価格が比較的お手頃で、手が届きやすい一人暮らし向け洗濯機。サイズもコンパクトなモノが多く、ワンルームマンションでも設置しやすいモデルが数多くラインナップされています。時短コースや乾燥機能など、一人暮らしに便利な機能を搭載したモデルが人気です。

そこで今回は、一人暮らし向けおすすめ洗濯機をご紹介。洗濯機を選ぶ際のポイントもあわせて解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

一人暮らし向け洗濯機の容量は?

通常なら5kgから6kgがベスト

洗濯機の容量は、1度に洗濯または乾燥できる洗濯物の最大重量で表示されます。洗濯も乾燥もできるタイプは、最大重量が別々に記載されているので両方の容量を確認して選びましょう。

一人暮らし向けの洗濯機では5〜6kgモデルが主流。また、1日1人あたりの標準的な洗濯物量は約1.5kgといわれています。忙しい一人暮らしでは、数日分をまとめて洗濯する方も多く、洗濯容量5〜6kgは理想的です。

5〜6kgモデルは、便利機能や洗濯コースが充実したモノが多いのもメリット。静音性が高いモデルもあり、音が気になりやすいワンルームにも適しています。

毛布やシーツも洗いたいなら7kgから8kgもおすすめ!

洗濯機で毛布など大物を洗いたい方は、仕様表で毛布が洗えるかどうかをチェックしておきましょう。大物は、「毛布コース」「厚物洗いコース」などの大物専用コースで洗うのが一般的。通常より多くの水量で洗うことで、大きな毛布もしっかり洗えます。

毛布やシーツを洗濯機で洗いたい方は、洗濯容量7〜8kgモデルがおすすめ。シーツとタオルなどのまとめ洗いにも便利です。大物専用コースの対応容量が大きいので、大きな毛布もしっかり洗えます。

なお、大物洗いの場合、脱水時の音が大きくなりやすいのが難点です。大物を洗う機会が多い方は、静音性の高さにも注目して洗濯機を選んでみてください。

一人暮らし向け洗濯機の選び方

洗濯機のタイプをチェック

By: jp.sharp

洗濯機には、縦型とドラム式の2タイプがあります。縦型は縦向きの洗濯槽を搭載し、上部から洗濯物を出し入れするタイプです。洗濯槽に水をたっぷりためて洗うので、汚れ落ちがよいのが特徴。一人暮らし向けの洗濯機を豊富にラインナップしています。

一方、ドラム式は斜め横向きの洗濯槽を搭載し、前面のドアを開けて洗濯物を出し入れするタイプ。洗濯から乾燥までできるモデルが多く、洗濯物を干す手間を省けるのが魅力です。

どちらのタイプも一人暮らしにぴったりの特徴があるので、好みと予算に合わせて選んでみてください。

安い洗濯機をお探しなら「縦型洗濯機」がおすすめ

By: amazon.co.jp

縦型洗濯機は初期費用を抑えたい方におすすめです。洗濯容量5〜6kgなら3〜4万円前後で購入できるモノが多く販売されています。

ラインナップが豊富で、自分に合った洗濯機を見つけやすいのもメリットです。予約機能や時短コースなど忙しい一人暮らしに便利な機能や、お気に入りの洋服を洗えるおしゃれ着コースなどを搭載したモデルもあります。

高機能なほど洗濯機の価格も高くなるので、必要な機能を絞って選ぶのがポイント。なお、ランニングコストに関しては、縦向きの洗濯槽に水をたっぷり溜めて洗うため、水道代が高くなる傾向があります。

節水したい方は、洗浄にお風呂の残り湯を利用できるモノや、洗濯物の量に合わせて細かく水量を調節できるモノを探してみてください。

乾燥機能や温水機能を使うなら「ドラム式」がおすすめ

By: amazon.co.jp

ドラム式洗濯機はヒーターを内蔵したモデルが多く、乾燥機能や温水機能を使いたい方におすすめです。

ドラム式洗濯機では、斜め横向きの洗濯槽を回しながら、上から下へ衣類を落とすように洗濯します。そのため、ヒーターの温風が衣類にムラなく届きやすく、ふんわりと乾燥させられるのが魅力です。

