比較的少ない水量で使えて節水効果の高い「ドラム式洗濯機」。洗剤自動投入機能を備えた高機能モデルから、シンプルでコンパクトな一人暮らし向けのモデルまで、幅広い製品が販売されています。メーカーごとに特徴も異なるため、求める機能に合わせて選ぶことが大切です。

そこで今回は、おすすめのドラム式洗濯機をランキング形式でご紹介。選ぶ際に気をつけたいポイントや、縦型洗濯機との違いなども解説するので、購入の際にはチェックしてみてください。

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機の違い

ドラム式洗濯機の特徴

ドラム式洗濯機のメリット

By: panasonic.jp

ドラム式洗濯機は、少ない水量で汚れを落とせるのが特徴。ドラムを回転させて衣類を持ち上げて落下させる「たたき洗い」が基本の洗い方です。少ない水で洗剤を溶かすため泡の濃度が高く、皮脂汚れなどにも対処できます。

また、乾燥能力が高いのもメリット。乾燥方法は、水を使わずに湿気を含んだ空気を除湿して低温で乾かす「ヒートポンプ式」と、ヒーターによる温風を衣類に当てて発生した水蒸気を水で冷やして排水させ、からっと乾かす「ヒーター式」があります。

乾燥時も洗うときと同様に衣類を持ち上げて風をあてるため、しっかりと乾燥できるのが魅力。ふんわりと柔らかな仕上げが得意な機種も多く発売されています。縦型洗濯機と比べて節水かつ省エネで使えるモデルが多いのもポイントです。

ドラム式洗濯機のデメリット

ドラム式洗濯機は少ない水量で洗えますが、染料の落ちやすい新しい衣類を洗う際には色移りしやすいのがデメリット。色移りが気になる衣類を洗うときは、分け洗いが必須です。また、洗剤や柔軟剤の量が多すぎると、衣類の傷みやシミができる原因となる場合があります。

縦型洗濯機に比べて価格が高い製品が多い点にも注意。20万円を超えるモデルも多いため、イニシャルコストを抑えたい場合には適していません。また、本体自体は一般的な防水パンにおさまっても、扉が前に開く関係上、設置スペースを考慮する必要があります。

縦型洗濯機の特徴

縦型洗濯機のメリット

By: hitachi.co.jp

縦型洗濯機は、泥や食べこぼしなどの固形の汚れに強いのが特徴。洗濯機の底にあるパルセーターを回転させて、たっぷりためた水をかき回して生じた撹拌水流による「もみ洗い」で汚れを落とします。水流の遠心力で洗剤液を繊維に浸透させてしっかりと洗い落とすことが可能です。

乾燥機能はヒーター乾燥が主流。ヒーターによであたためた空気を衣類に当て、発生した水蒸気を外に排出するタイプと、除湿して機外に排出するタイプの2種類があります。槽乾燥モードが備わっているモデルなら、洗濯層の黒カビ抑制にも役立つため便利です。

単機能モデルも多く、比較的安い価格で購入できるのも魅力。ドラム型洗濯機に比べて狭い設置スペースに設置しやすい製品も多数発売されています。

縦型洗濯機のデメリット

縦型洗濯機は洗濯物同士をこすり合わせて汚れを落とすため、繊維に負担がかかって傷みやすいのがデメリット。衣類が絡んで、洗濯物を取り出す際に手間がかかる場合もあります。傷みに気を使いたい衣類は「おしゃれ着コース」などで少量ずつ分けての洗濯が必要です。

乾燥機能を有したモデルの場合、衣類にドライヤーの風を当てて乾かすようなイメージのため、傷みや縮みが生じやすい点にも注意。ドラム式と比べてしっかりとした乾燥が不得意で、しわの多い仕上がりになりがちです。乾燥機能を有したモデルの多くがヒーター式を採用しているため、電気代も多くかかります。

ドラム式洗濯機が向いている人・向かない人

ドラム式洗濯機はこんな人におすすめ

By: hitachi.co.jp

ドラム式洗濯機は優れた乾燥機能を有する製品が多いため、洗濯から乾燥までを一気に済ませてしまいたい方におすすめ。花粉が気になる季節や、雨が多く外に洗濯物を干せない雨期などにも活躍します。日照条件の悪い家屋に住んでいる場合にも便利です。

また、節水をしながら使いたい方にもおすすめ。濃い洗剤液で洗えるため、泥汚れなどよりも皮脂汚れが気になる大人が多い家庭に適しています。

しかし、搬入経路や設置場所によってはドラム式洗濯機が設置できない場合もあるため注意が必要。ドラム式洗濯機が設置できるスペースと搬入経路を確保できるかもきちんと確認しておきましょう。

