洗濯から脱水、モデルによっては乾燥まで1台でこなせる便利な家電が「ドラム式洗濯機」。スマホから操作できるモデルや、AIが搭載されたモデルなど、さまざまな便利機能を搭載したモデルが人気を集めています。

そこで今回は、おすすめのドラム式洗濯機をご紹介。ドラム式洗濯機のメリットとデメリット、縦型洗濯機との違いも合わせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

ドラム式洗濯機のメリット・デメリット

メリット

By: panasonic.jp

ドラム式洗濯機には、衣類を傷めたり縮めてしまったりしにくい、ヒートポンプ式の乾燥方式を採用しているモデルが多くラインナップされています。ドラムの回転により衣類が広がり効率よく乾かせるので、ふんわりと仕上がりやすい点もメリットです。

ドラム式洗濯機は、縦型洗濯機と比較して使用する水の量が少ないのが特徴。ドラムが横向きに設置されているため、洗濯物の出し入れがしやすく負担になりにくい点も魅力のひとつです。

デメリット

ドラム式洗濯機は縦型洗濯機よりも節水しやすい一方で、汚れ落ちがやや弱い点がデメリットです。泡を発生させたり高圧噴射したりなど、メーカーごとに洗浄方法を工夫しているものの、大量の水で洗浄する縦型洗濯機の方が汚れ落ちの性能は優れています。

安価なモデルが少ない点もデメリットのひとつ。ドアを手前側に開く構造上、本体の前側には十分な広さを確保する必要がある点にも注意が必要です。

縦型洗濯機について詳しく知りたい方はこちら

ドラム式洗濯機の選び方

乾燥方式をチェック

ヒートポンプ式

ヒートポンプ式は、ドラム式洗濯機内部に搭載されたヒートポンプの熱交換によって、衣類を効率よく乾燥できます。水分を含んだドラム内の空気を除湿して排水し、乾いた温風をあてる、除湿機に近いシステムが特徴です。

温度が約60℃前後とあまり上がりすぎないので、衣類が熱によって傷みにくい点が魅力のひとつ。乾燥中のドラム式洗濯機周辺が暑くなりにくいほか、効率よく熱交換できるため電気代も節約できます。

ヒーター式

By: irisohyama.co.jp

ヒーター式は、名前の通り内部にヒーターを搭載しているタイプです。ヒーターで温風を発生させてドラム内部に送り込み、衣類を乾燥させます。乾燥時に発生した水蒸気は冷却水で冷やし、液体の状態で外に排水する仕組みです。

ヒーターは電気を利用して槽内をあたためるため、ヒートポンプ式よりも電気代が高くなりやすい点がデメリット。乾燥中でも冷却水として水が必要になるほか、温度が約80℃と高めなので素早く乾かせる反面、生地によっては傷んでしまう場合もあります。

縦型洗濯機の乾燥機能との違い

縦型洗濯機とドラム式洗濯機では、乾燥機能が異なります。縦型洗濯機に採用されている乾燥機能は、ヒーター式がほとんど。内部のヒーターであたためた空気をドライヤーのように送風して乾燥させるので、衣類がやや傷みやすく電気代が高い点がデメリットです。

一方で、ドラム式洗濯機の乾燥機能はヒートポンプ式が主流。除湿機のように低い温度で効率的に乾燥させられるので、電気代が比較的安く衣類へのダメージも抑えられます。

乾燥容量も忘れずチェック

乾燥容量は、ドラム式洗濯機を選ぶうえで非常に大切な要素。洗濯容量が大きいモデルで大量の衣類をまとめて洗濯した場合でも、乾燥容量が小さいとそのまま乾燥できず何度かに分けて乾燥させる必要があります。

雨の日が続いたり、風が強い日が続いたりしている場合は、なかなか屋外に洗濯物を干せません。乾燥容量が大きいドラム式洗濯機だと、手間をかけずに衣類をまとめて乾燥させられます。

人数に合った洗濯容量を選ぶ

一人暮らしなら7kg程度

By: panasonic.jp

洗濯容量も忘れずにチェックしておきましょう。一般的に、洗濯容量が多いとドラム式洗濯機本体のサイズも大きくなる傾向にあります。設置できるスペースに限りがある一人暮らしの場合は、小容量でコンパクトなモデルがおすすめです。

