製品ジャンルとして確立され、ラインナップが豊富に展開されている「完全ワイヤレスイヤホン」。火付け役となったAppleの「AirPods」を筆頭に、Boseやオーディオテクニカといったオーディオメーカーも魅力的なモデルをリリースしているほか、新興ブランドのアイテムも注目を集めています。

そこで今回は、完全ワイヤレスイヤホンの選び方とおすすめモデルをご紹介。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

完全ワイヤレスイヤホンとは?

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンとは、左右が完全に独立しているイヤホンのことを指します。Bluetooth接続によりコードレスで使えるのが特徴。最近のスマホはイヤホンジャックが採用されなくなってきていることから、急速に普及している製品です。

完全ワイヤレスイヤホンは、「トゥルーワイヤレスイヤホン」「フルワイヤレスイヤホン」「左右独立型イヤホン」「耳栓型イヤホン」とも呼ばれており、海外では「True Wireless Steleo」を略してTWSとも呼ばれます。

完全ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリット

完全ワイヤレスイヤホンのメリット

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンは、コードにまつわる煩わしさから開放されることが大きなメリットです。まず、イヤホンを使用している時に、コードに手や衣服の一部などが不意に触れて、イヤホンが引っ張られて耳から取れてしまうといった、有線タイプでありがちなことが起こりません。コードが体にまとわりつかないので、スポーツ時の使用でも快適です。

また、有線タイプではコードを触ると「ガサゴソ」といったタッチノイズが聴こえて、音楽鑑賞の妨げになります。完全ワイヤスレイヤホンであれば、タッチノイズがないので快適に音楽を楽しむことが可能。さらに、収納時や携帯時にコードが絡まず、断線などのトラブルがないのも魅力です。

完全ワイヤレスイヤホンのデメリット

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンは小さく、左右を繋ぐケーブルもないため、屋外で耳から落とした場合は無くしてしまったり、取りに行くのが難しい場所に転がっていったりする恐れがあるのがデメリットです。

また、有線イヤホンとは異なり、使用には充電が必要。同じ充電が必須な左右一体型Bluetoothイヤホンに比べて、フル充電時の連続再生時間が短い傾向なのも弱点のひとつです。

動画をよく見る方も注意が必要。使用するデバイスとイヤホンのコーデックが異なると遅延が起きたり、音質が劣化したりする恐れがあります。購入の際はそれらを考慮して選ぶようにしましょう。

完全ワイヤレスイヤホンの選び方

接続の安定性をチェック

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンは、接続が途切れるというリスクがありますが、Bluetoothの規格が新しいほど途切れにくく、接続に安定感があります。Bluetooth4.2以上のバージョンが搭載されているモノであれば、有線ほどではないものの安定した接続で音楽を聴くことが可能です。

なお、Bluetooth規格はイヤホンだけでなく、プレーヤー側が最新の規格に対応しているかどうかも重要なポイント。音の途切れが心配な方は、受信側と送信側の両方が最新のバージョンに対応しているかをチェックしましょう。

連続再生時間・最大再生時間をチェック

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンが登場した当初は、フル充電でも2~3時間という短い連続再生時間が弱点でした。しかし、最近ではフル充電で5時間以上、なかには10時間という連続再生時間を実現したモノも出てきています。

また、イヤホンを数回フル充電にできる専用充電ケースの使用で、最大再生時間がどれくらいになるかもチェックポイントです。

ただし、イヤホン本体の連続再生時間が長いほど、充電ケースのバッテリー容量が大きいほど大型で、重くなりがち。通勤・通学や旅行といった自分の用途でどれくらいの再生時間が必要かをチェックした上で選ぶのがおすすめです。

対応コーデックをチェック

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンは、音声を伝送する際に音声を圧縮します。その音声圧縮方式のことをコーデックといい、遅延と音質に大きく関わる項目です。コーデックにはSBC・AAC・aptXなどがあり、どの完全ワイヤレスイヤホンも対応しているのが、SBCコーデック。汎用性は高いですが、遅延しやすく音質も標準的なのが特徴です。

一方、SBCより遅延が少なく高音質なのが、iPhoneに対応しているAACコーデック。さらに、高音質で遅延も少ないのが、Android端末が対応しているaptXコーデックです。そのほかにも、より高音質なaptX HDや遅延の少ないaptX LLなどがあります。

