近年YouTubeなどの動画配信サービスで人気の「ASMR(エーエスエムアール)」。咀嚼音など一見ゾワゾワする感覚が病みつきになると、話題を集めています。耳元でささやくようなASMRを楽しむために必須のアイテムがイヤホン。音楽を聴く用途とは少し異なるので、ASMRに適したモノを選ぶ必要があります。

そこで、今回はASMR向けのイヤホンをご紹介。選び方も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ASMRとは?

By: amazon.co.jp

ASMRとは、「Autonomous Sensory Meridian Response」の略で、視覚や聴覚から感じるゾワゾワするような感覚のこと。例えば、咀嚼音や耳かき音、ささやき声など日常生活におけるサウンドを切り取ったモノがほとんどです。

一方、ASMRは受け取り手によっては不快に感じることもあり、個人差があるのも事実。好みのASMRが見つかれば、リラックスタイムなどに楽しめるので、ぜひ試してみてください。

ASMR向けイヤホンの選び方

ASMRはカナル型がおすすめ

By: amazon.co.jp

ASMRは静かな環境で聴くことで、より魅力を感じられるモノ。そのため、イヤホンを選ぶ際は遮音性が重要になります。

一般的にイヤホンは、インナーイヤー型とカナル型の2種類の形状に分類されており、遮音性が高いのはカナル型のイヤホン。耳にしっかりフィットし、音漏れしにくいのが特徴です。

また、カナル型はイヤーピースを付け替えることでフィット感を調節できるのも魅力。ASMRをよりリアルに感じたい方、快適な着け心地を求めている方はカナル型イヤホンがおすすめです。

ノイズキャンセリング機能の有無をチェック

By: amazon.co.jp

ASMRを最大限に楽しみたい方は、ノイズキャンセリング機能を搭載したモデルがおすすめ。ノイズキャンセリングとは、周囲の雑音と逆位相の音を出すことで、雑音を低減する機能です。周囲の音が聞こえにくくなるので、サウンドに集中できます。

とくに、通勤・通学時など人混みで使用する機会が多い方にピッタリ。また、自宅であっても、エアコンや掃除機など生活音が気になる方は、チェックしてみてください。

接続方法をチェック

音質を重視するなら「有線接続」

By: amazon.co.jp

有線接続は、デバイスとイヤホンをケーブルで接続して使用するタイプ。音が劣化しにくいため、音質を重視したい方におすすめです。有線接続はペアリングなどの初期設定がいらないので、すぐに使い始められます。

また、映像と音声にズレがないのも魅力のひとつ。映像と合わせてASMRを楽しみたい方も有線接続がおすすめです。一方、ケーブルと衣服の摩擦によっておこるタッチノイズや、可動範囲の狭さなど有線特有のデメリットがある点には留意しておきましょう。

移動時には「ワイヤレス接続」

By: amazon.co.jp

ワイヤレス接続は、デバイスとイヤホンをBluetoothなどの無線方式で接続して使用するタイプ。ケーブルによる煩わしさを受けないため、移動中にASMRを楽しみたい方におすすめです。とくに、通勤・通学や家事、スポーツシーンなどに適しています。

一方、ワイヤレス接続は有線接続に比べて、接続が安定しにくい点に注意が必要。また、デバイスから音声データを圧縮してイヤホンに伝送しているため、音質も有線接続に比べてやや劣ることもあります。

バッテリー駆動なので、長時間使用したい方は、連続再生時間などもしっかりチェックしましょう。

寝ながらの使用にはハウジングが小さなモデルを

By: amazon.co.jp

ASMRをベッドで寝ながら楽しみたい方も多いはず。ただ、イヤホンを着けながら横になると耳が圧迫されて痛くなってしまうので、寝ながら使用したい方は、できるだけハウジングが小さめのモデルを選びましょう。

睡眠時の着用に適したイヤホンは「寝ホン」とも呼ばれており、横になっても耳への圧迫感が少なく快適に着用できるのが魅力。いずれもハウジングが小さいモデルが多いため、寝ながらの使用がメインの方は、「寝ホン」と謳っているモデルもチェックしてみてください。

ASMR向けイヤホンのおすすめメーカー

ファイナル(final)

By: amazon.co.jp

ファイナルは日本のオーディオメーカー。プロ向けのハイエンドモデルから初心者にやさしいリーズナブルなモデルまで幅広くラインナップしているのが特徴です。

なかでも、ASMRでよく使われるバイノーラル技術で製造されたサウンドなどを聞き分けられる「E500」などが人気。高性能ながらほかのメーカーに比べて安く購入できるので、コスパを重視したい方にもおすすめのメーカーです。

