生活家電の代表格とも言える洗濯機。購入する際は事前に使用するイメージを思い描いておくことが重要ですが、特に二人暮らしに合う洗濯機を選ぶには、洗濯の量や回数だけでなく、双方が好んで着る衣類の素材なども把握しておくことがポイントです。

そこで今回は二人暮らしにおすすめの洗濯機をご紹介。コンパクトなモデルだけでなく、ワンサイズ大きい高機能モデルピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

二人暮らしはドラム式?それとも縦型?

ドラム式洗濯機が向いている方

By: panasonic.jp

ドラム式洗濯機は内部のドラムが斜めに設置されている機種が多く、少量の水で洗濯できるのが特徴。やや本体価格は高めですが、ランニングコストを考慮すると一概に初期投資が損得に関わるとは言えません。

構造的には洗濯物の出し入れが前後になるのもポイント。腰を屈めたり、膝を折ったりして対応することになる点は留意しておきましょう。なお、最近は洗濯中にフタを開けて洗濯物を追加投入できるドラム式洗濯機もあります。

また、二人暮らしで共働きの場合は、ドラム式洗濯機の乾燥機能がとても便利。洗濯機から乾燥まで一気に済ませることができるので家事の負担が減らせます。時短を優先したい場合はドラム式洗濯機が有利です。

ドラム式洗濯機についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

縦型洗濯機が向いている方

By: amazon.co.jp

縦型洗濯機は洗濯物同士をこすり合わせてしつこい汚れもしっかり落とせるのがメリット。洗濯物に作業着やスポーツウェアが多い二人暮らしの方に向いています。縦型洗濯機は洗濯槽に水を溜めてつけ置き洗いすることも可能。相対的に洗浄力が高いのが特徴です。

コスト重視の二人暮らしにも縦型洗濯機が最適。ドラム式と比較して本体価格はリーズナブルなので、できるだけ安い洗濯機を選びたいなら縦型洗濯機から選ぶのがおすすめです。コンパクトでシンプルな機能の洗濯機で十分であれば、2~3万円台から購入できるモデルもあります。

縦型洗濯機は洗濯中にフタを開けて中身を確認したり、洗濯物を追加投入できたりするのもメリット。ただ、乾燥については搭載しているモデルであっても簡易的な場合が多く、ドラム式洗濯機のほうが有利です。「洗浄力は譲れないものの、乾燥もほしい」という場合は別途衣類乾燥機の購入も検討しておきましょう。

縦型洗濯機についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

二人暮らし洗濯機の選び方

容量をチェック

洗濯機は1度に洗える洗濯の容量が決まっています。1人あたり1日に出す洗濯物は1.5kg程度が目安。二人暮らしなら3kg以上の容量が必要です。

ただし、最近の洗濯機は大型化の傾向にあり、コンパクトなサイズであっても4.5~5kgが相場。毎日洗濯するなら5kg程度で十分ですが、シーツや毛布をこまめに洗いたいなら、7kg前後の洗濯機の購入も視野に入れておきましょう。

共働きで数日分の汚れ物をまとめて洗濯するのであれば、5kgの洗濯機では物足りない場合も考えられます。3日分をまとめ洗いするなら、2人分3kg×3日分で9kgの洗濯物が出る計算になるので、それ相当容量のモデルも検討する必要があります。

大きさをチェック

By: panasonic.jp

洗面所に洗濯機置き場がある場合は、全体のスペースを計るとともに防水パンのサイズと排水口の位置もチェックします。洗濯機が置けても排水ホースが排水口に届かないこともあるので、洗濯機の左右のどちらに排水ホースがあるかも確認しておきましょう。

なお、マンションやアパートで二人暮らしを始めると、洗濯機置き場がベランダや玄関先に設置されていることも考えられます。置き場所のスペースがどのくらいあるかをよく確認するのは室内の洗面所近くに設置する場合と同様ですが、外置きの場合は特に水回りに配慮しておきましょう。

乾燥機能をチェック

洗濯機は洗浄力だけでなく乾燥機能も各メーカーや機種によって異なります。二人にとってどんな機能が必要かどうかは購入する前に話し合っておきましょう。

そもそも洗濯機に高性能な乾燥機能が必要かどうかを考えるのをスタートとし、除湿機やバスルームの衣類乾燥をフル活用するのであれば、乾燥機能の優先度は最重要項目ではなくなってきます。乾燥機能付きの洗濯機はその分価格が高くなるので、まずはここをよく検討しましょう。