なお、コーデックの強みを生かすには、イヤホン本体だけでなく、接続機器もそのコーデックに対応している必要があります。購入前に接続機器の対応コーデックも確認しておきましょう。

音質をチェック

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンは高度な技術を要求するため、音質に関するノウハウと実績を持つ大手オーディオメーカーから選ぶのがおすすめです。

発音形式では、コスト重視のダイナミック型よりも音質に優れる傾向の高い、BA型やハイブリッド型ドライバーを採用しているモノがおすすめ。また、専用アプリの使用により、イコライザーで好みの音質に調節できるので、チェックしておきましょう。

装着感をチェック

By: rakuten.co.jp

イヤホンは耳に合わない装着状態のまま長時間使用し続けると、耳が痛くなることがあるので、装着感のチェックは音質同様に重要。内部に電子回路やバッテリーを搭載する分、ほかのタイプのイヤホンよりも本体が大きく、重くなりがちな完全ワイヤレスイヤホンでは注意が必要です。

装着感を重視した人間工学デザインを謳うモノや、豊富なサイズのイヤーピースを付属するモノがおすすめ。なお、完全ワイヤレスイヤホンでは、楽だからといって緩めに装着すると落下の危険性が高まることがあるので、しっかりと装着する前提で選びましょう。

ノイズキャンセリング機能の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

周囲の騒音を打ち消す音波を再生することで、ユーザーの耳に聴こえる騒音を大幅に低減できるのが、アクティブ型のノイズキャンセリング機能。乗り物や騒々しい場所での使用が多い方におすすめの機能です。

また、乗り物や人の声といった騒音の種類に応じてノイズキャンセリング機能を切り替えできるモノだと、より快適にリスニングできます。

なお、騒音低減を強め過ぎると耳に違和感を覚えたり、周囲との隔絶を感じたりする場合があるので、騒音低減の度合いを調節できるかもポイントです。

さらに、急な呼びかけやアナウンスを聴き逃さないよう、オンオフ可能な外音取り込み機能があると便利。屋外使用時の安全性の確保にも役立ちます。外音取り込みのボリューム調節ができるかもチェックしておきましょう。

防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンを選ぶ際は防水性能もチェックしましょう。通勤・通学で活用する程度であれば、軽度の防水対応でも十分ですが、エクササイズやジョギング、ランニングなどのスポーツシーンでも使いたい方は汗や雨をしっかりカバーできるタイプがおすすめです。

防水や防塵性能は「IP65」などと表記されます。この場合1つ目の数字6は防塵性能の高さを表し、2つ目の5は防水性能の高さを表します。防塵はほこりやちりが内部に入り込むことを防ぎ、本体を守るための性能。1~6まで等級があり、5で十分な防塵性能、6ならば完全防塵を表します。

防水には1~8までの等級があり、スポーツ目的なら4以上がおすすめです。6以上でシャワーなどの直接噴流に強くなり、7以上ならば水没しても故障するリスクを抑えられます。汗をかきそうなシチュエーションや、水の多い場所での使用頻度が高い方におすすめです。

用途で選ぶ

通勤・通学

By: rakuten.co.jp

通勤・通学で使用する場合は、接続の安定性を重視するのがおすすめです。駅構内やバスなど人の多い場所では電波が途切れやすいので、よりBluetooth規格が新しいモノを選びましょう。

また、通勤・通学時間が長い方は、バッテリー持ちにも注目です。通勤・通学時間中にバッテリーが切れないか確認しておきましょう。収納ケースに充電機能の備わったモノなら仕事中でも充電できるので、より長時間使用できます。

スポーツ

By: amazon.co.jp

スポーツ用に使う場合、激しい動きをしても耳から外れないように、フィット感に優れたモノを選びましょう。なかでも、耳に合ったサイズを選択しやすいよう、イヤーフック・イヤーウィングの付いたモノや、さまざまなサイズのイヤーピースが付属するモノがおすすめです。

また、屋外で利用する方は、周囲の音を聞きながら付けられるインナーイヤー型のモノも最適。遮音性の高いカナル型イヤホンや、ノイズキャンセリング機能付きのモノが欲しい方は、外音取り込み機能の付いているモノを選びましょう。

