夏場には欠かせない「扇風機」。肌に直接風を当てて涼んだり、エアコンの冷風を循環させることで部屋全体の温度を下げたりと、さまざまな使い方ができます。

そこで今回は、おすすめの扇風機をランキング形式でピックアップ。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

扇風機の種類

リビングファン

By: amazon.co.jp

扇風機といえば誰もが思い浮かべる一般的な形が「リビングファン」です。モデルによって羽の枚数が異なるため要チェック。羽の枚数が多いモデルほど、やわらかく滑らかな風を送れます。上下左右の可動域が広いので、リビングやダイニングなど、広い部屋を使用する場合に最適です。

各メーカーから多くのモデルが販売されており、価格帯が幅広いのもポイント。価格が高めのハイグレードモデルは、より自然な風を発生させる機能や立体的な首振りなど機能性に優れています。リビングファンは高さを調節できるタイプが一般的ですが、最大の高さはモデルによって異なるためしっかりと確認しておきましょう。

羽なし扇風機

By: amazon.co.jp

羽がなく、風を面で送って空気を循環させるタイプが「羽なし扇風機」です。回転する羽がないため、小さい子供が指を怪我する心配がなく安心。縦長のフォルムにより、狭いスペースに設置できるのもメリットです。スタイリッシュなモデルが販売されており、インテリアとの調和を重視したい場合にも適しています。

モデルによっては空気清浄機能を搭載しているなど、1年を通じて活躍。冬の暖房時のサーキュレーターとしても役立ちます。リビングファンと異なり、メンテナンスしやすいのもポイント。分解して掃除するような手間がないので、細かい部分の掃除が苦手な方にもおすすめです。

羽なし扇風機についてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

タワーファン

By: rakuten.co.jp

スリムな円筒状のフォルムが特徴の扇風機が「タワーファン」です。スリムなボディ形状を活かして寝室や脱衣場、キッチンなどスペースの限られた場所に設置しやすいのがポイント。すっきりとしたデザインでインテリアの雰囲気に合わせたい場合にも適しています。使用しない季節には、ちょっとしたスペースに保管しやすく便利です。

一方、リビングなど広い部屋で使用したい場は、送風口が狭く横方向へ風を送りにくいのがデメリット。首振り機能を搭載したモデルであれば、広範囲に風を送れるのでぜひチェックしてみてください。

扇風機の選び方

モーターの種類で選ぶ

DCモーター

By: hitachi.co.jp

搭載された制御盤によって直流電流を流す、直流モーターを使用したタイプです。きめ細かい風量調節が可能で、そよ風のような微風を送れるのが特徴。32段階で風量を調節できるモデルもあり、強い風が苦手な方におすすめです。静音性にも優れており、超微風ならほとんど音が気にならず寝室や子供部屋での使用にも適しています。

一般的なACモーターの扇風機より消費電力を抑えられるため、電気代を節約できるのもポイント。価格が高めなモデルが多いながらも、使用時間によっては電気代を含めたトータルコストで考えるとお得になる場合もあるので、ぜひチェックしてみてください。

DCモーターの扇風機についてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ACモーター

By: amazon.co.jp

古くから多くの扇風機に採用されているのが、交流式のACモーターを使用したタイプです。各メーカーからリーズナブルなモデルが販売されており、なるべく低価格で購入したい場合におすすめ。和室や書斎など、リビング以外の部屋用として用意したい場合にも適しています。操作性もシンプルで、機器の扱いが苦手な方でも簡単です。

風量調節はモデルによってさまざまですが、DCモーターのような超微風を求めている場合には不向き。消費電力も大きいため、使用時間が多い場合には電気代がかさんでしまうので留意しておきましょう。

静音性をチェック

By: amazon.co.jp

ファンや羽の回転音などが気になる場合には、静音性をチェックしておきましょう。運転音はdB(デシベル)で表示されています。静音性にこだわりたい場合には、DCモーターを採用した扇風機がおすすめ。そよ風のような超微風で、木の葉が触れ合う音より小さい運転音のモデルもラインナップされています。

また、羽を搭載したリビングファンを購入する際は羽の枚数をチェック。ACモーター式で枚数が多いモデルは運転音が大きい場合もあるため、静音性が気になる方は確認しておきましょう。

首振り機能の性能をチェック

By: dyson.co.jp

広範囲に風を送りたい場合には、首振り機能を要チェック。左右の首振り機能は多くのモデルに搭載されており、可動域はそれぞれ異なります。なかには、左右に上下を加えた立体的な首振りを可能にしているタイプもあるのでチェックしてみてください。

