製品ジャンルとして確立され、ラインナップが豊富に展開されている「完全ワイヤレスイヤホン」。火付け役となったAppleの「AirPods」を筆頭に、Boseやオーディオテクニカといったオーディオメーカーも魅力的なモデルをリリースしているほか、新興ブランドのアイテムも注目を集めています。

そこで今回は、完全ワイヤレスイヤホンの選び方とおすすめモデルをご紹介。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

完全ワイヤレスイヤホンとは?

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンとは、左右が完全に独立しているイヤホンのことを指します。Bluetooth接続によりコードレスで使えるのが特徴。最近のスマホはイヤホンジャックが採用されなくなってきていることから、急速に普及している製品です。

完全ワイヤレスイヤホンは、「トゥルーワイヤレスイヤホン」「フルワイヤレスイヤホン」「左右独立型イヤホン」「耳栓型イヤホン」とも呼ばれており、海外では「True Wireless Steleo」を略してTWSとも呼ばれます。

完全ワイヤレスイヤホンのメリット

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンはケーブルがないのがメリット。有線のように動きが制限されないので、スポーツでも使いやすく、通勤・通学時もケーブルの煩わしさを感じることなく音楽を聴けます。

また、Bluetoothで接続するため、スマホなど音楽を流すデバイスから離れた状態でも聴けるのがメリットです。イヤホン側で音量の調節や曲のスキップなどができる製品なら、カバンの中にスマホを入れたままでも音楽を楽しめます。

さらに、完全ワイヤレスイヤホンは、カバンの中でケーブルが絡まる心配がないのもポイント。専用の収納ケースが付属するモノなら持ち運びにも便利です。小さく軽いので長時間のリスニング時にも快適。移動時にストレスを感じやすい、ケーブルの擦れによるタッチノイズもなく、音楽に集中できます。

完全ワイヤレスイヤホンの選び方

接続の安定性をチェック

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンは、接続が途切れるというリスクがありますが、Bluetoothの規格が新しいほど途切れにくく、接続に安定感があります。Bluetooth4.2以上のバージョンが搭載されているモノであれば、有線ほどではないものの安定した接続で音楽を聴くことが可能です。

なお、Bluetooth規格はイヤホンだけでなく、プレーヤー側が最新の規格に対応しているかどうかも重要なポイント。音の途切れが心配な方は、受信側と送信側の両方が最新のバージョンに対応しているかをチェックしましょう。

連続使用できる時間をチェック

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンはバッテリーで稼働しているので、連続再生時間に限りがあります。そのため、購入前に連続使用可能時間を確認しておきましょう。通勤・通学などでの使用時間をあらかじめ計算し、十分再生時間の足りているモノを選ぶのがおすすめです。

また、付属ケースで充電できるモデルなら、2〜3回程度本体をフル充電させられます。最大再生時間がより長くなるので、チェックしておきましょう。

対応コーデックをチェック

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンは音声を伝送する際に音声を圧縮します。その音声圧縮方式のことをコーデックといい、遅延と音質に大きく関わる項目です。コーデックにはSBC・AAC・aptXなどがあり、どの完全ワイヤレスイヤホンも対応しているのが、SBCコーデック。汎用性は高いですが、遅延しやすく音質も標準的なのが特徴です。

一方、SBCより遅延が少なく高音質なのが、主にiPhoneが対応しているAACコーデック。さらに高音質で遅延も少ないのが、主にAndroid端末が対応しているaptXコーデックです。そのほかにも、さらに高音質なaptX HDや遅延の少ないaptX LLなどがあります。利用目的に合わせて選びましょう。

なお、コーデックの強みを生かすには、イヤホン本体だけでなく、接続機器もそのコーデックに対応している必要があります。購入前に接続機器の対応コーデックも確認しておくのがおすすめです。

防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンを選ぶ際は防水・防塵性もチェックしましょう。通勤・通学で活用する程度であれば、軽度の防水対応でも十分ですが、エクササイズやジョギング、ランニングなどのスポーツシーンでも使いたい方は汗や雨をしっかりカバーできるタイプがおすすめです。

防水や防塵性能は「IP65」などと表記されます。この場合1つ目の数字6は防塵性能の高さを表し、2つ目の5は防水性能の高さを表します。防塵はほこりやちりが内部に入り込むことを防ぎ、本体を守るための性能。1~6まで等級があり、5で十分な防塵性能、6ならば完全防塵を表します。

防水には1~8までの等級があり、スポーツ目的なら4以上がおすすめです。6以上でシャワーなどの直接噴流に強くなり、7以上ならば水没しても故障するリスクを抑えられます。汗をかきそうなシチュエーションや、水の多い場所での使用頻度が高い方におすすめです。

