「コードレス掃除機」は充電式バッテリーの搭載によりコンセントの位置に縛られず、さまざまな場所で使用できるのが利点。小回りが利くので屋内はもちろん、車内や階段などの掃除にも適しています。

今回は、吸引力に優れたモデルや使い勝手に優れたモデルなど、おすすめのコードレス掃除機をランキング形式でご紹介。掃除機の種類や選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

さっそくおすすめ商品を見る

コードレス掃除機のメリット・デメリット

By: irisohyama.co.jp

コードレス掃除機はコンセント不要なので、場所を選ばず掃除できることがメリット。コードのからまりや長さを気にする必要もないので、階段の上や棚の上など、通常の掃除機では難しい場所もサッとキレイにできます。

屋内はもちろん、コンセントがない屋外の掃除にもおすすめです。細身で軽量なスティック形状のモデルが多く、狭いところや高い場所の掃除にも適しています。

コードレス掃除機のデメリットは、バッテリー駆動による制約です。稼働時間に限りがあり、バッテリーがなくなるたびに充電する手間もあります。吸引力を高めると稼働時間は短くなるので、必要に応じて吸引力を切り替えて使用するといった工夫が有効です。

バッテリーには寿命があり、いずれ交換が必要になるのも難点。バッテリーは専用品のため、高額になりやすいのも留意点です。稼働時間や充電時間、交換バッテリーの価格をチェックし、自分の使い方に合ったモノを探しましょう。

コードレス掃除機の選び方

集塵方法の種類と特徴

サイクロン式

遠心力でゴミと空気を分離する仕組みを採用しているのが「サイクロン式」掃除機。ゴミだけを効率よく本体のダストボックスへ集めます。ゴミを分離させてから排気するため、フィルターが目詰まりしにくく、吸引力が長続きするのが特徴です。

フィルターを通るため、排気される空気をクリーンに保てるのもメリット。ダストボックスを水洗いできるモデルも多く、掃除機を清潔に使用したい方にも向いています。小さな子供やペットのいる家庭にもおすすめです。

こまめなゴミ捨てとフィルターの掃除が必要になりますが、紙パックを用意しなくてもよいので、ランニングコストが節約できるのもポイント。ゴミを捨てるときにホコリが舞い上がる場合もあることは留意点です。

紙パック式

By: amazon.co.jp

紙パック式のコードレス掃除機は、ダストボックスに使い捨て紙パックを取り付けるタイプ。ゴミ捨ての際は、紙パックごと簡単に捨てられます。ゴミ捨ての際にホコリが舞い上がりにくく、手も汚れにくいのがメリットです。

紙パック自体がフィルターの役割を果たしており、サイクロン式のように内部のダストカップの汚れを落とす必要もなく、本体のお手入れが簡単なのもポイント。

紙パックは使い捨てのため、ランニングコストがかかるのが難点です。より大きな紙パックの掃除機を選べば、ゴミ捨ての頻度を抑えられますが、本体が大きく重くなるので使い方とのバランスを考慮して選びましょう。

吸引力は「吸込仕事率」をチェックしよう

「吸込仕事率」とは掃除機の吸引力を表す値。ゴミを吸い取る強さをW(ワット)で示したもので、この数値が大きいほど吸引力が高いことを示しています。コンセント給電タイプのキャニスター型掃除機なら400〜500W程度が一般的な一方、コードレス掃除機は20~100W程度が大半です。

ただし、掃除機の吸引力は実際にゴミを吸い取る力だけではなく、付属するヘッドブラシの種類や形状、さらにはバッテリーの品質などにも左右されます。

コードレス掃除機の場合は吸引仕事率が非公開のモデルも多く存在。吸引力が高くなるほど床に強く吸い付くため、小回りが利きにくくなるデメリットもあります。吸込仕事率はあくまでも目安として考えておきましょう。

ヘッドの種類をチェック

By: amazon.co.jp

掃除機のヘッドの種類には主に、「モーター式」「自走式」「エアタービン式」「床ブラシ」の4種類が存在します。

モーター式は、ブラシをモーターで回転させてゴミを強力にかき出すのが特徴。絨毯やカーペットなど、毛の長い敷物がある場所に適しています。自走式は、モーターの力によって、軽い力で掃除機が前に進むのが特徴。ヘッド自体の重量は重めなので、段差が少なく、広い部屋を掃除するのに向いています。

エアタービン式は、ヘッド内部のブラシを回転させることでゴミを吸い込む仕組みです。シンプルな構造をしているため、コンパクトで軽量。比較的リーズナブルなので、価格を抑えたい方におすすめです。

