アンプとスピーカーの間に接続するスピーカーケーブルは、スピーカーで音楽を楽しむために重要な役目を果たすアイテムです。スピーカーケーブルの素材や構造、シールドによっては、スピーカーから発する音質が大きく変わります。オーディオ愛好家はスピーカーケーブルを替えて音質を調整するほどです。

そこで今回は、スピーカーケーブルの選び方とおすすめモデルをご紹介します。

スピーカーケーブルの種類

スピーカーケーブルの素材

最もよく使われる銅

By: amazon.co.jp

電気用の導線として最もポピュラーな銅は、スピーカーケーブルにおいてもよく使われる素材です。導線用の銅は、内部の不純物の内容・割合によって区分され、不純物が少なく銅の純度が高まるほど高価になります。しかし、必ずしも高価なモノがスピーカーケーブルとして優れているわけではありません。

TPC(タフピッチ銅)は最も一般的な銅線で、安価なスピーカーケーブルに使われます。不純物を多く含んでいるため信号の流れが悪く、音質もよいとは言えませんが、低音が豊かに感じられるのが特徴です。

銅のなかでもOFC系が主流

By: amazon.co.jp

OFC(無酸素銅)は、TPCに含まれている不純物の中でも、酸素を積極的に取り除いたモノです。OFCは銅の純度が99.99%で、4N OFCとも言います。純度がひと桁上がるごとにNの数字が増え、より高価に。6N、7N、さらに最高8Nの銅線もあります。

このOFC系がスピーカーケーブルの主流。落ち着いたサウンドで自然な描写力が持ち味です。Nが上がるほど情報量、高域の伸びは増す傾向ですが、神経質になる面もあり、一概に優れているとは言えません。

By: amazon.co.jp

スピーカーケーブルの素材として銅の次に使われます。銅と同じように不純物の少なさでグレードが存在。音は銅よりも高音に特徴があり、低音は少ない傾向です。銅より高価ですが、バランスのよい音を作るのにはあまり向いていないという面もあります。

複合型

By: amazon.co.jp

銀と銅など複数の素材を合わせたタイプ。銅と銀の素材を合わせて使うことで、高音域が弱いという銅ケーブルの弱点を銀で補うなどといった音作りを狙えます。高価なモデルが多く、素材だけで音を判断しにくいので、初心者には選ぶのが難しいタイプです。

スピーカーケーブルの構造

平行型

By: amazon.co.jp

 
平行型ケーブルは、プラスとマイナスの2本の撚り線を平行に並べた構造。シンプルでスピーカーケーブルとしては一般的です。

撚りの強さや素線の太さ、シース(外部絶縁体となる被膜)の材質と、それぞれの組み合わせによって音が変化します。リーズナブルな価格のモノが多く、被覆も剥きやすいので初心者にもおすすめです。

隣接している撚り線の相互作用があるため、やや華やかで高音が目立つ傾向があります。

ツイスト型

By: amazon.co.jp

2本の撚り線をさらに捩じり合わせた構造です。1対の導体撚り線が、相互に影響し合う力を撚り合わせによって中和。電気抵抗の上昇を抑え、高音の伝送を安定化できます。外部からのノイズの入り込みにも強い構造なので、バランスがよく、高音質化に向いているのがメリットです。

4芯型

By: amazon.co.jp

2対のプラスとマイナスから成る構造。4本の導線を使用することで断面積の大きい導体を構成します。ツイスト型よりも、さらにプラス、マイナス相互の力の中和作用が強化され、音はマイルドさと低音のパワフルさが特徴です。

対角線方向の1対をそれぞれ並列に接続してするため複雑で、価格も高価なモノが多いので上級者向け。

スピーカーケーブルの選び方

スピーカーケーブルを購入する目的

長さを拡張

By: amazon.co.jp

スピーカー再生において、左右の間隔を空けるとより空間再現力が高まり、臨場感やリアルさも増す傾向があります。しかし、ミニコンポやスピーカーに付属するスピーカーケーブルは1.5mほどの短いモノが多く、左右の間隔を広げるのが難しい場合も。

そのため、ケーブルを長くするだけでも音は変わります。ホームシアターのリアスピーカーへの長さを拡張するのも同様に効果的です。

また、スピーカーケーブルには、あらかじめ特定の長さにカットした状態で売られているモノと、購入者が自由に長さを指定して購入できる切り売りのモノがあります。

音質向上

By: amazon.co.jp

ミニコンポやエントリークラスのスピーカーには、安価なケーブルが付属している場合がほとんどです。これを、たとえメートル数百円程度の単品売りのケーブルに替えるだけでも、大きな音質向上が見込めます。

