自宅をキレイにするのに欠かせない掃除機。家中のゴミやホコリを吸い取ってくれる頼もしいアイテムですが、電源コードの取り回しに悩まされることもあります。

そんなときに使いたいのが「コードレス掃除機」です。バッテリーを搭載しており、充電しておけば持ち運んで使用できるのがポイント。そこで今回は、コードレス掃除機の選び方とおすすめのモデルをランキング形式でご紹介します。

コードレス掃除機の選び方

掃除機の形状をチェック

オーソドックスな「キャニスター型」

By: amazon.co.jp

一般的な形状で、掃除機の本体に車輪が付いているタイプ。ダストカップの容量が大きいので多くのゴミを集められます。家具の間など、狭い場所を小回りよく掃除する場合は手間がかかりますが、吸引力が強いのがキャニスター型の特徴です。

コンパクトで収納しやすい「スティック型」

By: amazon.co.jp

モーターとヘッドが一体になっているタイプ。軽量でコンパクト設計の製品が多く、手軽に掃除が可能です。コードレスという特徴を活かして部屋の移動がラクに行えて、狭い場所でもゴミが気になったらすぐに取り除けます。

スティック型は日頃から部屋をこまめに掃除したいという方におすすめです。

車内などちょっとした掃除に便利「ハンディ型」

By: amazon.co.jp

スティック型の掃除機をさらにコンパクトにしたのがハンディ型。デスク周りや車の中など、普通の掃除機では掃除が難しい場所で活躍できます。バッテリーの駆動時間が短いなど、床や広い場所の掃除には不向きですが、2台目の掃除機としておすすめです。

集じん方法をチェック

吸引力が落ちづらい「サイクロン式」

By: amazon.co.jp

遠心力でホコリと空気に分離する仕組みを採用しているのが「サイクロン式」。フィルターを通るため、排気される空気がキレイです。

紙パックを用意しなくてもよいため、ランニングコストがかからないのもポイント。こまめなゴミ捨てとフィルターの掃除が必要ではありますが、経済的に使用したい方には最適です。

ゴミ捨てが簡単な「紙パック式」

By: amazon.co.jp

吸い込んだホコリをあらかじめセットした紙パックに集めるのが「紙パック式」。頻繁にゴミ捨てをしなくてもよいのがメリットです。ゴミが溜まったときも紙パックごと捨てればよいため衛生的に使えます。こまめなお手入れが必要ないコードレス掃除機を探している方におすすめです。

吸引力をチェック

By: amazon.co.jp

掃除機において、ゴミをどれだけ吸い取れるのかを決める「吸引力」は最重要ポイントです。特にコードレス掃除機はバッテリーで動作するため、何度も同じ場所を掃除して無駄な電力を消耗するのは避けたいところ。

紙パック式の場合は掃除機内が密封されているため強い吸引が可能です。しかし、紙パックにゴミが溜まると吸引力が落ちやすいのがデメリット。一方、サイクロン式の場合は吸い込んだゴミが溜まっても吸引力が持続するメリットがあります。

また、ゴミと接触するヘッド部分の構造にも注目。ヘッド内のブラシをモーターで回転させる「モーター式」なら、空気の力で回転させる「エアタービン式」よりも高い集塵性能を備えているため吸引力を重視する方におすすめです。

連続運転時間をチェック

By: amazon.co.jp

広い部屋を掃除したいのであれば連続運転時間の長さも大切です。掃除機をかけているときにバッテリー切れを起こしてしまうと中途半端なところで中断せざるを得ません。家全体を隅々まで掃除したい場合はバッテリーが60分程度持続するモデルを選んでみてください。

充電時間をチェック

By: amazon.co.jp

連続運転時間とセットで確認したいのが充電時間。パワーが強いコードレス掃除機は、充電に時間が掛かってしまうため要注意です。充電時間をできるだけ短くしたい方は、数十分で充電が完了する「急速充電」に対応したモノを選んでみてください。

ヘッドの種類をチェック

カーペットも得意な「モーター式」

By: amazon.co.jp

モーター式は、ヘッド内にあるモーターの力でブラシを回転させる方式。ゴミを掻き出して吸引するのが特徴です。モーター非搭載モデルと比べて高い集塵性能を備えています。フローリングはもちろん、カーペットなどのゴミを吸い取りにくい床でも効果を発揮するのがポイントです。

