コンセントの場所を気にせず、どこでも使用できる手軽さが魅力の「コードレス掃除機」。高性能なモーター・バッテリーを搭載し、パワフルにゴミを吸い取るモデルが人気を集めています。

そこで今回は、おすすめのコードレス掃除機をランキング形式でご紹介。選び方も解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

コードレス掃除機のメリット

By: amazon.co.jp

コードレス掃除機は、コードのからまりや長さを気にせず使えるのがメリット。取り回しやすく、掃除したい場所をサッときれいにできます。また、階段の上にたまったホコリを吸い取りたい場合などにも便利。なかでも軽量タイプはラクに持ち上げられ、家具のすきまや棚上など細かい部分も丁寧に掃除できます。

屋内はもちろん、コンセントが使えない屋外の掃除にもおすすめです。小回りのきくハンディタイプにもなるモノを選べば、車内のように狭い場所でもスムーズに使用できます。

コードレス掃除機の選び方

集塵方法で選ぶ

紙パック式

By: rakuten.co.jp

吸い取ったゴミを紙パックに直接収容するのが紙パック式。ゴミ捨ての際に、紙パックごと簡単に捨てられます。また、ゴミ捨てのほかに、本体のお手入れが簡単なのもポイントです。

なお、使い捨てのため、ランニングコストがかかるのが難点。より大きな容量のモノを選べば、ゴミ捨ての頻度を抑えられます。

サイクロン式

By: amazon.co.jp

空気と一緒に吸い込まれたチリ・ホコリ・ゴミを、風力と遠心力を使って空気から分離しダストケースに収容するのがサイクロン式。よりクリーンな空気を排気フィルターに通すことで目詰まりを予防。吸引力をより長く持続できるのがメリットです。

なお、ダストケースのフィルターは定期的にお手入れが必要。細々としたお手入れが苦手な方は、フィルターを使用しないフィルターレスタイプも検討してみてください。

重さをチェック

By: amazon.co.jp

コードレス掃除機のなかには、スティックとキャニスター型が存在します。スティック型を選ぶ際は、持ち上げる際に本体の重さがそのまま手・腕にかかることを考慮し、なるべく軽量なモノを選ぶのがポイント。また、家具の上なども掃除したい場合は、片手でラクに持ち上げられる2kg前後のモデルがおすすめです。

広い床を掃除する場合は、本体を床に転がしながら移動できるキャニスター型を要チェック。本体の重みがかからず、長時間の使用による腕の疲れを軽減できます。本体に持ち上げやすいハンドルを搭載したモノなら、階段を使った移動や高い場所の掃除も可能です。

吸引力をチェック

By: hitachi.co.jp

掃除機の吸引力は、JIS規格である「吸込仕事率」で表示されるのが一般的。数字が大きいほど吸引力が高くなりますが、ノズルを装着しない状態での吸引力であることに注意。ノズルの性能次第で、ゴミの吸い取りやすさに差がでる可能性があります。

また、バッテリーの性能や充電残量により吸引力が変動しやすいのもポイント。吸込仕事率に加え、バッテリー・ノズルの性能も加味して選んでみてください。

バッテリー性能をチェック

By: hitachi.co.jp

コードレス掃除機を選ぶ際は、バッテリー性能にも注目しておきたいところ。長時間稼働できるモデルなら、リビングなど広い部屋も一気に掃除できるので便利です。

また、バッテリーには内蔵・脱着式が存在します。内蔵式は従来の主流タイプ。本体に装着したまま充電でき、毎回バッテリーを取り外す手間を省けるのが魅力です。

バッテリーを取り外して充電するのが着脱式。予備バッテリーを用意すれば、バッテリー切れを心配せずに掃除機を使用できます。じっくり時間をかけて掃除したい方は、検討してみてください。

ゴミ捨てやお手入れのしやすさをチェック

By: rakuten.co.jp

コードレス掃除機は本体も集じん容量もコンパクトなモノが多く、吸い取ったゴミをこまめに捨てる必要があります。そのため、ゴミ捨てやお手入れのしやすさをチェックするのも選ぶ際の重要なポイントです。

ダストボックスがワンタッチで取り外せるモデルなら、手を汚しにくく簡単にゴミを捨てられるのでおすすめ。また、ダストケース部のフィルターに毛が絡まりにくいゴミ圧縮機能を搭載したモノや、フィルターレスでフィルターのお手入れが必要ないモノなど、お手入れがラクにできるモノも多く展開しています。

コードレス掃除機のおすすめメーカー

マキタ(MAKITA)

By: amazon.co.jp

充電式の電動工具を中心に展開するマキタ。プロ用充電工具でも使われる高性能なリチウムイオンバッテリーを搭載したコードレス掃除機が人気を集めています。

コードレス掃除機に関しては、軽量でシンプルなデザインのモノが多いのが特徴。片手でもラクに持ち上げられます。リーズナブルなモデルのラインナップしているので、コスパ重視の方もぜひチェックしてみてください。

ダイソン(dyson)

By: amazon.co.jp

イギリスの電気機器メーカーであるダイソン。サイクロン式のコードレス掃除機を豊富にラインナップしているのが特徴です。小さなゴミも残さず吸い取れる吸引力の高さで人気を集めています。

豊富なアタッチメントも魅力。用途に合わせて使い分けることで、家具のすきまやカーペットの上など部屋の隅々まできれいに掃除できるおすすめメーカーです。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

便利機能を豊富に搭載した生活家電を幅広く展開する日立。コードレス掃除機では、吸引力を重視した「パワーブーストサイクロン」、小型・軽量で使いやすい「ラクかるスティック」シリーズなどを展開しています。

スティック型のモデルが多く、スマートに収納できるのもポイント。また、ゴミを圧縮することで髪の毛などがフィルターにからむのを予防する「からまんプレス構造」など、機能性に優れたモノも豊富にラインナップしています。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

先進技術を取り入れた家電製品を多く展開するパナソニック。コードレス掃除機シリーズ「パワーコードレス」では、最大吸込仕事率が100〜205Wと吸引力の高いモデルをラインナップしています。

サイクロン式モデルでは、お手入れの手間を軽減するフィルターレスタイプが人気。お手入れしやすいモノも展開しているので、気になる方はチェックしてみてください。

メーカーのおすすめモデル

アイロボット(iROBOT) ルンバe5

ルンバシリーズにおいて初となる水洗い可能なダストボックスが搭載された「ルンバe5」。ゴミを吸引するブラシには、髪の毛が絡まりにくいゴム製のブラシが採用されており、お手入れが楽なところも魅力です。

吸引力はスタンダードモデルである「ルンバ600シリーズ」に比べると5倍にアップ。ゴム製のブラシがフローリングやカーペットなどの床に密着し、従来の毛ブラシでは取り切れない微細なゴミも取り除けます。

最大稼働時間は90分と長めなので、より入念な清掃を実現します。そのほか、壁際もきちんと掃除する「エッジブラシ」、約2cmまでの段差を乗り越える機能、外出先でもルンバを操作できる「iRobot HOMEアプリ」などを搭載。高性能でルンバ史上最高の高コスパモデルと注目されているおすすめの製品です。

コードレス掃除機のおすすめランキング|紙パック式

第1位 マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL282FDRFW

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL282FDRFW

3段階に吸引力を調節でき、1度の充電で最長50分使用できるスティック型コードレス掃除機です。高効率・高耐久性のブラシレスモーターを搭載。パワフル・強・標準の吸引力を選択でき、吸込仕事率は最大最大60Wです。

約1.5kgと軽量で、片手でラクに操作できるのも魅力。付属のスキマノズルを使えば、家具のすきまなどにたまったゴミも吸い取れます。

高速充電が可能な18Vリチウムイオンバッテリーを搭載。約22分でフル充電できるため、頻繁に掃除機を使用する方にもおすすめです。パワフル運転でも15分と連続稼働時間が長く、ゴミの量が多い場所も時間をかけてしっかりと掃除できます。

集塵容量330mLの紙パックに加え、細かい粉塵も捕らえる500mLの高機能ダストバッグが付属しているのもポイント。本体のフィルターの目詰まりによる吸引力の低下を予防します。

第2位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スティッククリーナー i10 KIC-SLDCP9

