生活家電の代表格とも言える「洗濯機」。購入する際は事前に使用するイメージを思い描いておくことが重要ですが、特に二人暮らしに合う洗濯機を選ぶには、洗濯の量や回数だけでなく、双方が好んで着る衣類の素材なども把握しておくことがポイントです。

そこで今回は二人暮らしにおすすめの洗濯機をご紹介。ドラム式と縦型に項目を分けて製品をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

二人暮らしはドラム式?それとも縦型?

ドラム式洗濯機が向いている方

By: panasonic.jp

ドラム式洗濯機は内部のドラムが斜めに設置されている機種が多く、少量の水で洗濯できるのが特徴。縦型洗濯機と比べてやや本体価格は高めですが、ランニングコスト低めなので、経済的に使えるのが魅力です。

構造的には洗濯物の出し入れが前後になるのもポイント。腰を屈めたり、膝を折ったりして対応することになる点は留意しておきましょう。

また、二人暮らしで共働きの場合は、乾燥機能があるととても便利。洗濯機から乾燥まで一気に済ませることができるので家事の負担が減らせます。時短を優先したい場合はドラム式洗濯機が有利です。

ドラム式洗濯機についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

縦型洗濯機が向いている方

By: amazon.co.jp

縦型洗濯機は洗濯物同士をこすり合わせてしつこい汚れもしっかり落とせるのがメリット。洗濯物に作業着やスポーツウェアが多い二人暮らしの方に向いています。縦型洗濯機は洗濯槽に水を溜めてつけ置き洗いすることも可能。相対的に洗浄力が高いのが特徴です。

コスト重視の二人暮らしにも縦型洗濯機が最適。ドラム式と比較して本体価格はリーズナブルなので、できるだけ安い洗濯機を選びたいなら縦型洗濯機から選ぶのがおすすめです。コンパクトでシンプルな機能の洗濯機で十分であれば、2~3万円台から購入できるモデルもあります。

縦型洗濯機は洗濯中にフタを開けて中身を確認したり、洗濯物を追加投入できたりするのもメリット。ただし、乾燥については搭載しているモデルであっても簡易的な場合が多く、ドラム式洗濯機のほうが有利です。縦型洗濯機を選ぶ際は別途衣類乾燥機の購入も検討しておきましょう。

縦型洗濯機についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

二人暮らし洗濯機の選び方

容量をチェック

洗濯機は1度に洗える洗濯の容量が決まっています。1人あたり1日に出す洗濯物は1.5kg程度が目安。二人暮らしなら3kg以上の容量が必要です。

ただし、最近の洗濯機は大型化の傾向にあり、コンパクトなサイズであっても4.5~5kgが相場。毎日洗濯するなら5kg程度で十分ですが、シーツや毛布をこまめに洗いたいなら、7kg前後の洗濯機の購入も視野に入れておきましょう。

共働きで数日分の汚れ物をまとめて洗濯するのであれば、5kgの洗濯機では物足りない場合も考えられます。3日分をまとめ洗いするなら、2人分3kg×3日分で9kgの洗濯物が出る計算になるので、それ相応のモデルも検討する必要があります。

大きさをチェック

By: panasonic.jp

洗面所に洗濯機置き場がある場合は、全体のスペースを計るとともに防水パンのサイズと排水口の位置もチェックする必要があります。洗濯機が置けても排水ホースが排水口に届かないこともあるので、洗濯機の左右のどちらに排水ホースがあるかも確認しておきましょう。

なお、マンションやアパートで二人暮らしを始めると、洗濯機置き場がベランダや玄関先に設置されていることも考えられます。置き場所のスペースがどのくらいあるかをよく確認するのは室内の洗面所近くに設置する場合と同様ですが、外置きの場合は特に水回りに配慮しておきましょう。

乾燥機能をチェック

洗濯機は洗浄力だけでなく乾燥機能も各メーカーや機種によって異なります。二人にとってどんな機能が必要かどうかは購入する前に話し合っておきましょう。

まずは「洗濯機に高性能な乾燥機能が必要かどうか」を確認。除湿機やバスルームの衣類乾燥をフル活用するのであれば、乾燥機能の優先度は最重要項目ではなくなってきます。乾燥機能付きの洗濯機はその分価格が高くなるので、よく検討しましょう。

次に考えたいのが乾燥機能の能力。洗濯機の乾燥機能には、簡易乾燥機能と通常の乾燥機能があります。簡易乾燥機能付き洗濯機は縦型に多く価格が安いのが特徴です。簡易乾燥機能は主に脱水した洗濯物に風を当てて水分を飛ばす機能。完全に乾燥することは難しいので、洗濯から乾燥までを一気に済ませたい方には向いていません。

通常の乾燥機能を持つモデルは洗濯から乾燥までを一連の流れで行います。乾燥機にはヒーターを搭載し、熱風で洗濯物を完全に乾かすので、総じてふんわり仕上がるのが特徴です。本体価格は高めになりますが、梅雨時期の洗濯には重宝します。「外に洗濯物を干すのは面倒だが、かといって毎回部屋干しでは匂いが気になる」という方は乾燥機能付きの洗濯機を候補に入れておきましょう。

付加機能をチェック

最近の洗濯機は高機能化しており、さまざまな機能を備えています。付加機能があるモデルは価格が高くなるため、二人暮らしの生活に必要な機能かどうかを判断することが重要。「ハイエンドモデルなら満足するだろう」と思っても、使わない機能が多数ある場合はオーバースペックとなり、結果的にお得な買い物とは言えません。

ニオイや菌を防ぐ機能、洗剤を泡立てる機能、温水洗浄機能、自動洗濯槽掃除機能、スマホ遠隔操作機能など、独自の機能は各メーカーによってさまざまな。自分にとって便利な機能を搭載している洗濯機を選べば、毎日の家事が楽になるのでしっかりチェックしておきましょう。

扉の開き方をチェック

洗濯機はモデルによって扉の開き方が異なります。縦型は扉が上部にあるので、洗濯機の上にスペースを設けることが必要。ドラム式は扉が前面にあり左右のどちらかに開くので、置き場所によっては扉の開く方向を選ぶ必要があります。使い勝手をよく考えて扉の開き方をチェックしてから購入しましょう。

縦型洗濯機の扉は半分に折れて上に開くタイプと折れずに開くタイプがあります。洗濯機の上に棚などがあると扉が当たる可能性があるので、扉が半分に折れて開くタイプを選んだ方が使いやすくて便利。洗濯機の上部に何もない場合は、扉が折れないタイプを使った方が洗濯物の出し入れがしやすいのでおすすめです。

ドラム式洗濯機は左右のどちらかに扉が開きます。洗濯機置き場の左右に障害物がないかよく確認し、どちらに開いたほうが洗濯物の出し入れがしやすいかをよく検討しましょう。洗濯機によっては購入時に扉の開く方向を選べるので、事前にホームページやカタログでチェックしておくと安心です。

二人暮らし洗濯機のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックの洗濯機は洗浄力にも定評があり、温水や泡洗浄の機能を備えたモデルが人気。ヒートポンプ式の乾燥機能は乾燥時間が短くて済むので効率的な節電が可能です。スタイリッシュなデザインも魅力的で、操作パネルを後方に配置して洗濯物の出し入れをしやすくしているなど、使い勝手にも配慮したモデルもラインナップしています。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立はドラム式洗濯機であれば乾燥機能の「風アイロン」、縦型洗濯機であれば「洗剤汚れセンサーシステム」が優秀。「風アイロン」は衣類のシワを極力抑えるのが特徴で、アイロンがけが楽になります。「洗剤汚れセンサーシステム」は投入された洗剤が粉末なのか液体なのかを判断し、自動で最適な設定が行えるのが便利な点です。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープの洗濯機は「プラズマクラスター」と「穴のない洗濯槽」を採用しているのが特徴。「プラズマクラスター」は除菌や消臭効果が期待できる同メーカーのお家芸で、後者は節水性が高く、カビなどが発生しにくいのがポイントです。「穴のない洗濯槽」は衛生的に洗濯機を使い続けたい方に便利。製品を選ぶ際はぜひチェックしておきましょう。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