軽い力でスイスイ動く「モーター式(自走式)」

By: amazon.co.jp

基本構造はモーター式と同じですが、自走式のモデルはモーターの力でヘッドが前に進むのをアシストしてくれます。力を入れなくても掃除機が進むため、長時間使用しても疲れにくいのが特徴です。ただし、ほかの方式よりもヘッドの重量が増すため、頻繁にヘッドを持ち上げて掃除をする方は注意しましょう。

コスパに優れた「エアタービン式」

By: amazon.co.jp

エアタービン式は、空気を吸い込む力でブラシを回転させて吸引する方式。主にリーズナブルな価格のモデルで採用されています。モーター式と比べて吸引力は劣りますが、シンプルな構造なので軽量な点がメリットです。

機能をチェック

By: amazon.co.jp

コードレス掃除機は各メーカーが多くの独自機能を搭載しています。例えば、ゴミ検知センサーを備えているモノであれば、ソファーや家具の隙間など目で確認しにくいところでも残さずゴミの吸い取りが可能です。

他にもヘッドが90°回転して壁際に密着して吸引するモノや、ヘッドを浮かせた数秒後に自動で運転を停止するモノなどモデルによってさまざまな機能が搭載されているので、自分の用途に合うコードレス掃除機を見つけましょう。

コードレス掃除機のおすすめメーカー

ダイソン(dyson)

By: amazon.co.jp

ダイソンはサイクロン式掃除機の先駆けとなったイギリスの電気機器メーカー。長く持続する吸引力が特徴です。また、他社のコードレス掃除機と異なりトリガースイッチを採用しているところもポイント。トリガーを引いているときだけ動作するため、こまめに電源を切ることができるので、節電効果を重視する方におすすめです。

マキタ(Makita)

By: amazon.co.jp

使いやすいコードレス掃除機を展開していることで有名な日本の総合電動工具メーカー。リーズナブルな価格・シンプルなデザイン・軽量設計が特徴です。多機能なモデルというよりもシンプルな掃除機が欲しいという方に適しています。

また、バッテリーだけを取り換えられるモデルが展開されているのもポイント。さらに1時間足らずの急速充電に対応しているモデルもあるため、長時間の使用を考えている方におすすめです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

多機能複数種類のコードレス掃除機を販売している国内大手電機メーカー。スティック型はもちろん、コード付きモデルに多いキャニスター型の掃除機も多く展開しています。

ヘッドを浮かせると動作が停止する節電機能や、グリップの動きとヘッドが連動して左右の方向転換を快適にする設計などモデルによってさまざまな機能・設計を採用しているのが特徴です。

コードレス掃除機のおすすめランキング|サイクロン式

第1位 ダイソン(Dyson) コードレス掃除機 V8 Fluffy SV10 FF2

さまざまなタイプのコードレス掃除機を販売しているダイソンの中でもおすすめの製品です。フローリングに対応した「ソフトローラークリーナーヘッド」が特徴。ナイロンフェルト素材のローラーとカーボンファイバー素材のブラシが、大きなゴミから小さなホコリまで除去可能です。ヘッドのカバーが透明なので、ゴミの溜まり具合を確認できます。

バッテリーは通常モードで最大約40分間駆動。一般的な家庭の掃除には十分な長さがあります。付属するアタッチメントは「ミニモーターヘッド」「隙間ノズル」「コンビネーションノズル」の3種類で、部屋中の細かな隙間を掃除可能。集めたゴミは、ダストボックスのフタを触らずにワンタッチで捨てられます。

コードレス掃除機は強い吸引力で長時間の動作が可能なので、複数の部屋がある家庭におすすめです。

第2位 シャークニンジャ(SharkNinja) コードレス掃除機 EVOFLEX S10

アメリカでは「ダイソンキラー」と呼ばれるシャークニンジャが、日本の住宅事情に合わせて開発したコードレス掃除機です。スティック型ですが、使わない時は折りたたんで収納可能。長さが約60.5cmとコンパクトになるので、狭いスペースにも入れられます。