また、リモコンで首振りを調節できるタイプなら、離れた場所からも操作できるため便利。上方向に90°以上調節できるモデルもあり、部屋の空気を循環させるサーキュレーターとしても活躍します。

扇風機のおすすめメーカー

ダイソン(Dyson)

By: amazon.co.jp

ダイソンは、イギリスの電気機器メーカー。サイクロン式掃除機を初めて開発した企業として知られています。ダイソンの扇風機は、羽根のない画期的なスタイルが特徴です。通常の扇風機のように、誤って指を羽根に挟んでしまい大事故につながるリスクを軽減できます。

また、扇風機機能以外にも、温風機能や空気清浄機能、部屋中の空気を循環させるサーキュレーター機能などを備えたモデルもあります。

シャープ(SHARP)

By: rakuten.co.jp

シャープは、テレビ・洗濯機・掃除機など、さまざまな種類の家電を取り扱っている国内大手電機メーカー。シャープの扇風機は、空間の除菌・消臭効果が期待できる「プラズマクラスター機能」を搭載しているモデルが多いのが特徴です。扇風機で涼むだけではなく、部屋中を清潔に保ちたい方はチェックしてみてください。

バルミューダ(BALMUDA)

By: amazon.co.jp

日本の家電機器メーカー「バルミューダ」。大手家電メーカーにはない、斬新なアイデアを取り入れた製品を数多く展開しているのが特徴です。性能に優れているのはもちろん、デザインがおしゃれなアイテムも多く、女性を中心に高い評価を受けています。

バルミューダの扇風機は、「The GreenFan」が人気。DCモーターを搭載しており、高級扇風機の火付け役となったシリーズです。おしゃれで高性能な扇風機を探している方はチェックしてみてください。

メーカーのおすすめモデル

Dyson Pure Humidify+Cool 加湿空気清浄機

キレイな空気で室内を涼しくできる、羽根なしタイプの扇風機。空気清浄機と加湿器の機能を併せもったモデルで、シーズンを通して快適な環境を保てるのが特徴です。

空気清浄に関しては、毎秒320Lの空気を送り出す「Air Multiplierテクノロジー」により、スムーズかつパワフルな循環が可能。また、密閉性の高い360˚グラスHEPAフィルターを搭載しているため、花粉やPM2.5だけでなく、PM0.1レベルの微細な粒子もカバーします。活性炭フィルターを通すことによって、お部屋の気になるニオイなどのケアも可能です。

加湿に関しては、タンク内の水を強力なUV-Cライト(紫外線)で直接照射することで高い除菌効果が期待できます。さらに、約5Lの給水タンクを備えており、最長36時間加湿できるのも魅力です。

扇風機の羽がなく、お手入れが簡単なのもポイント。空気清浄機能についてはフィルターを交換するだけ、加湿機能についてはボタンを押すだけで洗浄できます。長く快適に使い続けられるおすすめの製品です。

扇風機のおすすめランキング|DCモーターモデル

第1位 バルミューダ(BALMUDA) The GreenFan EGF-1600

自然に近い風で涼める扇風機です。独自開発した二重構造の羽根により、冷えすぎない快適な風を起こせるのが魅力。従来の約4倍に大きく広がる風が15m先まで届き、優しい風でゆったりと涼めます。

風量は4段階に調節でき、最小風量に設定すると運転音をわずか13dBに抑えられるのもポイント。自動首振り機能や上下の角度調節機能も搭載しており、送風範囲を容易に調節できます。

電源方式はAC電源式を採用していますが、オプションのバッテリーを使うと充電式としても使用可能。柔らかな風で涼みたい方におすすめの扇風機です。

▼【開封・組み立て】バルミューダの扇風機「The GreenFan」は自然で心地よい風を再現する

第2位 パナソニック(Panasonic) リビング扇風機 リント F-CWP3000

DCモーターを採用したリビングファンタイプの扇風機です。背面モーター部のコンパクト化により、どの角度から見ても美しいバックスタイルが魅力。ネジやビスが一切見えないほか、ポール部には世界三大銘木のひとつであるウォールナットを採用しているのもポイントです。

さらに、羽にはタイマイの甲羅を加工したべっ甲を採用。古来から「海の宝石」として知られる伝統工芸品であり、徹底的に高級感とデザインにこだわりたい方におすすめのモデルです。7枚の羽は流線型デザインの採用により、滑らかで柔らかい風を実現。自然風のような「1/fゆらぎ」は、長時間当たり続けても疲れにくい心地よさを感じます。

操作部は静電式タッチボタンを採用しており、凸凹のないフラットなデザインが特徴。シンプルな操作感で、機器の扱いが苦手な方でも簡単です。

第3位 日立(HITACHI) リビング扇 らくらく扇 HEF-DH2000A

風量を8段階で細かく調節できるリビングファンタイプの扇風機です。DCモーター式ならではの低速回転により、うちわ風のような心地よい超微風を送れるのが特徴。8枚羽のやさしい風と相まって、一般的な扇風機の強い風が苦手な方におすすめのモデルです。上方向に約90°まで角度を調節できるため、冬の暖房使用時など、天井にたまったあたたかい空気を攪拌(かくはん)できます。

スタンドとベースが一体となった構造で、組み立ての手間がないのもポイント。羽やガードも取り付けているので、箱から出せばすぐに使用可能です。リモコンで首振り角度を左右最大約90°の範囲で操作できる「こっち向いてボタン」も便利。広い部屋で扇風機から離れている場合に重宝します。

室温に合わせて風量を調節する温度センサーを搭載しているのもポイント。「つよめ」「よわめ」の2つのモードにより、室温を感知して風量を自動で切り替えます。

第4位 シャープ(SHARP) 扇風機 PJ-J3DS

蝶の羽を参考に開発した「ネイチャーウイング」を採用したリビングファンタイプの扇風機。「くびれ」と「うねり」を応用した7枚羽により、ムラが少ない滑らかな風を実現しています。DCモーター式ならではの静音性も特徴。風量最小運転時16dBと、木の葉の触れ合う音より小さい微風で扇風機の風が苦手な方でも心地よく過ごせます。

32段階で風量を細かく調節できるため、無駄な消費電力を抑えられるのもポイント。なるべく電気代を節約したい方にもおすすめのモデルです。上向き角度を約50°まで調節できるので、空気を循環させたいときに便利。高さ110cmのハイポジション設定が可能で、直接風が身体に当たらないように調節できます。

時間と連動して少しずつ風量を下げる「おやすみモード」により、寝室での使用にもおすすめ。独自のイオン技術「プラズマクラスター7000」を搭載しており、消臭や空気中の浮遊カビ菌を除去する効果も期待できます。

第5位 三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC) リビング扇 SEASONS R30J-DW

リビングファンとサーキュレーターがひとつになった扇風機です。風向きを自由自在に変えられる「3D立体首振り」を搭載。上下左右の動きを組み合わせた立体的な風により、部屋の空気を循環させたいときや洗濯物を部屋干しにおすすめのモデルです。

ファンガードのラウンドパターンを羽の回転とは逆方向に湾曲させた「ロング気流ファンガード」で、到達距離の長い気流を実現。最大10m先まで風が届くため、リビングやダイニングなど広い部屋での使用に適しています。リモコンで首振り角度も調節でき、扇風機から離れている場合に便利です。

DCモーター式ならではの静音性も魅力のひとつ。強運転時でささやき声と同レベルの約30dB、サイレント風運転時で木の葉が触れ合う音より小さい約12dBと、使用場所を選ばない静音性を実現しています。

扇風機のおすすめランキング|ACモーターモデル

第1位 東芝(TOSHIBA) ACリビング扇風機 F-ALX50

高さを670~860mmで調節できる、ローポジションタイプのリビングファンです。ACモーター式で風量切り替え連続3段階、ランダム1段階と基本性能を抑えた仕様。首振りを手動で左右各15°の範囲で調節できるシンプルなタイプで、和室などメインのリビング以外の部屋用としておすすめの扇風機です。

羽が風を切るときに発生する風圧差を少なくすべく、低回転でも効率よく風を送れる独自形状の7枚羽を採用。より自然に近い風を発生し、やさしい風当たりを実現しています。風量などの運転状況をひと目で確認しやすい、LCD表示付きのリモコンが付属。電源のオンオフや風量調節、タイマーの設定が可能です。

第2位 パナソニック(Panasonic) 扇風機 F-CS324

高さ715~960mmで可変する、スタンダードなタイプのリビングファン。シンプルなデザインにベージュカラーを採用したモデルで、部屋やインテリアに馴染みやすい扇風機です。空気抵抗を軽減する流線型デザインを採用した「なめらか気流7枚羽根」を搭載。風速の変動幅が小さく、バランスに優れた滑らかな風を発生します。