縦型・ドラム式ともに揃えている東芝。前者は静音性の高いS-DDモーターを採用したモデルが人気で、後者は皮脂汚れを落とす効果が高い「ウルトラファインバブル洗浄」を搭載しているモデルが好評です。

二人暮らし洗濯機のおすすめ人気モデル|ドラム式

パナソニック(Panasonic) ドラム式洗濯乾燥機 11kg NA-VX8900L

パナソニック(Panasonic) ドラム式洗濯乾燥機 11kg NA-VX8900L

パナソニックの容量11kgモデル。洗剤を泡立て、繊維の奥まで浸透させる「泡洗浄W」機能を搭載しているのが特徴です。「泡生成ボックス」で洗剤の泡を作り、衣類に振りかけます。その後、全方向からシャワーを噴射することにより、泡が衣類の中まで浸透。襟の皮脂汚れや醤油ジミなど、今まで落ちにくかった汚れも落とせる、洗浄力が高い洗濯乾燥機です。

また、「温水泡洗浄W」を搭載しているのもポイント。洗剤酵素を活性化させる温度まで温めるので、黄ばみやニオイも落としやすいのがメリットです。乾燥方式はヒートポンプ乾燥を採用。除湿機で乾かすように低温風で乾かすため、衣類を柔らかい状態で乾燥できるのが特徴です。

液体洗剤・柔軟剤用のタンクを備えており、最適な量だけ自動投入できるのも魅力。洗濯のたびに洗剤を入れる手間が省けます。洗浄力の高い洗濯機を探している方におすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 10kg NA-VG2300L/R

パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 10kg NA-VG2300L/R

キュービックフォルムとステンレス素材を採用した、デザイン性が高いドラム洗濯乾燥機です。洗濯容量は10kg。従来モデルに比べて、乾燥容量がアップして5kgとなっています。

微粒子イオン「ナノイー X」で、衣類などについた花粉を落とせるのがポイント。水洗いしにくいコートや帽子の除菌・消臭もできます。また、「スマホで洗濯」アプリに対応しているのも特徴。外出先からリモート操作できるので、帰宅時間に合わせて洗濯することが可能です。待ち時間を減らせるほか、洗濯のし忘れも防げます。

温水を使った洗剤の泡で洗う「温水泡洗浄W」機能も搭載。黄ばみやニオイを落としやすいのがメリットです。容量が10kgと大きめなので、まとめ洗いすることの多い、共働き家庭の方におすすめの洗濯乾燥機です。

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 ヒートリサイクル 風アイロンビッグドラム 10kg BD-SG100CL

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 ヒートリサイクル 風アイロンビッグドラム 10kg BD-SG100CL

洗濯時の運転音が34dBと、静音性が高い日立のドラム式洗濯乾燥機です。脱水時は37dB、乾燥時は48dBとこちらも比較的静か。洗濯容量10kgと大きめなので、二人暮らしのまとめ洗いにも適したモデルです。

洗浄方式は「センサービッグドラム洗浄」を採用。洗濯槽の上まで、衣類を持ち上げて落とす強力な「たたき洗い」で、汚れを落とします。また、3D加速度センサーと布量センサーを内蔵しているのがポイント。衣類の量と質を判別します。その上で、回転数センサーがドラム回転速度をコントロール。効率的に洗浄できるのがメリットです。

また、メーカー独自の「風アイロン」機能を搭載しているのも特徴。ジェットファンモーターによって生み出された時速約300kmの風が、シワを伸ばしながら乾燥します。アイロンがけなしで着られるレベルに仕上がるのもポイント。家事の手間を軽減したい方におすすめの洗濯乾燥機です。

東芝(TOSHIBA) ドラム式洗濯乾燥機 12kg TW-127X7L

東芝(TOSHIBA) ドラム式洗濯乾燥機 12kg TW-127X7L

東芝の大容量12kgハイエンドモデル。騒音の原因となるギアやベルトを廃して、ダイレクトドライブ方式の「S-DDモーター」を採用しているのが特徴です。洗濯時は32dB、脱水時37dB、そして乾燥時42dbという静音性の高さが魅力。また、振動吸収クッションを搭載しており、揺れが少なく、衣類が片寄りにくいのもメリットです。

洗浄のポイントは「ウルトラファインバブル洗浄W」。直径1μm未満という、ナノサイズの泡が繊維の中まで入り込むとともに、洗剤の洗浄成分の効果を高めます。

洗濯容量は12kg、乾燥容量7kgと、いずれも洗濯機トップクラスの大容量。マンションなどの集合住宅で、夜間や早朝に洗濯することの多い方や共働きの方におすすめのドラム式洗濯乾燥機です。

シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 Wi-Fi対応 ES-W111

シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 Wi-Fi対応 ES-W111

Wi-Fi機能を搭載した洗濯乾燥機です。同社のクラウドサービス「COCORO WASH」を利用すれば、天気情報や季節、そして洗濯履歴に応じた洗濯方法をアプリ経由で設定できるのがポイント。洗濯終了のお知らせが届くほか、洗濯時の衣類量や汚れ度合に応じて、節水具合など洗濯の結果を通知してくれるので、スマホとスムーズに連携できるのが魅力です。

洗濯に関しては「超音波ウォッシャー」を搭載しているのが特徴。毎秒約38000回の超音波振動で予洗いした後、マイクロ高圧洗浄の「時短コース(10分洗濯)」で本洗いすれば、圧倒的に短い時間で洗濯できるのもメリットです。

また、「ハイブリッド乾燥」を搭載しているのがポイント。ヒートポンプとサポートヒーターを併用することにより、ふんわりした柔らかい仕上がりと省エネ性を両立しています。

二人暮らし洗濯機のおすすめ人気モデル|縦型

パナソニック(Panasonic) 縦型洗濯乾燥機 12kg NA-FA120V1

パナソニック(Panasonic) 縦型洗濯乾燥機 12kg NA-FA120V1

12kgという最大クラスの洗濯容量がポイントの縦型洗濯機です。取り出し口が437mmと大口径なので、大量の洗濯物も出し入れがラクラク。また、洗濯槽が手前近くに配置されているとともに、上部が手前に傾斜しており、大きな毛布も取り出しやすいのがメリットです。

循環ポンプにより洗剤を泡立てながら衣服にふりかける「泡洗浄W」を搭載。繊維の奥まで泡が浸透するため、頑固な汚れも落としやすい機能です。さらに、「パワフル滝洗いコース」を搭載。2つの大水流シャワーでしっかり汚れを落とします。洗濯槽には大きな3枚羽根を搭載しており、強い水流を起こすのがポイントです。

さらに、「おうちクリーニングコース」が用意されているのもポイント。やさしく押し洗いするので、デリケートな衣類でも安心して対応できます。週末にまとめ洗いする方におすすめの大容量洗濯乾燥機です。

日立(HITACHI) 縦型洗濯乾燥機 ビートウォッシュ 8kg BW-V80C

日立(HITACHI) 縦型洗濯乾燥機 ビートウォッシュ 8kg BW-V80C

容量8kgと二人暮らしで使いやすい日立の縦型モデルです。サイズは幅608×奥行610×高さ1000mmと比較的コンパクト。そして、取り出し口の幅は広めの約380mmに設定されているので、洗濯物を出し入れしやすいのもメリットです。

洗浄方式は、予洗いの手間を省く「ナイアガラ ビート洗浄」を採用。衣類に高濃度洗剤を浸透させた後、「押し洗い」「たたき洗い」「もみ洗い」を行います。

回転羽根には「ビートウィングX」を採用。衣類を大きく動かすビートスロープ、小刻みに動かすビートライン、そして洗濯版効果があるビートボールを備えているのがポイント。各種洗いを効率的におこないます。また、大流量の「ナイアガラシャワー」で洗いムラを抑えた洗浄が可能です。

上部は強化ガラスを使用したガラストップデザイン。キズつきにくく、デザイン性が高いのがポイントです。また、糸くずフィルターはスライド式を採用。ゴミに触れずに捨てられます。

東芝(TOSHIBA) 縦型洗濯乾燥機 7kg AW-7G6

東芝(TOSHIBA) 縦型洗濯乾燥機 7kg AW-7G6

衣類の汚れをしっかり落とす「浸透パワフル洗浄」を採用した東芝の7kg縦型洗濯乾燥機 。少ない水で作り上げた高濃度洗剤を衣類に浸透させた後、水を追加して強い水量で洗い上げます。

「温度センサー」を搭載しているのもポイント。室温から水温を予測し、洗濯時間をコントロールするため、寒い時期でもしっかり洗えます。

また、ヒーターを使わない「風乾燥」機能も便利。「からみまセンサー」を内蔵しており、衣類のからみ具合を検知してほぐし時間をコントロールします。衣類のからみが少ないので、取り出しやすいのがメリットです。

また、6・9時間後に設定できる、予約機能も搭載。洗う時の運転音は約35dBと静音性も良好です。サイズが幅563×奥行580×高さ987mmとコンパクト。トータルバランスに優れたおすすめの洗濯乾燥機です。

シャープ(SHARP) 全自動洗濯機 7kg ES-GV7C

シャープ(SHARP) 全自動洗濯機 7kg ES-GV7C

シャープの全自動洗濯機。穴なし槽を採用することによって、洗濯槽の外側についた汚れが侵入しにくいのが特徴です。黒カビが洗濯物に付着しないのがメリット。しかも洗濯槽の外側にムダ水がたまらないため、少ない水でもしっかり洗浄できる構造を採用しています。

「もみ洗い」「こすり洗い」のW洗浄効果を期待できるのがポイント。穴がないので水流が速い「もみ洗い」とともに、洗濯槽の凹凸で「こすり洗い」が可能です。洗濯モードは「シワ抑えコース」「ガンコ汚れコース」そして、デリケート素材用の「おしゃれ着コース」。さらには、時短洗濯ができる「10分洗濯コース」なども備えています。

また、脱水時に洗濯槽底のパルセーターをゆっくり動かすことにより、洗濯物のからみをほぐす「ほぐし運転」機能を搭載。洗濯物を取り出しやすいのも魅力です。洗濯容量は7kg。二人暮らし用としてスタンダードな洗濯機を探している方はぜひチェックしておきましょう。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 全自動洗濯機 7kg 簡易乾燥機能付き IAW-T701

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 全自動洗濯機 7kg 簡易乾燥機能付き IAW-T701

容量7kgと二人暮らしには十分なスペックながら、3万円台前半というリーズナブルな価格が魅力の全自動洗濯機。洗濯コースは、すすぎを2回おこなう「標準」をはじめ、頑固な汚れを落とす「つけおき」、そして「お急ぎ」コースなど豊富なコースが用意されています。

また、「部屋干し」モードを備えているのもポイント。6分の脱水の後、60分間脱水槽の回転で乾燥させることにより、部屋干し時間が短縮できます。洗濯終了時刻を予約できる機能も便利。1時間単位で24時間まで細かく設定可能です。

安価なモデルながら、風呂水ポンプが付属しているのもメリット。風呂の残り湯を利用することにより、水道水の節約ができます。また、フタが開かないチャイルドロック機能も搭載。基本的な性能は網羅しているので、価格重視で洗濯機を選びたい方におすすめです。

ハイアール(Haier) 全自動洗濯機 5.5kg JW-C55A-K

ハイアール(Haier) 全自動洗濯機 5.5kg JW-C55A-K

2万円前後とリーズナブルな価格が魅力の全自動洗濯機です。洗濯容量は5.5kgと二人暮らしの場合ではやや物足りなさを感じますが、サイズは幅526×奥行500×高さ888mmとコンパクトにまとまっているので、設置しやすいのがメリットです。

洗濯槽底面には「3Dウィングパルセーター」を採用。5枚羽根によって、らせん状の水流を作り出すのが特徴で、衣類へのダメージを軽減できます。

また、「高濃度洗浄」機能を搭載しているのも魅力。給水が完了する前から洗濯を始めるので、濃度が高い洗剤であっても繊維の隅々まで浸透させることができます。さらに、脱水時に「しわケア」モードを選べるのもポイント。シワになりやすいシャツやブラウスの洗濯もスムーズに対応できます。「とりあえず洗濯機がほしい」という方はぜひ候補として検討してみましょう。