こんな人は縦型洗濯機の方がおすすめ

By: hitachi.co.jp

縦型洗濯機は洗浄力の優れた製品が多いため、小さな子供や運動部に所属する子供がいる家庭におすすめ。食べこぼしや泥汚れなどの固形汚れに強く、すっきりと洗濯できます。工場や工事現場などで使う作業着を洗濯したい場合にも便利です。

購入予算が低い場合も縦型洗濯機がおすすめ。ドラム式洗濯機に比べて安い価格の製品が多いため、洗剤自動投入などを備えたハイスペックモデルでも購入しやすいのがメリットです。また、コンパクトな製品も多く、マンションなどの搬入経路が狭い場所に設置できるタイプも多くラインナップされています。

ただし、衣類の繊維を傷めやすく、おしゃれ着などは分けて洗う必要がある点には注意。洗濯時の水量も比較的多いため、節水しながら使いたい方は、事前に節水モデルかどうかを確認しておくようにしましょう。

縦型洗濯機のおすすめはこちら

ドラム式洗濯機の選び方

洗濯・乾燥容量をチェック

By: hitachi.co.jp

洗濯機の容量を考える際には、家族の人数やライフスタイルを確認しておきましょう。1日分の洗濯物の量は、1人当たり約1.5kgが目安とされています。4人家族の場合には1.5kg×4人で6kgが目安ですが、毛布などの大物も洗いたい場合を考慮して、8kg以上の洗濯・脱水容量を有したモデルがおすすめです。

まとめ洗いをしたい場合には、12kg以上の大容量モデルもおすすめ。数日間の出張や旅行のあとの洗濯物などもまとめて洗えます。1~2人暮らしなど、少人数の世帯でも、少し容量が大きいモノを選んでおくと便利です。

乾燥機能を使いたい場合には、乾燥容量のチェックも重要。一般的に、乾燥容量は洗濯・脱水容量よりも少ないため、洗濯から乾燥までを通して行いたい場合には、乾燥容量に合わせて洗濯する必要があります。求める乾燥容量に応じて選ぶようにしましょう。

乾燥方式の違いと特徴

ヒートポンプ式

By: panasonic.jp

ヒートポンプ式は、冷却水を用いずに低温で洗濯物を乾燥できるのが特徴。槽内の湿気を含んだ空気をヒートポンプで除湿して機外に排水し、乾いた温風で洗濯物を乾かします。温風温度や槽内の温度が低いため、衣類の傷みや縮みが少ないのが魅力です。

また、槽内の温度が上がり過ぎないため、乾燥中でもドアの開閉が可能。乾燥運転中も周囲の温度を上げにくく、快適に使えます。さらに、ヒートポンプによる効率のよい熱交換により、電気代を抑えて使えるのもポイント。頻繁に乾燥機能を使用する場合には、ヒートポンプ式の乾燥機能を搭載したモデルがおすす目です。

ヒーター式

By: panasonic.jp

ヒーター式は、槽内に温風を送り出して洗濯物を乾燥できるのが特徴。ヒーターで温度を上げた風でドライヤーのように洗濯物を乾かします。乾燥温度が高いため、乾燥途中で扉を開けられないのに加えて、ヒートポンプ式よりも衣類への傷みや縮みが発生しやすいデメリットがあります。

乾燥時に発生した水蒸気は、冷却水で冷やして機外に排出。乾燥後の衣類はふんわりという印象よりも、カラッと仕上げます。ヒーターで温度を上げる関係上、比較的電気代は高め。日常的には乾燥機能を使わず、補助的に使いたい方におすすめです。

設置スペースに合わせたサイズを選ぶ

By: panasonic.jp

ドラム式洗濯機を選ぶ際には、必ず設置スペースに合ったサイズのモノを確認しましょう。設置スペースでチェックしておきたいのは、「防水パンのサイズ」「壁面からの奥行と左右幅」「水栓までの高さ」「洗濯機上部の高さ」「水栓と排水口の位置」です。

設置場所の環境についても確認が必要。水気や湿気の多い場所や室外、滑りやすいタイルの上などに設置すると火災や感電などの思わぬ事故を招く可能性があります。安定して使える場所に設置するようにしてください。

また、搬入経路の確認をしておくことも重要。洗濯機を自宅内に運ぶ際、建物の入り口やエレベーター、玄関ドアなどの広さが足りない場合があります。搬入の際には、経路の中でいちばん狭い部分が本体幅に加えて最低6cm以上が必要です。