自然の風のような不規則さを再現した「1/fゆらぎ」による、爽やかな風当たりも魅力。また、シンプルな操作パネルで簡単に風量調節や切タイマーを設定できるほか、子供がいる家庭でも安心なチャイルドロックも搭載しています。使いやすいシンプルなリモコンも付属しており、離れた位置から操作したいときに便利です。

第3位 日立(HITACHI) 扇風機 HEF-130M

ACモーター式で、風量を4段階で調節できるリビングファンタイプの扇風機です。微風のうちわ風から強風まで、シーンや好みに合わせて風量を選択できます。スタンドに表示部を設けているデザインも特徴。離れた場所からも設定を確認しやすく、リモコンの操作時に便利です。

おやすみ時やシーンで選べる「減灯&消音」機能が便利。表示ランプが暗くなり操作音を消せるため、寝室など明かりが気になる場所での使用におすすめのモデルです。8枚羽の搭載で風の切れ目の少ないやさしい風を実現しており、風を送り出す間隔が短い心地よい風を送ります。

風量ごとにリズミカルに変化する「リズム運転」は、お好みで入・切タイマー設定も可能。首振りは左右90・70・45°の3段階で切り替えでき、リモコンで操作できるのも魅力です。

第4位 山善(YAMAZEN) 扇風機 YLR-BGT302

高さ66~85cmで伸縮するリビングファンタイプの扇風機。ACモーター式で風量調節3段階のスタンダードなモデルです。見やすくて使いやすい「デカパネル」を搭載。本体とワイヤレスリモコンともに、入切・風量・タイプ・リズム風のシンプルな操作部を採用しており、機器の操作が苦手な方におすすめのモデルです。

運転中ガードに触れると音が鳴って運転を停止する「タッチストップ機能」を搭載しているのもポイント。小さな子供が誤って手を触れしまっても安心です。停止後もしばらくすると再スタートします。

第5位 テクノス(TEKNOS) 扇風機 KI-1737

シンプルで使いやすいスタンダードなタイプのリビングファン。羽1枚当たりの面積が広い5枚羽を搭載しており、力強い風を送ります。操作部は押しボタン式で誰でも簡単に使える仕様。リーズナブルな価格も魅力で、和室や寝室用などメイン扇風機とは別に用意したい場合におすすめのモデルです。

左右約80°の首振り機能に加えて、上下約15~23°でも調節可能。風量調節3段階と組み合わせて調節すれば、さまざまなシーンで適切な風を送れます。最大2時間のオフタイマーを搭載しており、設定時間に合わせて自動で電源をオフ。就寝時に便利なほか、消し忘れも防げます。

羽なし扇風機のおすすめランキング

第1位 ダイソン(Dyson) Dyson Pure Hot + Cool™ 空気清浄ファンヒーター HP04WSN HP 04 WS

空気清浄機能を搭載した羽なし扇風機。密閉性の高いグラスHEPAフィルターを搭載しており、ナノレベルの微細な粒子を除去する効果が期待できます。夏は空気清浄した涼しい風を送り、冬はあたたかい風で部屋をあたためられる便利なモデル。風を送り出さずに、空気清浄機としても使用可能です。

空気中に浮遊する粒子状物質や有害なガスを自動で検知・分析。本体のモニターでリアルタイムに確認できます。さらに、室内と室外の空気の状態をモニターし、スマホにダウンロードした「DysonLinkアプリ」に通知する機能も便利です。

首振り角度は、45・90・180・350°の4段階で調節できるため、部屋全体に風を送れます。ナイトモードを選択すれば静音運転に切り替わり、LCDディスプレイを減光。空気の状態をモニターしながら運転を継続します。

第2位 ダイソン(Dyson) パーソナル空気清浄扇風機 dyson Pure Cool Me BP01WS

コンパクトなパーソナル空気清浄ファンとして活躍する、羽なし扇風機です。ドームをスライドさせて風向きをコントロールするタイプで、首振りは70°の範囲で調節可能。スリープタイマーを30分から8時間の範囲で設定できるなど、寝室のサイドテーブル等に設置して使用するのにおすすめのモデルです。

PM0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去できると謳う、グラスHEPAフィルターを搭載。活性炭の効果により、有害なガスやニオイを軽減させる効果も期待できます。また、フィルターの寿命がLCDディスプレイに表示されるのもポイント。フィルター交換も簡単なため、常に清潔状態を保てます。

第3位 パナソニック(Panasonic) 創風機Q F-BR25TS

球体の独特なデザインが印象的な、羽なし扇風機です。サッカー日本代表をイメージした「サムライブルー」を採用しており、エンブレムを送風口付近に配置。誘引気流の特性を最大限に発揮すべく設計されたボール形状により、パワフルな風を発生します。

直径わずか25cmのコンパクトなボディながら、部屋全体の空気を大きく動かすサーキュレーターとしてもおすすめ。空気の循環に適した気流をつくり、下にたまった冷房時の冷たい空気や暖房時の天井付近にたまったあたたかい空気を攪拌して、居心地のよい室温に整えます。

「1/fゆらぎ」の自然な風で、心地よさが感じられるのも魅力。また、羽がないため、お手入れしやすいのもポイントです。

第4位 ダイソン(Dyson) 空気清浄機能付ファン 扇風機 TP00

空気清浄機能を搭載した羽なし扇風機です。HEPAマイクログラスファイバーを採用した高密度フィルターを搭載。空気中の花粉やウイルス、バクテリアなどナノレベルの微細な粒子を除去する効果が期待できるモデルです。

独自テクノロジーで空気を増幅させてパワフルな風を発生。羽根を使用せずともスムーズな風を遠くまで届けます。夏場の扇風機としてはもちろん、年間を通じてサーキュレーターとしても活躍。とくに、暖房時に天井付近にたまったあたたかい空気を攪拌させたいときに重宝します。

タワーファンのおすすめランキング

第1位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) タワーファン TWF-M73

スリムボディが特徴のタワーファンタイプの扇風機です。重さ3kgの軽量モデルかつ、持ち手も付いているので持ち運びが簡単。狭いスペースにも置けるため、脱衣場やキッチンなど限られた場所で使用したい際におすすめです。

風の到達距離は最大約8m。遠くまで風を送れるので、リビングやダイニングなど広い部屋でも使用可能です。首振り角度65°により、部屋全体に風を送れます。送風口の格子幅を狭くした設計で、小さい子供がいる家庭でも安心。図書館より静かな37dBの運転音により、就寝時の使用にも最適です。

第2位 山善(YAMAZEN) ハイポジションスリムファン YSR-WD901

高さ86cmのハイポジションタイプのタワーファン。スリムボディでリビングはもちろん、キッチンや脱衣場など狭いスペースに適した扇風機です。縦長の送風口により、風の当たる面積が広く部屋の奥まで風が届きやすいのが特徴。左右方向50°の首振り機能も搭載しており、リモコンでの調節も可能です。

DCモーター式で風量を8段階で細かく調節可能。また、温度センサーによって、部屋を快適な温度に保てるのも魅力です。さらに、室温をデジタル表示するディスプレイを搭載。遠くからでも温度を目視できるおすすめのモデルです。

第3位 日立(HITACHI) タワーファン HSF-DC930

DCモーター式のタワーファンタイプの扇風機です。風量を6段階で細かく調節できるほか、風量最小時の消費電力5.5Wと、無駄な電気代を節約できます。微風のうちわ風も選択でき、扇風機の風が苦手な方にもおすすめ。内部で約55°スイングする首振り機能により、振り動作が気になりにくいのもポイントです。

操作は指で触れるだけで設定を変えられるタッチキーを採用。視認性に優れた液晶ディスプレイも搭載しており、バックライト付きで暗い場所でも動作状態を確認できます。メンテナンスしやすい吸気フィルターやチャイルドロックを搭載しているほか、リモコンホルダーも備えているなど、使い勝手にも優れたモデルです。

第4位 コイズミ(KOIZUMI) タワーファン KTF-0501

DCモーターが搭載されているため、風量を10段階で調節できるタワーファン。静音性に優れているのも特徴です。本製品には最大風量を一気に放出する「TURBO機能」が付いており、強い風が欲しいときにも重宝します。

首振り機能は、約45°・90°・180°の3段階で変更可能です。風を送る範囲を調節できるのがメリット。本体にはキャスターが付いているので、持ち上げずラクに移動できます。そのほか、1・2・3・5・8時間でオフタイマーが設定できるため、つけっぱなしを防げて便利です。

第5位 クレスター(Chrester) スリムタワーファン COOL-D-001

スタイリッシュなデザインで部屋を彩るタワーファン。インテリアにこだわりがある方にもおすすめです。本製品は空気清浄フィルターを搭載しており、花粉などの粒子を約76%除去する効果が期待できます。また、フィルターは水洗いできるので、手入れが簡単です。

風量は9段階に切り替えられます。さらに、90°で首振りするため、広い範囲に風を届けられるのもポイント。本体には羽が付いていないので、小さな子供がいる家庭でも安心して使用できます。デザイン性と機能性を兼ね備えた扇風機を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

扇風機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

扇風機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。