多くの人に愛用されている「完全ワイヤレスイヤホン」。ケーブルがなく、手軽に音楽や動画などを楽しめる便利なアイテムです。とはいえ、各メーカーからさまざまな種類のモデルが販売されているので、どれを購入すべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの完全ワイヤレスイヤホンをピックアップ。選び方やおすすめメーカーについても解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

完全ワイヤレスイヤホンとは?

By: audio-technica.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンとは、左右のイヤホンを接続するケーブルが一切ないイヤホンのこと。左右のイヤホンが完全に独立していることから、「左右独立型イヤホン」と呼ばれることもあります。

ケーブルがないことで、ケーブル特有の煩わしさを受けないのが魅力。引っかかって外れたり、断線したりするリスクもありません。基本的に完全ワイヤレスイヤホンは、左右のイヤホンを収納する充電ケースを同梱。充電ケースとあわせて何時間再生できるかも確認しておきましょう。

ワイヤレスイヤホンの種類

完全ワイヤレスイヤホン

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンは、左右のイヤホンが完全に独立しているタイプのワイヤレスイヤホン。ケーブルが一切ないため、断線したり、絡まったりなどケーブル特有のデメリットを受けないのが特徴です。

また、小型・軽量のモデルが多いため、持ち運びしやすいのも魅力のひとつ。片耳での使用ができるモデルなら、片耳を塞がずに快適に音楽を楽しめます。

一方、小型な分バッテリー容量が小さいモノが多い点に注意が必要。ケーブルでつながっておらず、小型なので、紛失するリスクが高いのも留意しておきましょう。

左右一体型ワイヤレスイヤホン

左右一体型ワイヤレスイヤホンは、左右のイヤホンがケーブルで接続されているタイプのワイヤレスイヤホンです。比較的リーズナブルに購入できるモデルが多いのも特徴。使わないときも首にかけてアクセサリー感覚で持ち運べる点もメリットです。

一方、ケーブルが存在するため、ケーブル特有の引っかかって外れたり、断線したりするデメリットがある点に注意が必要。ケーブルでつながっている分、紛失するリスクが少ないのはうれしいポイントです。

左右一体型ワイヤレスイヤホンについて詳しくはこちら

ネックバンド型イヤホン

By: amazon.co.jp

ネックバンド型イヤホンは、左右一体型と同様に首からイヤホンをまわして装着するタイプ。ケーブル部分に安定感のあるネックバンドを採用しているため、長時間着用しても疲れにくいのが特徴です。

ケーブルは首の後ろから通す仕様なので、髪型が崩れにくいのも魅力のひとつ。軽量かつホールド力が高いモデルなら、スポーツシーンでの使用にもおすすめです。

とはいえ、ほかのタイプに比べてラインナップが少なめのため、選択肢が限られてしまう点は留意しておきましょう。

ネックバンド型イヤホンについて詳しくはこちら

完全ワイヤレスイヤホンの選び方

装着感をチェック

By: amazon.co.jp

時間を気にせず快適に音楽を楽しみたい方は、装着感を要チェック。どんなに性能が優れているモデルを選んでも、装着感がよくないと、快適に音楽を楽しめません。また、しっかりフィットしないと抜け落ちやすくなってしまうので、紛失するリスクも高まってしまいます。

優れたフィット感を求めている方は、耳栓のような形状のカナル型を採用したモデルがおすすめ。耳が小さい方は、できるだけコンパクトなモデルが適しています。カナル型で複数サイズのイヤーチップを同梱していれば、さまざまなサイズの耳にフィットするのでチェックしてみてください。

バッテリー持続時間をチェック

By: audio-technica.co.jp

通勤・通学などで長時間使う機会が多い方は、バッテリー持続時間をチェック。完全ワイヤレスイヤホンのバッテリー持続時間をチェックする際は、イヤホン単体の時間と充電ケースを合わせた時間を確認しましょう。

通勤・通学で使う程度であれば、イヤホン単体で5時間以上再生できるモデルがおすすめ。充電ケースと合わせて24時間以上再生できるモデルなら、1〜2日以上バッテリー残量を気にせず使い続けられます。充電の手間も省けるのでおすすめです。

通勤・通学で使うなら途切れにくいBluetooth 5.1以上を

By: jbl.com

通勤・通学など周囲に人がいる状況で使う機会が多い方は、Bluetooth 5.1以上に対応したモデルがおすすめ。基本的にBluetoothバージョンの数字が大きくなるほど、高速なデータ通信・優れた通信範囲・優れた接続安定性などを実現できます。

