オーディオファンの間のみならず広く普及しているアイテムが「完全ワイヤレスイヤホン」です。ケーブルから解放された状態で使用できるため、自由で快適なスタイルで音楽再生や通話が楽しめます。

ただし、各メーカーから多彩なモデルが発売されているので、どれを選ぶべきか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、完全ワイヤレスイヤホンの選び方を踏まえたうえで、人気モデルをランキング形式でご紹介します。

完全ワイヤレスイヤホンの魅力とは?

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンは、ケーブルから完全に解放された状態で使用できるのが魅力。スマホなどの再生機器とケーブルで繋がらず、左右のイヤホンも独立しているため、絡まりや引っ掛かりなどで動きが制限されません。自由なスタイルで軽快に音楽再生や通話を楽しみたい方におすすめです。

ケーブル自体が存在しないため、ケーブルが衣服に擦れることで発生する不快なタッチノイズが発生しないのも魅力。また、iPhone7以降などのイヤホンジャックが搭載されていないスマホでも、本体を充電しながら音楽が楽しめます。

軽量コンパクトなので手軽に持ち運べるのも完全ワイヤレスイヤホンの魅力。バッグへの収納や取り出しもケーブルに煩わされることなくスムーズに行えます。

完全ワイヤレスイヤホンの選び方

装着感をチェック

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホン選びにおいて、快適な装着感は重要なポイント。大半の完全ワイヤレスイヤホンでは、耳栓のように耳穴に深く挿し込むカナル型の装着部を採用しています。カナル型は高い密閉性と遮音性を備えているのが特徴で、不意の落下や音漏れがしにくいのがメリットです。

ただし、イヤーピースのサイズが耳に合っていないと装着感が落ち、性能を十分に発揮できないのがデメリット。完全ワイヤレスイヤホンには、通常複数サイズのイヤーピースが付属するので、自分の耳に合ったサイズのモノを選びましょう。

スポーツ用途で使用する場合は、耳に掛けられるイヤーフックや、耳の窪みに固定できるイヤーウィングを備えた完全ワイヤレスイヤホンがおすすめ。激しい動きでもイヤホンが脱落しにくいので、トレーニング中でも紛失を心配せずに使用できます。

Bluetoothのバージョンをチェック

By: amazon.co.jp

接続時の安定性やバッテリー持ちを重視する場合は、Bluetoothのバージョンも注目ポイント。完全ワイヤレスイヤホンは、スマホなどの再生機器との接続に近距離無線通信規格のBluetoothを使用しています。

ほとんどのケースで、Bluetoothのバージョンが最新の規格になるほど接続時の安定性が向上するため、音飛びや音途切れなどが発生しにくくなるのが特徴。また、基本的に効率的な省電力駆動が可能になるので、より長時間の連続再生も行えます。

なお、バージョンが異なっても基本的に接続は可能ですが、性能は古いバージョンのほうに合わせられるため注意しましょう。

音質重視なら対応コーデックをチェック

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンで高音質な音楽再生を楽しみたい場合は、対応コーデックが重要です。コーデックとは、再生機器からイヤホンへ音楽を転送する際に使われる音楽データの圧縮規格のこと。コーデックによって圧縮方法や圧縮率が異なるので、対応コーデックが違えば同じ音楽でも再生音質がガラッと変わります。

完全ワイヤレスイヤホンの対応コーデックは主に3種類。高圧縮で標準音質のSBC、iPhoneなどで採用されている高音質低遅延のAAC、そしてAndroidスマホに対応機器が多いaptXがあります。

より音質にこだわりたい方にはハイレゾ伝送にも対応するコーデックがおすすめ。ソニーの完全ワイヤレスイヤホンなどで採用されているLDACなどが代表的です。

連続再生時間をチェック

By: amazon.co.jp

連続再生時間の長さも完全ワイヤレスイヤホン選びでは外せないポイント。完全ワイヤレスイヤホンは本体サイズの関係で搭載可能なバッテリー容量が少なめなので、連続再生時間は通常数時間程度に限られているのが特徴です。

