洗濯機は毎日の生活に欠かせない家電。一人暮らしの方にとっても必需品です。一人暮らし向けの洗濯機は、コンパクトな単機能モデルから一回り大きめの高機能モデルまでさまざま。

洗濯機を選ぶ際にはコストやスペースなどの制限が出てきますが、いくつもの洗濯機を比較することで最適な一台が見つかるはずです。そこで今回はおすすめの一人暮らし向け洗濯機を紹介します。

一人暮らし向け洗濯機の種類

王道は「縦型洗濯機」

By: amazon.co.jp

一人暮らし向け洗濯機の主流は上から洗濯物を出し入れする縦型洗濯機。コンパクトな構造なので、容量が3kg程度のモデルもあります。

縦型洗濯機のメリットは、ドラム式洗濯機に比べて価格が安い点。何かと節約したい一人暮らしに最適です。縦型洗濯機は洗濯物同士をこすり合わせて汚れを落とすので、しつこい汚れも落ちやすいのがメリット。

洗濯槽に水を溜めて洗うので、洗剤がよく泡立って洗浄力が高まるのも汚れ落ちがよい理由です。モデルによっては、洗濯中でもフタを開けて洗濯物を追加できる使いやすさもあります。

デメリットは衣類同士をこすり合わせるため、衣類の傷みやからみが気になる点。デリケートな素材の衣類はネットに入れて洗うか手洗いをする必要があります。水の使用量もドラムが斜めに設置されているドラム式に比べると多めです。

縦型洗濯機の乾燥能力はドラム式に比べると低いので、乾燥機も使いたい場合はドラム式とよく比較して検討するとよいでしょう。

設置スペースがある方は「ドラム式洗濯機」

By: panasonic.jp

ドラム式洗濯機は縦型洗濯機よりも一回り大きいのが特徴。ドラム式のほとんどは7kg以上の容量がありますが、設置スペースに余裕があり防水パンのサイズが合えば一人暮らしの部屋にも設置が可能です。最近はコンパクト設計のモノが増えているので、一人暮らしに適したサイズが見つかります。

ドラム式洗濯機は縦型洗濯機に比べて水の量が少なくて済む点が最大のメリット。一人暮らしで光熱費をできるだけ節約したい方におすすめです。少量の水で洗剤を溶かして洗濯するので、洗濯液の洗剤濃度が高く油や皮脂の汚れをすっきり落とせます。

洗濯物同士の摩擦が少ないため、衣類へのダメージが少ないのもメリット。ドラム式洗濯機は乾燥機能も高いので、洗濯機で乾燥まで済ませたい方におすすめです。

デメリットは少ない水量で洗うために色落ちしやすい衣類を洗うと他の洗濯物に色移りしやすい点。ドラム式洗濯機の構造はコンパクト化が難しいため、最小サイズのドラム式洗濯機でも縦型洗濯機に比べるとかなり大きく、設置場所にスペースが必要です。一人暮らしの狭いワンルームの洗濯機置き場にはドラム式洗濯機が設置できない場合もあります。

一人暮らし洗濯機の選び方

洗濯機の容量をチェック

洗濯機には洗濯容量があり、モデルによって一度に洗える洗濯の容量が決まっています。一般的には1人の人間から出る1日分の洗濯物は1.5kg程度とされており、これを目安に洗濯機の容量を決めるのがベストです。

一人暮らしなら1.5kg以上の容量があれば十分ですが、各メーカーから発売されている洗濯機の最小サイズは3~4kgなので、毎日こまめに洗濯するなら4kg程度の洗濯機を購入しておくとよいでしょう。

一人暮らしでもこまめに大きなモノを洗濯する方や、数日分の汚れ物をまとめて洗濯する習慣がある方には4kgの洗濯機では物足りない可能性もあります。この場合は少し大きめの6~7kgの洗濯機を購入しておくと安心。このサイズなら1.5kgの汚れ物を4~5日分まとめて洗濯できるので、水や電気も節約できます。

大きな洗濯物の例としては、シングルサイズのシーツが約1.0kg、毛布は2~3kgが目安。大物を何枚洗うかをよく考え、容量を計算して洗濯機を選びましょう。

洗濯機の本体サイズをチェック

By: panasonic.jp

一人暮らしの部屋はベランダや玄関先に洗濯機置き場が設置されていることがあります。部屋の中に洗濯機置き場がある場合はスペースが狭い場合があるので、設置場所のサイズをしっかり計っておきましょう。特にチェックしたいのは排水口の位置。洗濯機を防水パンに置いたときに排水ホースが届くか確認が必要です。

