生活家電の代表格ともいえる「洗濯機」。購入する際は事前に使用するイメージを思い描いておくことが重要ですが、特に二人暮らしに合う洗濯機を選ぶには、洗濯の量や回数なども把握しておくことがポイントです。

そこで今回は、二人暮らしにおすすめの洗濯機をご紹介。ドラム式と縦型に項目を分けて製品をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

二人暮らしはドラム式?それとも縦型?

ドラム式洗濯機が向いている方

By: amazon.co.jp

ドラム式洗濯機は内部のドラムが斜めに設置されている機種が多く、少量の水で洗濯できるのが特徴。縦型洗濯機と比べてやや本体価格は高めですが、ランニングコストが低めなので、経済的に使えるのが魅力です。

構造的には洗濯物の出し入れの方向が前後になるのもポイント。洗濯をする際に腰を屈めたり、膝を折ったりする必要がある点は留意しておきましょう。

また、二人暮らしで共働きの場合は、乾燥機能があるとより便利。洗濯から乾燥まで一気に済ませられるので家事の負担が減らせます。家事の時短を優先したい場合はドラム式洗濯機がおすすめです。

ドラム式洗濯機についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

縦型洗濯機が向いている方

By: jp.sharp

縦型洗濯機は洗濯物同士をこすり合わせてしつこい汚れもしっかり落とせるのがメリット。洗濯物に作業着やスポーツウェアが多い二人暮らしの方に向いています。縦型洗濯機は洗濯槽に水をためてつけ置き洗いすることも可能です。

コスト重視の二人暮らしにも縦型洗濯機がぴったり。ドラム式と比較して本体価格はリーズナブルなので、できるだけ安い洗濯機を選びたいなら縦型洗濯機から選ぶのがおすすめです。コンパクトかつシンプルな機能の洗濯機で十分であれば、2~3万円台から購入できるモデルもあります。

縦型洗濯機は洗濯中にフタを開けて中身を確認したり、洗濯物を追加投入できたりするのもメリット。ただし、乾燥については搭載しているモデルであっても簡易的な場合が多く、ドラム式洗濯機のほうが有利です。縦型洗濯機を選ぶ際は、必要に応じて別途衣類乾燥機の購入も検討してみてください。

縦型洗濯機についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

二人暮らし洗濯機の選び方

容量は7kg前後がおすすめ

By: hitachi.co.jp

洗濯機を選ぶ際に確認しておきたいのが、洗濯物を入れられる容量。1人につき1日約1.5kgが目安です。バスタオルのほか、シーツなどの大きいモノも一緒に洗濯したい場合は、さらに1~2kg程度余裕がある製品を選びましょう。

二人暮らしであれば、7kg前後の洗濯機がおすすめ。1日分の洗濯物を毎日洗いたい方はもちろん、十分な容量があるので2~3日分をまとめて洗いたい方にも適しています。

出張や旅行、雨などの影響で衣類がたまってしまうこともある点に注意。洗濯容量に余裕を持たせたい場合は、容量が7kg以上ある製品も検討してみてください。

大きさをチェック

By: panasonic.jp

洗面所に洗濯機置き場がある場合は、全体のスペースを計るとともに防水パンのサイズと排水口の位置もチェックする必要があります。洗濯機が置けても排水ホースが排水口に届かないこともあるので、洗濯機の左右のどちらに排水ホースがあるかも確認しておきましょう。

なお、マンションやアパートで二人暮らしを始めると、洗濯機置き場がベランダや玄関先に設置されていることも考えられます。置き場所のスペースがどのくらいあるかを確認しておくのは、室内の洗面所付近に設置する場合と同様ですが、外置きの場合は特に蛇口や排水場所も考慮しておきましょう。

乾燥機能をチェック

乾燥機能も各メーカーや機種によって異なります。まずは、高性能な乾燥機能が必要かを確認することが重要。除湿機やバスルームの衣類乾燥をフル活用すれば、乾燥機能の優先度は最重要項目ではなくなります。乾燥機能付きの洗濯機はその分価格が高くなるので、確認しておきましょう。