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スティッククリーナー i10 KIC-SLDCP9

吸込仕事率210Wの高い吸引力で、重いゴミもしっかり吸い取るスティック型コードレス掃除機です。モーター回転式のブラシを搭載。床のすきまのゴミもかき出し、残さず吸い取ります。

微細なゴミをライトの点灯で知らせる、「ホコリ感知センサー」を備えているのもポイント。自動モードに切り替えれば、ゴミ・ホコリの量に合わせて自動で吸引力を調節できるうえ、無駄な電力消費を抑えてより長く使用できるのもメリットです。

電化製品の周辺など、ホコリがたまりやすい場所の掃除に便利な「モップクリーンシステム」を採用。帯電させたモップにホコリが吸着し、部屋のすみずみまできれいに掃除できるおすすめのモデルです。

第3位 シャープ(SHARP) REACTIVE Airプレミアムモデル EC-AP700

シャープ(SHARP) REACTIVE Airプレミアムモデル EC-AP700

広い床もラクに掃除できるキャニスター型コードレス掃除機です。手元のパイプ部は、ドライカーボンを使用した軽量設計。また、モーターで回転するブラシを搭載した「自走式パワーヘッド」を備えており、軽く押すだけでスムーズに前へ進みます。

ヘッドには、微細な汚れを絡めとる「極細ループから拭きブラシ」を採用しているのもポイント。ブラシは取り外して水洗いできるので、衛生的に使えます。

さらに、大風量ターボモーターと高効率リチウムイオンバッテリーにより、従来の電源コード式掃除機に近い高い吸引力でゴミをしっかりと吸い取れるのも魅力。強・弱に加え、自動エコモードも搭載しています。

バッテリーは着脱可能。付属の予備バッテリーを活用すれば、最長60分の使用も可能なおすすめのモデルです。

第4位 マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL107FDSHW

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL107FDSHW

バッテリー込みで約1.1kgと軽量で、使いやすさが充実したスティック型コードレス掃除機です。約22分の高速充電が可能な10.8Vリチウムイオンバッテリーを搭載。小型で邪魔になりにくいうえ、スライド式で着脱もスムーズに行えます。

吸込仕事率が5・20・32Wの3つの運転モードを採用。使用中でも1つのボタン操作で簡単にモードを切り替えられるのもポイントです。すきまを明るく照らすLED照明付きで、家具の後ろなどもゴミを見落とさず掃除できます。

また、ゴミ捨ての際は、ワンタッチでカバーを開けることが可能。手を汚さず、紙パックごとゴミを捨てられるおすすめのモデルです。

第5位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC7

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC7

ゴミの量に合わせて効率よく掃除できるスティック型コードレス掃除機です。「ホコリ感知センサー」を搭載。自動モードに設定すれば、ゴミを見逃さず吸い取れるうえ、ゴミを感知しない床では吸引力を抑えて省エネ運転ができます。

「サイクロンストリームヘッド」を採用しているのもポイント。気流を発生させて、床のすきまや壁ぎわにたまった細かいゴミ・ホコリをかき出して吸い取ります。また、家具のすきまの掃除に便利な「すき間ノズル」が付属しているのも魅力です。

約1.2kgと軽量で、片手でもラクに操作可能。階段での移動が多い方にもおすすめです。さらに、延長パイプを取り外せば、ハンディタイプとしても使用できます。車内などの狭い場所や、家具の上に落ちたゴミの掃除にもおすすめです。

コードレス掃除機のおすすめランキング|サイクロン式

第1位 ダイソン(Dyson) V11 Absolute SV14 ABL

ダイソン(Dyson) V11 Absolute SV14 ABL

パワフルな大容量バッテリーを搭載し、強力な吸引力で部屋中をじっくり掃除できるスティック型コードレス掃除機です。床の汚れ具合に合わせて切り替えられる3つの吸引モードも採用。最長60分の連続使用ができます。

モーター駆動式ブラシ付きの「ソフトローラークリーナーヘッド」が付属しており、床の微細なホコリも大きなゴミも捕らえて吸引。畳・フローリングの掃除にもおすすめです。

便利なツールを豊富に搭載しているのも魅力。ミニモーターヘッドを使えば、車内の座席やソファのすきまに入り込んだゴミも取り除けます。また、2種類のブラシ付きノズルやすきま用ノズルなどを活用することで、家具の上や狭いところゴミなどもきれいに掃除することが可能です。

第2位 パナソニック(Panasonic) パワーコードレス MC-SB30J

パナソニック(Panasonic) パワーコードレス MC-SB30J

気になる場所をサッと掃除できるスティック型コードレス掃除機です。約1.6kgと軽量・小型ながら、吸込仕事率が最大100Wの高い吸引力を有しているのが特徴。また、自走式パワーノズルも搭載しており、軽いかけ心地も魅力です。

パワーノズルの前方が薄い構造で、壁ぎわに回転ブラシがあたりやすいのもポイント。部屋のすみずみまで、ゴミを残さず吸い取れます。さらに、本体の転倒を予防する「壁ピタゴム」を搭載しているのも魅力。掃除を中断する際や、充電時などに壁に立てかけられるので便利です。

第3位 日立(HITACHI) パワーブーストサイクロン PV-BH900G

日立(HITACHI) パワーブーストサイクロン PV-BH900G

どんな場所も効率よく掃除できるスティック型コードレス掃除機です。多彩なブラシ付きノズルに加え、「スマートホース」が付属。スティックでは届きにくい高い場所の奥もきれいに掃除できます。

床の菌も拭き取る「かるふきブラシ」を搭載しているのもポイント。床をより清潔に保ちたい方にも適しています。また、壁ぎわのゴミを吸い取りやすい「きわぴた構造」を採用しているのも魅力です。

「小型ハイパワーファンモーターX4」により、高い吸引力を実現。強・標準に加え、5秒間ゴミを強力に吸い取る「ターボモード」も搭載しています。

さらに、ゴミ捨てはレバーを引くだけと簡単。回転ブラシ・フィルター・ダストケースは取り外して水洗いもできます。

第4位 ダイソン(Dyson) V8 Slim Fluffy SV10KSLM

ダイソン(Dyson) V8 Slim Fluffy SV10KSLM

毎分最大107,000回転するデジタルモーターによる、高い吸引力を有したスティック型コードレス掃除機。本体のみなら約1.6kg、スティック使用時でも約2.2kgと軽量で、片手で持ち上げやすいのもポイントです。

モーター回転式ブラシを搭載した「スリムソフトローラークリーナーヘッド」が付属。床の大きなゴミや微細なホコリもしっかりと吸い取ります。また、小型設計で壁ぎわや家具の下もすっきりと掃除できるのもメリットです。

最長40分の連続使用が可能。サイクロンでゴミと空気をしっかりと分離し、高い吸引力を保ったまま運転できます。ゴミ捨てもワンタッチで手を汚さずに行えるおすすめのモデルです。

第5位 日立(HITACHI) ラクかるスティック PV-BL20G

日立(HITACHI) ラクかるスティック PV-BL20G

本体質量が約0.9kgと軽量で、片手でもラクに操縦できるスティック型コードレス掃除機。ノズル付きでも約1.3kgと軽く、サッと持ち上げて階段の上など段差のある場所も快適に掃除できます。

自走式の「パワフルスマートヘッドlight」により、軽い力で前に進むのもポイントです。また、ヘッド前面の近くにブラシが設置された「きわぴたブラシ」を搭載。壁ぎわのゴミも残さず吸い取れます。

ダストケースのお手入れをラクにする「からまんプレス構造」を採用しているのも魅力。空気の流れを活用してゴミを圧縮し、髪の毛などがフィルターに絡まるのを予防できます。使い勝手に優れたモデルを探している方はチェックしてみてください。

第6位 パナソニック(Panasonic) パワーコードレス MC-SBU530J

パナソニック(Panasonic) パワーコードレス MC-SBU530J

フィルターレスサイクロンを採用し、ダストボックス部のお手入れが簡単なスティック型コードレス掃除機です。吸い込んだゴミを2段階に分けてしっかりと分離します。お手入れは、ダストボックスとユニットを丸洗いするのみで、フィルターを洗う手間を省けるのも魅力です。

