扇風機は夏場には欠かせないアイテム。肌に直接風を当てて涼んだり、エアコンの冷風を循環させることで部屋全体の温度を下げたりとさまざまな使い方ができます。

そこで今回は、おすすめの扇風機をランキング形式でピックアップ。定番のDCモーター扇風機をはじめ、スリムで場所を取らないタワータイプ、おしゃれな高級モデルなど、人気モデルをご紹介します。

扇風機の種類

リビングファン

By: amazon.co.jp

リビングファンとは、羽根車を回転させることで風を起こす扇風機の定番タイプ。以前は耐久性の高いACモーターが一般的でしたが、最近は風力を細かく調整できるDCモーターを搭載したモデルが一般的です。

また、羽根の枚数を増やした高級モデルも登場しています。羽根が少ないタイプと比べて風にムラがなく、自然に近い風を送ることが可能です。価格帯が広く、種類も豊富なので、用途に合った扇風機を見つけやすいのも魅力です。

羽根なし扇風機

By: amazon.jp

ダイソンの「Dyson Pure Cool」シリーズが有名な羽根なし扇風機。羽根を使って風を送るのではなく、気圧を利用して大きな風の流れを作るのが特徴です。指を巻き込む恐れがないので小さな子どもがいるファミリー層に人気があります。また、掃除の手間が少ないのもポイントです。

タワーファン

By: amazon.co.jp

縦長のデザインが特徴的な「タワーファン」。羽根をドラム状に配置したシロッコファンなどを回転させて風を出すタイプが一般的です。細身の形状からスリムファンとも呼ばれます。省スペースなので置く場所を選ばないのがポイント。リビングはもちろん、寝室や脱衣所など、さまざまなところに置くことができます。

扇風機の選び方

モーターの種類で選ぶ

DCモーター

By: amazon.co.jp

DCモーターとは、直流(Direct Current)方式のモーターです。パワーの調節をしやすいのが特徴で、そよ風のようにソッと肌をなでるような微風を出せるモデルもあります。弱・中・強よりももっと細かく調整したいという方や、ACモーターモデルの弱でも風が強く感じる方におすすめです。

また、従来のACモーター扇風機と比べて消費電力が少ないのもポイント。製品によってエネルギー効率は異なりますが、なかには電気代を10分の1以下に抑えられる省エネモデルもあります。本体価格はやや高い一方、長期的な目で見ればお得になるケースがほとんど。コスパを重視する方にもおすすめです。

DCモーターの扇風機についてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ACモーター

By: amazon.co.jp

ACモーターとは、交流(Alternating Current)方式を用いたモーターです。従来から扇風機に使われてきたタイプで、弱・中・強などの大まかな調整しかできないのが特徴。強い風をガンガン浴びたいという方におすすめです。

DCモーター扇風機と比べると電気代がやや高くなってしまう一方、本体価格が安いというメリットがあります。とにかく安い扇風機が欲しい方や、一日あたりの使用時間が短い方におすすめです。

羽根の有無で選ぶ

羽根なし

By: amazon.co.jp

羽根なし扇風機は、通常の扇風機にありがちな羽根との接触リスクを抑えられるのが魅力。小さな子どもが興味本位で回転中の羽根を触ってしまったり、ペットの身体が巻き込まれてしまったりといった事故を軽減できます。

また、デザインもスタイリッシュなものが多いので、インテリアにこだわりたい方にもおすすめです。

一方、羽根なし扇風機には首振り機能を搭載していないモデルもあるので、広範囲に風を当てたい方は要注意。首振り機能に対応したモデルでも、可動域が小さい場合があります。

特に上下方向の角度調整が苦手なモデルもあるので、サーキュレーターのように部屋全体の空気を循環させたい場合は可動域もあわせてチェックしましょう。

羽なし扇風機についてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

羽根あり

By: amazon.co.jp

羽根あり扇風機は、ファンを回すことで広範囲に力強い風を送り出せるのが魅力。DCモーター搭載モデルならば静音性にも優れています。

羽根なし扇風機と比べて、上下左右の可動域が広いモデルが多いのもポイント。リビングやダイニングなどの広い空間で使う場合におすすめです。

また、羽根あり扇風機は分解してコンパクトに収納できるのも魅力。シーズン外には段ボールに入れて、物置などに入れておけば邪魔になることもほとんどありません。部屋のスペースを有効活用したい方にもおすすめです。

