ドラム式洗濯機はこれまで主流だった縦型洗濯機よりも大幅に水道代が節約できるとあって、近年人気が高まっています。また、ドラム式洗濯機は乾燥機能が付いているものがほとんどで、雨の日はもちろん冬の寒い時期など洗濯物を外に干すのが面倒な場合にも便利です。

そこで今回は、ドラム式洗濯機のおすすめの機種をご紹介。洗濯機の買い替えを考えている方や初めてドラム式の導入を検討されている方はぜひ参考にしてください。

ドラム式洗濯機とは?

By: panasonic.jp

ドラム式洗濯機とは、洗濯槽が横向きに付いたタイプの洗濯機。ドラムが回転することで、衣類を持ち上げては下に落とす工程を繰り返す「たたき洗い」が特徴です。

ドラム式洗濯機には大きく分けて2種類あり、ドラムが水平に設置された「横型」と、斜めに設置された「斜めドラム」に分かれます。国内メーカーのドラム式洗濯機は斜めドラムが主流で、横型と比較すると、洗濯物を取り出しやすいのが特徴。また、小型化も進んでおり、狭いスペースでも設置しやすくなっています。

ドラム式洗濯機の大きなメリットは、乾燥機能の充実です。従来の縦型洗濯機よりも衣服が空気に触れやすいため、効率のよい乾燥が可能。多くの機種が洗濯から乾燥までを自動で行ってくれるので、洗濯に掛かる手間を大幅に削減できます。

ドラム式洗濯機のメリット

水道代の節約になる

ドラム式洗濯機は「水道代が節約できる」と言われますが、その理由は洗い方にあります。縦型洗濯機は、水を溜めてから洗濯槽を回転させて洗う方式。これは、衣服をこすり合わせて汚れを取るイメージです。この方式の場合、水量が少ないと汚れが落ちにくいため、大量の水が必要となり水道代がかかります。

一方、ドラム式洗濯機の洗い方は、水をドラム下部に溜めた後、横向きのドラム自体を回転させ、洗濯物を上に上げてから下に落とすいわゆる「たたき洗い」です。この方式は大量の水を必要としないので、縦型と比べて使用する水量が抑えられ、水道代が節約できます。

衣類が絡まりにくい

縦型洗濯機は衣類をこすり合わせて洗うため、洗濯物同士が絡まって取り出しにくく、生地が伸びて傷んでしまう可能性があります。

一方、ドラム式洗濯機はたたき洗いのため洗濯物が絡まりにくく、シワもできにくいのが特徴です。また、衣類が絡まらないため洗濯物への負担や傷みが軽減されます。

ドラム式洗濯機の選び方

サイズで選ぶ

By: panasonic.jp

ドラム式洗濯機を選ぶ際、まずチェックしたいのがサイズです。ドラムを斜めに配置している関係で縦型洗濯機より大きなものが多く、特に高さが高くなるため蛇口の位置には注意が必要。蛇口の位置が低いと、ドラム式洗濯機にぶつかってしまい設置ができないケースもあるので注意しましょう。

さらに、購入する際は、設置スペースはもちろんのこと、ドアや階段、通路などの搬入経路も通過可能か確認しておくと安心です。特にマンションや集合住宅にお住まいの方は事前にチェックしておくことをおすすめします。

また、マンションやアパートでは、洗濯機はあらかじめ設置された防水パンの場所に置く必要があるので、防水パンのサイズ確認も大切です。

扉の開き口で選ぶ

By: amazon.co.jp

タテ型洗濯機は洗濯機の上から洗濯物を入れますが、ドラム式洗濯機はヨコから出し入れします。そのため洗濯機の前方に十分なスペースが必要です。

また、多くのドラム式洗濯機は各モデルに右開きと左開きの両方のタイプをラインナップしているので、設置する部屋のドアや洗面台の位置などを確認し、開閉に干渉しないタイプを選びましょう。

洗濯容量で選ぶ

By: panasonic.jp

洗濯容量もドラム式洗濯機選びで必ずチェックしたいポイントです。一人暮らしの方には、容量7kgの程度のモデルがおすすめ。衣類はもちろん、毛布やシーツなどの寝具も洗濯できるので一人暮らしの方におすすめのサイズです。

4~5人のご家庭の場合は容量8kg程度が一般的です。6人以上のご家庭なら10kg以上がおすすめ。大量の洗濯物も、まとめて洗えば節水にもつながります。スポーツをする子どもや介護が必要な方がいる家庭であれば、ひと回り大きめの容量モデルを選ぶと安心です。

乾燥方式も要チェック

By: sharp.co.jp

ドラム式洗濯機を利用する大きなメリットとして、洗濯物をふんわりと乾燥できるということが挙げられます。ドラム式洗濯機の乾燥方式には、「ヒートポンプ方式」と、「ヒーター方式」の2つのタイプがあり、消費電力や洗濯物の仕上がり具合に違いがでてくるので乾燥方式にも注意しましょう。

ヒートポンプ方式って、どんな乾燥方式?