せっかく気に入った製品があっても、設置スペースや搬入経路によっては設置できない場合もあるため、必ず確認するようにしましょう。

扉の開閉方向に注意

ドラム式洗濯機を購入する際は、扉の開閉方向にも注意。ドラム式洗濯機の扉は縦型とは異なり、前方に備わっています。前方にきちんと扉を開けるスペースがあるかを確認しておきましょう。

また、扉の開く向きをチェックしておくことも重要。扉の開く向きは、開けたときに右側に扉が来る「右開き」と、左側に扉が来る「左開き」があります。予定の設置スペースに置いた際、扉がどこかに引っかかってしまわないか、スムーズに投入口の前に行けるかを確認しておくのがおすすめです。

各種機能にも注目

洗剤の投入回数を減らせる「自動投入機能」

By: panasonic.jp

「自動投入機能」とは、洗濯物の量を計測して、洗剤と柔軟剤を自動で計量して投入する機能のこと。初めて使用する際に洗剤や柔軟剤の表示に合わせて基準量を設定しておけば、適切な量を自動で投入してくれます。

自分で計量する手間を削減できるだけでなく、洗剤や柔軟剤の入れ過ぎを防ぎ、経済的に使えるのが魅力です。

自動投入機能を備えたモデルのなかには、通常の洗剤に加えておしゃれ着洗剤の投入に対応した洗濯機もあります。また、本洗いの前に予洗いをする「2度洗い」モードなどを使える場合もあり便利です。機能性を重視する場合にはぜひチェックしてみてください。

ただし、自動投入機能に対応している洗剤や柔軟剤は「液体」である点には注意。粉末洗剤や漂白剤、洗濯ビーズなどを使いたい場合は自分で入れる必要があります。

通知でのお知らせや遠隔操作ができる「スマホ連携」

By: toshiba-lifestyle.com

外出先や洗濯機から離れた場所でも洗濯機の情報を確認したい場合には「スマホ連携」に対応したモデルがおすすめ。使える機能はメーカーによって異なりますが、洗濯コースや予約した洗濯終了時間の変更、運転状況の確認などを行えるのが特徴です。

たとえば、洗濯終了通知を受け取る設定にしておけば、別の家事をしている際でも忘れずに洗濯物を干しに行けます。

洗剤・柔軟剤の自動投入に対応したモデルの場合、銘柄の指定に対応したモノが便利。使っている洗剤の銘柄を選ぶだけで、銘柄に合わせた使用量を自動投入できます。

自動投入タンク内の残量が減ると通知を入れてオンライン購入をサポートできるモデルもあるため、洗剤の買い置きを忘れがちな方もチェックしてみてください。

お手入れがラクになる「自動掃除機能」

By: jp.sharp

お手入れの手間を軽減したい場合には、「自動掃除機能」を搭載したモデルがおすすめ。メーカーによって自動掃除機能の範囲は異なりますが、多くの場合、すすぎの後に洗濯槽を自動で洗い流す機能として搭載されています。

洗濯の度に洗濯槽を除菌したり、黒カビの原因となる皮脂汚れや洗剤カスなどを洗い流せたりするのが魅力。継続的に使用することで、洗濯槽を清潔に保ち、お手入れの手間を減らしつつ綺麗な洗濯槽で洗濯できます。

また、乾燥時にホコリがたまりやすい「乾燥ダクト」の自動掃除に対応したモデルも便利。乾燥効率の低下を抑えながら乾燥できます。こまめなお手入れが難しい方におすすめの機能です。

各メーカー独自の機能も

By: toshiba-lifestyle.com

ドラム式洗濯機は多くのメーカーから発売されていますが、メーカーによっては独自機能を搭載したモデルも製造されています。

たとえば、日立は乾燥時に高速の風を当てて衣類のしわを伸ばせる「風アイロン」を全機種に搭載。東芝は、繊維のすき間に入り込んで汚れを落とす「抗菌ウルトラファインバブル洗浄W」を採用しています。

ハイエンド機種なら、パナソニックの「トリプル自動投入」機能なども人気。洗剤・柔軟剤に加えておしゃれ着洗剤の自動投入にも対応しています。シャープは、乾燥フィルターとダクトのほこりを自動で掃除してくれる機能が便利です。

また、シャープやパナソニックは人気の「プラズマクラスター」や「ナノイー」などを搭載したモデルも展開。ほかにもメーカー独自の機能を搭載したモノが豊富にラインナップされているので、購入前にぜひチェックしてみてください。