加えて、汗をかいても故障しないように、防水性能IPX3以上のモノを選ぶと安心。雨天時のランニングにも利用したい方は、IPX6以上のモノがおすすめです。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、スマホやテレビはもちろん、音響機器でも高い技術力を有しています。ハイレゾ相当の音源対応モデルや、高音質コーデック対応モデルなど、高品質かつバラエティ豊かなイヤホンを多く展開しており、完全ワイヤレスイヤホンのクオリティも安定しています。

音質などの基本性能をはじめとして、防水性能やノイズキャンセリング機能なども搭載したモデルが多く、安心感のあるメーカーです。

アップル(Apple)

By: biccamera.com

シンプルなデザインの製品が多いAppleのイヤホン。なかでも、「AirPods」は、完全ワイヤレスイヤホンが有名になるきっかけにもなった製品です。発売以降、売り切れが続出しており、現在も最新版がリリースされるたびに注目されています。Appleの完全ワイヤレスイヤホンはiPhoneやmacOSとの連携が簡単なので、Appleユーザーには特におすすめです。

ジャブラ(Jabra)

By: amazon.co.jp

ジャブラは創業約150年と歴史の長い北欧デンマークのメーカー。北欧らしくスタイリッシュでおしゃれなデザインが特徴です。

もともとは補聴器や聴覚計測機器のメーカーだったため、ジャブラのイヤホンは高い機能性を有しています。ノイズキャンセリング機能や2台の端末への接続機能など、便利な付加機能を搭載したモノが多く、専用アプリを使用することでイコライザーによる音のカスタマイズも可能です。

メーカーのおすすめモデル

オーディオテクニカ(audio-technica) ATH-CK3TW

コロンとしたフォルムの完全ワイヤレスイヤホン。中高音域の抜けがよい”オーテクサウンド”を存分に楽しめるのが特徴です。低音域の再生能力にも優れているため、音の厚みもしっかりと感じられます。

指の形に合わせて凹んだ形状のタッチセンサーが搭載されており、操作がしやすいのもポイント。音量調節はもちろん、再生・一時停止・曲送り・曲戻しなどさまざまな操作を指1本で簡単に行えます。また、着信の応答もタッチで可能なので、ハンズフリー通話をする機会が多い方にもおすすめです。

さらに、可愛らしいカラーバリエーションも魅力のひとつ。ホワイト・ブラック・レッド・ブルーの4種類が展開されており、自分好みの1色を選べます。音質の高さとデザイン性が両立した完全ワイヤレスイヤホンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめモデル|コスパ重視

JVCケンウッド(JVC) 完全ワイヤレスイヤホン HA-A10T

JVCケンウッド(JVC) 完全ワイヤレスイヤホン HA-A10T

国内大手メーカー品としてはリーズナブルで、人気の高い完全ワイヤレスイヤホンです。充電ケースからイヤホンを取り出すだけで、自動で電源のオンオフやワイヤレス接続が可能。また、ハンズフリー通話が可能なマイクを搭載し、スマホの音声アシスタント機能の起動にも対応するといった利便性が魅力です。

左右本体それぞれのワンボタンにより、再生操作や音量調節が簡単にできるのもポイント。汗や雨に強いIPX5相当の防水性能を備えているため、屋外でも安心して使用可能です。

本体のみで約4時間、専用充電ケースでの充電により合計約14時間の再生が可能。Bluetoothのバージョンは5.0なので、接続が途切れにくい点でもおすすめできます。ポップなデザインとおしゃれなカラーリングで女性にもおすすめです。

ジェイビーエル(JBL) 完全ワイヤレスイヤホン TUNE 120TWS JBLT120TWS

ジェイビーエル(JBL) 完全ワイヤレスイヤホン TUNE 120TWS JBLT120TWS

老舗スピーカーメーカーであるJBLが手掛けた完全ワイヤレスイヤホン。迫力に富んだリアルさが持ち味の「JBLサウンド」をリーズナブルに楽しめるのが特徴です。

人間工学に基づいて設計されているため、小さな耳にもフィットしやすく、長時間快適に使用できます。約2時間の充電で最大4時間の連続再生が可能。さらに、付属の充電ケースを使用すれば、最大16時間使用できます。約15分の急速充電で約1時間再生できるのも便利です。

JBLの高級スピーカーに使われているのと同じロゴマークを本体に刻印。光沢のある上質な表面の仕上げも相まって、高級感ある見た目に仕上がっています。

アビオット(AVIOT) 完全ワイヤレスイヤホン TE-D01g

アビオット(AVIOT) 完全ワイヤレスイヤホン TE-D01g

高音質と高性能を実現した完全ワイヤレスイヤホン。音の解像度に優れるグラフェン振動板を使ったドライバーを搭載し、ハイクオリティなサウンドを楽しめます。専用アプリで音質を自由に変化できるのもおすすめポイントです。

耳の形に合わせて収縮する、フィット感の高いフォーム素材のイヤーピースを採用。快適な装着性を実現するとともに、イヤホンが落下しにくに構造に仕上がっています。

本体のみで最大10時間の再生が可能。充電ケースと併用すれば、最大50時間の音楽再生が可能なバッテリー性能も魅力です。

浸水にも耐えられるIPX7相当の防水性能を有するので、屋外でも安心して使えます。aptXとAACコーデックの両方に対応するのも特徴です。また、接続設定を、分かりやすい動画で確認できるので、初心者でも簡単に操作が可能。一度接続設定すれば、充電ケースから取り出すだけで自動接続できるのも便利です。

ヌアール(NUARL) 完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン NT110

ヌアール(NUARL) 完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン NT110

Bluetooth用ICチップに高性能なクアルコム社「QCC3020」を採用し、高い通信性能と長時間再生を両立したモデル。イヤホン単体で最大9.5時間の連続再生ができ、付属の充電ケースの使用で、最大67時間の長時間再生できるのが魅力です。

また、クアルコム社による通信テクノロジー「TrueWireless Stereo Plus(TWS+)」に対応。TWS+対応スマホを使用すると、左右のイヤホンが独立して接続されることにより、より接続が切れにくいのがメリットです。

イヤホン部には、ダイヤモンドよりも硬い炭素素材であるグラフェンを振動板にコーティングした、ダイナミック型ドライバーを搭載。低音の迫力と解像度の高さを兼ね備えたサウンドを楽しめます。

ハッピープラグス(happy plugs) 完全ワイヤレスイヤホン AIR1

ハッピープラグス(happy plugs) 完全ワイヤレスイヤホン AIR1

完全ワイヤレスイヤホンでは珍しいインナーイヤー型のモデル。軽快な装着感と開放的な音質傾向が特徴のインナーイヤー型は、音漏れが大きめなため、採用モデルは減っていますが、カナル型イヤホンが苦手な方を中心に根強い人気があります。

本モデルでは特製のラバースリーブが付属。フィット感の向上と音漏れ減少効果を実現し、幅広いユーザーに使いやすいイヤホンに仕上がっています。

1回の充電で約3.5時間の音楽再生ができ、充電ケースを使用すれば最大約14時間の音楽再生が可能。また、充電ケースはコンパクトで35gの軽量なので、持ち運んでも負担になりにくいのもポイントです。Bluetooth5.0の採用により、接続が安定しているのも魅力。AACコーデックに対応するのでiPhoneユーザーにおすすめです。

サウンドピーツ(SoundPEATS) ワイヤレスイヤホン TrueFree+

サウンドピーツ(SoundPEATS) ワイヤレスイヤホン TrueFree+

リーズナブルな人気モデル。通信範囲が広く、接続安定性も高いBluetooth5.0を採用しています。イヤホン本体のみで4時間、専用充電ケースの併用で約35時間の連続再生が可能なので、長時間の使用が可能です。

初回にペアリングすれば、2回目からは自動でペアリング。充電ケースからイヤホンを取り出すだけで、自動的に電源がオンになり、ペアリングが開始されるので使い勝手も良好です。

また、低価格ながらAACコーデックに対応しているのがポイント。iPhoneをはじめとするiOS機で高音質・低遅延でワイヤレスリスニングが楽しめます。

さらに、両耳で再生する通常モードに加え、左右それぞれで再生可能な片耳モードを搭載。通話用のヘッドセットとしての利用や語学学習などに便利です。

タオトロニクス(TaoTronics) 完全ワイヤレスイヤホン SoundLiberty 77

タオトロニクス(TaoTronics) 完全ワイヤレスイヤホン SoundLiberty 77

一般的な完全ワイヤレスイヤホンよりも途切れにくい接続性能や低遅延を実現した、Airoha社の「MCSync」技術を採用したのが特徴のモデル。接続元の機器に特別な条件を必要としないため、スマホのOSや機種に関わらず、高性能を実感できるのがメリットです。

