夏場には欠かせない「扇風機」。肌に直接風を当てて涼んだり、エアコンの冷風を循環させることで部屋全体の温度を下げたりと、さまざまな使い方ができます。

そこで今回は、おすすめの扇風機をランキング形式でピックアップ。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

扇風機の種類

リビングファン

By: irisohyama.co.jp

一般的な形を採用した扇風機が「リビングファン」です。モデルによって羽の枚数が異なるため要チェック。羽の枚数が多いモデルほど、やわらかく滑らかな風を送れます。上下左右の可動域が広いので、リビングやダイニングなど、広い部屋で使用する場合におすすめです。

各メーカーから多くのモデルが販売されており、価格帯が幅広いのもポイント。価格が高めのハイグレードモデルは、より自然な風を発生させる機能や立体的な首振りなど機能性に優れています。リビングファンは高さを調節できるタイプが一般的ですが、最大の高さはモデルによって異なるためしっかりと確認しておきましょう。

羽なし扇風機

By: amazon.co.jp

羽がなく、風を面で送って空気を循環させるタイプが「羽なし扇風機」です。回転する羽がないため、羽で指をケガする心配がなく、小さい子供がいる家庭におすすめ。縦長のフォルムにより、狭いスペースに設置できるのもメリットです。スタイリッシュなモデルが販売されており、インテリアとの調和を重視したい場合にも適しています。

モデルによっては空気清浄機能を搭載しており、1年を通じて活躍。冬に暖房を使うときのサーキュレーターとしても役立ちます。リビングファンと異なり、メンテナンスしやすいのもポイント。分解して掃除する手間がないので、細かい部分の掃除が苦手な方にもおすすめです。

羽なし扇風機についてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

タワーファン

By: irisohyama.co.jp

スリムな円筒状のフォルムが特徴の扇風機が「タワーファン」です。スリムなボディの形状を活かして寝室や脱衣場、キッチンなどスペースの限られた場所に設置しやすいのがポイント。すっきりとしたデザインでインテリアの雰囲気に合わせたい場合にも適しています。使用しない季節には、省スペースで保管しやすく便利です。

一方、送風口が狭く横方向へ風を送りにくいのがデメリット。首振り機能を搭載したモデルであれば、広範囲に風を送れるのでぜひチェックしてみてください。

扇風機の選び方

モーターの種類で選ぶ

DCモーター

By: hitachi.co.jp

DCモーターとは、搭載された制御盤によって直流電流を流す「直流モーター」を使用したタイプです。きめ細かい風量調節が可能で、そよ風のような微風を送れるのが特徴。静音性にも優れており、超微風ならほとんど音が気にならないので、寝室やリビングでの使用におすすめです。

一般的なACモーターの扇風機より消費電力を抑えられるため、電気代を節約できるのもポイント。価格は高めなモデルが多いものの、電気代を含めたトータルコストで考えるとお得になる場合もあります。

DCモーターの扇風機についてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ACモーター

By: hitachi.co.jp

古くから多くの扇風機に採用されているのが、交流式のACモーターを使用したタイプです。各メーカーからリーズナブルなモデルが販売されており、なるべく低価格で購入したい場合におすすめ。和室や書斎など、リビング以外の部屋用として用意したい場合にも適しています。操作性もシンプルで、機器の扱いが苦手な方にもおすすめです。

風量調節はモデルによってさまざまですが、DCモーターのような超微風を求めている場合には不向き。消費電力も大きいため、使用時間が多い場合には電気代がかさんでしまうことを留意しておきましょう。

静音性をチェック

By: amazon.co.jp

ファンや羽の回転音などが気になる場合には、静音性をチェックしておきましょう。運転音はdB(デシベル)で表示されています。静音性にこだわりたい場合には、DCモーターを採用した扇風機がおすすめ。そよ風のような超微風で、木の葉が触れ合う音より小さい運転音のモデルもラインナップされています。

また、羽を搭載したリビングファンを購入する際は羽の枚数をチェック。ACモーター式で枚数が多いモデルは運転音が大きい場合もあるため、静音性が気になる方は確認しておきましょう。

首振り機能の性能をチェック

By: dyson.co.jp

広範囲に風を送りたい場合には、首振り機能を要チェック。左右の首振り機能は多くのモデルに搭載されており、可動域はそれぞれ異なります。なかには、左右に上下を加えた立体的な首振りができるタイプもあるのでチェックしてみてください。

リモコンで首振りを調節できるタイプなら、離れた場所からも操作可能。上方向に90°以上調節できるモデルもあり、部屋の空気を循環させるサーキュレーターとしても使えます。

扇風機のおすすめメーカー

ダイソン(dyson)

By: amazon.co.jp

ダイソンは、イギリスの電気機器メーカー。サイクロン式掃除機を初めて開発した企業として知られています。ダイソンの扇風機は、羽根のない画期的なスタイルが特徴です。リビングファンタイプの扇風機のように、誤って指を挟んでしまい事故につながるリスクを軽減できます。

扇風機機能以外にも、温風機能や空気清浄機能などを備えたモデルもあるのでチェックしてみてください。

バルミューダ(BALMUDA)

日本の家電機器メーカー「バルミューダ」。大手家電メーカーにはない、斬新なアイデアを取り入れた製品を数多く展開しているのが特徴です。性能に優れているのはもちろん、デザインがおしゃれなアイテムも多く、高い評価を受けています。

バルミューダの扇風機は、「The GreenFan」が人気です。DCモーターを搭載しており、高級扇風機の火付け役となったシリーズ。おしゃれで高性能な扇風機を探している方にもおすすめです。

シャープ(SHARP)

シャープは、テレビや洗濯機、掃除機などさまざまな種類の家電を取り扱っている国内大手電機メーカー。シャープの扇風機は、空間の除菌・消臭効果が期待できると謳われる「プラズマクラスター機能」を搭載しているモデルが多いのが特徴です。扇風機で涼むだけではなく、部屋を清潔に保ちたい方はチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

機能性の高さと価格の安さが魅力の「アイリスオーヤマ」。消費者の声をもとに、使いやすさと便利さにこだわった生活用品や家電を数多く展開しています。コストパフォーマンスの高い製品が多いのも特徴です。

DCモータータイプのリビングファンや、タワーファンなど、さまざまなモデルをラインナップ。気になる方はぜひチェックしてみてください。

扇風機のおすすめランキング|DCモーターモデル

第1位 バルミューダ(BALMUDA) The GreenFan EGF-1600

自然に近い風で涼める扇風機です。独自開発した二重構造の羽根により、冷えすぎない快適な風を起こせるのが魅力。大きく広がる風が15m先まで届き、優しい風でゆったりと涼めます。

風量は4段階に調節でき、最小風量に設定すると運転音をわずか13dBに抑えられるのもポイント。13dBは木の葉が触れ合う音よりも小さな音量です。自動首振り機能や上下の角度調節機能も搭載しており、送風範囲を容易に調節できます。

電源方式はAC電源式を採用していますが、オプションのバッテリーを使うと充電式としても使用可能。やわらかな風で涼みたい方におすすめの扇風機です。

▼【開封・組み立て】バルミューダの扇風機「The GreenFan」は自然で心地よい風を再現する

第2位 シャープ(SHARP) プラズマクラスター扇風機 3Dファン PJ-L2DS

独自のイオン技術「プラズマクラスター」を搭載した扇風機です。扇風機の風をスポット的に当てることで、ソファ・クッションに染み付いた生活臭や、部屋干し時のニオイ、寝具や衣類に付いたニオイなどを消臭する効果が期待できます。

アホウドリの翼を応用した「ネイチャーウイング」を採用していることで、直進性の高い風を発生が発生するのも特徴。リビングのような広いスペースでも、しっかりと涼しい風が届きます。

上下・左右に自動で首を振る「3Dターン」を使えば、部屋の空気を効率よく循環させるサーキュレーターとしても使用可能です。

第3位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) リモコン式リビング扇 LFD-306L

シンプルで扱いやすいアイリスオーヤマの人気モデルです。空気を細かく分けて送る7枚羽根を採用することで、窓から吹き込むような静かで優しい風を実現しています。

風量調節は微風・弱・中・強の4段階に対応しており、シチュエーションに応じて切り替えが可能。動作音は弱の風量で約22dBと静かなので、寝室や子供部屋でも快適に使えます。

消費電力を抑えられるDCモーターを採用しているのも大きなポイント。1日8時間使っても電気代はわずか3.5円程度とリーズナブルなので、ランニングコストが気になる方にもおすすめです。なお、電気代は電気料金目安単価27円/kWhで計算しています。

第4位 ドウシシャ(DOSHISHA) Kamomefan mini FKLV-231B

基本性能が充実したミニ扇風機。本体サイズは横幅280×高さ580×奥行き230mmで、重量は2.9kgとコンパクトなので、気軽に持ち運んで使えます。オプションの専用バッテリーを装着すれば、コンセントのない場所でも最大3時間の使用が可能。

上下100°・左右70°の3D自動首振り機能や、無段階の風量調節機能、お気に入りの香りでゆっくりできるアロマ機能など、便利な機能が充実しているのも魅力です。

カモメの羽をヒントにした独自の「カモメ羽根」を採用することで、涼しい風を部屋中に効率よく届けられるのも大きな特徴。羽根の向きを真上で固定すれば、部屋の空気を循環させるサーキュレーターとしても使えます。

第5位 コイズミ(KOIZUMI) リビング扇風機 DCモーター KLF-3013

台座にボタンがないシンプルなデザインのDCモーター扇風機です。さまざまなインテリアにマッチするのが嬉しいポイント。ボタンは本体上部にあるため、立ったまま操作できます。また、リモコンが付属しているので、離れたところからでも設定可能です。

高さは約840mmとハイポジションタイプを採用しており、ソファに座っていても風がしっかり届きます。風量は8段階と細かく調節可能です。さらに、左右60°に自動首振りするため、広範囲に風を送れます。

そのほか、切タイマーは1時間・2時間・4時間・6時間に設定できるので、切り忘れを防げるのがメリット。デザイン性と機能性に優れていながらリーズナブルな価格帯で、コスパのよいおすすめのモデルです。

第6位 山善(YAMAZEN) DCリビング扇 YLRX-AMD30

コスパに優れたリビングファン型の扇風機です。DCモーター搭載モデルとしては比較的リーズナブルなのが特徴。10段階の風量調節に対応し、1段階目は運転音が静かなため、寝室などにも設置できます。

左右80°の首振り機能に加えて、全方向に動く「360°首振り機能」を搭載しているのもポイント。広範囲に風を届けられます。また、支柱を外すことでハイポジションとローポジションを切り替えられるので、サーキュレーターのような使い方も可能です。

さらに、「リズム運転」や1〜8時間で設定できる「入切タイマー」を備えています。1日8時間使用しても電気代が約4.7円と安いのも魅力です。

第7位 パナソニック(Panasonic) リビング扇風機 F-CU339

自然で心地よい上質な風を生み出す、高性能なリビングファン型の扇風機です。自然な風を再現する「DC 1/fゆらぎ」が特徴。爽やかな涼感が得られ、長時間当たっても疲れにくいので、昼寝などでの使用にもおすすめです。

また、「温度センサー」を内蔵しているのもポイント。室温を感知して5段階で風量を自動調節するため、手軽に快適な室内空間を作れます。

さらに、水に包まれた微粒子イオン「ナノイー」を飛ばせるのも特徴。衣類のニオイを脱臭する効果が期待でき、部屋干しの際に重宝します。

扇風機のおすすめランキング|ACモーターモデル

第1位 シャープ(SHARP) プラズマクラスター リビング扇風機 PJ-L3AS

風のリズムが一定の周期で変わる「リズム風」に対応したACモーター扇風機。自然で吹くような風の流れで快適です。また、弱運転での連続稼動よりも、消費電力を抑えられます。

さらに、メーカー独自の技術「プラズマクラスター」を採用しているのもポイント。風を衣類に当てることで、部屋干しの生乾き臭や染み付いた汗のニオイなどを消臭する効果が期待できます。

チャイルドロックが搭載されており、いたずらによる誤作動を防げるため、小さな子供がいる家庭にもおすすめ。そのほか、入時間と切時間のどちらかを設定できるので、使い勝手も良好です。

第2位 三菱電機(MITSUBISHI) リビング扇 R30J-RW

ウィングレット形状の5枚羽根を採用した扇風機。強運転時でも動作音はわずか36dBと小さいのが特徴です。風速がアップするロング気流ファンガードにより、到達距離の長い風を実現しているのも大きなポイント。

部屋の空気を効率よく循環させるサーキュレーターのような使い方も可能なので、季節を問わず1年中活躍します。ひと目で分かって押しやすい「でかボタン」や、同時セットが可能な入・切タイマー、徐々に風量が弱くなるおやすみタイマーなど、使い勝手も良好。

バックレスモーターを採用することで、奥行き約195mmのスリムなボディを実現しているのも魅力です。

第3位 パナソニック(Panasonic) リビング扇風機 F-CU324

長時間当たっていても疲れにくい、優しい風を送るACモーター扇風機です。メーカー独自の「1/fゆらぎ」といった、自然のような不規則な風を届けます。また、空気抵抗を軽減する「なめらか気流7枚羽根」を採用しており、心地よい風を実現するのもポイントです。

風量は3段階で調節できます。さらに、1時間・2時間・4時間で設定可能な切タイマー機能を搭載しているので、就寝中の利用にもおすすめです。そのほか、チャイルドロックボタンが付いているため、小さな子供がいる家庭でも重宝します。

第4位 トヨトミ(TOYOTOMI) リモコン付リビング扇風機 FS-30LR

使いやすさにこだわったシンプルな扇風機です。余った分のコードを巻き付けて収納できる「くるピタフック」や、オンとオフを同時にセットできる「入・切ツインタイマー」など、便利な機能を多数搭載。

10秒ごとに数秒間通電を停止する「エコモード」を使えば、電気代を節約できます。羽根には、空気抵抗の少ない「ローノイズファンPLUS」を採用。動作音が静かなので、寝室や子供部屋でも快適に使えます。

静電気によるほこりの付着を軽減する「静電気防止加工」が施されているのも嬉しいポイントです。お手入れの手間を軽減したい方におすすめです。

第5位 山善(YAMAZEN) リビング扇 YLR-BGT302

運転中にガードに触れるとストップする「タッチストップ機能」を搭載した扇風機。小さな子供が誤って触れた際も安心です。表示部とボタンは大きく見やすいので、初めての方でも簡単に操作できます。

風量は3段階で調節可能。心地よい微風からパワフルな強風まで、シチュエーションに合わせて切り替えられます。また、設定した風量と、1段階弱い風量を交互に繰り返すリズム運転にも対応しているのがポイントです。

そのほか、運転が8時間を超えると自動でオフになります。電源の切り忘れを防げるのがメリットです。

第6位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) リモコン式リビング扇 LFA-306

森林浴のような心地よさが体感できるリビングファン型の扇風機。7枚羽根を採用することで、ACモーターながら繊細で滑らかな風を生み出せるのが特徴です。

マイナスイオンを発生する「イオンモード」を搭載しているのもポイント。自然な風を再現する「リズム風」モードもあり、リラックスタイムを演出できます。

3段階の風量調節に対応し、弱の場合、運転音は約36dBと静かなので書斎や寝室で使う場合にも活躍。左右75°の首振りが可能なほか、上下と高さの位置調節も行えます。便利なリモコンが付属するのも魅力です。

羽なし扇風機のおすすめランキング

第1位 ダイソン(dyson) Pure Hot + Cool HP04IBN

1台3役の多機能羽なし扇風機です。清浄された涼しい風を送り出す「涼風モード」、素早く均一に部屋をあたためる「温風モード」、送風せずに空気清浄する「ディフューズドモード」に対応。面倒な季節ごとの入れ替えが不要で、1年中快適に使えます。

密閉性の高い360°グラスHEPAフィルターと、活性炭フィルターを組み合わせることで、優れた空気清浄力を実現しているのもポイント。清潔で快適な環境づくりをサポートします。

専用の「Dyson Linkアプリ」を使えば、空気の状態や温度、メンテナンス時期などをスマホで気軽にチェックできるのも魅力的。SiriやAlexaなどのAIアシスタントと連携すれば、音声のみでさまざまな操作が可能です。

第2位 ダイソン(dyson) Pure Cool Me BP01WS

コンパクトで扱いやすいダイソンの人気モデルです。空気力学を応用した独自の「Dyson Core Flow テクノロジー」を搭載。清浄された涼しい風を必要な場所にピンポイントで届けられます。

本体サイズは横幅245×高さ401×奥行き245mmで、重量は約2.8kgを実現。寝室・子供部屋・キッチンなど、さまざまな場所に持ち運んで気軽に使えます。グラスHEPAフィルターと活性炭フィルターを搭載しており、部屋の空気をきれいな状態に保てるのも特徴です。

そのほか、運転状況をひと目でチェックできるLCDディスプレイ、睡眠中も快適に使えるスリープタイマー、広範囲に風を送り出す首振り機能など、実用性に優れた機能を多数搭載。便利なマグネット付きのリモコンが付属しているのも嬉しいポイントです。

第3位 ダイソン(dyson) Pure Cool DP04WSN

先進機能とおしゃれなデザインが魅力の扇風機です。毎秒290L空気を送り出す「Air Multiplier テクノロジー」により、涼しい風を遠くまで届けられるのが特徴。専用の「Dyson Link アプリ」を使えば、スマホをリモコン代わりにして離れた場所から操作も可能です。

DCモーター搭載で、風量は10段階の切り替えに対応。電気代が安く抑えられる省エネ設計なので、ランニングコストが気になる方におすすめです。

花粉などを捕集する効果が期待できる高性能HEPAフィルターと、有害なガスを除去すると謳われる活性炭フィルターを搭載しており、1台で扇風機・空気清浄機の2通りの使い方が可能。動作音が静かなナイトモードに切り替えれば、就寝中でも快適に使えます。

第4位 コンフォー(Comfor) 空気清浄機能付ツインエアーファン COOL-Q-001

空気清浄機能が付いたスタイリッシュな羽なし扇風機です。除菌プレフィルター・脱臭フィルター・高性能フィルターの3層フィルター構造を採用しています。

まろやかな風を届けるツイン送風により、長時間当たっていても疲れが少ない快適な風を起こせるのも魅力。扇風機の風が苦手な方にもおすすめです。

風量は超微風を含めた9段階で調節でき、首振り設定は左右90°に対応。30分ごとに自動で風量を弱めていく「おやすみ運転」を使えば、就寝時も快適に使えます。ほかの扇風機とはひと味違ったスタイリッシュなデザインも魅力のひとつです。

第5位 ダイソン(dyson) 空気清浄ファン Purifier Cool TP07WS

空気清浄機としても使える高性能な羽なし扇風機です。気流を増幅させる「Air Multiplierテクノロジー」によってパワフルな風を生み出せるのが特徴。左右350°の首振りにも対応するため、広範囲に風を届けられます。

HEPAフィルターを使った空気清浄機能でハウスダスト・花粉・ウイルスなどを低減する効果が期待できるのもポイント。加えて、活性炭フィルターによりニオイなども軽減できます。

「ナイトモード」を有効にすれば静音運転に切り替わり、ディスプレイを減光できるので、寝室での使用にも便利。リモコンが付属するほか、スマホで空気の状態を確認したり、スマートスピーカーで音声操作したりできるのもメリットです。

タワーファンのおすすめランキング

第1位 コイズミ(KOIZUMI) ホット&クール KHF-1206

1台2役の多機能タワーファンです。送風・温風の2つの運転モードに対応しており、夏は涼しい風を届ける扇風機、冬はあたたかい風を届ける温風機として使用可能。1年中使えて収納場所が省スペースなのも嬉しいポイントです。

人の動きを感知して自動で運転をオン・オフする、人感センサー搭載モデルなのも魅力。省エネ運転が可能なので、ランニングコストが気になる方におすすめです。

ほかにも、スイッチひとつで最大風量になる「TURBO機能」、離れた場所からでも操作できる専用リモコン、設定時間になると自動で電源が切れるオフタイマーなど、使い勝手のよい便利な機能を多数搭載。色の変化で運転状態が分かる見やすいディスプレイも特徴のひとつです。

第2位 スタドラーフォーム(Stadler Form) Peter 2325

機能性とデザイン性のバランスに優れたタワーファンです。落ち着きのあるシンプルな見た目で、さまざまな部屋に違和感なく設置可能。本体サイズは横幅240×高さ1100×奥行き240mmとスリムなので、限られたスペースでも邪魔にならず快適に使えます。

運転モードは、3段階の風量設定に加え、広範囲にわたり風を届けるスイングモード、自然に近い風を届けるナチュラルブリーズモードに対応。汚れが溜まりやすいエアフィルターはお手入れ可能なので、衛生面が気になる方にもおすすめです。

タイマー機能は、1~7時間まで運転時間の設定が可能で、切り忘れの心配がなく安心。スマートに収納できるリモコンホルダーが付いているのも嬉しいポイントです。

第3位 日立(HITACHI) スリムファン HSF-DS500A

使いやすさを追求した多機能タワーファンです。軽く触れるだけで操作できるタッチキーをはじめ、室温を感知して運転モードを自動で切り替える温度センサーや、視認性に優れたバックライト付きの液晶表示を搭載。

チャイルドロック付きなので、小さな子供やペットがいる家庭にもおすすめです。風量は微風から強風まで6段階の調節が可能で、首振り設定は左右55°に対応。生活シーンや好みに合わせて、リズム運転・おやすみ運転が選べるのも特徴です。

本製品は消費電力を抑えられるDCタイプなので、電気代が気になる方でも安心して使えます。

第4位 ツインバード工業(TWINBIRD) タワーファン EF-D913

着脱可能なファン構造を採用したツインバードの人気モデルです。ファンは取り外して薄めた中性洗剤や水で丸洗いが可能。メンテナンスしやすいので、衛生面が気になる方でも安心して使えます。

風量は弱・中・強の3段階調節が可能で、首振り設定は左右70°に対応。電源コードやリモコンは専用スペースに収納が可能なので、見た目をスッキリさせたい方にもおすすめです。

運転モードは、風量を徐々に弱めるおやすみモード、周囲の温度に合わせて風量が変わる自動運転モード、風量を変化させて運転するリズムモードに対応。2時間・4時間・6時間のオフタイマーが付いているので、電源を消し忘れる心配がありません。

第5位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) タワーファン TWF-C73M

コストパフォーマンスに優れたタワーファン。本体サイズは横幅245×奥行き245×高さ765mmとスリムなので、脱衣所やキッチンのような狭いスペースでも快適に使えます。

運転モードはリズム風・おやすみ・連続の3種類から選択でき、風量は弱・中・強の3段階切り替えに対応。付属の専用リモコンを使えば、離れた場所からでもボタンひとつで手軽に操作ができます。

気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、高級感のある木目調デザインに仕上がっているのも魅力。おしゃれで価格が安い扇風機を探している方におすすめです。

第6位 デロンギ(DeLonghi) 空気清浄機能付きファン Clean&Cool CFX85WC

独自の「3Dコンフォート・エア テクノロジー」を搭載した羽なし扇風機です。ムラなくからだ全体を包み込むキレイな風を実現。部分的な冷やしすぎを抑えられるため、長時間付けたままでも快適に使えます。

本体サイズは横幅270×高さ850×奥行き270mmで、風量は10段階で調節が可能。本体上部に空気清浄フィルターを搭載しているのも大きな特徴です。

機能面では、電源の切り忘れを防ぐタイマー機能、消費電力を抑えられるエコモード、離れた場所から操作できる専用リモコンに対応。選べる2色のカラーバリエーションも魅力です。

第7位 シャープ(SHARP) スリムイオンファンHOT&COOL PF-JTH1

さまざまな機能を搭載するタワーファン型扇風機です。快適な風を届ける扇風機としてはもちろん、室内や足元を素早くあたためる暖房機としても使用可能。夏場だけではなく、冬場も含めてオールシーズンで活躍するのが魅力です。

内蔵センサーで温度と湿度の変化を感知するのも特徴。夏場は多湿・高温、冬場は乾燥・低温になると光と音で通知されるので、快適な室内環境を保つのに重宝します。

また、消臭・除菌効果が期待できる「プラズマクラスターイオン」を放出するのもポイント。さらに、上下左右の首振りにも対応するので、部屋の広い範囲に風を送りたい場合にも活躍します。DCモーターを搭載しており、運転音が最小約24dBと静かなのも魅力です。

扇風機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

扇風機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。