次に考えたいのが乾燥機能の能力。洗濯機の乾燥機能には、簡易乾燥機能と通常の乾燥機能があります。簡易乾燥機能付き洗濯機は縦型に多く価格が安いのが特徴です。簡易乾燥機能は主に脱水した洗濯物に風を当てて水分を飛ばす機能。完全に乾燥することは難しいので、洗濯から乾燥までを一気に済ませたい方には向いていません。

通常の乾燥機能を持つモデルは洗濯から乾燥までを一連の流れで行います。乾燥機にはヒーターを搭載し、熱風で洗濯物を完全に乾かすので、総じてふんわり仕上がるのが特徴です。本体価格は高めになりますが、梅雨時期の洗濯には重宝します。「外に洗濯物を干すのは面倒だが、かといって毎回部屋干しでは匂いが気になる」という方は乾燥機能付きの洗濯機を候補に入れておきましょう。

付加機能をチェック

最近の洗濯機は高機能化しておりさまざまな付加機能を備えています。付加機能があるモデルは価格が高くなるため、二人暮らしの生活に必要な機能かどうかを判断することが大事。ハイエンドモデルなら満足するだろうと思っても、使わない機能があるならその分だけ高くなり、結果的にお得な買い物とは言えません。

ニオイや菌を防ぐ機能、洗剤を泡立てる機能、温水洗浄機能、自動洗濯槽掃除機能、スマホ遠隔操作機能など、独自の機能は各メーカーによってさまざまな。自分にとって便利な機能を搭載している洗濯機を選べば、毎日の家事が楽になるのでしっかりチェックしておきましょう。

扉の開き方をチェック

洗濯機はモデルによって扉の開き方が異なります。縦型は扉が上部にあるので、上のスペースに余裕が必要。ドラム式は扉が前面にあり左右のどちらかに開くので、置き場所によっては扉の開く方向を選ぶ必要があります。使い勝手をよく考えて扉の開き方をチェックしてから購入しましょう。

縦型洗濯機の扉は半分に折れて上に開くタイプと折れずに開くタイプがあります。洗濯機の上に棚などがあると扉が当たる可能性があるので、扉が半分に折れて開くタイプを選んだ方が使いやすくて便利。洗濯機の上部に何もない場合は、扉が折れないタイプを使った方が洗濯物の出し入れがしやすいのでおすすめです。

ドラム式洗濯機は左右のどちらかに扉が開きます。洗濯機置き場の左右に障害物がないかよく確認し、どちらに開いたほうが洗濯物の出し入れがしやすいかをよく検討しましょう。洗濯機によっては購入時に扉の開く方向を選べるので、事前にホームページやカタログでチェックしておくと安心です。

二人暮らし洗濯機のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックの洗濯機は洗浄力にも定評があり、温水や泡洗浄の機能を備えたモデルが人気。ヒートポンプ式の乾燥機能は乾燥時間が短くて済むので効率的な節電が可能です。スタイリッシュなデザインも魅力的で、操作パネルを後方に配置して洗濯物の出し入れをしやすくしているなど、使い勝手にも配慮したモデルもラインナップしています。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立はドラム式洗濯機であれば乾燥機能の「風アイロン」、縦型洗濯機であれば「洗剤汚れセンサーシステム」が優秀。前者は
衣類のシワを極力抑えるのが特徴で、アイロンがけが楽になります。後者は投入された洗剤が粉末なのか液体なのかを判断し、自動で最適な設定を選びます。大型モデルをラインナップしているのも魅力です。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープの洗濯機はプラズマクラスターと穴のない洗濯槽を採用しているのが特徴。前者はもはや説明不要なお家芸ですが、後者は節水性が高く、カビなどが発生しにくいため衛生的に使い続けることができるのが特徴です。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

縦型、ドラム式ともに揃えている東芝。前者は静音性の高いS-DDモーターを採用したモデルが人気で、後者は皮脂汚れを落とす効果が高い「ウルトラファインバブル洗浄」を搭載しているモデルが好評です。

二人暮らし洗濯機のおすすめ人気モデル

シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 11㎏ ESG-110-TL

おしゃれなスタイリッシュデザインが特徴のモデル。マイクロ高圧洗浄機能は、高圧シャワーノズルから毎秒約100万個以上の小さな水滴にして衣類に噴射するので、布地の目を広げずに繊維の奥のしつこい汚れを一気に落とします。ホームクリーニングコースはマイクロ高圧洗浄と最適なドラムの動きにより衣類の傷みを抑えながら洗うので、おしゃれ着を自宅で洗濯したい方におすすめです。