高性能なモーターと大容量バッテリーを採用。吸込仕事率が最大140Wで、強力にゴミを吸い取れるのも魅力です。また、強・自動・ロングモードを備えており、自走式パワーノズルのブラシ回転をオフにすれば最長60分連続して運転できます。

パワーノズルには、壁にノズルをあてるとノズルの前面が開く「ガバとり」構造を採用。壁ぎわのゴミを残さず掃除できるのもメリットです。布団に加え、部屋中のさまざまなすきまを掃除できる便利なノズルも豊富に付属しています。

第7位 シャープ(SHARP) RACTIVE Air プレミアムパッケージモデル EC-VR3SX

シャープ(SHARP) RACTIVE Air プレミアムパッケージモデル EC-VR3SX

自由に動かして掃除しやすいスティック型コードレス掃除機。約1.3 kgと軽量で片手でもサッと持ち上げられ、高い場所の掃除にもおすすめです。また、立ったままヘッドノズルを外し、ブラシ付きノズルを簡単に準備できる「スグトルブラシ」も搭載しています。

グリップを握っている間だけ運転する「グリップセンサー」を備えているのもポイント。手を離せば、自動で運転を停止する仕組みです。スイッチ操作が必要なく、掃除の中断・再開をスムーズに行えます。

着脱式バッテリーを採用。バッテリーを2つ使えば、フル充電で最長64分使用できるおすすめのモデルです。

第8位 パナソニック(Panasonic) パワーコードレス MC-VGS8100

パナソニック(Panasonic) パワーコードレス MC-VGS8100

最大吸込仕事率が205Wと高い吸引力が魅力のスティック型コードレス掃除機です。大容量バッテリーを搭載しており、吸引力を抑えたロングモードでは最長約90分使用できます。部屋中を時間をかけて掃除したい方におすすめです。

「クリーンセンサー」が見えないゴミを検知。自動モードに切り替えれば、床の汚れ具合に合わせて吸引力を自動で調節し、ゴミの取り残しを予防できます。無駄な電力も抑えられ、強モードより長時間運転できるのもポイントです。

自走式ノズルを搭載しているのも魅力。軽い力で操縦できるうえ、床やじゅうたんの奥のゴミをかき集めてしっかり吸い込みます。すきまノズルや布団用ノズルなども付属しており、家中をしっかり掃除したい方はチェックしてみてください。

第9位 三菱電機(MITSUBISHI) コードレススティッククリーナー iNSTICK ZUBAQ HC-JD1J

三菱電機(MITSUBISHI) コードレススティッククリーナー iNSTICK ZUBAQ HC-JD1J

最大毎分125,000回転する独自のJCモーターを搭載し、強力にゴミを吸い取るスティック型コードレス掃除機です。重量は約1.9kgと軽量。ラウンド形状のハンドルを採用しており、自由な角度で握りやすくより快適に掃除できます。

自走式パワーノズルにより、床のすきまにたまったゴミをかき出し吸い取れるのもポイント。また、ダストボックスはワンタッチで取り外しできるため、サッとゴミを捨てられます。さらに、サイクロン・ダストボックスは丸洗い可能。お手入れのしやすさにも優れたおすすめのモデルです。

第10位 シャープ(SHARP) RACTIVE Air プレミアムパッケージモデル EC-AS710

シャープ(SHARP) RACTIVE Air プレミアムパッケージモデル EC-AS710

フィルターレス構造の2段階遠心分離サイクロンを搭載し、ダストカップ部のお手入れを軽減できるキャニスター型コードレス掃除機です。「フィルタースクリュープレス」機能によりゴミを圧縮。カップのゴミを捨てる際に、ホコリが舞い散るのも軽減できます。

本体を床に転がしながら移動でき、広い床もラクに掃除することが可能。パイプには軽くて耐久性の高いドライカーボンを使用し、操縦しやすいのも魅力です。自走式の「ラグ超えヘッド」を使用すれば、小さな段差も軽い力で押すだけで乗り越えられます。

バッテリーは着脱式。付属の予備バッテリーを使用すれば、最長60分の連続使用が可能です。約80分の急速充電にも対応しています。