ネット配信サービスが普及したことにより、音楽を聴くスタイルは手軽になってきていますが、市場にはCDも流通しています。各種サービスではカバーしきれていない曲もあるので、「CDプレーヤー」を使用する機会がある方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、まだまだ需要があるCDプレーヤーをピックアップ。おすすめモデルを種類ごとに分けてご紹介するほか、選び方についても解説します。

CDプレーヤーの選び方

種類をチェック

ポータブルタイプ

By: amazon.co.jp

ポータブルタイプのCDプレーヤーは、軽量でコンパクトなのが特徴です。CDジャケットほどのサイズが主流で、持ち運びでの使用にも適しています。

乾電池や充電池で駆動できるモノがほとんどで、屋外でも使用できるのも魅力のひとつ。動きながら使用することが多い方は、外部振動による音飛びを防ぐ「音飛び防止機能」の有無があると便利です。

なお、接続は基本的にイヤホンジャックのみなので、ワイヤレス接続がしたい方は注意しましょう。ライン出力を搭載していれば、外部のアンプやスピーカーと接続して、CDレシーバータイプと同様に使えます。

コンポタイプ

By: amazon.co.jp

コンポタイプは、スピーカーとアンプを内蔵しているのが特徴です。AC電源専用がほとんどで、屋内で使うのに適しています。多くは持ち運びできる程度の重さで、室内で移動して使うことも容易です。

本格的なオーディオシステムよりも場所を取らず、接続や操作が簡単なのもメリット。BluetoothやUSBなどCD以外の入出力に対応するなど機能性の高いモノもあります。デザイン性やカラーリングにこだわったおしゃれなモデルもあり、部屋のインテリアとしてもおすすめです。

CDレシーバータイプ

By: amazon.co.jp

オーディオ機器としての音質を追求しているのがCDレシーバータイプ。ドライブメカをはじめ、DAC、アナログ回路、電源部、さらには筐体までこだわった設計を施しているモノが多いのが特徴です。

基本的にはアンプやスピーカーが付いていないため、自分で個別に選んで組み合わせる必要があります。幅が約40cmのフルサイズと呼ばれるタイプが多く、スピーカーも含めて、設置場所の確保が必要です。

機能面ではCD再生のみのシンプルなモノがある一方、USBやネットワーク入力を備えた多機能なモノも存在。SACDやハイレゾ再生に対応するプレーヤーもあります。

音質で選ぶ

By: sony.jp

CDプレーヤーの音質を左右するパーツは、DACやアナログ回路部、電源部、読み取りメカニズムなど多岐にわたりますが、一般的なモデルではあまり差はありません。

ただし、実績のある国内大手メーカーならば、過去のノウハウを活かしたモデルを展開しているため、比較的音質に優れています。さらに、スピーカー付きのコンポタイプであれば、アンプ部の出力やスピーカーの再生能力によって音質が左右されるので、チェックするようにしましょう。また、本体サイズが大きいモデルほど音質がよくなる傾向にあるので、選ぶ際の参考にしてみてください。

対応フォーマットをチェック

By: aurex.jp

CDプレーヤーには、光や同軸、USBをはじめとするデジタル音声入力やネットワーク再生機能を搭載しているモノがあります。

デジタル音声ファイルには多くのフォーマットがあるので、自分がおもに再生したいフォーマットに対応しているかをチェックしましょう。

代表的なフォーマットはMP3やWMA、AAC、FLACなどです。なお、CDを上回る品位を備えたハイレゾ音源フォーマットに対応していれば、従来のCD以上の広帯域で豊富な情報量を持つサウンドがCDプレーヤーで再生できます。

ハイレゾ音源フォーマットにはFLACやAIFF、DSDなどが存在。モノによって、再生可能なサンプリング周波数やビット数にも違いがあるので、より高品位な音源を聴きたい方はよくチェックしてみてください。

再生可能なディスクをチェック

By: amazon.co.jp

CDプレーヤーのなかには、市販の音楽CDに加えて、さまざまなディスクを再生できるモノがあります。例えば、PCやCDレコーダーで作成されたCD-RやCD-RWも再生できると、オリジナル構成での音楽鑑賞が可能です。

