最近ジャンルの細分化が進んでいるイヤホン。耳の穴と接する部分だけでもアイテムによってタイプが異なり、主にカナル型とインナーイヤー型に分けることができます。特に前者はラインナップが多いのが特徴です。

カナル型は耳の穴の中にねじ込むようにして装着するタイプのイヤホンで、遮音性が高く、サウンドがしっかり聴き取れるのがポイントで、音漏れが少ないのも魅力です。そこで今回はカナル型イヤホンのおすすめモデルをピックアップ。価格帯別に製品をご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしていてください。

カナル型イヤホンとは?

By: amazon.co.jp

カナル型イヤホンとは「耳に差し込んで使用するイヤホン」のこと。耳の穴に乗せるインナーイヤー型に比べて、音漏れが比較的起こりにくく、サウンドをしっかりと聞き取れるのが特徴です。

なお、音楽に集中できるという点は魅力ですが、一方で周囲の音が聞き取りにくくなることは外出中では懸念事項になります。遮音性が高いことはメリットにもデメリットにもなり得るので、その点は留意しておきましょう。

カナル型イヤホンの選び方

ドライバーユニットをチェック

ダイナミック型

By: amazon.co.jp

ダイナミック型はさまざまイヤホンで使われているドライバーユニットです。電気信号を受けたコイルが振動板を前後に振動させることで音を鳴らしています。

対応する周波数帯域が広く、低~高音域まで広い音域をカバーできるのが特徴。比較的安価に購入でき、音質もそこそこ高いのでコストパフォーマンス重視で選びたい方におすすめの方式です。

ただし、構造上ダイナミック型は音がこもりやすいため、開放感のある広いサウンドを楽しみたい方には向いていません。また、低音域の表現力には優れていますが、中~高音域の表現力はそれほど高くないので、留意しておきましょう。

バランスド・アーマチュア型(BA型)

By: amazon.co.jp

バランスド・アーマチュア型は補聴器用のユニットをオーディオ向けに改良したドライバーユニットです。「ダイアフラム」と呼ばれる振動板を小さなピンで振動させることで音を鳴らしています。

中~高音域の表現力に優れているのが特徴。振動レスポンスも繊細なので、原音に忠実なより細かい再生を楽しみたい方におすすめです。ただし、部品が細かく作りも非常に精密なので、やや価格が高く、さらに壊れやすいといったデメリットがあります。

ハイブリッド型

By: amazon.co.jp

ハイブリッド型は異なる駆動方式のドライバーユニットを組み合わせて搭載する方式です。低音域が得意な「ダイナミック型」、中~高音域が得意な「バランスド・アーマチュア型」を搭載することで、低~高音域のワイドレンジで解像度の高いサウンドが楽しめます。

懸念点としては万能で汎用性が高い分、価格が高いのがネックです。また、搭載するドライバーユニットの数が増えるので、重さも気になるところ。長時間音楽を楽しみたい方は留意しておきましょう。

機能をチェック

ハイレゾ

By: amazon.co.jp

ハイレゾの正式名称は「ハイレゾリューション(High Resolution)」で“高解像度”という意味を持っています。CD音源を上回る情報量が特徴。対応しているイヤホンは音の奥行きや繊細さなどの情報をしっかりと再現することでき、ボーカルの息づかいやライブの臨場感など細かいところまで楽しめるのが魅力です。

なお、ハイレゾ音源は音楽配信サービスの増加で普及が進んでおり、誰でも気軽に入手できるのもポイント。クオリティの高いハイレゾ音源を存分に楽しむのであれば、ハイレゾ対応であるかどうかはしっかりとチェックしておきましょう。

ノイズキャンセリング

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングとは、イヤホンの内外に配置したマイクにより、“逆位相”と呼ばれる騒音を打ち消す音波を発生させる機能のこと。航空機内のような場所でも快適に音楽を聴くことができます。ただし、ノイズキャンセリング機能はバッテリーや電池が切れると使えなくなることが多いので、多用する際は注意しましょう。

マイク・リモコン機能

By: amazon.co.jp

最近ラインナップが増加しているのがマイクとリモコン機能を搭載したイヤホン。スマホの普及によりハンズフリー通話と音楽操作の利便性を高めた製品は便利です。ただ、使い勝手がよい分、音質レベルは下がる傾向にあるので、その点は考慮しましょう。