すでに本格単品スピーカーを使っている方でも、適切なケーブルを選ぶことによって音質の向上や好みのサウンドも追求可能。カーオーディオでも有効です。

バイワイヤリング用

By: amazon.co.jp

高域と低域信号を分けて伝送する「バイワイヤリング」に対応したスピーカーを使用している場合、それに合わせたケーブルに変えることで音質が変化します。

高音と低音の信号が別々に伝送されるので、それぞれに合ったケーブルを選択できるのがメリット。しかし、スピーカーだけでなくアンプもバイワイヤリングに対応している必要があり、ケーブルも通常の2倍必要になるので少々手間がかかります。

スピーカーケーブルの太さ

By: amazon.co.jp

スピーカーケーブルは、太いほどしっかりと信号が伝送できるわけではありません。ケーブルには「表皮効果」というモノがあり、太くなるほど高音が減衰し、相対的に低音が目立つ傾向があります。

また、細ければいいというわけでもありません。細いケーブルは振動に弱いという特徴があるため、細すぎても音質によくない影響を与えます。さまざまな要素を考慮した上で、適度な太さのケーブルを選ぶのが大切です。

なお、スピーカーケーブルの太さを示す単位としてゲージ(AWG)という単位があり、18AWGで約1mm、16AWGは1.3mm、14AWGは1.6mmと数字が小さくなるほど太くなります。音質だけではなく、取り回しやすさの参考にもできます。

スピーカーケーブルの端子の種類

バナナプラグ

By: amazon.co.jp

バナナプラグは、スピーカーに使われる端子の中でも一般的な端子です。抜き差しがしやすいため、端子の交換も簡単にできるなど、実用的なメリットが多くあります。

また、振動に強く、影響を受けにくいというのも特徴です。頻繁にスピーカーを移動させたり、ケーブルを抜き差ししたりする方におすすめ。

Y端子

By: amazon.co.jp

Yラグとも呼ばれるY端子は、バナナプラグに比べて接地面積が小さく、あまり一般的ではありません。ただし、バナナプラグが使えない端子でも挟み込んで接続できるのがメリットです。

フォーンプラグ

By: amazon.co.jp

フォーンプラグのケーブルは、外部からのノイズの影響を受けにくく長く引き回せるのがメリット。端子部分のサイズも2.5~6.3mmと幅広いのが特徴です。2.5mmのフォーンプラグはイヤホンにも使われます。

スピコンプラグ

By: amazon.co.jp

スピコンプラグのケーブルは酸化に強く、ショートしにくいメリットがあります。また、不意にケーブルが抜けるのを防ぐため、コネクターを回転させてロックする機能が付いているのが特徴。

その他端子

そのほかの端子は、一般オーディオ機器では対応機が少なく、主に業務用(ギターなどの楽器、音楽制作)で使用する規格であることに注意してください。

スピーカーケーブルのおすすめメーカー

ベルデン(BELDEN)

By: tomoca.co.jp

1902年にシカゴで設立したオーディオケーブルメーカー。一般用よりも放送局や録音現場といった業務用として絶大な実績があります。

低価格、高品位で使いやすく、色付けの少ない音質が特徴です。高級オーディオユーザーにも愛用者が多く、価格に関係なく、スピーカーケーブルの定番メーカー。

カナレ(CANARE)

By: amazon.co.jp

1974年に設立した日本の電気メーカーです。おもに放送用の各種ケーブルやコネクター類を製造。プロの現場で培われた技術で、幅広い支持を得ています。

スピーカーケーブルにおいては、低価格でオーソドックスな製品を多数ラインナップ。プロ用らしく長距離伝送に強く、癖の少ない音質、高耐久性を備えています。他社ではラインナップの少ないスピコン用やフォーンプラグ用ケーブルがあるのも、業務用メーカーならではです。

スピーカーケーブルのおすすめ|端子なしタイプ

アマゾンベーシック(AmazonBasics) スピーカーケーブル 約30m

アマゾンオリジナルのスピーカーケーブルです。素材は銅とアルミのクラッド鋼という複合型で、構造は平行型。オーソドックスなケーブルで、プラスチックの被膜も柔らかく、初心者にも取り回しやすいモデルです。

16AWG、14AWGと2種類の太さに、それぞれ15m巻きと30m巻きの長さがあります。性能は14AWGの方が高いですが、好みで選んでも問題ない程度です。16AWGの30m巻きで1100円程度とリーズナブル。