シュア(SHURE)

By: amazon.co.jp

シュアは1925年創業の老舗オーディオメーカー。創業当初から音を美しく表現する技術に長けており、長年培ったノウハウを活かして製造された製品を多数取り揃えています。

イヤホンに関しては、初心者にも手が出しやすいエントリーモデルから、プロ向けのハイエンドモデルまで種類も豊富。遮音性の優れたモデルや音の正確さに優れたモデルなどASMRに適したイヤホンもラインナップしています。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

ゼンハイザーは1945年に創設されたドイツの音響機器メーカー。ヘッドホンやイヤホンが有名で、音楽制作現場などプロの現場でも使われているほど高品質です。

優れた音質とアクティブノイズキャンセリングを備えているため、ASMRにおすすめ。価格は高めですが、音質や機能性にこだわりたい方に適したメーカーです。

ASMR向けイヤホンのおすすめモデル|有線

ファイナル(final) カナル型イヤホン E500

ゲームやVRなどのバイノーラル制作された音源をより正確に再生できる、ASMR向けのカナル型イヤホンです。高精度な口径6.4mmのダイナミック型ドライバーを搭載しており、音響光学や音響心理学、空間音響学に基づいて音作りされているのが特徴です。

ハウジングには、耳道の傾きに合わせてイヤーピースが左右に動く「スウィングフィット機構」を採用。音がダイレクトに鼓膜に伝わるので、よりクリアなサウンドを再生できます。

また、イヤーピースは2種類のシリコン素材を用いており、音導管部分と耳に触れる部分で硬度が異なるのもポイント。着け心地と遮音性を両立しています。

太く柔らかいケーブルは、断線しにくいため、安心して使用できます。比較的リーズナブルな価格で購入できるので、なるべく予算を抑えたい方にもおすすめです。

ファイナル(final) カナル型イヤホン E3000

口径6.4mmのダイナミック型ドライバーを搭載したASMR向けの有線イヤホンです。小口径ながらも精度が高く、高解像度かつナチュラルなサウンドが楽しめます。ステンレス切削高剛性筐体を採用しているので、不要な振動もしっかりと軽減可能です。

また、筐体の背面にはステンレスメッシュを配置。低音域の再生帯域を延ばし、より迫力のあるサウンドを実現します。筐体は鏡面仕上げなので、美しいデザインに仕上がっているのもポイントです。

着け心地のよさと高い遮音性を両立するイヤーピースを5サイズ同梱。左右で軸色が異なり、判別しやすくなっています。ケーブルの長さは約1.2mで、取り回しやすい柔軟な被膜素材を採用。そのほか、ケーブルのタッチノイズを軽減できる専用のイヤーフックも付属します。

シュア(SHURE) SE215 Special Edition SE215SPE-A

コスパに優れた有線イヤホンです。独自開発のダイナミック型マイクロドライバーユニットを1基搭載しており、迫力がありながらもクリアなサウンドが楽しめます。

エルゴノミクスデザインのハウジングは耳にしっかりとフィットし、優れた遮音性と快適な装着感を実現。周囲の騒音を気にすることなく、音楽やASMRに没頭できます。また、長時間着けていても疲れにくいのも魅力す。

ケーブルには高耐久なケブラー素材を採用。着脱可能なmmcxコネクターを採用しているので、気軽にリケーブルが楽しめます。

音楽リスニングからASMR、ゲームなど、幅広い用途で快適に使用できるモデルを探している方におすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) プロフェッショナルモニタリングイヤホン IE 400 PRO

迫力のある高解像度なサウンドが楽しめるモニタリングイヤホンです。人間工学に基づいて設計されたコンパクトなハウジングを採用しており、優れたフィット感と高い遮音性を実現。ドライバーユニットには、ダイナミック7mmワイドバンドトランスデューサを搭載しています。

また、「TrueResponse ドライバーシステム」により、歪みのない均一なサウンドを再生できるのもポイント。スタジオやライブステージでの使用を考慮して開発されたモデルですが、原音に忠実な正確なサウンドを再生できるので、普段使いやASMR用途でも快適に使用可能です。

厳しい環境での使用も考慮されており、耐久性にも優れています。ケーブルはイヤホン本体から着脱できるリケーブル式を採用。万が一断線してもケーブルだけ交換すれば使い続けられるので安心です。