ドラム式洗濯機のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

パナソニックは、家電やAV機器など、さまざまな製品の製造・販売を行っている日本の大手電機メーカー。住宅設備や自転車、補聴器など、家電製品以外の製品も多数取り扱っています。顧客の暮らしを豊かにするものづくりを行っているのが特徴です。

ドラム式洗濯機においては、高性能なモノから一人暮らしに使えるコンパクトなモノまで幅広くラインナップ。通常の洗剤・柔軟剤だけでなくおしゃれ着洗剤まで自動投入できる「トリプル自動投入」や、電気代を抑えてしっかり乾燥できる「はやふわ乾燥ヒートポンプ」などを搭載したモデルが人気です。

シャープ(SHARP)

シャープは、大阪に本社を置く日本の大手電機メーカー。テレビや空気清浄機などの家電から、電気通信機器、電子部品まで幅広い製品の製造・販売を行っているのが特徴です。独自のイオンテクノロジーである「プラズマクラスター」を搭載したモデルを多数扱っています。

ドラム式洗濯機においては、水道水を毎秒100万個以上の微細な水滴にして噴射する「マイクロ高圧洗浄」機能を搭載した製品が豊富。全てのモデルに乾燥機能を搭載しているのも魅力です。シンプルなモデルからスマホ連携に対応した高機能なモデルまで多彩にラインナップしています。

日立(HITACHI)

日立は家電や空調機器、設備機器など多彩な機器を扱っている日本の電機メーカー。冷蔵庫や掃除機、調理家電などの製品を通して、多様化していくライフスタイルに寄り添う製品づくりを行っているのが特徴です。デジタル技術を活用したサービルも提供しています。

ドラム式洗濯機においては、大型のドラムを搭載した「ビッグドラム」シリーズを展開。大容量を備えており、洗濯物が多い家庭にもおすすめです。液体洗剤・柔軟剤の自動投入やスマホ連携に対応したモデルも豊富にラインナップされています。

東芝(TOSHIBA)

東芝は、日本に本社を置く総合電機メーカー。グループ会社のひとつに「生活家電専業メーカー」を含んでおり、冷蔵庫・洗濯機・空調家電・調理家電など、さまざまな製品を扱っているのが特徴です。スマホ連携に対応した家電も豊富にラインナップしています。

ドラム式洗濯機においては、全モデルに液体洗剤と柔軟剤の自動投入機能を搭載。操作のしやすさや乾燥機能の種類などの違いから、ライフスタイルに合わせて選択できます。低振動・低騒音設計なので、マンションなどの集合住宅にも置きやすいのが魅力です。

ドラム式洗濯機のおすすめ|人気

第1位 パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 NA-LX127B


液体洗剤・柔軟剤・おしゃれ着洗剤の3種類を自動投入できる「トリプル自動投入」を搭載したドラム式洗濯機。投入量を「多め」「標準」「少なめ」から設定できるのが特徴です。スマホ連携を行えば詰め替えが必要なタイミングで通知が入り、詰め替えの中身をそのままタンクに補充できます。

普段着からおしゃれ着、毛布まで、目的に合わせてコースを選べるのも魅力。頻繁な洗濯が難しい衣類に適した「シワとり・消臭」コースも搭載しています。汚れを素早く効率的に落とせる「温水スゴ落ち泡洗浄」や「スゴ落ち泡洗浄」にも対応しているため、汚れのひどいモノも洗いやすく便利です。

乾燥には、ヒートポンプを用いた「はやふわ乾燥」を採用。大風量で電気代を抑えつつスピーディーに仕上げます。また、洗濯・脱水容量12kgに乾燥容量6kgと大容量ながらも、一般的な防水パンに設置できるサイズ感もポイント。設置しやすく使いやすい、おすすめのモデルです。

・左開き

・右開き

第2位 シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 ES-W114


AIoTで楽に使える、スマホ連携対応のドラム式洗濯機。スマホアプリ「COCORO HOME」から「COCORO WASH」サービスを使用することで、さまざまなコンテンツを利用できます。

衣類に合わせた洗い方の洗濯からお手入れ時期の通知、使用している洗剤や柔軟剤などの銘柄登録と自動購入など、個人に合わせた設定が可能です。

優れた乾燥機能を搭載しているのが特徴。ヒートポンプとサポートヒーターを用いたハイブリッド乾燥方式により、ふんわりとあたたかく仕上げます。また、温度センサーと湿度センサーで乾き具合を感知。AI制御で布質に合わせた乾燥運転も行えるため、乾燥ムラも抑えられます。