また、CDを上回るハイレゾ音源の一種であるSACDが再生できると、ワイドレンジで情報量に優れたサウンドが堪能できます。

FLACやDSDなどのハイレゾ音源ファイルを記録したDVD-Rが再生できると、インターネットで購入したハイレゾ音源をCDプレーヤーで再生可能です。

機能で選ぶ

Bluetooth機能

By: amazon.co.jp

Bluetooth規格での音声送信に対応していれば、Bluetooth受信に対応したイヤホンやヘッドホン、スピーカーとワイヤレスで接続して音楽を楽しめます。

また、CDプレーヤー側がBluetooth受信に対応していれば、Bluetooth送信が可能なスマホやポータブルオーディオプレーヤー内の音楽を、CDプレーヤーで聴くことが可能です。

スピード調整機能

By: amazon.co.jp

スピード調整機能が搭載されたモデルであれば、音源の再生速度を遅めたり早めたりすることが可能です。遅くすることで内容を聴き取りやすくできるので、語学学習やカラオケの練習に役立ちます。

講演や会議などを記録したCDを早く再生して、時間を節約することも可能。CD以外のUSBやSDカードなどの外部入力にも適用できると、自分で録音した音源の再生スピードをコントロールできるので便利です。

音飛び防止機能

CDプレーヤーは、外部からの振動によりデジタル信号の読み取りが途絶えやすく、音飛びが発生することがあります。

動きながら使用することが多いポータブルタイプでは、「音飛び防止機能」を備えているかどうかを確認しましょう。内蔵メモリに予め数十秒分ほど先読みしておいたデジタル信号を貯めておくことで、振動による読み取り不良をカバーできる仕組みです。先読みできる秒数が多いほど音飛びを防げるので、頻繁に持ち運んで使う予定の方はチェックしてみてください。

CDプレーヤーのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは1982年にCD規格自体を開発したメーカー。世界初のポータブルCDプレーヤーを1984年に発売しました。小型軽量化技術に定評があるメーカーで、音飛び防止機能などの技術を開発したことでも知られています。自社開発のDACやメカニズムを使用するなど、製品の質も一級品。ブランド力も高いおすすめのメーカーです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

多くのメーカーがラインナップを縮小しているポータブルCDプレーヤーですが、東芝はCDラジカセ市場で多数の製品を発売しているメーカー。かつてオーディオブランドも擁していたときのノウハウを生かした高性能な製品を、比較的リーズナブルな価格で展開しています。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

国内大手家電メーカーのパナソニック。同社のオーディオ用ブランドであるテクニクスと家電用ブランドであるパナソニックの双方で、長年にわたりCDプレーヤーを発売しています。

1980年代後半にNTTと共同で開発したMASH方式DACは高音質とコストメリットの両立により、DACの主流であるΔΣ変調タイプの普及を加速させました。

現在はコンポタイプを中心に、本格的なCDレシーバータイプもラインナップしており、音質追求派にも頼りになるメーカーです。

CDプレーヤーのおすすめ人気モデル|ポータブル

東芝(TOSHIBA) CDプレーヤー TY-P1

東芝(TOSHIBA) CDプレーヤー TY-P1

語学学習に役立つ機能を多く搭載したポータブルCDプレーヤー。スピードコントロール機能は再生速度を11段階で細かく調節でき、トラックを10ずつ飛ばせるので英語のリスニング力を鍛えるのに適しています。聴きたいところを繰り返して再生できるA-Bリピートも語学学習に重宝する機能です。

CDの再生中に停止して電源を切ってもレジューム再生機能により停止した箇所から再生できるので、語学勉強にも音楽鑑賞にも便利。クリップ式のリモコンをカバンに取り付ければ、電車のなかでも操作が簡単にできるのもポイントです。

乾電池と家庭用AC電源の両方に対応し、ACアダプターも付属。電池を除いた重さは約200gと軽量なので、気軽に持ち運びたい方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) CDプレーヤー TY-P3