ただし、省電力技術が向上した最近では5〜10時間ほどの連続再生が可能なモデルも増えてきています。普段使いや運動中での使用には十分です。また、新幹線や飛行機などの長距離移動中でもストレスなく使いたい場合は、10時間程度の連続再生に対応するモデルもおすすめです。

なお、完全ワイヤレスイヤホンは付属ケースで充電を行います。イヤホン単体のみの連続再生時間に加えて、充電ケースで何回のフル充電が可能かも同時に確認しておきましょう。

用途に合わせて機能をチェック

ノイズキャンセリング

By: amazon.co.jp

周囲の騒音が気になる方には「ノイズキャンセリング」機能を備えた完全ワイヤレスイヤホンがおすすめです。ノイズキャンセリングとは、環境音を内蔵のマイクで集音し、逆位相の音波をぶつけることで相殺する機能のこと。

集中力を妨げる不快な騒音をカットして、音楽に没入できる環境を手軽に用意できるのが魅力です。外出先でも音楽鑑賞に没頭したい場合はもちろん、カフェや電車内でも作業に集中して取り組みたい場合などにも重宝します。

外音取り込み

音楽再生中でも環境音に注意を向けたい方には「外音取り込み」機能を備えた完全ワイヤレスイヤホンがおすすめです。ノイズキャンセリングと同じく内蔵のマイクを活用する機能ですが、環境音を相殺せずにそのまま耳へ素通しできるのが特徴。遮音性の高いカナル型イヤホンでも常に周囲の状況に気を配れます。

外音取り込み機能は電車の車内や空港ロビーなどで案内のアナウンスを聞き逃したくない場合や、夜間のランニング中に車や自転車の接近に注意したい場合などに便利。また、完全ワイヤレスイヤホンを装着したまま会話も可能です。コンビニなどで買い物をするシーンにも使用できます。

防水性能

完全ワイヤレスイヤホンをスポーツ用途でも使用したい場合は防水性能の有無も重要です。電子機器が持つ防水性能の高さは「IPX○」という保護等級の表記で示されるのがポイント。「○」の部分には1〜8までの数字が入り、数字が大きくなるほど防水性能も高くなります。

ランニングやジムでのワークアウトなどのスポーツ用途で使用したい場合には、生活防水に当たるIPX4以上の防水性能を備えた完全ワイヤレスイヤホンがおすすめ。小雨や汗程度なら対策可能です。なお、IPX7以上のモデルは水没耐性も備わるので、誤って水に落とした場合でも故障するリスクを低く抑えられます。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは東京の港区に本社を構える1946年設立の総合電気機器メーカーです。イヤホンやスピーカーシステムなどのオーディオ機器に加えて、カメラ・テレビ・ゲーム機など幅広い分野の製品を展開。技術力と品質の高さは国内外問わず定評があります。

ソニーの完全ワイヤレスイヤホンは業界トップクラスのノイズキャンセリング機能を備えているのが特徴。外出先でも場所を問わず音楽鑑賞や作業に没頭したい方におすすめです。

ハイレゾ音源を高音質のままワイヤレス伝送できる、LDACコーデックに対応するモデルを発売しているのもポイント。音質に強いこだわりのある方にもおすすめのメーカーです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: amazon.co.jp

オーディオテクニカは東京の町田市に本社を置く1962年設立のオーディオ機器メーカーです。イヤホン・ヘッドホン・スピーカーなどのリスニング機器のほか、入門用から音楽収録用まで多彩な種類のマイクも手掛けています。

オーディオテクニカの完全ワイヤレスイヤホンはラインナップの多さが特徴。コスパ重視モデルから高機能モデルまで多彩な製品が提供されているため、求める機能や予算に合ったモデルを見つけられます。

デザイン性の高さも魅力。スポーツに適した形状を採用したモデルや、カラフルでかわいいモノも発売されています。

アビオット(AVIOT)

By: amazon.co.jp

アビオットは2014年創業のプレシードジャパンが手掛ける国産イヤホンブランドです。日本人の聴覚特性に合わせた音響設計を採用するイヤホンを開発。J-POPはもちろん、多彩なジャンルの音楽を日本人が心地よいと感じる音響で楽しめます。