用途で選ぶ

通勤・通学

By: rakuten.co.jp

通勤・通学で使用する場合は、接続の安定性を重視するのがおすすめです。駅構内やバスなど人の多い場所では電波が途切れやすいので、よりBluetooth規格が新しいモノを選びましょう。

また、通勤・通学時間が長い方は、バッテリー持ちにも注目です。通勤・通学時間中にバッテリーが切れないか確認しておきましょう。収納ケースに充電機能の備わったモノなら仕事中でも充電できるので、より長時間使用できます。

スポーツ

By: amazon.co.jp

スポーツ用に使う場合、激しい動きをしても耳から外れないように、フィット感に優れたモノを選びましょう。なかでも、耳に合ったサイズを選択しやすいよう、イヤーフック・イヤーウィングの付いたモノや、さまざまなサイズのイヤーピースが付属するモノがおすすめです。

また、屋外で利用する方は、周囲の音を聞きながら付けられるインナーイヤー型のモノも最適。遮音性の高いカナル型イヤホンや、ノイズキャンセリング機能付きのモノが欲しい方は、外音取り込み機能の付いているモノを選びましょう。

加えて、汗をかいても故障しないように、防水性能IPX3以上のモノを選ぶと安心。雨天時のランニングにも利用したい方は、IPX6以上のモノがおすすめです。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、スマホやテレビはもちろん、音響機器でも高い技術力を有しています。ハイレゾ相当の音源対応モデルや、高音質コーデック対応モデルなど、高品質かつバラエティ豊かなイヤホンを多く展開しており、完全ワイヤレスイヤホンのクオリティも安定しています。

音質などの基本性能をはじめとして、防水性能やノイズキャンセリング機能なども搭載したモデルが多く、安心感のあるメーカーです。

アップル(Apple)

By: biccamera.com

シンプルなデザインの製品が多いAppleのイヤホン。なかでも、「AirPods」は、完全ワイヤレスイヤホンが有名になるきっかけにもなった製品です。発売以降、売り切れが続出しており、現在も最新版がリリースされるたびに注目されています。Appleの完全ワイヤレスイヤホンはiPhoneやmacOSとの連携が簡単なので、Appleユーザーには特におすすめです。

ジャブラ(Jabra)

By: amazon.co.jp

ジャブラは創業約150年と歴史の長い北欧デンマークのメーカー。北欧らしくスタイリッシュでおしゃれなデザインが特徴です。

もともとは補聴器や聴覚計測機器のメーカーだったため、ジャブラのイヤホンは高い機能性を有しています。ノイズキャンセリング機能や2台の端末への接続機能など、便利な付加機能を搭載したモノが多く、専用アプリを使用することでイコライザーによる音のカスタマイズも可能です。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめモデル

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM3

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM3

ノイズキャンセリング機能に定評のある完全ワイヤレスイヤホンです。電車の走行音からカフェの喧騒まで幅広い帯域のノイズを低減。リスニングに集中したい方におすすめです。

また、一時的に音楽の音量を下げる「クイックアテンションモード」や、外音取り込み機能も搭載。エルゴノミックデザインのハウジングや、摩擦を高めるラバーも装備しており、外れにくい構造になっています。

さらに、DSEE HX機能を搭載しているのも魅力。ハイレゾ非対応の曲でも、ハイレゾ相当にアップスケーリングできます。コーデックはAACなので、iPhoneユーザーの方に特におすすめです。

バッテリー持ちもよく、本体のみで6時間の連続再生が可能。付属の充電ケースで3回充電でき、最大24時間連続再生できます。10分の充電で90分再生できる急速充電にも対応しており、急いでいるときにすぐに使用できるのも魅力です。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WF-SP900

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WF-SP900

IP65相当の防水防塵対応の完全ワイヤレスイヤホンです。水中でも音楽を楽しめるのが特徴。本体には4GBのメモリーを搭載しており、Bluetoothオフ時でも、イヤホン本体のみで約920曲の楽曲を再生できます。

遮音性の高いカナルタイプですが、外音取り込み機能を採用しており、屋外でも安全に使用可能。コーデックはAACに対応しているので、iPhoneとの接続におすすめです。

また、イヤーピース装着位置を調節可能なのもポイント。左右のハウジングをつなげるリーシュコードと、3サイズのアークサポーターが付属し、フィット感に優れているので、マリンスポーツなどにもおすすめです。

バッテリー持ちも優れており、Bluetoothオフ時は最大6時間、Bluetoothオン時は最大3時間の連続再生が可能。最大3回分の充電が可能な充電ケースも付属しているため、屋外で長時間使用したい方におすすめです。

アップル(Apple) AirPods with Charging Case

アップル(Apple) AirPods with Charging Case

iPhoneユーザーの方におすすめの完全ワイヤレスイヤホンです。屋外での使用にも適したオープンイヤー型。深みのあるサウンドが楽しめます。

バッテリー持ちもよく、1回の充電で最大5時間の再生と最大3時間の連続通話が可能。付属の充電ケースを使えば、最大24時間以上の再生が可能です。さらに、急速充電にも対応しており、15分の充電で最大3時間の連続再生ができます。

また、声をかけるだけで瞬時にSiriへアクセスできる機能や、チップをダブルタップするだけで曲の再生またはスキップができる便利な機能も搭載。普段使いしやすいモデルです。

NUARL 完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン NT110

NUARL 完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン NT110

水洗いできる完全ワイヤレスイヤホン。防水・耐汗性能があるので、スポーツシーンでも活躍します。防水性能はIPX7。連続再生は約9.5時間、最大で約67時間再生が可能です。また、充電ケースを活用することで67時間再生ができるのもポイント。

イヤホンの側面には凹凸のあるデザインが施されており、イヤーループなしでも掴みやすい構造になっています。おしゃれなカラーリングも魅力的なおすすめの完全ワイヤレスイヤホンです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-CKS5TW

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-CKS5TW

量感のある低音が魅力的なSOLID BASSシリーズの完全ワイヤレスイヤホンです。aptXとAACに対応。さまざまなデバイスに接続して高音質で楽しめます。

また、バッテリー持ちがよく、通勤・通学などにもおすすめ。1回のフル充電で最大15時間の連続再生が可能です。充電ケースを使えば2回のフル充電ができ、最大45時間の再生ができます。

イヤーピースには、柔らかく薄いシリコン素材を採用。ループ形状のモノを採用しているので、外れにくく、耳の内側にしっかり引っかかります。

ビーツ(Beats) INTRODUCING POWERBEATS PRO

ビーツ(Beats) INTRODUCING POWERBEATS PRO

1回の充電で最大9時間再生が可能な完全ワイヤレスイヤホンです。充電ケースを使用すれば、最大24時間以上の再生が可能。5分間の充電で1.5時間再生できる「ファストフューエル機能」も搭載しています。

また、耐汗・防沫性能を備えているのに加え、フィット感に優れているのでスポーツシーンでも活躍。Apple H1チップを搭載しており、Apple製品との接続にも最適です。

Siriにも対応しており、ハンズフリーで音声操作できます。左右のハウジングには操作ボタンがあり、ボリュームコントロールなどの簡単な操作も可能です。

ジェイビーエル(JBL) TUNE トゥルーワイヤレスインイヤー型ヘッドホン 120TWS JBLT120TWS

JBL TUNE トゥルーワイヤレスインイヤー型ヘッドホン 120TWS JBLT120TWS

全4色のカラーバリエーションを揃えた完全ワイヤレスイヤホンです。自分好みの色を選べるのが魅力。Bluetooth4.2を採用しており、接続も安定しているので、通勤や通学にもおすすめです。

また、約2時間の充電で最大4時間の連続再生が可能。付属の充電ケースを使用すれば、最大16時間使用できます。急速充電にも対応しており、約15分の充電で最大1時間の再生が可能です。

本体は人間工学に基づいて設計されているため、小さな耳にもフィットしやすく、長時間快適に使用できます。ハウジング部には簡単な操作ボタンを備えており、歩きながらでもSiriの起動やハンズフリー通話が可能です。

ボーズ(Bose) SoundSport Free wireless headphones SSport Free

ボーズ(Bose) SoundSport Free wireless headphones SSport Free

スポーツにもおすすめのフィット感に優れた完全ワイヤレスイヤホンです。IPX4の防滴仕様で汗をかいても壊れる心配がありません。軽量なイヤーチップはウィング付きで外れにくく、長時間快適に使用できます。

また、ボーズらしい量感豊かな低音も魅力。中高音域ともバランスがとれており、高音質重視の方にもおすすめです。イコライザーとデジタル信号処理により、どの音量でもバランスのとれたサウンドが楽しめます。

バッテリー持ちもよく、1回の充電で最大5時間の連続再生が可能。充電ケースを使用すれば、さらに2回分の充電ができ、最大15時間再生できます。

デュアルマイクを搭載しており、街中でも騒音を低減して、クリアな音声通話が可能です。本体のボタンを操作すれば、音楽の再生・一時停止・Siriの起動などもできます。

サウンドピーツ(SoundPEATS) TrueFree+ ワイヤレスイヤホン

サウンドピーツ(SoundPEATS) TrueFree+ ワイヤレスイヤホン

片耳約4.7gの軽量ボディで重さを感じづらく、フィット性に優れている完全ワイヤレスイヤホン。コンパクトなデザインの充電ケースを採用しているため、持ち運ぶときにカバンに入れやすいのも魅力です。通信規格はBluetooth 5.0に対応しており、音の途切れや音飛びが軽減されているので、快適に音楽を聴けます。

優れた音質を実現するAACコーデックに対応しているのもポイント。また、両耳で音楽を聴けるのはもちろん、片耳モードも搭載されているため、周囲の音を確認しながら音楽を楽しみたい方にもおすすめです。

アビオット(AVIOT) 完全ワイヤレスイヤホン TE-D01g

AVIOT 完全ワイヤレスイヤホン TE-D01g

ジュークボックスのようなデザインの充電ケースを採用している完全ワイヤレスイヤホンです。本体もアクセサリーのように装着できるので、ファッション性重視の方におすすめ。小さく軽量で、長時間快適に装着できます。

また、バッテリー持ちがよく、1回の充電で最大10時間の連続再生が可能。チャージングケースを使用すれば、最大50時間まで再生可能です。

イヤホン本体側面には操作ボタンがあり、音楽再生などが簡単にコントロールできます。マイクも搭載されており、ハンズフリー通話にも便利。ノイズキャンセリングマイクを採用しており、喧騒でもクリアな音声を届けられます。

さらに、高音質コーデックAACとaptXに対応しているのも魅力。IPX7相当の防水性能を備えているので水中でも使用でき、場所を選ばず音楽を楽しめます。デザイン性・防水性・バッテリー容量・音質に優れたコストパフォーマンスのよい製品です。

バング&オルフセン(Bang&Olufsen) B&O PLAY Beoplay E8 2.0 1646100

バング&オルフセン(Bang&Olufsen) B&O PLAY Beoplay E8 2.0 1646100

世界的にも有名な高級オーディオブランド、バング&オルフセンの完全ワイヤレスイヤホンです。5.7mmダイナミックドライバー搭載。長時間聴いても疲れにくい、フラットなチューニングを楽しめます。

また、本製品は1回の充電で4時間の連続再生が可能。充電ケースを使えば最長16時間使用できます。急速充電にも対応しており、20分の充電で1時間再生に対応。充電ケースはレザー素材で、エレガントなデザインです。

さらに、補聴器などでも採用されているNFMI技術を搭載しているのも魅力。街中でも接続が安定しています。IP54の防塵防水性能を備えており、アクティブなシーンにもおすすめです。エルゴノミックデザインで外れにくく、心地よく装着できます。

イヤホン本体のボタンでボリューム調節なども可能。周囲の環境音を聞き取れる「Transparency Mode」にも対応しており、屋外でも安全に使用できます。

アンカー(ANKER) Soundcore Liberty Neo

アンカー(ANKER) Soundcore Liberty Neo

重量約51gと軽量でコンパクトなデザインが特徴の完全ワイヤレスイヤホン。正確な振動を発生させることで、どの音域でも優れたサウンドを作り出すドライバーが採用されています。

フル充電後は、最大3.5時間の音楽再生が可能。付属の充電ケースを使えばケーブルや充電器なしでも最大12時間の音楽再生ができます。防水性能はIPX5防水規格で、小雨や運動時の汗程度に対応します。比較的リーズナブルな価格も魅力です。

RHA TrueConnect 602030

RHA TrueConnect 602030

低音から高音までバランスのとれたチューニングで、さまざまなジャンルの音楽を楽しめる完全ワイヤレスイヤホンです。響きのある豊かなサウンドで、特に高音域の繊細な表現が魅力。AACコーデック対応でiPhoneとの接続におすすめです。

また、約1時間40分の充電で5時間の連続再生が可能とバッテリー持ちもよく、長時間の移動時にも便利。付属の充電ケースを使って、最大25時間再生できます。

さらに、Bluetooth5.0に対応しているので、混雑した場所でも安定した接続が可能。通勤通学などのシーンにもおすすめです。マイクを2基内蔵しており、ハンズフリー通話もできます。

また、IPX5の防水性能を備えているので、アクティブシーンでも活躍。イヤホンはエルゴノミックデザインで装着感も安定しており、左右のボタンで音量コントロールなどが簡単に操作可能です。