ネット配信サービスや楽曲のダウンロード販売が普及したことにより、気軽に音楽を視聴できるようになりましたが、CDは現在でも多く販売されています。各種サービスではカバーしきれていない曲もあるので、「CDプレーヤー」を使用する機会がある方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、まだまだ需要があるCDプレーヤーをピックアップ。おすすめモデルを種類ごとに分けてご紹介するほか、選び方についても解説します。

CDプレーヤーの選び方

種類をチェック

ポータブルタイプ

ポータブルタイプのCDプレーヤーは、軽量でコンパクトなのが特徴です。CDジャケットほどのサイズが主流で、持ち運びでの使用に適しています。

乾電池や充電池で駆動するモノがほとんどで、屋外で使用できるのも魅力のひとつ。動きながら使用することが多い方は、外部振動による音飛びを防ぐ「音飛び防止機能」を搭載していると便利です。

なお、接続は基本的にイヤホンジャックのみなので、ワイヤレス接続がしたい方は注意が必要。ライン出力を搭載していれば、外部のアンプやスピーカーと接続して使えます。

コンポタイプ

By: amazon.co.jp

コンポタイプは、スピーカーとアンプを内蔵しているのが特徴です。ほとんどのモノがAC電源専用の製品で、屋内で使うのに適しています。室内であれば移動させることも容易です。

本格的なオーディオシステムよりも場所を取らず、接続や操作が簡単なのもメリット。BluetoothやUSBなどCD以外の入力に対応した高機能なモデルもあります。デザインやカラーにこだわったおしゃれなモノもあるため、部屋のインテリアとしてもおすすめです。

CDレシーバータイプ

オーディオ機器としての音質を追求しているのがCDレシーバータイプ。ドライブメカをはじめ、DAC、アナログ回路、電源部、さらには筐体までこだわって設計されているモノが多いのが特徴です。機能面ではCD再生のみのシンプルなモノから、USBやネットワーク入力を備えた多機能なモノまで多数存在しています。

なお、基本的にはスピーカーが付いていないため、自分で個別に選んで組み合わせる必要があります。大型の製品が多く、スピーカーも含めて、設置場所をしっかりとチェックしておきましょう。

音質で選ぶ

By: amazon.co.jp

CDプレーヤーの音質を左右するパーツは、DACやアナログ回路部、電源部、読み取りメカニズムなど多岐にわたりますが、一般的なモデルではあまり差はありません。ただし、実績のある国内大手メーカーなら、過去のノウハウを活かしたモデルを展開しているため、比較的音質に優れています。

さらに、スピーカー付きのコンポタイプであれば、アンプ部の出力やスピーカーの再生能力によって音質が左右されるので、チェックするようにしましょう。本体サイズが大きいモデルほど音質がよくなる傾向があるため、選ぶ際の参考にしてみてください。

対応フォーマットをチェック

CDプレーヤーには、光デジタルや同軸、USBをはじめとするデジタル音声入力やネットワーク再生機能を搭載しているモノがあります。デジタル音声ファイルには多くのフォーマットがあるので、自分が主に再生したいフォーマットに対応しているかをチェックしましょう。

代表的なフォーマットはMP3やWMA、AACなどです。なお、CDを上回る品位を備えたハイレゾ音源フォーマットに対応していれば、従来のCD以上の広帯域で豊富な情報量のサウンドが再生できます。

ハイレゾ音源フォーマットにはFLACやAIFF、DSDなどが存在。モノによって、再生可能なサンプリング周波数やビット数にも違いがあるので、より高品位に音楽を楽しみたい方はチェックしてみてください。

再生可能なディスクをチェック

CDプレーヤーのなかには、市販の音楽CDに加えて、さまざまなディスクを再生できるモノがあります。例えば、PCやCDレコーダーで作成されたCD-RやCD-RWも再生できると、オリジナル構成での音楽鑑賞が可能なのでぜひチェックしてみてください。

機能で選ぶ

Bluetooth機能

Bluetooth規格での音声送信に対応していれば、Bluetooth受信に対応したイヤホンやヘッドホン、スピーカーとワイヤレスで接続して音楽を楽しめます。

また、CDプレーヤー側がBluetooth受信に対応しているモノなら、Bluetooth送信が可能なスマホや、ポータブルオーディオプレーヤー内の音楽をCDプレーヤーで聴くことが可能です。

スピード調節機能

By: amazon.co.jp

スピード調節機能が搭載されたモデルであれば、音源の再生速度を遅めたり早めたりすることが可能です。遅くすることで内容を聴き取りやすくできるので、語学学習やカラオケの練習に役立ちます。

講演や会議などを記録したCDを早く再生して、時間を節約することも可能。CD以外のUSBやSDカードなどの外部入力にも適用できると、自分で録音した音源の再生スピードをコントロールできるので便利です。