アビオットの完全ワイヤレスイヤホンは、価格がリーズナブルなのも特徴です。高性能ながら価格が低めに抑えられたモデルも多いので、コスパ重視のユーザーにおすすめ。加えて、有名ミュージシャンが音質とデザインを監修したコラボモデルの完全ワイヤレスイヤホンを多数発売しているのも魅力です。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめランキング

第1位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM4

ハイレゾ再生にも対応可能な高性能な完全ワイヤレスイヤホンです。ハイレゾ音源を高音質のまま伝送できるLDACコーデックに対応。圧縮音源もハイレゾ相当の音質で楽しめるため、音質にこだわりのある方におすすめです。

業界最高クラスと謳われるノイズキャンセリング機能を搭載しているのもポイント。また、「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」にも対応し、ワンタッチで一時的に音量を下げて外音を聞き取りやすくする「クイックアテンションモード」も備えています。

IPX4相当の防滴性能があるため、スポーツ時に使えるのも魅力。イヤホン単体で8〜12時間、充電ケースと合わせて24〜36時間の使用ができます。

第2位 ゼンハイザー(SENNHEISER) 完全ワイヤレスイヤホン MOMENTUM True Wireless 2

高音質が味わえる完全ワイヤレスイヤホンです。ドイツ本社で開発した7mmドライバーを搭載。どんなジャンルの音楽でも、原音を忠実に再現すると謳われているため、音質重視の方にもおすすめです。

パッシブとアクティブの両方を組み合わせた優れたノイズキャンセリング機能もポイント。自然な静寂が得られるため、長時間のリスニングでも疲労を感じにくくなります。また、外音取り込み機能との使い分けも可能です。

タッチ操作や音声操作に対応しているのも魅力。IPX4の防滴性能を備えるほか、イヤホン単体で最長7時間の連続再生時間も実現しています。

第3位 アビオット(AVIOT) 完全ワイヤレスイヤホン TE-D01m

日本人の耳形状をリサーチしてつくられたノイズキャンセリング機能を搭載する完全ワイヤレスイヤホンです。日本人向けにアレンジしたアクティブとパッシブ両方式のノイズ低減技術を採用。機能のON/OFFで音質が変わりにくいので、静寂のなかでもありのままの音楽を楽しみたい方におすすめです。

Android向けに接続安定性を向上させたaptX Adaptiveコーデックに対応するのもポイント。遅延もより低く抑えられているため、動画再生やゲームも映像と音声のずれが小さく楽しめます。

吸い付くようなフィット感で激しく動いても脱落しにくいエルゴノミクスデザインを採用しているのも魅力。イヤホン単体で10時間の連続再生が可能です。また、外音取り込み機能も備えています。

第4位 ボーズ(Bose) 完全ワイヤレスイヤホン QuietComfort Earbuds

迫力のサウンドが味わえる、高音質な完全ワイヤレスイヤホンです。音量に合わせて音質が最適化されると謳われる「アクティブEQテクノロジー」を搭載。音量を変えてもバランスの取れた音をキープできます。

可変ノイズキャンセリング機能を備えているのもポイント。左イヤホンをダブルタップすることで、手軽に外音取り込みモードからノイズキャンセリングモードまで3段階で調節できるため、シーンに応じた機能の使い分けが可能です。

IPX4の生活防水性能を備え、イヤホン単体で最長6時間の連続再生が可能なのも特徴。サイズはやや大型ですが、耳の窪みにはめられるイヤーウィングを備えているので、移動中でも安定したフィット感が得られます。

第5位 ジャブラ(Jabra) フルワイヤレスイヤホン Elite 85t

軽快な装着感が魅力の高性能な完全ワイヤレスイヤホンです。耳の気圧を調節するベントを備えたセミオープン型のデザインを採用。耳が強く圧迫されないので、快適に音楽再生を楽しみたい方にもおすすめです。

優れたノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能を搭載しているのもポイント。両機能は連動しており、効果の強さを11段階から選べます。アプリで設定すれば、イヤホンのボタンを押すだけで素早く切り替え可能です。

