今やスマホと切っても切れない関係にある「イヤホン」。iPhoneにイヤホンジャックがなくなったことで、ワイヤレスイヤホンを使うユーザーが増えています。また、イヤホンはドライバーの構造をはじめ、素材や接続方式などさまざまな要素によって音質が変化するため、どれを選べばいいか悩んでしまいがち。

そこで今回は、iPhone向けイヤホンのおすすめモデルをご紹介します。通話したい場合や重低音を楽しみたい場合など、接続方法で分けてピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

iPhone向けイヤホンの選び方

イヤホンの接続方法で選ぶ

Bluetooth接続

By: amazon.co.jp

Bluetooth接続のイヤホンは、Bluetooth通信を介してiPhoneとペアリングすることにより、ワイヤレスで使用できます。ケーブルの煩わしさから解放されるので、ジョギングなど運動しながらでも使いやすいのが特徴です。

また、Lightning接続のイヤホンは、Lightningポートを使用するため音楽視聴と充電を同時にできませんが、Bluetooth接続であればどちらも同時に対応可能。モバイルバッテリーで充電しながら使えば、外出先でもバッテリー残量を気にせず通話や音楽を楽しめます。

一方、Bluetooth接続は再生の際に遅延が発生する恐れがあります。また、使用の際にはイヤホン自体のバッテリー管理も要注意。快適に利用したいのであれば、Bluetooth4.0以降およびClass2以上のBluetooth規格に対応したイヤホンがおすすめです。

Lightning接続

防水性能の強化と周辺機器のワイヤレス対応化を推し進めるために、iPhone 7以降の機種からはイヤホンジャックが省略されているので、従来のミニプラグを備えたイヤホンは変換アダプタなしで使用できません。しかし、ミニプラグの代わりにLightningプラグを搭載したイヤホンであれば、Lightningポートに直接接続して使用できます。

Lightning接続のイヤホンは、内蔵されたDACでデジタル音声をアナログ変換・増幅して再生する方式を採用しています。そのため、高音質で音楽を楽しめることにうえ、ケーブルで直接繋がっているので遅延もありません。一方で、他社のスマホには見られない構造のプラグを採用しているため、対応するイヤホンの種類が少なく、価格がミニプラグを採用したイヤホンよりも高価になる傾向がある点には注意しておきましょう。

対応コーデックを確認

コーデックとはBluetooth接続で楽曲をワイヤレス転送する際の圧縮形式のこと。圧縮率が低いコーデックほど、楽曲を高音質で楽しめます。しかし、コーデックがiPhone側とイヤホン側の両方で対応していないと楽曲を再生できないので注意が必要です。

対応コーデックには主に3種類があります。標準的な音質で遅延がやや気になる「SBC」、高圧縮・高音質で遅延の少ない「AAC」、低圧縮・高音質で遅延もより少ない「apt-X」です。

iPhoneユーザーには、AACコーデックに対応したBluetoothイヤホンがおすすめ。AACはiTunesストアで購入する楽曲にも標準採用されていることもあり、iPhoneであれば問題なく再生できます。逆に、aptXコーデックのイヤホンはAndroid専用でiPhoneには非対応なので注意しておきましょう。

防水・防滴性能を確認

By: amazon.co.jp

スポーツシーンで使いたい方や、シャワーを浴びながら音楽や通話を楽しみたい場合は、防水・防滴に対応したイヤホンがおすすめ。電気機器の防水性能はカタログやメーカーサイトのスペック表に記載されている「IPX-」という表記で確認できますが、この数値が高いほどより強力な防滴・防水性能を持っています。

IPX4以上のイヤホンであればあらゆる方向からの飛沫に耐えられるので、汗をかくスポーツでの使用にもおすすめです。より強力な防滴・防水性能が必要であれば、IPX5以上に対応したイヤホンを選びましょう。多方向から噴流水にも耐えられるので、雨やシャワーのなかでも問題なく使用できます。

連続再生時間を確認

Bluetooth接続のイヤホンを選ぶ際は1回のフル充電で使用できる、連続再生時間もチェック。Lightning接続のイヤホンと違って使用の際には、事前にイヤホンのバッテリーを充電しておく必要がありますが、連続再生時間が短いとすぐにバッテリー切れを起こすので頻繁に充電する必要があります。

通話や音楽再生を長時間楽しみたい場合は、最低でも5時間以上の連続再生時間に対応したイヤホンがおすすめ。7〜8時間以上の連続再生に対応しているイヤホンであれば、ほぼ1日中使用できるので便利です。

音質にこだわるならハイレゾやノイズキャンセリング

By: amazon.co.jp

ハイレゾ音源の情報量はCD音源の3倍以上あり、通常の音源では再現しきれない高い音域や小さく細い音の再現ができます。

ただし。iPhoneではハイレゾ音源の出力には対応していないので、通常ハイレゾ音源の楽曲を聴くにはハイレゾに対応したイヤホンだけではなくヘッドホンアンプが必要。しかし、ハイレゾ対応のDACを内蔵したイヤホンであれば、イヤホン単体でハイレゾ音質やハイレゾに近い高音質で音楽鑑賞が楽しめます。

また、通話や音楽に集中したい場合は、ノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンがおすすめ。環境音を相殺できる効果があるので、周囲が騒がしい状況でも雑音を気にすることなく楽しめます。

MFi認証に対応しているかを確認

By: amazon.co.jp

Lightning接続のイヤホンを購入する際は、安全に使用するためにその機種がMFi認証を受けているかを確認するのが重要です。「MFi」とは「Made For iPhone/iPad/iPod」の略で、その周辺機器がAppleの定める性能基準を満たしていることを示しています。

つまり、このMFi認証のロゴがイヤホンのパッケージやメーカーページに記載されていれば、その機種は「Apple公式認定品」として安心して使用可能。逆にMFi非認証の機種だと、長期間使用しているとiPhoneが故障したり、iOSアップデート後に使用できなくなったりするリスクがあります。

MFi認証のイヤホンは非認証のモノと比べるとやや割高です。しかし、確実で安全に使用できるモノを選ぶためにも、MFi認証の有無は忘れずに確認しておきましょう。

リモコンマイクつきモデルが便利

By: amazon.co.jp

iPhone用に購入するイヤホンは、リモコンとマイクつきがおすすめ。再生や音量などの音楽プレーヤー操作を手元でおこなえて便利です。さらに、聴いている最中に電話がかかってきても、ハンズフリーですぐ通話ができます。

最近のモデルはマイクの感度もよく、マイクを口元に近づける必要もありません。また、リモコンマイクつきのモデルも販売されています。ただ、一部の高級イヤホンなどにはリモコンがついていない場合もあるので、購入する際には注意しましょう。

iPhone向けイヤホンのおすすめ|Bluetooth接続

アップル(Apple) AirPods Pro

高性能なノイズキャンセリング機能を搭載したApple純正の完全ワイヤレスイヤホン。耳に入ってくる周囲のノイズを低減できる「アクティブノイズキャンセリング」を搭載し、小さいボリュームでも音楽に没入できます。また、音楽を聴きながら周囲の音が聞ける「外音取り込みモード」も搭載。車の音なども聞けるため、安全面に配慮して使用できます。

軸部分に感圧センサーが配置されており、音楽の操作や通話の受話・終話などをコントロール可能。iPhoneの設定から手軽に操作をカスタマイズできるのも魅力です。バッテリーケースと合わせれば最大24時間以上使用できるのもポイント。5分の充電で最大1時間の使用ができる急速充電にも対応しているので、外出先でバッテリー残量を気にせず使えます。

アップル(Apple) AirPods with Charging Case

ワイヤレス充電ケースが付属したiPhoneと相性のよい純正の完全ワイヤレスイヤホン。「Apple H1ヘッドフォンチップ」を搭載しており、初代AirPodsに比べて通話時間が最大50%長くなっているのが特徴です。iPhoneやiPadと接続中に別デバイスへシームレスに切り替えられるのも魅力のひとつ。特にApple製品を愛用している方におすすめです。

バッテリーケースと合わせれば24時間以上使用できるのもポイント。iPhoneと同じ「Lightningケーブル」での充電に対応しているので、iPhoneユーザーならケーブル1つでデバイスとイヤホンの両方を充電できます。さらに、Appleの音声認識機能である「Siri」に対応。喋るだけで音楽や通話、アプリなどさまざまなモノをハンズフリーでコントロールできます。

ビーツ(Beats) BeatsX

iPhoneなどAppleデバイスとの相性がよい左右一体型のワイヤレスイヤホン。Apple製品に搭載されている「Apple W1テクノロジー」を採用しており、Appleデバイス間でシームレスに切り替えできたり、バッテリーの節約ができたりします。バッテリーは最大8時間持続。5分の充電で約2時間再生できる「Fast Fuel機能」を搭載しているので、バッテリーが切れても安心です。

充電にはiPhoneと同じ「Lightningケーブル」を採用。iPhoneユーザーであれば、1本で携帯からイヤホンまで充電できるので便利です。高性能ながら比較的リーズナブルに購入可能。おしゃれでコスパの優れたイヤホンを探している方におすすめです。

ビーツ(Beats) Powerbeats Pro

iPhoneなどApple製品と相性のよい「Apple H1 ヘッドフォンチップ」を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。安定したワイヤレス接続が可能で、音切れなどを低減できるのが特徴です。自分の耳に合わせて調節できるイヤーフックを採用しているのも魅力のひとつ。ランニングなど激しい運動をしても外れにくく、スポーツシーンに最適です。

バッテリーケースと合わせれば24時間以上の再生が可能。5分の充電で約90分再生できる「Fast Fuel機能」を搭載しているのもポイントです。両方のイヤーパッドが音楽や通話の操作に対応しているのも利点。片耳ずつつけてもハンズフリーで快適に使用できます。

充電にはiPhoneと同じ「Lightningケーブル」を採用。iPhoneユーザーなら1本のケーブルで携帯とイヤホンの両方を充電できて、持ち物を減らせます。カラーバリエーションも豊富でデザイン性も優れているのもおすすめのポイントです。

ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン WI-C310

iPhoneと相性のよい高音質・低遅延コーデックAACに対応した左右一体型のワイヤレスイヤホン。最大15時間の連続使用が可能な大容量バッテリーを搭載し、1日中バッテリー残量を気にせず使えるのが特徴です。10分の充電で約60分の再生が可能なクイック充電にも対応。マイク内蔵リモコンも搭載されているので、ハンズフリーの通話も可能です。

イヤー部分にはマグネットが搭載されており、使っていないときも首に固定可能。フラットケーブルを採用しているので、丸めて持ち運んでも絡まりにくいのもうれしいポイントです。高性能ながら比較的リーズナブルに購入できるのも魅力。コスパを重視したい方にもおすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

CDやMP3、ストリーミングサービスなどの圧縮音源をハイレゾ相当の高音質で楽しめる「DSEE HX」に対応した完全ワイヤレスイヤホンです。「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1e」と「デュアルノイズセンサーテクノロジー」により、最高レベルのノイズキャンセリング性能を実現。低音から中高音まで幅広いノイズを低減し、快適なリスニングをサポートします。「外音取り込みモード」も備えており、音楽を聴きながら周囲の音もキャッチ可能です。

人間工学に基づいた「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」により、耳の3点で支えて高い密閉性を実現。物理的ノイズも防ぎ、より純度の高いサウンドを楽しめます。iPhoneの「Siri」にも対応しているので、音声だけで手軽に操作できます。汎用性の高いイヤホンを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) h.ear in 3 Truly Wireless WF-H800

コンパクトながら高いデザイン性と機能性を実現した完全ワイヤレスイヤホン。CDやMP3、ストリーミングサービスなどの圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSEE HX」を搭載し、動画や音楽を高音質で楽しめるのが特徴です。

人間工学に基づいた「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用し、耳の3点で支えて安定した装着感を実現。左右両方のイヤホンへBluetooth信号を同時に伝送する「左右同時伝送方式」を採用しており、接続の安定性が高いのも魅力です。

10分の充電で約70分の再生が可能なクイック充電にも対応。カラーバリエーションも豊富なので、ファッションに合わせて選べるのもうれしいポイントです。

ボーズ(Bose) SoundSport Free wireless headphones

高音質サウンドと高い装着性を実現したスポーツシーンにピッタリの完全ワイヤレスイヤホンです。水滴の侵入を防ぐためにオープンポートに撥水性のあるメッシュ素材を採用。内部へ水が侵入しにくいため、雨や汗を気にせず使用できるのが特徴です。

独自のデジタル信号処理やイコライザーにより、バランスの取れた再生が可能。ジャンル問わずさまざまな音楽を楽しめるのもポイントです。軽量設計と外れにくい円錐状のノズルにより、快適なつけ心地を実現。長時間着用しても疲れにくいイヤホンを探している方にもおすすめです。

ゼンハイザー(Sennheiser) MOMENTUM True Wireless 2

高いデザイン性と機能性を備えた高性能な完全ワイヤレスイヤホン。遮音性の高い構造による「パッシブアイソレーション」と「アクティブノイズキャンセレーション」により、高音質なサウンドと音楽への没入感を高めます。騒音のなかでも音楽を楽しめるので、長時間着用しても疲れにくいのも特徴。「外音取り込み機能」も備えているため、安全面にも配慮しながら音楽に没頭できます。

バッテリーケースと合わせて最大28時間バッテリーが持続。LDSアンテナとクアルコム社製の最新チップを搭載しており、音が途切れにくいのもポイントです。高音質・低遅延を実現するコーデックであるAAC・aptXに対応しているのも利点。利便性に優れたおしゃれなイヤホンを探している方におすすめです。

ヤマハ(Yamaha) Empower Lifestyle TW-E3A

音のバランスを最適化し、さまざまなジャンルの音楽を楽しめる完全ワイヤレスイヤホンです。独自の「リスニングケア」を搭載。人間の聞こえ方の違いに合わせて音のバランスを補正し、自然で聴きやすい音を再現できるのが特徴です。

コンテンツ送信側が、左右のイヤホンに直接音声データーを伝送する「Qualcomm TrueWireless Stereo Plus」に対応。音切れしにくく、快適かつ長時間のリスニングが可能です。雨や汗に強いIPX5相当の防水性能を備えているのもポイント。高音質・低遅延のコーデックAAC・aptXに対応しているので、快適に高音質サウンドを楽しみたい方にもおすすめです。

iPhone向けイヤホンのおすすめ|Lightning接続

アップル(Apple) EarPods with Lightning Connector

iPhoneを購入と同時に付属している純正のイヤホン。耳の形状に基づいて設計されており、快適に装着できるのが特徴です。本体内部のスピーカーは音の出力を最大にし、音割れなど音質の劣化を抑えた再生が可能。有線なので、優れた高音質再生ができるのも魅力です。

また、ケーブルにリモコンも内蔵されており、音楽の再生・一時停止や電話の受話・終話などの操作が可能。純正イヤホンのためSiriの呼び出しなど基本的な操作にはほとんど対応しており、利便性に優れているのもうれしいポイントです。

純正イヤホンのなかでは最も安く購入可能。どれを購入すべきか迷っている方におすすめです。

ビーツ(Beats) urBeats3 Lightning

人間工学に基づいて作られた高いフィット感を実現する、Lightning接続に対応したイヤホン。ビーツの特徴である迫力ある重低音サウンドはそのままに、どの音楽を再生してもそれぞれに適したサウンド出力が可能です。種類豊富なイヤーチップにより、自分の耳に最適化できるのもポイント。快適なつけ心地を実現するので、長時間着用しても疲れにくいのが特徴です。

マイク内蔵リモコンにより、通話や音楽の操作も自由自在。iPhoneのSiriも起動できるので、完全ハンズフリーで操作も可能です。豊富なカラーバリエーションをラインナップしているのも魅力のひとつ。価格も比較的リーズナブルなので、コスパを重視したい方にもおすすめです。

パイオニア(Pioneer) RAYZ Plus SE-LTC5R

iPhoneを充電しつつ使える便利なLightning接続対応のイヤホン。ケーブルに充電用ポートが内蔵されており、iPhoneを充電しながら使えるのでバッテリー残量を気にせずに使えるのが特徴です。低消費電力で駆動するため、長時間の使用も可能。有線なので高音質を楽しめるのも魅力です。

さらに、高性能なノイズキャンセリング機能を搭載しているのもポイント。周囲のノイズを低減できるので、クリアな音声通話もできます。再生周波数は10〜22000Hzと幅広い帯域に対応。低音から高音までしっかり出力できるので、さまざまなジャンルの音楽をバランスよく聴けるイヤホンを探している方におすすめです。

パイオニア(Pioneer) RAYZ SE-LTC3R

低消費電力で駆動する多機能なLightning接続対応のイヤホン。周囲の状況に応じて自動で調節する高性能なノイズキャンセリング機能を搭載し、クリアな通話や音楽への没入感を高めます。さらに、適度に外部の音を取り込む「HearThruモード」を搭載。屋外で使用する際も、安全面に配慮してリスニングできます。

イヤホンを外すと自動で音楽を停止、つけると自動で再生する「オートポーズ機能」を搭載。さまざまな操作がおこなえるスマートボタンには、お気に入りアプリの起動やマイクミュートなど好みの操作を割り当てられます。高い機能性とデザイン性を備えたイヤホンを探している方におすすめです。

ジェービーエル(JBL) REFLECT AWARE

クリアな通話やリスニングが可能な「ハイブリッド式ノイズキャンセリング機能」を備えているLightning接続対応のイヤホン。気になる騒音をしっかり低減し、小さいボリュームでも音楽に没入できます。耳栓としての効果もあるため、カフェなどで作業に集中したいときにもおすすめです。

周囲の環境音の聞こえやすさを調節できるのもポイント。ランニング時など周囲の音を聞く必要があるシーンで便利です。防汗仕様でスポーツシーンにも最適。人間工学に基づいた設計のイヤーチップも付属しているので、自分の耳に合ったフィット感を得られます。14.6mmの新開発ドライバーを採用しており、高品位サウンドを楽しめるのもうれしいポイントです。

アズラ(AZLA) ORTA Lightning

MFi認証を取得したLightning接続対応のイヤホン。音波伝達のロスを軽減する「ALC(アクティブロスコントロール)テクノロジー」を搭載し、遅延の少ない高品質なサウンドを楽しめます。また、ケーブルを後ろから耳にかけて装着する「イヤモニスタイル」とそのまま装着する一般的なスタイルの両方に対応。自分に適した装着方法を実現できるので、ストレスフリーなリスニング体験を実現します。

キャリングケースも付属しており、持ち運びしやすいのも魅力のひとつ。高いデザイン性と機能性を備えたイヤホンを探している方におすすめです。

ラディウス(radius) Lightningイヤホン HP-NEL11

MFi認証を取得した高い遮音性と高音質を実現するLightning接続対応のイヤホンです。カナルタイプならではの遮音性により、クリアなサウンド再生が可能。パワフルに駆動するドライバーユニットにより低音から高音まで楽曲のディテールを再現します。

Lightning直結のためデジタル音源を劣化させることなく、高音質再生が可能。多機能な小柄リモコンも搭載されているので、ハンズフリー通話や楽曲のコントロールもできます。マイクは通話時に周囲のノイズを低減する「ノイズ低減機能」を搭載。イヤホンでよく通話をする方、コスパよく高音質を楽しみたい方におすすめのイヤホンです。

ルプラス(LEPLUS) 極の音域 Digital Feel 匠 LP-LNE03

MFi認証製品ながら比較的リーズナブルに購入できる、コスパに優れたLightning接続対応のイヤホン。アルミニウムの削り出しボディを採用しており、高級感あるデザインも特徴です。大口径10mmドライバーを採用しており、臨場感あふれる中高音を実現。楽曲本来のディテールをしっかり再現できるので、聴き心地のよい音質を楽しめます。

ケーブルにはさまざまな操作がおこなえるコンパクトリモコンを搭載。音楽の音量調節から曲の再生・一時停止、早送り・巻き戻し、通話の受話・終話、iPhoneの音声コントロールSiriの起動まで操作できます。カラーバリエーションも豊富なので、自分のファッションに合わせやすいのもうれしいポイントです。

エレコム(ELECOM) 高耐久マイク付きセミオープンライトニングイヤホン EHP-LFS10IMBU

MFi認証を受けたシンプルなデザインが魅力のLightning接続対応のイヤホン。大口径13.6mmダイナミックドライバーを搭載しており、低音から中高音までバランスよく再生できるのが特徴です。安定した装着感を実現するシリコンカバーも付属。絡みにくく耐久性の高い「ナイロンメッシュケーブル」を採用しているため、バッグに入れて持ち運んでも断線のリスクを減らせます。

さまざまな操作ができるリモコンマイクを搭載しているのもポイント。音声通話からSiriの起動、ハンズフリー通話まで幅広くこなせます。高性能ながら比較的リーズナブルに購入できるのも魅力のひとつ。コスパを重視したい方にもおすすめです。

レイザー(Razer) Hammerhead for iOS RZ04-02090100-R3A1

スマホでゲームをする方におすすめのLightning接続対応のイヤホンです。10mmの特大ダイナミックドライバーとカスタムチューンされたDACにより、高品質なサウンドを実現できるのが特徴。高い耐久性を実現するアルミボディとフラットケーブルを採用しています。

特殊設計のバイフランジ型イヤーチップを採用しており、高い遮音性を実現。また、サイズ別に3つのイヤーチップも同梱しているので、好みのフィット感を得られます。音楽や動画の再生、通話などさまざまなコントロールができるインラインリモコンを搭載。専用アプリと連携すれば、操作を自在に割り当てられます。