人混みで安定して音楽を楽しみたい方は、できるだけBluetooth 5.1以上に対応したモデルをチェック。また、より高品質なモノを求める方はBluetooth 5.2もチェックしてみましょう。ただし、Bluetoothの性能を最大限に引き出すためには、イヤホン側だけでなく、オーディオ機器側も対応している必要がある点に注意してみてください。

音質は対応コーデックをチェック

Androidで使用するなら「aptX」

By: amazon.co.jp

AndroidスマホやAndroid搭載オーディオ機器などで高音質・低遅延を楽しみたい方は、aptXコーデックに対応したモデルがおすすめ。SBC・AACと音の圧縮方式が異なり、SBC・AACよりも音質がよく、遅延が少ないといわれています。

aptXは音のカットをほとんど行わない仕様のため、元の音源に近いサウンドをリスニングできる点もメリットです。

iPhoneやiPadには「AAC」

By: amazon.co.jp

iPhoneやiPadなどApple製品で高音質・低遅延を楽しみたい方は、AACコーデックに対応したモデルがおすすめ。AACはSBCよりも音質がよく、遅延が少ないといわれています。

Appleが販売している純正の「AirPods」「AirPods Pro」などもAACコーデックに対応しており、iPhoneやiPadでワイヤレスで高音質を楽しむにはAACがほぼ必須です。

Apple製品をメインで扱っている方は、AACに対応したモデルを選んでみてください。

ソニーのウォークマンやXperiaなら「LDAC」

By: amazon.co.jp

ワイヤレスでも音質にこだわりたい方は、「LDAC」コーデックに対応したモデルがおすすめ。ソニーのウォークマンやXperiaなどLDACに対応した機器で、ハイレゾ音源や、従来の音源をワイヤレスかつ高音質サウンドでリスニングできるのが特徴です。

SBCに比べて約3倍のデータ量の送信ができるため、ハイレゾ音源をほとんど劣化させることなく伝送可能。日本オーディオ協会の「Hi-Res Audio Wireless」に認定されているのも魅力です。

対応機種を持っていて、音質にこだわりたい方は選んでみてください。

完全ワイヤレスイヤホンで人気の機能

周囲の雑音を低減する「ノイズキャンセリング」

By: jabra.jp

周囲を気にせず快適に音楽に集中したい方は、ノイズキャンセリングを搭載した完全ワイヤレスイヤホンがおすすめ。ノイズキャンセリングとは、マイクで周囲のノイズを拾って、逆位相の音でノイズを聞こえにくくする機能のことです。小さい音量で音楽を聴き取りやすくなるので、耳への負担も軽減できます。

一方、周囲の音が聞こえにくくなるため、駅のアナウンスや会話など重要な音を聞き逃してしまうことも。外出先で使う際は、周りの状況を確認したうえで使用するようにしましょう。

電車アナウンスなどの聴き逃しを防ぐ「外音取り込み」

By: amazon.co.jp

電車アナウンスなど重要な音を聴き逃したくない方は、外音取り込みを搭載した完全ワイヤレスイヤホンがおすすめ。外音取り込みとは、マイクで周囲の音を拾って、その音をそのまま耳に伝える機能のことです。メーカーによって、「アンビエントモード」「トークスルー」など名称が異なります。

イヤホンを装着したまま周囲の状況を把握できるため、イヤホンを外さずにレジで会話なども可能。音楽と日常音が混ざり合う感覚を味わえるので、BGM感覚で音楽を楽しみたい方にもおすすめの機能です。

ノイズキャンセリングと外音取り込みの両方を搭載していれば、より幅広いシーンで快適に音楽を楽しめます。

屋外やスポーツ時に役立つ「防水・防塵機能」

By: amazon.co.jp

屋外やスポーツ時などに使いたい方は、防水・防塵機能も要チェック。屋外・アウトドアシーンなどでは、雨や川、汗などでイヤホンが水に濡れてしまう可能性が高くなります。そのため、安全に使うためにも、防塵・防水性能を事前にチェックしておきましょう。

防塵・防水性能は、国際電気標準会議で定められた「IP」に続く数値で決定。防塵性能はIP6X、防水性能はIPX8が最大等級です。防塵性能が高いと、微細な粉塵レベルの物体が入らないため、アウトドアシーンなどでも安心して使用可能。防水性能が高いと、汗や雨からイヤホンを守れるだけでなく、プールやシャワーなどからも保護できます。