Bluetooth 5.1に対応しており、コーデックはSBCとAACをサポートしています。連続再生時間はイヤホン単体で最長5.5時間。付属の充電ケースは急速充電やワイヤレス充電にも対応します。

第6位 アップル(Apple) 完全ワイヤレスイヤホン AirPods Pro

iPhoneユーザーにおすすめの完全ワイヤレスイヤホンです。Appleが開発したH1チップを搭載しており、iPhone・iPad・Macなどとのペアリングが瞬時に行えるのが特徴。機器間の切り替えもスムーズなので、複数のApple製品を愛用している方におすすめです。

ノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能を搭載しているのもポイント。イヤホンの軸を感圧センサーを長押しするだけで機能を切り替え可能です。

Apple独自の立体音響技術「空間オーディオ」に対応しているのも魅力。音楽や映像の対応コンテンツで全方向から音に包まれるような体験が味わえます。イヤホン単体での連続再生時間は最長4.5時間。IPX4の耐汗耐水性能も備えています。

第7位 ヌアール(NUARL) 完全ワイヤレスイヤホン N10 Pro

幅広いシーンで活躍できる高性能な完全ワイヤレスイヤホンです。独自開発の10mmダイナミックドライバーを搭載。内蔵のDSPを駆使したデジタルイコライザーを組み合わせて繊細なチューニングが施されています。また、独自の「HSDD」により厚みと立体感のある音響が楽しむことが可能です。

ノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能を備えているのも特徴。両機能はデュアルツインマイクを使った音声通話中でも使用可能です。さまざまな環境下で明瞭な会話が可能なため、テレワークでのリモート会議などでも活躍します。

イヤホン単体での連続再生時間が最長7時間と長いのも魅力。IPX4の生活防水性能も備えているので、濡れた手でも故障のリスクを減らしながらイヤホンのボタンを操作できます。

第8位 ラディウス(radius) 完全ワイヤレスイヤホン HP-NX500BT

高音質サウンドが楽しめる完全ワイヤレスイヤホンです。完全ワイヤレスイヤホンとしては大口径の9.8mmドライバーを搭載。音全体の濁りが解消されており、高音域の優れた伸びと歯切れのよい低音再生を両立しています。

クアルコムが定めた新しい通信方式「Qualcomm TrueWireless Stereo Plus」に対応するのもポイント。左右両方のイヤホンへ同時に音声データを送受信でき、音声の途切れや遅延を低減可能なため、お気に入りの音楽もストレスなく楽しめます。

SBC・AAC・aptXと多彩なコーデックに対応するのも魅力。iPhoneとAndroidスマホを2台持ちしている方にもおすすめです。IPX4の防滴性能も備えています。

第9位 オーディオテクニカ(audio-technica) 完全ワイヤレスイヤホン ATH-SQ1TW

人気声優とのコラボが特徴の、おしゃれで使いやすい完全ワイヤレスイヤホンです。かわいらしいスクエアデザインのボディと、高性能を兼ね備えています。

音と映像のずれを抑える低遅延モード「Low Latency Mode」を搭載しており、スマホなどでアニメ視聴やゲームプレイを楽しむ際も遅延のストレスを低減しながら使用できます。

耳の小さな方でも快適に装着できる優しいフィット感も魅力。連続再生時間はイヤホン単体で約6.5時間と十分あります。外音取り込み機能の「ヒアスルー」を搭載しており、移動中などに使用可能です。

第10位 ジェイビーエル(JBL) 完全ワイヤレスイヤホン Wave 100TWS

低価格ながら迫力のサウンドが体感できるコスパ良好の完全ワイヤレスイヤホンです。軽量コンパクトなボディに大型の8mmダイナミックドライバーを内蔵。豊かな低音とパワフルな音が響くので、臨場感のある映画鑑賞も楽しめます。

