製品ジャンルとして確立され、ラインナップが豊富に展開されている「完全ワイヤレスイヤホン」。火付け役となったAppleの「AirPods」を筆頭に、Boseやオーディオテクニカといったオーディオメーカーも魅力的なモデルをリリースしているほか、新興ブランドのアイテムも注目を集めています。

そこで今回は、完全ワイヤレスイヤホンの選び方とおすすめモデルをご紹介。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

完全ワイヤレスイヤホンとは?

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンとは、左右が完全に独立しているイヤホンのことを指します。Bluetooth接続によりコードレスで使えるのが特徴。最近のスマホはイヤホンジャックが採用されなくなってきていることから、急速に普及しています。

完全ワイヤレスイヤホンは、「トゥルーワイヤレスイヤホン」「フルワイヤレスイヤホン」「左右独立型イヤホン」「耳栓型イヤホン」とも呼ばれており、海外では「True Wireless Steleo」を略してTWSとも呼ばれます。

完全ワイヤレスイヤホンのメリット

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンはケーブルがないのがメリット。有線のように動きが制限されないのでスポーツでも使いやすく、通勤・通学時もケーブルの煩わしさを感じることなく音楽を聴けます。

また、Bluetoothで接続するため、スマホなど音楽を流すデバイスから離れた状態でも聴けるのがメリットです。イヤホン側で音量の調節や、曲のスキップなどができる製品なら、カバンの中にスマホを入れたままでも音楽を楽しめます。

さらに、完全ワイヤレスイヤホンは、カバンの中でケーブルが絡まる心配がないのもポイント。専用の収納ケースが付属するモノなら持ち運びにも便利です。小さく軽いので長時間のリスニング時にも快適。移動時にストレスを感じやすい、ケーブルの擦れによるタッチノイズもなく、音楽に集中できます。

完全ワイヤレスイヤホンの選び方

接続の安定性をチェック

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンは、接続が途切れるというリスクがありますが、Bluetoothの規格が新しいほど途切れにくく、接続に安定感があります。Bluetooth4.2以上のバージョンが搭載されているものであれば、有線ほどではないものの安定した接続で音楽を聴くことが可能です。

なお、Bluetooth規格はイヤホンだけでなく、プレーヤー側が最新の規格に対応しているかどうかも重要なポイント。音の途切れが心配な方は、受信側と送信側の両方が最新のバージョンに対応しているかをチェックしましょう。

連続使用できる時間をチェック

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンはバッテリーで稼働しているので連続再生時間に限りがあります。そのため、購入前に連続使用可能時間を確認しておきましょう。通勤・通学などでの使用時間をあらかじめ計算し、十分再生時間の足りているモノを選ぶのがおすすめです。

また、付属ケースによって充電できるモデルなら2〜3回程度本体をフル充電させられるため、最大再生時間がより長くなるのでチェックしておきましょう。

装着時のフィット感をチェック

By: amazon.co.jp

ケーブルがない完全ワイヤレスイヤホンは、耳から外れて紛失してしまう恐れがあるので、自分の耳にフィットするアイテムを選ぶことが重要。多くの製品はイヤホンをそのまま耳に差し込むだけですが、フィット感を高めて紛失を防ぎたいという方は、イヤーフックを備えたモデルがおすすめです。

防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンを選ぶ際は防水・防塵性もチェックしましょう。通勤・通学で活用する程度であれば、軽度の防水対応でも十分ですが、エクササイズやジョギング、ランニングなどのスポーツシーンでも使いたい方は汗や雨をしっかりカバーできるタイプがおすすめです。

防水や防塵性能は「IP65」などと表記されます。この場合1つ目の数字6は防塵性能の高さを表し、2つ目の5は防水性能の高さを表します。防塵はほこりやちりが内部に入り込むことを防ぎ、本体を守るための性能。1~6まで等級があり、5で十分な防塵性能、6ならば完全防塵を表します。

防水には1~8までの等級があり、スポーツ目的なら4以上がおすすめです。6以上でシャワーなどの直接噴流に強くなり、7以上ならば水没しても故障するリスクを抑えられます。汗をかきそうなシチュエーションや、水の多い場所での使用頻度が高い方におすすめです。

Bluetoothバージョンや対応コーデックをチェック

By: amazon.co.jp

Bluetooth接続の完全ワイヤレスイヤホンは、自由に動ける一方で音質が有線よりも劣るのと、接続が不安定になりやすい傾向にあります。より接続を安定させるためには、Bluetoothのバージョンをチェックしておきましょう。