東芝(TOSHIBA) CDプレーヤー TY-P3-W

Bluetoothを搭載し、スピーカーやイヤホンとワイヤレス接続ができるCDプレーヤー。通勤通学中にイヤホンで音楽や英会話を聴く際にも便利です。イヤホンジャックも付いているので、有線タイプのヘッドホンやイヤホンも接続できます。

Bluetoothイヤホン側にスキップや一時停止など、再生コントロールの機能があれば、本体を取り出さずにイヤホンから操作できるので快適。クリップ式のリモコンも付属しているので、カバンに取り付けておけば楽に操作ができます。

11段階で再生速度を調節できる「スピードコントロール」機能と、聴きたいところを繰り返し再生できる「A-Bリピート」は英会話の勉強に最適。CDの再生中に電源を切っても、「レジューム再生機能」で停止したところから再生できます。

オーム電機(OHM) ポータプルCDプレーヤー CDP-8174G

オーム電機(OHM) ポータプルCDプレーヤー CDP-8174G-K

乾電池・DC電源・micro USB電源の「3WAY電源」に対応しているポータブルCDプレーヤー。据え置きからモバイルまで、さまざまなシーンでCDを再生できます。

移動中などの誤操作を防ぐ「HOLD」機能をオンにしておけば、誤って再生や音量調節を押してしまうことがありません。約60秒間の音楽データを内蔵メモリに蓄える「ESP機能」の搭載により、振動による音飛びが防げるのもポイントです。

イヤホンには手元で操作できるリモコンが付いていて便利。MP3を記録したCD-Rの再生もできるので、PCで編集した音楽の聴取もできます。ポータブルCDプレーヤーとして十分な機能を備えたコスパのよい製品です。

ツインバード工業(TWINBIRD) 防水CDプレーヤー AV-J166

ツインバード(Twinbird) 防水CDプレーヤー AV-J166

高い防水性と多機能が特徴のポータブルCDプレーヤー。1mの水中に沈めても壊れないIPX7相当の防水性能で屋外での雨はもちろん、水回り、お風呂でも使えます。 歌入りCDのボーカル部分のみをカットして再生する機能はカラオケに便利です。

幅20cm、高さ23cmのコンパクトサイズながら本体にステレオスピーカーを搭載しているのもポイント。ただし、重量820gとやや重いので注意が必要です。単3形電池4本のほか、AC電源でも使用可能で、壁掛けもできるので、場所を取らない据え置き用CDプレーヤーとしても使えます。

コイズミ(KOIZUMI) ポータブルCDプレーヤー SAD-3902/A

コイズミ(KOIZUMI) ポータブルCDプレーヤー SAD-3902/A

FM/AMラジオも聴ける1台2役のポータブルプレーヤー。CDで音楽を楽しんだり、ラジオで語学学習をしたりと多彩に活用できます。

「60秒音飛び防止アンチショック機能」搭載により、激しい振動があっても音飛びの心配がありません。CD-R/RW再生に対応しているので、市販のCDだけでなくPCで作成した自作のCDを楽しみたい方にも最適です。

再生機能に関しては、1曲リピート・全曲リピート・シャッフル演奏に対応。イントロ機能もあるので、聴きたい音楽を簡単に探せます。本体前面の液晶表示は大きくて見やすいため、シニア世代の方にもおすすめ。価格が安いのも魅力です。

ウィンテック(WINTECH) ポータブルCDプレーヤー PCD-56K

ウィンテック(WINTECH) ポータブルCDプレーヤー PCD-56K

ラジカセやラジオを中心に展開しているウィンテックのポータブルCDプレーヤー。MP3再生に対応しているので、市販のCDだけでなく自作CDも楽しむことが可能です。

機能面に関しては、最大99曲を好きな順番に設定して流せる「プログラム機能」のほか、1曲・全曲リピートやイントロ・ランダム再生機能も搭載しています。

重低音機能を搭載しているので、ベースやドラムの音を堪能できるのも魅力のひとつ。単3形電池2本で15時間再生が可能です。電源を切り忘れても、オートパワーオフ機能があるので電池を効率よく使用できます。

CDプレーヤーのおすすめ人気モデル|コンポ

ソニー(SONY) マルチコネクトミニコンポ CMT-X5CD

ソニー(SONY) マルチコネクトミニコンポ CMT-X5CD

幅340mm×高さ173mmのコンパクトなサイズ感が特徴のコンポタイプモデル。CDを上部からスロットインする方式により、スムーズに再生できます。

また、ウォークマンやスマホ、PC、USBメモリなどとUSB接続して音楽を再生することが可能。Bluetoothも搭載しているので、ワイヤレス再生もできます。

ラジオ放送をUSBメモリやウォークマンに録音できる機能を活用すれば、時間のあるときにスポーツ放送を聴いたり、語学学習番組をじっくり聴き返したりすることが可能です。実用最大出力40Wの高性能デジタルアンプとフルレンジスピーカーを搭載しているため、低音から高音まで美しく再生できます。

角をカットした美しいフレームデザインと、メタリックにきらめくカラーも魅力。リビングやダイニングにインテリアとして置くのにも適しています。コンパクトでもパワフルな音楽が楽しめるおしゃれな1台です。

東芝(TOSHIBA) ハイレゾ対応SD/USB/CDラジオカセットレコーダー TY-AK1

東芝(TOSHIBA) ハイレゾ対応SD/USB/CDラジオカセットレコーダー TY-AK1

カセットテープやCD、ラジオ、MP3などの多彩な音源をハイレゾ相当の音質に拡張する「アップコンバート機能」を搭載した一体型コンポ。カセットテープに録音した懐かしい音楽を高音質で聴けるのも魅力です。

また、SDカードやUSBメモリに保存した、192kHz/24bitまでのハイレゾ音源ファイル(FLAC・WAV)の再生も可能。USBメモリからSDカード、SDカードからUSBメモリ、カセットテープからSDやUSBメモリなど、多彩な録音にも対応しているので、PCで音楽編集をする方にもおすすめです。

高性能なウーファーによるバスレフ型スピーカーシステムを搭載しているのもポイント。大出力デジタルアンプとの組み合わせにより、高音質なハイレゾ音源を大迫力で楽しめます。さまざまな音楽を自分で編集し、スピーカーから高音質で音楽を聴きたい方はぜひチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) コンパクトステレオシステム SC-ALL5CD

パナソニック(Panasonic) コンパクトステレオシステム SC-ALL5CD-K

本製品はスマホやタブレットなどからWi-Fiでワイヤレス通信する際に、音楽を圧縮せずに伝送する「AllPlay」に対応しているコンポ。さまざまな機器の音源をワイヤレスで高音質に再生できます。また、ネットワークスタンバイ機能により、接続デバイスからアクセスすると本体の電源が入るので便利です。

スピーカーにはナノサイズに微細化した竹繊維を採用して剛性を高めているため、透明感とキレのある音を楽しめます。低域振動を効果的に出力する「パッシブラジエーター」が前後に搭載されているので、雑音を抑えた豊かな低音を奏でるのもポイントです。

リビングやダイニングに置いても生活感がなく、おしゃれに見えるデザインも魅力。奥行きが9.8cmとスリムかつ軽量なので、持ち運びにも適しています。

NoYuo CDプレーヤー KC-809

NoYuo CDプレーヤー KC-809

スタイリッシュなデザインが魅力の薄型CDプレーヤー。CDの回転が見えるのもおしゃれです。壁掛け設置できるので、リビングやキッチンなどにも場所を取らずに置けるのがメリット。リモコンが付属しているため、手の届きにくい場所に置いても楽に使えます。電源コードを引くだけでオンオフができるのも便利です。

FMラジオをはじめ、Bluetooth・USBメモリと多彩な音源に対応。かわいらしくコンパクトな筐体ながらスピーカーを内蔵しているので、ホームオーディオとして活躍できます。モバイルバッテリーからの給電でポータブル使用できるのも魅力のひとつ。充実した内容ながらリーズナブルな価格もおすすめポイントです。

