今やスマートフォンと切っても切れない関係にある「イヤホン」。iPhoneにイヤホンジャックがなくなったことで、ワイヤレスイヤホンを使うユーザーも増えています。また、イヤホンはドライバーの構造をはじめ、素材や接続方式など、さまざまな要素によって音質が変化するため、どれを選べばいいか悩んでしまいがち。

そこで今回は、iPhone向けイヤホンのおすすめモデルをご紹介します。通話したい場合や重低音を楽しみたい場合など、接続方法で分けてピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

iPhone向けイヤホンの選び方

イヤホンの接続方法で選ぶ

Bluetooth接続

By: amazon.co.jp

Bluetooth接続のイヤホンは、Bluetooth通信を介してiPhoneとペアリングすることでワイヤレスで使用できます。ケーブルの煩わしさから解放されるので、ジョギングなど運動しながらでも使いやすいのが特徴です。

また、Lightning接続のイヤホンは、Lightningポートを使用するため音楽視聴と充電を同時にはできませんが、Bluetooth接続であればどちらも同時に可能。モバイルバッテリーで充電しながら使えば、外出先でもバッテリー残量を気にせず通話や音楽を楽しめます。

一方、Bluetooth接続は再生の際に遅延が発生する恐れがあります。また、使用の際にはイヤホン自体のバッテリー管理も要注意。なお、快適に利用したいのであれば、Bluetooth4.0以降およびClass2以上のBluetooth規格に対応したイヤホンがおすすめです。

Lightning接続

防水性能の強化と周辺機器のワイヤレス対応化を推し進めるために、iPhone 7以降の機種からはイヤホンジャックが省略されているので、従来のミニプラグを備えたイヤホンは変換アダプタなしで使用できません。しかし、ミニプラグの代わりにLightningプラグを搭載したイヤホンであれば、Lightningポートに直接接続して使用できます。

Lightning接続のイヤホンは、内蔵されたDACでデジタル音声をアナログ変換・増幅して再生する方式を採用しています。そのため、高音質で音楽を楽しめることにうえ、ケーブルで直接繋がっているので遅延もありません。一方で、他社のスマホには見られない構造のプラグを採用しているため、対応するイヤホンの種類が少なく、価格がミニプラグを採用したイヤホンよりも高価になる傾向がある点には注意しておきましょう。

対応コーデックを確認

コーデックとはBluetooth接続で楽曲をワイヤレス転送する際の圧縮形式のこと。圧縮率が低いコーデックほど、楽曲を高音質で楽しめます。しかし、コーデックがiPhone側とイヤホン側の両方で対応していないと楽曲を再生できないので注意が必要です。

対応コーデックには主に3種類があります。標準的な音質で遅延がやや気になる「SBC」、高圧縮・高音質で遅延の少ない「AAC」、低圧縮・高音質で遅延もより少ない「apt-X」です。

iPhoneユーザーには、AACコーデックに対応したBluetoothイヤホンがおすすめ。AACはiTunesストアで購入する楽曲にも標準採用されていることもあり、iPhoneであれば問題なく再生できます。逆に、aptXコーデックのイヤホンはAndroid専用でiPhoneには非対応なので注意しましょう。

防水・防滴性能を確認

By: amazon.co.jp

スポーツシーンで使いたい方や、シャワーを浴びながら音楽や通話を楽しみたい場合は、防水・防滴に対応したイヤホンがおすすめ。電気機器の防水性能はカタログやメーカーサイトのスペック表に記載されている「IPX-」という表記で確認できますが、この数値が高いほどより強力な防滴・防水性能を持っています。

IPX4以上のイヤホンであればあらゆる方向からの飛沫に耐えられるので、汗をかくスポーツでの使用にもおすすめです。より強力な防滴・防水性能が必要であれば、IPX5以上に対応したイヤホンを選びましょう。多方向から噴流水にも耐えられるので、雨やシャワーのなかでも問題なく使用できます。

