「コードレス掃除機」は充電式バッテリーの搭載により、コンセントの位置に縛られず、さまざまな場所で使用できるのがメリット。小回りが利くので部屋はもちろん、階段や車内などの掃除にも適しています。

今回は、吸引力に優れたモデルや使い勝手に優れたモデルなど、おすすめのコードレス掃除機をランキング形式でご紹介。掃除機の種類や選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

さっそくおすすめ商品を見る

コードレス掃除機のメリット・デメリット

メリット

By: electrolux.co.jp

コードレス掃除機は煩わしい電源コードがなく取り回しがよいのがメリット。家具や物が多い場所でも小回りが利くので、スムーズに掃除できます。部屋と部屋を移動して掃除する際に、電源コードを差し替える必要がないのも魅力のひとつ。ホコリが目立ちやすい階段や手すりなどの掃除も適しています。

車や離れの部屋などの好きな場所に移動して使えるのも特徴。アタッチメントを付け替えてハンディクリーナーにできるモノを選べば、車のシート周りや座席の上なども快適に掃除できます。スタンドや壁に立てられるモノは、収納場所に困らず出し入れも楽にできるのも便利です。

デメリット

By: balmuda.com

コードレス掃除機は充電式のため、使用中にバッテリーが不足してしまうと充電されるまで待つ必要があります。また、1回の充電で連続使用できる時間がそれほど長くはないので、広範囲の掃除には不向きです。使用後は充電しておく必要があり、忘れてしまうと次に使う時にバッテリー不足になってしまう場合もあります。

電源コード式と比べると吸引力がやや落ちるモノが多いのもコードレス掃除機のデメリット。細かいホコリやペットの毛をしっかり掃除したい場合は、できるだけ吸引力の高いモデルを選びましょう。さらに、コードレス掃除機は片手で持って使用するため重量も重要なポイント。機能だけでなく重量も確認してから購入するのがおすすめです。

コードレス掃除機の選び方

集塵方法の種類と特徴

サイクロン式

By: amazon.co.jp

遠心力でゴミと空気を分離する仕組みを採用しているのが「サイクロン式」掃除機。ゴミだけを効率よく本体のダストボックスへ集めます。ゴミを分離させてから排気するため、フィルターが目詰まりしにくく、吸引力が長続きするのが特徴です。

フィルターを通るので、排気される空気をクリーンに保ちやすいのもメリット。ダストボックスを水洗いできるモデルも多く、掃除機を清潔に使用したい方にも向いています。小さな子供やペットのいる家庭にもおすすめです。

こまめなゴミ捨てとフィルターの掃除が必要になりますが、紙パックを用意しなくてもよいので、ランニングコストが節約できるのもポイント。ただし、ゴミを捨てるときにホコリが舞い上がる場合もある点は留意しておきましょう。

紙パック式

By: amazon.co.jp

紙パック式のコードレス掃除機は、ダストボックスに使い捨て紙パックを取り付けるタイプ。ゴミ捨ての際は、紙パックごと簡単に捨てられます。ゴミ捨ての際にホコリが舞い上がりにくく、手も汚れにくいのがメリットです。

紙パック自体がフィルターの役割を果たしており、サイクロン式のように内部のダストカップの汚れを落とす必要もなく、本体のお手入れが簡単なのもポイント。

紙パックは使い捨てのため、ランニングコストがかかるのが難点です。より大きな紙パックの掃除機を選べば、ゴミ捨ての頻度を抑えられますが、本体が大きく重くなるので使い方とのバランスを考慮して選びましょう。

吸引力は「吸込仕事率」をチェックしよう

「吸込仕事率」とは、掃除機の吸引力を表す値。ゴミを吸い取る強さをW(ワット)で示しており、数値が大きいほど吸引力が高いことを意味しています。

コンセント給電タイプのキャニスター型掃除機なら、400〜500W程度が一般的。一方で、コードレス掃除機は20~100W程度のモノが多数展開されています。

ただし、掃除機の吸引力は実際にゴミを吸い取る力だけではなく、付属するヘッドブラシの種類や形状、バッテリーの品質などによって変わることも。吸込仕事率はあくまでも目安として考えておきましょう。

