ケーブルなしで手軽に音楽が楽しめる「完全ワイヤレスイヤホン」。各メーカーから幅広いラインナップがありますが、リーズナブルに購入できるモデルから高音質モデルまで揃っており、どれを購入すべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ製品をご紹介します。選び方についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

完全ワイヤレスイヤホンとは?

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンとは、左右のイヤー部分がそれぞれ独立したタイプのイヤホン。オーディオ機器とイヤホン間のケーブルはもちろん、イヤー部分にもケーブルがないのが特徴です。

一般的なワイヤレスイヤホンと同様、接続には無線接続のBluetoothを採用。完全ワイヤレスイヤホンのほか、「左右独立型イヤホン」「トゥルーワイヤレスイヤホン」「TWS(Ture Wireless Stereo)」「フルワイヤレスイヤホン」などさまざまな名称で呼ばれることもあります。

完全ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリット

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンはケーブルがないため、ケーブル本来のデメリットを受けにくいタイプ。有線や一体型・ネックバンド型などのタイプと比較して、マフラーやカバンなどに引っかかってケーブルが外れてしまったり、ケーブルが衣類などに擦れることで発生する「タッチノイズ」がなかったりするのがメリットです。

また、本体も小型かつ軽量で持ち運びやすいのもポイント。iPhoneなどイヤホンジャックが廃止されているデバイスでも、充電しながら音楽を楽しめます。

一方、左右がケーブルで接続されていないため、紛失しやすい点に注意が必要。一体型やネックバンド型など比べてバッテリー容量も少ない傾向にあり、電池切れの頻度が高いこともデメリットに挙げられます。

完全ワイヤレスイヤホンの選び方

音質をチェック

By: sony.jp

完全ワイヤレスイヤホンを選ぶ際は、音質もチェックしましょう。ワイヤレスタイプのイヤホンで音質が大きく左右されるのが「対応コーデック」。コーデックとは音声や音楽などのデータを圧縮する規格のことで、ほとんどのモデルに標準で搭載されているのが「SBC」というコーデックです。

SBCより高音質・低遅延なコーデックが「AAC」と「aptX」の2つ。iPhoneやiPadなどのApple製品は「AAC」を、Android端末は「apt-X」を採用しています。そのほか、より優れた低遅延を実現している「apt-X LL」に対応したモノもラインナップされているので、使用用途に合わせて選んでみてください。

ただし、コーデックはオーディオ機器側とイヤホン側の双方が対応していなければいけない点に注意が必要。特に古い機種のスマホやオーディオ機器を使っている方は事前に確認しておきましょう。

再生可能時間をチェック

By: sony.jp

完全ワイヤレスイヤホンはほかのワイヤレスイヤホンに比べてバッテリーが小さいことが多いため、再生可能時間も要チェック。特に飛行機や電車などで長時間の移動が多い方は、10時間以上連続再生できるモデルがおすすめです。

また、ほとんどの完全ワイヤレスイヤホンはイヤホンを収納しつつ充電できる「バッテリーケース」を搭載。なかには24時間以上使える大容量のモデルも存在するので、充電の手間を減らしたい方はチェックしてみてください。

接続の安定性をチェック

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンに限らずワイヤレス接続タイプのイヤホン全般に言えることとして、音途切れや音飛びしないか「接続の安定性」が重要なポイント。接続の安定性は主にBluetooth規格のバージョンに左右されます。

Bluetoothのバージョンは現在最新のモノで「Bluetooth5.1」まで存在。バージョンが新しくなるほど音途切れなどをおこしにくく、安定した接続が可能です。また、最近では音切れやノイズをより低減できるとされている「NFMI」に対応しているモデルもあるのでチェックしてみてください。

装着感をチェック

By: sony.jp

長時間リスニングを楽しみたい方は、自分の耳にフィットし快適な装着感を得られるかも重要。完全ワイヤレスイヤホンの装着感はイヤー部分の形状タイプに左右され、大きく分けて「カナル型」と「インナーイヤー型」の2種類があります。

カナル型は耳栓のように耳に押し込んで装着するタイプで、外れにくく高い遮音性を備えているのが特徴。一方、モノによっては圧迫感を覚えることがある点に留意しておきましょう。