サンスイ(SANSUI) Bluetooth 真空管ハイブリッドCDステレオシステム SMS-850BT

サンスイ(SANSUI) Bluetooth 真空管ハイブリッドCDステレオシステム SMS-850B

真空管アンプとデジタルアンプを組み合わせた「ハイブリッド方式」のCDプレーヤー。楽器演奏などを聴く際に楽しめる「倍音」効果や、デジタルならではの「臨場感」のある音質が特徴です。

また、表面と裏面で性質が違う「二重抄紙スピーカー」が搭載されているのもポイント。表面は明るくハリがありつつも艶やかな音質を、裏面は豊かで迫力のある音質を演出します。

さらに、懐かしいレトロなデザインも魅力。アナログとデジタルのよさの両方を楽しめるおすすめのCDプレーヤーです。

CDプレーヤーのおすすめ人気モデル|CDレシーバー

デノン(DENON) SACD対応CDプレーヤー DCD-1600NE

デノン(DENON) SACD対応CDプレーヤー DCD-1600NE

  
幅広い音楽ディスクに対応したCDプレーヤーです。CDに加えSACD再生が可能。さらに、DVD-R/-RWやDVD+R/+RWに記録したDSDの5.6MHzファイルや、最大192kHz/24bitまでのPCMデータも再生できます。PCやUSBメモリを介さずにファイル音源再生ができ、CD同様の使い勝手でハイレゾ音源を楽しめるのがポイントです。

また、デノン独自のアナログ波形再現技術「Advanced AL32 Processing Plus」を搭載。幅広い音源を原音に近く復元補完できるので、生楽器や声などをリアルに再現できます。

ディスクドライブには、余分な電流やノイズの発生を抑制する「Advanced S.V.H. Mechanism」を搭載。メカを低重心化して内部に生じる振動を低減させ、外部振動にも強い構造を実現しています。既存のCDを最高の音質で楽しみたい方におすすめです。

パイオニア(Pioneer) CDプレーヤー PD-10AE

パイオニア(Pioneer) CDプレーヤー PD-10AE

CD再生に特化したプレーヤー。リーズナブルながらもデジタル信号をアナログ信号に変換するDACに、高品位な192kHz/24bit DACを採用。余裕ある処理能力で微細な音のニュアンスまで緻密に再現できるのがポイントです。

好きな曲順で再生するメモリー再生も搭載。20分間操作しなければ自動でスタンバイに戻る便利な機能もあります。音声出力はアナログ1系統のみ。機能性よりもCD再生ができればよいという用途にぴったりのプレーヤーです。

マランツ(Marantz) CDプレーヤー CD5005

マランツ(Marantz) CDプレーヤー CD5005

単体CDプレーヤーとしてはリーズナブルながらも、出力端子が充実しているモデル。ボリューム付きのヘッドホンアンプを搭載しているので、別にアンプやスピーカーを用意しなくても、手持ちのイヤホンやヘッドホンでCDサウンドが楽しめます。

また、光と同軸のデジタル音声出力を搭載。単体DACに接続することで、高音質を追求することもできます。DACに、高性能なシーラスロジック「CS4398」を採用しており、豊かな情報量と広大な空間表現力を備えているのも魅力です。シルバーゴールドの上品なフロントパネルなので、インテリアにもマッチします。

ティアック(TEAC) CDプレーヤー PD-301

ティアック(TEAC) CDプレーヤー PD-301

スロットイン式のCDプレーヤー。幅215mm×高さ61mmとコンパクトな仕様なので、省スペースにも設置しやすいのが魅力です。FM放送でAMラジオの番組が聴ける「ワイドFM」対応のFMチューナーを搭載。音源を用意しなくても楽しめるのもポイントです。

本体前面にUSBポートが付いており、UBSメモリに保存されたWAV・MP3・WMA・AACの再生が可能。また、MP3・WMA・AACファイルを再生する際には、ディスプレイに曲名とアーティスト名を表示できます。スタイリッシュな外観もおしゃれ。高音質なCDプレーヤーでできるだけコンパクトなモノを探している方におすすめの1台です。