一人暮らしでドラム式洗濯機を選ぶ場合の洗濯容量は、7kg程度だと十分快適に使用可能。2~3日分の衣類をまとめて洗濯する場合でも、余裕をもって使用できます。

一人暮らし向け洗濯機について詳しく知りたい方はこちら

2~3人なら8~9kgが目安

By: irisohyama.co.jp

2人暮らし、または3人程度までの家庭であれば、8~9kgの洗濯容量が目安です。一般的に1人が1日あたり約1.5kg分の洗濯物を出すとされているので、3人だと4.5kg。8~9kgの洗濯容量があれば、2日分の衣類をまとめて洗濯可能です。

2人の場合でも、雨の日が続いたり週末にまとめて洗濯したりする場合を考慮すると、8~9kgの洗濯容量があると安心して使用できます。

4人以上なら10kg以上のモデルがおすすめ

By: panasonic.jp

4人以上の家庭の場合は、1人あたり1.5kgの洗濯物が出ると仮定すると、1日で約6kgの洗濯物が溜まります。2日分をまとめて洗濯するシーンを想定すると、10kg以上の洗濯容量に対応したドラム式洗濯機がおすすめです。

また、シーツや毛布などの大きなモノを洗いたい場合は、できるだけ大きな容量のドラム式洗濯機を選びましょう。

本体サイズをチェック

By: jp.sharp

ドラム式洗濯機を選ぶ際は、事前に本体サイズをチェックしておきましょう。洗濯機用の設置スペースに収まるかどうかはもちろん、ドラム式洗濯機の場合はドアが手前に開くタイプが多いので、ドアを全開にできるスペースがあるかどうかもポイントです。

一人暮らしの場合、一般的な防水パンに収まるサイズのドラム式洗濯機であれば、マンションやアパートの限られたスペースにも設置しやすいのでおすすめ。スペースに余裕があるサイズを選ぶと、無理なく使えます。

ドアの開閉方向はスペースや配置に合わせて

ドラム式洗濯機のドアは、基本的に右または左に開きます。そのため、ドアの開閉方向もチェックしておきたいポイントです。ドアを開く方向に十分なスペースがなかったり、モノが置いてあったりすると、洗濯物の出し入れが難しくなる可能性があります。

右開きか左開きかは、部屋の間取りに合わせて選択するのがおすすめ。余裕をもってスムーズに開閉できるタイプを選びましょう。

メーカー独自の洗浄方法や機能にも注目

ドラム式洗濯機には、各メーカーが独自の洗浄方法を採用しています。例えば、パナソニックの一部のモデルでは、濃密な泡を発生させて衣類を包み込み、温水で汚れを浮かせて効率的に落とす「温水泡洗浄W」を利用可能です。

シャープのドラム洗濯機には、高圧で微細な水滴を噴射して汚れを弾き飛ばす「マイクロ高圧洗浄」が、東芝のドラム式洗濯機には、目に見えないサイズの泡で繊維の奥の汚れまで落とす「ウルトラファインバブル洗浄」が搭載されています。

さらに、パナソニックやシャープは、独自の「ナノイーX」や「プラズマクラスター」を利用した、除菌や消臭機能にも対応。水洗いしにくいジャケットやブーツ、ぬいぐるみなどを定期的に洗いたい方におすすめです。

お手入れのしやすさもチェック

By: toshiba-lifestyle.co.jp

お手入れのしやすさもあらかじめチェックしておきましょう。ドラム槽を洗浄したり、乾燥させたりする機能が搭載されていると、本体内部のカビの発生を防げるのが特徴です。洗濯前に、ドラムを軽く洗浄できる機能を搭載したモデルもあります。

洗濯中に発生する糸くずやゴミをキャッチするフィルターは、ドラム式洗濯機のなかでも汚れやすいポイント。糸くずフィルターを取り外せるモデルだと、簡単にお手入れができるので、定期的なメンテナンスの手間を抑えられます。