音飛び防止機能

CDプレーヤーは、外部からの振動によりデジタル信号の読み取りが途絶えやすく、音飛びが発生する場合があります。動きながら使用することが多いポータブルタイプでは、「音飛び防止機能」を備えているかどうかを確認しましょう。

「音飛び防止機能」は、内蔵メモリにあらかじめ数十秒分ほど先読みしておいたデジタル信号を貯めておくことで、振動による読み取り不良をカバーできる仕組みです。先読みできる秒数が多いほど音飛びを防げるので、頻繁に持ち運んで使う予定の方はチェックしてみてください。

CDプレーヤーのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは1982年にCD規格自体の開発に携わったメーカー。世界初のポータブルCDプレーヤーを1984年に発売しました。小型軽量化技術に定評があるメーカーで、音飛び防止機能などの技術を開発したことでも知られています。

自社開発のDACやメカニズムを使用するなど、製品の質にこだわっているのも魅力。ブランド力も高いおすすめのメーカーです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

多くのメーカーがラインナップを縮小しているポータブルCDプレーヤーですが、東芝はCDラジカセ市場で多数の製品を発売しているメーカー。かつてオーディオブランドも擁していたときのノウハウを活かした高性能な製品を、比較的リーズナブルな価格で展開しているのが特徴です。

パナソニック(Panasonic)

国内大手家電メーカーのパナソニック。同社のオーディオ用ブランドであるテクニクスと家電用ブランドであるパナソニックの双方で、長年にわたりCDプレーヤーを発売しています。1980年代後半にNTTと共同で開発したMASH方式DACは高音質とコストメリットの両立により、DACの主流であるΔΣ変調タイプの普及を加速させました。

現在はコンポタイプを中心に、本格的なCDレシーバータイプもラインナップ。音質追求派の方にもおすすめのメーカーです。

デノン(DENON)

デノンは1910年に創業した日本の老舗AV機器メーカー。細部までこだわり、高音質を追求したオーディオ機器は、CDプレーヤーからAVアンプ、ヘッドホンにいたるまで幅広くラインナップしています。

CDプレーヤーにおいては、入念な音質チューニングを施した高音質なモデルが特徴。CD以上の情報量を持つハイレゾ音源に対応したハイエンドモデルも販売しており、音質にこだわりたい方におすすめです。

CDプレーヤーのおすすめ人気モデル|ポータブル

東芝(TOSHIBA) CDプレーヤー TY-P3

Bluetooth接続に対応したポータブルタイプのCDプレーヤー。ワイヤレスイヤホンを接続できるほか、Bluetoothスピーカーを接続して大音量で音楽を楽しめるのも特徴です。乾電池とAC電源2つの給電方式に対応しており、通勤・通学や自宅など場所を選ばず幅広いシーンで使えます。

再生速度を11段階で調節できる「スピードコントロール機能」を搭載。さらに、CDトラックを10ずつ飛ばせる「+10機能」や、聴きたい部分を繰り返し再生できる「A-Bリピート」など語学学習に役立つ機能も備えています。

録音したCD-R/RWの再生にも対応しているので、多機能なCDプレーヤーを探している方におすすめです。

オーム電機(OHM) ポータブルCDプレーヤー AudioComm CDP-8174G

最大20曲まで自分の好きな曲順を設定できる「プログラム再生」や、曲を繰り返し再生できる「リピート再生」などの機能を搭載したCDプレーヤーです。

振動による音飛びを防ぐ「ESP機能」も備えているので、歩きながら音楽を楽しみたい方にぴったり。曲の一時停止やスキップなどを行いたい場合は、付属のリモコンで操作できます。

乾電池のほか、AC充電器やモバイルバッテリーを電源として使用可能。幅広い電源方式に対応した製品がほしい方におすすめです。

ロジテック(Logitec) ポータブルCDプレーヤー LCP-PAP02BWH

有線接続とBluetoothによるワイヤレス接続の両方に対応したポータブルCDプレーヤー。よく使用するボタンが大きくレイアウトされており、簡単に操作できるほか、誤操作を減らせるのが特徴です。ワイヤレスで再生すれば煩わしいケーブルもなく、屋外でも快適に使用できます。

駆動は単3形アルカリ乾電池2本の電池式とUSBケーブルからの給電に対応。振動に強い設計で、通勤・通学中も音飛びにくくストレスのない再生を実現します。

MP3ファイルを録音したCD-R/RWの再生や聴きたい部分を繰り返し再生できるリピート再生、電源を切っても続きから再生できるレジューム再生など、語学学習に役立つ機能を多数搭載しているのもおすすめポイントです。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) FMラジオ付きポータブルCDプレーヤー GH-CDPA

FMラジオの再生に対応したポータブルタイプのCDプレーヤーです。サイドにディスプレイを搭載し、手軽に再生中のトラックやラジオ電波の確認が可能。単3形アルカリ乾電池2本の電池式とACアダプターによる給電に対応しているので、自宅でも屋外でも場所を選ばず使えるのが特徴です。

低音を増幅する「低音強化機能」を搭載しているので、迫力ある重低音サウンドを実現。音飛び防止機能も備えているため、持ち運びの際もストレスなく使用できます。リピート・ランダム・イントロ・プログラムなどさまざまな再生機能を搭載しているので、語学学習にもおすすめです。

コイズミ(KOIZUMI) ポータブルCDプレーヤー SAD-3903/K・S

リーズナブルながら多機能なポータブルタイプのCDプレーヤーです。「音飛び防止アンチショック機能」が搭載されているので、外出中に音楽を鑑賞したい場合におすすめ。単3乾電池2本で約6時間駆動するのも魅力です。

ランダムやイントロ、リピートなどのさまざまな演奏モードを利用できるのもポイント。プログラム演奏モードを利用すれば、聴きたい曲を32曲まで設定して鑑賞できます。

また、本製品にはリモコン付きのイヤホンも付属。本体を取り出さずに再生や停止、ボリューム調節が行えるのもメリットです。

CDプレーヤーのおすすめ人気モデル|コンポ

ソニー(SONY) マルチコネクトコンポ CMT-X5CD

スタイリッシュで高級感あるデザインが魅力のCDプレーヤーです。横幅わずか約385mmとコンパクトで、限られたスペースにも設置可能。コンパクトながら最大出力40Wのパワフルなサウンドを楽しめるのも特徴です。MRC振動板を採用したフルレンジスピーカーとパッシブラジエーターにより、低音から高音までワイドレンジなサウンドを実現しています。

Bluetooth接続に対応しており、さまざまなデバイスから再生できるのも魅力のひとつ。スマホやタブレットなどとワイヤレスで接続できます。NFC対応のAndroidスマホを使っている方なら、簡単にペアリング可能。おしゃれかつ高性能なモデルを探している方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) CDラジカセ Aurex TY-AK1

ハイレゾ音源の再生に対応した高性能なコンポタイプのCDプレーヤー。FLACやWAVなどのハイレゾ音源ファイルを手軽に再生できます。CDやMP3などの圧縮音源をハイレゾ相当の音質で楽しめる「アップコンバート機能」を搭載しているのもポイントです。

CDに加えて、カセットテープやラジオ、SD、USBなど幅広く再生できるのも魅力のひとつ。カセットテープの音源もハイレゾ相当の音質に変換して楽しめます。0.5〜1.5倍の11段階で再生スピードを調節できる「スピードコントロール機能」や、聴きたい部分を繰り返し再生できる「A-Bリピート機能」などを搭載しているので語学学習にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) ミニコンポ SC-HC300

CDはもちろん、ラジオやBluetoothなどさまざまな音源に対応したコンポタイプのCDプレーヤー。雑音や歪みを低減して豊かな低音とクリアな高音を実現する「LincsD-Amp Ⅲ」を搭載しているのが特徴です。

また、MP3の圧縮処理で失われた音を補正する「MP3リ.マスター」を備えているのもポイント。あらゆる音源を自然な高音質で楽しめます。災害などでも影響を受けにくいワイドFMに対応しており、緊急時にも活用可能。外部端末から音楽を再生すると自動で本体の電源が入る「外部入力スタンバイモード」機能を搭載しているので、操作性も良好です。

スタイリッシュで高級感あるデザインも魅力のひとつ。インテリアに馴染みやすいおしゃれなCDプレーヤーを探している方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) ミニコンポ SC-RS60

高さ約107mmの低背設計で、場所を選ばずに設置できるコンポタイプのCDプレーヤー。歪みを抑えたクリアなサウンドを再生できるのが魅力です。ハイレゾ音源の再生にも対応しているため、音質を重視したい方におすすめ。さらに、クリアサラウンドで広がりのある音が楽しめます。

ワイドFMに対応しており、ラジオを聴きたい方にもぴったり。また、Bluetooth接続も可能なので、スマホの音楽をワイヤレス再生したいときにも活躍します。さまざまな使い方ができる1台です。

JVCケンウッド(KENWOOD) コンパクトコンポーネントシステム NX-W30

ワイドFM対応のFMチューナーを内蔵したコンポタイプのCDプレーヤーです。ラックやデスクなど省スペースに設置しやすいコンパクトボディを採用。CD・ラジオ・USBメモリ・Bluetoothなど幅広いメディアに対応した汎用性の高さが特徴です。