ケーブルの抜き差しが必要ない「ワイヤレス充電」

By: amazon.co.jp

手軽に完全ワイヤレスイヤホンを充電したい方は、ワイヤレス充電に対応したモデルがおすすめです。ワイヤレス充電とは、充電器の上に置くだけで充電できる機能のこと。ケーブルの抜き出しが不要なため、ケーブルの断線などのリスクがないのも特徴です。

ワイヤレス充電器は「Qi(チー)」という規格を採用しているモノがほとんど。Qiは汎用性が高く、イヤホンはもちろん、スマホなどでも多く採用されています。

一方、ワイヤレス充電は、手軽に充電できる反面、ケーブルよりも充電速度が遅めな点に注意。また、Qiは電磁誘導方式を採用しており、位置のずれに弱いため、充電位置がずれてしまうと充電されないのがデメリットです。

ハンズフリー通話ができる「通話機能」

By: sony.jp

完全ワイヤレスイヤホンでハンズフリー通話をしたい方は、通話機能にも注目しましょう。基本的に完全ワイヤレスイヤホンはほとんどのモデルにマイクが内蔵されており、スマホと接続すればハンズフリー通話を楽しむことができます。とはいえ、マイクの性能はメーカー・モデルによってそれぞれなので確認しておきましょう。

ビジネスシーンなどで高品質な通話が求められる場合は、高音質なやり取りができる高性能マイクを備えたモデルがおすすめ。通話用のノイズキャンセリング機能を搭載したモデルなら、周囲のノイズを低減してクリアな音声を相手へ届けられます。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

「ソニー」は、東京都港区に本社を置く日本の総合電機メーカーです。オーディオ機器をはじめ、テレビやビデオカメラ、家庭用ゲーム機など幅広い製品を展開。いずれのジャンルも最新技術を活かした製品がラインナップされています。

完全ワイヤレスイヤホンに関しては、ラインナップが豊富なのが特徴。高性能なノイズキャンセリング機能を搭載したモデルや、LDACコーデックに対応したモデルなどが存在します。音質にこだわりたい方、機能性の優れたモデルを探している方にもおすすめのメーカーです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: audio-technica.co.jp

「オーディオテクニカ」は、東京都町田市に本社を置く日本の音響機器・映像機器メーカーです。ヘッドホンをはじめ、イヤホンやマイクなど幅広いオーディオ機器を展開。ラインナップも豊富です。

完全ワイヤレスイヤホンに関しては、比較的リーズナブルに購入できる高コスパモデルから、ノイズキャンセリングを搭載した高性能モデルまで幅広くラインナップ。ワイヤレス充電に対応したモデルも存在します。自分に合ったモデルを見つけたい方におすすめのメーカーです。

アップル(Apple)

By: amazon.co.jp

Appleは、アメリカ合衆国にある多国籍テクノロジー企業。iPhoneやiPad、Macbook、Apple Watchなどさまざまなハードウェア製品を展開しているのが特徴です。

完全ワイヤレスイヤホンに関しては、AirPodsシリーズをラインナップしています。AirPods Proは、アクティブノイズキャンセリングなど便利な機能を搭載。ケースはワイヤレス充電に対応しています。AirPods Proよりも安く購入できるAirPodsも存在。種類は少なめですが、シンプルなデザインでApple製品との相性もよいので、iPhoneユーザーなどにおすすめです。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめランキング|高音質

第1位 アップル(Apple) MagSafe充電ケース付きAirPods(第3世代) MME73J/A

耳にフィットするデザインが魅力の完全ワイヤレスイヤホンです。軽量なうえ着け心地に優れており、長時間快適にリスニングできるのが特徴。低域と中域の周波数を調節して、さまざまな曲を細部まで高音質で表現できます。

また、臨場感あふれるリスニング体験を実現できる「空間オーディオ」に対応しているのも魅力のひとつ。内蔵されているジャイロスコープと加速度センサーが頭の動きを検知して、音楽や映画シーンの中心にいるかのように聞こえます。

置くだけで手軽に充電できるワイヤレス充電に対応しているのもポイント。さまざまなApple製品と簡単に接続などを行える点もメリットです。

第2位 ボーズ(Bose) QuietComfort Earbuds

独自の音響構造で優れたハイ・フィデリティオーディオを実現した完全ワイヤレスイヤホン。曲の音量に合わせて最適化する「アクティブEQテクノロジー」を搭載しており、音量を変えてもバランスの取れた高音質をリスニングできるのが特徴です。

優れたノイズキャンセリングを搭載しており、静寂のなかで高音質をリスニングできるのも魅力のひとつ。ノイズを抑えながら周囲の状況も把握できる「Awareモード」を備えているのもポイントです。

