コンセントの場所を気にせず、どこでも使用できる手軽さが魅力の「コードレス掃除機」。高性能なモーターやバッテリーを搭載し、パワフルにゴミを吸い取るモデルが人気を集めています。

そこで今回は、おすすめのコードレス掃除機をランキング形式でご紹介。選び方も解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

掃除機の種類

スティッククリーナー

By: electrolux.co.jp

コードレス掃除機の主流タイプである「スティッククリーナー」。文字通り、全てのパーツが棒状に一体化した構造で、バッテリーやモーター、ダストボックスなどは、ハンドル部周辺に搭載されています。

キャニスター掃除機のように、障害物にひっかかりやすいホースや床の段差などにつまずきやすい本体がないので、取り回しやすいのが最大のメリットです。狭い場所や家具が多い部屋を隅々まで掃除できます。

ただ、手元にパーツが集中しており、掃除機の重さが手元にかかりやすいのがデメリットです。しかし、最近ではモーターやバッテリーの小型化とパイプやヘッド部の軽量化が劇的に進み、片手でもラクに持ち上げられる軽量小型モデルが多数発売されています。

また、スティッククリーナーは立てて置けるので、省スペースで収納できるのも魅力です。そのため、一人暮らしでも使いやすいほか、2台目の掃除機としても人気があります。

キャニスター型クリーナー

By: rakuten.co.jp

「キャニスター」は、床に本体を転がしながら移動する昔ながらの掃除機タイプです。本体に比較的大きなモーターと大容量のダストボックスを搭載し、パワフルな吸引力でたくさんのゴミを吸い取れると人気があります。

また、本体とハンドル部をホースでつないだ構造で、本体の重さが手元にかからないのもメリットです。手や腕が疲れにくく、広い床もラクに掃除できます。

ただし、キャニスターの現行モデルのほとんどがコード式です。コンセントのない場所では使用できません。

とはいえ、コード式ならコンセントから安定した電力を供給できるので、キャニスターならではの高い吸引力を十分に発揮できます。吸引力にこだわりたい方におすすめの掃除機タイプです。

ハンディクリーナー

By: rakuten.co.jp

「ハンディクリーナー」は、スティッククリーナーのパイプ部分をなくしてコンパクトにしたような形状をした掃除機です。ハンディクリーナーとして売り出されているモノから、ハンディクリーナーとしても使える2WAYのスティッククリーナーも販売されています。

ハンディクリーナーは小型なので、小回りしやすく、車内や椅子の下といった狭い場所の掃除におすすめです。また、比較的軽量で持ち上げやすく、テーブルや家具の上もラクに掃除できます。

なお、小型ゆえに、ダストボックスの容量も小さくなる傾向。部屋中を掃除するよりも、気になるちょっとしたゴミを吸い取るのに適した掃除機タイプです。

ハンディークリーナーについて詳しく知りたい方はこちら

ロボット掃除機

By: irobot-jp.com

ほったらかしで床掃除できる「ロボット掃除機」。運転を開始するだけで、ロボット掃除機が自走しながら床に落ちているゴミを吸い取ります。

例えば、外出中に運転すれば、帰るころには床掃除が完了。掃除する時間がない方や、家事の負担を軽減したい方に人気の掃除機タイプです。

プログラムされたパターン通りに動くエントリーモデルから、部屋の間取りや汚れの状況に応じて自らルートを判断して動くハイエンドモデルまで、さまざまな製品が存在します。

また、外出の頻度が高い方は、スマートフォンのアプリから遠隔操作やスケジュール設定ができるWi-Fi対応モデルがおすすめです。

コードレス掃除機のメリット・デメリット

メリット

By: rakuten.co.jp

コードレス掃除機は、バッテリーから電力を供給するため電源コードが必要ありません。そのため、コンセントのない場所でも掃除ができます。また、コードが家具に引っかかる煩わしさもなく、狭い部屋や家具が多い部屋でもスムーズに掃除機をかけられるのがメリットです。