液体洗剤・柔軟剤の自動投入にも対応。さらに、マイクロ高圧洗浄により繊維の奥の汚れまでしっかりと落とします。プラズマクラスター機能や乾燥フィルター自動お掃除機能も搭載。清潔さを保ちやすく、多機能搭載で使いやすいおすすめの製品です。

第3位 東芝(TOSHIBA) ZABOON TW-127XP2


大型のカラータッチパネルを搭載した、最上位モデルのドラム式洗濯機。「ウルトラファインバブル」と「マイクロバブル」の2種類の泡で、黄ばみや黒ずみを防ぐのが特徴です。ナノサイズの泡が繊維の奥まで洗剤を浸透させ、マイクロサイズの泡が落とした汚れの再付着を低減します。

衣類をスピーディーに乾かせるのも魅力。ヒートポンプ除湿乾燥機能を搭載しており、7kgであれば洗濯から乾燥まで約96分で済ませられます。大きな洗濯槽の中で衣類を舞い上げながら大風量でしわを伸ばしつつ乾燥させるので、場合によってはアイロンの手間も減らせて便利です。

UV温風除菌機能を搭載しているのもポイント。UV照射と低温の風により、ぬいぐるみやスーツなどの水洗いできないモノにも対応できます。さらに、ダニケアコースも搭載。洗濯物を清潔に保つ工夫が詰まったおすすめの製品です。

・左開き

・右開き

第4位 日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 BD-NX120H


高濃度の洗剤液を素早く浸透させて、大流量で洗い流せる「ナイアガラ洗浄」に対応したドラム式洗濯機。洗剤の種類に合わせて溶かし方や洗い方を自動で変えられるのが特徴です。大流量のナイアガラ循環シャワーと押し洗い・叩き洗い・もみ洗いの3種類で、節水しながら洗えます。

時速約300kmの高速風で服を乾かせる「風アイロン」機能も魅力。衣類温度約65℃の低温で、衣類を蒸らした状態で乾かすため、ふんわりと優しく仕上がります。また、忙しい朝にも使いやすい「スチームアイロン」コースも搭載。しわが気になる衣類でのアイロンがけの手間を減らせて便利です。

洗濯槽自動おそうじ機能を始め、お手入れが簡単で本体の清潔さを保ちやすいのもポイント。衣類に関しても、除菌や消臭、ダニ対策ができるコースや、花粉を洗わず落とすコースなどが搭載されています。スマートスピーカーやスマホとの連携にも対応した、使い勝手のよいおすすめ製品です。

・左開き

・右開き

第5位 パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VG2600


液体洗剤と柔軟剤の自動投入に対応したドラム式洗濯機。洗濯物に合わせて選べる多彩なコースを搭載しているのが特徴です。通常の衣類からおしゃれ着まで、幅広い洗濯物に対応。パナソニック独自の「ナノイーX」によって、水洗いできないアイテムの消臭や花粉の付着抑制などにも使えます。

低温風でのパワフルな乾燥に対応。ヒーターであたためた空気を大風量で衣類に当て、シワを抑えながら乾燥させます。また、今治タオルの「IKEUCHI ORGANIC」が監修した「タオル」コースも搭載。パイルを立てて含ませ、やわらかく仕上げられるのが魅力です。

スマホ連携に対応しているのもポイント。専用アプリで外出先から洗濯の開始や予約終了時間の変更を行ったり、コース検索やお手入れ通知などの便利な機能を活用したりできます。自動で節電・時短を行う「AIエコナビ」機能も搭載。忙しい方でも快適に使える、人気のおすすめ製品です。

・左開き

・右開き

第6位 シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 ES-WS14


キーをタッチするだけで簡単に洗濯を始められる「液体洗剤・柔軟剤自動投入」に対応したドラム式洗濯機。定期的に洗剤投入経路に水を流す構造を採用しており、洗剤詰まりが起こりにくいのが特徴です。自動投入タンクの手入れ頻度は6ヶ月に1回程度と低く、快適に使用できます。

清潔な水道水を微細な水的に替えて衣類にやさしく噴射する「マイクロ高圧洗浄」も魅力。繊維の奥の汚れまでしっかりと落とします。また、プラズマクラスターも搭載。衣類を乾燥しながら除菌できるだけでなく、水洗いができない衣類の除菌や消臭もできて便利です。

省エネかつ低温で優しく乾燥できる「ヒートポンプ乾燥」を採用。乾燥ダクトは自動掃除機能がついているうえ、ホコリが残りにくい形状を採用しています。専用アプリ「COCORO HOME」を使ったさまざまなコンテンツ利用も可能。こまめなお手入れが面倒な方におすすめのモデルです。