イヤホン本体には、指で触れるだけで操作が可能なタッチコントロール機能を搭載。音楽再生の基本操作からハンズフリー通話までをスマートに操れます。

フル充電で最大5時間再生が可能で、付属の充電ケースを使用すれば最大20時間再生可能。10分ほどの充電で約1時間ほどの使用が可能な「ラピッドチャージ」機能で、急なバッテリー切れにも対応できます。

アンカー(Anker) 完全ワイヤレスイヤホン 第2世代 Soundcore Liberty Neo

アンカー(Anker) 完全ワイヤレスイヤホン 第2世代 Soundcore Liberty Neo

モバイルバッテリーで有名なアンカーによる完全ワイヤレスイヤホン。リーズナブルな価格ながら、性能のバランスに優れているのが特徴です。

連続再生時間はイヤホン本体で最大5時間、充電ケースと併用すると最大20時間。イヤホンのバッテリー残量は、接続中のiPhoneやiPadから確認できるのも便利です。

正確でクリアな音質を実現する「グラフェン採用ドライバー」を専用設計で使用しています。また、再生している⾳楽の低周波⾳域を即座に分析し、低⾳域を約43%増幅する独⾃の「BassUpテクノロジー」を搭載。迫力の重低音サウンドが楽しめます。

IPX7準拠と防水性も良好。それぞれ4サイズのイヤーウィングとイヤーピースを付属するので、個人に合った装着感を追求できるのもポイントです。普段使いからスポーツ用まで対応できます。AACコーデックに対応するのでiPhoneユーザーにおすすめです。

ソウル(SOUL) 完全ワイヤレスイヤホン ST-XS2

ソウル(SOUL) 完全ワイヤレスイヤホン ST-XS2

充電用端子にUSB Type-Cを採用した完全ワイヤレスイヤホン。最近増えているUSB Type-Cポートを搭載したモバイルバッテリーや、USB電源アダプターを変換ケーブルなしに使えるので便利です。

また、浸水にも耐えられるIPX7の防水レベルを備え、装着しながら動いても落下を防止できるイヤーフックを搭載。スポーツやアウトドアでの使用にも最適です。外音を取り込める「オーディオトランスパレンシー機能」も搭載しているので、安全性も確保できます。

リュックやカバンに充電ケースごと引っ掛けられるカラビナリングが付属しているので、持ち運びに便利です。ハンズフリー通話可能な内蔵マイクは高音質なステレオ対応。通話用ヘッドセットとしてもおすすめです。

エレコム(ELECOM) 完全ワイヤレスイヤホン LBT-TWS02BK

エレコム(ELECOM) 完全ワイヤレスイヤホン LBT-TWS02BK

イヤホン本体と充電ケースの小型・軽量性が特徴の完全ワイヤレスイヤホン。重量はイヤホンが片側約4g、充電ケースが約32gなので、軽快な装着感と、携帯性の高さを備えています。

6.0mm径の外磁型ダイナミックドライバー「マイクロETEMドライバー」を採用し、小型ながら力強く、ワイドレンジでクリアな音質を実現。また、SiriやGoogleアシスタントなどの音声アシスタントに対応。音声操作で音楽をかけたり、音量調節などが行えます。

片耳だけでの使用ができるのも便利。PC周辺機器に実績のある国内大手メーカー品のため、接続安定性や通話品質をはじめ、製品の信頼性が高いのもおすすめポイントです。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめモデル|高音質

アップル(Apple) ノイズキャンセリング付完全ワイヤレスイヤホン AirPods Pro MWP22J/A

アップル(Apple) ノイズキャンセリング付完全ワイヤレスイヤホン AirPods Pro MWP22J/A

完全ワイヤレスイヤホンの人気モデル。周囲の騒音を大幅に低減できる「アクティブノイズキャンセリング」機能の搭載が特徴です。遮音性の高いカナル型構造も相まって音楽に集中できます。音楽を聴きながら周囲の音が聞ける「外部音取り込みモード」も備えているので、屋外でも安全に使用可能です。

また、専用の高品位ドライバーの採用により、リッチな低音と正確な中高音の再生が楽しめるのも魅力。内側に向けて細くなっている3サイズのシリコンイヤーチップが付属するので、個人の耳に合った装着感が得られやすいのもおすすめポイントです。