床ブラシは風の力のみでゴミを吸い取るシンプルなヘッド。ハンディタイプや業務用のコードレス掃除機に多いタイプです。小さなゴミや砂ぼこりなどを掃除するのに適しています。ヘッドの構造が単純なのでお手入れしやすいのがメリットです。

バッテリーと連続稼働時間をチェック

By: dyson.co.jp

コードレス掃除機を選ぶ際は、バッテリー性能にも注目しておきたいところ。長時間稼働できるモノなら、リビングなどの広い部屋も一気に掃除できます。掃除機をかける部屋の広さや使用時間を考慮して検討してみてください。

吸引力の調整幅が大きければ、稼働時間の幅も大きくなります。吸引力をそれほど必要としない用途では、吸引力を弱めることで稼働時間を伸ばせるモノを選ぶのもおすすめです。

充電時間もチェックポイント。特に、毎日のように使う場合はできるだけ充電時間が短いほうが使い勝手が良好です。

バッテリーには本体内蔵型と着脱式が存在します。内蔵型は着脱の手間がない分、充電しやすいのがメリット。着脱式は予備バッテリーを用意すれば、バッテリー切れにも素早く対応できます。ランニングコストが気になる方は交換用バッテリーの価格もチェックしましょう。

机の上や車で使うなら「ハンディクリーナー」がおすすめ

By: dyson.co.jp

コードレス掃除機のなかには、コンパクトで手軽に掃除できる「ハンディクリーナー」タイプもあります。机の上や車などの狭いスペースやちょっとしたゴミを吸引したいときに便利です。

小型・軽量でリーズナブルなモデルが多いのも特徴。ただ、より大型のコードレス掃除機よりも吸引力は弱い傾向があります。コードレス掃除機のなかにはアタッチメントの付け替えでハンディクリーナーとしても使えるモノもあるので、チェックしてみてください。

ハンディクリーナーのおすすめはこちら

コードレス掃除機のおすすめメーカー

ダイソン(dyson)

By: dyson.co.jp

ダイソンは、1993年に設立されたイギリスの家電メーカー。吸引力の高いサイクロン掃除機で世界的に有名になりました。

スティック型とハンディ型のコードレス掃除機も多くラインナップしており、バッテリー稼働でもパワフルな吸引力が特徴です。ワンタッチでゴミ捨てができるのもポイント。クリーンな排気にもこだわっているので、小さな子供やペットのいる方にもおすすめです。

付属品が充実しているのも魅力。アタッチメントを付け替えれば、よりコンパクトなハンディクリーナーとしても使えるモノもあるため、汎用性の高い掃除機を求めている方におすすめのメーカーです。

マキタ(MAKITA)

By: amazon.co.jp

マキタは、日本の総合電動工具メーカー。新幹線の車内掃除に採用されている紙パック式のコードレス掃除機が有名です。業務用の電動工具を豊富に取り揃えており、掃除機のバッテリーも高性能なのが特徴。1回の充電で長時間使用でき、吸引力が高いのが魅力です。

充電池を取り外して充電できるのも便利。軽量かつコンパクトで取り回しがしやすく、手軽に扱える製品が多くラインナップされているのもポイントです。

日立(HITACHI)

By: hitachi.co.jp

日立は日本の大手家電メーカー。生活家電をはじめ、住宅設備機器なども展開しています。掃除機にも力を入れており、紙パック式やスティックタイプのモノなどを幅広く販売。「モーターの日立」ともいわれるメーカーであり、掃除機においても、そのノウハウを活かした高性能に定評があります。

日立のコードレス掃除機はスティック型のモデルが多く、スマートに収納したい方におすすめ。軽量で扱いやすいモデルにも自走式の「パワフルスマートヘッド」を採用していることも多く、吸引力も良好です。

ダストケースやブラシ、バッテリーなどが取り外しやすい構造もポイント。メンテナンスがラクなのも日立の掃除機の魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: irisohyama.co.jp

アイリスオーヤマは日本の生活用品メーカー。低価格な家電を多く展開しており、近年は人気を高めています。同社のコードレス掃除機は、リーズナブルながら優れた吸引力を備えているのが特徴。集塵方法にサイクロン式を採用しているモデルが多く、パワフルな吸引力でホコリやハウスダストをしっかり集められます。

独自の「ほこり感知センサー」もポイント。ランプの色でハウスダストの量を表示するため、汚れている箇所が分かりやすくスムーズに掃除を進められます。コストを抑えた製品が多いので、エントリー機を探している方にもおすすめのメーカーです。

コードレス掃除機のおすすめランキング

第1位 日立(HITACHI) パワーブーストサイクロン PV-BH900G

アタッチメントを豊富に付属したサイクロン式のコードレス掃除機。2WAYすき間ブラシやハンディブラシなどが付属し、さまざまな場所を掃除できます。LEDライトを搭載したアタッチメントを使えば、狭いすき間のゴミも確認しながら吸引可能。自走式ヘッドなので移動もスムーズです。

「小型ハイパワーファンモーターX4」により、高い吸引力を実現。強・標準に加え、「ターボモード」も搭載しています。ゴミ捨てはレバーを引くだけと簡単。回転ブラシ・フィルター・ダストケースは取り外して水洗いも可能。

連続使用時間は標準で約40分、強で約10分と長く、広い範囲を一気に掃除できます。さらに、吸引力を約5秒間ブーストさせる「ターボモード」は、強い力で吸い込めるため、絨毯やカーペットなどの掃除にもおすすめです。

第2位 マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL107FDSHW

バッテリー込みで約1.1kgと軽量で、使いやすいコードレス掃除機です。紙パック式なのでゴミ捨てもラク。紙パック容量は330mlと大容量です。紙パック取付部にはスポンジで密着度の高いバルブステーコンプリートを採用し、ゴミがこぼれてしまう心配もありません。

高性能なリチウムイオンバッテリーを採用し、高速充電とパワフルな使い心地を両立。充電は約22分で完了し、パワフルモードで約10分の連続使用が可能です。バッテリーが切れたときには、本体の手持ち部分のライトが光って知らせます。

吸込仕事率が5W・20W・32Wの3つの運転モードを採用。使用中でも1つのボタン操作で簡単にモードを切り替えられるのがポイントです。すき間を明るく照らすLED照明付きで、家具の後ろなどもゴミを見落とさず掃除できます。コスパ面でもおすすめの定番モデルです。

第3位 ダイソン(dyson) Dyson Micro 1.5kg SV21 FF

重さ1.5kgとダイソン製品のなかでも特に軽量のサイクロン式コードレス掃除機。スリムながら吸引力は高く、使い勝手に配慮した仕様です。バッテリーの充電時間は3.5時間で、稼働時間は最長20分。壁掛けに対応しているので取り出しやすく、収納する際もスマートに設置できます。

標準ヘッドは従来よりもコンパクトな「Micro Fluffyクリーナーヘッド」を採用しており、1ストロークでしっかりと掃除ができるので、効率や時短を意識したい方におすすめ。本体の内部構造は5段階の捕集設計で、排出される空気がクリーンなのも魅力です。

付属の掃除ツールの付け替えにより、ハンディクリーナーや布団クリーナーとしても使えます。汎用性の高いコードレス掃除機としてもおすすめです。

第4位 マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL182FDRFW

高性能なリチウムイオンバッテリーを搭載したコードレス掃除機。フル充電で、強の場合は約20分、標準なら約40分の連続使用ができます。自己放電が少ないため、バッテリーが劣化しにくいのも特徴。長期間使用しなかった場合も、フル充電に近い状態で使用可能です。

吸込仕事率は最大37Wと、マキタのコードレス掃除機のなかでは強力。床に密着できるT型ノズルにより、ソファーと床の間やベッドの下などの掃除にも使えます。本体は1.5kgと軽量のため、階段や棚の上などもラクに掃除できます。

ボタンを押すとフロントカバーが開くのもポイント。フロントカバーを完全に外す必要がなく、手軽にゴミを捨てられます。スマートなデザインなので、省スペースで収納可能。頻繁に掃除をしない場所の備品としてもおすすめです。

第5位 東芝(TOSHIBA) トルネオV コードレス VC-CL1700

フィルターレスのサイクロン式コードレス掃除機です。フィルターがないので目詰まりしにくく、お手入れの手間を省けるのがメリット。6気筒の気流がチリや花粉などを分離する仕組みで、吸引力が長持ちします。

本体は1.8kgと軽量かつ、モーター部分をバランスよく配置。握りやすい「らくわざフリーグリップ」を搭載しているため、簡単に操作できます。

手元のグリップには、ゴミの有無に合わせてランプが点灯する「ゴミ残しまセンサー」がついているので、目に見えない小さなゴミも逃さず吸い取ることが可能です。

そのほか、ダストカップ内でゴミを約1/3に圧縮する「ゴミ圧縮機能」、ゴミを吸い取りながら床を除菌する効果が期待できる「ラクトルパワーヘッド」など、実用性に優れた機能を搭載。付属のアタッチメントを付け替えれば、ソファーやふとん、家具のすき間など1台でさまざまな場所の掃除が可能です。