第7位 アクア(AQUA) ドラム式洗濯乾燥機 AQW-DX12N


コンパクトながらも大容量を実現したドラム式洗濯機。洗濯・脱水量12kgの大容量ながら、マンションなどにも設置しやすいコンパクトデザインなのが魅力です。シンプルかつスタイリッシュなデザインで、サニタリー空間を彩るインテリア家電としても映えます。

洗剤量や時間などを自動で調節しつつ、洗うたびにAIで学習する「Aiウォッシュ」機能を搭載しているのも魅力。さらに、洗浄力を高める独自のドラム構造を採用。凹凸形状の壁面を利用してしっかりともみ洗いをします。多彩な洗浄コースも備えており、用途に応じた使い分けが可能です。

液体洗剤と柔軟剤の自動投入に対応しているのもポイント。また、日々の手入れの手間を軽減する「槽自動お掃除」や「乾燥フィルター自動お掃除」機能も搭載。絡みにくく、シワを抑える「絡み防止乾燥」もできるヒートタンク式の乾燥機能を備えた、使いやすいおすすめモデルです。

第8位 パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 NA-LX113AL


濃密な泡と高浸透のバブルシャワーによる「スゴ落ち泡洗浄」を搭載したドラム式洗濯機。泡の力と水の力、機械力の3つの力でパワフルな洗浄力を実現しているのが特徴です。

高濃度の洗剤液を循環ポンプで「泡生成ボックス」へ送って泡を生成し、高浸透バブルシャワーで勢いよく泡を繊維の奥まで届けます。

スピーディーかつふんわりと乾燥させる「はやふわ乾燥ヒートポンプ」も魅力。除湿された空気を加熱器であたため、乾いた大風量の温風を直接衣類に当ててしわを抑えながら乾かします。約65℃の低温風なので、傷みや縮みによる変形を抑えながら、素早く乾かせるため便利です。

お手入れがしやすいのもポイント。すすぎ構成後に槽洗浄を行う「自動槽洗浄」や、ヒートポンプ乾燥で水分を蒸発させる「自動槽乾燥」などの機能を備えています。また、センサーを駆使して自動でエコ運転する「AIエコナビ」も搭載。節電や時短をしながら使える、おすすめの製品です。

第9位 シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 ES-H10G


本体を清潔に保ちやすいドラム式洗濯機。「洗濯槽自動お掃除」と「乾燥ダクト自動お掃除」機能を搭載しているのが特徴です。洗濯槽の裏側に付いた汚れや、乾燥ダクトと排気口に付いた洗剤成分、糸くずなどを自動で洗い流し、清潔さを長持ちさせられます。

高圧シャワーノズルによる「マイクロ高圧洗浄」に対応しているのも魅力。普段着やおしゃれ着など、衣類に合わせて洗い分けられる3つのコースも備えています。また、独自の「プラズマクラスター」も搭載。衣類の乾燥時の除菌や、水洗いできない衣類の除菌・消臭をしたいときにも便利です。

花粉や雨期に便利な「ヒーターセンサー乾燥」機能を搭載しているのもポイント。衣類の乾き具合をセンサーで感知しながら、ヒーターによる温風を当てて効率よく衣類を乾かします。

予約タイマーが使用できるだけでなく、夜間や早朝でも使いやすい低騒音設計で、ライフスタイルに合わせて使えるおすすめのモデルです。

・左開き

・右開き

第10位 東芝(TOSHIBA) ZABOON TW-127XM2L


基本機能が充実した、左開きタイプのドラム式洗濯機。液体洗剤・柔軟剤自動投入機能を搭載しているのが特徴です。投入量を好みで設定できるのに加え、頑固な泥汚れも落とせる「がんこ汚れモード」や、柔軟剤による香りづけを行う「香るおしゃれ着コース」なども搭載しています。

メーカー独自の「抗菌ウルトラファインバブル洗浄W」を備えているのも魅力。洗剤成分を吸着したナノサイズの泡が繊維の隙間まで入り込み、繊維の奥の汚れにアタックします。モーターと大きな洗濯槽によるダイナミックな動きで、洗いムラも抑制。目に見えない汚れまで対策できます。

除菌乾燥モードと除菌乾燥コースを搭載しているのもポイント。乾燥時に衣類を除菌したり、水洗いできないモノの除菌・消臭ができたりするので便利です。また、低振動・低騒音設計で時間を気にせず洗濯が可能。洗濯・脱水容量12kg、乾燥容量7kgの大容量で使いやすい、おすすめのモデルです。