連続再生時間を確認

Bluetooth接続のイヤホンを選ぶ際は1回のフル充電で使用できる、連続再生時間もチェック。Lightning接続のイヤホンと違って使用の際には事前にイヤホンのバッテリーを充電しておく必要がありますが、連続再生時間が短いとすぐにバッテリー切れを起こすので頻繁に充電する必要があります。

通話や音楽再生を長時間楽しみたい場合は、最低でも5時間以上の連続再生時間に対応したイヤホンがおすすめ。7〜8時間以上の連続再生に対応しているイヤホンであれば、ほぼ1日中使用できるので便利です。

音質にこだわるならハイレゾやノイズキャンセリング

By: amazon.co.jp

ハイレゾ音源の情報量はCD音源の3倍以上あり、通常の音源では再現しきれない高い音域や小さく細い音の再現ができます。

ただし。iPhoneではハイレゾ音源の出力には対応していないので、通常ハイレゾ音源の楽曲を聴くにはハイレゾに対応したイヤホンだけではなくヘッドホンアンプが必要。しかし、ハイレゾ対応のDACを内蔵したイヤホンであれば、イヤホン単体でハイレゾ音質やハイレゾに近い高音質で音楽鑑賞が楽しめます。

また、通話や音楽に集中したい場合は、ノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンがおすすめ。環境音を相殺できる効果があるので、周囲が騒がしい状況でも雑音を気にすることなく楽しめます。

MFi認証に対応しているかを確認

By: amazon.co.jp

Lightning接続のイヤホンを購入する際は、安全に使用するためにその機種がMFi認証を受けているかを確認するのが重要です。「MFi」とは「Made For iPhone/iPad/iPad」の略で、その周辺機器がAppleの定める性能基準を満たしていることを示しています。

つまり、このMFi認証のロゴがイヤホンのパッケージやメーカーページに記載されていれば、その機種は「Apple公式認定品」として安心して使用できます。逆にMFi非認証の機種だと、長期間使用しているとiPhoneが故障したり、iOSアップデート後に使用できなくなったりするリスクがあります。

MFi認証のイヤホンは非認証のモノと比べるとやや割高です。しかし、確実で安全に使用できるモノを選ぶためにも、MFi認証の有無は忘れずに確認しておきましょう。

リモコンマイク付きモデルが便利

By: amazon.co.jp

iPhone用に購入するイヤホンは、リモコンとマイク付きがおすすめ。再生や音量などの音楽プレーヤー操作を手元で行えて便利です。さらに、聴いている最中に電話がかかってきても、ハンズフリーですぐ通話ができます。

最近のモデルはマイクの感度もよく、マイクを口元に近づける必要もありません。また、リモコンマイク付きのモデルも販売されています。ただ、一部の高級イヤホンなどにはリモコンが付いていない場合もあるので、購入する際には注意しましょう。

iPhone向けイヤホンのおすすめ|Bluetooth接続

アップル(Apple) AirPods Pro

アップル(Apple) AirPods Pro

周囲の騒音を大幅に低減できる「アクティブノイズキャンセリング機能」が搭載された完全ワイヤレスイヤホン。タイプとしては遮音性の高いカナル型を採用おり、より音楽に集中したい方におすすめのアイテムです。

音楽を聴きながら周囲の音が聞ける「外部音取り込みモード」を用意しているのもポイント。実用性が高く、音楽を聴きながらでも外音をしっかり聞き分けられます。

連続使用時間はイヤホンのみで最大5時間。付属の充電ケースを使用すれば最大約24時間の再生が可能です。iPhoneをはじめとするiOS機器に最適化したApple H1チップによる使い勝手のよさも魅力。iPhoneユーザーであればぜひおさえておきたいイヤホンです。

アップル(Apple) AirPods with Charging Case

アップル(Apple) AirPods with Charging Case

アップル初の完全ワイヤレスイヤホンである「AirPods」の第2世代モデル。従来に比べて、接続速度の向上や遅延の減少、バッテリー持続時間のアップなどを果たしています。

特徴は独自開発IC「H1チップ」によるiPhoneとの親和性の高さです。iPhoneはじめiOSデバイスと簡単にペアリング設定が可能。また、複数のiOSデバイスの接続切替えもスムーズ。アップル製品ユーザーにとって魅力的な快適さを備えます。

もちろん、iPhoneでのハンズフリー通話や音楽操作も可能です。さらに、「Hey Siri」と言うだけで、再生する曲を替えたり、電話をかけたりできるところも便利。

1回の充電で約5時間の再生ができ、バッテリー内蔵ケースを併用すれば最大24時間も使えるスタミナも魅力。15分急速充電で急な外出にも対応できます。大人気なのもうなずける完成度の高いおすすめイヤホンです。

ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン WI-C300

ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン WI-C300

国内大手メーカー品としてはリーズナブルなAACコーデック対応モデル。iPhoneとの組み合わせで、高音質と低遅延を両立したワイヤレスリスニングを手軽に楽しめます。

iPhoneでのハンズフリー通話や音楽再生のリモコン操作も可能で、Siriにも対応しています。約15gの軽量設計とビハインドネックスタイルによる快適な装着感もポイント。音漏れを抑えた設計により、屋外で使いやすいのも魅力です。

NFC対応機器とのワンタッチ接続や、最大8台の機器との接続設定を記憶するマルチペアリングに対応するので、iPhone以外の機器ともワイヤレス接続することの多い方にもおすすめです。

フィーオ(FiiO) RC-BT with FH1 FIO-RCBTFH1-J

フィーオ(FiiO) RC-BT with FH1 FIO-RCBTFH1-J

接続方法の多様さが特徴のBluetoothワイヤレス接続対応イヤホンです。Bluetoothレシーバー内蔵ケーブル、3.5mm径ステレオミニプラグ付きケーブル、そして、2.5mm径バランス端子付きケーブルが付属。MMCX規格着脱式なので簡単に付け替えて、接続機器に合わせて使えます。

iPhoneとのBluetooth接続時にはマイク付きリモコンも使えて便利です。イヤホン本体は、BA型とダイナミック型ドライバー1基ずつによるハイブリッド構成。40kHz再生をクリアしたハイレゾ相当の高音質で再生します。

高機能ながらリーズナブルなこともポイント。Bluetoothと優先接続を1台で兼用したい方におすすめです。

JVCケンウッド(JVC) K2テクノロジー搭載ワイヤレスイヤホン HA-FW02BT

JVCケンウッド(JVC) K2テクノロジー搭載ワイヤレスイヤホン  HA-FW02BT

独自の高音質化技術を搭載したBluetooth対応ワイヤレスイヤホンです。 SBC・AAC・aptXいずれのコーデックにおいても、音源を192kHz/24bitのハイレゾ相当に変換再生する「K2テクノロジー」を搭載。Bluetooth接続時にハイレゾ相当の音声データ伝送には対応していないiPhoneでも、高精細なサウンドを楽しめます。

JVC独自の木製振動板を採用しているのも特徴。アコースティック楽器を中心に、温かみのある音質で音楽を描写するのが魅力です。

音声アシスタント機能に対応したマイク付きリモコンを搭載しており便利。さらに、イヤホン本体にMMCX端子を採用しているので、有線接続にも対応します。高音質を幅広い機器で楽しめるのもおすすめポイントです。

アビオット(AVIOT) 完全ワイヤレスイヤホン TE-D01g

アビオット(AVIOT) 完全ワイヤレスイヤホン TE-D01g

高性能ながらリーズナブルな、AACコーデック対応のおすすめモデルです。

Bluetoothイヤホンの性能を左右するSoCチップに最新の「QCC3020」を採用し、イヤホン単体で約10時間再生のロングバッテリーを実現しています。付属の充電ケース併用で最大50時間の再生が可能なので、遠出や旅行にも対応できます。急速充電に対応しているのもポイントです。

歯切れのよいサウンドを再生できるグラフェン振動板6mm径ダイナミック型ドライバーを搭載。丁寧なチューニングによる高音質さも魅力です。

一度設定を行えばケースから取り出すだけで自動的に接続できることもポイント。また、ハンズフリー通話に加えて、騒音低減機能も搭載しており通話も快適です。軽量・コンパクトなうえに、IPX7の防水性能を備えており、屋外でも安心して使えます。

ビーツ(Beats) Beats by Dr.Dre PowerBeats3 Wireless

アップル(Apple) Beats by Dr.Dre PowerBeats3 Wireless

耐久性の高さと大迫力のサウンドが魅力のBluetoothイヤホン。ビーツはアップルが展開するイヤホン・ヘッドホンの純正ブランドです。アップルのW1チップを内蔵しているので、iPhoneとの連携や他のアップル機器との切り替えもスムーズにできます。

本製品はデュアルドライバー音響を採用。ダイナミックな高音からパワフルな低音まで堅牢で幅広いサウンドを楽しめるので、Apple Musicなどストリーミングサービスで音楽鑑賞を楽しみたい方にもおすすめです。また、最長12時間の連続再生が可能な大容量バッテリーや、5分で約1時間の使用が可能な急速充電機能も搭載されています。

加えて、耐汗・防沫仕様なのもポイント。激しく汗をかくトレーニングや雨のなかのジョギングでも、故障の心配がなく積極的に使用できます。ケーブル巻き取り用クリップでフィット具合を調節できるので、イヤホンをアクティブに使いたい方にも最適です。

ボーズ(Bose) SoundSport Free wireless headphones

ボーズ(Bose) SoundSport Free wireless headphones

アメリカが誇る名門音響機器メーカーのボーズが開発した初の完全独立型ワイヤレスイヤホン。音質向上のためのDACから安定したワイヤレス接続を実現するBluetoothアンテナ位置に至るまで、こだわりが凝縮した設計により最高クラスの高音質が楽しめます。

コーデックはAACにも対応。豊かな低音とバランスの取れた中高音が特徴で、高い再現性のクリアな音質で音楽が楽しめます。音量に合わせて最適化するイコライザが搭載されているのもポイントです。

連続再生時間は最長5時間。付属の充電ケースを使用すれば+10時間の再生ができ、急速充電機能により15分間の充電で45分の使用も可能です。雨や汗にも強い防滴仕様なのでアクティブな用途にも使えます。また、万が一本体を失くしても、専用アプリ「Bose Connect」を使えばイヤホンの位置を地図上に表示できるので安心です。

ビーツ(Beats) Beats by Dr.Dre BeatsX

ビーツ(Beats) Beats by Dr.Dre BeatsX

シンプルなデザインと快適な使い心地が魅力のモデル。iPhoneとの連携や設定が簡単にでき、楽曲再生や通話も優れた音質で楽しめます。

バッテリーは1回のフル充電で最長8時間の連続使用が可能。また、急速充電技術である「Fast Fuel」により、わずか5分の充電で約2時間再生できるので、バッテリーを気にせず安心して使えます。

マイクつきリモコンの「RemoteTalk」を使えば、電話への応答や楽曲の操作・Siriへの指示も簡単。また、Beatsならではの「Flex-Formケーブル」は首への着け心地がよいほか、使用しない時は首に掛けたり、マグネットで左右のイヤホンをまとめたりできるので収納もラク。機能性だけでなく、デザインにもこだわりたい方におすすめのイヤホンです。

アンビー(ambie) ambie wireless earcuffs AM-BT01

アンビー(ambie) AM-BT01/PC ambie wireless earcuffs

独特な構造が特徴のイヤカフ型イヤホン。従来までのイヤホンと違って耳の穴を塞がずに装着できるのが魅力です。音楽を聴きながらでも周囲の音が聞き取れるので、移動中でも危険や呼びかけに注意を維持できます。周囲の状況に気を配りつつも、BGM感覚で音楽にいつも触れていたい方におすすめです。

連続再生時間は最長6時間。ネック部分にはマイクや楽曲の音量コントロール・一時停止ボタンのほか、NFCも搭載されています。iPhone 7以降の機種であれば端末をイヤホンに近付けるだけで簡単にペアリングが可能です。全部で6色のカラーバリエーションがあるので、好みや服装に応じてコーディネートも楽しめます。

ビーツ(Beats) Powerbeats Pro

ビーツ(Beats) Powerbeats Pro

イヤーフック仕様にすることで装着感が安定している完全ワイヤレスイヤホン。優秀なApple H1チップを搭載しているほか、長時間のスポーツシーンでの使用にも配慮しているので、アクティブなユーザーにおすすめです。

バッテリーはイヤーバッド単体で最長9時間の連続再生が可能。付属の充電ケースを使用すれば24時間以上の再生にも対応できます。また、耐汗・防沫性能も優れているのもポイント。同社製品らしいパワフルなサウンドを楽しめるのも魅力です。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

多機能と高音質を兼ね備えた人気の完全ワイヤレスイヤホン。独自開発の高性能チップ「QN1e」を搭載することによって、満足度の高いノイズキャンセリング性能を体感できるのが特徴です。

周囲の環境に応じた騒音低減モードの自動切り換えや、外音取り込み機能も用意されているので、あらゆるシチュエーションに配慮できるのもポイント。音質に関してはハイレゾ相当に変換して再生できる「DSEE HX」機能を搭載しているのも魅力です。

連続使用時間は本体のみで6時間、付属の充電ケースを使用すれば最大24時間。10分の充電で90分再生できる急速充電機能も便利です。音質はもちろん、使い勝手にもこだわりたい方はぜひチェックしておきましょう。

アンカー(ANKER) Soundcore Liberty Neo AK-A3911011

アンカー(ANKER) Soundcore Liberty Neo AK-A3911011

耳穴にしっかりフィットしてくれるアンカーのイヤホン。低音域を約43%増幅させる「BassUpテクノロジー」を採用しているため、力強い低音を楽しみたい方におすすめです。Bluetooth5.0に対応していることで、接続が安定し音飛びを抑えてくれるのも特徴。

本製品は天候を気にせず音楽を楽しめるのがポイント。一時的に水に浸しても影響が少ないIPX7規格なので、ランニング中に雨が降ってきても安心です。また、大容量バッテリーを使用しているため、イヤホン本体のみだと最大5時間、充電ケースも合わせて使うと最大20時間音楽を再生できます。

iPhone向けイヤホンのおすすめ|Lightning接続

ビーツ(Beats) urBeats3

ビーツ(Beats) urBeats3

Lightningコネクタに対応している有線タイプの密閉型イヤホン。同社製品らしく、重低音に優れているのが特徴です。

ハウジング部分にはマグネットを内蔵しており、使用しない時は首に掛けておけるのもポイント。また、ケーブルにはマイク付きインラインリモコンが用意されているので、ハンズフリー通話や音量コントロールなどの操作も容易です。

さらに人間工学に基づいて設計された数種類のイヤーチップが付属しているのも魅力。スタイリッシュなデザインを採用しているので、ファッショナブルなイヤホンを求めている方にもおすすめです。

UiiSii I8

UiiSii I8

Lightningコネクタに対応しているイヤホンのなかでは比較的リーズナブルなアイテム。安価でありながらハイレゾ音源に対応しており、気軽に高音質を楽しめるのが特徴です。