コードの長さを気にせずに、どこまでも自由に動き回れるのもコードレス掃除機の利点。コードの長さが不足しやすい階段の上などの掃除にも適しています。

さらに、コードを抜き差しする手間が省けるので、掃除時間の短縮につながるのもコードレス掃除機の魅力。ちょっとしたゴミも手早く掃除できるので、こまめに掃除したい方にもおすすめです。

デメリット

By: mitsubishielectric.co.jp

コードレス掃除機の最大のデメリットは、充電が切れると使えないことです。そのため、充電時間や連続稼働時間をしっかりと確認して選ぶ必要があります。

特に、吸引力が高いモードで運転すると、充電の減りが早いので注意。ゴミの量に合わせて吸引力を切り替えて使用するのが、充電持ちをよくするポイントです。

吸引力の細かい設定が面倒と感じる方は、床の汚れ具合に合わせて自動的に運転モードを切り替える機能を搭載したモデルもあるので、チェックしてみてください。

また、バッテリーには寿命があり、古くなるとバッテリー交換が必要になるのも難点。交換せずにいると次第にパワー不足になり、本来の吸引力を発揮できなくなります。なお、メンテナンスのしやすさを重視するなら、交換簡単な着脱式バッテリータイプがおすすめです。

コードレス掃除機の選び方

集塵方法で選ぶ

紙パック式

By: rakuten.co.jp

吸い取ったゴミを紙パックに直接収容するのが紙パック式。ゴミ捨ての際に、紙パックごと簡単に捨てられます。また、ゴミ捨てのほかに、本体のお手入れが簡単なのもポイントです。

なお、使い捨てのため、ランニングコストがかかるのが難点。より大きな容量のモノを選べば、ゴミ捨ての頻度を抑えられます。

サイクロン式

By: rakuten.co.jp

空気と一緒に吸い込まれたチリ・ホコリ・ゴミを、風力と遠心力を使って空気から分離しダストケースに溜めるのがサイクロン式です。よりクリーンな空気を排気フィルターに通すことで目詰まりを予防。吸引力をより長く持続できるのがメリットです。

なお、ダストケースのフィルターは定期的にお手入れが必要。細々としたお手入れが苦手な方は、フィルターを使用しないフィルターレスタイプも検討してみてください。

重さをチェック

By: rakuten.co.jp

コードレス掃除機には、スティック型とキャニスター型が存在します。スティック型を選ぶ際は、持ち上げる際に本体の重さがそのまま手や腕にかかるため、なるべく軽量なモノを選ぶのがポイント。また、家具の上なども掃除したい場合は、片手でラクに持ち上げられる2kg前後のモデルがおすすめです。

一方、広い床を掃除する場合は、本体を床に転がしながら移動できるキャニスター型を要チェック。本体の重みが手元にかからず、長時間の使用による腕の疲れを軽減できます。本体に持ち上げやすいハンドルを搭載したモノなら、階段を使った移動や高い場所の掃除も可能です。

吸引力をチェック

By: rakuten.co.jp

掃除機の吸引力は、JIS規格である「吸込仕事率」で表示されるのが一般的。数字が大きいほど吸引力が高くなりますが、ノズルを装着しない状態での吸引力であることに注意。ノズルの性能次第で、ゴミの吸い取りやすさに差がでる可能性があります。

また、バッテリーの性能や充電残量により吸引力が変動しやすいのもポイント。吸込仕事率に加え、バッテリーやノズルの性能も加味して選んでみてください。

バッテリー性能をチェック

By: hitachi.co.jp

コードレス掃除機を選ぶ際は、バッテリー性能にも注目しておきたいところ。長時間稼働できるモデルなら、リビングなど広い部屋も一気に掃除できるので便利です。

また、バッテリーには内蔵式と脱着式が存在します。内蔵式は従来の主流タイプ。本体に装着したまま充電でき、毎回バッテリーを取り外す手間を省けるのが魅力です。

バッテリーを取り外して充電するのが着脱式。予備バッテリーを用意すれば、バッテリー切れを心配せずに掃除機を使用できます。じっくり時間をかけて掃除したい方は、検討してみてください。