耳から外れにくく快適に装着できる点もメリット。タップやタッチ、スワイプなどで曲の操作やノイズキャンセリングの操作などを直感的に行えます。

第3位 パナソニック(Panasonic) Technics ワイヤレスステレオインサイドホン EAH-AZ60

独自の音響技術でリアルな高音質を再生できる完全ワイヤレスイヤホンです。臨場感あふれるリアルな高音質を実現。ワイヤレスでもハイレゾ音質を実現できるLDACコーデックに対応しているのも特徴です。

自分の声だけをクリアに相手へ届けられる独自の通話音声処理技術「JustMyVoice」テクノロジーを搭載しているのも魅力。加えて、自分の声とそれ以外の音を区別してノイズを低減する「ビームフォーミング技術」も備えているので、高品質なハンズフリー通話が可能です。

デュアルハイブリッドノイズキャンセリングを搭載しており、静寂のなかで高音質サウンドを楽しめるのもポイント。イヤホンを装着したまま周囲の音を取り込める外音取り込み機能「アンビエント」も備えているので、幅広いシーンで快適に使用できます。

第4位 ジェイビーエル(JBL) ハイブリッドノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン LIVE FREE 2

優れた機能性を実現した完全ワイヤレスイヤホンです。高音質を実現する高性能な11mmダイナミックドライバーを搭載。JBLらしい豊かな低音とクリアで伸びのある高音域を再生できるのが特徴です。

リアルタイムでノイズを調節できるハイブリッドノイズキャンセリングを搭載しているのも魅力。どこにいても音楽や動画に集中できます。周囲の音を取り込める外音取り込み機能も備えているので、周囲の状況も把握可能です。

耳にフィットしやすい「デュアル・オーバルシェイプデザイン」を採用しており、快適性・密閉性に優れている点もメリット。低音から高音まで余すことなくリスニングできます。

第5位 ビーツ(Beats) Beats Studio Buds MJ4X3PA/A

ユニークでおしゃれなデザインが魅力の完全ワイヤレスイヤホンです。独自のアコースティックプラットフォームにより、パワフルでバランスの取れたサウンドを実現。アーティストが届けたいサウンドを高音質でリスニングできるのが特徴です。

アクティブノイズキャンセリングを搭載しており、静寂のなかで音楽に集中できるのも魅力。外部音取り込みモードを使用すれば、周囲の状況も把握しながら音楽を楽しめます。

シリコーン製イヤーチップを3サイズ同梱しており、自分好みのフィット感にカスタマイズできるのもポイント。イヤホン単体で最大8時間、充電ケースと合わせて最大24時間再生できるロングバッテリーを内蔵しているので、時間を気にせず使用できます。

第6位 ファイナル(final) ZE3000 FI-ZE3DPLTW

超低歪を実現するドライバー「f-Core for Wireless」を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。ほかの音に埋もれて聴こえにくかった1音1音の細かい部分を明瞭に聞き分けられるのが特徴です。

また、音楽の空間の広さまでしっかり感じられるのも魅力のひとつ。aptXとAACコーデックに加えて、高音質・低遅延コーデックであるaptX Adaptiveにも対応しているため、幅広い機種で快適に音楽を楽しめます。

優れた装着感と遮音性を両立するイヤーピースを5サイズ同梱しているのもポイント。自分に合ったフィット感で、長時間でも快適に音楽を楽しめます。

第7位 バング&オルフセン(BANG&OLUFSEN) Beoplay EX

高級感のあるデザインが魅力の完全ワイヤレスイヤホン。9.2mmドライバーを搭載し、コンパクトながらパワフルな高音質サウンドを再生できるのが特徴です。

アクティブノイズキャンセリングを搭載しており、周囲が騒がしい環境でも快適に音楽をリスニング可能。マイクが口に近い配置になっているうえ、ビームフォーミング技術を採用しているため、いつでもクリアなハンズフリー通話ができます。

IP57相当の防塵・防水性能を備えているので、幅広いシーンで気兼ねなく使えるのもポイント。デザイン・音質・機能性の優れたモデルを探している方におすすめです。

第8位 ゼンハイザー(SENNHEISER) CX Plus True Wireless

ハイレゾ相当の高音質が楽しめるaptX Adaptiveコーデックに対応した完全ワイヤレスイヤホン。アクティブノイズキャンセリングを搭載しており、環境問わず上質なサウンドだけをリスニングできます。

人間工学に基づいたデザインと、4サイズから選べるイヤーピースにより、快適な装着感とフィット感を得られるのも魅力。音楽や通話などを直感的に操作できるタッチコントロールも搭載しています。また専用アプリと連携してイコライザー調節できるので、自分好みのサウンドにカスタマイズできるのもポイントです。