ヘッドの種類をチェック

By: amazon.co.jp

掃除機のヘッドの種類には主に、「モーター式」「自走式」「エアタービン式」「床ブラシ」の4種類が存在します。

モーター式は、ブラシをモーターで回転させてゴミを強力にかき出すのが特徴。絨毯やカーペットなど、毛の長い敷物がある場所に適しています。自走式は、モーターの力によって、軽い力で掃除機が前に進むのがメリット。ヘッド自体の重量は重めなので、段差が少なく、広い部屋を掃除するのに向いています。

エアタービン式は、ヘッド内部のブラシを回転させることでゴミを吸い込む仕組みです。シンプルな構造をしているため、コンパクトで軽量。また、比較的リーズナブルなので、価格を抑えたい方におすすめです。

床ブラシは風の力のみでゴミを吸い取るシンプルなヘッド。ハンディタイプや業務用のコードレス掃除機に多いタイプです。小さなゴミや砂ぼこりなどを掃除するのに適しています。

バッテリーと連続稼働時間をチェック

By: balmuda.com

コードレス掃除機を選ぶ際は、バッテリー性能も注目しておきたいポイント。長時間稼働できるモノなら、リビングなどの広い部屋も一気に掃除できます。掃除機をかける部屋の広さや使用時間を考慮して検討してみてください。

吸引力の幅が大きければ、稼働時間の幅も大きくなります。吸引力を必要としない用途では、吸引力を弱めることで稼働時間を伸ばせるモノを選ぶのもおすすめです。

また、充電時間もチェック。特に、毎日のように使う場合はできるだけ充電時間が短いほうが使い勝手が良好です。

バッテリーには、本体内蔵型と着脱式が存在します。内蔵型は着脱の手間がない分、充電しやすいのがメリット。着脱式は予備バッテリーを用意すれば、バッテリー切れにも素早く対応できます。ランニングコストが気になる方は交換用バッテリーの価格も確認しておきましょう。

机の上や車で使うなら「ハンディクリーナー」がおすすめ

コードレス掃除機のなかには、コンパクトで手軽に掃除できる「ハンディクリーナー」タイプもあります。机の上や車などの狭いスペース、ちょっとしたゴミを吸引したいときに便利です。

小型・軽量でリーズナブルなモデルが多いのも特徴。ただし、大型のコードレス掃除機よりも吸引力は弱い傾向があります。コードレス掃除機のなかには、アタッチメントの付け替えでハンディクリーナーとしても使えるモノもあるので、チェックしてみてください。

ハンディクリーナーのおすすめはこちら

コードレス掃除機のおすすめメーカー

ダイソン(dyson)

ダイソンは、1993年に設立されたイギリスの家電メーカー。スティック型とハンディ型のコードレス掃除機を多数ラインナップしており、バッテリー稼働でもパワフルな吸引力が特徴です。

ワンタッチでゴミ捨てができるのもポイント。クリーンな排気にもこだわっているので、小さな子供やペットのいる方にもおすすめです。

また、付属品が充実しているのも魅力。アタッチメントを付け替えれば、よりコンパクトなハンディクリーナーとしても使えるモノもあるため、汎用性の高い掃除機を求めている方におすすめのメーカーです。

マキタ(MAKITA)

マキタは、日本の総合電動工具メーカー。新幹線の車内掃除に採用されている紙パック式のコードレス掃除機が有名です。業務用の電動工具を豊富に取り揃えており、掃除機のバッテリーも高性能なのが特徴。1回の充電で長時間使用でき、吸引力が高いのがメリットです。

充電池を取り外して充電できるのも便利。軽量かつコンパクトで取り回しがしやすく、手軽に扱える製品が多くラインナップされているのもポイントです。

日立(HITACHI)

By: hitachi.co.jp

日立は大手家電メーカーです。生活家電をはじめ、住宅設備機器なども展開しています。紙パック式やスティックタイプのモノなどを幅広く展開。「モーターの日立」ともいわれるメーカーであり、高性能に定評があります。