ゴミ捨てやお手入れのしやすさをチェック

By: toshiba-lifestyle.co.jp

コードレス掃除機は本体も集じん容量もコンパクトなモノが多く、吸い取ったゴミをこまめに捨てる必要があります。そのため、ゴミ捨てやお手入れのしやすさをチェックするのも選ぶ際の重要なポイントです。

ダストボックスがワンタッチで取り外せるモデルなら、手を汚しにくく簡単にゴミを捨てられるのでおすすめ。また、ダストケース部のフィルターに毛が絡まりにくいゴミ圧縮機能を搭載したモノや、フィルターレスでフィルターのお手入れが不要なモノなど、お手入れが簡単なモノも多くラインナップされています。

コードレス掃除機のおすすめメーカー

マキタ(MAKITA)

By: amazon.co.jp

充電式の電動工具を中心に展開するマキタ。プロ用充電工具でも使われる高性能なリチウムイオンバッテリーを搭載したコードレス掃除機が人気を集めています。

コードレス掃除機に関しては、軽量でシンプルなデザインのモノが多いのが特徴。片手でもラクに持ち上げられます。リーズナブルなモデルもラインナップしているので、コスパ重視の方もぜひチェックしてみてください。

ダイソン(dyson)

By: rakuten.co.jp

イギリスの電気機器メーカーであるダイソン。サイクロン式のコードレス掃除機を豊富にラインナップしているのが特徴です。小さなゴミも残さず吸い取れる吸引力の高さで人気を集めています。

豊富なアタッチメントも魅力。用途に合わせて使い分けることで、家具のすき間やカーペットの上など部屋の隅々まできれいに掃除できるおすすめメーカーです。

日立(HITACHI)

By: .amazon.co.jp

便利機能を豊富に搭載した生活家電を幅広く展開する日立。コードレス掃除機では、吸引力を重視した「パワーブーストサイクロン」、小型・軽量で使いやすい「ラクかるスティック」シリーズなどを展開しています。

スティック型のモデルが多く、スマートに収納できるのもポイント。また、ゴミを圧縮することで髪の毛などがフィルターにからむのを予防する「からまんプレス構造」など、機能性に優れたモノも豊富にラインナップしています。

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

先進技術を取り入れた家電製品を多く展開するパナソニック。コードレス掃除機シリーズ「パワーコードレス」では、最大吸込仕事率が100〜200Wと吸引力の高いモデルをラインナップしています。

サイクロン式モデルでは、お手入れの手間を軽減するフィルターレスタイプが人気。お手入れしやすいモノも展開しているので、気になる方はチェックしてみてください。

メーカーのおすすめモデル

アイロボット(iROBOT) ルンバe5

ルンバシリーズにおいて初となる水洗い可能なダストボックスが搭載された「ルンバe5」。ゴミを吸引するブラシには、髪の毛が絡まりにくいゴム製のブラシが採用されており、お手入れが楽なところも魅力です。

吸引力はスタンダードモデルである「ルンバ600シリーズ」に比べると5倍にアップ。ゴム製のブラシがフローリングやカーペットなどの床に密着し、従来の毛ブラシでは取り切れない微細なゴミも取り除けます。

最大稼働時間は90分と長めなので、より入念な清掃を実現します。そのほか、壁際もきちんと掃除する「エッジブラシ」、約2cmまでの段差を乗り越える機能、外出先でもルンバを操作できる「iRobot HOMEアプリ」などを搭載。高性能でルンバ史上最高の高コスパモデルと注目されているおすすめの製品です。

コードレス掃除機のおすすめランキング|紙パック式

第1位 マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ CL107FDSHW

吸引力が十分あり、軽くて使いやすいと人気のコードレス掃除機。値段もお手頃で、コスパ重視の方におすすめのモデルです。

本製品の特徴は、使いやすさにこだわりのある設計。パイプとヘッドを除き、本体部とバッテリーを含めた重量が約1.1kgと非常に軽量で、片手でラクに持ち上げられます。また、ハンディタイプとしても使用でき、階段やソファの上などの掃除にもおすすめです。

また、手元のボタンひとつで吸引力を3段階に切り替えたり、ハンドル部のLEDライトで家具の暗い隙間を照らしながら掃除したりもできます。

約22分で完了する急速充電も魅力。充電をし忘れても、すぐに使えます。1回の充電で標準運転なら約25分間の連続稼働ができるため、一人暮らしのワンルームなら1度の充電で部屋中を掃除できます。軽量かつコスパ良好な製品を探している方におすすめのモデルです。

第2位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 極細軽量スティッククリーナー モップ・マルチツール付 SBD-F2P

ゴミを吸い取るだけでなく、付属の静電モップでホコリとりもできるコードレス掃除機。ヘッドやブラシアタッチメントでは吸引しにくい照明やテレビ台のホコリを、隅々まできれいにできます。

掃除機の機能も充実。特に「ほこり感知センサー」は、ランプの色でゴミの有無がひと目でわかります。ゴミの取り残しを予防できるのはもちろん、ゴミの量に合わせて吸引力を自動調節するので充電持ちがよく、広範囲を掃除できます。

カーペットの上もゴミをかき出してしっかり掃除できる「自走式パワーヘッド」も人気。軽い力で前に進むので、腕や手が疲れにくいおすすめのコードレス掃除機です。

第3位 パナソニック(Panasonic) 充電式掃除機 MC-PBU520J

ノズルに独自の「ガバとり」構造を採用し、壁際に溜まったゴミもすっきり吸い取れるコードレス掃除機。ノズルの前方が壁に当たると上に開き、ヘッドの回転ブラシが壁際に届きやすくなる構造です。また、ノズルの前方を壁に沿わせながら横に滑らすことも可能。少ない動きでしっかりと壁際を掃除できます。

ハンドルをひねるとノズルの向きがI字型に切り替わる「くるっとパワーノズル」機能も便利。ノズルの幅が約5cmになり、狭い家具の隙間もノズルを交換せずに掃除できるのがメリットです。

ゴミ残りがひと目で分かる「クリーンセンサー」も搭載しています。目に見えないハウスダストなど微細なゴミも検知するので、ゴミの取り残しが気になる方はチェックしてみてください。

第4位 マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ CL282FDRFW

吸込仕事率60Wで吸引できる「パワフルモード」を搭載したマキタのコードレス掃除機です。大容量の外付けバッテリーを搭載しており、パワフルモードでも約15分と長く稼働できるのも人気の理由です。標準モードならさらに長く、約50分間の連続使用ができます。

低騒音かつ低振動設計なので、長時間快適に使用できるのも魅力です。さらに、ノズルとパイプを除き、本体とバッテリーを含んだ重量が約1.5kgと持ち運べる重さ。階段や家具の上などもラクに掃除できます。

紙パックのランニングコストを節約できる別売りの「サイクロンアタッチメント」が使えるのもポイントです。紙パックに比べて、ゴミ捨ての頻度も抑えられます。こまめなお手入れが苦手な方はチェックしてみてください。

第5位 ツインバード工業(TWINBIRD) コードレススティック型クリーナーTC-E262

ヘッドやパイプを含めた全体の重さが約1.1kgと、取り回しやすいコードレス掃除機。軽い掃除機で気軽に掃除をしたい方におすすめのモデルです。

ほかのインテリアと合わせやすいシンプルなデザインも人気の理由。また、便利な壁掛け用フックも付属しており、収納スペースがない場合でも使い勝手のよい場所に掛けておけます。

さらに、「マグネットプラグ」を採用し、万が一充電用コードにつまずいても本体の転倒を予防できるのもポイント。カチッとプラグとコードをくっつけるだけで充電できるので簡単です。シンプルで取り回しやすい掃除機を探している方はチェックしてみてください。

コードレス掃除機のおすすめランキング|サイクロン式

第1位 ダイソン(dyson) Digital Slim Fluffy Origin SV18 FF ENT

「吸引力が変わらないただ一つの掃除機」のキャッチコピーで有名なダイソンのコードレス掃除機。毎分最大12万回転する独自の「Dyson Hyperdymiumモーター」により高い吸引力を実現します。また、薄型の「Slim Fluffyクリーナーヘッド」にモーター駆動の回転ブラシを搭載。床の隙間に溜まったゴミをかき出して吸い取れるのもメリットです。