部屋に置ける洗濯機のサイズを把握したら、各メーカーの洗濯機をよく調べて自分の部屋に置けるモデルを探しましょう。洗濯機は容量が大きくなれば外形寸法も大きくなります。

安いからといって4kgを選ぶべきなのか、多少高くても一度にたくさん洗える6kgを選ぶべきなのかは、自分のライフスタイルや光熱費のランニングコストをよく考えると答えが出てきます。

一人暮らしでも高機能な洗濯機を使いたいなら7kg以上あるモデルがおすすめ。小型モデルには付加機能がないモデルが多いため、ハイスペックな洗濯機が欲しいならある程度の大きさがある洗濯機を選ぶ必要があります。

最近の洗濯機は省エネに優れ、洗濯中の音も静かなのが特徴。各メーカーとも高機能モデルに優れた洗浄能力を搭載しています。

扉の開き方をチェック

By: daewoosales.jp

洗濯機は縦型もドラム式も扉の開き方がモデルによって異なります。縦型は扉が上にありドラム式は前面にあるので、置き場所によっては扉の開く方向やスペースを事前にしっかりチェックしましょう。

縦型洗濯機の扉は上方向に開きますが、扉が半分に折れて開くタイプと折れないタイプがあります。縦型洗濯機の上部に棚などがある場合は、扉が半分に折れて開くタイプを購入した方が洗濯物も出し入れしやすくて便利。上部に障害物がない場合は、扉が折れないタイプでも問題はありません。

ドラム式洗濯機の扉は左右のどちらかに開きます。モデルによっては購入時に左右のどちらに扉を開くかを洗濯できるので、事前にカタログなどでチェックしてどちらの方向に開いた方が使いやすいかを検討しておきましょう。

洗濯機の価格をチェック

一人暮らしで洗濯機を購入する際に重要なのが価格。電化製品は新型モデルが高く、旧型モデルが安くなりますがこの点は洗濯機も同様です。少しでも安い洗濯機を購入したいなら、新型モデルが出て型落ちになった旧型モデルを狙うのがおすすめ。型落ちモデルでも最近の洗濯機は高機能なので十分満足できるモノが見つかります。

高機能な新型モデルを使いたいなら、高価でも満足できる洗濯機を購入した方が後悔しません。人によっては機能が高いモデルを購入した方が使い勝手もよくなる可能性があります。自分が洗濯機に何を求めるかをよく考えて納得出来る価格のモデルを選びましょう。

洗濯機の乾燥機能をチェック

最近の全自動洗濯機にはほとんど乾燥機能が付いていますが、乾燥機能の内容はモデルによって異なります。選んだ洗濯機が衣類をどの程度まで乾燥できるのかをよく確認してから購入しましょう。

簡易乾燥機能付きの洗濯機は脱水後の洗濯物に風を当てて水分を飛ばすだけで完全に乾燥はしません。ですが、脱水しただけの状態よりもかなり洗濯物が乾燥するので、雨の日に室内干しするときに使うと便利。簡易乾燥機能付き洗濯機は縦型のタイプに多く、価格も手頃なモデルがほとんどです。

洗濯機と乾燥機を1つにしたタイプは熱風を発するヒーターを搭載しており、洗濯物を完全に乾燥させてふんわり仕上げます。梅雨や洗濯物が乾きにくい季節でも洗濯物がしっかり乾くので便利です。縦型にもドラム式にも乾燥機能付きのモデルが多数あり、やや価格が高めになるのが特徴です。

一人暮らし洗濯機のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックの一人暮らし向け洗濯機は洗浄力が特徴。小型の縦型洗濯機には、60分でしっかり洗う「パワフル滝洗いコース」や、毛布などを清潔に洗い上げる「ダニバスターコース」が搭載され、毎日気持ちよく洗濯ができます。どのモデルも飽きのこないシンプルなデザインなので、一人暮らしのおしゃれなインテリアに最適です。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープは業界で初めて穴のない洗濯槽を開発したメーカー。一人暮らし向けサイズの洗濯機にも穴なし層を搭載しており、嫌な黒カビから洗濯物を守って清潔な水で洗い上げます。高濃度洗浄機能により濃い洗浄液で洗剤が持つパワーを引き出し、しつこい汚れをしっかり落とす機能が特徴。脱水の際に衣類が絡みにくい構造なので、洗濯物が取り出しやすくシワになりにくい点がメリットです。

アクア(AQUA)

By: amazon.co.jp

アクアは中国のハイアール・グループの統括会社。アジアの幅広い地域で家電製品の製造と販売を展開しています。洗濯機事業は旧三洋電機から事業譲渡されているので、日本の技術を活かした使いやすい洗濯機を発売していると評判です。