洗剤の自動投入に対応したドラム式洗濯機の場合は、タンクの取り外しが可能かどうかも重要。取り外して丸洗いできるタイプであれば、汚れた場合のお手入れが簡単にできます。

あると嬉しい便利機能

スマホ連携機能

By: amazon.co.jp

一部のドラム式洗濯機は無線LANに対応しており、スマホと連携できる機能が搭載されています。専用のアプリを使用すると、外出先から運転状況をチェックしたり、時刻を指定して洗濯開始したりできるので、外出が多い方におすすめです。

また、洗濯コースをアプリ上から選んで適用したり、各工程をカスタマイズして好みのコースを作ったりできるモデルもあります。

洗剤自動投入

By: amazon.co.jp

ドラム式洗濯機には、洗剤や柔軟剤を入れるタンクが内蔵されたモデルもあります。あらかじめタンクに洗剤や柔軟剤を入れておくと、洗濯の際に自動で適量が投入されるので、毎回計量する手間が省けるのがポイント。また、洗剤などをこぼしてしまうトラブルも防げます。

一部のモデルでは、自動投入される洗剤の量を多めや少なめから選べたり、タンク内の洗剤や柔軟剤が少なくなると補充を知らせたりする機能が搭載されているのも魅力です。

洗剤の自動投入に対応していると、手間をかけずに2度洗いも可能。詰め替えタイプを丸ごと入れられるタンクの場合、ドラム式洗濯機の周辺に洗剤の置き場所が不要なので、省スペースにもつながります。

チャイルドロック

家庭によっては、チャイルドロック機能の有無もドラム式洗濯機選びにおいて重要なポイントです。ドラム式洗濯機は、縦型の洗濯機と比較しても特に密閉性が高く設計されています。誤って中に入ってしまうと非常に危険な構造です。

チャイルドロック機能を搭載しているモデルでは、運転中や停止中にドアが開かないように設定可能。子供がいる家庭の場合、チャイルドロックに対応したモデルがおすすめです。

風呂水ポンプ

風呂水ポンプに対応しているかどうかも、チェックしておきたいポイントのひとつです。風呂水ポンプとは、風呂に溜まった水を自動で汲み上げてドラム式洗濯機に移せるポンプのこと。風呂水ポンプを使うと、バケツや洗面器で水を運ぶ手間がかかりません。

風呂水ポンプを使用して風呂の残り湯で洗濯をすると、節水ができて経済的。あたたかいお湯で洗濯をすれば皮脂汚れが落ちやすくなる効果も期待できるので、つけおき洗いや予洗いなどをせずに頑固な汚れを綺麗にできます。

ドラム式洗濯機のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、大阪府に本社を構える日本の大手電機メーカー。冷蔵庫やエアコンなどの白物家電のほか、デジタルカメラやオーディオデバイス、ノートパソコンのレッツノートシリーズなど、多種多様な製品を開発・販売しています。

パナソニックは、VXシリーズとCubleシリーズという2種類のドラム式洗濯機を展開。VXシリーズには、スピーディかつ省エネな乾燥機能が搭載されています。Cubleシリーズはスタイリッシュなデザインなので、見た目を重視する方におすすめです。

濃密な泡で汚れを浮かして流す「泡洗浄」機能が魅力のひとつ。水洗いしにくい衣類も独自の「ナノイー X」により除菌や消臭が可能です。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立は、茨城県日立市で創業された日本の電機メーカー。冷蔵庫や電子レンジといったキッチン家電に加え、LED照明や住宅用の太陽光発電システムなどの住宅設備も取り扱っている点が特徴です。

液体洗剤や柔軟剤を自動で適量投入できる機能が、日立のドラム式洗濯機の魅力。頑固な汚れも一気に洗い流す「ナイアガラ洗浄」や、シワを少なくふんわりと仕上げられる「風アイロン」など、独自機能も豊富に搭載されています。

AIが汚れの量や洗剤の種類、水の温度などの要素から運転方法を選択し、自動で適用する機能もポイントです。

日立の洗濯機について詳しく知りたい方はこちら

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープは、大阪府に本社を構える大手電機メーカーです。ドラム式洗濯機を含む生活家電のほか、テレビやスマホを展開するAQUOSシリーズが有名。2016年に台湾のホンハイ精密工業に買収され、傘下となりました。