さらに、強力な遠心力で微細なゴミまで逃さず分離する「高効率スクロールサイクロン」により、吸引力を維持したまま快適に掃除ができます。内部でしっかりゴミをキャッチするので、排気も非常にクリーン。赤ちゃんのいる家庭でも安心です。

バッテリーは最大40分連続稼働できるため、広いリビングも時間をかけて掃除ができるおすすめのコードレス掃除機です。

第2位 日立(HITACHI) スティッククリーナー(コードレス式)ラクかるスティック PV-BL20G

掃除もゴミ捨てもラクにできるコードレス掃除機。重量は、本体・延長パイプ・ヘッドを合わせて約1.3kgと軽量です。また、自走式の「パワフル スマートヘッド light」によりじゅうたんの上もスムーズに前進するため、軽い力で掃除ができます。

じゅうたんのゴミまで強力に吸い取る「ターボモード」も人気。さらに、ヘッド部にLEDライトが付いており、ソファやベッド下の暗い隙間も明るく照らしながら掃除できるのもおすすめポイントです。

ダストケースには「からまんプレス構造」を採用。ゴミを圧縮することで、内筒に髪の毛などがからむのを予防します。内筒を含む、ダストケースは取り外して丸洗いでき、簡単にお手入れできるのもメリットです。

第3位 シャープ(SHARP) コードレススティック掃除機 RACTIVE Air EC-AR5X

「グリップセンサー」を搭載し、ボタンで操作しなくてもハンドルを握るだけで運転を開始できる便利なコードレス掃除機。手を離すと自動的に電源が切れる仕組みで、手間なく充電の無駄遣いを予防できるのもメリットです。

本体・バッテリー・パイプ・吸込口を含む全体の重量は約1.2kgと非常に軽量。独自の軽量高効率モーターと、パイプ部に軽量素材のドライカーボンを使用することで掃除機全体の軽量化を実現しています。手や腕に負担を掛けずに階段や高い所の掃除がしたい方はチェックしてみてください。

第4位 パナソニック(Panasonic) コードレススティック掃除機 パワーコードレス MC-SBU840K

最大吸込仕事率200Wと高い吸引力が魅力のコードレス掃除機。大容量バッテリーを搭載し、ゴミの量で吸引力を変える自動モードなら約18〜30分と長時間稼働できるのもおすすめポイントです。

また、自走式パワーノズルと4種類のアタッチメントを付属し、床や家具の隙間はもちろん、ふとんや車内も掃除可能。特に「ふとん清潔ノズル」は使い勝手がよく、ふとんのダニや花粉をしっかり叩き出して吸い取れると謳われています。

さらに、自走式パワーノズルには「からまないブラシ」を採用。髪の毛や糸くずなどがブラシにからみにくく、お手入れ簡単です。強力な吸引力でペットの毛が気になる部屋を掃除したい方は、ぜひチェックしてみてください。

第5位 東芝(TOSHIBA) サイクロン式スティッククリーナー充電式 VC-CL600

目詰まりの原因になるフィルターがない「フィルターレスサイクロン構造」を採用し、吸引力の低下しにくいコードレス掃除機。面倒なフィルターのお手入れが不要なのもおすすめポイントです。

また、6気筒のサイクロン方式を採用した「バーティカルトルネードシステム」により、内部に強力な気流が発生します。微細なゴミまでしっかり分離できるほか、ゴミが約3分の1に圧縮されるのでゴミ捨てのときにゴミが舞い散りにくいのもメリットです。

ヘッド部の機能も充実しています。自走式の「ラクトルパワーヘッド」は、ヘッドの幅が広いため掃除機がけが効率的。さらに、便利な「ゴミ残しまセンサー」を搭載しており、「おまかせモード」では、ゴミの量に合わせて自動的に吸引力を調節できます。フィルターの手入れを面倒に感じていた方におすすめのモデルです。

