今や、スマホと切っても切れない関係にあるといっても過言ではない「イヤホン」。iPhoneの場合はイヤホンジャックがなくなったことで、ワイヤレスイヤホンを使う方が増えています。

イヤホンはドライバーの構造をはじめ、素材や接続方式などによって音質が変化するため、どれを選べばよいか悩んでしまいがち。そこで今回は、iPhone向けイヤホンのおすすめモデルをご紹介します。

iPhone向けイヤホンの選び方

接続方法で選ぶ

Bluetooth接続

By: amazon.co.jp

無線接続規格のBluetoothを利用してデバイスと接続するタイプのイヤホン。さまざまなメーカーが数多くの製品を発売しており、選択肢も豊富です。

Bluetooth接続タイプのイヤホンには、大きく分けて完全ワイヤレス・左右一体型・ネックバンド型の3種類があります。完全ワイヤレスは、ケーブルレスで左右のイヤホンが完全に分離しているのが特徴。ケーブルの取り回しを一切気にすることなく使用できるのがメリットです。

左右一体型は、イヤホン同士がケーブルで繋がっています。ネックバンド型もケーブルで繋がっていますが、首周りにフィットするネックバンドを採用しているのがポイント。左右一体型とネックバンド型はどちらも、落下や紛失の心配が少ないのが大きなメリットです。

Lightning接続(有線イヤホン)

By: audio-technica.co.jp

Lightningポートに接続するタイプのイヤホン。イヤホンジャックが搭載されていないiPhone 7以降のモデルでも、変換アダプタを使用せずに有線接続で音楽を聴けます。

高音質なモデルが多く、音の遅延が少ないので、動画を見たりゲームをプレイしたりする場合にはLightning接続がおすすめ。ただし、発売されているモデルが少なく、選択肢が限られる点には注意が必要です。

ワイヤレスイヤホンはAACコーデック対応モデルを

By: amazon.co.jp

Bluetooth接続では、音声が圧縮されて端末へと転送されます。圧縮形式をコーデックと呼び、コーデックによって音質や音の遅延が異なります。また、端末側とイヤホン側の両方が同じコーデックに対応している必要があるので、留意しておきましょう。

iPhoneは、基本のコーデックである「SBC」よりも高音質かつ低遅延の「AAC」に対応しているので、iPhone向けワイヤレスイヤホンを選ぶ際はAAC対応モデルがおすすめです。

連続再生時間を確認

By: amazon.co.jp

Bluetooth接続のイヤホンは、Lightning接続と異なり、事前にバッテリーを充電しておく必要があります。そのため、1回のフル充電で使用できる連続再生時間もチェック。連続再生時間が短いとすぐにバッテリーが切れてしまうので、頻繁に充電しなければなりません。

通話や音楽再生を長時間楽しみたい場合は、最低でも5時間以上の連続再生時間に対応したイヤホンがおすすめ。外出先でバッテリーが切れる心配を軽減できるほか、頻繁に充電する手間も減らせます。

防水・防滴性能を確認

By: amazon.co.jp

スポーツシーンで使いたい方や、シャワーを浴びながら音楽を楽しみたい方は、防水・防滴に対応したイヤホンがおすすめ。電気機器の防水性能は「IPX◯」という表記で確認でき、この数値が高いほどより優れた防水・防滴性能を持っています。

生活防水規格といわれているIPX4以上のイヤホンであれば、あらゆる方向からの飛沫に耐えられるので、汗をかくスポーツでの使用にもおすすめです。雨の中で使うなど、より防水・防滴性能を重視するなら、IPX5以上に対応したイヤホンを選びましょう。

MFi認証に対応しているかを確認

Lightning接続のイヤホンを購入する際は、MFi認証を取得しているかを確認することも重要。「MFi」とは「Made For iPhone/iPad/iPod」の略で、周辺機器がAppleの定める性能基準を満たしていることを示す認証です。

MFi非認証の機種だと、長期間使用しているとiPhoneが故障したり、iOSアップデート後に使用できなくなったりするリスクがあります。MFi認証のイヤホンは非認証のモノと比べるとやや高価ですが、安全に使用できるモノを選ぶためにもチェックしてみてください。

リモコンマイク付きモデルが便利

By: audio-technica.co.jp

iPhone用に購入するイヤホンは、リモコンマイク付きがおすすめ。音楽の再生・停止や音量調節などの操作をイヤホンのみで行えるので便利です。さらに、音楽を聴いている最中に電話がかかってきても、イヤホンを装着したままハンズフリーですぐ通話ができます。