乾燥機能があれば、干す手間を省けるので空いた時間を有効活用できます。また、梅雨や冬でも、洗濯物をしっかり乾かせるのもメリットです。女性の一人暮らしで、外に洗濯物を干すのが心配な方にも適しています。

温水機能を使えば、シャツの襟元などの黄ばみ汚れを落としやすくなるのも便利。ニオイの原因にもなる汗や皮脂汚れをすっきり落としたい方は、温水機能付きのドラム式洗濯機を検討してみてください。

洗濯機の静音性をチェック

一人暮らし向けの洗濯機を選ぶときに、必ず確認したいのが騒音値です。一人暮らしでは集合住宅に住んでいる方が多く、時間帯によっては洗濯機の騒音が近所迷惑になる可能性があります。

集合住宅でやむなく夜や朝に洗濯機を回したい方は、静音性が高い洗濯機がおすすめです。

静音性を重視するなら、洗濯時30dB前後、脱水時35dB前後dB以下、乾燥時40dB前後を目安に探してみてください。ちなみに、30dBは郊外の深夜、40dBは図書館内ほどの静かさとされています。なお、45dB以上は騒音が気になりやすいので、運転時間帯には十分注意しましょう。

洗濯機のサイズをチェック

By: amazon.co.jp

一人暮らしでは、用意された防水パンの上に洗濯機を設置するのが一般的。洗濯機を選ぶ際は、防水パンに合うか必ず確認しましょう。

また、給水用蛇口の位置も確認する必要があります。蛇口と洗濯機をホースでつなぐので、洗濯機よりも高い場所に蛇口が必要。縦型洗濯機の場合、蛇口が邪魔をせずに上ぶたを開けられるかも要チェックです。

なお、ドラム式洗濯機は縦型洗濯機よりも大きく、場所を取りやすいので注意。ドアを開けるために、前方に広いスペースを確保できるかもチェックしましょう。

さらに、搬入経路の確認も重要。洗濯機はサイズが大きいモノが多く、狭い通路やドアを通り抜けられない可能性があります。なかでも集合住宅の2階以上に住んでいる場合は、エレベーターや階段に洗濯機が通れるかしっかり確認しておきましょう。

洗濯機の機能をチェック

あると便利な「乾燥機能」

一人暮らし向けの洗濯機で、あれば便利なのが乾燥機能です。干す手間と時間を省けるので、時間を有効活用できます。また、悪天候でも寒い季節でも洗濯物をしっかり乾かせるのもメリット。部屋干しのニオイや、花粉の付着などが気になる方にもおすすめです。

縦型洗濯機にもドラム式洗濯機にも乾燥機能を搭載したモデルが存在します。しかし、一人暮らし向けの縦型洗濯機の場合、ヒーターを使わず風のみで水分を飛ばすだけの「簡易乾燥機能」が主流。最終的に干す手間がかかるので注意が必要です。

一方、ドラム式洗濯機はヒーター搭載モデルが多く、温風をあてて衣類を乾燥させることが可能。ふんわりとした手触りに仕上げられるのもメリットです。

なお、乾燥時に部屋の換気が必要なモノもあるので注意。防犯などの理由で窓を開けられない場合は、湿った空気を排出しない「ヒーター式水冷除湿タイプ」の乾燥方式を採用したモデルをチェックしてみてください。

節水に役立つ「風呂水ポンプ」

洗濯機は頻繁に使用するモノなので、水道代が気になりがちです。節水したい方は、お風呂の残り湯を再利用して洗濯できる洗濯機がおすすめ。「風呂水ポンプ」を使ってお風呂の水を吸い上げ、洗濯機へ給水できます。