その他機能で選ぶ

首振り機能

By: irisohyama.co.jp

ほとんどの扇風機が左右の首振り機能を搭載しているので、主に左右の首振り角度を確認しましょう。より広範囲に風を届けることで、大人数で使用する際にも活躍します。

また、自動首振りの角度を数パターンから選択できるモデルがラインナップされているのもポイント。この機能があれば、より多くのシチュエーションに対応可能です。

さらに、上下の首振り角度もチェックもしましょう。上下の角度調整は手動のモノがほとんどです。角度調整の幅が大きいと、部屋干し中の洗濯物に送風する際にも利便性が高まります。

なお、一部モデルでは左右の首振りと上下の風向き調整を自動で行えるモデルもあり、広範囲に送風したいなら必須の機能です。

リモコン

By: rakuten.co.jp

よほど狭い空間でない限り、遠隔操作を行うためのリモコンはあった方が便利です。まず確認しておきたいことは、すべての操作が行えるフルリモコンかどうかという点。一部操作が本体でしか行えない場合、遠隔操作だけで完結させられないため、余計な手間がかかる場合もあります。

加えて、リモコンを紛失しないためのホルダーが付属していたり、本体自体にリモコンを収納するスペースが搭載されていたりすると、より便利に使用可能です。

タイマー

By: amazon.co.jp

扇風機には、時間を指定するとその時間に動作を停止する「切タイマー」を搭載しているモノもあります。安価なモデルであれば、「1・2・4時間の3パターンから選択」のような時間設定が多く、高級モデルになると「1時間ごとに設定できて、かつ8時間以上の長時間タイマーにも対応」する機種がラインナップされています。

また、切タイマーだけでなく、指定時間後に動作を開始する「入タイマー」機能を備えたモデルも要チェック。外出時に帰宅時間の少し前に合わせて設定しておくことで、帰宅した際に、空気をあらかじめ循環した状態にさせておくことができます。

そのほか、切タイマーと入タイマーの両方を搭載しているモデルなら、同時に使用できるかも確認しましょう。同時使用が可能であれば、2時間後に動作を停止し、さらに2時間後に動作を再開させるなどの便利な使い方が可能です。

扇風機のおすすめメーカー

ダイソン(Dyson)

By: dyson.co.jp/

ダイソンは、イギリスの電気機器メーカー。サイクロン式掃除機を初めて開発した企業として知られています。

ダイソンの扇風機は、羽根がない画期的なスタイルが特徴です。通常の扇風機のように、誤って指を羽根に挟んでしまい大事故につながるリスクを軽減できます。

また、扇風機機能以外にも、温風機能や空気清浄機能、さらに部屋中の空気を循環させるサーキュレーター機能などを備えたモデルもあります。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープは、テレビ・洗濯機・掃除機など、さまざまな種類の家電を取り扱っている国内大手電機メーカー。

シャープの扇風機は、同社が長年培った「プラズマクラスター機能」を搭載しているモデルが多いのが特徴です。これは、空間の除菌・消臭効果が期待できる機能。扇風機で涼むだけではなく、部屋中を清潔に保ちたい方におすすめです。

バルミューダ(BALMUDA)

By: amazon.co.jp

日本のプロダクトメーカー「バルミューダ」。大手家電メーカーにはない、斬新なアイデアを取り入れた製品を数多くリリースしているのが特徴です。性能に優れているのはもちろん、おしゃれなデザインもあいまって、女性を中心に高い評価を受けています。

バルミューダの扇風機「The GreenFan」は、高級扇風機の火付け役となったシリーズ。それまで扇風機といえばACモーターがメインだったところ、新たにDCモーターを搭載。また、異なる羽根を付けることで自然に近い風を出せるようにするなど、扇風機業界に新たな風を巻き起こしました。おしゃれで高性能な扇風機を探している方におすすめのメーカーです。

扇風機のおすすめ|DCモーターモデル

第1位 バルミューダ(BALMUDA) The GreenFan EGF-1600

バルミューダ(BALMUDA) The GreenFan EGF-1600

業界でいち早くDCモーターを採用したバルミューダの高級扇風機です。専用の低電力回路によって、最小消費電力1.5Wを実現。1日8時間運転した場合の電気代は約0.5円と、省エネ性能に優れています。

また、二重構造の羽根を搭載しているのが特徴。従来の一枚羽根扇風機は渦状の人工的な気流を出していたのに対して、グリーンファンシリーズは風速が異なる羽根を重ねることによって、面で風を送り出すことに成功。自然に近い「優しい風」を感じることができます。

別売りのバッテリー&ドックと組み合わせれば、コードレス扇風機としても使用可能です。駆動時間は最大20時間。コンセントがない場所でも快適に過ごすことができます。デザインもおしゃれで、インテリアにこだわりたい方にもおすすめです。

第2位 ドウシシャ(DOSHISHA) Kamomefan FKLU-303D

ドウシシャ(DOSHISHA) Kamomefan FKLU-303D

カモメの羽からヒントを得て作られたDCモーター扇風機。本製品に搭載されている「カモメファン」は空気を大きなかたまりとして断続的に送り出しているのが特徴です。そよ風のような優しい風を体感することができます。

また、本製品は省エネ性能が高いのも魅力。1時間あたりの電気代は最小で約0.05円と安価なので、安心して使うことができます。寝る際に扇風機をつけっぱなしにするという方や、サーキュレーターのように空気を循環させたい方はランニングコストを抑えられるのでおすすめです。

扇風機のヘッド部分に操作部を持ってくることで、立ったままの姿勢で操作できるなど、使い勝手に優れているのもポイントです。左右自動首振りは75°と広め。リビングなどの広い部屋にも対応できるおすすめのDCモーター扇風機です。

第3位 パナソニック(Panasonic) 扇風機 F-CS339

パナソニック(Panasonic) 扇風機 F-CS339

パナソニックの独自技術「DC 1/fゆらぎ」を搭載したDCモーター扇風機です。長野県のリゾート地・蓼科高原に吹く風を解析。風に不規則な強弱をつけることによって自然に近い風、つまり、ゆらぎのある風を送り出します。人工的な風が苦手という方にピッタリです。

首振り機能が充実しているのもポイント。定番の「左右首振り」はもちろん、「上下首振り」、上下左右に稼働する「立体首振り」の3種類に対応しています。サーキュレーターのように部屋の風を循環させられるので、温度を均一に保つことができます。

また、「温度センサー」を搭載。室温を感知して自動的に風力を調整する機能で、室温が高いときは風が強くなったり、朝方などの寒いときはOFFになったりと、快適な環境を保つことができます。便利機能が充実した、おすすめのDCモーター扇風機です。

第4位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) リモコン式リビング扇 LFD-306L

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) リモコン式リビング扇 LFD-306L

DCモーターでありながら、価格が1万円を切る低価格扇風機。DCモーターは高級扇風機に搭載されていることが多く、2万円以上の価格帯に集中しています。しかし、本製品はACモーターと同じくらいの価格で手に入れることが可能です。

風量は弱・中・強の3段階に対応。さらに、弱よりも柔らかい風を出せる「微風モード」、強弱をつけて自然に近い風を出せる「リズム風モード」を搭載しています。優しい風からパワフルな風まで、幅広く対応できるのが魅力です。

また、リモコンを搭載しているのもポイント。部屋の離れたところからでも風量やタイマーなどの設定をすることができます。リモコンホルダーが付いているので、紛失のリスクを軽減できるのも魅力。コスパに優れたおすすめのDCモーター扇風機です。

第5位 山善(YAMAZEN) DCスリムファン YSR-SD1002

山善(YAMAZEN) DCスリムファン YSR-SD1002

DCモーターを搭載したタワーファンです。おしゃれなウッド調のデザインを採用しており、インテリアに合わせやすいのがポイント。幅300×奥行350mmとスリムサイズなので、リビングやダイニングはもちろん、キッチン、脱衣所など、置く場所を選ばないのが魅力です。

タワーファンでは珍しく、上向きに2段階で角度を変えられるのもポイント。羽板で風の角度を変えるルーバー方式と比べて、部屋の空気をパワフルに循環させることができます。エアコンと併用したい方にもピッタリです。

風量は、静音・1・2・3・4の5段階に対応。付属のリモコンによる遠隔操作に対応していたり、持ち運びに便利な取っ手が付いていたりと、使い勝手も優れています。コスパも良好なおすすめのタワーファンです。

扇風機のおすすめ|ACモーターモデル

第1位 シャープ(SHARP) リビングファン PJ-H3AS

シャープ(SHARP) リビングファン PJ-H3AS

シャープ独自の「プラズマクラスター機能」を搭載したACモーター扇風機。プラズマクラスターは、空気清浄機にも搭載されている機能で、衣類の生乾き臭をはじめ、タバコ臭や汗臭といった気になるニオイを抑制する効果が期待できます。

風量切り替えは3段階に対応。送風に強弱をつける「リズム風」機能を搭載しており、自然に近い風を受けることができます。リズム風は、弱連続運転と比べて約37%の電力を削減できるため、省エネに役立つのも魅力です。

また、操作性に優れているのもポイント。リモコンが付属しているので、遠くからでも設定を変えることが可能です。さらに、いたずらや誤操作を防ぐ「チャイルドロック機能」も搭載されています。小さなお子さんがいる家庭におすすめの扇風機です。

第2位 日立(HITACHI) リビング扇 HEF-130R

日立(HITACHI) リビング扇 HEF-130R

コスパに優れた日立のスタンダードモデル。パワー調整が難しいACモーター扇風機でありながら、風量を微・弱・中・強の4段階から選ぶことが可能です。「微」はうちわであおぐような弱い風。体の冷え過ぎを防げます。

羽根には、30cm径の8枚羽根を採用。風の切れ目を少なくすることによって、肌触りの優しい風を実現しています。また、首振り角度を3段階に調整できるのもポイント。45°・70°・90°と幅広いので、間取りや利用シーンに合わせて使い分けましょう。

ほかにも、就寝時に便利な「減灯&消音」、運転の停止・稼働時間を設定できる「切・入同時タイマー」、いたずら防止の「チャイルドロック」など、便利機能も充実。価格と性能のバランスに優れたおすすめの扇風機です。

第3位 山善(YAMAZEN) リビング扇風機 YLRX-BK304

山善(YAMAZEN) リビング扇風機 YLRX-BK304

3D首振り機能を搭載したACモーター扇風機です。上下方向と左右方向の首振りに対応しているのはもちろん、上下左右を組み合わせた首振りによって、広範囲に風を送れます。サーキュレーターとしても使えるモデルです。

就寝時や起床時に合わせてタイマーのOFF・ONができる「切・入予約ダブルタイマー」も搭載。運転開始から8時間経過すると自動的に電源をOFFにしてくれる「8時間自動OFFタイマー」も搭載されているので、うっかり切り忘れたときも安心です。

風量は、弱・中・強の3段階に対応しています。フルワイヤレスリモコンが付属しているので、使い勝手に優れているのもポイント。安くて高性能なACモーター扇風機を探している方おすすめです。

第4位 ツインバード工業(TWINBIRD) タワーファン EF-D913

ツインバード工業(TWINBIRD) タワーファン EF-D913W

メンテナンスがしやすいタワーファン。一般的なタワーファンは羽根を取り外せないモデルが多い一方、「EF-D913W」は正面のパネルが開閉可能で、簡単に羽根を取り外して洗うことができます。いつでも清潔な環境を保てるおすすめの扇風機です。

また、周囲の温度に合わせて自動的に風量が変わる「センサー自動運転モード」を搭載しているのもポイント。たとえば、冷房を付けて部屋の温度が下がると自動的に弱運転に移行して、体の冷え過ぎを防ぐことができます。

風量は3段階で調整可能。2・4・6時間の「オフタイマー機能」や、70°までの首振り機能など、基本的な機能がそろっています。電源コードやリモコンは本体に収納できるので、オフシーズンに収納しやすいのもポイント。価格の安いタワーファンを探している方におすすめです。

第5位 ユーイング(U-ING) ACモーターリビング扇 UF-HR30M

ユーイング(U-ING) ACモーターリビング扇 UF-HR30M

ペットを飼っている家庭におすすめのACモーター扇風機です。台座部分にある操作パネルにペットが乗ることで設定が変わらないように、リモコンのみの操作に制限する「ペットロック」機能を搭載。好奇心旺盛なイヌやネコなどを飼っている方におすすめです。

ACモーター扇風機では珍しく、風量を細かく設定することが可能。そよ風のような微風からパワフルな強風まで、7段階に調整できます。自然に近い「リズム風」モードも搭載しているので、冷え過ぎを防ぎたい方にもおすすめです。

扇風機のおすすめ|羽根なしモデル

第1位 ダイソン(dyson) Dyson Pure Cool TP04WS

空気清浄機能を有した羽根なし扇風機の「Dyson Pure Cool」。台座部分から空気を取り込み、ダイソン独自のAir Multiplierテクノロジーによって清浄・増幅した空気を前方へと送り出します。正面から風を送り出さずに空気清浄を行う「ディフューズドモード」を搭載しており、一年中快適に使用できるおすすめモデルです。

空気の状態を自動で検知・分析し、液晶ディスプレイに表示。従来モデル同様に、iOS・Android対応の「Dyson Linkアプリ」でもリアルタイムでチェックできます。

首振り機能は45°から350°まで4段階に調整可能。部屋の広範囲に涼しい風を行きわたらせることができるため、リビングルームやダイニングルームといった広い場所での使用に適しています。

第2位 ダイソン(dyson) Dyson Pure Cool Me BP01GC

ダイソン(dyson) Dyson Pure Cool Me BP01GC

Dyson Core Flowテクノロジーが搭載された、新型の羽根なし扇風機。気流が凸状の表面に沿って流れ、ぶつかり合ったところからまっすぐに風を送り出すといったダイソン独自の技術です。狙ったスポットに送風できるのが魅力です。

ヘッド部分にあるドームは、自由にスライドさせることが可能。足元だけスポット的に冷やしたり、サーキュレーターのように天井を狙って空気を循環させたりと、さまざまなシーンに対応できます。

また、首振り機能は左右方向に対応。角度も70°と大きいので、広範囲にわたって風を送り届けることができます。

液晶ディスプレイでフィルターの寿命を確認できるので、交換時期が把握できるのも便利です。密閉性に優れたフィルターによって、空気清浄機として使えるのもポイント。ダイソンの技術力が詰まったおすすめのパーソナル扇風機です。

第3位 デロンギ(DeLonghi) 空気清浄機能付きファン HFX85W14C

デロンギ(DeLonghi) 空気清浄機能付きファン HFX85W14C

おしゃれなデザインが特徴的な空気清浄機能付きの扇風機です。デロンギ独自の「3Dコンフォート・エアテクノロジー」を搭載しているのが特徴。本体上部から空気を吸い込み、フィルターによって清浄された空気を背面から送風する方式です。

通常の扇風機は直線的な風を送るのに対して、本製品は上下左右に広がる風を出すため、体全体を包み込むような優しい風を体感できます。エアコンと併用すれば部屋の温度を均一化できるので、部分的な冷えを防ぐことが可能です。

また、温風機能を搭載しているのもポイント。最大1400WのPTCヒーターによって、広範囲に温かい風を届けることが可能です。本体が点灯すると電源が自動的に停止する「転倒時自動電源遮断装置」が備わっているので、小さな子どもがいる家庭でも安心して使えます。夏はもちろん、冬にも使えるおすすめの羽根なし扇風機です。

第4位 ダイソン(dyson) Dyson Pure Cool DP04WS

ダイソン(dyson) Dyson Pure Cool DP04WS

扇風機と空気清浄機が合わさった「Dyson Pure Cool」シリーズのうち、テーブル・床置きに対応したテーブルファンモデル。ダイソン独自のAir Multiplierテクノロジーによって、クリーンな空気を断続的に送ることが可能です。

従来のモデルと比べて、首振り機能が最大350°まで対応しているのがポイント。タワーファンタイプでは非対応の「上下角度調整」機能を搭載しているため、より広範囲にわたって風を届けられるのが魅力です。

また、新たに後方へ風を送り出す「ディフューズドモード」を搭載。体に直接風が当たらないので、寒い冬にも空気清浄機として使うことができます。一年を通して使い続けられるおすすめの羽根なし扇風機です。

第5位 パナソニック(Panasonic) 創風機Q F-BP25T

パナソニック(Panasonic) 創風機Q F-BP25T

サッカーボールのようなデザインが特徴的な「創風機Q」。本体周辺にある誘引吸込口から空気を吸い込み、本体正面にある吹出口から噴出する仕組みとなっています。直径25cmのコンパクトボディを採用しており、省スペースに置きやすいのはもちろん、持ち運びしやすいのも魅力です。

パナソニックの高級扇風機に搭載されている「DC 1/fゆらぎ」を採用しています。長野県の人気リゾート地・蓼科高原に吹く風を再現しており、風に強弱をつけることによって体温の低下を抑えているのもポイント。長時間扇風機を利用したい方におすすめです。

また、ほぼ全方位に風を送れる首振り機能「360°スイング」、青色とオレンジ色の光によっておしゃれな空間を演出できる「LED」を搭載しているなど、さまざまな便利機能を備えています。デザイン的にも機能的にも優れたおすすめの羽根なし扇風機です。

扇風機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

扇風機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。