イヤホンのみで最大5時間、付属の充電ケースの使用で最大24時間のロング再生ができます。iPhoneをはじめとするiOS機器に最適化した「H1」チップによる使い勝手のよさも特徴。基本性能の高さから、iPhoneユーザーだけでなく、幅広い方におすすめの完全ワイヤレスイヤホンです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM3

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM3

多機能と高音質を兼ね備えた人気モデルです。独自開発の高性能チップ「QN1e」の搭載により、業界最高クラスを謳うノイズキャンセリング性能を実現。周囲の環境に応じた騒音低減モードの自動切り換えや、外音取り込み機能などによって、快適なリスニングと安全性を両立しています。

ハイレゾ非対応の音源でも、ハイレゾ相当に変換して再生できる「DSEE HX」機能も搭載。安定した接続が可能な設計により、動画視聴時の映像と音声の遅延も低減しているのもポイントです。

本体のみで6時間の連続再生が可能。また、付属の充電ケースの使用で最大24時間連続再生できます。10分の充電で90分再生できる急速充電機能も便利です。

人間工学に基づいたデザインと、ラバー素材の採用により、外れにくい快適な装着感で長時間音楽が楽しめます。タッチ式の操作系によるスマートな使い心地もおすすめポイントです。

アップル(Apple) AirPods with Charging Case MV7N2J/A

アップル(Apple) AirPods with Charging Case MV7N2J/A

アップル純正の完全ワイヤレスイヤホンである「AirPods」の第2世代モデル。従来に比べて、接続速度の向上や遅延の減少、バッテリー持続時間のアップなどを果たしています。

独自開発IC「H1チップ」によるiOSデバイスとの親和性の高さが特徴。iPhoneはじめ、iOSデバイスと簡単にペアリング設定が可能です。また、複数のiOSデバイスの接続切替えもスムーズ。通話はもちろん、Siriの呼び出しと音声操作にも対応します。 耳から外すと自動停止、はめると自動再生できるので便利です。

1回のフル充電で約5時間の再生ができ、付属の充電ケースを併用すれば最大24時間使用できるスタミナもポイント。15分急速充電で急な外出にも対応できます。

軽快な装着感と、音抜けのよい爽やかなサウンドが楽しめるインナーイヤー型構造も魅力。カナル型イヤホンが苦手な方にもおすすめです。

アビオット(AVIOT) トゥルーワイヤレスイヤホン TE-BD21f

アビオット(AVIOT) トゥルーワイヤレスイヤホン TE-BD21f

異なる発音方式のユニットを組み合わせたハイブリッド型の完全ワイヤレスイヤホンです。再生周波数帯域が広く、低音域での歪みが少ないダイナミックドライバーと、出音効率がよく、中高音域の再生が得意なバランスドアマチュアドライバーを採用。両方の長所を生かすことで、ワイドレンジで情報量の豊富な高音質を実現しています。

重さが片側5.9gと軽く、快適な装着感を実現しているのも魅力です。フル充電で7時間再生できるのもポイント。また、専用充電ケースは約51gと軽量ながら、約3回充電可能な大容量バッテリーを搭載しています。イヤホンと併せて最大25時間の連続再生に対応しているので、充電切れの心配がなく使用可能です。

ビーツ(Beats) 完全ワイヤレスイヤホン Powerbeats Pro

ビーツ(Beats) 完全ワイヤレスイヤホン Powerbeats Pro

アップル傘下のビーツによる初の完全ワイヤレスイヤホンで、第2世代AirPodsと同じ「H1チップ」を搭載しています。アップルデバイスとの親和性の高さを第2世代AirPods同様に備えているのが魅力。iPhoneとは簡単にペアリング設定ができ、複数のアップルデバイスとの接続切替もスムーズです。

1回の充電で最大9時間再生が可能なスタミナも、省電力な「H1チップ」の恩恵。さらに、充電ケースを使用すれば、最大24時間以上の再生ができます。5分間の充電で1.5時間再生できる「ファストフューエル機能」も便利です。

耐汗・防沫性能を備えているのに加え、フィット感に優れているのでスポーツ時の使用にも適しています。ビーツ伝統のおしゃれなデザインとカラーリングもおすすめポイントです。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WF-SP900

