白物家電を代表する洗濯機のなかでも、家事の時短に役立つ「ドラム式洗濯機」。洗いから乾燥まで全自動で対応するため、洗濯物を外に干す手間が省けることが大きなメリットです。

メーカーによって機能が異なるので、製品を選ぶ際はしっかりと違いを把握しておくことが重要。価格も決して安くはないため、慎重に検討したいものです。そこで今回は、ドラム式洗濯機のおすすめモデルをご紹介します。洗濯機の買い替えを考えている方はぜひ参考にしてみてください。

ドラム式洗濯機とは?

By: amazon.co.jp

ドラム式洗濯機とは、一般的に洗濯層の回転軸が「水平」か「斜め」に設定されている洗濯機のことを指し、ドラム部分を回転させ衣類を持ち上げて落とす「たたき洗い」と、ドラムを反転させて小刻みに揺らす「もみ洗い」の2種類の組み合わせで衣類を洗浄します。

最近は衣類の取り出しがしやすい「斜めドラム」が主流。洗濯物を取り出す際に大きくかがむ必要がなく、背の低い方や腰に負担をかけたくない方でも安心して使えるのが魅力です。

また、以前は縦型に比べると大きいといわれていたドラム式洗濯機ですが、小型化・スリム化が進み、設置スペースのあまりないマンションやアパートで気軽に使えるようになったのもポイント。ドラム式洗濯機は乾燥機能が充実している製品が多いため、花粉やPM2.5が気になって外に洗濯を干せない方にも人気があります。

ドラム式洗濯機のメリット

水道代の節約になる

ドラム式洗濯機の大きなメリットに、使用する水の量が少ないことが挙げられます。縦型洗濯機は洗濯槽に水を溜めた後、その水を回転させて洗うので、大量の水が必要です。

一方、ドラム式洗濯機は水をドラムの下部分に溜めた後、ドラムを回転させて衣類を上から下に落とす「たたき洗い」が主流のため、大量の水を必要としません。少ない水で洗剤を溶かす分、洗剤の濃度も高くなるので、少ない水でも汚れをしっかり落とせます。

衣類が絡まりにくい

By: hitachi.co.jp

最近は縦型洗濯機にも「からみほぐし機能」などが搭載されたモデルも増えてきましたが、それでも洗濯槽を高速回転させるため、衣類が絡まりやすいのがデメリット。衣類が絡まると取り出しにくくなったり、生地が伸びて傷んだりしてしまいます。

一方、ドラム式洗濯機は上から下に落とす「たたき洗い」なので、衣類同士が絡まりにくく、シワができにくいのがメリット。衣類の絡まりが少ないため、取り出しがスムーズで、生地も傷みにくいのが魅力です。

乾燥能力が高い

ドラム式洗濯機は、ドラムが回転したり反転したりすることによってドラム内で洗濯物が大きく広がります。そのため、温風が洗濯物全体に当たりやすく、縦型洗濯機に比べると洗濯物がムラなく乾くのも魅力。また、洗濯から乾燥までかかる時間も縦型洗濯機に比べると短いので、家事の時短にもおすすめです。

縦型洗濯機についても知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ドラム式洗濯機の選び方

サイズで選ぶ

By: rakuten.co.jp

ドラム式洗濯機を選ぶ際、まずチェックしたいのがサイズです。ドラムを斜めに配置している関係で縦型洗濯機より大きなモノが多く、特に高さがあるため蛇口の位置には注意が必要。蛇口の位置が低いと、ドラム式洗濯機にぶつかってしまい設置できないケースもあるので注意しましょう。

また、本体サイズはもちろん、ドア開け時の奥行きやフタ開け時の必要スペースなど、さまざまな箇所をチェックしておくのがおすすめ。なお、設置前のチェックで特に大切なのは、「左右の持ち手部分を含む本体幅」「給・排水ホースを含む総外形寸法」「脚外幅×脚奥行×脚高さ」「ドア開け時の奥行」の4つです。

さらに、ドアや階段、通路などの搬入経路も通過可能か確認しておくと安心。特にマンションや集合住宅に住んでいる方は事前にチェックしておきましょう。

扉の開き口で選ぶ

By: hitachi.co.jp

縦型洗濯機は洗濯機の上から洗濯物を入れますが、ドラム式洗濯機は横から出し入れをします。そのため、洗濯機の前方に十分なスペースが必要です。

また、多くのドラム式洗濯機は各モデルに右開きと左開きの両方のタイプをラインナップしているので、設置する部屋のドアや洗面台の位置などを確認し、開閉に干渉しないタイプを選びましょう。

洗濯容量で選ぶ

洗濯容量もドラム式洗濯機選びでチェックしたいポイントです。一人暮らしの方には、容量6〜7kgの程度のモデルがおすすめ。衣類はもちろん、毛布やシーツなどの寝具も洗濯できるのがポイントです。

4~5人のご家庭の場合は容量8kg程度が一般的。6人以上の家庭なら10kg以上も選択肢に入ってきます。スポーツをする子供や介護が必要な方がいる家庭であれば、ひと回り大きい容量のモデルを選ぶと安心です。

乾燥方式も要チェック

ヒートポンプ方式

By: amazon.co.jp

ヒートポンプ方式は、空気中から熱エネルギーを吸収して乾燥に利用します。エアコンでも使われている省エネ技術を採用していることが多く、電気料金を抑えることが可能。さらに、温度がドラム式洗濯機の乾燥方式のなかでは低温な約60℃以下なので、洗濯物が縮みにくいというメリットもあります。

また、熱を排出しないので洗濯機の周辺が暑くなりにくいのも特徴。最近は、ヒートポンプ方式を採用した洗濯機や乾燥機が増えています。

ヒーター方式

By: rakuten.co.jp

ヒーター方式は、ヘアドライヤーのようにヒーターで温めた風で衣類を乾燥させる方式です。ヒートポンプ方式よりコンパクトなタイプが多く、設置のしやすさを重視する方におすすめです。また、ヒートポンプ方式に比べると仕組みがシンプルなので、製品価格が安い傾向にあります。

一方で、ヒーターを使うため消費電力が高いほか、除湿のために冷却水を使うため水道代がかかる点はデメリット。ランニングコストよりも初期投資を抑えたい方は検討してみましょう。

お手入れ方法もチェック

縦型の洗濯機も同様ですが、ドラム式洗濯機は定期的に掃除をすることが大切。メンテナンスを怠ると、洗濯物からカビ臭や生乾きのような雑菌臭がしてしまったり、乾燥機能がうまく働かなくなってしまったりするので、最低でも月に一回程度のお手入れが必須です。

ドラム式洗濯機の洗濯槽は、メーカー指定の塩素系漂白剤を使って掃除をしましょう。酸素系の漂白剤は泡が立ちやすく、ドラム式洗濯機の性質上すぐに排水してしまうため、おすすめできません。また、カビ臭がするときは洗濯槽に雑菌がたまっている証拠。週に一度は乾燥機能を使うと、洗濯物と一緒に洗濯槽を乾燥させられるのでカビ対策になります。

乾燥機能を普段から使用している方は、目安として月に一回は乾燥フィルターの掃除を行うのがおすすめです。乾燥フィルターだけでなく、温風が出てくる通路のホコリも取り除きましょう。乾燥フィルターの汚れは水で洗い落とすこともできますが、洗浄後は必ずしっかり乾燥させてから取り付けを行うのが鉄則です。

ドラム式洗濯機のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックのドラム式洗濯機のなかで人気があるのは、洗濯中の水温調節が可能なモデル。洗濯槽の下部分に搭載されたセンサーが水温を把握することで、ヒーターの設定温度を保ちます。洗濯物の種類だけでなく、ニオイ対策など目的に応じて水温の変更が可能です。

また、汚れを浮かせて落とす「泡洗浄」も同メーカー製品の特徴。多くの泡で衣類の汚れを落とすため、衣類が傷みにくく、スッキリ洗い上げられます。デザイン性が高いモデルも発売されているので、インテリアにこだわりたい方にもおすすめです。

日立(HITACHI)

By: rakuten.co.jp

日立のドラム式洗濯機は、衣類のシワを低減する機能「風アイロン」が搭載されたモデルが人気。洗濯物に高速の風を当てて乾かすため、洗濯物のシワができにくく、アイロンがけの手間を軽減できます。

また、「ビッグドラム」を搭載しているのも特徴。押し洗い・叩き洗い・揉み洗いを組み合わせた「ナイアガラ洗浄」は日立ならではの洗濯方法です。ゴワつきや黒ずみの抑制に効果が期待できます。

シャープ(SHARP)

By: rakuten.co.jp

シャープのドラム式洗濯機は、上位モデルにヒートポンプ乾燥とサポートヒーター機能を搭載した「ハイブリッド乾燥」が搭載されているのが特徴。サポートヒーターを使うことで、洗濯物がふんわりした状態に仕上がります。

また、大半のモデルに「プラズマクラスター」を搭載しているのもポイント。カビ菌抑制などの効果が期待できます。

ドラム式洗濯機のおすすめ人気モデル

パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX8900

パナソニック(Panasonic)  ななめドラム洗濯乾燥機  NA-VX8900

おしゃれ着の黄ばみ予防効果が期待できる「約40℃おしゃれ着」コースが特徴のドラム式洗濯機。シャツやブラウスなど、白物のおしゃれ着洗いをする際に活躍します。

また、洗剤と柔軟剤をあらかじめ入れられる「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」機能も魅力。衣類の量に応じて洗剤や柔軟剤が自動で投入されるため、洗濯の度に洗剤を計量する手間を省けます。

そのほか、たまった糸くずの取り出しに便利な「乾燥フィルター」や、洗濯時に出るゴミを取り出しやすい「排水フィルター」などもポイントです。ホース部分を含む本体寸法は幅約639×高さ1058×奥行722mm、洗濯・脱水容量は11kg。お手入れ面にも配慮されたおすすめのドラム式洗濯機です。

パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX9900

パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX9900

洗剤の計量や投入の手間をなくした「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」を搭載したモデル。洗剤を事前に入れられるタンクが付いており、洗濯物に合わせた最適な量を自動で計量し、投入してくれます。こぼしたり、手が汚れたりする手間を防ぐだけでなく、洗剤の使いすぎも防げて一石二鳥です。

また、外出先からスマホで操作ができる「スマホで洗濯」という機能も人気。14種類の洗濯コースを外出先から操作できるため、帰宅時間に合わせた洗濯が可能です。

洗剤中の酵素が活性化する温度まで洗剤液を温めて泡にすることで、衣類への浸透を高める「温水泡洗浄W」機能も搭載。通常洗濯は15℃から、おしゃれ着洗いは40℃、除菌目的なら60℃と目的や衣類に応じて、お湯の温度を変更して洗い分けられます。

乾燥容量6kgクラスのなかでは、洗濯から乾燥までのスピードが非常に早いため、洗濯を早く済ませたい方にもおすすめ。ホース部分を含む本体寸法は幅約639×高さ1058×奥行722mmです。

パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VG2300

パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VG2300

設置場所で困りがちなドラム洗濯乾燥機のデメリットを解消した、キュービックフォルムのドラム洗濯乾燥機。本体の奥行約66.5cmとコンパクトなデザインで、窮屈さを感じる洗面所でも設置しやすいのが特徴です。

コンパクトサイズながらも乾燥機能は充実しており、室温プラス約15℃の大風量でシワを抑えて乾かす「低温風パワフル乾燥」機能を搭載。内蔵ヒーターは600Wで、乾燥容量は5kgに対応しています。

ドラム槽には、レギュラードラムよりも約83mm高くしたハイセット設計のモノを採用。直径420mmの大きな投入口を採用しているため、衣類の出し入れが簡単です。

ほかにも「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」「温水泡洗浄W」「スマホで洗濯」などの基本性能もしっかり備えています。ホース部分を含む本体寸法は幅約639×高さ1050×奥行665mm。今まで設置場所に悩んでいて、ドラム式洗濯乾燥機の購入を敬遠していた方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX800AL/R

パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX800A

2019年11月に発売された、パナソニックのドラム式洗濯機。普段着にもおしゃれ着にも対応する「約40℃つけおきコース」を搭載しており、衣類についた皮脂汚れによる黄ばみをやさしく洗浄できるのが魅力です。

頑固な汚れを大水流で洗い落とせる「パワフル滝(洗い・すすぎ)コース」を備えているのも特徴。衣類を汚しがちな小さなお子さんがいる家庭にもおすすめです。

さらに、温水スチーム機能によって手軽に洗濯槽のお手入れができるのも、忙しい方には嬉しいポイント。日常的なお手入れをするときには洗濯槽用の洗浄剤を用意する必要がないため、コストをかけずにカビ対策が可能です。

「温水泡洗浄W」や「ヒートポンプ乾燥」、液体洗剤・柔軟剤を自動投入してくれる便利な機能なども、従来のモデルから継続して搭載。高機能尽くしのモデルです。

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 BD-NX120C

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 BD-NX120C

「AIお洗濯」機能が搭載されたドラム式洗濯乾燥機。コースや時間を洗濯物に合わせて自動で判断するため、ボタンひとつで簡単に洗濯がスタートできます。

洗剤の種類を液体か粉末か自動で検知した後は、洗剤に合わせた溶かし方・洗い方を選別。生地や汚れに合わせて大流量の「ナイアガラ循環シャワー」と「押し洗い」「たたき洗い」「もみ洗い」で、節水しながら洗濯します。

さらに、時速約300kmの高速風を使用することで、洗濯物のシワを伸ばしながら乾燥させる「風アイロン」機能も搭載。まるでアイロンをかけたときのように、シワの少ない洗い上がりなので、家事のひと手間を減らせます。

また、ドラム内を高温にして洗濯物に高速風を吹きかけ、ニオイとシワを取り除く「スチームアイロン」も便利。満足度の高いおすすめ製品です。

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 BD-SX110C

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 BD-SX110C

液体洗剤や柔軟剤の自動投入機能を備えたドラム式洗濯乾燥機。本体上部に大容量タンクが内蔵されており、柔軟剤は約700ml、液体洗剤は約1000mlを事前に投入しておくことが可能です。毎日の計量・投入の手間が減るだけでなく、洗剤の入れすぎも予防できます。

ドラム式洗濯乾燥機といえば設置場所を取るのが難点ですが、本製品は本体横幅が約63cmとスリム。洗濯容量は11kg、乾燥容量は6kgとファミリーでも使用可能なモデルです。

乾燥には運転時に発生する熱を再利用する「ヒートリサイクル乾燥」を採用。電気代を抑えながらも、衣類を傷めず、ふっくら乾かせます。

さらに、少ない水で洗う「強力循環ポンプ」や、遠心力を使って洗剤を効果的に取り除く「回転スプレーすすぎ」機能も搭載。省エネ性に優れたおすすめのモデルです。

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 BD-NX120E

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 BD-NX120E

2019年のグッドデザイン賞を受賞した、スタイリッシュな見た目が特徴的な日立のドラム式洗濯乾燥機。専用アプリを使ってスマホと連携させれば、「リモート機能」で離れたところから運転操作が可能です。また、洗濯終了をプッシュ通知で知らせてくれる「お知らせ機能」も搭載されており、コネクテッド家電として活躍してくれます。

さらに、アプリから洗い上がり評価をすることでAIが学習し、好みの洗い方を覚えてくえる「わがや流AIコース」を搭載。ほかにも、洗濯物が乾きやすい時間を教えてくれる「洗濯アドバイス機能」などもついていて、毎日の洗濯クオリティや納得感を格段に引き上げてくれます。

人気機能の「スチームアイロンコース」「風アイロンコース」「温水槽洗浄コース」なども従来モデルから変わらず搭載されているのも嬉しいポイント。日立の同シリーズのなかでも搭載されている機能が多めのドラム式洗濯乾燥機です。

シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 ES-W111

シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 ES-W111

スタイリッシュでおしゃれなデザインが人気のドラム式洗濯乾燥機。Wi-Fi機能を搭載しているのが特徴で、同社のクラウドサービス「COCORO WASH」を利用すれば、天気情報・季節・洗濯履歴に応じた洗濯方法をアプリ経由で設定できるのがポイントです。

洗濯方法は、毎秒約3万8000回の超音波振動で汚れを落とす「超音波ウォッシャー」を採用。泥汚れなどのひどい汚れに対して集中的に洗浄できるほか、無駄なすすぎを防ぐため、節水効果が期待できます。

そのほか、ヒートポンプとサポートヒーターの「ハイブリッド乾燥方式」により、まるで天日干ししたようなふんわりとした仕上がりになるのも魅力。「乾燥フィルター自動お掃除」が搭載されているため、面倒なメンテナンスの手間も軽減できます。

シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 ES-S7D

シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 ES-S7D

マンションやアパートなどでも設置しやすいスリムタイプのドラム式洗濯乾燥機。コンパクトながらも洗濯容量7kg、乾燥容量3.5kgとファミリー世帯でも使えるモデルです。

衣類の縮みや傷みを抑えながらおしゃれ着を洗える「おしゃれ着コース」や、スピード洗濯対応洗剤に便利な「時短コース」を搭載。また、プラズマクラスターを内蔵しているため、除菌・消臭・静電気対策が可能です。

4つのセンサーが洗濯物の状況に合わせて、自動で最適な運転パターンを選別するのもポイント。省エネ効果も期待できます。また、高速回転時でも運転音を抑えるDDインバーターを搭載しているため、静音性に配慮しているのも魅力です。

東芝(TOSHIBA) ドラム式洗濯乾燥機 ZABOON(ザブーン) TW-127X7L

東芝(TOSHIBA) ドラム式洗濯乾燥機 ZABOON(ザブーン) TW-127X7L

容量12kgのドラム式洗濯機。ナノサイズの泡と洗剤の力で、繊維の奥の汚れを浮かして落とす「ウルトラファインバブル洗浄W」機能を搭載しているのが特徴です。

アクティブS-DDモーターを採用したことによって、大きな洗濯槽をダイナミックに動かして洗い残しや洗いムラを軽減。たたき洗い・遠心洗い・押し洗いの3つの洗い方ができるダイナミックザブーンが魅力です。

乾燥機能は、ヒートポンプによる除湿乾燥の「ふんわリッチ乾燥」「上質乾燥」「消臭コース」の3種類から選択可能。レバーを押すだけで乾燥フィルターのお手入れが行えるため、普段のメンテナンスも簡単です。また、糸くずのたまりやすい乾燥ダクトも自動でお手入れするので、乾燥効率の低下を防いで常に清潔な状態で衣類を乾かせます。