日立のコードレス掃除機はスティック型のモデルが多く、スマートに収納したい方におすすめ。軽量で扱いやすいモデルにも自走式の「パワフルスマートヘッド」を採用していることも多く、吸引力も良好です。

ダストケースやブラシ、バッテリーなどが取り外しやすい構造もポイント。また、メンテナンスがラクなのも日立の掃除機の魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

アイリスオーヤマは日本の生活用品メーカー。同社のコードレス掃除機は、リーズナブルながら優れた吸引力を備えているのが特徴です。集塵方法にサイクロン式を採用しているモデルが多く、パワフルな吸引力でホコリやハウスダストをしっかり集められます。

独自の「ほこり感知センサー」もポイント。ランプの色でハウスダストの量を表示するため、汚れている箇所が分かりやすくスムーズに掃除を進められます。コストを抑えた製品が多いので、エントリー機を探している方にもおすすめのメーカーです。

コードレス掃除機のおすすめランキング|定番人気モデル

第1位 ダイソン(dyson) Dyson V8 Fluffy Extra V10 TI

吸引力が長続きしやすい、サイクロン式のコードレス掃除機です。強力な遠心力を発生させて、微細なゴミでも空気と分離できるのが特徴。排気のニオイも気になりにくく、部屋の空気をクリーンな状態に保ちたい方におすすめのモデルです。

ワンタッチでゴミ捨てできるため、手を汚さずにお手入れできるのもメリット。さらに、ハンディクリーナーとしても使用でき、狭い場所の掃除や車内清掃にも役立ちます。

アタッチメントが充実しており、さまざまな用途に使いやすいのも魅力。すき間ノズルやコンビネーションノズル、布団ツールが付属しています。

第2位 日立(HITACHI) スティッククリーナー パワかるスティック PV-BL50J

三次元形状のファンで空気の流れを効率よく制御する「ジェット3Dモーター」搭載のコードレス掃除機。自走機能搭載の「パワフルスマートヘッド」を採用しており、軽い力で掃除しやすいのが特徴です。

カーテンや引き出しの中、サッシの溝を掃き掃除できる「ほうきブラシ」が付属。ハンディクリーナーとして使えるため、場所や用途に合わせて切り替えながら掃除できます。

見えにくいゴミを浮かび上がらせる「ごみくっきりライト」により、ゴミの取り残しを軽減できるのもメリット。合計7灯の光を効率的に集めるレンズを搭載しており、暗い場所でもゴミを見えやすくします。加えて、ブラシに髪の毛などが絡みにくい「からまんブラシ」採用でお手入れしやすく水洗いも可能です。

第3位 マキタ(MAKITA) コードレス掃除機 CL280FDRFW

吸込仕事率45Wのコードレス掃除機です。ブラシレスモーター搭載で強力な吸引力を実現。軸受け部分にボールベアリングを備えており、耐久性に優れているのがメリットです。

排気口に穴あき吸音スポンジを使用しているので、騒音を低減しているのもポイント。さらに、モーター部に採用したエラストマ一体モーターケースにより、低振動も実現しています。

ゴミ捨てはカプセルをひねって外すだけと簡単。カプセル内部にリブを設けて、本体内部にゴミが侵入するのを軽減しています。また、バッテリー切れを高輝度LEDの灯りで知らせる機能も便利です。

第4位 東芝(TOSHIBA) トルネオS サイクロン式コードレス掃除機 VC-CLS2

コンパクト設計を採用しているコードレス掃除機です。小型モーター搭載をはじめ、アルミ延長管や薄肉設計の軽量ヘッドなど細部にわたって軽量化を図っているのが特徴。握りやすく操作しやすい「らくわざグリップ」を搭載しているなど、軽快で取り回しやすいモデルを求めている方におすすめです。

2つの気流を駆使してパワフルな吸引力を持続する「デュアルトルネードシステム」を搭載。また、強力な気流でゴミを圧縮する「トルネードプレス」によって、ネット部へのゴミの付着を低減します。ダストカップ内のゴミを約3分の1に圧縮でき、ゴミ捨ても簡単です。

