室内の空気を循環させたいときに使用する「サーキュレーター」。扇風機のような形状をしていますが、人に風を当てるのではなく、部屋に空気を送り込むために強力な風を発生させるのが特徴です。

最近では、エアコン代を節約したり洗濯物を乾かしたりするほか、アロマ機能で部屋にいい香りを送れるサーキュレーターなど、さまざまなモデルが存在。そこで今回は、サーキュレーターの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。

サーキュレーターとは?

By: amazon.co.jp

サーキュレーターとは、空気を循環させるためのモノ。風をまっすぐ遠くまで送れるので室内の空気を効率よく入れ替えられます。加えて、部屋干しの洗濯物を乾かす際にも活躍します。

また、冷暖房費が節約できるのもポイント。基本的に暖気は上昇、冷気は下降する性質をもつため、冷暖房を使用している際には足元と天井付近で温度差が発生することも少なくありません。しかし、サーキュレーターを使えば室内の空気循環が行えて温度差が軽減されるので、冷暖房の効率がアップして節電にも繋がります。

サーキュレーターと扇風機の違い

By: amazon.co.jp

サーキュレーターと扇風機は、どちらも風を発生させるためのアイテムです。しかし、扇風機は涼をとることを、サーキュレーターは空気の循環を目的にしているので、使用目的は大きく異なります。扇風機は身体に風が当たることを前提に作られていることから、風量がそれほど強くなく、風が広範囲に広がるのが特徴。

一方、サーキュレーターは室内全体の空気を効率的に動かすために、直進的な強い風を送り出します。また、扇風機とは異なり真上に向けて風を送れるので、上下の空気をかき回すことで室内の温度差の解消も可能。製品単体で涼しくなりたい方には扇風機が、冷暖房との併用を考えている方にはサーキュレーターがおすすめです。

サーキュレーターの選び方

風力で選ぶ

By: amazon.co.jp

サーキュレーターを購入する上で大切な風力。遠くまで風を送り込めるモデルの方が、より空気を広い空間に循環できます。

製品紹介に「到達距離〇m」と紹介されていれば、風力の目安となるのでチェックしておきましょう。到達距離が書かれていない場合、対応畳数で風力を推測するのが一般的。「〇畳まで対応」などの表記を風力の目安にしてみてください。

また、風量が弱・中・強と分かれている製品でも、大型・小型モデルでは風量が異なります。室内用なのか、会議室などの大部屋で使用するモデルなのかも、確認しておきましょう。

ほかにも、風量を無段階で調節する機能、リズム風機能、人の身体に当たってもストレスに感じない風を発生させる機能など、バラエティに富んだサーキュレーターがラインナップしています。

静音性で選ぶ

サーキュレーターの静音性も重要。いくら室内の温度が快適でも、サーキュレーターから発生する音が大きいと、快適に過ごしにくくなります。

サーキュレーターからの音の大きさは、「〇db」と表記されるのが一般的。20dbは「木の葉がふれあう音レベル」、30dbは「ささやき声レベル」、40dbは「図書館の騒音レベル」、50dbは「換気扇の音レベル」です。これを目安に自分にあったモデルを選んでみてください。

モーターの種類で選ぶ

DCモーター

By: amazon.co.jp

DCモーターとは、直流方式(Direct Current)を採用したタイプ。風量調節しやすいのがメリットで、そよ風やうちわ風のような微風から、パワフルな強風まで対応できるのが特徴です。

また、消費電力が少ないのもポイント。製品によってエネルギー効率は異なりますが、なかには省エネを意識したモデルもラインナップされています。サーキュレーター全体から見れば本体価格は高めですが、コスパは良好なので、長く使いたいと考えている方におすすめです。

ACモーター

By: amazon.co.jp

ACモーターとは、交流方式(Alternating Current)を採用した対応。扇風機やサーキュレーターにおいて広く普及しているタイプで、DCモーターと比べると電気代はかかりますが、価格帯は総じてリーズナブルです。

風量調節は弱・中・強など、複数段階の切り替えが可能。DCモーターほど汎用性は高くありませんが、野放しにサーキュレーターを回しておきたい場合には十分です。初期投資をおさえたい方や、風のクオリティにこだわらない方は購入候補として検討してみてください。

機能で選ぶ

首振り機能

By: amazon.co.jp

サーキュレーターの多くは、首振り機能を搭載。部屋干しの洗濯物を乾かすときなど、広範囲に風を吹き付けたいときに役に立ちます。

まずは、広範囲に風を当てるための基本動作である、左右の自動首振り機能に対応しているかをチェック。次に、上下の自動首振り機能に対応しているかも確認してみてください。上下の首振り機能があれば、床に設置しても使い勝手は良好。なお、上下の動きは自動首振り機能を搭載せず、手動で調節できるサーキュレーターも多く存在します。

また、左右と上下の自動首振り機能を同時に動作できるサーキュレーターなら、より広範囲に風を送り込むことが可能。ほかにも、首振りの角度を数パターンから自由に選べる機能など、柔軟に調節できる機種も展開されています。

タイマー機能

By: amazon.co.jp

タイマー機能があれば、サーキュレーターに意識を向けずに快適に使用できるのでチェックしておきましょう。例えば、数時間後に自動的に電源がオフになる「切タイマー」があれば、部屋干しの洗濯物にサーキュレーターをセットして、タイマー付きで使用できます。

反対に、タイマー機能のなかには、数時間後にサーキュレーターが起動する「入タイマー」も存在。この機能を使えば、エアコンの入タイマーと同時にセットして、帰宅後の部屋を快適な状態に保てます。

アロマ機能

サーキュレーターのなかには、アロマ機能を搭載しているモノも存在。サーキュレーターの風と一緒にアロマの香りを循環できます。

使い方も簡単。多くの機種では、付属のアロマパッドにアロマを数滴含ませて、サーキュレーターにセットするだけで準備完了です。部屋の空気を循環させるとともに、アロマの香りで部屋中を満たせます。

切り忘れ防止機能

サーキュレーターを購入する上でチェックしたいのが「切り忘れ防止機能」。運転開始から一定時間が経過すると、自動的に電源がOFFになります。

余計な電気代がかかったり故障したりするのを予防できるのが魅力。省エネ性重視の方は、切り忘れ防止機能の有無もチェックしておきましょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

サーキュレーターを選ぶ際は、お手入れのしやすさも重要なポイントです。構造上サーキュレーターはホコリなどを吸い込みやすくなっており、定期的なお手入れが必要。そのため、カバーや羽根を取り外せるかをチェックしておきましょう。特に羽根の部分はホコリがたまりやすく、お手入れのしやすさに大きく関わってきます。

ホコリがたまったまま稼働すると、清潔な空気を送り出せなくなってしまい、かえって空気を汚してしまいます。また、サーキュレーターの寿命を縮めてしまう要因にもなりかねません。手軽にお手入れできるかも考慮したうえで、検討してみてください。

サーキュレーターのおすすめメーカー

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

「アイリスオーヤマ」は、リーズナブルな価格の生活家電を販売している国内メーカー。サーキュレーターの分野では、幅広いモデルを取り揃えています。

8畳程度の部屋に対応している小型モデルから、20畳以上の部屋に対応している大型モデルまで豊富なラインナップが特徴。部屋や用途に合った1台を見つけやすいおすすめのメーカーです。

ボルネード(VORNADO)

By: amazon.co.jp

「ボルネード」は、高性能サーキュレーターを多数展開しているアメリカ企業。30畳を超える大型サイズのサーキュレーターもラインナップされています。

ボルネードの最大の特徴は、一部モデルを除いて、首振り機能を搭載していないところ。機能を制限しているわけではなく、ボルネード製品から発生する風は独自の竜巻状になっているのが特徴です。この性質によって、風の先端を拡散させずに空気をかき混ぜられます。室内に大きな空気の流れを作り出せるため、首振りによる空気の拡散も不要です。

山善(YAMAZEN)

By: amazon.co.jp

「山善」は、大阪に本社を構える大手専門商社です。生活家電からインテリア・寝具まで、暮らしにまつわる幅広い製品を展開しています。

同メーカーのサーキュレーターは、リーズナブルながら機能性に優れているのが特徴。温風機能を搭載しているモノや空間の消臭効果が期待できるモノなど、実用的なアイテムを多数ラインナップしています。

サーキュレーターのおすすめモデル

バルミューダ(BALMUDA) GreenFan C2

コンパクト仕様のポータブルサーキュレーター。DCモーターを搭載しているほか、内外各5枚の羽根を採用することによって、安定した風を送り込めるのが特徴です。

また、本製品は不快なニオイの除去効果が期待できる「活性炭脱臭フィルター」がセットされているのもポイント。強力に空気を吸引して送風するメーカー独自のダクトファン構造と相まって、クリーンな環境で使い続けられます。

既存のコード長さは約1.8mですが、別途同社の「Battery&Dock」を導入すればコードレス化も可能。満足度の高いおすすめモデルです。

▼動画でレビューを見る

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) PCF-SDC15T

適用畳数24畳の広いスペースにピッタリのサーキュレーターです。DCモーターを搭載しており、パワフルな送風が可能。静音性・省エネにも優れており、快適に部屋の空気を循環できます。さらに、部屋にすっきり設置できるコンパクトサイズも魅力のひとつ。パワフルながら設置場所に困らないので、あまり目立たせたくない方におすすめです。

ほかにも、衣類を乾燥させる「衣類乾燥モード」や「タイマー機能」など便利な機能を搭載。多機能でさまざまなシーンで活用できるのも特徴です。前面カバーを取り外せば手軽にお手入れも可能。大きめな部屋に設置する多機能なサーキュレーターを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) PCF-SC15T

幅21×高さ29cmとコンパクトながら18畳の対応畳数を有するサーキュレーター。到達距離も25mと大風量なため、少し広めのリビングでも1台で効率よく空気を循環させます。梅雨や寒い時期の部屋干しも、暖房と併用することで快適に乾燥可能。衣類乾燥機としても活用できるので、一人暮らしの方にもおすすめです。

羽根には、表面積を広くとることで一度に多くの風をとらえて送り出せる立体的な形状を採用。風切り音を抑えられるので静音性も高く、わずか35dBの静かさを実現しています。風量も5段階の調節が可能で、スペースの広さや季節によってパワーを制御。一年を通して使えるので、コスパを重視している方におすすめの製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) PCF-HD15N

リーズナブルで一人暮らしにピッタリのサーキュレーター。コンパクトながら適用畳数8畳と使い勝手のよいモデルです。3段階で風量を調節できるので、春や秋など涼しい季節でも空気を循環させて気持ちよく過ごせます。一年を通して活用できるのもうれしいポイントです。

さらに、35dB以下の「静音モード」を搭載。寝室や子供部屋など、場所を選ばずに使用できます。また、カバーと羽根にスペースがある安全性に配慮した設計になっているため、小さな子供がいる家庭でも安心して設置可能。1.4kgと軽量なので、さまざまな部屋への持ち運びを考えている方にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) PCF-C15T

リーズナブルかつコンパクトで一人暮らしにピッタリのサーキュレーターです。8畳の部屋まで対応し、コンパクトながらパワフルな送風が可能。強い風が渦を巻いて直進する「スパイラル気流」により、部屋の空気を効率よく循環させます。

上下左右の強力送風により、強制的に空気を循環させて温度ムラを解消。夏場にエアコンと併用すれば、エアコンの設定温度を上げても清涼感をアップできます。

風量は3段階で調節可能。角度も手動調節できるので、自分の環境に合わせた設定が可能です。ほかにも、就寝時に便利な「静音モード」や「切タイマー」も搭載しており、一年を通しても快適に利用できるのも特徴。リーズナブルに購入できるため、寝室や子供部屋など2台目として検討している方にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) PCF-SC12

コンパクトかつ軽量設計で女性に人気のサーキュレーターです。幅約18×高さ25cmとコンパクトサイズなうえ、重量約1.1kgと運びやすい重さ。持ち運んで使用する機会が多い方にもおすすめです。風の到達距離は16mとパワフル。小型ながらしっかりとサーキュレーターとしての性能を兼ね備えています。

羽根にもこだわっており、表面積が広いことで多くの風をとらえて送り出せる「立体形状の羽根」を採用。風切り音を抑えられるので、33dBの高い静音性を実現しています。コンパクトなので、棚や出窓、デスクへの設置が可能。価格もリーズナブルなので、2台目としてもおすすめのサーキュレーターです。

ボルネード(Vornado) 6303DC-JP

10年間のモーター保証が受けられる安心・安全のサーキュレーターです。ボルネードは世界で初めてサーキュレーターを開発したアメリカのメーカー。長年培ったノウハウと独自技術により、心地よい空気循環を実現しています。

DCモーターを搭載し、微細な風量コントロールが可能。「99段階」の細かい設定により、自分にピッタリな風を選べるのも魅力のひとつです。

最大26m届くパワフルな風で空気を循環。冷暖房の効率化から綺麗な空気の入れ替えにも最適です。梅雨時期の部屋干しの補助や換気してカビ発生の抑制など、さまざまなシーンで使えるのもポイント。長期的に使用できるサーキュレーターを探している方におすすめの製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) KCF-SDC151T

対応畳数18畳ながらコンパクトなサーキュレーター。幅21×高さ29cmとコンパクト設計ながら、到達距離25mの強力な風を生み出します。独自の風を直線に集中させる「ジェット気流効果」により、従来の8畳モデルとほぼ同じサイズでパワフルな送風を実現。上下左右の首振りにより、部屋の空気を広く早くかくはんし、小型ながら効率よく空気を循環させます。

パワフルながら「35dB以下」と静音性の高さも魅力のひとつ。就寝時でも図書館並の静かさで空気を入れ替えます。さらに、前面カバーも取り外し可能なので、手入れが面倒な方にもおすすめのサーキュレーターです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) PCF-SDC18T

30畳の広いスペースに対応したパワフルなサーキュレーターです。特殊形状「スパイラルグリル+DCモーター」により、パワフルな送風が可能。広い部屋でも空気を素早くかくはんし、衣類の室内干しにも適しています。さらに、立体形状の羽根を採用しており、風切り音を抑えながらわずか35dBの静音性を実現。寝室で使用したい方にもおすすめです。

重量わずか1.9kgの軽量設計も魅力のひとつ。取手がついており、簡単に持ち運べます。前面カバーも簡単に取り外し可能で、お手入れがしやすいのもうれしいポイントです。

山善(YAMAZEN) YAR-ZD171

温風・乾燥部屋干し・送風の3つのモードを搭載したサーキュレーターです。DCモーターの搭載により効率よく空気を循環。省電力を実現しているので、毎月のランニングコストを抑えられます。「乾燥部屋干しモード」は、梅雨など湿気の多い時期でも部屋干しを快適に。

さらに、新鮮な空気の入れ替えに便利な「送風モード」、冬場に便利な「温風モード」の搭載で一年通して快適に使用できます。

風量は5段階調節に対応し、自分好みの風に設定可能。上下・左右の自動首振りにも対応しているので、広範囲に送風できます。また、付属のリモコンで「タイマー設定」「首振りON/OFF」「風量調節」の遠隔操作に対応しており、簡単に操作できるのも特徴です。

山善(YAMAZEN) YAR-DS18

部屋干しや冷暖房の効率化など一年を通して活用するサーキュレーターです。山善独自の「ダブルファン構造」の採用により、業界トップクラスの静音を実現。通常は1枚の羽根で吸い込み・吹き出しを行っているところを「吸い込み用の羽根」「吹き出し用の羽根」を分けることにより、効率的に送風できます。首振りも自在で空気循環の効率をさらにアップ。上下に約90°、左右に約50°の範囲で首振りを行い、周囲の空気を全体的にかき回せます。

細かい風量調節が可能な「風量8段階調節」、1時間単位で調節できる「8時間切りタイマー」、上下左右の「自動首振り」などを搭載し、多機能なのも魅力のひとつ。ライフスタイルに合わせて細かく設定したい方におすすめです。

カモメファン サーキュレーター クレベリンLED搭載 FKCR-231CD

消臭製品などで有名なクレベリンLEDが搭載されたサーキュレーター。空気を循環させるのはもちろん、消臭やカビ抑制などに効果が期待できる二酸化塩素を拡散させます。

羽根部分には、カモメの羽のような形状の「カモメ羽根」を採用。流体力学に基づいて作られた形状で、遠くまで空気を循環させられるのが魅力です。自動首振り機能は左右上下に可動。そのほか、取っ手やマグネット式のリモコンなど、持ち運びにも便利なおすすめのサーキュレータです。

バルミューダ(BALMUDA) GreenFan Cirq EGF-3300

15m先までパワフルに送風できるバルミューダのサーキュレーター。独自の二重構造の羽根と直進性を高める「ファンガード」によりパワフルな風をしっかり遠くまで届けます。消費電力の少なさも魅力で、1日8時間運転した場合も電気代は0.6円程度。「DCブラシレスモーター」の搭載により、最弱運転時の消費電力3Wを実現しています。

風量は4段階の調節が可能。状況に合わせて好みの風量を選べるのもうれしいポイントです。また、対応畳数も30畳とパワフル。エアコンと併用して隣の部屋まで効率よく空気を循環できます。消費電力などのランニングコストを節約したい方、広めのスペースに設置したい方におすすめのサーキュレーターです。

パナソニック(Panasonic) 創風機 キュー F-BP25T-R

誘引気流・羽根がない多機能サーキュレーター。今までにない先進的な球体フォルムに包まれたデザイン性の高さで、インテリアにも馴染みます。このデザインは、流体力学から導き出された機能性と装飾性から生み出されており、心地よい空間を演出。

また、吸い込まれた空気をより高圧化する「ターボファン」、高圧空気を噴出気流として噴出する「吹き出し口」、本体周辺の空気を吸引する「誘引吸込口」を搭載し、空気の循環を効率化します。

サーキュレーターとしてだけでなく、扇風機としても活用できるのもポイント。ストレスを感じにくいゆらぎのある風を演出し、長時間あたっても体温の低下を抑えます。球体だからこそできる独自の「360度スイング」により空間全体の空気をムラなく循環。サーキュレーター・扇風機1台2役の製品を探している方におすすめです。

テクノス(TEKNOS) 3Dフルリモコンサーキュレーター SAK-340DC

DCモーターを搭載し静音性・省エネに優れたテクノスのサーキュレーターです。18cmの3枚羽根を搭載し、効率よく送風。首振り360°に対応した「3D 首振り」により、空気を立体的に循環させます。さらに、風量も8段階で細かく調節可能。シーンに合わせて自分で風量を設定できるのも魅力です。

リモコンを付属し、遠隔操作にも対応。手が届かない場所に設置しても快適に操作ができます。静音に特化した「おやすみ風」も搭載しているので、寝室で利用したい方にもおすすめのサーキュレーターです。

コネクト(Connect) キューブ型 サーキュレーター C256-S1

おしゃれなキューブ型のデザインが特徴のサーキュレーターです。豊富なカラーバリエーションで、さまざまなテイストの部屋にもしっかりマッチ。冷暖房を効率的に循環させることで節電にもつながり、夏は涼しく冬はあたたかく快適に過ごせます。本体はフラットなタッチパネルで操作が可能。付属のリモコンを使えば、簡単に遠隔操作もできます。

見た目のデザイン性だけでなく、機能面も充実。最大約70°の首振り機能や、手動3段階0・45・90°の角度調節もできます。使用していないときはキューブ型に折りたたんでコンパクトに収納できるのもポイントです。さらに、付属のケースとスポンジを使った「アロマ機能」も搭載。マイナスイオンとアロマの香りで気持ちよく過ごしたい方におすすめです。

サーキュレーターの使い方・置き方

By: amazon.co.jp

サーキュレーターは冷房・暖房を問わず、エアコンの風を循環させるのに効果的。最近は風量の弱いモードを搭載した製品も増えてきており、より使い勝手の幅が広がっています。

リビングでエアコンの設定温度を変えずに室内の体感温度を最適化したい場合は、サーキュレーターを中モード以上で稼働させるのがおすすめ。一方、寝室で使用する際はエアコンの設定温度を極端にせず、サーキュレーターの弱モード以下と併用することで、快適な室内温度を保てます。

また、空気の性質をおさえておくのもポイント。冷たい空気は下にいくので、エアコンを背にセットして床にたまった冷気を循環させると、部屋全体が涼しくなります。一方、あたたかい空気は上にいくため、上向きに設置するのがコツ。サーキュレーターの風を天井に当たるように向けると、より効果的です。

ただし、サーキュレーターの風は心地よい扇風機の風とは異なり、直進性があるので身体に触れ続けると不快に感じることも。設置する際には注意しておきましょう。

サーキュレーターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

サーキュレーターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。