イヤホンの特徴としては左右とにも高音・低音に対応した、2基のドライバーを搭載するデュアルドライバー構造を採用しているのもポイント。低音域から高音域までバランスよく音を発するのも魅力です。iPhone向けのイヤホンを探している方でも、特にコスパ重視で選びたいという方はぜひチェックしておきましょう。

レイザー(Razer) Hammerhead for iOS RZ04-02090100-R3A1

レイザー(Razer) Hammerhead for iOS RZ04-02090100-R3A1

世界的なゲーミングデバイスメーカーによるLightning接続イヤホン。ゲーム音のために重低音を強化したサウンド設計が特徴です。

10mmの大型ダイナミックドライバーとカスタムチューンされたDACにより、迫力ある重低音を響かせます。遮音性の高いバイフランジ型付属イヤーピースを使えば、より豊かな低音を堪能可能です。

「Hammerhead iOS」アプリで好みの音に調節できるのもポイント。ゲームだけでなく、音楽、映画と幅広く活躍できるおすすめの重低音イヤホンです。

ワンモア(1MORE) ノイズキャンセリングデュアルドライバーイヤホン E1004

ワンモア(1MORE) ノイズキャンセリングデュアルドライバーイヤホン E1004

大手スマホメーカーにマイク付きイヤホンを供給している実績を持つワンモアのイヤホン。Lightning接続対応タイプでは珍しいダイナミック型1基とBA型1基によるハイブリッド型構成を採用し、ワイドレンジで情報量に富んだサウンドが楽しめます。

外部の騒音を低減して音楽を聴きやすくする「アクティブノイズキャンセリング機能」も搭載されており、クリアな通話が可能です。

アルミニウム合金製を使用した美しいデザインも魅力的。音質・機能・使い勝手のバランスのよいおすすめモデルです。

ルプラス(Leplus) 極の音域 Digital Feel 匠 ゴールド LP-MLNE03GD

ルプラス(Leplus) 極の音域 Digital Feel 匠 ゴールド LP-MLNE03GD

リーズナブルな価格で購入できるコストパフォーマンスの優れたイヤホン。Lightningコネクタを搭載しているので、変換コネクタが不要でiPhoneに直接接続できます。また、Bluetoothイヤホンでありがちな複雑な設定やイヤホン本体のバッテリー管理も不要なので、手軽に使用できるのもポイントです。

本機は10mmの大口径ドライバーを搭載しています。バスドラムをしっかりと表現する低音と、ボーカルの声をかき消さない心地いい音質に仕上がっているので、J-POPやEDMの再生におすすめ。

高級感の溢れるアルミニウム削り出しのボディも特徴で、iPhone本体と調和のとれたデザインが魅力です。また、楽曲の操作やSiriの呼び出しが可能なマイク付きリモコンも搭載しているので機能性も十分。MFi認証を取得済みなのでiOSアップデート後も安心して使用できます。

パイオニア(Pioneer) RAYZ Plus SE-LTC5R

パイオニア(Pioneer) RAYZ Plus SE-LTC5R

iPhoneと連携することで自分好みにカスタマイズできる新機軸のカナル型イヤホン。Lightning接続のイヤホンは充電しながら使用できないのが難点ですが、本機には充電用のポートが搭載されているので、iPhoneを充電しながら通話や音楽再生ができます。

また、機能性の高さも本機の特徴。周囲に応じてノイズキャンセリングの効果を調節する「Smart Noise Cancelling」や、逆に外部の音を適度に取り込むことで使用中でも周囲に注意を向けられる「HearThruモード」、イヤホンの脱着に応じて自動で停止・再生を制御できる「オートポーズ」などの機能が搭載されています。

楽曲や通話の操作はもちろん、お気に入りアプリの起動やマイクのミュートも操作できるスマートボタンを搭載。iPhoneの専用アプリを使えば、各機能やスマートボタンの設定を自由にカスタマイズもできます。

ラディウス(Radius) Digital earphone with Lightning HP-NHL21

ラディウス(Radius) Digital earphone with Lightning HP-NHL21

世界初となるオリジナルチューニング登録機能を搭載したカナル型イヤホン。本機はMFi認証を取得しており、ハイレゾ音質に近い48kHz/24bitの高音質で音楽が楽しめます。

ハイレゾ音源再生アプリの「NePLAYER Lite」で楽曲を再生する際、アプリに標準搭載されているイコライザやサラウンドの調節機能を手元のリモコンで操作が可能。また、イコライザ・サラウンド共に4種類ずつ登録が可能で、組み合わせることで15パターン以上のチューニングができるのも魅力です。

さらに、低音域の再現性を高めるバスポート構造の採用しており、低音に強いのが特徴。芯のあるしっかりとした重低音がダイレクトに伝わってきます。スピード感のある低音にも対応できるので、ロック音楽の再生におすすめです。

オーデジー(Audeze) iSINE 20 Lightning & standard cable

オーデジー(Audeze) iSINE 20 Lightning & standard cable

最高クラスの音質が楽しめるハイエンドのセミオープン型インイヤーイヤホン。オーデジーは、平面磁界・全面駆動式のハイエンドヘッドホンを多数開発しているアメリカ発の最高級ブランドです。

世界初となる平面駆動タイプのダイヤフラムを採用しており、ミクロン単位の調節駆動によって幅広い音域と高い解像感を持つ極上の音質で音楽鑑賞が楽しめます。また、30mmの超大口径ドライバーを採用しているのも特徴。一般的なドライバーと違ってクロスオーバーによる音のばらつきがなく、歪みも少ないので、音質にこだわりたい本格派の方におすすめです。

マイク付きリモコン部には、24bit対応のDACとDSPに加えてデジタルアンプを内蔵。各種リモート操作にも対応するほか、本体はMFi認証済みなので安全で確実な動作が可能です。

アップル(Apple) EarPods with Lightning Connector MMTN2J/A

アップル(Apple) EarPods with Lightning Connector MMTN2J/A

iPhoneの製造元であるアップルが販売している純正のイヤホンです。iPhone 7以降の機種に付属しているするモノと同じ製品で、シンプルで優美なデザインと音質の高さが特徴。特別際立った能力はありませんが、性能のバランスが取れているので、交換用のイヤホンとしてもおすすめです。

耳の形状に基づいたデザインで設計されているため、耳に装着しやすく、通話や音楽鑑賞を快適に楽しめます。内蔵スピーカーは音の劣化を最小に抑えて出力を最大にするように設計されており、ハイレゾではありませんが、普段使いに必要十分な音質で聴けるのも魅力です。

右耳側にはリモコン付きマイクも搭載。楽曲の音量調節や曲送りはもちろん、電話の応答、ハンズフリー通話、iPhoneカメラのシャッター操作、Siriの呼び出しなどをイヤホンだけで行えます。

エレコム(ELECOM) MFi認証 Lightning接続ハイレゾオーディオヘッドホン EHP-LCH1010MGD

エレコム(ELECOM) MFi認証 Lightning接続ハイレゾオーディオヘッドホン EHP-LCH1010MGD

高音質なハイレゾ音源に対応しているエレコムのLightning接続イヤホン。直径9.8mmのダイナミックドライバーを採用しているため、迫力のある低音と伸びのある中高音を楽しめます。S・M・Lサイズのイヤーキャップが付属されているので、自分の耳穴にぴったり合わせやすいのが特徴です。

本体にはマイクが付いており、ハンズフリーで通話できます。音楽を聴いている最中に電話がかかってきても、ボタンを押せばすぐ電話に出られるため便利。搭載されているリモコンでは、音量調節や音楽の再生・停止、着信応答、通話終了などを簡単に操作できます。また、リモコンのセンターボタンを長押しすればSiriが起動するのもポイントです。