複数の長いケーブルが必要なサラウンド環境はもとより、ステレオシステムからカーオーディオまで幅広く対応できます。初心者のケーブル剥きの練習用にもおすすめです。

ベルデン(BELDEN) 8460 3m スピーカーケーブル

ベルデンの定番モデルです。ツイスト型で錫メッキの銅線素材で線径は18AWG。ツイスト型の特徴である外部からのノイズ減少と、伝統の音作りの巧みさが相まって、自然でバランスのよいサウンドが魅力です。ミニコンポ、ホームシアター、本格オーディオまで用途を選ばず使えます。

白と黒のカラーリングはシンプルで落ち着いているので、部屋の中で目立たないのもポイント。価格も安く、ケーブルによる色付けを避けたい方にもおすすめ。

ベルデン(BELDEN) スピーカーケーブル 9497-5m

オレンジとブラックカラーで編みこまれた外見が特徴。ツイスト型で錫メッキの銅線素材、線径は16AWGです。「ウミヘビ」の愛称で放送局や録音現場で使われているモデル。

接続距離が長くなりがちなプロの現場に耐えられるよう、外部ノイズへの強さと、音質変化の少なさが特徴。モニター用途に適した、クリアでタイトなサウンドを備えます。カーオーディオにもおすすめです。

カナレ(CANARE) 4芯スピーカーケーブル 外径8.3mm 4S8

4芯構造により、磁界が均等に打ち消し合うことで放射ノイズを防止。誘電率の低いポリエチレンを絶縁体に採用し、バランスのよいサウンドを実現しています。

線径は16AWGですが、外径が8.3mmで、太く硬めなので注意しましょう。曲げやねじれに強いのがメリットで、バイワイヤリング用にも適しています。オーディオ中級者の方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) GOLD LINK Fine スピーカーケーブル 3.0m AT567S/3.0

オーディオテクニカの定番スピーカーケーブル。一般ユーザーにも人気があり、ベルデン、カナレなどと同様に、低価格でも確かな品質が魅力です。業務用メーカーとは違って、やや華やかで聴きごたえのあるサウンドが特徴。

平行型のOFC素材を使用したオーソドックスなモデルです。チタン配合シースを使用し、柔らかく被膜を剥がしやすく、ミニコンポから本格オーディオまで、音の雰囲気を変えたい場合にもおすすめ。

エイトワン(8ONE) スピーカーケーブル 2本1組 5m ESC-250

初心者向けで、リーズナブルなスピーカーケーブルです。平行型構造でOFC素材というオーソドックスなモデル。ケーブル先端部に切り込みが入っていて、初心者には難しい被膜剥がしが簡単なのはうれしいポイントです。片側に青い線が入っているので、プラスとマイナスを間違う心配もありません。

長さも5mあり、ホームシアターのリアスピーカー用にも十分です。細めなので取り回しもラクで、ミニコンポのケーブル交換用にもおすすめ。

モンスターケーブル(MONSTER CABLE) スピーカーケーブル 30m XP-30M

平行型で高純度OFCを使用したスピーカーケーブル。アメリカで人気のメーカーによる定番モデルです。導体の中心に絶縁体である「マグネティックフラックスチューブ」を通し、磁界の乱れによる音質への悪影響を防止。耐久性、柔軟性に優れた被膜も特徴です。

押し出しのよいパワフルなサウンドは、ホームシアター用に適しており、国内ではオンキヨーの単品スピーカー付属品としても使われています。オンキヨー製のミニコンポを使っている方にもおすすめです。

ゾノトーン(ZONOTONE) 6NSP-Granster 2200α

導体部を6NCu(超高純度銅)、HiFC(高機能純銅線)、PCUHD(高純度無酸素銅線)、OFCの4種で構成したツイスト構造のスピーカーケーブルです。

高級ケーブルメーカーによるエントリーモデル。クリアな高音、まろやかな中音、豊かな低音に、高い情報量と音場の広さを備えているのが魅力。クリアブルーの鮮やかなシースもスタイリッシュで、見た目も満足度の高い逸品です。

サエク(SAEC) PC-Triple C導体 切売りスピーカーケーブル SPC-350

ツイスト構造のスピーカーケーブルで、導体にはPC-Triple C銅を使用しています。線径は18AWGです。独自の連続鍛造伸延技術により、信号の伝送を妨げる結晶粒界を減らし、結晶を連続化させることにより、導体抵抗の低下と高い導通性能を実現。

ノイズ感の少ないクリアでワイドレンジなサウンドが魅力です。PC-Triple Cを使用した同社モデルのなかではリーズナブルなエントリークラス。

スピーカーケーブルのおすすめ|端子付きタイプ

ワイバーンオーディオ(WYVERN AUDIO) バナナプラグ加工済 スピーカーケーブル 2本1組セット 1.5m

バナナプラグ装着済みのスピーカーケーブルで、1.5m2本セット約2500円とリーズナブル。バナナプラグ部は24Kメッキで、しっかりした信号伝達が可能な平行型構造です。

取り回しやすい柔らかいシースなので初心者にも使いやすいのが特徴。ケーブルをまとめやすい専用ストラップも便利で、3m2本、5m2本セットもあり、ホームシアターや広い部屋にも対応可能です。

ワイバーンオーディオ(WYVERN AUDIO) 4N OFC スピーカーケーブル バナナプラグ⇔バナナプラグ 1.5m

導体に4N OFCを採用した平行型構造で、外部からのノイズの入り込みに配慮した厚手のシースにより、安定したサウンドを実現します。見た目より柔らかく、取り回しやすいのも特徴です。

リーズナブルながらも品位感の高い外見で、高級オーディオに使うのもおすすめ。もちろん、初心者やホームシアターにもぴったりです。

ベルデン(BELDEN) 9497 バナナプラグ付 スピーカーケーブル 2本セット 1.5m

ベルデンの端子なしスピーカーケーブルの定番、「9497」にバナナプラグを付けたモデル。金メッキプラグを高品質半田で接着しています。

自分で端子を買ってきて半田付けする必要がなく、プラグ部の安定性も高いので、音質の向上が期待でき、さらに。長さのバリエーションが豊富なのも魅力。ベルデンを使用したことがない方にもおすすめです。

小柳出電気商会(OYAIDE) Y型端子スピーカーケーブル OR-800A 1.5

Yラグ端子型のスピーカーケーブルで、25年ものロングセラーだった「OR-800」の後継モデルです。2mm厚の無酸素銅板材から打ち抜き加工し、表面平滑処理を行った後、 銀メッキ、さらにパラジウムメッキを施した特別製Yラグを使用。ケーブルの特徴を損なうことのない品位を備えています。

ケーブル部はOFC導体の4芯型構造。2重綿糸+照射架橋ポリエチレンの内部絶縁体と、ポリオレフィン被膜という組み合わせにより、洗練されたハイクオリティーなサウンドを楽しめます。Yラグ型を使うなら候補に入れたいおすすめのモデルです。

ベルデン(BELDEN) 8470 バナナ-Yラグ付き スピーカーケーブル 2本セット 2m

片方がバナナプラグ、もう片方にYラグ端子を装着したスピーカーケーブル。アンプ側端子にバナナプラグが使えない場合などに重宝します。端子部はいずれも金メッキ加工で信号伝の達性がよく、錆びにくいのがメリットです。

ケーブル部がツイスト型で錫メッキの銅線素材。外部からのノイズに強く長めの引き回しにも向いています。0.5mから10mまで10種類の長さから選べるのもうれしいポイントです。

カナレ(CANARE) 4S6仕様 スピーカーケーブル フォン-フォン 2m

4芯構造のスピーカーケーブル「4S6」の両端をフォン端子仕様にしたモデル。カナレらしい色付けの少ない素直な音質を備えます。プロの現場で定評のあるモデルで、0.5~50mの長さまで多くのバリエーションを用意。外形が6.4mmで柔軟性が高く、配線しやすいのも特徴で、ギターアンプとの接続にもおすすめです。

カナレ(CANARE) 4S6仕様 スピーカーケーブル スピコン⇔スピコン 50m

4芯構造のスピーカーケーブル「4S6」の両端をスピコン端子仕様にしたモデル。スピコンは端子の品質が音質と接続の確実性に直結します。本モデルでは業界標準のノイトリック社製端子を使用。

3~50mまで豊富な長さが揃っており、業務用からイベント用まで安心しておすすめできます。

CopperColour ジャンパーケーブル 約29.5cm D8-YB

バイワイヤリング型スピーカーの、上下端子間に接続する短いスピーカーケーブルです。ジャンパーケーブルは、バイワイヤリング型のスピーカーで通常のケーブルを使用する際に使用します。本モデルは5N OFCを使用した高品位導線も魅力です。

F-FACTORY スピーカーケーブル ピンプラグ-先バラ 5m×2本/C-078

AVアンプやプリメインアンプのサブウーファー用プリアウト端子から、サブウーファーのスピーカー入力に接続できるケーブルです。スピーカー出力がRCAピンプラグタイプのアンプとステレオスピーカーとの接続にも使えます。

また、古いミニコンポ付属のスピーカーで、入力がピンプラグのモノと普通のアンプとの接続にも使用可能。