エーディーブイ(ADV.) スリーピングイヤホン Sleeper Loop ADVSLEEPL

寝ながらでも快適に使用できるように設計されたASMR向けの有線イヤホンです。シリコン素材を用いた小さなハウジングを採用しており、優れたフィット感を実現しています。また、装着したまま片肘をついたり、横になったりしても耳が痛くなりにくいので、ASMRを聴きながら寝落ちしてしまっても安心です。

ドライバーユニットには、フルレンジ・クラリティー・ダイナミックドライバーを搭載。20Hz~40kHzまでの幅広い帯域を再生でき、ハイレゾにも対応しています。

ケーブルの長さは約1.5mで、L字型の3.5mm金メッキプラグを採用しています。ケーブルの途中には、音量調節などができるリモコンと通話用のマイクを搭載。さらに、巻き取ったケーブルをホールドできるケーブルタイが付いているのも魅力です。

アルティオ(Artio) カナル型イヤホン CR-S1

スピーカーで音楽を聴いているような立体感のあるサウンドを再現した、ASMR向けの有線イヤホンです。特許技術「WARPシステム」を搭載しており、従来のイヤホンでは再現しにくい音の鳴った位置や空気感をより立体的に再生できます。

ドライバーユニットには口径10mmのダイナミック型ドライバーを搭載。低音域から高音域までバランスよく再生できるレンジの広いサウンドが特徴です。ASMRだけでなく、音楽や動画、ゲームなど、幅広いジャンルで使用できます。

イヤホンの筐体は軽量で耳にフィットしやすい形状なので、長時間装着していても快適です。比較的リーズナブルな価格で購入できるコスパのよさもメリット。より立体感のあるサウンドを楽しみたい方におすすめです。

ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones – Apple devices

iPhone・Mac用のASMR向けイヤホンです。有線モデルながらもアクティブノイズキャンセリング機能を搭載しているのが特徴。ボタンひとつで周囲の音を聴きとれるAwareモードに切り替えられます。イヤホンを耳から外したり、音楽を停止したりする必要がないので便利です。

ボーズのTriPortテクノロジーとActive EQにより、深みのある表現豊かなサウンドを楽しめるのも魅力。イヤーピースには、耳に馴染みやすい楕円形デザインの「StayHear+チップ」を採用しています。耳に押し込まなくても自然にぴったりとフィットし、快適な装着感を実現。

ケーブルには、マイク付きのリモコンを搭載しています。ノイズキャンセリング機能のオン・オフや電話への応答・終話、音量調節などが可能です。

JVCケンウッド(KENWOOD) CLASS-S WOOD 02 inner HA-FW02

ハイレゾ音源の再生にも対応したASMR向けの有線イヤホンです。独自の軽量10mmウッドドーム振動板を搭載しているのが特徴。原音に忠実かつ繊細なサウンドを再生できます。また、ドライバーユニットの背面にはウッドスタビライザーを搭載。ハウジングの振動を制御し、よりサウンドをクリアにします。

筐体は人間工学に基づいて設計されており、優れた安定性と高いフィット感を実現。にごりのないサウンドを再生できるように設計された、自社開発の「スパイラルドットイヤーピース」が付属するのもポイントです。

ケーブルはmmcx端子を採用しており、着脱が可能。ほかのケーブルと付け替えて音質の変化などを楽しみたい方にもおすすめです。

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-N1

ハイブリッドドライバーシステム採用のASMR向けイヤホンです。9mmダイナミックドライバーとバランスド・アーマチュア(BA)型ドライバーを組み合わせているのが特徴。低音域から高音域までしっかりと鳴らせる広帯域再生を実現しています。

また、ソニーの立体音響技術「360 Reality Audio」に対応しているのもポイント。対応するアプリと組み合わせることで、より没入感のある立体的なサウンドが楽しめます。ケーブルは、リケーブルして音質の変化などが楽しめる着脱式です。

「トリプルコンフォートイヤーピース」が付属。シリコンフォーム素材と硬度の異なる2種類のシリコンゴムを組み合わせ、高い遮音性と快適なつけ心地を実現しています。水洗いも可能なので、清潔に保ちたい方にもおすすめです。

ワンモア(1MORE) riple Driver In-Ear Headphones E1001

比較的リーズナブルながらも合計3基のドライバーを搭載したASMR向けイヤホンです。2基のBA型ドライバーと1基のダイナミック型ドライバーを搭載しており、高音域の歪みが最小限に抑えられています。また、ハイレゾ音源の再生にも対応しているので、より臨場感のあるサウンドが楽しめます。