「シワ抑え」乾燥コースは約50℃の低温風を衣類に吹きかけて優しく乾燥させるので、シワになりにくく衣類も傷みにくいのがポイント。水で洗えない衣類にプラズマクラスターを噴射させてスピーディに除菌と消臭もできます。洗濯前に洗濯槽を水洗いしてプラズマクラスターイオンを放出させてドラム内部のカビ菌の繁殖を抑える機能もあるので、清潔に洗濯機を使いたい方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) ドラム式洗濯乾燥機 10kg NA-VX7800L

大きめのドラム式を探している二人暮らしにぴったりな10kgのモデル。洗剤液を泡立てて洗う泡洗浄は繊維の奥まで染み込んだ汚れをしっかり落とすので、頑固な汚れもきれいに洗濯できます。水分を含むと重くなる衣類を洗う時はドラム槽の回転数を自動に制御。パーカーやジーンズを好む若い世代にもおすすめのモデルです。

ヒーターを使わずに除湿しながら乾燥するヒートポンプ乾燥は洗濯開始から乾燥終了までの時間が短くて便利。タオルやシーツの除菌もできるので、気持ちよく生活できます。デリケートな衣料をやさしく洗う「おうちクリーニング機能」はおしゃれに気を使う方にぴったり。10kg前後のスタンダードモデルで充実した機能を持つ洗濯機を探している方におすすめです。

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 10kg BD-SG100BL

幅60cmのスリムボディで10kgの大容量モデル。センサーが汚れを感知し、パワフルなビッグドラムしっかり洗い上げるので気になる汚れもすっきり落とせます。脱水時に衣類が絡まないようにほぐして洗濯物を取り出しやすくする機能も便利。見やすく操作しやすい液晶パネルはドラム式洗濯機を初めて購入する方におすすめです。

高速風を衣類に吹きかけてシワを伸ばす「風アイロン」は、衣類を蒸らして袖まできれいに仕上げるので、アイロンがけを楽にしてくれます。洗濯機の運転時に発生する熱を回収して乾燥の温風に再利用しているため、消費電力量が低減され節電になるのもメリットです。洗濯槽の裏側に付着する見えない汚れを自動で洗い流す機能も便利。アイロンがけを楽にしたい方や電気代が気になる方におすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) ドラム式洗濯機 10kg NA-VG2200L-X

グッドデザイン賞を受賞したキュービックフォルムのドラム式洗濯機。上質なステンレス素材は洗練された空間を作り出すので、モダンなインテリアにこだわる二人暮らしに最適です。液体合成洗剤や柔軟剤を入れておけるタンクは、洗濯の度に最適な量を自動計量して投入するのでとても便利。洗剤のムダや手の汚れを防ぐだけでなく、手間も省けて楽に家事ができます。

スマホのアプリと連携して外出先から洗濯の仕上がり時間などを設定可能。共働きの忙しい夫婦にぴったりの機能です。温めた洗剤を泡にして洗う温水泡洗浄は、繊維の奥に染み込んだ汚れや嫌なにおいの原因菌も落とします。見た目がスタイリッシュなドラム式洗濯機で洗浄力も高いモデルを探している方におすすめです。

アクア(AQUA) ドラム式洗濯機 8kg AQW-FV800E-W

乾燥機能がないドラム式洗濯機を探している方におすすめのモデル。容量は8kgありますが乾燥機能がないのでドラム式でも価格が安いのが魅力です。コンパクトな本体は幅59.5cm×奥行62.5cmと小さめなので、アパートやマンションの脱衣所にも設置できます。見た目がすっきりしていておしゃれに見えるので、インテリアにこだわる方にもおすすめです。

洗濯に使用する水量が標準で約57Lと少なく節水できる点がメリット。温水で洗濯する40℃洗浄や60℃除菌コースを使えば衣類の黄ばみや皮脂汚れがすっきりきれいになります。泥んこ予洗いコースは泥が染み付いた衣類の繊維の奥まで洗えるので、作業着などの洗濯に最適。ドラム式洗濯機でできるだけ安いモデルを探している方にもおすすめのモデルです。

シャープ(SHARP) 洗濯乾燥機 10kg ES-PT10C-T

フラットなガラストップデザインがおしゃれで、お手入れもしやすい縦型洗濯機。電源を入れるとタッチキーが光ってはっきり見えるので、操作がしやすく簡単に扱えます。浴槽内にLEDが搭載されており、洗濯の様子を確認できる機能も便利。生活感が感じられないスタイリッシュな縦型洗濯機で扱いやすいモデルを探している方におすすめです。

シャープ独自の穴なし洗濯槽を採用しているため、竜巻状の水流によるもみ洗いと槽内壁のダイヤカット形状によるこすり洗いのW洗浄効果が得られます。穴なし洗濯槽は黒カビや菌の侵入がなく清潔な水で洗濯が可能です。穴がない分だけ節水ができるのもポイント。洗濯槽を水で洗い流した後に送風しながらプラズマクラスターを放出するので、洗濯機をきれいに保ちたい方におすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) 全自動洗濯機 8kg NA-JFA805-W

日本人の体型や生活に合う家電をコンセプトにした縦型洗濯機。洗濯槽が浅い位置に設置されており、衣類が楽に取り出せるので背の低い方や腰をかがめにくい高齢者に最適です。ジェットバブルシステムにより、洗剤を素早く泡立てて衣類の奥まで浸透させてきれいに洗います。脱水後に自動でパルセーターが回転し、衣類のからみを緩和する機能も便利です。

乾燥機能はないので、外干しが中心の二人暮らしにおすすめ。布団や毛布は4.2kgまで洗えます。自動槽洗浄機能もあり、洗濯槽を綺麗に保ちながら使えるのもポイントです。縦型洗濯機で充実機能を備えた1台を探している方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) 洗濯乾燥機 8kg AW-8V7-S

二人暮らしに使いやすい8kgの縦型洗濯機。シャワーで濃い洗剤液を衣類全体に浸透させ、水流でしつこい汚れをきれいに落とすことが可能です。パルセーターに直結したDDモーターは強力な立体水流を作り出すので、白さが際立つ洗い上がりに満足できます。白いワイシャツやTシャツを好んで着る方におすすめです。

温風で水と衣類を温めて洗うサブーン洗浄は、泥汚れのシミや皮脂汚れの黄ばみが気になる方におすすめ。繊維の奥までしっかり洗えるので、少量のシミ汚れならつけ置きなしでも真っ白に仕上げます。低振動・低騒音設計なので、夜が遅く朝が早い共働きの二人暮らしでも気兼ねなく洗濯できて便利。二人にちょうどよいサイズで洗浄力の高い洗濯機を探している方におすすめのモデルです。

アクア(AQUA) 全自動洗濯機 AQW-LV800F-R

シャイニーレッドのカラーが一際目を引くスタイリッシュな縦型洗濯機。洗濯槽をできるだけ前に出して斜めに設置しているので、洗濯物の出し入れが簡単なのが特徴です。ななめドラムにより水平方向だけでなく縦型の水流も生み出すので、洗いムラのないすっきりした仕上がりを実感できます。

洗濯機のフタはクリアトップになっており、開けなくても中身が見えるので便利。いつものお決まりコースで洗うなら、電源とスタートの2つのボタン操作だけでOKなので機械が苦手な方におすすめです。乾燥機能はありませんが、衣類の素材や天気に合わせて脱水回数を選べる機能があるので安心。デザインと使い勝手がよいモデルを探している方におすすめです。

ハイアール(Haier) 全自動洗濯機 7kg JW-K70M

できるだけコンパクトで価格が安い洗濯機を探している方におすすめのモデル。幅57cm×奥行53cmと小さめなので、二人暮らしの狭い脱衣所にもすっきり収まります。簡易乾燥機能付きで部屋干しが多いライフスタイルにもぴったり。つけおきコースやお急ぎモードも搭載した充実モデルにも関わらず、2万円台というコスパ良好なのも魅力です。

3Dウィングパルセーターは従来の4枚羽から5枚羽にバージョンアップし、らせん状の水流を作り出して洗濯槽内の摩耗を極力低減。しっかり汚れを落としつつ衣類の傷みを防ぎます。給水完了前から洗濯運転を開始し、高濃度の洗浄液で洗うので繊維の奥底にまで洗剤を浸透させて汚れを芯から落とすことが可能。コンパクトで小さいだけでなく、洗浄力も高い洗濯機を探している方におすすめです。