ダストカップに帯電防止加工を施しており、ゴミ捨て時にホコリの舞い上がりを抑えられるのもポイント。ダストカップや回転ブラシは水で丸洗い可能です。

第5位 シャーク(Shark) EVOPOWER SYSTEM ADV コードレススティッククリーナー CS651J

独自のヘッド「ハイブリッドパワークリーン」を搭載しているコードレス掃除機です。ブラシロールがムラなく効率的にゴミをキャッチするのが特徴。さまざまな床に対応でき、一度に多くのゴミを取り除けます。

標準モード・ブーストモード・エコモードを搭載しており、掃除場所や用途に合わせて対応可能。また、ダブルバッテリー式で最大32分掃除できるロングライフもメリットです。専用ドックが付属しているため、置くだけで自動的に充電できます。

ハンディクリーナーとしても使用できるのも嬉しいポイント。片手でリリースボタンをつまむだけで、すばやくハンディに切り替えられます。さらに、ワンタッチゴミ捨てのため、手を汚しにくく便利です。

コードレス掃除機のおすすめランキング|吸引力重視モデル

第1位 ダイソン(dyson) Dyson V12 Detect Slim Fluffy SV20 FF N

パワフルな吸引力を持続させるサイクロン式のコードレス掃除機です。「ダイソン ハイパーミディアムモーター」が毎分最大125000回転するのが特徴。硬いナイロン製ハードブラシ搭載の「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」により、ラグやカーペットの奥に入り込んだゴミをかき出しながら掃除できます。

静電気を発生させるカーボンファイバーブラシを採用しているので、微細なホコリが気になる部分を掃除する際にもぴったり。薄型設計のヘッドで家具下など狭い場所の掃除で役立ちます。また、自立式の専用充電ドックと壁掛け式の収納ブラケットの2種類が付属しているのも魅力です。

ワンタッチでスムーズに開閉する構造のダストカップを採用しているため、ゴミ捨ても簡単。ゴミやホコリに触れず衛生的にお手入れできます。さらに、予備の着脱式バッテリーと交互に使用すれば、最長60分の連続使用が可能です。

第2位 日立(HITACHI) スティッククリーナー パワーブーストサイクロン PV-BH900J

ゴミと空気を強い旋回気流で分離する「パワーブーストサイクロン」採用のコードレス掃除機です。小型かつ軽量ながら優れたパワーを発揮する「ジェット3Dファンモーター」を搭載しているのが特徴。しっかり掃除できるパワフルなモデルを求めている方におすすめです。

ブラシ先端をループ形状にした「からまんプレス構造」により、ダストケースへの髪の毛の絡みつきを抑えやすいのもポイント。加えて、軽い力で進む自走機能搭載の「パワフルスマートヘッド」で快適な操作性を実現しています。

薄型設計の「ペタリンコ構造」で家具下など狭い場所を掃除できるのもメリット。また、ヘッドを取り回しやすい「クルッとヘッド」で壁際の掃除もスムーズに行えます。

第3位 東芝(TOSHIBA) コードレスクリーナー VC-CLX50

サイクロン部にプリーツフィルターを排した「フィルターレスサイクロン構造」のコードレス掃除機です。6気筒の気流がチリや花粉など、微細な粒子を空気と分離するのが特徴。排気フィルターの目詰まりを軽減して、パワフルな吸引力の持続が期待できるモデルです。

ヘッドは風の力を利用してゴミを吸い取る床ブラシを採用。さらに、強力な気流によってゴミを圧縮する「トルネードプレス」を搭載しています。帯電加工を施したダストカップでゴミが付着しにくく、ゴミを捨てる際にホコリの舞い上がりを抑えられるのもポイントです。

カートリッジ式のバッテリーで着脱しやすいのもメリット。本体にバッテリーを取り付けたまま充電できるほか、収納場所と充電場所を分けることも可能です。

第4位 パナソニック(Panasonic) コードレススティック掃除機 POWERCORDLESS MC-SB85K

吸込仕事率最大150Wのコードレス掃除機です。小型軽量モデルながら、回転数の高いモーター搭載でパワフルな吸引力を実現。また、グリップ部に持ち手にフィットしやすい「マルチグリップハンドル」を採用しており、取り回しやすいのもメリットです。