シャープは、ドラム式洗濯機のラインナップが非常に豊富な点が特徴。10kg以上の洗濯容量に対応した4人以上の家族で使えるモデルはもちろん、洗濯容量7kg程度のコンパクトなモデルがあるので、一人暮らしの方にもおすすめです。

微細な水滴を衣類に向かって高圧噴射し、汚れを弾き飛ばす「マイクロ高圧洗浄」が魅力のひとつ。プラズマクラスターに対応したモデルの場合は、衣類はもちろん洗濯槽も清潔にできます。

シャープの洗濯機について詳しく知りたい方はこちら

東芝(TOSHIBA)

東芝は、日本の大手電機メーカーです。冷蔵庫や洗濯機、エアコンに掃除機、オーブンレンジなど、多種多様な生活家電を販売。ストレージ製品も展開しており、パソコン用の内蔵・外付けのハードディスクも取り扱っています。

東芝は、ZABOONブランドのドラム式洗濯機を展開。目で見えないほどの微細な泡を発生させて、繊維の奥に入り込んだ汚れまで流す「ウルトラファインバブル洗浄」が特徴です。洗剤を残さず流せるので、すすぎにも活用されています。

スマホとの連携にも対応。外出先から運転状況を確認したり、帰宅時間に合わせたスケジュールを設定したりできます。

ドラム式洗濯機のおすすめ

パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VG2500

スタイリッシュなデザインのドラム式洗濯機。インテリアに馴染みやすい、角ばったシンプルなデザインを採用しています。電源を入れると浮き出るように表示される静電タッチ方式の操作パネルも魅力。おしゃれなドラム式洗濯機を探している方におすすめです。

洗剤や柔軟剤を入れられるタンクを内蔵。洗濯の際に自動で適量が投入されます。毛布に溜まった皮脂汚れやニオイを落としたり、生乾きのニオイを防いだりできる機能も搭載。黄ばみが気になる衣類は、約40℃でつけおき洗いもできます。さらに、頑固な汚れを落とす2度洗いも可能です。

洗濯前に洗濯槽を洗浄できるコースも便利。洗濯槽のお手入れが必要なタイミングを通知する機能も搭載されているので、清潔な状態で使用可能です。ハンドルやパッキン部分にも抗菌加工が施されています。

スマホと連携すると外出先からも操作できるため、帰宅時間に合わせて洗濯ができるのも嬉しいポイントです。

パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX300BL

シンプルなドラム式洗濯機。頑固な汚れもしっかりと落とす泡洗浄が特徴です。濃密な泡で衣類を包み込み汚れを浮かせて、洗い流します。7本のシャワーが内蔵されており、さまざまな方向から一気に水を噴射するので、効率よく洗浄可能です。

コンパクトな本体ながら、ドラム槽が横幅約530mmと広々している点も特徴。大きなドラムで余裕をもって衣類を叩き洗いできます。独自の「3D見張りセンサー」を内蔵し、トレーナーやジーンズなどの動きにくい衣類が偏らないように自動で制御可能です。

乾燥方式は、ヒートポンプ式。衣類を傷めずにふんわりと乾燥可能です。スピーディに乾かせるのはもちろん、除菌効果にも期待できます。乾燥時に出る糸くずを捉えるフィルターは、取り出して簡単にお手入れ可能です。

パッキング部分に抗菌加工が施されている点も魅力のひとつ。シンプルで使いやすい、おすすめのドラム式洗濯機です。

パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX800BL

パワフルな洗浄力が魅力のドラム式洗濯機。液体洗剤や柔軟剤をあらかじめ入れておけるタンクが内蔵されています。洗濯をする際は、自動で適量の洗剤が計量されて投入されるので、こぼしたり手が汚れたりする心配もありません。

洗剤の自動投入を活用した2度洗いモードの搭載が特徴のひとつ。事前に予洗いをしてから再度洗剤が投入され洗濯がスタートするため、汚れた衣類と綺麗な衣類を分別する手間がかからず、効率的に汚れを落とせます。

「温水泡洗浄W」にも対応。洗剤をあたためてお湯で洗えるほか、約40℃のつけおきコースも利用できるので、皮脂汚れで黄ばんでしまった洋服も綺麗にできます。衣類へのダメージを抑えながら素早くふんわりと仕上げるヒートポンプ乾燥も魅力です。

頑固な汚れもしっかりと落としたい方におすすめ。カビの発生を防ぐ機能も搭載されています。

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 BD-NV120E

AIを活用して効率的な洗濯が可能なドラム式洗濯機。洗濯物の量や汚れ具合、水の温度など合計9つの要素をAIが認識し、洗い方や運転時間を自動で実行できます。洗濯機任せで賢く効率的な洗浄ができるので、細かい設定が苦手な方におすすめです。

独自の「温水ナイアガラ洗浄」も特徴のひとつ。洗剤液を温風であたためて使用するほか、大量の温水で強力に洗浄するので、黄ばみも綺麗に落とせます。部屋干しのニオイの原因菌も抑制可能。すすぎも強力なため、繊維に付いた洗剤までしっかりと落とします。

標準コースのほか、衣類を傷めずに洗えるデリケートコースや、ドラムをほとんど回転させず大量の水で優しく洗えるおしゃれ着コースにも対応。少量の衣類をスピーディーに洗濯できるおいそぎコースも利用できるので、シーンに合わせた使い方ができます。

チャイルドロック機能も搭載しているため、子供のいる家庭におすすめのドラム式洗濯機です。

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 BD-NX120FL

洗剤の自動投入に対応したドラム式洗濯機。液体洗剤と柔軟剤はあらかじめタンクに入れておくと、ボタンを押すだけで適量が自動で投入されます。タンクは取り外して分解できるので、お手入れも簡単。洗剤を置くスペースも必要ありません。

AIの搭載も特徴のひとつ。汚れの量や洗剤の種類、水の硬度などさまざまな要素をAIが認識し、自動で洗い方や洗濯時間を設定します。時速約300kmの風により、シワを伸ばしながらふんわりと乾燥できる「風アイロン」も魅力です。

アプリをインストールすれば、スマホとの連携も可能。外出先から運転状況を確認したり、予約運転を設定したりできます。また、アプリ上で仕上がりを評価する度にAIが洗い方を改善。使えば使うほど好みの仕上がりに近づきます。

飲み会やスポーツなどのシーンと衣類の種類から、アプリがコースを提案するコンシェルジュ機能もおすすめです。

シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 ES-H10E

プラズマクラスターに対応したドラム式洗濯機。頻繁には洗えないジャケットやブーツ、ぬいぐるみなども、プラズマクラスターにより除菌や消臭が可能です。衣類だけではなく、洗濯槽のカビ発生を防ぐ効果も期待できます。

独自の「マイクロ高圧洗浄」にも対応。水道水を高圧噴射して絡みついた泥や汚れを素早く洗浄可能です。襟の変色や黄ばみなど頑固で落ちにくい汚れの場合は、40℃の温風をあてて落としやすくしてから、高圧噴射で効率的に綺麗にします。

高圧洗浄で事前の予洗いも可能。少量の衣類を洗いたい場合や軽い汚れを落としたい場合は、洗濯時間が10分間と決まっている時短コースも利用できます。ドアの裏に、こすり洗いできるような加工が施されている点も特徴です。

乾燥方式にはヒーター式を採用。DDインバーターの内蔵により、運転音を低減できます。時間を気にせずに利用したい方におすすめのドラム式洗濯機です。

シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 ES-WS13

スマホとの連携が便利なドラム式洗濯機。本体に無線LAN機能が搭載されており、スマホから洗濯の仕上がりについてフィードバックできるのが特徴です。AIがフィードバックを基に学習するので、好みの仕上がりに近づきます。また、その日の天気に合わせたアドバイスが貰える点も魅力です。

液体洗剤や柔軟剤は事前にタンクに入れておけば、適量が自動で投入されます。タンクは取っ手付きで取り外せるので簡単にお手入れ可能です。

高圧シャワーノズルから微細な水滴を放出する「マイクロ高圧洗浄」も特徴。繊維に絡まった汚れも弾き飛ばすようにしっかりと落とせます。ドアの裏には凹凸が搭載されており、こすり洗いにより頑固な汚れも洗浄可能です。

乾燥方式はヒートポンプ式。AIの搭載により賢く洗濯ができる、おすすめのドラム式洗濯機です。

シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 ES-W113

独自の「マイクロ高圧洗浄」による高い洗浄力が魅力のドラム式洗濯機。微細な水滴を衣類に向かって高圧噴射し、汚れを素早く落とします。水滴が繊維の奥までしっかりと入り込むので、洗剤を衣類に残さずすすげる点も魅力です。

温度や重量、水位などを読み取るセンサーを7つ搭載。衣類の量や洗剤の種類、乾き具合などを判断し、自動で運転パターンを実行できます。高圧洗浄と衣類などに合わせたドラムの動きにより、衣類へのダメージを抑えながら洗浄可能です。

衣類をほぐしてから柔軟剤を自動投入する香りプラスコースも特徴。衣類にしっかりと香りを付けて、柔軟剤の効果を引き出します。また、風呂水ポンプにも対応。自動で風呂の水を給水できるため、風呂の残り湯で洗濯している方におすすめです。

スマホと連携できるのもポイント。多機能なドラム式洗濯機に興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

東芝(TOSHIBA) ドラム式洗濯乾燥機 TW-127X9

スマホとの連携が便利なドラム式洗濯機。スマホに専用アプリをインストールすると、外出先からも運転状況を確認可能です。衣類別や目的別に適したコースを選んだり、終了時刻を設定したりなどもできます。

目に見えないほど小さな泡である、ウルトラファインバブルを発生させる独自の技術を搭載。温水とウルトラファインバブルを組み合わせて洗浄するので、黄ばみや食べこぼしなどの繊維の奥まで染み込んだ頑固な汚れもしっかりと落とします。

ウルトラファインバブルを利用し、丁寧なすすぎも可能。また、騒音や振動が低減されているため、早朝や夜中に洗濯をしたい方にもおすすめです。直感的なタッチパネルが搭載されているので、スマホのようにスムーズに操作できます。外出が多く、外からスケジュール設定をしたい方におすすめのドラム式洗濯機です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ドラム式洗濯機 HD81AR

除菌効果が期待できるドラム式洗濯機。温水と銀イオンを組み合わせた洗浄方法により、汚れを落とすのはもちろん、除菌や消臭効果も期待できます。洗浄液をあたためる機能も搭載されているので、より洗浄効果を高められる点も魅力です。

汚れや衣類に合わせて、温水コースを選択可能。黄ばみが気になる場合は40℃のお湯に30分間つけおきしたり、冬場に適切な約20℃のお湯で洗濯したりなどの設定を選べます。温水ですすいで部屋干し時間を短くするコースも利用可能です。

掛け布団や羽毛のダウンジャケット、ウールなど、通常の洗濯が難しい衣類に合わせたコースも搭載。コースごとにすすぎの回数や温度などをカスタマイズできるほか、内容を登録もできるので、ボタンを押すだけで簡単にいつもの設定で洗濯ができます。

チャイルドロック機能が搭載されているため、子供がいる家庭にもおすすめ。洗剤の投入ケースは外して丸洗い可能です。

一人暮らし向けドラム式洗濯機のおすすめ

パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VG750

洗濯容量7kgのコンパクトなドラム式洗濯機。ドラム槽の下にヒーターが内蔵されており、洗剤液をあたためながら洗濯ができます。普段使いはもちろん、皮脂汚れもしっかりと落とせるので、衣替えの前の洗濯にもおすすめです。

黄ばんでしまった衣類をつけおき洗いしたり、約40℃のお湯で生乾きのニオイを防いだりなど、さまざまなコースを搭載。約40℃のおまかせコースで定期的に温水洗浄をしておくと皮脂汚れが蓄積しにくいので、黄ばみの予防も可能です。

パワフルながら衣類に優しい乾燥機能も魅力のひとつ。室温よりも約15℃高い温風で乾燥させるため、縮みやシワを抑えられるのがポイントです。タオルの吸水性をキープしながら洗濯と乾燥を行える、専用のコースも搭載されています。

洗濯層を洗浄したり乾燥させたりする機能も搭載されているので、清潔な状態で使用可能です。

シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 ES-S7F

アパートやマンションにも設置しやすいドラム式洗濯機。幅598×奥行き600mmと非常に小型なので、内寸奥行540mm以上の一般的な防水パンにも設置できます。真下排水にも対応しており、一人暮らしの限られたスペースで使いたい方におすすめです。

洗濯・脱水容量は7kg、乾燥容量は3.5kg。洗濯中の温度や水位、重量などをセンサーが検知し、状況に応じた運転パターンを自動で適用するので、エコで効率的な洗濯が可能です。軽い汚れを落としたいときにおすすめの、時短コースも搭載されています。

独自のプラズマクラスターにも対応。乾燥中の除菌や、制服やジャケットなどの簡単に水洗いできない衣類の消臭、花粉の抑制などの効果が期待できます。傷みやすい衣類を優しく洗濯できる、おしゃれ着コースも利用可能です。

運転中の騒音を抑えられるDDインバーターも内蔵。一人暮らしの方におすすめの、ドラム式洗濯機です。

アクア(AQUA) ドラム式全自動洗濯機 AQW-FV800E

シンプルなデザインのドラム式洗濯機。幅595×奥行625×高さ860mmとコンパクトなうえ、スクエアかつフラットな形状を採用しているため、限られたスペースに設置しやすい点が魅力です。シンプルなデザインなので、インテリアを問わず設置できます。

ドラム式洗濯機ながら、お湯で洗える機能が特徴。繊維の奥まで染み付いてしまった黄ばみやニオイも、適切な温度で綺麗にできます。ドラムの動きで手洗いを再現できるほか、衣類に合わせて回転数を選んだり、予洗いで汚れ移りを防いだりも可能です。

ダウンジャケットやコートなどを傷めずに綺麗にできる専用のコースも搭載。本体上部にはジョグダイヤルが配置されており、豊富なコースを直感的に操作可能です。設定した内容は大きなLEDディスプレイに表示されます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ドラム式洗濯機 FL81

低価格なドラム式洗濯機。ヒーターが内蔵されており、洗浄液をあたためながら衣類を洗濯できます。皮脂が溶け出しやすくなるので汚れを効率よく落とせるほか、ニオイの原因となる菌も抑制可能です。黄ばみが気になる場合は、つけおき洗いもできます。

すすぎにも温水を使うのも特徴。洗濯物がほぐれやすくなるので絡まったりシワが付いたりしにくく、乾くまでにかかる時間も短縮可能です。部屋干しの時間は最大約3分の2まで短縮できるため、天気が悪い日にも安心して使えます。

タイマー機能にも対応。衣類と洗剤を入れてタイマーをセットすれば、帰宅時間に合わせて洗濯が可能です。短時間で洗濯するお急ぎコースや汚れをしっかりと落とせる念入りコースなど、コースも豊富に用意されています。

チャイルドロック機能が搭載されているので、子供がいる家庭でも安心して使用可能。コストパフォーマンスに優れたおすすめのドラム式洗濯機です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ドラム式洗濯機 HD71

一人暮らしにおすすめのドラム式洗濯機です。洗濯容量7.5kgで本体サイズもコンパクト。液体洗剤と粉末洗剤のどちらでも利用できるほか、洗剤を投入するケースは取り外して丸洗いも可能です。左開きのドアを採用しています。

標準コースのほか、脱水のみ・すすぎ脱水・すすぎ1回などさまざまなコースに対応。掛け布団や羽毛が入ったジャケット、ウールの服なども洗濯可能です。コースは本体に搭載されたダイヤルを回すだけで設定できるので、初めての方でも簡単に操作できます。

ドラムによる回転に加え、温水で洗浄するため効率よく汚れを落とせる点が魅力のひとつ。内蔵された専用のヒーターが水をあたためるので、汚れを浮かせて素早く洗浄できます。部屋干しのニオイや菌の発生も抑制可能です。

タイマー機能も搭載。生活リズムに合わせた使い方ができる、おすすめのドラム式洗濯機です。