ハウジングにはアルミ素材を採用しており、高級感のあるデザインです。ケーブルの長さは1.25mで、音量調節や再生・停止などの操作が行えるリモコンを搭載しています。

ASMR向けイヤホンのおすすめモデル|ワイヤレス

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM4

高性能なノイズキャンセリング機能を搭載したASMR向けイヤホン。飛行機や街中などでも、騒音を低減しながら音楽やASMRに没頭できます。また、「360 Reality Audio」に対応しており、立体感のある音響空間を体験可能です。

高音質コーデックの「LDAC」や、圧縮音源をハイレゾ相当の高音質で再生できる「DSEE Extreme」などに対応しているのも魅力。音楽サブスクやYouTubeなどの音源も高音質で再生できます。

イヤホンを装着したままでも周囲の音を取り込める「アンビエントサウンドモード」も搭載。突然話しかけられたときや、電車のアナウンスなどを聞きとりたいときなどに役立ちます。

アップル(Apple) AirPods Pro

密閉性が高く、装着感に優れた完全ワイヤレスイヤホンです。柔らかいシリコン製イヤーチップは、内側に向けて細くなっており、耳に形に馴染んで快適に装着可能。ラージ・ミディアム・スモールの3サイズから、好みや耳の大きさに合わせて選択できます。

専用に設計されたスピーカードライバーを内蔵しており、パワフルな低音を再生。Appleが独自開発するH1チップを搭載しているので、iPhoneなどのAppleデバイスとシームレスに接続できるのも便利なポイントです。バッテリー駆動時間はイヤホン単体で最大約4.5時間。ケースを合わせると24時間以上使用できます。

周囲の騒音を低減できるアクティブノイズキャンセリング機能を搭載。さまざまな場所でASMR音源を快適に楽しめます。また、外部音取り込みモードにも対応。本体の軸部分を長押しするだけで素早くモードを切り替えられます。

ワンモア(1MORE) 睡眠用ワイヤレスイヤホン ComfoBuds Z EH601

耳に装着したまま寝ても邪魔になりにくい睡眠用のワイヤレスイヤホンです。イヤホン本体は片耳約2.7gと軽量で、遮音性の高い形状を採用しています。

30種類の睡眠導入用環境音が用意されているのも特徴です。うち6曲がデフォルトでイヤホン本体にダウンロードされています。Bluetoothでデバイスと接続しなくても、環境音を再生でき便利です。

そのほか、自動オフタイマーも搭載。30分・60分・90分・120分・150分の5段階で設定できます。ASMR音源を再生しながら寝落ちしたい方におすすめのASMR向けイヤホンです。

ボーズ(Bose) QuietComfort Earbuds

独自の「StayHear Maxチップ」により、優れた安定性と快適な装着感を実現したASMR向けイヤホンです。高性能なノイズキャンセリング機能を搭載しているのが特徴。また、周囲の音を取り込める外音取り込み機能にも対応しています。

アクティブEQテクノロジーにより、音量の大小を問わず、迫力のあるパワフルなサウンドを再生可能。睡眠時などに小さな音量でAMSR音源を楽しみたい方にもぴったりです。本体はタッチでの操作に対応しており、触れるだけで音量の調節やモードの切り替えができます。

イヤホン本体のバッテリー持続時間は最大約6時間。クイック充電に対応しており、15分の充電で約2時間使用可能です。そのほか、IPX4相当の防滴性能やQi規格のワイヤレス充電などにも対応しています。

ジャブラ(Jabra) 完全ワイヤレスイヤホン Elite 85t

コンパクトながらも口径12mmの大型スピーカーを搭載した、ASMR向けイヤホンです。パワフルで迫力のある低音を実現しています。また、本体にベントを搭載したセミオープンデザインを採用。耳の内部に圧力が蓄積しにくく、長時間快適に装着可能です。

アクティブノイズキャンセリング機能とHearThroughモードを搭載しており、フルANCからフルHearThroughまでの間を11段階で調節できます。環境に合わせて音楽と周囲の音のバランスを細かく調節できるので便利です。

スマホ用アプリ「Jabra Sound+」に対応しており、さまざまなカスタマイズに対応。MySound機能を利用すれば、聴覚テストによるサウンドのキャリブレーションが可能です。イヤホン本体のバッテリー駆動時間は、ANCオンの状態で最大約5.5時間、オフにすれば最大約7時間。Qi規格のワイヤレス充電にも対応しています。