第6位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDCP5

本体側面にハンディモップ用の帯電ケースを備えたコードレス掃除機。静電気を蓄えたモップでホコリをキャッチするため、掃除機をかけながら気になった場所をキレイにできます。使用後は、クリーナースタンドでホコリを吸引できるので清潔です。

本体には「自走式パワーヘッド」を搭載しており、ホコリ・砂ゴミなど細かなゴミもしっかり吸引。独自の「ほこり感知センサー」は、自動でパワーをコントロールするので、約3.5時間の充電で最長約30分の連続使用が可能です。

1.4kgと軽量なことに加え、重心が下にあるため、手元に負担がかかりにくいのもポイント。自立するので掃除中に少し手を離したいときも便利です。専用スタンドに立てて充電・収納できるので場所も取りません。一人暮らしの方にもおすすめのモデルです。

第7位 シャープ(SHARP) RACTIVE Air EC-VR3S

小回りが利いて掃除しやすいスティック型コードレス掃除機。約1.3 kgと軽量で片手でもサッと持ち上げられるので、高い場所の掃除にもおすすめです。立ったままヘッドノズルを外し、ブラシ付きノズルを簡単に準備できる「スグトルブラシ」も搭載しています。

バッテリーは着脱式。フル充電で最長32分稼働できます。グリップを握っている間だけ運転する「グリップセンサー」を備えているのもポイント。手を離せば、自動で運転を停止する仕組みです。掃除の中断・再開をスムーズに行えます。

テーブルやイスの間に立てかけられる「ちょいかけフック」、壁ぎわに溜まったゴミをしっかり吸い取れる「ペタッとヘッド」など、掃除を快適にするアシスト機能も魅力。ダストカップやフィルターは取り外して水洗いできるので、衛生面が気になる方でも安心して使えます。スタイリッシュなデザインもおしゃれです。

第8位 パナソニック(Panasonic) パワーコードレス MC-SBU840K

高性能で多機能なスティック型コードレス掃除機です。最大200Wの吸込仕事率を実現したパワフルな吸引力が特徴。バッテリーには8セルを内蔵した大容量リチウムイオン電池を搭載しており、1回の充電で最長90分稼働します。

見えないゴミもしっかりと吸引するクリーンセンサーや、暗い場所でもゴミが浮き上がって見える「LEDナビライト」、シーンによって使い分けができる「親子ノズル」など、掃除を快適にアシストする便利な機能もポイントです。

パナソニックが独自開発した軽量素材「セルロースファイバー樹脂」を本体部に採用しており、約2.6kgの軽量ボディを実現。家中のさまざまな場所に持ち運んで気軽に掃除ができます。

第9位 シャーク(Shark) EVOPOWER SYSTEM CS401J

アメリカで人気のメーカーによるコードレス掃除機。シャークは日本の住環境に合わせた静音性や使い勝手を追求するなど、日本専用設計を行っています。本モデルは床に密着する「ブラシレスパワーフィン」と、一度により多くのゴミを取り除く「マルチフロア用ヘッド」を採用。長い髪の毛やペットの毛もからまずに吸い取れます。

取り外して水洗いできるダストカップとフィルターを採用。清潔に使い続けられます。ドックに置くだけで簡単に充電・収納が可能。コンパクト収納しつつ、スムーズに使えます。フル充電での最長稼働時間は20分。バッテリーは2本付属しているので、長時間の掃除にも対応可能です。

付属しているノズルやヘッドの付け替えによりハンディクリーナーや布団クリーナーとしても使用可能。汎用性の高さもおすすめポイントです。

第10位 シャープ(SHARP) コードレスキャニスターサイクロン掃除機 RACTIVE Air EC-AS510

キャニスタータイプでは珍しい、コードレス仕様のモデル。本体質量1.8kgの軽量ボディに加え、自走式パワーヘッドタイプなので掃除も持ち運びも簡単にできます。

わざわざ屈まずともワンタッチで吸込口を着脱できるのが特徴。吸い込み口を外すとパイプの先端が「スグトルブラシ」に変わるため、部屋の角やすき間などのホコリもスムーズに掃除できます。

パイプが自立するのもポイント。パイプ自立時は自動で一時停止し、パイプを寝かすと自動で運転を再開するので、バッテリー消費を抑えながら使用可能です。さらに、バッテリーは本体から外して充電できるので、予備バッテリーを用意しておけば長時間使用できます。

本体の内部には「スクリュープレス」を採用しており、吸い込んだゴミを圧縮可能。ホコリが舞い上がりにくく、簡単に捨てられます。ダストカップやフィルターは水洗いでき、清潔に使用可能です。

コードレス掃除機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

コードレス掃除機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら