一人暮らしの生活にぴったりな洗濯機が欲しいと思っても、何を基準に選べばいいか迷うものです。本体サイズや容量を重視すべきか、もしくは使い勝手を考えて機能を重視すべきかを判断できないとなかなか購入すべきモデルが定まりません。また、価格も選ぶ上で悩みとなるポイントです。

そこで今回は洗濯機の選び方をさまざまな側面から紹介します。居住空間が狭い一人暮らしでは、洗濯機の細かい部分をチェックしながら選ばないと後悔することがあるため、選び方のポイントをよく把握した上で複数のモデルを比較し、最適な1台を選びましょう。

一人暮らし用洗濯機の選び方

タイプで選ぶ

縦型洗濯機

By: amazon.co.jp

縦型洗濯機は洗濯槽下部にあるパルセーターを回転させ、洗濯物同士をこすり合わせながらもみ洗いをして汚れを落とします。洗浄力が高くしつこい汚れもしっかり落とせるのがポイント。高い位置から衣類に向けてシャワーを出して水流で汚れを落とすモノもあり、いずれも洗浄力の高さで人気です。

また、縦型洗濯機はドラム式洗濯機に比べて価格が安いのが魅力。その理由は乾燥機能にあります。縦型洗濯機の乾燥機能は、そのほとんどがドライヤーと同じように電気を熱に変える「ヒーター乾燥式」です。高価な部品を使わないシンプルな構造のため、同サイズのドラム式と比べると、5~10万円程度安いという特徴があります。

なお、4.5kgの縦型洗濯機で洗濯する際の水量は標準で約95L。この量の水で洗濯を行った場合の上下水道料金は24円程度です。6.0kgの洗濯機の場合は、水量約105Lで上下水道料金が約25円。縦型洗濯機はドラム式よりも水を使う構造のため、節水を心がけたい方は水量と水道料金をカタログなどで確認した上で選ぶようにしましょう。

ただし、縦型洗濯機の乾燥能力はドラム式よりもやや劣るため、乾燥をメインで使いたいと考える場合はドラム式とよく比較して選ぶことが大切です。乾燥はほとんど使わないという方は、簡易乾燥機能の風乾燥が搭載されているモデルでも十分使いこなせます。

ドラム式洗濯機

By: amazon.co.jp

ドラム式洗濯機は横向きに設置されたドラムを回転させ、衣類を上から下に落とす叩き洗いで汚れを落とす仕組み。高濃度洗剤液を作り出して循環させ、押し洗いと叩き洗いを繰り返して洗うため、衣類同士がこすり合うことがなく傷みにくいというメリットがあります。

本体の構造上サイズが大きくなるドラム式洗濯機は、設置場所の寸法チェックが重要なポイント。設置した際に左右と前後に余裕があるかだけでなく、防水パンに本体の脚がしっかり収まるかどうかも確認しておきましょう。

ドラム式洗濯機は少ない水で洗濯物を洗えるのが最大の特徴。7.0kgの洗濯機なら1回の洗濯で60Lの水を使用し、上下水道代金は約15円程です。10kgなら1回の洗濯に75Lの水を使い、上下水道代金は約19円。縦型洗濯機と比べると水量が少なくて済むため、節水をしたい方におすすめです。

ドラム式洗濯機の本体価格は、縦型洗濯機に比べると5~10万ほど高め。特に空気から熱を取り出して効率よく短時間で乾かせるヒートポンプ式は高価な部品を搭載しているため、10kg前後のモデルでも20万円前後と高くなります。

仕事が忙しくて洗濯に時間をかけられない方や乾燥機能をよく使う方はヒートポンプ式のドラム式洗濯機を選ぶのがおすすめです。大抵のモデルは洗浄から乾燥までが約2時間半程度と早く、1回の洗濯にかかるコストは約50円前後。洗濯を干して取り込んでたたむ手間が省けることを考えると、このコストが無駄ではないと思えるはずです。

容量で選ぶ

一人暮らしなら3~4kgのサイズが最適

By: amazon.co.jp

1人の人間が出す1日分の洗濯物は約1.5kg程度と言われているため、3~4kgの最小サイズの洗濯機でも容量としては十分です。毎日こまめに洗濯をする方は、容量の大きさにこだわらなくても問題はないでしょう。

数日分溜めて洗う場合は7kg以上がおすすめ

By: amazon.co.jp

毎日が忙しくて洗濯物を週末にまとめて洗う場合は、1日分で1.5kgの洗濯物を5~7日分洗うことになるため、洗濯物の量は7~8kg以上になります。まとめ洗いで手間や電気代を省くなら、8~10kgのモノを選ぶと安心。大きい洗濯機を置けない場合は、7kg前後のモノを選んで2回に分けて洗うとよいでしょう。

布団や毛布を洗うなら6.0kg以上あると安心

By: amazon.co.jp

布団や毛布を洗う場合は、6.0kg以上の洗濯機を選ぶのがおすすめ。布団や毛布は水を含むと重くなるため、一度に洗える容量は洗濯機の容量の半分程度になります。シングルサイズのシーツは約1.0kg、毛布は2~3kgが大体の目安。6.0kgの洗濯機なら、一度にシーツを2枚または毛布を1枚洗うことができます。

本体サイズで選ぶ

By: panasonic.jp

一人暮らしの部屋は洗濯機置き場が狭いため、本体サイズをしっかり確認することが大事です。設置場所の壁や周囲の家具にぴったりくっついてしまう洗濯機を選ぶと、設置の時にうまく収まらなかったり洗濯機の振動で家具などが揺れたりしてしまうため、数cmの余裕を持って置けるモノを選びましょう。

設置場所に防水パンがある場合は、洗濯機の脚が防水パンに収まるかを寸法図でチェック。小型の洗濯機であればほぼ問題なく防水パンに設置できますが、ドラム式の洗濯機でサイズが大きいモノははみ出してしまうことがあります。洗濯機の仕様書には設置可能な防水パンのサイズが書かれているため、選んだ洗濯機が置けるか確認しておきましょう。

扉の開き方をチェック

縦型洗濯機は本体上の空間を十分に確保

By: amazon.co.jp

縦型洗濯機は上部のフタを開けて洗濯物を入れるタイプ。設置場所の上部に棚などの障害物があるとフタが全開できないため、寸法をよく確認して十分なスペースを確保してください。

中には、フタが半分に折れるタイプと折れないタイプがあります。フタが半分に折れるタイプなら洗濯機上部のスペースが狭くても使えるため、どうしても動かせない障害物がある方におすすめです。フタを開けた時の寸法もカタログや仕様書でチェックしておきましょう。

ドラム式洗濯機は右開きor左開きを確認

By: amazon.co.jp

ドラム式洗濯機は扉が手前に開きますが、右開きと左開きがあるため、風呂場のドアや通路の妨げにならないか確認することも大事。障害物でフタが全開できないと洗濯物の出し入れがしにくく使いづらくなってしまいます。

ドラム式洗濯機はどのモデルも購入時に右開きと左開きを選べるため、どちら側に開いたほうが使いやすいかを購入前にシミュレーションしておきましょう。

その他機能をチェック

By: amazon.co.jp

洗濯機にはさまざまな機能があり、ライフスタイルに合わせて選べばより便利に使えます。たとえば、寝る前に洗濯を予約できる「タイマー機能」、風呂水を活用できる「風呂水ポンプ」、デリケートな衣類を洗える「おしゃれ着コース」などはその一例です。どんな便利機能があるかを確認し、それが必要かどうか判断した上で選びましょう。

乾燥機能

By: panasonic.jp

洗濯機を選ぶ際には、乾燥機能が必要かどうかをよく考えましょう。帰りが遅くて外に洗濯物を干せないなら、乾燥機能があったほうが便利に使えます。反対に、週末にまとめ洗いをして外に干すのが基本なら、乾燥機能がないコスパのよいモノを選ぶのがおすすめです。

乾燥機能は方式によって本体価格が変わる点に注意が必要。乾燥能力が高いヒートポンプ式は短時間で乾燥ができて電気代も安めですが、本体価格は高めです。乾燥時間がやや長いヒーター式はヒートポンプより安く購入できますが、乾燥の電気代は上がってしまいます。なお、簡易乾燥機能つきのモデルは本体価格・電気代ともにリーズナブルですが、洗濯物を完全には乾せないため注意しましょう。

静音機能

洗濯機を夜間や早朝に使用する場合は、静音機能が搭載されているかをチェック。壁が薄いアパートやマンションでは隣家への配慮が必要なため、できるだけ運転音が静かなモノを選ぶと安心して使えます。

一般的な洗濯機の運転音は45dB程度。静音性の高い洗濯機は25~35dBほどの運転音で洗濯ができるため、夜間に使用しても運転音がほとんど気になりません。洗濯機の音が気になる場合は、仕様書で運転音をチェックしてから選びましょう。

一人暮らし洗濯機のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックの洗濯機は、洗剤の力を引き出して洗う「泡洗浄」が特徴。染み付いて取れない繊維の奥の汚れも微細な泡が入り込んで落とすため、油や泥で衣類を汚すことが多い方に向いています。また、エコナビが衣類の量や質を自動計測し、ベストな洗い方をしてくれる機能も便利です。ラインナップも多く、どのモデルもおしゃれなデザインで人気があります。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープの洗濯機は、特許も取得している「穴なし槽」が特徴。洗濯槽の外側で発生したカビや汚れが入り込まない構造なので、いつも清潔な洗濯機で衣類を洗いたい方におすすめです。穴のない洗濯槽は水流を加速できるため、洗浄力が高く汚れをきれいに落とせるのもメリット。洗濯槽に穴がない分だけ節水できるのも魅力です。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝の洗濯機は、大流量のダブルシャワーで衣類に素早く洗浄液を浸透させて洗う「浸透ザブーン洗浄」が特徴。温水で洗えるモノもあり、しつこい汚れを落とすのに最適です。4.5kgの最小モデルは、3つのシャワーで洗浄液を衣類全体にしっかり浸透させて洗うため、コンパクトでも洗浄力が高いのがポイントです。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立の洗濯機は大流量で洗う「ナイアガラ洗浄」と、衣類のシワを伸ばしながら乾燥させる「風アイロン」が特徴。毎日着るワイシャツやTシャツの黄ばみが気になる方や、アイロンがけが面倒な方におすすめです。

ハイアール(Haier)

By: amazon.co.jp

ハイアールの洗濯機はコスパのよさが最大の魅力。1人用の小型モデルでも風乾燥機能が搭載されており、2万円台で購入できるので、できるだけ安く洗濯機を購入したい方に選ばれています。中でも、急いでいる時に便利な「お急ぎコース」は10分で洗濯が完了するので、忙しい一人暮らしに最適です。

一人暮らし洗濯機のおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 10kg NA-VX3900L-W

泡洗浄で衣類の奥に染み込んだ汚れをしっかり落とし、ヒートポンプ乾燥で素早く乾かすドラム式洗濯機。洗濯から乾燥まで2時間弱程度で終了するため、帰宅後にその日の洗濯を済ませてしまいたい方におすすめです。省エネ乾燥モードもあり、電気代を抑えながら使用できます。

また、洗剤残りを防いでしっかりすすぐ「パワフル滝すすぎ」コースを搭載。念入りにすすぎたい衣類や汚れが気になる衣類を洗うのに最適です。泥汚れがひどい衣類に最適な「どろんこコース」や、デリケートな衣類を傷めずに洗う「おうちクリーニングコース」も便利です。

さらに、乾燥フィルターと排水フィルターの形状が新しくなり、従来機よりも糸くずの手入れが簡単になっています。洗濯槽は洗濯のたびに自動お手入れ機能が働くため、嫌な黒カビの発生を抑えることが可能。忙しい毎日でも楽に洗濯できる機能が搭載された製品です。

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 10kg BD-SG100CL-W

ドラム式洗濯機の叩き洗い効果が最大になるようにドラムの回転数をコントロールした「センサービッグドラム洗浄」で汚れをしっかり落とす製品。センサーが重い衣類を感知すると回転数をアップして洗浄するので、大物も隅々まできれいに洗濯できます。

高速風で乾燥しながらシワを伸ばす「風アイロン」は、面倒なアイロンがけの手間を減らせるので便利。毎日ワイシャツを着るビジネスマンにおすすめです。お急ぎコースや花粉コース、念入りコースなどの豊富なメニューもあり、快適に洗濯ができます。

また、洗濯終了後は「自動おそうじ」機能で洗濯槽の見えない部分の菌や汚れもきれいに洗い流すので、いつも清潔に使いたい方におすすめ。さまざまな衣類に対応できる豊富なコースを搭載した使い勝手のよい洗濯機です。

東芝(TOSHIBA) ドラム式洗濯乾燥機 9.0kg TW-95G7L-W

シンプルで使いやすい機能を搭載したドラム式洗濯機。初めてドラム式を購入したいという方におすすめです。容量もドラム式としては小さめの9.0kgなので、一人暮らし向けの部屋でも十分活用できます。

本モデルは、大流量のダブルシャワーで大量の衣類に素早く洗浄液を浸透させる「ザブーン洗浄」が特徴。汚れの種類が異なる衣類でも安定の洗浄力できれいに洗い上げます。大物洗いもできるので、毛布や布団を定期的に洗いたい方におすすめです。

さらに、ギアやベルトがないモーターを採用したことにより、独特のうなり音がなく運転音も静か。夜間や早朝に洗濯機の音を気にせずに使えるので、帰宅が遅い方や朝が早い方におすすめです。一人暮らしに最適な容量で使いやすいので、毎日の洗濯が快適になります。

シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 7kg ES-S7C-WL

一人暮らしの狭い部屋にも置けるコンパクトなドラム式洗濯機。容量7.0kgと標準サイズの防水パンに設置できるため、ドラム式をあきらめて縦型にしようと考えていた方にもおすすめです。乾燥容量は3.5kgまでなので、一般的な一人暮らしの場合2日分の衣類を乾燥できます。

また、洗濯の状況を見分ける4つのセンサーにより省エネ&節水運転が可能です。洗濯槽を回転させるモーターをインバーター制御することで、消費電力を抑えている点もポイント。運転音も24dBと静かなので、隣家への音が気になる方におすすめです。

さらに、シャープの独自技術であるプラズマクラスターイオンを洗濯終了後に洗濯槽内へ放出。洗濯機内部で発生するカビ菌や臭いの原因を抑制する効果が期待できます。節電と節水ができるコンパクトで使いやすいドラム式洗濯機です。

日立(HITACHI) 洗濯乾燥機 ビートウォッシュ BW-DV80C-N

ヒーター式乾燥機能を搭載した縦型洗濯機。一人暮らしでも乾燥機能が欲しい方やドラム式が置けない方におすすめです。「お急ぎコース」なら、1人分1.5kgの衣類を洗濯から乾燥まで約98分で終わらせてくれるので、帰宅後にその日のうちの洗濯を完了させて翌日は洗濯をしないという使い方もできます。

また、液体洗剤か粉末洗剤かを自動で検知して最適な溶かし方をするため、洗剤の洗浄効果を活かした高濃度洗浄液を作ることが可能。大流量の水で洗濯物をしっかり洗う「ナイアガラビート洗浄」に高濃度洗浄液を合わせることにより、しつこい皮脂汚れや泥汚れもすっきり落とせます。

さらに、本モデルは布団や毛布の丸洗いが可能。投入口が広く大物も楽に出し入れできるので、洗濯の負担を軽減したい方におすすめです。ガラストップデザインでおしゃれなのも魅力。縦型洗濯機で乾燥機能があり、洗浄力が高いモノを探している方におすすめです。

シャープ(SHARP) タテ型洗濯乾燥機 ES-PX8C-S

洗濯槽の外側に付着した汚れや黒カビが内部に入り込まない「穴なし槽」を採用したモデル。常に清潔な状態で洗濯ができるので、アレルゲンや菌が気になる方におすすめです。洗濯槽に穴がない構造により外槽との間にムダ水が発生しないため、1回あたりの洗濯で約30L節水できます。

洗濯槽に穴がないため、水を竜巻状に巻き上げて衣類をもみ洗いすることが可能。さらに、槽内壁のダイヤカットの凹凸でしっかりこすり洗いするため、落ちにくい汚れもしっかり落とせます。洗濯終了後はボタン1つで洗濯槽を水洗いし、プラズマクラスターを放出しながら洗濯槽を乾かすので、カビ菌の繁殖を抑制したい方におすすめです。

また、「ハンガー乾燥」は付属のハンガーに衣類をかけて乾かせるので、翌日着るワイシャツやTシャツを急いで乾かしたい時に便利。シワを抑えて短時間で乾かせるので、アイロンが楽になり電気代も抑えられます。節水や節電を心がけながら使える洗濯機です。

アクア(AQUA) 全自動洗濯機 6.0kg AQW-S60G-W

一人暮らしでも少し大きめの洗濯機でさまざまなものを洗いたい方におすすめの容量6.0kgモデル。毛布は3.0kgまで、布団は1.4kgまで洗えるので気持ちのよい寝具で就寝できます。さらに、タオルケットやカーテンなどの大物洗いの洗濯も可能です。

「3Dアクティブ洗浄&高濃度クリーン浸透」により、しつこい汚れもしっかり落とします。スクラブドラムの採用により、しっかりもみ洗いをしても布傷みが抑えられるので安心です。すすぎ1回コースや自分流コースもあり、用途に合わせて使えます。

天気の悪い日や部屋干しする際に便利な風乾燥機能を搭載。洗濯終了後は洗濯槽を自動で掃除するため、カビの発生を抑制できます。洗濯物をたっぷり洗える使い勝手のよいモノを探している方におすすめです。

ハイアール(Haier) 全自動洗濯機 5.5kg JW-C55A-W

できるだけ安い洗濯機で5.0kg以上の容量があるものを探している方におすすめの製品。容量5.5kgの風乾燥機能付きモデルにもかかわらず、2万円というコスパのよさが最大の魅力です。幅50cmのスリムボディで狭い洗面所にもすっきり設置できます。

時間がないときには10分で洗濯が完了する「お急ぎコース」が便利。洗う時間が短いので、デリケートな衣類を洗濯するのにもおすすめの機能です。

また、本モデル採用の新型3Dウィングパルセーターは、従来の4枚羽から5枚羽にバージョンアップし、しつこい汚れもきれいに洗浄します。高濃度洗浄機能により、落ちにくい繊維の奥の汚れもしっかり落とせるのがポイント。便利な機能と高い洗浄能力を備えたコスパのよい洗濯機です。

シャープ(SHARP) 全自動洗濯機 4.5kg ES-GE4B-C

風乾燥機能を搭載したコンパクトモデル。風乾燥で水分を飛ばしておくことで、天気の悪い日や部屋干しをする際も早く乾かせます。スピード洗濯対応の洗剤を使って「時短コース」で洗濯すれば、約28分で洗濯できるのもポイント。時間のない朝や急いで出かけたい休日に便利です。

少ない水量の濃い洗剤液で洗浄パワーを引き出しながら洗うため、しつこい汚れもしっかり落とせます。また、衣類の絡みを抑えながら洗浄と脱水を行う「シワ抑えコース」はアイロンがけが楽になるため、毎日ワイシャツを着るビジネスマンにおすすめです。

さらに、本モデルはコンパクトでも「おしゃれ着コース」や「大物洗いコース」を搭載。洗濯物を取り出す際に絡みをほぐす「ほぐし運転」は洗濯のストレスを減らしてくれます。3万円台で買える安さも魅力。コンパクトかつ機能面も充実した洗濯機を探している方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) 全自動洗濯機 4.5kg AW-45M7-W

本モデルは、3本のシャワーから洗浄洗剤液を衣類全体にしっかり浸透させてムラなく洗うパワフル洗浄が特徴。コンパクトな洗濯機でも洗浄力が高いものを探している方におすすめです。最低水位12Lで洗えるコースもあり、1人分の少ない汚れ物であれば節水しながら洗えます。

頑固な汚れをしっかり落とす「つけおきコース」は、油や泥汚れを落とすのに便利です。洗濯槽には丈夫で清潔に使えるステンレスを採用。使いやすさと見やすさを兼ね備えている操作パネルは機械が苦手な方でも簡単に扱えます。

洗濯予約は1時間ごとの設定が可能。起床時間に洗濯が終わるように予約をしておけば、朝起きてすぐに洗濯物を干せます。洗いの運転音は約38dB、脱水時は45dBと静かなので、騒音が気になるアパートでも安心。3万円以下で買えるコスパのよさも魅力の洗濯機です。