第9位 ボーズ(Bose) Sport Earbuds

スポーツシーンでも快適に音楽を楽しめる完全ワイヤレスイヤホン。独自の音響ポートとプレミアムドライバーにより、音量問わずクリアでバランスの取れた高音質サウンドを再生できるのが特徴です。

どんなに動いても外れにくい「StayHear Maxチップ」を3サイズ同梱しており、快適に装着できるのも魅力。IPX4相当の防水性能を備えているので、汗や雨からイヤホンを保護できます。

タッチコントロールで指先で簡単に操作できるのもポイント。運動中でも曲の操作や着信の応答などがこなせます。

第10位 ファーウェイ(HUAWEI) FreeBuds Pro 2

優れた機能性を実現した完全ワイヤレスイヤホンです。「マイクロ平面振動板ドライバー」と「11mmクアッドマグネット・ダイナミックドライバー」を採用したデュアルドライバー構成が特徴。LDACコーデックに対応しているので、ワイヤレスでもハイレゾの高音質をリスニングできます。

3つの高感度マイクによるアクティブノイズキャンセリングを搭載し、静寂のなかで音楽を楽しめるのも魅力。医療グレードのシリコンを使用したイヤーチップを採用しているので、優れた装着安定性を実現しています。

IP54相当の防塵・防水性能を備えているため、幅広いシーンで使いやすい点もメリット。機能性や音質などさまざまな面で優れたフラグシップモデルです。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめランキング|ノイズキャンセリング搭載

第1位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM4

業界でも最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現した完全ワイヤレスイヤホンです。低音域から高音域まで幅広い帯域のノイズを低減できるのが特徴。町中やカフェなど周囲に人がいる状況でも音楽に集中できます。

ウォークマンなどでワイヤレスでもハイレゾ音質を楽しめるLDACコーデックに対応しているのも魅力のひとつ。AndroidでもiPhoneでもさまざまな圧縮音源をハイレゾレベルの高音質で楽しめる「DSEE Extreme」も搭載しています。

高精度な音声処理を施せる「ボイスピックアップテクノロジー」を備えているのもポイント。クリアで快適なハンズフリー通話が可能です。機能性の優れたモデルを探している方はチェックしてみてください。

第2位 アップル(Apple) AirPods Pro(第2世代) MQD83J/A

高性能なアクティブノイズキャンセリングを搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。iPhoneやiPadなどを手掛ける「Apple」が販売しており、Appleデバイス間でシームレスに接続切り替えできるのが特徴。タッチコントロールで楽曲操作や音量調節などを直感的に設定できます。

自分の耳に合わせて音楽をリアルタイムで調節する「アダプティブイコライゼーション」を搭載しているのも魅力。深みのある豊かな低音から明瞭な高音まで再生できます。

4サイズのシリコーン製イヤーチップを同梱しており、自分に合った密閉性と装着感を実現可能。イヤホン単体で最大6時間、充電ケースと合わせて最大30時間再生できるロングバッテリーも内蔵しています。充電ケースには、バッグなどに取り付けられるストラップループが付いているので、持ち運びしやすいのもおすすめポイントです。

第3位 アップル(Apple) AirPods Pro MagSafe対応 MLWK3J/A

iPhoneやiPadなどApple製品と相性のよい完全ワイヤレスイヤホンです。アクティブノイズキャンセリングを搭載し、さまざまな環境で音楽に集中できるのが特徴。イヤホンを装着したまま周囲の状況を把握できる「外部音取り込みモード」に切り替えることもできます。

3サイズのシリコーン製イヤーチップを同梱しており、自分の耳のサイズに合わせてフィット感をカスタマイズできるのも魅力のひとつ。密閉性も優れているので、優れたノイズキャンセリング性能を発揮できます。

歪みの少ない専用ドライバを搭載し、パワフルな低音を再生できる点もメリット。MagSafe充電ケースを採用しているため、ケーブルを使わなくてもワイヤレス充電できます。シンプルなデザインなので、さまざまなファッションに合わせやすく、幅広いシーンで使いやすいのもおすすめポイントです。

第4位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM3

ノイズキャンセリング性能の優れた完全ワイヤレスイヤホンです。「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1e」と「デュアルノイズセンサーテクノロジー」により、高性能なノイズキャンセリングを実現。低音から中高音まで幅広いノイズを低減できるのが特徴です。

さまざまな圧縮音源をハイレゾレベルの高解像度音源にアップスケーリングする高音質技術「DSEE HX」を搭載しているのも魅力。音質にこだわりたい方にも適しています。