インナーイヤー型は耳に引っ掛けるように装着するタイプで、開放的な音の広がりを楽しめたり、長時間装着しても疲れにくかったりするのがメリット。一方、遮音性がやや低いため、状況に応じてボリュームなどに気を配る必要があります。

また、完全ワイヤレスイヤホンは外れると紛失しやすい点に注意が必要。スポーツシーンなど激しい運動をする方は、イヤーフックが搭載されているモデルをチェックしてみてください。

防水性能をチェック

By: rakuten.co.jp

防水性能が搭載されたモデルは、突然の雨やランニング中の汗、シャワーの水など使えるシーンの幅が広がるのでおすすめ。防水性能は国際規格で定められており、IPXに続く0〜8の数値によって防水レベルが決まります。

例えば、IPX4は生活防水レベルで、軽い雨や汗程度であれば問題なく使用可能。シャワーやプールなど大量の水を浴びる場合は、IPX7以上のモノがおすすめです。

ノイズキャンセリング機能をチェック

By: amazon.co.jp

カフェや電車、飛行機などあらゆる環境で音楽に集中したい方は「ノイズキャンセリング機能」を搭載したモデルがおすすめです。ノイズキャンセリング機能とは、周囲のノイズと逆位相の音を出してノイズを低減できるとされている機能のこと。小さなボリュームでも音楽を楽しみやすく、音漏れが気になる環境にもおすすめです。

なかには、ノイズキャンセルレベルを調節できるモデルも存在。いずれもノイズキャンセリング機能を搭載したモデルは高価になりやすい傾向にあるため、予算を考慮したうえで検討してみてください。

外音取り込み機能をチェック

By: amazon.co.jp

外音取り込み機能とは、状況に応じて周囲の音を取り込める機能を指します。例えば、電車のアナウンスを聞きたい場合やランニング中に車や信号など周囲に気を配りたい場合に便利。ノイズキャンセリング機能とシームレスに切り替えられるモデルであれば、さまざまなシーンに対応しやすいのでおすすめです。

通話機能をチェック

By: rakuten.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンのほとんどにはマイクが搭載されており、ハンズフリー通話が可能。イヤホンをタップするだけで、相手からの電話に応答できるモノも多くラインナップしています。また、ノイズキャンセリング機能を搭載したモデルなら、より快適に通話ができるのでおすすめです。

通話相手へ配慮するのであれば、風切り音を低減できるかも要チェック。マイクが口元に近いモノほど声を拾いやすく、相手が音声を聞き取りやすくなるため便利です。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは人気オーディオ機器「ウォークマン」などを手掛ける世界でも有数な電機メーカー。イヤホンに関しては、初心者にもピッタリのリーズナブルなモデルから音質にこだわりたい上級者向けのモデルまで幅広いラインナップがあるのが特徴です。

なかでもワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質を楽しめる「DSEE HX」に対応したモデルや、ノイズキャンセリング機能を搭載したモデルなどが人気。とにかく音質にこだわりたい方におすすめのメーカーです。

アンカー(ANKER)

By: ankerjapan.com

アンカーはモバイルバッテリーやスピーカーなど幅広く電子機器を扱っている人気メーカー。ほかのメーカーより比較的リーズナブルなアイテムが多くラインナップされています。

完全ワイヤレスイヤホンに関しては、優れた防水性能を備えたモデルや、モバイルバッテリーのノウハウを活かした再生時間の優れたモデルなどをラインナップ。コスパを重視して選びたい方におすすめのメーカーです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: amazon.co.jp

オーディオテクニカは、1962年に設立された国内の老舗メーカー。プロ向けに制作された製品も豊富で、レコーディングなどでも使用されています。イヤホンに関しては、迫力ある重低音サウンドを楽しめる「SOLID BASSシリーズ」など、さまざまなシリーズを展開しているのが特徴。好みの音楽ジャンルに合わせてピッタリのモノを選べます。