最大の魅力はコスパの高さ。手頃な価格の小型モデルにも3Dスパイラル水流や高濃度クリーン洗浄機能を搭載し、洗浄能力を高めています。

一人暮らし洗濯機のおすすめモデル

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 10kg ビッグドラム BD-SG100BL

10kgの容量がありながら幅60cmとスリムでコンパクトなモデル。一人暮らしで洗濯物をまとめ洗いしたい方や、大物をこまめに洗濯したい方におすすめです。

センサーが衣類の量や質を検知した上で大きなドラム内でたたき洗いをするセンサードラム洗浄は、洗濯物を際立つ白さに洗いあげます。毎日着るワイシャツやTシャツをキレイに仕上げたい方におすすめです。

高速風を吹きつけてシワを伸ばす風アイロンは、袖までシワのないキレイな状態に仕上げるので便利。衣類のシワが減るので面倒なアイロンがけがラクになります。

洗濯槽の裏側を洗い流す自動お掃除機能も便利。洗濯槽をキレイに保って目に見えないカビや菌の発生を抑制する効果が期待できます。一人暮らしでも大きめのドラム式洗濯機を探している方におすすめのモデルです。

アクア(AQUA) ドラム式洗濯機 8kg AQW-FV800E-W

節水したいからドラム式が欲しいけど乾燥機はいらない、という希望を叶えてくれるモデル。乾燥機能を搭載していないため、価格も10万円程度とお手頃です。

容量が8kgと大きめですが、幅59.5×奥行62.5cmとコンパクトなので一人暮らしの部屋でも設置できます。毛布や布団も洗えるので、寝具の嫌なカビやダニが気になる方におすすめです。

温水を使った40℃洗浄や60℃除菌コースは、衣類の黄ばみや皮脂汚れをすっきり落とします。泥がついた衣類は泥んこ予洗いコースで芯からキレイに洗えるので汚れ物が多い時に便利。

標準使用水量が約57Lと少量なので、節水しながら洗濯できます。容量が大きめのドラム式洗濯機でコスパの高いモデルを探している方におすすめです。

シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 7kg ES-S7C-WL

幅59.6×奥行60.0cmとコンパクトなドラム式洗濯乾燥機。縦型洗濯機が置ける標準サイズの防水パンに設置できるので、一人暮らしに最適です。洗濯物の出し入れがしやすい高さにドアが設置されているのが特徴。衣類をしっかり乾かせる乾燥機能付きなので、外干しができない方や乾燥機が必要な方におすすめです。

温度・水位・重量・振動の4つのセンサーにより、洗濯物の状況を見分けて電気や水を節約しながら運転が可能。インバーター制御により洗濯機の運転音が24dBと静かなので、近所への騒音が気になる方におすすめです。

洗濯終了時には自動でプラズマクラスターイオンを洗濯槽内に放出し、ドラム内部のカビ菌が繁殖するのを抑制する効果があります。洗濯機を清潔に保ちたい方にもおすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) ドラム式洗濯機 7kg キューブル NA-VG720L-N

シンプルなキュービックフォルムが美しいドラム式洗濯機。マンションにも設置できる幅60×奥行60cmのサイズは一人暮らしにもちょうどよいサイズ。洗剤に含まれる酵素が活性化する温度まで洗剤液を温めて泡にする温水泡洗浄は、洗濯物の嫌なニオイや黄ばみをすっきり解消します。今までの洗濯機の洗浄力に不満があった方におすすめです。

乾燥機能も充実しており、通常の乾燥モードの他に低温風パワフル乾燥を搭載。デリケートな衣類を低音で優しく乾燥させます。洗濯物の状態に合わせて選べるさまざまなモードがあり便利です。

すすぎの行程で給水した後にキレイな水を追加して槽洗浄する自動お手入れ機能により、嫌な洗濯槽の黒カビを抑えることが可能。見た目がおしゃれで機能面も充実したドラム式洗濯機を探している方におすすめです。

Daewoo ドラム式洗濯機 3kg DW-D30A-P

ドラム式洗濯機にも関わらず容量が3kgという超コンパクト設計なモデル。幅50×奥行46.5cmと小さいので、ワンルームの狭い洗濯機置き場にもすっきり設置できます。

乾燥機能がないため、洗濯のみのドラム式を探している方におすすめ。洗濯時は30dB、脱水時は35dBという静音設計なので安心して使えます。コンパクトでも多彩なメニューを搭載し、衣類の種類によって洗い分けが可能。温水洗濯機能もあり、しつこい皮脂汚れやシミをしっかり落とせます。

ドラムはステンレス製で汚れやニオイがつきにくい構造。カラーはピンクの他にブルーもあるのでインテリアに合わせて選べます。とにかく小さいドラム式洗濯機を探している方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) 全自動洗濯機 7kg NA-FA70H6-W

洗剤を素早く泡立て、衣類を泡で包み込みながら洗う縦型洗濯機。泡洗浄はしつこい泥汚れや皮脂汚れもすっきり落とします。強力な2つの大水量シャワーで汚れを落とすパワフル滝洗いコースも搭載。調味料やインクのシミもキレイに落とすのでガンコな汚れに悩んでいた方におすすめです。

温風つけおきコースは通常の約2倍の洗剤を使用して、約40 ℃まで衣類を加熱するので油汚れを落とすのに最適。作業着やユニフォームなどの洗濯をする方におすすめです。

洗濯機の天面はフラットフェイスで手入れも簡単。人間工学に基づいて設計された操作パネルや見やすいホワイト液晶は機械が苦手な方でも扱いやすいのが魅力です。一人暮らしでも大きめで洗浄力の高いモノを探している方におすすめします。

シャープ(SHARP) タテ型洗濯乾燥機 5kg ES-TX5B-N

一人暮らしでも多めの洗濯物を洗いたいときに嬉しい容量5kgの洗濯機。洗濯槽に穴がないので、外側や底裏の黒カビや汚れが槽内へ侵入せずに気持ちよく洗濯できます。洗濯槽に穴がない構造により、外槽の間に無駄な水が貯まることがなく節水効果が高いのが特徴です。

少量の衣類なら洗濯から乾燥まで約90分で完了。急いでいるときや雨が続く季節に重宝します。シワ抑えコースは衣類の絡みを抑えて洗浄し、優しく脱水するのでシワのない状態に仕上げることが可能。毎日のアイロンがけがラクになります。付加機能で洗濯をラクにしたい方におすすめのモデルです。

東芝(TOSHIBA) 全自動洗濯機 6kg ZABOON AW-6D6

幅56.5×奥行53.6cmの簡易乾燥機能付きモデル。2.5kgまでの洗濯物を風乾燥してから部屋干しできるので、雨が続く季節などに重宝します。パワフルなシャワーで濃い洗剤液を衣類にしっかり浸透させ、立体水流により衣類に染み付いた汚れをしっかり落とす浸透ザブーン洗浄が特徴。作業着のしつこい汚れやスポーツウェアの皮脂汚れが気になる方におすすめです。

食べこぼしのシミがついた衣類を夜のうちにつけ置きし、朝にはキレイに仕上げるつけおきコースは忙しい一人暮らしの生活に最適。つけ置き時間をこまめに設定できるので、汚れ具合に合わせて洗い方を選択できます。

洗濯時は29dB、脱水時は38dBと運転音も静か。夜中に帰ってきても安心して洗濯ができます。一人暮らしのライフスタイルに合う洗濯機を探している方におすすめです。

アクア(AQUA) 全自動洗濯機 4.5kg AQW-S45E-W

できるだけコンパクトな洗濯機を探している方におすすめのモデル。幅52.5×奥行50cmと小さいので、玄関先やベランダに洗濯機置き場がある一人暮らしにも最適です。

小さくても高濃度クリーン洗浄機能が搭載されており、洗剤を繊維の奥まで浸透させて洗い上げるので仕上がりには十分満足できます。フタはクリアウィンドウで洗濯の状況を目で確認できて安心です。

3Dスパイラル水流によるもみ洗い効果により、洗いムラがなくすっきり仕上がります。洗濯槽には抗菌パルセーターを採用し、自動掃除機能も搭載。洗濯機を常に清潔に保ちたい方におすすめです。

おいそぎコースやドライコースもあり、2万円台で購入できるコスパの高さも魅力。充実した機能とコスパの高い洗濯機を際がしている方におすすめのモデルです。

ケーズウェーブ(K’s Wave) 小型洗濯機&脱水機 2.5kg

洗濯機置き場がベランダや玄関先にあり、外には洗濯機を置きたくない方におすすめのモデル。本体質量が9kgと軽量なので、給水と排水ができる場所ならどこにでも移動して使えます。

付属の給水ホースを使えば水道の蛇口から給水ができ、本体の排水ホースを外せば簡単に排水できるので、洗面所の空きスペースや風呂場に移動して使用可能です。

サイズは幅37×奥行き36cmとコンパクト。洗濯と脱水のタイマーが一体になったダイヤルを回すだけで簡単に操作できます。サビやカビの発生を抑えるステンレス槽を採用している点も安心です。

付属のクツ洗い用スクリューを取り付ければ、スニーカーやスリッパをきれいに洗濯できます。1万円台という安さも魅力。とにかく小型で移動できる洗濯機を探している方におすすめです。