第6位 日立(HITACHI) スティッククリーナー(コードレス式)パワーブーストサイクロン PV-BH900H

強力な吸引力を実現する独自の「小型ハイパワーファンモーターX4」を内蔵、メイン掃除機としても使えるコードレス掃除機です。

付属の多彩なツールを使い分けることで、隙間や家具の上だけでなく、階段やカーテンなどもラクに掃除できます。また、使い勝手がよい「ほうきブラシ」を備えているのもポイント。引き出しの中やカーテンを掃きながらホコリなどをきれいに吸い取れます。

キャニスターのようにヘッドを自由に動かしやすい「スマートホース」を使えば、階段や高い所のほか、車内も隅々まできれいにできます。ヘッドには「かるふきブラシ」を搭載し、ゴミの掃除も床の雑菌の拭き取りも可能。部屋中の隅々まできれいにしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

第7位 三菱電機(MITSUBISHI)コードレススティッククリーナーiNSTICK ZUBAQ HC-JM2X

ラクに出し入れできるスタンドを付属し、必要なときにすぐに使えるコードレス掃除機。掃除機の丸みのあるハンドルと、スタンドが一体化するようなおしゃれなデザインで、部屋に出しっぱなしにしても気になりにくいのもおすすめポイントです。

また、スタンドにセットした状態でハンドルを握って手前に引けばスティッククリーナー、上に持ち上げればハンディクリーナーとしても使える2WAY仕様です。

最大毎分125000回転する「JCモーター」を搭載し、軽量ながら高い吸引力を実現。さらに、「自走式パワーブラシ」により、カーペットやフローリングの隙間にあるゴミをかき出しながらきれいに吸い取れるのも魅力です。

コードレス掃除機のなかでは珍しい「エアブロー機能」も搭載。クリーンな排気を利用した機能で、パソコンのキーボードの深い隙間などに入り込んだホコリやゴミを風で掃き出せます。

第8位 エレクトロラックス(Electrolux) Pure Q9 コードレスクリーナー PQ92-3EMF

スウェーデン発ブランドならではのユニークなデザインが魅力のコードレス掃除機。A4サイズの充電台を付属し、省スペースで置いておけるので一人暮らしにもおすすめ。また、手前に引けばハンディクリーナーとしても使用でき、家具やソファの上もサッと掃除できます。

さらに、フローリングの溝に溜まったホコリやゴミを吸い取れるパワフルな吸引力も魅力的。運転音のボリュームを抑えた静音設計なのも嬉しいポイントです。

ユニークなデザインながら実用的なコードレス掃除機を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第9位 シャーク(Shark) EVOFLEX 充電式コードレスクリーナーS30

曲がるパイプを搭載し、家具下の低い隙間をしゃがまずに掃除できるコードレス掃除機。ソファやベッド下の掃除が面倒だった方におすすめのモデルです。コンパクトに折りたたんで収納できるので、一人暮らしの方にも適しています。

また、どんな床にも対応した独自のヘッドを採用。ヘッドを取り替える手間なく、畳もフローリングも手軽に掃除可能です。

吸引力がパワフルながら、運転音が静かなのも人気ポイント。夜間や小さな子供がいる家庭でも使いやすいほか、長時間でも快適に使用できます。さらに、ハウスダストやアレルギー物質まで捕らえるHEPAフィルターを搭載し、排気による空気の汚れが少ないのも魅力です。

第10位 シロカ(siroca) サイクロン式コードレスクリーナ SV-H101

ハンドルをひねるだけで、ヘッドを180°なめらかに向きを変えられる「くねくねスネークヘッド」を搭載したコードレス掃除機。

手元の動きとヘッドの向きが連動するので、直感的に掃除機を動かせます。少ない力で方向を変えられるため、手や腕にかかる負担を軽減したい方にもおすすめです。また、小回りが効くので、家具の足元など狭い場所もスムーズに掃除できます。

ハンドルにはトリガーを搭載。握っている間のみ運転するので、バッテリーが長持ちします。また、本体とパイプ部を分解し、充電スタンドにまとめてコンパクトに収納可能なので一人暮らしにもおすすめです。

コードレス掃除機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

コードレス掃除機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら