スポーツシーンなどで快適に音楽を楽しめる「ネックバンド型イヤホン」。ほかのイヤホンタイプに比べて安定感に優れているので、ワークアウトに集中できるのが特徴です。防水性能やノイズキャンセリングといった便利な機能を搭載していれば、さまざまなシーンで活用できます。

そこで今回はネックバンド型イヤホンのおすすめ製品をご紹介。メリット・デメリットや選び方についても解説するので、ぜひ自分にピッタリのモノを見つけてみてください。

ネックバンド型イヤホンとは?

ネックバンド型イヤホンとは、左右のイヤー部分が形状記憶素材でできたネックバンドで接続されているワイヤレスタイプのイヤホンのこと。ネックバンド部分を首にかけて使用するため、安定した装着感を得られるのが特徴です。

首にしっかり固定できるのでランニングなど激しい運動をするときに便利。ただ、メーカーによって形状や機能性が異なるので留意しておきましょう。

ネックバンド型イヤホンのメリット

By: amazon.co.jp

ネックバンド型イヤホンは、ネックバンド部分にバッテリーなどの内部パーツが集まっているため、イヤー部分が非常に軽量で耳への負担がかかりにくいのが特徴。また、ケーブルがネックバンドで覆われているので、ケーブルが衣類に触れて発生するタッチノイズが少ないのもメリットです。

また、左右一体型イヤホンと比べるとケーブルの長さが短いため、衣類やバックに引っかかって外れることが少ないのも魅力のひとつ。ネックバンド部分も頑丈なので、断線のリスクも軽減できます。

また、イヤー部分にマグネットが搭載されているモデルなら、音楽を聴いていないときも安心して持ち運べるので便利。さらに、ネックバンド部分に大きめのバッテリーが内蔵されており、再生時間が長いのもポイント。出張や旅行など長時間使用する機会が多い方にもピッタリです。

ネックバンド型イヤホンの選び方

音質をチェック

By: amazon.co.jp

ネックバンド型イヤホンを選ぶ際、音質を重視したい方は対応コーデックをしっかりチェックしましょう。コーデックとはオーディオ機器からイヤホンへ音楽を伝送するとき、音声データを圧縮する方式のこと。高品質なコーデックになるほど、低遅延・高音質を実現できます。

一般的なワイヤレスイヤホンでも対応しているのが「SBC」というコーデック。汎用性が高くさまざまなデバイス間で音楽を楽しめますが、遅延や音質の劣化が起こりやすい点に注意しましょう。

低遅延・高音質を重視する場合、「AAC」または「aptX(aptX LL)」のコーデックに対応したモデルがおすすめ。iPhoneなどのiOS端末を使用している方はAACが、Android端末を使用している方はaptXがそれぞれ相性がよいので、購入する際はチェックしてみてください。

ただ、コーデックはイヤホン側だけでなく、オーディオ機器側も対応している必要があります。古いタイプのオーディオ機器を使っている方は、事前に確認しておきましょう。

連続再生時間をチェック

By: amazon.co.jp

屋外で長時間音楽を聴く方は連続再生時間の長いモデルがおすすめ。ネックバンド型イヤホンはほかのタイプに比べてバッテリーの持ちがよく、10時間以上連続再生可能なモノもあります。目安として通勤や通学、ランニングなどで使用する方は最低5時間以上、旅行や出張など長時間の移動が多い方は10時間以上再生できるモデルがおすすめです。

また、10分程度の充電で1時間以上再生できるようになる急速充電を搭載していれば、充電を忘れがちな方でも安心。自分の利用シーンを想像して適した長さのイヤホンを選んでみてください。

各種機能をチェック

防水性能

By: sony.jp

スポーツシーンをメインで使用する方は防水性能も要チェック。防水性能は「IP」に続く末尾の数値で表され、数値が大きいほど高い耐水性を誇ります。突然の雨や運動中の汗程度であれば生活防水レベルの「IPX4〜5」、シャワーや入浴中に使用したい場合は完全防水レベルのIPX7〜8程度が目安です。

防水性能が高くなるほど価格も高くなる傾向にあるので、自分のライフスタイルに合った性能のモノを選びましょう。

ノイズキャンセリング

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングは、周囲の騒音と逆位相の音を発生させることで、ノイズを低減できる機能のこと。飛行機や人混みなどノイズが多い環境でも音楽に集中できるのが特徴です。

さらに、繊細な音も聴き取りやすく、音質にこだわりたい方にもおすすめ。小さな音も聞こえやすくなるので、音漏れしにくいのも魅力です。

外音取り込み

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンは周囲の音が聞こえにくくなるので、電車のアナウンスや車の音が聞こえにくかったり、人との会話がしにくかったりします。そんなとき、一時的に外部の音を取り込める「外音取り込み機能」が便利です。

一般的には、ノイズキャンセリングと外音取り込みの両方を搭載しています。人と会話する機会が多い方やランニングなどで安全面が不安な方は、ぜひ検討してみてください。

ネックバンド型イヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: rakuten.co.jp

ソニーは高い技術力を誇る世界でも人気のオーディオメーカー。ネックバンド型イヤホンにおいても、初心者でも扱えるスタンダードモデルから上級者向けのハイグレードモデルまで幅広いラインナップがあり、予算や用途に合わせて選びやすいのが特徴です。

なかでもワイヤレスながらハイレゾ相当の高音質が楽しめる「LDAC」のコーデックに対応したモデルが人気。とにかく音質にこだわりたい方におすすめのメーカーです。

ビーツ(Beats)

By: amazon.co.jp

ビーツは2006年にアメリカで設立した比較的新しいオーディオメーカー。現在ではアップルの傘下に入っており、Apple製品との相性のよさも魅力です。迫力ある重低音サウンドと高いデザイン性を兼ね備えているのも特徴。カラーバリエーションも豊富で、幅広い層から人気を集めています。

Beatsのイヤホンは、内蔵のマイクでSiriを起動させるなどiPhoneとシームレスに接続できるのもポイント。iOS端末をメインで使っている方におすすめのメーカーです。

アーカーゲー(AKG)

By: amazon.co.jp

AKGは日本ではあまり聞き馴染みのないメーカーですが、海外で高い人気を誇るオーディオメーカー。音楽の本場であるオーストリアで1947年に設立された老舗メーカーです。

イヤホンに関しては原音の再現性が高く、落ち着いたサウンドを聴けるのが特徴。ジャンルにこだわらず、バランスのよいサウンドを楽しみたい方におすすめのメーカーです。

ネックバンド型イヤホンのおすすめモデル

ソニー(SONY) WI-C310

ロングスタミナとクイック充電に対応したネックバンド型イヤホン。最大15時間の連続再生を可能にする大容量バッテリーを内蔵しているほか、10分の充電で60分の再生が可能なクイック充電に対応しているのが特徴です。イヤー部分にはマグネットを搭載しており、紛失のリスクが低いのも魅力。屋外で使用する機会が多い方や長時間の移動が多い方におすすめです。

また、首回りのバランスがよい形状と耳に沿うハウジング形状も魅力のひとつ。快適に装着できるので長時間使用する場合も疲れにくい仕様です。ハンズフリーで操作できるボタンも搭載。スマホを取り出さずに手軽に操作できるので、スポーツシーンにもおすすめです。

ソニー(SONY) WI-1000XM2

周囲のノイズの除去に効果的な「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」を搭載したネックバンド型イヤホン。前機種に比べて大幅にノイズキャンセリング性能が向上しており、屋外でも繊細な音を楽しめるのが特徴です。

さらに、ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質を実現する「LDAC」に対応。CDやストリーミングなどの圧縮音源をハイレゾ相当へアップスケーリングできる「DSEE HX」も搭載しています。

また、音楽を聴きながら周囲の音も聞ける「外音取り込みモード」も採用。ノイズキャンセリングとシームレスに切り替えられるので、さまざまなシーンに適応できます。最大10時間の連続再生が可能な大容量バッテリーも魅力のひとつ。10分の充電で80分再生できる「クイック充電」にも対応しているので、充電を忘れがちな方にもおすすめです。

ソニー(SONY) h.ear in 2 Wireless WI-H700

高音質コーデック「LDAC」や圧縮音源の高音域を補完する「DSEE HX」を搭載したネックバンド型イヤホン。ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質を実現しているのが特徴です。また、ファッションアイテムやライフスタイルに溶け込むミディアムトーンのカラーを採用しているのもポイント。おしゃれなイヤホンを探している方にもおすすめです。

小型高感度9mmドライバーユニットの搭載により、振動板の形状を最適化し広帯域再生を実現しているのも魅力のひとつ。充電時間約2.5時間で最大8時間の連続再生が可能なバッテリーを内蔵しているほか、サウンドエフェクトのカスタマイズがおこなえる専用アプリにも対応しているのもうれしいポイントです。

ビーツ(Beats) BeatsX MX7X2PA

高品質な「ノイズアイソレーション」機能を搭載したネックバンド型イヤホン。クリアで本格的なサウンドを実現し、音楽に包み込まれるような体験を楽しめるのが特徴です。革新的な音響設計を備えることで、高音域から低音域まで幅広くカバー。ひずみなく音を再現し、さまざまなジャンルの音楽に対応します。

同社独自の「Flex-Formケーブル」を搭載しているのも魅力のひとつ。耳に装着しても首の周りにかけても洗練された雰囲気と安定感を味わえるので、スポーツシーンにも適しています。さらに、最長8時間持続する大容量バッテリーを内蔵しているのもポイント。「Fast Fuel」にも対応しており、充電時間も短縮できます。

また、Appleデバイス間をシームレスに切り替えられる高性能な「W1チップ」を搭載。高性能かつデザイン性に優れたモデルを探している方におすすめです。

アーカーゲー(AKG) N200NC WIRELESS

最大16時間の連続再生に対応したネックバンド型イヤホン。周囲のノイズを低減できるノイズキャンセリング機能を搭載し、ワークアウト中でも音楽に集中できるのが特徴です。人間工学に基づいてデザインされたソフトネックバンドを採用しているのも魅力のひとつ。長時間の着用でも疲れにくい快適性を実現しています。

ケーブルがソフトネックバンドで覆われているため、タッチノイズが発生しにくいのもポイント。また、有線接続にも対応しているので、ワイヤレス非対応機器を使用している方も安心して使用できます。

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ATH-CKS330XBT

最大約20時間の連続再生が可能な大容量バッテリーを内蔵したネックバンド型イヤホン。約2時間でフル充電が可能なほか、約10分の充電で約2時間の再生が可能な急速充電に対応しているのが特徴です。さらに、音と映像のズレを抑える低遅延モードを搭載。ゲームや動画視聴をする方にもおすすめです。

また、専用設計の「φ5.8mm SOLID BASS HD ドライバー」を搭載。メリハリの効いたキレのある重低音サウンドを体感できます。しなやかにラウンドさせたエラストマー素材をネックバンドに採用。安定した装着感を実現し、長時間でも快適なリスニングが可能です。

オーディオテクニカ(audio-technica) Sound Reality ATH-CKR700BT

清澄な音場と実在感のある音場を生み出すφ9.8mmドライバーを搭載したネックバンド型イヤホンです。高域特性を向上させるDLCコーティング振動板と磁束密度を高める強磁力マグネットを採用。微細な音の変化に追従し、高解像度かつ忠実に再現できるのが特徴です。

また、高音質・低遅延を実現するLDACやaptX LLに対応しているのもポイント。特にAndroid端末を使用している方に適しています。

ネックバンドは肌触りがよく、首回りへの負担の少ないシリコンバンドを採用。快適な着け心地を実現するだけでなく、まとまりやすいので持ち運びにも便利です。4種類のイヤーピースを付属し、自分にピッタリのフィット感を選べるのもポイント。装着感や音質にこだわりたい方におすすめです。

アンカー(ANKER) Soundcore Life NC A32010F1

「ノイズリダクション機能」を備えた4つのマイクを搭載したネックバンド型イヤホンです。ノイズリダクションにより風切り音など外部の音を排除するため、クリアで高音質な通話が可能。ビジネスシーンなど屋外で通話をする機会が多い方におすすめです。

また、騒音を取り除ける「アクティブノイズキャンセリング機能」を搭載。逆に周囲の音を取り込める「外音取り込み機能」も備えているため、さまざまなシーンで使用できます。

さらに、ドライバーには12mmの高音質ドライバーを採用。ハイレゾにも対応しているので、臨場感あふれるサウンドを楽しめるのもうれしいポイントです。最大15時間の連続再生が可能なバッテリーを内蔵。アプリ上でイコライザーの調節などもできるので、音質にこだわりたい方にもおすすめです。

アンカー(ANKER) Soundcore Life U2

わずか33gの軽量設計で1日中着けていても快適に過ごせるネックバンド型イヤホンです。ネックバンドは軽く柔らかいシリコンで作られており、肩にしっかりフィット。IPX7相当の防水性能も備えているので、通勤通学で使用する方や運動時に使用したい方にもおすすめです。

また、大容量バッテリーを搭載しており、最大24時間の音楽再生が可能なのもポイント。5分の充電で最大2時間の音楽再生が可能な急速充電にも対応しています。独自の「BassUpテクノロジー」により、さまざまな音楽の低音を増幅。迫力ある低音を楽しみたい方にもおすすめです。

ボーズ(Bose) QuietControl 30 wireless headphones

周囲の状況に応じて、ノイズキャンセリングのレベルを自在に調節できる「QuietControl 30 wireless headphones」を搭載したネックバンド型イヤホン。どの音量でもバランスのとれたオーディオ性能を発揮するので、ジャンルを問わずさまざまな音楽を楽しめるのが特徴です。ネックバンドは人間工学に基づいて設計されており、長時間の着用でも快適な装着感が得られます。

BluetoothとNFCペアリングを備えており、機器へのワイヤレス接続が簡単なのもポイント。機械が苦手な方や初心者の方でも手軽に使用できます。

アールエイチエー(RHA) CL2 Planar

エルゴノミックデザインのハウジング筐体を採用した平面駆動のネックバンド型イヤホン。滑らかなシリコン素材で覆われ、汗ばむ季節も装着感に優れているのが特徴です。ワイヤレスだけでなく有線接続に対応しているのも魅力のひとつ。イヤホンはMMCX端子を備えており、シーンに合わせて簡単に使用方法を選択できます。

また、3.5mm端子ケーブルと銀コート2.5mmバランス端子ケーブルを付属。ケースも付属しているので、持ち運びにも便利です。ネックバンドには最大12時間の連続再生が可能な大容量バッテリーを搭載。ワイヤレスと有線を切り替えられる高性能なイヤホンを探している方におすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) HA-FX37BT

リーズナブルながらハンズフリー通話用マイクを備えたネックバンド型イヤホン。最大約14時間の連続再生を実現する大容量バッテリーを搭載しており、バッテリー切れの不安や充電の手間を軽減できるのが特徴です。

また、好みでケーブルの長さを調節できる「スマートケーブルアジャスター」を採用。ケーブルが邪魔になりにくく、持ち運びにも便利です。

低反撥素材のやわらかフィットイヤーピースを採用し、ソフトで快適な着け心地と優れた遮音性を実現。長時間リスニングする方にもピッタリです。高性能ながら低価格で購入できるのもポイント。コスパを重視する方はぜひ検討してみてください。

サウンドピーツ(SoundPEATS) Engine HD

最大18時間の連続再生が可能な高性能なネックバンド型イヤホン。左右それぞれ6mmダイナミック型ドライバーを2基搭載しており、低音域から中高音域までバランスのよいサウンドを実現しているのが特徴です。

また、aptX HDコーデックに対応しており、高音質かつ臨場感あふれるサウンドを再現。遅延も抑えられるため、ゲームや動画視聴にもおすすめです。

高い通信安定性を実現するBluetooth5.0に対応しているのもポイント。音飛びや音切れを軽減し、快適に音楽が楽しめます。さらに、水の侵入を防ぐIPX6相当の防水性能を備えており、急な雨や運動中の汗なども安心。人間工学に基づいて設計されているため、耳の構造にフィットし快適に装着できるのも魅力です。

ソル・リパブリック(Sol Republic) SOL-EP1200

人気DJやアーティストからも定評のある高いデザイン性と機能性を備えたネックバンド型イヤホン。柔らかいファブリック素材を使用したネックバンドを採用しており、長時間着けても快適に使用できるのが特徴です。IPX5相当の防水性能も備えているので、スポーツシーンなどアクティブな使用にも対応しています。

AAC・apt-X・apt-X LLといった高音質・低遅延のコーデックに対応しているのもポイント。デバイスを気にせずゲームや動画鑑賞などさまざまなシーンでストレスなく使用できます。約10時間の連続再生に加えて、15分の充電で約3時間の音楽再生が可能な「クイックチャージテクノロジー」を搭載しているのも魅力です。

さらに、イヤホンと同カラーのニットファブリック生地を使用したスタイリッシュなキャリングケースも同梱。防水加工も施されているので、持ち運んで使用する機会が多い方にもおすすめです。