掃除中もスティックを曲げられるので、ソファーの下などをラクな姿勢でゴミを除去。さらに、クリーナーヘッドは隙間に入れやすい薄型設計です。

付属アタッチメントは、長さが45cmあるフレキシブル隙間ノズル、抗アレルゲンホコリ取り用ブラシ、布団ツールの3種類。戸棚の高い場所からソファーなど、1台でさまざまな場所を掃除できます。

バッテリーは3.5時間の充電で最大約35分間の動作が可能。日本ではまだ知名度が低いですが、使いやすさで注目度が高まっているおすすめのコードレス掃除機です。

第3位 東芝(TOSHIBA) コードレス掃除機 TORNEO V VC-CL1500

3つの気流を発生させるサイクロン型のコードレス掃除機です。強力な気流が排気フィルターの目詰まりを抑制し、強い吸引力を持続。さらに、ダストカップ内でゴミを圧縮させて、ゴミ捨てのときにホコリを舞い上げにくくするメリットがあります。

バッテリーは標準で約25分の連続運転ができ、床掃除用ヘッドはモーター内蔵の自走式なので片手でもラクに掃除が可能。ヘッドを浮かせると約3秒後に運転を停止するので、節電ができます。

付属のアタッチメントは豊富な5種類。「ふとん用ブラシ」はベッドや布団、「丸ブラシ」はソファーや車のシートに適しています。「すき間ノズル」は家具のすき間などの狭いスペース、「付属品用ホース」は他のアタッチメントと組み合わせて手が届かないような高い場所の掃除が可能。「エアブローノズル」を使えば窓サッシのゴミを風で飛ばせます。

専用バッグが付属しているのでアタッチメントの収納にも便利で、部屋数の多い家庭で使うのにおすすめのコードレス掃除機です。

第4位 三菱電機 (MITSUBISHI) コードレススティッククリーナー iNSTICK HC-VXG30P-N

使用後に収納せず部屋に出しておき、空気清浄機としても使えるコードレス掃除機。充電台にHEPAフィルターと脱臭フィルターを搭載し、掃除機を充電中に部屋の空気をきれいにできます。収納時は、高さが約108.7cmの円柱形ボディでデザイン性に優れ、リビングに置いても違和感がなくおすすめです。

空気清浄機だけでなく、掃除機の機能も充実しています。付属の「ふとんアタッチメント」で寝具の掃除が可能。気になるダニのフンなどを吸い込み、アレルギー対策が期待できます。さらに、「毛ブラシ」では棚などを細かく掃除できて便利です。床掃除に使う通常のヘッドは回転ブラシの効果によって自走機能があります。

バッテリーは最大で約30分間の連続運転が可能。搭載された急速充電モードを使えば、60分間の充電で約16分間動作します。

第5位 プラスマイナスゼロ(±0) コードレス掃除機 XJC-Y010

掃除機としては珍しいおしゃれなデザインです。すっきりとしたボディは、工業デザインなどを対象にした国際的なデザイン賞で金賞を受賞。本体カラーもブルー、ライトグリーン、ホワイト、レッドと他の家具とバランスを合わせた色を選べます。

デザイン性の高さだけでなく、本体重量は約1.3kgと軽量設計を実現。片手でもラクに掃除ができます。6時間の充電で最大約57分の連続運転が可能で、長時間の掃除も苦になりません。

付属のアタッチメントは3種類。ロングノズル、フロアノズル、隙間ノズルと使い勝手のよいパーツがそろっています。

スティック部分を外してハンディ型にもなるコードレス掃除機。おしゃれデザインに加えて、1台2で便利に使えておすすめです。

第6位 エレクトロラックス(electrolux) コードレス掃除機 エルゴラピード・リチウム プレミアム ZB3324B

人間工学に基づいた設計で、掃除中の負担を軽減できるコードレス掃除機。本体重量は約2.5kgですが低い位置に重心があり、掃除中に体感する重さは約0.5kgとラクに扱えると謳われています。ヘッドは左右に約180°動くので小回りが利き、家具の間をストレスなく掃除が可能。バッテリーは最大で約48分間の連続運転ができるので、掃除を始めたら最後までしっかりときれいにできます。

掃除中に気になる排気のニオイはフィルターがカット。約1.0ミクロンの微粒子を99.99%除去すると謳われており、部屋の空気よりもきれいな排気を実現しています。

付属のアタッチメントは全部で6種類。布団のダニ対策に有効な「UVライト付ふとんノズル」や、カーテンの汚れを取り除く「布用ノズル」など、豊富なアクセサリーで部屋をきれいにできます。自立式で扱いやすく、機能が豊富でコスパに優れたおすすめのコードレス掃除機です。

第7位 日立(HITACHI) コードレス掃除機 パワーブーストサイクロン PV-BD700

幅が約28cmのワイドなヘッドを採用したコードレス掃除機です。回転ブラシが駆動力を生み、少ない力で効率よく掃除が可能。さらに、ヘッドにLEDライトが搭載され、家具の下などの暗い場所でもホコリの取り残しを防ぎます。また、自立構造なので立てられるのもポイントです。

スティックの長さは手元のレバーでワンタッチに調節可能。約78.5~101.5cmまで4段階に変えられて、身長に合わせた使いやすい最適な長さにできます。一番短い状態にすればハンディ型としても使えて便利です。

バッテリーは3.5時間の充電で最大約30分間動作可能。アタッチメントは、伸縮して曲がるブラシ、ふとん用、すき間用の3種類が付属しています。長さが調節できて掃除の姿勢がラクにできるおすすめのコードレス掃除機です。

第8位 ダイソン(Dyson) コードレス掃除機 V7 Triggerpro HH11 MH PRO

ダイソンが販売するハンディ型でおすすめのコードレス掃除機です。小型モデルですが「ダイソン デジタルモーター V7」を搭載し、パワフルな吸引力を実現。バッテリーは最大で約30分間の動作が可能で、本体重量は1.76kgと片手でも扱いやすい重さです。

付属のアタッチメントは全部で6種類と豊富にそろっています。ミニモーターヘッドとフトンツールはベッドやクッションなどの布地に付いたゴミを吸引でき、ミニソフトブラシはキーボードなどのデリケートな製品の汚れ、ハードブラシは付着してしまったしつこい汚れの除去に最適です。隙間ノズルとコンビネーションノズルは、気になる場所をどこでも掃除できます。

本製品にはカーチャージャーが付属。車内のシガーソケットから本体の充電ができるので、部屋の中だけでなく車の中まですっきりときれいにできます。

こまめに掃除ができるハンディ型のコードレス掃除機。小型でも強い吸引力を求めるという方におすすめです。

第9位 ブラック・アンド・デッカー(BLACK+DECKER) リチウム乾湿両用ダストバスター WD7201O

手軽に使える低価格のハンディ型コードレス掃除機。本体重量が約0.7kgと軽量設計で、操作は電源のオンとオフだけでシンプルに使えます。本体品は乾湿両用なのでホコリなどのゴミ以外にも、飲み物をこぼした場合でも液体の吸引が可能です。

低価格ですが、3種類のアタッチメントが付属。「先細ノズル」「ブラシノズル」「液体吸引用ラバーパッド」を使い分けてテーブルや棚などの掃除ができます。

使用時間は約8分と短く、ピンポイントでゴミを吸引するのにおすすめ。部屋の汚れに気が付いたときに素早く掃除ができる、2台目として使い勝手のよいコードレス掃除機です。

第10位 シャープ(SHARP) コードレスキャニスターサイクロン掃除機 RACTIVE Air EC-AS500

キャニスター型のコードレス掃除機です。ヘッドやホースを除いた本体部分の重量が約1.8kgと軽量設計。左手で本体を持ち、右手でパイプを操作しながら、コードレスのメリットを活かして部屋中をラクに掃除ができます。80分間の充電で最大約30分間の連続運転が可能なので、掃除中にバッテリー切れになる心配も少なくおすすめです。

本体サイズは幅20.4×奥行き39.0×高さ23.0cmとスリムなデザイン。本体を床に置いて使用しても、部屋の中を小回りよくスムーズに移動できます。

アタッチメントは「はたきノズル」と「ベンリブラシ」、2段階に伸縮できる「すき間ノズル」が付属。スティック型のように軽快に使えて、パワフルでおすすめのキャニスター型コードレス掃除機です。

コードレス掃除機のおすすめランキング|紙パック式

第1位 マキタ(Makita) コードレス掃除機 CL182FDRFW

清掃のプロが使う充電工具のハイパワーモーターを搭載した紙パック式コードレス掃除機です。吸引の風量と圧力をもとに計算される吸込み仕事率あり、最大37Wとパワフルにゴミを吸引します。パワーがありますが本体重量は約1.5kgと軽量設計。ハンドストラップも付いているので、掃除中の負担を軽減します。