耳の3点で支える「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用しており、高い装着性と安定性を実現。アプリと連携することで、イコライザー調節などさまざまな機能をカスタマイズできます。

第5位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット LinkBuds S

小型かつ軽量なデザインが魅力的な完全ワイヤレスイヤホンです。高性能ノイズキャンセリング機能を搭載しており、没入感のあるリスニング体験を実現。周囲の音が聞こえる外音取り込みモードも備えています。シーンに応じてノイズキャンセリングと外音取り込みを自動で切り替える「アダプティブサウンドコントロール」を搭載しているのも特徴です。

耳から飛び出す部分を控えめにした設計で、安定した装着性を得られるのも魅力。耳の複雑な凹凸に干渉しにくい形状を採用しているので、長時間でも快適にリスニングできます。

ワイヤレスでもハイレゾ音質を楽しめるLDACコーデックにも対応。AndroidでもiPhoneでさまざまな圧縮音源をハイレゾレベルの高音質で楽しめる「DSEE Extreme」を搭載しているのもおすすめポイントです。

第6位 オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスイヤホン ATH-TWX9

さまざまな便利機能を搭載した高性能な完全ワイヤレスイヤホンです。ノイズキャンセリング機能の搭載により、没入感のあるリスニング体験を実現。独自開発のノイズフィルター設計によりノイズキャンセル性能を高めており、不要なノイズを低減可能です。

外の音を自然に取り込める「ヒアスルー機能」を備えているのも魅力。イヤホンを装着したまま周囲の状況を把握できます。直径5.8mmの高解像ドライバーを搭載しており、妥協のない優れたサウンドを楽しめる点もメリット。音質にこだわりたい方にもおすすめです。

また、ビームフォーミングマイク技術により、クリアな音声を相手へ届けられます。ビジネスシーンなどで高品質なハンズフリー通話を楽しみたい方にもおすすめです。

第7位 アンカー(ANKER) Soundcore Life P3

機能性の優れた完全ワイヤレスイヤホンです。環境に合わせてモード選択できる独自の「ウルトラノイズキャンセリング」を搭載しているのが特徴。さまざまな環境で音楽に集中できます。

イヤホンを装着したまま会話など重要な音を聞ける外音取り込み機能を搭載しているのも魅力のひとつ。イヤホン単体で最大7時間、充電ケースと合わせて最大35時間再生できるロングバッテリーもメリットです。置くだけで充電できるワイヤレス充電にも対応しています。

ノイズリダクション機能を搭載したマイクを6つ搭載しており、クリアなハンズフリー通話ができるのもポイント。映像と音のズレを低減する「ゲーミングモード」も備えているので、アプリゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

第8位 ビーツ(Beats) Beats Fit Pro MK2F3PA/A

独自のアコースティックプラットフォームによりパワフルでバランスの優れたサウンドを楽しめる完全ワイヤレスイヤホンです。アクティブノイズキャンセリングを搭載し、不要なノイズを低減可能。周囲の音を取り込んで自然な環境で音楽を聴ける「外部音取り込みモード」も備えています。

耳の形に合わせてフィットするウィングチップを採用しているのも魅力のひとつ。快適で安定した着け心地をキープできます。ランニングなどスポーツシーンにもおすすめです。

「Apple H1チップ」を搭載しており、iPhoneやiPadなどAppleデバイス間をシームレスに切り替えられるのもポイント。IPX4相当の耐汗耐水性能を備えているので、汗や雨からもイヤホンを保護できます。

第9位 ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM True Wireless 3

高級感のあるスタイリッシュなデザインが魅力の完全ワイヤレスイヤホンです。周囲の騒音レベルに合わせてノイズキャンセル度合いを調節できる「アダプティブノイズキャンセリング」と、ハイブリッド型のノイズキャンセリングで、さまざまなノイズを低減して音楽に集中できます。

周囲の音を聞き取れる「トランスペアレントヒアリング」を備えているのも魅力。イヤホンを装着したまま会話などをこなせます。

左右合わせて4基のビームフォーミングマイクを搭載しており、自身の声を集音してクリアなハンズフリー通話が可能。IPX4相当の防滴仕様なので、汗や雨からもイヤホンを保護できます。ワイヤレス充電に対応しているのもおすすめポイントです。

第10位 オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスイヤホン SOLID BASS ATH-CKS50TW

迫力ある重低音をリスニングできる「SOLID BASSシリーズ」の完全ワイヤレスイヤホンです。没入感のあるリスニング体験を実現できるノイズキャンセリング機能を搭載。周囲の音を取り込みながら重低音を楽しめる「ヒアスルー機能」も備えています。

装着しやすく外れにくいイヤホンデザインも魅力のひとつ。イヤホンと耳の接着部分を増やすことで耳への負担を抑え、長時間快適に装着できるのもポイントです。

映像と音のズレを低減させて動画やゲームを快適に楽しめるaptX Adaptiveに対応している点もメリット。ボタンは直感的に操作できるため、わざわざスマホを取り出さずにほとんどの操作をこなせます。重低音を静寂のなかで楽しみたい方におすすめのモデルです。

第11位 ジャブラ(Jabra) Elite 5

外側からのノイズと内側からのノイズを低減できる「ハイブリッド アクティブノイズキャンセリング機能」を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。幅広いノイズを低減できるため、さまざまな場所で音楽に集中できるのが特徴です。

6-マイクテクノロジーにより、場所を選ばず快適にハンズフリー通話ができるのも魅力のひとつ。IP55相当の防塵・防水性能を備えているので、汗や雨を気にせず幅広いシーンで使えます。

6mmスピーカーを搭載し、パワフルなサウンドをリスニングできる点もメリット。AAC・aptX両方のコーデックに対応しているため、iPhoneでもAndroidでも高音質・低遅延を実現できます。通話性能の優れたモデルを探している方にもおすすめです。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめランキング|安い・コスパ重視

第1位 JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-A5T

コンパクトかつ軽量なのが魅力の完全ワイヤレスイヤホンです。片耳わずか3.9gと軽量設計のため、長時間着用しても疲れにくいのが特徴。充電ケースは持ちやすいラウンド形状で、持ち運びにも適しています。

コンパクトながらイヤホン単体で約5時間、充電ケースと合わせて約15時間再生できるロングバッテリーを搭載。マイクを内蔵しているので、テレワークやオンライン授業などハンズフリー通話が楽しめます。

IPX4相当の防水性能を備えているのもポイント。汗や雨を気にせず使えます。

第2位 ヤマハ(YAMAHA) TRULY WIRELESS EARPHONES TW-E3B

快適に音楽をリスニングできる高コスパな完全ワイヤレスイヤホンです。音量に合わせて音のバランスが最適になるように補正される独自の「リスニングケア」を搭載。自然で聴き取りやすいサウンドを実現でき、耳への負担を軽減できます。

AACとaptX両方のコーデックに対応しているため、iPhoneでもAndroidでも高音質・低遅延を楽しめるのも魅力。音切れもしにくいので、快適かつ長時間のリスニングが可能です。

コンパクトサイズのハウジングを採用しており、耳にしっかりと装着できるのもポイント。密閉性も高いので、音漏れもしにくい仕様です。楽器メーカーならではのこだわりのチューニングが施されており、低域再生と高域再生を両立しています。

第3位 JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット Victor HA-A30T

比較的リーズナブルながらノイズキャンセリングを搭載した高コスパな完全ワイヤレスイヤホン。周囲のノイズを気にせず音楽や通話に集中できるのが特徴です。

高磁力ネオジウムマグネットを採用した高音質ドライバーを搭載しているのも魅力。丹念にチューニングされているため、クリアで心地のよいサウンドを再生できます。「バスブーストモード」を使用すれば迫力あるサウンドをリスニング可能です。

片耳4.2gと軽量設計なので、長時間着用しても疲れにくい点もメリット。充電ケースはポケットサイズなので、手軽に持ち運べます。音と映像のズレを抑えられる「低遅延モード」を搭載しているので、動画やゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

第4位 JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-A8T

耳への圧迫感が少ない開放型の完全ワイヤレスイヤホンです。耳にフィットしやすい形状のため、快適に音楽をリスニングできるのが特徴。小型充電ケースを採用しているので、持ちやすい仕様です。

口径10mmの高音質ドライバーを搭載しており、低域から高域までバランスの取れたサウンドをリスニング可能。バスポートを備えているので、開放型ながら迫力ある低音サウンドを再生できます。

イヤホン単体で約6時間、充電ケースと合わせて約15時間再生できるロングバッテリーを内蔵しているのも魅力。ワンタッチで簡単に操作できるため、わざわざスマホを取り出さなくてもさまざまな操作をこなせます。開放的なサウンドを楽しみたい方におすすめです。

第5位 アンカー(ANKER) Soundcore Liberty Neo 2

IPX7相当の優れた防水性能を備えた完全ワイヤレスイヤホンです。汗や雨を気にせず音楽や通話を楽しめるのが特徴。置くだけで手軽に充電できるワイヤレス充電にも対応しています。