ドラム式洗濯機のおすすめ|一人暮らし向け・コンパクト

第1位 シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 ES-S7G


マンションにもすっきりと置ける、コンパクトなドラム式洗濯機。奥行きがスリムで一般的な防水パンへの設置に加えて、真下排水にも対応しています。投入口の中心が床から約630mmの位置にある使いやすいサイズ感で、扉の開閉や衣類の取り出しもスムーズにできるのが特徴です。

独自の「プラズマクラスター除菌乾燥」に対応しているのも魅力。乾燥には衣類の乾き具合をセンサーが感知して効率よく乾燥させる「ヒーターセンサー乾燥」を採用しています。ヒーターセンサーを含めた4つのセンサーを用い、電気や水の無駄を省いた運転をするのもポイントです。

プラズマクラスターを利用した「除菌消臭コース」も搭載。ジャケットや制服など、頻繁に洗うのが難しい衣類への対応も可能です。また、花粉を落としやすくする花粉ケア効果も期待できます。夜間や早朝でも使いやすい低騒音設計で、忙しい一人暮らしの方にも適したおすすめの製品です。

第2位 ハイアール(Haier) 9.0kgドラム式洗濯機 JW-TD90SA


必要な機能を絞って搭載したシンプルなドラム式洗濯機。幅595×奥行640×高さ860mmとコンパクトで、一人暮らしの部屋にも設置しやすいのが特徴です。デザインもシンプルかつスタイリッシュなインテリア家電なので、おしゃれなランドリールームにもマッチします。

服にやさしい「しわケア脱水」に対応しているのも魅力。高速回転を避けて脱水時間や回転数を自動で調節することにより、服のしわを抑えます。また、洗い方を使い分けられる「15分快速コース」も搭載。服の傷みや変形に配慮した短時間運転が行えます。

液体洗剤と柔軟剤の自動投入に対応しているのもポイント。自分で測る手間がないため便利です。さらに、皮脂汚れに強い「お湯洗い機能」も搭載。多彩なコースから洗い方を選べます。乾燥機能は備えていませんが、服にこだわりたい方におすすめの製品です。

第3位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ドラム式洗濯乾燥機 8kg4kg FLK842


衣類にやさしい温風で乾燥できる「ふんわり乾燥」機能を搭載した、コンパクトなドラム式洗濯機。仕上がりに合わせて乾燥時間や乾燥温度などが異なるコースを選べるのが特徴です。しわになりやすいシャツや綿のズボンのアイロンがけの手間を減らせたり、ちょっとだけ乾かしたりと便利に使えます。

皮脂汚れが落としやすい温水コースに対応しているのも魅力。少ない水量でもしっかり洗えるので、節水効果にも期待できます。また、運転コースが豊富で、毛布や厚物衣類、デリケートな衣類まで幅広い衣類の洗浄が可能。こだわりの設定を登録しておける「おこのみ」機能も搭載しています。

3パターンの洗浄方法を使い分けているのもポイント。コースごとに回転洗い・叩き洗い・ソフト洗いを組み合わせて効果的に洗浄します。また、約60℃の温水で槽洗浄を行う「槽クリーンコース」も搭載。いつでも清潔な状態で使える、一人暮らしにもおすすめの製品です。

第4位 日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム BD-SG110HL


センサーで洗いをコントロールする「センサービッグドラム洗浄」に対応したドラム式洗濯機。布の量や布の質をセンサーで検知して、ドラムの回転数や水の量を調節できるのが特徴です。また、洗濯コースも多数搭載しており、洗い方や脱水具合、乾き具合などまで好みに合わせて調節できます。

時速約300kmの高速風で服のしわを伸ばす「風アイロン」機能を搭載しているのも魅力。大容積のドラムの中で衣類を大きく舞い上げ、袖まで綺麗に乾燥します。衣類温度は約65℃と低温なので、ふんわりと優しく仕上げることが可能。アイロンがけの手間を減らしたい場合に便利です。

設置しやすいサイズ感ながら、大容量の洗濯に対応しているのもポイント。まとめ洗いや大物洗いもできるため、週末にまとめて洗濯をしたい一人暮らしの方にも適しています。細かいところまでお手入れがしやすいため清潔さを保ちやすく、使いやすいおすすめの製品です。

第5位 パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VG770


幅・奥行ともに約60cmのマンションサイズで設置しやすいドラム式洗濯機。水平・垂直を活かしたキュービックフォルムと、細部までこだわったシンプルなデザインが特徴です。インテリアとして魅せることを想定しており、さまざまなサニタリー空間にマッチします。