バッテリーは約22分の充電で最大約40分間の連続使用が可能。残量が少なくなると手元の赤色LEDランプが点滅して知らせます。

アタッチメントはノズルとサッシ用ノズルの2種類。軽量でも吸引力が強いコードレス掃除機を求める方におすすめです。

第2位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC4

本体重量が約1.2kgと軽量でおすすめのコードレス掃除機です。紙パック式ですが、ヘッドに「サイクロンストリームヘッド」を採用。内部でサイクロン気流を発生させ、細かいホコリも吸引可能です。溜まったゴミはそのまま捨てられ、手を汚さずにホコリが舞い上がるのを防ぎます。

バッテリーは最大で約30分間の連続使用が可能。ゴミやホコリの量を自動で検知して吸引力を制御するので節電ができます。

本体カラーはパールホワイト、メタリックピンク、メタリックブラックの3種類から選べるコードレス掃除機。スティックを取り外せば本体の先端にブラシが収納されていて、ハンディ型としても使えておすすめです。

第3位 パナソニック(Panasonic) コードレススティック掃除機 イット MC-PBU510J-T

一般的な掃除機のヘッドはT字型ですが、本製品はI字型にもなるコードレス掃除機。ヘッドを付け替えなくても家具などのすき間を掃除可能です。さらに、ヘッドに搭載された「ハウスダスト発見センサー」が目に見えないハウスダストまで検知し、吸引力を自動で調節してくれるため、小さな子どもがいる家庭のアレルギー対策に期待できます。

ヘッドの形状は、ホコリが残りやすいフローリングの壁際まできれいにできる独自の「ガバとり」構造。ヘッドの先端部分が開いて壁に密着し、角のゴミまで吸引します。

バッテリー駆動時間は最大で約30分。小回りが利いて、ヘッドを交換する手間がいらずに部屋の掃除ができるおすすめのコードレス掃除機です。

第4位 ツインバード工業(TWINBIRD) コードレススティッククリーナー TC-E261S

おしゃれなデザインの紙パック式コードレス掃除機です。シルバーの円柱部分がワンプッシュで開いて紙パックを収納。操作ボタンはグリップの部分にあり、ボディはすっきりとしています。

本体重量は約1.5kgと掃除がラクにできる軽量設計。扱いやすい軽さですが、吸引力を表す吸込仕事率は70Wとパワーがあります。

充電用の接続端子はマグネット式を採用。付属の壁掛け用フックに掃除機を設置すれば充電が始まり、1回のフル充電で最大約30分間の連続使用ができます。おしゃれなデザインで部屋の片隅に掛けて置ける、おすすめのコードレス掃除機です。

第5位 太知ホールディングス(ANABAS) コードレスハンディクリーナー SSC-300

1回の充電で最大65分間の連続使用が可能なコードレス掃除機。掃除中にバッテリーを気にすることなく、部屋の掃除を続けられます。約1.2kgの軽量設計なので、長時間の使用も苦になりません。紙パックは0.3Lの容量があり、手を汚さずにワンタッチで交換できます。

付属のアタッチメントはすき間ノズルのみで、延長パイプを取り外せばハンディ型としても使用可能。低価格で手軽に使えるおすすめのコードレス掃除機です。

第6位 シャープ(SHARP) コードレス掃除機 RACTIVE Air EC-AP700N

キャニスター式の紙パック掃除機としては軽量の、ホースとヘッドを除いた本体が約1.8kgを実現。パイプの部分には軽量で堅牢性があるドライカーボンを採用し、全体の重量も約2.9kgと抑えられています。

付属のノズルは「すき間ノズル」「はたきノズル」「ベンリブラシ」の3種類。さらに、「ふとん掃除パワーヘッド」では、最大で1分間に約1万回の高速振動でふとんの花粉やダニのフンなどを強力にたたき出して吸引します。

本製品にはバッテリーが2個付属し、ワンタッチで着脱可能。1個で最大約30分間の連続運転ができるので、バッテリーを交換すれば約60分間も掃除ができます。複数の部屋を隅々まできれいにしたいという方におすすめのコードレス掃除機です。