また、お風呂の水がまだあたたかい場合は、洗浄力が向上し汚れがよく落ちるのもメリットです。

お風呂の水は、洗剤を投入して洗うときのみ使用するのがポイント。すすぎはきれいな水道水を使用すれば、お風呂の水の汚れが衣類に付くのを予防できます。なお、風呂水ポンプは汚れやすいので、定期的なお手入れが必要です。

黒カビの予防には「自動槽洗浄機能」

洗濯機を清潔に保つためには、定期的なお手入れが必要。忙しい一人暮らしでお手入れするのを忘れてしまうと、洗濯機も衣類もカビ臭くなってしまいます。

お手入れの頻度を抑えながら黒カビの発生を抑えたい方は、「自動洗浄機能」付きモデルがおすすめです。すすぎが終わった後などに洗濯槽の裏側などを自動的に洗い流す機能で、カビの原因となる石鹸カスや汚れの付着を軽減できます。

「槽乾燥」機能も黒カビ対策に有効です。槽内を乾かす機能で、カビの原因となる湿気を軽減できます。

なお、1〜2ヶ月に1回の定期的なお手入れには「槽洗浄」コースが便利。専用の洗浄剤を入れてスタートさせれば、洗濯槽をしっかり洗浄し黒カビの発生を抑えられます。

一人暮らし向け洗濯機は結局どれがおすすめ?

安さ・コスパ重視なら「5kg〜6kg」の縦型洗濯機

By: amazon.co.jp

初めての一人暮らしなどは家具や家電を揃えるのに出費が多いので、洗濯容量6kg以下の安いモデルが人気があります。

ドラム式洗濯機は容量が小さいモデルが少なく、価格も高価なモノが多いため、安さ重視の方は縦型洗濯機がおすすめです。

なかでも洗濯容量5〜6kgの縦型洗濯機は、安さと機能性が両立したコスパモデルが多いのが特徴。買い替えで、なるべく安くて使いやすい洗濯機を探している方はチェックしてみてください。

機能重視ならドラム式洗濯機

By: rakuten.co.jp

温水機能や乾燥機能などを使いたい方はドラム式洗濯機がおすすめです。ヒーター搭載モデルが多く、温水洗濯コースが充実。黄ばみ汚れもしっかり落とせます。

効率よく衣類を乾燥できるのもメリットです。衣類に温風をムラなくあてられるので、タオルをふんわりと乾かせるのも魅力。洗濯物を干す手間も省けます。

ただし、洗濯容量5〜6kgのモデルは数が少なく、洗濯容量7kg以上のモデルが主流です。ドラム式洗濯機は縦型洗濯機に比べてサイズが大きいほか、前方にドアを開けるためのスペースが必要なことに注意。さらに、マンションなどでは、搬入時にエレベーター・通路・玄関など狭い場所を通り抜けられるかもチェックしておきましょう。

布団やシーツも洗うなら「7kg〜8kg」の縦型 or ドラム式

By: amazon.co.jp

布団・毛布・シーツなど大物を洗う場合は、大物洗い専用コースを搭載したモデルを選ぶのがポイント。多めの水量で洗濯するため、分厚くても洗浄液が浸透しやすく奥の汚れまできれいに洗浄できます。

大物洗い専用コースを搭載した洗濯機は、洗濯容量7kg以上のモデルが主流です。洗濯容量5〜6kgモデルでも毛布コース付きのモノがありますが、対応容量が小さめなので注意。洗いたい毛布やシーツの重さに対応できるかをチェックして選びましょう。

乾燥機能付きのドラム式洗濯機なら、大物の洗浄から乾燥まで可能。干す手間を省けるので、手軽にシーツや乾燥機対応の毛布などを洗濯できます。大物を干すスペースがない方にもおすすめです。

なお、防水シーツや綿毛布などは洗濯機で洗えない場合があります。洗える生地の種類も確認しておきましょう。

静かな洗濯機なら「インバーター搭載モデル」か「ドラム式」

By: rakuten.co.jp

一人暮らしでは集合住宅の方が多く、夜や朝に洗濯機を回すと騒音が近所迷惑になる可能性があります。また、ワンルームでは洗濯機の運転音が気になりやすいため、静音性が高い洗濯機が人気です。

静音性の高い洗濯機を選ぶなら、インバーター搭載モデルがおすすめ。モーターを細かく制御して音を最小限に抑えられるほか、ベルトがない構造でベルト音がしません。

ドラム式洗濯機は、縦型洗濯機に比べて横揺れが少なく騒音の発生を抑えられます。運転音を少しでも抑えたい方は、ドラム式洗濯機を検討してみてください。なお、洗濯容量が小さいモデルほど騒音値が高い傾向があるので、静音性を重視する方は7kg以上のモデルを探してみてください。

一人暮らし向け洗濯機のおすすめメーカー

シャープ

By: jp.sharp

白物家電から黒物家電までは幅広く展開するシャープ。独自機能や便利機能が充実し、使い勝手のよい製品を多く展開しています。

一人暮らし向け洗濯機では、衣類や槽内の消臭や除菌効果が期待できる独自機能「プラズマクラスター」搭載モデルや、静音性が高いインバーター搭載モデルなどが人気です。

一人暮らしに便利な「時短コース」も搭載。また、縦型洗濯機には節水効果とカビ抑制効果が期待できる「穴なし槽」を採用しています。風呂水ポンプ対応モデルもあるので、水道代が気になる方はチェックしてみてください。

パナソニック

By: amazon.co.jp

日本の大手総合電機メーカー・パナソニック。高機能で便利な製品が多く、機能重視の方におすすめのメーカーです。洗濯機では、洗浄液を泡立てて洗う「泡洗浄」を採用。洗浄液が繊維の奥まで浸透し、皮脂汚れなどをしっかり落とせます。

マンションにも設置しやすいコンパクトなドラム式洗濯機シリーズ「Cuble」も人気です。温水洗濯コースが充実しているほか、「低温風パワフル乾燥」によりシワや布縮みを抑えながら 衣類をやさしく乾燥できます。

ハイアール

By: rakuten.co.jp

ハイアールは、白物家電やキッチン家電などを展開する中国の家電メーカー。リーズナブルながら機能が充実したモデルが多いのが特徴です。一人暮らし向け洗濯機では、洗濯容量6kg以下の小容量モデルを豊富にラインナップしています。

運転音が静かなインバーター搭載モデルや、「お急ぎ」コース搭載モデルなど一人暮らしに便利な洗濯機もあるので、コスパ重視の方はチェックしてみてください。

洗濯機の一人暮らし向けおすすめモデル|縦型

シャープ(SHARP) タテ型洗濯乾燥機 ES-TX5E

洗濯容量5.5kgとコンパクトながら、洗浄だけでなく乾燥もできる一人暮らし向け縦型洗濯機です。乾燥容量は3.5kgなので、一人暮らしなら約2日分の洗濯物を乾燥可能。また、最大0.4kgのおしゃれ着や最大1.5kgの毛布を乾かせる乾燥コースも搭載しています。

急な用事などで洋服が必要になったときに便利な「洗〜乾90コース」も人気です。ワイシャツ4枚程度の少量の洗濯物に対応し、約90分と短時間で洗濯と乾燥が完了します。

「時短」「おしゃれ着」「毛布」「シワ抑え」など洗浄のみのコースも充実。「ほぐし運転」を搭載し、脱水後の洗濯物のからみを軽減して洗濯物を取り出せるのもメリットです。

洗濯槽に「穴なし槽」を採用。外槽に水をためる必要がなく、穴あり槽に比べて節水できるのもおすすめポイント。さらに、外槽に付着したカビや汚れが内槽に侵入するのを予防できます。

パナソニック(Panasonic) 全自動洗濯機 NA-F60B14

「ビッグウェーブ洗浄」を搭載し、衣類の汚れをしっかり落とせる洗濯容量6kgの一人暮らし向け縦型洗濯機です。洗濯槽の底に「ビッグウイングパルセーター」を搭載。パルセーターが回転すると水平と垂直方向に水流が発生し、衣類をかくはんさせながらもみ洗いします。

ガンコな汚れを落としたいときに便利な「つけおき」コースや、デリケートな衣類をやさしく洗える「手洗い」コースも搭載。汚れや衣類に適した洗浄方法を選択できるのもメリットです。

また、予約タイマー機能を使えば、帰宅時間などに合わせて洗濯の終了も可能。帰宅時間が遅い方でも夜までに洗濯機を回せるので、騒音が気になる集合住宅でも安心です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 全自動洗濯機 5.0kg IAW-T501

低価格ながら、便利な機能が充実した洗濯容量5kgの一人暮らし向け縦型洗濯機です。洗濯を終了させたい時間を24時間後まで設定できる「予約」機能を搭載。帰宅時間に合わせて予約すれば、帰宅後すぐに洗濯物を干せます。

また、干し時間を短縮できる「部屋干しモード」も便利です。洗濯物が乾きやすいので、部屋干し臭も軽減できます。ほかにも、セーターなどが洗える「ドライ」、汚れを落としやすい「つけおき」、最大2kgまで洗える「毛布」など洗濯コースも充実。「すすぎ1回」コースなら節水も可能です。

「槽洗浄」「槽乾燥」コースも搭載。定期的にお手入れすることで、洗濯槽の黒カビ対策ができます。長く清潔に使いたい方にもおすすめの一人暮らし向け洗濯機です。

東芝(TOSHIBA) 全自動洗濯機 AW-6G9

「浸透パワフル洗浄」により、繊維の奥の汚れもすっきり洗い落とせる洗濯容量6kgの一人暮らし向け縦型洗濯機です。高濃度の洗剤液に衣類を浸してから水を注ぐので、繊維の奥まで洗浄液が浸透し汚れが落ちやすくなります。ワイシャツなどの黒ずみが気になる方にぴったりです。

最低水位12Lに設定できるため、数枚のタオルだけなど少量の洗濯物を節水しながら洗えるのもメリット。また、「すすぎ1回」に設定できるほか、付属の「風呂水ポンプ」を使ってお風呂の水を利用できるなど、節水機能が充実しています。水道代が気になる方はチェックしてみてください。

洗濯物の水分を飛ばして干し時間を短縮できる「部屋干しモード」も搭載。生乾きや部屋干し臭を対策したい方にもおすすめです。さらに、「からみまセンサー」により、布のからみを軽減。洗濯機からラクに洗濯物を取り出せます。

洗濯機の一人暮らし向けおすすめモデル|ドラム式

パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 Cuble NA-VG750L

「温水泡洗浄W」を搭載し、皮脂汚れを洗い落としやすい洗濯容量7kgの一人暮らし向けドラム式洗濯機です。ドラム槽下に温水専用ヒーターを搭載し、洗浄液を加熱し、洗浄力を高めます。また、泡立てることで洗浄液が衣類に浸透しやすくなり、繊維の奥の汚れまで洗い落とせるのもメリット。衣類の黄ばみが気になる方におすすめです。

温水泡洗浄Wでは、約15〜60℃まで多彩な温水洗濯コースを搭載。衣類の種類や汚れのタイプに合わせてコースを選択できます。「約40℃においスッキリ」コースもあり、衣類のにおいケアができるのも魅力です。

乾燥容量は3.6kg。「低温風パワフル乾燥」を採用し、室温より約15℃高い低温風で衣類を乾かします。高温による布縮みを抑えたい方にぴったり。さらに、大風量なのでシワが伸びやすく、ワイシャツの乾燥にも適しています。

シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 ES-S7E

独自の「プラズマクラスター」機能を搭載し、水で洗えない衣類や小物の除菌・消臭・花粉ケアなどもできる洗濯容量7kgの一人暮らし向けドラム式洗濯機です。

スーツの上着やコートなどに付着した花粉やニオイを軽減したい方にぴったり。また、プラズマクラスターは除電効果も期待できるので、気になる衣類の静電気対策にもおすすめです。

乾燥容量は3.5kg。水冷除湿式のヒーターセンサー乾燥を採用しています。湿った空気を排気しないので、部屋を換気せずに乾燥できるのがメリット。DDインバーター搭載の低騒音設計で、乾燥時の騒音値が36dBと静かなのも魅力です。

忙しい一人暮らしに便利な「時短」洗濯コースも搭載。おしゃれ着や毛布を洗えるコースも付いています。さらに、「予約タイマー」も搭載し、生活スケジュールに合わせて運転できるので便利です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ドラム式洗濯機 FL81R

乾燥機能は必要なくとも、温水でしっかり汚れを落としたい方におすすめの洗濯容量8kgの一人暮らし向けドラム式洗濯機。除菌ケアに適した約60℃コースや、皮脂汚れやニオイケアに適した約40℃コースなどを搭載しています。黄ばみが目立ちやすい白物が多い方におすすめです。

そのほかに「手洗い」「羽毛(ダウン)」「大物」など衣類の種類に合わせて選べるコースも充実しています。各コースでは、洗い時間・つけおき時間・すすぎ回数などを好みで調節できるほか、常温〜60℃まで5段階に温度を設定可能。汚れ具合などに合わせて、洗い方をカスタマイズできるのもメリットです。

また、部屋干し時間を短縮できる「部屋干しコース」や、洗濯終了時間を予約できる「タイマー予約」など一人暮らしに便利な機能も搭載しています。

洗濯機の一人暮らし向けおすすめモデル|7kg〜8kgモデル

シャープ(SHARP) タテ型洗濯乾燥機 ES-PW8E

独自の「ハンガー乾燥」を搭載し、ハンガーにかけた状態で衣類や小物を乾かせる洗濯容量8kgの一人暮らし向け縦型洗濯機。シワを抑えてシーツやワイシャツを乾かせます。アイロンがけをラクにしたい方へおすすめです。

独自の「プラズマクラスター」も搭載。水で洗えないブーツや上着などをハンガーに吊るせば、消臭ケアや花粉ケアもできます。外食先で付着した衣類のニオイを軽減したい場合にぴったりです。

洗濯コースも充実。約10分で洗濯できる「10分洗濯コース」が便利です。付属の「超音波ウォッシャー」を併用すれば、短時間でもボールペン・カレー・皮脂汚れなどしつこい汚れもしっかり洗えます。

「おそうじ自動槽洗い」を搭載。毎回脱水のときに槽の裏側を洗い流す機能で、洗濯槽の清潔が長持ちしやすいのもメリット。また、「穴なし槽」を採用し、外側の汚れやカビが槽内へ侵入するのを予防します。より清潔な水で洗濯したい方はチェックしてみてください。

東芝(TOSHIBA) タテ型洗濯乾燥機 ZABOON AW-8V9

皮脂汚れも食べこぼし汚れもきれいに落としやすい洗濯容量8kgの縦型洗濯機です。「温かザブーン洗浄」を搭載し、温風で洗浄液と衣類をあたためることで洗浄力が向上。0〜8時間つけおき時間を設定でき、汚れ具合に合わせてしっかり洗えます。

0.5kg程度の少量洗いならつけおきなしでも汚れが落ちやすく、気になる汚れを手早く洗い落としたい方にぴったり。また、「ほぐせる脱水」により、脱水後の洗濯物を簡単に取り出せるのもポイント。スムーズに洗濯物を干せます。また、容量4.5kgの乾燥機能付きなため、干す時間がないときは手早く衣類を乾燥可能です。

「風呂水ポンプ」を付属。お風呂の残り湯を使えるので、節水したい方にも適しています。さらに、一人暮らしに便利な「予約機能」も搭載。洗浄力の高い縦型洗濯機を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ハイアール(Haier) 7.0kg 全自動洗濯機 JW-C70C

低価格ながら、基本的な機能が充実したモデル。忙しい一人暮らしに便利な「お急ぎコース10分」や、生活スケジュールに合わせて洗濯機を回せる「タイマー予約」が便利です。

シワを抑えて脱水できる「しわケア」脱水も人気。アイロンがけの手間を軽減できます。また、干し時間を短縮できる「風乾燥」も付いており、生乾きや部屋干し臭が気になる方にもおすすめです。

さらに、「高濃度洗浄機能」を搭載し、繊維の奥まで洗浄液が浸透。「つけおき」モードを設定すれば、しつこい汚れもしっかり洗えます。リーズナブルながら機能が豊富なモデルを探している方に、おすすめのモデルです。

洗濯機の一人暮らし向けおすすめモデル|静音タイプ

東芝(TOSHIBA) 全自動洗濯機 ZABOON AW-7D9

「DDインバーター」を搭載し、洗濯時なら約26dBと静かに運転できる洗濯容量7kgの一人暮らし向け縦型洗濯機。脱水時でも約37dBと静かなので、やむなく夜や早朝に洗濯機を回す機会が多い方や、ワンルームマンションで洗濯機の騒音を抑えたい方におすすめです。

「ウルトラファインバブル洗浄」を搭載し、繊維の奥の皮脂汚れをしっかり洗えるのもメリット。直径約1μmの小さな水の泡を発生させ、汚れを浮かせて落とします。また、ウルトラファインバブル洗浄は水温が5℃と冷たくても高い洗浄力を発揮できるので、寒い季節でもワイシャツなどの黒ずんだ皮脂汚れをしっかり落とすことが可能です。

「予約機能」「部屋干しコース」など一人暮らしに便利な機能も充実しています。「ほぐせる脱水」付きで、洗濯物をスムーズに取り出せるのもおすすめポイントです。

日立(HITACHI) 洗濯乾燥機 BW-DV80F

静音性も機能性も高い洗濯容量8kgの一人暮らし向け縦型洗濯機。干す時間がない場合に便利な容量4.5kgの乾燥機能も付いています。インバーターを搭載し、乾燥時でも43dBと運転音が比較的静か。音が気になりやすいワンルームにぴったりです。

「AIお洗濯」を搭載。衣類の種類や汚れ具合に合わせて、AIが適した洗い方を自動設定します。細かく設定しなくても気になる汚れをしっかり洗えるので、洗濯機に不慣れな方にもおすすめです。

「温水ナイアガラビート洗浄」を搭載。高濃度洗浄液に浸けた洗濯物に「温水ミスト」を吹き付け、衣類を約30〜40℃にあたためながら洗います。洗浄力が向上し、皮脂汚れやニオイの原因菌もしっかり洗い落とせるのがメリットです。

ハイアール(Haier) 5.5kg 全自動洗濯機 JW-CD55A

洗濯容量5.5kgとコンパクトながら「DDインバーターモーター」を搭載し、比較的静かに運転できる一人暮らし向け縦型洗濯機。騒音値は、洗濯時なら約36dB、脱水時なら約42dBです。価格が比較的お手頃なので、安くて静かなモデルを探している方におすすめです。

洗濯コースも充実。10分で洗濯ができる「お急ぎコース」や、2.1kg以下の毛布が洗える「毛布」コースなどを搭載しています。

また、シワを抑えて脱水できる「しわケア脱水」や、干し時間を短縮できる「槽風乾燥」も便利。生活スケジュールに合わせて洗濯機を回せる「予約タイマー」も付いています。コスパのよい静音モデルの洗濯機を探している方は、ぜひチェックしてみてください。