イヤホン単体で最大10時間、充電ケースと合わせて最大40時間再生できるロングバッテリーを実現。時間を気にせず長時間音楽を楽しめます。また、わずか10分の短時間充電で約2時間再生できるので、出かける前に充電を忘れてしまっても安心です。

片耳だけで音楽を楽しめる「モノラルモード」を搭載しているのも魅力。イヤーチップとイヤーウイングは複数サイズ同梱されているので、自分の耳に合ったフィット感に調節できます。長時間使える高コスパモデルを探している方におすすめです。

第6位 アンカー(ANKER) Soundcore Life Note 3S

耳に圧迫感を与えにくいインナーイヤー型を採用した完全ワイヤレスイヤホンです。開放感のある形状で、聴き疲れしにくいサウンドを実現。重量約4.3gと軽量設計なので、長時間でも快適に音楽を楽しめます。

13mmドライバーと独自の「BassUPテクノロジー」の搭載により、パワフルで迫力のあるサウンドをリスニングできるのが特徴。専用アプリと連携することで、低音から高音まで自分好みにイコライザーをカスタマイズできます。

イヤホン単体で最大5時間、充電ケースと合わせて最大35時間再生できるロングバッテリーを内蔵。置くだけで簡単に充電できるワイヤレス充電にも対応しています。映像と音のズレを低減できる「ゲームモード」を搭載しているので、ゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

第7位 オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスイヤホン ATH-SQ1TW

直感的に使いやすい完全ワイヤレスイヤホンです。イヤホンを取り出すだけで電源ON、ケースにしまうだけで電源OFFにできるのが特徴。楽曲の操作や音量調節などをタッチセンサーで直感的に操作できます。

両耳での使用はもちろん、片耳でも通話や音楽が楽しめるのも魅力のひとつ。イヤホン単体で約6.5時間、充電ケースと合わせて約19.5時間再生できるバッテリーを内蔵しています。わずか約15分の充電で約60分の再生ができるので、充電を忘れてしまっても安心です。

音と映像のズレを低減できる「低遅延モード」を搭載しているのもポイント。スマホやタブレットで動画視聴やゲームを楽しみたい方にもおすすめのモデルです。

第8位 ag COTSUBU

片耳約3.5gの軽量設計が魅力の完全ワイヤレスイヤホンです。装着を忘れてしまうほど軽い着け心地が特徴。イヤーピースは3サイズ同梱しているので、自分の耳に合ったフィット感にカスタマイズできます。SSサイズからあるため、耳が小さい方にもおすすめです。

スピーカーの音響特性を追求しイコライザーを補正することで、迫力のある低音とクリアなボーカルを両立しているのも魅力のひとつ。聴き疲れしにくい自然な音質を楽しめます。

ケースのフタを開けるだけでペアリングが開始される「オートペアリング機能」を搭載している点もメリット。片耳で音楽を楽しめる「片耳モード」も備えています。高性能なMEMSマイクの搭載により、クリアで快適な通話が可能です。

第9位 アビオット(AVIOT) TE-D01q2

比較的リーズナブルながらノイズキャンセリング機能を搭載した高コスパな完全ワイヤレスイヤホンです。独自のアルゴリズムにより、幅広いノイズを低減できるのが特徴。音楽だけに包まれる感覚を味わえます。

イヤホンを装着したまま周囲の状況を把握できる「外音取込モード」を搭載しているのも魅力。重要な音を聴き逃したくないシーンでも安心して使えます。

人間の聴覚特性を考慮したチューニングと大口径10mmダイナミック型ドライバーにより、息遣いや繊細なニュアンスまで表現できるのもポイント。機能性はもちろん、音質にもこだわりたい方におすすめの高コスパモデルです。

第10位 オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン SOLID BASS ATH-CKS5TW

小型ながら量感のある低域を楽しめる「SOLID BASS」シリーズの完全ワイヤレスイヤホンです。厚みのある重低音を楽しめるのが特徴。中高域の鮮明さもしっかりと感じられます。

イヤホン単体で15時間再生できるロングバッテリーを内蔵しているのも魅力。充電ケースと合わせれば最大45時間再生できるので、充電する手間を大幅に軽減できます。

cVcテクノロジーを内蔵したマイクにより、外出先でも明瞭で自然なハンズフリー通話が可能。重低音を楽しみたい方はもちろん、通話品質にこだわりたい方にもおすすめです。

完全ワイヤレスイヤホンの売れ筋ランキングをチェック

完全ワイヤレスイヤホンのランキングをチェックしたい方はこちら。