次に考えたいのが乾燥機能の能力。洗濯機の乾燥機能には、簡易乾燥機能と通常の乾燥機能があります。簡易乾燥機能付き洗濯機は縦型に多く、価格が安いのが特徴です。簡易乾燥機能は主に脱水した洗濯物に風を当てて水分を飛ばす機能。完全に乾燥することは難しいので、洗濯から乾燥までを一気に済ませたい方にはあまり向いていません。

通常の乾燥機能を持つモデルは洗濯から乾燥までを一連の流れで行います。乾燥機にはヒーターを搭載し、熱風で洗濯物を乾かすのでふんわり仕上がるのが特徴。価格は高めですが、梅雨時期の洗濯には重宝します。

付加機能をチェック

最近の洗濯機は高機能化しており、さまざまな機能を備えています。付加機能があるモデルは価格が高くなるため、二人暮らしの生活に必要な機能かどうかを判断することが重要です。ハイエンドモデルを購入しても使わない機能が多数ある場合はオーバースペックとなり、結果的にお得な買い物とはいえません。

ニオイや菌を防ぐ機能・洗剤を泡立てる機能・温水洗浄機能・自動洗濯槽掃除機能・スマホ遠隔操作機能など、独自の機能は各メーカーによってさまざま。自分にとって便利な機能を搭載している洗濯機を選べば、毎日の家事が楽になるのでしっかりチェックしておきましょう。

扉の開き方をチェック

洗濯機はモデルによって扉の開き方が異なります。縦型は扉が上部にあるので、洗濯機の上にスペースを設けることが必要。ドラム式は扉が前面にあり左右のどちらかに開くので、置き場所によっては扉の開く方向を選ぶ必要があります。使い勝手をよく考えて扉の開き方をチェックしてから購入しましょう。

縦型洗濯機の扉は半分に折れて上に開くタイプと折れずに開くタイプがあります。洗濯機の上に棚などがあると扉が当たる可能性があるので、扉が半分に折れて開くタイプを選んだほうが使いやすくて便利。洗濯機の上部に何もない場合は、扉が折れないタイプを使ったほうが洗濯物の出し入れがしやすいのでおすすめです。

ドラム式洗濯機は左右のどちらかに扉が開きます。洗濯機置き場の左右に障害物がないか確認し、どちらに開いたほうが洗濯物の出し入れがしやすいかをよく検討しましょう。洗濯機によっては購入時に扉の開く方向を選べるので、事前にホームページやカタログでチェックしておくと安心です。

二人暮らし用洗濯機の予算は?

洗濯機は、洗浄方式や搭載されている機能によって価格が異なります。縦型洗濯機を選びたい場合は、5万円程度予算を用意しておくのがおすすめ。7kgと十分な容量がある製品が購入できます。乾燥機能を搭載したモデルがほしい方は、さらに3~4万円ほど用意しておきましょう。

ドラム式を選びたい場合は、10万円以上が目安。縦型洗濯機よりも価格が高い傾向にありますが、その分機能性に優れた製品が多く便利です。

二人暮らし洗濯機のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

パナソニックの洗濯機は洗浄力にも定評があり、温水や泡洗浄の機能を備えたモデルが人気。乾燥機能は乾燥時間が短くて済むので効率的に乾かせるうえ、節電が可能です。スタイリッシュなデザインも魅力で、操作パネルを後方に配置して洗濯物の出し入れをしやすくしているなど、使い勝手にも配慮したモデルもラインナップしています。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立のドラム式洗濯機には、乾燥機能の「風アイロン」を搭載。衣類のシワを極力抑えられるのが特徴で、アイロンがけが楽になります。また、日立の洗濯機の機能として「AIお洗濯」機能が人気。AIが衣類に付いた汚れや衣類の素材、洗剤の種類などを判断し、自動で適した設定で洗濯できます。洗濯の手間を軽減したい方などにおすすめです。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープの洗濯機は「プラズマクラスター」と穴のない洗濯槽を採用しているのが特徴。プラズマクラスターは除菌や消臭効果が期待できる同メーカー独自の機能です。穴のない洗濯槽は、衛生的に洗濯機を使い続けたい方に便利。節水性が高いうえ、カビなどの発生を低減できるのがポイントです。製品を選ぶ際はぜひ検討してみてください。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝は「タイセツを、カタチに。」をブランドステートメントとして掲げている、ライフスタイルブランド。東芝の洗濯機は、衣類の洗浄効果の高さがポイントです。パワフルに衣類を洗える、さまざまな機能を搭載した製品を多数ラインナップしています。使い勝手のよい洗濯機を探している方はぜひチェックしてみてください。

二人暮らし洗濯機のおすすめ人気モデル|ドラム式

パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VG2600

シンプルな見た目が印象的な、ななめドラム洗濯乾燥機。容量は10kgなので、週末にまとめて洗濯したい方にもおすすめです。左開きと右開きの両方のタイプがラインナップされています。

出先からの洗濯機操作や洗濯状況の確認が簡単にできる専用アプリもおすすめポイント。洗濯の予約や予約の変更も可能です。また、洗濯の際に便利な、洗剤・柔軟剤の「自動投入」機能も搭載。洗濯物の量にあわせて適量の洗剤・柔軟剤を投入できます。

洗濯槽のお手入れが簡単な点も魅力。専用アプリに搭載されているパナソニック独自の「約60℃槽カビクリーンコース」を使えば、洗浄剤不要で洗濯槽洗浄が可能です。約2時間でお手入れが完了します。

日立(HITACHI) ドラム式洗濯機 ビックドラム BD-SG100GL

約幅630×奥行715×高さ1050mmと横幅がコンパクトで、省スペースに設置しやすいドラム式洗濯乾燥機です。洗濯は10kg、乾燥は6kgと、多めの容量を採用しており、まとめて洗濯機を回したい方にぴったり。洗濯槽の見えない汚れを落とせるシャープ独自の「自動おそうじ」機能を搭載しているので、長く清潔に使えるのも特徴です。

また、高速風により衣類のシワを伸ばし、アイロンがけの手間を減らせる独自の「風アイロン」を搭載しているのも魅力のひとつ。シャツなどシワが残りやすい衣類を頻繁に着る方にもおすすめです。

セーターやスカート、ワンピースなどデリケートな洋服もやさしく洗える「おしゃれ着」コースも搭載。洗濯機能が充実した洗濯機を探している方はチェックしてみてください。

シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 ES-W112

スタイリッシュで高級感あるデザインが魅力のドラム式洗濯乾燥機。洗濯11kg・乾燥6kgの容量を備えており、二人暮らしでもまとめて洗濯したい方におすすめのモデルです。

衣類の消臭・除菌、槽内のカビ菌を軽減する効果も期待できるシャープ独自の「プラズマクラスター」を搭載。洗い30dB、脱水37dB、乾燥39dBと高い静音性も備えているので、夜中に洗濯機を回したい方にもピッタリです。

微細な水滴で衣類を傷つけずに頑固な汚れも弾き飛ばす「マイクロ高圧洗浄」、「乾燥フィルター自動お掃除」、気になる部分の汚れを素早く落とす「超音波ウォッシャー」など便利な機能を多数搭載。デザイン性と機能性を重視したい方はチェックしてみてください。

シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 ES-S7F

短時間での洗濯が可能な「時短コース」を搭載したドラム式洗濯乾燥機です。軽い汚れをすぐに落とせるだけでなく、節水もできるのが魅力。また、「おしゃれ着コース」を選択すれば、ウールや絹などを使用した衣服の傷みなどを抑えながら洗えます。

静音性に優れたDDインバーターを採用しているのもポイント。時間を気にせず洗濯できる製品がほしい方にぴったりです。

掃除の手間がかかりやすい洗濯槽には、「槽クリーンコース」が便利。カビの繁殖を抑えられると謳われています。簡単にお手入れできる製品を探している方はチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ドラム式洗濯機 FLK832

衣類がシワになりにくい「ふんわりシワ取りコース」つきのドラム式洗濯機です。乾燥機で衣類を約80%まで乾燥できるのがポイント。その後、部屋干しをすることで洗濯を干す時間を短縮できます。花粉の季節にも便利です。

また、「外気取り入れ」と「センサーでの制御」により、衣類にやさしい温風温度で乾燥できるのも特徴。ヒーターの熱から大切な洋服を守ります。温水洗浄にも対応しているので、肌着などの皮脂汚れがつきやすい衣類もしっかりと洗えるのもメリットです。

さらに、お手入れのしやすさも魅力。洗剤投入ケースは簡単に取り外して、まるごと水洗いできます。槽クリーンコースを使えば、約60℃の温水で洗濯槽をしっかりと洗浄可能です。定期的に洗濯槽を洗浄することで、菌や黒カビの発生を軽減する効果が期待できます。

二人暮らし洗濯機のおすすめ人気モデル|縦型

パナソニック(Panasonic) 全自動洗濯機 NA-F70PB14-T

洗浄力の強い縦型全自動洗濯機。ポイントのひとつは「ビッグウェーブ洗浄」です。水平と垂直の両方向に水流をおこすことで、水や衣類を効率的に撹拌。もみ洗いのような洗浄効果が期待できるため、汚れがしっかりと落とせます。また、頑固な汚れには「つけおきコース」が便利。約10分のつけおきと約1分の撹拌洗いを4回繰り返すことにより、汚れをしっかりと溶かし出します。

お手入れのしやすさもおすすめのポイント。パナソニック独自の「楽ポイフィルター」が糸くずをしっかりと集めます。約160mlの大容量フィルターなので、糸くずを捨てる回数を減らせるうえ、糸くずに触れることなくゴミ箱に入れられるのも魅力です。

さらに、洗濯のたびに外槽の内側を洗浄し、洗剤カスをつきにくくするなど、洗濯槽の清潔さを保ちやすいのもメリット。洗浄水は脱水時の排水を利用するなど、環境にも配慮されています。

日立(HITACHI) 洗濯乾燥機 ビートウォッシュ BW-DV80F

衣類をしっかりと洗いたい方におすすめの縦型洗濯乾燥機です。ポイントは独自機能である「AIお洗濯」機能。洗濯物の量・洗濯水の硬度・水温・洗剤の種類・汚れの量など、8つをセンシングすることにより、適した洗濯パターンを自動で判断します。

乾きやすい衣類の洗濯など、状況に応じてすすぎや脱水を短縮するため、洋服へのダメージを最小限に抑えられるのもおすすめポイントです。

日立独自の「速乾ビート乾燥」では回転する羽で衣類を舞いあげながら乾燥します。乾燥のムラや、衣類のシワを抑えつつ、素早く乾燥させることが可能。また、乾燥中に発生した湿気は水に変えて排出するため、部屋に湿気がたまりにくいのも魅力です。

シャープ(SHARP) 全自動洗濯機 ES-GE7D

シャープ独自の穴なし槽を採用した縦型全自動洗濯機。黒カビなどをブロックして長く清潔に使えるのが特徴です。また、穴なし槽はムダな水がたまらないため、少ない水の量で洗浄可能。高い節水効果も期待できるので、ランニングコストを抑えたい方にもおすすめです。

デリケートな衣類をやさしく洗い上げる「おしゃれ着コース」や頑固な汚れを強力に分解する「ガンコ汚れコース」、アイロンがけが楽になる「シワ抑えコース」など便利な洗浄機能を多数搭載。衣類に合わせて適した洗浄方法で洗えるのもうれしいポイントです。

投入口が斜めになっており、洗濯物の出し入れがしやすいのも利点。利便性の優れた洗濯機を探している方も検討してみてください。

東芝(TOSHIBA) 全自動洗濯機 AW-10M7

10kgの大容量で、週末まとめての洗濯もできる縦型全自動洗濯機。毛布やシーツなど大物を洗いたい方にもおすすめです。大きな洗濯槽とパワフルな循環水流で洗剤液をしっかりと浸透させるため、大量の衣類でも汚れを落とせます。

使いやすさもおすすめのポイントです。粉末洗剤と柔軟剤のケースが1箇所にまとまっているため、投入が簡単。ケースは取り外して洗うこともできます。また、洗濯機のフタはガラストップなので、汚れた場合もサッと拭き掃除が可能です。強化ガラスを採用しているため、傷つきにくいというメリットもあります。