ただし、モデルによってはリモコンマイクが付いていない場合もあるので、気になる方は事前に確認しましょう。

ノイズキャンセリング機能も人気

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリング機能とは、周囲の騒音をイヤホン搭載のマイクで拾い、逆位相の音を発することで雑音を打ち消す機能のこと。電車や飛行機の騒音、人混みの音などを低減し、音楽に集中しやすい環境を作れます。

音楽を小さい音量で聴いたり、音楽を流さずに静かな環境だけを作ったりできるのもメリット。ただし、ノイズキャンセリング機能を使用する際は、バッテリーの消費量が大きくなるので注意しましょう。

iPhone向けイヤホンのおすすめ|完全ワイヤレス

アップル(Apple) AirPods Pro MLWK3J/A

心地よい装着感が魅力的な、おすすめのiPhone向けイヤホン。シリコン製イヤーチップが、3サイズ同梱されています。イヤーチップの装着状態テスト機能を搭載しているので、自分に合ったサイズを簡単に選択可能です。

ノイズキャンセリング機能も魅力。周囲の雑音を低減できるため、電車や飛行機など騒がしい環境でも快適に音楽を楽しめます。また、周囲の音を自然に取り込む、外音取り込みモードも用意されており、シーンに応じて切り替え可能です。

歪みが少ない高音質もポイント。さらに、耳の形に合わせて音質を最適化する「アダプティブイコライゼーション」にも対応しているため、ユーザーに合った音を再生可能です。バッテリーケースは、有線充電のほかMagSafe充電もサポートしています。

アップル(Apple) AirPods MME73J/A

Apple純正のiPhone向けおすすめイヤホン。ケースの蓋を開くだけでiPhoneにポップアップが表示されるので、簡単に初回のペアリングを行えます。

高音質も魅力のひとつ。Apple独自の空間オーディオをサポートしているため、対応コンテンツを再生すると音に包み込まれているような感覚を体験可能です。また、耳に合わせて音質を調節する機能も搭載されています。

操作性に優れている点も特徴。本体には感圧センサーが内蔵されているので、再生や一時停止、着信の応答などの操作をiPhoneを取り出さずに行えます。また、「Hey Siri」と呼びかければSiriも起動可能です。

IPX4に準拠した、耐汗耐水性能もポイント。汗程度の軽い水濡れであれば気にせずに使用できます。

ビーツ(Beats) BEATS STUDIO BUDS MJ4Y3PA/A

デザイン性に優れた、おしゃれなiPhone向けイヤホン。豊富なカラーバリエーションが用意されているので、好みのカラーを選択可能です。耳にフィットしやすいイヤーチップもポイント。高い密閉性を実現しており、音楽をダイレクトに感じられます。

ノイズキャンセリング機能と外部音取り込みモードを搭載しているのも特徴。多機能ボタンの長押しでモードを切り替えられるため、周囲の環境に合わせて臨機応変な使い方が可能です。

iPhoneに接続すると、バッテリー残量の確認やファームウェアのアップデートなどを行えます。Androidの場合は専用アプリをインストールすれば、同じ機能を利用可能です。

イヤホン単体では、最大8時間音楽を再生できます。ケースを利用すると、最大で2回分の充電が可能です。

ビーツ(Beats) Beats Fit Pro MK2F3PA/A

Apple H1チップを内蔵したおすすめのiPhone向けイヤホン。3サイズのシリコン製イヤーチップが付属しているので、耳のサイズに合わせて使用可能です。また、柔軟性のあるウィングチップを搭載しており、優れたフィット感を実現しています。

臨場感のあるサウンドが特徴。空間オーディオをサポートしており、対応の音楽・映画・ゲームなどを再生すれば、頭の動きに合わせて音が調節されます。音に包み込まれているような臨場感のある体験を楽しめるのが魅力です。

ノイズキャンセリング機能も搭載されているので、電車やバスのような環境でも快適に使用可能。車通りの多い場所で音楽を聴いたり、電車のアナウンスを聞いたりしたい場合は、外部音取り込みモードにも切り替えられます。

デュアルビームフォーミングマイクが搭載されているため、通話も可能。ノイズや風切音をカットし、クリアな音声を伝えられます。

ビーツ(Beats) Powerbeats Pro MY582PA/A

スポーツシーンでも使いやすい、おすすめのiPhone向けイヤホン。柔軟性に優れた調節しやすいイヤーフックを搭載しているので、しっかりフィットした状態で装着できます。耐汗耐水仕様でもあるため、トレーニング中も安心して使用可能です。

Apple H1チップ内蔵で、接続が安定しているのもポイント。また、サウンドのバランスが取れており、さまざまなジャンルの音楽を楽しめます。

最大9時間再生できるバッテリー持ちのよさも魅力。Fast Fuel機能により、約5分充電するだけで最大約90分の音楽再生ができます。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM4


AACコーデックに対応しており、iPhoneにおすすめのイヤホン。音質をハイレゾ相当までアップスケーリングする「DSEE Extreme」にも対応しており、高音質な音楽を再生可能です。

ノイズキャンセリング性能に優れているのも魅力。ノイズをカットする効果を高めるために、独自のプロセッサー「V1」や独自開発のイヤーピース、高性能な集音マイクなどを採用しています。最大8台までの機器とペアリングができるのも特徴です。

ソニー(SONY) LinkBuds WF-L900


快適な装着感が魅力的な、iPhone向けのおすすめイヤホン。中心部分に穴があいた、リング型のドライバーユニットを採用しています。音楽を聴きながら、周囲の音もしっかり確認できるのが魅力です。

また、専用アプリ「Headphones Connect」に対応しており、イコライザー設定などができます。圧縮音源の高音域を補完できるDSEE機能のオン・オフもアプリから可能です。

高性能なマイクもポイント。ハンズフリー通話に対応しているのはもちろん、AIを活用したボイスピックアップテクノロジーの採用により、周囲のノイズを抑えたクリアな通話品質を実現しています。

ボーズ(Bose) Bose QuietComfort Earbuds


大迫力の低音を楽しめる、iPhone向けのおすすめイヤホン。IPX4の防滴仕様なので、屋外でも安心して使用可能です。耳に触れる面に柔らかいシリコン素材を採用しているほか、大型のウィングも搭載しているため、安定した装着感を実現しています。

音量に合わせて音質を最適化する「アクティブEQテクノロジー」を搭載しているのも特徴。小さい音量でも、原音の臨場感をあまり損なわずに再生可能です。

本製品はノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能を搭載しており、シーンに応じて使い分けができます。左イヤホンをダブルタップするだけで、素早く切り替えられるため便利です。

アンカー(ANKER) Soundcore Sport X10


スポーツやアウトドアなどのシーンに適した、おすすめのiPhone向けイヤホン。シリコン素材のイヤーフックを搭載しており、快適な付け心地を実現しています。IPX7に準拠した防水性能を備えているので、雨や汗などを気にせずに使用可能です。

対応しているコーデックはSBCとAAC。10mmドライバーのほか、独自の「BassUpテクノロジー」を搭載しており、ダイナミックな低音を楽しめます。専用アプリを使用すれば、イコライザーの調節も可能です。

ノイズキャンセリングと外音取り込みにも対応。また、左右のイヤホンには各3つずつノイズリダクション機能を搭載したマイクが内蔵されているため、クリアな音声通話も可能です。

連続再生時間は、イヤホン単体の場合で最大8時間。充電ケースを併用すると、最大で32時間音楽を再生できます。

アンカー(ANKER) Soundcore Life A3i


コストパフォーマンスに優れた、おすすめのiPhone向けイヤホン。コンパクトかつ軽量で、耳に快適にフィットします。片方のイヤホンをケースに戻して蓋を閉じると、片耳だけでも使用可能です。

ノイズキャンセリングにも対応。電車や飛行機などの環境でも、ノイズを抑えて快適に音楽を楽しめます。外音取り込みモードを搭載しており、会話をしたりアナウンスを聞いたりする場合も便利です。

10mmのドライバーを内蔵しており、パワフルなサウンドを実現。アプリをインストールすればイコライザーのカスタマイズも行えるため、好みや曲のジャンルに合わせた音質を楽しめます。

マイクにはAIノイズリダクション機能を搭載。ノイズを抑えた音声通話が可能です。

iPhone向けイヤホンのおすすめ|ワイヤレス

ビーツ(Beats) Beats Flex MYMC2PA/A

Apple W1チップを搭載した、おすすめのiPhone向けイヤホン。接続の安定性に優れています。マイクが搭載されているため、ハンズフリー通話も可能。風切り音を低減する機能が備えられており、クリアな音声を届けられます。

イヤーパッドはマグネット式で、使わないときはネックレスのように掛けられます。イヤホンを耳から外すと再生が止まり、装着すると再開するため便利です。

バッテリーの連続再生時間は、最大で約12時間。10分の充電で1.5時間音楽を再生できる、Fast Fuel機能にも対応しています。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WI-C100


高性能ながら価格が抑えられた、おすすめのiPhone向けイヤホン。首まわりのバランスを考慮して設計されているほか、重量も約20gと軽いので、快適に装着可能です。IPX4相当の防滴仕様で、雨や汗を気にせずに使用できます。

リモコンを搭載しているのも魅力。音楽の再生や一時停止はもちろん、ボリュームの調節や着信の応答などを簡単に操作可能です。

Siriの起動に対応しているのもポイント。電話をかけたり音楽を再生したりと、さまざまな操作を音声で行えます。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスイヤホン ATH-CKS660XBT


高級感のあるメタルボディが特徴的な、おすすめのiPhone向けイヤホン。2台のデバイスと同時に繋げられるマルチポイントに対応しています。iPhone以外にも、イヤホンを接続したい機器がある方におすすめです。

9.8mmの「SOLID BASS HDドライバー」による、迫力ある低音が魅力。音楽はもちろん、ゲームや映画も臨場感のある音で楽しめます。また、映像と音のズレを軽減する低遅延モードも使用可能です。

ボーズ(Bose) Bose SoundSport wireless headphones


トレーニング中にも使いやすい、おすすめのiPhone向けイヤホン。ウィングを搭載しており、激しく動いてもズレにくい安定感のある付け心地を実現しています。汗や雨の影響を受けにくい、防滴設計も魅力です。

専用アプリ「Bose Connect」にも対応。設定のカスタマイズなど、さまざまな操作がアプリ上で行えます。

shokz OpenRun Pro S810


周囲の音を聞きながら音楽も楽しめる、おすすめのiPhone向けイヤホン。骨伝導タイプのイヤホンなので、耳を塞がずに装着可能です。IP55の防水防塵に対応しているため、雨や汗などを気にせずに使えます。

DSPノイズキャンセリングマイクを搭載しているのもポイント。クリアな音声で通話できるので、テレワークやオンライン授業などにも活用可能です。バッテリー持ちもよく、最大10時間連続で音楽再生ができます。

iPhone向けイヤホンのおすすめ|Lightning接続

オーディオテクニカ(audio-technica) Lightning用イヤホン ATH-CKD3Li


9.8mmのドライバーを搭載しているiPhone向けイヤホン。真鍮製のスタビライザーを搭載しており、ノイズや歪みを抑えた高品質なサウンドを実現しています。

マイク付きリモコンを搭載しているのもポイント。音楽や動画の再生・一時停止のほか、曲送りやボリューム調節などが可能です。

付属のイヤーピースは合計で4サイズ。耳のサイズに合わせて付け替えられるほか、イヤホン自体も小型で、優しくフィットします。

エレコム(ELECOM) 高耐久マイク付きセミオープンライトニングイヤホン EHP-LFS10IM


耐久性に優れた、おすすめのiPhone向けイヤホン。MFi認証を取得しているので、安心感のあるモデルを探している方におすすめです。また、耐久性に優れたコードを採用しているので、長く使い続けられます。

セミオープン構造を採用しているのも特徴。圧迫感が少なく音がこもりにくいため、ナチュラルなサウンドを楽しめます。また、ケーブルにはリモコンマイクを搭載。ボリューム調節やSiriの起動、ハンズフリー通話などが可能です。

パイオニア(Pioneer) RAYZ Plus SE-LTC5R


有線ながらノイズキャンセリングに対応した、おすすめのiPhone向けイヤホン。外音の取り込み機能も搭載しており、シーンに合わせて使い分けられます。イヤホンの付け外しに合わせて音楽が再生・停止する機能も便利です。

便利なリモコンを搭載しているのもポイント。カスタマイズ可能なスマートボタンが搭載されており、好きなアプリの起動に割り当てられます。また、ケーブル部分に充電用のLightningポートが搭載されているので、iPhoneを充電しながら音楽を聴くことが可能です。

ラディウス(radius) iPhone用イヤホン HP-NEL12


軽快な装着感が魅力的な、おすすめのiPhone向けイヤホン。耳を塞がず圧迫しにくいインナーイヤー型を採用しています。直径14.15mmの高性能ドライバーを搭載しているのもポイント。バランスに優れたサウンドを再生可能です。

ハンズフリー通話に対応したリモコンも搭載。ノイズ低減機能により、雑音を抑えたクリアな音声を相手に届けられます。

ラディウス(radius) iPhone用イヤホン HP-NEL21


高音質で音楽を楽しめる、おすすめのiPhone向けイヤホン。MFi認証を取得しています。Apple Musicのロスレス・ハイレゾ音源を再生できるため、対応のiPhoneに接続すれば高音質な音楽を楽しむことが可能です。

多機能リモコンが搭載されているのもポイント。iPhoneを取り出さなくても、音楽の再生・停止や音量調節などの操作ができます。