ふとん清潔ノズルやブラシ付きすき間ノズルなど、用途に合わせて選べるアタッチメントが充実しているのもポイント。さらに、ハンドルを持ち替えずにハンディタイプに切り替えできる「スムーズ着脱」を採用しているのも魅力です。

第5位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スティッククリーナー i10 モップ付き SBD-91P-T

吸引仕事率210Wを実現しているコードレス掃除機です。ハイパワーDCブラシレスモーターを搭載しているのが特徴。吸引力を重視したい方におすすめのモデルです。

自走式パワーヘッドを搭載しており、軽い力で掃除できるのもポイント。また、ほこり感知センサーにより、消費電力を抑えながら掃除できるのも魅力です。

集塵方法は紙パック式を採用しているので、手を汚さずにお手入れできるのがメリット。加えて、ハンディクリーナーとしても使用でき、狭い場所や車内を清掃する際にも便利です。

コードレス掃除機のおすすめランキング|安い低価格モデル

第1位 山善(YAMAZEN) コードレス ハンディ スティッククリーナー ZSC-L121

比較的リーズナブルな価格で、2WAY仕様のコードレス掃除機です。スティック時の重さ870gの軽量モデルで、操作しやすいモデルを求めている方におすすめ。高い場所を掃除したいときにも役立ちます。

ハンディクリーナー時の重さは650gと、取り回ししやすく便利。部屋の隅々まで掃除したいときに重宝します。また、約2時間の充電で、最長約29分使用できるのもポイントです。

ゴミパック不要のサイクロン式で、ランニングコストを抑えたい方にもぴったり。ダストカップとフィルターを水洗いでき、清潔な状態をキープしやすいのもメリットです。

第2位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 極細軽量スティッククリーナー モップ付き SBD-75

パワフルな吸引力を実現する「サイクロンストリームヘッド」搭載のコードレス掃除機です。縦方向のサイクロン気流により、細かいホコリをかき出しながら吸い上げるのが特徴。ヘッドの角度が自由自在で小回りが利くなど、操作性に優れたモデルを探している方におすすめです。

本体部に帯電ケースを設けており、手を汚さずに収納できるのも便利。ほこり感知センサー搭載で、ゴミの量や合わせてパワーを制御するのもポイントです。ゴミの多い場所ではパワフルに運転し、少ない場所ではひかえめな運転で無駄な消費電力を抑えられます。

第3位 マキタ(MAKITA) コードレス掃除機 CL107FDSHW

質量1.1kgの軽量ボディを採用したコードレス掃除機。軽快に掃除しやすく、腕への負担が気になる方におすすめのモデルです

吸込仕事率を32W・20W・5Wの3段階で切り替え可能。ボタンひとつの操作でモードを切り替えできます。約22分で充電が完了する急速充電機能を備えており、充電が切れてもすばやく掃除を再開可能です。

紙パック式で手を汚さずにゴミ捨てできるのもポイント。加えて、取り付け部分には高い密閉性を発揮する「バルブステーコンプリート」を採用しています。

充電が少なくなるとLEDライトの点滅で知らせるのも便利。暗い場所でもひと目で確認できます。また、真っ直ぐ立てやすいノズルで家具下の奥まで届きやすいのも魅力です。

第4位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 充電式サイクロンスティッククリーナー SCD-143P

2段遠心分離サイクロン式のコードレス掃除機です。強力にゴミを吸い上げて、遠心力によってゴミと空気をしっかり分離。安価ながらパワフルに掃除できるモデルを求めている方におすすめです。

ゴミ捨てはダストカップ式で簡単。紙パック不要でランニングコストを抑えやすいのがメリットです。ヘッドの角度が自由自在に動く構造で小回りが利くのも特徴。ベッドやソファ下などの狭い場所をスムーズに掃除できます。

第5位 ハイコーキ(HiKOKI) コードレスクリーナー R12DA

吸込仕事率30Wのコードレス掃除機です。吸い込み力を強・標準・弱の3段階で切り替え可能。パネルスイッチを後方に配置して、ハンドルを握ったまま片手で操作しやすく工夫しているなど、使いやすさを重視したい方におすすめのモデルです。