フタを取り除いたデザインの充電ケースを採用しており、使いたいときに素早く取り出せるのも特徴。3サイズのイヤーピースが付属するため、装着感を自分に合わせられます。

イヤホン単体での連続再生時間は最長約5時間と普段使いには十分。デュアルコネクトにも対応しており、両方または片側だけでの使用もできます。価格がリーズナブルなので初めての完全ワイヤレスイヤホンとしてもおすすめです。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめランキング|スポーツ向け

第1位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-SP800N

テンションが高まる迫力の重低音を体感できる、スポーツ向けの完全ワイヤレスイヤホンです。IP55の防塵・防滴性能を搭載。Bluetooth 5.0による高い接続性と、イヤーウィングによる安定した装着感も得られるので、トレーニング中でもストレスなく使えます。

重低音のグルーヴ感をダイレクトに伝達する「EXTRA BASSサウンド」技術を採用しているのも特徴。圧倒的な量感の低音を正確なリズムで再現できます。低音のビート感を利用してスポーツに没頭したい場合にもおすすめです。

優れたノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能を備えるのもポイント。行動や場所に応じてAIが最適なモードに自動で切り替える「アダプティブサウンドコントロール」にも対応します。

第2位 アビオット(AVIOT) 完全ワイヤレスイヤホン TE-D01gv

スポーツ向けの完全ワイヤレスイヤホン。日本人の聴覚特性を徹底的に研究して設計をしているのが特徴です。

イヤホン本体は雨のなかでもトレーニングを決行できるIPX7の防水性能を備えているのがポイント。また、高い接続安定性と低遅延性を兼ね備えたaptX Adaptiveコーデックにも対応するので、Androidスマホのユーザーにもおすすめです。

日本人の耳形状を元に設計したエルゴノミクスデザインを採用しているため、優れたフィット感が得られます。おしゃれでかわいらしいコンパクトボディながら、イヤホン単体での連続再生時間が最長11時間と長いのも魅力です。

第3位 ジャブラ(Jabra) フルワイヤレスイヤホン Elite Active 75t

快適なフィット感で運動に打ち込める、スポーツ向けの完全ワイヤレスイヤホンです。さまざまな耳の検証から生まれた理想の形状を採用。さらに、周波数に応じて耳の気圧を調節するベントを備えており、周囲の雑音を遮断しつつ低音をしっかり体感できます。

滑りにくいグリップコーティングが本体に施されているのも特徴。IPX7の防水性能も備えているので、大量の汗をかく激しいトレーニングでも気兼ねなく使用できます。小型ながら連続再生時間が最長7.5時間と長いのも魅力です。

ノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能を備えているのもポイント。また、4基の内蔵マイクを備えており、音声通話時にクリアな音声を相手に届けられます。

第4位 オーディオテクニカ(audio-technica) 完全ワイヤレスイヤホン ATH-SPORT5TW

装着感を自分好みにカスタマイズできるスポーツ向けの完全ワイヤレスイヤホンです。Freebit社が監修した各4種のイヤーウィングとイヤーピースが付属。合計16通りの組み合わせで調節できるため、自分の耳に合う装着感を見つけられます。

2種類の「専用プリセットイコライザー」が搭載されているのもポイント。ビートの効いた重低音で集中力を高められる「BASS BOOST」と、ながら運動でも聴きやすい「CLEAR VOICE」をシーンに応じて選択可能です。外音取り込みにも対応します。

最長で約12時間の連続再生が可能なのも魅力。AACコーデックに対応するため、iPhoneユーザーの方にもおすすめです。

第5位 ヌアール(NUARL) 完全ワイヤレスイヤホン N6 sports

トレーニングからeスポーツまで幅広く活躍できる、スポーツ向けの完全ワイヤレスイヤホンです。独自のチューニングを施したダイナミックドライバーを搭載。音楽を聴きながら運動する場合にもおすすめです。

IPX7の防水に対応し、自然なフィット感で激しい動きでも脱落しにくいイヤーループを備えているのも特徴。また、遮音性が高い音楽鑑賞向けのモノと、外音も聴き取れるスポーツ向けのモノからなる2種類のイヤーピースが付属するのも魅力です。

aptX adaptiveコーデックに対応するのもポイント。加えて、iPhoneでも低遅延なワイヤレス通信ができる「ゲーミングモード」も搭載するため、音ゲーやFPSなどのゲームプレイも遅延のストレスを感じにくく楽しめます。