カナル型イヤホンのおすすめメーカー

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: amazon.co.jp

オーディオテクニカは1962年創業の日本の音響機器・映像機器メーカー。1974年にはヘッドホン事業に参入し、現在ではイヤホンはもちろん、マイクやケーブルなどのAVアクセサリー機器のラインナップも豊富に取り揃えています。国内市場でのシェアが高いのもポイント。イヤホンを選ぶ際にはしっかりとおさえておくべきメーカーです。

JVCケンウッド

By: amazon.co.jp

JVCケンウッドは2008年に日本ビクターとケンウッドが経営統合した音響メーカー。なお、JVCは日本ビクターの英訳“Japan Victor Company”の頭文字を取ったものです。合併後もそれぞれのブランドは維持。一方で製品開発においては双方の技術やノウハウを活かした製品作りを行なっています。

オンキヨー(ONKYO)

By: amazon.co.jp

オンキヨーは1946年に大阪で創業した日本を代表する老舗音響機器メーカー。自社開発技術にも定評があり、ハイエンドモデルからコスパの高いリーズナブルな製品まで幅広いラインナップを取り揃えています。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは誰もが知る世界的なメーカー。先進的な技術と長年培ってきたノウハウが製品に反映されているのが特徴です。かつて「ウォークマン」で携帯音楽プレーヤーというジャンル切り開き、最近ではハイレゾ音源対応に積極的。また、騒音を打ち消すデジタルノイズキャンセリング機能を搭載したアイテムもリリースするなど、オーディオ業界を牽引している存在です。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

ゼンハイザーは1945年にドイツで創業した老舗オーディオメーカー。ダイナミック型の技術に定評があり、音声の軽快さや細かいサウンドもしっかりカバーする再現力の高さが特徴です。また、精密でありながら滑らかに音を発することができるのもポイント。クラシックを中心としたアコースティックな音楽との相性がよいのも魅力です。

カナル型イヤホンのおすすめモデル|5000円未満

JVCケンウッドXXシリーズ カナル型イヤホン HA-FX3X-B

重低音が得意なイヤホン。重低音&タフをコンセプトとした「XX(XTREME XPLOSIVES)」シリーズの機種で、カーボン振動板を採用した10mm径のネオジウムドライバーユニットを採用することにより、キレのある高解像度なサウンドを響かせるのが特徴です。

外部からの衝撃に強く、不要な振動も低減するメタルボディもポイント。リーズナブルでありながらお得感は高いので、コスパに優れたモデルを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) カナル型イヤホン バランスド・アーマチュア型 XBA-C10

バランスド・アーマチュア(BA型)型ユニット採用のカナル型イヤホン。価格は5000円台ながら製品クオリティは十分なので、満足度の高い製品です。

密閉性とフィット感を高めた「デルタ形状フィッティングアシスト機構」による装着感のよさもポイント。大きなこだわりがなく「とりあえずイヤホンが欲しい」というユーザーはしっかりとチェックしておきましょう。

ヤマハ(Yamaha) カナル型イヤホン スタンダードタイプ EPH-22

ヤマハのカナル型イヤホン。独自開発されたドライバーユニットを採用しており、広い音域をカバーするのが特徴です。フロント部とリア部の硬度を変えることで、クリアな音を出しやすくしているのもポイント。耐久性もまずまずなので、とにかく安くて長く使えるイヤホンを探している方にぜひ試していただきたい製品です。

ゼンハイザー(Sennheiser) カナル型イヤホン CX 3.00

コスパの高さに定評があるカナル型イヤホン。コンパクトボディながら、パワフルで厚みのある重低音を発するのが特徴です。さらに、高音域も比較的クリアであるほか、中音域も引き締まった印象のサウンドに仕上がっています。

耳への装着部分の先がやや傾いていることで、周りの雑音が聞こえにくいうえに耳にフィットしやすいのもポイント。メインとしてフル活用するのはもちろん、サブとして持ち合わせておくにもおすすめです。

JVCケンウッド JVC XXシリーズ カナル型イヤホン HA-FX1X

高い遮音性と充実した重低音を発するスタンダードモデルのカナル型イヤホン。本体内にあるハウジングという部品を保護するタフラバープロテクターを内蔵しているほか、音筒部に角度がついているので、ストレスなく装着し続けられるのが特徴です。

S・M・Lサイズのシリコンイヤーピースが付属しているのもポイント。安心して長く使えるアイテムを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) カナル型イヤホン MDR-XB50

Bluetooth対応ながらリーズナブルな価格が魅力のカナル型イヤホン。CCAWボイスコイルを採用した大口径12mmドライバーによる高品質な重低音が特徴です。

独自の落ちにくいアークサポーターと耳との接地面が広いハイブリッドイヤーピースロングを採用。ジョギング動作でも安定した装着性を維持できます。AACコーデックにも対応しているので、iPhoneとの相性も良好。IPX4相当の防水機能を要しているので、汗で濡れる程度であれば対応できるのもポイントです。

ソニー(SONY) MDR-XB55

重低音にこだわりたい方におすすめのカナル型イヤホン。低域の振動板の動作を最適化する「ベースブースターダクト」により、ノリのよいサウンドを発するのが特徴で、300kJ/m3高磁力ネオジウムマグネットとロングボイスコイルによるパワフルさが感じられるのもポイントです。

形状と材質を工夫した「ハイブリッドイヤーピース」が付属しているのも魅力。装着性と密閉性も良好なので、長時間の使用にもしっかり対応できるアイテムです。

エクセルサウンド 巻き取り式アルミハウジングカナルヘッドホン EH-R37

巻き取り式のカナル型イヤホン。コードの長さを調節して使えるので絡まるストレスを感じにくいアイテムです。

コード巻取り用のリールにはクリップが搭載され、上着などに固定できるのもポイント。ハウジングの素材にアルミを使用することで、音声再生時に過度な振動が起こりにくくなっています。3サイズのイヤーキャップも付属しており、自分の耳に合うものに交換して使えるのも魅力です。

カナル型イヤホンのおすすめモデル|2万円未満

オーディオテクニカ(audio-technica) CKR Series カナル型イヤホン ATH-CKR7

直径14mmの専用大口径ドライバーを内蔵し、伸びと美しさに優れる中高域を再現可能なカナル型イヤホン。ハウジング部分に異なる2種類の素材を採用することで、クリアな音を再現できるのが特徴です。

ステンレスハウジング一体型スタビライザーを採用することにより音の解像度が高さも良好。トータルバランスに優れたアイテムを探している方におすすめのアイテムです。

JVCケンウッド カナル型イヤホン Hi-SPEEDツインシステムユニット搭載 HA-FXT200

低音域用と中高音域用の2つのユニットを配置する「Hi-SPEEDツインシステムユニット」を採用することによって、ワイドレンジをカバーするカナル型イヤホン。

さらに各ユニットに3つのマグネットを配置した「トリプルマグネット構造」も採用しており、応答速度を飛躍的に高め、解像度の高い高音質を聴かせてくれます。厚みのあるサウンドを重視している方におすすめです。

ソニー(SONY) カナル型 Bluetooth対応 ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BN

Bluetooth接続対応のノイズキャンセリングイヤホン。高精度デジタル方式により周囲の騒音を約98%もカットすると謳い、最適な騒音低減モードを自動選択する「AIノイズキャンセリング機能」などを搭載しています。

直径13.5mmの大型ドライバーユニットを搭載し、高音質をしっかり楽しめます。また、通話相手によりクリアな音声を届けられる「エコーキャンセレーション」機能も搭載。イヤホンの着脱も可能ですが、ノイズキャンセリングは付属イヤホンでのみ有効です。

ヤマハ(Yamaha) イヤホン 密閉型 ダイナミック型 EPH-100

金管楽器を意識したデザインが特徴のカナル型イヤホン。独自に開発した6mm径の小型ユニットを採用しており、ユニットから出る音を鼓膜に真っ直ぐ届ける設計に仕上がっています。

より多くのユーザーの耳にフィットするようサイズの異なる5種類のイヤピースを付属しているのもポイント。最適な装着感や遮断性が見つけられるアイテムを探している方にもおすすめです。

オンキヨー(Onkyo) Bluetoothイヤホン セミオープン型 E300BTB

Bluetooth接続対応のカナル型イヤホン。コントロールマイクを採用しており、イヤホンのコントローラーのみで音楽再生や音量などを調整できます。

また、ツイストケーブルを備えたことで、電磁ノイズが軽減されて鮮明な音楽を聴くことが可能。容量の大きいバッテリーを採用し、7.5時間ほど再生できるため、バッテリー切れを気にせず長時間使えるのも魅力です。

JVCケンウッド Bluetooth 完全ワイヤレスイヤホン HA-ET900BT-B

両耳に装着して使用する完全ワイヤレスタイプのBluetoothイヤホン。耳のくぼみにしっかりとフィットするほか、ケーブルを一切搭載していないので、スポーツ中でもケーブルの煩わしさを感じることなく快適に使用できるのが特徴です。