集めたゴミをダストケース内に溜められるダストケース集じん方式を採用。スムーズにゴミ捨てを行えるのがメリットです。

第6位 ソウイジャパン(SOUYI JAPAN) コードレスクリーナー SY-136

ヘッドの先端にLEDライトを搭載している、エアタービン式のコードレス掃除機です。ベッドやソファの下など、ホコリが見えにくい場所に重宝するアイテム。さらに、ヘッドの先端が自由に動く構造を採用しているため、小回りが利きやすいのもメリットです。

ダストカップ式を採用しているので、ワンタッチでゴミを捨てられるのも魅力。また、ダストカップは分解して水洗いできるため、清潔な状態をキープしやすいのも嬉しいポイントです。

コードレス掃除機のおすすめランキング|おしゃれモデル

第1位 エレクトロラックス(Electrolux) コードレス掃除機 Pure Q9

北欧デザインのおしゃれな外観が印象的なコードレス掃除機です。アルミフレームを採用した曲線美が魅力。部屋のインテリアに合わせたい場合など、性能はもちろんデザインも考慮して選びたい方におすすめのモデルです。

微細な粒子を空気と分離する「エアヘリックススクリュー」搭載のサイクロンシステムを採用。フィルターが目詰まりしにくく、強力な吸引力が長続きします。さらに、静音性にこだわって設計されており、パワフルながら運転音を低減しているのもポイントです。

第2位 バルミューダ(BALMUDA) バルミューダ ザ・クリーナー C01A

洗練されたシンプルなデザインが魅力的な「バルミューダ」のコードレス掃除機です。360°回転するヘッドを搭載しており、小回りが利きやすいのが特徴。また、左右にもスライドできるなど、スムーズな動きで掃除時間を短縮できるおすすめのモデルです。

毎分400Lの空気を処理するサイクロン式を採用。さまざまな大きさのゴミを空気と分離して、パワフルな吸引力が長続きしやすいのがポイントです。

第3位 三菱電機(MITSUBISHI) コードレススティッククリーナー iNSTICK ZUBAQ HC-JD2A

部屋に出したまま置いておける、おしゃれなデザインのコードレス掃除機です。充電スタンドから手前に引くとスティッククリーナー、持ち上げるとハンディクリーナーになる2WAYタイプ。ワンタッチで着脱できるので、すぐに掃除をはじめられます。

最長約40分連続運転できるほか、約70分で充電できる急速充電機能を搭載。また、スタンド一体型で充電し忘れを防げるのもポイントです。

毎分最大125000回転する小型モーター搭載により、パワフルな吸引力を発揮するのもメリット。さらに、毛のからみにくさと自走感を両立した「快速からみにくい自走ブラシ」を搭載しているのも魅力です。

第4位 シロカ(siroca) 2wayコードレススティッククリーナー SV-S261

重さわずか0.9kgのおしゃれなコードレス掃除機です。超軽量モデルながら、優れた吸引力を実現。さらに、自由な可動域で隅々まで掃除しやすいヘッドを搭載しているなど、小回りが利いて使いやすいモデルを求めている方におすすめです。

手元スイッチ搭載で操作しやすいのもメリット。標準モードで25分、強モードで10分の連続運転が可能です。また、ハンディクリーナーとして使用できるのも便利。狭い場所や車内など用途に合わせて切り替えながら掃除できます。

第5位 プラスマイナスゼロ(±0) コードレスクリーナー XJC-Y010

洗練されたシンプルデザインが印象的なコードレス掃除機です。インテリアの邪魔をしにくい、おしゃれなデザイン性を求めている方におすすめのモデル。部屋の雰囲気や好みに合わせて選びやすい、豊富なカラーを展開しています。

ハンディクリーナーとしても使える2WAYタイプで、さまざまな場所や用途で活躍。高い場所を掃除したいときにも役立ちます。また、DCブラシレスモーター搭載による、強力な吸引力と軽量化を両立しているのもポイントです。

コードレス掃除機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

コードレス掃除機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら