室内の空気を循環させたいときに使用するサーキュレーター。扇風機のような形状をしていますが、人に風を当てるのではなく、部屋中に空気を送り込むための強力な風が発生するのが特徴です。

現在では、エアコン代を節約したり洗濯物を乾かしたりするほか、アロマ機能で部屋中の空気を快適にできるサーキュレーターなどさまざまなモデルが存在。そこで今回は、サーキュレーターの選び方とおすすめサーキュレーターをご紹介します。

サーキュレーターとは?

By: amazon.co.jp

サーキュレーターとは、空間の空気を循環させる機械のこと。直線的な風が発生するように設計されています。部屋の空気を入れ替えたり、洗濯物を効率的に乾かしたりするときに役に立つ製品です。

また、エアコンから出る温風や冷風を循環させることで部屋の温度を一定に保つ効果があり、省エネが期待できます。季節を問わず活躍するアイテムなのです。

サーキュレーターと扇風機の違い

By: amazon.co.jp

扇風機と同じような形状で、風を発生させるところも同じなので、「扇風機で代用できるのでは?」と疑問に思う人も多いはず。しかし、両者は全く異なる製品です。

サーキューレーターはあくまでも「空気を循環させること」を目的として設計された製品であり、直線的で遠くまで届く風が発生するのが特徴。サーキュレーターのみで人が涼むことを想定していません。

例えば、大部屋でエアコンを使用すると、室内を快適な温度に保つのに電気代がかさみます。エアコンでなくても、ヒーター付近と天井部分で温度のムラができることは珍しい話ではありません。

そこで、サーキュレーターの出番。直線的な強風で空気の循環を発生させて、部屋全体を温度差のない快適な空間に変えられます。

また、部屋干しが多い方にもサーキューレーターは最適。強力な風を当てることにより短時間で洗濯物を乾かせるほか、部屋中の空気が循環することで部屋干し特有の嫌な臭いを抑えられます。

一方、扇風機は人が涼むことを想定して設計された製品。そのため、扇風機から出る風は広範囲に広がるという性質を持っています。製品単体で涼しくなりたいなら扇風機を購入するのがベストです。

サーキュレーターの選び方

①風力で選ぶ

By: amazon.co.jp

サーキュレーターを購入する上で最も大切な指標が風力。遠くまで風を送り込むことができるモデルの方が、より広い空間の空気を循環させられます。「風力の強さ=対応畳数」と考えてください。

製品紹介に「到達距離〇〇m」と紹介されていれば、風力の目安になります。到達距離が書かれていない場合、対応畳数で風力を推測するのが一般的。「〇〇畳まで対応」などの表記を風力の目安にしてください。

また、風量が弱・中・強と分かれている製品でも、大型モデルと小型モデルでは風量が全く異なることも。通常の室内用なのか、会議室などの大部屋で使用するモデルなのかも、注意深く確認してください。

ほかにも、風量を無段階で調整する機能、リズム風機能、人の体に当たってもストレスに感じない風を発生させる機能など、バラエティに富んでいるのが近年のサーキュレーターです。

②静音性で選ぶ

By: d-designing.com

サーキュレーターの静音性も重要。いくら室内の温度が快適でも、サーキュレーターから発生する音が大きいと、快適に過ごすことが難しくなるからです。

サーキュレーターからどれくらいの騒音が発生するかは、「〇〇db」と表記されるのが一般的。20dbは「木の葉がふれあう音レベル」、30dbは「ささやき声レベル」、40dbは「図書館の騒音レベル」、50dbは「換気扇の音レベル」です。

③機能で選ぶ

首振り機能

By: amazon.co.jp

現在販売されているサーキュレーターの多くは、首振り機能を搭載。部屋干しの洗濯物を乾かすときなど、広範囲に風を吹き付けたいときに役に立ちます。

まずは、左右の自動首振り機能に対応しているかをチェック。これが広範囲に風を当てるための基本動作だからです。次に、上下の自動首振り機能に対応しているかもチェックしてください。上下の首振り機能があれば、床に設置しても使い勝手が抜群です。なお、上下の動きは自動首振り機能を搭載せず、手動で調整できるサーキュレーターも多いです。

また、左右と上下の自動首振り機能を同時に動作させることができるサーキュレーターなら、より広範囲に風を送り込むことが可能。ほかにも、首振りの角度を数パターンから自由に選べる機能など、柔軟に調整できる機種も存在します。

タイマー機能

By: amazon.co.jp

タイマー機能があれば、サーキュレーターに意識を向けることなく快適に使用できます。例えば、数時間後に自動的に電源がオフになる「切タイマー」があれば、部屋干しの洗濯物にサーキュレーターをセットして、タイマー付きで使用できます。

反対に、タイマー機能の中には、数時間後にサーキュレーターが起動する「入タイマー」も存在。この機能を使えば、エアコンの入タイマーと同時にセットして、帰宅後の部屋を快適な空間に仕上げておけます。

アロマ機能

By: amazon.co.jp

サーキュレーターの中には、アロマ機能を搭載しているモノも存在。サーキュレーターの風と一緒にアロマの香りを循環させることができ、リラックスできる空間を作り出します。

使い方も簡単。ほとんどの機種で、付属のアロマパッドにアロマを数滴含ませて、サーキュレーターにセットするだけで準備完了です。後は、部屋の空気を循環させると共に、アロマの香りで部屋中が満たされます。

切り忘れ防止機能

By: plusminuszero.jp

サーキュレーターを購入する上でチェックしたいのが「切り忘れ防止機能」。運転開始から一定時間が経過すると、自動的に電源が落ちる機能です。余計な電気代がかかったり故障の原因になったりするのを防げます。

動物を飼っている場合などは、サーキュレーターの意図しない誤作動が気になるところ。安全に使用できるサーキュレーターを探している方におすすめの機能です。

サーキュレーターのおすすめメーカー

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

「アイリスオーヤマ」は、リーズナブルな価格の生活家電を販売している国内メーカー。サーキュレーターの分野では、幅広いモデルを取り揃えています。

8畳程度の部屋に対応している小型モデルから20畳以上の部屋に対応している大型モデルまで、他社を圧倒する豊富なラインナップが特徴。部屋や用途に合った1台を見つけやすいおすすめのメーカーです。

ボルネード(VORNADO)

By: amazon.co.jp

「ボルネード」は、高性能サーキュレーターを多数販売しているアメリカ企業。30畳を超える大型サイズのサーキュレーターも販売しています。

ボルネードの最大の特徴は、一部モデルを除いて、首振り機能を搭載していないところ。これは、決して機能を制限しているわけではありません。

ボルネード製品から発生する風は独自の竜巻状になっていて、他社の類似製品より指向性が強いのが特徴。この性質があれば、風の先端を拡散させずに空気をかき混ぜることができるのです。この風の強さで室内に大きな空気の流れを作り出せるため、首振りによる空気の拡散を不要としています。

サーキュレーターのおすすめモデル

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) コンパクトサーキュレーター 固定タイプ PCF-HD15N

リーズナブルな価格の8畳用サーキュレーター。一人暮らしの方や小部屋で使用する方におすすめです。

静音・中・強の3段階で風力を調整可能。静音モードであれば、騒音が35dbと静かな住宅地程度になります。

さらに、水平方向から下に約20度、上に約90度まで6段階で首振り調整が可能。空気の循環以外にも、部屋の換気や空気の送り込みに使えて、コスパの優れた1台です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 強力コンパクト サーキュレーター 左右首振りタイプ PCF-SC15

特殊形状のスパイラルグリルを採用したサーキュレーター。従来機よりも適用畳数が増え、18畳に対応しています。約21×29cmのコンパクトサイズながらパワフルに送風できるところが特徴です。

風量は弱~ターボモードの5段階で調整可能。18畳まで対応していますが、もちろん小部屋でも快適に使用できます。

左右は90度、上下は75度までの自動首振りに対応。切タイマーも、1・2・4時間から選択できます。離れた場所からでも操作できるリモコンも付属していて便利なサーキュレーターです。

ゼピール(ZEPEAL) 自動首振りサーキュレーター DA-A200G

「切タイマー」だけではなく「入タイマー」を装備したサーキュレーター。1・2・4時間の範囲で電源のオン・オフが可能です。これがあれば、エアコンのタイマーと合わせて使用して外出時の室内を快適にできます。

風量は静音・弱・強の3つのモードから選択可能。静音モードの弱風であれば、空気の循環だけではなくOA機器のこもった熱気を排出させることもできます。

さらに、左右の自動首振り機能も搭載。上下の角度は、手動で調整可能です。

ボルネード(VORNADO) サーキュレーター・クラシック・ジュニア VFANJR-JP

クラシックデザインが特徴的なサーキュレーターです。外見が他社製品よりおしゃれなので、インテリアにこだわりのある方にも自信を持っておすすめできるモデル。10畳までの部屋に対応しています。

風量は弱・強の2段階。重量約1.7kg、大きさ約26×16×30cmのコンパクトサイズなので、持ち運びにも最適です。

周波数が60Hzの場合、1時間が1kw=27円で計算すると、弱モードで15W(1時間当たりの電気代は0.41円)、強モードで29W(1時間当たりの電気代は0.78円)とエコ設計。ジェットエンジンに使われる空気力学に基づいた発想で設計されているので、小さなボディですが風量はたしかです。

ボルネード(VORNADO) サーキュレーター ベーシックモデル 783-JP

12〜40畳の大部屋に適したサーキュレーター。自宅以外でも、会議室・オフィス・ショールームなど、さまざまな空間で使用できます。

3段階の風量調整が可能で、0~90度までの角度調整もできます。また、ボルネード製品の特徴なのですが、空気をかくはんさせるよりも循環させるほうが効率がよいというスタイルの元、首振り機能を搭載していません。本製品は30.5m先まで風が到達する設計により、首振り機能を不要としています。

また、付属のパイプを使用することで、71.5cmと102cmの2段階で高さ調整可能。幅41×奥行43.5cmで、通常のサーキュレーターより大きいサイズであることには注意してください。

ハンワ(HANWA) PRISMATE PR-F011

100%メタルで作られた圧倒的な重厚感のサーキュレーター。推奨面積は6~8畳程度の小型モデルです。

付属のアロマパッドにアロマオイルを数滴含ませるだけで、部屋全体がアロマの香りで満たされる機能が特徴的。アロマをこれから始めてみたい方も、気軽に使えておすすめです。

風量は弱・強の2段階。手動ながら風向も調整できます。また、本体には収納時やコードを短く使用したいときに使えるコード用フックを付属。持ち運びに便利な取っ手が背面についているところもポイントです。

バルミューダ(BALMUDA) GreenFan Cirq EGF-3300

最弱運転時には、わずか3Wで動作するサーキュレーター。1日8時間運転しても電気代が0.6円と経済的で、ランニングコストを気にする方にもおすすめです。

1枚のファンから2種類の風を出すバルミューダ独自の技術で、15m先まで届く送風能力を発揮。25.6x34x36cmのコンパクトサイズながら、30畳まで対応しているハイパワーモデルです。風量は4段階の間で変更できます。

水平から垂直まで90度の範囲で、無段階に角度の調整が可能。付属のリモコンを使えば、離れた場所から電源のオンオフと風量の調整を行えます。

トヨトミ(TOYOTOMI) 壁掛けタイプ サーキュレーター FC-W50H

壁掛けで使用するタイプのサーキュレーター。電気ストーブなどの暖房器具の熱を部屋中に循環させたいときに最大の効力を発揮します。

風量は弱・中・強・パワフルの4段階で調整可能。さらに、自動運転機能を使えば、室温に合わせて自動で風量をコントロールすることもできます。

本体には「銀イオンフィルター」が採用されていて、常に清潔。お手入れが必要なタイミングで「お掃除ランプ」が光る仕様なので、綺麗好きの方にもおすすめです。リモコンに対応しており、壁に掛けるリモコンホルダーも付属しています。

ボルネード(VORNADO) サーキュレーター Flippi V8-JP

置き場所を選ばないコンパクトなサーキュレーター。デスクにおけるサイズのモノを探している方におすすめします。

風量は弱・強の2段階。弱運転ならパーソナルファン、強運転なら到達距離9mの小型サーキュレーターとして使用できます。

上下の角度調整は無段階の180度対応。さらに、ボルネード製品で唯一、左右の首振りにも対応しているところがポイントです。使わないときはヘッド部分を回転させて、コンパクトに収納できます。

ボルネード(VORNADO) サーキュレーター 6303DC-JP

風量を99段階で調整できるサーキュレーター。6~35畳までの広さに対応しています。最大26m先まで届く直進性の強い風を発生させられるのが特徴です。

首の角度は真横から真上まで、無段階に調整可能。1~12時間までを1時間ごとに設定できる切タイマーも搭載しています。

本体前面のコントロールパネルのほか、リモコンでも操作可能。中型機でありながら大型機同等のパワフルさを備えているため、さまざまなシチュエーションで活躍するサーキュレーターです。

プラスマイナスゼロ(±0) DCサーキュレーター XQS-B320

上下左右の自動首振りに対応したサーキュレーター。部屋全体にまんべんなく風を送りたい方におすすめです。

風量は、連続風を9段階、リズム風を9段階で調整可能。上向き90度の角度に対応していて、部屋干しの洗濯物に真下から風を当てることもできます。

1・2・4時間から選べる切タイマーと、2・4・6・8時間から選べる入タイマーを搭載。また、フルリモコンが付属しており、風量調整や首振り、タイマーなど全ての機能がリモコンからも操作可能です。

さらに「安心オートOFF機能」を搭載しているのが特徴。これは、切り忘れ防止のために、運転開始から16時間経過すると自動的に停止する機能です。

コイズミ(KOIZUMI) コードレスマルチファン KCF-2371

充電式コードレス設計のサーキュレーター。コード接続・コードレスいずれでも使用でき、マグネット式でコードが着脱できるため、使い勝手も抜群です。

風量は10段階に加え、TURBO機能で調整可能。コードレス時は、風量6なら約4時間、風量1なら約8時間連続で使えます。また、充電残量があるときは「青」、充電残量が少ないときは「黄」、電池残量なしは「赤」、充電中は「緑」でボタンが光るため、ひと目で残量がわかるのも魅力です。

左右の自動首振り機能は45度・90度・180度の3段階で調整可能。上下は手動で90度ずつ調整ができます。

山善(YAMAZEN) 18cm立体首振りサーキュレーター YAR-VW181

本体操作にタッチスイッチを採用したサーキュレーター。ボタン式と違って本体のスイッチに出っ張りがなく、クールなデザインです。風量は弱(静音)・中・強の3段階。弱モードなら約31dbと、ささやき声レベルの静かさで使えるところがおすすめです。

左右の首振りは、60度まで対応。上下の首振りにも対応し、45・75・90度から調整が可能です。1・2・4時間の切タイマーも搭載。また、すべての操作がリモコン上でも行えます。前回運転時の設定で運転を再開するメモリー機能付きなので、使い勝手も抜群です。

パナソニック(Panasonic) 創風機 キュー F-BP25Z

独特のボール形状を採用したサーキュレーター。より合理的に空気を吸い込んだ上で、ターボファンの力で高圧化して、吸い込んだ風の約7倍の風量まで増幅できるのが特徴の1台です。

本製品は直径約25cmのコンパクトボディ。土台に置いて好きな場所に風向きを調整できる「360度フォルム」がおすすめポイントです。また、一定パターンの連続風ではなく、ゆらぎのある風を発生させる設計なので、長時間使用してもストレスになりません。

さらに、空間を演出するLEDライトを搭載。6ヵ所の誘引吸入口と誘引吹出口からLEDライトの温かい光が溢れ出し、インテリアとしても活用できます。LEDライトは青色とオレンジ色の2色から選択可能で、必要のないときはLEDライトを消灯することも可能です。

パナソニック(Panasonic) 創風機 キュー 首振りスタンドセットモデル F-BP25T

パナソニック製のボール状サーキュレーター「F-BP25Z」に首振りスタンドをセットしたモデルが本製品。空間全体に空気を送り込みたい方におすすめです。

独自の球体を活かした「360度スイング」に対応。360度回り続けることで、空間全体に均等に風を届けます。また、首振りの角度は60・90・120・180・360度の段階で調整可能です。

アルコレ(AL COLLE) 2連マルチファン ALF-70

風を発生させるファンを2つ搭載したサーキュレーター。2つのファンはそれぞれ独立していて、上下が自由に操作可能です。幅広く活用できるサーキュレーターを求めている方におすすめします。

風量は、上下ともに弱・中・強の3段階で調整可能。角度調整は手動で行い、上ファンは-30・0・30・60・90度の5段階、下ファンは-30・0・30・60度の4段階で調整できます。

また、通常の風だけではなく、リズム風にも対応。最大7時間の切タイマーも搭載しています。機能性とデザイン性を併せ持ったサーキュレーターです。

ドウシシャ(DOSHISHA) kamomefan クレベリンLED搭載 サーキュレーター FKCS-231CD

風量を無段階で調整できるサーキュレーター。風量を表示するインジケーターも搭載していて、細かい調整が可能な1台です。

本製品の最大の特徴は、「クレベリンLED」を搭載しているところ。これは、空気中に二酸化塩素を発生させて、空間を除菌できる装置です。空気を循環させるだけでなく、空間を清潔にしたい方におすすめします。

首振りは上下左右に対応。左右の角度調整は30・60・90・120度の4段階です。1・2・4・8時間の入タイマーと切タイマーに対応しています。ほかにもアロマ対応、切り忘れ防止機能など、便利な機能が満載です。

ボルネード(VORNADO) タワー・サーキュレーター 143-JP

設置スペースが約23×23cmのタワーファン型サーキュレーター。70度とワイドな吹き出し幅に加え、18m先に風を送り込むハイパワー設計なので、首振り機能を不要としているところが特徴です。コンパクトながら、6~15畳に対応しています。

風量は弱・中・強の3段階。切タイマーは1・2・4・8時間で設定できます。また、本体上部には磁石が内蔵されていて、付属のリモコンを使用しないときに固定が可能。スタイリッシュに使用する工夫が隅々まで凝らされた、おすすめのサーキュレーターです。

ボルネード(VORNADO) ボルネード サーキュレーター 高耐久モデル ヘビーデューティ 293HD-JP

細かい破片やホコリに強い防塵仕様のサーキュレーター。ガレージや駐車場などの屋外で使用したい方におすすめです。風の到達距離は最大30.5mで、最大35畳まで対応しています。

風量は3段階で調整可能。首の角度は0~360度で調整できます。また、付属の壁掛け用フックを使用して壁に取り付ければ、作業の邪魔にならないところもおすすめです。

使用しないときは、本体後部に電源コードを巻き付けて収納することも可能。本体上部にハンドルが装備されていて、持ち運びもラクラクです。

山善(YAMAZEN) DCサーキュレーター YAL-XD18

扇風機のように土台が高いタイプのサーキュレーター。リビングルームなどで活躍するほか、部屋干しの洗濯物に風を当てる際も高い位置から行えます。

風量は静音・微・弱・中・強の5段階。静音モードでは24dbの騒音となり、ほとんど聞こえないレベルです。これなら、睡眠時でも活用できます。

首振り機能は上下左右に対応しており、上下は45・75・90度から調整可能。左右は60度まで稼働します。前回の設定が残るメモリー機能があったり、遠隔操作のためのリモコンが付属していたりと、利便性も抜群です。

ツインバード工業(TWINBIRD) マイナスイオン発生サーキュレーター KJ-4782W

マイナスイオンを発生させることができるサーキュレーター。空気を循環させるだけではなく、部屋の空気をリフレッシュさせたい方におすすめです。マイナスイオン発生中は、ランプが点灯します。

風量は弱・中・強の3段階から調整可能。角度は水平から真上90度まで、5段階で調整できます。28x28x19cmのコンパクトサイズに加え、重量も約1.9kgと軽く、持ち運びもラクラク。吹出口が簡単に取り外せるので、お手入れが簡単なところもポイントです。

ハンワ(HANWA) アロマサーキュレーター plus more MO-F001

重量約1.2kgのコンパクトなサーキュレーター。6~8畳の広さに対応しており、小さな部屋で使用したい方におすすめします。本体はクリアカラーになっていて、どのような部屋でも馴染みやすいのが特徴です。

風量は弱・中・強の3段階から調整可能。風向きは0~90度の間で手動調整できます。さらに、本製品にはアロマパッドが付属。アロマオイルを数滴含ませて使用すれば、部屋中をお好みの香りで満たすことができます。

山善(YAMAZEN) 23cmDCモーターサーキュレーター YAR-AD233

静音・微風からパワフル・強風まで8段階の風量調整が可能なサーキュレーター。風量調節はボリューム式で操作しやすく、風量表示もランプで表示されるのでひと目でわかります。

上下左右の自動首振り機能を搭載し、上下は約85度、左右は約55度までの送風に対応。もちろん、上下左右の同時首振りも可能です。また、風の拡散を防ぐ「トルネードガード」を装備しており、風を遠くまで送り込めます。

4時間までの切タイマーも搭載。本体側面にリモコンホルダーがついていて、リモコン紛失の心配がないところもおすすめのサーキュレーターです。

ドウシシャ(DOSHISHA) シーリングサーキュレーター DCC-08CM

照明にサーキュレーターを付属させた本製品。8畳までの部屋に対応して、部屋を照らしながら空気を循環させることができます。サーキュレーターの置き場所がない人にもおすすめです。

微風から強回転まで16段階の風力調整が可能。また、風向きを上下に切り替えることで「夏はファンの風が部屋に届く正回転」「冬は下の空気を吸い込む逆回転」といった使い方ができます。リズム風や、1・2・4・8時間の切タイマーといった機能も魅力です。

照明機能も、調光は10段階、調色は7段階と高性能。これらすべての操作をリモコンで快適に行えます。

サーキュレーターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

サーキュレーターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:サーキュレーターの電気代って?

By: amazon.co.jp

サーキュレーターの電気代は、消費電力である「W数」を確認すると、およその電気代を予想できます。サーキュレーターの電気代は、高くても1時間当たり数円程度までに収まることがほとんどです。

例えば、ボルネード製の「VFANJR-JP」という機種なら、強モード運転時で32Wとなり、1時間当たりの電気代は0.86円です。中には、バルミューダ製「GreenFan Cirq EGF-3300」のように3Wで動作し、1日の電気代が0.6円で収まるサーキュレーターも存在します。

2018年現在では、1kw当たり27円(1時間)で計算するのが一般的。製品に消費電力が記載されていない場合、「1W当たり0.027円(1時間)」で計算してください。