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WF-SP900

IPX5・8相当の防水性能、IP6X相当の防塵性能を備えた完全ワイヤレスイヤホン。海水での遊泳時にも使えます。また、4GBメモリを内蔵し、イヤホンのみで音楽を再生できる点も特徴です。

左右のハウジングをつなげるリーシュコードと、3サイズのアークサポーターが付属。イヤーピース装着位置を調節可能なことも加わり、フィット感に優れているので、動きの激しいスポーツやトレーニング時の使用にも適しています。

音楽再生をしながら、周囲の音や人の声を取り込める外音取り込み機能も搭載。屋外でも安全に使用可能です。最大3回分の充電が可能な充電ケースも付属しているため、屋外での長時間使用にも対応できます。アウトドア用のイヤホンとしておすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-CKS5TW

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-CKS5TW

重低音再生が得意な完全ワイヤレスイヤホン。2層の振動板を採用した、10mm径の新設計大型ドライバーを搭載しています。硬度の異なる素材であるPEEKとTPUを振動板に積層することで、低音の深さと中高域の鮮明さを際立たせたサウンドを鳴らします。

高い密閉性を実現すると同時に低音を逃さない構造を持った専用イヤーピースもポイントです。また、本体のみで15時間の長時間再生が可能なのも特徴。さらに、充電ケース併用時で約45時間ものロング再生が可能です。やや本体が大きめなので、装着性を考慮した上で購入を検討することをおすすめします。

ジャブラ(Jabra) 完全ワイヤレスイヤホン Elite Active 65t

ジャブラ(Jabra) 完全ワイヤレスイヤホン Elite Active 65t

利便性と通話品質にこだわった完全ワイヤレスイヤホンです。Siri・Google Assistance・Amazon Alexaの3つのAIアシスタントに対応。複数の機能を1つのイヤホンで使いこなしたい方に最適です。

また、完全ワイヤレスイヤホンでは搭載例の少ない「マルチポイント」対応も特徴。2台の機器と同時接続が可能で、スマホの2台同時待ち受けができたり、音楽プレーヤーとスマホを使い分けられたりするので便利です。

さらに、風切音やノイズ低減に対応した高性能マイクにより、通話時の音質も良好。イヤホン本体で5時間の再生ができ、ケース充電とあわせて最長15時間の再生が可能です。15分の充電で1時間半の再生ができる急速充電にも対応しています。

専用アプリとファームウェアのアップデートにより、機能性と性能を向上させられるのも特徴です。IP56準拠の防水・防塵性能もポイント。屋内外、公私問わずに活躍できるおすすめのイヤホンです。

フォステクス(FOSTEX) ワイヤレスステレオイヤホン TM2

フォステクス(FOSTEX) ワイヤレスステレオイヤホン TM2

Bluetoothレシーバー部とイヤホン部が分離できる構造を備えた完全ワイヤレスイヤホン。着脱部に汎用性の高いMMCX規格を採用しているため、同規格でのケーブル着脱機構を備えた有線イヤホンを完全ワイヤレスイヤホン化できます。

また、耳周りの形状に合わせてケーブルを固定できる着脱式フレキシブル・ショート・ケーブルも付属。安定した装着を実現し、イヤホンの耳からの落下を防ぎます。

完全ワイヤレスイヤホンとしては最新のBluetooth5.0規格に準拠し、対応コーデックがAAC・aptX・SBCと充実。フル充電での連続再生は約10時間とスタミナも十分に備えています。MMCX規格のイヤホンを持っている方にぜひおすすめしたい便利なモデルです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) 完全ワイヤレスイヤホン MOMENTUM True Wireless

ゼンハイザー(SENNHEISER) 完全ワイヤレスイヤホン MOMENTUM True Wireless

接続安定性と低遅延に注力した完全ワイヤレスイヤホンです。左右のイヤホン間をつなぐワイヤレス通信に「NFMI方式」を採用。通常の電波ではなく、電磁誘導を利用することにより、空間や水分による接続の途絶を大幅に減少させています。

また、低遅延コーデックであるaptX LLに対応。映像と音とのズレをほとんど感じないので、動画やゲームでの使用にもおすすめです。業務用音響機器に実績のあるメーカーによる自然な高音質も魅力。ファブリック素材を使用した専用充電ケースもおしゃれです。