ケーブルレスで手軽に音楽が楽しめる「完全ワイヤレスイヤホン」。絡まったり断線したりなど有線ケーブル特有のデメリットを受けず、取り回しやすいのが特徴です。発売当初は高価なイメージがありましたが、最近ではお手頃価格で購入できるモデルも増えてきています。

そこで今回は、おすすめの完全ワイヤレスイヤホンをご紹介。選び方についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

完全ワイヤレスイヤホンとは?

By: bose.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンとは、左右のイヤホンをつなぐケーブルがなく、それぞれが独立しているタイプのイヤホンのこと。イヤホン間のケーブルだけでなく、オーディオ機器と接続するケーブルもないため、取り回しやすいのが特徴です。

接続には一般的なBluetooth接続を採用。ほとんどのモデルにバッテリーケースが付属されており、充電しながら持ち運べます。完全ワイヤレスイヤホンのほか、「左右独立型イヤホン」「トゥルーワイヤレスイヤホン」「TWS(Ture Wireless Stereo)」「フルワイヤレスイヤホン」と呼ばれることもあるので、留意しておきましょう。

完全ワイヤレスイヤホンのメリット

By: bose.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンの最大のメリットは、ケーブルの煩わしさを感じない点。有線イヤホンや左右一体型イヤホンの場合、洋服やマフラーなどにケーブルが引っかかって外れてしまったり、ケーブルが絡まって断線してしまったりなど、不便に感じるポイントがあります。一方、完全ワイヤレスイヤホンはケーブルレスのため、これらの煩わしさを感じません。

また、最近のスマホはイヤホンジャックが廃止され、USB Type-CポートやLightningポートなどにイヤホンを接続する仕様が増えてきました。完全ワイヤレスイヤホンの場合、Bluetooth接続のため、スマホを充電しながら音楽を楽しめます。

小型かつ軽量なモデルが多いのもポイント。携帯性に優れており、快適に持ち運べるのも大きなメリットのひとつです。

完全ワイヤレスイヤホンの選び方

装着感をチェック

By: audio-technica.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンは左右のイヤホンが独立しているため、装着感が重要です。もし、耳のサイズに合わないモノを着用すると紛失するリスクが高まってしまいます。また、耳にフィットしないと耳が痛くなったり、音漏れしてしまったりすることも。特に長時間着用する予定の方は装着感をしっかり確認しましょう。

装着感が不安な方は、複数サイズのイヤーピースを付属しているモデルがおすすめ。耳のサイズに合わせてイヤーピースを変えることで、自分に合ったフィット感を得られます。また、紛失するリスクを軽減したい方は、耳のくぼみに引っ掛けるフックがついたスポーツ仕様のモデルがおすすめです。

再生可能時間をチェック

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンを選ぶうえで、バッテリーの持続時間も重要なポイント。完全ワイヤレスイヤホンの場合、イヤホン単体の再生可能時間とバッテリーを合わせた再生可能時間をチェックしましょう。

飛行機や電車など長時間の移動が多い方は、イヤホン単体で5時間以上再生できるモデルがおすすめ。また、頻繁に充電をするのが面倒な方はバッテリーケースと合わせて24時間以上再生できるモデルを選んでみてください。

さらに、10分程度の充電で1時間以上再生できる「急速充電」に対応したモデルも存在。バッテリー切れが不安な方は、ぜひチェックしてみてください。

対応コーデックをチェック

iPhoneと接続するなら「AAC」

By: nobleaudio.jp

コーデックとは、音声データを圧縮する方式のこと。一般的なワイヤレスイヤホンには標準で「SBC」というコーデックがありますが、遅延を感じたり、やや音質が粗かったりします。

「AAC」はiPhoneなどのiOS端末と相性のよいコーデックで、SBCより低遅延で音質の劣化が少ないのが特徴。iOS端末はAACコーデックのみ対応しているので、iPhoneユーザーの方は完全ワイヤレスイヤホンが、AACに対応しているかチェックしましょう。

Android端末なら「aptX」

By: aviot.jp

「aptX」はAndroid端末と相性のよいコーデックで、SBCやAACよりも遅延が少なく、CD音源相当の高音質を楽しめるのが特徴。音楽鑑賞はもちろん、ゲームや動画も快適に視聴可能。

高性能な完全ワイヤレスイヤホンは、aptXとAACの双方のコーデックに対応したモデルも存在。iOS端末とAndroid端末を使い分けている方は、ぜひチェックしてみてください。

ハイレゾ相当の高音質で再生できる「aptX HD」「LDAC」

ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質を楽しめるコーデックが「aptX HD」「LDAC」です。どちらもまだ対応している機種が少なく、選択肢は少ないですが、音質にこだわりたい方におすすめ。位置づけとしてはaptX HDよりLDACの方が高音質といわれています。

ただ、コーデックはイヤホンだけでなく、接続デバイス側も同じコーデックの対応が必要です。利用している端末に合ったコーデックのモノを選んでみてください。

接続の安定性をチェック

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンを選ぶ際は、接続の安定性も要チェック。Bluetoothのバージョンが、接続の安定性に影響します。Bluetoothイヤホンはデバイスから飛ばされた音声データを受信しているため、電波の妨害などで音切れや音飛びしやすいのが特徴。特に電車など人混みは電波の干渉を受けやすく接続が安定しないことが多くなります。

Bluetoothバージョンは、現在最新のモノで「Bluetooth5.2」まで存在。バージョンが新しくなれば音切れなどを起こしにくく、安定した接続が可能です。Bluetooth5.0以降の機種は接続が安定しやすい傾向にあるので、なるべくBluetooth5.0に近いバージョンのモノを選びましょう。

あると便利な機能

ランニングやスポーツに便利な「防水機能」

By: amazon.co.jp

ランニングなどスポーツシーンで快適に使いたい方は「防水機能」を備えたモデルがおすすめ。雨はもちろん、スポーツシーンの汗からもイヤホンを保護し、故障のリスクを低減できます。

防水性能は国際規格で表記が定められており、「IPX4」「IPX7」のように表記。IPXに続く数値が高いほど、優れた防水性能を備えています。例えば、IPX4は生活防水レベルで、軽い汗や雨程度であれば問題ありません。また、IPX7以上は完全防水レベルで、シャワーやプールなどでも使えるとされています。

利用シーンに合わせて適した防水性能を備えたモノを選んでみてください。

雑音を消して音楽に集中できる「ノイズキャンセリング」

By: amazon.co.jp

静かな環境で音楽を楽しみたい方は「ノイズキャンセリング」を搭載したモデルがおすすめです。ノイズキャンセリングとは、周囲の雑音と逆位相の音を出すことでノイズを低減できる機能のこと。電車など騒がしい環境でもノイズを低減して、音楽に集中できます。

また、ノイズを低減することで、小さい音量でも音楽が楽しめるので、音漏れしにくいのもメリット。高性能モデルのなかには、ノイズキャンセルレベルを調節できるモデルもあるため、気になる方はチェックしてみてください。

イヤホンをしても周囲の音が聞こえる「外音取り込み」

By: biccamera.com

外音取り込み機能とは、周囲の音をイヤホン内に取り込んで、音楽と一緒に聞こえるようにする機能のこと。ノイズキャンセリング機能は周囲の音を遮断できて、音楽に集中できる反面、電車のアナウンスや車の音など聴き逃がせない音があるシーンで不便です。

そのため、ノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能をシームレスに切り替えられると便利です。特に安全面に配慮したい方は、外音取り込み機能が搭載されているかチェックしてみてください。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは人気オーディオデバイス「ウォークマン」などを発売している大手家電メーカー。イヤホンに関しては、リーズナブルに購入できる初心者向けのモデルから、音質にこだわりたい上級者向けのモデルまで幅広いラインナップがあるのが特徴です。

なかでも、高性能なアクティブノイズキャンセリング機能を搭載したモデルや、ハイレゾ相当の高音質を楽しめる「DSEE HX」に対応したモデルなどが人気。性能・音質ともに妥協したくない方におすすめのメーカーです。

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

ボーズはスピーカーをはじめ、さまざまな音響機器を発売している大手オーディオメーカー。完全ワイヤレスイヤホンにおいては、優れた防水機能や、高性能なアクティブノイズキャンセリング機能を搭載したモデルなど、機能性に優れたモデルをラインナップしています。

なかでも、「Sound Sport Free wireless headphones」は耳にフィットしやすく、スポーツシーンに適したデザインで高い人気を保持。運動中でも快適に使えるモデルを探している方におすすめのメーカーです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: amazon.co.jp

オーディオテクニカは、1962年に設立された国内の老舗メーカーです。初心者でも扱いやすいリーズナブルなモデルから、プロ向けに制作されたモデルまで幅広いラインナップがあります。

完全ワイヤレスイヤホンに関しては、迫力ある重低音サウンドが楽しめる「SOLID BASSシリーズ」など、あらゆるシリーズを展開しているのが特徴。好みの音質を選べるだけでなく、予算に合わせて選べるのもおすすめポイントです。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ|高音質モデル

ソニー(SONY) h.ear in 3 Truly Wireless WF-H800

独自の高音質技術「DSEE HX」を採用した完全ワイヤレスイヤホンです。CDやMP3、ストリーミングなどの音源をハイレゾ相当の高音質で楽しめるのが特徴。オーディオ機器から、左右のイヤホンに音声データを同時伝送する「左右同時伝送方式」を採用し、優れた接続安定性を実現しているのも魅力です。

人間工学に基づいた「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」の採用により、イヤホンが外れにくい安定した装着感を得られるのもポイント。屋外で使用しても紛失のリスクを低減できます。

また、イヤホン単体で最長8時間の連続再生、バッテリーケースと合わせて合計約16時間の再生が可能。10分の充電で約70分の再生ができる「クイック充電」に対応しているので、急なバッテリー切れも安心です。

デザインは、ツートンカラーが特徴的な5つのカラーバリエーションをラインナップ。ファッションに合わせやすいおしゃれな高音質モデルを探している方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) Sound Reality ATH-CKR70TW

音本来の豊かさを感じられる完全ワイヤレスイヤホンです。高音質設計のφ5.8mmドライバーユニットを搭載。加えて、強磁力マグネットで駆動力を高めることで、豊かな音場を再現しています。

また、高音質・低遅延コーデック「aptX」「AAC」に対応しており、iPhone・Android問わず高音質なサウンドを実現。専用アプリ「Connect」とワイヤレス接続することで、イコライザーや音量レベルなどを自在にカスタマイズできます。

マイク面では、通話相手へ明瞭な声を届けられる「ビームフォーミング技術」を採用。高品質なハンズフリー通話が可能なので、プライベートだけでなくビジネスシーンにもおすすめのモデルです。

AVIOT TE-BD21j

ハイブリッドドライバー採用の完全ワイヤレスイヤホンです。ダイナミック型ドライバーとバランスドアーマチュア型ドライバーを組み合わせることで、幅広い帯域をカバー。あらゆる音楽ジャンルに対応できるのが特徴です。

高音質かつ高い接続安定性を実現する高性能コーデック「aptX Adaptive」に対応しているのも魅力のひとつ。音楽鑑賞はもちろん、ゲームにおいても低遅延で快適にプレイできます。また、ノイズやエコーの少ないクリアな音声通話が可能な「cVvノイズキャンセリング機能」を搭載しているのもポイントです。

外音取り込み機能も備えているので、周囲に気を配りながら通話や音楽を楽しめます。5.2gと軽量設計ながら最大9時間の連続再生が可能。高性能かつ汎用性の高いモデルを探している方におすすめです。

Noble Audio FALCON 2 NOB-FALCON 2

最新のBluetooth5.2に対応した完全ワイヤレスイヤホンです。音切れや音飛びの少ない接続安定性を実現。20Hz〜24kHzと幅広い帯域に対応しているので、豊かな低域から伸びやかな高域までしっかり再現できます。

ACC・aptXの両方のコーデックに対応しており、iPhoneでもAndroidでも高音質・低遅延を体感できるのも魅力。イヤホンを装着しながらも周囲の音が聞ける「ヒアスルー機能」を搭載しているのもうれしいポイントです。

イヤホンは人間工学に基づいて設計されており、耳から外れにくい仕様。耳への負担も少ないため、長時間の着用にもおすすめです。

バング&オルフセン(BANG&OLUFSEN) Beoplay E8 3rd Generation

優れたデザイン性・機能性を兼ね備えた完全ワイヤレスイヤホンです。Android端末と相性のよい高音質・低遅延コーデックaptXに対応。イヤホンは軽量かつコンパクトな形状のため、小さい耳にもしっかりフィットします。

左右のイヤホンにそれぞれマイクを2つ搭載することで指向性を向上。ビームフォーミング技術にも対応しており、クリアで高品質な通話ができます。イヤホン単体で約7時間、バッテリーケースと合わせれば合計35時間の再生が可能。長時間音楽や通話を楽しみたい方にもピッタリです。

音質だけでなく見た目にもこだわりたい方はチェックしてみてください。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ|ランニング・スポーツ向けモデル

ソニー(SONY) WF-SP800N

IP55相当の防塵・防水性能を備えた完全ワイヤレスイヤホンです。運動時の汗はもちろん、雨で濡れても安心。砂埃などにも強いため、外出時のランニングにぴったりです。

スポーツに集中できるノイズキャンセリングや、外音取り込みモードなど便利な機能を搭載しているのもポイント。イヤホンには激しい運動でも外れにくい「アークサポーター」を搭載しており、高い装着性を実現しています。

迫力のある重低音サウンドを楽しめる「EXTRA BASSサウンド」を搭載しているのも魅力。スポーツ中でも低音のビート感を味わえます。また、ノイズキャンセリングOFFの状態で、最大約13時間の連続再生可能なロングバッテリーを内蔵。長時間着用する機会が多い方におすすめのモデルです。

ボーズ(Bose) Sport Earbuds

スポーツシーンにぴったりな高音質の完全ワイヤレスイヤホン。ボーズ特有の臨場感溢れる音場を実現しており、スポーツ中でも本格的な高音質サウンドを楽しめます。

IPX4相当の防水性能を有しており、汗や雨からもイヤホンを保護。耳のサイズに合わせて付け替えられる3サイズの「StayHear Maxチップ」が付属しているので、装着感を調節できます。耳への負担がかかりにくく、激しい運動でも外れにくい仕様です。

イヤホンの操作はボタンではなく、静電容量式タッチインターフェースを採用。直感的に操作でき、操作性も良好です。スポーツシーンでも音質を妥協したくない方におすすめのモデルです。

ボーズ(Bose) SoundSport Free wireless headphones

独自のテクノロジーにより、音割れやノイズの少ない安定した再生を実現した完全ワイヤレスイヤホン。オープンポートに撥水性のあるメッシュ素材を採用しており、雨や汗を気にせず使えるのが特徴です。

円錐形のノズルにより快適なフィット感を得られる「StayHear+ Sportチップ」を採用しているのもポイント。また、独自のウィングにより安定した装着感を実現し、外れにくく長時間でも快適さをキープします。

独自のデジタル信号処理や音量に合わせて音質を最適化するイコライザーを搭載。音量問わずクリアでバランスの取れたサウンドを楽しめるのも魅力です。

ビーツ(Beats) Powerbeats Pro

Appleの傘下である「ビーツ」が発売している完全ワイヤレスイヤホンです。iPhoneやiPadなどのApple製品と相性のよい「H1チップ」を搭載。Appleのデバイス間をシームレスに切り替えられるだけでなく、バッテリーケースと合わせて合計24時間以上使えるロングバッテリーも実現しています。

左右のイヤホンそれぞれにボリューム調節や、音楽・通話のコントロールなどができるリモコンを搭載。利き手関係なく操作できるので、利便性も良好です。また、約5分の充電で約1.5時間再生できる「Fast Fuel機能」を搭載しています。

イヤホンにはイヤーフックが備えられており、激しい運動時でも外れにくいのも魅力のひとつ。デザイン性も優れているので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

ジェービーエル(JBL) REFLECT FLOW

IPX7相当の防水性能を備えた完全ワイヤレスイヤホンです。天候や汗などを気にせず使用可能。人間工学に基づいて設計されたシリコンイヤーチップを採用しており、スポーツシーンでも快適な着け心地を実現します。

パワフルなサウンドを楽しめるダイナミック5.8mmドライバーを搭載しているのも魅力のひとつ。再生音楽の音量を一時的に下げて会話をしやすくする「トークスルー機能」など便利な機能を搭載しているのもポイントです。

イヤホン単体で最大約10時間、充電ケースと合わせると最大約30時間の再生が可能。約10分の充電で約1時間の再生が可能になる「急速充電」にも対応しているので、急なバッテリー切れでも安心です。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ|ノイズキャンセリング

ソニー(SONY) WF-1000XM3

ハイレゾ音質相当の再現が可能な「DSEE HX」を搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e」と「デュアルノイズセンサーテクノロジー」の採用により、周囲のノイズを低減。また、状況に応じて周囲の音を取り込める「外音取り込み機能」を搭載しているのも特徴です。

人間工学に基づいた「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用しており、高い遮音性と安定性を実現。耳に接する部分に「ハイフリクション・ラバー・サーフェス」を使用することで、外れにくい仕様になっています。

イヤホン単体で約6時間、バッテリーケースと合わせれば最長24時間以上再生できるロングバッテリーを内蔵。10分の充電で約90分の再生が可能な急速充電にも対応しているので、急なバッテリー切れも安心です。

ボーズ(Bose) QuietComfort Earbuds

11段階でレベルを調節できる高性能なノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。耳栓をしているかのような静寂から、まるでイヤホンを着けていないような開放感まで自由にカスタマイズできます。

音量に関係なく、バランスの優れた高音質サウンドを楽しめるのも魅力のひとつ。イヤホンには柔らかいシリコン素材の「StayHear Maxチップ」を採用しているので、長時間のリスニングでも快適さをキープします。

IPX4相当の防水性能を備えており、雨や汗からもイヤホンを保護。幅広い環境に適応できる、高性能な完全ワイヤレスイヤホンです。

アップル(Apple) AirPods Pro MWP22J/A

Apple純正の完全ワイヤレスイヤホンです。アクティプノイズキャンセリングと、遮音性の高いカナル型を採用。周囲のノイズを効率的に低減し、音楽に集中できるのが特徴です。また、状況に応じて周囲の音を取り込める「外部音取り込みモード」も搭載しており、電車のアナウンスなどを聞き取れます。

Apple製品と相性のよい「H1チップ」を搭載しているのも魅力のひとつ。Appleのデバイス間をシームレスに切り替えられるので、複数の製品を愛用している方にもおすすめです。イヤーチップは3サイズ同梱しており、耳に合わせてフィット感を選べるのもポイント。

さらに、イヤホン単体で最大4.5時間、バッテリーケースと合わせれば合計24時間以上再生可能な大容量バッテリーを内蔵しています。シンプルなデザインなので、音質・性能だけでなく、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM True Wireless 2

優れたノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。周囲が騒がしい環境でも小さいボリュームで音楽に集中できるため、長時間でも聴き疲れしにくいのが特徴。ランニング中など周囲に気をかけたいときに便利な「外音取り込み機能」も搭載しているので、屋外でも安心して着用できます。

イヤホン単体で最大約7時間、バッテリーケースと合わせると最大約28時間の再生が可能。LDSアンテナと、クアルコム社のチップを搭載しているので、ワイヤレスながら音切れが少ないのもポイントです。

性能だけでなくデザイン性も優れているため、見た目にこだわりたい方もチェックしてみてください。

ジャブラ(Jabra) Elite 85t

左右の2つのマイクを使用するアクティブノイズキャンセリングを実現した完全ワイヤレスイヤホン。セミオープンデザインを採用した閉塞感がない自然な「外音取り込み機能」を搭載しているのも特徴です。

Bluetooth5.1に対応しており、優れた接続安定性を実現しているのも魅力のひとつ。「6-マイクテクノロジー」と「風切り音防止機能」により、クリアで高品質なハンズフリー通話ができるのもうれしいポイントです。

「Jabra Sound+アプリ」を使用することで、音質のカスタマイズなどができるのも利点。落ち着いたデザインで、プライベートだけでなく、ビジネスシーンでも快適に使えるモデルを探している方におすすめです。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ|高コスパモデル

アンカー(ANKER) Soundcore Liberty Air 2

高音質・低遅延コーデックaptX・AACに対応した完全ワイヤレスイヤホンです。cVc8.0ノイズキャンセリングに対応したマイクを左右それぞれに2基ずつ搭載。ハンズフリー通話の際に周囲のノイズを低減して、クリアで高品質な通話ができるのが特徴です。

急速充電ができるUSB Type-Cの採用に加えて、置くだけで充電できるワイヤレス充電にも対応。スマホアプリと連携することで、イコライザー設定やイヤホンのタッチ操作などを自在にカスタマイズできるのも魅力です。

機能性や利便性に優れた高コスパモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

▼【Amazon売れ筋ランキング1位】コスパ最強レベルの完全ワイヤレスイヤホンが凄すぎた件について

ソニー(SONY) 完全ワイヤレスイヤホン WF-XB700

コストパフォーマンスに優れた完全ワイヤレスイヤホンです。IPX4相当の防水性能を備えており、雨や汗からイヤホンを保護。スポーツシーンで汗をかいても安心して使用できます。

また、迫力ある重低音サウンドを実現する「EXTRA BASSサウンド」に対応しているのも魅力のひとつ。左右のイヤホンの音ズレを軽減する「左右同時伝送方式」を採用しているので、音楽だけでなく動画視聴にもおすすめです。

イヤホン単体で約9時間、バッテリーケースと合わせると合計約18時間の再生が可能。約10分の充電で約60分の再生ができる「クイック充電」にも対応しているので、急なバッテリー切れも安心です。

アンカー(ANKER) Soundcore Life P2

IPX7相当の防水性能を備えた高コスパな完全ワイヤレスイヤホンです。独自の「BassUpテクノロジー」の搭載により、心地よい低音を実現しています。また、aptX・AACコーデックに対応しており、リーズナブルながら高音質・低遅延なのが特徴です。

cVc8.0ノイズキャンセリングを搭載しているため、クリアで高品質なハンズフリー通話が可能。イヤホン単体で約7時間、充電ケースと合わせると最大40時間の再生ができるロングバッテリーも特徴的です。

Bluetooth5.0対応なので、優れた接続安定性を実現。高性能ながら手頃に購入できるため、完全ワイヤレスイヤホンの入門機としてもおすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) HA-A7T

片耳の重量わずか約4.8gと軽量設計を実現した高コスパな完全ワイヤレスイヤホンです。耳にフィットしやすいスティック型ボディを採用。長時間のリスニングでも快適さをキープします。

左右のイヤホンそれぞれにワンボタンを搭載し、ボリューム調節や楽曲の操作などを直感的に行えるのも魅力のひとつ。イヤホン単体で約6時間、充電ケースと合わせて約15時間の再生ができるロングバッテリーを内蔵しています。

4色のカラーバリエーションをラインナップしているのもポイント。ファッションに合わせて好みのモノを選んでみてください。

ヤマハ(YAMAHA) Empower Lifestyle TW-E3A

バランスのよいサウンドが特徴の完全ワイヤレスイヤホンです。同社独自の「リスニングケア」により、音量に合わせて音のバランスが最適になるように補正。自然で聴き疲れしにくいサウンドを再現するため、長時間のリスニングにも適しています。

左右独立通信テクノロジー「Qualcomm TrueWireless Stereo Plus」の対応により、音切れしにくいのも魅力のひとつ。IPX5相当の防水性能を備えているので、汗や雨からイヤホンを守ります。

イヤホン単体で約6時間、充電ケースと合わせることで最長24時間再生できるロングバッテリーを内蔵。AAC・aptXの両方のコーデックに対応しているので、幅広い端末で高音質サウンドを楽しめます。

完全ワイヤレスイヤホンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

完全ワイヤレスイヤホンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。