IPX5対応の防水仕様で水しぶきや汗にもしっかり対応。そのまま水洗いもできるので、使い勝手は良好です。スポーツだけでなく、お風呂や水泳などでも問題なく使えます。

付属の充電ケースによる充電と本体のバッテリーにより、最大9時間音楽を聴き続けることが可能。また、無料のスマホ用アプリ「JVC Headphones Manager」を使うことで、イヤホンのサウンドモード切り替えやバッテリー残量確認などが手軽にできるのもメリットです。

イヤーピースはS・M・Lの3種類と低遮音イヤーピースが2個ずつ付属しており、自分の耳や好みに合わせてイヤーピースを選べます。

カナル型イヤホンのおすすめモデル|3万円未満

ヤマハ(Yamaha) カナル型イヤホン EPH-200

ハイレゾ対応したカナル型イヤホン。6mmの小型ドライバーを採用することで、ボーカルサウンドの息づかいや指が弦を弾く音など、細かい音のディテールまでしっかりと楽しめます。

アルミ削り出しの小型筐体は高品位で見た目も良好。イヤーピースには、2段階のフランジを設けた独自の「2ステージイヤーピース」を採用しており、音質だけでなく遮音性に優れているのも特徴。また、ケーブルには断線しても簡単に交換ができる「デタッチャブルケーブル」を採用しているので、長く使い続けられるイヤホンを探している方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS カナル型イヤホン ATH-CKS99

本体内部に空気室を2つ備えており、厚みのある低域とクリアな中高域を実現できるカナル型イヤホン。専用設計で作られた直径13mmのドライバーを内蔵し、中高域の音質をバランスよく再現できるのもポイントです。

イヤーピースを2段階に調節可能であり、耳の穴にフィットさせて音を漏れにくくできます。丈夫なうえに絡みにくいのも魅力のアイテムです。

JVCケンウッド WOODシリーズ カナル型イヤホン HA-FX1100

木を振動板に採用したJVCケンウッドのハイレゾ対応カナル型イヤホン。特徴である11mm口径のウッドドームユニットの採用に加え、ケーブル素材やイヤーピース形状にもこだわることで、クオリティの高いサウンドを体感できるのが特徴です。

イヤーピース内にくぼみを設けることで、濁りの少ないクリアな音声を再現可能。5サイズの低反発イヤーピースも付属しており、自分の耳にフィットするように調整できます。完成度の高いイヤホンを探している方におすすめです。

JVCケンウッド TWINシリーズ カナル型イヤホン HA-FXT90

カーボンナノチューブ振動板を搭載したカナル型イヤホン。低音域用と中高音域用のドライバーを1つずつ採用しており、コンパクトサイズでありながらパワフルでメリハリのあるサウンドを体感できるのが特徴です。

本体に搭載されたクリップにより、コード接触時のノイズが起こりにくいのもポイント。また、キャリングケースも付属しており、本体を保護しつつ手軽に持ち運べるのも魅力です。

カナル型イヤホンのおすすめモデル|3万円以上

ソニー(SONY) カナル型イヤホン XBA-N3

ソニー有線仕様のハイレゾ対応イヤホン。バランスド・アーマチュア(BA)型ドライバー1基と駆動力を向上させる「外磁型磁気回路」を採用した9mmダイナミック型1基を採用している、いわゆるハイブリッド型です。

再生周波数は3~40000Hzのワイドレンジをカバー。「サウンドスペースコントロール」と呼ばれる音響空間が内部に作られており、空気をコントロールすることで低音域・中音域・高音域をバランスよく鳴らしてくれるのが特徴です。コンパクトボディかつ装着性のよさも好評。満足度の高いアイテムを探している方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) バランスド・アーマチュア型イヤホン ATH-E70

オーディオテクニカのハイエンドモデルのカナル型イヤホンです。モニタリング用に最適化された低・中・高域用のBAドライバーを3基搭載しており、クオリティの高いサウンドを体感できるのが特徴です。

柔軟に調整できる専用ケーブルにより、長時間使用でも安定したフィット感を持続できるのも魅力。独自規格A2DCによるケーブル着脱機構は堅牢で、耐久性も良好です付属品として持ち運びに便利なケースが付いているのもポイント。完成度の高いイヤホンを探している方は要チェックです。