夏場には欠かせない「扇風機」。肌に直接風を当てて涼んだり、エアコンの冷風を循環させることで部屋全体の温度を下げたりと、さまざまな使い方ができます。

そこで今回は、おすすめの扇風機をランキング形式でピックアップ。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

扇風機の種類

リビングファン

By: amazon.co.jp

一般的な形を採用した扇風機が「リビングファン」です。モデルによって羽の枚数が異なるため要チェック。羽の枚数が多いモデルほど、やわらかく滑らかな風を送れます。上下左右の可動域が広いので、リビングやダイニングなど、広い部屋で使用する場合におすすめです。

各メーカーから多くのモデルが販売されており、価格帯が幅広いのもポイント。価格が高めのハイグレードモデルは、より自然な風を発生させる機能や立体的な首振りなど機能性に優れています。リビングファンは高さを調節できるタイプが一般的ですが、最大の高さはモデルによって異なるためしっかりと確認しておきましょう。

羽なし扇風機

By: amazon.co.jp

羽がなく、風を面で送って空気を循環させるタイプが「羽なし扇風機」です。回転する羽がないため、羽で指をケガする心配がなく、小さい子供がいる家庭におすすめ。縦長のフォルムにより、狭いスペースに設置できるのもメリットです。スタイリッシュなモデルが販売されており、インテリアとの調和を重視したい場合にも適しています。

モデルによっては空気清浄機能を搭載しており、1年を通じて活躍。冬に暖房を使うときのサーキュレーターとしても役立ちます。リビングファンと異なり、メンテナンスしやすいのもポイント。分解して掃除する手間がないので、細かい部分の掃除が苦手な方にもおすすめです。

羽なし扇風機についてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

タワーファン

By: amazon.co.jp

スリムな円筒状のフォルムが特徴の扇風機が「タワーファン」です。スリムなボディの形状を活かして寝室や脱衣場、キッチンなどスペースの限られた場所に設置しやすいのがポイント。すっきりとしたデザインでインテリアの雰囲気に合わせたい場合にも適しています。使用しない季節には、省スペースで保管しやすく便利です。

一方、送風口が狭く横方向へ風を送りにくいのがデメリット。首振り機能を搭載したモデルであれば、広範囲に風を送れるのでぜひチェックしてみてください。

扇風機の選び方

モーターの種類で選ぶ

DCモーター

By: amazon.co.jp

DCモーターとは、搭載された制御盤によって直流電流を流す「直流モーター」を使用したタイプです。きめ細かい風量調節が可能で、そよ風のような微風を送れるのが特徴。静音性にも優れており、超微風ならほとんど音が気にならないので、寝室やリビングでの使用におすすめです。

一般的なACモーターの扇風機より消費電力を抑えられるため、電気代を節約できるのもポイント。価格は高めなモデルが多いものの、電気代を含めたトータルコストで考えるとお得になる場合もあります。

DCモーターの扇風機についてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ACモーター

By: amazon.co.jp

古くから多くの扇風機に採用されているのが、交流式のACモーターを使用したタイプです。各メーカーからリーズナブルなモデルが販売されており、なるべく低価格で購入したい場合におすすめ。和室や書斎など、リビング以外の部屋用として用意したい場合にも適しています。操作性もシンプルで、機器の扱いが苦手な方にもおすすめです。

風量調節はモデルによってさまざまですが、DCモーターのような超微風を求めている場合には不向き。消費電力も大きいため、使用時間が多い場合には電気代がかさんでしまうことを留意しておきましょう。

静音性をチェック

By: amazon.co.jp

ファンや羽の回転音などが気になる場合には、静音性をチェックしておきましょう。運転音はdB(デシベル)で表示されています。静音性にこだわりたい場合には、DCモーターを採用した扇風機がおすすめ。そよ風のような超微風で、木の葉が触れ合う音より小さい運転音のモデルもラインナップされています。

また、羽を搭載したリビングファンを購入する際は羽の枚数をチェック。ACモーター式で枚数が多いモデルは運転音が大きい場合もあるため、静音性が気になる方は確認しておきましょう。

首振り機能の性能をチェック

By: amazon.co.jp

広範囲に風を送りたい場合には、首振り機能を要チェック。左右の首振り機能は多くのモデルに搭載されており、可動域はそれぞれ異なります。なかには、左右に上下を加えた立体的な首振りができるタイプもあるのでチェックしてみてください。

リモコンで首振りを調節できるタイプなら、離れた場所からも操作可能。上方向に90°以上調節できるモデルもあり、部屋の空気を循環させるサーキュレーターとしても使えます。

扇風機のおすすめメーカー

ダイソン(dyson)

By: amazon.co.jp

ダイソンは、イギリスの電気機器メーカー。サイクロン式掃除機を初めて開発した企業として知られています。ダイソンの扇風機は、羽根のない画期的なスタイルが特徴です。リビングファンタイプの扇風機のように、誤って指を挟んでしまうリスクを軽減できます。

扇風機機能以外にも、温風機能や空気清浄機能などを備えたモデルもあるのでチェックしてみてください。

バルミューダ(BALMUDA)

日本の家電機器メーカー「バルミューダ」。大手家電メーカーにはない、斬新なアイデアを取り入れた製品を数多く展開しているのが特徴です。性能に優れているのはもちろん、デザインがおしゃれなアイテムも多く、高い評価を受けています。

バルミューダの扇風機は、「The GreenFan」が人気です。DCモーターを搭載しており、高級扇風機の火付け役となったシリーズ。おしゃれで高性能な扇風機を探している方にもおすすめです。

シャープ(SHARP)

By: jp.sharp

シャープは、テレビや洗濯機、掃除機などさまざまな種類の家電を取り扱っている国内大手電機メーカー。シャープの扇風機は、空間の除菌・消臭効果が期待できると謳われる「プラズマクラスター機能」を搭載しているモデルが多いのが特徴です。扇風機で涼むだけではなく、部屋を清潔に保ちたい方はチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

機能性の高さと価格の安さが魅力の「アイリスオーヤマ」。消費者の声をもとに、使いやすさと便利さにこだわった生活用品や家電を数多く展開しています。コストパフォーマンスの高い製品が多いのも特徴です。

DCモータータイプのリビングファンや、タワーファンなど、さまざまなモデルをラインナップ。気になる方はぜひチェックしてみてください。

扇風機のおすすめランキング|DCモーターモデル

第1位 バルミューダ(BALMUDA) The GreenFan EGF-1600

自然に近い風で涼める扇風機です。独自開発した二重構造の羽根により、冷えすぎない快適な風を起こせるのが魅力。大きく広がる風が15m先まで届き、優しい風でゆったりと涼めます。

風量は4段階に調節でき、最小風量に設定すると運転音をわずか13dBに抑えられるのもポイント。13dBは木の葉が触れ合う音よりも小さな音量です。自動首振り機能や上下の角度調節機能も搭載しており、送風範囲を容易に調節できます。

電源方式はAC電源式を採用していますが、オプションのバッテリーを使うと充電式としても使用可能。やわらかな風で涼みたい方におすすめの扇風機です。

▼【開封・組み立て】バルミューダの扇風機「The GreenFan」は自然で心地よい風を再現する

第2位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) サーキュレーター扇風機 STF-DC18T

DCモーターを搭載した30畳対応が目安のパワフルな扇風機です。独自に研究した「特殊形状スパイラルドームグリル」によって空気の流れをコントロールし、直進性の高いスパイラル気流を作り出せるのが特徴。DCモーターとの組み合わせにより、風量最大時で25mもの到達距離を実現しているおすすめモデルです。

表面積を広くとった立体形状の羽を採用。部屋の隅々まで風を届けるハイパワーながら風切り音が抑えられており、図書館より静かと謳われている35dB未満の静音設計も魅力です。AC扇風機と比較して電気代を約10%減らせると謳われているのもポイント。なるべく電気代を節約したい方にもぴったりです。

上下と左右の自動首振りを立体的に組み合わせた「3Dランダム送風」にも注目。暖房時に天井付近にたまった空気や、冷房時の床付近にたまっている冷気をかくはんしたいシーンで役立ちます。真上方向に風を送れるのもおすすめ。空気を強力に循環させたいときや、部屋干しの衣類をすばやく乾かしたい場面でも活躍します。

第3位 シャープ(SHARP) プラズマクラスター扇風機 PJ-N3DG

ムラの少ない風を発生させる「トリプル・ネイチャーウイング」搭載の扇風機です。海を数千km旅するアサギマダラ蝶の羽のうねりやくびれを応用しており、最大風量アップを実現。7枚羽でも21羽相当の滑らかな風を送れる構造です。

独自のイオン技術「プラズマクラスター」を組み合わせているのも特徴。空気を浄化する効果が期待できます。部屋干しの洗濯物のニオイを消臭する効果があると謳われているのもポイントです。高さ110cmと上向き約50°のハイポジション設定により、部屋の空気を循環させたいときにも役立ちます。

室温に合わせて風量を調節できる「センサー運転」にも注目。強めと弱めから選択でき、わずらわしい設定不要で室内を快適な状態に保ちます。切タイマーと連動して徐々に風量を下げる「おやすみモード」や、一気に涼みたいときに役立つパワフルモードなど便利な機能が充実しているのも魅力です。

第4位 山善(YAMAZEN) DCハイリビング扇 YHR-CKD351

パワフルな風を送れるDCモーター搭載の扇風機です。ACモーターより羽の回転を幅広く設定できるのがポイント。細かい風量調節が可能で、電気代の節約にもおすすめモデルです。

風量を5段階で調節でき、そよ風のような微風から一気に涼みたいときに活躍するパワフルな強風までシーンに合わせて切り替え可能。左右方向80°の首振りと上下方向35°の各調節機能の組み合わせにより、広範囲に風を送れます。長時間風を受けた際に冷えすぎを防ぐリズム運転に対応しているのも魅力です。

入タイマーと切タイマーは同時設定も可能。就寝時や起床時、帰宅時間などライフスタイルに合わせて設定できます。運転音は最小時27dBの静音設計で、寝室や赤ちゃんが寝ている部屋に設置するのにもぴったり。風量調節を付属のリモコンで遠隔操作できるのも便利です。

第5位 シャープ(SHARP) プラズマクラスター扇風機 PJ-N2DBG

アホウドリの細長い羽形状を応用した「ハイブリッド・ネイチャーウイング」搭載の扇風機です。空気抵抗の少ない設計により、コンパクトながら直進性の高い風を生み出すのが特徴。アマツバメの羽を参考にした尖りと丸みで風量を高めているなど、パワフルな風を送れるおすすめモデルです。

自動的に上下約110°、左右約90°で首を振る「3Dターン」によって空気の循環に役立つのもポイント。サーキュレーターとしてエアコンの冷気や暖気をかくはんできます。上下首振り機能をコントロールして部屋干しの洗濯物をすばやく乾かせるのも魅力です。

コンセントのない場所で使える「コードレスモード」も便利。約6時間の充電で最大約14時間のコードレス運転が可能です。プラズマクラスターを搭載しており、ニオイを低減させる効果が期待できます。

扇風機のおすすめランキング|ACモーターモデル

第1位 シャープ(SHARP) プラズマクラスター扇風機 PJ-N3AS

ナチュラルな風にこだわって設計されたACモータータイプの扇風機です。送風にリズムを足したようなナチュラルな風を一定の周期で送るのが特徴。自然の風のような快適な風当たりで涼みたい方におすすめのモデルです。弱運転の連続運転と比較して、消費電力を抑えられる効果も発揮します。

誤作動を防げるチャイルドロックを搭載しており、小さい子供がいる家庭でも安心。文字を大きくした操作パネルにより、遠くから運転モードを確認しやすいのも便利です。運転の入りと切りのどちらかをセットできるタイマーを備えています。

独自のイオン技術「プラズマクラスター7000」を搭載しているのもポイント。左右の首振りと強運転を組み合わせれば、部屋干しした洗濯物の嫌のニオイを消臭する効果があると謳われています。

第2位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) メカ式リビング扇 PF-M302RA

5枚の羽でしっかりと風を送れる扇風機です。1枚あたりの面積が大きく、一気に風を送りたいシーンにおすすめ。風に強弱をつけるリズム風モードも搭載しており、ゆったりとした風で涼みたい場面でも活躍します。

最大3時間で設定できる切タイマーを搭載し、寝苦しい夜の就寝時に便利。風量を3段階で切り替えでき、付属のリモコンで離れた場所から操作できます。首振りや上下の角度調節も可能。部屋全体に風を届けたいときや空気をかくはんしたいときに役立ちます。

第3位 三菱電機(MITSUBISHI) リビング扇風機 R30J-RW

「ロング気流ファンガード」により、空気をパワフルに循環させたいときに活躍する扇風機です。到達距離の長い風で部屋の空気を効率的にかくはんできるのがポイント。エアコンの冷暖房効率の向上に活用したい方におすすめのモデルです。故障の原因となるチリやホコリの侵入を防げる全閉型モーターを搭載しているほか、トラッキング防止プラグを採用しています。

夏の寝苦しい夜に役立つ「おやすみタイマー」を搭載。6時間までの設定時間で徐々に風を弱めていく運転が可能です。くわえて、入り切りを併用できるタイマーを備えています。ひと目で見やすく押しやすい「でかボタン」や持ち運びが楽々な「でかハンドル」など、使い勝手のよい機能が充実しているのも魅力です。

ウィングレット形状の5枚羽を採用しており、低騒音化を実現している点にも注目。強運転時でも36dBの静音設計で、寝室や赤ちゃんが寝ている部屋に設置するのに適しています。

第4位 コイズミ(KOIZUMI) リビング扇風機 KLF-3004

やさしい風をしっかりと送れるACモータータイプの扇風機です。30cmの大きめサイズの羽を7枚搭載しており、やさしい風を発生させるのが特徴。強い風が苦手な方におすすめのモデルです。風量は3段階で好みに合わせて調節できます。

リモコンが付属しており、離れた位置から操作したいときに便利。収納に便利なリモコンホルダーを備えて紛失を防げるのもポイントです。1時間・2時間・4時間・6時間で設定できる入切タイマーを搭載。就寝時や起床時、帰宅時間などに合わせて設定できるのも魅力です。

第5位 山善(YAMAZEN) 扇風機 YLT-C30

シンプルな押しボタンを採用したACモータータイプの扇風機です。使いやすい操作性で機器の扱いが苦手な方や高齢の方が使用するのにおすすめ。風量を微風からパワフルな強風まで3段階で調節でき、心地よい風に当たりたいときや一気に涼みたい場面までシチュエーションに合わせて切り替えできます。

手動によって上下37°の範囲で首振りが可能。広範囲に風を送って空気を循環させたいときに役立ちます。最大3時間まで設定できる切タイマーを搭載。設定したい時間に目盛りを合わせるだけと操作も簡単です。

メッシュ構造のガードを採用しているのもポイント。つかみやすい取っ手が付いており、持ち運びも楽々です。

羽なし扇風機のおすすめランキング

第1位 ダイソン(dyson) タワーファン AM07

「エアマルチプライアーテクノロジー」により、ムラのないパワフルな風を生み出す羽なしタイプの扇風機です。スリット状の開口部を空気が通過して高速の気流に変化するのが特徴。気圧の変化によって周辺の空気を巻き込んで、パワフルでスムーズな風を送ります。

本体内部の乱気流を大幅に削減しており、運転音が静かになのもおすすめポイント。ゆっくりモーターが回転するように設計され、パワフルながら省エネを実現している点にも注目です。

15分から9時間の範囲で設定できるスリープタイマーを搭載しているのも便利。夏の寝苦しいときに快適な就寝をサポートします。おしゃれなインテリアとマッチしやすいスタイリッシュなデザインも魅力です。

第2位 ダイソン(dyson) ファンヒーター AM09

ファンヒーター機能を搭載した羽なし扇風機です。夏に涼みたいときはもちろん、冬の暖房器具としても活躍。1年を通じて活用したい方におすすめのモデルです。特許技術「エアマルチプライアー」により、スムーズでパワフルな風を生み出します。

自動温度制御機能を搭載し、部屋の温度をモニターしながら運転。設定した温度に達すると自動的に電源がオフになり、無駄な消費電力を抑えられます。エアコンと併用すれば空気を循環させる効果を発揮。一般的な扇風機と異なり回転する羽がなく、小さな子供がいる家庭でも安心して使えます。

首振り機能やスリープタイマー、転倒時自動停止機能など快適・安全に使用できる機能が充実しているのも魅力です。

第3位 ダイソン(dyson) Dyson Pure Cool Me BP01

空気清浄機能を搭載した羽なし扇風機です。コンパクトサイズで卓上や狭い場所に設置したい場合におすすめ。スペースの限られた一人暮らしの部屋など、別途空気清浄機を置けない場合にも適しています。ドームをスライドさせる使いやすい構造で、風を送りたい方向をコントロールしやすいのも魅力です。

密閉性に優れたHEPAフィルターを採用しているのもポイント。微粒子を99.95%除去できると謳われており、部屋の空気をきれいに保ちたい場合に役立ちます。30分から8時間の範囲で設定できるスリープタイマーを搭載し、就寝時や切り忘れ予防に便利。付属のリモコンで離れた位置からでも操作できます。

第4位 Monoyoi 羽なし扇風機

扇風機・空気清浄機・加湿器の1台3役で使える羽なし扇風機です。パワフルな風で涼めるのが特徴。高機能なHEPAフィルター採用で部屋の空気をきれいにする効果が期待できるなど、1年中部屋の空気を整えるのに役立つおすすめモデルです。

やさしい微風からパワフルな強風まで8段階で風量を調節可能。左右80°の首振りと上下40°の角度調節機能により、さまざまな方向へ風を届けられます。30dBの静音設計で就寝時に使用したい場合にもぴったり。入切タイマーを搭載しており、ライフスタイルに合わせて便利に使えます。

第5位 ULTTY 羽なし扇風機 CR021

空気清浄機能を搭載した羽なし扇風機です。花粉やホコリなど微細な粒子をキャッチするHEPAフィルターを搭載し、涼みながら部屋の空気をきれいにしたい方におすすめ。回転する羽がなく、小さな子供がいる家庭でも安心して使えます。

強風・自然風・おやすみの3つのモードを搭載し、シーンに合わせて切り替え可能。9段階の風量調節機能により、好みの風量に合わせて細かく設定できます。最小30dBの静音設計もポイント。6m離れた位置から操作できるリモコンが付属しています。8時間タイマーやメモリー機能など便利な機能が充実している点にも注目です。

タワーファンのおすすめランキング

第1位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) タワーファン メカ式 ホワイト TWF-M73

狭いスペースに設置しやすいスリムなタワーファンタイプの扇風機です。高さ41.5cmと一般的な扇風機と比べて縦に約138%長いのが特徴。上半身だけではなく、足元から全身に風を届けられるおすすめモデルです。首振り角度65°で左右にスイングし、部屋全体に風を送れます。

強モードで風の到達距離8mと、遠くまで風が届くのもポイント。パワフルながら弱運転時37dBの静音設計も魅力です。上部に操作パネルを備えており、立ったままでも楽々に操作可能。羽に触れられない作りで小さな子供がいる家庭でも安心です。

第2位 山善(YAMAZEN) 冷風扇 FCR-D405

冷風で涼めるタワーファンタイプの扇風機です。タンクに水を入れて冷たい風を送れるのが特徴。エアコンの冷房が苦手な方におすすめのモデルです。通常の扇風機としての送風運転にも対応しています。

そよ風のような微風からパワフルな強風まで風量を3段階で調節可能。ルーバーが左右方向にスイングして広範囲に風を届けます。上下方向へは手動で風向きを調節でき、空気をかくはんしたいときに便利です。自然風のように変化のある風に当たれるリズム風にも対応。長時間風を受けた際の冷えすぎを防ぎたい場合に重宝します。

第3位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 上下ルーバータワーファン mini メカ式 TWF-M6T

比較的コンパクトなサイズ感の扇風機です。高さ56cmのコンパクトなタワーファンで、床に座ったときにちょうどいい高さになるように設計。2.8kgの軽量ボディで持ち運びやすく、部屋から部屋へ移動しながら使いたい場合におすすめのモデルです。デスク下に置いて足元を涼しくする用途にも役立ちます。

小型モデルながら風の到達距離10mのパワフルさも魅力。上下可動ルーバーと角度60°の首振りとの組み合わせにより、左右にスイングしながら立体的な風を送ります。運転音35dB以下の静音設計もポイント。図書館より静かな運転音で、寝室や子供部屋などに設置するのにもぴったりです。

第4位 コイズミ(KOIZUMI) ホット&クール ハイタワーDCモーター KHF-1211

ハイパワーなDCモーターを搭載したタワーファンタイプの扇風機です。ファンヒーター機能も搭載し、1年を通して活用したい方におすすめ。高さ約104cmで、椅子やソファに座った状態で全身にくまなく風が届きます。上部が送風のみ、下部が温風・送風の上下独立した独自構造も特徴です。

16段階とDCならではの細かい風量調節が可能。ターボ機能を搭載しており、スイッチを押せば一気に最大風量で風を送れます。人感センサーを搭載しているのもポイント。効率的な運転と切り忘れに役立ち、消費電力を抑えて節電する効果を発揮します。

第5位 Pro Breeze タワーファン

スマートなデザインの扇風機です。タワーファンタイプで置き場所をとらず、狭いスペースに設置したい方におすすめ。本体重量2.97kgの軽さで、部屋から部屋へ移動しながら使いたい場合の持ち運びも楽々です。

左右首振り機能を搭載し、広い範囲に風を送れるのもポイント。遠隔操作できるリモコンが付属しており、離れた位置から座ったまま操作したいときに便利です。風量は3段階で調節可能。最大7.5時間まで設定できる切タイマーを備えています。買い求めやすいリーズナブルな価格も魅力です。

扇風機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

扇風機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。