洗浄能力に優れているのも魅力。洗剤液を泡立てて作る濃密な泡で、皮脂汚れや泥汚れまでスッキリ落とす「スゴ落ち泡洗浄」機能を備えています。さらに、約60℃の温水で洗えるコースも搭載。黄ばみの気になる衣類にも適しています。

低温風でパワフルに乾燥できるのもポイント。ヒーター排気式ながら、室温プラス約15℃の低温風を大風量で衣類に当て、シワを抑えながら乾燥させます。運転終了後10分ごとに2回通知を入れる「取り忘れアラーム」も搭載。使いやすい機能を多数備えたおすすめの製品です。

ドラム式洗濯機のおすすめ|安い

第1位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ドラム式洗濯機 HD71


温水洗浄ができる「温水コース」を搭載したドラム式洗濯機。衣類に合わせて、約60℃と約40℃の温水を選んで洗濯できるのが特徴です。黄ばみやニオイの原因となる頑固な皮脂汚れに強く、食べこぼしなども綺麗に洗い落とせます。

乾燥時間を短縮する「部屋干しコース」にも対応。外干しができない方でも洗濯物が乾きやすく、シワが付きにくいのが魅力です。さらに、多彩なコースを搭載。コースごとに洗い時間や温度などの洗い方を変更できます。洗濯物や自分の好みに合わせて使えるため便利です。

タイマー予約機能も搭載。起床時間や帰宅時間に合わせての洗濯も可能です。乾燥機能は非搭載ですが、温水による槽洗浄機能やお手入れしやすい構造により清潔さをも保ちやすいのもポイント。左開きでコスパのよい製品を探している方におすすめです。

第2位 アクア(AQUA) ドラム式洗濯乾燥機 AQW-F8N


コンパクトかつシンプルなスクエアデザインを採用したドラム式洗濯機。上部に棚や収納ラックを設置しやすく、サニタリー空間を広々と使えるのが特徴です。DDインバーターモーターを搭載しており、低騒音での運転が可能。早朝から深夜まで、幅広い時間帯で使えます。

多彩な洗浄コースを搭載しているのも魅力。落ちにくい黄ばみに強い「お湯洗いコース」を始め、汚れのひどいユニフォームからデリケートなおしゃれ着まで、さまざまな衣類を洗えます。浸透洗いから叩き洗い、もみ洗いの3ステップ洗浄で綺麗に汚れを落とすことが可能です。

日々のお手入れがしやすいのもポイント。黒カビの発生を軽減する「槽自動おそうじ」や、クリーナーで定期的に掃除する「槽洗浄コース」を利用できます。

また、センジョウコースを選びやすいジョグダイヤルとLEDディスプレイも搭載。乾燥機能こそありませんが、多機能を備えた安くてコスパのよいおすすめ製品です。

第3位 シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 ES-H10F


衣類を傷めにくい「マイクロ高圧洗浄」を採用したドラム式洗濯機。高圧のシャワーノズルから、毎秒約10万個の微細な水滴を噴射して汚れを弾き飛ばすのが特徴です。すすぎの際には、繊維の奥の洗剤まで洗い流せます。

マイクロ高圧洗浄を利用した、3つのおすすめコースを搭載しているのも魅力。泥汚れや黒ずみに強い「極め洗いコース」と、汚れ移りが心配な衣類を先に予洗いする「サッと予洗いコース」、繊細な衣類の型崩れや縮みを抑える「ホームクリーニングコース」から選択できます。

清潔さを保ちやすいのもポイント。独自のプラズマクラスターに加え、「乾燥ダクト自動お掃除」機能も備えています。低騒音設計でさまざまな環境で使いやすい構造ながら、比較的安い価格で購入できる高コスパのおすすめ製品です。

第4位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ドラム式洗濯乾燥機 8kg4kg 台無し CDK842


衣類に合わせたさまざまな洗濯コースと乾燥コースを搭載したドラム式洗濯機。100%乾燥できる標準のコースや、繊細なおしゃれ着を洗いたい手洗いコースなど、さまざまなコースから選べるのが特徴です。しわになりやすい綿素材のモノも「ふんわりシワとりコース」でアイロンの手間を減らせます。

洗浄力の高い温水洗浄に対応しているのも魅力。ニオイや黄ばみなどもスッキリ洗い流します。また、冬場には洗剤が溶けやすい20℃設定で高い洗浄力をキープ。寒い季節も快適に扱えます。

コンパクトな外観もポイント。高さ約90.8cmのロータイプで、上部にラックなども設置できます。サニタリールームを有効活用しながら、洗濯から乾燥までしっかりとこなせる、コスパの高いおすすめモデルです。