お手頃価格で購入できるモデルから高性能なモデルまで揃っており、予算に合わせて選びたい方にもおすすめのメーカーです。

メーカーのおすすめモデル

オーディオテクニカ(audio-technica) ATH-CK3TW

コロンとしたフォルムの完全ワイヤレスイヤホン。中高音域の抜けがよい”オーテクサウンド”を存分に楽しめるのが特徴です。低音域の再生能力にも優れているため、音の厚みもしっかりと感じられます。

指の形に合わせて凹んだ形状のタッチセンサーが搭載されており、操作がしやすいのもポイント。音量調節はもちろん、再生・一時停止・曲送り・曲戻しなどさまざまな操作を指1本で簡単に行えます。また、着信の応答もタッチで可能なので、ハンズフリー通話をする機会が多い方にもおすすめです。

さらに、可愛らしいカラーバリエーションも魅力のひとつ。ホワイト・ブラック・レッド・ブルーの4種類が展開されており、自分好みの1色を選べます。音質の高さとデザイン性が両立した完全ワイヤレスイヤホンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ|高音質モデル

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

あらゆる音源をハイレゾ相当の高音質に変換する「DSEE HX」を搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e」と「デュアルノイズセンサーテクノロジー」により、優れたノイズキャンセリング性能を実現しているのが特徴。外音取り込み機能も搭載しているので、周囲に気を配りながら音楽を楽しめます。

バッテリーケースと合わせることで最大24時間再生できるのも魅力のひとつ。さらに、約10分の充電で約90分の再生を可能にする「急速充電」に対応しているため、急なバッテリー切れも安心です。

人間工学に基づいた「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」により、快適な装着感と密閉性を得られるのもポイント。ワイヤレスでハイレゾ相当の高音質を楽しみたい方におすすめです。

ソニー(SONY) h.ear in 3 Truly Wireless WF-H800

CD音源やMP3などの圧縮音源をハイレゾ相当の高音質で楽しめる「DSEE HX」を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。人間工学に基づいた「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」の採用により、外れにくい安定した装着感を得られるのが特徴です。

単体で最長8時間の連続再生、バッテリーケースと合わせれば合計16時間の再生が可能。10分の充電で約70分の再生ができる「クイック充電」にも対応しているので、急なバッテリー切れも安心です。

ツートンカラーが特徴的な5つのカラーバリエーションをラインナップしているのもポイント。ファッションに合わせやすいおしゃれなモデルを探している方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) QUIETPOINT ATH-ANC300TW

優れたノイズキャンセリング機能を備えた完全ワイヤレスイヤホン。左右のイヤー部分にそれぞれ搭載された2つのマイクで拾ったノイズを、独自のノイズフィルター設計を通すことでノイズキャンセリング性能を最大限に高めます。

音途切れや遅延に強い「Qualcomm TrueWireless Stereo Plus」を採用しているのも魅力のひとつ。また、周囲のノイズを緩やかに低減する「Qualcomm cVc テクノロジー」により、クリアで快適な通話が可能です。通話機能に優れた高音質な完全ワイヤレスイヤホンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アップル(Apple) AirPods Pro MWP22J/A

アクティブノイズキャンセリングを搭載したApple純正の完全ワイヤレスイヤホンです。カナル型を採用し、優れた装着感と密閉性を備えているのが特徴。状況に応じて周囲の音を取り込める外音取り込みモードも搭載しており、イヤホンを装着しながら友人と会話も楽しめます。

Apple製品と相性のよい「H1チップ」も搭載しており、シームレスにApple製品間の切り替えを行えます。イヤーチップには3サイズを同梱しており、耳のサイズに合わせてフィット感を選べるのも魅力のひとつ。

イヤホン単体で最大4.5時間、バッテリーケースと合わせれば24時間以上再生可能な大容量バッテリーを内蔵。高音質かつ優れた機能性を備えたモデルを探している方におすすめです。

アップル(Apple) AirPods with Charging Case 第2世代 MV7N2J/A

Apple製品と相性のよいH1チップを搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。また、H1チップにより優れた接続の安定性を実現し、質の高いサウンドを楽しめるのが魅力。1回の充電で最大5時間の連続再生、バッテリーケースと合わせれば24時間以上の再生が可能です。

