音楽を楽しむための「イヤホン」は、ワイヤレス接続可能なBluetooth対応のアイテムが普及。特にスマホを音源とするユーザーが増え、端末との相性を考えることもイヤホン選びには重要です。

そこで今回は、ユーザー数の多いiPhoneに対応するイヤホンのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。音質を優先するならば有線タイプの方が軍配が上がりますが、利便性を考慮するとワイヤレスタイプの方が有利なので、お悩みの方はぜひチェックしてみてください。

アップル純正のイヤホンってやっぱり良いの?

By: apple.com

2012年、iPhone 5発売時に初めて付属されたアップル純正のイヤホン「EarPods」。現在主流の耳栓のような「カナル型」ではなく、耳介に軽くイヤホン本体を載せて装着する「インナーイヤー(イントラコンカ)型」に近い、独特の形状をしています。

EarPodsは軽快な装着感と、開放的で爽やかな音質が得られるのが特長。ただし、音漏れがあるため、公共の場所で大きな音を出すと周囲に迷惑がかかってしまうという弱点があります。また、遮音性も低いので、うるさい場所では音を大きくしないと聴き取りにくいケースもあります。

EarPodsは同価格帯のイヤホンと比べると音質に優れているとはいえ、あくまで価格3000円程度のエントリーモデルです。1万円以上のハイエンドモデルと比べると音質や機能面で負けてしまいます。

ただし、iOS機でのリモコン操作とハンズフリー通話の品位、使いやすさはアップル純正ならではの魅力。EarPodsは付属品としては高性能ですが、音質を追求するのならば、買い替えもひとつの手段といえます。

iPhone用イヤホンの選び方

リモコンとマイク付きが基本

By: amazon.co.jp

iPhone用に購入するイヤホンは、リモコンとマイク付きがおすすめ。再生や音量などの音楽プレーヤー操作を手元で行うことができて便利です。さらに、聴いている最中に電話がかかってきても、ハンズフリーですぐ通話ができます。

最近のモデルはマイクの感度もよく、マイクを口元に近づける必要もありません。今は、選ぶのに迷うほど多くのリモコンマイク付き機種があります。ただ、一部の高級イヤホンなどにはリモコンがついていない場合もあるので、購入する際には注意しましょう。

ワイヤレスやノイズキャンセリングなど高度な機能への対応

51o6-NylwgL

By: amazon.co.jp

iPhone用イヤホンのなかにはコードのわずらわしさから解放されるBluetooth対応のワイヤレスイヤホンや、騒音を気にせずに音楽を聞けるノイズキャンセリング機能を兼ね備えたイヤホンも販売されています。

また、iPhoneのLightning端子に直結することで、話題のハイレゾ音源再生に対応するイヤホンも登場しています。CD音源以上の高音質で聴けるので、音質にこだわりたい方におすすめです。

コードの長さ

81VnpHJvdrL._SL1500_

By: amazon.co.jp

イヤホンを使っているうちによく起こるのが、コードの絡まり。特に、カバンやポケットなどにしまった後取り出すと、ゴチャゴチャと絡まってストレスになってしまいます。コードは長いほど絡まるリスクが高くなるので、iPhoneから特に離れないのならば、コードが短めのイヤホンを選びましょう。また、専用収納ケースが付属するイヤホンなら、コードの種類に関係なく絡まりを防いでくれるのでおすすめです。

iPhone 7,8,X用イヤホンの選び方

Bluetoothワイヤレス対応が基本

By: amazon.co.jp

iPhone 7以降は、それまで本体に装備されていた3.5mm径イヤホンジャックが廃止されました。Lightningポート経由で有線イヤホンをつなぐことも可能ですが、使用感を考えるとBluetoothワイヤレスイヤホンがおすすめです。

当初は高価だったBluetoothイヤホンですが、さまざまな製品がリリースされるうち、驚くような低価格モデルも登場しています。しかし、安価すぎるものは音質が低いだけでなく、頻繁に音飛びしたり、接続が切れてしまったりして、音楽に集中できなくなってしまいます。快適に聴くためにも、最低でも3000円以上のモデルを選ぶようにしましょう。

Bluetoothイヤホンを選ぶ際は、対応しているコーデック(規格)をチェック。iPhoneやiPadなどのiOSデバイスは、高音質のAACコーデックに対応しています。標準のSBCコーデックと比べて高音質で、さらに遅延も軽減されているのが特長。よりよい音質で音楽を聞きたい方はAACコーデックに対応したBluetoothイヤホンがおすすめです。

トレンドは左右も独立した「完全ワイヤレスイヤホン」

41G5sJvof-L

By: amazon.co.jp

Bluetoothイヤホンの最新トレンドは、左右のイヤホン間のコードを取り去った完全ワイヤレスイヤホンです。アップルもコード部分が一切ないAirPodsをリリース。新時代のイヤホンとして注目されています。

完全ワイヤレスイヤホンは便利ですが、小型・軽量化のための制約も多く、選ぶ上では気をつけなければならない点がいくつかあります。まず、気を付けたいのがバッテリー駆動時間。AirPodsの場合、一回の充電で使用できる時間は5時間程度です。完全ワイヤレスイヤホンのなかには、バッテリー問題を解決するために、持ち運び可能な充電ケースを付属するものもあります。

また、完全ワイヤレスイヤホンは、マイクを装備していない機種もあります。通話用に使いたい方は要注意。また、紛失しやすい点にも気をつけましょう。

有線から選ぶ場合

41gd3PSfiJL

By: amazon.co.jp

iPhone 7でも付属のアダプターを付ければ従来の有線イヤホンを使えます。ただ、見掛けと使い勝手のスマートさは失われます。また、アダプター部のDAC部はそれなりの音質であるため、高級なイヤホンの実力は発揮させられません。

iPhone 7で有線イヤホンをスマートに使うには、Lightning接続タイプのイヤホンを選びましょう。変換アダプターを介さないので、高音質で聴くことが可能です。

イヤホンを長く愛用するためのポイント

By: amazon.co.jp

iPhone本体にイヤホンのコードをぐるぐる巻きにする方法がありますが、これはコードにとってよくありません。コードに負担がかかり、断線の可能性を高めてしまいます。また、聞いていないときもイヤホンジャックに差し込んだままにする行為も同様です。イヤホン端子部はもちろん、iPhone本体の端子部にも負担がかかり、接触不良の原因になります。イヤホンとiPhoneを末永く使うためには配慮が必要です。

iPhone 7,8,Xにおすすめのイヤホンランキング

第1位 アップル(Apple) 完全ワイヤレスイヤホン AirPods MMEF2J/A

アップルがリリースしている完全ワイヤレスイヤホン。その完成度の高さから、iPhone用のみならず、幅広いユーザーに使われているBluetoothイヤホンの超人気機です。

最大の特徴はアップル社開発によるW1チップの搭載。iPhoneはじめ、iOS機との連携性、省電力化など多くの利点を持ちます。iOS機と簡単に接続できるのも魅力。耳から外すと自動停止、はめると自動再生という便利ぶり。

わずか15分急速充電で3時間再生できるのも圧倒的高性能。専用充電ケース使用すれば24時間以上の長時間使用も可能です。純正イヤホン「EarPods」そのままのデザインで、装着性も良好。音質だけではなく、使い勝手も含めておすすめのイヤホンです。

第2位 ビーツ(Beats) カナル型ワイヤレスイヤホン BeatsX

アメリカのカリフォルニアに本社を置く人気イヤホンメーカー・ビーツ。アップル傘下になったことで、アップルの独自技術が投入されるようになりました。本機もW1チップを搭載。AirPodsとほぼ同様の性能と機能でiPhoneでの快適な使用感が魅力です。

わずか45分の急速充電機能により最大8時間もの長時間再生が可能。ネックバンド型によるしなやかな装着感で長時間使用も楽です。バランスのよい高音質も備えます。AirPodsと違い、一般的なカナル型であることによる使いやすさも魅力です。

第3位 ビーツ(Beats) Lightningコネクタ付きイヤホン urBeats3

純正Lightningイヤホンからの最初のステップアップにおすすめの機種です。本機もアップル傘下のビーツ製なので、iPhone 7、8、Xとの親和性はバッチリ。もちろん、リモコン操作、ハンズフリー通話、Siriの起動が可能です。

コンパクトなカナル型ながら、微気圧調整の低音域とデュアルチャンバーの音響設計を備えた同軸ドライバーを使用するという凝った構成。サイズを超えた迫力サウンドを奏でます。カラバリも豊富で、ファッションと合わせやすいのもおすすめです。

第4位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X

Bluetoothワイヤレスはじめ、ノイズキャンセリング、有線接続、アプリでの細かな機能、音質調整などを有する多機能なイヤホンです。

イヤホンとしてもBluetooth対応機として極めて珍しいダイナミック型とバランスド・アーマチュア(BA)型のハイブリッド構成を採用しています。40kHz再生可能なハイレゾ対応も相まって、繊細な音から迫力の重低音まで余すところなく再現します。

ワイヤレスでありながらハイレゾ相当に変換再生できる「DSEE HX」機能も搭載。iPhoneとのワイヤレス接続でも圧倒的な高音質で楽しめます。音質面で妥協したくない方におすすめです。

第5位 ワンモア(1MORE) Lightningコネクタイヤホン E1004

Lightning接続対応では珍しいノイズキャンセリング機能搭載機です。iPhone本体から電源供給されるので、充電も不要。電池スペースもないので軽快なのもメリットです。

ワンモアは、スマートフォンで有名な中国メーカー・シャオミ(Xaomi)のオーディオブランド。価格以上の機能性を持っていることから、世界的に急激に人気を高めています。

本機もダイナミック型1基とBA型1基によるハイブリッドという凝った構成。低音から高音までバランスのよい傾向で、クリアなサウンドを奏でるイヤホンです。

第6位 パイオニア(Pioneer) Lightning接続イヤホン RAYZ SE-LTC3R

高音質・多機能・省電力が特徴のLightning接続イヤホンです。リモコン部に48kHz/24bit対応のDACを搭載し、CDの16bitを超えるハイレゾ音源を高音質に堪能できます。アップル開発のLAM2省電力技術を採用。iPhone本体のバッテリー減少を抑えるので、長時間使用が可能です。

使用する人の耳と周囲をスキャンし、個々の環境に対応したノイズキャンセリングを採用。イヤホンを付けたまま周囲を音が聴き取れるヒアスルー機能や、イヤホンを外すと自動で一時停止する機能も便利です。Lightning直結でハイレゾリスニングを楽しみたい方におすすめ。

通話したい人向けのiPhoneイヤホンおすすめランキング

第1位 RHA MA750 Wireless Bluetooth

通話が快適にできるネックバンド型Bluetoothイヤホンです。ネックバンドにマイク付きの3ボタンリモコンを搭載し、手元で基本的な端末操作を行え、通話も可能。音楽再生時に着信等を受けた際はネックバンドが揺れることにより着信を知らせてくれるのも便利です。

ハイグレードなステンレススチール製のイヤホン本体は高品位でスタイリッシュなデザインも魅力。有線イヤホンの人気機種「MA750」同等の内容によるバランスのよい高音質もポイントです。音楽に没頭しつつも、着信にすぐ対応したい方におすすめです。

第2位 ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン h.ear in Wireless MDR-EX750BT

通話品位にこだわったBluetoothイヤホンです。エコーキャンセレーションとノイズ低減に加えて、広い帯域での通話を可能にする高音質化技術「HD Voice」を搭載。クリア音声で通話することができます。

AACはもちろん、ソニーが開発した高音質のLDACコーデックにも対応。ワイヤレスタイプでありながら、高音質リスニングも可能。有線接続ができる点も魅力です。

第3位 EARIN Bluetooth対応完全ワイヤレスイヤホン M-2

コンパクトで軽量、しかも通話音質のよい完全ワイヤレスイヤホン。イヤーインのM-1は完全ワイヤレスイヤホン黎明期に小型高音質で人気を馳せました。本機はその後継機で、新たに通話機能に対応しています。

また、独自のノイズリダクション機能により、ノイズを平均25dB低減して明瞭な会話を可能にしてくれます。本体形状を工夫することで、風切り音も防止。屋外での通話もバッチリです。

第4位 ジェイビーエル(JBL) Bluetoothイヤホン EVEREST 100

高音質な通話品位にこだわったBluetoothイヤホンです。高性能エコーキャンセリング技術を搭載。通話者の周囲の雑音を低減して送話できるので、クリアな音声で会話可能です。もちろんハンズフリー通話にも対応しています。

耳にしっかりフィットして、快適な装着感が得られるスタビライザーを採用。歩きながら通話してもずれにくく、音も聴き取りやすいです。世界最小クラスの新開発5.8mm径ドライバーによるコンパクトなイヤホン部もポイント。イヤホンの存在感を感じにくいため通話に集中できます。

第5位 パイオニア(Pioneer) Lightning接続イヤホン RAYZ Plus SE-LTC5R

世界初となるLightning接続用充電ポートをケーブルに装備したモデル。充電しながらでも通話や音楽リスニングできます。

高性能で多機能なノイズキャンセリング機能を採用しているのもポイント。9.2mm径のダイナミック型ユニットにより、ワイドレンジで情報量の多いサウンドを楽しめます。充電、通話、そして高音質を同時に満たす唯一のイヤホンとしておすすめです。

第6位 アップル(Apple) EarPods with Lightning Connector

Lightning直結のApple純正イヤホンで、iPhone 7、8、X同梱品と同じものです。特に際立った高音質機能は備えていないため、他社のLightning直結イヤホンと比べると音質は劣ります。

ただし、考え抜かれた設計による装着性のよさと、インナーイヤー型による開放的な音質は魅力です。iPhoneに最適化されたマイクとリモコンによって通話も快適。コスパ良好なモデルを探している方におすすめです。

重低音を楽しみたい向けのiPhoneイヤホンおすすめランキング

第1位 JPRiDE 有線でも使えるBluetoothイヤホン JPA2 Live

リーズナブルながら高音質のAACコーデックに対応するiPhone向け Bluetoothイヤホンです。aptXコーデックにも対応しており、iPhone以外でも高音質の音楽が楽しめます。

ハイレゾ級の音響性能を追求した独自のイヤーレシーバーが、明瞭な高音、豊かな中域、迫力の重低音を再現。有線接続にも対応しています。コスパも優秀で、付属イヤホンからのステップアップとしておすすめです。

第2位 ソニー(SONY) 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X

ソニー初の完全ワイヤレスイヤホン。周囲のノイズを軽減するノイズキャンセリング機能を採用しているのが特長。音質モードも切り替え可能です。

ユーザーの好みでTreble BoostやBass Boostなど、自由にエフェクトを設定できるのもポイント。また、サイズ豊富なイヤーピースとフィッティングサポーターにより、装着性を追求できるので、密着度の高い装着感にすればより低音を豊かに鳴らせます。完全ワイヤレスイヤホンで重低音を求めるのならば本製品がおすすめです。

第3位 ビーツ(Beats) ワイヤレスイヤホン PowerBeats3

W1チップを搭載したビーツブランドのBluetoothイヤホン。W1チップ搭載機に共通のiPhoneとの親和性の高さ、ロングバッテリーを備えています。

本機は耐汗・防沫仕様。動いてもずれにくいイヤーフックを備えた装着性など、スポーツ使用も意識しています。音質については、重低音を得意とするビーツらしい傾向。装着感の調整幅が広く、耳穴に密着させればより低音を楽しめます。

第4位 シュア(SHURE) ワイヤレスイヤホン SE215 Special Edition Wireless

カナル型イヤホンの定番メーカー初のBluetoothイヤホン。重低音を強化した音質チューニングを持つ有線イヤホン・SE 215 Special Editionをベースにしており、本機でも豊かな低音を楽しめます。

高遮音性のデザインとイヤパッドにより、周囲の雑音を大幅カット。賑やかな場所でも快適に音楽を聞くことができます。また、バッテリーも最大8時間というロングスタミナ。15分の急速充電で2時間再生できるのも魅力です。

第5位 ラディウス(radius) Lightningカナル型イヤホン HP-NHL21

豊富な音質切り替え機能により、重低音も楽しめるLightning接続イヤホンです。ラディウスのハイレゾ対応プレーヤーアプリ「NePLAYER」や「NePLAYER Lite」と連携可能。24bit/48kHzでのハイレゾ音源再生と、イコライザーとサラウンド効果を楽しめます。

手元のリモコンで重低音を強調した「クラブ」など15種類の音を切り替えることが可能。大口径13.0mmのダイナミック型のドライバーユニットと独自のHigh-MFD構造によって、高音から低音までメリハリのついた音を再現できます。

第6位 ジェイビーエル(JBL) Lightningイヤホン REFLECT AWARE

カナル型としては大口径の14.6mmの新開発ドライバーを採用。迫力のある重低音再生を得意としたイヤホンです。接続はLightning専用でiPhoneにピッタリ。iOS対応の専用アプリによって音質調整も可能です。ノイズキャンセリング機能も装備しているため、屋外でも音楽に集中できます。

イヤチップには、フィット感が良好のスタビライザーを採用しているのもポイント。また、雨が当たっても平気なIPX5の高い防水性により、スポーツ使用にも適しています。音質はもちろん、機能性にも優れたおすすめのイヤホンです。