イヤホンはドライバの構造をはじめ、素材や接続方式など、さまざまな要素によって音質が変化します。最近はスマートフォンを音楽プレーヤーとして使用するユーザーも増えており、各メーカー端末との相性を考えることも重要になってきました。

そこで今回は、iPhoneに最適なイヤホンの選び方とともに、おすすめ製品をランキング形式でご紹介します。通話したい場合や重低音が楽しみたい場合など、用途を分けてピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

iPhone向けイヤホンの選び方

イヤホンの接続方法で選ぶ

選択肢が豊富な「3.5mmステレオミニプラグ接続」

By: amazon.co.jp

イヤホンジャックが廃止されたiPhoneモデルでも付属のアダプターを付ければ従来の有線イヤホンを使えます。ただ、見掛けと使い勝手のスマートさは失われるので要注意。また、変換アダプターを介すことで音質が低下する恐れがあるので、高級なイヤホンの実力は発揮させられません。

従来のイヤホンを流用したいという方にはおすすめですが、音質を重視したいという場合はLightning接続タイプのイヤホンを選びましょう。

高音質を求めるなら「Lightning接続」

By: amazon.co.jp

iPhoneが装備するApple独自規格のLightning端子。音楽、通話の送受信、操作信号伝送を一つの端子でまかないます。3.5mmステレオミニ端子でも同様のことができますが、Lightning端子では音質劣化の少ないデジタル信号で伝送できるのが違いです。

Lightning接続イヤホンでは、外部DACを用意することなく、CDを上回る高品位を備える「ハイレゾ音源」を楽しめるモデルがあるのも魅力。機器もかさばらないので気軽に高音質を堪能できます。

一方で、iPhoneのバッテリーを消費してしまうことと、iOS機以外では使えないことが弱点です。iPhoneと音質面、機能面でのマッチングは万全なので、 Apple製品中心のユーザーには大いにおすすめできます。

コードレスで快適な「Bluetooth接続」

By: amazon.co.jp

ワイヤレスで音楽、通話、操作信号を送受信できるのがBluetooth規格です。スマホだけでなく、PCやポータブルプレーヤーなどで幅広く普及しています。コードレスの快適さが魅力のBluetooth対応イヤホンは1,000円台から購入でき、手軽に導入できるのもポイントです。

ただし、Bluetooth接続は元の音データをカットすることによる音質劣化と信号処理時間による音ズレ(遅延)が弱点。このため、映像と音のシンクロが必須の動画やゲームには向きません。なお、外部から電源を取れないので、イヤホン本体の充電が必須なことにも留意しましょう。

また、iPhoneではハイレゾ相当の伝送が可能なコーデック(伝送規格)に対応していないので、音質にこだわる用途には向かない面もあります。

音質を求めるならAACコーデック対応イヤホン

By: amazon.co.jp

Bluetoothイヤホンを選ぶ際は、対応しているコーデック(規格)をチェック。iPhoneやiPadなどのiOSデバイスは、高音質のAACコーデックに対応しています。標準のSBCコーデックと比べて高音質で、さらに遅延も軽減されているのが特徴。よりよい音質で音楽を聞きたい方はAACコーデックに対応したBluetoothイヤホンがおすすめです。

ノイズキャンセリングやハイレゾなどの機能

51o6-NylwgL

By: amazon.co.jp

iPhone用イヤホンのなかには、騒音を気にせずに音楽を聞ける「ノイズキャンセリング機能」を兼ね備えたイヤホンやiPhoneのLightning端子に直結することで話題の「ハイレゾ音源再生」に対応するイヤホンも登場しています。CD音源以上の高音質で聴けるので、音質にこだわりたい方におすすめです。

リモコンマイク付きモデルが便利

By: amazon.co.jp

iPhone用に購入するイヤホンは、リモコンとマイク付きがおすすめ。再生や音量などの音楽プレーヤー操作を手元で行うことができて便利です。さらに、聴いている最中に電話がかかってきても、ハンズフリーですぐ通話ができます。

最近のモデルはマイクの感度もよく、マイクを口元に近づける必要もありません。最近は、多くのリモコンマイク付きのモデルが販売されています。ただ、一部の高級イヤホンなどにはリモコンが付いていない場合もあるので、購入する際には注意しましょう。

コードは短めがおすすめ

81VnpHJvdrL._SL1500_

By: amazon.co.jp

イヤホンを使っているうちによく起こるのが、コードの絡まり。特に、カバンやポケットなどにしまった後取り出すと、絡まってストレスになってしまいます。コードは長いほど絡まるリスクが高くなるので、iPhoneから特に離れないのならば、コードが短めのイヤホンを選びましょう。また、専用収納ケースが付属するイヤホンなら、コードの種類に関係なく絡まりを防いでくれるのでおすすめです。

トレンドは左右が独立した「完全ワイヤレスイヤホン」

By: amazon.co.jp

Bluetoothイヤホンの最新トレンドは、左右のイヤホン間のコードを取り去った完全ワイヤレスイヤホンです。Appleもコード部分が一切ないAirPodsをリリース。新時代のイヤホンとして注目されています。

完全ワイヤレスイヤホンは便利ですが、小型・軽量化のための制約も多く、選ぶ上では気をつけなければならない点がいくつかあります。まず、気を付けたいのがバッテリー駆動時間。AirPodsの場合、1回の充電で使用できる時間は5時間程度です。完全ワイヤレスイヤホンのなかには、バッテリー問題を解決するために、持ち運び可能な充電ケースを付属するものもあります。

完全ワイヤレスイヤホンは、マイクを装備していない機種もあるため、通話用に使いたい方は要注意。また、紛失しやすい点にも気をつけましょう。

iPhone向けイヤホンのおすすめランキング|7/8/X対応

第1位 アップル(Apple) 完全ワイヤレスイヤホン AirPods MMEF2J/A

iPhoneとの相性がよいApple製ワイヤレスイヤホン

Apple製の完全ワイヤレスイヤホン。Apple独自開発の高性能IC「W1チップ」を採用しているのが特徴です。これにより、iPhoneだけでなく各iOS機と簡単にペアリング設定が可能。耳にはめると自動再生、外すと自動停止するので便利です。

1回の充電で最大3時間の再生が可能で、バッテリー内蔵ケースを併用すれば最大24時間使えるのも魅力。マイクも内蔵し、通話はもちろん、Siriの呼び出しと音声操作にも対応します。

高音質で低遅延なAACコーデックにも対応。「EarPods」の設計を踏襲した高音質を備えます。ただ、インナーイヤー型特有の音漏れがあるのには注意しましょう。

第2位 ビーツ(Beats) カナル型ワイヤレスイヤホン BeatsX

ペアリングがラクに行えるW1チップ搭載モデル

人気イヤホン・ヘッドホンメーカーのビーツは現在、Apple傘下。そのため、本モデルにはAppleの技術が投入され、iPhoneとの親和性が高いのが特徴です。

本モデルもApple製「W1チップ」を搭載。「AirPods」同様、簡単ペアリングといった機能を備えるので、Bluetoothイヤホン初心者でも使いやすいのが魅力です。最大8時間の長時間再生が可能なのもポイント。ネックバンドとしなやかなケーブルの組み合わせによる快適な装着性も魅力です。

「AirPods」とは異なり、音漏れの少ないカナル型。iPhoneに適したBluetoothイヤホンとしておすすめです。

第3位 ソニー(SONY) 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X

ユーザーの行動を検出して自動的にノイズをカットしてくれる

ソニーの完全ワイヤレスイヤホン。ノイズキャンセリング機能をはじめ、豊富な機能と高い音質が特徴です。

iPhoneの各種センサーでユーザーの行動を検出して、自動的にノイズキャンセリングや外音取り込み機能を切り替える「アダプティブサウンドコントロール」を搭載。いつでもどこでも快適にリスニングできます。

8種類から選べる音質調整機能も搭載。AACコーデックにも対応するのでiPhoneとの相性も良好です。内蔵マイクでのハンズフリー通話にも対応し、Siriの起動も可能。快適な付け心地の「トリプルコンフォートイヤーピース」もおすすめポイントです。

第4位 ソフトバンクC&S(SoftbankC&S) GLIDiC Sound Air TW-5000

高感度マイク搭載で通話もクリアに行える

国内大手メーカー製ではリーズナブルな完全ワイヤレスイヤホンです。iPhoneとの相性や接続安定性が考慮されているのがポイント。内蔵マイクでの通話品質にも優れます。この価格でAACコーデックに対応するのもハイコスパです。

1回の充電で最大3時間使えるのも実用的。初めての完全ワイヤレスイヤホンとしてもおすすめです。

第5位 アンカー(Anker) カナル型イヤホン SoundBuds Digital IE10 A30110A1

高品質DAC回路と10mm経ドライバーでハイレゾ音源をキレイに聴かせる

CDを上回る品位のハイレゾ再生対応が特徴のLightning接続イヤホン。ハイレゾ音源はiPhoneだけでは高品位を活かした再生が難しいのが実状です。Lightning接続の場合、イヤホン側で対応するDAC/アンプを備えることでハイレゾ音源を最大限に活かすことができます。

本モデルは24bit/48kHzまでのハイレゾ音源再生に対応。高品質DAC回路、10mm径ドライバーにより、ハイレゾに相応しい低歪みでワイドレンジなサウンドを鳴らします。

美しいアルミニウム仕上げのボディはIPX3防水。強度の高いケーブルで屋外でのラフな使用にも向いています。

第6位 パイオニア(Pioneer) Lightning接続イヤホン RAYZ Plus SE-LTC5R

ノイズキャンセリング対応で音楽に集中できる

Lightning接続では珍しいノイズキャンセリング対応イヤホン。屋外の騒々しい場所でも快適にリスニングできます。リモコン部に24bit/48kHz対応のDACを搭載し、ハイレゾ音源再生が可能。9.2mm径のダイナミック型ユニットにより、音楽を高音質に再生します。

Apple開発の「LAM2省電力技術」を採用しているため、高性能で多機能ながらiPhone本体のバッテリー減少を抑えられるのが利点。Lightning接続用充電ポートをケーブルに搭載しているため、充電しながらでも音楽再生、通話ができるのもおすすめポイントです。

第7位 JVCケンウッド(JVC) 防水完全ワイヤレスイヤホン HA-ET900BT

IPX5相当の防水性能を備えたスポーツ時にもおすすめのモデル

あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がないIPX5防水性能を備えた完全ワイヤレスイヤホン。使用後は水洗いも可能なため、いつでも清潔な状態で使用できます。耳内の3か所で装着を支える3点支持構造により装着性がよいのも特徴。屋外でのスポーツ時の使用にも向いています。

片方をなくしてしまった時にビープ音とLEDライトで本体の位置を確認できる「FIND」機能も便利。サウンドモード切替えができる専用スマホアプリで好みの音質も追求できます。アクティブにイヤホンを使っている方におすすめです。

第8位 オーデジー(AUDEZ’E) iSINE 20 Lightning & standard cable

高級ヘッドホンなどで用いられる平面駆動方式を採用

Lightning接続対応モデルの中でも高い音質を実現したイヤホンです。高級ヘッドホンで使われるものの、イヤホンでは実現が難しいとされる「平面駆動方式」を採用。一般的なイヤホンと比べて、全音域での大幅な解像度・情報量の向上と、広大なサウンドステージを聴かせます。

平面駆動方式はアンプを選びますが、アンプ一体型のLightning接続なのでその心配もなし。イヤホンとしては大型に見えますが、本体はわずか20gの軽量。長時間使用でも疲れにくいです。高価ですが、Lightning接続でよい音を楽しみたい方におすすめします。

iPhone向けイヤホンのおすすめランキング|通話対応

第1位 アップル(Apple) EarPods with Lightning Connector

リーズナブルながら高音質が楽しめるApple純正の定番イヤホン

iPhone 7/8/X付属イヤホン。iPhone 6Sに付属していた有線イヤホン「EarPods」をLightning接続対応化したモノです。

小さな接続部にDACとヘッドホンアンプを内蔵しています。通常はマッチ箱程度の大きさになる部分ながら、高度な技術により超コンパクト化。取り回しの煩わしさがありません。ただし、ハイレゾには非対応です。

イヤホン部とマイク部は音質と装着感に定評のある「EarPods」同様。デジタル接続によるノイズの少ない高音質を意識せずに楽しめます。Lightning接続イヤホンとしては安いので、付属品をなくした時の予備に持っておきたい方にもおすすめです。

第2位 ソニー(SONY) 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP700N

通話用の機能が充実しているソニーのワイヤレスイヤホン

屋外での通話品質に優れる完全ワイヤレスイヤホン。「エコーキャンセレーション」と「ノイズサプレッション」機能を搭載し、通話時に周囲の騒音を低減するととともに、クリアな音声での送受信を行います。

本体に搭載されたボタンで電話の着信・終話の操作が可能。Siriの起動にも対応します。多少の雨に耐えられる防滴性能により、屋外での通話でも安心です。ノイズキャンセリングや豊富なイコライザーなど、音楽を楽しむための機能も充実。通話以外にも幅広く活躍できるイヤホンとしてもおすすめです。

第3位 HAVIT 完全ワイヤレスイヤホン G1

安定した接続が期待できるBluetooth5.0規格を採用

音質はもちろん、通話品質にも優れたハイコスパな完全ワイヤレスイヤホン。ノイズキャンセリング技術を採用した高音質マイクを内蔵し、ハンズフリー通話にも対応します。

また、Bluetooth 5.0規格を採用しており、iPhoneとの接続安定性も良好。バックに入れたままの通話でも途切れにくいのも利点です。通話・終話・Siriの起動に対応したワンボタンリモコン付きなので、操作性にも優れています。

人間工学に基づいた形状により、快適な装着性とフィット感を備えているのもポイントです。IPX5相当の防水性で雨にも安心。ランニングやジムトレーニングなど、スポーツ用のイヤホンを探している方におすすめです。

第4位 チーロ(cheero) Lightning端子イヤホン Earphones with charging dock CHE-613

音楽を聴きながらiPhoneの充電もできる有線イヤホン

Lightning接続用充電ポートをコネクター部に装備した有線イヤホン。本モデルならば、充電しながらでも通話や音楽リスニング楽しめます。長時間にわたって音楽を聴きたいときに便利です。

また、Appleの高音質モジュール「LAM(Lightning Audio Module)」を搭載。専用アプリ「Cheero Ear」を使えば音質を調整できます。音質にこだわりたい方におすすめのイヤホンです。

第5位 ジェイピーライド(JPRiDE) Bluetoothイヤホン JPA2 608

マルチポイントペアリング機能で2台のデバイスを同時接続できる

ハイコスパなBluetoothイヤホン。リーズナブルながらAACコーデックに対応するので、iPhoneでの高音質、低遅延伝送を手軽に楽しめます。「CVC 6.0ノイズキャンセリング技術」により、クリアな通話も実現。バッテリーで最大8時間使用できるので出先での長い電話も平気です。

2台の同時接続が可能なマルチポイントペアリング機能に対応。また、最大8台までの接続機器を記憶できるので、iPhoneと他のスマホ、ポータブルプレーヤーとの使い分けも自在です。

音響エンジニアがチューニングした好バランスのサウンドもポイント。さらに、安いBluetoothイヤホンでは珍しい有線接続にも対応します。安くて多機能な点でもおすすめです。

第6位 ソニー(SONY) 完全ワイヤレスイヤホン Xperia Ear Duo XEA20

音導管設計で耳を完全に塞がなくても音楽が楽しめる

BGMと外音を同時に聞ける完全ワイヤレスイヤホンです。耳の後ろに配置したユニットから鼓膜へダイレクトに音を届ける音導管設計を採用しているのが特徴。耳をふさがずに音楽を楽しめます。

さらに、耳の形状にフィットする「下掛け」スタイルによって、耳への負担が少ない快適な装着性を実現。完全ワイヤレスタイプながら動いても落ちにくいのもポイントです。通勤・通学時はもちろん、スポーツやアクティビティのときもBGMを聴くことができます。

「近距離電磁誘導」技術により、左右間の接続安定性を高めているのも魅力です。AACコーデックを採用しているので音質重視の方にもピッタリ。いつでもどこでも音楽に親しみたいという方におすすめのイヤホンです。

第7位 ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン MDR-XB50BS

耳から落ちにくいアークサポーター採用で運動中も使える

運動時のずれにくさと高音質な通話を実現したBluetoothイヤホンです。ランニングのような運動中でも落ちにくい「アークサポーター」や、通常のイヤーピースよりも耳との接地面積が約30%広い「ハイブリッドイヤーピースロング」を採用。スポーツシーンでも快適な装着感を維持します。

従来より広い帯域での高音質通話を可能にする「HD Voice」に対応。対応回線を使用することにより、クリアな通話が楽しめます。通話・終話の操作は耳元でできるのも便利です。防滴性能も備えるので屋外でも安心。動きながらハンズフリー通話したい方におすすめです。

第8位 アップル(Apple) EarPods with 3.5mm Headphone Plug MNHF2FE/A

イヤホンジャックタイプのiPhoneを使用している方におすすめ

3.5mmステレオミニプラグ接続によるマイク付きイヤホン。iPhone5から6Sに付属されていたイヤホンと同じものです。イヤホンでは主流のカナル(耳栓)型ではなく、インナーイヤー型をベースにしているのが特徴。耳への負担が少なく、長時間音楽を聴きたいときに便利です。

iPhoneほかiOS機対応のマイク内蔵リモコン付き。軽くつまむようにするだけで、音量調節・音楽などの再生・電話の応答や終話などの操作を手軽に行えます。正規品だけあって安心して使えるのも魅力。コスパに優れたイヤホンを探している方におすすめです。

iPhone向けイヤホンのおすすめランキング|重低音

第1位 ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン WI-1000X

ハイブリッド構成で低音から高音まで繊細に表現できる

Bluetoothイヤホンでは珍しいハイブリッド構成を採用したモデル。繊細さと高音の表現に優れるバランスド・アーマチュア型と、迫力と重低音が得意なダイナミック型双方の特徴を兼ね備えます。

40kHzまで再生可能なハイレゾ対応も相まって、微細な音から重低音まで余すところなく再現可能。専用アプリでのサウンド切り替えや細かな音質調整機能を持つため、好みの重低音で音楽を楽しめます。

Bluetooth音源をハイレゾ相当に変換再生できる「DSEE HX」機能も搭載。MP3音源でも密度感の高いバスサウンドを引き出せます。重低音の音質にとことんこだわりたい方におすすめです。

第2位 ビーツ(Beats) ワイヤレスイヤホン PowerBeats3

耐汗・防沫機能を備えたスポーツにも最適のモデル

ビーツの耳掛け型Bluetoothイヤホン。動いてもずれにくいイヤーフックを備えているのが特徴で、フィット感に優れています。耐汗・防沫機能を採用しており、屋外でのスポーツ利用も可能です。

Appleの「W1チップ」搭載によるiPhoneとの親和性の高さ、省電力性もポイント。重低音を強化するビーツらしいサウンド設計によって、ノリのよいベースサウンドを堪能できます。

バッテリーは、最長12時間のロングスタミナ仕様。急速充電ができる「Fast Fuel機能」を搭載しているので、すぐに聴きたいときに便利です。ビーツならではのクールなデザインも魅力。低音好きの方はもちろん、メインの一本としておすすめのイヤホンです。

第3位 ジェイビーエル(JBL) Bluetoothイヤホン T110BT

リーズナブルながら心地よい低音が楽しめる

大手メーカー製ながらリーズナブルなBluetoothイヤホンです。JBLは重低音再生を得意とするメーカーだけに、本モデルも安いながらも充実のバスサウンドを楽しめます。

ケーブル部はマイク内蔵の3ボタンリモコン付きで、ハンズフリー通話も可能。バッテリーで最大約6時間のワイヤレス再生ができるのも魅力です。低音重視のイヤホンでは大きくなりがちな本体もコンパクトにまとまっているのもポイント。価格のわりに完成度は高い一方、遅延の大きいSBCコーデックのみ対応という点には注意しましょう。

第4位 JVCケンウッド(JVC) 完全ワイヤレスイヤホン XX HA-XC70BT

バスブーストモードで力強い低音を聴かせてくれる

「重低音&タフ」のコンセプトを持つ「XX(XTREME XPLOSIVES)」シリーズ初の完全ワイヤレスイヤホンです。独自の「エクストリームディープバスポート」を採用しており、ドライバーユニットの性能をフルに引き出すことで、パワフルな重低音サウンドを鳴らします。低音を増強する「バスブーストモード」も搭載。さらに重低音を強調することも可能です。

シリーズ伝統のゴツいデザインも魅力。ハウジング全体を覆うタフ・ラバープロテクターを採用することで、高い耐久性を実現しています。AACコーデックに対応しているのもポイント。高音質な重低音を追求する方におすすめのiPhone用イヤホンです。

第5位 ラディウス(radius) Lightning接続カナル型イヤホン Ne HP-NHL21R

高性能ダイナミックドライバーで迫力のあるサウンドが楽しめる

PCやスマホ周辺機器を数多く手がけるラディウス。イヤホンでは、重低音再生にこだわった製品を多くラインナップしています。再生周波数帯域が広い「高性能ダイナミックドライバー」や、磁束密度を高めることで感度と音質が向上する「High-MFD構造」を採用しており、重心の低いパワフルなサウンドを鳴らします。

ラディウスのプレーヤーアプリ「NePLAYER」や「NePLAYER Lite」に対応。ハイレゾ再生をはじめ、サラウンド効果も楽しめます。手元リモコンで重低音を強調した「クラブ」など15種類の音を切り替えることも可能。好みの重低音を追求できるおすすめのLightning接続イヤホンです。

第6位 オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ATH-CKS550XBT

重低音の強さはもちろん高音もキレイに聴かせるバランスの取れたモデル

オーディオテクニカの重低音イヤホン「SOLID BASS series」最新モデルです。磁力を高める設計の磁気回路によりドライバーの駆動力と制動力を高め、キレのよい重低音再生を実現しています。本体導管の内径やイヤーピースの高さを調整して、高域再生能力も高めているのもポイントです。

低音と高音のバランスのよさで幅広い楽曲を再生可能。リモコン付きコードによって使い勝手にも優れています。老舗メーカーの実力を感じさせるおすすめのイヤホンです。

第7位 レイザー(Razer) Hammerhead for iOS RZ04-02090100-R3A1

迫力のある重低音でゲームプレイをより盛り上げてくれるモデル

世界的なゲーミングデバイスメーカーによるLightning接続イヤホン。迫力のあるゲーム音のために重低音を強化するサウンド設計が特徴です。

10mmの大型ダイナミックドライバーとカスタムチューンされたDACにより、パンチの効いた重低音を響かせます。遮音性の高いバイフランジ型付属イヤーピースを使えば、一層豊かな低音を堪能可能です。

「Hammerhead iOS アプリ」で好みの音に調整できるのもポイント。ゲームだけでなく、音楽、映画と幅広く活躍できるおすすめの重低音イヤホンです。

第8位 ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) XELENTO REMOTE

磁力の効果で高品質な低音を聴かせてくれる

大型ヘッドホンに匹敵する迫力とワイドレンジを実現する高磁力「テスラテクノロジー」を搭載した有線接続イヤホンです。高い磁力によって歪みを抑えているのが特徴。電気信号だけでは再現できなかったクリアで高音質な音楽を再生できます。

また、芯線には高純度銀メッキ銅線を採用。ケーブル交換に対応しているので、断線リスクを軽減できるのもポイントです。MMCX規格に対応したBluetoothレシーバーを用意すれば、iPhoneでのワイヤレスリスニングも楽しめます。音質に妥協したくない方におすすめの高性能イヤホンです。