Bluetoothのバージョンは5.0まであり、最新のモノほど接続が安定しています。音飛びを防ぐためには、少なくともBluetooth4.2以上のバージョンを選ぶのがおすすめです。

また、より高音質で聴くためにはコーデックにも注目しましょう。コーデックとは、オーディオデバイスからイヤホンへ音のデータを送る際に、音を圧縮する規格のことです。

広く採用されているのはSBCコーデックで、対応する機器が多い汎用性の高さが魅力です。また、音質重視の方にはAAC・aptXなどがおすすめです。AACはiPhoneなどに搭載されており、aptXは一部のAndroid端末が採用しています。

用途で選ぶ

スポーツ

By: amazon.co.jp

スポーツ用に使う場合、激しい動きをしても耳から外れないように、フィット感に優れたモノを選びましょう。なかでも、耳に合ったサイズを選択しやすいよう、イヤーフック・イヤーウィングの付いたモノや、さまざまなサイズのイヤーピースが付属するモノがおすすめです。

また、屋外で利用する方は、周囲の音を聞きながら付けられるインナーイヤー型のモノもおすすめ。遮音性の高いカナル型イヤホンや、ノイズキャンセリング機能付きのモノが欲しい方は、外音取り込み機能の付いているモノを選びましょう。

加えて、汗をかいても故障しないように、防水性能IPX3以上のモノを選びましょう。雨天時のランニングにも利用したいという方は、IPX6以上のモノがおすすめです。

通勤・通学

By: rakuten.co.jp

通勤・通学で使用する場合は、接続の安定性を重視するのがおすすめです。駅構内やバスなど人の多い場所では電波が途切れやすいので、よりBluetooth規格が新しいモノを選びましょう。

また、通勤・通学時間が長い方は、バッテリー持ちにも注目です。通勤・通学時間中にバッテリーが切れないか確認しておきましょう。収納ケースに充電機能の備わったモノなら仕事中でも充電できるので、より長時間使用できます。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーはスマホやテレビはもちろん音響機器でも高い技術力を有しています。ハイレゾ相当の音源対応モデルや、高音質コーデック対応モデルなど、高品質かつバラエティ豊かなイヤホンを多く展開していますが、完全ワイヤレスイヤホンのクオリティも安定しています。

音質などの基本性能をはじめとして、防水性能やノイズキャンセリング機能なども搭載したモデルが多く、安心感のあるメーカーです。

アップル(Apple)

By: biccamera.com

シンプルなデザインの製品が多いAppleのイヤホン。なかでも、「AirPods」は、完全ワイヤレスイヤホンが有名になるきっかけにもなった製品です。発売以降、売り切れが続出しており、現在も最新版がリリースされるたびに注目されています。Appleの完全ワイヤレスイヤホンはiPhoneやmacOSとの連携が簡単なので、Appleユーザーには特におすすめです。

ジャブラ(Jabra)

By: amazon.co.jp

ジャブラは創業約150年と歴史の長い北欧デンマークのメーカー。北欧らしくスタイリッシュでおしゃれなデザイン性の高さが特徴です。

もともとは補聴器や聴覚計測機器のメーカーだったため、ジャブラのイヤホンは高い機能性を有しているのがポイント。ノイズキャンセリング機能や2台の端末への接続機能など、便利な付加機能を搭載したものが多く、専用アプリを使用することでイコライザーによる音のカスタマイズも可能です。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめモデル

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WF-SP900

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WF-SP900

音楽プレーヤーとしても使える完全ワイヤレスイヤホンです。約920曲を保存できる4GBのストレージ機能を搭載しており、イヤホン本体にデータを保存できるため、スマホなどのデバイスと接続していない状態でも音楽を再生できます。

内部ストレージを利用した再生時には、最大で6時間再生できるので長距離移動にもおすすめ。ただ、ワイヤレス接続時には3時間しか再生できないため注意が必要です。長時間使う場合は、内部ストレージ機能や充電機能付きの収納ケースを上手く活用しましょう。

また、JIS保護等級でIP65相当の高い防水性能を備えており、水中でも音楽を楽しめるのが魅力。外音取り込み機能もあり、屋外でのスポーツにもおすすめです。イヤーチップには耳にフィットしやすいアークサポーターが3サイズ付属し、耳にフィットします。

なお、本製品はバランスのよいBA(バランスドアーマチュア)ドライバーを採用したクリアなサウンドが特徴。聴き疲れしにくいほか、声を聞き取りやすいので、ハンズフリー通話にも向いています。AACコーデックにも対応しているのでiPhoneユーザーにおすすめのモデルです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000X

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000X

ノイズキャンセリング機能を搭載している完全ワイヤレスイヤホンです。騒がしい街中でも集中したい方におすすめ。専用アプリによってノイズキャンセリングの強弱をカスタマイズできるほか、アンビエントサウンドモードにすれば外音も取り込めます。

また、ケースから取り出すと自動で電源がオンになるのもポイント。ワンタッチでの接続にも対応しており、高い利便性があります。独自設計のイヤーピースでフィット感にも優れており、持ち運びにも便利です。

コーデックはSBC・AACを採用しており、iPhoneユーザーにおすすめ。サウンドの評価も高く、ほどよく引き締まった低音が中高音域を支えるバランスのよい音作りです。ジャズ・クラシックなどを再生すると楽器の繊細な表現を楽しめます。

なお、バッテリー持ちは、約1.5時間の充電で連続再生は最大3時間とやや短いので注意が必要です。しかし、収納ケースを利用すれば2回分の充電が可能なのでトータル約9時間再生でき、移動時に音楽を聴く場合も使えます。

アップル(Apple) Apple AirPods with Charging Case

アップル(Apple) Apple AirPods with Charging Case

Appleユーザーの方におすすめの完全ワイヤレスイヤホンです。MacやiPhoneなど、すべてのAppleデバイスと簡単に接続でき、「Hey Siri」と話しかけるだけでSiriを起動できます。

また、充電機能付きの収納ケースが付属しているのでバッテリー持ちも良好。1回の充電で最大5時間の連続再生ができ、収納ケースを使えば最大24時間以上の連続再生が可能です。急速充電にも対応しており、15分のケース充電で最大3時間のオーディオ再生ができます。

なお、外音が聞き取りやすいオープンイヤー型なので、通勤・通学におすすめです。マイク搭載でハンズフリー通話ができるのも魅力。デバイス間のシームレス接続にも対応しており、カバンに機器を入れたまま接続を切り替えられます。

ジャブラ(Jabra) Elite Active 65t 100-99010003-40-A

ジャブラ(Jabra) Elite Active 65t 100-99010003-40-A

アクティブなシーンで活躍する完全ワイヤレスイヤホンです。IP56の防塵・防水性能を備えており、シャワーを浴びながらでも使えます。Bluetooth5.0で接続も安定しているので、通勤・通学など人の多い場所で使用する方にもおすすめです。

また、イヤーチップは安定感・遮音性に優れたインイヤータイプで外れにくく、リスニングに集中できます。外音取り込み機能も採用しており、駅のアナウンスなどを聞きたい時にも便利です。

1回の充電で最大5時間連続再生できるバッテリー持ちのよさも魅力。充電機能付きケースを使えば最大で15時間再生できます。Bluetooth接続の自動切替機能もあり、複数のデバイスを使う方にもおすすめです。

さらに、風切音・ノイズ低減機能付マイクを搭載しているので、ハンズフリー通話にも便利。サウンドは音がクッキリと聴き取りやすいドンシャリ系ですが、専用アプリを使って好みの音色にイコライザー設定できます。

ボーズ(Bose) SoundSport Free wireless headphones

ボーズ(Bose) SoundSport Free wireless headphones

スポーツ向けに開発されたボーズの完全ワイヤレスイヤホンです。IPX4の防滴仕様で、軽いジョギングなどをする方におすすめ。StayHear+ Sportチップにはイヤーウィングが付いており、軽量でフィット感も良好なので長時間の使用にも向いています。

サウンドは、やや中高音域へ寄せたチューニング。豊かな低音が特徴的なボーズ製品のなかでも、ボーカルが聞き取りやすいクリアなサウンドが特徴です。音量に合わせて最適化するイコライザーを搭載しており、小音量でもバランスよく聴けます。

また、バッテリー持ちも優秀で約2時間の充電で最大5時間の連続再生が可能です。マグネット付きの収納ケースを使えば、さらに2回分の充電ができ約10時間再生が可能。急速充電にも対応しており、15分の充電で約45分間再生できます。

ジェイビーエル(JBL) UA SPORT WIRELESS FLASH UAJBLFLASH

JBL UA SPORT WIRELESS FLASH UAJBLFLASHBLK

運動をする方におすすめの完全ワイヤレスイヤホンです。アンビエントアウェア機能を搭載しているので、屋外でも安全に使用できるのがポイント。会話に便利なトークスルー機能も搭載しており、一緒にトレーニングする方の声もはっきりと聞き取れます。

また、本製品は激しい運動をしても耳から外れにくい独自設計のイヤーチップを採用しているのもポイント。イヤーチップ・スタビライザーは3サイズ付属し、さまざまな耳の形状にフィットします。IPX7対応のタフな製品なので、大量の汗やシャワーなどの水濡れにも耐えられます。

さらに、充電可能な収納ケースもIPX5仕様です。連続再生時間は最大5時間と平均的ですが、収納ケースを使えば最大25時間のワイヤレス再生が可能。バッテリー持ちやタフさ重視の方におすすめです。

ジェイビーエル(JBL) FREE X トゥルー・ワイヤレス・インイヤー型ヘッドホン JBLFREEXBLKBT

JBL JBL FREE X トゥルー・ワイヤレス・インイヤー型ヘッドホン JBLFREEXBLKBT

原曲そのままの音色を楽しみたい方におすすめの完全ワイヤレスイヤホンです。5.8mm径のドライバーを採用したフラットなサウンドが特徴。ハンズフリー通話にも対応しており、相手側の音声がクリアに聞こえます。

本製品は2時間の充電で最大約4時間の連続再生が可能。ややバッテリー持ちは悪いですが、充電機能付きイヤホンケースで、さらに20時間の再生ができます。ケースからイヤホンを取り出すと自動でBluetooth接続を行うので、使い勝手も良好です。

なお、イヤホン本体にはリモコン機能があり、曲のスキップ・一時停止なども簡単に操作できます。片耳イヤホンとしても使用可能なので、運転中も装着可能。シーンに合わせて柔軟に使えます。

また、IPX5対応なのでアクティブシーンにもおすすめ。人間工学に基づいて設計された3種類のイヤーチップと2種類のソフトカバーが付属しているので、フィット感も優れています。

アンカー(ANKER) Anker Soundcore Liberty Neo 完全ワイヤレスイヤホン A3906012

アンカー(Anker) Anker Soundcore Liberty Neo 完全ワイヤレスイヤホン A3906012

Bluetooth5.0に対応した完全ワイヤレスイヤホンです。接続が安定しているので、街中で使う方におすすめ。IPX5の防水性能とナノコーティングによる防汗性能を備えているのでスポーツシーンにもおすすめです。

また、イヤーチップ・イヤーウィングが付いているので動いても安定感があります。イヤーチップ・イヤーウィングはそれぞれ複数サイズが付属しているので、耳のサイズにフィットしやすいのが魅力です。

サウンドはクリアで、さまざまなジャンルの音楽に合わせやすいやや低音寄りのチューニング。AACコーデック対応でiPhoneユーザーにおすすめです。

なお、連続再生時間は1回のフル充電で最大3.5時間とやや短め。ただし、付属の充電ケースを使えば、トータルで最大12時間再生できます。充電ケースから取り出すと自動でペアリングするので、移動時の使用をメインに考えている方におすすめのモデルです。

サウンドピーツ(SoundPEATS) TrueFree+ ワイヤレスイヤホン

サウンドピーツ(SoundPeats) TrueFree+ ワイヤレスイヤホン

価格重視の方におすすめのリーズナブルな完全ワイヤレスイヤホンです。Bluetooth5.0を採用しており、接続が安定しているのが特徴。街中など、回線が混雑しやすい場所で使用したい方におすすめです。

また、IPX4の防水性能を備えているので、スポーツなどで軽く汗ばんでも故障するリスクが抑えられます。4種類のイヤーチップが付属し、さまざまな耳の形に合わせて装着できるのもポイント。片方のイヤホンだけ音楽を聴くこともできます。

1万円以下のモデルのなかでは音質もよく、iOS端末の場合はAACコーデックに対応。完全ワイヤレスイヤホンのエントリーモデルとしてもおすすめです。

アビオット(AVIOT) TE-D01g

アビオット(AVIOT) TE-D01g

「手のひらのジュークボックス」をコンセプトに開発された完全ワイヤレスイヤホンです。中央にカラーメタルを配置したスタイリッシュなデザインが特徴で、アクセサリーとして楽しみたい方にもおすすめ。機能性も優れており、特にバッテリー持ちが優秀です。

本製品の連続再生時間は最大10時間。チャージングケースを使用すれば、トータル50時間の再生が可能です。ケースから取り出すと自動で接続し、スマートに装着できます。

また、IPX7の防水性能があるのも魅力。ワークアウトで汗をかいても故障のリスクが抑えられるうえ、運動した後、装着したままでもシャワーを浴びられます。フィットしやすいエルゴノミクスな形状で、動いても耳から外れにくい仕様です。

さらに、AAC・aptXコーデックに対応しており、サウンド面の性能も優秀。やや低音寄りのフラットなチューニングで、幅広いジャンルの音楽を楽しめます。

アールエイチエー(RHA) TrueConnect 602030

RHA TrueConnect 602030

音質のよさに定評のある完全ワイヤレスイヤホンです。低音域にやや厚みを持たせているのが特徴。中高音域とのバランスも良好で、聴き疲れしにくい音作りがされています。高音質なAACコーデックに対応しているので、特にiPhoneユーザーにおすすめです。

また、IPX5の防水性能を備えているのでアクティブシーンにもおすすめ。人間工学に基づいたデザインで、さまざまな耳の形にフィットします。

ハンズフリー通話ができるのも魅力で、ビジネスシーンにもおすすめです。左右のイヤホンにはボタンがあり、曲の一時停止・スキップなどが直感的に操作できます。

バッテリー持ちも優秀で、1回の充電で約5時間の連続再生が可能です。チャージ機能付きの収納ケースで、最大25時間再生できるのもポイント。15分で50%まで回復する急速充電にも対応しており、充電が切れても素早く充電できます。

ソウル(SOUL) ST-XS2 SL-2007

ソウル(SOUL) ST-XS2 SL-2007

IPX7の高い防水性能を有している完全ワイヤレスイヤホンです。水没にも耐えられるタフな製品なのでスポーツにもおすすめ。グルーブを感じられる重低音寄りのサウンドはEDMやロックとマッチし、アクティブシーンを盛り上げます。

イヤーウィングを採用しているので動いても耳から外れにくく、フィット感も良好です。落下防止のイヤーフックも付属し、激しく動くスポーツでも快適に使用できます。

また、Bluetooth5.0で接続が安定しており、混雑している街中でもスムーズに繋げられます。ハンズフリー通話に対応しているのも特徴です。

バッテリー持ちもよく、最大5時間の連続再生が可能。充電機能付きの収納ケースを使えば、最大25時間の再生ができます。

ゼロ・オーディオ(ZERO AUDIO) True Wireless ZERO TWZ-1000

ゼロ・オーディオ(ZERO AUDIO) True Wireless ZERO TWZ-1000

AAC・aptXに対応している完全ワイヤレスイヤホンです。さまざまなデバイスで低遅延・高音質に再生できるのが魅力。Bluetooth5.0を採用しており、接続も安定しています。

サウンドは、ダイナミック型ドライバーを採用しているのが特徴。遮音性も高く、低音強めのチューニングですが、中高音域もクリアに再生できます。ロックやEDMなど、グルーブを感じながらボーカルもはっきり聴きたい楽曲を聴く方におすすめです。

また、人間工学に基づいて設計したデザインなので長時間の装着も快適なのもポイント。4種類のシリコンカバーが付属し、さまざまな耳の形状にフィットします。IPX5の防水設計で、スポーツシーンにもおすすめです。

マスター&ダイナミック(MASTER & DYNAMIC) True Wireless Earphones MW07

マスター&ダイナミック(MASTER & DYNAMIC) True Wireless Earphones MW07

アクセサリーのように身に着けられるデザイン性の高い完全ワイヤレスイヤホンです。全8種類の中から自分好みのモノを選べるのが魅力。特にハンドメイドのアセテートが使用されたモデルが個性的です。

また、見た目だけでなく音質も優秀なのが本製品のポイント。AAC・aptXコーデックに対応し、10mmの大型ダイナミックドライバーを採用した広がりのある高音質なサウンドが楽しめるので、各楽器の繊細な表現もクリアに聴こえます。

なお、連続再生時間は最大3.5時間とやや短め。ステンレス製のチャージャーケースを使えば3回充電できるので、移動時に音楽を聴くことが多い方におすすめです。