CD-R/RWに対応しているので、語学学習にもおすすめ。ヘッドホン接続もできるため、深夜や早朝でも音量を気にせず楽しめます。

設定した時間に音楽を再生・停止する「デイリー&スリープタイマー」や、曲に合わせて音の設定をカスタマイズできる「サウンドモード」など便利な機能を備えているのも魅力。木目調のデザインでインテリアにもマッチします。

サンスイ(SANSUI) 真空管ハイブリッドCDステレオシステム SMS-850BT

レトロなデザインが印象的なコンポタイプのCDプレーヤー。W-PRMウーファーの2WAYスピーカーを内蔵しており、低音から高音までクリアで聴きやすいサウンドを実現しているのが特徴です。

真空管とデジタルを融合したハイブリッドアンプを内蔵しているのも魅力のひとつ。真空管ならではの上質なサウンドが楽しめます。Bluetooth接続でスマホやオーディオプレーヤーからも音源を再生できるほか、USB端子により幅広いデバイスに対応。音質にこだわりたい方にもおすすめのCDプレーヤーです。

CDプレーヤーのおすすめ人気モデル|CDレシーバー

デノン(DENON) CDプレーヤー DCD-50

縦置きと横置きの両方に対応したCDプレーヤーです。独自のスロットインCDメカニズムにより、設置の向きに関わらず安定した動作を実現。本体の向きに応じてディスプレイ表示も自動反転する仕組みです。

ディスクを入れると同時に自動で再生をはじめる「オートプレイ機能」を搭載。ランダム・リピート・プログラムなど幅広い再生機能を有しているので、語学学習にもおすすめです。同社のプリメインアンプの操作もできるワイヤレスリモコンが付属しているため、操作性にも優れています。

デノン(DENON) CDプレーヤー DCD-800NE

デノン独自の技術「Advanced AL32 Processing Plus」を搭載したCDプレーヤーです。繊細な描写や豊かな低域が忠実に再現された音を、ハイレゾ音源などで楽しめます。

フロントパネルの端子から、USBメモリを差し込むことで音楽ファイルを読み込むことが可能。MP3・AAC・WAVといった複数のフォーマットに対応しています。

音楽信号の劣化を防ぐため、高剛性に優れた「リブ入りフット」や振動を抑える「ダイレクト・メカニカル・グラウンド・コンストラクション」を採用。防振対策がしっかり施されたCDプレーヤーがほしい方におすすめです。

ケンブリッジオーディオ(Cambridge Audio) CDプレーヤー TOPAZ CD5

利便性に優れた高コスパなCDプレーヤー。CDのデジタルファイルをアナログサウンドに変換するDAコンバーターに高品質な「Wolfson8725」を採用。音源の繊細で深い響きを引き出せるのが特徴です。

MP3・WMA形式のCD-R/RWの再生に対応しているのも魅力のひとつ。フロントパネルには高耐久なラップオーバーリッドアセンブリとデュアルレイヤーを採用しており、音飛びなどの原因となるクロックとCDメカへの振動の影響を低減できます。

フロントパネルはシンプルな構造で、高い操作性を実現。メタリックで高級感あるデザインのため、あらゆる機器と合わせやすいのもポイントです。

マランツ(Marantz) スーパーオーディオCDプレーヤー/CDプレーヤ― HD-CD1

コンパクトながら高音質なCDプレーヤーです。本体サイズは304×109×312mmと比較的コンパクトなので、設置スペースに余裕がない場合にもおすすめ。ダブルレイヤードシャーシやアルミダイキャストインシュレーターによって、シャーシ剛性が高められている点も魅力です。

DACチップには、シーラスロジックの「CS4398」を採用。デジタル信号とアナログ信号の高精度な変換を実現しています。本製品は、ゲイン切り替え機能付きのヘッドホンアンプも搭載。本体正面のフォーンジャックにヘッドホンのケーブルを挿し込めば、別途アンプを用意せずに音楽を楽しめます。

ティアック(TEAC) Referenceシリーズ ワイドFMチューナー搭載CDプレーヤー PD-301

ワイドFM対応チューナーを搭載したCDプレーヤーです。内蔵されているFMチューナーは、AMラジオをFM放送の周波数で受信できるワイドFMに対応。ラジオ番組をクリアな音質で楽しみたい方におすすめです。

本体前面に搭載されているUSB端子を利用すれば、USBメモリからの音楽再生も可能。WAV・AAC・MP3・WMAなど、さまざまなフォーマットに対応しているのもポイントです。

本製品は、ブラックとシルバーの2種類のカラーがラインナップ。スピーカーやアンプはもちろん、設置する部屋やインテリアに合わせてカラーを選択できるのも魅力です。

CDプレーヤーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

CDプレーヤーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。