By: panasonic.jp

ヒートポンプ方式では、空気中から熱エネルギーを吸収して乾燥に利用します。エアコンでも採用されている省エネ技術で、電気料金を抑えることが可能。さらに、温度が約60℃と低温なため、洗濯物が縮みにくい、傷みにくいというのがメリットです。

その上、熱を排出しないので洗濯機の周辺が暑くなりにくいのも特徴。最近ではこのヒートポンプ方式を採用した洗濯機、乾燥機が増えています。

ヒーター方式って、どんな乾燥方式?

By: panasonic.jp

ヒーター方式は、ヘアドライヤーのようにヒーターで温めた熱風で衣類を乾燥させる方式です。ヒーターを使うため消費電力が多く、また除湿のために冷却水を使うので水道代もかかるのがデメリット。

その上、約85℃の熱風を使うため、衣類に傷みや縮みが発生しやすく、使用中は高温によるやけど防止のため扉を開けません。ただし、サイズはヒートポンプ方式よりコンパクトなモノが多いのも特徴です。

その他の便利機能

ハイエンドモデルの中には、液体洗剤、柔軟剤を自動投入してくれる機能を搭載したドラム式洗濯機も登場しています。液体洗剤、柔軟剤を製品ごとの最適な分量を投入するので無駄がなく、手間がかからないのがメリットです。ボトルを洗濯機まわりに置いておく必要もなく省スペース。

家電をインターネットに接続する「IoT技術」を採用しており、スマホから洗濯機を遠隔操作できるモデルもあります。外出先から操作すれば、洗濯から乾燥までの待ち時間をなくし、帰宅後すぐにたためるので効率的。忙しい方におすすめの機能です。

ドラム式洗濯機のおすすめモデル|日立

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム 11kg BD-NV110BL-S


人気の日立ドラム式洗濯乾燥機のなかでも、洗浄力が高い大容量モデルです。洗剤を判別して、汚れに合わせて洗浄時間を自動で調節する「洗剤・汚れセンサーシステム」を搭載しています。

強力循環ポンプで衣類に高濃度洗剤液を浸透させる「ナイアガラ洗浄」を採用し、落ちにくい襟、袖の汚れや泥をしっかり落とせる洗浄力が高いドラム式洗濯機です。

洗い方は、押し洗い・たたき洗い・もみ洗いの3種を併用して、節水効果を高めています。さらに、「温水ナイアガラ洗浄」を利用すれば黄ばみ予防や臭いの原因菌の抑制にも効果的です。扉閉時の本体サイズは、幅735×奥行620×高さ1060mm。スリムなモデルなので、防水パンの奥行きは540mm以上あれば設置できます。

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム 10kg BD-SG100BL


10万円台とリーズナブルな価格で購入できる日立の大容量ドラム式洗濯機で、幅が630mmとスリムなモデル。

3D加速度センサーと布量センサーが連携して洗浄力が最適になる様にドラムの回転速度と水量をコントロールする「センサービッグドラム洗浄」は、たたき洗いの力が強く洗浄力が高いのが特徴。

乾燥は高速の「風アイロン」を搭載しており、ジェットファンモーターの時速約300km温風でシワを伸ばしながら乾燥させるのがメリットです。

扉閉時の本体サイズは、幅630×奥行715×高さ1050mm。防水パンの奥行き内寸540mm以上で設置可能です。

ドラム式洗濯機のおすすめモデル|シャープ

シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 11kg ES-P110-SR

フラットなデザインでお手入れがしやすい「ハーフミラーガラストップ」を採用したシャープのドラム式洗濯機です。フラットなデザインでお手入れがしやすい人気モデル。扉閉時の本体サイズは、幅640×奥行728×高さ1104mmで、幅がスリムなのがメリットです。

毎秒約100万個以上の小さな水滴が衣類に噴射される「マイクロ高圧洗浄」を採用。衣類の繊維の中まで水滴が入り込み、汚れをしっかり落とします。布地を広げないので、衣類に優しい洗浄方式です。

乾燥方式はヒートポンプにサポートヒーターを加えたハイブリッド方式。ヒートポンプの省エネとサポートヒーターによるあたたかな仕上がりを両立しています。

洗濯槽をカビやニオイの原因となる菌を除菌する「プラズマクラスターイオン」と水でキレイにする「槽クリーンコース」を利用すれば、ボタン1つでドラムのカビやニオイを抑えることが可能。高機能でデザイン性も高いおすすめのドラム式洗濯機です。

シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 7kg ES-S7B


幅・奥行が60cmとコンパクトなドラム式洗濯機で、マンションのサニタリー空間にもおすすめ。外寸約64cm四方の一般的な防水パンに設置できるモデルです。

注目の機能は「プラズマクラスター消臭」コース。これにより、水で洗えない衣類や帽子、靴などを消臭が可能。臭いが気になるブーツやぬいぐるみなどもしっかり消臭できます。

重量・水位・温度・振動の4つのセンサーを使って脱水と乾燥にかかる時間を徹底管理。洗濯の状況をしっかり把握するので節水、節電効果が高いドラム式洗濯機です。洗濯時の騒音は24dbと静音性も高く、マンションにお住まいの方におすすめのモデル。

ドラム式洗濯機のおすすめモデル|パナソニック

パナソニック(Panasonic) ドラム式洗濯機 11.0kg NA-VX9800L-N


容量11.0kgと大容量なパナソニックが製造するドラム式洗濯乾燥機のハイエンドモデルです。サイズは幅639×奥行722×高さ1058mmと幅がスリム。

パナソニックの「即効泡洗浄」は、最初からジェットバブルシステムで洗剤を泡立てて洗うことで、洗い始めから洗剤の力を引き出せるのがメリット。7方向からのシャワーで洗濯物に洗剤を浸透させます。洗い方はたたき洗い・もみ洗い・押し洗い3種を組み合わせて洗浄する「スピンダンシング洗浄」。

さらに、より丁寧に洗濯するための「温水洗浄コース」も搭載しています。「60℃除菌コース」「40℃ニオイすっきりコース」「30℃オシャレ着コース」などコースメニューも多彩。

洗濯物の量に最適な量の洗剤を自動投入してくれる「液体洗剤・柔軟剤自動投入」や、スマホと連携する「スマホで洗濯」など便利機能も充実したおすすめのドラム式洗濯機です。

パナソニック(Panasonic) ドラム式洗濯機 7.0kg Cuble NA-VG720L-N


パナソニックのコンパクトなドラム式洗濯機です。洗濯容量は7.0kgでマンションの脱衣所などにおすすめのモデル。サイズは、幅600×奥行600×高さ998mm。

ドラムの位置を通常より約83mm高くした「ハイセット設計」を採用しており、洗濯物の出し入れがより簡単に行えます。さらに開閉部はフルオープンドアを利用した「BIG投入口」仕様なので、洗濯時の作業がラクラクです。

洗浄方法はパナソニック独自の「泡洗浄W」。泡立てた洗剤を繊維の奥に浸透させて洗浄します。さらに、「温水泡洗浄」を利用すれば黄ばみやニオイの原因菌もしっかり洗い流すことも可能。

また、洗濯するたびに自動で洗濯機を洗浄してくれる「自動お手入れ」機能も搭載しており、さらに、フラットフェイスなのでお手入れが簡単。3~4人のご家族から一人暮らしの方におすすめのドラム式洗濯機です。

ドラム式洗濯機のおすすめモデル|東芝

東芝(TOSHIBA) ドラム式洗濯乾燥機 ZABOON 11.0kg TW117X6LT

東芝の大容量11.0kgのドラム式洗濯乾燥機です。一番の魅力は、ナノサイズレベルの泡で洗剤の効果を高める「ウルトラファインバブル」を採用している点。ナノサイズの泡が繊維の奥にしっかり浸透して汚れを落とします。さらに、黄ばみを落とすための「温水ウルトラファインバブル洗浄」も搭載。

乾燥容量は7kgで、ヒートポンプ方式による「ふんわリッチ乾燥」を搭載。これにより衣類がシワになりにくくアイロンがけの手間が省けます。

洗濯、脱水時の振動、騒音を抑える「アクティブS-DDモーター」「振動吸収クッション」を採用。「自動お掃除モード」で洗濯機の手入れも簡単です。「庫内LED照明」も装備しており、庫内が見やすく洗濯物の取り残しも防止。細かい点まで配慮されたおすすめのドラム式洗濯機です。