第6位 ビーツ(Beats) 完全ワイヤレスイヤホン Powerbeats Pro

本格的なワークアウトでも活躍する、スポーツ向けの完全ワイヤレスイヤホンです。耳の形状にぴったりフィットする調節可能なイヤーフックを搭載。どんなにハードな動きでも外れないと謳われているため、さまざまなジャンルのスポーツで安定した装着感が得られます。

4サイズのイヤーピースが付属するのも特徴。また、耐汗耐水仕様なので、少しの汗や雨ならかかっても壊れにくいのがポイントです。

イヤホン単体での連続再生時間が最長9時間と長いのも魅力。また、AppleのH1チップを搭載しており、ドロップアウトが少ないと謳われています。Androidでも使用可能です。

第7位 アンカー(ANKER) 完全ワイヤレスイヤホン Soundcore Liberty Neo 2

優れたコスパで人気のあるスポーツ向けの完全ワイヤレスイヤホンです。低価格ながらBluetooth 5.2と、高音質・低遅延のAACコーデックに対応。8mmドライバーによる迫力のサウンドが特徴です。

イヤーピースとイヤーウィングが複数サイズ同梱するため、フィット感が得られます。また、専用のスマホアプリではイコライザー設定によって音質のカスタマイズも可能です。

IPX7の防水性能を備えているのもポイント。また、イヤホン単体で最長10時間の連続再生が可能で、片耳だけを使用する「モノラルモード」にも対応します。リーズナブルなスポーツイヤホンを探している方にもおすすめです。

第8位 ボーズ(Bose) 完全ワイヤレスイヤホン SoundSport Free wireless headphones

クリアでパワフルなサウンドを実現した、スポーツ向け完全ワイヤレスイヤホンです。独自のデジタル信号処理と音量に合わせて最適化するイコライザーを採用。音量に関係なくクリアでバランスの取れた迫力のサウンドが体感できます。

円錐形のノズルが耳に優しくフィットする「StayHear+ Sportチップ」と、安定した装着感が得られる独自のイヤーウィングを搭載しているのも特徴。トレーニング中でも外れにくく、長時間でも快適に使用できます。

IPX4の防滴性能と、最長5時間の連続再生が可能なバッテリーを搭載しているのもポイントです。

第9位 バングアンドオルフセン(BANG & OLUFSEN) 完全ワイヤレスイヤホン Beoplay E8 Sport

運動中でも豊かな高音質サウンドが楽しめる、スポーツ向けの完全ワイヤレスイヤホンです。専用のスマホアプリでは好みのサウンド調節と設定も自在に行えます。

IP57の防水性能を備えているので、さまざまな天候に対応できるのもポイント。また、イヤーウィングが採用されているため、激しい動きでも安定したフィット感が得られます。

Bluetooth 5.1とaptXコーデックによって高い接続安定性を実現しているのも特徴。省電力設計によってイヤホン単体で最長7時間の連続再生にも対応します。洗練されたスタイリッシュなデザインも魅力です。

第10位 ジェイビーエル(JBL) 完全ワイヤレスイヤホン Endurance Peak II

安定した装着感が得られる、スポーツ向けの完全ワイヤレスイヤホンです。耳に装着してからひとひねりで固定される「ツイストロック構造」を採用。さらに、耳の形状に合わせて調節可能なイヤーフックも搭載しており、激しい動きでも脱落しにくく使えます。

連続再生時間がイヤホン単体で最長6時間と長く、IPX7の完全防水性能を備えているのも特徴。イヤーフックを開閉するだけで電源のON/OFFが可能なので、耳に装着するだけで手軽に使用したい方にもおすすめです。

「体中にパワーがみなぎるような低音」と謳われている「JBL Pure Bassサウンド」を採用しているのも魅力。また、「デュアルコネクト機能」にも対応するため、片側のみでの使用にも対応可能です。

完全ワイヤレスイヤホンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

完全ワイヤレスイヤホンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。