形状はインナーイヤー型を採用しており、さまざまな耳の形にフィットしやすいのもポイント。コスパを重視したい方におすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) CX 400BT True Wireless CX400TW1

妥協のない優れた高音質サウンドを楽しめる完全ワイヤレスイヤホンです。7mmダイナミックドライバーを搭載し、低音から高音までバランスの取れたサウンドを実現。スマホアプリと連携すれば、イコライザーで好みの音質にカスタマイズできるのも特徴です。

標準的なSBCに加えて、AACとaptXのコーデックに対応しているのも魅力のひとつ。iOS端末でもAndroid端末でも高音質・低遅延を実現します。また、最新のBluetooth5.1に対応しており、高い接続の安定性を備えているのもうれしいポイントです。

エルゴノミックデザインを採用した高いフィット感により、長時間のリスニングも快適。イヤホン単体で最大7時間、バッテリーケースと合わせれば最大20時間再生できるので、こまめに充電するのが面倒な方にもおすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM True Wireless M3IETW

ゼンハイザー初の完全ワイヤレスイヤホンです。側面のパネルにはタッチセンサーを内蔵。音楽の再生や電話への応答を指先だけで素早く行えます。コーデックはSBC・AAC・apt-Xに加え、より低遅延なapt-X LLに対応しているのもポイントです。

サウンドは解像度が高く、原音の再現に忠実。音場も広く、低音から高音までバランスよく鳴らせます。さらに、左右の接続安定性を高めるNFMI技術を採用しているので、混雑する場所でも快適に使用可能です。

ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM True Wireless 2

優れたデザイン性と機能性を備えた完全ワイヤレスイヤホンです。遮音性の高い構造に加えて「アクティブノイズキャンセリング機能」を搭載。声や楽器など繊細な音をディテールを保ちつつ再生できるのが特徴です。

最新のBluetooth5.1に対応しており、高い接続の安定性を実現しているのも魅力。加えて、LDSアンテナとクアルコム社製の最新チップの搭載により、音途切れや音飛びなどを低減してストレスなく音楽に集中できます。おしゃれかつ高音質サウンドを楽しめる完全ワイヤレスイヤホンを探している方におすすめです。

ボーズ(Bose) QuietComfort Earbuds

最大12時間の連続再生が可能な完全ワイヤレスイヤホンです。11段階で調節できる優れたノイズキャンセリング機能を搭載。耳栓をしているかのような静寂から、まるでイヤホンを着けていないような開放感まで自在にカスタマイズできます。

音量に関係なくバランスの取れた高音質サウンドを楽しめるのも魅力のひとつ。イヤー部分には柔らかいシリコン素材のStayHear Maxチップを採用しているので、長時間のリスニングも快適です。

IPX4相当の防水性能を備えているのもポイント。さらに、最新のBluetooth5.1にも対応しており、安定した接続で音楽を楽しめます。

サムスン(SAMSUNG) Galaxy Buds Live SM-R180NZ

高い機能性とデザイン性を備えた完全ワイヤレスイヤホンです。特徴的なフォルムと人間工学に基づいたデザインにより、快適なフィット感を実現しています。12mmの大きめなスピーカーを搭載しており、臨場感あふれる重低音サウンドを楽しめるのも特徴です。

優れたアクティブノイズキャンセリング機能を備えているのも魅力のひとつ。周囲のノイズを抑えつつ会話やアナウンスなど重要な音は拾えるので、さまざまな環境で便利に使えます。

5分の充電で約1時間の再生が可能な急速充電に対応しているのもポイント。おしゃれかつ高性能な完全ワイヤレスイヤホンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ|スポーツモデル

ソニー(SONY) 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP800N

迫力ある重低音サウンドを実現する完全ワイヤレスイヤホン。イヤー部分にはアークサポーターを搭載しており、激しい運動でも外れにくい安定した装着性を実現しているのが特徴です。

ワークアウトに集中できるノイズキャンセリング機能に加えて、屋外のランニングで周囲に気を配れる外音取り込みモードを搭載しているのも魅力のひとつ。ワンタッチで瞬間的に周囲の音を取り込める「クイックアテンション機能」も便利です。

IP55相当の防水・防塵性能を備えているのもポイント。機能性と音質を兼ね備えたモデルを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) 完全ワイヤレスイヤホン WF-XB700

優れた利便性を備えた完全ワイヤレスイヤホンです。迫力ある重低音サウンドを実現した「EXTRA BASSサウンド」に対応。加えて、クリアな高音も両立しているので、あらゆる音楽をバランスよく楽しめるのが特徴です。

IPX4相当の防水性能を備えているため、軽い雨や汗程度なら安心して使用可能。また、外れにくく安定した装着感を得られる「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用しているのも魅力です。

本体のみで約9時間、バッテリーケースと合わせれば約18時間の再生ができる大容量バッテリーを搭載。軽量かつコンパクトなので持ち運びにも適しています。比較的リーズナブルなので、コスパを重視したい方にもピッタリです。

ビーツ(Beats) Powerbeats Pro

Apple傘下であるビーツが販売している高性能な完全ワイヤレスイヤホンです。Apple製品と相性のよいH1チップを搭載。Appleデバイス間のシームレスな切り替えだけでなく、バッテリーケースと合わせて合計24時間以上使えるバッテリーの持続時間も魅力です。

左右のイヤー部分それぞれにリモコンを搭載しているのもポイント。ボリューム調節や音楽・通話のコントロールを利き手関係なくできるので、利便性にも優れています。

イヤホンにはイヤーフックが備えられており、激しい運動で外れにくいのも利点。デザイン性に優れたスポーツシーンに適したモデルを探している方におすすめです。

BoCo earsopen PEACE TW-1

IPX7相当の高い防水性能を備えた骨伝導タイプの完全ワイヤレスイヤホンです。骨に音を伝えて音楽を聴くことで耳を塞がずに音楽が楽しめ、周囲の環境音を気にしつつ安心して着用できます。

専用クレードルと合わせれば約12時間の再生が可能。Bluetooth5.0に対応しているため安定した接続ができ、ストレスなく音楽を楽しめるのも魅力です。

スポーツシーンでも耳を塞がないので安全に配慮して使用可能。汗をかいても耳が蒸れにくく、時間の着用にも適しています。

バング&オルフセン(Bang&Olufsen) Beoplay E8 Sport

高い機能性とデザイン性を備えた完全ワイヤレスです。IP57相当の防水・防塵性能を備えており、あらゆる環境で音楽を楽しめるのが特徴。イヤー部分はフィット感を高めたシリコンフィンによって、激しい運動でも高い安定性を発揮します。

最新のBluetooth5.1に対応しており、音途切れや音飛びしにくい高い接続の安定性を実現。指向性を高めた内蔵マイクをそれぞれ2つ搭載することで、高品質な通話が楽しめるのも魅力です。おしゃれかつ高性能な完全ワイヤレスイヤホンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ボーズ(Bose) SoundSport Free wireless headphones

独自のテクノロジーにより、音割れやノイズの少ない安定した再生を実現した完全ワイヤレスイヤホン。イヤー部分には撥水性のあるメッシュ素材を採用しており、雨や汗などを気にせず使用できるのが特徴です。

円錐形のノズルで快適なフィット感を得られる「StayHear+ Sportチップ」を採用しているのも魅力のひとつ。加えて、独自のウィングにより激しい運動でも外れにくく、スポーツシーンにも適しています。

音量を問わずクリアでバランスの取れたサウンドを楽しめるのもポイント。快適な着け心地を実現した高性能なモデルを探している方にピッタリです。

ジャブラ(Jabra) Elite Active 75t

コンパクト設計でスポーツシーンに適した完全ワイヤレスイヤホン。IP57相当の防水・防塵性能を備えており、雨や汗はもちろん、ホコリなどの異物からもイヤホンを守ります。

単体で約7.5時間、バッテリーケースと合わせれば最大28時間再生できるロングバッテリーを内蔵。15分の充電で約1時間再生できる高速充電にも対応しているので、急なバッテリー切れも安心です。

スマホアプリのイコライザーから好みの音質にカスタマイズできるのも魅力のひとつ。また、周囲の風切り音を低減する機能を備えているのもポイントです。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ|高コスパモデル

アンカー(ANKER) Soundcore Liberty Air 2

高品質な通話が可能な完全ワイヤレスイヤホンです。快適な通話をサポートする「cVc8.0ノイズキャンセリング」を搭載。通話時に周囲のノイズを低減して、相手へクリアな音声を届けられます。

バッテリーケースと合わせて、最大28時間再生できる大容量バッテリーを内蔵しているのも魅力のひとつ。さらに、Bluetooth5.0に対応しており、安定した接続が可能です。

「HearID機能」によりアプリ上で音の聞き取りやすさを測定し、自分好みの音質を楽しめるのもポイント。通話機能に優れた高コスパモデルを探している方におすすめです。

アンカー(ANKER) Soundcore Life P2

IPX7相当の高い防水性能を備えた完全ワイヤレスイヤホンです。アンカー独自の「BassUpテクノロジー」の採用により、優れた低音再生を実現。AAC・aptXコーデックの両方に対応しているのもポイントです。

イヤホン単体で約7時間、バッテリーケースと合わせれば最大40時間の再生が可能。また、10分の充電で約1時間の再生ができる急速充電に対応しているので、急なバッテリー切れでも安心です。

「cVc8.0ノイズキャンセリング」を搭載しており、クリアで高品質な通話が可能。全体的に高スペックながらリーズナブルに購入できるため、初心者の方にもおすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) Empower Lifestyle TW-E3A

バッテリーケースと合わせて最長24時間の再生が可能なロングバッテリーを搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。音楽メーカーであるヤマハ独自の「リスニングケア」により、音量に合わせて音のバランスを最適化。自然で聴きやすいサウンドを楽しめます。

左右独立通信テクノロジー「Qualcomm TrueWireless Stereo Plus」に対応しており、音切れしにくいストレスフリーなリスニング体験を実現。さらに、IPX5相当の防水性能も備えているので、屋外での使用にも適しています。

AAC・aptXコーデックに対応しているため、iOS・Android問わず高音質・低遅延を実現。手軽に高音質サウンドを楽しみたい方におすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) 完全ワイヤレスイヤホン HA-A10T

簡単操作と高音質を実現した高コスパな完全ワイヤレスイヤホンです。見た目は幅広い層で使えるシンプルデザインを採用。左右それぞれのイヤー部分に搭載されたワンボタンでさまざまな操作ができ、初心者でも手軽に扱えます。

バッテリーケースと合わせることで最長14時間の再生が可能。また、ケースからイヤホンを取り出すだけでワイヤレス接続ができる「オートオン/オフ&オートコネクト機能」を搭載しているため、煩わしいペアリングも1回で済みます。

雨や汗に強いIPX5相当の防水性能を備えているのもポイント。4色のカラーバリエーションから選べるので、ファッションに合わせやすいのも魅力です。

パイオニア(Pioneer) 完全ワイヤレスイヤホン SE-C5TW

ポケットや小さめなバッグにも収納しやすい、コンパクトなケースが付属した完全ワイヤレスイヤホンです。充電ケースと合わせて最大15時間の再生が可能。15分の充電で約1時間再生できる急速充電にも対応しているので、急なバッテリー切れも安心です。

イヤホンを外さずに会話やアナウンスなどを聞ける外音取り込み機能を搭載しているのもポイント。また、IPX5相当の防水性能も備えているため、小雨程度であれば問題なく使えます。

GLIDiC Sound Air TW-5000s

優れたデザイン性と機能性を備えた完全ワイヤレスイヤホンです。充電ケースは使いやすさを追求したフォルムを採用。イヤー部分もシンプルながら高い操作性を実現しており、扱いやすいのが特徴です。

外音取り込み機能を搭載しているのも魅力のひとつ。また、あらゆる耳の形状にフィットしやすい「Ultra Multi-fitting」を採用しているので、長時間のリスニングにも適しています。

クセのないバランスの取れたサウンドを楽しめるのもポイント。おしゃれかつ多機能な高コスパモデルを探している方におすすめです。

完全ワイヤレスイヤホンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

完全ワイヤレスイヤホンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。