズで選ぶ

縦型洗濯機を選ぶ際は、サイズをチェックしておきましょう。縦横の長さはもちろん、高さも重要です。 縦型洗濯機は衣類を上から出し入れするため、縦型洗濯機の上部にも余裕のあるスペースが必要になります。ラックなどを設置する際は、フタを開けた際に干渉しないかどうかを特に注意しましょう。

また、購入する前には搬入経路を確認するのも重要です。置き場所は確保したものの、家の中に運び込めないトラブルを防ぐためにも、ドアや廊下はもちろん、エレベーターや階段などの幅も測っておきましょう。

機能で選ぶ

最近の縦型洗濯機は機能も充実。乾燥やつけ置きといった基本的な機能を備えたモデルをはじめ、衣服へのダメージを減らす高度な洗い方に対応したモデルや、スマホ連動機能がついたモデルなど、個性的な機能を備えた縦型洗濯機も発売されています。

ただし、機能が多いほど比例して価格も高くなりがちなので、自分が必要とする機能をしっかりと把握したうえで購入するようにしましょう。

洗濯容量で選ぶ

縦型洗濯機を選ぶ際は、洗濯容量も重要です。一人暮らしにも関わらず大容量サイズのモデルを購入してしまうと、オーバースペックになるので注意しましょう。一方、ファミリーで小型サイズを購入してしまうと洗濯物が洗いきれずに、何度も洗濯機を回すことになります。

1日の洗濯物は、一般的に「1人あたり1.5kg程度」とされており、2人ならば3kg、4人ならば6kg程度が1日の洗濯物の目安となります。衣類だけではなく、バスタオルやシーツなどを洗うことも考えると、+1kg程度の余裕をもっておくとより安心です。

乾燥機能で選ぶ

縦型洗濯機のなかには、乾燥機能が搭載されたモデルもあり、一般的には「洗濯乾燥機」と「簡易乾燥機能付き洗濯機」の2種類があります。

洗濯乾燥機は、ヒーターによる温風を衣類に当ててしっかり乾かせるタイプ。ドラム式洗濯機ほどではないものの、乾燥機能も重視したい方にはおすすめです。ただし、ヒーターを使うぶん、電気代はやや高くなってしまいます。

一方、簡易乾燥機能付き洗濯機は、洗濯槽を回して遠心力で水分を飛ばすタイプ。ただし、あくまでも”簡易”的な機能なので、洗濯機内で十分に乾燥させることは難しいのが現状です。干す前の下準備として使用する程度と考えておきましょう。

縦型洗濯機のおすすめメーカー

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立の縦型洗濯機は「ビートウォッシュシリーズ」が人気。節水しつつ大流量の水を使い、効率よく汚れを落とす「ナイアガラビート洗浄」機能を搭載しているのが特徴です。

洗浄性能の高さもちろん、デザインにもこだわりがある方には日立の縦型洗濯機がおすすめ。乾燥機能の有無も選べるなど、豊富なラインナップが揃っているのも魅力です。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックの縦型洗濯機は「泡洗浄」機能で効率的な洗濯ができるのが特徴です。循環ポンプによって洗剤液を泡立てることで、頑固な汚れもしっかりと洗い落とします。

また、センサーを駆使して節電・節水を行う「エコナビ」機能を搭載したモデルもラインナップ。月々の出費を少しでも抑えたい方におすすめです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝の縦型洗濯機は、多彩な洗浄方式を搭載している機種があるのが特徴。繊維の隙間より小さな泡によって、衣類の奥までしっかりと洗う「ウルトラファインバブル洗浄」、パワフルなシャワーで衣類に洗剤を浸透させる「浸透ザブーン洗浄」など、メーカー独自の洗浄技術を搭載しているモデルが人気です。

また、以前はシンプルなデザインの洗濯機が多くを占めていましたが、最近はおしゃれなデザインのモデルも増えてきています。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープの縦型洗濯機は、洗濯槽に穴がない「穴なし槽」を採用しているのが特徴。洗濯槽の外側に黒カビなどの発生を抑制する効果が期待できるだけでなく、少ない水で効率よく洗濯できます。

また、メーカーのお家芸とも言える「プラズマクラスター」を搭載しているのも注目ポイント。機能を重視するなら、シャープの縦型洗濯機がおすすめです。

縦型洗濯機のおすすめモデル|乾燥機能あり

パナソニック(Panasonic) 全自動洗濯機 NA-F50B12

パナソニック(Panasonic) 全自動洗濯機 NA-F50B12

シンプルで使い勝手のよい縦型洗濯機です。洗濯容量は5kgとコンパクトなので、一人暮らしの方や少人数世帯にもおすすめ。送風乾燥に対応しており、曇りの日など外で洗濯物が干せないときにも活躍します。

また、ガンコな汚れを落としやすい「つけおき」コースを搭載。服を汚しやすい小さな子供のいる家庭で活躍します。

さらに、柔軟剤の香りをしっかり残す「香りしっかりコース」も採用。衣類に合わせてコースを選択できます。また、「槽カビ予防コース」もあるので、清潔に使いたい方にもおすすめです。

東芝(TOSHIBA) 全自動洗濯機 DDインバーター ZABOON AW-8D8

東芝(TOSHIBA) 全自動洗濯機 DDインバーター ZABOON AW-8D8

洗濯容量8.0kg、全自動の縦型洗濯機です。振動・騒音設計が特徴。洗い時は26dB、脱水時は37dBと静かに稼働するため、深夜や早朝にも手軽に洗濯できます。

また、衣類の奥までしっかりと洗う「ウルトラファインバブル洗浄」に対応。ナノサイズの泡が繊維の隙間に入り込み、すみずみまで汚れを落とせます。黄ばみの防止効果も期待でき、ワイシャツなど白い衣類の洗濯にも重宝します。

さらに、風乾燥機能を搭載。3.0kgまでの衣類を風乾燥で手軽に乾かせます。干す時間を短縮できるので、部屋干しの多い方にもおすすめです。

東芝(TOSHIBA) 全自動洗濯機 DDインバーター ZABOON AW-10SD8

東芝(TOSHIBA) 全自動洗濯機 DDインバーター ZABOON AW-10SD8

衣類の奥までしっかりと洗う「ウルトラファインバブル洗浄W」機能を搭載した縦型洗濯機です。洗剤を細かく泡立てることで繊維の奥に入った汚れまで落とせます。また、「ウルトラファインバブルすすぎ」によってすすぎの回数を増やさずにしっかり対応できるのもメリットです。

本製品は10.0kgと大容量ですが、低振動かつ低騒音設計。洗い時は29dB、脱水時も37dBと音が小さいので、深夜や早朝でも気兼ねなく洗濯できます。

さらに、脱水後に洗濯物が取り出しやすい「ほぐせる脱水」機能も搭載。衣類の傷みを防ぎながら、快適に使える縦型洗濯機です。

東芝(TOSHIBA) タテ型洗濯乾燥機 ZABOON AW-8V8

東芝(TOSHIBA) タテ型洗濯乾燥機 ZABOON AW-8V8

「温かザブーン洗浄」に対応した縦型洗濯機です。温水で水と衣類を温めてから洗うことで、皮脂汚れを落として黄ばみを防止。ワイシャツなど、黄ばみの目立つ服を着ることが多い方におすすめです。

洗濯容量は8.0kgで、空冷除湿機能も搭載。洗濯後は衣類の水気を落としてから干せるので、部屋干しでもより素早く乾かせます。

また、洗濯時の騒音が26dBに抑えられているのも魅力。振動も抑えられており、早朝や深夜でも洗濯できます。

日立(HITACHI) ビートウォッシュ 日立洗濯乾燥機 BW-DX120E

日立(HITACHI) ビートウォッシュ 日立洗濯乾燥機 BW-DX120E

スマホと連動できる縦型洗濯機。リモート操作で運転時間をコントロールすることが可能なので、帰宅時間に合わせて洗濯物が干せるように設定することができます。スマホへ運転の終了を知らせる機能もあるので、洗濯機から離れた場所で長時間作業する場合も便利です。

また、液体洗剤や柔軟剤を自動投入する機能も搭載。あらかじめタンクへ使用する液体洗剤を入れておくことで、自動で洗濯機が必要な量の液体洗剤を投入できるのも魅力です。

シャープ(SHARP) タテ型洗濯乾燥機 ESPT10D

シャープ(SHARP) タテ型洗濯乾燥機 ESPT10D

「温風プラス洗浄頑固汚れコース」を搭載した縦型洗濯機。洗濯容量は10kg、乾燥容量は5kgです。洗剤液と衣類を温めることによって汚れを浮かすので、黒ずみなどの汚れもすっきりと落とします。

穴のないタイプの槽を採用しており、強力な水流を起こして汚れを落とすうえに、カビの発生も防止。また、「プラズマクラスター槽クリーンコース」を使えば、洗濯槽やパルセーターの裏側を水洗いし、その後プラズマクラスターを放出してカビの発生を抑制します。

ガラストップを使用し、見た目がきれいなのも魅力。さらに、タッチキーを採用しており、スムーズに操作できるのもポイントです。

シャープ(SHARP) タテ型洗濯乾燥機 ES-TX5C

シャープ(SHARP) タテ型洗濯乾燥機 ES-TX5C

ヒーター乾燥に対応した縦型洗濯機です。雨の日など洗濯物が乾かせないときにも活躍。タイマー機能付きなので、衣類の量に合わせて乾燥でき、電気代を節約できます。洗濯容量は5.5kg、乾燥容量は3.5kgです。

また、メーカー独自の穴なし洗濯槽を採用しているのもポイント。節水効果が期待できるので、ランニングコストを抑えたい方にもおすすめです。洗濯槽にはAg加工も施してあり、黒カビなどの発生を防止できます。

また、「おしゃれ着コース」「ガンコ汚れコース」にも対応。衣類に合わせて適したコースで汚れを落とせます。「時短コース」もあるので、朝など手早く洗濯したいときにも便利です。

シャープ(SHARP) 全自動洗濯機 ES-GE6C

シャープ(SHARP) 全自動洗濯機 ES-GE6C

少人数世帯におすすめのコンパクトな縦型洗濯機。洗濯・脱水容量は6kgながら、幅56.5cmとスマートに設計されているのが特徴です。24時間まで設定可能な予約タイマー機能にも対応しており、帰宅してから干したいときなどにも便利です。

また、風乾燥機能を採用しているので、部屋干し時間なども短縮できます。洗濯時間を短縮できる「時短コース」もあり、忙しい朝などの洗濯にもおすすめです。さらに、洗濯物の絡みを防ぐ「ほぐし運転」にも対応。洗濯物を取り出しやすく、すぐに干せます。

縦型洗濯機のおすすめモデル|乾燥機能なし

パナソニック(Panasonic) 洗濯機 NA-FA80H7

パナソニック(Panasonic) 洗濯機 NA-FA80H7 8.0kg

投入口が広い縦型洗濯機です。大量の衣類や毛布などの大型衣類も手軽に出し入れできます。「泡洗浄」機能を搭載。循環ポンプによって洗剤液を泡立て、頑固な汚れもしっかりと洗い落とせます。

さらに、センサーを駆使して節電・節水を行う「エコナビ」機能を搭載。電気代は最大約12%まで削減して稼働するため、ランニングコストを抑えたい方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) タテ型洗濯機 J concept NA-JFA805

パナソニック(Panasonic) タテ型洗濯機 J concept NA-JFA805

洗濯槽が浅く、深く屈まなくても簡単に衣類が取り出せる縦型洗濯機です。投入口が広く、大物衣類の洗濯も簡単。衣類の絡みを緩和する「からみほぐし」機能も搭載しており、洗濯物の出し入れが楽にできます。

また、洗濯容量は8.0kgで、人数の多い家庭にもおすすめ。「毛布コース」や、繊細な衣類が洗える「おうちクリーニングコース」などを搭載し、さまざまな衣類に合わせて稼働します。

日立(HITACHI) ビートウォッシュ 日立全自動洗濯機 BW-V80E

日立(HITACHI) ビートウォッシュ 日立全自動洗濯機 BW-V80E 8.0kg

「ビートウォッシュシリーズ」の洗濯機。「ナイアガラビート洗浄」機能を搭載しているのが魅力で、節水しながら大流量の水を使って効率よく汚れを落とせます。

また、「つけおきナイアガラ ビート洗浄」にも対応しているので、黄ばみが気になる方にもおすすめ。さらに、洗濯物の絡みを防いで「ほぐし脱水」や、お風呂のお湯を使える「お湯取機能」、洗剤の種類に合わせて洗濯する「洗剤セレクト」などの便利機能を搭載しているのも魅力です。

東芝(TOSHIBA) 全自動洗濯機 AW-45M7

東芝(TOSHIBA) 全自動洗濯機 AW-45M7

洗濯容量4.5kgとコンパクトな縦型洗濯機です。最低水位12Lとちょっとした洗濯にも便利。コンパクトですが洗浄力はあり、洗浄液を3方向からシャワーすることで、衣類へムラなく浸透させます。

また、「つけおきコース」に対応しており、ガンコな汚れもしっかり落とせます。1〜24時間まで設定できる予約機能もあり、帰宅時間に合わせて洗濯したいときにも便利。一人暮らしの方におすすめの1台です。

ツインバード工業(TWINBIRD) 全自動電気洗濯機 5.5kg WM-EC55

ツインバード工業(TWINBIRD) 全自動電気洗濯機 5.5kg WM-EC55

10分で洗濯できる「快速10分モード」を搭載した縦型洗濯機です。隙間時間を利用した洗濯が可能。おしゃれ着や色物など、小分けにして細かく洗濯したいときにも便利です。

また、凹凸の少ないフラットなデザインも本製品の特徴。インテリアになじみやすく、飽きがこないので長く使え、お手入れも簡単にできます。

縦型洗濯機のお手入れ方法

ゴミ取りネットの洗浄

ゴミ取りネットはもっとも頻繁にお手入れをする場所です。洗濯で出たゴミがネットに溜まってくるので、こまめに清掃しましょう。また、ゴミ取りネットの網目は細かいので、しばらく使っていると目詰まりする場合もあります。目詰まりしてきたら流水で洗いながら掃除してください。

なお、洗いたてのはずなのに洗濯物のニオイが気になる場合は、ゴミ取りネットに雑菌やカビが繁殖している恐れがあります。定期的に交換するようにしましょう。

洗剤投入口の掃除

洗剤投入口にこびりついた洗剤も定期的に掃除することが大切。特に固形洗剤が固まってくっついてしまうことがあります。ゴミ取りネットと同じく、イヤなニオイの原因になるので注意が必要です。ぬるま湯につけながら歯ブラシなどでこするとキレイになります。

洗剤を入れるところなので菌が繁殖しにくいと思われがちですが、放置していると雑菌やカビが溜まっていきます。定期的に洗浄して清潔に保つようにしましょう。

洗濯槽の洗浄

By: amazon.co.jp

洗濯槽の洗浄も重要。目に見える部分はキレイでも、裏側にビッシリと汚れが溜まっていたり、雑菌が繁殖していたりします。60℃くらいのお湯に洗濯槽クリーナーを溶かして、数分間空回ししたのち、3時間程度置いておきましょう。洗浄頻度の目安は1~2ヶ月に一度です。